「挨拶」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 挨拶とは

2019-02-18

高三の頃クラス一のギャル

と二回だけ会話したことを突然思い出した。

私は陰キャブスのど底辺クラス内の関わりはゼロ、その二回以外で話した記憶は無い。

1回目は遠足かなんかのバス内で、何が起こったか隣の席になったのがきっかけだった。私はその時死を確信したが、その子は実はとてもいい子で私にも差別せず沢山会話をしてくれた。

時間くらい乗っていたので混み入った話、恋愛とか自分価値観とかそういう話もめっちゃした。その子は見た目は派手で言動も目立つのにとても繊細で恋愛下手で、でも誰にも譲れないこだわりがあるという漫画に出てくる子みたいだった。

バス内で会話して終わり、それ以降ほんとうに何もなく、2回目の会話は卒業式前日、学校からの帰路で会ったことがきっかけだった。

私とその子の家は近くないけど、私が別ルートで帰ったので偶然出会った。(お互いチャリ通)

大学入学前にトイックを受けたいという話になり、お互いの塾の先生に良い参考書を教えてもらおうと別の塾を一緒にはしごした。その後本を買いに本屋を同じくはしごしまくり、隣の駅まで行ってようやく一冊見つけた。じゃんけんで私が負けてその子が買うことになったが、優しいその子は購入直前まで私に買わせようとしていた。その後一緒にクレープを食べて解散した。

卒業式特にさなかった気がするしその後のやりとりもここ数年一切ない。

ただ私は、バスで会話したあの時から、あの子に妙な繋がりを感じていた。だから帰宅途中に会った時もそのまま一緒に帰ることにしたんだと思う。てきとーに挨拶すればかわせたはずなのに、一緒にいることを選んだ。彼女は優しいから私に合わせてくれたんだろうけど、そうではなくて、彼女も同じように私との繋がりを感じていたとしたら、それはちょっと嬉しいかもしれない。

一応事実なはずだけど書いてて自分でも疑問が残る

2019-02-17

anond:20190217224029

兄です。妹の事を、よろしくお願いします!って

スーツポマード姿で挨拶するのが

格好いい兄の姿やで

anond:20190217221340

幹事経験者に任せる。ってのが基本で

渉外作業と参加人数の集計、集金、挨拶根回し、司会進行、やればできるけど面倒さとノウハウ必要からね。

経験者いない時は上手いこと誰かにやらせたら、「次もヨロシク」で逃げる。

神にフォローされてしんどい

オタクのしょーもない感情の吐き出し。

以前、文字書きが同じ文字書きを妬ましく思っているブログがバズってたけど、系統としてはそれと同じ。

神だと思っている文字書きさんがいる。

神の作品があって、そのジャンルでの自カプに落ちたも同然だった。キャラの造型も解釈も、作品の展開もどれも好みで、感動したのを覚えている。

支部作品を全部読んで、支部プロフからツイッターに飛んだ。鍵はかかってなかった。ベッターのリンクを見つけて飛んで、支部掲載作品も読んだ。どれも素敵だった。少し迷ったけどフォローさせてもらった。当時はハマりたてでフォロワー0のアカウントだったから、ブロック覚悟したが、外されることはなかった。神以外の自カプのアカウントもいくつかフォローして、ジャンル自体勉強をする日々が割と長く続いた。

ある日、神からフォロバされていた。青天の霹靂とはこのことか。この頃にはフォロワーも増えており、怪しいアカウントの見た目から卒業できてはいたが。まさか。誤フォローだそうに違いない。そう思って挨拶もせずに(フォローも無言でしてた)放置していたが、二日経って三日経って一週間経っても神は自分を外さなかった。どうやら誤フォローではなかったらしい。

自分文字書きの真似事をしているが、自カプでは書いてはいなかった。ツイッターでただ壁打ちしては満足していた。そのうち、神からもファボ(当時)を貰ったりして(これも誤ファボだと思っていた)、神に自カプの者として認められたみたいで嬉しかった。ただただ舞い上がって、自カプの似たような話ばっかして、でも今になって思うと、神からの反応はあってもなくても当時は楽しかった。自カプをちゃんと好きだった気がする。

相互となっても神は神だ。神の呟く自カプの話、神が書いた作品、どれも素敵だった。神はツイッター作品テイストも、自分フォローした時から何一つスタンスは変えちゃいない。だからこれは、自分勝手な心境の変化だった。

神のTLに自分がいることが烏滸がましいと思うようになった。少し経ってそれが恥ずかしいに変わった。もう少ししてからは、辱めのように思えてきた。神と自分では圧倒的に、偏差値が違っている。

分かりやすく言うと、自分の「推し(^ω^)ペロペロ」みたいな呟きと、神の「推しのここの発言社会環境に起因するうんたらかんたら」みたいな呟きが一緒に流れているのだ。神は難しい単語や読めない漢字意味不明カタカナをよく使っている。この一文で自分の頭の悪さを分かってもらえると思うが、『頭が良い人間文章なのだ

頭が良い人間が書いてるんだから神の作品面白いに決まっているし、頭が良い人間考察なんだから説得力がある。対して自分は「推し尊い(合掌)」くらいの中身のないツイートばかりだ。

ここまで来るともう無理で、でも自分なんかが神をブロック→解除するのすら申し訳なく、しばらくはミュートにしたり、神がミュートしてくれてると自分に言い聞かせたり、TLを見ないで壁打ちしたりしてた。でもなんか限界だった。

限界感情責任転嫁というひどい着地点に行き着いた。なんでコイツ自分のことフォローしてんの?頭いいこと自慢したいの?と。そういった感情の時だった。自分には自カプ以外にもお気に入りキャラが居たのだが、神がたまたま話の引き合いに出したそのキャラへの扱いが若干自分地雷だったのものからもう大変。この頃には自カプの、なんだろう、界隈の雰囲気?みたいなのがそもそも自分に合わない(壁打ちにばかりツイッターを使う自分と、空リプ合戦で既に強固な繋がりが出来上がってる界隈の人達)のもあって、結局自分が自カプから離れてジャンルから卒業した。

なんだこれで終わりか?って感じかな。

終わりたかったよ自分も。最近困ったことが起きた。

自分全然別のジャンルに居る。そこでは文字も書いてて、拙い自覚はあるけど頑張ってるつもりだ。あの神に比べたら少しだけど、自分には勿体無いくらいの反応もある。

自分ツイッターアカウントは鍵がかかっている。ある日、鍵のアカウントからフォロー申請が来ていたので気軽に承認し、自分申請を出して、許可された。

そのアカウントホームに行って愕然とした。神だった。名前アイコンも何もかも違うけど、神だった。確信があった。いや本当はもしかしたら別人なのかもしれないが、自分には別人とは思えない。神からフォローされてしまった。

今また同じモヤモヤを抱えながら活動している。神はやはり頭が良くて、作品も素敵で、考察は鋭い。自分がウンウン唸りながらなんとか産み出した作品が幼稚でちっぽけでゴミみたいに見える。

自分が神だと思ってる方にフォローされると、嬉しさとか、喜びとか、優越感みたいなのって誰しも感じると思うんだけど、それだけじゃないんだな。自分は今、どうしていいか分かりません。なんで自分なんだろ…。良質な妄想提供してくれる人なんて他にもいっぱいいるじゃん……。

ブロックすればいいのは分かってるんだけどさ。

オタク人形)の風俗レポート 準備編

タイトルの通り風俗レポートなので18歳以下の人は読んじゃだめだよ。

7500文字以上に及ぶ大長編です。ハンカチを燃やしてから電気を消して深夜にベッドに潜りながらニヤニヤしてご覧ください。

---

人形オタク)の風俗レポート

人形ムービー』のはじまりはじまり

初めまして、人形です。

本当はレタスかい名前だけど今日人形ということで通してくれ。

なんで自分風俗に行ったか、どう感じたのかを未経験者向けにまとめます。元々知ってる方も、検索でたどり着いた方も是非参考にどぞ。

初めて会うという方もいるのでステータスを…

☆☆☆

名前人形

年齢:23になった

身長:162.5。(絵里ちと同じです。)

体重:だいたい60くらい

趣味アニメの「ラブライブ!」。千歌推し。いわゆる同人誌ってやつを書いたり。

風俗店・キャバ女性と触れ合う店の経験ナシ。

経験1人なので童貞ではないんです、本当すいません。行為一年以上してないです。

恋愛は金かかるし気をつかうしで、自分自分の好きなようにオタクしてるほうが楽しいと気づいた。

からもう(少なくとも現時点では)恋愛はしないし、そのための努力もな~んにもしないと決意したのだった。

☆☆☆

皆様は「オタク風俗レポート」を読んだことがあるだろうか?誰のでもいい。

SNSでのオタク風俗レポートは人気コンテンツである。興味があるけど、オタクからなかなか一歩を踏み出せない。

レポートかいている人も感情の共有や自己顕示欲、そして皆に薦めたい一心キーボードを叩いているのだろう。

人形は、昔から下ネタ好きだ。

エロ同人買ったり、アニメコスプレAV買ったり、アダルトショップも目につけばすぐ行く。

から風俗に行くのも何ら不思議なことではないし、学生のころからいつか行くだろうなぁ、と思っていた。

きっかけは、意外なことだった。

彼女を失いひとり身になってから、どうしても女性と話すと一瞬でも「もし付き合えたら…」とか考えてしまう。

童貞じゃないけど、いつまでも童貞な男、人形きれいな女性と一対一で話すと挙動不審になるし、変な汗が絶対出てくる。

自分努力することを捨てたのに、そう思ってしま自分が本当に嫌だ。

人形NTRとか嫌いなので、彼氏持ちを公言している女性の方とは自然に話せるのでありがたかった)

この性欲(?)はちょっと特殊で、アニメエロでもAV見ても発散されない様子。

風俗行けば何か分かるんじゃないか?」

そんな考えが自然に出てきた。

別に答えが出なくてもいい。経験好奇心だよ。

 で も や る に は 全 力 で や る ぞ ! ! 

---

かくして、風俗について調べ始めた。手でしてくれるところから、本番有まで実に様々。値段も様々。

風俗体験レポートもいっぱい読んだ。客側も嬢側のも読んでイメトレ。読みすぎて検索結果のやつ読みつくした。

人形は 本番下手・高い・病気怖い そもそもやりたいというよりは女性と話したり触れ合ったりしたかったので本番以外は自由にできるタイプ選択

触れ合いたいならキャバ行けば? と思うかもしれないが、人形アルコール弱いのと、どうせ金払うならエロいことしたいじゃん!!

同じく風俗に興味のある友人と話しているうちに自然制服女の子の店の流れになった。

客としてはまだまだ若い部類に入るだろうし、人形は同い年~年下派なのだ。(副次的ものとして、当然ながら若い子のほうが経験が浅いので安いらしい)

予算は数万くらいといった感じ。さっきの友人は6桁すると思っていたらしい。ディ〇ニーホテルか何か?

うそう、オタクのレポだと電話できるけど会話できない…のタイプが多くてびっくりしました。

人形電話や受付のお姉さんに話すのが大の苦手なので、極力避けるためタイプは箱デリ。店で受付して店の中にヤるルームがある、オタクでも一番想像やすタイプだ。

からラブホの予約取ったことないんだよね。じゃらんでとれればいいのに。

同人イベントだとメッチャおしゃべりじゃん!!と思うかもしれないけど、相手フォロワーだとか、アウェイじゃなければ話せるんよ

---

まあ紆余曲折あり、行く店が決まった。善は急げ(明らかな悪だけど)なので行こうと決めた翌日に決定!

前日に興味本位風俗街を歩いたりしたりキャッチされかけたり怖くてドンキに逃げたりしました。

前回のシコりがちょうど36時間くらい前なので(こういう時に#人形コレクションは便利)あんまりたまってないんじゃないか疑惑もあるが、逆にためすぎても怖いし自然体でいこう。

行くと決めたら行く!のだが、いかんせん当日朝起きて、さぁヤるか!とはならない。

逆に緊張して性欲出てこないのだ。まじか。人形もそうなのか。

ひとまず準備をする。

冷凍牛丼を食べてから歯をよく磨き、風呂入って髭と後ろの毛を剃り、前の毛を切って整え髪の毛も整えトイレで大と屁を出し切る(屁が多いタイプ

嬢は不潔と強引がダメと聞いたので意識意識

チン毛を剃りすぎて中学生みたいになってしまった(追記:この話嬢にしたらめっちゃ受けた)でも竿に生えてたらやりにくくないですか女性の皆さん?女性はこの記事見てないか

風呂に入りながら、そういえば名前どうするかを考えていた。

本名おすすめらしいが…噛みやすいのであまり本名は好きではない。レタス人形と名乗るのはもってのほかだ。

そこで、苗字は「家の新聞勧誘のおばちゃんが聴き間違えた苗字」、名前は「妹が生まれときにすっかり弟と思い込んでいた父親が決めてた名前」を名乗ることにした。すまん親父。

追記名前を名乗ることはなかった…安心

それと、サイトで嬢一覧も見ていたのだが全然からなかった。

…というのも写真で決めて指名するなんて厚かましすぎない?いやいちいち面接とかするわけにもいかないけどさ。

そうこう考えながら準備は着々と進んでいった。性欲の実感がなくともこんな準備をてきぱきしてしまうのだから、本当は行きたいんだろな~と考えていた。

佐倉絆の曜ちゃんコスAVをみてとりあえず立つことを確認して家を出ることに。

☆☆☆

…ここで白状させてほしいのだが、実は風俗現地の感想ダイレクトに伝えるためにここまでの文章は出発前に書いているのだ。

まりここから帰宅後の文章です。今から出かけようと思う。この後の自分、ハヴアナイスフライト

☆☆☆

さて家を出る。正直性欲の実感はない、でも足は進む。

それだけ女の子と話してみたいという気持ちと、今から知らぬ人の裸体を見られる事実というのは魅力的だった。

うそう、人形は恐ろしく遅漏で殆ど自分右手(とホール)でしかイったことないのでその辺の幻想はないので安心だ。

コンビニでとりあえずリポD軽食を購入。

こういう時普段コロッケパンだけど口臭を気にしてメロンパンを選んだ。

電車の中では、もう行きたい気持ち行きたくない気持ちでいっぱいだった。今日でいいの?ほんとに?後悔しない?…

---

ほどなくして駅に到着。グーグルマップ君を頼りに歩いてわずか数分、道を曲がると真昼間からチカチカしてる看板が目に入ってしまった。

目的の店を一瞬で見つけてしまった。もう逃げられない。こわい。帰りたい。予約してないから帰れるし。

(まぁ、そもそも入れるわけないんですけどね!)

そう思いながら店入口あいかいの店の壁に寄りかかった。

スマホをいじるふりして、目的の店から人が出入りしたタイミングでちゃっかり一緒に入ろうという人形完璧作戦

…のはずだった。

幸か不幸か寄りかかった瞬間にほかの客が来て階段を上ったのである

30分くらいは気を静めるつもりであったが、やはり人形もれっきとしたチンコのついた男。勇気を出して後をつけて上っていった。

---

(この辺が一番緊張したので記憶が薄い、受付苦手)

どうやら前の客は隣の店と間違えたらしく、店を出ていき、自分の番になった。

受付はカウンターすら無くて狭く、狭い部屋に一人のまぁまぁな年齢のお兄さんが立っているのみだった。(怖い人ではない)

お兄さんが注文?を訪ねてきたが、そんないきなりマクドナルドの注文みたいに言われてもサッと答えられるわけない。

素直に初めてですと白状してルール説明を受ける。

壁には嬢たちの写真プロフィールが張り付けてあり、この中から選んでくださいと言われた。

サイトと違いモザイクはなし。

特にの子がいい!というのはなくて、なんとなく選んだ子はいっぱいですと言われた。(人気嬢らしい)

こう気まずくなるから受付は嫌なんだ(店は悪くないです)

全然決められないし、この時間が一番嫌だし、ずっと見ているうちにお見合い写真を見ているような感覚に…

気持ち限界なので「わからね~!」と素直に伝えると、お兄さんは新人の子たちをすすめてきた。

ただ写真だと、この数人何が違うの??みたいな状態。もうこれだけ見て帰ろうかな、とすら思った。

でも前述の通り、写真だけ見て決めるなんて申し訳ないし、心の中のシンジ君が「逃げちゃだめだ」と叫ぶのでこういうこともあろうかと用意しておいた必殺ワードを発動。

人形「一番明るくて元気で面白い子お願いします」

お兄さん「おまかせですね」

自分が初めてというのと、過去トロールを引いてしまい恐怖の時間を過ごしたレポートが怖かったので、時間は最短の「30分」に決定。

こちらでお待ちください、と隣のまたまたさな待合室に案内される。

中は漫画の棚とテレビがおいてあった。とりあえずソファにかける。

もう気持ち不安のほうがデカかった。

スマホをいじって僅か数分するとお兄さんが来たので一万円を渡すと千円を返してくれた。

※今考えるとスマホ画面で1000円割引がきいたのだが緊張しすぎて忘れてた。みんなも行く前には公式サイトをチェックだ!

また僅か数分後、お兄さんが呼ぶので出る。

展開早いよ!いいことなんだけどさ! と思いつつ案内に従い狭い廊下を通ると制服を着た女の子挨拶をしてくれた。

---

文字オーバーらしいので

後半へ続く

https://anond.hatelabo.jp/20190217202351

「旅慣れてる」の基準って?

10カ国に行って一度もスリに遭ったことがない」みたいなまとめ見て思ったんだけど、何カ国以上だと旅慣れてるなあっていう印象になるの?

ぶっちゃけ自分は、10カ国...だけで語れる?と思ってしまった。


マウントしたいわけじゃなく

仕事海外行く人はもっと行ってる(これを言っちゃあおしまいか)

・中長期旅行者や移動好きは1度の渡航で何カ国も巡る

トランジット入国&数時間だけ観光する派は数稼げちゃう

と思うから

逆に、3カ国しか行ったことないけどそのうち1カ国に1年住んでたとかだとまた印象変わるよね。同じ国に何度も行ってる人もいるか

あと全部ツアーガイド付きバス移動とかだとうーん?と思うかも(でも年取ったらそういうことするかもしれないし否定はしたくない!)


かくいう自分は、大陸ならではの地続き移動が大好きなので、鉄道移動できるなら1度に3カ国ぐらい行く。

フランスから隣国へ1泊だけとか、アメリカからメキシコ日帰りとか、トランジット半日だけぶらつくとか、行ったことあると言っていいのかレベル滞在も含んで、30カ国になる。

もう一度言うが、マウントじゃない。渡航経験は多くないのに数だけ稼いでしまタイプだと思う。

からなんとなく言いづらく、旅行好きを自称したことがない。

人の旅行話を聞きながら会話して初めて「なんで黙ってたの!?」と言われることもある。逆にバックパッカーの人とかだと「ふーん。まあまあ行ってるね。」みたいな感じ。

だいたい海外旅行好きって言うのは恥ずかしくて言いづらい。うまく言えない。。お金がかかる趣味からともすれば嫌味っぽいし。

あと自分女性なんだけど、旅行に関して男性ってマンスプレイニングしたがるので非常に疲れる。(キラキラ女子っぽい旅行をしていないかどうか執拗に確かめようとする)


本題に入ろう。

実際、旅慣れてる基準というか、履歴書趣味欄「旅行」って書けるぐらいの経験って何カ国以上になるんだろう?

読書映画鑑賞なんかといっしょで、経験時間がかかるものこそやっぱり量が1つの基準になると思うのでぜひ聞きたい。

(こんなことで旅行を測っても仕方ないというのは百も承知なのですが、就活に使えるものなのかどうか知りたい)

自分なりにざっと考えるとこんな感じかなあ。

【下記のどれか1つでも満たす】

・1度に半年以上の滞在もしくは旅行経験したことがある(除:仕事

・年齢と同じ数以上の国を訪れたことがある(同じ国に複数回訪れた場合も、再度カウントできるものとする)

【下記に該当するものは除外する】

・フルパッケージツアー経験しかない

公共交通機関を使ったことがない

旅行中に現地人との交流(買い物時の挨拶店員とのちょっとした会話〜交渉含む)を一切したことがない

2019-02-16

婚約破棄した。ボンビラス星より。

たった今、婚約破棄してきた。

顛末を以下に記す。

当方、男、32歳。無名メーカーに勤めていて、年収は500万円ほど。

そんな僕が彼女と会ったのは昨年の夏。街コン出会った。

彼女は僕の4個上だった。出会った時から彼女結婚意識していたし、僕も、彼女の年齢を考えたら結婚責任が伴う事を理解した上で、付き合い始めた。

週二で逢瀬を重ねていき、お互いの理解を十分深められたと思い、僕はプロポーズした。

事前に、彼女から結婚したいと言われていたし、笑顔で受諾してくれた。

この時、付き合って6ヶ月。

彼女の年齢を考えたら出産までの全てイベントを早くやるべきだという焦燥感があったから、プロポーズが早すぎたとは感じなかった。

まだ互いの両親に挨拶をしていなかったので、一週間前、北海道の僕の実家に、彼女を連れて挨拶に行った。

僕の実家への挨拶問題なく終わり、次は彼女の家にご挨拶をと思い、彼女に日程調整を頼んでいたら、「やっぱり結婚したくない」と言われた。

理由を尋ねると、「年齢で焦って婚活してきたけど、実際の結婚が見えてきて、自分結婚生活に耐えられるかわからなくなった」とのこと。

これがいわゆるマリッジブルーというやつかと思い、「不安はお互いに話し合って解消しよう」と提案したけど、話し合いさえ拒否された。

正直、全く理解できなかった。あんなに僕のことを好き好き言ってきた女性が、急に冷めて、僕から距離を置き始めた。

僕がしつこく粘って、彼女結婚の良さを説き続ける事も出来た。

だけど、十分理解していたと思っていた彼女が、思いも一緒と思っていた彼女を、僕は全く理解できていなかったという事がショックで、今日、僕は彼女に別れを告げた。

それで、今に至る。

別れたことに悔いはない。そのような彼女結婚しても、遅かれ早かれ別れると思ったからだ。

ただ、僕は、彼女結婚から逃げた理由は他にあると疑っている。

というのも、結婚生活に耐えらないという不安は、パートナーを信じていれば解決できるはず。

彼女不安を僕に話さなかった。僕とは結婚したくないという思いが唐突に強まったイベントが、あったんだと思う。

しかしたら、カーストの違いかもしれない。

僕の家は田舎中流家庭。彼女の家にはいった事がないが、話を聞く限り、上流家庭だったと思う。

うちの家を見て、それまで恋愛の延長にあるロマンチック結婚が、現実と気づいたのかもしれない。

もしくは、僕の聞いたことのない会社名を知った彼女の家が、「そのような輩との結婚は認めん」と言ったのかも知れない。

そうだとしたら、自分全否定されたみたいで、自暴自棄になりたいぐらいショックだ。

長くて暗い出口がないトンネルと思えた婚活だった。

ちょっといいレストラン彼女におごり続け、増大していく交際費に耐え、漸く出口にたどり着いたと思ったら、この結末。また、一からやり直しだ。

この絶望、何かに似ていると思ったら、桃鉄ボンビラス星だ。


そう、婚活ボンビラス星だったのだ。当たりを引くまでマイナスマス地獄なのだ

ハズレの出口に着いたら、キングボンビースタート地点まで押し戻される。

まだ試していないルートはあと二つある筈。そのどちらかに脱出できる出口があるのだ。

頑張れ、自分よ。今は赤字を垂れ続けても、出口を抜けたら徳政令カードを使えば大丈夫だ。

つまんないことを言っているけど、正直、耐えきれない。。。

あと、桃鉄やりたい。

2019-02-15

anond:20190215220409

元気に挨拶は大切ですね。暗いので気をつけます。

猫って鼻で挨拶するとき口元の匂いも嗅ぐんだけど

この時の匂いチェックで食べることのできるもの情報交換してるんかな

ふと思った

2019-02-14

anond:20190214133942

俺はカトリックで、いわゆる洗礼名をミドルネームに使っている。本当は洗礼名って一番最初に書くものなんだけどな。

どういうことかと言うと、普通は「パウロ磯野波平」(仮名な)と書くべきところを「磯野パウロ波平」"Namihei Paul Isono" って書いてるわけ。

何故かっていうと、外人と一緒に仕事することが多いんだが、俺の名字が二重母音バリバリ発音しにくいから、あと同姓同名の奴と分けられるようにこうしてる。

ただなあ……純粋日本人顔の俺が、たとえば売店の前で同僚に出くわして挨拶されると周囲はかなりひくよ。

波平さんが "Hi, Paul!" みたいににこやかに大声で挨拶されてるところを想像してくれ。

anond:20190206125826

高専卒の方のエントリーが上がっていたので,レア存在である高専について私も語ってみる.何度目の焼き直しになるかわからないが.

お前誰

中堅高専→Bラン大卒リーマン

15年前に卒業化学学科情報としては古い点も多々あるかと思う.ただ学生会長で全国高専につながりを持っていたので、情報ソースは1校のみではない.

メリット

①進学が容易

 後述する.

②早期から専門教育を受けられる

 高校1年次から専門教育を受けられる.全過程専門教育ではなく,高校大学で履修する一般教養とのミックスになっている.年次が低い段階では一般教養比率が高く,年次が上がるにつれ逆転する.まともに単位を取っていれれば5年次は週の半分は研究だった.

デメリット

①進路が固定されやす

 大多数が工業系の道に進む.進まざるを得ないといっても過言ではないだろう.感覚的に同級生の9割はメーカにいる.世界技術系一辺倒なので,その他が見えにくい.入学時点で15歳なので、染まりやす視野を広く持つことも難しい.教員普通研究員なので,理系アカデミアで純粋培養されたような癖が強い人がごろごろコースを変更しようとしても,マイノリティになるため後押しもロールモデルが少なくハードルが高い.

ドロップアウトやす

 専門性が高い故、入学後に技術に興味がないことに気づいてしまった場合モチベーションが下がりついていくのが困難になる.高専受験日が普通高校に比べて早いので,度胸試しで受けてみたら受かってしまった,偏差値が高いのでなんとなく来た,という層の一部がこの状態に陥る.一念発起して3年次にセンター試験を受け大学に進学、文転したものもいた.これはレアなケース.

恋愛チャンスは共学に比べ少ない.15-20歳という多感な時期に恋愛経験はまあ一般的重要だろう.女性が少ないので競争は激しい.勿論立地や当人キャラ次第でもある.化学専攻などは女性比率が高い,それでも半分程度だろうか.

教育課程

授業時間は90分.1年次から週1-2回のペースで半日かかる実習or実験があり,1年次から毎週毎週濃密なレポート提出を課せられる.締め切りや採点も厳しく,図書館での追加調査を含め毎週5-6時間レポートだけで費やしていた.科学文章の書き方の下地はここで醸成されたと感じる.専門科目が入っている分,一般教養が割かれている.歴史はなく,地理も確か1年前期しかなかった.その他普通高校と比べて色々なものが削られていたに違いないが、よく分からない.

また,数学が難しかった.入学後すぐに三角関数確率,2年次に上がる前に微積線形代数.2-3年次で重積分偏微分,常微分・・・.4年次以降で複素関数,曲面,群論ラプラス変換ベクトル場等の応用数学に入っていく.他にも電磁気化学,熱力,固体物理・・・気分が悪くなってきた.

進路

就職

就職率100%.求人倍率10~20倍.県内の有力企業大手現業職現場職長候補)に比較的楽に就職できる.ただ高専生は世の中のことをよくわかってないので,企業業態研究をせずに適当就職してしまい数年後に後悔する同級生はそこそこいた.先生技術バカが多く,経済的リテラシー教育はほぼなかった.私のころはインターネット情報量も多くなく,現在はまた違っていると思われる.

②進学

大きく2つに分かれる.専攻科か大学か.

専攻科:

自校に残り,2年間の延長教育を行う.大卒資格を得られる.ほぼ研究メインの生活を行う.研究8割,授業2割くらいか卒業後は旧帝や技術大学院(奈良先端科技大/豊橋技科大/長岡技科大)などに院進する人が多かった.就職する場合世間的にはレア存在であり,専攻科?そんなのがあるんだ?という反応をされ,研究漬けで辛い生活を送ってきたのにも関わらず就職アピールとしては弱いと友人はボヤいていた.

進学(3年次編入):

ここが最大のうまみであろう.

①いくつも受験可能大学毎に試験日程が統一されていないので,費用と日程確保さえできればいくらでも.自分場合は4大学に出願し,3大学目で決めた.偏差値が低いほど早めに行う傾向があった.

受験科目が少ない.例えば東大数学英語だけだった.(東大のみ2年次編入だったが)問題奇天烈ものでなく,真面目に授業を受けてしっかり対策していれば十分に解ける範囲である

高専によっては提携大学がある.私が卒業した高専では所在県の大学提携私立大学関関同立など)は指定校推薦でほぼ全入していた.高専から私立大学に行く人は少ないので,競争率も低かった.就職したくはないが勉強も好きではない下位層は延命策としてこの選択肢をとっていた.大学編入後は一般教養はほぼ単位認定(=免除),専門教科も高専で齧っていることが多く,比較的楽.実験研究発表においては経験の差が歴然学部レベルでは専門を変えない限り大きな問題はないだろう.彼女が欲しくてテニスサークルに入ってみたが,雰囲気についていけなくてすぐ辞めたというオチ

レベル

ピンキリトップレベル明石高専豊田高専などは偏差値60後半でそこらへんの進学校を超える難易度だが,商船高専などは50前後学科としては電気がいつも大変そうだった.数式だらけで理解するのが大変.材料土木環境,その他新興分野はおぼえればいい科目も多く,比較的楽.

寮生活

全寮制の高専は確かなかったと思うが,大概他県や遠隔地から学生用に寮が用意されている.寮ではゲーム相手に事欠かない,発売日に漫画がすべてそろう,ありとあらゆるジャンルのエ〇本を閲覧できるなどのメリット(?)もあるが,大きなデメリットとして私が通学していた20年前では上級生による「しつけ」という名の体罰が行われていた.木曜日の夜に1年生を呼び出し,暗闇の中で数時間正座をさせて悪事を白状させるというもの.(風呂掃除に数分遅れたとか,寮の敷地内で先輩を発見した際百m離れていても90度おじぎをして挨拶を”叫ぶ”必要があるが,そのお辞儀角度が足らなかったなど)一定数白状しないといつまで経っても終わらないため,どうでもいい些細なことを報告するのが常であった.正座のみならず1時間両手を上げっぱなしにさせるなど.終わった後は体が痛んだ.脚が痺れを通り越して暫く立てないレベル.なぜ木曜の夜かというと,金曜になるとみんな帰省してしまうため.

さすがに今はもうないだろう.今の価値観だとありえない.しかし,中学校を出たばかりの小僧大学1-2年生相当の先輩たちはとても怖い存在で,且つ退寮して親に金銭負担をかけられないため多数は我慢選択する,という構図だった.私の親も鍛えられてこい,という感覚だった.家が比較的近いやつは馬鹿馬鹿しくて通学に切り替えていた.私のころはなかったが,以前は先輩から達しが出るや否や吉野家の牛丼を30分以内で代理購入してくるという「吉野家ダッシュ当番」なるものもあったそう.尚,年次により寮内でのルールは緩くなっていく.年次による権力揶揄した称号があり,1年次から奴隷」,「見習」,「平民」,「貴族」,「神」.1年次においては共有スペースの炊事禁止テレビ閲覧禁止風呂掃除や朝食準備などの各種当番,祭りでの汚れ系出し物など.2年次になると共同場のテレビ閲覧可,3年次から個室があてがわれ、テレビも自室に設置が可能となる.今思い返せば,異常に陰湿日本文化如実に体現しており,乾いた笑いが出る.私は上級生になった際このシステム廃止しようと試みたが、全体的にそれを維持したいという空気が流れており結局叶わなかった.ただ親元を離れて集団生活を送ったことで自身も随分たくましくなったと思う.

今私は何をしてるか

メーカを何社か転職し,現在ITデータ解析職.製造業に興味がないことに気づくのに大分時間がかかり,また気づいてから収入を維持しながらも他業種へ脱するまでが大変だった.現在は34歳で年収950万円.奨学金は500万ほどあったが30歳前に完済することができた.

所管

総合すると高専おすすめ.ついていければ就職には楽にありつける.ただし癖が強いので人を選ぶ.

2019-02-13

自分が疎まれているという思い込みがあったからね

から地域おこしの子から挨拶されないし

それを真似して小学生も俺にだけ挨拶しないのだと

違うのだよ

俺は不審者ではないか挨拶して威嚇しなくてもよいのだね

よかった

2019-02-11

anond:20190210193212

愚痴を書いた本人です。

コメントが多くてびっくりしてる。ありがとう。こんなに反応されたの初めてだ。

正直Twitter感覚で書いてた。Twitterでは誰からも反応されたことないから。

メンション飛ばしても反応来ないし、フォロワー全員からミュートされてるのかもしれない。挨拶フルシカトは本当につらい。

絵もありがとう。保存させて貰った。

まず絵についてコメントされたので、そこかなと思った。いつも風景写真か、WMPのウネウネした画像歌詞を流してた。キャラ絵がないと駄目か。

曲については、伸びないんだから人並以下なんだろう。ニコ動しか上げてないけど、全部非表示にした。もう再生数で愚痴らなくて済む。

使ってるボカロは、皆がすぐ思い浮かべられるような有名なボカロではないとだけ言っておく。彼女の声が好きなんだ。

フォロワーには宣伝のし過ぎでブロックされたのかもしれない。一週間くらい宣伝たから。フォロワー新曲出る度にRTしたりマイリスしたり感想言ったりはしてたんだけどな。反応返ってきたことないけど。

動画は全部非表示にしたし、Twitterもやる意味なくなったし、全部リセットして別のアカウントでやり直そうかと思ってる。

懲りずに新曲作るよ。縁があったら聴いて貰えるよう頑張る。

2019-02-10

Twitterで嫌いなやつ

Twitterしてると「な、なんでこんなツイートするんだ?」って疑問に思うことがある。

1、炎上に加担するやつ

いわゆるバカッターみたいなの。最近また流行り始めましたが、動画をアップするやつも大概だがそれを晒しRT稼ぎする人とそれをRTする人とネチネチ特定したり店に電話したりするやつが心底気持ち悪い。なんで通報した後黙っておくことができないんだろう? 「こいつは悪いやつだから懲らしめてもいいんだ」と言う発想が小学生いじめっ子とまるで同じ。裁く権利あなたにはない。



2、この人に〇〇されたんです系ツイート

注意喚起を装ったものもある。中には本当に善意から注意喚起してくれている人もいるのかもしれないが、〇〇は大抵詐欺なので詐欺なら警察に行ってほしいしそもそも単なる認識の相違だったり喧嘩じゃないの? と思うような内容のものもある。当事者同士でやってほしい。後、現実世界で嘘か本当かわからないけどまあ嘘だろうなと思うような被害報告もカテゴリとしては同じ。貴重なオタクグッズ毟り取られましたとかクレクレされましたとか。あるか? そんなこと。



3、絡みない人リムます or フォロー整理するのでリムられたくないならいいねしろとかリプしろとか

絡みないのはお前が絡んでこないからだろ! と思う

フォロー整理なんて黙ってすればいいのに。



4、この画像RTするといいことあるよ! みたいなツイートRTする人

まり遭遇しないが、絶対15年前はチェンメとか回してたタイプの人

いいことあるよ程度ならまだしも不幸の手紙タイプもある。RTするまでもなく今まさに不快なんだけど、と思う



5、FF外なのにブロックされた + スクショ

FF内になる前に自衛してるんだよ。

何も憎しみのあまりブロックしてるわけじゃなくて「この人のツイートうっかり見ないようにしておこう」と思ってるだけだからフォロワーフォロワーとか、よくRTされてる有名人とか。

上4つはブロックしておしまいだがきちんとブロックした後にまでこんなこと言われるのは解せない。しかも、親切にこんなツイートがされてるということを教えてくれるフォロワーがいる。困惑



6、DM挨拶してくる人

上5つは嫌悪感しかないがこれは困惑する部類。この5つと同列に扱うのは違う気もする。

律儀なんだろうとは思う。でも個人情報を伴わない会話なんてリプでいいし、なぜわざわざDM? いいねで終わらせられないから面倒なんだけど……。

礼儀だと思っている人もいるようなのでやめてくださいとも言いづらい。



上の5つはツイートしてる本人も楽しくないと思うのだがなぜかどの界隈でも一定数いる。

それとも楽しいのだろうか。もちろんブロックして金輪際関わらないようにするだけだが、あまりブロックすると5の人が騒いで親切なフォロワーが教えてくれるので煩わしい。お、教えてくれなくていいよ!!!

2019-02-09

保険のおばちゃん女の子を紹介された話

3年前の冬の話だ。

その時の俺は25歳。大学院修士課程を終えて就職たから、社会人2年目が終わろうかという冬だった。

地元関西だが、就職を機に関東引っ越してきた。家族とも友人たちとも離れた場所一人暮らし仕事もまだまだ慣れない、そんな生活孤独感が日に日に強まっていた。

俺には彼女がいなかった。

まれてこのかた、一度として彼女というものがいなかった。

しかしその時の俺は、寂しさを紛らす相手が欲しいと思っていた。

俺の会社には、昼休みになると食堂入り口保険のおばちゃんが何人か集まってくる。入社したばかりの右も左も分からない若者たちを捕まえて、保険に加入させようとするのだ。来るのはいつも決まった三人。一人は矢口真里に似た、ぎりぎりお姉さんと呼べそうな女性。一人は椿鬼奴に似たおばちゃん。一人は小泉今日子似のおばちゃんだ。

俺は小泉今日子と仲が良かった。矢口と椿は保険の話をしてくるのに対して、キョン2とは一度も保険の話などしたことがない。俺とキョン2の会話といえば、乃木坂46の中で誰が一番可愛いかとか、キョン2の娘がドルヲタになりそうで困っているとか、そんな内容だった。俺はキョン2との会話をそれなりに楽しんでいた。

その日も俺が食堂に行くと、キョン2が立っていた。キョン2はコソコソと俺を手招きし、隅の方に呼び寄せた。

増田君、彼女いないんだよね?私の知り合いに良さそうな女の子いるんだけど、どう?」

かにはいつも冗談交じりに「彼女欲しいっす」と言っていたが、まさか本当に紹介されるとは思っていなかった。今まで恋愛経験がなかったため、尻込みする気持ちもあった。だが俺は、ここは一歩踏み出すべきだと思った。

「是非。」

俺は女の子を紹介してもらうことにした。

後日、キョン2からLINEで3枚の写真が送られてきた。3枚の写真に、それぞれ別々の女の子が写っている。そして直後にメッセージ

「どの子がいい?」

驚愕した。てっきり紹介されるのは1人だと思っていた。3人とも、と答えたい気持ちを抑えて、俺は1番可愛らしい子を紹介してもらうことにした。

キョン2から、その子簡単プロフィールを教えてもらった。キョン2は俺の会社に来ているのと同じように、他の会社へも保険営業に行っている。その子、仮にバラライカと呼ぼう、バラライカキョン2営業に行っている他の会社事務員だった。俺が選ばなかった他の2人も、そのような感じらしい。

そしてバラライカは、当時19歳、未成年だった。これは俺にとって衝撃的な情報だった。今冷静に考えると、19歳の何が問題なのか。1年経てば立派な成人である。だがこの19という数字が、俺には重くのしかかった。

とはいえ俺は、バラライカと連絡を取り始めた。25歳男が、生まれて初めて1人の女性真剣に向き合った。慎重派の俺は、がっついて引かれてはならないと思い、ゆっくりバラライカ職場のことや身の回りのこと、家族ことなどを聞いていった。バラライカは去年まで高校生、さすがに価値観のズレは感じた。まあでもそれは仕方がない、やり取りを続けていけばそのうち気にならなくなるだろう。そんな感じで慎重派の俺が殊更慎重にバラライカとやり取りをしていると、気づいたら2ヶ月が経っていた。1度も会うことなく、LINEのやり取りだけで2ヶ月だ。1度も会おうと言いださない俺もどうかしているが、このLINEに2ヶ月付き合い続けたバラライカちょっとどうかしている。正直俺はどうしたらいいのか分からなくなっていた。この均衡を保つことが目的になり始めていた。どちらが先に我慢できなくなるか、これは俺とバラライカの戦いだった。結局、この戦いは俺が勝利した。バラライカから連絡が来たのだ。

「一度ご飯でも行きませんか?」と。

女の子の方から誘わせるとは何事だと思うかもしれないが、25年間恋愛経験がない男というのは、そこら辺の女の子以上に女の子なのだ。仕方がない。

とにかく、俺とバラライカはとうとう現実世界で会うことになった。もちろん俺は女の子との食事など初めてである食事が決まった瞬間から俺の心臓は最高速で暴れまわっていたが、俺はまず、震える手で店選びから始めた。雰囲気が良く、それでいて敷居が高すぎない、丁度良い塩梅の店をなんとか探し出し、予約を入れた。服と靴を新調し、散髪に行った。髪型のセットの仕方も学んだ。

何度も言うが、この時の俺は乙女だったのだ。

そして、当日がやってきた。

俺は待ち合わせ場所に早めに着き、バラライカの到着を待った。バラライカの顔は、最初キョン2から見せてもらった写真で分かっていたので、それと同じ顔を探した。約束時間になったが、すぐにはバラライカ出会えなかった。いや、それらしい女性は1人いるのだ。俺の数メートル隣に、誰かを待っているらしい女性が。年齢も、19歳に見えなくもない。実物と写真というのはやはり違って見えるため、すぐには気づかなかったのだ。向こうも向こうで、どうやら俺だと気づいたらしい。こうして、俺とバラライカは初対面した。

軽く挨拶をし、店に向かった。少し雨が降っていた。

店に入り料理を注文する。料理を食べる。水を飲む。

2ヶ月間毎日欠かさずLINEでやり取りしていたにも関わらず、いざ面と向かうと言葉が出てこない。不思議ものだ。緊張しているというのもある。しかし、そこまでの2ヶ月の間に一通り聞くべきことは聞き尽くしてしまっており、すでに話題がなくなっていたというのもある。

俺たちは、特別盛り上がることもないまま、食事を終えた。帰り際、バラライカは俺に紙袋を渡してきた。中を見ると、手作りチョコが入っていた。そう、ちょうどバレンタインデーの時期だったのだ。母親以外からもらった初めてのチョコだった。俺は、こんなものまで用意してくれたのに、会話のないつまらない食事にしてしまって申し訳ないと思った。

ホワイトデーにはしっかりお返しをしようと思ったが、結局その後バラライカからの連絡はあまり来なくなり、そのまま自然消滅となった。

あれから3年が経った。俺には今彼女がいる。バラライカではない。別の知人から紹介されたのだ。半年から同棲を始めており、近いうちにプロポーズするつもりだ。

バラライカとうまくいかなかったこと、そこから学んだことがあったから、今の彼女とここまで来れた部分もあると思う。

バラライカに何も返してあげられなかったのが少し心残りだ。バラライカから見れば、俺は彼女が欲しいのか欲しくないのか、意図のよくわからないやつだったと思う。俺のことなどとっくに忘れていると思うが、俺はバラライカのことを忘れない気がする。

俺の人生を変えてくれた恩人として。

https://anond.hatelabo.jp/20190209031109

祖母が死んだ

先月、母方の祖母が死んだ。

最近認知症で日時の感覚がわからなくなったり同じ話を繰り返したりしていたが、高校(?)の入試では満点を取ったり、あの時代大学卒業している才女だった。

昔は教職につき、あの時代恋愛結婚をし、映画や革細工や日本画書道が好きな、穏やかで優しいおばあちゃんだった。

一昨年の冬、私は初めての彼氏USJに行くことにした。飛行機に乗る小旅行だ。ついでに母方の祖父母にも彼氏を見せに行こうと思った。母方の実家大阪にあるのだ。

チケットも買ってウキウキだった。

母に猛烈に反対された。結婚するかもわからないのに変な期待をもたせるなと。そして母方の祖父母挨拶に行く前に、父方の祖父母挨拶に行かないと迷惑だと。USJに行くのは構わないが、祖父母に会わせるのはやめとけと。

私はその彼と結婚する気だったので、変な期待ではないと判断した。OK

祖母認知症は、ゆっくりだけど着実に進んでいる。私が結婚するまでに死んじゃうかもしらないし、それなら彼氏いない歴=年齢だった孫の恋人結婚相手候補)を見てからの方が安心して死ねるだろう。

2つ目が問題だった。父方の祖母形式にこだわり、また嫉妬深い性格なので「ウチを後回しにされた!普通は先に父方の祖父母挨拶する!」みたいに怒るそうだ。それくらいのことでとおもったが、過去似たようなことでトラブルになったらしい。

結婚するなら親戚づきあいトラブルは起こしたくない。USJ旅行の前に、宮城に住む父方の祖父母に、日帰りで会いに行くことにした。

宮城に行った2週間後に大阪に行くという、面白いスケジュールになった。快く承諾してくれた彼に感謝。何度もお礼を言った。

父方の祖父母に「今度彼氏を連れて日帰りで遊びに行くよ」と電話した数日後、「父方の祖母は私と彼を本家挨拶に行かせたがっている」と父から聞いた。祖父10兄弟の9番目だから親戚から今まで軽んじられてきたけど、孫がまともな人と付き合っていて結婚もするらしいということで、自慢したいらしい。私が返事をするより先に父が断ってくれていた。

朝早く新幹線に乗って、挨拶して青葉城を見ておいしい牛タンを食べて、夜遅く東京に帰った。

挨拶の前、彼はとても緊張していたが、終わってからは「いい人だった」とケロっとしていた。

2週間後に大阪に行った。USJはとても楽しかった。次の日に祖父母に会いに行った。

持って行ったケーキをみんなで食べながら、祖母は「このケーキ綺麗やなぁ。飾りが繊細で、王冠みたいな形になっとって、綺麗なぁ。いやほんまに。作った人は、こういうのどうやって思いつくんやろなぁ」「増田ちゃん、いい人見つけてよかったなあ」と何度も言っていた。

帰り際になると祖父は別の長くなりそうな話をして引き止めようとした。

挨拶の後彼は「先々週より疲れた。引き止めようとしてたね。帰っちゃう申し訳いね」と言っていた。

その後通天閣道頓堀を見て帰った。

その後私と彼氏同棲を始め、結婚式の予定も決めた。

昨年の12月、母方の祖父母電話をすると、祖母は「来年結婚式たのしみにしてます。おばあちゃんはどんな人か知らんけど、増田ちゃんが選んだならきっといい人だと思うわ。本当に楽しみにしてるで」と言っていた。

母方の祖母は先月、お風呂で寝てのぼせて死んだ。多分苦しくなく、あったかいなあって思いながらの、幸せ最期だったと思う。

やっぱり、無理はしたけど、一昨年彼と会わせておいてよかったなあ。

[] #69-5「愚者自覚

「よお、しばらくぶりだな。マスダ」

俺を呼ぶその声にギクリとする。

聴こえた方に目を向けると、そこにはツクヒがいた。

「お、おお、ツクヒじゃん。久しぶり」

そうだ、ツクヒ―――こいつがいたんだ。

「なんか手強い風邪だったらしいけど、治ったの?」

「そりゃあ愚問だぞタオナケ。治ってなきゃ、まだ休んでるっつーの」

「な、長く休めて羨ましいなあ……」

「ドッペルか……オレもそう思ってたんだが、今回はマジで酷くてな。何もする気が起きないし、大好きなラーメンすら碌に食えなかったとき絶望したぞ」

俺たちのいる学級はクセの強いやつが多いが、ツクヒはその筆頭だった。

その理由は、とある悪癖だ。

「まったく。オレの容姿が良ければ、ウィルスもここまで暴れなかっただろうに」

こんな感じで、ツクヒは自分コンプレックスに原因を求めたがる。

自分の思い通りにならないことがあったり、気に入らないことがあるたび、因果関係なく「これも全てはオレの容姿が悪いせいだ」とうそぶくんだ。

例えるならRPGの『呪いの装備』である

呪いの装備は大きなデメリットがあって、自由な付け替えもできない。

だけど多少のメリットもあり、その気になれば普通の装備より使える。

あいつがそこまで自覚した上で利用しているとも思えないけど、いずれにしろ卑屈な奴だ。

「うん? 見慣れない輩がいるな」

ツクヒは最近学校を休んでいて、ブリー君とは入れ違いだった。

ここにきて、初めて見たわけだ。

「あれが噂の転校生か。どうやらクラスに馴染めていないようだが」

「ま、まあ、まだ転校してから日が経ってないし……」

「ふぅん……とりあえず挨拶しておくか」

ツクヒはそう言って、ブリー君に近づこうとする。

俺たちはそれを止めようとした。

「私、挨拶大事だと思うけど、別にしなくてもいいと思うわよ」

「何でだ。クラスメートなんだから挨拶くらいしてもいいだろう」

「だ、だって……ツクヒはブリー君のことをよく知らないし、ブリー君はツクヒのことをよく知らないし」

「んん?……だから挨拶なり、自己紹介なりするべきなんじゃないのか?」

ツクヒの言うことは尤もである

ロクなことにならないという予感がありながらも、俺たちにはツクヒを止める理由がなかったんだ。


ツクヒとブリー君の初対面。

「よお、初めまして、か」

「あれ、きみは……」

「ツクヒと呼んでくれ。よろしく

「うん、よろしく

俺たちはハラハラしながら、二人の様子を遠巻きに見つめていた。

今のところは滞りなく会話が進んでいるようだ。

「どうだ、このクラスには慣れたか?」

「そうだなあ、ちょっと換気が悪いかな。椅子も座り心地がイマイチ

ツクヒの質問に、ブリー君がややズレた回答をする。

だんだん、雲行きが怪しくなってきたぞ。

「そうか、まあ気にするな。お前が美人ならば、すぐにクラスに馴染めただろうが、そうじゃないなら気長にいくしかない」

ツクヒはツクヒで、いきなり悪癖が出てしまった。

失礼なことを言っているが、まあツクヒなりの気遣いなんだろう。

あいつは自分容姿コンプレックスを持っていると同時に、それを便利な言い訳の道具だとも思っている。

ブリー君にも、その便利な道具を手渡したつもりなんだ。

だけど、そんなものが伝わるはずもない。

別に見た目は関係ないよ。仮にそうだとして、見た目で判断するような人と仲良くしても、ねえ」

ブリー君がそう言葉を返すと、ツクヒの眉の角度が少し上がった。

マズい。

「それに見た目を理由にするような人間と仲良くしたい人もいないだろうし」

そして追い討ちの言葉だ。

言ってることの是非はともかく、ツクヒのスタイル否定し、そしてツクヒ自身まで否定するものだった。

もちろん、ブリー君は悪意や皮肉をこめて、ツクヒを狙い撃ちして言ったわけではない。

ただ、人の機微を察知しないため、自分の言っていることで相手がどう思うか考えないんだ。

「そうか、そうか……」

口調は穏やかでありつつも、ツクヒの眉は既に急傾斜。

「お前の言いたいことは……よーく分かった!」

今日会ったばかりの人間に何かを踏みにじられた。

挙句、その踏みつけたモノを顔面にぶつけられたような感覚

上手く言葉には出来ないが、ツクヒはいてもたってもいられなかった。

スタスタと自分ロッカーに向かうと、ガサコソと何かを漁り出した。

おもむろに取り出したのは、大きな空のペットボトルだ。

それを二本携え、ブリー君のもとに戻ってきた。

「え、どうしたの、何そのペットボトル

ツクヒは有無を言わさず、片方のペットボトルブリー君の足元に放り投げた。

「オレと戦え! 決闘だ」

予感はあったけど、やはりこうなっちゃったか

(#69-6へ続く)

保険のおばちゃん女の子を紹介された話

3年前の冬の話だ。

その時の俺は25歳。大学院修士課程を終えて就職たから、社会人2年目が終わろうかという冬だった。

地元関西だが、就職を機に関東引っ越してきた。家族とも友人たちとも離れた場所一人暮らし仕事もまだまだ慣れない、そんな生活孤独感が日に日に強まっていた。

俺には彼女がいなかった。

まれてこのかた、一度として彼女というものがいなかった。

しかしその時の俺は、寂しさを紛らす相手が欲しいと思っていた。

俺の会社には、昼休みになると食堂入り口保険のおばちゃんが何人か集まってくる。入社したばかりの右も左も分からない若者たちを捕まえて、保険に加入させようとするのだ。来るのはいつも決まった三人。一人は矢口真里に似た、ぎりぎりお姉さんと呼べそうな女性。一人は椿鬼奴に似たおばちゃん。一人はブルゾンちえみ似のおばちゃんだ。

俺はブルゾンちえみと仲が良かった。矢口と椿は保険の話をしてくるのに対して、ちえみとは一度も保険の話などしたことがない。俺とちえみの会話といえば、乃木坂46の中で誰が一番可愛いかとか、ちえみの娘がドルヲタになりそうで困っているとか、そんな内容だった。俺はちえみとの会話をそれなりに楽しんでいた。

その日も俺が食堂に行くと、ちえみが立っていた。ちえみはコソコソと俺を手招きし、隅の方に呼び寄せた。

増田君、彼女いないんだよね?私の知り合いに良さそうな女の子いるんだけど、どう?」

かにはいつも冗談交じりに「彼女欲しいっす」と言っていたが、まさか本当に紹介されるとは思っていなかった。今まで恋愛経験がなかったため、尻込みする気持ちもあった。だが俺は、ここは一歩踏み出すべきだと思った。

「是非。」

俺は女の子を紹介してもらうことにした。

後日、ちえみからLINEで3枚の写真が送られてきた。3枚の写真に、それぞれ別々の女の子が写っている。そして直後にメッセージ

「どの子がいい?」

驚愕した。てっきり紹介されるのは1人だと思っていた。3人とも、と答えたい気持ちを抑えて、俺は1番可愛らしい子を紹介してもらうことにした。

ちえみから、その子簡単プロフィールを教えてもらった。ちえみは俺の会社に来ているのと同じように、他の会社へも保険営業に行っている。その子、仮に聡美と呼ぼう、聡美はちえみが営業に行っている他の会社事務員だった。俺が選ばなかった他の2人も、そのような感じらしい。

そして聡美は、当時19歳、未成年だった。これは俺にとって衝撃的な情報だった。今冷静に考えると、19歳の何が問題なのか。1年経てば立派な成人である。だがこの19という数字が、俺には重くのしかかった。

とはいえ俺は、聡美と連絡を取り始めた。25歳男が、生まれて初めて1人の女性真剣に向き合った。慎重派の俺は、がっついて引かれてはならないと思い、ゆっくり聡美職場のことや身の回りのこと、家族ことなどを聞いていった。聡美は去年まで高校生、さすがに価値観のズレは感じた。まあでもそれは仕方がない、やり取りを続けていけばそのうち気にならなくなるだろう。そんな感じで慎重派の俺が殊更慎重に聡美とやり取りをしていると、気づいたら2ヶ月が経っていた。1度も会うことなく、LINEのやり取りだけで2ヶ月だ。1度も会おうと言いださない俺もどうかしているが、このLINEに2ヶ月付き合い続けた聡美ちょっとどうかしている。正直俺はどうしたらいいのか分からなくなっていた。この均衡を保つことが目的になり始めていた。どちらが先に我慢できなくなるか、これは俺と聡美の戦いだった。結局、この戦いは俺が勝利した。聡美から連絡が来たのだ。

「一度ご飯でも行きませんか?」と。

女の子の方から誘わせるとは何事だと思うかもしれないが、25年間恋愛経験がない男というのは、そこら辺の女の子以上に女の子なのだ。仕方がない。

とにかく、俺と聡美はとうとう現実世界で会うことになった。もちろん俺は女の子との食事など初めてである食事が決まった瞬間から俺の心臓は最高速で暴れまわっていたが、俺はまず、震える手で店選びから始めた。雰囲気が良く、それでいて敷居が高すぎない、丁度良い塩梅の店をなんとか探し出し、予約を入れた。服と靴を新調し、散髪に行った。髪型のセットの仕方も学んだ。

何度も言うが、この時の俺は乙女だったのだ。

そして、当日がやってきた。

俺は待ち合わせ場所に早めに着き、聡美の到着を待った。聡美の顔は、最初にちえみから見せてもらった写真で分かっていたので、それと同じ顔を探した。約束時間になったが、すぐには聡美出会えなかった。いや、それらしい女性は1人いるのだ。俺の数メートル隣に、誰かを待っているらしい女性が。年齢も、19歳に見えなくもない。実物と写真というのはやはり違って見えるため、すぐには気づかなかったのだ。向こうも向こうで、どうやら俺だと気づいたらしい。こうして、俺と聡美は初対面した。

軽く挨拶をし、店に向かった。少し雨が降っていた。

店に入り料理を注文する。料理を食べる。水を飲む。

2ヶ月間毎日欠かさずLINEでやり取りしていたにも関わらず、いざ面と向かうと言葉が出てこない。不思議ものだ。緊張しているというのもある。しかし、そこまでの2ヶ月の間に一通り聞くべきことは聞き尽くしてしまっており、すでに話題がなくなっていたというのもある。

俺たちは、特別盛り上がることもないまま、食事を終えた。帰り際、聡美は俺に紙袋を渡してきた。中を見ると、手作りチョコが入っていた。そう、ちょうどバレンタインデーの時期だったのだ。母親以外からもらった初めてのチョコだった。俺は、こんなものまで用意してくれたのに、会話のないつまらない食事にしてしまって申し訳ないと思った。

ホワイトデーにはしっかりお返しをしようと思ったが、結局その後聡美からの連絡はあまり来なくなり、そのまま自然消滅となった。

あれから3年が経った。俺には今彼女がいる。聡美ではない。別の知人から紹介されたのだ。半年から同棲を始めており、近いうちにプロポーズするつもりだ。

聡美とうまくいかなかったこと、そこから学んだことがあったから、今の彼女とここまで来れた部分もあると思う。

聡美に何も返してあげられなかったのが少し心残りだ。聡美から見れば、俺は彼女が欲しいのか欲しくないのか、意図のよくわからないやつだったと思う。俺のことなどとっくに忘れていると思うが、俺は聡美のことを忘れない気がする。

俺の人生を変えてくれた恩人として。

保険のおばちゃん女の子を紹介された話

3年前の冬の話だ。

その時の俺は25歳。大学院修士課程を終えて就職たから、社会人2年目が終わろうかという冬だった。

地元関西だが、就職を機に関東引っ越してきた。家族とも友人たちとも離れた場所一人暮らし仕事もまだまだ慣れない、そんな生活孤独感が日に日に強まっていた。

俺には彼女がいなかった。

まれてこのかた、一度として彼女というものがいなかった。

しかしその時の俺は、寂しさを紛らす相手が欲しいと思っていた。

俺の会社には、昼休みになると食堂入り口保険のおばちゃんが何人か集まってくる。入社したばかりの右も左も分からない若者たちを捕まえて、保険に加入させようとするのだ。来るのはいつも決まった三人。一人は矢口真里に似た、ぎりぎりお姉さんと呼べそうな女性。一人は椿鬼奴に似たおばちゃん。一人はブルゾンちえみ似のおばちゃんだ。

俺はブルゾンちえみと仲が良かった。矢口と椿は保険の話をしてくるのに対して、ちえみとは一度も保険の話などしたことがない。俺とちえみの会話といえば、乃木坂46の中で誰が一番可愛いかとか、ちえみの娘がドルヲタになりそうで困っているとか、そんな内容だった。俺はちえみとの会話をそれなりに楽しんでいた。

その日も俺が食堂に行くと、ちえみが立っていた。ちえみはコソコソと俺を手招きし、隅の方に呼び寄せた。

増田君、彼女いないんだよね?私の知り合いに良さそうな女の子いるんだけど、どう?」

かにはいつも冗談交じりに「彼女欲しいっす」と言っていたが、まさか本当に紹介されるとは思っていなかった。今まで恋愛経験がなかったため、尻込みする気持ちもあった。だが俺は、ここは一歩踏み出すべきだと思った。

「是非。」

俺は女の子を紹介してもらうことにした。

後日、ちえみからLINEで3枚の写真が送られてきた。3枚の写真に、それぞれ別々の女の子が写っている。そして直後にメッセージ

「どの子がいい?」

驚愕した。てっきり紹介されるのは1人だと思っていた。3人とも、と答えたい気持ちを抑えて、俺は1番可愛らしい子を紹介してもらうことにした。

ちえみから、その子簡単プロフィールを教えてもらった。ちえみは俺の会社に来ているのと同じように、他の会社へも保険営業に行っている。その子、仮に聡美と呼ぼう、聡美はちえみが営業に行っている他の会社事務員だった。俺が選ばなかった他の2人も、そのような感じらしい。

そして聡美は、当時19歳、未成年だった。これは俺にとって衝撃的な情報だった。今冷静に考えると、19歳の何が問題なのか。1年経てば立派な成人である。だがこの19という数字が、俺には重くのしかかった。

とはいえ俺は、聡美と連絡を取り始めた。25歳男が、生まれて初めて1人の女性真剣に向き合った。慎重派の俺は、がっついて引かれてはならないと思い、ゆっくり聡美職場のことや身の回りのこと、家族ことなどを聞いていった。聡美は去年まで高校生、さすがに価値観のズレは感じた。まあでもそれは仕方がない、やり取りを続けていけばそのうち気にならなくなるだろう。そんな感じで慎重派の俺が殊更慎重に聡美とやり取りをしていると、気づいたら2ヶ月が経っていた。1度も会うことなく、LINEのやり取りだけで2ヶ月だ。1度も会おうと言いださない俺もどうかしているが、このLINEに2ヶ月付き合い続けた聡美ちょっとどうかしている。正直俺はどうしたらいいのか分からなくなっていた。この均衡を保つことが目的になり始めていた。どちらが先に我慢できなくなるか、これは俺と聡美の戦いだった。結局、この戦いは俺が勝利した。聡美から連絡が来たのだ。

「一度ご飯でも行きませんか?」と。

女の子の方から誘わせるとは何事だと思うかもしれないが、25年間恋愛経験がない男というのは、そこら辺の女の子以上に女の子なのだ。仕方がない。

とにかく、俺と聡美はとうとう現実世界で会うことになった。もちろん俺は女の子との食事など初めてである食事が決まった瞬間から俺の心臓は最高速で暴れまわっていたが、俺はまず、震える手で店選びから始めた。雰囲気が良く、それでいて敷居が高すぎない、丁度良い塩梅の店をなんとか探し出し、予約を入れた。服と靴を新調し、散髪に行った。髪型のセットの仕方も学んだ。

何度も言うが、この時の俺は乙女だったのだ。

そして、当日がやってきた。

俺は待ち合わせ場所に早めに着き、聡美の到着を待った。聡美の顔は、最初にちえみから見せてもらった写真で分かっていたので、それと同じ顔を探した。約束時間になったが、すぐには聡美出会えなかった。いや、それらしい女性は1人いるのだ。俺の数メートル隣に、誰かを待っているらしい女性が。年齢も、19歳に見えなくもない。実物と写真というのはやはり違って見えるため、すぐには気づかなかったのだ。向こうも向こうで、どうやら俺だと気づいたらしい。こうして、俺と聡美は初対面した。

軽く挨拶をし、店に向かった。少し雨が降っていた。

店に入り料理を注文する。料理を食べる。水を飲む。

2ヶ月間毎日欠かさずLINEでやり取りしていたにも関わらず、いざ面と向かうと言葉が出てこない。不思議ものだ。緊張しているというのもある。しかし、そこまでの2ヶ月の間に一通り聞くべきことは聞き尽くしてしまっており、すでに話題がなくなっていたというのもある。

俺たちは、特別盛り上がることもないまま、食事を終えた。帰り際、聡美は俺に紙袋を渡してきた。中を見ると、手作りチョコが入っていた。そう、ちょうどバレンタインデーの時期だったのだ。母親以外からもらった初めてのチョコだった。俺は、こんなものまで用意してくれたのに、会話のないつまらない食事にしてしまって申し訳ないと思った。

ホワイトデーにはしっかりお返しをしようと思ったが、結局その後聡美からの連絡はあまり来なくなり、そのまま自然消滅となった。

あれから3年が経った。俺には今彼女がいる。聡美ではない。別の知人から紹介されたのだ。半年から同棲を始めており、近いうちにプロポーズするつもりだ。

聡美とうまくいかなかったこと、そこから学んだことがあったから、今の彼女とここまで来れた部分もあると思う。

聡美に何も返してあげられなかったのが少し心残りだ。聡美から見れば、俺は彼女が欲しいのか欲しくないのか、意図のよくわからないやつだったと思う。俺のことなどとっくに忘れていると思うが、俺は聡美のことを忘れない気がする。

俺の人生を変えてくれた恩人として。

2019-02-08

ジョブホッパーという名のうつ病患者限界の近さ

転職回数は10回以上ある。ジョブホッパーッテネーミングに救われている。

やめるときはある程度引継ぎ、ドキュメントまとめ、挨拶などでバックラーではないと思う。だからこそ質が悪いのもあるかもしれない。

死ぬほど調子良かったときに、調子こいてプロジェクトマネージャみたいなことやったらうつ病になった。

これがうつ病かとわかりやすいくらいに症状がでていた(らしい。自覚症状はない)

回復期に心療内科に行くことに成功。そのときに受けたテストにて発達障害だねといわれた。

「そのせいでストレスを感じやすく、うつになりやすい傾向が強いのではないのか」

なるほどなっとく。

それでストレスが掛かると抑うつ状態にすぐなって、そこから自責の念うつ病に発展しやすいのか。なるほど。

そんで最近、再度あのテストみたいのものをうけたら発達障害ではなかった。どないやねん。ただの社会不適合者になりました。

まぁそれはもーどうしようもないからうまく付き合っていくしかないんだけど

いい加減限界が見えてきている。

技術職なためありがたいことに個人仕事を受ける事ができるのでどうにか、なんとか生きてきたが

書くのだるくなっちゃった

anond:20190208012648

生きてる人はみんな死にそうな人だよ。あまりそこは気にしないでただ普通に挨拶したら良いんじゃないの。全方向に正しいことなんてないから親戚とかなんとか周りのことまで考えず自分大事な人のことだけ考えたらいい。

上司

anond:20190208130204

anond:20190208131219

以前働いていた会社の元上司♀。

俺も元上司会社をやめていて、現在上司と部下という関係ではない。

自宅が近い関係でちょくちょく顔を合わせていて、今日も自宅マンション駐車場上司の車を目撃した。

部屋の前でキーを取り出そうと足をとめたら、ドアの中からドンドンと音がするからなにかと思ったら、

妙に切迫したしゃべり方で

AIDSが流行ってるからね!気を付けてね!」

とか聞こえる。

上司だった時代からずっとこうなんだけど、

このどうでもいいことを重要そうに注意してくるっていうのはなんなんだろう。

「ただいまー、今日疲れたー、」

いつものように当たり障りない挨拶をしようとした俺に、

上司と唇を重ねる妻の姿が飛び込んできた。

まり唐突で混乱した俺は抵抗することも忘れ、

上司の舌が自分の口の中で暴れるのをおとなしく受け入れてしまった。

数分経ち、ようやく長く苦しいディープキスから解放される。

「はあ…はあ…」

上司は放心する俺をベッドの上から見下ろす。

そして不敵に笑ってこう言った。

「俺はお前の妻を指導する立場なんだぞ」って一種マウンティングみたいなもん?

anond:20190208012648

私の彼氏もそんな感じだった。

うそろそろ…というところで祖母が会いたがり、挨拶してもらった。

普通に挨拶して、普通に話したよ。

増田ちゃんの事を大事にしてやってね」と約束してたりした。

もうすぐだから~とか気負わずに、普通状態だと思って接するべきだよ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん