「甲子園」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 甲子園とは

2018-09-22

新興宗教の子供だった

承認欲求ちょっと強めに出たせいでなんだか怪しげなタイトルになったが、残念ながらそんなに波乱万丈な人生を送ってきたわけではない。これは特に何を訴えようというでもなく、しかし書きたい気持ちがあり、それに際して家族以外に自分名前を出して伝えることについて自分の中で非常に大きな抵抗があるため、匿名で書くものである。ぼくはといえば、普通に公立の小中高校と通い、ふつう私立文系学部に進学し、うっかり留年などするものボンボンクラクラとしてのうのうと生き延びている。経済的不自由もなかったし、就職活動で不利になることもなかった。

しかし家のリビングには立派に新興宗教エライ人の格言が額に入れて飾ってあったことも確かだし、実家帰省してみても父は毎週教会に通っている。具体的にどの程度信心しているのかはよくわからないが、おじいちゃんおばあちゃんばかりの信徒のなかで若手(もう還暦が近いが、若手である)として教団支部運営にはそこそこ尽力しているようである

これを書いてしまうとおそらくもうどの宗教かは特定できるが、父の実家宗教江戸時代末期にできた神道の一派であるらしく、新興といえどそこそこ歴史はある。宗教の名を冠した教育機関もいくつかあり、そういえばいつかの甲子園にもでていた気がする。

子供の頃はよく教会に連れて行かれた。僕と同じくらい年齢の子供が数人おり、両親やおじいちゃんおばあちゃん先生のありがたいお説教を聴いている間、僕はゲームを買ってもらえない子供だったので他の子ゲームをしている様子をずっと眺めていた記憶がある。たまにお菓子をもらえたりもした。当然お説教一言も聴いていないので現在に至るまで全く信心する気持ちはない。大変な親不孝者である

普通のこどもは教会に行かない」ということを知ったのは小学3年生のときだった。当時気の迷いで野球スポーツ少年団に入っていた僕は、あんまり土日の練習が嫌になったので「明日教会に行くので練習休みます」とコーチに言った。周りの目が一気に怪訝そうになったのを覚えているし、言ってしまった直後自分自身も「どうやらこれは間違ったことを言ってしまったらしいぞ」ということをすぐ認識したので、それ以来人前で教会の話はひとこともしていない。おかげで土日に遊べない理由適当捏造するのがうまくなったものである

地下鉄サリン事件というのが生まれる少し前にあったらしい、ということを知った時、どうやら自分は少し言動に気を遣わねばならないらしい、と思った。ネットで噂になっているエホバの証人や某学会信者による迷惑行為が、日本における「新興宗教」のイメージであり、先述したように信仰心ほとんどない僕も「宗教ときくとやっぱりちょっときな臭い言葉であるように思ってしまうところがある。ところが同時に僕は新興宗教当事者であるとも言える立場なので、あんまり無邪気な感じにもなっていられないのだ。

ニューヨークに突っ込んだ飛行機映像を見て宗教歴史のいたるところで戦争を起こしてきたということを知った時にも、子供心に教会の中に入り込んでいってしまってはいけないのかも、と思った。科学の子であった僕は、やっぱり母の言う「天国で死んだおじいちゃんが見守っている」だとか、神様を信じれば助けてくれる、ということに「ウッソだぁ〜」という気持ちを持っていた。お空の星は核融合炉であり、太陽系があり、銀河があり、宇宙インフレーションビッグバンからまれていた。神の祟りよりプレート・テクトニクス隕石のほうが怖かった。

ところで、僕はカトリック教会にも行ったことがある。祖母カトリックだったので、クリスマス礼拝に連れて行かれたのだ。洗礼は受けていないので、目の前で配られるパンワインをただただ眺めるばかりであった。眼の前の人がワインを飲むなり激しく咳き込みトイレに走っていったのを覚えている。たいへん敬虔信者であったのだろう。僕は激しい修行はおろか正座でありがたいお説教を聴いて足を痺れさせたことすらないので苦しみをもって神に尊敬の念を示すということを全くしたことはないが、もしかしたらそれが心の支えになって、拠り所になって、日々を生きることができている人もいるのかもしれないと思う。なお家には未だに聖書がある。

母は教育の人である教育を学び仕事にするプロフェッショナルである。親は誰しも自分の子供には人生における様々の試練に負けず強く生きてほしいと願うものであると思うが、カトリック祖母の影響でミッション系の学校に行っていたこともあるのだろう、心の何処かで神を信じるように幼少期の僕に教えてきたように思う。神は想像を絶する試練を課せられた人々の心をたびたび救ってきたからだ。新興宗教教会あんまりもつまらないお説教のせいで全く僕に信仰心が芽生えることはなかったが、大学宗教学の授業をとってみたりした今になって、「宗教ってこういう役割があったわけだね」という話をすることがある。流石に現代に生まれ中世のように「本当に」神を信じることはないが、しかし母は未だに「でもなんだか、どこかで信じている」というようなことを言う。

僕はお寺や神社を見て回るのが結構好きで、今年の夏も(オタク聖地巡礼を兼ねて)下鴨神社に行ったりしている。猛暑京都盆地の中、糺の森木々直射日光を遮り、薄暗くなっている参道はアホほど暑かった。今年は割と苦労した就職活動がどうにかうまく行ったため、賽銭箱に五円玉を投げ「いいご縁がありました、神様ありがとうございます」とお礼を言ってきた。下鴨神社神様も「縁結びってお前そういうことじゃねえよ馬鹿野郎」とお怒りのことと思う。

2018-09-21

腐り果てた保守の皆様に我が母校の校歌を贈る

自分はどちらかといえば左寄りの思想共感するものだが、高校は共学で手頃な偏差値私立高校自分学力で受かりそうな頃合いという意味)だと云うだけの理由國學院高等学校に進んだ。

神道文化学部とかを抱える大学の附属であってガチ保守校風だ。たしか校庭に皇族の誰やらが植樹した銀杏かなんかあった気がする。大学敷地神社があって何か行事があるたびに生徒会のやつやらが参拝させられていた。入学式の翌日に新入生全員が明治神宮に参拝する行事がある。中途半端に近いから徒歩で明治神宮に向かう。海外の人ががめっちゃ写真撮ってた。そりゃあ制服着た数百人のガキが外苑前から明治神宮に向かってぶわーっと行進してたら写真も撮るわ。あんなこと今でもやってるんだろうか。しらんけど。まあ、30年ばかり前の話ではあるけども、当時はそんな感じの学校だった。

が、昭和天皇がもう崩御だ、もうあぶねー、っていう時期に全国的文化祭やら体育祭やらが自粛される中で、「祭」はちょっと具合悪いから「文化発表会」に名前をかえて開催したような、わりと「頑張ってた」校風でもあった。真っ先に自粛しろよっていうね。

なお、共学に行ったはいいが、在学中に彼女はできなかった。

國學院高校校歌大学と同じで、ちょいちょい甲子園にも出たりしていた国学院久我山國學院栃木も同じ(はず)なので聞き覚えがあるな、という人も多いかも。大学サイトから聴くこともできる。

https://www.kokugakuin.ac.jp/assets/uploads/2017/03/000007625.mp3

特別愛校心があるわけではないし、高校の頃なんてそれほどいい思い出もない。今でいうところの「ブラック校則」的な理不尽校則に悩まされたりもした。

ただ、校歌はわりといい曲だよなーって思う。「古へ今の書明らめて国の基を究むるところ」とか、「外つ国々の長きを採りて我が短きを補ふ世にもいかで忘れむもとつ教は」とか、保守ってこういうことだよねー、って思ったりする。1番2番を踏まえての「祖先の道は見よこゝにあり子孫の道は見よこゝにあり」も良いと思う。

  見はるかもの みな清らなる

  渋谷の岡に大学たてり

  古へ今の 書明らめて

  国の基を 究むるところ

  外つ国々の 長きを採りて

  我が短きを 補ふ世にも

  いかで忘れむ もとつ教は

  いよゝみがかむ もとつ心は

  学のちまた そのやちまたに

  国学院の 宣言高く

  祖先の道は 見よこゝにあり

  子孫の道は 見よこゝにあり

作詞芳賀矢一

2018-09-16

はてなブロガー発でテレビで取り上げられる人が、また増えた。

● 女子高生甲子園マネージャーだったら = お茶出してもらえなかった人

● 保育園落ちた日本氏ね

● 錯覚資産 ふろむだことfromdusktildawn先生

2018-09-13

anond:20180913084015

そこまで見てないし、あの数百ブクマはつくオリンピック敵視者が皆アベガーとか言われても困るし

喫煙健康被害より「臭いから嫌」「吸ってる奴がDQNから嫌」ってのも多いし

甲子園タトゥーの話が抜けてるぞ

あとパチンコ忘れてた

あれなんてまさしく隔離されてる世界なのにな

anond:20180913082838

ボランティアを異常に敵視してるはてなーの事か

甲子園喫煙タトゥーも常に文句つけまくって、この世から抹殺されないと気が済まないという勢いなのに

エロとなると手のひらクルーなのは何なんだろうか

しかエロは「この世から抹殺したい」んじゃなくて「ゾーニングして欲しい」って意見が大多数だけどそれすら認めない

喫煙者が煙草は限られた喫煙エリアだけで吸えというのは差別!と言ってるのと同じ事なのに

2018-09-12

anond:20180912171611

本気なのか

こういうのって、「鰻食ってる奴は鰻を絶滅させたがっている!」とか

甲子園ファン高校生を苦しませるのを楽しみにしている老害!」とかと

同じ類の被害妄想だよなあ

2018-09-11

国籍スポーツ応援するなとかいバカ

そんなもん成り立つ分けないだろ

何の縁もない選手やチームを応援するなんてスポーツであり得るかよ

甲子園だって地元代表するから応援する

それが国になっただけだろ

共通アイデンティティを持つ人たちの応援合戦否定するとかそれこそ差別

ってかアイデンティティ否定以上の差別なんてないわな

差別主義者は死ね

そういうこと

2018-09-08

anond:20180908110730

土俵に上がりたければマワシをつけろ。

競技者でもないのに必要あるか?

グラウンドの件は全くナンセンス

甲子園プロ野球も男女混合でいいよ

anond:20180908110730

土俵に上がりたければマワシをつけろ。

競技者でもないのに必要あるか?

グラウンドの件は全くナンセンス

甲子園プロ野球も男女混合でいいよ

2018-09-02

夏休み自由研究について思ったこ

夏休み自由研究

基本的には何をやっても良く、時折とんでもない研究作品が出る事も多々あるが

そもそもまともに自分で考えて出来る子供など殆どいないため、大体は親がその大半を担わなければならない

はっきり言って、何の意味があるのだろうと子供の頃は考えていた

大人になり社会人となり、様々経験を得た今、個人的夏休み自由研究目的とは何かを考えて、至った結論を持論としてまとめようと思う

まず最初結論を書くが、夏休み自由研究の在り方や目的は『結果』よりも『過程』が最も重視されるものであると考えている

そもそも小学生が行える自由研究の結果などたかが知れている

時折凄まじく、大人でも唸るような自由研究が生まれてくるが、それはよほどの熱意を持ち元々の蓄積が無ければ出来得るものでは到底無いし、普通小学生に求めるのは酷な話だ

そもそも大学生であっても、そんなもの卒業レポートとして提出レベルになってくる

小中学生が成せるものでは無い

そして『過程』を重視するのであるのならば、テーマは何でもいいのではないかと思う様に至った

正直、ここから先はかなり個人的意見にはなるので、一般感覚とは少し離れるだろうしこうしたものは認めないという人も多いだろう

だがしかし、飽く迄も『自由』な『研究』という名目なので、悪いことをしないのならば基本は何をしても良いと私は解釈する

さて、前置きをした所で

自由研究を進めるにあたり、最も悩むのがテーマ設定だろう

何を調べるのか、これが定まらないのであれば自由研究など進まない

そもそも子供主体性を伸ばしたいという様な思惑も含まれるだろう事は自由研究という名前からして感じるのだ

ならば私は『その子が、今最も好きな事、好きな物に対して調べさせる』のはどうかと思う

そんなことは言われなくても、誰もが分かっているだろう

だが、好きなことが分からない子が大体だろう

から、なんでもいいのだ

の子が、今一番ハマっている事を言わせて見ると良い

スポーツでも良い、料理でも良い、TV番組でも、youtuber作品でも、ゲームでもアニメでも良い

なんでもいいから、今1つ好きな物を言わせてみよう

その好きな事に対して、なんでもいいから調べてみるのだ

例えばスポーツで、野球が好きならば、変化球の投げ方を研究したとして毎日ボールを投げてみて、どうすればどう動くのか書きだしてみれば良い

最後自分感想を入れて締め括ればそれで立派な自由研究ではないだろうか

やるのが好きではなく見るのが好きなであるなら、甲子園などの試合を見て、試合ごとに自分解釈を乗せて書いていけば面白いだろう

歴史を調べて年代順に並べてもそれはそれで研究

本を読むのが好きなら、作品ごとに考察を入れて、この時登場人物がどんなことを考えていたのか考えてまとめてみたらどうだろう

読書感想文と似ているが、形式に囚われず好き勝手に考えて書き出すのだ

いっそ自分小説漫画を1つ書いて完成させるくらいしても良いだろう

アニメも同様だ、1つの作品を一通り見て、それについて感想を述べるというのも面白いのではないか

アニメ放送されている『はたらく細胞』を見て、各細胞の働きをまとめるという発展だってあり得る

個人的にこれはどうか、と思うのがゲームについてた

まず、ゲームというと大半の大人が顔をしかめる

だが私はそれでもいいと思える

例えばだ、対戦型ゲームなどで、それぞれのキャラクターの戦法を調べるなど面白い自分は感じる

wikiに乗っていたとしても、自分で調べてまとめるというのは、十分に研究の1つだろう

実際にそれを自分プレイして、思ったことを感想として書き込む

全部は無理ならば、いくつか絞ってそこに焦点を当てるなどすれば良い、そしてやりこむのだ

RPGであっても、どうすれば効率よく進められるか、レベル上げに適したところはどこか、この敵はどんな戦法が効くのか

wikiで調べてまとめるなり、逆にwikiに一切頼らずクリアしてみるなり、要は何をやったか一々書き出すのだ

wikiではこう書いてあった、でも自分でやってみてどう思ったか書いてみれば凄く頑張ってる感じもする


対象ゲームだが、しか自由研究なのだ

自分が調べたいと思った事柄を、自分がやりたいように調べる、あるいは作る

それをまとめて1つの成果として完成させる、十分ではなかろうか

このように、自分の好きなことを1つ、なんでもいいから言わせて見て、それに対して何か調べさせるといのが大事なのではい

対象が何であれ、調べる、実際にやってみる、形にしてみるという『成果』が得られる

こういった経験は、社会に出ても絶対に役に立つを私は思う

というのも社会に出て大事なのはトライアンドエラーなど実際にやってみる、そして自分なりに考える、だと思うのだ

現状を分析し、あらゆる角度からアプローチをし、少しずつ条件をかえて進める

興味がある事柄に関してまず調べる、調べたうえで考える、立派な研究ではないか

そうやって改善していくのだ

冒頭でも語ったが、小学生などが出来る自由研究なぞたかが知れている

しかしそれを毎年繰り返していけば、年齢が上がるにつれ質は上がっていくのではと私は思う

経験を積むという意味では十分な成果が得られる



これが私が夏休み自由研究というものについて考えて至った持論だ

正直、実際に行うにはかなり反発があるだろう

特にゲームに関して調べましたと言えば、中身も見ずに激高する教師が多数いるのはまず間違いない

これらの研究結果という代物を受け止め、そのうえでアドバイスが出来る教師の度量なども必須になってくる

やり方も分からテーマも決まらず、ただ自由研究をやれと言われてぶん投げられるより、好きな物に関して調べてこいと言った方が確実にやる気が高まる

ゲームから駄目だ、などと言われず、ゲームでも良いとすれば視野も広がる

可能であれば、夏休み前などに教師などの大人がある程度誘導してやるのが好ましいのだが

好きなことを聞き出し、そのうえでどんなことをやらせればいいか、など

勿論全く興味がない物を押し付けたのでは、まず子供絶対にやらないと断言できる

結果、夏休み終了直前に嘆くのだ

まあ、子供の興味などコロコロ変わるので、始まる頃には飽きて結局終了直後に嘆く子も多いだろうが

もちろん、既存自由研究の様なテーマを行うのもそれはそれで良いだろう

自由研究キットを買ってやってみるというのも否定はしないし、実際にやってみるという成果が得られるのだ

だが、結局やらされてる感がある物よりは、自分好きな物としてやらせる方が記憶にも残るしやる気も出ると私は考えている


……因みに、今の私がこれらの前提で自由研究を行うとするのなら

今私は、ドールズフロントランというゲームはまっている

元々銃器類が好きなのもあるので、この際だからと各国の銃器歴史年代別に書き出して、どう進化していったのか表にまとめていくのも面白いなと感じている

大半がwikiなどに乗っているが、それを年代別に並べて見やすくするのだ

そして各銃の読み方、性能、仕様する弾丸なども併記していく

これはこれで中々いい自由研究になるのではないだろうか

まあ、今となってはそんな時間はあまりないのだが

anond:20180902001158

甲子園応援頑張ってた補欠部員とかみると元気でいいなぁって思う。根っから陽キャ

でも補欠は陰キャという意見もわかるな。

2018-09-01

35000人の前で人生最大のピンチに陥ったB'z稲葉氏を見れて良かった。

※B'zファン以外に向けて書いた文章であり、2曲だけネタバレありますので、注意してください。これまでのネタバレ被害の方、本当に申し訳ありません。

すごいものを見た。誰もがそう思っただろうと思う。

B'zの30周年ライブ in 福岡

一曲目で所々声が出ない稲葉氏。素人が見てもあからさまに調子が悪い。

でも、認めようとしないかのようにいつものようにシャウト。しかし、すればするほどガラガラ声に。

例えるなら、俺が酒飲んだ後にB'z歌う時みたいな声になった。

B'zファン稲葉氏のストイックさに誇りを持っていたので、まずそこまで事故レベル調子の悪さに唖然

稲葉氏の顔は青ざめる。しかし、歌うのをやめることは絶対にしなかった。お約束CDよりかなり手数の多いシャウトもサボらなかった。声はガラガラだが。

そのため、ファンはそのガラガラ声のまま、3曲聞いた。

会場は暗転して、どよめいた。

稲葉氏には稲葉氏が全て、というような女性ファンがたくさんいる。彼女らは既に40-50代であることも多く、体も強いとは言えない。

そもそも会場が非常に蒸して暑かった。そのため、心労と重なりバタバタ倒れ、何人もの女性が運ばれていた。

暗転は10分以上続き、誰もが「今日は中止」と思った。

しかし、稲葉氏がステージ上に現れた。そして稲葉氏はこう告げる。

「声の調子が良くなくて、聞苦しい声になってしまい本当にごめんなさい。正直なところ、このまま聞き苦しい声とならない状態ライブを続けられるかどうかは自信がありません。だから、皆さん僕が歌えるかどうか厳しい目でジャッジしてくれませんか。こんなことは初めてで、本当にごめんなさい。もしまた聞き苦しい声になってしまったら、その時は必ず埋め合わせをします。今日の僕のありのままの姿をしっかりと厳しい目で見てください。」

おそらく、稲葉氏にとって35000人の前で聞くに耐えないガラガラ声になるというのは人生最大のピンチだっただろうと思う。

しかし、彼は35000人の聴衆の前で「この俺を見てくれ」と言った。かっこ悪い自分をしっかり見てくれと。

黙って引っ込むこともできたと思う。しかし、今日自分の至らなさを正直に認め、引っ込まなかった。そして、調子が悪いなりの歌唱しかし、これまでにない鬼気迫る歌唱を見せてくれた。

謝罪してからは常に水を側に置き、曲中も何度も口にして喉を潤しながら歌っていた。正直、何度も水を飲む姿はカッコ良くはないかもしれない。でも、死ぬ気でステージで這いつくば稲葉氏はこれまでで一番カッコ良かった。

この人はこの仕事に、こういう姿勢で向き合っているのか。

「自信がない。」と率直に語り、初めて見た稲葉氏の弱さ。しかし、それを曝け出す強さ。そこは今までそれとなく聞いてきた歌詞主人公の男そのままだった。

正直、B'zなサウンド歌唱が好きな俺はそこまで歌詞を読み取っていなかった。いや、読み取ってはいたけど、作られた小説国語テストのように読み取るだけだったと思う。

「B'zの歌詞は確かにこの人が書いているんだ。」


初めてB'zの作品血液がドクンドクンと脈打って流れ始めた気がした。

B'zは安定した演奏を聴かせてくれるもの、と安心しきっていた自分はB'zのことを何も理解していなかった。

35000人の観衆の前で人生最大のピンチ真正面に向き合う稲葉氏の歌唱は胸に響きまくった。

謝罪後に歌った「裸足の女神」と「WONDERFUL OPPORTUNITY」には胸を熱くさせられた。曲を知らない人はぜひ歌詞を読んでいただきたい。

何度もMCを挟み「心配事や悩みをB'zのライブの時だけは忘れて楽しもうとしているのに、何で僕の心配をしなきゃいけないんだよ、と思いますよね。」ということを何度も言っていたのが印象的だった。そういう強い意識を持ってライブに挑んでいたことが手に取るように分かる言葉だった。


こういう時に何でも野球に例えるのはおっさんの悪癖だが、今日稲葉氏は調子悪いなりに、要所要所を抑えるようなピッチングをしたと思う。

謝罪後はシャウトの手数も減り、原曲より長音をいたずらに伸ばさなくなった。でもファンが「聞きたい」と思うポイントの長音やシャウトは全力でやってくれた。そのポイントで全力を発揮できるように温存しながら歌っていたのだ。

俺は個人的には普段今日の歌い方でも十分なんじゃないかと思った。

普段いか稲葉氏が手を抜かずによりB'zらしくシャウトをし、長音を伸ばしてくれているかがよくわかった。

9回に全力を尽くす抑えの投手が先発で出てきて、1回~9回までミス無しで全力投球をして完封する。

そんなピッチング絶対にしなければいけないのが稲葉投手なんだな、と思った。

しかし、野球選手は「調子悪いなりのピッチング」もする。俺はそれも立派なプロだと思う。

なぜならピンチでしっかり全力投球をして抑えるからだ。今日稲葉氏はメロは控えめに、サビで全力投球するような歌唱だった。

全体を通していつもより声量不足気味ではあったが、やはり要所は圧巻だった。凄かった。

稲葉氏はライブの終盤で「30年やってきてこんな経験は初めてです。つまりはこれも30年やってきたからこそできた経験ということです。30年やってきてよかった!」と言い放ちました。これがプロなんだ。

結局、音楽鑑賞という気持ちは消え失せ、スポーツを見ているような気分でライブを見ました。

地方大会から一人で投げぬいてきたエースピッチャーが打ち込まれている。でも、ブルペンに他に投手はいない。

マウンドに上がるのは稲葉投手だけ。ここまでどれだけ練習しているか準備しているか、実力もみんな知っているから、誰も責められない。

一人戦うエースと、いつもどおりで淡々仕事をこなすことでサポートするキャプテン松本。なんか甲子園みたいな気持ちだったな。

俺が普段カラオケキツイ場所が、今日稲葉氏もキツそうだった。

そんな姿を見て、当然だが「稲葉さんも紛れもなく、俺と同じ人間なんだ」ということを感じ取った。




今日稲葉はこれまで見てきた稲葉で間違いなく最悪の稲葉だったが、これまで見てきた稲葉で間違いなく最高の稲葉だったとも言える。




稲葉氏は「ライブが始まっても自分の声が全然でなくて、真っ青になる夢をよく見る」と語っていた。

まさにその夢が現実になったのが、今日ヤフオクドームだったのだ。

稲葉氏は人生の最大のピンチにああやって向き合うのか。

言葉で言うのは簡単だけど、ピンチ真正から向き合うとはこういうことなのか。

最高、と言って良いのかわからないが、プロとは何なのか思い知らされたライブだった。

俺もまた月曜日から自分仕事一生懸命に頑張ろう。

https://whitebox-inc.com/library/staff/takashima-maro/

甲子園球数制限とかそういう話

夏の甲子園“投手ぶっ壊しコロシアム”の解体方法──スポーツとしては時代遅れ、教育としてもデタラメ

 だが、そうするとべつの問題が生じる。

 ピッチスマートでは17~18歳は105球を上限とされているが、100球ちょっとで9回を完投できることはさほどない。よって継投を余儀なくされる。そうすると、2番手投手の力が劣るチームは不利となる。

 ただ、日程に余裕をもたせる提案も、抜本的な解決にはほど遠い。そもそもトーナメント戦で一発勝負であることが、野球というスポーツにはそぐわない。プロスポーツ優勝者勝率もっとも低いのは、6割程度の野球だと言われている。10回やって4回負けるチームが優勝する。これは試合数の多さも関係しているが、運に左右される傾向があることも意味している。高校野球ファンプロ野球ファンがかならずしも重ならないのはこのためだ。

この2つが同じ記事内に共存するのか(困惑

一発勝負の勝ち抜きトーナメントだと、強いチームの思わぬ不調や弱小チームのまぐれなんかで、弱小チームが勝って強豪チームが負ける番狂わせが起きることがある。それを嫌って、長期的な勝ち負けの記録を積み重ねて成績を決めよう、というのがリーグ戦だ。

この2つはどちらが悪いわけでもなく、単なる設計思想の違いである。実力が明らかに格下の相手に偶然が重なってたまたま負けてしまったばかりに大会敗退を余儀なくされた強豪からすればリーグ戦の方がありがたいだろうし、わざわざスタジアムまで足を運んでチケット代を払ったのにやる気のない消化試合を見せられた観客からすればトーナメント戦のドラマ性に魅力を感じることだろう(サッカーW杯ポーランド戦は記憶に新しい)。

そう、選手層が薄いチームにとって有利なのはトーナメント戦であり、選手層が厚いチームにとって有利なのはリーグ戦なのだ

別にどちらを支持しようともそれ自体では何の問題でもないが、継投制限をするなら選手層が薄いチームにとって不利になる、という主張と、トーナメント批判を同一人物が同じ記事で行っているのは理解に苦しむ。

球数制限を課し、リーグ戦を導入したならば、選手健康は守られるかもしれないが、選手層の厚い私立高がますます有利になり、甲子園に出てくるのは「プロ部活」ばかりになるだろう。

逆に球数制限を課さず、トーナメント方式を維持するならば、選手には大きな負担がかかるかもしれないが、選手層が薄くとも一発逆転の目があることになり、「昭和野球」が勝ち進む余地が生まれてくるだろう。今回の金石農業のように。

球数制限試合方式も、それぞれは独立したオプションのように見えるかもしれないし、実際ある種の人にとってはそうだろう。それは、どのようなチームが有利になるのが望ましいのか、という視点を持たない人だ。その視点を持たないならば両者は別々のオプションとして扱って美味しいとこ取りをして何ら問題あるまい。

しかし、「選手の獲得や育成にお金をかけられる私立高ばかりが有利になるのが本当に望ましいのか」という問いを立てるならば話は別だ。そのような視点から語ろうとするならば、球数制限試合方式は切り離せないセット販売だ。

もしも「球数制限を課し、リーグ戦を導入」というセットを購入すると決めたなら、自動的に言うべきことも決まるはずだ。「プロ部活が有利になってしまうという批判があるが、それは仕方ない。都市部私立高が勝ち進み、地方公立校が早々に敗退するような制度を支持する」

なのに、そのセットを購入すると表明しておきながら、選手層の薄い学校には酷だ、なんて同じ記事で言うのは理解できない。都会のスマート自由主義か、田舎の泥臭い平等主義か、どちらを支持するのかハッキリしてほしい。

2018-08-31

日本高校野球の「アガリ」が良く分からない

日本高校野球の「アガリ」が良く分からない』と言われても、逆に良く分からないと思うが、

高校野球に挑む選手たちの目指す人生プランが良く分からないと言うか、この舞台に挑む最終目標が良く分からないと言うのか。

例えば、高校野球甲子園に参加する人の「野球での最終目標」としては以下のような物が私には考えられる。

1.甲子園でより多く勝つ

2.日本球界プロ野球選手になる

3.メジャー活躍する

4.オリンピックに出場する

5.WBC世界一になる

1で目標を達成するなら肩を壊したり熱中症死ぬようなプレイの仕方も理解できる。

2を目標とする程度なら、日本球界はそこらへんを貴ぶのでなくはない

しかし、「一般人」が傍から見ているに今の野球職業に目指す選手たちは、メジャーを最終的なプランとして夢見ているように思う

その観点からすると、糞見たいな選手の起用方法をする高校野球選手をどうしたいのかが良く分からない

試合もたった一人の選手に100超球を投げさせるようなことにおいて、どこの舞台大事にするのか

オリンピック活躍すること

WBC世界一になること

と言うのは全く考慮外の能力だろうし

メジャー活躍する

と言う点においても事前の球数の多さはリスクになってしま

では、高校球児甲子園で勝つことだけを目指しているかと言うと、どちらかと言うと、常に心の隅にプロと言う希望がある受け答えや末路が見えてきている

かと言って、日本プロ野球機構がアガリかと言うと、日本プロ踏み台みたいな今の状況。

本当の所、高校野球に打ち込む人たちの、一番のアガリはどこを目指しているのだろう。

何というか、そこら辺に高校野球運用方法が全く適していないという感じがして仕方がない。

目指す先が、色々変っているのに、高校野球制度が大して変わっていないのだから

生徒の教育を目指すなら、そこら辺を考えて変えていかなくてはならないと思うのだが……。

日本高校野球を経た上での「アガリ」が良く分からない。

日本高校野球を経ない方がいいのではないのだろうか。

正直、野球選手としてのアガリに向かっていない感じがする。

anond:20180831134048

今ならエグゼイドも良かったっていうやつは多いと思う

ビルドは後半がダメだったな。甲子園の都合で話数が1話減らされたのも痛い。まとめ方が急いでいる。

2018-08-29

anond:20180829214828

甲子園行くと選手専用の阪神電車車両があって、

選手の隣の車両は追っかけファン女子高生でギュウギュウ詰めだったぞ。

俺と親父以外は。

甲子園特集雑誌は全国の書店に並ぶし、

ネットにもたくさん動画顔写真が載ってるからなあ。

2018-08-25

[]2018年8月24日金曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
008813205150.128.5
01649288145.142
02717319103.130
03325764180.161.5
04141411100.833
05135633433.320
06212192104.447
07282978106.472
0888816692.840.5
09112993388.741
101801189066.136.5
112752469889.849
122251899484.439
13117991184.734
1412013444112.035
15134880665.736.5
168411971142.555
179615239158.756
18114805870.741
19788303106.449
2085731886.139
2178486462.429.5
229812931131.945.5
23114965184.741.5
1日232923196799.641

頻出名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

人(240), 自分(162), タトゥー(111), 今(94), 差別(93), 話(88), 増田(77), 人間(74), ー(69), 男(67), 日本(64), 刺青(63), 意味(60), 女(60), 普通(59), 感じ(59), 問題(58), 前(57), 好き(52), 必要(51), あと(47), 金(44), 仕事(44), 時間(44), 場合(44), 偏見(43), 相手(43), 理由(42), 社会(42), 関係(42), 子供(41), 手(40), 男性(40), 逆(40), 女性(39), 気持ち(38), 頭(37), 最近(37), 入れ墨(37), LGBT(37), 他(36), 気(36), 扱い(36), 今日(36), 理解(35), レベル(34), 名前(34), 目(33), じゃなくて(31), 他人(31), 一番(31), 結局(30), ようじょ(30), 一人(29), 最初(29), 絶対(29), しない(29), 勝手(28), 友達(27), 別(27), 否定(26), ダメ(26), 世界(26), 結婚(26), 存在(25), 攻撃(25), 主張(25), 違い(25), ファッション(25), ネット(25), 一緒(25), 確か(25), 弱者(24), ゲイ(24), イメージ(24), 結果(24), 可能性(23), 全部(23), 全員(23), 場所(23), 世の中(23), しよう(23), おっさん(23), 発生(23), 会社(23), 判断(22), 嘘(22), 体(22), では(22), 言葉(22), ゴミ(22), 誰か(21), 人たち(21), 友人(21), 人生(21), 嫌(21), いや(21), 健常者(21), ただ(21), 説明(21), ヤクザ(21), 事故(21), 無理(21)

頻出固有名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

タトゥー(111), 増田(77), 日本(64), LGBT(37), じゃなくて(31), ようじょ(30), 可能性(23), 健常者(21), 被害者(20), フェミ(15), ブクマ(14), わからん(14), 東京(14), 元増田(14), 女性専用車両(14), なのか(14), 差別主義(14), いない(13), 個人的(13), 加害者(13), 価値観(13), キモ(13), アレ(13), なんだろう(12), OK(12), 低能先生(11), 普通自動車(11), 多様性(11), アウトロー(10), スマホ(10), 障害者(10), ブコメ(10), 社会的(10), プレイ(9), 好きな人(9), 具体的(9), 基本的(9), hatena(9), キモい(9), s(8), 生活保護(8), 職業差別(8), SNS(8), DQN(8), ノンケ(8), レズ(8), 自分たち(8), セカンドレイプ(8), キチガイ(8), ツイッター(8), りゅうちぇる(7), 3時間(7), ソシャゲ(7), な!(7), アプリ(7), トラバ(7), 甲子園(7), アニメーター(7), ちゅ(7), ???(7), 何度(7), マイノリティ(7), プリクラ(6), 自己満足(6), かな(6), ここに(6), にも(6), …。(6), Amazon(6), お土産(6), CD(6), カス(6), ブクマカ(6), Twitter(6), キモイ(5), ふじ(5), ゾンビ(5), カミングアウト(5), いつまでも(5), マジで(5), ω(5), 障碍者(5), LINE(5), 説得力(5), 関係者(5), 7%(5), 普通に(5), A(5), 17歳(5), 欧米(5), 邦(5), 1000円(5), metoo(5), アナル(5), リアル(5), ゲーム内(5), 2000円(5), 高速道路(5), NHK(5), スガシカオ(5), なんの(5), あいつら(5), 1日(5), ブログ(5), コミケ(5), 記念日(5), 2回(5), キチ(5), 朝鮮人(5), 嘘吐き(5), 脳内(5), 利用者(5)

投稿警察もどき日中に再投稿された本文の先頭20文字 ()内の数字投稿された回数

うんち (11), ペロペロペロペロペロペロ(2), アリバイしかないんだからこだわって(2), 差別撤回しろ。 (2)

頻出トラックバック先(簡易)

タトゥー偏見されても仕方ない /20180823162846(40), ■どこを見ても「ストーリー」だらけでうんざりする /20180824022818(19), ■デートお金が減らない /20180824192219(17), ■観光地のクソみたいなお土産 /20180823232145(15), ■どうして女性シェフは少ないの? /20180824121303(11), ■はてなーにも分かる確率割合軽自動車危険?~ /20180823142932(8), ■警察検察に行ったり民事裁判を起こしたりした話 /20180824144529(8), ■カップヌードルを超えるカップ麺が未だに存在しない /20180824145845(7), ■差別ラインがわからない /20180824111133(6), ■映画語り漫画面白いものがまだ一作もない事実 /20180823115109(6), ■同居している友人の知り合い(フリーター)が2DKに居候することになった /20180824225715(6), ■3大過剰に叩かれすぎだろってもの /20180824200532(6), ■anond20180823162846 /20180824172839(6), ■はてなの深刻なソース離れ、あるいは軽自動車危険性 /20180823192412(6), ■電車に乗るのが柴リーマンなら良いのに /20180823192905(5), ■anond20180824111916 /20180824112423(5), ■anond20180824023514 /20180824090532(5), ■猫派より犬派の方が収入が高いという話 /20180824112054(4), ■anond20180824104422 /20180824110236(4), ■anond20180824064554 /20180824080809(4), ■正社員正味平均時給 /20180824105052(4), ■タトゥー偏見する人の顔に無理やりタトゥーを彫ったらどうなるの? /20180824124556(4), ■anond20180824192219 /20180824195424(4), ■anond20180823162846 /20180824112618(4), ■anond20180824091847 /20180824092143(4), ■キャラクターを作ることの責任 /20180824085655(4), ■未成年とのセックスで「同意があったんじゃないの?」とかいう奴 /20180824083427(4), ■anond20180824114525 /20180824114851(4), ■SideMのセカライ組で騒いだ人達がセカライ組の未来を捨てた /20180824132933(4), ■売買春は悪ではありません。 /20180823171724(4), ■anond20180824114018 /20180824120610(4), ■図書館があるのに何故本は売れるのか? /20180824201732(4), ■女の子の一番大切なものって /20180824124413(4), ■普通の人になりたい /20180824001759(4), ■ /20180824102310(4)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

5540920(3033)

2018-08-24

強い人だらけで優勝する甲子園

充実した施設や優秀なコーチいるから集まっちゃうのは良いんだけどさ。

今回の優勝校はプロ養成学校なわけで、将棋で例えると奨励会

そこが一般大会に出てきてるようなもん。

更に100年記念に合わせて今年は更に強いと来ている。

どう考えてもやり過ぎでしょ。

どこを見ても「ストーリー」だらけでうんざりする

やれ甲子園でいいとこまで行った高校が弱小だっただの

巷に溢れるオタクカルチャーだの漫画だの

震災で生まれた感動ドラマオリンピックへの結束

障碍者見世物にした感動ドラマジャニタレ声優崩れのアイドルの絶叫過剰演技

ビジネスマンサクセスストーリー就活生の就活ドラマ

ブラック企業の愛社物語

ニートニート脱出物語

あっちで汚らしい愛玩ネコに「ご主人様」としゃべらせれば

こっちでは暗躍する外人日本陰謀を企ててる、というプロットを吹聴する

それに対抗するは日本を憂う中年40代ヒーロー()たちだ

 

いい加減にしてくれよ

世の中、そんな都合よく「ストーリー」は存在しない

勧善懲悪ほとんどないし、努力が報われることも少ない

胸のすくようなスカッジャパン()も存在しない

ただただ事象の積み重ねだ

甲子園のなげすぎ問題

投球制限までは賛成。

でも、

吉田くんももう投げたくない」「親元離れてケータイも捨て取り組む環境バカ

とかとかはさすがに入れ込みすぎ。

真剣スポーツに打ち込んだこともなければ、国体にも、全国大会にも出たことない体育嫌いが言ってる印象(偏見

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん