「生活」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 生活とは

2018-04-25

anond:20180424120521

うちの父もそうだった。共通点は多い。

通院するも行かなくなる、長期断酒はたまにしてた、一見アル中とわからない、酒を隠れて飲む、酔って大けが救急車病院に行かない理由をいろいろ言うので本人の意思に任せる、・・・などなど。

病院に行かせようとするとケンカになるので、あまり言わなくなる。

「おれはいつでも断酒できる」と言い、実際にそうなので、ずるずると病院に行かないのを肯定してしまう。

うちは、母が最後には折れるから増田の父のように、精神的に追い込まれ失踪したり、近所も巻き込むほどの大問題にならなかったのだろう。


通院は本人の意思に任せられる。行かなくなって病院相談するといろいろアドバイスはくれる。しかし、「まずは本人といっしょに来て」と言われる。

問題を先送りしてる人(家族)は、けっこういるんじゃないかと思う。

うちの場合肝臓ガンになって、がん治療を始めたら依存症専門の病院には行かずにやめれたが、時すでに遅しだ。

かつての同僚にもアル中がいた。2回長期入院をしたが、退院すると結局飲んでしまった。

今は抗酒薬(飲酒をすると身体が強烈に不快になるので、その恐怖を利用して心理的飲酒を断念する薬)を毎日飲むことにより、酒を断っている。

彼の奥さんが薬を管理して飲ませているが、彼一人だったらその薬を途中で止めて、飲酒を再開しているだろう。

アル中自分意志で治すのは、ほぼ無理なのではないかと思う。

家族は大変だろうけど、少しでも早く病院に連れて行くようにしたほうがよい。

増田のように家族だけでなく警察や近所まで巻き込んだり、うちの父のようにがんになってしまう。

増田のお父さんが、無事に退院して以前のような生活できるのを陰ながら応援しています

2018-04-24

法律に書いてある道徳も守らず生活してるくせに

人格であれが迷惑これが迷惑と言ってる精神分裂病

建前上、迷惑だ、とか言う奴

最悪

街では猫かぶってるが、巣に帰ってきたら生活騒音しまくり

公害垂れ流して平気な顔

こういう奴が今の東京人

おばあちゃんじゃないけど生活の知恵

皿洗い

とにかく水につけておけばおくほど汚れが取れやすくなり、洗剤の量も減らすことができる。

使い終わった皿やコップを流しにおいておくときは、とりあえず水に漬けるか水を入れると汚れも定着しにくい。

コーヒーとか牛乳とか効果が顕著だ。

順番
  • 油で汚れているもの最後にする。スポンジに油がついてしまうと他の皿にもついてしまうため。
  • 小物(はしとか)からまとめて洗う。でかいものを洗うとき邪魔から
  • 油で汚れていない皿や鍋は大きい物をまず洗剤で洗い、水で流さず、流しに置く。他の皿も洗い洗剤がついた状態でその皿の中に積み上げる。全部洗ったら積み上がった上から水を流しながら皿をすすいで洗剤を落とす。すすいだ水が下の皿にかかるのですすぎがすぐに終わる。

汚れたフライパンの洗い方

使い終わったフライパンに水を入れてもう一度火にかける。

水が沸騰したら水だけ流しに捨てる。

これで汚れは殆ど消えるので、一度空焚きして水で洗って最後にもう一度火で乾燥させればOK

フライパンだったら錆止めのために最後食用油を塗っておく。ふっ素加工の場合は空焚きし過ぎないように注意する。

洗濯

自動なので洗濯自体特に工夫することはない。ただベランダに干すのがとても面倒。

なぜ面倒なのかを「なぜなぜ分析」したところ洗濯干し竿が人間の頭くらいの高さのため、洗濯カゴから洗濯干し竿に洗濯物を動かす距離リーチ)が長いことが原因だと結論した。またこれだと立ったまま作業する必要があるがこれが意外と疲れる。

改善

「部屋干し用の洗濯干し竿」をホームセンターで買ってきて、高さを「座ったまま手が届く高さ(重要)」にして部屋に設置した。

洗濯カゴを持ってきてハンガー掛けなどを全て室内の洗濯物干し竿の横で座ったままやることにした。

全部かけ終わったら洗濯物をまとめてベランダの物干し竿に移動する。

雨だったらそのまま室内の物干しにおいておく。


割と大したこと無いけど皆もいろいろやってるでしょ。

教えてくれください。

雑巾と名付けられて女子中学生3人と一年ペットプレイした話

俺はある業界要人で身を隠していたんだが、とうとう女子中学生に拾われてペットとして飼われることになった。

女子中学生の一人はとんでもないDQNネームで、しか金髪。いつも幸せなんたらとか言ってるような頭お花畑だった。おっぱいはでかかった。

もう一人は完璧主義者で融通効かないタイプ読モやっててスタイル良かったけどこいつはどうでもいいや。

最後の一人が俺のお気に入りで、獣医の娘で頼めば断れないタイプ。ただスカトロプレイが好きで、俺が便秘ぎみだと知るや否やケツに手つっこんで排泄を促してきやがる。

まあそんな生活も1年で終わったんだけどな。せめてもう1年やって欲しかったわ。

手帳持ちの発達障害者ですが手帳を持ってもあまり良いことはありません

特典は特にない

発達障害者はだいたい精神障害者保健福祉手帳の3級をもらうことになると思うのですが、

特に支給される手当はありません。

自治体によっては交通費助成があったりします。例えば東京都だと都電乗り放題です。

ですがほとんどの自治体にはそんな素晴らしい助成は無く、あったらラッキー程度なのであまり期待しない方が良いと思います

映画ちょっと安くなりますけど、そんなに頻繁に映画なんて行きませんよね?無いよりはマシですが。

年末調整障害者控除がありますが、それくらいですかね…

 

ちなみに医療費を抑える自立支援制度手帳を取得とは別(手帳を持っていなくても制度を利用出来る)なのでメリットに入りません。

障害者雇用は安すぎる

障害者雇用で就職するとかなり給与水準が低いです。場合によっては生活もままならない場合もあります

それでも特別な手当や年金の類いはありません。厚生障害年金手帳3級程度程度ではなかなか受給出来ません。

そのため経済的に自立が出来ません。

クローズ(一般枠)で入れば配慮なんてしてもらえません。どちらに進んでも地獄です。

場所がない

福祉施設のどこに行っても自分よりも遙かに自閉度の重い当事者常連で、

自分はそういった方の支援に回る側になってしまます。つらいです。

気を遣うのにものすごいエネルギーを使う自分普通社会以上に気を遣わなくてはいけないので気持ちも張りっぱなしです。

カウンセリングに行った

カウンセリングに行った。

大学カウンセリングルームみたいなやつ。

小さい頃からずっと自分ってみんなとちょっと違うんじゃないか?と思ってきた。でも「マイペースなんだね!」ってよく言われるからまあそんなものかと自分ごまかして生きてきた。

中学生の時に「増田さんって浮いてるよね」「おかしいよね」ということが原因で部活の先輩にいじめられた。元々苦手意識のあった集団生活が完全に無理ぽょ〜になった。

高校生の頃は先生に「テストだけきちんとやったって内申点はあげられません」と言われた。別にいらなかったけど、なんでそう言われるのかわからなかった。

で、知り合いが誰もいなかったらもっと上手くやれるんじゃないかと思って、地元から進学した人が誰もいない土地大学生になった。手に職をつけたかったので医療系の学部に進んだ。

大学に入ってすぐ発達障害についての授業を受けた。

そしたら、ビーーーーーックリした。

ADHDとされる子どもが幼少期のわたしそのままだった。ビデオで見たことある幼稚園時代わたしそのままの行動を取っていた。その後に出てきた特徴も、みんなみんな見に覚えのあるものだった。

集中力がキレやすくて忘れっぽい

・いつもきょろきょろしてしまってじっとしていることができない

ケアレスミスが多い

時間管理が苦手

・別のことに気を取られて本来やるべきことを完遂できない

他にも色々あったけど、特にこの5つがわたしにとってどうしてもできないことだった。そして、ADHDの主な症状としてあげられるものだった。わたしがどうしても解決できなくてつらかったこと、全部説明できた。

でも、みんなこんなんなんじゃないかな?って思って「こんなのみんな当てはまるんじゃないかなあ」って友達に聞いてみた。みんなきょとんとしてそんなことないでしょ?って言った。

アーーーーー完全にこれは、わたしADHDの傾向があるんですねぇ!と思った。

ネットで調べたチェックリストみたいなのをやった。真っ黒だった。

4つ以上マークがついた場合専門家相談を、とあった。だからカウンセリングルームに怯えながら電話をかけて、予約を取った。

あと、母親に連絡した。遠回しにその話題を振ってみたら、小2の時に担任からADHDASDの疑いがあると言われたことがあるらしい。

今までそんなことを言われたことがなかった母は驚いて専門機関にかかるべきか聞いたが、特に大きな問題が見つかっているわけではないか大丈夫でしょうと先生は言ったらしい。最終的には確かに忘れっぽいし集中力がないところはあるけど元気で優しい子に育っているか大丈夫、また生活不自由するようなことがあったら考えましょう。と、母親結論を出したらしい。

そして、カウンセリングに行った。何をするかわからなくて怖かったので、一応不安に思っていることをまとめてから行った。

静かな女性カウンセラーさんだった。

まとめてきたから言いたいことは上手く言えた、けど、話してる間にどんどん涙が溢れてきた。なんでか全然からなかった。全然うつもりなかったのに、しんどくなると家中の食べものを食べまくってしまうとか、嘔吐するまでやめられないとか、眠れない夜があって辛いとか、冷蔵庫お酒がないと不安になるとか、大きい音が苦手ですぐ驚いて頭が真っ白になってパニックを起こしてしまうとか、朝どうしても起きられない日があって学校に行けない時があるとか、無意味に涙が止まらなくなることとかまで話してしまった。

カウンセラーさんはいいとも悪いとも言わず、ただ、そうなんですねとだけ言って相槌をうってくれた。やさしかった。

みっともなく泣き崩れるわたしに、カウンセラーさんが「次回は発達障害に詳しい先生がおられますから、その方にお願いしたいのですがどうですか?」と言ってくれたのでよろしくお願いします、と返して次回の予約を入れて帰ってきた。

泣いたのは恥ずかしかったけど、誰かに辛いという気持ちを聞いてもらうだけで楽になることを実感した。

2回目のカウンセリングに行った。

この前のカウンセラーより年上の女性だった。メモはもらっているけど、もう一度自分の口でお話していただけますか?と言われたので前回と同じような話をした。

途中で先生が「ふんふんふん」「あーはいはい」「それでそれで?」とかいうのがなんか怖かった。

わたしが話し終わると、その人は「あなた自分の口で辛いことを説明できるので、大丈夫です!」と言った。

は?何がどう大丈夫なんだ?と思ってぽかーんとしていたら「わたしだってイライラしたらお菓子とか食べすぎちゃいますよ」「でも大丈夫ですよ、その気持ち自分コントロールしましょう!」とか言い出して、ますます唖然としてしまった。

わたし別に過食について相談に来たんじゃなくて、もっと別の、その原因の生きづらさについて誰かに助けて欲しくてここにきたんですが?と思ったしそう言ってみたけど、馬鹿にしたように「それは大丈夫ですから」と言われただけで終わった。

次回の予約はいつにしますか、という質問になんと答えたかは覚えていない。

カウンセリングルームを出て、学校から家に帰っている時間唖然とした気持ちは怒りになって、最終的にわたしの苦しみは甘えなのかー、という悲しみになった。

家について、もう、うわーとなって御釜にあったごはんを全部食べた。釜から直接。気持ち悪くなって全部吐いてしまった。

いま、トイレの前の床に座り込んでこの文章を書いている。もうどうしたらいいかからなくて、ただただぼんやりしている。

このような状況に陥った人いたら連絡ください

勝手だねって話

anond:20180424012338

この記事読んでしんどくなってしまった。これを書いた人がどうこうという話でなく自分記憶とかやってることとか、そういうのでしんどくなってる。

うちにも認知症祖母がいる。母方の祖母秋田でじいさんと、叔父と三人で暮らしてたんだけれど、じいさんは心筋梗塞で亡くなって、叔父はその一年後だか二年後に酔って首をくくって死んでしまった。たいそう金がなかったみたいで幾度かうちの母に無心の電話を寄越していたらしい。

で、だれも頼れる人がいなくて、叔父葬式が終わった直後に、母が嫌がるばあさんを引っ張って東京に帰ってきた。ほんとは一人で生活なんてできないって、ばあさんも呆けてるなりにわかってたみたいだけど。そこから二年、もうすぐ三年、週に四回デイケア?というの?昼間預かってくれる施設に行ってる。

わたし兄弟仕事したら学校行ったりしてるから、実質面倒見てるのは母であって、わたしたちがばあさんの世話を見るとか、そんなの全くしてない。大して関わり合いがない。一緒に生活してるのに。それどころか生活とか衛生観念とかが違いすぎて、あと呆けてるからほんと三分に一回同じ話したりするじゃん、それでだんだん疎ましく思うようになってしまったのね。

でさ、自分の幼少時を振り返るとこう、秋田東京からね、そんなしょっちゅう会ってたわけじゃないのね、盆暮れ正月に一週間くらい遊びに行くみたいな感じ。で、遊びに行けばやっぱり可愛がってくれるわけ。スゲエ甘かったと思うし、わたし秋田暮らしてる親戚の人々が好きだった。母にとってはどうだったか知らないけど、わたしたちにとってはいいおばあちゃんだったと思う。記憶が美化されてるのもあるかもしれないけど、わたしは昔のばあさんのこと、とても大好きだった。

今はさ、それがさ。何度も同じ話するからとか、外から帰ったりトイレ済ませたタイミングとかで手を洗わない(何度教えてもダメだった)とか、耳が遠くて私たちの言ってることが聞き取れなくて、それでこっちが怒鳴るように話すと萎縮して泣いちゃうとか、そんな些細なことで、些細なことなんだよ、だってわたしがメインで面倒見てるわけじゃないからね、そういうことで疎ましく思ってしまって、しんどくなるわけ。勝手に。

この人が孫たるわたしに注いだ愛情とか、まあそういうようなものを、面倒くさいからで無視して適当にかわして全部母親に面倒見させてるっていうさ、あーもうしんど。

じゃあちゃんと話して相手になって一緒にテレビとか見ればいいじゃん、と思うんだけどそうもいかねえのな、自分勝手なんだよな結局。

そんなので毎日ぼんやりしんどいなあって思っている。そんで、ばあさんが死んだら、また身勝手に苦しむんだろうな〜って。どうしたらいいんだろうな。

久しぶりにはてブログインした。でももはてブしたくない

なんで久しぶりにログインしたのか、答えは明白だ

仕事で凄まじく嫌なことができたからだ

数年前までも、はてブには入り浸ってた

だがある時から自然に遠ざかった

理由は考えてみれば簡単

仕事が辛いとはてブして、

仕事が順調だとはてブなんか読まない

パワハラ上司がいた時は毎日の様に入り浸っていた

だがあの糞上司左遷された

その時から仕事が充実してプライベートも楽しくなって

そうなるとはてブなんかいつもまにか見なくなった

それが

今週

2週間の研修で遅れて新たな上司が配属された

これがウンザリするほど粘着質の、正論で人を追い詰めるタイプの、

前のパワハラ上司よりも数段ヤヴァイやつだった

早速今週一気にどん底モードに陥った

明日までに仕上げる書類があるのだが、

やりたくなくて無駄サビ残してはてブしながらダラダラやってる

はてブ

現実逃避だったんだな

いや、嫌な不愉快上司ストレスを、

スターブコメを見てカタルシスで解消してたんだと思う

そうなると今私が心の底から望んでるのは


もう二度とはてブなどしない生活に戻ることだ

anond:20180424190804

観光客課税しかないな

文化財保護伝統的な生活を守るとかもっともらしい理由付ければ通らないこともなさそうだ

anond:20180424180733

お前が道を歩いてるだけで警官に撃ち殺されてもいいよってんなら差別もありだろうがそんなやついるはずないか

やっぱ差別アカンよ

ただ最近差別のものよりも、差別でもなんでもないもんを差別だとみなしてリンチを始めるやつが現れてきたのも問題

反差別活動自称してるけど、実体ベジタリアンが肉食を残虐な野蛮人扱いしてボコボコにするみたいな事案ばかり

なんで肉食が野蛮なのか聞くと俺が野蛮だと思うものは野蛮だからボコられて当然なんだという意味不明なことを言ってくる

自分たち理想郷もつくってそこで生活してほしい

無難お金と手間をかけれる人はおしゃれさんだと思う。

アディダススタンスミス(白いスニーカー)を買おうと思ったけどこのすぐ汚れそうの極みに9000円(廉価版)はちょっとためらってしまった。

それで、ほんとうに私は白いスニーカーちゃんと使えるのか?と、叩き台にするためにそのへんで3000円の白いスニーカーを買ったら、

黒よりいろんなところに、履いていけるような気がして、白って意外といいなあと思ったりもした。

しかしながら週1で激落ちくんをかけてるし、履き心地は、地面を直接踏まずに歩けるなあ程度で全然良くないので最初から本命買っときゃよかったじゃん、ってなった。

本命と言っといてなんだが、あの靴は

単体で見るだけでテンションが上がる、強烈な「好き」を呼び寄せるような派手なデザインとか、自分らしいとか個性とか、そういうものは持ってないように見える。かっこいい靴なんだけど。

私はおしゃれじゃないから、安かったり、単体で激烈に可愛いとか、汚れにくいとか、楽とかそういうものを求めてしまう。でも、そういうのとはほんとに真逆価値観ちょっと、びっくりした。

この靴いろんな人が履いてて、イケメンとか、素敵なお姉さん、可愛い女の子とか、普通の人ももちろんね。

この人たちみんな9000円出して週1激落ちくんかけて、その靴は周りとかぶりまくるって生活してると思えば恐れ入るし、そのメンタルこそがおしゃれさんだ。

そしてその、「無難」にお金とか手間をちゃんとかけるメンタルを足元だけじゃなく、頭から全身に適用してて、人当たりもいい、そんな人は実在するだろうし、それが普通として求められてるのかもしれない。

こんだけ語るんだから、素直に買うと思うじゃん、スタンスミスの靴。

でも秒速で夏が来るからバッタモンじゃないビルケンシュトックも欲しい。私去年バッタモンシュトックにカビ生やして捨てたのでサンダル切らしてて、どっち買おっかなって迷う。

新3大スマート女子

はぁちゅうさん、ちきりんさん、経沢香保子さんあたり(小室淑恵さんなども捨てがたいが)が、かつてスマート女子としてメディアを賑わせたが、今年に入りまた新たなスマート女子が登場しているので、まとめてみた。

スマート女子とは

はぁちゅうや経沢女史がIPOお金周りのフェロモンを巧みに使いこなしたのとは対象に、新時代次世代・新スマート女子は、生活感や身近、シンプルライフといった、意識高い系女子共感SNS活用したブランディングを得意とする。前述の3大スマート女子Instagramを上げてもお金しかしないのと実に対照的だ(ちきりんさんはわからないが)。

そのスマートさは、とくに理系男子などからファンも多く、前述のスマート女子が目の敵にされたこととは対照的である

桜林直子 さん

https://twitter.com/sac_ring

競合や価格などを考え、自分デザインに専念できる仕事は何かと逆算して、クッキー店を開業セブンルールという女性紹介番組で一躍脚光を浴びる。ひたすらインスタ映えするクッキーデザインする。

平田はる香 さん

https://twitter.com/wazawazapan

ブランディングを徹底したベーカリー雑貨店を営む。長野新幹線佐久駅のすぐとなりの街にお店を構え、人材獲得のために初めたとおぼしきnoteは、記事わずか2件で6000を越えるフォロワーを獲得。はてな男子意識高い系ニュースピッカー人材ハートを掴む。これでまた今後の事業展開が楽しみだ。都内進出も近いのだろうか、もしくはシステム増強か。資金調達クラウドファンディングでするなどその手腕は見事。腕に覚えのある人は応募してみてはいかがだろうか。

事業拡張事務所倉庫改装費を集めたい。 - CAMPFIREキャンプファイヤー

https://camp-fire.jp/projects/view/57805

スタッフ募集パン日用品の店 わざわざ

http://waza2.com/staff

塩谷舞 さん

https://twitter.com/ciotan

SNSブログ界隈で注目を集めるメディアクリエイター。すでに林修先生とも共演登壇を果たすほどの成長株。そのスタイリッシュ文体や気さくなツイートからは男女問わず多くのファンを獲得するスマート女子

まとめ

いやはやなんともスマート女性たちで眩しすぎる。シンプルライフ雰囲気を醸しつつも、私にはまずしすぎて直視はできなさそうだ。いやしかし昨今では、下手に近づけば、忘れた頃にセクハラと言われそうで怖いか

いずれ、新3大炎上女子も書こう、すでに香ばしい煙は立ちはじめている。

2018年はいろいろとSNS面白くなりそうだ。

追記:誰かこれ、よくあるxx系女子みたいな、イラストにして図解してほしい。そして、ドラマ希望

祖母施設に入る事が決まった

 今、入所後に使う私物に貼る名札シール作ってる所なんだけど、涙が止まら明日に響きそうなので吐き出しておく。

 今週の水曜日、同居してた要介護3のばあちゃんグループホームに入所する事になった。足が悪く半分寝たきりで、認知症も進んできたばあちゃんを俺と父親で1年くらい騙し騙し介護してきたんだけど、入所の順番待ちをしていたグループホームから先週「急遽空きができたんですが、入所されますか」と連絡が来たのだ。先方からは以前、申し訳ないが空きができるにはまだ半年以上かかると思う、と言われていたので寝耳に水だったが、予期せず、介護生活から解放と70年以上実家に住んでたばーちゃんとの別れがやってきてしまった。いつか来るとは思ってたけど、もっと先だとばかり思っていたので、まったく心の準備ができていなかった。ことの決定権は父親と叔母(父の姉)にあった。毎日主に世話をしているのはお前だからと、俺の意思も訊いてくれたが、断る理由が「寂しい」くらいしかなかったし、この機を逃したら次はいつ順番が回ってくるか分からないのもあって「仕方ないことだし、親父と叔母ちゃん判断に従うよ」と返答した。

 正直、慣れない介護はきつかった。毎朝早めに起きてばあちゃんの部屋へ行き、着替えを手伝い、ポータブルトイレの中身を処理し、車椅子洗面所仏壇に連れて行って、朝飯を食わせてデイサービスに行く準備を整えながら自分の出勤の支度もする。仕事が終わって帰宅したら晩飯を食わせて、洗面所仏壇に連れて行って、ベッドに寝かせて布団をかけてやり消灯。この基本の流れに加え、ばあちゃんが破り散らかしたトイレットペーパーの片付けというインタラプトも高確率で発生する。紙を破るのはやめてくれと言っても認知症なので1分せず忘れる。まあきつい。性格が穏やかな方なのが唯一の救いだった。自力で歩けないか徘徊とかも無いし。もっと大変な家もあるだろうなーとか考えながらも、いつまでこんな生活が続くのかなとか溜息ついちゃうくらいには参っていた。

 ばあちゃんは俺が小さい頃、共働きで家にいない両親の代わりにじいちゃんと2人で俺の面倒を見てくれた。昔から足が悪かったが、なんとか杖を突いて歩いてバスに乗り、俺を散髪に連れて行ってくれたり、デパートガンプラ買ってくれたりした。夏休み冬休みになると、高速バスに乗って都会に住んでるいとこをばあちゃんと2人で迎えに行ったりもした。両親と仲が悪かったわけじゃないが、俺は完全におばあちゃん子だった。実際ばあちゃんも溺愛してたと思う。いい年こいて結婚できてない俺を、お前みたいにいい子が結婚できないわけがいから、早く嫁さん見つけろと何度も言ってくれた。どうも俺いい子じゃないみたいだぜ。すまんな。

 元々ばあちゃんの面倒を見ていた母親が亡くなった時、還暦越えた頑固親父とろくでなし息子だけで祖母の世話をするなど土台無理な話だ、さっさと施設を探した方がいいというのが親戚一同の総意だった。そらそうなるわな普通。ばあちゃんは状況がイマイチよく分からない顔をして小さくなっていたが、それを見たら単純に不憫に思えたし、できもしないくせに母親の代わりを務めないといけないと思ったんだろうな、「いずれは施設の世話になるとしても、可能な限り俺らで面倒見たい」とか皆の前で言ってしまった。その場には介護仕事してる親戚もいたので「うわっコイツ現実見えてねえ」と思った事だろう。今の俺も当時の俺に対してそう思ってる。介護素人がフワフワした気持ちで続けられるもんじゃない。事実、今回の報せが来たときちょっとホッとしたからな。俺がもっと要領よく、マッチョに立ち回れていたなら、「もうしばらく頑張ってみます」というルートに進めたかもしれない。父親と叔母が入所を即断したのは、実の親の介護を未婚の孫にさせていて、あまつさえそれで消耗させてる事に対する罪悪感もあっただろう。自分が情けないと思った。あんなに可愛がってくれたばあちゃんなのに、もう助けてやれないんだと。

 入所が決まったという話を叔母がしたとき、ばあちゃんは分かったような分かってないような、少し神妙な顔をしていた。いずれにせよ認知症のせいですぐ忘れてしまうのだが、重大過ぎる事だけは辛うじて記憶できていた(母親が亡くなった事だけは忘れなかった)ので、もしかしたらちゃんと覚えているのかもしれない。ただ今朝もやっぱりトイレットペーパーを破り散らかした。出勤前にスーツに紙屑が付かないように掃除するのは完全な遅刻フラグだったが、ギリギリ大丈夫だった。支度を整え、いつものように庭が見える窓のそばまで連れていき、デイサービスの車が来るのを待つ。毎日繰り返したこの一連のシーケンス明日の朝で終わりなんだな、なんだかんだで寂しいよなあ、ばあちゃん分かってるか、分かんねえよな、なんて思いながら庭を見たら、土日の暖かさで一気に咲き始めたツツジが見えた。ばあちゃんもそれを見て「ああ、綺麗なツツジだ。ようけ咲いとるわ」と感慨深げに言った後「もうこれで思い残すことはないわ」って言ったんだ。

 おいおいおい、やっぱり分かってんじゃねえかばちゃん、いや実は分かってないかもしれないけど、わざわざそんな事言うってことはそうなんだよな。もうここに帰って来れないってちゃんと分かってるんだよな。朝も夜も分からなくても、飯を食ったのを忘れても、紙を破り散らかすと俺が怒るってことをすぐ忘れても、本当に大事なことだけは覚えてるんだ。なんだよそれ。ずるいだろう。多分本人にはもう状況が分からいから、というのが介護を断念するに至った主因だったんだ。それが分かってるって分かったら、やっぱりまだ家で面倒見ますって言いたくなるに決まってるだろ。もう遅いよ。手続き済んじゃったよ。肌着にも靴下にもタオルにも全部油性ペンででっかく名前書いちゃったよ。もうどうしようもねえよ。明日最後我が家だぜ。ばあちゃん。分かってるのかよ。

 今日仕事帰りにラベルシール買ってきて、できる限り可愛い感じの名札シールを作った。施設職員さんが見たら「なんや妙に凝っとるな」と言うこと請け合いなやつが刷り上がった。いらすとやはやっぱり神サイトだ。でも、もうこの家に生きて戻ってくることがないだろうばあちゃん名前を綺麗にデコるのは、言い方は悪いが位牌を書いているような気分だった。と言ってもばあちゃんの体調自体はそんなに悪くなく、決して今生の別れでもないし、なんならグループホームは家から1kmしか離れてないような地元オブ地元だ。バカみたいに目を真っ赤にしてこれを書いてる自分を滑稽だと思うけど、それでも明日をもってこの家でのばあちゃんとの思い出は最後になるんだと思うと、俺の中のばあちゃんスピリッツがどうしようもなく目頭を熱くさせる。困ったもんだ。結局書いてるうちにどんどん涙が出てきて全く目論見違いになったわけだが、こんな思いを打ち明ける相手もいない寂しいオッサン独り言だと思って、この場所を使うのを許してやってくれ。多分いないと思うけどもし最後まで読んでくれた人がいたらありがとう

2018/04/24 9:00 追記

 出勤してはてな見たら思った以上に反響あってビビった。泣いちゃうだろ。職場やぞ。花粉症シーズンで助かったわ。今朝は最後デイサービス送迎だったので、雨の中ひとりセンチな気分で見送ってたら遅刻しかけた(多分職員さんも「なんやコイツ」って思ったと思う)。冷静になってから読んでみると“叔母(父の姉)”とか意味わからんこと書いてるな。面白いからそのままにしとこう。トラバブコメありがとうございます。今読むともっと泣いちゃって仕事にならなそうなので我慢する。読んでくれた人本当にありがとう

誰かが、僕の文章を好きだと言ってくれたなら

anond:20180422154919

「――進級祝いだよ」

 彼女スマホから目を離さずにそう言った。

 初夏も迎えていないのに油断すると汗がにじむ、春の陽気とはいい難い日だった。すこしだけ呆けていた私は、それが机上に鎮座したパソコンのことを指しているのだと気付くのに時間を要した。

「進級祝い?」

 そう口にして、彼女と同じことを言っていると思った。気恥ずかしさを誤魔化すように、胸ポケットから煙草ライターを取り出す。火を点けると一瞬燐の燃えるつんとした匂いがした。

 スマホから目を離した彼女と目があった。

「うん、進級祝い」

 そう言って彼女は愉快そうに笑った。

 私は日記を書くことにした。

 私のことに興味を抱く人間など希少だろうが、このはてな匿名ダイアリーという戦場では、何らかの記号がなければ、不特定多数の日々という奔流に押し流され、何事もなかったかのように埋もれてしまう。

「——せっかくだから定期的に日記を書くよ」

 彼女にそう言ったので、私は、ここで私のことを記そうと思う。

 当時の私は大学生だった。自身の不徳から同級生より二、三、歳を重ねていたが、好きなものを持ち、夢を持ち、自由を持つ、有象無象学生の一人だった。

 大学生になる前は、モノ書きに憧れていた。

 昔から文章を読み、書くのが好きだった。尤も、幼少より親交を深めていた文筆や長文という名の友人は、短文型SNS流行によりに疎遠になってしまたことは否めない。

 それでも私は期待していた。

 大学生になれば、腐るほど時間を持て余すだろう。上質で心地よい文章に好きなだけ埋もれることができるだろう。そうしていつか、

 ――自分文章を生み出すことができるだろう。

 だが、漠然モラトリアムを信じていた私を迎えたのは、勉学や部活動やその他雑務忙殺される、いかにも大学生らしい生活だった。これでは趣味を極める余裕などなかった。少なくとも私程度の容量では困難だった。

「忙しいって、充実してるってことでしょ」

 ――いいじゃない、と彼女は言った。私はすぐさま反論した。

「僕は忙しいなんて感情が、充実の証左たるわけがないと思う。多忙絶対的時間を圧迫するもので、人が創造する余地を奪い気力を追いやってしま悪魔だよ。そんなものを充実と勘違いする奴らなんて、ハムスターにでも生まれ変わって回し車で走り続けてればいいんだ。きっと幸せだろうさ」

ハムスターが充実してるかはわからないけど」

 彼女は私の言葉を制する。

「でもごめんね、そんなつもりじゃなかったんだ」

 私は、言語を介さな思考というものにめっぽう弱い。

 図や数式に意味を見出せず、記号として扱うことが出来ない。想像したものを、今見ているものでさえも、絵という形に還元できない。運動をする際にも、関節や筋肉の仕組みを文章理解して、やっと思考動作が一致する。生き辛い脳の作りをしていると思う。

 彼女は違った。

 図だろうが数式だろうが、そこにあるものをあるがままに扱った。スケッチが上手だった。空想世界でさえ表現することができた。スポーツなんて、見ればすぐに何でもこなした。

 何もかもが理解できなくて、どう考えているのか彼女に尋ねた。

 ――勘かなあ、と。

 なんでもないことのように彼女は言った。それが心底恨めしく、心底羨ましかった。

「——私は君が羨ましいな」

 彼女言語を介した思考が苦手だと言った。映画感想を聞けば楽しかった、という画一的表現しかできなかった。ラインのやり取りは苦手だから電話を好んだ。読書感想文なんて本を読む気も書く気も起こらず、コピペをして怒られたらしい。

 そんな彼女がくれたパソコンで、私は日記を書くと宣言した。

 多忙という悪魔に打ち勝って、彼女との差異を埋められるだけの、創造性を再獲得すると誓ったのである

 そうしてたくさん日記を書いた。何度も筆をとり、何度も筆を手放しそうになりながら、日記を書き続けた。

 ブコメもたくさんついた。批判的なコメント肯定的コメントも数えきれないほどあった。

 創造性を再獲得できたかはわからない。大学生だろうが社会人だろうが、忙しさは私を襲い続けた。私は今も悪魔と戦い続けている。

「ただいま」

「おかえり」

 彼女スマホを見ていた。

 相変わらず彼女は直情的というか、動物的というか、あの頃のままそこにある。泣き、笑い、怒り、喜び、日々忙しそうだった。

 胸ポケットから煙草を取り出した。ホルダーにセットすると、独特の酸味臭が鼻を突く。

 スマホから目を離した彼女と目が合った。

 画面をこちらに向けていた。

「これ、君でしょう」

 

 文字の海から私を見つけて、彼女は愉快そうに笑っていた。

 ――僕はその喜びを、未だに言語化することができない。

2018-04-23

小学生生活

ムスメがこの春から小学校に通い始めた。活発でよく喋るタイプなのか目立ってる(らしい)

で、何故か隣のクラス男の子から叩かれてるんだと。しかもムスメ決め打ちで。

やめて、と伝えても叩いてくると。

んんー、子供喧嘩レベルなら経験として学びもあるだろうけど、一方的に叩いてくるってのは納得できん。

先生にチクっても改善しないとか。

建前としては先生指導に期待してるし改善して欲しいが、許容できないラインを超えたら、親をぶっ潰して

やろうかと思ってる。社会的に。

anond:20180423230355

交通機関がクソすぎて年収200万いかない仕事しかないのに自家用車保有しなきゃ生活できないのですが?

今日今日とて夜勤の待機時間を利用して委員長の夜間ラジオを聞いてた。

委員長の話はいつも通りとても楽しかった。

職質の下りで盛大に年齢自爆したあたりは吹いたし、東京都北区赤羽巡礼地として名前が出てきた時も大受けしたし、セルフボイチェンにその場にいないヘラピンさんを思いだし涙が拭えなかった......

けれども、あんまり詩子姉さんとの絡み上手くなくて結局自分スタンスで話始めてそれが面白いから感想に困る。

でろーんさんとの話だと、素が出てて可愛いとも一瞬思ったけど、今日ちょっと聞き苦しい。

あ、あんまり彼女横向いてないな、詩子姉さんどんな顔してんやろ、となんかそんなことがすごく気になった。彼ぴっぴって言葉が、少なくとも彼ではない彼女を除外してて途中からすごく気にさわった。

委員長雑談ラジオは好きで、仕事鬱屈したものを感じたときは聞き流して時折笑って元気を貰ってるくらいにゃ好きだが、今日は駄目だった。

お仕事だし、ゲスト招かないと会社回らないし、サブカル腐女子という性別以外重なりが実はないことは分かるが、人の話を聞いて人の話を繋げて盛り上げようや。ゲストさしおいて、何自分で1人その場を食ってんだろ。

友人がいないからこそ、独創性が育まれから(友人はいらない)的な考えが端的な特徴で。

そんな痛いこと考えてたけど違ったわーという落ちに持ってくこともなく、なんかそれを振りかざす委員長とえ、友達と一緒にいて楽しいじゃんという詩子姉さんとのすれ違いは痛々しかった。その辺が一番琴線に触れた。

空きあらば自分語りするが、俺も大学受験で全てを捨てたつもりになって、その上で今親友と呼べるやつはその空白期間に愛想悪くなっても相手から切らなかったし友人関係を続けてくれた菩薩みたいな人で、そして今の昼を支えるために夜を働くくっそ苦しい生活を後押ししてくれたのもその親友だ。ふざんけんな、友人捨てても独創性はついてこねぇ。独創性を出せずにいる自分が独り耐えられなくなるだけだ。畜生

このままだと、10年後の委員長が早くも自分の中で過去形になりそう。今日委員長はとにかく嫌な感じだった。二人以上で喋っているときと一人のときとで話題を使い分ける態度を身につけてほしい。キモいおっさんとして一女子学生に切に願う。

みんな必死生活してるから分からんのですわ

生活してて分かる悪事もあるし、社会通念上、お前どう見ても分裂症

だけど、面倒になるから言わないだけ

人の顔は見ないようにして街歩いてるし、そうすると、ただ多くの人が

歩いてるだけにしか見えないし、そうやってみんな生活してるだけに

しか見えないので

結局お前の言ってることは分からん

穏やかな心で接したいのにできない

先週から祖母との同居生活が始まったけれど毎日イライラしてしまう。

診察はまだ受けていないけれど、おそらく祖母認知症だ。

まだ動けるし、日常生活は一応一人でできている。けれど同じ事を何度も繰り返し言い、その日あった出来事は思い出せない事が多い。定位置にあったはずの物がないから、使ったのかどうか聞いても、祖母首をかしげながらその物の定位置に行って探し始める。使ったかどうかの返事は当然無い。そしてこちらが言ったことはまずほとんど覚えていない。

それらの症状は認知症のせいであ祖母責任ではないと分かっている。怒るべきではないはずなのに、祖母が何度も同じ事を言い、しかこちらの質問には答えることができずにいると、つい声を荒げてしまう。

受容する気持ちにたどり着ける気がしない。でもこのままでは祖母を傷つけてしまうだけだからどうにかしたい。

まずはイライラしないようにする。そのためにはもう祖母には質問しないでおこうと思う。質問したことに対して答えが返ってこないのが原因の一つだから

祖母の同じ話についてはまだうまい対処法が分からない。なんか慣れた人でも五回も聞くとストレスになるから、それ以降はやんわり指摘してもいい、みたいな記事をみたけれど、無理。五回どころか二回目でイラッとしてしまうし、相槌すら打ちたくない。

しかもこれについては同じ話を繰り返されるというだけでなく、祖母価値観や考え方が自分のそれと合ってなくて苛立ってしまう面もある。あー、でもこれ祖母のせいなんかじゃなくて、私が勝手自分の思い通りにならなくて怒ってるだけじゃないか

祖母認知症のせいにして、自分自己中な性質を認めたくなかっただけだ。

最低。

anond:20180422154919

森見登美彦っぽい(というか四畳半神話大系主人公っぽい)感じで脳内再生された

この具合でいい感じに煮え切らない学生生活を送って下さい!

大いに煩悶しよう!

そういうのも大学時代しか味わえない生活ですよ!!

まじでサイトブロッキング始まったけどさ

まあ正直どーでもいいかなーって思うんだけど

はっきり言ってネットで大したもん見てないしこれからも見る気はないしぶっちゃけどうでもよくね?

実際、検閲されてなんか困ることある

仮に間違えてネット政治的ちゃんとした意見を書く気が起きちゃったとしても、そんなもん書いたところで内容に関わらずゴミみたいな落書きであることになんら変わりないし

一度許すと調子に乗って金盾待ったなしとか本気でそんなこと言ってるの?アホ?

なんかネットを立派なもんだと勘違いしたヤツら騒ぎすぎ 自分ネットによって何かを為してると思ってるヤツがマジでこんなにいるのか? つうかほんとはそんなこと思ってないのに大げさに悲観してみせるその嘘臭い芝居はなんなの?ほんとに心配なの?毎日見てるまとめサイトが見られなくなるのがそんなに心配

ネットが死んだら死んだでそんとき考えればいいじゃんさべつに

そうなったらみんなでかくれんぼでもしてあそぼーぜ

とりあえず生活人生をかけてコンテンツ作ってる困ってる人ら助けたほーがいいじゃん 助けてから多めにブロックされちゃった部分に関してどーしよーかねーと考えちゃダメなの?

ネットってそんなに正しく見なきゃ困るものってある?そんなの天気予報くらいじゃねーの?

小中高一切家庭学習せずに関関同立に受かった男の話

突然ですが、皆さんには趣味や好きなものはありますか?

私は、現在関関同立に現役で通っている一年生です

関関同立とは、関西私立大学偏差値が55~65の大学頭文字をとったものです

関東で言うMARCHの少し下のレベルです

私は小学校のころから学校が好きではありませんでした

主な理由宿題です

授業で一度やっている内容なのに、なぜ家でまたそれをやらなければならないのか、という疑問があり、宿題をほぼやってきませんでした

夏休みの宿題をやったことはありません

常に先生から怒られ続けていました

小学校4年生になったころ、父親自分パソコンを買ってもらいました

「これから社会必要から」と父は言っていました

そのころからそれを使って動画をみたり、mixi黒歴史を作ったり、ニコ動臭いコメントをしたりしていました

そして、ある日、海外ゲームが目に留まりました

Minecraftです

今でこそ誰しもが知るようなゲームとなっていますが、当時は動画投稿界隈ぐらいでしか見かけず、友達にも知っている人はいませんでした

悪いことに、当時の私はそのゲームを割って(違法ダウンロードプレイしていました

ただ、その割るという行為自体簡単ではなく、数多の悪質な広告が渦巻く海外サイトに行き、正しいダウンロードリンクを探し、ダウンロードしなければなりません

そのせいでせっかくのパソコンウイルスにかかったりもしました

ただその中で英語動画を見て必死プレイしようとしていました

中学1年生になり、お小遣いをもらうようになってはじめに買ったものMinecraftでした

当時は今のようにコンビニカードを買ってコード入力すれば遊べるようになる、というものではなく

公式サイト英語表記で、Google翻訳を使ってようやく買うことができました

さて、正式版のMinecraftを手に入れた私はMODに手を出し始めました

ここで言うMODとは追加要素のことで、海外ゲームにはよくある自分ゲームの要素を書き換えたり、追加することができるものです

MODを入れるためには複雑な手順を踏まねばなりませんでした

解説サイトなどもありましたが、情報更新が早く、追いついていませんでした

新版のもので遊ぼうと思ったら英語で書かれた海外フォーラムを読まねばなりません

英語なんて中学でようやくまともに学び始めたものなのでまともに読めるわけがありません

それでも私は読み続けました、MODを入れて遊びたいがために

するとなんとなく意味理解できるようになってきたのです

単語ゲーム内に出てくるので知っていますから問題文法です

文法パターンである、とその時に理解しました

そこから英語に興味を持ち始めます

中学生になっても宿題嫌いは変わらず、3年生の時の担任にはその生活態度の悪さから伝説の男」と呼ばれていました

さらにその上授業態度も良くなく、ずっと友達と喋っていたので平常点は低かったです

3年生になって進路を決めなければならない時には「成績が低くて行ける高校ない」と言われ、高校選択肢はかなり狭かったです

私は英語に興味があったので英語を重点的に勉強できる学校に行きたかったのでいろいろ調べました

いくつかの学校オープンキャンパスに行き、「この学校いいな」となった高校があります

その高校通信制をメインとしており、週5日通コースも有るという少し変わった高校です

その高校に決めた理由は「授業の3分の2が英語の授業である」というところです

ちなみに偏差値は38です、あってないようなものでしたが

その高校通信制をメインにしている、ということもあり不登校いじめ経験者が多くいました

入学式が終わって数ヶ月経つ間にクラスの2割がやめていきました

そんな中私は純粋英語勉強したくてそこを志望していたので、変なやつという扱いではありました

私の宿題嫌いは高校生になっても一切変わりません

宿題基本的にやりません

家に帰ってすることは動画を見るか、ゲームをするか

その頃にはパソコンの扱いにも慣れ、様々なゲームで遊ぶようになり、その中にはもちろん海外のものも含まれていました

キャラクターたちは英語で喋り、チャット英語で行われています

私の中で、ゲームをやりたいか英語勉強し、ゲーム英語勉強する、という循環が生まれていました

高校入学時には300点だったTOEIC卒業時には810点となっていました



英語ができると受験において恐ろしく有利です

私立大学には公募推薦入試というものがあります

これはTOEIC〇〇点、や平常点平均〇〇点以上、といった足切りを設け、小論文面接で合否を決定する入試です

英語ができればこれで受験できる学校は多いですが、他の教科ではほぼありません

私達は偏差値の低さも相まって、普通受験など到底できません、英語以外の教科はほとんど勉強していませんでした

クラスで3人だけがセンター試験を受け、一般入試の道を選んでいます

そして私は関関同立のうちの一つの公募推薦入試を受けることにしました

幸いTOEICの点数だけはあったので応募資格は満たしています

書類だけの1次試験を通過し、いよいよ面接となります

面接では自分を一切偽らず、全て正直に話しました

英語勉強する理由を聞かれた際には「ゲームがしたかたから」と答えました

結果は合格、晴れて関関同立に現役で通うこととなったわけです



さて、ここまで長々と自分語りをしてきたわけですが、結局何を伝えたいか

それは「好きなことを武器にできれば無類の強さを誇る」ということです

私の場合ゲームでした

ゲームで遊ぶうちにいつの間にか英語が身についていました

勉強、という形こそとっていませんが、英語は結局身についたわけです

高校時代300から810までTOEICの点数を伸ばした訳ですが、特別勉強はしていません

ただ、海外Youtuber動画を見て、海外ゲームをやっていただけです

ただ、私の場合はその量が異常でした

中学時代からほぼ毎日学校から帰ってくるとすぐパソコンの前に座り、5~7時間ほどしてから眠りについていました

勉強せずともそれで身につきました

勉強している」という意識で机に向かい問題を解いたり単語を覚えたりするようなことは私はできません

「遊んでいる」という意識英語を聞き、動画を見ることなら何時間でもできました

趣味や好きなことはありますか?という冒頭の疑問に戻りますが、なにもこれはゲームに限った話ではありません

スポーツが好きなのであればその関連の情報はたくさん目にすると思います

〇〇選手が大活躍!✕✕選手骨折!といった情報はそこら中にありますが、海外選手情報英語のまま見たことはありますか?

海外拠点とするものはもちろん海外のほうが情報は早いです

もちろん翻訳されたりもしますが、されないものも多く、されていたとしてもそれには「翻訳された」というノイズが入るので必ず正確、という訳ではないのです

情報の速度と正確性を求めるなら英語をそのまま取り入れるほうが格段に良いです



私が関関同立合格した一番の理由、それは

自分の好きなことのために貪欲であった」からです

anond:20180423193813

あくまでも安倍あきえからのお願いであってそれを聞くかどうかは財務省自由

失職してダンボールハウス生活する権利を持つ

気になっちゃ

前の会社を辞めて資格試験勉強をしてるんだけど

生活がカツカツなせいかクーポンとかキャンペーンとか水道光熱費とか食費とか

節約に頭が回って勉強に集中できない・・

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん