「いびつ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: いびつとは

2021-09-08

おにめつ二次のトレパク炎上の件、ふ~んつって眺めてたけど、ギャーギャー騒いでオチしてる外野

パクリ作家のことに言及せずに二次創作で盛り上がってる!このカプは自浄能力がない!」

とか言ってて笑ってしまった

コロナみたいに周囲にまで被害を及ぼすようなことならともかく、トレパクは当人同士の問題なんだから部外者が口出すほうがおかしいだろ

何の関係のない外野にただ同じカプだというだけで特定の誰かを袋叩きにして追い出す義務を背負わせるなよ

ムラ意識が強いというかなんというか、いつまで学級委員長の気分でいるんだか

まあでも自分女性向けで二次やってたときはこういうおかし理論を信じ込んでたな~

いったん離れるといびつな界隈だなとつくづく思う

2021-09-07

anond:20210907123655

たった少数の痴漢のせいで生まれてくる人間の半分が一車両に押し込められる構図のほうがいびつなんや

2021-09-03

アイドル育成番組禁止 中国芸能界へ統制強化 共同通信社 2021/09/02 20:30 国際

 【杭州共同】中国メディア管理する国家ラジオテレビ総局は2日、「低俗下品な」娯楽作品排除するとして、アイドル育成番組などの放送を禁じる通知を出した。「道徳の欠落」した芸能人を取り締まり共産党や国を愛する人物を重視するよう指示。業界への規制思想統制を強める方針を示している。

 通知は全国の地方当局に向けて出された。オーディション番組投票システムを厳しく管理し、人気ランキングなどでファンの消費をあおる行為を禁じるよう要求番組出演者を選ぶ際は「政治素養」をチェックし、党や国から「心が離れている」人物は起用しないよう指示した。

 また「女っぽい男性などいびつ美的センスの根絶」も要請。「中華の優秀な伝統文化社会主義先進文化」を盛り上げるよう促している。

2021-08-23

anond:20210823121534

今の失政と出口のない金融緩和で、日本だけ取り残されるのは確定してるだろ

市場の金の流れみたら現金が無いのは明らかだし、それなのに株価暴落してないし、いびつさで言えばバブルと同じようになってるんじゃないか

2021-08-21

この歪ッて字も謎よな。

いま「いびつ」って書いて変換したんだけどさ。

「ゆがみ」でも変換されちゃうわけ。

これはまあ「歪み」と送り仮名がつくからまだええわけよ。

「ひずみ」なんて変換してみ?

「歪」やぞ。

なんなん。

ふざけてんのか。

日本語作った連中ってたぶんそうとう賢かったはずなんだけどさ、「いびつ」「ひずみ」どっちにも同じ字をあててなんら疑問を覚えることがなかったのかな?

文脈判断しろ、ということなんだろうがその文脈から判断するのに何度も読み返さないといけないくらいの知能の足りない人間としては、こういう時に日本語の歪さや歪を感じるわけですよ。

しょせん賢い人間けが使えればいい言語ってか?

お高く留まりやがって。

2021-08-20

「竜とそばかすの姫」はなぜダメなのか

遅ればせながら「竜とそばかすの姫」を見てきた。ネタバレが嫌だったので、事前に紹介記事も読まなかったし、どんなストーリーかもろくろく知らなかった。

で、以下はその感想ネタバレ

鑑賞後にいくつかの感想ブログを読んだのだが、「映像演出はすばらしいが脚本ダメ」という評価が多かった。自分も同感である

おそらく最大の要因は、ネット世界リアル世界との分断が激しすぎて、どちらの世界キャラクターにも全く感情移入ができないことだろう。ネットでは暴れん坊の竜とネット自警団との戦いが続く一方、リアルでは陰キャ女子高生を中心としたラブコメもどきが進行する。

両方の世界の繋がりが緩いせいか、それぞれの世界に登場するキャラクターの行動原理が読めない。「コイツはなぜこんなことを?」という疑問が解けないまま、ストーリーは進行しつづける。

そして、多くの評者が指摘するように、物語の終盤にかけて脚本破綻は顕著になる。児童虐待を受けている兄弟父親から救うために、大人たちに見守られながらなぜか一人で関東へ向かう主人公。なぜか主人公に気圧されて、呻きだす兄弟父親兄弟たちが一体どうなったのかも観客には知らされないまま、さっぱりとした顔つきで故郷に戻ってくる主人公。竜とくっつくのかと思いきや、イケメンの幼馴染といい感じになる主人公なんでやねん!!!

というわけで、本作に不満は多々あるのだが、同情すべき部分もないわけではない。一部で指摘される細田守の「制度」に対する理解の欠如という点だ。要するに、細田作品世界のなかでは、福祉制度無能かつ無責任に描かれてしまうということであるしかし、これは現代日本映画事情を考えると、おそらくやむを得ないところだ。

そもそも物語制度とはあまり相性が良くない。物語は多くの場合主人公決断や行動でストーリーが展開していくし、視聴者や読者もそれを期待する。名探偵コナン犯人警視庁ローラー作戦逮捕されてしまうと、興ざめもいいところである。見ている側としては、コナン君の活躍事件解決するのを見たいのだ。

そういう物語制度との相性の悪さを補うための一つの方法が、制度中の人主人公にする、もしくは制度の中の協力者を登場させるというものだ。

だが、現代日本アニメ映画において、児童福祉施設職員主人公するという選択肢果たしてありうるだろうか。「おおかみこどもの雨と雪」はやや例外としても、ヒット作を目指すのであれば、主人公はどうしても高校生以下でなくてはならない。その縛りが脚本に大きな制約を生んでいる。

仮に児童福祉施設の協力者を登場させたとすれば、ストーリー説得力自体は増すものの、ラストあたりの展開は協力者に解決をぶん投げる形になり、主人公の出る幕はほぼなくなってしまう。それでは、エンターテイメントとしてのカタルシスに欠ける。

では、細田はいったいどうすべきだったのか?

そこで、この映画の最大の問題が浮かび上がる。

まり児童虐待のような現実社会と地続きの問題を登場させるから脚本いびつさが目立つのだ。子ども貧困を描いた新海誠の「天気の子」にも同様の問題が指摘できる。

現実社会には現実社会解決策がある。それを一足飛びに高校生解決させようとするから脚本に無理が生じる。主人公たちを活躍させるためには、制度無能に描き、リアリティを欠いた解決策をひねり出すよりほかない。

から細田守にせよ、新海誠にせよ、作品主人公には大人しく世界を救済させておけと言いたい(それが嫌なら、主人公高校生以下でなくてはならないという縛りと戦え)。

隕石が降ってくるとか、人工衛星が降ってくるとか、そういう超緊急事態を前にすれば制度は実に無力だ。だからこそ、主人公やその仲間たちの超人的な活躍が光るのだ。そして、世界を救うだけなら、より長期的には必要になる制度的(かつ地道な)解決策についても考えなくていい。

というわけで、高校生以下を主人公に据える限りにおいて、セカイ系物語にはそれなりに有用性があるのが理解できたことが「竜とそばかすの姫」を見た最大の収穫だったと思う。

2021-08-19

anond:20210818120808

大国の軍需予算の確保のための在庫処分紛争に都合よく民族が枯渇しない異常な倫理宗教組織を利用してるのいびつすぎるわ

これまた新型が採用になって予算消化しなくなった在庫がまとまったら人道的支援するんでしょ

それまで政権とったり内紛したり茶番で国やら人生消費してんのいくら知性を刈り取られて盲目的に信仰さえあれば相手から奪えてそれで武器が買えるって軍事予算どおしで仮想通貨トレードしてるみたいなゼロサム実質マイナス世界にいて不満より義務で高揚する快楽にひたるのなんとかならんのか

人生の素晴らしさとか基本的人権とか知識価値とか説いてるやつはなんかしてやってほしいわ

2021-08-18

結局、今の政治いびつさは自民リベラルのせい

自民という保守政党に属しているリベラル議員

 

こいつらのせいで今の政治はゆがんでるんじゃないのか?

それとも、一党独裁制民主的政治ができるとでもおもっているのか??

是非離党して、新党設立するなり、リベラル政党に合流してもらいたい

2021-08-11

あんまり意識してこなかったが、よく考えたら立派に登校拒否かまし自殺未遂かまし同窓会ガン無視して仕事放り出して立派に無敵の人やってた

やってることはやってるが今更うまく説明するのが面倒ないびつ職歴面接に通すためのタテマエを構築する熱意もなく

流されるままに地元肉体労働アルバイトをしている

もう30代といういい大人であることを期待される年齢の男が夢も目標も伴わないフリーターをやってる

昼寝すると小学校中学校同級生たちと遊びにいく夢をみた

そうか、その頃までは、まだ正常な時を刻んでいたのだったっけ

もう今の自分と同じ時を刻んでくれる人はいない

境遇価値観も経歴も噛み合う相手がいない

孤独を舐めていたのだろうか

なんだかんだ、人を無気力に陥れるだけの威力を感じた

もっと甲斐性のある男であったなら、まともな経歴で、まともな収入を得て、まともな交友を保って、誰かが隣にいたのだろうか

自分のみならず、こんな自分の隣にいたはずであろう人の人生をも棄損しているのではないか

いや、周りには代わりがいるのだろう

自分あなたにとって数ある友達の中の一人に過ぎない

自分にとって唯一の友達結婚を期にフェードアウトしていった

結婚式に呼ばれることも結婚相手を紹介されることもなかった

自分の不甲斐ない生き方がそれを招いたことは想像に難くない

周囲になんと説明したらいいのかわからない浮浪者ワナビー、30代フリーターである

丁寧に言語化すればするほど、いよいよ自分無敵の人であることを再認識するのであった

2021-08-02

これで統合失調症患者犯人候補から外れるね

BLMが盛り上がってた頃に、ホワイトセイヴィア白人救世主)が話題になった。映画においては白人最後救世主役割を果たすことが多い、という話で、派生して黒人の描かれ方も俎上にのぼった。犯人役として蛮行をおこなう黒人像はもちろんのこと、マジカル二グロ(ちょうどいいところで白人アシストをしに来る黒人)なんてのも、もうポリコレ的に描けない状況になった。

藤本タツキの『ルックバック』で統合失調症に誤解をあたえるような表現があったとして変更があったらしい。個人的に、こうした声に創作物が左右されていくのはとくに興味がない。社会がそう変わっていってみんなが幸せになるならそれでいいんじゃね、と思う。

でもさ、もう統合失調症を悪く描けないのだとしたら、それはそれでどうなの?って感じもする。

例えば極端な話、推理もの映画で、犯人候補統合失調症患者ゲイ黒人白人だとしたら、もう犯人白人で決定なんだよ。だってそのほかは「まるで〇〇全員が殺人鬼であるような誤解を与える」って言われたら終わりだから

ルックバックだってそうじゃん。別に統合失調症って単語も、統合失調症主人公が憎んだり悪しざまに罵ったりする描写がなくてもこのザマなんだから

商業的にリスクなく悪役として描けるのが「社会的な強者しか残らない、っていういびつ構造なんだけど、その辺はどう考えているんだろうね。

2021-07-31

何度も書いた覚えがあるんだけど

頭使って学習するのも才能で、先生から言うことを選択して聞けるのも性格由来の才能ですよ。

コミュニケーション能力を持たない人が、努力後天的方法コミュニケーション上手になることも珍しい。

要するに勘所を押さえて直感的に正しいルートを選ぶ、直感性の選択の正しさがまず才能の「起点」なの。

これがない人はどれを選択してよいかからいから、5まで絞れるところが100あるように見える。

そして100に総当りする。これは努力ではなく無駄ですよ。その無駄スキップできるのが才能のあり方の一つ。

絵にしたって、正しい自分にあった練習法を選択する能力

練習が正しいと分かっていて、かつそれが無感覚レベルに落とし込める能力

自分客観視できる冷静さ。画面(絵作り)の構成力を直感的に判断できる能力

色彩感覚を瞬間的に判断して着彩する能力

構成と着彩は努力でも埋められるけど、もともと持ってる人と持ってない人では明確な差がでる)

平面を立体として認識できる錯視能力、落とし込めない場合立体として認識できるように工夫できる論理能力

漫画イラスト系なら端々のデフォルメ流行り廃りを良い・悪いと感じて取り入れる感覚的な鋭さ。

いずれも才能なくして成り立たない。

絵の世界っていびつで、とにかく才能って単語が出てくると次の瞬間にはお前の努力不足だ!

というわけのわからない罵倒が飛んでくる場所

とにかく努力で何でもできるって思い込みたい必死な人たちの集まりだったりする。

からこういう努力すればあらゆる才能に必ず追いつけるんだ!

というとんでもない自己催眠サイコがたくさん出てくる。

がむしゃらな努力は才能ない人にある程度の進捗を与えるから勘違いさせやすい。

そしてがむしゃらな努力だけでは必ず限界が来る。

anond:20210728230247

2021-07-29

今日も『アンチ新自由主義連呼くんとの戦いを始めるとする

いまんとこ「新自由主義に対抗した全ての抵抗勢力は滅びた」という現実をもとに、「大きな政府ケインジアン人口増加」という『アンチ新自由主義連呼くんが支持するロジッククラッシュさせるがために努力してきた。今日も同じ方法で戦うのはしんどいので、こっち側からアンチ新自由主義連呼くんの琴線に触れそうなネタ提供して、議論していこうじゃないかと思う。

今の日本に「大きな政府」は継続不可能

なんと言っても、今の政府は「大きな政府」をとると危険なの。1つはコストだ。アメリカのように「大きな政府」をやる連中ですら、トレードオフ解雇規制を受け入れている。そのため、いちど採用すると解雇ができない日本にとっては、法律が基本となる労働法律改正する必要があるが、今はマスコミもうるさいので不可能だし、既得権益拒否するだろう。もはや国土の開発が終えたこの国に、需要のない新規開発を公がする必要はないのです。そのため、「大きな政府」をやってもリターンを上げる領域存在せず、人員採用しても無駄になる。マルクスが「資本主義の果に」唯物論解決できない問題があることに気がついたのは、正しいのです。ですが、問題は「唯物論」で実体経済は語れない、ということは当時の後進国ドイツ人同郷であったライプニッツが嘆いたように、先進国の人々は「後進国と同じことをしたら負ける」ということは既知の問題を『共産党宣言』で後進国民なら存続可能教育可能な「エリート」という存在で勝てる、という妄信先進国でも可能という認知誤認から起こりました。この欺瞞を暴いたのがハイエクであり、先進国においては「エリート社会負担を増やすだけ」という告発をする必要がありました。つまり共産主義者なんて田舎ヤンキーボスの「夜露死苦」というミームクールだと思う馬鹿の集いだよ、って話だよ。

ケインズ資本主義で上手く行った理由と、今の日本適応できない根拠

彼は資本主義社会においても「一定規律をもったまま」に公共投資投資するという方法を、世界恐慌のもとで実施可能だという主張を肯定することが可能だった瞬間があったか可能だったのよ。(若年層の犠牲活用した)デフレは進むけど、(年齢階層いびつなせいで票田にメリットがある)感覚としての経済が悪くなくて、下手に経済状況がインフレすると老人たちは生活が厳しくなるという現実否定してまで、経済成長は必要かね?今の日本投資されないのは、それなりにメリットがあるからだよ。それに GPIF という国家投資機関は『現代ポートフォリオ理論』という金融工学の果てを知っていると、随分と日本投資してくれていると思うよ。もはや、我が国に「投資したら、こんだけ儲かるだろうなー」って場所が無い以上は、日本国には直接投資不要です。海外投資したほうが、本当にマシです。地方を切り捨てて、東京シンガポール化したほうがもっと輝きますのに、大都市資本イオン地方投資してくれるので、地方民はイオン感謝するし、地方統一化するのを嘆くのは「東京人」の「理想田舎」を押し付けているだけなので、差別固定化を「アンチ新自由主義」でやることは、地方からすると万死に値します。知っているかもだけど、地方自治体のモールは隣にイオンができると負けます。つまり、儲かる領域での役所仕事なんて、令和の日本にはないんだよ。


人口増加について

これは自分も知らんよ。ただ、過去に戻って、

という選択肢を、超賤民どもが単一人民として受け入れると権利団体なっちゃうという過去の嫌な例もあって、日本国民は「経団連奥田」が発起したのを拒否したし、子どもの権利条約批准された教育を受ける権利否定できないし、金銭労役の補助なんて都市部だとアホみたいにやっているのに増えないのだから、諦めるしかないんじゃないの?

昨日は「日本は人工肉がつくれなかった」という議論をして、一瞬「負けた」と思ったよ。だけど、「民間企業キューピーが、模造卵を開発してコンビニ活用している」という事実を思い出したら、ますます公共投資民間投資に負けている事例を見つけて、本当に嬉しかったよ。遊戯王世代なのはあたりだよ。今日も楽しくバトルしようね!俺のターンは終わり、つぎはアンチ新自由主義くんのターンだぞ。

2021-07-20

フリーゲームかわいいは壊せる」について

半年ほど前にニコニコゲームアツマールやふりーむ!で公開された本作。

当初から「感動できるゲーム」として紹介されていることに違和感があったのだが、最近になり有名VTuberなどによる実況動画話題になったりと、看過し難い存在になってきたので思っていることを書こうと思う。

尚、内容のネタバレを含むのでご了承願う。

ざっくり言うと

対象年齢を引き上げるべきではないか」と思っている。

ふりーむ!では「12歳以上」とされているが、ゲームアツマールではR-18以外の表示制限がないため、実質全年齢向けとなっている。

どこに問題を感じているのか

8歳の女の子体罰での「おしおき」ができるゲームであること。

なぜ問題だと感じるのか

いわゆる「ソフトリョナである、という部分が見えにくくなっている。

リョナ」的な嗜好が存在すること自体否定しない。

しかし、普段その嗜好がない人たちにも発見されやすく、「感動できる作品」として広められていることに危機感がある。

まず、体罰デコピン程度であっても暴力虐待であり、禁止されるべき行為である、ということをプレイヤーが分かっているのだろうか、という疑問がある。

例えばFPSゲームプレイヤー現実殺人を行うかといえばそうではないが、それは「殺人禁止されている行為である」という前提知識倫理観があるからだ。

親や教師などの指導者から体罰を受けて育った人というのは残念ながら少なくない。法律禁止されるようになったのも最近のことだ。

ましてや、一生治らない傷を負わせる暴力を振るわれる環境から愛情のあるしつけをされる環境に移り変わるという点で、プレイヤー暴力を振るうことに対する罪の意識を軽くし、むしろいいことであるかのように描かれている。

そのいびつさが本作の魅力でもあるのだが、「子育てをする人はプレイしたほうがいい」「(母親のような)児童虐待絶対に許せない。幸せになってくれてよかった」等の感想を見ていると、どうも皮肉さが伝わっていないのではないかと思えて仕方がない。

そして、冒頭でも述べた対象年齢。

単純に「おしおき」を行った、という事実があるだけならばまだマシなのだが、「おしおき」を実行しようとするとデコピンミニゲームが入るようになっている。

女の子の顔の前で指を構え、ゲージが溜まったタイミングデコピンを行う。溜まりきっていない場合は不発となる。

当たった箇所は赤い傷ができ、女の子は涙を浮かべて怯える。理由なくおしおきをした場合は、翌日怯えた状態から始まる。

また、ルート分岐によるが、女の子主人公が殺されるというエンドもある。

このように、暴力描写が細かい作品子供の目に触れることは非常に望ましくないと考えている。

ゲームアツマールでは全年齢で公開されていることから、「女の子と同じくらいの年齢の子プレイさせて反応を見たい」という感想を見かけた。

これは言語道断絶対にあってはならないことだが、実際今の子供は簡単ネットYouTubeアクセスできてしまうため、この作品を見つけてしま可能性は十分にある。

エルサゲート」と呼ばれる動画や、「ママがおばけになっちゃった!」で子供トラウマ発症してしまうという話題記憶に新しい。

作者は「えっちゲームではないので未成年の方もぜひ」と言っているが、創作物世界現実世界区別がしっかりとつけられ、尚且つ倫理観も十分に成熟した年齢になって初めて適正な年齢になると言えると思っている。

ふりーむ!で設定されている12歳という年齢が適切かどうかは議論が別れると思うが、少なくとも、全年齢か18禁しか差のつけられないゲームアツマールのような場においては、18禁のほうに合わせるのが適当ではないかと思う。

まとめると

この作品を広める際には「トゥルーエンドでも虐待虐待である」という自覚を持ってほしい。

子供には勧めないでほしい。

以上。

2021-07-17

[] ワイルドスピード 

最初のやつね。 2001年映画なんだけど、悪者トレーラートラック襲撃で荒稼ぎしている。そのコンテナの積み荷はテレビデオDVDデッキデジカメといった電化製品。大型テレビもあったかな?数万ドル?の被害らしい。

しかも画面で見る限りPanasonic製品。 Oh…

わりといびつ映画だった。

主人公ポールウォーカーなのかヴィン・ディーゼルなのかはっきりしない (いいやつだというのは分かるようにできてるが)

主人公邪魔をするキャラクターバラバラで行く末がすっきりしない

 1)ポール邪魔をするFBI

 2)中国系ギャング

 3)トレーラー運転手自警団

ヴィン・ディーゼルトラウマ (父親事故死)が解決されているんだかされていないんだか

2021-07-12

anond:20210712153105

腐女子ガチホモビデオで興奮してるわけじゃないからね

あれはあれで単なる消費行為に過ぎない

思いのほとしり男根崇拝になるなら別に結合なんかなくても思いだけでやればいいだけなのに

なぜか結合が必須だといい始める

結局あの人達は男女の性を感じることな安全に消費したいか

からあの人らはBL限定というわけではなく百合も良いものなら消費してゆく

でも百合だと最終的な関係がないので、BLといういびつ表現に頼る

あれは女の中にある女性原理の最たるもの

普通に男女を見ればいいだけ

腐女子の何割かはわからんけど

男女だと自分の姿と比べてしまって辛いんだそうだ

から乙女ゲー派とは確執がある

乙女ゲー派がまともとは思わん

あれはあれで幻想があるが自分の願望を歪めて表現せず

正面からキャラを受けて目に行ってるのでわからんでもない

だが一部の腐女子目線をそらして自分とは関係ない世界から傷つかないというスタンスホモを消費する

ずるいんだよね腐女子って

そのずるさが本当に女子的というか

2021-07-11

子持ち専業主婦日記で書き散らしてた冨樫義博周りの妄言を公開する

10:56

冨樫義博作家性って誰か書いてないのかな

あの人の話って(ないことにされてる)デビューから最新作まで、何かしら通じるテーマ、また一貫性がある

てんで性悪キューピットからレベルEまで、話のオチっておんなじなのよ

例えば幽遊白書なら、人間界妖怪世界、二つの世界生き方、また価値観の相違があって、その架け橋になるのが主人公たちなのよね

で、結局その二つの世界と“人々”が行き交い繋がり合うところで幕が降りる

先生白書のほうでは、元アシスタントさんが冨樫先生は、「子供たちを楽しませるために書く」って明言してた箇所がある

の子供を楽しませる、という言葉意味を深掘りしてみると、また違った読み方が可能になる

もちろん少年漫画としてのフォーマットで、緊迫のバトルシーン、また友情努力勝利理想的少年少女像も描かれる

とはいえ、あの人の描写大人が見てもえげつなさを感じるものが多々ある

児童心理学のほうでは、子供にとって最も恐ろしいのは、自分世界情報から遮断されてると感じること…なんて言われてる

あの人は子供を楽しませるために、の他に、また別の主題があるんじゃないだろうか

砂糖をまぶしたようなユートピア的なおもしろおかし漫画でなく、現実で実際に起こってる恐ろしい事件出来事ファンタジー世界に落とし込んで描く

彼は真に子供たちのためを思って、あえて大人でも重いテーマ、また描写を繰り返し描いてるんじゃないだろうか

最近特に多様性ブーム”、“LGBTブーム”だなんて言われてるけど、彼は90年代からトランスジェンダー高校生主人公スポーツ漫画を書こうとしていた

レベルEでは(おそらく)インターセクシャルキャラや、またレズビアンについて踏み込んだ一章がある

この世界があまりいいもんじゃないのも、人間関係なんてめんどくさいだけなのも、人生が惨めなのも、そんなことある一定の年を重ねれば皆分かってるよね

でもだからこそ、理想に向けて努力すること、お互いを尊重し合いながら対話を重ねることが重要視される

冨樫先生はかなり初期から文化多元主義ジェンダー論、クィアスタディーズ先進国途上国搾取してゴミ押し付けること(この辺りはバーゼル条約環境レイシズムとか、流星街辺りの問題かな)などなど、いろんな社会問題に切り込んで来た作家だと思う

その作風はきっと、この惨めで誰も救われない世界で、子供たちがなんとか問題に立ち向かって、また世界をより良くして行くための一助になる、そんな後押しをするためのものだったのかと思う

まぁあと、大人としての責任感という見方も出来るかな

だってこのいびつ社会を作ったのは他ならない私たち大人だもん

少年ジャンプターゲット層は小学生から30代ぐらいの大人だって聞いた

大人として読む(また創り描く)としたら、作品内での残酷描写は避けられないだろう

またその意思無視して読むとしたら、受け手として無礼じゃないかとも思う

12:26

蟻篇あとのヒソカ人気下落、あれって選挙篇辺りがつまらない…よりかは、蟻篇が突出してたからじゃないか

まず蟻篇だとメルエムコムギ本来“分かり合えない”者同士が友愛で結ばれる、またコムギのような視覚障害者が才能を発揮する…とか、大切な友達を助けるために自分の命も惜しまない、弱い者を助けるために強い者が立ち上がる、もし罪を犯したとしても更生することが出来る、どんな姿になり果てても親子の情愛は不変のもの、そういう至極まっとうだけどいざ自分でやるとなったら難しい物事、ある種の人類普遍理想を描いちゃったからじゃないか

その後でヒソカとイルミがキルアたちを追い掛ける話なんて読んだら、大の大人子供相手に何してんの?って感じられても仕方ない…

それにヒソカは確かにキャラだったけど、王様とか会長には敵わなさそうじゃん

その上会長がもう常人には理解不可能な域まで修行でイッちゃって、ヒソカより手強い狂人キャラが出て来ちゃったわけだもん

ヒソカサイコパス診断で測れるタイプだけど、会長のはもうヤバいとこ行きまくりで誰も理解出来ないでしょ、感謝の正拳突きとかマジで意味不明じゃん…

あと、ネット上で書き込んでる人たちが大人として成長したって見方も出来るかな

中高生ぐらいで読んでたら頭が切れてヤバいことなんでもやっちゃえて、世間の枠組みから外れてもたった一人で生きてける…そんなアウトサイダーに惹かれるのは当然だろうしさ

でも今メインでハンタ追ってるのってとっくに成人済みの人たちでしょ

身も蓋もないこと言えばあれ単に人殺しだもんな

最近ヒソカへの幻滅って、別に悪いことじゃないし、今後のエピソードに期待大って印象かな

体とか心壊してんなら仕方ないけど、ただ面倒なだけなら冨樫仕事しろ

2021-07-07

anond:20210707142514

それ地味に不思議に思ってた。

子供が楽しむもの大人が作るっていうのは構造的にいびつだよね。いや子供子供に楽しめる作品を作る技術はないか大人が作るしかないんだけども。

だけど職業選択の自由があってなぜアニメーターとか絵本作家とか選ぶんだろうって。

これらは決して日雇い土方や娼婦のようなセーフティネットとしての仕事というわけじゃない。

肉体労働が苦手でも食いつなぐために仕方なく土方という仕事選択するような流れで、

好きでもないアニメに携わる仕事生活のために選択するというのは考えられないわけで…(そこまで甘くない)。

いや単純に大人になってもアニメとか絵本とか児童文学とか好きなままだったという人がそれなりにいるものだと考えれば済む話なんだけど、

供給不足とは感じられないほど、どうしてそういうような「ターゲット外の」成り手がいるんだろうって思った。

化粧品メーカー従業員におしゃれへの感度が高い人がたくさんいるという、分かりやす因果関係が見出せる現象とは真逆現象だ。

2021-06-23

WASTE OF POPS 80s-90sを書いてる人が老害でつらい

この人、昔の記事は割と楽しめたけど、ここ何年かの記事は読むに耐えないぐらいひどい。

音楽シーン俯瞰した話を書くとき嫌韓なのか勉強する気がないのか分からないけどメインストリームK-POP無視するので、すごくいびつだし分析になってない。しかも、偉そうに書くから見てられない。

しかし、90年代から2000年代バンド記事を書くときは筆が乗っているのか生き生きと書いていることに気がついて分かった。そうか、この人は老害になったんだ。新しい今の音楽否定自分青春時代バンドだけ偉そうに語る。まさに老害

モリッシーネトウヨになって、ストーン・ローゼズイアン・ブラウンは反ワクチン陰謀論者になってしまう世の中だから仕方ないかと思ったけれど、でも、ああはなりたくないなと思ってしまった。

2021-06-13

早川書房のkindle1,500点半額セールで俺が買う/買わない本の話

早川書房のkindle1,500点以上半額を受けて、Amazonリストから俺の興味のあるものリストアップしたから、みんな見るとよい。

全部購入したいところだけども(全部買っても、たぶん1万円強に収まりそう。お得)、当の俺が何しろ吝嗇なので、気になったものは、まず図書館検索 → 人気のため多量の順番待ち、もしくはそもそも在架なし、の場合にだけ、購入することにする。

『息吹』

おそらく、今回の目玉の一つだろう。『あなたの人生の物語映画題名メッセージ』)』を書いたテッド・チャン作品集

試しに図書館検索したところ、予約待ちではあるものの待てないほどではない。ということでいきなりだけど購入×。

ちなみに、同氏の『あなたの人生の物語』はボルヘス幻想小説ロードムービーを掛け合わせたみたいな素敵な雰囲気作品が多くて良かった。おすすめ

ザリガニの鳴くところ』

今回の目玉その2。図書館検索すると…すごい、100件以上待ち。ということで買います

ミステリー普段あんまり読まないんだけど、話題となると触れたくなるのミーハーなんだろうな。

あと装丁が良い。カバーってほんと大事電子書籍勢力を拡大する時代でも。

Self-Reference ENGINE

円城塔作。これも図書館で見つかったので購入×。

余談だけど、文庫最近出た同じ作者の『文字渦』が面白かった。これもボルヘスっぽくて、あとは異様な世界をぎちぎち理屈と設定で詰めていくのが酉島伝法ちょっと入ってるかも。

文学少女対数少女

中国ラノベ。×。

同じタイトル、同じ内容で日本発だったら手に取らなかっただろうと思うのは、なんとなくラノベ基本的卒業したつもりでいるから。

そんな中で、中国ラノベってどんなもんや、って動機で気になったんだと自己分析する。こういうところに自分の変ないびつさを感じる。

イスラエル諜報機関 暗殺作戦全史』

購入×。

ちなみに早川戦争ものというと、『ブラックホーク・ダウン』の原作を思い出す。上下巻でサイズはあるけど、グズグズの市街戦疲弊する現地部隊と混乱する司令部、隊員たちが基地で過ごす日常描写が様々なコントラストを描いていて、それが果てしなく悪化して正義の上っ面さえまともに繕えなくなっていく様子が素晴らしい。激烈に面白いかおすすめ

アメリカンブッダ

購入◯。ケレン味◯。あと、何気に南方熊楠×SFって目新しい? めちゃ相性良いと思うんだけどな。

『なめらかな世界と、その敵』『楽園とは探偵の不在なり』『月の光』『地下鉄道』『紙の動物園』『少女庭国』

×。どれも少し予約待ちすれば借りられそう。

気になってた本の半額セールが来る頃には図書館貸し出し予約もピークを過ぎている、ってことなんだな。と変テコなさとりを得る。

『禅とオートバイ

購入◯。タイトルで惹かれ、説明書きを読んでも何がなんだかわからないところにさらに惹かれ…。なんとなく予想はしていたが、図書館にも在架なしということで、買うことにした。

なんだよ、買わねー作品ばっかりじゃねえか、ってなんとなく心苦しくなってきたので、今回セールになっている作品の中で、すで購入して良書だった本のPR

①『サルたちの狂宴』

twitterFacebookと後の世の巨大SNS企業を舌先三寸で渡り歩いたウェブデザイナードキュメンタリー当人技術力や創造性よりも機転とノリで生きてるタイプで、ほんとに虚飾&虚業って感じなんだけど、イヤミじゃなくそれも生きてく上で本質的重要スキルだと実感させるところがある。最近ノってる『トリリオンゲーム』にもちょっといかも。

②『オクトローグ』

新刊からもっとプッシュすればいいのに。酉島伝法SF作品集

初期の弐瓶勉漫画みたいな、ダークで無機的な荒廃と有機的などろどろぐちゃぐちゃがミックスされた至高の雰囲気。全編、Steamあたりで即でゲーム作品に展開できそうなくらい個々の完成度が高い。っていうか、このレベルでそれぞれを長編として起こさない酉島伝法には創作におけるコスパって概念がないのか? と思ってしまう。どうかしている(褒めてる)。

③『ジェイバード

ヴォネガットというとSF作家イメージが強いと思うが、それ以外の作品にも素晴らしい小説がある。『ジェイバード』はその一つ。

年齢を重ねることで区別されてくる人間類型の一つに、他人感情をむき出しにして触れ合うことができない者がいる。いわゆる「心が冷たい」人。

俺は、文学の使命の一つはこの「心が冷たい人」を救うことだと思ってる。『ジェイバード』はそういう本。漱石好きな人とか意外とハマると思う。

閑話休題

『目を擦る女』

購入◯。最近亡くなった小林泰三作品集。有名な『玩具修理者しか読んだことがなかったので。

毒々しくも可憐笹井一個の表紙が目を引く。装丁ってやっぱり大事だね(そういえば、この方も故人だ…)。

『死亡通知書 暗黒者』

×。中国ミステリだそうだ。俺の生活圏の問題か、SF比較するとあまり話題に入ってこなかった印象がある。

『息吹』といい、早川はこういうデザイン装丁好きだね(良いとは思う)。

『華竜の宮』

×。椎名誠の『水域』といい、小野不由美の某作品エンディングといい(ネタバレなので名前は伏せます)、文明は水没させてなんぼ、みたいなところが俺の中にある。

『色のない島へ: 脳神経科医のミクロネシア探訪記』

×。あんまり趣味はよくない、と知りつつ、孤絶した文明と足で暮らす人々の特異な体質というテーマが好き。

似たような切り口で面白かったのは、『眠れない一族――食人痕跡殺人タンパクの謎』。不眠症クールー病ニューギニアのある部族罹患する風土病)、同族食によって体内に蓄積されるプリオンテーマの本。

『透明性』

×。これも装丁で気になったパターン

ボーダーつの世界

購入◯。映画原作だそうで。図書館には在架なし。

ふと思い出したのが、別の作家の『全滅領域』。あまりダウナーなので続編の『監視機構』で挫折したが、知らない人で『ソラリス』みたいな内省的なSF好きな人はハマるかも。

世界誕生日

購入◯。そろそろル・グウィンに挑戦してみるか、ということで。

ただ、SFを露悪と飛び道具で評価するところが強くて思想性は最後1%出てくればいいや、という性格なので、どうかな。合わないかもな。本当に一冊も読んだことがないから見当がつかない。

ホーキングブラックホールを語る』

×。「そんなに黒くない」「毛がない」…なんのこっちゃ?(amazon説明ママ

興味はあるけど挫折する可能性高いよなあ…と思っていたら、見透かしたように「必ず読み通せる科学解説」とまで書かれていて笑ってしまった。

『100年予測

×。国際情勢にフォーカスし、トランプ大統領誕生予言したという本。

紛争でしたら八田まで』が個人的に来ているのもあって、俺の中でいま地政学が熱い。

『史上最大の発明アルゴリズム

×。

わかるようでよくわかんねー概念を三つ挙げろと言われたら、エントロピー不確定性原理の次にアルゴリズムを挙げる。ちゃん理解している人からすれば何を頭の悪いことを…という感じなんだろうけど。ここらでしっかり説明できるようにしておきたい。

ちなみに、よくわからんと言っておきながらアルゴリズム関連で面白かった本に、『マインドハッキング: あなた感情支配し行動を操るソーシャルメディア』と『ニュー・ダーク・エイジ』の2冊がある。前者は政治的煽動目的として展開されたSNS経由のターゲッティング思想誘導後者テクノロジーの発達が不本意に実現してしまった笑えないナンセンスグロテスクテーマだった。

結局、買わないでも借りればいいか、ってのがかなり多くなっちゃったな。最後に、今回のセール対象ではないけど早川から出ている本で「ちゃんと」買った良書を紹介して茶を濁しておきます

①『魔王: 奸智暴力サイバー犯罪帝国を築いた男』

まれ想像力合理性を持つ天才。強欲と自らでさえ使い捨ての駒のように扱うむなしさが同居する矛盾したパーソナリティ。「これをああしたらどうなるか」をプログラミングだけでなく現実世界に反映させてしまったエンジニアにして犯罪者ポールコールダー・ル・ルーを追ったノンフィクション

犯罪ものであると同時に、この世界構造の一端が見えるような錯覚を抱かせてくれる作品

②『闇の自己啓発

反出生主義、変態性愛身体改造犯罪など、アンダーグラウンドだったりインモラルテーマについて、決められた課題図書を通じて参加者たちが議論する体裁の本。内容それ自体面白いけど、紹介されてる本が豊富で、そこから派生して読書体験けっこう広がる。

読んでて、最初は「自意識過剰過ぎてわけわかんなくなっちゃった大学生みたいだなー」ってイライラすることもあったんだけど、段々、各人の痛切なところとか博覧強記ぶりが見えてきて後半は感心しきり。面白い。続編読みたい。

以上です。

2021-05-24

素人の絵の評価って、結局本人との関係性込みだよね

頭では分かってるんだけど、感情が付いていかない。

生理的嫌悪感がある絵柄(※)の絵なのに、

作者と交流のある絵馬が「ンギャアアア!!ギャワイイイイイ!!!」とコメントしてる。

(※例えば、ぐにゃぐにゃの体とか、いびつな目、ギョロっと大きな黒目、鼻の穴が左右離れ過ぎてる等)

絵馬自体は他の人から「神絵師」「期待の新人」とか言われてる。

上手い人が絵の違和感に気づけない訳がないのにそんな感想。本当にそう思ってる??

所詮交流の度合いで評価って決まってくるんだよね。

悔しいけど。

2021-05-17

派遣ってほんとあくどい仕組みだよなー。

短期スポット労働力が欲しいから割高で雇うというなら話はわかる。(アメリカはこれなんだっけ)

日本は、あからさまに安くていつでも切れる人材として雇ってる。

制度があれば利用する。まあそういうもんだろうなと思う。

ただ、合法搾取制度を作った人達は心底気持ち悪い。そんで派遣業者として市場の中にいるのも悪い冗談のようだ。

冷静に見て、いびつじゃない?

ついでに人の尊厳も削ってるからね。

2021-05-01

anond:20210501223513

包茎」はなぜ恥ずかしくなったのか…? ウラにある男性間の「いびつ支配」のメカニズム

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/80267

澁谷先生新刊包茎本なかなか面白そうじゃん。

はてな弱者男性論語ってる奴らはこれ読んだらええんちゃうの。

2021-04-24

anond:20210423151119

平均すれば女は男より劣ってるからな。

ゲタ履かさにゃ平等になんかならん。

もし能力に差がないならほっといたって勝手平等になってただろうよ。

人工的で、いびつで、悪平等制度を作って初めて平等に見える状態になる。

2021-04-19

anond:20210419154094

女性労働させないということはコンビニなどの周縁労働者によって支えられている経済をぶち壊すということ

まり現状のGDPから大幅な低下が予想される

国家が弱体化し国民が貧しくなった中で子供を育てられるのは一部の有力者や権力者に集中し、現在のマス層は教育を維持できなくなるだろう

そうすると現在弱者男性自然搾取消費の対象となり、保険年金も維持できなくなるので老齢になる前に死ぬ

いびつ人口ピラミッド是正されてから本番だな!

2021-04-09

anond:20210409123741

うんうん。

いくら明確なデータや事例のいびつさが明らかにあるとしても

あのネチネチした攻撃性は気持ち悪いよねぇ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん