「アニメ化」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アニメ化とは

2018-08-16

キャラは好きだけどPが嫌いな人

↑は一定数居ると思う。ちょっと前に見かけたのが、10無料ミリシタ始めたけどTwitterミリPが嫌いで辞めようか迷ってるみたいなの。

それには"どんなコンテンツというかデレステにもそういう人は一定数いると思うけどミリシタは多い"という続きがあった。

これを見てて思った事がある。

(基本的主観しかないのでスルー推奨)

まず、TwitterにいるデレステP(デレマスではなくデレステ)がどれだけいるかという話。デレステは今はゴタゴタしてるがそれでも結構人がいるゲームだ。ASからのP、モバマスからのP、アニデレからのP他にも沢山入り口はあっただろう。ただ、この中でASからモバマスから、アニデレから(ここでいうアニデレからアニメを見て始めた人達と考えてるので、放送中は見てなかったけどネットとかで見て…ってのも含みます)と分けると1番多いのはデレステだと思う。割と前にミリマスの方で見かけたのが、"ミリオンはアニメ化してないから…"だ。やはりアニメ結構宣伝力になるのでデレマスではなくデレステPはアニデレからって人が多いと思う。リソースは無いので誰か調べて。

かたやミリシタはどうだろう。デレステみたいに分けると、ASからグリーからリリースから、だろうか。アニデレの代わりにムビマスと思ったが、そもそも放送時にはグリーしか無かった。しか映画なので観に行くには金がかかるのでほぼASPとグリPばかりだろう。するとムビマスから新規は中々に難しいだろう。勿論ネットで…とかはあるがアイマスを何も知らない人がアニデレ見てからアニマス見てムビマスまで行くとは中々考えられない。

するとやはりミリシタは大まかにASからグリーからリリースからに分かれると思う

さてここでステとシタのアクティブ数を比べると知っての通りステの方が多い。これは主にアニメから入ったという人の差だと思う。

ここで前述した人が言っていた意識高い系Pは基本的グリーとかモバゲーからの人たちだろう。多分ミリシタの方が目につくって言うのはミリシタには所謂ライト層が少ないので相対的に多く見えるだけでは?と思った。

anond:20180816104159

ただ、アニメ化と共にどっと大挙してやってきて、

下品エロ同人誌を量産して、

アニメ終了と共に去ってゆく現象にも名前を付けたいところだよね。

イナゴ同人 とか。

2018-08-15

公式に求められるファンになりたくなってしまった無力なオタク独り言

私は、とある作品にハマっている。

その作品アニメ化される前、初期の初期からいかけて来た。

メディアミックスされるのをずっと楽しみにしていた。

そしてようやく、動いて喋るキャラクターを見ることが出来た。

徐々に人気も出て来て、ツイッターなどで話題になっているのを見る機会も増え、ファンも増えているのを実感する。

とても喜ばしかった。

こんなに面白い作品なのだからもっと多くの人に知ってもらいたい、そう思っていた。

今でもその気持ちは変わっていないし、私がファンを辞めたという話でもない。

ただ、自分作品から求められてはいないのかもしれないと思ってしまった。

そもそもただのファンである自分が、作品に求められようだなんておこがましい話なのだが。

なぜこんな自意識過剰なことを考えてしまたかというと、公式からレスポンスだ。

制作関係者や、キャラクターを演じる声優が、ファンから応援を喜んでいる様子が見える。

ツイッターラジオ番宣放送などで。

イラストを描いてもらえて嬉しい」

この言葉が私を悩ませる。

私は絵が描けない。

分かりやすい形で応援気持ち表現する手段が無いのだ。

ファンレターを送ることはある。

レスポンスが欲しくて応援している訳でも、ファンレターを送っている訳でもなかった。

だけど、同じファンである一般人が、表現手段を持っているためにレスポンスをもらえることに、無関心でいられる訳でもない。

正直に言って、非常に羨ましい。

時には妬ましくもある。

私もアマチュアレベルとはいえ、絵以外の手段表現し、それを公表した経験がある。

から簡単言葉ではなく、丁寧に練られた文章イラストなど、時間と手間を掛けて感想表現してもらえた時は、一際嬉しいということも分かる。

これがただの嫉妬であることも理解している。

だけど、やっぱり悔しいのだ。

私はその作品をずっと前から応援していた。

まだ人気になる前から、関連グッズを購入し、イベントにも足を運び、出演者に直接応援言葉を伝えてきた。

少人数しか参加出来ない抽選イベントにも行った。

何度も何度も。

今も足繁くイベントに通っている。

それで満足していたし、今も応援している日々は楽しい

しかし、最近その作品を知った人が、絵を描いて応援するという手段を持っていることで、公式からレスポンスをもらえるという事実

なんだか虚しくなってしまう。

どんなに長く応援していても、一芸を持っていないと、公式の目に止まらないその他大勢の一部に過ぎないのだと。

このSNS時代、人目につきやすイラストという表現を持っている人は、きっと一般人であっても広告塔になり得る。

かに公式からすれば、タダで(時にはお金を落としながら)作品宣伝してくれるファンは、応援していると口で言うだけのファンよりも圧倒的にありがたい存在だろう。

それなら努力して絵を描けばいいじゃないか、と言う指摘は無しにして欲しい。

そんなことは分かっている。

私もそんな下心抜きに、表現する手段を得たいと思う機会はたくさんあった。

絵を描くことは、何度も挑戦はしたものの、長続きしなかった。

なんとなくキャラクターの形をしたものを描くことは出来る。

だが人に見せるような、ましてや関係者応援の形として見せようと思えるようなレベルのものは描けない。

その程度の自分の実力に対する落胆と疲弊が、努力しようという気持ちを上回ってしまうのだ。

もちろん、今絵を描いている人達がみんな、自分の実力に満足して自信を持って公開しているというわけではないことは分かってるつもりだ。

思うように結果が出ない苦しさを乗り越えて、また今現在も戦いながら、表現手段を身につけていることも分かっているつもりだ。

描けないなら描けるようになるまで描けばいいというのも、分かってはいるつもりだ。

ただ、そこに気力や時間を割く精神環境を、私は持っていない(これも言い訳に過ぎないのは分かっている。だがそういう人間もいる。きっとそういう人間の方が多い)。

この件でその作品応援を辞めるつもりは無いし、このモヤモヤした思いを糧に、また筆を取ろうと行動するかもしれない。

ただ、ファンとして生きていくにも技術があると有利なのだということを思い知らされてしまっただけ。

表現する手段もっと磨いてくればよかった。

から努力したって、人並みのレベルになる頃には自分が別の作品にハマっているかもしれないし、その作品の展開が縮小しているかもしれない。

私は、今、表現手段を使って応援がしたかった。

公式に喜ばれる存在になりたい、認知されたい、というのが恥ずかしながら正直な気持ちだが、何より、同じファンに過ぎない誰かは喜ばれてレスポンスがもらえ、自分はこの世界で背景に過ぎないという現実への嫉妬が、私にこのようなおこがましい欲を持たせたのだ。

不公平から公式特定ファンにだけレスポンスをするな、と言うつもりもない。

あわよくば私だってレスポンスをもらいたいし。

久しぶりに絵を描いてみようかな。

2018-08-10

なんで今更アニメ化なのか知らんけど事あるごとにクソフェミ漫画家だということを広めていきたいと思います

2018-08-06

日本人って哲学教養がないよね

ある日本人哲学家が「日本人哲学は苦手だが、哲学学は世界でも優れている」と言っていたのが印象的。

まり既存西洋哲学における諸概念などの解釈をこねくり回すのは得意だが、独創的とも呼べる新たな概念を創出することは類を見ないとのこと。

尤もそれは、おそらく日本人の悪性として何に対しても「哲学的だ」と捕らえてしまっていることに起因していると思う。

哲学第一条件としては分類わけを必然とするように思えるし、何の事象に対しても「哲学的だ」と言うのは、どのような巨大ロボットを見たとしても「ガンダム的だ」と言うことに等しい。

昨今の日本では、モンティパイソン哲学サッカーネタで大笑いする人は少ないと感じるし、未だに哲学言葉巧みな詭弁もしくは単なる思考抽象化に過ぎないと捉えられている節も多大にあると思う。

これまで以上に日本で明確な哲学意識が流布するようになるには、アニメ化とか漫画化によって身近に感じさせるしか手段はないのかな?

anond:20180805231149

上下がってるのはアニメ化効果が落ち着いたからだろ。

それでも年間売上2位3位クラスのようだが。

2018-08-05

[]映画オデッセイ

産業

あらすじ知ってても楽しかった

シーンが火星地球テンポよく変わってよかった

説明やうんちくがクドいSFこそ映画化アニメ化すべきだと強く感じた

だらだら

なんとなくのあらすじは知ってた

でもあらすじ知っててもそれなりに飽きずに見させられたのはすごい

ところどころでマットデイモンがディカプリオに見えた

産業でも書いたけど、SF小説ってたいてい説明とかウンチクとか作者の自慰文章が大半占めててうんざりさせられることが多いけど、

ビジュアル化するとそういうの一切なしでスパーンと頭に入ってくるからホント

ラノベなんて原作がそのままビジュアルとして読んでるとき脳内再生されるものほとんどだから改めてアニメ化されてもあんまりってのが多いけど、

SFはピッタリだなあ

SFの名作がどんどんビジュアル化すればいいのに

著作権関係で難しいのかしら

それとも今更やってもお金にならないってのが大きいのかしら

たいてい有名なSFは一度手に取るけど翻訳の読みづらさとかSF小説ならではの説明過多で挫折するんだよなあ

それがSFだと言われたらまあそうなんだろうけど

2018-08-01

anond:20180731144831

せっかく同時に6,7章をアニメ化!って打ち出して元ゲーが選択式だから6章は女主人公にしてほしいなあ。

どっちかが正しいというものではないからこそ両方やってほしいと言うか…

リヨぐだ子は声島﨑信長でって言われて見る側もポプテピで耐性できてるのに女性声優を起用したのは

これから主人公映像化して声付くから覚悟しとけ(?)的な意味合いがあると嬉しいなー

2018-07-31

anond:20180730195745

多くの人間が誤解しているが

腐女子に人気のあるアニメ

の大部分には実際のホモシーンなんかない

黒子のバスケ弱虫ペダル、古くは幽幽白書とか聖闘士星矢とか

たいてい普通少年スポーツ物かバトル物だ

大多数の腐女子は、劇中のキャラ同士の関係から

勝手妄想するのが好きなのである

その妄想レベルも人によって

絶対に男同士で毎晩ヤりまくってるはずだ」から

「手を握る程度」までかなり異なる

BL二次創作には拍子抜けするほどあっさりな作品も多い

(それは芳文社きらら系やラブライブなどの百合二次創作も同様)

明確なホモ描写のあるバナナフィッシュの方が特例中の特例で異例なのだ

言うてみれば今さら「風と樹の詩」をアニメ化するのと同じようなもん

つか、バナナフィッシュて「少女漫画」なんだよな

最初から女の子向けサービス作品

はじめに挙げた少年漫画が原作腐女子に人気の作品根本から違う

では逆に百合ではというと

原作が建前上は普通少年漫画ではなく百合姫連載作品であれば

かなり露骨女子同士でキスしてたりしないかなあ、シトラスとか

メディアミックスぐらいしか主人公には出番がないんじゃないか

あくまでも印象の話であって確固たる統計データがあるという訳では一切ないです。


FGOの一部アニメ化に伴ってか、主人公性別についてのご意見がTLに流れてくるようになった。

曰く主人公性別選択可能ゲームであっても、メディアミックスで重宝されるのは男主人公ばかりで、これでは女主人公いくらゲーム本編で選択できるといっても実際のところはあくまで男主人公作品に置ける正当な主人公であり、女主人公はまるでオマケ、添え物扱いのように見えてしまうというものだ(と自分は読み取った)。


かに本当にごく一部の作品を除いて、主人公性別選択可能ゲームは、男主人公のほうがパッケージで女主人公より目立つ配置にされていたり、メディアミックスで当然のように主人公の座に居座っていたりと、所謂デフォルト主人公として扱われることが多いように見える。

FGOアニメでも主人公として出てくるのは男性としての藤丸立香だし、グラブルアニメでも本編で主人公立場にいたのは男主人公であるグランだった。

だがそれはあくまでも外部展開、メディアミックスについての話だ。

外部に提示される作品では確かに男性主人公主人公をやれている。

しかし実際の、プレイヤーゲーム画面において、果たして主人公はどこまで存在を許されているのだろうか。

……多分そこまで許されていないんじゃないだろうか。


自分FGOはそこそこ触っている程度だが、グラブルについてはそれなりによくプレイしている。

グラブルにおいて、ゲーム内のチャットマルチバトルの参加者欄では、そのプレイヤー現在主人公状態性別ジョブ)がプレイヤーアバターとして表示されるのだが、自分が目にしてきたプレイヤー殆どが女主人公だった。

主人公を使っているプレイヤー10人に2,3人入れば良いほうで、マルチバトルの参加者全員が自分を除いて全員女主人公であったことも珍しくない(ちなみに自分パーティメンバー女性比率が高くなりすぎるとどうも居心地が悪いので男主人公を使っている)。

FGOについても、TLに流れてくるゲーム内の画像スクショマスター画像ほとんど女性であり、あまり男性マスター画像を見たことがない。



思えばポケモンモンハンなども、プレイ動画スクショで目にするアバター性別は圧倒的に女性>>男性のような気がする。

世界樹の迷宮のようなキャラメイクRPGものに至っては、パーティ全員を当然のように女性キャラで固めたプレイ動画を目にすることもよくあった。

そもそも主人公は、同じ男性プレイヤーから男性という理由敬遠されがちらしい。「何十時間プレイするゲームで、せっかく選べるのにわざわざ野郎のケツばかりを眺めていたくはない」とはどこかで聞いた言葉だ。

また、女性プレイヤーでも、主人公に同一化してゲームを楽しみたい層は、デザインに華のある女性主人公を選ぶことがままあるらしい。

この話が正しいとするとやはり男主人公はどこまでも不利であるそもそも需要根本的に薄く、またデザインの段階でも負けがちだ。


実際のところ、あらゆる冒険活劇において、男性を無批判主人公に据えてしまうという在り方は、今後議論されなければならない問題になってくるかもしれない。

件の女主人公をなかったことにするなとのご意見も、実際のゲームでどれだけ使われているかではなくて、あくまで『女性』の、物語における扱いについての問題の一つなのだろう。

しかし男主人公のある種の需要の無さを常々目にしていると、メディアミックスぐらい主人公面させてやってもいいじゃないかと、どうしても思ってしまった。

2018-07-30

FGOはよ全部アニメ化しろ

ゲームやりたくないね

くっそつまらんかった

でもいい加減ストーリーは気になるねん

2018-07-28

サイゲームスはウマ娘心中するのか

ウマ娘プリティーダービーといえば、春にテレビアニメ放送され話題になったサイゲームス社のビッグタイトルである

趣旨は、「実在競走馬擬人化した美少女」を育成し「トゥインクルシリーズ」と呼ばれるレースでの勝利を目指すというもの

本来スマートフォン向けのゲームアプリ(今冬リリース予定)であるが、これに先行する形で各種メディア展開が行われている。


以下ではこの「ウマ娘」が孕んでいる問題点について考察してみようと思う。

ウマ娘最初からズッコケ

AnimeJapan 2016においてプロモーションアニメ声優18人で歌う楽曲披露するなど、大々的に企画発表されたウマ娘

サイゲームスのコミックアプリサイコミ”にて漫画連載を開始し、CD発売を行うなどアプリリリースに先駆けてメディア展開が行われた。

しかし…CDの売上を見てもらいたい。


2016-11-30 789枚 ウマ娘 プリティーダービー STARTING GATE 01

2017-01-11 669枚 ウマ娘 プリティーダービー STARTING GATE 02

2017-01-25 574枚 ウマ娘 プリティーダービー STARTING GATE 03

2017-02-22 604枚 ウマ娘 プリティーダービー STARTING GATE 04

2017-04-05 835枚 ウマ娘 プリティーダービー STARTING GATE 05

ソース

http://anisonsinger.blogspot.com/2017/10/umamusume.html


いわゆる爆死である

コンテンツ展開もままならないままにCDを発売したのだから売れるわけがない。

本来キャラクターCDとは、ラブライブアイドルマスターのように作品キャラクター人気を掘り下げてから発売するものだろう。

また「声優微妙」「曲がダメ」「キャラに魅力を感じない」なども当時から言われていた。

アニメ放送で盛り上がったらCDも売れるだろう」と思われるかもしれないが、以下がアニメ間中に発売されたCDの売上である


2018-05-16 749枚 ウマ娘 プリティーダービー STARTING GATE 11


……。

特典が本体

CDが爆死したウマ娘だが、アニメBDの初動売上は15,596枚とヒットしている。

「なんだ、アニメ大成功じゃん!」と思われるかもしれない。

だが、本ブルーレイディスクには、サイゲが展開する「グランブルーファンタジー」の超レアアイテムが特典としてついてくるのである


1巻  :ダマスカス鋼互換アイテム
2,3巻:SSR確定ガチャチケ+汁+種
4巻  :金剛
全巻購入:ヒヒイロカネ


普通に課金するよりもウマ娘BDを買ったほうがコスパ良くアイテムを得られるため、グラブルユーザーが飛びついたのである

(それでも5万円くらいかかるのだが…)

特典にするならばウマ娘アプリアイテムをつけるのが筋だろうが、アプリリリースすらされていないのだから仕方がない。

この特典商法からウマ娘の窮状が窺い知れる。ヒットさせなければならない。少なくとも、ヒットしているように見せなければならない。

こういった新規コンテンツ成功させるには『盛り上がってる感』を作り上げることが重要なのはもはや常識だが、ウマ娘最初の段階でズッコケた。

競走馬擬人化というイロモノ感のインパクトを人気作として昇華させられず今に至っている。

2年以上たった今もリリースできず

当初のリリース予定は2017年春。しか現在2018年末頃のリリースを予定しており、実に一年半も遅れている。

開発が遅れるにしても、せめてテレビアニメと時期を合わせたかっただろう。

いったいなぜこれほど開発が遅れているのか。それは、

題材が無機物ではなく、ナマモノから

ウマ娘企画は、「艦これ」が流行している時期に立ち上がったもの

おそらく艦これの影響で、何かの擬人化という着想を得たものと推察する。

しかし、艦これとは違って題材が無機物ではなく「生き物」である

自体もまた馬主も存命のものが多いため、繊細な扱いを要し、開発が難航している側面が強い。

具体例を列挙すると…

アニメ化に際し社台グループのウマが消えた
グラブルコラボ出演した際、権利関係問題からキャラ名が出せなかった


そして…

ウマ娘公式による「競走馬イメージを損なう表現はしないでください」と異例の"お触れ"

ソース

https://umamusume.jp/news/detail.php?id=news-0106


おそらく権利からクレームがあり、二次創作界隈の性表現に釘を刺したのだろう。だがそもそも

ウマ娘自体競走馬イメージを損なっている。

名馬の美少女化というだけでも競馬ファンから白眼視される代物なのに、こうも製作が難航し、もし「クソゲー」となってしまったら、

題材のイメージダウンにもなりかねない。

更に、こんな記事もある。


話題の『ウマ娘』は「頭のおかしアニメを作ってくれ」というオーダーから誕生

https://www.inside-games.jp/article/2016/03/26/97267.html


競走馬擬人化」という着想から誤っていたのではないか思えてくる。

サイゲームスは別業界とのコラボに目をつけることのリスクを軽視していたと思う。

美少女化するにしても、FGOのように対象歴史上の存在であれば、こういった面倒事はなかっただろう。すでに死んでいるのだから

サイゲは大金を投じて自社スタジオを作り開発にあたっている

3Dスキャンスタジオモーションキャプチャスタジオ設立したこと話題になった。

現状、この新スタジオウマ娘のために存在するといっても過言ではない。

開発へのやる気、最高のゲームを作ろうという向上心は立派だが、これもまたウマ娘が退けない理由となってはいいか


Cygamesスタジオに潜入!

https://www.youtube.com/watch?v=PTEMokbC6cg

「手抜き」になっていくコンテンツ

なかなかリリースできないウマ娘の為に各所からリソースを集約してるのではないかと噂されている。

というのも、プリコネグラブルデレステといったサイゲのメインコンテンツの「手抜き」が目立っているためだ。

これら3アプリユーザーからは今年に入って不満の声が噴出している。

特に、今年に入ってからデレステの迷走ぶりに関しては、「手抜き」の域を超え、一部のユーザーから「サイゲはデレステを終わらせようとしている」とまで囁かれている。

デレステに関してはサイゲームスの自社コンテンツではないため、パブリッシャーバンナムとの関係から利益折半や開発の不自由さ故に疎まれているのではないか…」などと憶測を呼んでいる。


念を押しておくが、この項に書いたことはすべて推論の域を出ない。

では、なぜこんな邪推がされているのか。私は、運営が隠れてるためだと思う。

例えばデレステにおいて、情報の発信は主にTwitter公式アカウントで「千川ちひろ発言」という体で行われている。ニコ生等で声優が告知をすることもあるが、デレステ運営陣に関してはまるで表に出てこない。

ウマ娘競馬ファンターゲットに見据えているとはいえ、あくまでメインターゲットはデレステグラブル等のユーザー層だろう。

彼らからウマ娘リソースを傾注しているせいで…」という怨嗟の声が上がっているのだから

せめて先述の噂を否定するくらいのことはしなければ、ウマ娘は誰からも見向かれないコンテンツになってしまうのではないか

結論

サイゲームスはウマ娘社運をかけている。傍目に見ると不良債権化しているコンテンツだが、だからこそヒットさせねばならない。

アニメの出来は佳作といったところで、イロモノ作品としては十二分に頑張ったと私は思う。

また公開されているMVコミュ部分についても、非常に精細なモデリングキャラクターの魅力が表現できている。

現場の苦悩は制作の難航からも窺い知れるが、そんな中でも懸命にウマ娘リリースに努めているのがひしひしと伝わってくる。

だが……

この作品は、開発陣とユーザー側の温度差が激しい。

ここが最大の問題点だと私は思う。

この温度差をなくすために開発陣は腐心しているのだろうが、ますます温度差が広がってはいいか

いわゆるコンコルド効果なのかもしれない。

大金を投じたのだから今更引き下がれない…という意識からいつまでも損切りができず、泥沼にハマってしまっている。

そのように感じられる。


ウマ娘ユーザーに熱を帯びさせることができるのか。それとも開発陣が冷めていくのか。

いずれの形で両者の温度差が埋まっていくか注目したい。

2018-07-27

anond:20180727110526

貴様山田悠介の全盛期を知らない。

今、三角コーナーの小蝿ほど存在するアニメ化待った無しのなろうラノベの総数と同等の羨望と侮蔑を、山田悠介は新作を刊行するたびに浴びまくっていた。

2018-07-25

流行ものにのれる才能

流行ってるから俺もU/Vtuberやろーとか、人気版権描いてxiv/ツイで人気とってやろうとかなんでもいい。

ハタからみたら飽き飽きのテンプレで塗り固められた小説とか書いて文庫化してアニメ化したらもういくら爆死しようが勝ちじゃん? 印税うっはーじゃん? アニメ制作会社とか出版会社死ぬかもしれないけど。


人の反応を伺って描きたい気持ちが起きないし書いててつまらない(承認欲求は要らないほどある)真面目すぎるというか、逆にバカというか。変にくだらないプライドが高いというか。

そんな適当に(本気かもしれないけど)創作できるのは正直うらやましい。あ、ディスじゃないよ。

2018-07-24

絶対アニメ化されると思っていた作品

掘さんと宮村くん

いやこれはしたっちゃしたけど、地上波で2クールやれば結構な人気出たと思うんだけどなぁ。

それともこれからやるのかな。

完全にタイミング逃していると思うけど……。

勿体ない。

惑星のさみだれ

これに関しては作者のファンなので、多少なりとも補正がかかっているから。

プラネットウィズの流れでされないかな。

ちいさこべえ

ノイタミナ放送されるだろ!と思っていた。シャフトで。

漫画としても大変素晴らしいけど、映像化してもきっと素敵。

ベントラーベントラー

頼むからしろ。して下さい。

人気無いけど、これはただ知られていないだけで、めっちゃちゃんアニメ化したらアニメ漫画もヒットすると思う。

土星マンション

これもノイタミナでされると思い込んでいた。

水惑星年代記

……絶対とは思っていないけど、されたらいいのになと今でも待ってる。

おもいでエマノン

チャイナさんがされるんだから、してほしい。

町でうわさの天狗の子

なぜせん?!

マロニエはしてね。

後何かなぁ。家帰って本棚見たらまた投稿しようっと。

しかしこう書くと漫画<アニメと思われるけど、別にそうではない。

好きなんだけど

個人的に好きな作品が、世間一般的にウケが悪いと結構来るものがある。

今期のアニメだとBack Street Girlsがそうだ。

この話を一言で言うなら「ヘマやらかし落とし前で、親分シノギの道具もとい、お人形遊びのための動く玩具に堕ちた、タマなしヤクザトホホアイドル渡世コメディ」という感じ。

これはもう設定の勝利というか、シチュエーションコメディシチュエーションが神がかっていると言っていい。

ヤクザとしては若手だけどアイドルとしては成熟した年齢、そして女性としては完全に初心者(多分園児レベル)というムチャクチャギャップが、とんでもないストーリーとなって昇華する。

原作の連載開始時は大笑いしたものだ。

それがアニメ化ねえ…あまり期待してなかったけど、見始めたらこれがなかなかどうして面白く、割と来週が楽しみだったり。


でも、ネットの反応はイマイチなんだよなあ…。

メインキャストの一人が腕を骨折するという想定外すぎる事態で出鼻くじかれたことを差っ引いても、全然話題にならない。

更に凹むのが海外の反応。はっきり言って最低レベル評価だ。

これは、申し訳程度に動く紙芝居という、良くも悪くも玄人向けな画作りがモロに影響しているわけだが。


というわけで、マリちゃん推し(中の人♂含む)の「コアなファン」としては、悲しい現実である

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん