「とき」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ときとは

2024-02-25

学歴コンプこじらせて閉鎖病棟に入れられた

登場人物

 ・父

 ・母

 ・第一子 (以下,私)

  2000年まれ大学4年生.3年生を2回した.

 ・第二子 (以下,二号)

  2002年まれ大学3年生.幼稚園から大学学科まで私と同じ.

 ・第三子 (以下,三号)

  2005年まれ高校3年生.幼稚園から高校まで私と同じ.

大学に行かせてくださいと私が頼んだ時,父は以下の条件を出した.

 ・実家から通える,

 ・理系の,

 ・国公立大学に,

 ・予備校などには頼らず,

 ・現役で合格すること.

これら全てを満たせば学部卒業するまでの生活費学費も払ってくれるという.

私の高校は進学実績が落ちてきてはいたけれど進学校で,教育費には糸目をつけない親を持つ同級生が多くいた.

同級生たちよりも厳しい条件で大学受験に臨むことを不満に感じなかったと言えば噓になる.

が,学費を払えなくなったり,子供ができたりして高校中退した中学の先輩を数人知っていたので,彼らに比べれば自分はずっと恵まれ環境にいるということを私は知っていた.

そして私は父の出した条件に従うことにした.

実家から通える理系国公立大学は3校あった.

 ・A大学

  通学時間は片道2時間.興味のある分野について学べるが,定員が少ないうえに後期試験がない.センターリサーチではC判定.二次試験は苦手科目の配点が大きい.

 ・B大学

  通学時間は片道2時間半.興味のある分野に関連する学科はないが,設備が充実している.センターリサーチではB判定.二次試験は苦手科目の配点が大きい.

 ・C大学

  通学時間は片道1時間.興味のある分野に関連する学科はないし,設備も充実しているとは言い難い.センターリサーチではA判定.二次試験得意科目の配点が大きい.

A大学にどうしても通いたかった私は,合格可能性が低いことを分かっていながら前期試験はA大学を受けることにした.後が無いので後期試験は安パイのC大学に出願した.

私はC大生になった.

入学一週間後には,自分大学の下調べをかなり怠っていたことに気づいた.

シラバスを読む限り1年生の講義高校の復習と言って差し支えなかった.2年生以降も,うちの学科はさして専門的な講義はないらしい.

1年生の時点で,大学で新しく勉強を始めたものは必修でもないのにとった第二外国語くらいだった.

やる気を出さないまま1年生の前期が終わった.GPAは4だった.

私は頭が良いと同期たちがあまりにほめるので,「いやいや,センター数学で65%しかとれないくら勉強苦手だよ」と事実を言うと,めっちゃ頭いいじゃんと返された.

とんでもないところに来てしまったと心から思った.

やる気を出さないでいるうちに色んなことができなくなっていった.オンラインなのに講義毎日欠席し,部長まで務めていたサークルを無断で辞めた.

堕落しているのは自分なのにC大学を見下す気持ちが強まっていく.

3年生前期のGPAは1を下回った.留年が決定した.

その頃,高校1年生の三号が志望大学を決めた.東京一人暮らしをして文学部に通いたいらしい.個別指導の塾に通うし,滑り止めで私大を受けるし,浪人視野に入れているという.

一体どんな手を使ったのか,三号は頑固な父を説得して自分の望み通りの条件で大学受験をすることになっていた.

私は理解できなかった.親の方針って,絶対的ものではなかったのか.大学に入ってからの この3年の月日は何だったんだ.

親に制限されたからぱっとしない大学生活を送ることになったのだと,私はこれまで現実逃避してきた.本当は違ったのだ.

与えられた状況に流されるまま行動してきた結果がこれなのだ

私は自分の至らなさを受け入れられず自殺未遂をした.

校医に紹介された精神科へ通うことになった.

はっきり言ってこれは逆効果だった.

医者に,「私は学歴コンプがあるんです」なんて恥ずかしくてとても言えない.

結局2度目の3年生の春にまた自殺未遂をし,大学病院へ転院することになった.

今度の主治医旧帝大出身で,博士号までもっていた.

学歴コンプさらに加速した.

だが,新しく処方された薬でやる気のなさが改善大学へ通えるようになった.

真面目に大学へ通い始めて,うちの大学には親切な先生が多いことを知った.

通院でどうしても講義を受けられないときは代わりに課題を出せば出席扱いにしてもらえたし,語学試験を受けたいと第二外国語先生相談したら週1でレッスンをしてくれた.

特に親身になってくれたのが指導教員で,色んな学術書を貸しては解説をしてくれた.

次第に興味の対象が広がり大学院へ行きたくなってきた.

進学の準備を始めた矢先,自分でもどうしてだか分からないのだが自殺未遂をしてしまった.入院しましょうと主治医が言った.

その部屋には布団とトイレ監視カメラしかなかった.部屋には何も持ち込めないので情報収集勉強もできなくなった.

数日後に読書が解禁されて,父がたくさん本を買ってきてくれた.一日中本を読んだ.ただ本を読むことに没頭できたのは小学校時代以来かもしれない.

入院しているうちに気持ちが落ち着いてきて,2カ月ほどで退院することができた.

入院したことで準備が間に合わず,C大学以外の大学院は受験できなかった.学科内の同期で内部進学をしたのは私一人だけだった.

昨日の朝二次試験のために東京へ行く三号と両親を,二号が車で駅まで送っていった.飲んでいる薬のせいで私は運転できないから家に残った.

夕食後の薬を飲むといつもは副作用で起きていられなくなるのだが,今日は目がさえて眠れない.

二次試験を受けるのは私ではなく三号なのに緊張してしまっているようだ.

三号への感情は羨ましい妬ましいという気持ちと,私ができなかった分も大学生活を満喫してほしいという気持ちがないまぜになっている.

からは三号に対して学歴コンプを抱くようになるのだろうか.今すぐにはできなくても少しだけでいいから,いつかは克服したい.

anond:20240225080113

雪のときとかどうなんだろう

自動運転の実現方法にもよるけど、雪で道路が見えなくなった途端に破綻するとかないんだろうか

過疎地って気候的にも過酷だったりしそうだよね

自動車運転免許証更新って全部ネット予約になってるけど、あれはいいことだと思う。

全国的にそうなのか俺が住む自治体だけなのかはしらんけど。

何にしろ免許の更新をするためにはネットで予約しないと原則更新が出来ない。

それの何がいいかというと、ネット免許更新の日付と時間指定を予約できないくらいの知能の持ち主をふるいにかけられるからだ。

これはけっこう重要なことだと思う。

もちろんネット予約するのはそんなに難しいことではない。

運転免許証更新の通知のハガキ記載されているQRコードスマホで読み込む。

個人情報入力していく。

③日付と時間指定する。

④予約が確定したときに表示されるQRコードスクショを撮る。

程度のことだ。

別に難しいことはない。

しかし、これが出来ない人はたくさんいるだろう。

そこが重要なんだと思う。

まあ自分で出来ない人は誰かに頼んでやってもらうんだろうけど。

でも、そのお願いをされたことがある人はよくよく考えて欲しい。

この程度のことが出来ない人に命を損なう可能性のある乗り物運転させてもいいのか?ということを。

あと、これは話が変わるけど免許の更新デジタル化されたことで書きものほとんどなくなったのはいいね

なんか大昔は住所やら本籍地やら書いて捺印までさせられてたような気がするけど、

今回書いたのは健康状態チェックシートを記入したことだけだ。

多分、次回の更新ではそれすらも無くなってるだろう。

というか、いい加減ネットだけで完結させる仕組みを作って欲しい。

満員電車で座ってMeta Quest装着してVRAV観てる

VRAVは両隣の女性にもたれかかられるシチュエーションが好きなんだけど、

満員電車内で装着すると、両隣のオッサンからの圧迫感が快感に変わるからおすすめ

人大杉て、股間に目の前のオッサンの足が当たっても、4P動画なら没入感抜群!

「ブスな女の子はチンポ求めてる」らしいので、ブスと交際して、セックスときVRゴーグル装着するのもありだと思う

童貞卒業したけど、パンツを脱いだ彼女驚愕した

股間モザイクがかかってた

クンニリングスするときモザイクがかかってた

どこにクリトリスがあるかわからなかった

気が付けば自分ペニスにもモザイクがかかってた

彼女質問したら、日本セックスするときモザイクがかかるらしい

日本に生まれたことを後悔している

  片岡凛というのは、字下げの嫁です。 平成15年10月6日に生まれたということです。嫁になった構成理由簡単と言いますか、単に安定するからということで

  他の女が無理だからです。確かに、5年9月11日にたまたまプリンスにいたときに出てきた女が、最初は、セナさんで、その次によく分からない女が出て来ましたが、

  セナさんは、巣鴨でもどこのホテルにでも同じタイプのものが出て来ますので、よく分からない女の方は、一方的に、暗い方がいいのか、とかブツブツいいながら、決めつけている。

  たまたまお前が部屋に入って来ただろ、というだけである。なんなら診断書手帳をみせてやろうかおまえ。 ものが見えないというか、頭の中にないので、片岡凛がいいというもの

  であればもう出来ていますが、それ以外、脳に入ってないので、目で見ているものに入ってなければ分かるわけないだろ。むろん、バクサイの犯罪者等は分かっていてやっているので、

  書いた物などから判断している。相手のことが分かって当然の状態でないと自分生命にかかわるから佐藤大土竜は当然分かったうえでやっている。これほど悪質な人間は他にいない。

   そんなものはないと言いますか、出来るものなので、出来るものがなければできるわけがない。出来たらとっくにやっているがやっていないのだから出来ないに決まっている。出来ないかそもそも

  それ相応のやる気が0であるかのどちらかである。脳の中にやる気が入ってなければやるわけがない。要するにやる気がないか実施しないわけである

ここのところは沈静化していますが、ネット上ではFPSTPSにおいてのキーボードマウス操作ゲームパッド操作の優劣の議論が盛んに行われている時期がありました。

結論としては、スティック操作では素早く「レ」を描く操作ができないことから、パッド操作が明らかに劣っているということになります

キーマウ操作から見ればパッド操作というもの児戯に等しいもので、欠陥のある偽物で、ごっこ遊びに過ぎません。

今でもときおり、本来ならば慎ましく生きるべきパッド操作勢はなにを勘違いしてか、パッド操作のほうが優れていると声高に主張することがあります

片腹痛いことであるとともに、まさに厚顔無恥と言えるその姿勢に同情を禁じえません。

  消防長というのは、火をつける人を消化する命令をする人です、そういうデザインっていうかそういう意匠だったはずなんですが、気が付いたら全然消火していないので役に立たないとこういうわけです。

  消防署というのは、そういう、4階建ての体制のかたちで攻めていって、バクサイとかで火をつける奴を落とすところなので、しかし、そろそろボロが出ている。ということです。

  いってみれば 自己満足ほめぱげみたいなものなので、ヤクザで、仕事と言っているが、最初から遊びであるということです。このデザインが何の役に立つか。何も役に立たないし人気がないのは

  当たり前である。消火してくれると思っていたものが消化していなかったら人気がないのは当たり前である。むかし、MONO君のほめぱげというのがありました。MONOというのは単色刷りのことで、

  110番処理簿を書く人がやっていたが、そのHPがぶっ壊れている。何で壊れたのかは分からない。山北尚道が、Windows98に関する、テクニカルサポートページを潰したのと同じである

  飽きたから止めた、というだけのことである。それか、利用できるところがなくなったか、というだけである。全盛期のNaomichiは、芸術的にも最強だったが、そのときデザインというのは、あるわけでは

  ないが、もともとあったものを崩してあるように見せ直す、というものであった。というもの設計デザインである消防署もまたデザインであるデザインからガチでやっているわけではない。

  やっているふりをしているだけであるから、多分ほとんどうそである。そういうのが消防署である警察になるともっと酷い。

痴漢撃退法として使えるかもしれない方法

高校生のころ、触られる被害に合った。

手口は真似されて被害が出たら怖いから書かない。

とにかく逃げられないようにされた。

そいつとは少し会話した。もうなに話したかは覚えてないけど、そいつは、私のまっ平らな胸や腹のあたりをなで回してきた。

セーラームーンを見て、中学二年生になったら、女子はみんなあのような大きな胸になるんだと信じて裏切られた私だが、このときばかりは高校生でもこんな胸でよかったのではないかと、ちょっと思った。すぐやめてくれるかもと。まあそれは実際のところ関係なく、まっ平らでも痴漢には合うんやなと、やっぱりないよりあるほうがええやんかと残念に思ったのは後からだったが。

恐ろしく気持ち悪くて、一瞬声が出なかったんだけど、ふと「こいつは私を『女』だと思ってるんだよな」という当たり前の考えがよぎった。

それで私は思いっきり低く、「う゛あ゛あ゛アアアアアアボエエエエエエエ!!」みたいな大声を出した。ドンキーコングクレムリンが踏まれ死ぬときの声をイメージしてほしい。このクレムリンの声は私のできる唯一の物真似だった。

そしたら人がいなさすぎて誰も助けにきてくれなかったけど、痴漢は「なんだよ、ちぇ、つまらん」とかなんとか言いながら私を解放してくれた。

ホントに、クレムリンの真似のスキル小学校のころから磨いておいてよかったと思った。

結論:女性のみなさん、ドンキーコングクレムリンの声を日頃から練習しておくと、痴漢撃退に使える『かも』しれないですよ!

あとこれ、私辛くて誰にも言えませんでした!

マジで女性は黙ってます。こういう被害のこと。

dあ

現代

手の届きやすいところに道具が置かれていて、みんながみんないろんなコンテンツを作っている

現に私は小学五年生の時に初めて筆を握った、見るに堪えない絵ばかり描いていたが当時からすれば力作も力作で、嬉々としてイラスト投稿サイトにアップしたことを覚えている

今では高校一年生、当然私もいくら技術力が上がり、今は絵と動画制作をしている

が、上手い みんながみんな上手い

そりゃもちろん青臭い自分と違って長く長く制作を続けてきた人もいるし、そもそもものづくりに触れている時間の長さと濃度が違うというのもあるが、上手いものは上手い

ほんの数年絵をごにゃごにゃ描いてきた自分なんかじゃ到底追いつけない高みに自分と変わらないくらいの知らない人間が突っ立っているさまを見るのは、わかっていても苦しい

絵だけじゃない、ぼさっと聞いているだけじゃ入ってこない裏に詰められた音色や声への祈り、願い、怨念、その全てを何も知らない人間へも伝えられるほどデフォルメ化され突きつけられる、このことがどれほど苦しいか

その裏に詰められた技術に気づけないことがどれだけ惜しいか

依頼が来た時もだった、嬉々として依頼を受けいざ描き終えて、トップページに戻って、新着欄を見たときに思った。

描いた絵がやけに地味だ、その上尖りがなくてダサい、いつも描く時はそうじゃないのに、少し考えてすぐ辿り着いた 私は個性を殺したのだ

トップページにずらりと並ぶクリエイターたちは違った、自分を生かしていた だからキラキラと輝いて見えたのだ

私は大事な依頼者のキャラクターに土をかぶせたのだ

私は今、年齢を隠して活動している 年齢ひとつ自分作品への目を変えてほしくないというのと、扱いを変にしてほしくないからというのもある

だがたまに「いっそ明かしてしまおうか」と思うことがある 絵だけじゃ追いつけないからだ

未成年というブーストをかけて絵をもっとよく見せようとするのだ、どうしようもないバカだ、自分でもわかっている、けれどもそれに縋りたくなるほど、今のコンテンツ先進化している

私は誰にも追いつけないまま老いぼれて死んでいくのだ

中学二年生の私に縋ったまま死んでいくのだ

こんなのだから一生変われないままで、どうしようもない

自閉症から見た定型発達の特徴

自閉症から見た定型発達の特徴

いじめをする

差別をする

他人の話をちゃんと聞かない

・嘘をつく

詐欺横領をする

犯罪者が多い

・悪いことができる

事実ではなく信じたいかどうかで情報を取捨選択するので認知が歪んでる

事実より信じたいことを優先するので会話が成り立たない

・↑批判反省ができない

・↑信じたくない事実に関して人の話を聞かない奴が多すぎるためまともな議論ができない

事実ベースの会話ができない

・何が事実かに興味がない

感情ベースの会話をさせても説明ができない

合理性のなさをTPO理解せずに正当化する

・中身を理解しないまま社会規範内面化してるので言ってる事が支離滅裂

社会規範適当雰囲気だけで分かった気になってしま

社会規範に対して無批判

社会規範客観視できない

意味のない会話に強いこだわりがある

形骸化した無意味な慣習に強いこだわりがある

無意味無益悪口に強いこだわりがある

ミス属人的に責める事しか考えておらず、改善のための最適な行動よりもまず個人を責めることを優先する

意味のある行動や最適な行動をとることに興味がなく、無意味ミスを責めることを優先する

合理性が全くなくても他人を責めることを何よりも優先する

自分に対して甘くフェアじゃない

・フェアネスに興味がない

社会に合わせろと言ってくるが実質的には自分に合わせろという意味である

・非常に傲慢



定型発達から見た自閉症

・こだわりが強い

・奇妙な動きをする

空気が読めない

コミュニケーションが苦手

・人の顔を見ない

暗黙の了解がわからない

・思ったことをズバズバ言う



※全員がそうじゃないというのは知ってる

主張の本筋は、「自閉症にとって本質的に相容れない特徴・あまり存在しない特徴」で、「特に定型発達に特徴的な行動・そういった集団を大量に抱える特徴がある」ということ

定型発達から見た自閉症とほぼ同じニュアンス

定型発達が自閉症の特徴を語ったときに「自閉症の全員がそうではないんだけど」「自閉症=奇妙な動きをすると結びつけれるような内容じゃないと思う」「そういう自閉症はごく一部だよね、まともな自閉症との関わりがないのかな」

などと毎回批判してる人のみが「定型全員がそうではない」と反論してな

幼稚園児の私は死をわかっていた

初めて人間の死に触れたのは私が幼稚園とき

幼馴染みの妹が病死して、母親と幼馴染みの家に行った。

着物姿で横たわっている女の子の姿を今でも覚えている。死に化粧も施されて綺麗だった。病気で苦しんだ様子は伺えず本当にただ眠っているような顔だった

大人に言われるがまま水で濡らした葉っぱを唇に当てた

そして、私は幼馴染みの妹の母親もいる場面で「これが○○ちゃん死体」と言った。思ったことをそのまま淡々と口にしていた

私の母親は慌てて「死体じゃないよ。○○ちゃん」と言った

私の母親はこのときなにをどういったら正解だったんだろう。

亡くなった女の子母親は私の発言について、私にも私の母にもなにも言わなかったと記憶している

当時の幼稚園児の私に母親が死の概念説明しようとしていたが、私は母親説明される前に「死」というもの理解していた

子供心に「そんなのわかってるよ」と思っていた。ただ、友達の妹の遺体を目の前にしたときにどんな態度をとるべきなのか、わからなかった。ただ、大人に言われるがまま濡れた葉っぱを唇にあてただけだ

自分の心に浮かんだことをそのまま口にしただけだった

中年になった今でもこうやって当時の詳細が思い出されるくらい、幼なじみの妹の死は私の心に強烈に刻まれている

子供だって、死をわかっている子もいる。ただ、当時の私のように他人の死を目の前にしたらどう振る舞えばいいのかわからなくなっているときもある

YouTube病死する男の子ドキュメンタリーを見たのだが、

もうすぐ亡くなってしまう兄が両親に向けた感動的な手紙ヘルパーに代筆させて、両親がその手紙を読んでものすごく感動しているとき、その横で幼い弟はゲームをしていた。

視聴者号泣するような場面で弟はゲーム(多分Switch?)をしていた。

私は弟の行動にびっくりしていたが、子供はあまりにも人生経験が短すぎて、こういう場面ではこうするんだみたいなことがわからないし、まだ空気を読めないのだ。

弟は病気の兄のことを軽視していたわけではない。兄の病気のことも、兄がもうすぐこの世からいなくなることも理解している。ただ、弟はあまりにも幼すぎたゆえに自分がやりたいゲームをしていただけだ。悪意なんかない

私も「これが○○ちゃん死体」と口にしたときふざけているわけでも、悪意を持って言ったわけではなかった

ただ、自分が思っていることを言っただけだ

子供っていうのは人間だけれども、まだ未完成人間だ。大人からみれば突拍子もないことをしたり、言ったりする

死に対してもそう。その場にふさわしいふるまいがまだわかっていないかもしれない。大人が想定するようなそれっぽい反応というものはまたちがう意外な反応をするかもしれない

だけれども、あの着物姿の女の子を見ていた私のようにあなたの目の前にいるその子供は「死」というもの理解しているかもしれない

自分の怒りが同族嫌悪から来てることに気付いてしまった

なんてこった、気づいてしまった。と、深夜に思ってしまって筆を取っている。

周りの進捗が進んでいないときに、「みなさんは何をするんですか?」と迫る人とか、

周りが反対しているけど、「でもこれは決まっていることだから」といって無理やり進めた人とか、

うまくいっていない人に対して、「そんな人無視すればいいですよw」と草生やしながら喋ってたひととか、

自分たち一生懸命考えているのに「それってオフィシャルじゃないですよねw」とか言い放ってきた人とか、

色々今まで怒りを感じてきた人がいる。

わかってしまった。

同族嫌悪だ。

人が反対していることの意見を深掘りせず、自分意見を押し通す、

そんなところが自分にもあって、自分の嫌なところを見せられていて、勝手失望していたんだ。

増田過去に書いていた自分愚痴を読んでいて、「あれ、これ自分みたいだな」って思ったらもう止まらなかった。

「あれ言ってたけど、お前だってそうだからな」って言われたことがある。

結局それが全てだった。なんて情けない。

あれは良くないとか、これを無視したらいけないとか、

口ではそれっぽいことを言っててさ、なんてザマだ。

図星をつかれて怒る人間、よく漫画であるけど、自分もそれに当てはまるとは思ってもいなかった。

怒りが自分の鏡なんだな。

不思議と晴れやかな気分だ。自分の怒りをナビゲートできる手段が見つかったかもしれない。

anond:20240225013936

人に聞くとき自分から言うんだよ、お母さんに教えてもらわなかったか

教育勅語で揉めてるけれど、ウクライナのやってることとたいして変わらなくないかと。

教育勅語が揉めててなんで今さら教育勅語?ってなっている。

問題広島市長を始めとして杉田水脈議員かいもの面子教育勅語の中にもいいところはあるみたいなこと言っていて、畏れ多くも天皇のお言葉を切り取るのは右派(でいいのかあの人達)としてそれでいいのかとか疑問に思う。

実際戦前勅語を改変するのは不敬だとかい理由解釈憲法みたいなことを繰り返していたらしいし。

んで反対派としては流石に親孝行とか兄弟仲良くみたいな一般的徳目文句つけてなくて、「一旦緩󠄁急󠄁アレハ義勇󠄁公󠄁ニ奉シ以テ天壤無窮󠄁ノ皇運󠄁ヲ扶翼󠄂スヘシ」を問題視しているね。

国難があったときは国のために尽くせって個人自由大事にする今の価値観だと拒否反応が出るのは当然だろう、特に進歩的左派知識人の人たちにとっては。

なぜか右派人達もそこはこっそり隠そうとしているのが不思議なんだけれど。個人自由より国家大事的なことしょっちゅう言っているイメージなんだが。

でも国のために死ねってウクライナがやってなかったっけ。ロシア侵略という緩急に対して義勇を公に奉じて銃を取れって言って成人男性国外渡航禁止までして徴兵していたじゃん。

んで最近日本避難しているウクライナ男性に対して著名左派はてなーが「お前国に帰って戦えや」って言い放ってたし。

そのあたり左派の人たちってどう折り合いつけてるのかな。

また日本にもロシアあたりが侵略してきて自衛隊が人手が足りんのでなんとかしてくれとか言い出したらどうするのが正解なの?

anond:20240224172257

文化資本ってのは夏休み暇だから子供を連れて近くの博物館美術館に連れて行ったり、習い事をさせるときに塾の数が多く選択肢が多いことだったり、買い物をする際に高級品から安売り品、マイナーな品まで選択肢があることだと田舎者の俺は思う

ネット民基本的保守的かつマウント癖があるから「いい選択がし易い(からすごい)(それが分かる俺インテリ)」になりがちで美術館博物館ネタにされやすいんじゃないか

生成AIは依頼を断らないが、人間は依頼を断る

 skebで依頼がキャンセルされた。

 悲しいし寂しいが、仕方ない。キャンセル理由は無数に考えられる。私の徳が足りなかったのかもしれないし、依頼文から面倒くさい人間性漏れ出していたのかもしれないし、単純に描きたくない内容だったのかもしれないし、おまかせの倍積んだ金額程度じゃ足りなかったのかもしれない。

 

 人生仕様なので仕方ない。そういうものだ。諦めよう。

 

 そのあたりでなんとなく「AIって断らねえな」と思った。

 

 もちろん、人間同様タダではない。環境は整えてあげないといけないし、プロンプトは自分理想に近づけるために試行錯誤しなくちゃいけないし、とにかく金と時間がかかる。けどそうしてRoLAなり自分専用の環境なりを用意できたなら、そいつは私の要求に応え続けてくれる。

 

 これは「求める」という過程への報酬になる。そうして結果が伴ったならとても嬉しいだろう。まあ私はRoLAなんて組めないので、けっこうふわふわした思い込みで語っているのだが。

 

 人間相手だと何らかの理由却下されたとき、どうにもならないことがそこそこ多い。だって「おまえが嫌い」とか言われたら「そうですか……」しか言えないし。でも生成AI相手なら少なくともそういうことはない。できないとき、何らかの明確な理由存在している。

 

 これは明確な利点だろう。描いてほしい絵があって、描いてほしい人がいる。そういうときに「人」が「機械」にすげ変わるときも来るのかもしれない。もうそういう時代だ。機械試行錯誤してもらって、それでも欲しい結果をすげ変えられなかったら人のままだろう。

 この欲しい絵は機械にすげ変えられないなと思ったから、私も依頼していたわけだし。そして断られたので、私の欲しかった絵は二度と手に入らない。もうどんな絵が欲しかったのかも分からない。

anond:20240225002141

関係ないけど、ワイは小学生夏休みとき今は亡き爺ちゃんが箱買いしてくれてたラ王結構食べてたんやけど、醤油味ばかり買うから飽きるし所詮カップ麺から正直そんなに好きじゃなかったんよな。

でも大人になって自分カップ麺買うようになってからラ王の値段見たら、爺ちゃんこんな高いの買ってくれてたんかと感謝するようになった思い出があるやで。

グーグル検索さんで機械部品について検索したとき、前まではメーカーホームページトップに出てきたのだが最近はミ◯ミなりモノ◯ロウなりがトップに出てくることが増えた。

ミ◯ミは仕様カタログ付きの販売ページで仕様変更した型式まで教えてくれるのでまだ便利なのだが、モノ◯ロウ型式くらいしか載せてないので使えないサイトと言う印象が強い。

また注文した際の納期もモノ◯ロウははっきりしてなくて、注文してしばらく経ってようやく納期が確定するという体たらくなので信用できないことこの上ない。

anond:20240224233631

まり知られてないが

子どもが具合悪いときって親が話を聞けていないときなのよね

親「明日は家の仕事を手伝うために家にいるよな(ほぼ強制)」俺「わかったよ(日雇い仕事入れないでおこう。いい仕事があるんだけどなぁ)」

翌日

親「引きこもってないで早く自立しろ

俺「はぁ(去年まで家で週三週五労働してたけど、それは労働はいらんのか。入らないんだろうなぁ。しかも今度その仕事を辞めるから自立しろからでてけ言い出してんだろ。安くてわがまま言わない労働力としての価値すらなくなったもな。)」

親「日雇いじゃなくてせめて長期のバイト探せ。年金税金は俺達が払ってる」

俺「はぁ(実働4時間くらいのくせにほぼ1日拘束で4000円土日残業深夜手当交通費は気が向いた時に支給かいう御駄賃みたいな金額で働かせて税金まで自分で払えとかいうんか????ほんと雇ってるとか労働させてるって感覚がねぇんだなこいつら)」

親「明日も手伝ってくれ」

俺「はぁ(しかも自立しろから出てけ言うならそういうこと言うなよ。というか人が少しでも休みで家にいるとみると無理仕事をやりねじ込むな。去年までそれができてたのは自立してない引きこもりだったからだわ)」

親「なんだその顔不満なんか???おれがなんか悪いことしたんか?????おっ????」

俺「はぁ」

最後

とりあえず家業手伝いは家庭内立場によってはマジクソになる。

世間一般バイト並に働いても誰も認めねぇし、書類ガバガバ給与明細なにそれ??源泉徴収なにそれ???から社会的地位無職

その上雇い主が親兄弟になるから生活まで仕事立場侵食してくる。家庭内カースト低いとマジ地獄。嫌な仕事から帰ると嫌な上司が嫌な仕事の話をしながら「おまえは早く自立しろ」とかいい始め労働責任だけ押し付けられる心休まるときがない状況になる

2024-02-24

人をけなす方法の極意

人をけなす方法の極意、それは人を一切けなさないことである

そもそも人をけなすということは難しい行為である。まず相手を知らなければならない。ここではその相手のことを敵と表現しよう。

敵の情報を知らずしてけなせば、的はずれな批判だったときに敵はノーダメージとなる。敵がダメージを得るかわりに自分が仕掛けた技によって自分自爆する。それはもう惨めなものだ。

そしてまた「なぜ自分はこいつをけなそうと思っているか」という感情についても注意を払うべきかもしれない。

明らかに相手自分よりも格下であり、あえて自分の中で言うまでもなくそうなのであれば、あえてけなす必要はない。けなすことで変に敵対されて足を引っ張られては困るからだ。それでも相手をけなしたいと考えるとき、多くは自らに強いストレスがかかっている状態である。けなしたいと考えることの根底ストレスである

敵をけなすことで得られる利得は自らのストレスをやわらげること、それから敵が苦悶の顔をしているのを見て世界の正当さを確認することであると思う。

まりなすことで「敵に打撃を与え破滅させることで、自分利益を拡大すること」を狙っていると言い換えられるかもしれない。

そのためにわざわざこちらが強制的に「お前は愚かだ」と伝える必要はない。「自分はもしかすると愚かかもしれない」と気付かせることが重要なのだ。その大きな恥こそが強い打撃であり、相手自己破壊につながる。

しかしこれはけなしではない。そうした覚醒の機会を提供することは別に悪徳ではないからだ。

したがって、何も言わずけなさないこと、そして相手を知っておくこと、もし敵を知ろうと思わなければ敵とはまるごとそういうものなのだと納得することが肝要になる。それによって相手は愚かであることに永久に気付かない愚かであり続ける人間でいられる。それこそが強い処罰なのだ

何も言わず相手をよく知るだけで「お前はそういう人間でありたいと考えているのか」というシンプルな問いを突きつけることになる。

この問いによって人間は容赦のない攻撃さらされる。自らが持つ刃を全身で自分に向けることになる。

けなさずして相手自然と萎縮し、あたかもけなされたかのような振る舞いをする。そしてそうした状況を是とする。これがけなすことの極意であると思う。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん