「しろ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: しろとは

2022-12-07

anond:20221207051009

自分が飽きることまで他人のせいみたいなのすごいよな

仕事にしたいなら飽きずに続けるしかないし

無理なら諦めることになるってだけの話なのに

それ以上どうしろ

 

他人が飽きないようになんかアクションしてくれると思ってんなら

そんなの不可能

anond:20221206103413

増田は本当にセックス目的だったんだなあと思う。そこから欲を出さなかったというか。

女性って常に「裏切らない(出会ったときにくれたものを取り上げない、最初の取り決めをずるずるないがしろにしない人)」人を探してて、

裏切らない人がやっとみつかったらそれはもう惜しみなくなんでも共有してくれることが多い。

Colaboの不動産について

わからん事を列挙する。俺の知識が足りないだけだと感じたらツッコミ入れてください

なぜ不動産を所有するのか

colaboは1億円相当の不動産を所有していることを公開している。公益法人から助成金をもらって土地含めて一億相当の新築アパート2022年2月建築したとある

詳しく調べていた人がいて、相場なら6000万円相当のはずのものを1億で買っているのは不自然ではないか?より多くの部屋数(7団体で200室なので一つ29室程度?)を確保する事を想定した募集に応募して8部屋で助成金が貰えるのは何故か?という疑問を提起している。

https://twitter.com/red____/status/1600110034901667840

しかし俺が気になるのは、そもそもなぜ不動産を所有するのか、だ。女の子を救うためのシェルター必要という理屈はわかるが、女の子を守るために活動場所シェルター場所は非公開という事になっている。

Colaboでは、バスカフェ以外の活動場所や、電話番号等を安全のため公開していません。

非公開の電話番号に711件も電話が掛かってくるのは違和感があるがそれはさておきとして、カンのいい人が不動産登記を調べれば上の人のようにどのアパートなのか目星がついてしまうようではそれが公開された時のダメージコントロールできないのではないか

ネットの海に出た情報を消すのは事実上不可能と言えるのに、登記からも所有者がバレる上に処分に手間も時間も掛かる不動産を所有するより、1部屋単位賃貸を借りるべきではなかろうか。

もちろん、新築アパート1棟の所有の方が賃貸の又貸しよりも利回りが良いという話はあるが、Colaboは不動産賃貸で利回りを追求する事業では無いはずだし、女の子たちの安全第一に考えるなら住所がバレたときに引っ越せば逃げれる賃貸理想的である

公益法人から助成金をもらって建てたアパートは何らかの条件がついた物件になってしまい、即座に売り抜けて現金化するなどは助成金の意義から考えて原則認められない点からも不便である

部屋の数もアパート1棟所有だと空き部屋管理メンテナンスの手間がかかるが、賃貸なら必要に応じて増減も柔軟にできるし1年以下の短期滞在ほとんどとなる女の子たちにとっても合理的選択肢になる。

1億以上ある現金で借りた部屋を又貸しする形になるので、保護対象女の子の数が増えるほど支出が増えるが、バスカフェだってそもそも利用者が増えたら支出が増える構造なので大した違いはない。

歌舞伎町終電が無くなった深夜2時にバスから解放するのかよというツッコミも、歌舞伎町内の賃貸シェルターに寝泊まりさせる前提なら完璧反論できる。歌舞伎町新築の1棟アパートを持とうと思ったら1億では足りないが部屋単位賃貸を借りるのは簡単だ。

なので利回り以外でアパート1棟所有の利点が思いつかない。賃貸最高じゃん?

所有した不動産をどうするつもりなのか

Colaboは一般社団法人である一般社団法人株式会社と違って解散時に資産原則として社員に分配できない。Colaboが解散するときには所有する不動産は残余財産として何らかの方法処分しなくてはならない。

https://www.koueki-houjin.net/henkou/kaisan-zaisan.html によると残余財産は以下のようにする。

1. 定款で残余財産処分方法を定めている場合は、その定めに従う

2. 定款に残余財産処分方法の定めがない場合は、社員総会の決議によって定める

3. それでも定まらない場合は、残余財産は国へ贈与する

Colaboは定款を公開していない(これは別に違法ではない)のでなんとも言えないが、少なくとも面倒が増えることは間違いない不動産一般社団法人でわざわざ持とうとするのは合理的とは思えない。

ふと気になって別の似たようなことをしている一般社団法人が公開している定款が無いかなと探してみたらあった。

京都わかくさねっと (https://kyotowakakusa.net) の https://kyotowakakusa.net/about/outline からpdfファイルが落とせる。

(残余財産帰属

第26条 当法人清算をする場合において有する残余財産は、社員総会の決議を経て、

法人類似事業目的とする他の公益社団法人及び公益財団法人認定等に関する法

律第5条第17号に掲げる法人であって租税特別措置法第40条第1項に規定する公益

人等に該当する法人に贈与する。

要するに別の類似事業をしている法人に贈与すると言っていて理にかなった話に見える。Colaboがどういう定款にしているのか気になる。なおそれを書くことは一般社団法人義務ではないので空欄になっている可能性もある。

ないと思うがもし誰か特定受益者法人法第11条2項では「社員」に寄贈できないと書いているので、社員以外の誰かなら可能ということ?)に贈与すると書いていたらそれこそ山本一郎のいう「貯金箱」の所有者と言えるのかも知れない。

あと俺の法律解釈が正しければ、社員が総会で合意さえすれば社員の持ち物にできるので解散タイミング社員が結託可能な者だけあるいは一人になっていれば好きにできるはずである(むしろそれを疑われるから特定非営利活動法人は「解散したときは、残余財産を国や地方公共団体等に贈与すると定款に定めていること」という条件がある?)。

それと、別の観点だが公開している資料グダグダな所からして、万が一の可能性として「仁籐さんが登記名義人になっているのでその心配はない」という話もありうるがもしそうだとしたら一発アウトである

https://anond.hatelabo.jp/20221202200342 から引用すると

万が一、これらの名義が当該法人ではなく、法人代表者等の関係者の名義になっていた場合法人資産と偽って個人資産を購入していることになります

流石にそんなことはしていないと思うのですが、既に公開されている情報から当該法人がこれだけの資産を有する法人格として適切なレベル経理処理ができておらず、都への実施報告では個人サークル活動レベル感覚資料を提出してしまっている様子が見えているので、こういうバレるに決まっている初歩的なNG行為もやっちゃっているのではないか、と心配しています

(名義主義のことを知らないで登記移して後で問題に……というのは個人の方でありがちです。)

ちゃん資産法人帰属しているものなのかというのは大事ことなので、都の監査では確実に法人所有資産登記確認実施してもらいたいと思っています

まぁ流石にこの線は無いと思うけど…。

有識者コメント求む

W杯での勝敗本質的ではないのではないか

しろあずきは自分が悪くなくても謝れる大人

まあ多分ほんとのことなんだろう。

アシスタント他人写真勝手に使って背景にする。カメラマンがみつけて怒った。

漫画家からするとフリー素材のバスから取ってきたにきまってるだろ。っておもって公開したんだろう。

それで次。ここで謝れる大人かどうか。まず、第三者目線なら余裕で謝るべきやと思うんだよね。ただ、当事者は「おれ、悪くなくね?」と思いがち。実際そんなに悪くないので対応遅れるんだわ。

anond:20221206163524

しろ昔はよくあん流行ってたよな。

ソシャゲと同じくらい流行ってたやん。

anond:20221207003943

じゃあルッキズム個人の嗜好だろ

美人専ってだけじゃん

お前に化粧をしろなんて言ってないんだが?単にあいつは化粧もしない不細工な女として終わってる奴と陰口をたたかれるだけじゃんw

「女は家にいて黙ってろ専」や「女は生意気な口きくな専」や「女は常にかわいくしていろ専」が個人の好みでいいんなら彼らは居てもいいわけ

彼らが大勢を占めれば差別(笑)的な価値観は保持されうるけれど価値観アップデートとやらは迫らないの?

個人の好みでいいんだあ~へえ~

2022-12-06

嫌いな業界タレントが歌っててもちょっと聞いてみる気になる音楽ジャンル

人間、生きてりゃ「あの業界の奴ら嫌いだわ」って思ってるジャンルがいつつやむっつあると思うんですよね。

俺の場合歌い手とかYoutuberとかVtuberとかのネットアーティストみたいなのが基本的に嫌いなわけ。

そんで、そいつらが歌ってる歌がCMで流れてきたり、アニメゲームタイアップとかで流れてくることが最近多くて、うぜぇなあって思いがちなわけ。

でもそこで思ったんだけど、流れてきた曲を歌ってるのが嫌いな業界タレントが歌ってるとわかった時に、とりわけイラッとするタイプ音楽と、別にそうでもないタイプ音楽がある。

具体的には、そんなに嫌じゃない音楽は、ギターロック(かつての下北系っぽいの)や、ポエトリーリーディング王道バラード音楽有識者からは大味で売れ線狙いと言われそうなやつ)、シューゲイザーなど。

イラだちが加速するのは、かわいこぶってアイドルポップ、アゲアゲパーティーっぽいクラブ音楽マイクリレーヒップホップナルシスティックV系ロックみたいなのである

単に増田が嫌いな音楽ジャンルじゃねえのと言われそうだがそうではない。俺はマイクリレーならニトロマイクロフォンアンダーグラウンド梅田サイファーが好きだし、V系ならマリスミゼルPierrotビジュアル系ではないがナルシス感があるバンドとしては凛として時雨も好きだ。

好きなジャンル音楽でも、嫌いな奴らが歌ってると思うと一転して腹が立つジャンルがあるのだ。

しかし、あいつらが歌って流れてくる曲はむしろイラっと来るタイプの曲調が多い。

俺が思うに、嫌いな奴らが歌ってる時に腹が立ちやす音楽ジャンルというのは、本人達(とファン)の中で盛り上がっていて閉じている感が強い曲調なのだ

から見れば、アイドルポップはファンサ的であり、アゲアゲ曲はパーティ参加者を想定しており、マイクリレーMC同士でイチャイチャやっている、V系自己陶酔とそれにうっとりするファンが見える、という感じ。

音楽というのは極論ファン向けではあるが、そうはいっても特に内輪感が強いジャンルだと思う。

にも拘わらず、ネットアーティストタイアップしたり、1stシングだかなんだかでYoutubeCMで流れてくるような曲は、これら内輪っぽい曲の割合が高い。

から耳に入った時に余計に腹が立つんだよな。

ネット発とかどうとか関係なく、まるで閉じた内輪のファン向け商売じゃん。

ファン外に聞かせるというスタンスや、自己表現としてアーティストやりたいっつう衝動が感じられない。

から、たまにsyrup16gみたいな下北系とか志人みたいなポエトリーラップとかMISIAみたいな歌い上げとかよくわからんシューゲイザーみたいなのをやってるやつがいるとちょっと聞く気になる。

日本応援し寝ければならない空気が嫌い

日韓ワールドカップでは韓国応援しかければならない空気が嫌いだったのでその気持ちわからんでもない

ガンダム水星魔女放送される日曜5時辺りのtwitter至っては本当に地獄だ。

しかし、結局のところ純粋に何か応援する気持ちをに対して、ネガティブな反応を示すのは自分の心にうしろめたさが残るものなんだよね

からSNSなんかでは極力否定的な反応はしないつもりなんだけど、お左翼様の発言はその心にあるうしろめたさを微塵も感じさせない堂々としてものである

彼らは長い人生の中で何か重要ものを学んでいない気がする。

anond:20221204072126

騒音問題とかって関係ない人が無責任に煽るんだよね

騒音?知るかよ!被害者我慢しろって

数十人の子供の金切り声と大人の怒鳴り声聞かされる身にもなれよって思う

新SLAM DUNK遊園地アトラクション

要するに今回の劇場版SLAM DUNKは、遊園地とかで体験するアトラクションとかと同じなわけ。

USJとかの遊園地に行った時に、3D眼鏡を掛けて乗り物に乗って、スパイダーマンとかの立体CG映像を見て、頭を空っぽにして「スゴかったねー!」と一時的に盛り上がるでしょ。遊園地アトラクション体験する時に「主人公人間性が描かれていない」とか「物語として破綻している」とか言わないじゃん。

試合後の勝利歓喜の中心が宮城リョータになるのは不自然だとか、安西先生宮城リョータアメリカ行きに何も言わず止めなかったのかとか、頭を空っぽにして遊園地アトラクションを楽しみたい観客が、そんな物語としての辻褄をいちいち考えるわけないじゃん。

そもそも彼らには、映画物語作品として楽しむという発想が無いの。彼らにとって何か物事を楽しむことは、イコール頭を空っぽにして楽(ラク)をすることなわけ。だから物語の辻褄を考えるとか、キャラクター作りの矛盾とか、映画を見て脳味噌を使うこと自体が、彼らにとっては論外なわけ。主人公宮城リョータと宣告されたら、もうそれだけで世界宮城リョータを中心に回る理由として十分なわけ。宮城リョータ過去とか家族関係とか、そんなことはそっちのけで「細かいことは横に置いて、とにかく試合シーンのCG表現だけは良かった!」としか言わないし、言えないわけ。

その反応で井上雄彦は助かったと思うよ。何しろ今回の映画で描かれた宮城リョータ過去家族の話は、ありきたりで陳腐な御涙頂戴劇でしかなくて、ストーリテラーとしての井上雄彦は完全に死んでいるという現状を如実に示していたから。でも「試合CG映像は凄い!」で盛り上がる遊園地の観客なら、ストーリテラーとしての能力が云々なんて細かいことは気にしないもんね。良かった良かった。

とはいえ井上雄彦本人が、今回の映画肯定的な観客たちから宮城リョータ周りのヒューマンドラマとか、そんなことはどうでもいい。とにかく試合場面だけは良かった」と言われていることを、どう思っているのかには興味がある。監督原作者として大きく力を注いだはずの人間ドラマ部分に関して、観客から「そんな部分はどうでもいい」と言われることは、普通ならば物語作家として屈辱的だと思うんだけどね。

マンホール爆発事故男性2人死んだのか

危険業務をやらされるの男ばかり

これで賃金だけ男女平等しろと女がいうのだから地獄

お前らは知らんかもしれんけど騒音問題の近隣トラブル戦争なんだよ

長野市遊園地問題で近隣トラブルになっていて、どうやらじいさんがクレーマーだとして叩かれているらしい。

自分長野市住民でもなんでもないが、昔の激怒していた自分を思い出して体中が震えだしてしまったのでここに吐露して発散していく。長野市の件については、その裏にある事情は知らないので、自分はそれが良いとも悪いとも見当もつかないが、外野が好き勝手に述べてじいさんを罵倒したり「クソ自治体」みたいな発言をしているのがとにかく気に食わないのでここで色々と述べていこうと思う。また、自分はじいさんの擁護者ではない。

まず子どもが集う施設というのは、NIMBY(我が家の裏には御免)というカテゴリに属する施設である。これは誰がなんと言おうが、子どもが集う施設というのはもうそういうものであるNIMBYとは、社会全体には利益を与えるが、その近隣住民には損害を与える施設のことだ。こういうものはたくさんある。基本的には「社会全体のためにお前が我慢しろ」という施設になっている。また、補償がないことも多い。子どもが集う施設に関する補償特になにもない。「子どもの声」を「損害」扱いという部分で怒りを抑えられなくなる人もいるだろうが、いったんそういう考え方の人がいると思って飲み込んでほしい。「騒ぐ子どもの声量は大きい」と「大きい音に耐えられない人もいる」という2点については、誰しもそれぞれ同意できるはずであり、「世の中には、騒ぐ子どもの声量に耐えられない人もいて、そういう人は損害だと感じていそうだ」というふうに、客観的視点で読み進めてほしい。実際そういう人は存在している。

話がややそれてしまったが、なぜ騒音問題子どもがつくと大きなトラブルになるかというと、「子どものためにお前が我慢するべきだ」という強制が働くからだ。こういう考え方を「子どものことを考えろ主義」といい、詭弁一種である

子どもを抜きで考えた場合騒音問題は「騒音に悩まされて可哀想に」という話から始まる。ここでは明らかに騒音我慢するべきだ!」というようなことは言えないだろう。しかしそこに子どもが入った途端、「子どものためだからね。めでたしめでたし」という概念で上書きされる。しかし、騒音問題自体はなくならない。「騒音問題の話はどこに消えた?」である

子どもは当然守られるべき存在だが、「子どものことを考えろ主義」をその親が使ってくると非常に厄介である簡単に例えよう。

あなた限定品が欲しくて、あるお店でその限定品のために並んでいたとする。あなた限定品を無事手に入れることができたが、その後ろに並んでいた親が急に「それはうちの子どもが手にするべきものだ」「お前が大人のくせに限定品を得ようとしたために、子どもはひどい目に遭う。子ども可哀想だ。全部お前のせいだ」と強硬に主張してくる状態のようなものである。(あくまで例えであって、騒音問題と同等の主張であると言いたいわけではない)

別の例で例えると、ベビーカー子どもを載せて電車に乗る行為問題ないが、ベビーカーを振り回して席取りをしようとしている親だったり、「ベビーカーを持っているのでそこに座らせてもらっていいですか?」というように尋ね、断ると「子どもがいるんですけど……非常識ですね……」と言ってくるような、子どもを使って権利を主張してくる大人たちがいるということだ。彼ら彼女らは「我々は少子化に対抗する戦士であり、それに抵抗する存在邪悪である」という信念を持っている。

こういう行動を起こす人々は「子持ちの人」というカテゴリで括られるべき存在ではない。彼らは容易に「子持ち全体に対する挑戦をされた」というように論理をすげ替えようとする。そして「子どもがいるのに酷い」「こうやって少子化が広がっていくんだ」という論理を使っていく。ミサンドリストフェミニストと名乗るようなものである普段は人を攻撃するが、都合が悪いと子供を盾にして自らを守り被害者になろうとするという、文字通り子どもを盾にするのである。彼らにとっては、子どもとは、自分利益をもたらす便利なツール・グッズ・免罪符しかない。

誤って解釈してほしくないが、子どもは大切なものである。「子ども排除せよ」と言っているわけではない。容易に論理を捻じ曲げられるので注意しなければならない。小さい子どもに罪などは一切ない。子どもではなく、その親と戦っているのだ。

そして、実は「子どもの出す騒音」それ自体は、それほど大きな問題ではない。子ども騒音は確かに問題であって長期間続けば耐えられなくなりノイローゼになりかねないという状態になり、たいへんきついものだ。ただし、事をより大きくするのはそれに対する適切な対応が全くなされないことにある。『「子どもが出している騒音」にクレームを出すクレーマー vs (可哀想子ども+それを守る善良な大人たち)』という構図そのものが、騒音を出している側のロジックによる考え方であり、これがこの構造のまま大衆化されると、非常にテキトーな扱いになる。「子ども騒音に端を発する問題」という形で、その周辺の問題も含めて、すべての問題の焦点が「子ども」になっていく。しかし、子どもが悪いわけではない。子どもが悪いわけではないというのは、何度でも言っておく。その親が悪いのだ。ここは間違えてほしくない。本当に簡単すり替えてくるからだ。

実際の問題は、子どもの出す騒音について「なんら対策をしない」「対策をしようともしない」「それを指摘する側に問題があり『異常』だと周りに噂を流す」だったり、わざと嫌がらせをするだったりである長野市で言えば多くの車の長時間アイドリングや、盆栽の踏み荒らしなども発生していたらしい。こうなってくると、もはや子ども騒音というのは問題ではなく、大人 vs 大人の、れっきとした権力闘争の構図であると思う。(※注意: 長野市問題については自分意見を持たず、どちらの側にも立たない。じーさん側に問題がないとは言っていないし、子ども可哀想であるのはそのとおりだと思う)

子どもを盾にする人側のロジックでは、「キチガイがまた『大したことでもないこと』でクレームを入れてきた」という観念を抱えているため、対話不可能であるそもそも最初は当然対話をしようとしている。(また、クレーマー側でも意味不明クレームを入れている場合も多くあるはずであり、自分は常にクレーマー擁護したいわけでもない)

子どもを育ててるだけなのに、クレームを入れてきて迷惑だ」vs「ふつう暮らしているだけなのに、騒音解決しようともせず、当然のように我慢を強いてきて迷惑だ」という状態になってしまうと大変面倒なことになる。どちらも正義だと思っている。これは戦争である

これについて、刑事でも民事でも事件化はできず、自治体警察も非常に難しい対応を迫られる。「対応」とはいうが、実質何もできないのである。ただ「犯罪がないかどうか」「合法かどうか」しか見れないのだ。よって、合法下での自力救済しかない。法はあなたを守ってくれはしない。誰もあなたを守ってくれはしない。あなた自身の力か、金の力しかない。日本では、騒音問題は「それは運が悪かったですね。我慢してください。それが法ですから」ということになっている。社会とはそういうものだ。

「そんなところを選んだお前が悪い」「引っ越せ」という、思慮に欠けた意見散見される。当然そういう場合もあるだろう。ただし、こういうのは事前にわかものではないし、引っ越すには尋常ではないお金がかかる。持ち家であれば尚更で、下手すると数千万単位で金が変わってくる。つまり人生の中でもかなりの上位に上がってくる最強最悪のトラブルである。嫌いなやつのためだけに数千万円は普通は払えない。数千万円は言い過ぎかもしれないが、ただ引っ越すだけでも、引っ越しというものは50万円だったり100万円かかるものだ。月に2万ずつ貯めていたとしよう。4年の努力を捧げることになる。嫌いなやつのために。普通我慢ならないだろう。

そして、トラブル悪化すると、人生で最も嫌いな存在自分のすぐ近くに住んでいるという状態になる。「考えないようにする」ということができなくなる。騒音存在をすぐに思い出し、精神が持っていかれる。「殺す」か「殺さない」か、そういう考え方が頭にのぼってくる。これはジョークや笑い事ではない。精神が奥深くまでやられる。絶えず戦闘モードになる。戦時下という気持ちだ。あとはもうやるかやられるかだ。どちらも異常になる。人はいとも簡単に狂う。自分だけではない。相手が『「自分が死んでくれればいい」と思っている』と思うようになる。

死ね!!!!」と絶えず言い合っているのに離れられない関係というのは、歪んだ親子か、近隣住民以外には人生においてそれほどない。会社なら簡単ではなくても辞められる。家は簡単には辞められないのだ。

もし少子化対策のためというならば、社会全体でなんとかしなければいけない。「ミクロ個人単位我慢解決すべき」という結論は誤っている。それは子育てする側からみてもそうであると思う。ここでは、「子育て側の方が悪」のように見えてしま論理展開をしているが、子育てしている親は窮屈な思いを抱えているはずであり、れっきとした社会問題であると捉えるべきだと思う。しかし、現実的には、社会はそう簡単に変われるものではないため、個々で見れば自衛するしかない。

「近隣トラブル戦争」というのが理解できない人や、「結局子育てする側が我慢しろってこと?」という理解になってしまう人は、せめて平和に家で暮らすことができているという幸運を噛みしめるべきであり、自分の子もの周りでそういった話を聞かないという場合は、人知れずして我慢している人がいるのかもしれないことを知っておくべきだと思う。「静寂」「平和」は贅沢品である。いい人は、同じ目にあっても「まあ子どもからしょうがないですよ」「いやいや!子どもは騒ぐのが仕事ですよ」と言えるのだろう。それはたいへん立派なことだと思う。ただしそれは余裕があっての論理や、他人事であるからそう言えるだけであることを忘れてはいけないし、強制できるものではない。全員が聖人君子になれるわけではない。

これはアンモラルがどうのとかそういう話ではない。あなたもそうなればわかるかもしれない。

ただ、そうなってから気付いても遅いのだ。「そんなところを選んだお前が悪い」のだから

そして残念ながら、今の社会解決できるほどの余力はない。ただ「そんなところを選んだお前が悪い」のだ。

ももしそうなったとしたら、自分あなたと同じように苦しんだことを覚えておいてほしい。身の周りの誰もがあなた理解してくれなかったとしても、世界にはそういうことをわかってくれる人はたくさんいることを覚えておいてほしい。それだけで心の荒みはやや緩和されるだろう。

ただこの話は、伝えたい人には伝わらない話でもあると思う。この話を見て「自分自分の子どもが他人にそんな思いをさせてるかもしれない……大丈夫かな」とすぐに心を痛めた人に心を痛めてほしいわけではない。そういう人たちには、ただ「子育てを頑張ってください」とだけ伝えたい。この話は「はあ?身勝手。黙ってろ。うるせえな」と、気にもとめない「子盾の親」たちに伝えたい話である。伝わらないだろうけど。

まり、運が悪ければ、そういう人と戦争することになる、ということだ。そしてそういう人たちもまた、「我々」戦争することになる。

まあこれが2022年日本だということ。少子化は仕方ない。

anond:20221206200746

「PK100%決める方法知ってますか?俺は知ってますよ。だから俺を監督しろ

anond:20221202205038

津波映像被災者配慮して多くで自主規制してるのにな

あらゆる配慮を要らないというならまず津波描写復活しろといって統制状態をなくすべき

フリーランスとかは守るべき、だとはまあ思うけど

それは非インボイス方式によってではなく社会保障社会保険とかのセーフティネットによって行われるべきだと思う。インボイス方式批判している人達もなんでインボイスをやめろではなくインボイス方式になって苦しむ人達が出てきても良いように他のセーフティネットを整備しろと言わないのか謎。

ライブ会場における身長差について

ちょうどいま開演待ち。整理番号順に入場して、好きな場所に立って見るタイプライブ

自分は160cm程度の身長で、至って平均的なのだけど、それよりでかい人が前にいたら見えない。なるべく、小柄な人の後ろに立つようになるよね。

私の後ろに、145cmくらいの小柄な女性二人組が入ってきた。私の隣には180cm以上ある、人権のある男性いるから、その後ろは私でも見るのは無理だろう。

女性二人組は口々に「ここみえな〜い」「えっほんとみえいね」「みえないのよねぇ」「ちっちゃいからね〜」って言ってるのよ。

隣の男性はじっとしてるけど、いい気持ちはしないだろ。暗に「そこ邪魔からどけよ」って言ってるようなものからさ…

黙って見えるとこに行け、あるいは我慢しろ

なんかどさくさに機材席に侵入しようとして止められてるし。迷惑千万

紙の同人誌ばっか重宝されてるのか理解できんってのはわかる

同人誌の値上げやめろネットでアップしろって怪文書マロが出回ってるけど、まあ言いたいことはわかるわ。

何でいまだに紙の同人誌がもてはやされてるか理解できない。

ネットでいいじゃん。個人サイトなりSNSなり。

というか、ネット公開って二次創作とすごく相性がいいと思う。

何より書き手読み手無料で出来るので二次創作同人の「版権で金儲けしない」って言う大義名分を失う可能性が低い。

同人誌メリットって自分で思いつく限りでは「18禁本を売る時、対面で売るからちゃんと年齢確認が取れる」ってくらいしかなかったんだけど、子供転売したバカが現れたせいでそのメリットすら消え失せた。

なら最初からネットで公開する方が良くね?

原価高騰がー赤字がーっ転売がーって言うなら無料で公開でいいじゃん。

やっぱりお前ら金儲けしたいんだろとは言わないけど、紙の本ばっかありがたがってる状況が気持ち悪すぎる。

AIイラストの楽しさがわからない人って「作る楽しさ」「育てる楽しさ」を見出したことがないんだろうな

単にマネタイズするためだけとか、物見遊山とか、変な画像を出させてバズるためとか、そういう見方しか出来てない人が結構いる。

でもAIイラストって明らかに創作活動としての面白さがあると思うんだよね。

まず間違いなくソレはプログラミングに近い楽しさを持っていて、効率のいいマクロを作るためのPDCAとしての面白さがまずあるんだよ。

生成される絵はそれもまた間違いなく「絵画」の一種なわけで。

結局は使っている「画材」が違うだけなのよ。

作者が「目的」「テーマ」「道具」「表現方法」「画風」「描写物」「デザイン」「方向性」を決めていって、そうして考えた理想形に近づける作業

これはある種の感受性を持つ人からすれば「どう考えても楽しい」のよな。

試行錯誤できること自体面白いし、ループさせられるスピードの早さも面白いわけ、学ぶための環境は揃っているし、やれることは無数にあるわけよ。

結局さ、AIイラストを楽しめない人は「遊び方」を学ばずに今日まで生きてきた人なんだと思う。

実際結構そういうのって多くてさ、究極は「勝つ」「稼ぐ」「褒められる」「生き残る」の4つにしか興味がないタイプの人。

恋愛をする時に「こういう彼氏がいると他の人が羨ましがりそう」みたいな所から入る人や「世間ではこういう人と付き合うと勝ち組とされている」ばかり考えてる人ね。

まあこれについては、学校社会や親がそればっかり教えて、多くの遊びを「無駄」「将来に繋がらない」で切り捨てたがるのを素直に聞いたらこうならざるを得ないんだと思う。

そういう生き方別に不幸だとは自分も思って無くて、むしろ凄くシンプルで羨ましいとさえ感じてる。

だって「稼いで褒められて生き残ってそれで勝ち」っていう単にそれだけが目的で生きられるんだったら、人生の悩みなんて寄り道しまくって目移りしてる人の半分ぐらいで済むわけじゃん?

まり人生を歩みにおいて有利なわけだから、結局は生き残りやす人達ってそういう人達なんだよね。

からそういう人達が世の中にはたくさんいる。

世の中にたくさんいる人達AIイラストに「遊びとしての楽しみ」を見出す才能、考え方を持ち合わせてないんだから、そりゃまあ結構な数の「AIイラストやってる奴は単に褒められたいだけの手抜きか、楽して金稼ぎたいだけの卑怯者」みたいな風潮も産まれるのかなって。

しゃーないとは思うんだよ。

でもなんつうか、それがこのまま主流になっていくのを見ているのはちょっと寂しいなとも感じるわけ。

anond:20221206113241

まあ確かに、今回のPKは運では片付かないレベルの酷さだったね。もちろんあれでも半分くらいの確率では

入っただろうから運の面が無いわけではないのだろうけど、8割は入るとされるPKが5割しか入らないとなると厳しい。

とはいえワールドカップ決勝トーナメントでのPK匹敵するプレッシャー練習できる場が本当に限られている

のでないかな。むしろもう精神面は諦めて、千本ノック式に僅かでも技術向上図る方がいいと思う。

もちろんプロから上積みは少ないと思うけど、今回のを見ていたら意外とまだ伸び代あるんじゃない。

anond:20221206120042

個包装されていない商品の袋を開けると食べきりたくなっちゃう勢なので、内容量が減るのはむしろ健康に良い気もしている。

わかる

パン乾燥するしうまくないのよ

なんで今時の政治主張ってこうも、特定の層に対して金をクレクレって方向の主張ばかりなんだろうか

子育て世代」だけに金を支給するよりも、全ての国民賃金を上げろとか、大学学費を下げろとかの主張じゃだめなの?

大学生に生活保護よりも、賃金を上げろとか消費税撤廃しろとか大学学費を下げろじゃ駄目なの?

なんで全体に対してあまねく効果のあるような政策を主張しないんだろう

40超えて独身マジできつい

後で後悔しても本当に間に合わんぞ

早く30代のうちに結婚しろ

外出して子供連れ見るだけでしんどくなるんだぞ

XとYを用意させるものにすんじゃねえ

〇いだら〇っち? おかげでXとYで計算するからまとめるのがクソ大変なんだよ!!!

どうして大変なのか

まずXとYで置くと、「XいだらYっち」となる

  • Xを「あ」と置くと「あいだらYっち」となる、Yに「あ」を入れると「あいだらあっち」、Yに「い」を入れると「あいだらいっち」……
  • Xを「い」と置くと「いいだらYっち」となる、Yに「あ」を入れると「いいだらあっち」、Yに「い」を入れると「いいだらいっち」……

この繰り返しの文なら別にJavaでもPythonでもGOでも出来る

だが、存在するかどうかを調べるには最終的に目視必要となるだろ?

パターンはいくつあるのか

いくつあるか計算してやろう

50パターン × 50パターン = 合計2500パターン

本当に目視すべきもの

もちろん増田が言う「だいだらぼっち」のように成立するものもあるから広辞苑などの時点でいくらかは排除できるが、それでも数パターンしか消えない

しろ「ぬいだらびっち」や「はいだらえっち」とかのように大喜利的に成立するものが出るから、そっちの方が厄介だよ

SLAM DUNKTVアニメ

原作TVアニメリアタイしていたけど、TVアニメキャストこそハマり役揃いだったものの、全体の出来には不満しかいたことなかった。

オタク文句言ってるんじゃなくて、むしろ普段アニメあんまり観ないような人が、「絵がヘタ。原作と比べて全然かっこよくない。動きもカクカクしてる」みたいに怒っていた印象があったよ。

大人になってからも名作アニメとして語られてるのを見たことがなかったので、急にTVアニメ原理主義みたいな人がワラワラと湧いてきてる今の状況が結構謎。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん