「しろ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: しろとは

2018-11-15

基本的人権ってクソ制度だと思う

世の中には死んだほうがマシな奴もいると思う

生きていてもだれも喜ばない

社会の役に立つ事なんてまるでしていない

しろ生きているだけで人に迷惑かけたり不快な思いをさせてるって奴

そんなゴミでも凶悪殺人事件でも起こさない限りは生きる権利が認められるっての

合理性にかけるだろ

なんのメリットがあるんだよ

じゃあてめえが死ぬ事になるぞとかつまんない事は言わないでね。

Youtube PremiumとかAdblockで良くね?

俺の所感だけどAdblockってどうもただの情強っぽく見られてる感じがすんのね。

例えば漫画村とかAnitubeとかMusicFMみたいな違法サイトって叩かれて然るべきみたいな感じじゃん。

使ってる奴はクズゴミカス泥棒

俺もそう思う。

堂々と違法サイト利用してますなんて公言してた奴らみんなに晒されて叩かれてさ。

でもAdblockはどうよ?

Youtube Premium?Adblockなら無料広告非表示にできるよ?(ドヤ

みたいな。

なんならむしろAdblock使ってない情弱いる?みたいな。

でそれを叩く人が少ないこと。

いやちょっと待ってくれよ。

Adblock使ったらさ、広告非表示にしたらさ、広告収入得てる人たち死んじゃうよ。

別にそんなの俺に関係いからどうでもいいでーすって言うんならそれ以上何も言わないけど。

Adblock使ってるの公言するのって違法サイト見てるの公言してるのと同じだぜ?

-

いや違法サイトと違ってAdblockって違法性はないんだよね。

俺は法律に詳しくないから実際どうかは分からないけど。

少なくともググった範囲では違法なんて出てこなかったし。

どっかで合法って判決すらあったらしいし。

から違法サイト見てるのと同じというのは違うかもしれない。

でも違法じゃないからいいかって言ったらそれは違うっしょって思うよね。

違法サイトだって見るだけなら合法とか言うし。

まだ法整備されてないだけじゃん。

その内違法になるのかと言われたらそれは知らんけど。

ならなさそう。

-

まあそれは置いといて。

Twitterってクリエイターをヨイショするツイートってすげーよく見るのね。

最近だとヒルナンデスハンドメイドの件とか。

原価と販売価格だけ並べられるとぼったくりに見えるって。

販売に至るまでの諸々を無視しないでくれ、もっとクリエイターの魂を買ってくれと。

ヨイショのツイート見てると流石に大袈裟だろって思う。

ハンドメイドの件はほんの一例。

絵師とか漫画家とかがセンセーショナルに訴えかけてさ。

クリエイターを軽んじるなと。

-

絵師じゃないけどマリオランとかLineMusicとか、SwitchOnline有料化の時もそうかな。

あんま覚えてないけど。

小中学生が全部無料しろボケェ!つって喚いてるの。

でそれを大人たちが晒して今のガキは無料に慣れすぎ、みたいな。

クリエイターの事を分かってないねみたいなこと寄って集ってドヤ顔で言ってんの。

いや知識のない小中学生相手に何マウント取ってんのとは思うんだけど。

まあ正当性は当然大人たちの方にある。

-

そんな感じで、Twitter見てるとクリエイターには然るべきお金をって常々言われてる。

違法サイトもめちゃくちゃに叩かれてる。

なのにAdblockはどうか。

Adblock批判で俺が見た範囲内で一番伸びてるツイートがこれ。

https://twitter.com/glassmanbo2/status/1062564840022040576

たった37RT(2018年11月15日現在)

しょっぼ。(草の人さんごめんなさい)

みんなAdblockに対する罪の意識(罪ではないが)がなさすぎる。

たぶん単純にお金払って買うもの無料で楽しむのは明らかに悪。

でも元々クリックする気もない広告最初から非表示にしてもいいじゃん。

って感じだと思う。

無料の対価として広告を表示してるんだからそれを非表示にするのはどう考えてもダメなんだが。

-

-

長々と支離滅裂に語ったけど、結局言いたいことは、Adblockに対する意識を変えてくれってこと。

違法サイトと同じとまでは言えなくとも近い行為であることを理解してくれ。

めんどくさいかAdblockって書いたけど広告非表示系のプラグインアプリは全部。

Youtube Premiumの件でチラチラとAdblock名前が見えたので語った。

-

こういうの語ると逆にAdblock宣伝になるっていう諸刃の剣

逆にガラパゴスを売りにしたらいいのでは

という発想。

キャッシュレス決済もストリーミング配信も、日本は立ち遅れている。というか、現金払いCD購入がいまだに力を持っている。

ここを見るようなはてなの人々は前者を勧める、あるいは推進する人が多いだろう。ただし現状はまだそこまで動いていない。

政府が何をどうしようとも、国民のこういうところは治らないのかもしれない。世代が変わればあるいはしだいに動いていくのかもしれないが。

ところで近世以前の日本では、中国古典籍を大量に輸入した。とうの中国の人々が捨て去ってしまった典籍日本人は大事に保管して読んできた。

そして近代に入り逆に中国の蔵書家日本を訪れて書物蒐集する動きがあった。

またもう少し典籍を絞ると梁のオウガンが著した『論語義疏』という論語注釈書の注釈書は早く中国では失われたにもかかわらず、日本に何故かあって研究資すること大である

日本の「物持ちの良さ」はある場所では武器になるかもしれない。

ま、こんな感じでさ、ガラパゴスも悪くないわけよ。むしろガラパゴス求心力を生むこともあるわけよ。

生活に著しく不便を感じないのであれば現金買うのでも、CD買うのでもいいのかもしれない。

100年後、外国人に、彼らにとって珍しい物理紙幣物理貨幣を買わせて(両替させて)物理音源を買い物させる謎国ジャパン、という発想も部分的にはあっては良いのではないか

お酒がないと人間ストレスに耐えきれない

しっかりとしたデータが出てる

1週間のうち、飲酒する日数が増えるほどストレスによる精神疾患率は下がっていく

飲めば飲むほど良い

ただし、週に7日、要するに毎日飲むと途端に急上昇する

当たり前だが酒に依存するのでよくない

一方で健康への悪影響はまだよく分かってない

少しでも飲めば健康に悪いというのが今の通説だが

それが小さな影響なら精神疾患を防ぐためにも飲酒した方がトータルでは良いことになる

どちらにしろまらない人生を長く生きてもしょうがないので

お酒でもタバコでもほどほどに楽しんでほどほどに生きて死んでいくのが一番いいのだと思う

どうすりゃ良かったんだろう

会社の昼休みが始まる直前に取引から「すぐ近くに来ているので、今から伺ってもよろしいですか。ちょっと急ぎの要件があって」という連絡が来た。

相手が急いでる様子だったので「駄目です。昼休み中ですので、終わってからにしてください」と言うわけにもいかず、「大丈夫です」と応えた。

そうしてやってきた取引相手は『急ぎの調整』を終わらせた後、『ついでに』と細々した調整を始め、気づけば昼の時間はすっかりなくなっていた。

結局お昼ご飯を食べる時間がなくなってしまったので昼休み後にパンを齧りながら仕事をしていると、上司イライラした顔で「ああいうのはよくない。流石にありえない」と話しかけてきた。

Q. さて、たかし君はこういうときどうすれば良かったのでしょうか?

ちなみに私は「(そんな事俺に言われてもどうしろっていうんだよ……)」と思いながら「そうですね。気をつけます」と回答しましたが、取引先に「昼飯中に来るな」とか「急ぎの用件で来たならそれが終わったらさっさと帰れ」と言う訳にもいかないので特にその後何もしてません。

2018-11-14

anond:20181114233859

また気持ちわるい曲解レスが1番についてるけど。

こういう自由戦士英語でいうSJW、ソーシャルジャスティスウォーリアー。どこの国にもいるようです)みたいな、

なんでも自分の主張にこじつけて利用しようとしている寄生虫

純粋気持ち心の問題

まとわりつかれたくないという気持ちはよくわかります

外で書いたらそうなってしまいそうだという恐れも。

 

でも増田に来て書いてたら自分政治的主張に利用したいとネタを探しまわってるクズの思う壺なんですよ。

クズは何回でもおなじ曲解を書いて相手を主張で疲弊させたら勝ちと思っています

 

しろはてなブログのほうがid晒しているだけおだやかです。

同じこと書いててもクズは怖くてなにか言いには来られません。

ここをブログ認識しているなら普通にidとってブログ書いたほうがいいとおもいます

最後になりますがまっすぐな気持ち吐露ありがとうございました。

若い人がそういう気持ちでいることを表明することは絶対に悪いことではありません。

アイヌ問題でもありましたが、私は頭がおかしいとは思いません。

勇気あると思います

年をとってもかわらないでなどとは絶対に言いませんが、

政治で揉めていることに少なくとも自分だけは負けない気持ちを持ち続けて頭を上げて暮らしていってほしいです。

それがいつかは世間を変えられるとおもいます

anond:20181114225929

こんな国に外国人がわざわざ来るわけないだろ

そこそこ来てるのも今だけだよ。

みんなだまされてうんざりして帰ってくよ。

てゆうか、失踪者どんだけ出てんだよ?

今の日本はもう80年代じゃないんだよ。

最賃以下で働く奴隷がほしいって魂胆、国際的にもミエミエで世界から失笑を買ってるよ、最悪。

外国人労働者をバカにするのもいいかげんにしろっての。

いつまでも寝ぼけてんじゃねえぞクソ経団連どもが!!!!!!

anond:20181114224658

から並存にしようって言ってるのさ。淘汰されるにしろ生き残るにしろ自然に委せればいい。

淘汰されるようであれば、そんなに大した文化じゃなかったってことだ。

増田の言いたいことをわかってないバカが多い

>atsushimissingl そういう言い方したら、イケメン特撮ヒーロー女性性的消費されてるし、熊みたいなぽっちゃりおじさんもゲイ性的消費されてたりするし、なんだったら馬とか車の排気口とかもそういう対象になるし、人間は愚か

かにそうだけど、そういうことじゃないんだよ。

イケメンヒーローぽっちゃりおじさんと同じ属性の人、つまり男性は道歩いていて痴漢盗撮しょっちゅう逢いますか?「惨事のブスwww」などと言われますか?「○〜ん」とか性器呼びされますか?

二次元美少女オタクの崇拝の対象であると同時に弄りと称して貶められる対象でもある。田井中律はブスと言われたし、かれんさんはキュアババア呼ばわりだ。後者に関しては、それを知ったプリキュア好き女性にショックを与えても不思議じゃない。

二次元美少女がオナネタにされブス、ババアと貶められているのと、多くの、美少女ではない「惨事の」女性性犯罪に逢いブス、ババア惨事、○んさんと貶められるのとは、多かれ少なかれリンクしている。

後者オタク関係ないとは言わせない。オタク巣窟ニコ動まとめサイト女性蔑視で溢れている。

例えは悪いが、最近韓国反日話題だが、もしも韓国日本人キャラクターが「ファッキンチョッパリ!」と貶められ、そいつ原爆で殺す同人誌流行ったら、「二次元の話」なんて割り切れないんじゃないか?(たとえばの話です。日本人韓国人逆でも良い)

>tomoya_edw お前が傷つくからなんだっていうんだ。他の人全員の傷つくを何とかしてくれんのか?お前は他人の受け止め方全てを規制しないと気が済まないのか?なんて恐ろしいことを考えるんだ。

増田は「規制しろ!」なんて言ってないんだよ。ただの個人的な願望、吐き出し。それを「規制派!お気持ち!」と責め立てたら反規制派に転向するとでも?

規制しろゾーニングしろとは言わないから、せめて知ってておいてもいいんじゃないかね。

anond:20181112014205

anond:20181114221119

外国会社に勤めたら周りの現地人がみんな書類名前スタンプ嬉しそうにぺたぺた押してるのに自分だけ疎外されるとかむしろ差別だろ

anond:20181114220616

うん。むしろ本人から印鑑押してもらったと考えてる方がゆとってる。

玉虫色ってのは綺麗な色なんだよ。

anond:20181114220119

筆跡鑑定はしろと言われても素人には出来ない。だから本人のサインかどうか判断出来ない。

これはわかる

だけど印鑑だって本当に本人が押したかは分からないじゃん?

中国やばいっす

新卒日本給料の2倍〜3倍だすってやばいっす。

なんでそんな金あるんすか。

日本はむしろなんで金出さないんすか。

anond:20181114192224

そうだよな、批判するために買ってるかも知れないのに

あるいは読み物として面白そうだから買っただけかも知れないし

いずれにせよ『晒し上げ』なんて行為をするネットイナゴリアル死滅しろ

anond:20181113215044

とにかく外伝出すのは本編終わってからしろしか思わない

臆病と暴力のどちらかを選ばなければならない場合は、私はむしろ暴力を薦める。

オタクがいくじなしで、恥ずかしめに甘んじて、その自由表現をすてるよりも、私はオタク武器を取ってでも自分自由を守ることを望んでいる

youtubeじゃなくてGoogleMovieにしろ

あるいはGmovieとか。

gmailやgooglemapなんかと同じで名前統一しろよ。

善が形を変えて続いていたら今も成功していたが

 善ではなく悪が一度勝ったから、テロリストが出て、全部終わった

まり、お前が真犯人

早く自殺しろ

それから、善は、今でもブックオフとか、Youtubeで生きているし

うんこと思ってるのは悪人のお前だけだから

お前は殺された、以上

anond:20181114180152

でもキモくて金のないおっさんが顔に火傷を負ってもどうせキモいんだからどうでもいいし出勤しろと思うんですよねわかります

anond:20181114173428

お気持ち自警団の言うとおりにしろ野蛮人め!って話みたいだからね。くだらねー!

anond:20181114172408

日本人から書類改ざんするのは伝統だろ

なんもわるくない

しろ堂々とするやつは日本人じゃないね

[]ボヘミアン・ラプソディ

ボヘミアン・ラプソディ』を見てきたので感想。いつものごとくネタバレ気にしてないのでネタバレ嫌な人は回避推奨。あらすじ解説とかもやる気ないので見た人向けですぞ

総評

すごいぞなんと140点。点数の基準は「上映時間映画料金を払ったコストに対して満足であるなら100点」。なんでサントラ買いたいくらいには良かったです。

ただその一方で実はこの映画感想を書くつもりは当初なくて、というのも自分クイーンリアルタイム応援してたファンではないからなんですよね。もちろん日本人普通に暮らしていればCMやら飲食店の店内楽曲クイーンの曲は耳にしてるし聞けば、あああれね! くらいのことは言えるんだけど。

でもどうせファンの人がたくさんレビューを書くと思ってたんで自分が書く必要はねえでしょうと、思ってました。

フィクションでええやないか

んだけど、実際見てみてその周辺の感想とか聞くと、もやもやした気持ちが募ってきたわけです

やはり133分という限られた尺の中では出来事を省略する必要もあったり、感情動線設計エピソードの順序入れ替えなどは行われているわけです。そういう意味でこれはノンフィクションではなくて、エンドロールにも書かれているようにフィクションです。

本国広報プロデューサーもそう発言しているんだけれど、コアなファンであればあるほどそういう部分が目につき、ニコニコ笑いながら(多分なんの悪気もなく)貶すという光景がなきにしもあらず。

実在人物フレディ・マーキュリーの伝記的な映画でもある以上仕方ないのだけれど、正解/不正解という視点がついてきてしまう。

オタクオタクゆえ仕方がない心性で「かー。しょうがないな、この部分もうちょっとこういう描きを入れてほしかったな。かー」「よくやってるけど30点!(地獄のミサワの顔で想像してください)」的な、本当は大好きなクイーン映画がすごく良い出来で嬉しいのだけれど一言わずにはおれないような。そういう反応多いのです。

気持ちはすごくわかるのだが、ソロで鑑賞にいったこ映画の後ろに行ったカップル男性が「あいクイーンのことになると早口になるよね」で、なんか、すごくいたたまれなかったのだ。

からこのレビューでは物語フィクション)としてこの映画おすすめします。

若い人もクイーン知らない人もちょっとしか知らない人も寄っといで。これはとても良い映画だったよ。知識なんていらないよ。単体で物語としてよかった。だから観るといいよ。そういうレビューです。

何もないという窒息

映画はフレディがクイーン前身バンドであるスマイルメンバーに声をかけるあたりからまりますデビュー前のフレディは当然まだ若く、瞳だけがギラギラした挙動不審青少年で、当たり前の話だけど何も持ってないわけです。

何も持ってないというのは、金も実績も名声も持ってないし、家庭ではなんだか居心地が悪いし、将来の確固たる保証もないということで、その何も持っていないという閉塞感が初っ端から強烈に描写されます

それがすごく良かった。

それは、この映画ロック界のスーパースター伝説偉人フレディー・マーキュリーを崇める映画ではなくて、何にも持ってないチンピラのフレディから始める映画だっていう鮮烈な意思表示なわけですよ。

野心を持った若者っていうモチーフ映画でも小説でもよく出てくるモチーフなのだけれど、若者は野心を持つってわけではなくて、それは全く逆で、財産らしきものは他に何も持ってないから野心ぐらい持たないと惨めでやってられないってことですよね。

作中で描かれるフレディがまさにそれで、デビュー後彼はすぐさまオレ様キャラを発揮し始めるのだけれど、最初デビュー前のシーンでは内気で繊細な少年なわけですよ。オレ様ってのは去勢だとすぐわかる。スカウトの前でも音楽プロデューサーの前でもでかいことを言うけれど、それは「いまは何者でもないチンピラだ」ってことを当の本人たちが痛いほどわかってるからにすぎない。

かに伝説バンドクイーンメンバー全員が稀有な才能を持っていて音楽に愛されていたのかもしれないけれど、でもそれは人間的な弱さを持っていなかったことは意味しないし、何も持ってないし、何も確かなことがない。将来何になれるかわからないし、不安だけど、弱みを見せるわけにも行かない。それって、青少年普遍的鬱屈だとおもう。そういう意味で、スクリーンの中のフレディは、たしかに観客席と地続きだと感じました。

生存戦略としての虚勢

から無駄に見栄を張り無駄喧嘩を売ってオレ様は天才なので何をやっても大成功なんだぞー! と嘘でも吠えなきゃならない。それは文字通りの意味で虚勢なのだけど、フレディはその意地を張り通して段々とスターへの階段を登っていくわけです。

生存戦略としての虚勢で、それがある程度以上に通用成功する。

からこそフレディは問題解決する手法として去勢音楽しか持たないわけです。下手に成功しちゃったから。そして、バンド内で揉め事が起きても、スポンサー揉め事が起きてもこのふたつで解決していくしかない。他のノウハウはびっくりするほど何もない。

でもその問題解決手法アーティストとして成功するために最適化されているために、フレディ個人内面の寂しさや煩悶を癒やす役には全く立たない。

溝ができつつある恋人であるメアリーとの間をなんとかつなぎとめようとするフレディのやり方は、小学性みたいに真っ直ぐすぎて、純真ではあるのだけれど多分恋愛検定で言うと偏差値43くらいでとてもつらい(っていうかお前隣り合った家の寝室の窓から明かりのオンオフ相手確認するとか昭和少女漫画クラスやぞ)。

バンドメンバーとの関係傲慢ワンマンが過ぎてギクシャクしていくが、こち解決傲慢&虚勢に仲間に対する甘えをトリプルでどん!! しているわけでお前よくこんなんで空中分解しないな?(とおもってたら分解した)という感じで、これまた辛い。こっちは偏差値41くらい。素直でない分2低い。つらい。

全体的にコミュ力中学生レベルでしょう(つらい)。

自分性自認ヘテロなのかゲイなのかで悩むフレディは、その鬱屈がたたって恋人メアリーとは距離を置くことになってしまうし、それをきっかけとして私生活が荒廃していくわけです。周辺に金をばらまき、ドラッグ乱交パーティーに溺れていくけれど、それで内面の寂しさは癒せない。

そもそも音楽&虚勢という生存戦略アーティストとしてのし上がることに特化しているので、私生活を豊かにするには役に立たないわけです。それどころかスターダムにのし上がればのし上がるほど、マスコミの下世話な視線に晒され、心無い詮索で私生活崩壊していく。仕事音楽)に逃げ込もうとするその弱い心が、事態を決定的に悪化させてしまう。

バンド危機だし、フレディは仲間からも「キミって時々本当にクズ野郎になるよね」といわれてしまう。スクリーンを見ながら「せやな」と言わざるをえないわけですよ。

フレディは、フレディの才能に殺されつつあるわけです。

でも、やっぱり、救いはある

この映画ふたり大好きな登場人物が居て、そのひとりはバンド精神的なリーダー?であったブライアン・メイ(演グウィリムリー)。この人の演技が、めちゃくちゃ良かった。特にセリフにならない表情の動きみたいなもので、映画の深みを何層も掘り下げてくれました。

喧嘩をした直後に浮かべる「仕方ないなあ」というような許容の表情や、ラストライブシーン中の「言葉にしなくてもわかってるよ」とでもいいたげなさりげない承認の表情など、どんだけバンドが砕け散りそうでも、メンバー音楽に対する愛を、演技だけで表現してのけた。ぶっちゃけすごい。

朴訥な、言葉は悪いけれど垢抜けない田舎者風のキャラ構築だけど、静かな思いやりと知性が感じられるっていう難しい役だったのにね。

もうひとりはジムマイアミハーバー。このひとは、当初クイーンというバンドプロデューサーから紹介された弁護士として登場します。契約面でクイーンを支えるためのスタッフのひとりでした。

出会ったその最初のシーンで(ヤング傲慢な)フレディからジムという名前はつまらないんでマイアミに変えろ」くらいのことは言われて笑いのもととなり、つまりコメディキャラ位置づけです。

でも物語中盤、フレディは誤解と癇癪からマネージャーであるジョン・リードを一方的にクビにしてしまうわけです。そしてフレディは、後任のマネージャーを「次のマネージャーはきみだ」のひとことで、その場に居たジムマイアミハーバー押し付けちゃうわけっすよ。

そんなの嫌でしょ。自分なら引き受けたくないです。だってクイーンの連中は音楽やってるとき以外は飲んだくれてるか喧嘩してるか女といちゃついてるかで、偉そうだし、わがままだし、人の話聞かないし、どう控えめに評価しても糞ガキ(主にフレディ)だもの

でも、ジムマイアミハーバースタジオ演奏しているクイーンを見て、引き受けてしまう。「わかった、やるよ!」といってしまう。それがすごく胸に詰まるシーンでした。

だってさ、たしかクイーンは(主にフレディ)は人の迷惑を考えないクソ野郎だけど、音楽の才能は本物で、それ以上に音楽と観客に対して真摯なのは見ててわかるんだよね。そこだけは本気で一切手抜きしないで、いいものを作ろうとしてるのがわかるのだ。

ジムマイアミハーバー弁護士としてのキャリアもあるし、こんなワガママ集団のお守りなんかしなくても十分生活できるはずでしょ。一方、クイーンマネージャーを引き受けるっていうのは彼らのツアーもついていくだろうし、各方面からの問い合わせやスケジュール管理もしなきゃいけないわけでしょう。それは控えめに言って、人生を捧げるってのとほぼイコールですよ。このわがまま集団を守って、彼らの盾になり続けるという意味だ。

立派な大の男の人生進路変更させてしまう、クイーン音楽のちからってのは、別段彼らの業績を知らないスクリーンこちらの素人にも、やっぱり分かるんですよ。そこで迂闊にもホロリと泣けてしまった。

(あとで調べて、彼ジムマイアミハーバー本人は最後までマネージャーを続けて、この映画制作にも関わったことを知って二度泣けました)

チャンピオンは誰だったのか?

フレディは前述の通り、性自認問題やら持ち前の癇癪から疑心暗鬼になって、「家族」とまで思っていたバンドメンバーを遠ざけて孤独になり、その孤独がつらくてより酒におぼれて生活がぼろぼろになっていく。

でもそういう最悪の時期を、元恋人メアリーの助言で断ち切ってバンドメンバーのもとに戻るわけです。

そこから映画クライマックスへ、復帰のための厳しいレッスンから1985年のライブエイドに向かっていく。自分HIV罹患していて余命がいくばくもないこと。でもそれでも「同情はゴメンだ。俺の望みは残りの人生音楽に捧げることなんだ」とフレディは仲間に言うわけです。

それに対する仲間のアンサーが「お前は伝説だ」と。

でもフレディは「俺たち全員だ」と応えてライブへとつながってゆきます。幾つもの和解があって、ライブ当日、フレディは素晴らしいパフォーマンスを見せる――というのがクライマックスの展開なわけです。そこで立て続けに流れる名曲の数々ですが、やはりひときクローズアップされているのが"We Are The Champions"という楽曲です。

おそらく誰もが耳にしたことがあるこの曲が名曲だってのはもちろんあるんですが、やはり、この物語の中では、すごく重いです。そして良かったです。

この曲は確か公開当時「傲慢歌詞だ」という批判を受けたはずなんだけど、実際映画館で、物語の中で聞くと、ちっともそういう曲には聞こえないんですよ。歌詞のものは「俺たちはチャンピオン勝利者)だ。今まで色々やってきた結果勝利者になった。敗北者に用はない。俺たちはこれからも挑むんだ」というもので、なるほどそう要約してみれば、傲慢にも聞こえます。とくに大セールスを記録した世界アーティストのそれともなれば、そういうやっかみを受けるかもしれない。

でも、そういうふうには聞こえなかった。

しろ、今まで自分たちがやってきた努力や行動のすべてを自分たちは自分たち自身に胸を張っているけれど、それを周囲には理解してもらえてない、“未だ自分たちは最終的な何かを何も受け取っていない”若者である自分が、自分自身に対して「俺たちは勝利者だ」と励ましているような、自分友達鼓舞するような、そんな曲に聞こえるのです。

しかに名声も金も手に入れたけれど、でもだからといってそれがゴールだなんて思わない。今現在環境は決着ではない、だから敗北者に用はない。もっともっとおれたちは目指す何かに向かって、求めていた何かに向かって手をのばすんだ。そんな歌詞に聞こえてしかたがないわけです。

人間人生の何処かのシーンで、自分を励まさずにいられない心境になるってどうしようもなくあると思うんですよ。

苦境にあっても、自分は間違っていない。今まで歩いてきた道は愚かだったわけではない。それを証明するために現在という試練を超えて、未来で何かを手にしたい。

そんな気持ち世界アーティストであろうともそこらに兄ちゃんおっさんであっても、抱くことはある。むしろそこらのおっさんやおばさんだからこそ、自分応援する必要がある。多くの観衆のそういう内面祈りのような感情を、本人に変わって歌い上げるからこそ大スターになれるんじゃないかと思うわけです。

から"We Are The Champions"という曲におけるWeは、フレディでありクイーンメンバーであり、ライブエイドの観客であり、そしてこの映画を見ている人間でもあるわけです。

それがとても良かった。この映画自分に関する物語として見れることが、とても良かった。

これらのことは別段クイーン情報を知らずとも、楽曲に対する知識がなくてもこの映画を見るだけで十分についていけます

この映画は、伝説バンドクイーンというのが居てその偉業にひれ伏すためのものではなく、かと言って歴史的事実に対して○×クイズをするための出題でもなく、音楽に深い愛を捧げた内気な少年プライドと虚勢を頼りに世界と戦った――そして最後には家族の元へと戻り偉大な勝利を得た。

そういうビルドゥングスロマン映画であって、あるいは中途半端知識のあるファンよりも、何も知らない世代や人々にこそ深く刺さるものだったと思います

anond:20181114160619

横さんにはすまないが、こいつは常識がないのでどれもつまらないと思う。

・まず表現の自由が「表現者自由」でなく「表現を受け取る側の自由」と思い込んでた

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%A8%E7%8F%BE%E3%81%AE%E8%87%AA%E7%94%B1 表現の自由作品発表するがわのためのもの

  

・そして、BL本には有害図書指定はおこっていないとおもっていた。

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/dms/ss/bukai/H28yugaitosyo.pdf 拷問本、BL本もエロ本同様規制対象だ。

 

一般女性が指摘したこと規制本が増えるとおもっていた。実際は発売前に議会などで決定されている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E5%AE%B3%E5%9B%B3%E6%9B%B8#%E6%B5%81%E9%80%9A%E6%A5%AD%E7%95%8C%E3%81%AE%E5%AF%BE%E5%BF%9C

 

・で、いままでに一般女性が指摘したこと規制がかかった作品リストはあるのかと尋ねたら

https://anond.hatelabo.jp/20180927093435

CMという棲み分けできない(子供が目にする可能性がある)ものだけを挙げてきた。そりゃそうだ。

どれもさほどオタク向け萌えコンテンツには見えない。

指摘した側は原作レイプとか現実認識を曲げるものフィクションとして棲み分けしろっていってるだけ。

子供が目にしてはいけない作品女性用に存在していないわけではなく(2つ上のリンク指定図書リストにあるとおり)、

書店ではなく電子書籍ネット通販で買えばいいだけで、成人女性はたいていそうしている。

なぜ自由戦士は電書が買えないとおもったのか。

未成年で電書登録できないのか。

なら子供のくせにエロ本リアル書店で好きなだけ買いたいなんてワガママなだけだろといったら発狂して最初から表現の自由ガー(受け取る側の自由よこせ)と繰り返し始めた。

 

 

さら腐女子プロ漫画家表現自粛させられた経験として

黒子のバスケ脅迫事件https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E5%AD%90%E3%81%AE%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%B1%E8%84%85%E8%BF%AB%E4%BA%8B%E4%BB%B6

があるのも知らなかった。犯罪がおこりそうなとき参加者全員が安全第一でやる。あたりまえだよな。

 

常識だと思うんだがなー

anond:20181114152802

日本しか起きない』は人間という種を舐めているし、むしろ大和民族至上主義者と言われてもしょうがない。

そう!「日本のここは素晴らしい!」番組みたいのには本当に口汚く罵倒するくせに(そもそも「(世界は素晴らしくなく)日本(だけ)素晴らしい!」ではないのだから日向を写せば明るいみたいなものしかなく、それで目くじら立てる人の方が変わり者である)。彼らがネガティブな面でも「日本だけ特別」論に与するのは意味が解らない。

anond:20181114142650

無くはない。

日本しか起きない』は人間という種を舐めているし、むしろ大和民族至上主義者と言われてもしょうがない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん