「挨拶」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 挨拶とは

2018-02-24

街コンに行ったら凄かった!

先日、街コン業者主催する街コンに行ったんですよ!会場に入室したら、来ている人が少ないなあと思いました。

まあ安めのパーティーだし仕方ないかなと思いながら待っていたら、司会の人の挨拶が始まりました。

(だいたいこんな感じ)

「皆さま、お越しくださいましてありがとうございます。見ての通り、本日は10人しか参加者を集められませんでした。

すみません。なので皆様の参加費を全額返金します。今回の会が楽しかったと思った方は次回も是非ご参加ください。」

え?お茶お茶菓子場所代無料

友達作りとか恋人作り真剣婚活で考えるならこの人数では出会いが少ないでしょうが…。でも、限られた時間で話せる内容には限りがあるわけですから少人数でも暇になるわけではありませんでした。

で。返金を受け取って、みんなで楽しく会話して、飲み物を飲んでお茶菓子を食べて、LINE電話番号を交換して、職員さんにお礼を言って帰ってきました。

気前がよい(〃`・н・´〃)

マナーが変わっていってるanond:20180223111333

私の時代は育休中に会社挨拶に行くのはマナーで、その際に赤ちゃんを連れて行くのは慣例だったから育休中に赤ちゃんを連れて行く所から叩く人がいっぱい居るのはめちゃくちゃびっくりした。

【育休中】赤ちゃん職場挨拶に行く時の5つの注意点

http://kokorogenki.link/赤ちゃんの悩み/840/

当たり前だった子供写真年賀状マナー違反子供見せびらかしたいのか非常識だと叩かれたし、社会が急速に子供の気配に攻撃的になっていってると感じる。

2018-02-23

anond:20180223230210

小学生の子持ちだよ。

子供自分趣味押し付ける気はないし、

子供は(当たり前だが)私とは趣味嗜好が違う私とは別個の人間として育ってるし

学校勝手友達を作って来る。

友達の親御さんとは授業参観の時に挨拶する程度の付き合いしかない。

幼稚園の時は送迎で母親同士毎日顔を突き合わせていたか母親同士の付き合いが小学校よりずっと濃くて、仲が良いママ同士もいたけど

の子供同士も仲良いかというと別にそんな事もなかった。

子が年少の時はべったり一緒だったママ達が、年長の時は会っても挨拶もしない仲、と言う

裏で何があったんだ、というのも目撃した。

anond:20180223111333

えっなんでこんなにこの増田叩かれてんの。

私も子供いるけど、何かしら事務手続きとかがあって会社に来たとしても、

産休中に子供職場に連れてきたら、用事が終わったら軽く挨拶して長居しないで帰るとか普通だと思うけどな…。

仕事邪魔したら悪いじゃん。

普通そうじゃないの…

旨味を知りたい

いろいろな立場の人がいると思うけど、この場合マンガ家で。そこそこ名のあるマンガ家

自作掲載された雑誌は送ってもらえるよね。

自作単行本になればそれも送ってもらえるよね。しか複数冊。

ファンからレタープレゼントもらえるよね。ぬいぐるみとか。

ここらへんまでは想像つく。

アニメ化するとどれくらい「いいこと」があるんだろう。

DVDジャケット最近必ずといっていいくらい作者は関わるから見本としていくつかもらえるよね。

声優の収録の様子はよくエッセイコミックが載っているか声優さんに会えたり、アニメスタジオ作画の様子を見学できるよね。

制作完了とき打ち上げに呼んでもらえるよね。声優さんラジオゲストとして呼んでもらえるよね。

アニメ化決定前後にどれくらい接待されるのかしら。

海外で上映のときに開演挨拶として招待してもらってタダで海外に行くこともあるのかしら。

実写映画化のときは出演の俳優さんとお話したりサイン書いたり書かれたりもあるよね。

当然、ゲーム化したらゲームもらえるよね。で、そのときに遊ぶゲーム機がない場合、もらえるの? PCゲーム場合PCもらえるの?

ああそれでいうならペンタブの新作なんか出た場合「使ってみてください」って送ってきたりとかあるものなの?

あとまったく想像つかないけど、二次創作のものってどれくらい手元にあつまるんだろう?いわゆる同人な。

作者が足繁く通って自作二次創作を集めてるってなんかで読んだことはあるけどさ。

ああそうか。同業の人の。たとえば、自分の書いてる出版社の別のマンガ家作品を送ってっていったらもらえるものなの?

また担当編集に「**さんのサインもらってきて」っていったらもらえるものなの?

そういうゲスなの。聞きたくても聞けないラインだよなあと。

だれか思い切ってまとめて書いてもらえないかなー。

「BAKUMAN。」も最終目的アニメ化だったように、そういうミーハー目的マンガ家を目指す人にはかなりモチベーションを上げる記事になると思うんだけどね。

氷河期世代の私、22歳の甥に打ちのめされる

氷河期世代ど真ん中の会社員です。

MARCH新卒の温厚な甥っ子がいる。特にイケメンでもなく、派手なサークルとかもしてない。

そんな甥が大手企業からバンバン内定もらって「一番給料良くてホワイトなとこに決めたわー。自分時間大事だし」と気負うことなく笑ってて、その様子に何だか衝撃を受けた。しかも、すでに結婚約束した相手がいて、内定してすぐ親に挨拶している…!

人間って、フツーに生活してると当事者主義経験主義になるから、いま社会に出る人たちは「新卒就職まらないって意味不明」くらいに思うんだろうなと感じた瞬間。私にも全共闘とかバブルとか意味不明ファンタジーだし。

2018-02-22

明日、会う。

社会人として15年くらい経ったかな。

自分新卒の頃なんで氷河期のど真ん中。なんとか中小SIerに潜り込んだわけだけど、虐げられた記憶しかない。

そんな自分も幾度の転職を経て大手に潜り込めたのは本当に幸運

でね、明日新卒で入った会社社長が弊社に挨拶にくるんだそうで。いくつか仕事を出してるらしくて、挨拶なのかな。

窓口の弊社担当が「会ってみる?」とか言うので、正直モヤってる。

社長に会ってどんな顔すれば良いのか、先方は自分の事は覚えてないだろうし。

あの頃ソルジャーだった自分が今や発注元でそこそこ権力あるし。

恨みも正直あるけど、感謝もある。

でも、社長はクソ野郎という印象からアップデートできてないんだよ。

最近、頭が痛かった

最近、頭が痛くってさ、早退したり、休日は家でずっとベッドの中で寝ていた。

せいぜい、休みの日に家を出るっていったら、歩いて徒歩5分のコンビニ弁当を買うぐらい。いつもおにぎりサラダを買っている。あわせて300円にもならない食事。そんなことはどうでもいいか

でさ、流石にずっと寝てるから、することが無くて困ってんの。まあ、最近テレビを点けてオリンピックをダラダラ見てるぐらいかな。オリンピックは良いよな。一日中ずっとやってるし。CMも無いから。せいぜい、他の国同士の団体競技をもう少し見たいって思うぐらい。

それがここ数週間の俺の休日

仕事の日はもっと辛い。

ガンガン痛い頭の痛みやときどき現れるふわふわした気分を抑えながら、データ入力をするのが俺の仕事だ。単純作業だけど、正確性が求められるのでこの状態だとかなりキツイぶっちゃけ俺じゃなくても誰でもできる仕事だ。だから、俺が不能だと分かったら、さっさとクビにするだろうな。会社の中で死んだりでもしたらメーワクだから

こんな状態毎日続いていたんだが、どうやら、俺はいわゆる残留思念に取り憑かれているらしい。

説明は難しいが、こう、急に分かった感じがするんだ。パズルピースが嵌ったような気分。もしくは数学概念理解できたような。

とにかく、俺には残留思念のせいでこんな状態になっている。

昨日、快挙と言っていいと思うのだが、残留思念対話することに成功した。対話というより通信のほうがいいかもしれない。よくマンガとかで出てくる「こいつ、直接脳内に……!」みたいなアレ。あれは読者が日本語ベース理解しようとするから日本語で書かれているけど、実際に言語でやり取りはしていない。ぼんやりと分かるようになるぐらい。残留思念は無口だ。これは俺の場合だけどな。

その残留思念通信してわかったのだが、俺に残留思念を送りつけたのが、仕事場所で俺の隣りにいる横田らしいんだ。

横田は勤勉だし、性格も良いから、頭が痛いとぼやく俺のことをいつも心配してくれる。もちろん、他の同僚たちにも気を配る優等生だ。仕事もよくできるので周りの評価も高い。

そんな横田がなぜ、と思ったのが最初感想だ。そこで、横田残留思念を送ってきたのか理由通信した。

しかし、残留思念にも分からなかった。いくら残留思念でも、創造主の頭までは侵入できないのかもしれない。

仕方が無いので、今日出勤してきたときに俺の残留思念の一部を横田に送りつけてみた。ちょっと横田の脳に触れる感じ。

すると、面白いことが起こった。

残留思念の一部が横田の脳に攻撃すると、そこからどんどん別の残留思念が出てくるんだ。耳、鼻や口とか穴の中から出てくるんだ。というか、俺は残留思念を感知できるようになった。

俺の会社では毎日朝礼があって、部長の朝の挨拶の間でもずっと横田残留思念を垂れ流しにしていた。心なしか横田の影が薄くなっているような。でも、みんな横田異変には気づいていない。

おそるおそる、俺は横田に気分が悪そうに見えるが大丈夫かと尋ねてみた。

横田は一目俺を睨んだだけでなにも言わなかった。誰が残留思念を送ってきたのか分かったのかもしれない。

朝礼が終わると、横田はすぐにトイレに向かった。俺もこっそりついていった。

トイレの個室で横田は小さくうめき声を上げた後に、声は止んでしまった。

その後、俺は横田を見ていない。

休みを過ぎても横田は帰ってこなかった。

横田の隣の席の横横田と話していると、ある核心的事実がわかった。

横田は体のほとんどが残留思念でできているってことだ。

なぜそれがわかったって?

横田残留思念に取り憑かれているからだよ。

いったん、残留思念に取り憑かれると空気中を漂う他の残留思念が体に集まりやすくなるようだ。体の許容量を超える残留思念が溜まるとそいつ消滅する。

横田もすでに許容量の半分ぐらいがすでに侵されている。

ふつうは、残留思念が集まるといっても1思念1ヶ月ぐらいのペースぐらいが平均みたいだが、横田は異常なスピード残留思念が集まってしまったと教えてくれた。きっと、社内外問わず広い交流をしていたからに違いない。

残留思念が多すぎるとふとした拍子に残留思念漏れ出てしまうことがあるらしい。それが俺の中に入ってきてしまったというのが横横田の仮説だ。

では、どうすれば残留思念を追い出せるのかと聞いてみたが、それがわからないと返ってきただけだった。一方的に溜まっていくだけで今のところ防ぎようがない。

今は1思念だけなのでまだまだ許容量までには十分余裕がある。

しかし、いずれは自分の体が残留思念でいっぱいになってしまうだろう。

気がつけばここ数週間の頭痛は治まっていたが、別の頭痛の種が発芽してしまった。

anond:20180222101102

ふんっ

 

 

 

ちなみにぼくがはてなで使う「死ね「バカ」気持ち悪い」「うんこ」は

すべて挨拶みたいなものから本当にそう思ってることはあまりない

はてなで言われたことなんてあんまり真に受けないほうがいいし気に病むことは無い

2018-02-21

子は別人格。私の持ち物ではない。

お腹の中にいて、私の血肉の一部だった時から子どもが何考えてるかなんて分かんないんだから、生まれた時から他人なのは明らかだ。無事に生まれてきた時、私は初対面の息子に「よろしく」と挨拶した。

そう、子には子の世界があり、別々の人格なのは分かりきってるのに、つい子の人生に口を出したくなっちゃうのは何故なんだろう。

さっきも、字の汚さみたいなつまんないことで腹立って大喧嘩して、小学生の息子を泣かせてしまった。

このまま息子の受験とか彼女とか就職かに口出しする親になったらどうしよう。

楽しく善良な大人になればそれで充分なのになあ。子育てしてると欲深くなるので自戒

anond:20180221133322

上司挨拶新郎新婦人物紹介みたいなの兼ねてると考えると、わりと外せない感じはした。個人的感想だけど。

せめてプロフィールビデオなり友人スピーチなりがあれば、誘ってくれた新郎新婦がどんな相手結婚したのかわかるとは思うんだけど、

今まで出席させてもらっていた中で、友人スピーチって1回しかなかったんだよなぁ。それまではあるもんだとばかり思っていた。

世代に聞くのと実際行ってみる最近披露宴事情では全然違って、どんな時代の変遷なのかと思うと結構面白い

anond:20180221132853

そうか。アラフォー東京大阪九州在住だけど、

上司挨拶は1回だけだったなぁ。

その時は取引きっかけで知り合った夫婦だった。

2018-02-20

マイナージャンルヲチスレボコボコに言われた話

もう何年も前の話だ

自分とあるマイナージャンルにハマっていた


====

ジャンルの規模は基本ぼっちか2,3サークル

10サークルも集まれちょっとしたお祭り騒ぎになるようなジャンルだった

部数も30部ぐらいでまぁかなりほそぼそとやっていた


一応書いておくと

古い作品から今は二次創作が盛り上がってないだけで

作品自体はめtttttttttttttttttttttっちゃ面白い

名称としてマイナージャンルって言ってるけど古いだけで決してマイナーじゃない

こういうジャンル名称ってなんかないのかね


話が逸れたので戻す


どんなにマイナーでもヲチスレ存在する

そしてヲチスレにもちゃんとヲチスレなりのルール存在すると思うんだ


大体共通するのが

名前伏字にする

私怨、凸禁止

作風容姿キャラ、カプ叩きダメ

スクショ魚拓URLなどソースはしっかり

って所だと思う


まぁ、ルールとして理解も納得も出来る

例えば「巨乳気持ち悪い。巨乳キャラ気持ち悪い。巨乳を書いてる作家の××は気持ち悪い。」という理由

同人サークルヲチられてても「趣味がちげぇだけだろうがぁ~~~作者の好きにさせてやってくれ~~~~~~~~っ」て感じだ


他に思いつかなかったとはいえ、例えに巨乳を出してしまって本当に申し訳ない。

例えとはいえ悪く言われたおっぱいは本当に不快だったと思う。

おっぱいに全力で謝罪します。

おっぱい気持ち良い。GOOD。


またも話が逸れてしまって申し訳ない

まぁ、ヲチスレなんやかんや言われるにはそれなりの理由あってのことにすべきだと思うんだよ

トレス」とか「公開アカウントで逆カプのこと叩いたり、リプライで噛み付いたりしてる」とか「オフパコサークル」とか

同人イベントで毎回牛歩が凄く、列で他のサークルさんが潰れてしまってるのになんの対策もしない」とか

最後のは事情があるかもしれないか微妙なところだが)


勿論それなりの理由があるからと言ってやることなすこと全部叩いたり、

悪口書き込んだりするのはイジメになるので注意喚起程度にすませとくのがいいと思います


ここまで読んでくれてありがとう

ヲチスレの在り方に同意出来る人だけ続きを読んで欲しい

ヲチスレ兎に角他人悪口を言っていいところだ~!俺は他人悪口を言いてぇんだよぉ~!うぇ~~~~~~い!!」って認識の人は悪いけど帰って欲しい

そういうのはフォロワーゼロの非公開アカウント作ってそこでやろうね

本当はそこでやるのもどうかと思うんだけどね




本題に入らせていただきます


自分二次創作書いてたジャンルヲチスレがあったんだ

ただ、大規模ジャンルと違うところが一つあった

それは「ルールもクソもねぇ」ってところだ


以下一連の流れ

イラストを書く→Twitter投稿

②一方ヲチスレでは…

「下手くそ」「××の絵は身体バランス気持ち悪い」「(キャラ名)嫌い」

③おぅふ…


まぁ、ここまでならまだいいんだ

本当は心底嫌だけどお世辞にも絵が上手いほうじゃないしちょっと泣くぐらいで済むんだ

問題は次


イラストを書く→Twitter投稿→人のいる時間自分RTする

②一方ヲチスレでは…

「××がまた承認欲求モンスターしてるぞ」「これを褒めなきゃいけないのがキツイ」「褒めないと目を付けられて裏でグチグチ言われる」「これもお付き合いってやつ」

ふぇぇぇぇええええええええ~~~~??????意識宇宙に飛んでっちゃうよぉおおおお~~~~~~~✩✩✩


本当に意味がわからない

兎に角意味がわからない

結構前の話なんだが、今でも意味がわからない

自分おかしいのか?これわかる人いる?わかる人いたら誰か教えて?


自分自分の絵をRTは確かにした、でも深夜2時とかにあげた絵をその日の夕方に1回RTしたダケダヨ!?

承認欲求モンスターとか言われなきゃダメ!?ダメなの!?

褒めなきゃってなに!?そんなの頼んだ覚えないよ!?

投稿した時の文章も「久しぶりにプレイしたら○○ちゃん可愛かったので書きました」みたいな文章だったよ!?

かにアカは持ってるけどエロいしかしてないヨ???

ジャンルの誰かの愚痴とか普通に問題児やん!!!!!しないよ!!!!!!

本当に意味がわからない!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


絵をあげる度に、なにかをつぶやく度に、こんなことが続いた

絵は無言で絵だけを投稿するようになったけどなんか「絵師気取り」とか「ゴミ量産機」とか「こいつはなにが楽しいのかねぇ?」みたいなことが書かれてた

リプライは一切しなくなった そしたら「コミュ障」とか「お高くとまってる」とか「絵師様は一般人とは違うから(笑)」みたいなことが書かれてた


イベントにも参加したけど、こんなこと書かれてて疑心暗鬼にもなってたし交流とかしようと思えなくて本を売るだけの機械になってた

ちなみにイベント前のスレには「本買わないとグチグチ言われるからな~」とか「相手の本買わないとこっちの本も買わないからな~」とか「差し入れ持ってかないとブロックされるからな~」みたいなことが書かれてた

しねぇよ!!!!!!!!!!!!!!好きなモンを好きなように買え!!!!!!!!!!!!!!!!!!


挨拶差し入れとか持って来てくれた人にはちゃんとお礼言ったんだけど、あんまり会話を広げようっていう気にはなれなかった

そしたら「態度が悪い」とか「何様だ」とか「引いた」みたいなことが書かれてた

普通に精神病


それでも絵を書けたのはやっぱり作品が好きでこの件は作品とは一切無関係だったか

あとマイナージャンルヲチスレルールもクソもねぇって書いたけど、訂正させて貰う

このジャンルヲチスレ特別クソだっただけだ

マイナー人口数は関係ねぇ 特筆してクソ




よくRTで回ってくる

悪口は早く忘れてしまえ」

「1の悪口よりも、100のあなたを好きという言葉に耳を傾けろ」

悪口を気にするよりも、他にもっと有意義なことが沢山ある」

「結局なにしてもあの手この手で叩かれるんだから好きなことした方がいいよ」

みたいなやつあるよね、あるんだよ


良い言葉だと思うし、誰かを励まそうとしていて「いいなぁ」とも思う

言ってることもわかる、悪口気にして心すり減らすよりも好きなことした方がよっぽどいいと思う

自分もこんなクソスレのことはとっとと忘れて寝るに限ると思う


でも…


でもな…


そんなこと言われてもな…


悪口!!!言われたら!!!!誰だって!!!!!!!嫌なんだよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


嫌なもんは!!!!!!!!!!!!!嫌なんだーーー!!!

うおおおおーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

嫌だ嫌だ嫌だ嫌だアアアアアアーーーーーーッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

忘れろとか!!気にするなとか!!!!!!そういう次元の話じゃないんだよ!!!!!!!!!

嫌なんだよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

嫌なもんを嫌だって言ってるんだよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


はい!!!!!自分!!!!!他人悪口を言われるのが!!!!!

とても!!!!!!嫌です!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

嫌だあああああああああああああアアアアアアアアあアアアああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!


悪口言われたく無いならネットやめろおおおおおおおおおお!?!?!???!

なんでこっちがやめないといけないんだあああああ!!!!!!!!!!!!!!!

早く忘れたらだとおおおおおおおおおおおおおお!?!?!?!!

忘れられるかあああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!

そういう話じゃなくて!!!!!!!!!!嫌だって言ってるんだよおおおおおお!!!!!!!!!


から!!!!!!!!!!!叫ばしてくれ!!!!!!!嫌だって!!!!!!!!!

書いてて結構スッキリしてるぞ!!!!!!!!!!!!!!!!!

やっぱり嫌なことは嫌って言うのが!!!!!一番良い!!!!!!!!!!!!

悪口なんて気にしてません!って顔するより!!!!!!!!!!!!!!!

嫌なもんを嫌っていうのが!!!!!!!一番良いわ!!!!!!!!!!!!

ネット他人悪口言うのは勿論別の問題だけどな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ファック!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!




…ふぅ。

ますおやすみなさい。

数年ぶりに同人世界に戻ってきたら気味の悪いことになっていた話

私は二十数年ほど前に腐の道に足を踏み入れたオタクである

書店あくま一般的大手書店)で好きな漫画の絵が表紙に描かれている「公式アンソロジー」とやらを見かけ

わず手に取り、同人誌というもの存在を知らされてしまった世代といえば、心当たりのある方もいるかもしれない。


当初は晴海に足を運び、会場が変わってからビッグサイトに足を運び、ナントカ会館等で開催される小規模なオンリー

コピー本を携えてサークル参加デビューを果たし、当時は割と楽しく活動していたと記憶している。


その後、活動していたジャンルの衰退、進路云々という人生選択等も重なり、自身創作してイベントに参加することが

自然となくなった。友人スペースの手伝い程度。それも楽しかった。


当時はTwitterpixivもなかった。



ここまでお読み頂いて「もしやこれは中年の懐古を元にした愚痴なのではないか」と思われた方。

恐らくそうなので、何か違うと思ったら閉じて頂いて構いません。




とあるジャンル同人世界に戻ってきたら面倒なことになっていた


2010年代に入り、個人的には転職をして少々生活が落ち着いた頃、とあるジャンル創作活動をしてみたくなった。

そこで遭遇したのが下記の面倒事だった。


慣れ合い、擦り寄り慣習


情報発信手段としてTwitterが主流になりつつあったので自分登録して同ジャンルの人々をフォローしたのだが、

あちこちでムダな慣れ合いや擦り寄りが日常的に発生していた。


創作者同士による「え〜〜◯◯さんの方が上手ですよぉ〜〜」的社交辞令

 こういうことを言い合う人たちはだいたい心の中では自分の方が上だと思っている

・壁や誕席に配置される創作者(一部商業作家を含む)へのあからさまな擦り寄り

 その時のジャンルには商業BLへの進出を狙う野心家も多かったため、奴らは必死だった

・良配置を得た創作者の「はわわわ〜〜私なんかがこんな配置を〜〜!!何かの間違いです〜〜!!!

 当日は私は無視してください〜〜〜!!!」という心にもないムダ謙遜

 本当に無視したら今度はすねて「どうせ私なんか…やっぱり実力もないのに…」って構ってネガするくせに

・付き合い上、特に欲しくない本を買わなければいけない雰囲気

 正直な話、あなたツイート面白くてフォローしているけれどあなた創作物が欲しいわけではない、という相手もいる


こういうことを書くとだいたい「じゃあ付き合いをやめればいい」という意見が出るのだが、一度繋がってしまったもの

それこそジャンルごと変えるでもしない限り安易に切りにくい、という事情もある。もちろん私自身の性格起因もある。

そこはどうしても平行線議論になるので、いろいろな意見もあるよね、に留めておきたい。

どちらかが正しいということではないと思うので。


ありがたいことに何年か活動を続けているうちに、個人的な繋がりのないところから私の創作物を気に入ってくれる人が出てきたり

BLであったにも関わらず男性の読者さんがついてくれたりして、それなりのやりがいも感じられていたのだが

あるイベントの終了後、急激に「なんか疲れたな…」という気分に襲われ、フェードアウトする形でそのジャンルでの活動をやめた。



どうでもいい話だが、そのジャンルには大学在学中にデキ婚出産した当時20代前半の専業主婦創作者がおり、

かにつけて「大学では◯◯を専攻していて〜就活も本当は△△(大手)を目指してて〜〜」などの「私はバカじゃない」主張や

そうかと思えば「あたしおかあさんだから」的ツイートで既婚子持ちマウントを取ろうとしてくるので、非常にうざかった。

彼女には嫌いな創作者がいて、何かにつけてはその相手ディスり「だから◯ちゃんで叩かれるんだよ…」などとツイートしていたが

彼女自身もまた◯ちゃんで叩かれていた。二人とも今頃どうしているだろうか。もう30代のはず。正直どうでもいい。



■別のジャンルで数年ぶりに同人世界に戻ってきたら気味の悪いことになっていた


さて、それから数年、本当に何の創作にも関わらずにただの漫画アニメオタクをしていた私に、また新たに興味を持てるジャンルが現れた。


久しぶりに「沼に落ちた」という表現が出来るほどのジャンル出会った私はそのジャンル専用のTwitterアカウントを作り、

同じジャンル好きな人達と繋がり、たまに自分で描いた絵をツイートに貼り付けては一般人にふさわしい数のRTいいねを頂いて

楽しくやっていたのだが、ここでもまた面倒なものが目に入るようになってきてしまった。


慣れ合い、擦り寄り慣習

以前いたジャンルよりもさらにひどい(※個人の感想ですものだった。


私がそのジャンルに落ちた時、既にそのジャンルが盛り上がり始めてから一年以上が経過していた。

その間に何が起きていたかを察するに、


1.元作品の発表当初から二次創作をしていた人が「偉い」という風潮

2.「偉い」人の創作しているCPで新たに創作をしたければそいつに気に入られなければやっていけないという空気

3.そもそもその「偉い」人の創作物を皆が好きで当たり前という空気


下記に簡単解説するとこうなる。


1.元作品の発表当初から二次創作をしていた人が「偉い」という風潮


私もジャンルに足を踏み入れた者としてはド新参なのだが、創作者を中心にあちこち古参に「私など新参ですから」と

謙遜して回らなければいけない雰囲気蔓延していて、辟易するのに時間はかからなかった。

全体的なジャンル雰囲気としては「ご新規様歓迎!あなたもこの作品を見てください!」という呼び込みも多いのだが、

創作者に目を向けるととにかく新参が頭を垂れている様を目撃する。

そのジャンルには商業作家はあまりいないのだが、「偉い」人は「先生」などと呼ばれて崇め奉られているのだ。


気味が悪い。


2.「偉い」人の創作しているCPで新たに創作をしたければそいつに気に入られなければやっていけないという空気


ジャンル内で「偉い」とされている創作者の中でも、一番の人気CP活動している一番「偉い」とされる創作者が存在していた。

一番の人気CPなので、後からハマって創作を始める人の中にもそのCP活動したい人が多い。

彼女らが何をしているかというと、


・その「偉い」人をまずフォローし、

・「以前から拝見していました!ファンです!!」という挨拶で忠誠を示し、

・「偉い」人が何かツイートする度にRTして空リプで崇め奉る


という、もはや偉い人の宣伝媒体となることによってそのCPでの活動領域を得るということだった。


気味が悪い。


3.そもそもその「偉い」人の創作物を皆が好きで当たり前という空気


1および2から、「偉い」彼女創作物は「読みたいから読むもの」というよりも「礼儀として購入し、読んだら褒めちぎるもの」という

何だかよく分からないものと化していた。


気味が悪い。


私自身、ハマったCPは前述の一番人気CPだった。

だが、「偉い」人の創作物は正直あまり好きではない。もっと言うと、その「偉い」人自身が好きではない。

知り合いなの?と聞かれれば、いいえ違いますということになる。

知り合いでもないのに嫌いなの?と聞かれれば、「あなたにもいませんか?知り合いでもないけど好きではないなと思うタレントとか」と

いうことになるが、とにかくその「偉い」人の発言の端々に自分とは合わないものを感じてしまい、受け付けないのだ。


ただ、推しCP推しCPである以上、どうしてもTLにRTいいねさらには空リプまで含めて彼女を崇め奉る空気蔓延する。

そこで私は彼女アカウントIDペンネーム、「先生」という単語まで含めて、彼女の影がTLに現れないように徹底的にミュートした。

それでもイベントが近づけば彼女新刊に関連すると思しき新たな単語がTLに発現するので、それをミュートする…ということを

繰り返している。もちろんはじめからフォローもしていない。信者からすれば、私は不心得者だろう。



これもどうでもいい話だが、ここまで崇め奉られる◯◯先生とやらはどんな人なんだと思ってググってみたところ、

見事に◯ちゃんで叩かれていた。なんだ、皆が皆崇めているわけではないのだなと思うと同時に、表向きは信者に見えるあの人やあの人も

心の底ではどう思っているかからないのかもしれないな、と思い、そっとブラウザを閉じた。



そんなこともあり、私は現在身をおいているジャンルではある意味中途半端創作を続けている。

たまに描いた絵をツイートに貼り付けてみたり、ある程度まとまったらpixivに載せてみたり、それで満足だ。

心優しい人からイベントに出てほしい、本を読みたいと声をかけて頂けることもあるが、上記の気味の悪い風習がなくなるか、

偉い先生とやらが去るまでは御免被りたい。

先生とやらは自己顕示欲自己評価承認欲求の塊のようなお方とお見受けするので、ジャンルが盛り上がっていて

適当キャラクターセックスさせて崇め奉ってもらえるうちは去ることはないだろう。


昨今、同人誌価格設定創作活動における人間関係に疲れる等の記事拡散されているのをよく目にする。

私はそうした疲れを感じたくはないので、今のままでいようと思っている。

2018-02-19

推し

舞台上の推しから初めてファンサをもらった話』

100%妄想ポエム

夢だと思ってどのTwitterアカウントでも呟けないし、友達にも言えないけど、幻だとしてもどこにも残さないのはあまりにも勿体ないと思ったのでここに残しておきたい。

まず最初推しと私の話をさせてほしい。

推しカテゴリー的に言うと、若手俳優で、私は推しデビューから数えて7年くらい応援している。

だけど、私はこの出来事が起こるまで推しが私の顔を1ファンとして認識しているかどうかはっきりと分からなかった(そして今も信じられない)。

推し若手俳優だけど若手俳優営業をあまりしない人で、ブログでもTwitterでもオタクからもらったプレゼント手紙をほぼあげないし、「プレゼント手紙、いつもありがとうございます!」ともほとんど言わないし、「それで生活していると思われたくない」と公言している人だった。舞台カーテンコール映画舞台挨拶でも手を振ったりすることはなく、大体すぐ踵を返してしまう。接触イベントも数えきれないほどあったけど私は1度も名前を呼ばれたことはないし、「いつもありがとう」とも言われたことはなかった。いつも無難な会話をして終わってた。

推し始めて3-4年は学生だったこともあり、好きな舞台は5公演位、それ以外は1-2公演というゆるいオタクだったし、推し最初から人気があってファンも沢山いたからまぁそんなものだろうなぁと思っていた。

さらに、推しはある時期、イベントでの態度や発言がひどかったりして私も随分傷ついて、推しのことはそういう人なんだと認識して、諦めて、でも好きだったから1日しか出ない小さな舞台ゲストから推しの主演舞台、映画舞台挨拶個人イベントまでずっと通ってきた。社会人になって数年経ってそこそこ稼げるようになってから舞台ならば全通まで行かなくても、有給を消費しながらかなりの数を入るようになった。例え手紙が読んでもらえてなくても、プレゼントが使われなくても賽銭箱に入れるつもりでずっとあげ続けてた。とはいえ1番お金を出しているオタクにはとてもなれなかったし、なれないけど大好きな推しの姿を心行くまで見れて十分満足だった。

そんな感じの応援の仕方で7年応援していたけど推しから特に何も言われず、アクションもなく、ずっと認知されていないと思っていた。ちょっと「ん?」と思ったのはちょっと前にあった推しの主演舞台の千秋楽座席は後ろの方の下手でカーテンコールでは推しをずっと見つめてた。主演だから勿論推しがいるのはセンターで、でも推しはこっちの下手側を見た。そしてずっとこっちを見ながら挨拶をしてくれた。こっちを見ていることはわかるけど目があってるかどうかは分からないほど後ろだったので近くにオキニとか家族がいるのかな?って思ってた。でもとりあえず推しの話に合わせてうんうん、と頷いた。挨拶が終わって私が席を立ち、抜けるとき両隣が「やばい……」と手をとりあって席に崩れていたので私と目があっていたかは置いておいてこっちを見ていたのはたぶん、間違いない。

でも私より熱心なファンはいくらでもいるしその後の推しの接触イベントでも特に何も言われなかったし何のアクションもなかったので気のせいだったんだな、と思った。

でも、今回。

推しが出ている舞台座席は前から数列目のドセン。カーテンコールでいつものように推しをじっと見つめていた。思い入れの強い演目だったので推しは泣きそうだった。そして別の演者が話しているふとした瞬間に涙をこらえている推しと目があった。いつもすぐ逸れていく目線がずっと合っていて、推しは一瞬口を歪めて笑おうとした。それを見て私もつられてうんうんと頷きながら口角を上げたら推しがにこっと笑ってくれた。私の大好きなくしやっとした笑顔に。

この舞台には十数公演あるうちの九割くらい通っていて、カーテンコールでいつも推しは微笑んでいても笑顔になることは共演者に弄られた時と話を振られた時以外なかった。

から本当に多分だけど、目があって、アクションを起こそうとしてくれたのだと思った。

推しと初めて目があったのは推しの初めての接触イベントの時だ。急遽決まったそれの整理券配布時間に私はバイトが入っていて休憩中に急いでとりにいったとき、配布はすでに終了していた。

でも諦めきれなくて、当時若かった私はイベントが行われる店舗内でうろうろしていた。すると、イベントブースに入る推しスタッフの先導で入ってきて、その一瞬、目があった。

その時から現在まで推しと目があったことは数えきれないほどあれど、リアクションしてくれたのは初めてだった。

本当に起きた出来事だったのか、本当に私に向けて笑ってくれたのかは定かではない。

いまだに信じられなくて、それでこんなところにこんな文章を書き捨てしている。嬉しさよりも信じられなさのが勝っている。

でもこれで私と推しとの関係特に変わることはなく、次の接触イベント推しから「いつもありがとう」と言われることはないと思う。推しはそういう人だ。

恐ろしいほど綺麗な顔をしているのに自分が好かれることを不思議に思っているからそれは彼なりの気遣いなのだ勝手に思っている。手紙プレゼントについて言及しないのも。

それでもやっぱり私は推しが大好きだ。

これからも私が海外に行ったり理解のない人と結婚しない限り、推しのことを応援し続けるんだと思う。

最初の数年間、今思えば私はリアコだったと思うけど今はもはや推し幸せを願うばかりだ。自分に自信の無かった推し舞台上で満足そうに笑っているだけで幸せ

誰か推し幸せにしてくれると嬉しいなぁ。推しはずっと結婚したいと言っていたから、推し結婚したら(もうしているかもしれないけど)私ももっと幸せになれる気がする。

もうリアコじゃないみたいに書いたけど、それはやっぱり絶望的なまでに恋なのかもしれない。

一蘭は完全にフェイ野郎

そういえばもうだいぶん前から行ってみたいと思っていたラーメン屋に初めて行った。とりあえずまずは味の話をするけど、おいしかった。値段がやや高いかなとは思ったんだけど、まぁ満足。で、ここからが本題。

ここはなんか席が1席ずつ仕切りがあって独立してるんだけど、その仕切りに張り紙がしてあって、そこに「言霊言葉おもてなし〜」とか書いてあって「いらっしゃいませ〜」の代わりに「幸せ〜!」、「ありがとうございました」とかの代わりに「幸せを〜!」って言います、みたいなことが書いてんの。もう本当にゲロが出そうになった。すげえ気持ち悪い。私の経験から言うと(個人的見解です)こんなことを壁に貼りだしてるのは間違いなくブラック企業だし終わってる。店内が希望幸福感で満ち溢れるようお客様幸せを願うまではいい、それは顧客満足から。その方法として、そうだ言霊だ!言葉おもてなしをしよう!「いらっしゃいませ〜」の代わりに「幸せ〜!」と言おうって考えるのが本気でヤバい。「幸せ〜!」って言われた側が幸せになると思ってるのか。もっと真面目に考えろ。もしくはちゃんとコストをかけろ。本来お客様幸せを考えるのであれば、何か具体的な行動をしないといけないし、それにはコストがかかってしかるべきなのに、それをとんち解決しようとしてるのがヤバいラーメン屋なんだからよりおいしくとかより安くとかサービスとかで対応せずに口先だけの言い回しでなんとかしよう、と言う発想がブラック企業のそれ。適切なコストを掛けずにやりがいとかなんかそういうふわっとした言葉ごまかしちゃうやつ。そんな馬鹿を言い出すやつが社内に居て、なおかつそいつがその案を通しちゃうくらいのポジションに居るってのが本気でやべえ。誰も止めなかったのか。顧客満足を上げる為に「いらっしゃいませ〜」の代わりに「幸せ〜!」って言おうって真剣に言うやつの下で働くんだぞ、どう考えてもやべえだろ。誰も止めるやつがいなかったのもやべえ。適切なコストを掛けるべきな場面をとんちでなんとかしようとするな、なぞなぞじゃないんだ、馬鹿か。あと、お前全国のバイトお客様幸せを願って「幸せ〜!」って言うと思ってるのか、本気で大丈夫か。おかしいだろ。あと、ここの店食券制なんだけど食券を買わずに後から替え玉を注文したら、まずボタン店員を呼んで替え玉を注文してその時にお金を払って、一度店員が帰ってその後にお釣り店員がまた持ってきて、そんでまた帰った店員替え玉を持ってくるんだけど、三回も店員がくるのほんと無駄だしめんどくさくて顧客満足が下がるからそこをまずなんとかしろ。深々と頭を下げさせてる場合じゃない。お金を払うのと替え玉を持ってくるのを同時にすればいいし、それか店員にお釣り用の小銭を持たせとけ。店員に小銭を持たせると管理がたぶん大変なんだろうけど、店員お金を持たせる信頼はできないのにお客様幸せを願って「幸せ〜!」って言うだろうって信頼はできるのか、馬鹿か。あと、味に集中してもらう為に独立した仕切りのあるカウンターにしてるしラーメン10分くらいで食べて帰るものって書いてるのに「幸せ〜!」が貼ってある反対側の壁仕切りには「冬季限定抹茶ラテ480円」みたいな張り紙してるのも意味がわからない。ラーメンに集中して食べたらささっと帰る、みたいなスタイル提案してるくせにラーメンの後の抹茶ラテを勧めてくるのも意味がわからない。早く帰って欲しいのか抹茶ラテを仕切りのついた独立式のカウンターで一人でのんびり飲めばいいのか。それとも抹茶ラテは店内で飲まずに持って帰れって言うのか。もう完全に客単価上げたいだけでコンセプトがぶれまくってるし完全にこいつはフェイ野郎。どうせ「幸せ〜!」って言おうって言いだしたやつもフェイ野郎から自分の家で「幸せ〜!」って言ってないに決まってる。「幸せ〜!」って言うことで幸せになれると信じていて「行ってきます」も「ただいま」も「おはよう」も家の挨拶は全部「幸せ〜!」でやってるやつなら別にそれはそれでやべえやつだからいいんだけど、こいつは絶対そうじゃない。フェイ野郎から家ではそうじゃなくて幸せの為にはしっかりコストを掛けて幸せを実現しているくせに、金をかけたくない仕事では「幸せ〜!」って言わせてそれで終わらせるタイプ。なぜならフェイ野郎から。終わってる。で、ラーメンスープ最後まで飲み干したら丼の底に「この一滴が最高の喜びです」って書いてるのが出てくるんだけど、これもう完全にホラー演出からね。壁に「言霊言葉おもてなし〜」って書いてあってカウンターの向こうで姿の見えない店員が「幸せ〜!」「幸せ〜!」って言ってる店でラーメンスープ飲み干したら「この一滴が最高の喜びです」って書いてるの、どう考えても怖すぎだろ、大丈夫か。20世紀少年のともだちランド思い出したわ、ふざけんな。居酒屋幸せとか語り出すのはいいんだよ、どうせ客も店員も酔ってるから。でもラーメン屋幸せとか語るな、なぜならシラフから。おいしいラーメンを食べて幸せになってもらう、くらいにしとけ。それ以上のことは語るな。客は、少なくとも俺は求めてない、やめてくれ。せっかく独立したカウンター式にしてラーメンのみに向き合える環境を作ってるんだろ、ノイズを増やすな、馬鹿か。ラーメンは美味しかった。値段はちょっといかなと思ったけど、まぁたまに行くのはいいかな、と思えるレベル。ただ私はもう二度と行かない。俺もお前もどうやら世界幸せにしたいらしい、そこまではいい。お前は世界幸せにする為に「いらっしゃいませ〜」の代わりに「幸せ〜!」と言うんだな、わかった。俺の世界でそれをやられると、たぶん俺の世界幸せじゃなくなるんだ。なるほどオーケー戦争だ。ふざけんなフェイ野郎が。

2018-02-18

幸せにならない結婚式

知人よりは親しいが、親友という程でもない、友人の結婚式が終わった。

自分ムービー制作、余興、ウェルカムボード作成などを頼まれてやった。

毎日定時に帰れる職種ではないので、無理だと断ったけど、どうしても!と強引に言われ、結局引き受けた。

余興メンバーとの連絡やり取り、新婦から要望すり合わせ、メンバー備品発注スケジュール管理材料調達動画ボード作成時間。余興の練習

2ヶ月分の土日は丸々潰れたし、材料費交通費練習スタジオ代もそれなりにかかった。その間、他の余興メンバー意見の食い違いがあったり、新婦要望の多さなどを巡って何度も喧嘩した。

当日は朝早くから美容院でヘアメイクをし、安くないご祝儀を払い、余興があったので飲まず食わずのまま裏方で待機。

裏方に居たのでムービーを見ることも、挨拶も、両親へのメッセージなど聞くこともなく、笑顔見世物に徹した。

新郎新婦とはろくに会話もできないまま、おめでとうと声をかけ、なんとなく写真を撮り、終了。

感謝言葉はもらった。お礼の菓子折りも頂いた。でも、失ったものが多すぎて切なくなる。

ムービーって、余興って、用意するのにどのくらいのお金が、時間が、労力が、精神力がかかるのか知っているのだろうか。

ただの安い労働力かつ賑やかしのピエロとして使われた印象しか残らない。

結婚報告を聞きた時、おめでとうと祝う気持ちは確かにあった。

今は、もうわからない。

とりあえず、この式に参加することで、自分は不幸になったと思う。

anond:20180218133302

私も最初投稿したときはそんなリアクションを受けてビビりました。下手に礼儀正しく挨拶みたいなテスト投稿をするより、くだらない内容でもいいから何か具体的なことを書いた方がいいみたいです。

あと、特段思い当たる節もないのに罵倒されたら「具体的にどこが悪いのか教えてください。」みたいに言うと相手が黙ることが多いです。特にちゃんとした理由があって文句を言っているわけじゃなくて、叩きやすそうな人を叩いているだけなので。良くも悪くもここはそういう連中の集まりだと思うしかないですね。

匿名からこそ書ける面白い記事も時々あるので、つい見てしまますが。

2018-02-17

決めた

私は子どもはつくらない。

30になった。

私より上の世代の人たちは、「1人くらい…」とか、「産んでみたら何とかなるよ」とか言う。

善意から来るおすすめとはわかっているので、まぁそれもいいかもしれませんね、くらいで流してる。

だけど、その人たちの子ども見てると、私にもし子どもが出来たならちゃんと育てないとと思う。

礼儀正しく。せめて挨拶はきちんとできるように。自立できる子に。

私にそんな育て方が出来るとも思えないから、子どもが本当に可哀想だし。

から私は子どもはつくらない。

挨拶運動

最近路線バスに乗ってると降車の時に運転手に「ありがとうございました」と言う小学生をよく見かける。

地域小学生にはそういう教育をしているのかな?

塾や習い事の行き帰りで一人の小学生が多いし、防犯や礼儀的にもとてもいいことだと思う。

その光景を見るとなんだか嬉しくなるので、私的にもよいことです。

KSKカレッジという地上の楽園

かつて株式会社KSKテクノサポートという特定派遣会社があります

ここでは正式内定を得るためにはKSKカレッジというこの会社運営する教育施設20日間収容されてCCNA資格を取らなければなりません。

でもその時点では社員でもないか給料が出るわけもなければ、アルバイトとかで働けるわけでもない。稼ぎないのにどうやって生活しようか…?

しかし、そんな心配無用です。なんと慈悲深き株式会社KSKが、住居と食事提供してくれるというのです。なんてありがたい!

しかし、実際はそんな上手い話もなく…

kskカレッジマジで地獄でした。タダで住める寮は、めちゃくちゃ汚い。マジで

僕は築25年のマンションに住んでますが、そこと比べてもずっと汚い。古い家の匂いがして、そこにいるだけで気持ち悪くなるレベル。これなら定期を買って通勤した方がマシですが、残念ならがらそれは許されません。

ご飯はというと、マジで豚の餌。くっそ脂っこい揚げ物だらけの弁当を昼と版に支給して頂けます。僕は結構食べる方で、ラーメン二郎も大好きです。そんな僕が、弁当ひとつ食べるのがやっと。向こう側としては「食べさせてやってる」という意識なのですが、恩着せがましいにも程がある。

あれなら自分お金払ってでも自分で買って食べた方がずっとマシなレベル

その豚の餌(昼食)はプレハブ小屋みたいなとこで食べさせられます

そこに入る際は「○月○日から研修を受けさせて頂いております、○○と申します」とか言って入らなきゃいけません。

まじで犬小屋みたいなプレハブに。何様のつもりなんだろ。

さて、そんなKSKカレッジですが、特に素晴らしいのはあそこにいたとても立派(笑)講師の方たち。

ここの講師には嫌な奴しかいません、こっちが反論出来ないことをいいことに。

特にそこで偉そうにしてた先生がいました。

その先生自己紹介により地獄の日々は始まりのですが、

その最初一言は私は転職経験は一度もありません」という言葉

これを誇らしげに言うんです。今の時代転職経験なしを誇らしげに語るのか…。

もうこの時点で僕はこの先、自分はここで楽しい思いを一切出来ないことを悟ったね。そしてその先生のありがたい自己紹介は続いて

「今の携帯電話の5000分の1は私が作ったものだと思ってます」とのたまいました。

他社に売られることによって生計を経ててきた派遣エンジニア哀愁を感じたね。「ここにいたらいけない」とかなり強く感じた。

この先生格言はまだいくつかありますが、特に彼が気に入っていた言葉

挨拶を出来ない子が中身を私の見てくださいとか言うことがあります。でも、切ったところで肉しかないんだから」というもの

これは彼の決め台詞みたいなもので、短い滞在中、何度も聞かされました。

他にもKSKカレッジでは人間家畜化するありがたい、ねずみ男みたいなチビによる人間力講座なんかもあるよ!

僕には到底、彼に人間力があると思えませんでした。「こいつを反面教師にしなさい」という意図なんでしょうか。

ちなみにこの授業で使う教材はあの名著「生き方」。この時点でお察し。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これは上記KSKカレッジを辞めてすぐに怒りに任せて書いたそこの感想

辞めた理由としては、目が悪いということで人財開発部の部長に一時間詰められて心が折れたから。

ネットでは良いことばかり書かれているあの地獄真実について、

ネットの隅にでも記録を残して置こうと思い、

感情を抜いて綺麗な文章にしようと何度かリライトしたが、

どうもそれは無理みたいだったので、

そのままの形で投稿することにした。

常識

最近若い奴は.....なんて言うと自分も歳をとったなぁと思うが、いや最近若いモン、特に自分の知ってる若者はきちんと挨拶をしなくてびっくりしている。

まずそもそもおはようございますとかお疲れ様ですなどをいうことが少ない。

しかも言っても相手の目を見ていないことが多かったりとか、首を傾げたくなるようなことばかりだ。

いやいや、老害だなんて言わないでくれよ。

あなただってそんな塩対応されたら嫌だろ?

人が嫌がることはしちゃいけない。

お母さんに教わったでしょう。

常識ってのはもちろん変わるものだが、そこはどうなんだい?

変えなくていいんじゃないかい

どうだい、若者よ。

2018-02-16

娘がかわいそう…

昨日、娘の幼稚園担任から電話がかかってきた。

いつも一緒に遊んでる友達と揉めて、泣いちゃったんだって

普段、あまり人前で泣かない娘。

節分の時、鬼が怖くて女の子みんな泣いてたのに、「恥ずかしいから泣かない」って言ってたような子が泣くくらいだから、本当に嫌だったんだろうな。

(「泣かなかったのは偉かったけど、人前で泣くのは恥ずかしいことじゃないよ」ってもちろん教えたけど)

一緒に遊んでる子がすんごいわがままで、先生から声をかけてもダメなんだって

自分わがままを無理やり通そうとする子にいつも合わせてた娘。

自分が遊びたいことを我慢して、いつも友達に合わせてくれた娘。

理不尽な思いをしても優しさを忘れない娘。

今日になって我慢限界が来たようにわんわん泣いてたらしい。

我が強い子に振り回されてる娘が本当にかわいそうで、電話で話しながら泣きそうになった。ていうか、電話切ってから泣いた。

なんでそんなに我慢ちゃうんだろう。なんでそんなに優しくしちゃうんだろう。

自分の子どもを自慢するつもりはないけど、聞き分けが良くて周りを困らせるようなことをしない、本当にいい子。

育てやすい子だとは思ってる。でもいい子過ぎる子なりにこんな悩みを抱えるとは。

やっぱり子どもが辛そうにしているところを見るのは本当につらいよ…

クラスの人数が少なくて他に遊べる友達もいないみたいだし。娘には友達を選ぶ術を身に着けてほしいな。年中になったらもっといい友達を探してほしい。

月末に幼稚園イベントでその子らの親に会ったら私、平常心でいられる気がしない。

挨拶されても話しかけられてもガン無視できる自信ある。

社会人からしないけど。たぶん。

2018-02-15

とあるゲーム実況者に自分だけコメント無視される。すげー、ワイ。こんな理不尽なの相当久々に味わった。

そもそもまだ数回しか見てないし、コメントも2,3回しかしてない。断じていうが、荒らしてない。

だが全員への挨拶返しで自分だけ無視され、コメントしても反応がまず返ってこない。

理由がわからなすぎて怖いレベル。何かがクリティカルヒットしたのか。

ま、当然、その人の動画も生も一切見なくなったわけだが。(生はまだ数回だったけど投稿動画はほぼ毎日見てた。あ、そっちでは一切コメントしてないのでそっちで嫌われた可能性はゼロだ)

くだらない動画を見る日課がなくなったので時間はできたが、理由がわからないだけにちっともいい気がしなくて困る。

anond:20180215205147

18時頃増田ペーターに行くとすでに増田がおり、増田増田挨拶すると、増田増田増田した。それから15分ほどして増田が現れ、増田挨拶すると増田増田増田した。ハッピーアワーでそれぞれドリンクを頼んだ。夜景を見ながら増田増田した。宴もたけなわとなったこ増田増田増田したので増田増田した。そのうちに増田増田したので増田することにし、8時過ぎに閉会となった。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん