はてな匿名ダイアリー RSS

名前を隠して楽しく日記。

2019-12-13

週末は銭湯

 今日は帰りに銭湯による予定。金があれば毎日通いたいくらい。少し衛生面が気になるが…まぁストレス発散になるのでこれからも通うと思う。

anond:20191213175225

Yaoi Handで判別できるよ。あと男性キャラの手の血管浮き出てる感じとか骨ばった感じの描写

かに

明日毛蟹が届くんだけどどう調理したらいいんだ。(前提として唯一の調理器具フライパン白菜えのきが入っていて、いつでもコンロにかけて着火できる状態とする)

anond:20191213190713

しか(笑)

美少女は外部の観測者の内部にしか存在しない(それによってしか定義づけできない)から

非実在存在といえるなw

ようしらんけど

保険会社って普通営業部以外にも枕営業部があるってマジ?

洗濯の読み方

せんたく」が当たり前だと思っていたけど「せんだく」派の多さに驚いてる。

音楽を聴いている時、僕たちの脳は音楽をどう処理しているのか

2回目の投稿です。

似たようなことを以前ここで述べたのですが、説明下手だなと思ってもう1回書いています

音楽を聴いている時、僕たちはその音楽をどう処理しているか

音楽はまず、音色(=サウンド)と歌詞(=言葉)に分けられます

この2つのうち大事な方なのは歌詞(=言葉)。

音楽で僕たちは歌詞を受け取っている。

音楽で僕たちは歌詞をもって感動したり、心震わしている。

ここ、間違わないでね。

歌詞の方が重要から

そして、その歌詞に息吹を与えているのが音色(=サウンド)。

短歌を思い浮かべると分かりやすい。

57577が音色(=サウンド)。

短歌の中身が歌詞になる。

ここで一つ、注意しないといけないことがある。

それは、言葉というのは音(サウンド)ありきなんだ。

音なくして言葉は成立しない。

というかむしろ、音を引き出すために言葉存在していると言ってもいい。

僕たちは常に、言葉の音を知りたがっている。

色々な音が集約されて、一つの言葉になっている。

さて、ふりだしに戻ってまとめ。

音楽音色歌詞構成

音色より歌詞の方が重要

しかしその歌詞(=言葉)を成立させるためには、音色(=サウンド)が必要

音色で、歌詞を縛る。

音色で、言葉をより強くする。

ここまでの説明大丈夫

さて、本題。

音楽を聴いている時、僕たちはその音楽をどう処理しているか

音楽というのは僕に言わせれば、「国語」だと思う。

言葉意味を知る。

言葉意味を再び勉強する。

言葉音色によって、その顔が変わる。

僕たちは言葉を、一つの顔で縛ってしまっている。

僕たちは言葉を、一つも意味で縛ってしまっている。

それを解くのが、音楽の役目。

まり、僕たちは言葉を、一つの音色で縛っているんだ。

それを振り払うのが音楽

言葉に違う音色があるよねって教えてくれるのが音楽なんです。

言葉というのは、音色が宿っている。

言葉というのは、音色によって意味が明確になってゆく。

言葉は音によって意味を変える。(頭がいい人は分かるだろうが、この音というのはつまり文脈や背景や歴史のことだ。環境によって言葉に宿る音を僕たちは変えてゆく)

音楽というのは、言葉に含まれ音色の再発見

音楽を聴いて僕たちは、その歌詞(=言葉)に宿る音色を教わっているんだ。

音色を知ることで、言葉意味を再認識してゆく。

ここまでの説明大丈夫

それでは、aikoさんの「カブトムシ」という曲を例にして解説していくね。

「悩んでいる身体が熱くて 指先は凍えるほど冷たい

どうした はやく言ってしまえ そう言われてもあたしは弱い

あなたが死んでしまって あたしもどんどん年老い

想像つかないくらいよ そう 今が何より大切で」

ここでもう一度、短歌を思い出して欲しい。

57577というリズムがあるから短歌は成立している。

57577というリズムから短歌の中の言葉意味は設定されてゆく。

言葉意味を生み出しているのは音。

勘違いしちゃだめだよ。

言葉それ自体言葉意味を作っているのではない。

音が、言葉意味を作っている。

この音というのは何か。

それは先ほども触れたけど、「背景」。

例えば、「お母さん」という言葉

この意味は何か?

簡単に言えば、母とか親とか。

でも、お母さんってそれだけじゃないでしょ。

お母さんって、もっと「深い」でしょ。

お母さんって、お母さんという5文字だけでは到底表すことができない言葉でしょ。

お母さんという言葉に含まれ意味無限だ。

お母さんはつまり、お母さんじゃない。

じゃあお母さんとは何なんだ。

それは、お母さんにつけられる音色によって、その意味を変えてゆく。

言葉というのは、いわば「空のビン」

空のビンに音色という液体を注ぐことで、初めて言葉意味をおびる。

音色があって初めて、言葉は成立する。

先ほどのカブトムシ歌詞単語に分解してゆく。

悩んでいる 身体 熱い 指先 凍える 冷たい

どうした 早く 言え あたし 弱い

あなた 死んで どんどん 年老い

想像つかない そう 今 大切

こうやって単語バラバラにしても、何の感動も起きないし全然心揺さぶられない。

何故ならこれらの言葉音色を感じられないから。

言葉は音を含むことで、そこに熱を含み、言葉同士の繋がりが生まれてゆく。

言葉意味無限大だ。

今日はここまで。

え?

笑。

実はかなり今回の説明は嘘をついている。

え?

笑。

音楽におけるもう少し大事なところは、その言葉同士の繋がりの関係

ただそれを説明するとややこしいので、今回は言葉音色によってその意味が成立しているよということを解説たかった。

(言葉+音色)×(言葉+音色)になってくると、話はもっと複雑になってゆく。

簡潔に言うと、そうすることで複数物語が進展してゆく。

複数物語って?

小説とか漫画とかと、音楽が違うのはそこ。

小説とか漫画とかは作り手によって読者には一つの物語しか進展しない。

それに対して音楽というのは、音楽聴く受け手ごとにそれぞれの物語が進展していくんだ。

小説とか漫画とかは登場人物がはっきりして、それを僕たちはただただ眺めるだけだけど。

音楽は違う。

音楽は僕たち受け手がその物語を作っていくんだ。

は?って話だが(笑)

ここに音楽がとても多くの人に愛される理由がある。

音楽は僕たちが主役だから

面白いよね。

またいずれ、詳しく解説しようと思う。

今日はここまで。

おわり。

https://twitter.com/nn_name_n

anond:20191213153743

くっそぉ

(読ませるじゃねぇか・・・

anond:20191213194826

竹中平蔵が言ってたよね、貧困層は子作りしないか貧困問題は何もしなくても解決するって。

anond:20191213184949

テンピュールは十回ほど勢いよく出るって意味じゃあないんだよ

anond:20191213194744

今朝の夢の中で見た出来事から論ずるとか関係ないよ

anond:20191213171510

そう、飛び出し坊やは、死んでいった方々の怨念と、そういう遺族の方々の慰霊の念で生まれました・・・

ようしらんけどな

(やが、かつてダンプカー轢死する子供らが多かったんはホンマやで)

anond:20191213191758

まり貧困根本的な原因は無責任セックスしたパパとママや。

貧乏人は社会ではなく親を恨め。

anond:20191213190446

いやそんな乱暴

「どのくらいの時間をかけて」

「どういう人々が」

が未設定では論じたことにならんのでは?

身体障害者活躍する漫画ってないよね

鋼の錬金術師攻殻機動隊みたいに、

科学義肢をつけて健常者以上になってる漫画

障害者活躍する漫画」と言われても納得しかねるしなあ。

恋をしてる

会社の人に恋してる

今日も喋れなかった

どこかで喋る機会を作りたいな

今日はいつもと洋服が違ったな

anond:20191213175225

作家性別判別ミスなんて、古来から山のようにありまっせ?(その時々の著名な権威によるドヤ顔判定→面目丸潰れ事故www

ってか、なんでみんなそんなに作者の性別が気になるんだろう・・・

anond:20191213193854

みんなグレタの処女マンコに自分ティンポブチこみたいんだろ

察してやれ

野口健って正論を言っただけだよな?

グレタ信者さんはスピリチュアルに目覚めてるのかな?

デブ専とかまじでいるの??

いたら超怖いよ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん