「亀頭」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 亀頭とは

2018-10-18

もってくれよ海綿体!

3べぇ亀頭拳だぁ〜!

2018-10-06

亀頭包皮炎の治療って実際どうなの?

この手の情報はググってもSEOで上がってきた胡散臭い所ばかりで信用できない。一体どうするのがベストなのやら…。

今年の夏場に腫れと痒みがやばくなって、一応泌尿器科もやっているかかりつけのクリニックを受診した。

都内だと、ググれば山のようにその筋専門の病院は出てくるのだが、まぁSEOで上がっているだけあってどこも胡散臭い。こういうのは専門外でも信用できる医者に診てもらって、難しそうなら専門医を紹介してもらうのが確実だと思った。

普通内科中心のクリニックなので、受付は女性だけれども、向こうもプロだ。堂々と「陰部に痒みがありまして…」と言えば察してくれる。自分場合は吃った挙げ句に訊き返されたので、その場で死にたくなったけど。

1回目の受診では、排尿時の痛みが無ければ細菌性の包皮炎だろうということで、グリメサゾン軟膏を処方された。

一応医師には患部を見られたが、こればかりは仕方ない。風呂セックス以外で他人下半身晒したのは初めてだったので緊張はしたけれども、「これは医療行為これは医療行為…」と心の中で唱えながら何とかやり過ごした。

ちなみに、医師から性病ではないので性行為自慰は程々なら問題無いと言われた。まぁ、その時点では痛痒すぎてそんなことは考えられなかったけど。

軟膏は良い感じに効いてくれて、1週間くらいすると平時は全く痒くなくなった。

そこで、もう大丈夫かな?と思って試しに相棒TENGA FLIP HOLEと念入りにゴム付きで致してみると、かなり緩めに握っても擦れて微妙にヒリヒリする。さすがに暫くの禁欲期間を経てのことだったので止まれずに最後まで致したが、おかげでカリ首と皮が腫れ上がって一晩辛い思いをした。

これはいかんと3週間くらい禁欲してひたすら軟膏を塗り続けて、ようやくTENGAさんとはゴム無しでも致せるようになった。

ところが、今度は本番が避けられない状況がやってきた。しか相手タコ壺の名器だ。病み上がりの如意棒(装着済)、タコに絡め取られて完全敗北。

このまま無限ループかと絶望しつつも軟膏を塗り続けたら、良い感じになってきた所で軟膏が切れた。

いい加減涼しくなってきたし、極力乾燥させておけば自然に良くなっていくのではないかという甘い考えで、暫く様子を見ようと思っていた。

甘かった。

2日後の夜、どうにもムズ痒くて嫌な予感がする中、いざ御開帳してみると、カリ首の下から包皮の間に白いカスがびっしり。どう見てもあかんやつ。迷わず受診した。

もう一度医師に診てもらうも、診た所では引き続き軟膏で様子を見るのが良さそうとのこと。

一応カスのことを伝えると、念のためカンジダ検査もしておこうということになったけど、今の軟膏が効く分には多分カンジダではないだろうとのことだった。

そして、意外な一言を聞いてしまった。

あんまり再発するようなら、余った皮の部分を取った方が良いかもしれないね

???

それってオブラートに包んでるけど、要するに包茎手術ってことデスヨネ?

ここで自分の被り具合について説明しておくと、フル勃起時は完全に亀頭がコンニチワしているが、萎えている時はタートルネックを通り越して亀頭が半分くらい隠れてしまう。

他人の剛棒をまじまじと見る趣味はないのでこれがどの程度の被り具合なのかはわからないけれども、日本人の7割は仮性包茎みたいなことも言われているのでよくあるレベルだとは信じたいのだが…。

それを踏まえた上で、美容整形外科とかでは包茎手術って積極的にやるけど、本来仮性包茎に手術は必要ないんじゃなかったの???という疑問が。

美容整形ではない純粋医療として、亀頭包皮炎への対処包茎手術というのは一般的なのだろうか…。

まぁ、信頼できる医師の言うことなので間違いは無いと思うし、保険適用であの忌々しい皮とオサラバできるというのであれば、確かに魅力的な提案という気もするが…。

敏感な部位だし、術後どれくらい禁欲必要かとか、感度に影響しないかとか、色々気になる部分が山積みでして…。

30代なので若い頃ほどではないにせよ、まだまだ我が逸物には存分に武勲を立ててもらわねばならないので、慎重になってしまうのだ。

とりあえず、もう少ししたらカンジダ検査結果が出るので、そこでまた相談してみようとは思っているけど、それまでに似たような事例とか無いかなーとひたすら探している。

SEOとかアフィとかでそういうのの生情報が埋もれまくってるのが辛い。

2018-09-29

細菌亀頭包皮炎が治らない

治らないというか、塗り薬塗って治ったと思ったら数日でぶり返す

洗いすぎなのかなあ

逆に治療始めるまではこんなことはなかった

2018-09-26

オナホデビューしました

気持ちよすぎてヤバイと思いました。色んなオナホ探したりやり方試したりと開拓する楽しみもあるのが素敵だと思いました。でも皮の位置が少し下がっちゃって亀頭の先頭が常時晒された状態になってしまって敏感すぎるのが辛いですちょっと足組んだりして擦れると「あっ」と声が出そうになります。それでも毎日が楽しくなりました。明日仕事頑張れます

2018-09-07

真性包茎自力で治せる

タイトルで「治す」という表現を使ったが,真性包茎病気ではない。単に亀頭が皮で包まれているだけだ。ただ,治したい人も多いと思うので自分体験談を紹介する。

俺は今高校三年生

中一の頃から,俺は真性包茎であることを悩んでいた。大人になったら手術でもするのだろうと考えていた。

高2になり,俺は真性包茎であることを本気で悩むようになった。

どうすれば治る?と思い,色々と検索してみた。同じように検索すれば,おそらく「キトー君」というものが出てくるだろう。

藁にもすがる思いで買ってしまいたくなるが,買わなくていい。自分で治せる。

治し方。

真性包茎は,入口が本当に狭い。そのわずかにある穴の皮をつまんで左右から引っ張る。最初は本当につまみにくいし,伸びる気がしないかもしれないがとりあえずやってみる。お風呂に入ってる時や,寝る前に5分か10分くらい伸ばす。

多少痛いくらいなら大丈夫だと思うが,痛すぎるほど伸ばさなくていい。

伸ばし始めて数ヶ月経つと,穴の中に指が入るようになる。穴に指を入れて外側に伸ばすほうがつまむよりも楽なはず。真性包茎入口だけでなくその周りも皮が伸びていないのでそこも伸ばしておくといい。

ここで注意事項だが,もし剥けそうになっても剥かなくていい,カントン包茎になるリスクもあるし,普通に痛い。刺激に慣れてないから。

基本的に上に書いたことを特に何も考えず習慣にしてもらえれば,なんだかいつのまにか剥けるようになっている。

皮を被っていた亀頭は非常に敏感で痛いので,無理はしない。弱いシャワーを当てたり,柔らかいタオルとかで慣らしていくのがいいかもしれない。

とまあこんな感じなんだけど,日本人で悩んでる人がいたらこ記事が役に立つと嬉しい。なんといっても股間という非常にデリケートな部分なので無理をして怪我とかはしないでほしい。ゆっくりと長い目で治せばいい。最初マジで伸びない。1ヶ月は何のためにやってるか分からいくらい伸びないが,頑張ってほしい。

真性包茎必然的に皮オナニーになってしまうと思う。しかしそれは普通オナニーではない。俺も剥いてから皮を使わないオナニーに変えたのだが,刺激が少ないし,痛いしで慣れない。だけど慣れなくちゃいけない。その代わりイッた時に精子が皮の中に入ってくなんてことはないし,精子の"出"の良さに驚く。個人差あるかもだけど普通に顔まで飛ぶ。

亀頭の刺激に慣れてくれば,新しいオナニーもできる?かもしれない。

清潔感で言えば剥けているに越したことはないはず。

"皮は伸びる。"

2018-08-25

母親に頭撫でられたい

こちらは亀頭も可です。

2018-07-30

精子の出し方

教科書には、精子は一番気持ちよくなった時に出て来るって書いてあるけど、あれはウソだね。

実際のところは、亀頭をある一定リズムで動かせば、目の前にうんこがあっても精子は出て来るよ

2018-07-25

亀頭ってツルツルしてて気持ちいいよな

腕に当てて遊んでたら午後になってた

2018-06-26

anond:20180626220919

実感としてなら、亀頭だけ触ってると女の子快感らしいからそれでイクまで頑張れ。

2018-06-24

亀頭の鈴口近くに、小さな傷があり治らない

エイズ梅毒感染していないらしいけれど

なにこれ

握ると水分でてくるから真皮あたりまで常に皮が向けて穴が空いている感じ

2018-06-23

男の娘とトコロテン

ホモではないアナニー愛好者として男の娘のトコロテン描写に物申したいのだが

アナルをほじられてイクたびに射精するのはどうなんだ

前立腺でメスイキできるようになっていれば射精なんかしない

漫画表現として使いやすいのはわかる

射精くしゃみとすればドライオーガズムあくびのようなもの

もちろん刺激する部位によってドライオーガズム性質が違うので一概には言えないのだが

乳首でのドライオーガズムは切なさだけが募っていき爆発してリセットの繰り返し

亀頭でのドライオーガズムは激しい快感に飲まれて体が痙攣しダウン、爆発はしない

対して

前立腺でのドライオーガズムの特徴は延々と続く多幸感である

快感の種類が違うし射精は一瞬であるので一概には比較しにくいが

快感

亀頭前立腺射精乳首

満足度

前立腺亀頭射精乳首

という感じである

ずーっとイッてられるというが、疲労が溜まっていくので一箇所30分くらいが限界かと思う

前立線+乳首で30分、イキにくくなってきたら亀頭を足してさらに30分、それでも痛くなってきたら射精して終了

というのが最近コース

亀頭を刺激したら射精してしまいそうだが、射精を誘発するポイントを触らなければ良いのだ

前立腺でメスイキするのに慣れてきたらできるようになった

メスイキという表現が使われているとおり、前立腺ドライオーガズムを感じている時は

思考回路女の子に近くなってしま

お尻に器具が刺さっているのだがお尻の感覚はなくて子宮を揺らされている気がするし

とにかく幸せ赤ちゃんが欲しくなって膣内に出してほしくなる

延々とイってるので何回イッたとか数えられないし

最中にトコロテンしてしまったら快感リセットされて勿体ないのだ

まり男の娘アナルでイク描写として射精するのではなく

だいしゅきホールド とか

好き!好き!好き!好き! とか

赤ちゃんできちゃう~~~~~! とか

膣内に出してええええ!! とか

そういうのが見たいのだ

繰り返すが俺はホモじゃない

ついでにいうと痴女やS女が男のアナルを攻める漫画AV

やたらとチンチンをしごいたりするんじゃなくて乳首を攻めてくれないと

いつまでたってもトコロテンから先に進めないんじゃないか心配になってしまうのだ

え?前立腺でメスイキできる方が心配

2018-05-27

anond:20180521143501

経過14日目。

陰茎に赤いニキビのような出来物がひとつできた

痛みを伴う

水泡ではない

亀頭や他の部分にはない

ヘルペス可能性があるが、症例写真を見ると違うような気がする

ヘルペス写真をみると1箇所には留まっていない

痛みや形はニキビのものだが陰茎にニキビってできるものなの?今までできたことない

ニキビだといいなあ。性病こわい

2018-05-26

ディルドって持ってないなーって思って買ってみた。興味本位

デカいのも興味あったけど、初めてなのでsサイズにした。

から出して軽く水洗いした後、しばらくただ眺めてた。

買ったはいいけどいざ使うには勇気がいる。

ずっと見てたら何故か急に咥えてみたくなって恐る恐る舐めてみた。

味はない。匂いゴム臭さとかは感じない。

そこから抵抗感は全くなくなる。裏筋を舐め、先端に戻り、先を唇で挟む。亀頭を含む。

歯を当てずに咥えるのは結構難しい。本物じゃなくてよかった。

少しずつ奥へ。息がしづらくなる。

唇がタマタマに触れたところでオエってなって一旦亀頭まで戻る。

苦しいけど気持ちいい。涙目になりながらも口角が上がっていることに気づく。

何度も繰り返す。

何度目かのオエッとで流石に疲れてやめる。

気づけば30分くらい咥え続けていた

ヌルヌルになったディルドとパンツ、かつてない幸福感。

息子には一切触れていないのに普通にするより断然こっちのがよかった。

いつか生チンコも咥えてみたいけど、しかし私は異性愛者だ。

男で異性愛者なのにチンコ咥えるの好きってどうなんだろう。

なんで指すら入れたことないのにディルドなんて買ってしまったんだ。

2018-05-12

ちんげが皮と亀頭の間に挟まるのが不快なんだけど

剃っても良い?

2018-05-04

ソープ童貞を捨てた話

ソープに行け」と言われたわけではないけど、25歳でソープランドに初めて行った。

そこで「童貞」を捨ててきた。つまり相手の膣に自分ペニスをいれた。

僕の今までの性体験の総決算だったと思う。おおげさに聞こえるかもしれないけど。

というわけで、まずその日のできごとについて書きたい。

はじめてのソープについて

近くのソープを調べてサイトまでいったものの、迷いに迷い、でも今やらなかったらいつやるんだ、と勢いでようやく送信ボタンを押した。10分くらいして電話がかかってきた。女衒っぽい?声音だった。電話が切れるとなにかふっきれてしまい、今まで何を悩んでいたんだという気持ちになった。

値段は思っていたよりかなり高かった(3万くらい)。というか料金表の見方がよくわからない。70分のコースにして、午前中だと安くなるというのでGWの早朝にぶっこんだ。もっと安いヘルスとかあったはずだが、事務的に「射精処理」されるのも困るのでやむをえないということにした。

起床して、風呂に入り、ひげを剃り、むだ毛を剃り、爪を切り、歯を磨き、髪を整えて香水を軽くかける。そこまで準備するかよと思うかもしれないが、人前に出る以上引け目を感じたくなかった。服は迷ったが、「男っぽく」しようと黒と白でまとめて、フェイピアスをつけた。耳飾りをつけるとちょっと自信がつくので。

はじめてソープ街を歩いた。店の前に立っている呼び込みの人がこわい。どすの利いた声で「どうぞ」と言ってくる。世間の人はこれで入ろうと思うのだろうか。道に迷って、店に電話をかけて、やっと中に入ることができた。店内はなんというか…照明のうす暗いけどキラキラした雰囲気カラオケボックスに似ている?かも。

待合室は席が仕切られており、雑誌や大きなテレビがおいてある。金正恩うつっていた。水着姿の女性写真が出され、指名料2000円で選べるといわれた。もちろん店にまかせた。反応に困ってしまって、「みんなきれいですよ」とか言った。お茶おしぼりが出てきた。これだけお金を払うとサービスがよくなるのだ。

それなりにリラックスできたはずだったが、奥に通されて嬢と会ったときは緊張した。というかひたすら緊張しっぱなしだった。階段を上るとき腕に手をまわしてくれるけど、雰囲気にうまくついていけない。「こういうお店は初めてなので」と言い訳する。

部屋に入ると、お風呂があって、ベッドがあって、冷蔵庫があった。ラブホみたいだ。嬢が服を脱がせてくれる。僕は小柄で痩せているので裸になるとますます子どもっぽくなり、ますます自信がなくなり、ということで、そうそうに売り専で働いていたことを切り出してしまった。

ここまで読んで、なにが童貞じゃと思った人が多いと思うが、そのとおりです。男とならそれなりにセックスしてきました。しかし僕は男とセックスができるだけで、どちらかというと異性愛男性に分類されると思う。膣と肛門はなにか違うような気がする。

もちろんマンコに入れて童貞を捨てたなら、アナルに入れたときは何を捨てたのか、オナホに入れたときは何を捨てたのかという突っ込みがあるだろう。そういう難しいことは僕にはわかりません。

突然のカミングアウトにも嬢は冷静で、というかちょっと興味を持ってくれた。よかった。嬢もこの店で働き始めたのは最近で、その前は前立腺開発とかいろいろやっていたという。そうと知っていればシャワ浣もやってくるんだった。

ソープでどんなことをするか興味があるので、お任せするからひととおりやってくださいとお願いした。ということでまずお風呂に入り、マットでローションプレイというかマッサージっぽいことをして、ベッドでキスして、フェラして、セックスしてもらった。完璧サービスでした。パイズリもキスフェラセックスも上手で、コンドームを口に含んでフェラをするように伸ばしてつけるのには感動した。コンドームで中断してしまう間をどうもたせるか困ることが多かったのだが、こういう方法があるのか。

特にフェラは上手だったのでその話をする。僕もフェラはずいぶんやってきたけど、いか射精させるかを考えて、つばを多めに、カリへの刺激を強めに、亀頭を強く吸って、ずっと口だと疲れるから根元を手でしごいて、相手を上目づかいに見る。あと、動きが単調だと飽きる気がするのでときどきたまたまの裏や蟻の門渡りをなでる。まあ、こんな感じである

嬢のフェラは手をあまり使わず、舌使いも優しく、しめつけて射精させようとする感じがまったくなかった。あたたかもので包まれているという感じだった。くわえるまえに睾丸や根元を舐めるのが丁寧だった。

あと、僕はくちゅくちゅ音を出すようにするんですが、嬢は蕎麦を吸うみたいなずっずっという音を出すようにしていた。こういう音の方が受けるんだろうか?

ということで嬢のフェラをほめちぎる。「男の方が自分もついてる分上手なのでは?」と当然の質問を受ける。オナニーとかけっこう強く握るし、激しくこするので、それと同じようにやってしまうのではないかと思った。

はいえ全体的に緊張しっぱなしで、ちゃんと勃つようにと2日オナ禁してきたのだが、いろいろ話し込んだこともありフェラときくらいしか勃たなかった。とうぜん射精もできなかった。まあでもいちおう膣の中に入れたので、童貞は捨てたのではないか。もうよくわからん

途中で、初めて売り専仕事をしたときに途中で萎えしまたことを思い出した。あれはきつかった。動揺した。今回はお金を払う側でよかった…。

はいえ、相手が勃たないとうまくサービスできているかからなくて嬢はしんどかっただろう。僕もお客さんが勃たなかったら焦る。ちんこを思い通りに勃たせたり萎えさせたりすることが、なぜこんなに難しいのか。まだ経験が足りないのかもしれない。それにもう一度行ったらふつうに勃つ気がする。行かないけど。

名刺はもらわなかったが、楽しかたことは伝えたし、アンケートもいろいろほめておいた。アンケートもそうだが全体的に、男が女を買って性的奉仕させる空間だということは伝わってきた。お風呂があってマットがあってベッドがあるのだから本質的には異性愛男性リラックスして射精する場なのだろうが、エンターテインメントとしても楽しめるほどの「男らしさ」が僕にはなかった。

…たぶん、今までの話は読者の予想をいろいろ裏切ったと思う。そこでこれから、男体持ちの僕のめくるめくセックス遍歴について、けっこう書きます。おつきあいください。

はじめての恋愛について

僕がはじめて女性と性関係をもったのは22歳の大学四年生ときだった。

同い年の女性告白された。

その女性とは学園祭で知り合った。あるサークルたまたま哲学の話になった。僕は哲学は多少身に覚えがある。なにしろ論理哲学論考中学生から読んでいた。その話をした。その人は小学生から論理哲学論考を読んでいた。なんじゃそりゃ。僕たちはウィトゲンシュタイン推しで気が合い、あとでgoogle:哲学宗教日記を貸してもらったりした。

そのあとデートに誘われた。街角喫茶店お茶をした。そのころの僕はいろいろ精神的にきつくて、大学の授業にずっとでていなかった。留年も確定して、そのことを両親にこっぴどくなじられていた。そんな話を少ししたと思う。その人も家庭のなかの問題がいろいろたいへんだと話していた。僕の両親もおせっかいだが、それと比較しても過度に束縛的だと思った。親の期待する「大人の女性」になれないことをその人は気に病んでいた。

しばらくして、その人からメールが来た。大事要件だという。その人に会うと、他の人にあまり聞かれたくないから僕の下宿に行きたいというので、そうした。たいして片づけもしていない薄汚い部屋に入って、そこでその人は僕に告白した。とても劇的で、すごく大胆で勇気のある告白だったと思う。

その頃の僕は全ての牛が黒くなるほどのブラック夜勤バイトを週4で入れ、頭がまともに働くときSTAP細胞真相究明に熱中していた。自分は忙しいんだ、こんなに大変なんだ、ふつう大学生とは違うんだ、と思い込むために必死だった。

典型的非モテだったと思うけど、僕はその苦しみを異性に向けず、そういう興味をひた隠しにしていた(周りからオナニーなんかしなさそうと言われるタイプ)。もちろん女性自分の部屋に招くというのが「どういうこと」なのかわかっていなかった。その人が告白しなければ、ウィトゲンシュタインの話でもして指一本ふれずに帰したと思う。この心境は、恋人で一発逆転を狙うタイプの人には理解してもらえないかもしれない。

そのあとふたり散歩して、人気のない公園で夜が更けるまで話し込んだ。僕が提案して、別れ際にキスをした。「唇を奪ってほしい」というので、僕から口づけした。そのとき相手の唇がぬれていたのと、いきなり勃起しかけことに驚いて、あわてて(軽く突き飛ばすような感じで)唇を離した。キスに動揺して勃起までしたことを気づかれたくなかった。

後日、その人がふたたび下宿に来た。とはいえ、僕はコンドームの用意もなく、セックスについての具体的なイメージもできていなかった。

僕もそれなりに性教育を受けて、コンドームの付け方や性感染症のことを知識としては知っていた(男子校だったこともあり、保健体育の教師ディルドにコンドームをつける実演までさせた)。それでもどうしていいかからなかった。主体的に取り組まなければどんな知識もうわすべりになる。それはセックスも同じだ。

上半身だけ服を脱いでベッドに入った。そのとき、その人はパニックになり、ふとんをかぶって部屋の隅でうずくまってしまった。僕は落ち着いてほしいと真剣にお願いした。その人は小学生の時ひどい性暴力を受けたことを話してくれた。あまりの衝撃に僕は声を上げて泣いた。お前が泣くのかよ、と思うかもしれないが…。

その一方で、僕もネット女性エロ画像動画を何時間検索することがあるし、セックスへの興味を押さえられない衝動というのがわかる。僕は自分にそんな(女性を辱める)汚い欲望があることをオナニーを始めたときから気に病んでいたが、なくそうともがいてもなくすことができずにこの歳になっていた。その欲望をどこかで肯定できたら…と思っていた。でもやはり許されないのかと思った。

その日から上半身だけ裸で抱き合うのが暗黙の了解になった。キスしてお互いの身体をなめたり噛んだりし合う「だけ」だったけど、文字通りいつまでも続いてほしい素敵な経験だった。その人はときおり、まんこちんこをいれるセックスができないこと、「傷物」の体であることを気にして申し訳なさそうにしていた。ペッティングだけで僕はオナニーする必要がないほど性的に満足していたので、それを気に病む必要はまったくなかったのだが。そのことを伝えればよかったのに、僕は好奇心から一度下まで脱いでいいかどうか聞いてしまった(もちろん拒否された)。

結局、その人とは別れることになった。僕なりに整理すると、一番の要因は僕が結婚に対して本気にならなかったからだと思う。その人は僕が立ち直り、大学卒業することを期待していた。僕はやっぱり大学に行けずバイトを止められず、その人の頼みで試験には出たものの2単位しか取得できなかった。

しかも、僕は「彼女」の存在を公にすることができず、両親はおろか友達にさえも、というかだれにも切り出せず、彼女のいない人が招待される「ぼっちクリスマス会」すら断れなかった。ひどい話だ。

結婚に対して前向きに努力してほしいという彼女要求に僕はどんどん防衛的になっていき、敵意さえ感じさせることがあったかもしれない。そのひとは僕に見切りをつけ、別れ話を切り出した。僕は強がって「わかった」と応じたものの、一週間食事がのどを通らないほどショックを受けた。遠ざかって行く彼女の夢を何度も見た。

…そして、別れてから半年以上たったのに、その人の誕生日メールをして、電話をかけてしまった(もちろん出なかった)。

バンクロフトgoogle:別れる? それともやり直す? カップル関係に悩む女性のためのガイドを読むと、その人の決断が正しかたことがわかる。僕は二人の将来について責任のある態度をとらなかった。それにしても、その人は自分から告白し性関係に負い目さえ感じながら、別れることをよく自分の力で決めることができたと思う。

つづきます

2018-04-28

電動フェラホール気持ちよくない

新たなるエロを求めてフェラホール、それも電動式に挑戦してみた。

大・失・敗

ブルブル震えてるだけの硬い筒だったよ。

うーん。

次は普通の電動を買うかな。

俺の理想としてはホールの中でローラーやピストンスライドする動きをしてほしいんだが、多分大部分のホールピンクローターみたいに震えているだけなんだろうな。

そして震える機能を搭載するためにカッチカチで普通オナホとしては使えず指しっぱなしにしてブルブル震えているのを亀頭で感じろと。

このジャンルはまだまだ人類には早いのかなあ。

それとも3万ぐらい出せば何かが替わるのかな。

グルグル回るサイクロン式とかも気になるんだが、なんか回ってはいるけどだから何って感じな気がしてならん。

やはり、オナホってのは自分で腰を打ち付けるか手で動かすものなのかねえ。

2018-04-16

前立腺について

実は以前からずっと前立腺の話を書きたい書きたいと思っていた。

というのもネットには前立腺関連の情報がチラチラとあるのだけれども、実は実体験に則した情報というのが少ないように思うからだ。

昨今はネットアダルトショップなどは大変オープンで、エネマグラ御大などを始めとするアナル開発の道具も周知されてきている。

ただ実際にそれらの道具をきちんと使いこなし、本物のドライオーガズムに至っている人間いるかどうかというと疑問がある。

はいわゆるゲイでは無いが、ドライオーガズム研究のためにニューハーフ物やゲイ物のアダルトビデオを視聴する。

が、アナルをしっかりと開発してしかるべきゲイの方々も、大部分が射精根本とした快感に身をうずめているのが実情であり「メスイキ云々」なるコピー宣伝されているビデオの大半はドライのドの字も無いウェットな物ばかりである

ここで強調したいのは「ゲイビデオ業界にメスイキビデオが少ない」という告発ではなく、それだけドライオーガズムハードルは高いということだ。

前立腺についてドライオーガズムについて、私が知ることを書き記しておくことで、興味がある人達ハードルが少しでも下がればと思う。


前立腺オナニーによるドライオーガズムには幾つかのハードルがある。

一つは開発期間の長さである

私は30を超えてから初めて前立腺オナニーの道へ第一歩を踏み入れた。

手探り状態で始めた開発ということもあり、また後述する準備と後始末の面倒さから1ヶ月に1〜2回というペースもあったが、気持ちがよいという感覚から完全なドライへと移行するのに2年近くかかった。

もちろん個人差はあるだろう。

しかし前述のように若いからアナルを使いまくっているのに射精逝きしかしたことが無い人も多くいることから前立腺の開発については一長一短ではいかないと考えている。

この開発期間の長さは、ドライオーガズムの最も大きいハードルだと言って過言でないだろう。

もう一つのハードルが全体的な時間コストの高さだ。

大分認知が高くなってきている腸内洗浄

途中や後始末のことも考えてしっかり洗浄を行うと軽く20〜30分は取られてしまう。

後始末にしても、普通自慰行為ティッシュ数枚で完結するのに対し、洗うもの拭く物が多くこちらも時間がかかる。

そしてなによりオナニー本体時間必要とするもののため、頑張って短くしても1時間

余裕があれば自慰時間天井知らずと言っていいだろう。

忙しい現代社会あなたオナニーのために貴重な休日半日を潰すことができますか?

ドライオーガズム快感が、男根快感ベクトルが違うというのもハードルの一つだろう。

亀頭は陰茎は触ればだいたい気持ち良い。

しか前立腺最初に触ってもそこまで気持ちが良いものではない。

なんなら鈍い痛みすらある。

ここに前立腺開発の意味と難しさがある。

仕事であれば理想像は割と明確であったりするので、PDCAは回しやすい。

しか前立腺開発において最終的な快感は明確に提示されない。

すなわち、前立腺の開発において、我々は自分の未知なる快感イメージし、それに向かって試行錯誤しながら進まねばならないのである。(上記のような面倒な手順を踏みながらである!)

では実際のドライオーガズムとはどのような快感なのか。

巷で出回る漫画などでは、お尻に指や男根など棒状の物を突っ込むと、お尻に異物を入れたことも無い男性がたちまち「あぁっなにこれ変な感じ」とかいい出してピュッピュしてしまうという非常に雑なものが多いが(※最もこれは女性処女喪失物の漫画も似たようなものかもしれないが)これはかなり違う。

はいえ、どう違うのかという感覚をどう伝えるかというのはなかなか難しい。

とくに快感という大分類では同じ括りでありながらベクトルが全く違うという感覚はどう伝えたら良いのだろうか。

ベクトルの違いだけを説明すると、男根での自慰行為射精へ自ら向かっていくのに対し、前立腺に関してはオーガズムが向こうから「来てしまう」という感じだ。

言葉にすると、一般自慰は「うおおおおおお」でありドライは「あああああああ」というとちょっと分かるだろうか。

快楽の質にも大きな違いがあり、男根快感スピーディーかつ直線的でシャープ快感だが、ドライオーガズムは、まったりと重い。

ドライオーガズム表現する「多福感」という言葉から身体局部的な快感が無い、あるいは少ないと誤解している人がいるかもしれないが、前立腺を中心とした臀部からももあたりまで重くまったりとした快感がある。

「多福感」が快感本体ではなく、ドライオーガズムを引き起こすために「多福感」を使っているというのが私の考えだ(このあたりは差異があるのかもしれない)。

ではなぜ前立腺を開発せねばならないのか。

そしてどのように前立腺を開発していけばよいのだろうか。

ここから文章の核心なのだが、ここから先は有料にさせて下さい。

2018-03-19

anond:20180319145846

明らかに立ちしょんしたことの無い人間文章だなw

おしっこするとき性的快感が得られる亀頭を触る奴なんかいないぞw

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん