「全然」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 全然とは

2018-04-23

anond:20180423193234

セクハラってそんなに重大な問題か?」って書いて集中砲火受けている増田を読んで結構驚いた。アレがネタとか釣りとかで無く本気で書かれているんだとしたら、結構深刻に社会性の認識がズレている一団がいるって事だよね。ブコメの中にも少ないけど、同調してる人もいたし。眺めててちょっとマジかよと思った。

そうですか。

書いてもどうせ論点霧散すると思うけど、まず最初に「報道されている事が全て真実だとしたら次官行為はマズいよね」って所から話しをしてみる。

霧散しないように書けよ。まあいいでしょう。それで?

まず問題になった録音の当日。電話記者食事呼出したのは次官。これどう考えても「親睦深めましょう」って趣旨呼出しじゃ無いよね。

①それはあなた感想ですよね?あなたの考えられる範囲での「どう考えても」であることを忘れないようにしましょう。

例えば私が「いやどう考えても『親睦深めましょう』って趣旨の呼び出しだよ」と言ったら個人の感想のぶつかり合いになります

②最終的にそれを決めるのはあなたではありません。決めてよいのは裁判所です。もちろん、裁判所理想的には「民衆の総意」を反映する訳ですが。

相手記者で以前から~~~(中略)~~~何を言ってるの?って思う。

それはあなた妄想ですよね?

裁判所が決めることであって、メディアあなたが決めることではないです。とりあえず「私刑」という概念理解しましょう。

はっきり言って元増田含めて吹き上がっている人の主張って、今回の次官の件とは全然関係無いよね。

ないですが、ニュースを見てその風景にある社会の風潮を考える自由はありますが。

例えばLGBTの件とあなた関係あるんですか?ないとモノ申してはいけないんですか?あれば何言ってもいいんですか?

不思議感性ですね。まあいいでしょう。それで?

単純に「自分達が女性距離を縮められない」っていう「あなた自身問題」を他人社会の流れのせいにして駄々コネているだけじゃんか。

①誰がそこ趣旨においてるんです?MeTooセクハラ告発私刑である、という部分が一番の争点になってると思いますが。

②「個人的なことは政治的なこと」です。ていうかあなた政治個人選択に介入しないっていう自己責任論者ですか?まあいいでしょう。それで?

元増田同調しているブコメ人達さ。その子供染みて甘ったれた考え方を捨てないと本当にマズいんじゃ無いかな?そんな考え方してるとこの先ずっと世と異性を恨んで、ひとりぼっちで生きて行く事になると思うよ。

相手属性透視したうえで、的外れアドバイス。この下り、丸々不要

あなたが異性との距離を縮められないのは、セクハラ告発一般化しいている事とは一切関係ない。本当はそんな事わかってるんだよね。そうであって欲しい。なんて思うのだけれども。そうじゃなきゃ、この世は地獄だわ。

ここも不要でした。

すべてが思い込みでできているので、論にすらなっておらず、反論できない。すごいですね(感想)。

NTTサイトブロッキングに思う

憲法法律を軽視し政府意向に沿って民間企業までもが動き出すのって怖いね

第二次世界大戦時に国を挙げて戦争を礼賛していたというのがリアル感覚として全然理解できなかったけど、こんな感じだったのかな。

自分の浮かばれなさを「セクハラ拡大解釈」のせいにしちゃダメ

セクハラってそんなに重大な問題か?」って書いて集中砲火受けている増田を読んで結構驚いた。アレがネタとか釣りとかで無く本気で書かれているんだとしたら、結構深刻に社会性の認識がズレている一団がいるって事だよね。ブコメの中にも少ないけど、同調してる人もいたし。眺めててちょっとマジかよと思った。


書いてもどうせ論点霧散すると思うけど、まず最初に「報道されている事が全て真実だとしたら次官行為はマズいよね」って所から話しをしてみる。


まず問題になった録音の当日。電話記者食事呼出したのは次官。これどう考えても「親睦深めましょう」って趣旨呼出しじゃ無いよね。相手記者で以前から記者取材対象者」という線で繋がっていた関係性なので、当然食事の場でも「記者職務として次官しか持ち得ない情報を得たいと思って来ている」って事は前提だよね。(ここで「いやそうじゃない可能性が微レ存」とか言う人はストーカー気質があるので注意してね)この時点で「記者職務上の手柄を与えるも与えないも次官の胸先三寸」って状態だよね。つまり情報優位の立場を利用して相手呼出し職務相手が退席しにくい場をセットした」って事だよね。その上で情報を与えるか否かに関してははぐらかして「胸触っていい?」「縛っていい?」と「相手性的屈辱を与える言葉」を断続的に投げかけ続けたって事だよね。コレがハラスメントでなければ何がハラスメントになるんだ?って話しだよね。


情報優位な力関係」を利用して「職務上その場から逃げにくい立場にある相手」を目の前に呼びつけ「相手意志や来訪の趣旨とは無関係性的屈辱言葉一方的に与え続ける」って、コレ、相当卑劣行為だよね。コレのどこが「言葉遊び」とか「男女の駆け引き」とか「アプローチ」に繋がるんだろうか?ひょっとして元増田含めて吹き上がっている人はコレを「言葉ぐらいならセーフにしろ」って思ってるのだろうか?そんな事ないよね。


次官の今回の行動は「性的な内容をはらんだパワーハラスメント」以外の何物でも無い。登場人物の年齢や性別シャッフルしても完全にハラスメントとして成立する事案じゃん。違うかな?違わないよね?それなのに「オジサンキモイ差別されつつある」とか「女が恣意的ハラスメント解釈を拡大させている」とか「これじゃアプローチ出来ない」とか。何を言ってるの?って思う。


はっきり言って元増田含めて吹き上がっている人の主張って、今回の次官の件とは全然関係無いよね。単純に「自分達が女性距離を縮められない」っていう「あなた自身問題」を他人社会の流れのせいにして駄々コネているだけじゃんか。元増田同調しているブコメ人達さ。その子供染みて甘ったれた考え方を捨てないと本当にマズいんじゃ無いかな?そんな考え方してるとこの先ずっと世と異性を恨んで、ひとりぼっちで生きて行く事になると思うよ。


あなたが異性との距離を縮められないのは、セクハラ告発一般化しいている事とは一切関係ない。本当はそんな事わかってるんだよね。そうであって欲しい。なんて思うのだけれども。そうじゃなきゃ、この世は地獄だわ。

anond:20180422154919

 こういう冗長でわざとらしい書き方をする奴って時々見るけど、どういうプロセスで生まれるんだろ。中高生に人気の作家かなんかでこういう書き方をするのがいるのかな。

それはともかくとして、ほんとにひどい文章。頭が悪そう。自分の書いてる内容を理解せずに言葉を並べてる印象。例えば「図や数式といったものをそのまま扱い思考を進めることが出来ない」ってどういうこと?2次方程式を解くときどうしてんの?想像だけで書いてない?ちゃん経験フィードバックして表現を精密化しよう。

「だ」「である」は統一しよう。あと多分わざとだと思うけど、陳腐比喩を使うのは寒いし、鼻につくしでやめた方がいい。「ハムスター」とか「戦場」とか「悪魔」とかね。

 元増田ツイッターに毒されているというのは確かになという感じ。ツイッターって一部の面白い人が創りだした言い回しとかネタを、つまんない人たちが形だけ真似して使って、つまんないのに「面白いもの」として扱う風潮があると思ってるんだけど、元増田全然文章書く技術がないのに、小手先文体いじってご満悦なのはそういう風潮に通ずるところがある。

 ただこのぐらいの長さの文章にこんだけ鼻につく点があると最早微笑ましい感じがして俺は元増田文章が嫌いじゃない。全身黒い服着てシルバーアクセサリつけてるタイプ中二病に対する微笑ましさ。次回作にも期待してる。

おじさんでたまにタバコ加齢臭とその他いろいろ混じってめっちゃ臭い人いるんだけど、あれ家族とか周りの人間言ってあげないの?

清潔な人はちゃんと清潔でいることにリソース払ってるのに、身だしなみに全然頓着しないのっておじさん社会に甘えすぎじゃない?

見かけたおじさん明らかに脂ぎってたし近寄ったらやばかった。電車だと気持ち悪くなるしもうちょっと何とかしてほしい。

ランスシリーズで有名な作曲家さんがツイッターやってたんだけど、@アズレンBGMってかいてて、

まあ書くならランスBGMよりもアズレンになるよなあと思いつつも複雑な気持ちになった

いや全然いいんだけどね

anond:20180423091913

全然関係ないけど廃止されたハイウェイカード現金化するの忘れて損したのを思い出した

悲しい

テレカもそうなるのかな

というか電話加入権の方が酷かったんだった

anond:20180423122006

それも低能先生から

先生脳内でだけ繋がってる全然関係ない話を持ち出してきただけやで

やっぱり金融リテラシーがこの国は低いんだと再実感した。

anond:20180422091855

 

結局これを読んでもだし、皆さんのコメントとかを見てもそうだけど、

やっぱりこういうのって金融リテラシーが低いから起こるのだと再実感した次第。

やっぱり金融リテラシー小学校で必修にしても良いと思う。

貧困を減少させる手助けに絶対になると思うけどなぁと考えます

 

なぜか?クレジットカードでもデビットでもなんでもよいのですが、

大切なのは「今いくらあるか?」ではないんですよ。

 

大切なのは「ざっくりいつ何にいくら使ったのか?」を管理することです。

これを「支出管理」というんだけど、原理原則として

収入-貯蓄-支出キャッシュフロー

 

があります。減算する順番は超重要です。

支出管理って今いくらあるか?ではないですよね?それはただの残高確認ですよ。

支出管理はいつ?何に?いくら使ったか?を管理することなんですよ。

ファミリー場合はいつ?誰が?何に?いくら使ったか?です。

 

こうすることで、収入-貯蓄の残りでちゃん生活できるようになる。

使いすぎてしまう人は結局「今いくらあるか?」と「いつお金が入るか?」しか

考えてないから、「リボにしておこう」とか「ボーナスで払えばいいや」になる。

きちんと収入-貯蓄の範囲で過ごせるようになるにはちゃん自分の目で

何にいくら使ったのかを理解できないといけないのです。

 

大抵これやると、「え?私の支出高すぎ・・・」ってなるんですけど。

 

ここまでできたら、黒字なのか?赤字なのかがわかります

ヤバいのは「プラスなのかマイナスなのかすらわかってない状態」がだめで、

逆を言えばそれがわかってれば細かいことはどうでもいい。

からドラッグストア生活雑費と食品買ったけど細かく分けるの?

とかしなくて全然いい。月曜日に〇○ドラッグで2400円使った。

がわかればいいんです。

 

割り勘でもなんでもお金のことを1円単位と厳密にやると、「うざ」って思うでしょ?

これはお金性質なのです。これも理解していない人が多い。

から家計簿はざっくりでいい。なぜなら「黒字赤字か」がわかればいいだけなのだから

赤字だった時に初めて、少しだけ粒度を細かくして「どこで何に使ったのか」を確認すればいいだけ。

 

から、明細が出るならクレジットだろうが、デビットだろうが、どっちでもいいです。

全部現金だとこの明細を作るって超大変な作業自分でしないといけないでしょう?

から便利に使えてポイントもらえるし、明細は出るし、楽だからカード使うんです。

 

最近アプリとかもつかって連携するとその月でちゃんカード利用履歴が記録

されて見れるから、今はさらに楽ですよ。

 

原理原則はほんとこれだけなんだけどな。。。

 

収入-貯蓄-支出キャッシュフロー

 

これ理解してない人がほんとに多いなぁとこのバズってる増田コメントブコメ見て思いました。

頭で認識はしてるけど理解してない人が多いという意味

じゃなかったら、カード請求来てびっくり!とか、いつもお金がないとか、リボ払い便利!とかないはず。

anond:20180423104051

いい感じに枯れた技術

 

何より罪深いのは、そういう新しい技術は食えないという常識を持ち合わせてない新参者や若手に夢を見せて肥えてるところなんだよなあ

例えば+αでAIに詳しい技術者が居るのは全然有りなんだけど、専門職が生まれるほどには未だ成熟してないし多分しない

anond:20180422113345

旅行いいですね。海外旅行経験豊富な人だったらすいませんが、パック旅行じゃなく一人二人で行くのがおすすめです。得られる経験値が全然違う。

20年前に上野ゲイ映画専門館へ行った時のこと

隊長のふとした一言と某隊員の熱望により、ついに実現したツアーといえば、「第一東京ブラックツアー」で決まりである東京ディープスポットを探訪していくという、とてもわかりやすいコンセプトが唯一の自慢である。今回は初回であるし、ディープ場所から抜け出せなくなることを避けるため、ツアーは昼間に行われることに決まっていた。それなのにそれなのに、予想通りというべきかいつもどおりというべきか、隊員の集まりは悪い。全然時間どおりに集まらない隊員、この先の我々の運命を暗示するかのような曇天、どんどんと下がるテンション、等々の様々な悪条件の中、我々は出発した。その出がけ、玄関で見知った顔を見つける我々3人。当然のごとく強制参加させ、隊員の数は4人に急増した。4人といえばSPEEDと同じ人数だ、これでもう心細くないね

曇天上野公園、しのばず池にいる鳩や鴨達も心なしかブラックに見える気がしてならない。今にもあの平和使者である鳩が俺達を襲うのでは?、と意味不明疑心暗鬼が次々とわき上がってくるほどに気分はダークである目的地へ近づくにつれ、隊員の緊張は見てとれるほどになり、武者震いなのだろうかしきりと震えだす隊員もでる始末。そう、例の場所に向かう我々の姿を客観的に見れば、怪しい4人組=おやじSPEED(暗黒)といっても過言ではなかっただろう。目指す場所上野某所の映画館である。「ほら、あそこだよ」という隊長言葉に、なんともいえない緊張のさざ波が隊員達を駆け抜けた。その場所は、少し歩けば大通りに出てしまうくらい人通りは激しい所だった。

その映画館はそこにあった。紛れもなく、そこに。映画館は2階らしい。あせるな、と思いつつ上映時間確認する我々隊員。まだ上映開始まで時間があるようだ。合議の結果、若者が集うゲームセンター時間をつぶすことになった。しかし、どの隊員も緊張のせいかゲームには手を出さない。いや出せなかったのだ。あと数分後に行かなければならないあの場所のことを思うと。上映時間が近づき、なにはなくともとりあえずトイレ希望する隊員が続出する。しかし、京成線の駅のトイレには紙がなかった。とても嫌な予感がする。嫌な予感がビンビンするよ!

トイレの事は諦めて、我々はその映画館へ向かった。ちなみに映画は2本立てである。これから約2時間の長丁場であるしかし、隊員1号はそのことを知らなかった。このことがあの悲劇の序章だったとは、全隊員露ほども思っていなかっただろう。年季の入った階段を縦列に並んで登る途中にも、映画を見終わった人達だろうか、次々と人が階段をおりてくる。もう誰も信じられない、あの人もこの人もそういうのなのだ、そうなんだあの中ではすざましい饗宴が繰り広げられているんだ、と思いながら階段を登っていくと、「ヤング薔薇族ショー」という看板が突如現れる。ますます下がるテンション。ふと階段の上を見ると、そこにはいかにもなもぎりのおばちゃんがいた。一番最初階段を登り切った一人の隊員が、おばちゃんに近づくと、何かを指さすおばちゃん。そうである自動販売機切符を買うのであるハイテクである自動販売機へ向かった隊員へ、たたみかけるようなおばちゃん言葉が襲いかかる。「どっち?薔薇族学生さん?」。思わず「は、はい」と答えてしまう隊員だった。実はそこには劇場が2つあり、切符売り場は共通だったのである。もうひとつ映画館ピンク映画館だった。次々と無言のまま切符を、学生切符を買う我々隊員であった。血の契りを交わしあい、相当に団結しているはずの隊員達であったが、その時には既に他の隊員を省みる余裕はなかったようで、会話を交わすこともなくなっていた。そして、ひとかたまりにはならずに、ひとりひとり左奥にある劇場へ向かうのであった。

妙な圧迫感。第一印象はこれにつきている。72席あるという座席は、ぱらぱらとしか埋まっていない。それなのに、壁際にたつ人が異常に多い。なぜだ。と、座席を見渡して、先に着席していた隊員を見つけると、思わず安堵の息をもらしてしま自分がいじらしい。あれ、でも、事前のミーティングでは一番後ろに座ろうと決めたはずじゃあ。。。何故か入り口のすぐ側の列、後ろから4列目ほど、に整列して座っている隊員達であった。その顔は暗い。その場の嫌な感じに、その顔は真っ暗であり、しかも皆うつむいていた。一番最後劇場入りした隊員1号は、既に着席していた某隊員の左隣に座った。隊員1号の左隣は一番端の席である。そう、その時点ではスクリーンに向かって一番左の端の席が空いている状態だった。ふと嫌な予感、突然の頭の回転、第六感で席をうつる。当然、左端にである。それは、隣を空席にしておくのは危険すぎるという判断からだった。身の安全を確保したあと、少し落ち着いて上映開始を待つ間、なにか生暖かい気がしてならない。しかポマードなのかなんなのか、嫌な匂いエアコンから暖風とともに排出されているようだ。もうテンショメーターは左に振り切れ、ほぼ0になっていた。

ブザー、暗転、上映開始。まわりは気にせず映画に集中しよう、と心に決めて観賞を開始する。初っ端から現代映画とは思えないチープ感が漂っている。なんなんだあの貧相な女優は。と思っている間に、例のシーンに。変則的な格好に思わず心の中で笑ってしまう。これがそうなのか、と訳も分からず納得している自分。そしてストーリーは展開を見せはじめるのだが、映画に集中などできなかった。ストーリー自体のしょうもなさもさることながら、それよりも気になったのはまわりの人間達、隊員以外の動向だった。のれん状のカーテンが掛かっているだけの、ドアのない入り口のすぐそばに座っているせいか、上映中にも頻繁に出入りする人々が気になるのである。そして、席に座ったとたんに立ち上がって壁際に立ったと思ったらすぐに別の席に座る客が気になるのである。そして、壁際に立つ人の後ろに立って腕を前の人にまわしている人が気になるのである。その場所で、落ち着いて映画を見ることは不可能であった。このくだらない映画はいつ終わるのか、そんなことばかり考えはじめたのは、まわりの人間模様が気になりはじめたのと同時だったかもしれない。その間にも、入り口付近では相も変わらず人が頻繁に出入りし、通路に出て奥にあるトイレの方へ向う人あり、がら空きなのに人の隣に座る人あり、映画よりもその様子が気になってしようがなかった。いつか、それは我慢の限度を超えるほどに。

1本目と2本目の休憩時間に他の隊員と一緒に抜け出そう、と決めた。その時決めちゃったのである。とにかくこの場所から早く抜けだしたかった。いつだいつだいつ終わるのだ、と思っているうちに、映画はどうにかスタッフロールまでたどりつく。当然普通映画館でよく見られるような、スタッフロールで立ち上がり帰る客はいない。いつもはそんな客を苦々しく思っていた隊員1号も、この時ばかりは一刻も早く立ち去りたかったのはいうまでもない。終了。「1999(映倫)」の文字驚愕する。最新の映画だったのだ。あの映像感で。それよりも、ようやく帰る事ができることが嬉しいかった。しかし、ライトよ早くつけ、と熱望しているのに、なかなか客席のライトはつかない。ライトがついたら全員で帰ろう、と思っていたのにライトはつかない。そう、その時、次の映画がはじまってしまった。2本立てなのだから当然である。軽い衝撃を受けつつ、あと1時間我慢するか、いますぐ立ち去るか、立ち去るなら他の隊員にはどう伝えるか、数秒の間に色々な考えが渦巻く。そもそも、大抵の映画館なら休憩時間におしゃべりしているうるさいカップル等が必ずいるものだが、この映画館には言葉存在しない。無言のコミュニケーションがその場を支配している。とても他の隊員に話しかけられるような状況ではなかった。もし、今左端に座る自分がいなくなると、某隊員の左隣には二つの空席ができてしまう。それはきつい。自分だったらそんな状況は嫌だ。でも、この生暖かい嫌な雰囲気にあと1時間は耐えることはできない。すまない、と心の中でつぶやきつつ、他の隊員には無言で席を立ち、もぎりのおばちゃんの前を抜け、逃げ去るようにその場を立ち去った。つらい選択であった。すまん。

しばらく映画館付近で待つが、他の隊員が出てくる気配はない。あと1時間耐えることを決めたのだな、と判断して、ツアーからひとりぼっちの帰還を果たした。なんともいえない疲労感をかかえつつ。その頃、あの映画館では、左端に二つの空席を抱えこんだ某隊員に緊急事態が起きていた。その列の左端に座る見知らぬ人。この時点でおかしい。席はがら空きである。そのうち席をひとつ右に移る見知らぬ人。完全におかしい。席を移る意味がわからない。そして、見知らぬ人の右手が某隊員の左膝に。。これ以上は詳細不明のため描写できないが、その隊員が無事帰還したことだけは記録しておきたい。

脱力感、疲労感、倦怠感。どうやら全員無事帰還した我々隊員は、今日の日の事を忘れたくても決して忘れられないだろう。そして、この記録をここに残すことによって、あなたの心の中にもいつまでもこの体験は残り続けるだろうし、どこかの誰かによって語り継がれていくだろう。疲れた

セキセイインコピーちゃん2匹をカゴから出して遊ばせてあげたいけど

全然なついてないから二度とカゴに戻せない自信ある

朝とか元気のいい時間はすごく出たがってる気がする

というかカゴでは狭すぎるような遊び方してる

でも絶対出したら最後捕まえるのは無理だろう

ごめんねピーちゃん

少し前に「マジ卍って若者言葉意味わかんない!」みたいなノリがあったけど、それよりネトウヨ関係単語全然わかんない。

まなざし村とかパヨクとかジャップランドとか、しかも日々増えてるっぽいし。。

マジ卍はマジ卍って言っときゃ盛り上がれる感じだけど、ネトウヨ語は意味理解してないとわかんないし、なんか怖い感じがするので最悪。

anond:20180423013142

働いてるだけ全然マシだし普通なのでは?

世の中はむしろ自分人生を生きない人」を量産してそういう生き方肯定するしかない域に至りつつあると思うし。

産業が「コンテンツ時代」にシフトしてきている以上、自分をそんな責めても仕方ないよ。

そもそも悪いことだと思わないし、俺なんて自分人生を生きてないことが悲しい寂しいとも思えなくなっている。

気軽に頼まないでほしいこと

外国語一つもしゃべれない人って、喋れる人にとって通訳なんて簡単やろって思ってるやつ多すぎじゃね?時間をかけられる文書翻訳ならまだしも同時通訳なんてレアレア特殊技能だろ。自分が喋れる事と他人の訳することは全然違うんですけど。ちょっと一言を訳すにも経緯とか文脈とか教えといてもらわないと難易度ちょうあがるんですけど。まして電話を挟んだら状況が見えなくてやりづらい事この上ない。

仕事上では自動の訳はまだ使い物にならないけど、観光とか重要性の低い場面では人に頼らず翻訳アプリがあるからそこはい時代になったよ。中途半端にしゃべれる人に迷惑かけないで済むんだから

小銭を持つと人は変わる

学生の頃や新卒の頃は全然カネ持ってなかった。

そんな中でシルビアS13とかR32のタイプMとか乗ってたんだ。まあ車が好きだったし。

首都高を走ってるとカネつぎ込んだポルシェとか34GTRとか、BMWとかよく見かけたし

よく追いかけてたもんだ。車はカネじゃねえ、腕だわ、なんてイキって。

カネに余裕ができたおっさんはみんな良い車、外車乗るのな、マジクソって当時は心底思ってた。

でも、あの頃から20年近く経って、いま自分があっち側にいる事に気がついた。

もう数台メルセデスを乗り継いでる。次はGLEあたりか。

人は変わるもんだな。

anond:20180423002829

でもメリット議論全然出てないじゃん。出費のコントロールが〜とか、カードセキュリティーが〜とか言ってる奴等がカードメリット理解してるとはとても思えないぞ。

2018-04-22

anond:20180422224759

そんな研究信じてる情弱がまだいるのか。

そもそもカードが普及してない国と、ほぼキャッシュレスの国じゃ全然違う話だろ?もし日本で当時そういう結果が出てたとしても、今後いくらでも変わりうる話なのは分かるよな?

世の中カネっていうくせに、どうみてもカネより感情通用している社会最悪すぎワロス

お前が気に入らない、カネ要らないから出て行けっていう不動産オーナー

増えてるし、カネあっても通らないじゃん

何が金だよ。金あったら俺がどんな人間でも通るんじゃなかったのか

結局、金なんて信用ならねーじゃん

どこが世の中金だよ。全然金じゃねえじゃん

死ね

ハリウッド映画アクションシーンに時間使い過ぎじゃねえ?

原作の『ゲーム・ウォーズ』を読んだ関係で、『レディ・プレイヤー1』を観に行こうかどうしようか迷ってるうちに週末が終わってしまったアホな増田だが、

日本向けのプロモーション映像とか言うのを視聴したら、なんか期待できない気がしてきた。

あの密度作品を2時間映像に収めるなら、カーチェイスなんかに何分も時間取ってる余裕は無いはずだろ。

代わりにプライムビデオで『オブリビオン』を視聴したんだが、これまた薄いのなんの。

ドローン相手にパッカパッカ撃ち合いしてる時間が長いったら。

なんかもう、ハリウッド映画全然ダメじゃん。

あの内容なら1時間にまとめられるだろ。

CGは確かに凄いしアクションシーンも退屈はしないが、退屈しないだけだ。

演出時間を使い過ぎて、振り返った時に密度全然ない。

ブレードランナーの頃を密度を思い出してほしい。全然違うじゃん。

映画なんて2時間しかないんだから、何度も観てその度に新しい発見がある位詰め込むくらいで丁度いいんだよ。

一度の視聴で何の引っ掛かりもなく消化できてしまうような懇切丁寧で長ったらしい演出とか、流動食かよってくらい薄い。

とりあえず、アクションシーンをバサっと切って、密度を上げて欲しい。

引き算の美学映画に取り戻せ。

anond:20180422220941

ね。奥さんも心の離れた旦那なんてキモくて一緒にいたくないと思うし。養育費さえちゃんとすれば全然いいよね

anond:20180422195337

説明しよう!

の2種類が混在しているのだ!

「一席空けしておけば後から来た奴が間に座るだろう」なんてことが思ったほど起こらないのは電車座席証明済みだ!

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん