「糾弾」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 糾弾とは

2017-11-21

すべてのハラスメント政治闘争である

世の中にある「ハラスメント」に「正しい」とか「正しくない」とかは無い。

例えばエロ部長が、新入社員女の子のお尻触って

「よ!」とか挨拶したら今じゃ大問題だけど、

昭和であれば普通であった。

昭和初期なんかでは、結婚後に処女じゃ無いことがばれた妻が

新聞投書欄で大いに断罪されたりしていた。

なんか、その光景って今の不倫叩きに本当にそっくりだ。

その逆に当時は男性不倫は男の甲斐性くらいだった。

タバコだって職場で吸うのが普通で、

嫌煙家なんてまったく無視されていた。

エロだって、今見ても大してエロくも無い官能小説

過度に性的である表現規制された。

タバコの煙だって、婚前のセックスだって

エロい文章だって不倫だって事象は何も変わって無い。

社会コンセンサスが昔と変わっただけの話だ。

タバコの煙を嫌う人が、男性女性も婚前にセックスしても良いと思う人が、

文章検閲を嫌う人が、不倫は悪いと思う人が、

行動したために世の中が変わっただけの話だ。

私の「良い」は誰かの「良く無い」であり、

誰かの「良い」は私の「良く無い」である

タバコの根絶を強く訴える人は、

自分の大好きなお酒が次に糾弾されるかもしれ無い。

不倫烈火のごとく怒る人も、

社員を使い潰すブラック経営者かもしれない。

みんな、自分の嫌いを人に押し付けて、

自分の良いを人に認めせようとして戦う。

そして、往往にして

「○○は許せ無い」は「○○でもいいんじゃないの?」

より強いため、世の中にはいろんな人たちの「嫌い」の総意が形成されていく。

個人的には、そういう「嫌い」が蔓延する世の中にはなってほしく無いと思う。

ゆるく、嫌いな人同士が触れ合わ無いような社会にならないものだろうか。

まあ、それさえも「嫌い」という思いになってしまうのだけど。

2017-11-06

いやあ、露出の多い服装性的行為同意を表すことはない。そうですよ、ごもっとも。

悪いのは性犯罪者ですよ、ごもっとも。

 

金品を人に見せることは強奪許可を表すものではありませんとも。

金品を見せびらかしながらスラム街を歩いて、強盗殺人に遭っても悪いのは強盗殺人犯ですとも。ええ。

 

ええとそれで、そう言ったら金品を持ってスラム街に行っても強盗殺人には遭わなくなるんでしょうか。

それとも強盗殺人犯逮捕されて世間から糾弾されたら殺されても満足なのかな。

2017-11-05

anond:20171105143842

まあでもそんなもんだろ

みんなズルく立ち回っている

それで賢くやったつもりだったり自分は誠実に向き合ってるつもりなのに

うまくいかなくて泣いたりしている

現実はそうなのに内実を知らん外野がやたら紋切り型糾弾するのはくだらないなとやっぱり思うけどなあ

anond:20171105134256

記事は誰でもいいなんて話はしてないだろ

別れる理由として他の誰かを好きになってしまうことがあるという話で

その相手も含めて当事者問題であって外野糾弾すんのは厳しすぎって話だろ

2017-11-04

anond:20171104134241

過去増田を読んでブクマしている者です。

私が増田を読み始めたのが2015年秋頃で、それから今日までほぼ全読みしています。(多々抜けているとは思いますが)

ある暇なときに「自分が来る前はどんな増田が書かれていたのだろう」という好奇心が遡りはじめた理由です。

それから時間のあるときに遡ってますが、初期の頃は過去増田であることに疑問を持ったり、怒るブコメがあったりしたのでタグ「1年前の増田です」「1年以上前増田です」を付けています

過去増田ブクマするときは以下のルールを決めています

・今現在から見てその意見がそぐわないもの

・つらい気持ちをここに吐き出しているもの

個人物事糾弾しているもの

・時事的なもの

トラバにあるような「予測が外れた一年前の増田みたいなのをわざわざ掘り起こしてくる」ようなことは一切していないつもりです。

私の行為不快であることは承知しました

ただ、「ご理解を」とは言いませんがもう少し続けたいと思います

2017-11-03

ボケに得意顔でマジレスする奴どうしたらいいんだろう

ロシア革命100年 声優上坂すみれソ連大好き」インタビュー#1 私とジダーノフ批判 | 文春オンライン

http://bunshun.jp/articles/-/4789

上坂 私、ジダーノフ批判に衝撃を受けたんです。スターリン体制下の共産党中央委員会書記だったアンドレイ・ジダーノフによる芸術統制。特に抽象的で人民理解を超えるような前衛的な作風音楽糾弾対象になって、自己批判を迫られたという。これでショスタコーヴィチは矢面に立たされたんですよね。私、こんな批判されたら、すごい落ち込みます

――自分表現が真っ向から否定されるわけですからね。政治権力によって。

上坂 満足のいくニューシングルが完成したのに、プロデューサーがいきなりスターリンになって、自己批判せよって言われたら、その悲しみやいかばかりか……。ソ連史はさまざまな教訓に満ちていますが、文化統制と芸術家亡命はまさに深いテーマです。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

kiku72 プロデューサーからダメ出しと死人が出るような事態をごっちゃにしちゃあかん>上坂 満足のいくニューシングルが完成したのに、プロデューサーがいきなりスターリンになって、自己批判せよって言われたら

2017/11/03 リンク Add Staryuki_furuDai44son_toku

頭悪い癖に何故こんなに傲慢なのだろう

それなりの大学を出ているこの声優、ソ連に詳しく悲惨な面もよく知ってるこの声優に対して、

自分の方が優れた見解を持って助言する立場であると言う謎の確信はどこから湧いて出るのだろう。


こういう手合いをどうしたらいいのかわからない

俺がスターリンならシベリアに送って解決するのだが

「私のプロデューサースターリンになったら」という軽いボケに対して

ボケだと理解も出来ない○○ペ(すみぺではない)の分際で、

何故自信満々で説教ツッコミをつけられるのだろう

人を正論糾弾する快感について

SNSネット論客してた時期があったんだけどさ、相手が逃れられない正論を叩きつけるのってすごい気持ちいいよね

はっきり言ってセックスより気持ちいい

この中毒性に気づいてあんまりそういう話題には触れないようにしてた

余裕のない相手整合性のない意見の粗をきっちり炙り出した上で実現性考慮しない正論を打ち込んだ上でさり気なく人格否定で締める

これがマジで至上の快楽なんだけどはっきり言えないが自分を蝕んでしまう気がする

2017-11-01

anond:20171101181533

ガーデニングが高じて子供食事を作らなくなった母親がいたとしたらたぶん連日報道されるよ

カリスマ手芸教室に何十万もかけて給食費を払わない母親が続出したらその手芸教室は全週刊誌糾弾されるよ

パチンコスマホを叩く無知で低レベルマスコミという図を欲しているのはほかでもないあなた自身

2017-10-29

人生で初めてセフレができた話:続き

※ご指摘どおり、私(筆者)=増田で書きます

結局その日の飲み会にAくんは来なかった。まあそりゃそうだ。自分セフレ2人が一堂に会しているのだから。平気な顔して現れたらむしろ怖い。

その夜帰宅し、私はいったん動揺が収まるのを待ち改めて(できるかぎり)冷静にこの状況について考えた。

私とAくんの関係は、言葉に出したことはないものの「セフレであることは間違いなく、お互い付き合いたいような素振りは見せていない。

そしてYは自分好きな人がいることをAくんに伝えており、Aくんもそれを承知関係を持っている。

まり(職場内で2人と関係を持ったことについての是非はさておき)Aくんは私に対してもYに対しても厳密には罪を犯してはいないわけだ。

それなら別に私が怒ったり傷つく必要はない、というよりその権利はないのでは…?

AくんとYの関係を知った時に自分がひどく動揺したことで初めて気付いたが、私はいつのまにかAくんのことを好きになり始めていたのだ。

彼の家に行く時も、後から思えば、セックスよりもAくんと2人で過ごす時間のものを楽しみにしている自分がいた。

付き合いたいとまでは思っていなかったが、相手自分のことを好きになってくれることをどこかで期待していた。

そんな自分気持ちを見て見ぬ振りして、「私たちは割り切った関係から」と自分に言い聞かせていた。

なんて馬鹿だったんだろう。

私の感情感傷はさておき、今後どうすべきか。

本音を言えば、Aくんをぶん殴ってやるか、Yに真実を伝えて2人でAくんを糾弾したいところであったが、そんなことをすれば私がAくんに惚れていたのを認めているようなものだし、Yは私と違ってAくんに気持ちはないはずだからこの状況を知ったところで引きこそすれ怒りはしないだろう。

このまま何もせず何も言わずフェードアウトするのが大人対応なんだろう。

しかし、AくんはYと私が比較的仲がいいことも知った上で私たち2人と関係を持っている。

彼の性格から推察するに「2人を手玉にとってやった」と思っているというよりは、単に見通しが甘く「バレなきゃいい」と思っているに違いない。

そしてきっとこれから職場やそれ以外の場所で同じようなことを繰り返すだろう。

そんな彼の行動を優しく見逃してやってしまっていいのだろうか?少しくらい痛い目を見させてやってもいいのではないか

私はそう思い、行動に出た。


Yと先輩との飲み会の後、職場で私はいたっていつもどおりAくんやYに接した(Yには私がAくんとYの関係に気付いたことをAくんに伝えないよう頼んでおいた)。

数日後、Aくんが家に来ないかと声をかけてきた。

私は誘いに応じてAくんの家に行った。前回までと同じように、Aくんが作ってくれた料理を2人で食べた。使い終わったお皿を台所で洗っていると、Aくんが後ろから私に抱きつき、耳元にキスしてきた。

「はやく増田ちゃんとしたいな」

「…したいの?どうして?」

私はわざと甘えた声で聞いた。

増田ちゃんの体最高だもん。待ちきれない」

「そう?」

「うん。ホント俺たち体の相性いいと思うよ」

「ふーん。Yちゃんとどっちの方が相性いい?」

Aくんはバッと私の体を離した。

「えっ…Yちゃん?な、なんで?」

彼の顔がみるみるうちに真っ青になっていく。状況を把握しようと必死に頭をフル回転させているのが見て取れた。

「Yちゃんに聞いたよー。Yちゃんともしてるんでしょ?なかなかやるよねAくんも」

「えっ…えっ…あの、それは、あの…」

「まあでも職場内でいろんな子に手出しちゃうのはあんまりオススメしないなあ。特にYちゃんみたいなタイプはね。あの子口軽いからさ。私以外の職場の人にももうしゃべっちゃってるかもね」

「………」

「じゃあ私帰るね。ごはんおいしかったよありがとう

「えっ、かっ、帰るの?」

「うん。明日朝早いし。あっそうそう、私もうAくん家来るのやめるね。Aくんセックス上手だし悪くなかったけど、もう飽きちゃった。でも楽しかったよありがとね」

そう言って、私は呆然とするAくんを置いて彼の部屋を出た。

駅へと向かう帰り道で、私は大きくガッツポーズした。

やった!!!やったぞ!!!復讐してやったーーー!!!!!!

そして心地よい夜風に髪をなびかせつつ、駅までの道を颯爽と歩いた。












というのは妄想で、実際には何の復讐もしてません。ただ素知らぬ振りを貫き通してます

※前編は事実です




https://anond.hatelabo.jp/20171029023632

※追記:あとがき的なやつ→https://anond.hatelabo.jp/20171030025503

2017-10-26

anond:20171026194434

叩く人はすぐに子持ちなんて引きこもりしか育てない説に逃げるよな

迷惑をかけるのはどうしようもない人を糾弾して迷惑想像させようとする前に自分がかける事になる迷惑を少しでも想像してくれたらなぁと思うわ

じゃあの

2017-10-25

anond:20171025201656

容姿差別を訴え糾弾することが攻撃ハラスメントになることもあるというのは

被差別側に立ってる私のような人間からですとなかなか知りえない考え方で

とても興味深いです

今後も社会理解する上でとても参考になりそうです

時間がなくなってきましたのでこれで失礼しま

本日ありがとうございました

2017-10-24

投票における棄権意味とか議論の前提とか

はじめに

はじめに断っておく、

この記事政治的な主張に基づいていないということだ。

まり、私の言いたいことは政治ではなく選挙における投票行為意味であって、それ以上それ以下でもない。

議論をしたいわけでもなく「せめてこれぐらいはわきまえて議論してほしい」と願うだけの文章である

である普段論考に慣れていない人には少し細かすぎる理屈かもしれない。

だが、「せめてこれぐらいはわきまえて議論してほしい」の理由には意味のある主張には必須だと思われる。

必ず読んで!ではないので、できれば読んでほしい。あと僕の思想がにじみ出た範囲は勘弁してほしい。

投票行為選挙活動

言うまでもないが、投票する権利国民に与えられている。条件は18歳以上。日本国憲法は具体的に指示まで出してくれないので、”民主的に”国会によって法律で決められる。

選挙活動も年齢などの条件を満たせば認められる。

選挙活動は”他者投票行為”に関与する行為強制は除く)を含むので、「ルールを守って投票先をおすすめしましょう」となる。

因みに「できるだけ投票に行きましょう」も選挙活動と言える。理由は後述する。

選挙活動がなければ、メディア以外の情報はなくなるので、選挙を行うのは事実上できないと言える。メディア選挙活動の様子と、世論調査結果を報道するとが主な発信となるし、選挙活動が起点となって世論調査となるので、選挙活動を嫌う人は多いが、そもそも選挙活動がなければ選挙という民主主義は成立しない。

選挙活動を嫌う根本的な理由自身の行動について指図される嫌悪感からくるもので、加えてめんどくさいので、ついつい選挙活動について、文句を言いたくなるのだ。

選挙はめんどくさい

わかりきっていることだが、選挙はめんどくさいです。

紙で投票する選挙方法時代遅れだ。選挙に行ける人は時間と心に余裕がなければ行けない。これは明らかに時代にあっていない。だが、ルール改正するには投票しなければならない矛盾を常にはらんでいる。

選挙に行きましょうはプロパガンダ

プロパガンダは悪い意味で使われることが多い用語だが、ここではその意味を含まない。「選挙に行きましょう」は政府広報だという意味だ。もちろん例外はある。

なぜ政府広報は「選挙に行きましょう」というのか、それは投票率の低下は民主主義崩壊意味するからだ。

から選挙に行きましょう」は「民主主義を守ろう!」と転換できる主張である。だが、大多数が選挙いかない(行けない)ので、これはすでに一部の国民政府広報における実質的選挙活動になっている。

選挙に行きましょう」が民主主義の唯一の回答と捉えられかねないが、それは間違っている。だが、他に現時点で有効対策は考えられていない。

白票棄権

これは票からは見えない主張を意味している。

白票は「政治に対する不信感への表明」と受け取られるのに対して、棄権票は「政治に対する無関心」と言われているのが通説だ。

めんどくさくて白票にした人だっているはずなのにそれは糾弾されない。

だが、この通説には根拠が無い。”選挙に行く人”は「選挙いかない人」と「選挙にいけない人」を区別できないので、

体良く意味付けをしただけだ。ここに気がつくかつかないかで、棄権票の意味が大きく変わってくる。

論理的に言える白票棄権の違いはせいぜいが「投票所にきた人」と「来なかった人(来れなかったを含む)」だ。これに勝手意味付けをしても議論は空論に終わる。

棄権票と民主主義

まり棄権票は一方的に「政治に対する無関心」とまとめられがちだ。だが、「選挙に行きましょう」運動意味するところは、政府が”投票システム”の変更に前向きではない印象を与える。

棄権には様々な理由があるに違いない。最近棄権理由一方的に決めつけて、自己の主張を通そうとする人が目立ってきた。

これは明らかに詭弁で強弁なのだ

時代とともに変わる民主主義

民主主義”には固定化された定義はないと言ってよい。

あえて定義するなら「平和平等国家運営しましょう」というぐらいの意味だと僕は思っている。今の投票ルールでは国民の約半数が政治に参加していない事実があるので、残りの半数をいかに参加できるようにするか、これがより良い民主主義を目指す起点となるべきだ。

選挙に行きましょう」運動だけでは逆効果だ。

オウム返しに同じことを言われては、嫌になるに決まっている。

選挙ぐらい行って当然」という主張は、すでに時代遅れだ。

残念ながら主権者の約半数を切り捨てる発言になりうる。

この辺の共通認識が足りていないので、投票率に対する議論不毛に終わることが多い。共通認識確認できないのですれ違いになり、互いの主張を誤解しあうのだ。

ちなみに

私は今までのすべての選挙における投票をすませています

2017-10-23

anond:20171023185528

チンを見せられない癖にマン糾弾するとかおかし過ぎて涙出るわwww

ソープより先に医療機関行って精神障害を治して貰えよwww

anond:20171023123032

もう散々言われてるが他人不倫糾弾してた当の本人不倫してたというのが致命的

2017-10-22

anond:20171022202642

性犯罪という時点で全日本人男が潜在的加害者および予備軍として糾弾されているようなものから仕方ないね

2017-10-21

本屋エロ本糾弾されない理由

コンビニエロ本糾弾されて本屋エロ本問題にされない理由

パチンコギャンブル中毒や餅で喉を詰まらす老人みたいに、昔からから問題と思われにくい

放置していても本屋はそのうちなくなるから

なぜオタクパクリ糾弾するのが大好きなのか

見る側でしかない俺達が作る側に勝った!みたいな事なのかな

2017-10-17

ハリウッドセクハラ問題

なんか有名なプロデューサーセクハラやら何やらが糾弾されて業界追放されるそうだけど。

かれこれ何十年もプロデューサーが大物として振舞って、「オレは知ってたぜ」みたいなマスコミ業界人も大きな問題にせず、日本と違って所属する俳優を守っているという事務所だかエージェントだかも、こと今になるまで黙ってたんだからあんまり日本の事言えたもんじゃ無くない?

anond:20171017093826

私はどちらかというと間違いを指摘してもらえるのは嬉しくて、(糾弾されるのは好きではないが...)相手の言ってることを理解しようとしてくれていると感じるよ。

と言っても最近大学先生と話している時に、論理の飛躍があったり内容が明快でない時に「意味からない」を連発されているから慣れてきたのかもしれないけど....

anond:20171017092622

「すぐ人の間違いとか、行為の誤りを強く糾弾ちゃうのってヤだよな」

って自分で思っているのに、いざ自分はどうかと聞かれると、こうやってアツくなってしまう。

これじゃ、電車身体がぶつかって、相手が誤っているのにプンスカしているオッサンと同じだな。

反省

2017-10-13

anond:20171013013346

Annihilator 難しく考えすぎだ。棄権することが奴らにとって利敵行為であり、敵前逃亡であるからあそこまで糾弾される。あいつらは闘争の只中にに在り、あれらは中立ではない。

と言う割には彼ら投票に行けと言う割にはどこどこ党に入れろとは言わないんだよな。

その代わり文句言うなよとかどうなってもいいんだなみたいな脅迫は熱心にするようだけど。

東洋経済の中村淳彦ってさ・・・

一発ヤッた後、風俗嬢説教するオッサンメンタルじゃね?

性風俗絡みの東スポの男セン的な低俗劣情を催す刺激的タイトルで耳目を集めながら、

形としては社会矛盾への問題定義みたいなプロットを設えてるという意味でさ

社会問題勃起しながら憂えるみたいな滑稽さ

リベラル左派気取りなつもりでいる分だけ説教オジサンより数倍タチ悪い

性風俗被害を受けてる女性問題真剣に関わってる人からすれば、

しろ糾弾すべき対象だよねコイツ

2017-10-09

現在政治についておもうこと

ここで書くのは私の意見しかないです。

自分1993年まれ24歳です。

今回の衆議院選挙について、選ぶに値する党が存在しないことを歯がゆく思っていても、自分立候補することは年齢規制から無理であるし、まず金もない。所属したい政党もないですし。

議員になることがまず、ごくごく普通人間には無理である。ということについて考えてみよう。

衆議院は4年に1回解散されて議員総選挙が行われるものだ、と私たち小学校社会で習った。また衆議院参議院と異なり、総理大臣解散権があり、総理解散すると言った時が選挙の時である総理衆議院選挙にて第1党になった党から指名された人物(つまりボス)がなる、というのが日本システムです。

とまあ、考えてみると私たち総理解散を決意するまで選挙があるかどうかなんて知るすべなどないし、

告知期間もめちゃくちゃ短く、「よっしゃ選挙するぞ!!!」と言われたところで、「よっしゃ選挙出てみようぜ!!!」となる体力(金)もない。働いているひとが仕事を休んで選挙活動をするなんてことは無理だし、あと比較理想燃えやす若者被選挙権を与えられていないが為に何もできない。

政党というのはお金選挙のやり方ノウハウが詰まったプロフェッショナル集団だ。

そんな彼らと関係を持たないままに選挙戦を戦い抜くことは厳しいし、また選挙に通ったところで何かしら提案をしても国会という場所で仲間がいなければ提案を成立させることも難しい。

そういう風に考えていくと政党という集団思想統制をとり、集団公約としたものを数の力で果たしていく、というスタイル一見効率が良いようにも思える。

こういったらなんですけど私は、日本実は政党政治下手くそで向いてないんじゃないかなって思う。

私たちにはまず議論が苦手な部分がある。ディベート最中にその議題について否定されると人格まで否定されたような気になって敵と味方の糾弾大会みたいになったりしませんか?友敵を明確に求めたがるきらいがある。私たちですらそういう節があるのだから国会議員の人々もきっとそういう部分がある。

けれど、社会って、世界ってそんな簡単に、友敵に分割できないじゃないですか

あらゆる関係が引かれて絡まり合って、動いている。

本当に「解決しなくてはいけないこと」について私たちは、話をするべきだと思うのです。

正直なところ、私は森友学園のことも議員不倫のことも、どうでも良いのです。

それは「日本にとっての本筋」ではないから。

福島のこと、原発のこと、自衛隊について、改憲について。すぐに答えをみつけることが難しいことばかりが山済みになっているけれど、これらは先送りにしたところで、何も解決されない。

私たち日々の暮らしに追われてしまっているけれど、同時に福島には防潮堤建設されて村の風景を分断し続けていく。平和憲法は心意気としてはもちろん良いものであるけれど、自衛隊合憲化することに頭ごなしに反対することは、議論を進めるものではない。

折衷することをもっと覚えていきたい。

政治社会を良くする為にあってほしい、と私は思う。

この「良くする」ということの意味について、私たちはお互いに広く知る努力をしたほうが良い。

人間所与のルール内で最適解を求める生き物

ある人がAという行動をするかしないか

「Aをすることによる得」が「Aをすることによる損」を上回るかによって自動的に決まる

ここでいう損得には気分が高揚する/減退するといったような感情的ものも含まれ

たとえば人が万引きをする理由には

「タダで物が手に入るから」「成功快楽を感じるから」「店員がむかついたから」

といった要素があり

人が万引きしない理由には

「捕まったら刑罰を受ける・社会的に失墜するから」「倫理的に許せないから」「店に申し訳いから」

といった要素がある

それぞれの要素にどう重み付けするかは個人によって異なっており、それが「性格」などと呼ばれる

言いたいのは、これらの重み付けの結果として万引きの得が損を上回り、万引きを実行するに至った人間を、「悪人」として糾弾するだけでは何の解決にもならないということだ

その人を糾弾するということは、その人の重み付け関数を異常なものとして矯正し、人類平均に近づけるということである

もちろんそれも重要

重要だが、その人の重み付け関数理想化されたとして、次に来る万引き犯はそうではない

真に行うべきことはルールの変更だ。相当クセのある重み付けをされても、それでも得が損を上回らないような、システム設計をしておく必要がある

たとえば万引きの「得」を減らす対策として、強引に外すとインクの飛び散るタグ、などがあり、

万引きの「損」を増やす対策として、防犯設備の整備や罰則の強化などがある

これらの対策を行わずに「万引きする人間はなんて悪人なんだー」と吠えていても無意味まりないと思う

もちろんこの文章における万引きは喩えにすぎない

万引きの代わりに、政治外交や、職場問題恋愛・友人関係など何を入れても同じことが論じられる

かに、重み付け関数がよっぽど狂っている(人類の平均から大幅に乖離している)人間はい

快楽殺人者とかがそれだ

そこまでカバーするルールを作るのは至難の業から、全人類の9割がカバーできれば良い

2017-10-05

Abema TVKAKERU TVでやってるWikipedia画像投稿する企画

https://abema.tv/now-on-air/abema-special

https://news.infoseek.co.jp/article/thetv_110921/

今も生放送でやってんだけど

すごい影響力で他人サイト荒らしまくってるのになんで糾弾されないの

芸能人個人を責めても仕方ないと思うけど

極楽とんぼ加藤さんって朝のニュースの司会みたいなこともやってるんでしょ

それなのにこんなことやったら迷惑がかかる人がいるとか想像できないのかな

俺の倫理観のほうがおかしいのかな

カスみたいサイトだけど細々と運営してる身としては許せないわ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん