「生活」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 生活とは

2018-01-22

はてなっていうほどウヨクか?

すごいリベラル主義的だと思うんだけどな。

生活面に関する話題ではむしろ統一されすぎてて気持ち悪いほどだ。


車とか酒とかの消費を当然のこととして要求してくる保守的価値観には一斉大ブーイングだし、

GBTについては当然の権利として支持する立場だし、

保守的家父長制的嗜好品たるタバコが大嫌いだし、

未婚者や童貞処女を圧迫したりいじろうとしたりする声には一致して反対するし、

これのどこがウヨクなのか。


こんなはてなで「ウヨクが増えた」と不満げな人って、逆にとても行儀悪いごく一部の人

リベラル主義を建前に超攻撃的・先鋭的な主張を繰り広げながら

主張内容に反論質問を受けるとちゃんと対応できずに

ネトウヨ!」と絶叫して拗ねちゃうような人達と言う印象。

人格的・知的にだらしない人達

anond:20180121103526

妻が「育児疲れた」と言って出て行った

「何もかも嫌になった!」と言って出て行った。

部屋にはギャン泣きする息子。

妻への怒りがこみ上げてくる。

俺は正社員だが勤務場所に融通がきくので、新生児の時から今まで半年間、リモートワークを

メインにして、朝から晩まで息子に向き合った。

爪切り以外のことは一通りできるようになり、妻には自由リラックスできる

時間を作ってもらっていた。

ベビーシッターも手配した。

家事代行も使った。

感謝気持ちを伝え続けた。

俺には妻がなぜ不満なのかわからない。

育児が疲れることは身をもってわかる。

からこそ一緒に育児をして、負担を軽減するようにしてきたのだが。

最近、妻はしょっちゅう不機嫌になり、一緒に生活することに疲れてきた。

妻が心穏やかに暮らせるようにするには、どうすればいいのだろうか。

妻が育児放棄

「何もかも嫌になった!」と言って出て行った。

部屋にはギャン泣きする息子。

妻への怒りがこみ上げてくる。

俺は正社員だが勤務場所に融通がきくので、新生児の時から今まで半年間、リモートワークを

メインにして、朝から晩まで息子に向き合った。

爪切り以外のことは一通りできるようになり、妻には自由リラックスできる

時間を作ってもらっていた。

ベビーシッターも手配した。

家事代行も使った。

感謝気持ちを伝え続けた。

俺には妻がなぜ不満なのかわからない。

育児が疲れることは身をもってわかる。

からこそ一緒に育児をして、負担を軽減するようにしてきたのだが。

最近、妻はしょっちゅう不機嫌になり、一緒に生活することに疲れてきた。

妻が心穏やかに暮らせるようにするには、どうすればいいのだろうか。

https://anond.hatelabo.jp/20180121145134

差別ってのはいわれなき「不利益」を被るわけで

別段切り離されたり隔離されてこまるものでなければ第三者がみて気分が悪いのを差別だと騒ぐ必要はない

自分のいる空間に入れないことで相手権利があるものを阻害したりするとしてそれを交渉なく一方的にかつ包括的

たとえば男性であれば同居人以外に対しても立ち入らせないまたは条件をつけることを広汎に定義として基準を設けるとそれは差別になる

部屋だけなら問題ないが自分のいる場所全ての近くにという無関係第三者についても独断において強く要請をすることがあれば他者権利侵害した時点で差別になる

女性の街が差別的なのは「街」という近代的に発達した空間において女性が専用的に使用するもの

権利」として得ようというところが差別的なわけで田舎女性けが集まって生活するのは差別ではない

だれも傷ついていなければ差別にならないわけで二次元少女人権侵害されない例の鏡像のような位置づけになるが

関連する自分が気分を害するという実害がある、商業的に不利益を被らせることができるという行動の起因となる程度に

自分には被害が相当にあると訴える体制の昨今ではなんでも差別になるので、知らない人間の聞いている可能性のある所では

自分仕分け方という方法論を唱えるのは対人物以外にするよう心掛けたほうが無難ではある

anond:20180121152257

かい痣は自傷だとは思われないでしょう。どんなに夫が妻が階段から落ちたとか言い訳しても。

病院に行って診断書書いて貰ったら、小遣いがあれば弁護士、なければ市役所生活課に、娘も暴力を受けていると言って相談して。役人が役立たずだったら市役所名出して増田にまた書いて。

電気が役に立つかわからない

電気は見つかった時は「びりっとする」「なんか物がくっつく」だけでした。

あなたはこれが役に立つと思いますか?

いまの日本では研究は「役に立つか立たないかもっと言えば「すぐに金になるかならないか」で研究できるかどうか決まります

この考えだと、あなたはせいぜい産業革命の時の生活しかできないでしょう。

外国研究させて、その成果を日本で使えばいい」という考えの人もいるでしょう。

では外国が新しい発見します。それを金に変えようと思います

外国発見ですから、そこの企業の方が距離は近いです。

普段から付き合いがあるかもしれません。

あなたは同じ言葉で同じ文化で同じ国で相手のことが分かるところと

違う言葉、違う文化、違う国でよく分からないところ。

どちらに自分のやったことを渡しますか?

あなた生活は今のままか今より苦しい時、海外では車や列車が宙に浮かび

ロボットが人の周りの世話をしているかもしれません。

役に立つか立たないかはわからないのです。

ダカラ増田健康なフリをして他人反省を強いる生活疲れた

自宅に固定ネット回線Wifi環境がない子供は将来底辺確定だぞ

いやマジで光回線引いてない家庭が増えてるんだよ

そういうところはスマホしかネット繋いでない

からたかだか1GB単位通信にやきもきする

いわばクルマのない生活のようなもの

ほんの数キロ先に移動するたびにタクシー代やらバス時間やらを気にする生活が当たり前になる

それでどうにか生活できるのは大都市だけだ

こういう生活を送っている子供は将来確実に今後の生活を縛られるから

悪いことは言わんから自宅くらいは高速回線使い放題の環境を整えろ

anond:20180122033537

全て俺が悪いと思う。だから今は一生懸命仕事して、少しでも上を見て頑張ってる。今確かな手応えを職場に感じながら、せめて息子には俺がそれなりの仕事をしている姿をいつも教えてあげたい。

本当にあの時今の気持ちを持たなかった俺自身は後悔しかない。償うこともできないかもしれない。だから息子に今出来る精一杯の愛情を与えてあげたい。今は何とか職場評価されて給与も上がってきている。その分は息子に経済的に援助出来るように頑張っている。

ただ、それとは別に俺が言いたいのは、母性有利の理不尽さだ。当時母親は、週末だけしか息子にあっておらず、しか殆ど寝ていたし、俺が子守も家事もしていたんだ。

言い訳だけど、仕事も月100時間以上残業しながら、休日もそんな感じで生活して俺は記憶喪失になるまで無理してたんだ。

それでも子を連れ去った母親が正しいって間違っているとしか思えない。

anond:20180122000430

だな。

結局俺がどんな状況でも酒に逃げなければ良かったと今は思う。

ただ、朝6時に起きて車で50分かけて息子を実家に送り、実家近くの保育園に通わせ、しごとが終わって23時頃に寝た息子を自宅まで連れて帰って、そこから自分の飯を作って風呂入って寝る生活を5年間続けて、自分の親にも面倒かけながら、元妻は自宅で酒飲んで本読んでた生活を続けてた。あの時俺はそんな環境を変える気力もなかったから…

オタクという職業

アイドルオタク一種職業であると思う。

そのくらい私は労力とお金をかけて来たと思う。約6年ほど推し続けた推しをやめるにあたり、自己満で記入させて欲しい。

私が推しを好きになったのはもう6年の前のことだ。一目見て好きになった、顔がタイプだったから。アイドルを推す理由根底はそこにあると思う。

もちろん最初アイドルとして純粋に彼が好きだった。舞台の彼はすごく輝いていたし、そんな彼を見るのが好きだった。

私の好きだった推しの界隈は接触が出来るアイドルでいわゆる接触ドルと言われている。

初めは触れ合えるだけで十分だった。些細な話が出来るだけで胸がいっぱいだった。

接触すればするほど人間は欲が出てくるものだと思う。私はどんどん彼にのめり込んで行ったし、接触の重ねるうちに彼の顔だけでなく本当に好きになっていたのだと思う。その好きが男性としての好きなのかアイドルとしての好きなのか、最後の方の私にはどちらかわからなかった。

通い詰める私に推し営業として様々なことをしてくれた。泣いたことも沢山ある。それは嬉しいことだけでなく、辛いことで涙したことも多かった。後半は辛いことで涙しかしていなかったか(笑)

その内私は彼のプライベートまで追うようになる。彼のどこまでもついて行った。感覚麻痺していたのだと思う。

彼は優しいか対応してくれる。それに甘えてた私もいると思う。繰り返せば繰り返すほど引き換えせなくて、推しの中で何かが変わったのだと思う。

推し公式の場で私に営業をしてくれなくなっていた。私以外に降り注ぐ営業。ひどい時は列で私だけ飛ばされることもあった。私のいる方向にわざと来てくれない時もあった。接触をすると普通にいつもの推しなのに。

3年前、一度推しに『ファンやめようかな...』と告げたことがある。そんな時推しは笑って『俺のことめっちゃ好きなのに?』と告げられた。悔しいけど、悔しいくらいに好きだった。

営業されなくなって、プライベートを追っても彼は対応してくれても、私に見向きもしてくれるわけではなくて....

次第に客観的に見始めて、あ....私は推しを苦しめてるんだ、彼をこんな顔にさせているのは私なんだ。と思うようになる。

大好きでも、もう初めの頃には戻れない。純粋に楽しんでた頃に戻ることは出来ない。辞めなくちゃ、終わらない。

最後に会った推し舞台から私をいないもののように扱う。だけど『ありがとう....また次ね』と最後に告げる。

やめることを推しには告げない。所詮オタク職業であり自己満しか過ぎないからだ。

推し最後であることを告げるとしたら、一文しか出てこない。

『今までたくさんありがとう。ごめんね』と告げるだろう。

アイドルだけれど、本当に好きだった。自分制御がきかないほどに。それが彼を苦しめてしまった。6年間は戻ってこない。かけがえのない6年であったと思う。

私は推しをやめて、オタクという職業廃業する。推しを中心の生活でやってきた。

明日から何をしよう。何を生きがいに仕事をすればいいんだろう。そう考えてしまう。

anond:20180122012244

それ自殺したくなる病じゃん?

適切な治療を受けることをお勧めします。

あなたには健康で最低限度の文化的生活を送る権利があります

化学物質過敏症になって良かったこ

化学物質過敏症になると、生活面とかいろいろ困難なことが増えますが、

最近家族から感謝されることが増えてきた。

私中心に食生活が変わったら、血液検査の結果がすこぶる良いのだ。

農薬が多かったり、なんかまずいものが入っている食べ物はいち早く私が反応するので、

家族回避出来るというわけ。

売る側がいくらごまかしたり、隠したりしても、反応して舌から血が出てしまうので分かっちゃいます

最近食べ物調達する所が決まって来たので、血だらけになることも減りました。

ただ、そうやって決まっていても、突然商品柔軟剤臭くなって、注文出来なくなることも…。

やっぱり食べ物に関しては香り御法度だと思います

健康な人でも柔軟剤香り食べ物は食べたくないと思うし。

 

今、ちまたではファブリーズ柔軟剤による浮遊した有害物質空気中にどんどん増えている。

結局、マイクロカプセルってPM2.5と変わらないんじゃないだろうか?

そんなのが肺に入り込んで、延々と香り続けるって、恐ろしい。

肺は洗えないのだから

中国では巨大な空気清浄機建設しつつあるとニュースに出ていた。

それなのに、今の日本では自ら大気汚染物質を作り出して、お店で売って、さら空気中に増やしている状態

専門家医師危険性を指摘しても、国は全く動かない。

そのうち「COPD慢性閉塞性肺疾患)」を発症する患者が爆発的に増えるだろう。

そうなっても国や企業は「因果関係がわからいから」と謝罪すらしないだろう。

今までがそうだったように。

から消費者自身が賢くなって使わないという選択をしていかないと、

もうこの国はダメだろうと思う。

 

今、すでに化学物質過敏症になっている人は不幸かも知れないけれど、

それ以上悪い物質を体内に取り入れないようにするから

最悪の事態は防げる分、幸せなのかも知れない。

そして、発症する前に知識を得て対策出来た人はもっと幸せかも?

 

山紫水明という言葉が似合っていた日本

それを破壊し続けている企業

将来は賠償問題が降りかかるんだろうな。

でも、その頃には、失われた環境はたやすく戻らないだろう。

あるゲームをすごく時間かけて遊んで、クリアたからやっと設定資料集読める!と思って読んでて、ものづくりに対する開発者の想いを見ていたらそれとは対照的自分の今の仕事に対してますますやるせなさが募ってきた。

今はシステム企画から開発のようなものをやっているけれど、方向性も固まってないし、実体が何もないのに上はさもできてますという体で内外に言いふらすし、自分たちが何を・何のために・誰にむけて・どういうもの提供したいかということが何も分からない(各々が別々のことを思い描いている)この状況って何なんだろう、と。

ものをつくる作り手は少なからユーザが楽しんでくれるとか、役に立ててもらえるとか、何かしらのいい反応を願ってつくるし、それを見返りとして求めるのは自然な姿だと思う。いちおうこの「システム開発」が「ものづくり」になるのならば、そういうものを期待して然るべきかもしれないのに、本当に何のためにやっているかも分からないし、誰かがこれによって喜んでくれる姿なんて想像もつかない。言われている目標理想像を叶えたいのであればもっと他にやるべきことがある。

新しいことをやらなければいけない、って言われて集められたのが40代50代のおじさんばかり、かつ開発部門上長営業企画のことしか(ことすらも)分からない、っていう時点で分かりきってたことだけど、結局今の「なんだかよく分からないけど生活を保つための仕事はある」っていう状態を保ちたいだけなんだろう。

好きなゲームのことから嫌な仕事のことを考えてしまうなんて嫌だなあ~

子を連れ去られて3年目になった

ある日突然子を連れ去られ、自宅に帰ると家財一式持ち去られていた。実家に帰ると弁護士から手紙が届いていた。

俺も悪かった。酒に呑まれ覚えていない事も沢山あった。

結局そこをうまく使われて、やってもいない事もやった事にされ、気付いた時にはDV夫にされていた。

当時妻は自営をしていて、俺は会社員経済的にはかなり助けていた。妻のところの職員給料だって一時的に肩代わりしたりしてさ。

子供は連れ去られるまで殆ど俺の実家生活していた。金だって俺の親から貸してもらって運転資金にしていた。

結婚した時に俺はマンションを買った。でも俺自身仕事がうまく行かなくて、妻の仕事もうまく行っていない。もう手放そうと思っていた。

もぬけの殻になった自宅を見て俺は絶望したと思う。昨日も子供と2人で実家で寝てたのを思い出して俺は泣いた。

裁判は酷いものだった。

俺のいうことなんて全く聞いてくれなかった。それでも1年戦った。昔のメールをほじくり返して、俺が子供の保育料が払えなくて妻にお金要求したらキレられた日の事。そして程なく妻が2週間遊びに行った時の写真なんかも引っ張り出したのに、届く調書にはそんな事を鑑みた形跡なんか殆どなかった

日本では子を連れ去った母親の方が全てにおいて有利なんだと骨身に沁みた。

俺が築き上げたマンション家財の一部も車も全て持ち去られた。そして何より最愛の息子さえも。

結局調停では決着がつかず裁判になった時、裁判官は話の始めにこう言った。

何しても無駄から和解しろ

これが日本

そして俺は和解した。今は毎月4時間の面会で子供と会っている。

面会が始まった当初は、子供から、お父さんが悪い。僕を連れ去ったらお父さんは刑務所に行く、と何度も子供に言われた事は本当に悲しかった。

今俺は、言葉に気をつけ、子供意思尊重する形で今も子供に毎月会っている。

憎くてたまらない元妻とも上手く付き合う為に考えながら連絡を取り合っている

俺には今新しい彼女がいる。時が経てば色んなことが形を変えて行くのだ。

ただ、俺は今も思う。子を連れ去った母親がこのまま上手く過ごせる今の日本おかしいと。

1人親の生活が苦しいとか言う前に、この子の連れ去りの理不尽母性有利の日本理不尽もっとみんなは知るべきだと思う。

俺は今前向きに生きているけど、そうじゃない人は少なくないはず。

こんな遺恨を残す関係を作り続ける日本から皆んな結婚から遠ざかるんだと思う。

一つでも理不尽をなくそう。

2018-01-21

うんことかおしっことか

普段は漏らす心配をせずに生活できる人が心から羨ましい

凪のお暇が嫌い

感想を探しても「分かる~」「共感した!」「凪チャン頑張れ!」などしか出てこないので、自分のような人に向けて感想を書きます

読んだのは3巻までで、下記感想個人のとても偏ったものです。

・あらすじ

空気を読みすぎて過呼吸になった主人公「凪」が、会社を辞めボロアパートでお暇をいただく。

シンプル生活自分に素直に生きるアパートの住人とのふれあいによって生き方?を見つけていく……といった内容です。

なぜ嫌いなのか

主人公クズ

・私は意見がなくて嫌々あなたたちに付き合ってて流されてるだけだけど尊重して!!!

同僚とのランチ

A「今のままの会社でいいのかな~。転職もアリだよね!」

B「私はプライベートが充実してればいいかな~。こないだ行った海外旅行でさ~」

C「私は転職におわせたら上司に泣きつかれちゃった~」

凪「(ど…どうしよう…っっ!私もなにかカードを切らなきゃ…私も今幸せですよ♡ってカード…何か何か)」

モノローグランチタイムデュエルタイム

そしてなにも言えない凪に同僚からダメ出しタイム(凪曰くサンドバックタイム)

邪推しすぎでは?嫌なら断れ!

・私も今幸せですよ♡という表現気持ち悪さ。

流されてるだけのくせにどうしてそんなに批判的なんだ。

というか、本人は空気読んでるつもりでもこの周囲への適応力のなさからすると、この人じつは空気読めてないんじゃ……?という気持ちになります

・友人に無理やり連れて行かれた婚活パーティーで男の人たちに囲まれた!やっぱり私みたいな気の弱い女の子は格好の獲物だよね……

でも参加者の女の人が助けてくれて……って、元同僚の足立さん!?!?

パーティーの後、一緒にお茶をすることになったんだけど、どうして私またこの人にひどいこと言われなきゃいけないの!?ふざけんなよ!!!

「男のこと扱き下ろすけど、足立さんもそんな肩とか脚出しててあからさまだよね!なのに収穫ないってかわいそう(笑)

赤くなっていく彼女を見て胸のすくような思いがしました♪

2ちゃんで見た展開

彼氏カード扱い】

・唯一の生きがいは節約のみ。でも私はたった1枚だけカードを持っている。

会社のみんなには内緒だけど、私は営業部エースイケメン慎二くんとお付き合いしてま~~~す!!!から同僚のクソ女にサンドバックにされても平気だもん☆☆☆

ふたり関係

私は慎二のことをとくに好きではないけれど、周りに自慢できる存在から付き合っています!早く結婚して私を勝ち組にして!

え……?慎二は私のこと好きじゃなかったの?ハアハア!ひどい!ショックで過呼吸なっちゃう!私は慎二を好きじゃないけどひどい!慎二が私を好きじゃなかったなんて~~~~~!!!!!この最低男!!!クズ!!!

ナチュラルに人を見下す】

仕事を辞め家賃節約のためボロアパートへお引越しすることを「都落ち」と表現

・上の階に住む独居老人を見て「もしかして私、このままじゃあぁなっちゃうかも!?

・隣人を「昼間から部屋に篭ってるってろくな人じゃないよね!」と自分を棚上げ。

主人公万歳!】

元カレには「貧乏臭い」と貶されるが、凪チャンが作るシンプルでおいしい節約料理は大好評♪

ちょっとした工夫で日々の生活を豊かに

クラブイベントフライヤーは凪チャンの新鮮な(どこが?)ひと言で新しい風が!

・「今思えばすごい子だったのかも。大島さんて」

凪に仕事押し付けていた同僚の発言ニコニコこなしていたから気付かなかったそう。

しかし分量的に言えば単に元の自分仕事+凪の仕事なので大変なのは当たり前では?

・「いつも空気読もうと必死笑顔貼り付けていっぱいいっぱいになってるあいつ見て、超人間じゃん。って思った」

凪は自分が浮かないように、嫌われないようにと思っているだけで、相手ことなんて考えてなかったと思う。

【おとなりのうららちゃんのおうち】

シングルマザーを見下しマウンティングするママ友

6畳のワンルームで3万・近所に激安スーパーがある地域立川だそうです)で母子家庭をそこまで露骨に見下す?

母親建設現場で頼りにされる職長。資格がいるであろう重機を乗り回している。

しかお金がなく娘と6畳のワンルームふたり暮らしおもちゃも買ってやれず、娘はあやとりで遊んでいる。

・お給料資格等の手当て+母子手当てでそこそこの生活可能では?

・というか大きなショッピングモール建設現場の職長ってお給料良いのでは?

主人公の見た目】

・月に1度の矯正ストパー?)と毎朝の念入りなブローで保っていたサラサラストレートヘアー

・あのギャグみたいな癖毛、その程度でなんとかなる???

登場人物の中で凪だけ胸の大きさやくびれが強調して描かれる。

巨乳って言うより胸部が爆発してるみたいだけどギャグ

【結局なぜこんなに嫌いなのか】

・NOと言えない人、自分意見を言えない・持っていない人が嫌い

・健気に頑張るも周囲からいいように扱われるかわいそうな主人公と、主人公を良い子に描くための周囲の人たちがかわいそう(元同僚・うららちゃんママママ友等)で嫌い。


【今後の展開予想】

ゴンさんが実はバイorゲイ

・凪の母「あの頃はごめん……あんたを見てると昔の私or別れた父親みたいで……」


作品が好きな方ごめんなさい!

anond:20180121145134

煽りじゃなくてマジで疑問なんだけど「女だけの町」に執拗にj噛み付いてる人ってどこがそんなに気に障るんだろう。

・男=犯罪者というもの見方がムカつく

・男のいない世界に住みたいと思う女がいることがムカつく

・ただ単にクソフェミの言い出したことだから気に入らない

だって「女を犯罪から守りたいか犯罪者予備軍だけを閉じ込めた町を作ろう」なら明確に差別だと思うけど、別に犯罪に会いたくないって思う女性勝手共同体作っても全く問題なくない?

しろ女性を隔絶した生活空間に置こうとすることが差別だって女性が起こるべき案件のような気がするんだけど。

仮に「冤罪に合いたくないから男だけの町を作ろう」と言い出す男がいたら多分フェミ連中は「どうぞどうぞ」って喜んで賛成すると思うし。

anond:20180121174303

自分自律神経の乱れがどうとか診断された事がある。薬を処方されて飲んでる間はやや落着くが、切らすとまた戻ってしまう。職業生活習慣は変えられないし、埒があかないので、暖か目で野菜中心の食事を心掛けたら随分良くなった。具の多い野菜スープ野菜炒めをひたすら食べる感じ。ついでにダイエットも兼ねたかったので炭水化物も控えてみた。リンガーハットの一部店舗だとチャンポンの麺ヌキとかい不思議な物もあるので重宝した。

ロット・グラスパーの死

https://note.mu/sudonah/n/n77d783fbabf3

 ロット・グラスパーという名の42歳の男性が、37歳の妻と、5歳の息子を残して撲殺された。ありふれた撲殺なら気に留めないが、以下の2点が僕の注意を引いた。

 1つ目。16番の路面電車の車内で、白昼堂々と犯行が行われたこと。

 2つ目。凶器ナイキスニーカーだったこと。

 犯人ジョージメイスという名で、ロットと同じ42歳の白人男性だった。さらに言えば、この男にも37歳の妻と、5歳の子供が居た。殺した側と殺された側で、年齢、人種家族構成、それぞれに奇妙な一致が見られた。

☆彡

 ロット・グラスパー郊外の1戸建てに家族3人で住んでいた。玄関前には、申し訳程度の芝生の庭がついていた。5番と16番の路面電車が自宅前の停留所に停まった。ロットは5番を好んだ。より正確に言えば、16番を嫌った。

 妻のレベッカ理由を尋ねると、「犬に服を着せて散歩する連中が乗ってくるから」とロットは答えた。彼女は納得できなかったが、理由理由を尋ねるほど、愚かではなかった。レベッカには妻としての分別がある。

 グラスパー夫妻には5歳になる息子がいる。結婚3年目に生まれた子で、名前はハンプトンという。この少年ロットを殺した可能性がある。

 レベッカの強い願いで、ハンプトンの出産は自宅で行われたが、熟練の産婆が青ざめるほどの難産だった。ロットは、病院で産んでおけばスムーズだったと思ったが、それを妻に言うほど、愚かではなかった。ロットには夫としての分別がある。

 世の親の例に漏れず、ロットレベッカは、ハンプトンが見せるちょっとした仕草や反応にも、才能の輝きを認めた。モーツァルトに耳を澄ます素振り見せた途端、我が子にはモーツァルトの魂が宿っているに違いないと思い込む例のアレだ。

 親たちの幻想は、遅かれ早かれ解消されていく。ハンプトンへの期待も、現実的な水準に素早く調整された。ロットレベッカは、ハンプトンが2歳になるまでに、我が子が持って生まれた最大のアドバンテージは、白人として生まれたことだと気づいた。彼らは分別のある親だった。

☆彡

 ロットレベッカは、ハンプトンをダウンタウン音楽教室に通わせていた。ロットが殺されたのは、隔月で行われる発表会の帰り道だった。その日は朝から薄暗く、昼前には小雨が降り出していた。発表会の疲れが無ければ、あるいは天気が晴天ならば、ロット自分が殺されることになる16番の路面電車に乗らなかったに違いない。

 5番も16番も郊外へ向かう線だがルートが異なる。16番は郊外へ出る前に、ベイサイド(人生の苦悩とは相続税である考える人々のエリア)と、ニュータウンアル中生活保護受給者エリア)の両方を経由した。

 ロットは、自家用ヨットを港に浮かべる連中も、公衆便所注射器を使う連中も嫌いだった。それゆえに、ロットは注意深く16番の路面電車避けたていた。だがその日、ロットは、疲れと小雨に小突かれるようにして、死に場所となる16番の路面電車に乗った。

 

 乗客は10人に満たなかった。グラスパー一家車両の中程に腰を落ち着けた。向かいの席には、明らかにベイサイドに住む、お手本のような夫婦が座っていた。30歳前後だ。2人とも白人ブロンドで、男はラルフローレンニットを着て、糊の効いたカーキのパンツを履いていた。

 女はワンピースに薄手のカーディガン羽織り、ルブタンの華奢なハイヒールを履いていた。レベッカは興奮した牛みたいに、組んだ足先からチラチラ見えるハイヒールの真っ赤な靴底を見ていた。

 ブロンド夫婦の足下には小さなゲージが置かれていて、スターバックスカフェラテみたいな色をした小型犬が入っていた。当然だが、犬は服を着ていた。

 「ワンワンだ!」ハンプトンは犬のように興奮して言った。

 ハンプトンの声に驚いて、ブロンド色の夫婦と、カフェラテ色の犬が、真っ直ぐにこちらを見た。レベッカは薄い唇に人差し指を当て、ハンプトンをたしなめた。

 「しーっ。ほら、ワンちゃんかにしてて偉いでしょ。ハンプトンも静かにね」

 犬並みに静かにして欲しいという思いは伝わらず、お喋りはとまらない。

 「いつもと違う道だっ!」

 「しーっ。今日は5番じゃないからよ」

 「何番?」

 「16番。今日は違う道を通るのよ」

 「今日だけ?」

 「今日だけってことはないけど」

 「特別?」

 「そうね、特別

 ロットは、服を着た犬が吠えたり糞でも漏らさないとかと期待したが、犬はあくまでも品良くゲージに収まっていた。ブロンド夫婦を真っ直ぐ観察したが、粗は見当たらない。夫の鼻毛は出ておらず、妻の鼻筋にも大胆な整形の痕跡は認められなかった。夫婦も犬もベイサイドの住人なのだ

 「船だ!」ハンプトンが再び叫んだ。今度は船だ。

 重い雨雲の下に、帆を畳んだヨットが、缶詰に入ったオイルサーディンみたいに、隙間無くびっしり並んでいた。ハイになったハンプトンは、座席に膝立ちになり、窓に鼻を付けながら、足をバタつかせる。

 「ハンプトン、靴を脱ぎなさい」ロットが強く鋭く言った。

 ハンプトンは動き止めてロットを見た。レベッカロットを見た。ベイサイドの夫婦と犬もロットを見た。

 「なんでさ!」

 ハンプトンは再び足をばたつかせようとする。ロットは足を押さえつけ、無理矢理靴を脱がせて言った。

 「シートが汚れるだろ」

 「汚れないよ!」

 「行儀良く座りなさい」ロットが再び強く言った。

 息子はむっつりと前を向いて座った。

 ロットは、ベイサイドの二人と一匹が、自分達に冷ややかな視線を向けているのを感じた。ブザーが鳴り、ベイサイドの住人がベイサイドの停留所で降りると、ロットレベッカに言った。「ああいう連中は、子供もゲージに入れて運べばいいと思ってるのさ」

 電車が、ベイサイドを過ぎて9丁目入った途端、色褪せた住宅街になる。ニュータウンと呼ばれるエリアだが、本当の意味ニュータウンだったのは40年前の話だ。今ではくすんだグリーンイエローの壁の向こう側に、昼間からキッチンで酒浸りの母親や、妻と子を殴ることを生き甲斐にしている父親生活している。

 この町の犬はすべからく軒先に繋がれていて、恐らく一度も洗われたことがない。番犬ではなく、愛玩犬でもなく、飼われることだけが目的の飼い犬で、飢えていない。

 その日も、ニュータウンはいつもどおりだった。ロットは、片方の乳がネグリジェからはみ出した女を見た。その痩せた女は、軒先で何かを熱心に吸引していた。雷が光り、痩せた女が慌てて家に引っ込むのが見えた。

 ロットは16番線に乗ったことを後悔していた。彼の考えでは、オイルサーディンみたいなヨットの群れや、片方の乳を出した女が何かを吸引する姿は、5歳の少年に見せるべきでは無かった。前者は生きることに不真面目過ぎるし、後者は真面目過ぎるからだった。

☆彡

 停留所ジョージメイスが乗って来た。7年落ちのダンプカーのようにゴツゴツ大きく頑丈で、ハンプトンと同じ年頃の少年を連れていた。少年はか細く歯が白かった。

 男は半袖のTシャツ1枚きりで、首回りと両腕に品の無いタトゥーがびっしりとあった。少年スニーカーは雨で泥にまみれていた。

 ジョージメイスは蛮族の王のように、ロットの正面にどかりと座った。白い歯をした少年は、膝立ちにシートに飛び乗り、窓に鼻をすりつけた。

 「ダディ、雷だ。すげぇ!」

 少年は雨雲が光るたびに興奮して声を上げ、足をばたつかせる。泥だらけのスニーカーがシートをこすり、犬の糞のような筋が付いた。

 「2連続!」

 白い歯の少年は興奮して足をばたつかせる。泥は通路に飛び散り、濃い茶色の染みを通路に残す。

 ハンプトンが、突然言った。「靴を脱ぎなよ」

 白い歯の少年がハンプトンの方を振り返る。

 ハンプトンは続けて言った。「シートが汚れちゃうよ。お外が見たいなら、靴を脱がないと駄目なんだよ」

 白い歯の少年は、ダンプカーのような父親を見上げた。

 「脱がなくていい」ジョージメイスは、ロットを真っ直ぐに見て言った。

 白い歯の少年は、再び足をバタつかせ始めた。

 「パパ、駄目なんだよね?」ハンプトンは、ロットの袖を引っ張る。

 「ああ、駄目だよ。お行儀が悪いねロットは小声で言う。

 「なんで怒られないの?」ハンプトンは、大声で聞く。

 「本当は駄目なんだけどね。よその子から、パパが叱ったらおかしいだろ?ハンプトンは、だめだよ」ロットは小声で言う。

 「おじさんが叱らないと駄目なんだって」ハンプトンは、ジョージメイスを指さしながら言った。

 「命令する気か?」ジョージメイスは、ロットを真っ直ぐに見て言った。

 ロットは黙っていた。

 「俺のガキに靴を脱げっていうのか?」ジョージメイスは組んでいた腕をおろした。

 ロットは黙っていた。

 「黙ったままか?」ジョージメイスはニヤニヤした。

 レベッカとハンプトンはロットを見ていた。

 しばらくして、ロットは殴り殺された。

 凶器は、サイズ21の泥にまみれたナイキスニーカーだった。

END

anond:20180121165017

手取りそんなに貰っといてブツクサ言うなよ...

もっと収入なくて困ってる人山ほどいるんだぞ!?

19万もあって生活していけないのは甘え。

パチンコはなくならないでほしい

増田ネットなんかでは蛇蝎のごとく嫌われているパチンコだけど、田舎年寄りにはこれほど助かるものはない

俺は年老い母親と二人で生活しているのだが、父が亡くなってから気力がなく家でごろごろしているだけの母親が低貸パチンコにはまり毎日20分かけてパチンコやまで行くようになった

弁当を作って、水筒お茶を入れて、朝俺が会社に行った後に出かけているらしい

母は車は運転できないので、歩くしかないのだが、スーパーにも行きたがらなかった母親が、往復1時間近く歩いているせいで、最近元気になってきた

パチンコ屋で1円パチンコ毎日打っていると常連になるらしく同年代友達もできたらしい

お昼になるとパチンコ屋の休憩室で、みんなでお弁当を食べながら雑談したりするらしい。

畳の休憩場所もあり、マッサージチェア無料もあり、テレビもあるから家に一人でいるより楽しいらしい

時々、休憩しない?と友人が声をかけてきてくれて、その日大当たりしている人がコーヒーをおごる、という感じで休みながら和気あいあいと打っているようだ

低貸なのでお金もそうそうなくならないから、時間は潰せる

夕方歩いて帰ってきて、明日弁当の仕込みをする

俺も何度かついて行ってみたけど、年金生活年寄りのたまり場と化している

パチンコスロットに厳しい目が向けられるのはわかるけど、田舎場合、ここはある意味老人の憩いの場となっている現状

一人で家にいる間に倒れてしまうということを気にしないでいいし、親が意欲が出てきたのがうれしい。低貸だから金も小遣いの範囲

近所のパチンコ屋には感謝している

あんたは えらい

転職活動を始めて、色々文言面接とか修正してるんだけど、

特集ページとか読んでも、全然まとめらなくて、ひねり出すのに それはそれはすっごい時間がかかる

面接用の文言とか NG文言に該当するのばかりで まぁーまとまらない

思考や考えがふわっふわのオムレツレベルで我ながら良く生活できたなぁと

ブクマカ世間様といった皆がハードボイルドエッグ思考

就職活動やXX活動とかで上記経験をこなした上で社会活動してるんだから凄いよ。

素直に褒められる経験だよ あんたらは偉い

偉いアンタらの賢いノウハウを教えてくださいお願いしま

anond:20180121150602

anond:20180121150602ちゃんはサポクラなん?いくらもらえるん?生活の足しになるん?

anond:20180121143548

病院行け

甘えとか生活習慣じゃなくて病気から

できれば摂食障害に強いとこ探して。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん