「メンタル」を含む日記 RSS

はてなキーワード: メンタルとは

2017-10-22

24時間近く何も食べないでいると、それだけでメンタルがやられるということがわかってきた。

なに考えてもネガティブ結論になる。

2017-10-21

華原朋美のアレをみて思ったこ

走行シーンだけ見てあとはツイッタ情報なんですが、朋ちゃんあれこんな下手やっけ?メンタルか体かどっちか悪いの?って感じだった、

多分「がんばんなきゃ」って気持ちが強くなりすぎてダメになってる。本番は出来るだけ馬にやってもらって人間は最低限コース間違えないように誘導して飛ぶ時邪魔しないで裏方に徹するのが筋。馬が飛ばなそうな時だけ軽く気合いを入れるけど、全日本クラスの馬はそれはほぼ必要ない。競技だと特にだけど、乗り手は馬にくっついてる部品みたいなものなんですよ、邪魔絶対しちゃダメ、だけど朋ちゃんはなんでかそれができなかった。

高い馬買って〜発言が叩かれてるけど、高い馬を買え、は恐らくクラブに言われている事で、勝ちたければ良い馬を買えと言うのはどこの乗馬クラブでも推奨している事。馬術課金ゲーと言う側面は絶対否定できない。良く調教された良い馬を買えないのであれば、力はあるけどキチガイとかどこか問題がある馬に乗るか、若馬を安く買って来て自分で鍛え上げるしかない。前者は自分の魂と時間を削る事になるし危険度も増す、後者は数年単位時間がかかるし鍛えてもあるレベルから上に行かない可能性もある。

ツイッターとかでブーブー言ってる馬乗りの皆さん、残念ながら良い馬に乗せてもらえるとか権利云々とかお金をかけられるとかも含めて実力なんですよ。

ちょっと話がそれるけど、日本馬術会には小さい頃から親に買い与えられた良い馬にばかり乗っていて、下乗りも先生にしてもらってばかりでいざ自分の実力が全面に出る場面になると全然ダメとかちょっと癖がある馬に乗れないって人間が割と居るのかもねとは思っている。

親の金でいい馬乗って競技出るのは悪くないんですよ、むしろ羨ましい。ただ、実力あっても金と時間関係とか特に競技に興味ないとかで表舞台には出てこない優秀なライダーゴマンといる事だけは、親の資産ライダー若者達には頭の隅で意識していてほしい。

ありゃ、全然違う話になってしまったな。

どっちにしろ華原朋美自分の金使って良い馬買って維持して(因みに年間100万では全く足りない)自分時間使って頑張るんだったら誰にも文句言われる筋合いは無いでしょう。

ただ権利自分で取ってほしいな。

anond:20171021173943

メンタルって結局本人の問題からさ。

結局は、脳がヒートアップして不調になってるようなものだと思ってる。

ストレス源に対してどうするか(単に考え方を変えるのも含む)であって、ストレスから離れられないのなら治らないよ。

メンタルやっちゃう人って考えすぎてヒートアップやすい人なんだと思うんだわ。

薬も飲んでたけど、薬だけでは治らないと思う。

後、マインドフルネス瞑想おすすめ。ただし、霊感商法も似たようなことやろうとしてるから本だけでいい。

小池龍之介の本もいいよ。

僕もかつてメンタルやっちゃったけど、ストレス源と離れて+これやってだいぶ楽になった。

では当時会話を誤解せずに解読できていたとして結局どうできていたかというと

当時持ってた性的偏見が一層出てたろうしまあノーチャンスだった

それと当時のあの仕事では現場の状況に振り回されて自信というか自己への信頼感がグラングランしてたわけだし

メンタルコントロールするという概念自体を持っていなかった

一言で言えば素直が一番みたいなアホなノリで生きていた

無理だったなあ

2017-10-20

ウーマン村本はある意味すごい奴だと思う

注目集めるための過激発言

バラエティでの空回り

俺だったら恥ずかしくてお外に出られなくなっているレベル

それでも村本は今もテレビ出て顔晒してる

すごいメンタルだと思う

男の人のプライドって面倒臭い

いや主語が大きすぎるのは解ってるんだけど。女だってプライドチョモランマで面倒な奴は勿論居るんだけど。

人前でプライドを折ったりするような事を言うのはそりゃマナー違反だしそんな事はしないけども。

仕事他人ミスを指摘しなきゃいけないんだけど、女より男の人の方が断然面倒臭い

とにかくプライドってやつを丁重に守ってやらないといけない。

そりゃお前がブスだからだろ?って言われそうだけど、そしてそれは否定しないけど、美人美人で言い寄られて大変そうだ。

なにせ断ったらプライドが傷付けられたって喚き出して厄介さが増す奴少なくないんだから。どっちにしろプライドの厄介さは一緒。

マウンティングって言葉が女vs女が本場みたいな扱いをされてるけど、男の人の方がマウンティングに関しちゃ本気だよなって思う。

男のマウンティングの本気度に比べりゃ女のマウンティングなんてキャットファイトだよ。じゃれ合いじゃれ合い。

しかも男vs女の構図にさせられた時は負けてあげるのがマナーと化してる場なんてザラにあるし。

うっかりドローに持ち込んだ時にゃ恥かかされた!って怒りだしたりするし。極めて幼稚な怒りなのに咎められるのはこっちだし。

負けてあげるのも疲れるんだよ。勝ちたいなら実力付けてきてくれよ。

社会体質の女と違って縦社会体質の男がポジション気にするのは本能から仕方ない部分もあるんだろうけどさ。

あるんだろうけど、プライド高くするならせめてメンタルも強く生きてくれーーーーと思う小娘でございました。

anond:20171020023147

メンタルネトウヨ右派と同じだから

だって都議選自分達が嫌いであろう人達

「こんな人たちに負けるわけにはいかない」

って本音が出ちゃう人だよ。愚民宰相此処に極まれりだよ。

この歴史的発言ですらネトウヨ右派擁護してるんだぞ。

会社障がい者手帳を欲しがりだした

勤務先の会社が、最近やたらと障がい者手帳を出せ出せと騒ぐようになった。

以前から部門長を通じて社員に協力依頼が出されてたが、昨日はついに人事部門から社員に「障がい者手帳提出のお願い」メールが出された。

何でも法定雇用率を大幅に下回っているらしく、このままでは経営層が役所に出頭する羽目になるからそれは避けたいと。

そんなメンツ保護のために要求するなボケ

障がい者手帳を出しても人事上不利な扱いはしないとメールに書いてあるが、ハラスメントホットラインという名の「内部通報をやるような危険人物あぶりだしホットライン」を運営している人事のいうことは信用していない。

で、この次は障がい者製造するフェーズに移ると予測している。

ちょうど会社全体で「特定人物仕事が集中する傾向」が強まっており、過重労働メンタルを壊す寸前の社員が数十名単位で出ている。

でも過重労働抑制する仕組みの導入は考えていない。むしろ余計な間接業務を増やしてさら仕事を増やしている。

彼らのうち何割かがメンタルを壊して障がい者カテゴリに入れれば、法定雇用率は満たせるから、人事としてはしてやったりではないか

というわけで、会社に壊される前に転職することにした。目標は年度内に脱出。頑張ろう。

2017-10-19

ベゲリ論者は病気早退も傷病休職も復帰するな二度と出社してこなくていいっていうブラック管理職メンタルなんだよね

自分状態がよくわからんから精神科心療内科にいってみようかと思ったけど

とりあえず一時期無駄に買い物しまくって押入れいっぱいになった部屋の片づけからやろうかなと思って、

予約の空きを調べてもらってる間に電話切った


自分状態は下記

世の中のがんばってるリーマンとしては割とふつう?なようにも思えるから

単なるわがままおこちゃまのようにも思えて、もやもやしてずっと低空飛行のメンタルを続けている感じ


ひたすら寝たい

貯金は数年引きこもれるくらいあるから仕事やめてひたすら寝たい

仕事やめたい

目の下のクマがひどい

朝方になって何度か起きてしま

仕事中に集中できない、頭がぼんやりしている、考えがまとまらない

土日もほとんど寝てる

やりたいことはあるけどやる気がでなくて寝転がってるうちに寝ちゃう

でもよるもねる

平日帰るのが22時とかすぎたりとか

こないだは定時退社日ちゃんとやれってお達しあったからひさしぶりに定時にかえってシャワーあびてごはん食べたけど、

結局早い時間に寝てしまって好きなことできなかった

好きなこともできないのに仕事でだけいろいろ言われて、集中量 かんがえまとまらないぼんやりしてるから仕事にも時間かかって退社がおそくなって

睡眠時間もへって・・・悪循環

とりあえず死にたい

カジュアル死にたい

安楽死調べたけど無理そうでめんどい

心療内科オランダだかの安楽死紹介してくれないかなとも思ったけどまあまず無理だよな

死にたいっつってもずっとズーンと気分が落ち込んでるわけじゃなくて、割とフラット気持ち死にたいと思ってる

会社の窓から飛び降りたら死ねるけどそしたら会社会社が入ってるビル迷惑かけるしなあと思う

でも割と今ほんとに未練ないから、安楽死できるとこあったら行きたい

苦しいのは嫌だから安楽死じゃなかったら死にたくはない程度の自制心がある

生きるために働きたくない

生きるために嫌な思いしないといけないならもう死にたい

通勤中にこっちの責任ゼロで車がつっこんできてくれたりしないかなと思ってる

夜は疲れてるから割とすぐ寝れる

1週間夏休みとって好きなように寝てたらクマは薄くなったからやっぱり睡眠とるのと仕事しないのが大事なんじゃないかちょっと思ってる


anond:20171019003910

これ書いたあとに気づいたけどここまでひどくないけど似てる部分もあるなあ

・‪夜10時ぐらいに寝ても休みの日に昼間まで寝てしま

→ある

・疲れているのに寝つきが変に悪い、安眠グッズ、リラクゼーション効果が出ない

→グッズとか試してない。ねつきはいいけど睡眠の質が悪い

・夜中何度も目覚める

→朝方に起きるから違う

・好きなことなのにだるくて時間が割けない

→あてはまる

・好きな事なのにやる気が出ない

→あてはまる

・日々の行動の中で生産行動を全くしなくなった(クリエイト系の趣味があると分かりやすい)

→あてはまる

栄養はとっているのに日中ふらふらする

→あてはまる

・ふとした時に意味もなく、または前触れもなく何か辛い記憶が蘇ってきて突然涙が出る

→ない

・食欲が過剰に増えたり減ったりする

→ない 常にフラット

・他意のない言葉自分を傷つける意図を感じとり過剰に反応する

→感じ取るけど反応まではしない‬

仕事が始まる前から失敗や小言、嫌味を想像してひどく憂鬱になる

→ある

anond:20171019025810

どこでどう読めばそうなるのかと。そもそも増田であるBは、自分さえ持て余すような繊細なタイプなので、

Bは都合悪くなれば、メンタル弱いのって言えばいいんでしょうけれど。

ほんと、メンタル弱いは錦の御旗よね。なんでも病気のせい、親のせい、Bのリクエストに応え信じたAのせいにしたいって。

信じないなら最初から信じるふりをしないで欲しい。

どれだけAが傷ついても平気なBはサイコパスでしょ。

読解力がないふりをして、はぐらかせると思ってる?

2017-10-18

続き

https://anond.hatelabo.jp/20171001023857

学校に行きたくなくなって1週間くらいたって,いい加減学校に行ったふりをしないと怪しまれるから思い切ってメンタル系の病院に行った.

不注意がひどい,ADHDの疑いがあるって言われた.

ちょっと心が軽くなった気がする.100くらいだった希死念慮も90くらいになった気がする.それでも通過する特急列車に飛び込みそうになったけど.

ひとまず3週間くらい後にある検査まで生きてなきゃいけない気がしてきた.

でもその前に中間発表がある.やりたくない.

そういえばADHDの症状については詳しく話したし詳しく聞いてもらったけど,死にたいほど気分が落ち込むことについては何も言わずに終わってしまった.

anond:20171018232210

そんなんメンタル保つわけねーじゃん

言いたいことは言っときなよ

音楽以前に人の問題という話

anond:20171016161644

↑の元増田です。

ブコメを読んでいて色々思うことがあったので、補足説明を兼ねて追加エントリ

その前に、まず明るめの話から

果たして打楽器問題ないのか眼中にないのか気になる

自分が長く世話になったオケ打楽器は、今思えば神セクションだった。

「一発が拓く、まさしく一音入魂の素晴らしい瞬間」と「一発を外したときの怖さ」の両方を熟知していて、ストイックな音の追求に余念のない、セミプロ級の職人集団だった。

実際、彼らの奏でるティンパニはきちんと「旋律楽器」をやっていた。

勿論弦からも管からも信頼は厚かったし、思えば彼らの一発に何度も救われていたのだと、今頃になって思い至った。

態度も大人で、合奏中にチューナーで音取りし、それを根拠アンサンブルピッチを指摘されても「私の音は合ってます」と強弁して憚らない管楽器のことも悪く言わなかったし。

気づくのおせーのとプロ管楽器奏者も大概吹奏楽上がりだから主語がでけーのとで御愁傷様としか。なお吹奏楽やってる人ですらちゃんとやってればこの問題意識は持ってる。

であれば、極めつけのプロ管楽器奏者が吹奏楽をやったらどうなるん?ということで見つけたのがこの演奏

リード()」と思って軽い気持ちで聴き始めたけど、あっという間に引き込まれ最後まで一気に聴いてしまった。

こんなに味のある吹奏楽曲演奏は初めてというか、ここまで繊細に表現できるなら、何も言うことない最高の演奏だと思う。

というか、この演奏を聴いて「楽器の鳴り」だの「縦の線」だの、ましてや「コンクール」とかつまんねー事言い出す奴とは、多分楽しく合奏できないと思う(笑)

アルメニアトルコ隣国だけど、その上でトルコ軍楽隊してないのが良い。

勿論、N響管打コンバス+須川展也+外囿祥一郎というドリームチームなのはさておき。

そうなると、やはり問題学校吹奏楽文化か…ちなみに当該曲のWikipedia解説は、件のサイトが以前から玉石混交であることを前提としても頭が悪すぎ(というかボキャブラリに乏しい水槽厨が書いた感が半端ない、「かわいらしく演奏」「元気よく入る」「ドスを入れるように吹き」とか失笑ものだし、まさかと思うけど顧問の指摘の受け売り?)なので、吹奏楽の格が落ちると感じた人は修正すべきだと思う。


さて、前置きが長くなったけど、ここからが本題。

もっともな意見だけど、そのオケコンマス音楽監督はどういう心境でその音を聴き逃してたんだという疑問しかない

まず、そのオケには常任指揮者がいない

運営が人づてに、毎回色んな指揮者を呼ぶんだけど、理由が「変な人に居座られたら面倒だから」。

そして運営だが、実はこのオケ運営もほぼ全員管の人間なのだ

から、呼ばれる指揮者だって当然管楽器奏者目線での人選の結果となる(選曲も然り)。

これは別に弦の人間他力本願からではなく、運営が弦の人間を入れたがらないというのが実情だったり。

曰く

「弦は本番全乗りで運営仕事なんてまともに出来ないだろうから

「管は必ず降り番があるし、学校部活でなにがしかの係を経験していて慣れてるから

ということらしい。

随分と舐められたものである


次にコンマスの件。

自分がそのオケに入る前だから、もうかなり昔の話になるが、当時のコンマス指揮者対立してしまたことがあったそうな。

そして、あろうことか管楽器コントラバス人間指揮者の肩を持ち、コンマスを追い出してしまという結果になった。

それ以後の歴代コンマスは、弦セクションやヴァイオリンパート指導だけを黙々とこなす人ばかりが就くようになってしまったと。

ちなみにコントラバスってメンタル的な観点で、彼らは管楽器奏者だよねというのが個人的な持論。

そもそも他の弦パートの人に「お前そこ弾くな」とか言い放つような奴は仲間じゃねーから

てか吹奏楽部って「そこ吹くな」は勿論、指揮者からバカとか死ねとか普通に言われるんでしょ?

なんかもう、同じ音楽人なのに生きてる世界が違いすぎて引くわー。


結局、仕事でも趣味でも、起きる問題は詰まるところ人の問題なのだと心底痛感する。

そんでもって10年以上もいて、その問題解決どころか、多少なりともマシな状態にすら持っていけなかった自分は、社会性という視点で言ったら間違いなく無能だろう。

一連のエントリは、そんな自分のことを棚に上げて書いたものであることを白状しておく。

から罪滅ぼしというわけではないが、今後関わるオケでは、もっと人間重視で活動できればと思っている。

まあ、トラで行ってるオケはどこも弦と管の仲が良いし、そしてその親密さから来る協調感というのだろうか、温かみのあるサウンドに結構感動しながら弾いていたり(今までが異常に冷たかったんだろうけど)。

いずれ、それらのオケのどこかに落ち着くつもりである

2017-10-17

anond:20171017195306

>>こりゃ鬱なのかって思うときもあるけれど、そうやって病気のせいにするのもまた違うと思うからしない。

この一文から、鬱になりやすタイプの方だなあとお見受けしました。

メンタルケアも立派な健康管理です。余裕があれば一度心療内科へ行かれてはいかがでしょうか。

無謀な告白をするなって過去自分にいいたい

https://anond.hatelabo.jp/20171015130832

この増田よんだ。

この頃の男性ってアホなんだよ。

今ならわかるけど普通は「仲良くなる→なんかいい感じ→告白」なんだよね。

まずはLINE(俺の時はメルアド)交換して、ちょこちょこと話をしていい感じになって付き合うっていうのが「普通」。

でも、そういうことってまわりに隠してるから、例えばクラスのA君とBちゃんが付き合った!ってなるのはそういう過程をふんだってのがわからないし、周りの男子もアホだから雰囲気でいける」っていうのは吊り橋効果みたいな特効ばかりしか考えずに、無謀な告白をして撃沈する。

仕方ないんだよ、この時期の男子は本当にアホでアホで、過程じゃなくてすぐ結果を求めてしまうから

悪いけどこれは社会人になってもわからないやつがいる。俺もそう。

今は結婚して落ち着いているけど、今の嫁にアタックするのはいきなり過ぎた。当然最初は駄目だったし、めちゃくちゃ怒られた。めちゃくちゃ怒られた後に、順序ってものがあるんだよって言われて、5年間ぐらい友達を続けた。お互い犬が大好きだったのでネットで見つけた犬動画をみたり、彼女の家の犬を見に行ったり、逆にうちの実家の犬をみにいったりしてる内に、徐々に行事も一緒に過ごすようになって、今思えばあの時が「付き合ってる」っていう段階だったんだな。そうする内に俺は27歳、嫁は31歳で「あん最初目的忘れてるでしょ」って言われて、告白して結婚したわけだから、多分俺は結婚するまでずっとアホ。27年間生きてアホ。多分、今も女心のわからないアホだから離婚なんてしたらもう一生独りだな。そして、告白して怒られたのは今は笑って話せるけど、これで失敗してたらずっとずっと無謀な告白を続けてたんだな。そんな無謀なアホを止めてくれた嫁に感謝してる。

増田のMくんとやらは多分メンタル強いだろうな。そして、絵に描いたようなアホだ。

メンタル強いアホほど怖いものはない。アホは学ばないし、本質的普通を見ない。見るのはいつも夢物語

ストーカーにならないことを願う。

自分に拘泥しててもなんもいいことな

変なこだわりをこじらせてメンタル病気になるだけ

anond:20171017083752

いやいや、娘のほうがヤバイ奴の可能性もまだ捨てきれない。

てか振ったくせに思わせ振りな態度で誘惑したんじゃないの?

そうじゃなきゃ登校拒否するほどメンタル弱いオタクが一度振られてるのにみんなの前で告白とかできなくない?

告白されて黙るのも気を持たせるための作戦でしょ。

そんなだからMくんは付き合ってるor付き合えるかもと思い込まされたんじゃないの?

どうせその気もないくせにキープしてたけど途中で面倒になってヒスって弁当捨てたから正直に言えないんだよ。

純情を弄ばれたMくんは可哀想被害者だよ。

女はなんでもかんでも男に罪をなすりつける生き物だからしょうがいね

2017-10-16

保毛尾田保毛男差別トラウマか(とあるゲイ意見

保毛尾田保毛男について思ったことを書く(長いからな)。ちなみに自分ゲイ当事者なのだが、今回の保毛男批判運動にはまったく乗れなかった。自分は毎年LGBTパレードに参加したり応援したりしにいく程度には差別運動には親和性のあるゲイなのだが、とにかく乗れなかった。どうして乗れないんだろうという内省をしていくつかの視点を得たので、ここに書いていく。

まず自分リアルタイム保毛尾田保毛男は見ていない。なのでとくにそれでゲイである自分が傷ついたという経験もないし、幸い(?)、学校で保毛男ネタいじめれらたこともない。とはいえ、「今の視点から見れば」、LGBTについての適切な情報がろくになかった放映当時、保毛尾田保毛男が「ホモってこういうものなんだ」という偏ったイメージを流布してしまたことや、ゲイ当事者テレビ流れる保毛男を見て「僕はこんな気持ち悪い生き物と同じなんだ」という同一化をして傷ついた、という批判は、(繰り返すが)「今の視点から見れば」差別的お笑いなのだという意見があることは気持ちの上ではわからなくもない。しかし、放映当時は差別問題としてゲイだのLGBTだのがエントリーしていなかった時代だったわけで、時間を遡ってなにかを批判することに正当性があるのかは分からない。重要なのは保毛尾田保毛男によってトラウマを抱えた当事者一定数いた」という事実はどうやら本当だということだ。

そして2017年になって保毛尾田保毛男が復活した。放映当時と時代は変わっている。LGBTという概念がそれなりに普及して、ネットを含むメディアにおいて、さまざまなLGBT情報や、顔を出している当事者に触れることができる時代になった。そんな時代保毛尾田保毛男が復活すると聞いて、自分にはむしろよい好機なのではないかと思っていた。それはなぜかというと、往年の「保毛男=ゲイ代名詞」という時代翻弄された解釈から、「ヘンテコだけど、どこかチャーミングな、ゲイなのかもしれないけど、なんだかよくわからない独特な変なキャラ」という解釈で保毛男を捉え直すだけの、余裕のある社会時代(それはLGBT当事者も含めた)になっているのではないかと、自分は思っていた。そして、現に復活放送の内容でも(自分は見損ねてしまったので伝聞で恐縮だが)ホモ一般を明確に差別するような言動ex.ホモは頭おかしい、死んだほうがいい)はなかったようだ。そもそもホモではなくて噂」というキャラなのだ。それでも「ホモじゃないの。あくまで噂なの」というネタ差別だと主張する人はいるようだが、カムアウトする前に三ツ矢雄二がやっていたグレーゾーンネタと同じようなもので、「明確にしないこと」をネタにしているギャグだと自分は感じている。

しかし、そうではなかった。当事者トラウマ自分が思うよりもずっとずっと深かったのだ。顔を出しカムアウトして反差別活動をしているようなメンタルの強いLGBT当事者でさえ、いやむしろ、そういう人たちこそが一丸となって、復活した保毛尾田保毛男批判した。差別だ、この時代にありえない、と批判した。自分にはよく分からなかった。あの復活放送のなにが差別的なのか分からなかった。冒頭にも書いたように乗れなかったのだ。なので、彼ら・彼女らの批判を読み漁ってみた、そしてある共通点に気づいた。その共通点というのは「自分子どもだった頃、保毛尾田保毛男のせいでこんなんも辛い目にあった、苦しかった」という自分史を綴り、それゆえに「保毛男はダメだ」と主張していることだ。彼ら・彼女らは「復活した保毛男」を批判しているのではなくて、「往年の保毛尾田保毛男」を「今の価値観から批判している、その根拠は、彼ら自身トラウマなのだということが、徐々にわかってきた。そして、このことが、僕がこの一連の保毛尾田保毛男批判に乗れなかった理由だったのだなと気づいた。つまりトラウマのない人にとっては「復活した保毛男」はとくに差別的でも何でもないものなのだ。その点で(話はそれるが)、BPOが「問題ない」と判断したというのもよく分かる。なぜならBPOは「復活した保毛男」を判断するわけであって、「往年の保毛男」を判断するものではないからだ。

ここで自分が主張したい意見は2つある。

ひとつは、過去の時点において差別問題として十分に認識されていなかったが故の行き過ぎていたかもしれない表現を、「今の価値観から断罪する」ことは正当なのかどうか。自分は正当だとは思わない。時代が変わっていくというのは過去を許容していくことだと思うからだ。LGBT当事者にも、保毛尾田保毛男流行っていたときに「ホモだと疑われたくないから、自分も一緒になって保毛男ネタを笑っていた」と自分史を綴っている人が少なくなかったが、しかし、そんなふうに、保毛男ネタを一緒になって笑っていたその傍らに、一緒になって笑うこともできなかったLGBT当事者がいたかもしれない。でも、そんな「一緒になって笑っていたLGBT当事者」を「今の視点から「おまえもいじめに加担した加害者だ」と批判するような言説は聞いたことがない。それはやはり「知らなかったがゆえの過去」を許そうということじゃないんだろうか。

もう一つは、トラウマを手当することの重要性だ。反差別運動をしているような心の強い人でさえ、過去トラウマと、現在を切り離して考えられなくなるほどに、トラウマというのは人間精神を縛り付け歪めてしまもの(=呪いなのだ。これまでのLGBT運動は、こういう深いトラウマを手当てしきれてこなかったのではないかと思う。この点については、当事者の一人として反省し、教訓にしていくべき論点になりうるのではないかと思う。「保毛尾田保毛男で傷ついた過去を語る会」のような、トラウマを吐き出して、呪いから自由になるようなピアサポートもっともっとあってもよかったのかもしれない。

(これはあくまで、自分個人的意見だ。復活した保毛男を批判してはいけない、とは思わないし、批判して得るものも失うものもあると思っている。ただ自分は、差別の名のもとに他者糾弾するだけの社会にならないことを祈って、せめてもの活動として、ひとりのゲイとして、ここに記しておく。ここまで読んでくれてありがとう。)

2017-10-15

anond:20171015130832

体格は関係ないだろ、大体女子男子いじめる時はメンタル狙いなんだから。人の信じてるものとか大事ものを一番酷い方法台無しにするのに体格は一切関係ない。

まりそういうことしたんじゃないの? 男子が描いたマンガ友達と一緒にバカにしてたとか、借りた限定品壊して捨てたとか。

メンタル落ちて体調も悪くていろんな垢で愚痴言いすぎて誰にも相手されなくなったよ

何人かにフォロー切られたし、ブロられたしリプしても無視されるし

自業自得なのはわかってるけど辛い

2017-10-14

anond:20171014193506

私も、適応障害治療中で、休職中ですが。

まず、早めに休職判断が出来た方が良いのではないかと、思います

  

とにかく、現状はメンタル不安定だという事でしょうからストレスから離れてゆっくり眠る、ってことに尽きると思います

人間身体には治癒力が備わっていて、そのバランスが崩れてしまっているので、待つしか無いんだと思います

  

心理カウンセリングに行くのも、どうでしょうか。

  

他の人も勧めているように瞑想マインドフルネスも良い方法だと思います

一例では、スマホiOSアプリの寝たまんまヨガとかも、無料のお試し版があるので、やってみたらいいと思います

  

気が向いたら、やる、ってスタンスでいいです。

  

人のアドバイス自分に合ったことをやる、自分個性特性を見直す機会と考えてみてください。

頑張るよりは、合うこと、自分に上手く出来ること、好きなことは何かを見つめ直す機会だと捉え直したらいいかと、思います

なので、合わないと思ったら、このアドバイスも上手く行ったら続けて、上手く行かない分からないことは、止めるというのが私のアドバイスです。

  

anond:20171014193506

まぁお金心配とかもあると思うけど、休めるというのなら休むのはどうですか。

メンタルに影響は出てるけど体調的には働けるというのであれば、なおさら長い連休みたいなもんだと思ってここはひとつ

その間に朝起きて運動して太陽の光浴びて飯食いましょう。余った時間で体との折り合いの付け方を考えるのがいいと思います

私もメンタルなアレで会社を辞めて転職たことありますが、

頭とか体が疲れてるときに働きながらメンタルとの付き合い方を考えるというのは結構大変なもんです。

仕事に関わるメンタルの不調について

長々と申し訳ありませんが、吐くところがないためここに書かせてください。

現在24歳、今年4月既卒現在会社入社しました。

現在働き始めてから半年ほどが経ち、通勤前の家や通勤中に電車で泣くことが目立つようになり、仕事に行かなくなる日々が増えました。

通院していた精神科診断書いただき休職ということになりました。

気持ちとして苦しいのは苦しいのですが、メンタル面には出ているものの体調面ではそこまで影響がないので、ただの甘えでは?と感じます

行けば仕事ができる日々もあったため、

まだ頑張れば仕事できるのでは、私の意思が弱いだけではないのかと不安や罪悪感が襲ってくることがあります

頑張れば、努力をすれば何とかなっていたため、苦しいとは言えず、わたし能力不足にもかかわらず、要望だけ言うなんて図々しいと思っていました。

心の中には自分が悪いとは思えない自分もいて、自分が悪いって思わないといけない、思えない自分が悪いんだという考えに至るようになりました。

休むことに対して等自分を責めなくて大丈夫と味方してもらえたり、励まされたり、褒められたりすると自然と泣くようになりました。

毎日ではないものの、通勤前に家で泣くようになり、仕事に行く気にならず、通勤中に仕事のことを考えると涙が出る、行かなくてはと思いつつ戻ってくることが数回起こりました。

職場には着くものの、自分部署まで行かなくなったり、駅で降りなくなったりしました。

私は仕事ができない人間だと思っていたし、今もできないんだと思っています

こんな風に逃げて最低で、周りの人はみんな心配してくださって、上司人事部の方もすぐ対応してくださいました。とても恵まれていていい職場です。

こんなにいい人たちいい環境に恵まれているのに、適応できないでいる自分が悔しく、こんな程度で休んで何してるんだろうかと思っています

客観的にみたらきっと私は自分は甘えてて弱いだけ、ゆとりって言われるようなだめな性格をしているだけ、うつ病ではないだろうと思っていますうつ病ってこんなもんじゃないんだろうと思うし、私は無理だと思ったら逃げてしまうからうつ病にはならないと思っています

自分にも甘いし、遅刻しそうなことも多かったし、残業もしたくなかったし、楽しくなくて早く帰りたかった、早く時間が来ないかと思っていたし、責任感がなく、泣いて仕事に行かなくなってしまうくらい弱い奴でしかないんです。

世間で騒がれているように休日出勤残業時間が長いわけでもない、パワハラなどがあるわけでもない、有給もきちんと消化できるいわゆるホワイト企業職場でした。

でも本音としては自分なりに頑張った、ここまでなるまでは普段仕事放棄することはなく、仕事拒否することもなかった、なんとか騙し騙し出勤して仕事をした、なんとかこなせる範囲でこなしたと思っていて、

でもそんなのは社会では当たり前のことだから私だけが頑張っているわけではないと頭では理解しています

でも正直もう頑張るエネルギーが残っていないと思うところもあります

どうすればいいのかたくさん考えますが、こんなダメな私では働くところもまともにないのではと考えてしまます自分にとにかく自信がありません。

病院診断書を書いていただいたとき

先生は症状的にはうつ病だと言っていました。

ただ、私の性格の歪みや甘え、私が子供なだけであって決してうつ病ではないのではないかと思っているのです。

病名をつけるとしたら…ということだとしてもショックでしたし、数回の通院であまり話していないにもかかわらずそんなに簡単うつ病休職になるのか、先生への不信感を抱いてしまいました。不信感を抱いていることも申し訳なく思います

この状況を打開したいのか、したくないのか自分でもよく分からなくなってしまっています

どこに相談したらいいのか、わたしはどうすればもう少し楽に生きられるのか、悩んでしまっている日々です。

正直、自分判断に自信がなく、誰かに味方をしてほしい、肯定してほしいと思ってしまうのかなと思っています

もしこのような経験をなさった方、近くにこのような経験をなさった方がいる方等いましたら、どうかこんな私に知恵をお貸しください。

ありがとうございました。

■追記

こんなに長い文章を読んでくださって、また丁寧に反応をくださって感謝していますありがとうございます

書いたときはとても落ち込んでいましたが、書いたことによって気持ちがすこしスッキリしました。

これを機にブログ等書くのも気持ちがすっきりしていいのかもしれないなと発見になりました。

いただいたアドバイス等とても参考になりました。思ったよりも多くの方が反応をくださって、嬉しいです。

調子のよい時に見ると、自分の落ち込んだとき文章が本当に痛々しく、後ほど削除をしようと思っていましたが、皆さんがくださった反応でかなり冷静になれてきたので取っておこうと思いました。

休みをいただくことに罪悪感をもたなくてもいいのかなと思えました。

気分が落ち込みそうになったら、いただいたアドバイスをまた見にこようと思います

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん