はてな匿名ダイアリー RSS

名前を隠して楽しく日記。

2019-08-19

anond:20190819055215

「また肉便器にして」って言えばいいじゃん。

anond:20190819070821

全く不可能かというと

https://jig.jp/service/jigbrowser/

ガラケーPC版のWebが観れるので、課金してまで入れてる人は出来るかも。

ただ、そこまでしてPC版の画面を小さいガラケー画面でみる意味いまどきあるのかな。

スマホにするまでガラケーの時入れてました💦なのでPCとおなじWebが観れてました。

動画なんかはむりがあるものあったけど)

anond:20190819053548

まああの人も京アニ大好きを拗らせた結果の凶行と言えなくもない

終わりのない劣等感

人生どん底高校不登校中退してから大学に入るまでの5年間だったと思う。

青春真っ只中を過ごす同年代をよそに、中卒無職童貞引きこもりであるという劣等感は凄まじかった。

それでも一念発起で実質3浪で一流大に合格して、これで過去とはおさらばと思うも、

同期の人生順風満帆に見えて一方的劣等感を患い、友達ができないまま授業に出なくなり留年する。

このまま中退しては中卒無職童貞引きこもりのままだと、何とか大学に復帰するも、まともに就活もできず進路未定で卒業

中卒無職童貞引きこもり10年かけて大卒無職童貞引きこもりになったというお粗末さ。

卒業後1年間就職が決まら絶望していたが親のコネに甘えて大卒童貞社会人にこぎつけた。

就職先ではコネ入社というレッテル払拭すべく努力し、幸いにも周囲から評価を得られている。

ただ、気づけば三十路が見えてきて結婚する同年代も出てくる中で童貞というステータスは変わらなかった。

単に童貞を捨てたいなら風俗に行けばいいのかもしれないが、自分他人に受容されたい、愛されたい。

孤独劣等感を抱えながらも前に進んできたことを誰かに認めて欲しい。

anond:20190819055603

平成上皇日本ブルーギルをお持ち込みになるという偉大な成果をお持ちだぞ

もっと何でもありの試合観戦させろよ

物を選手に向かってぶん投げたり

暴言自由に吐き放題

選手暴力やりたい放題のそういう

エキサイトスリリング試合観戦をさせろっつーの

きっと楽しいだろ

anond:20190819070817

何言ってんだよ37.2度なんて平熱だろ

俺の平熱が37.6度だぞ

お前ジョークかましてるのか

https://togetter.com/li/1391830

デマ拡散してた人たちって恥ずかしすぎて憤死したりしないの?

ガラケー女のインスタ垢」って時点でおかしいでしょうが

体温37.2度

お酒が残ってるんじゃなくて、風邪ひいて発熱の方だなこれは

ギリギリ仕事行っても大丈夫かなレベル

寒気がちょっとある、無理はできないが

女を落とすのは難しいが、

スマホを落とすのは簡単だ。

そういうことだぞ。

anond:20190819063601

伊賀泰代さんだと言われてて、画像検索したらまさにそんな感じ?

anond:20190819063748

最近の車って遮音性が高くて視界に入らないと救急車が近づいてるのわからん時あるよな

俺はなのでいつも少しだけ窓開けるようにしてる

[] #77-1「コラえて地獄

さあ、今週も始まりました『コラえて天国』。

ガイドブックでは伝えきれない町の魅力を、住人との交流を経てお伝えして参ります

今回の町はここ『アノニ町』。

はてな市にあるこの町は観光街として親しまれております

以前も取材に来ましたが、今回はディレクターのみでお忍び。

ノニ町の新たな魅力を見つけることはできるのでしょうか。

一緒に覗いてみましょう。


駅に降り立つと 早速ディレクターが何かに気づいた様子

ーーあ あの子

以前もこの町で出会った少年発見

石の水切りを独特なフォームでやっていたのが印象深く ディレクターも強く記憶に残っている

この日は同級生たちと遊んでいた様子

ーーこんにちは 久しぶりだね

少年:え、だ、誰?

しか少年 ディレクターの顔を覚えてない

ーーほら あの川原で遊んでたでしょ 兄弟

少年:し 知らない……

大男:人さらいめ そこまでだ!

保護者らしき男性が 鬼気迫る表情でこちらにやってくる

ーー痛いイタイいたい!

謎の男性:神妙にお縄につけ! 法の裁きを受けよ!

サブミッションを極められるディレクター

このままでは警察に突き出される

このまま放送事故になってしまうのか?

???:待て待て、シロクロ! 判断が早すぎ……ん オッサンどっかで……

ーーあれ……双子

静止に入る少年の顔を見てビックリ

あの時の少年が二人!?


少年に何とか場を収めてもらい 話を聞くことに

ーーえ 双子じゃないの!? すっごい似てる

あの時に出会った少年はマスダくん

ディレクターが話しかけていたのはドッペルくん(?)というらしい

どうやらディレクター 本当に知らない子に話しかけていた

ーー本当に似てるねえ

マスダくん:こいつ変装の達人だからな 特に俺のモノマネは仲間でも間違うことが多い

ーーへえ それだけ似せられるのは やっぱりマスダくんには憧れてるとか

ドッペルくん:え えーと……

マスダくん:いやー むしろ憧れてるのは俺というより

ドッペルくん:わー! プライバシーポリシー

なんだか複雑な事情がありそう

彼らも個性的で気になるが 今回はあくまで町の魅力を知るのが目的

今回はプライベート観光ということにして 番組のことは伏せつつ 隠れた名所を尋ねる

ーーアノニ町で どこかい場所知らない?

マスダくん:いるよな こういういい加減な問いかけをして 引き出そうとしてくるタイプ

耳当てをつけた少年:(質問が)漠然としすぎてます 僕たちにそんなこと聞いて何を期待してるんですか

一癖ある受け答えをしてきた少年はミミセンくん

どうやら仲間の中では司令塔のような立場らしい

ーーえーと……

少女:私 教えてもいいけど 何の権威もない子供評価をアテにするより ガイドブックでも読んだ方が参考になると思うわよ

尤もなことを言ったのはタオナケちゃん

子供たちから予想外のカウンターをくらい たじたじのディレクター

まらずシロクロと呼ばれている 保護者らしき男性に助けを求める

ーーすいません 上手いこと説明してくれませんか?

保護者男性:ノー オア ノー! インポッシブル

マスダくん:シロクロに聞いても無駄だぞ 俺達の中で一番アタマ悪いんだから

保護者ではなく 歳の離れた彼らの仲間だったらしい

次 ≫

おお、月曜日よ!

なぜにおまえは月曜日なのか?

anond:20190818065136

IQテストの得意な人だな。

メンサに入ればイキってられるぞ。

anond:20190818203206

お盆正月家族や親戚周りでやること多くて本当に休める人って学生くらいまでじゃ?

田舎だととくに休むどころかやること多くてまったく休めない

ちゃんと休めるのってゴールデンウィークくらい

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん