「申し訳」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 申し訳とは

2018-06-24

性欲が無くて申し訳ない

当方30代

ネットで知り合った10の子と何人かデートをしてみて、その人たちに好意は持っているのだけれど、どうにも「セックスをしたい!」という気持ちが起こらないんですよね

これはもう私の生物としての根本的な欠陥なんだと思っています

こちらに興味を持ってくれて、遊んでくれる相手にしてみたら、いつまで経ってもセックスに至らないのはもどかしいと思うでしょうし、自分好意を持たれていないと思ってしまうのだと思います

本当に申し訳なく思います

自分に性欲というものが宿ってほしい

これ 露天風呂? しょっぼい露天風呂ランキング上位確実

せっまいベランダに 体育座りじゃないと入れないバスタブ置いただけみたいなのでも露天風呂だって

しかも、そのせっまいベランダには目隠しの壁がドーン!で、景色なんか見えないし。

しかに屋内ではないけどさー

これを露天風呂と言い張る神経…

このマイナスを補って余りある他の…なんてことがあるわけはなく…

元々がしょっぼいとこなら期待もしないか

「こんなのでも露天風呂」みたいなのでも

どうってこともないんだけど。

露天風呂目当てで取ったとこではないから、

ガッカリはしたけれど…と 他に期待したのに…

露天風呂を見てよぎった嫌な予感がことごとく的中…という最悪。

想像するに

かなりの規模だし

昔は団体客向けのとこで、

大浴場はやたらデカくて、

庭なんてもんじゃなく、申し訳程度の植え込みが見える大浴場で…

そのうち、団体客なんて存在は激減してしまって…

個人客にウケるようにと考えたら露天風呂!と…

カタログかに露天風呂』という言葉あるかないか全然違ってくると…

大浴場脇の申し訳程度の植え込みに無理矢理みたいな湯船作って…置いて?

露天風呂だと言い張る…みたいな…

そんな露天風呂

そんな露天風呂で こんなことをうだうだ考えるのもまた楽し…とでも思っておくか…

ただただいやーーーーーーーーーーな気分で終わりたくはないから。


そんな しょっぼい露天風呂ランキングってないのかな?

anond:20180623202741

わかる

自分金銭的に損したとかのが悔しいとかじゃないんだ

ムダにしたこと申し訳ないんだ

人間関係トラブルで双方合意別離なら悔いも少ないだろうが

anond:20180624145356

貧困層を叩くつもりはなかったが誤解を与えたとすれば申し訳ない

人生がつまらない

ああ、あまりにつまらない。

一歩間違えれば自分も狂った犯罪者のようになるのではないか、そう思うときがある。

しかし、そんな行動力などないから、人生がつまらないとこうしてのたまっていることしかできないのだろう。

時間を潰すための本なら大量にある。しかし読む気がしない。

仕事に打ち込めばいいじゃないか。そんなストレスが溜まるようなことは平日だけで良い。今日休日だ。

恋人を作ればいいじゃないか。誰が相手にするというのだ。

瞑想?してるわ。気分が落ち着くのはその時だけな。現実的解決策にはなっていない。そこに救いはないのだ。

筋トレもしてみた。やる気などは出ず、疲れただけだった。

何より朝からシコったのがいけなかった。それは夜に、寝る前に、嫌なこともあったけどこれでスッキリ明日も頑張るぞとやるからこそ意義のあるものなのだ

(実際女性はそれを頻繁にはしないような気がしているが、それで一体どうやって生きているのかこれまた疑問ではある。あとやめ時はどのタイミングなのか)

こうして現実に向き合うハメになってしまった。ハメたことはない。

30を前にして、決められたイベントはすべてこなしたものの、その後自分で行動しなければ何も起きないことを知った。

(ひどいミソジニーではないとは思っているが、このあたりも女性の方がある程度有利だなとは思っている。上位層を見て言っているだけだったなら申し訳ないが)

友達恋人とどこかへ行くこともできず、洒落た店を知っているかといえば何も知らず、ただただ外面だけをなんとか取り繕って生きている。

中身がない。いくら他人を認めても、自分は認めることができず、虚無な抜け殻が今この文章を打っている。

人生がつまらない。いや、人生を歩んでいない。生きていない。死んでいる。

ここ最近辞めたいばっか言ってる増田です。本気で辞めようと思っています


辞める理由としては

・度重なる仕様変更無茶振り(IT系ではあるあるだけども)、減っていくベテラン社員、いつまでたっても報連相すら出来ない上層部etc.と今の会社に疲れきってしまった。というかうんざりしてる。

・まだ残っていた出来る人が立て続けに辞めていった(残った人数で回すのは到底無理)

・今まで分散していた仕事&責任がこっちに回ってきそう(社外向けに君を全面に押し出していこうと思ってるよ!的な感じ)

作業遅れてなくても確定で残業させるうんこ

作業内容と拘束時間とおちんぎんがみあってない。

・この会社にいてもこれ以上スキルが上がる気がしない

惰性で残ってた所にきっかけが出来てしまったって感じです。本当は辞めて一年くらいニートしてたかったんだけれど、残念ながらまだ心身ともに「うーん…不調だな…」って状態が続いています。(たまに駅で涙が出てきたりするけど、まぁまだ普通かなって)

なので傷病手当てもらいつつ休養…とかは難しそうかなって思っています。あともらうためにハードル高杉。

失業手当はもらおうかなって思ってます


で、お聞きしたいこととしては

長期間無職状態再就職の際に不利になるのか。(数か月程度なら言いようがあるみたいだけども、長引けば長引くほど不利になる…んだろうな)

採用時に長期間無職状態は見るのか

ちゃん再就職出来るか(これは自分次第)

・辞める前にやっておいた方がいいこと(未だにクレカ持ってないのでいい加減作った方がいいかなって思ってます。あと歯医者の定期検診行っとこうかなって)

再就職の際のアドバイス

って感じです。

なんか全体的にフワッとしていてすみません

初めて仕事を辞めるんでとにかく不安不安で…あまり相談出来る人がまわりにいないというのと、管理職や人事担当の方が多そうな気がするのでここで相談させていただきました。


あとスペックスペック忘れてた。

27歳、女。貯金は300万程度、家族(現在無職×2)と暮らします

長文乱文大変申し訳ありません。

よろしくお願いします。

anond:20180624025040

元増田です。

補足ありがとうございます。うまく読み取れてない部分があり申し訳ありません。

補足を読んでの感想です。

あなたの言う通り、「彼が言った事は、裏返すとこういう事になる」という考え方はありだと思います。これ自体しょうがないことだと思います。今回の件は、その考え方をする人たちが、その考えを膨らましすぎて炎上したと思っています

「彼が言った事は、裏返すとこういう事になる」というあなたのような考え方と、そうしない私のような考え方(「彼が言った事は、裏返すとこういう事になるかもしれないが、そのような事は言っていない」という考え方)は、それこそ人それぞれで、この差異をどうこうするのはもはや解決困難なことだと思いました。

それを踏まえて、やはりY氏はこのセンシティブテーマを扱わないことがベストだったのかなと思います

自分は「差別性が見え隠れする、差別性に無自覚発言」と感じました。差別というのは基本的に、する側の意図目的ではなく、される側に与える影響の方によって定義づけられる物だと自分は考えています(平たく言えば、される側が差別と感じたら差別、という話なのですが、そう言いきると無根拠言いがかり正当化されてしまうため、敢えて回りくどい書き方をしてみました)。

これに関しては、やはり私はそもそも差別発言をしていないと思うのですが、そう捉えらてもおかしくはないという部分は理解できます(「なんか炎上しそうだな」という炎上アンテナが反応しているので)。「される側が差別と感じたら差別」というのは、これが正しいかどうかは置いといて、今の風潮としてあると思います。なので、やはりY氏はそのように捉えられる発言をするべきではなかったと思います。この辺の考え方は、もはや正しいとかどうとかではなく、現代を生き抜く自衛のため、そうせざるを得ないと考えています。恐縮ですが、この辺の私の考えに最も近いと思う部分を、あなた記事から再度引用します。

「そんな事を言いだしたらどこにも足の踏み場なんか無いじゃないか、言って安全な事なんて無いじゃないか」そう反論したくもなるでしょう。残念ながらそうなのです。

藝大ミスコン中止に伴うはてな界隈馬鹿

美を追求するコンテスト廃止するなんて美を賞賛する事もダメなのか!

知識量を決める事と何が違うのか!

みたいな知性のかけらもないブコメ並んでてブクマカって馬鹿しかいねえな〜と思った次第。

馬鹿には分からんかもしらんが、一応説明すると人の外見において、何が「美しい」ものなのかってのがもう人に決められるもんじゃないって時代に来てんのよ。

自分の美、の基準自分で決めよう、自分ありのままの姿を自分で認めよう。

他人が優劣をつける事はやめようって話ね。

背が低くても足が短くても、美人

ニキビがあっても、肌がきめ細かくなくても、お尻にセルライトがあっても、それも美しいじゃない、って話よ。

もちろん建前でもあるよ?

でも建前から始めずに何から始めるんだよ。

大っぴらに

肌がきめ細く色白でニキビもなく足が長く髪がサラサラで艶があって額が狭すぎず広すぎず姿勢が良くてお尻が垂れてなくて二重で目が大きくて鼻が高くてどこかに気になるアザも大量のホクロもないって子

を、美人として優劣をつけ評価する事は、そういう美の基準を作るって事になるんだよ、分かる?

それから外れてる事は美人ではないって決める事なんだよ。

持って生まれたアザやチリチリの髪や短くて太い手足を否定して、その昔ながらの美の基準を目指そうって価値観自体がもう古いって話。

そしてそれこそそうした価値観から遠い人が傷ついて苦労して来たって話ね。

これを藝大みたいなとこがちゃん推し進めるのは必然よ。

もちろん芸能みたいな商売はまだまだ利用すると思うけどさ、それとこれは違うやん?

あん人間を売り物にするような業界自体普通じゃないんだからさ。

知識とか運動みたいに明らかに多い少ない速い遅い強い弱いで優劣がつくもんじゃねえんだよ、美ってのは。

誰かが勝手に決めてきたもんなんだ。

んで苦しんできたもんなんだよ。

デブ自己擁護とか言うけどさ、そうじゃねーんだよ。

ウィニーハーロウって知ってるか?

まだら肌のモデルだよ、水原希子とも共演してる。

その水原希子もケツのセルライト修正せずに出して一部ではなんで汚いものをって言われたんだよ。

でもありのままで良いはずって言ったんだよ彼女は。

それが美だよ。

まあ水原希子だって顔小さいし足長いけど、そうじゃない子だって少しずつモデルとして活動出来てきてるじゃん。

それを認める事なんだよ。

何であんなのが、って言うのは間違ってんだ。

それなら誰だってモデルになれる、と思うじゃん?

そうなんだよ、もはやモデルって何って話で良いんだよ。

いやそれでもそれなりに色々あるだろうけどね。

もちろん整形を希望する女の子はこれからも増えると思うよ。

リスクがあってもね。

それを否定は出来ないよ。

でもな、そうして整形願望を持つ子たちの根っこには、過去形成されてきた画一的な美の基準があって、それに伴う世間評価存在してるからなんだよ。

ありのままの姿でずっと評価されて認められてきてそれが世間で当たり前になってりゃそんなリスクさないんだよ。

鼻が高いのが可愛いよねって価値観が男女共になければ、そんな事しなくて良いんだよ。

よくよく考えるとさ、健康を害してまでウエストを締め上げたコルセット時代からまだそこまで進歩しちゃいねーんだよ人類

から少なくとも大っぴらな美の基準固定化する行為否定されて然るべきなんだよ、わかる?

ちなみに俺は高校生の時に学校ミスターコンテストで優勝した事あるけど、この流れは素晴らしいと思う。

これは冗談で言うけど、おまえらブサイクブスばっかのくせになんでルッキズム片棒担いでんだよ。

というかそこにコンプレックスあるやつほど執着すんのかもな。

あれだけ従わされてきたルールが突如変更になるって、俺私のこれまでは何だったのって。

ももう楽になろうぜ。

そんで自分の子もの代では過去の美の価値観から解放してやろうぜって思わんのかね。


追記:アノニマスでもなんでもないけど読んでくれてあざす。

だいぶ煽ったおかげで読まれた気がするけどもその部分の反発やご指摘は仰る通り。

自分の云々は蛇足だしどうせ僻みだろみたいな反応への予防線なんか張る必要なかったし馬鹿だったと思う。

多分自分ブコメするほうでもそこ一言嫌味入れると思うしのっけから馬鹿だなんだという部分で不快になった人には申し訳ない。

ただ揚げ足取りや内容への言及なしなものが大半になっちゃったのも否めずなんつーか諸刃だった感もあって。

全部いちいち注釈入れて全方位配慮型で中庸に仕上げた文章読まないでしょ?という気持ちは今もなくはない。

重要なのは美の基準の話だけど、生理的レベル好き嫌いに関しても俺は後天的ものだと思うんだよね。

まれた時から周りに自然にいる人に対して自発的生理的嫌悪は起こさないんだよ。

いわゆる顔面うんたらみたいな障害持ってる人とかも、出会たことがなければ衝撃を受けるのは自然な事だけど、仮に身近に当たり前にいれば生理的嫌悪も起きないわけよ。

現代美的感覚西洋文化から受け売りのものが多数であって、心理的ものですら必然的な現代生活刷り込みあっての後天的環境要因あってのものだと思うわけ。

現代文明に触れてないジャングルの奥の少数民族が同じ美的感覚持ってると思うか?って話。

からそれらも刷り込みであって、その土壌を作ってきた1つの美の様式を小さなとこから解体していくべきと俺は解釈してるわけ。

それはある種文化を壊すことにもなるけどそれがあるべき人間進歩には間違いないわけよ。

海外の流れがそういう考えを元にしてるとは思わんけど、自分の美の基準自分で決めるべきってところを掘ってくとそういう話にもなるわけ。

今までの基準を壊していく事、刷り込まれてるものを一旦全部リセットしてっていう。

ファッションだって黒人ヴィトンのショーを数日前にやって、ストリート手法がどんどんラグジュアリーにも本格的に受け入れられて、まあそっちはマーケットベースで動いてるけど、そういう一連の流れと多様性価値観進歩は全て共鳴してんのよ。

藝大みたいなとこは、って言ったのはアートとかそういうのは価値観を先に進め時代を牽引するものであって、だからこそ表のミスコン?にはそういう意図があった中、保守的な従来型のミスコンをやるってのがそりゃ違うでしょってなるのは必然って話。

あと運動能力知識量は明らかな勝敗がつけれるものであって、生まれ持ったものに左右されるのは確かだけど、美の基準後天的に作られてるっていう前提からすると同列には語れない。

それも比較するな、となったら努力否定する事になるってのは分かるけど、運動能力知識量は目指すべき方向性が決まってる。

それに対して美への努力は何を持って美とするか、を誰かが決めるものではないって話。

ミスコン結果的に目指す基準を作る行為になるって事ね。

あと芸術点のある競技の話に関して鋭いツッコミあったけど、これは競技に限らず芸術作品、文芸ファッション音楽とか全てにおいて権威評価を決める事への反発の動きもあって時に変動するからこそ基準に対して流動性があって良しなわけ。

それにそれらは人が作った競技から基準を人が作っても良いわけよ。

でも美人基準流動性がなく(ほんとは若干あるけど、流行りの顔とか。でも生理的ものとか言われるくらいだから根底あんまずっと変わってない)、なおかつ人の外見なんか人が生み出した競技ではなくその美の基準だけ人が生み出して、それで苦しむ人がいるわけやん。

んでミスコンはそんな外見の優劣なんて競技に参加したつもりもない人間判別する基準を制定する事になる行為だって話。

から取りやめる事は必然であって、他の競技も出来なくなるとかつまらない時代とかって批判おかしいっしょっていう。

この辺が話の本題で本質ね。

ブコメ本質の話にあまり至ってないのは俺の責任でもあるけど、少しでも気にかかった人はこの追加まで読んでくれると真意は伝わると思う。

再追記:タイトル煽りで損してるのも分かってるけど敢えて改変はしないつもり。

キモい、とかそういう内容に言及しない批判はどうでも良いし、的外れ批判を取り上げて持論を補強する卑怯なやり方もしないっす。

勢いで書きなぐったのでまとまってないのは申し訳ない。

誤解を生むのも自分のせいかなと思うけど、未だに「黄金比みたいな美の基準は決まってる」みたい論は、それ後から決まってきたものであって、例に出してる現代文明に触れてない人間には通用しないんじゃない?=文明の影響で黄金比を感じる土壌が出来てるのであって後天的なもんだからそれを普遍的な美だと決めつけて人様の顔に当て込んで評価するのやめようぜって話。

で、そうした美の基準は多様で良いって前提なら従来型の画一的な美の基準に照らした評価継承するミスコン無用過去価値観を補強し定義する害悪って言ってる。

美以外にも努力否定してないし、ただ美の努力方向性勝手に誰かが決めてくのは終わりって話よ。

肌が綺麗とかどーとかよ。

ありのままでええやん、が本旨。

何回も言うけど、他の運動芸術などのコンテスト競技競技自体を作ったのが人間であり、何かを行ったもの、を評価するものから評価基準を人が作って良い。

一方、顔やスタイルなどの造形は生まれた時にある程度決まっており、何かを行ったもの、ではなく存在する外見そのもの評価する事でもあるから評価基準を人が作るべきでないって事。

努力っつっても外見に関して何に向かって努力すべきかを他人が決めるなって話。

そこからデフォルトで遠い人間ネガティブ評価を受けるから、以上。

ミスコンは中身も〜の議論は無毛なので話しません。

だったら中身だけでやれって話になるので。

余談だけど俺はめちゃくちゃ性格悪い自覚はあるから言及しなくて良いっすよ。

あと普段ブクマカなのでトラバ見方がむずくて見れてないす、ごめんなさい。

anond:20180624023155

ブログに書き込んできたのがAであろうがなかろうが、縁の切れた人間戯言無視するのが一般的には健康だ。

もっとも、ブログに書き込んだのがAであることはまずないと思うが。

考えすぎて自分を追い込む癖のある人は、毎日おまんじゅうとかを食べなければブログを続けていくことは無理だ。

俺の場合たこ焼きだった。

男性でも、苦痛を感じて生きている人間がいる。

俺の話で恐縮だが、背の低いアジア人が、ヨーロッパ人の中で生活するのは苦痛だった。

カフェテリアで飯食っているだけで目立つ。噂話されているような気がする。されているかどうかもわからない。

新しく会う人には天才少年だと思われる。凡中年で悪かったねって英語でなんていうのかな。

本屋では会計の時には你好と言われる。悪意はないのかもしれない。でも彼らの社交辞令笑顔が恐ろしかった。絶対バカにされている。

書いてみたらちょっと増田さんの文章趣旨とは違っていたけど、言いたいことはこうだ。

この度は男性の一人が無礼をした。申し訳なかった。でも男性から死ねと短絡的にどうかは思わないでいただきたい。

男性の中にも属性で扱われて困惑した経験のある人間はいる。ムカつくやつを弾いて行けば、まともなやつに会えるはずなんだ理論上は。

いつか安息の地を見つけられることを祈っています

俺の安息の地は日本でした。俺の場合簡単でしたが、増田さんの場合もどっかにはあると思います

リンク先のことは増田さんに直接関係しているかどうかよくわからなかったので、コメントやすいところにしやすコメントをしてみました。

どうぞお元気で。

ある"女性エンジニア"のぼやき

増田独り言です。

増田生物学的性・性自認性的指向すべて女性で、社会人になってからずっとエンジニアをしています

最近、皆さんもご認識の通り、あるイベントでの発表が物議を醸しています

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/logmi.jp/294756

この発表や付随する世の反応(主にTwitter)を拝見してからずっと、心臓がざわつくような感覚を覚えています

自身気持ちを整理するため、今まで自分が”女性エンジニア"として生きてきて遭遇した様々な不自由さと、本件に対して思うことを文章にしてみたいと思います

ただでさえ特定されやす属性ですから、多少のフェイクが混ざるかもしれません。

(この呼称自体好きではありませんが)“女性エンジニア”として数年生きてみて

セクハラによる退職

初めて、かつ最大の不自由さを感じた出来事は、ある会社で起きたことでした。

言葉にしてしまうと、とてもシンプルでよくあることかもしれません。

セクハラあい、それによって退職しました。

加害者はかなり年上の男性でした(以下Aとします)。

どのようなことがあったのかは、思い出したくもないことなので割愛します。

具体性を欠く話になってしまますが、複数第三者告発を経て収束した出来事でしたので、

行きすぎたフェミニスト過剰反応ではない旨、信用していただければと思います

当時の私は、Aによる様々な行為我慢してしまっていました。

  • いつか飽きることを期待していた
  • 周りに迷惑をかけたくなかった
  • 恥ずかしくて言えなかった、

色々な心情からしてしまたことではありますが、今となっては全く無駄時間を浪費してしまったと反省しています

私にとって幸いだったのは、Aに子供がいなかったことです。

もし子供がいたら、きっとこのまま泣き寝入りしてしまっていたと思います

結局、様子のおかしいことに気がついてくれた職場の同僚や先輩が、各所に通報してくださり、

最終的には弁護士を通じての示談という形に落ち着きました。

Aは社内で秘密裏制裁を受け、私には謝罪いくらかの示談金が与えられました。

Aとは直接話をしていないのですが、真摯謝罪をしてくれたと信じています

ただ、それまでの過程でAの上司から受けた言葉で、もうこの会社はいられないと思い、転職する結果となってしまいました。

Aは社内でもそれなりの地位にいたため、その上司となると執行役員クラスになります

上司からは対面で「自分監督不行き届きだ、申し訳ないことをした」という旨の謝罪を受けましたが、その中の小さな一言本音が見えてしまいました。

「ただ”この程度のことで”Aを懲戒解雇にはできない」

この一言で、もうこの会社から貰う給料で生きていたくないと思うようになり、できる限りの早さで転職先を探し、退職届を出しました。

仕事自体に不満はなかったため、必要ではあるが不本意転職となってしまいました。

すぐ転職できる状況だったなら、示談金も受け取って得したじゃないかと思われる方もいるかもしれません。

しかし、この件でしばらくは心療内科のお世話になることになりましたし、最寄駅もAに知られていたため転居の費用もかかりました。

現実は大赤字でした。

今でこそ心療内科のお世話にはなっていませんが、当時は自力睡眠を摂ることもできなかったし、

Aに似た背格好の男性を見ると動悸がして動けなくなったりしました。

何より、一度損なってしまったもの回復しても元どおりにはならないのです。

この出来事を境に、自分は心身ともにすっかり変わってしまったと感じています

マイノリティとして目立ってしまうことのリスク

本件を通して、一人のエンジニアとして受けた損害は不本意転職だけではありませんでした。

当時、はてなブログ簡単技術メモのようなことをしていました。

退職後のことですが、そのブログに「楽しそうだね」とコメントがつきました。

きっと私の考えすぎだと思います。そうでない可能性も十分にあると思います

それでも、「俺はあんな目にあったのにお前は会社を辞めて楽しそうにやっているな」という、

Aからの恨みのコメントなのではないかという不安にとらわれてしまい、ブログはすぐに閉鎖しました。

それ以来、パブリックな場へのアウトプットは一切できていません。

しかしいまや、公的な場へのアウトプットを求められることは、エンジニアにとって当然の時代となりました。

GithubQiitaなど、エンジニアとしての名刺代わりになるようなアカウントプライベートに閉じることは、

エンジニアとして生きる上で大変もったいないことだという自覚はあります

これももう昔のことですから、今更何かあるなどとは思っていません。

それなのに、なぜだか、アウトプットへの気概のようなものを根こそぎ失ってしまい、それを回復できずにいます

技術サーベイパスしたり、リファラル採用活用することで、今現在もなんとか転職活動はできているという状況です。


他にも、勉強会などいろいろ

これ以降も、女性であるがゆえの不自由さには度々遭遇しました。

エンジニアとして採用されたにも関わらず、顧客の受けがいからという理由で、業務時間の大半を営業同行にあてられてしまった会社もありました。

再三の改善要求にも応じる気配がなかったため、その会社短期間で退職してしまいました。

会社を見る目がなかったと言われてしまうと、それまでのことですが…

勉強会に参加すると、結構確率司会者アイスブレイクネタに使われてしまます

ひどい時は、受付の時点で「会場を間違えていませんか」と言われてしまうことあります

今日女性参加者もいらっしゃいますね、嬉しいですね。どちらからいらしたんですか」など、大半が悪意のないもので、非難する意図はありません。

ただ、自分自身コントロールできない属性理由に人々の注目を浴びることは、なかなかに消耗してしまうということも、ご理解いただきたいと思います

今回の騒動を受けて

多くの人が問題意識を感じている一方で、何が問題なのかわからない・気にしすぎだと表明している人も少なくありません。

こちらのブログで丁寧な所見が述べられていますが、それでもなお、納得のいかない人がいらっしゃるようです。

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/piro.sakura.ne.jp/latest/blosxom/topics/2018-06-22_women.htm

私にできる限りのシンプルな補足をしようと思います

問題記事の「女性エンジニアが少ない問題」を「我々の職場女性が少ない問題」、「女性エンジニア」を「女性」に置き換えてみてください。

記事としてなんら問題なく、意味意図も通ってしまうと思います

エンジニア」という専門職女性として論じておきながら、その実、期待する役割は「声や女性らしい立ち居振る舞い」といったジェンダーロールの顕現でしかないのです。

これが、女性エンジニアへの侮辱でなければ何なのでしょうか。

おそらく、「女性エンジニアが少ない」ではなく単に「職場女性が少ない」問題であれば、ここまで炎上することはなかったのではないかと思います

(もちろん「女性」でも駄目ですが)

ここまで腑に落ちていただければ、

などといった反論が、全くのお門違いであるとご理解いただけるのではないでしょうか。


私たち女性という属性たまたま持っていただけのエンジニアなんです。

エンジニア扱いをしてほしいのです。

それをする気がないのであれば、もしくは性差について論じなければならない状況でないのなら、

わざわざ「女性エンジニア」などとカテゴライズして槍玉にあげないでほしいのです。

こんなことを主張しなければならない状況に、もうずっと私たちは消耗して疲れ果てています

もちろん、女性であるがゆえに得する場面も多いでしょう。

それでも、もし、次の生をエンジニアとして受けて、性別自由に選べるとしたら、私は迷わず男性を選びます

今では働く環境にも人にも恵まれています

不本意転職を重ねたといえども、見え始めた自分キャリア一定の満足もしています

それでも、ふと「自分男性だったらどんなエンジニアになっていただろう」と考えることがあります

いつも少し悲しい気持ちになって終わります

安かったので

レッグマジック

買ってみた

脚というか

ぽよんぽよんの内腿締まるかなー。



三国志で言う処の髀肉之嘆だよねと毎回思う。

(物凄くいい例え過ぎて申し訳ないです)

チンコ死ぬほど欲しい人、死ぬほど取りたい人

私はチンコ死ぬほど取りたい人(いわゆるMale to Female, MtFってやつ)だったんで、手術おわって戸籍を♀にしてからもうほとんどペニスのことについて考えなくてすむなああ、って思ってたんだけど、

なんかの都合でちょっと逆の立場の人、FtMFemale to Male, チンコ死ぬほど欲しい人)の体験談とか手術動画とか見てると、やっぱり似てるようで全然違うなって思った。

MtFだと「彼氏童貞から私がMtFだったって全然気づいてないっぽいw」みたいな武勇伝??みたいなのリアルで聞くしなんだこいつ恋人相手にすら騙してて辛くないの???って思うの結構あったけど

逆の立場というかFtMだと、人造チンコってモロ作り物ってわかるレベルだしそもそも勃起しないし、やっぱり最初から無いものを作り出すって、あるものを切除するより難しいんだなあ、って思う。

からFtMの人たちからすると、ペニスみたいなすごくよく出来た臓器をみすみす切除する(しかもそれを切望する!!)MtFってすごい申し訳ないなという無駄心配というか後ろめたさ感じちゃうけど

そもそも自分らも好んでMtFに生まれたわけじゃあないしどっちもどっち、つらいねえ、っていうところで私は考えるのをやめた

2018-06-23

anond:20180623214000

こういう書き込みってなんで作品タイトルキャラを隠すんだろう?女性オタク界隈にありがちだがそういうのを見て常々思う。何か迷惑をかけるケースがあるとでも思っているのだろうか?そういう発想が理解できない。そりゃ例えば実在アイドル二次創作、のような分野だったら別だが、その手のアングラではない、一般的商業流通上にあるパブリック作品のことでも必要以上にボカして特定できないような書き方をする人が多いように思う。個人的には、自分の思ったことを匿名ですらハッキリ正面切って伝えられないのは、配慮ではなく惰弱なだけだと思う。偉そうに言うが、それは世の中に微塵も変化をもたらさない。もっと世の中と、他人と、その化学変化を信じろ他人の善性を信じて、自分の思いも過小評価したり卑しめたりするな。そういう声はきっと作り手にとっても貴重なものだ。具体的な言及きっかけで、興味を持って始める人がいたり、開発者に届いていったりして初めて、状況が変化し、何かが変わる。その可能性が生まれる。もちろんその変化を望む人と望まない人がいるだろうが、自分の鮮明な声が表に出ることを躊躇う必要はない。なぜなら、自分が発した声というのは所詮たくさんの声のうちの一つにすぎず、実際に変化があったとしたら自分だけの声によるものではないからだ。いい意味で自惚れるなという事だ。自惚れないからこそ妙な自意識を捨て、自我の殻を破って物が言えるようになるのだ。そうやって殻を破って発言する人たちの意見によって、世の中のあらゆる物事はつねにバランス調整がなされている。だから曖昧物言いをする人や裏でコソコソ言うことしかできない人というのは、その習性自体によって、自分を世の中とマッチしない生きづらい環境に自ずと追いやっているのだ。それでもそういう人たちの言い分としては、ただボカして一般化した言い方をして、自分の好みはバラさずに「分かる」「あるあるだね」と共感を得たい、それで十分だ、何か干渉したい訳でもないし出来るとも思わない、そんな所ではないか。そういう人がいてもダメとは言わない。だがそれはエゴだ。何かのコンテンツを楽しんでいるという時点で、社会に、コミュニティに、経済に参加している。無干渉傍観者ではありえない。自分の席はカウントされている。そういう場を仕切っている人たちは、ボカされた独り言をいちいち汲み取りに来ないし、直接言われた場合ですら腰を動かすのが重い、重くならざるを得ない人たちだ。ともかく、人の輪の中で生きている自覚があれば、フィードバックは責務に近いものだということ、その内容は率直なものであれば何であれ大事にされることが分かるはずだ。

 

主語を大きくして話すならば、日本女性社会進出がかなり遅れている原因の根っこには、このような「(思いはあるのに)ハッキリ具体的にどうしろと主張する習慣や発想がない」という、悪い意味の奥ゆかしさがあるせいだと思う。もちろん女性にもハッキリ言える分野はあるのだが(生活態度やマナーなどは言いやす典型)、「物事をどう進めるべきか」のような思想的・政治的な、言わば男性が主導してきた分野についての主張を適切な場で訴えられる人となると極端に少ない印象がある。まずはネット書き込みから、声を上げる練習をしてほしい。増田なんてそのためにあるようなものだ。もっとも、この件に関しては普通に運営要望メールを送るのが最善だけれども。すでにそれをした上で、ここで与太話をしているのだったら申し訳ない。

anond:20180623133415

つのサンプルとして自分の例を挙げます

ご参考程度に。

理系に進んだ理由は親に勧められたからです。

理系のほうが就職やすいから、とかそういう理由でした。

電気系という極めて女性の少ない学科入学したのですが、

女性差別だ!という感想を抱いたことはないですね。

しろ過剰に気を使ってもらって申し訳なかったこと、寂しかたこともあります

そりゃ、年に数回程度は気遣いのないことを言われたりはします。

ただまあ自分としては、女だって無意識に傷つけるようなことを言ってくる人もいるので

理系の男って!」という主語批判する気にはならないですね。

少なくとも研究室友達グループコミュニティ空気共通認識が「女性に対して無責任」ということはなかったです。

個人問題って感じですね。男の母数が多いのでそりゃそういう人もいるなって感じです。

唯一コミュニティ空気として嫌だったと感じるのは、

理系の女は就職無双できていいよなー」「大丈夫だよ!女だから教授も優しくしてくれるでしょ!」

みたいなやつですね。

この辺の感想学科によっても違うだろうし、研究室によっても違うのであれですけどね。

もちろん個人にもよるし…

嫌なことがあった!された!との主張を批判したり、否定するつもりはないのですが、

理系全員がそういうわけじゃないよ!って言いたかっただけです。

卵を1パック丸ごと落として割ってしまった

なんかものすごくショックで落ち込んでる

先月に彼女と別れた時よりもつらくて、こんなの耐えられない

ごめんよ卵、本当に申し訳ない

Y社のエンジニア炎上について思ったこと -「女性エンジニア少ない問題

はじめに

「女性エンジニア少ない問題」を解決するために、機械学習で男性エンジニアを女性に変換する

これの記事炎上しているっぽいことがTwitterのTLを見てたらわかったのだが、実際に記事を読んでみても、なぜ炎上しているのかが理解できなかった。こんな事を言うと、「これを読んでなぜ炎上するのかわからないやつはネットやめたほうが良い」とか言われるわけだ。「女性軽視だ」、「性差別主義者」、「エンジニアやめろ」、「発表者を懲戒解雇しろ」的な声が異様に多く言い過ぎ案件だと思ったのだが、具体的に、論理的になぜ駄目だったのかを説明しているアカウントは驚くほど少ない( と思ったら、これを書いている間に書いてくれた人がいた 最後のほうでこの記事について言及する)。マジで誰か解説してほしかったのだが、FFから失礼してリプを送っても、フォロワー数の差で今度は自分炎上する未来が見えたのでやめておいた。

そういう理由で、上記記事のよくある批判ひとつひとつ取り上げ、それに対する反論を書いていこうと思う。ちなみにこのカンファレンスには行ってないので、記事からしかY氏(以下、登壇者をこう呼ぶ)の言葉を読み取っていない。

私の考え

最初に私の考えを書いておく。

・Y氏は差別発言をしていない

・「男性女性がいるとやる気があがる」が、「女性男性のやる気を上げるために存在する」に拡大解釈/誤解された

・Y氏のロジック炎上の危うさを孕んでいることに本人が気づき、やめるべきだった

・Y氏のソリューション自体にはなんら倫理的/差別的問題はない

Y氏概要

Y氏の提案はこうだ。

課題: 女性エンジニアが少ない

課題が生む問題: 女性エンジニアが少ないと、以下の問題が生じる

問題点①: 男性エンジニアは『いいところを見せたい』というやる気が出ない

問題点②: 女性エンジニア女子トークができない

解決方法: 「男性エンジニア女性エンジニアになる」というのを提案する

女性男性のやる気を出すためにいるのではない」という批判

最も多い批判がこれ。

女性コンパニオンじゃねーぞ」「女性エンジニアエンジニアとして見られないのか……」といった批判である

記事から代表的な文を引用する。

そして、これによって生じる問題は、男性エンジニアにとっては、「いいところを見せたい」というやる気が出ない。そして、女性エンジニアにとっては、女子トークができない。これは非常に重要課題だと思います

さて、この批判は、

①Y氏は「職場女性が少ないと、男性エンジニアは『いいところを見せたい』というやる気が出ない」と主張した

②よってY氏は、女性を「やる気を出すための存在」として見ている

ということだと思うのだが、どう考えても①と②の間に飛躍が見られる。

男性女性がいるとやる気があがる」と、「女性男性のやる気を上げるために存在する」では全然違う。本来は前者だったのが、後者解釈がされてしまったのが炎上の主原因だと思っている。

たとえば「家に猫がいないと、俺は『明日も頑張ろう』というやる気が出ない」という人に対して、「お前は猫を『やる気を出すための存在』として見ているのだな」と言うだろうか?

猫が人のやる気を出すのは事実かもしれないが、そこからたかも「やる気を出すため だけ の存在」みたいな解釈は、あまりにもひねくれている。

男性女性意識することで仕事に取り組む姿勢を変える(やる気を出す)」というのは十分ありそうな話で、これは男女を入れ替えても同様の話だ。まさかそのような姿勢の変化は許されないという批判ではないだろう。もしそうだとしても、それなら性差性別を持って生まれ人類特性が悪いことになり、すると性別人類原罪という話になるので、許されざるはY氏のみではなく人類全体ということになる。

女性を猫に置き換えたので別の方面炎上しそうだが(そういう意図はありません)、つまり言いたいことは、「女性が多いとやる気が出るんです」と言った奴に対して、「女性をやる気が出るための存在だと思っているのかこいつは」と考えるのは早計ということだ。

もっというと、私は最初①は「職場女性が少ないと、男性エンジニアは『(女性に対して)いいところを見せたい』というやる気が少ない(あるいは思う機会が(少ない|ない))」と読んだ。だからなんだよなのだが、この辺も読む人によって解釈が変わり、差別だ・差別じゃないの応酬の原因なのだと思っている。

ついでに言うと、Y氏のソリューションによって、女性エンジニアにとっては「女子トークができるようになる」という女性側のメリットも掲げているので、一概に男性本位のソリューションとは言い切れないことを言及しておく。

更についでに言うと、今回のソリューションは、男性女性女装・女声)になることで女性エンジニアの数を増やすというものなので、仮にコンパニオン活動をしなければならない場合(そんな主張は記事では一切していないが)、それをするのは男性である

「『女性エンジニアを1から育成するより、機械学習解決したほうがラク』というのが、女性わずバカにしている」という批判

該当部分を引用する。

ただ、女性エンジニアを1から育成するっていうのは、非常にコストが大きいんですね。これは正確なデータは取りづらいので、短大私立学費卒業するまでにかかる費用にしたんですが、安くても300万、高いと800万といった、数百万単位でかかってしまます。これはちょっと現実的じゃないですよね。

ここでいう「現実的じゃない」は、「職場女性を増やすための手段として、女性エンジニアを社内で1から育成する」ということだと思う。まあ、これは炎上しそうな文ではあるが、以下の2つの反論を用意する。

(1) 気持ちはわかるが、そういう話ではない

(2) そもそも機械学習系のソリューションは大体安上がり系のこれ

(1)については、男性だろうが女性だろうが社内で1から育てるのは大変である。そしてこの文章で腹が立つの共感できる。たとえば私が「男性エンジニアを1から育成するのは現実的じゃない」と書かれた文を見つけたら、「ん?なんで今『男性』をつけた?」とひっかかりを覚えるのは当然だからだ。ただ、今回の場合ではY氏には「女性エンジニア職場に増やしたい」という文脈があるのはわかるので、「女性」という冠がついてもやむなしである。このへんは文脈を汲み取ってもらいたい。

(2)については、機械学習系のソリューションは大体「人を雇うとお金かかるので、機械(またはAI)にやらせましょう」なので、これを否定されると機械学習のもの否定となり、ひいては産業革命否定となる。別に否定してもよいが、Y氏が特別非難されることではない。

「これは男性差別でもある」という批判

男性エンジニア女性エンジニアに変えるというソリューション自体が、女性軽視であり、男性軽視に当たるという主張だ。

これはよくわからないのだが、例えば、男性から女性に性転換した人は別に男性軽視したことにはならないだろう。

さらに言うなら、おじさんからバーチャル美少女になろうとしているVTuber漏れなく差別主義者になってしまう。

「本人に意図はなかったのかもしれないが、私は傷ついた」

加害者は、加害者本人にその意図がなくても、被害者を傷つけるものだ」という文脈での批判(?)である

これはどこまでも正しい。

ただ、このようにして傷つけた場合、それは女性差別になるのだろうか。

炎上しそうなネタ/うかつなネタだ」という意見

技術自体問題ないが、本題とは関係ない掴みの部分にセンシティブテーマを持ってきたせいで炎上してしまっている」「もっと慎重になるべきだった」という声がある。

この見方は正しい。

記事の一文を引用すると、

エンジニア全員が抱えているもっと重要課題っていうのは、言うまでもないと思うんですが「女性エンジニアが少ない」。

と書いてある。

もうこの一文で炎上しそうな要素がてんこもりなわけである。「エンジニア勝手代表するな」「他にも重要なことはあるだろ」「まーた女性エンジニアを取り上げて」といった具合である

たとえそういった意図が一切なくても、炎上というものはするのだ。

炎上アンテナバリ三の人間なら、「女性エンジニア」という単語だけでも炎上匂いを嗅ぎ取り、うかつにその話題を出さない。出したとしても、枕詞や随所に「私は女性蔑視を意図してこのテーマを取り扱っているのではないですよ~」的なニュアンスを挟むのであるが、今回の人は公の場にもかかわらずそれを怠ってしまっていた。

この辺は会社人間がチェックしてそこでストップかければ良かったという声もあるが、それもまあ、結果論しかない。私のような「これの何が悪いのかわからないけど、炎上しそうなネタではありそう」みたいなチェッカーが「何が悪いのかわからないけど、炎上しそうだから却下」とは言いづらく、最終的にGOを出したのかもしれない(結局炎上してるので責任があるのだが)。またあまり神経質になりすぎると登壇者からしてみれば「これでストップかけるのか」という反発も考えられる。

私が思うベストは、「本人自身炎上しそうな話題最初から避ける」。これだ。Y氏自身がこの話題に触れるべきではなかった。

まるで女性エンジニアを腫れ物扱いしているように聞こえるかもしれないが、そのような意図はない。もしそう捉えられたのなら謝罪する。しか申し訳ないが、私からしてみれば自衛のためにはこのくらい慎重にならないといけないと思っている。

再度言うが、たとえそういった意図が一切なくても、炎上というものはするのだ。

「そんなソリューションじゃ何も解決できねえよ」という批判

これはソリューションに対する批判なので、全然あり。

ただネタ度高めで若手の発表なので、そこは汲んであげるべし。

ロジック部分がクソ」という批判

女性エンジニアメリット女子トークかよ」「女性エンジニアカフェの話をしたがっていると思われているのか」などの声がある。

これはまあ、炎上してしまったが故、色んな所に目がついてしまったのではないかと思う。

実際、例は適当でないと思うし、私も「女子トークて」と思った。

これは完全に推測なのだが、おそらくY氏は課題から解決方法までを導いたのではなくて、解決方法(今回の場合男性の声を女性の声に変える」というソリューション)ありきでロジックを組み立てたのだと思う。

そう思う理由は、普通に考えて女性エンジニアを増やそうと思って男性女性にしようとは(真面目には)思わないし、機械学習10ヶ月と言っているので、自分面白そうだと思って作ったものに後付で理由を足したと考えたほうがしっくりくるからだ。

「こんなことで(この程度で | こんな些細なことで)炎上するのか」という擁護

この擁護は危うい(本人はただ呟いただけだと思うが)。

当然、擁護した本人にとっては、そもそも差別発言自体していないもの拡大解釈されて炎上してしまっていることを指して「こんなことで」と表現したという認識なのだが、誤解している人間にとっては、「この差別発言を『こんなことで』って言ってるやつがいる」という誤解を生むからだ。

誤解が誤解を生む典型である

女性エンジニア少ない問題解決する話、の何が問題なのか」の記事に対して

女性エンジニア少ない問題を解決する話、の何が問題なのか

ありがたいことに、よくまとめられた記事を書いてくれている人がいる。

こっちが匿名反論するのはフェアではないのは承知で、この記事に関しても私の意見を述べていきたい。

この記事はどちらかというとY氏批判側の記事で、私のどちらかといえばY氏擁護派とは異なった立場記事であるので、できれば元記事を読んでからこの先を読んでほしい。

文字数制限にひっかかったので、 別記事を用意した。

最後

Y氏はエンジニアをやめなくてよい。

今回のことを教訓に炎上アンテナを張り巡らせ、これからもめげずに精進してほしい。以上。

はてな増田です

このたびは弊社の増田がご迷惑をおかけして申し訳ございません。

以後、再発することがないように注意してまいります

anond:20180623133415

あなたIT業界で働いてるもしくは理系学部卒業された方ですか?

記事後半の主張には絡んでいないコメント申し訳ないですが

大学工学部で今はエンジニアとして働いています

大学時代工学部理学部建築学部含めても自分大学では

男性がそのような認識を持って女性(私達)に接してきたことはありませんでした

(他の学部も出したのはそういう話を友人知からいたことがなかったからです)

女性でもプログラミングがかなり得意な人もいましたし皆教えてもらったりしていました

これは非常に幸福だったということでしょうか

女性同士の煩わしい人芸関係もなくサッパリした人が多いので学生時代も今も非常に過ごしやすいです

女の性的な部分が強調された広告から逃げたい

前提として私は女で漫画が好きなんだけど

twitterとか見てるとバンバン漫画とかスマホゲーとかの広告が出てくるわけ

それがかなりの確率主観)で女の性的なところが強調されてる画像なんだよ

女の尻どアップだったり、それどころかセックスしかけだったりしてたりした後だったり

いやもーーー勘弁してくれーーーーー

女向け漫画も男向け漫画も女の性的なところを強調する広告出してくるのやめてくれ

マンガアプリとかでも、実際使ってるやつの広告が出てくるときあるんだけど、

いやおめーー女の乳や尻がメインじゃないすげーいい漫画いっぱいあるのになんでそのシーンだけチョイスしたっていうやつ多くてしんどい

分かるよ、エロは人を惹きつけるよ。私もエロは好きだよ。こないだエロ漫画買ったし

けどそれを心構えしてない時にドーーーンバーーーーーンって出してくるのが心に負担なんだよ

それが何度も何度も繰り返されてしんどいんだよ

なんで「女といえばエロだよね!!!」って感じで女のエロ画像広告に使いまくるんだよ

見ててつらいよ、女が性的搾取されてたりいじめられてたりする漫画広告つらいよ

誰が最初に潮を吹くかゲームとかそういうの、いきなり広告で出すのやめてくれよ

誰かがそういうのを好きなのは分かるし誰かに需要があるのは分かるから、嫌いな人がそういうのを一括で拒否できる公的なやり方が欲しいよ

話がずれるけど、男の性的な部分が強調された広告ならいいのかっていったら、それはそれでしんどいんだろうなと思う

なにせこっちは性的なこと考えてない時に「はーーーーいセックスでーーーーーす!!!!!!!!」っていきなり広告ぶち込まれててさ

いや私のテンション的にいまセックス匂わす系はお呼びじゃねえんだわってかんじなのさ

から女でも男でも組み合わせがヘテロでもホモでも性的なのをいきなり流されるのがしんどいんだろうけど

実はそこに更に「性的なのは女に偏ってる」っていう私の観測が入って、なんで女だけなんだよっていう主観的なムカつきが混ざってて、今はしんどいんだろうなと思う

あと私の性的なことを常に求めているわけではない性質とか混ざってさ

うーーんこのあたり支離滅裂でごめんね

更にずれるけどギスギスした追い詰められてる系漫画広告しんどい

人類みんなバトルロイヤル漫画いじめ復讐漫画が好きなわけではないんだよ

何かのつらさを全面に押し出す広告ばかり流れてくるのはしんどいんだよなあ

追記

twitterクライアントについて提案してくれてありがとうtwitter好きだからさ、「広告で金稼いで長生きしてくれよな!」と思って公式アプリを使ってたんだわ。けどなんかもうこの広告見続けるの限界かなって思ったので教えてもらったやつに乗り換えようと思う。

あとウェブブラウザに関してはアドブロック入れてるんだ。けど広告はすり抜けて表示されるし、cookie制限?とかで通販とか色々やりづらくてさ、それも難儀してる。アドブロック提供してる会社ウェブブラウザも入れたよ。あれ9割広告非表示にしてくれてありがたいよ。けど望ましい広告まで制限かけちゃうからさ、それはそれでどうかと思うんだよね。広告すること自体は悪くないじゃん。自サイト広告載せることで頑張ってるサイトはどーなんのかなーとかさ、利用者として申し訳なさあるんだよね

なんていうかさ、個人努力で嫌な広告ガードするのもいいんだけど、それって結構疲れるし知らない人はノーガードになっちゃうじゃん。いろんな人がネット使うわけだしさ、もっと楽に「ごめんこの広告無理だわ」ってやつを見たくないボタンみたいなの押したらそれに類似した広告体現れなくなるみたいなの欲しい。好きなものを見てる時に突然現れる苦手なものから逃げる方法が欲しい。私インターネット広告の仕組みよくわかってないか馬鹿なこと言ってるんじゃねーかなと思うけどさー

バーで社会勉強した話

増田には、初カキコなので、長文乱文は許して欲しい。

数年前の話になる。

当時は、30代前半、未婚子なしで、独身まっしぐらだった。

出張も多く、年間半分以上は海外という状態

会議が深夜から始まることが多く、日本の家も寝るだけの場所だったので、解約した。

実家が近かったけれど、ウィークリーマンションを借りるか、ホテルに泊まるようになっていた。

ふとしたきっかけで、御飯が充実しているバーを見つけて、

会議で帰りが深夜2時くらいになると、そこでご飯を食べるようになった。

私は飲めないのだが、申し訳なかったので、ビールを一杯か、ノンアルコールカクテルだけは飲んだ。

そこで、酔っぱらった彼女に話しかけられたのが出会いだった。

彼女は、50代くらいのシングルマザーで成人したお子さんが3人いる。

綺麗な人で、姉御的な雰囲気がある、柔らかい印象だった。

彼女まったりした雰囲気に癒されていた私は、自分の話はしなかったけれど、

気分転換になっていたことは確かだと思う。

子育てがひと段落し、バーで出会ったらしい彼氏と、恋を楽しんでいるようだった。

彼女の生い立ちや恋バナを聞いていたら、連絡先を聞かれた。

「こういうの私、普段しないのよ、今度ご飯に行こう、会わせたい人がいるの、気があうと思う。」

若いバーのマスターが「あの人はいい人だよ」と言うので、ご飯に行った。

誘われた場所に行くと、彼女より10歳くらい年上の男性がいた。

彼氏というその人は、かなり上下関係に厳しい人で、上司とその奥さんと飲んでいるようだった。

地元と言うのは面倒で、

その彼氏ともれなく共通の知人がいたり、若干の仕事上のつながりがあったりで

無下にも出来ず、深夜に呼び出されたら、行くようになった。

イエスマンと化して、ただ時を過ぎるのを待ち、飲めもしないのに、飲むふりをして、

かなり苦痛時間が続き、限界だなと思い始めていた。

そして、少しずつ、彼女に対して、疑問に思う事が出て来た。

タクシー移動の時や、彼氏お土産を買うと言っては、

「小さいお金持ってる?」と言ってくる。

もちろん、大した額でもないので、最初は気にせずに渡していた。

一緒にご飯を食べても「いくら払ったらいい?」と聞いてくる。

いくらって、半額でしょ?しかも飲んでるのそっちでしょ」

と思いながらも、そう聞かれたら、半分下さいとは言えなかった。

働いている様子はあったが「携帯代払えないから、息子に連絡しよー」とか平気で言う。

「私もあなたくらいの時にやりたい事がたくさんあった」

と言うのが口癖で、海外の話をよく聞いて来た。

実際、仕事なので、観光には縁がなく、あまり答えられなかったけど

苦労したんだろうなと思って聞いていた。

すると、「母親が具合が良くないんだけど、息子たちが旅行に連れてってくれるよ!だから頑張ろうって言ってるの」

と言った時「自分が連れてくんじゃないんだ」とかなり引き気味になっていた。

もうだめだ、やめよう。と思っていたが、

なぜか、その時は、2人を無視出来なかった。

ある時、同僚と入った出張先のホテルのバーで、その話をしたら、

「バーでは珍しい話ではありません。水商売の人も不倫も多いしですし、

 お金ルーズな人も多いです。 

 でも、君は普通の人でしょ。元の世界に帰りなさい。」

と言われた。

そして、「バーに入る時は、ある程度、高級なところに入った方がいいですよ」と忠告してくれた。

同僚も「金づるとダシじゃん、バカなの、お前」とキレた。

その時、初めて、それに気づいた。

2人は、別々に来たし、別々に帰って行っていた。

彼女から子供の話は聞いたけど、彼氏から家庭の話は聞かなかった。

私は、アホだった。

それから、速攻で電話番号を変えたので、その後のことは知らないが、

年末忘年会で、違う居酒屋に行ったら、

2人はかなりの有名人だった事がわかった。

そして、件のバーは、マスタークズで、女の子に手を出しまくり、犯罪で捕まって、潰れた。

彼らにあっていた時、かなり苦痛だったのに、

全く状況を理解出来ず、使命感のようなものに囚われて(うまく言えない)

半年くらい無駄にした。

今でも、何がどうなって、そうしていたのか、よくわからない。

私は、友達があまりいない。

から何まで話す人もいないし、聞いたりもしない。

深入りした人間関係ばかりでなくても、それでもいいと思って来た。

でも、こう言う形で、人間関係勉強するとは思っていなかった。

2人が悪い人かどうかは、わからないけれど、

爆弾て落ちてるもんだなと思った出来事でした。

読んでいただいた方、ありがとうございました。

てめーらがコミュ力偏重社会を追認したせいで発達障害手帳を取る大学生が増えちまったじゃねえかよふざけんな!!

人口比で世界一ASD患者の国なのにさらに増えちまうじゃねえか!

こんなにASDの診断を受ける奴が多くなっちまうと言うことはもはや社会の、いや社会構成しているお前ら側に責任があると思うんだけど

お前らに罪の意識はないのか?こんなに生きづらい社会にしてしまって申し訳ないという気持ちにならないのか?

結婚して1年くらいイキってた

お金がなかったから当然結婚式は無し、友達も少なく身内とも縁が切れていて、祝ってくれた人の数も片手で足りる

一方、夫はリア充人気者で役職も高いので100人以上に祝われていた

仕事関係結婚したので、私も一応その人達と概ね知り合いではあるのだが、所詮外様自分は夫の影というか添え物というか

彼らのおめでとうは「夫くん結婚おめでとう」である事くらいさすがにわかった

てか「夫くん結婚おめでとうの会」はあった(一応私も同伴したけど端でずっと置物にされていた

でも、式もしないのに、ひとりだけ親戚のおじさんがわざわざピン札用意して「ふたりの門出に」ってご祝儀くれたのが破茶滅茶に嬉しかった

半年いただけのバイト先の店長が「結婚なんだから当然よ!」ってブランドのお皿セットをサクっとプレゼントしてくれたのが泣く程嬉しかった

それだけで私の存在無視され具合とか吹き飛んで、浮かれちゃった

結婚した時くらい、私自身を見て、私を私の人生主人公として祝われたくて

私にも!!夫と私を同価値に祝ってくれる人が!!私自身だけを見て祝ってくれる人がいる!!!!ってイキってしまったよね

今まで恋愛の話とか一切自分からふったことなかったのに、友人相手にそういう事聞いたりとかしてしまった

浮かれ調子のりイキリっぷりを披露してしまってほんと申し訳ないと思ってる…正しく黒歴史

2018-06-22

プライベート仕事どっち優先にする?って言われたら真面目に仕事って思う

仕事犠牲にしたら多くの他人迷惑がかかるし工期もずれてしまうかもしれない

でもプライベートなら予定の変更は相手だけで済むし、

もしデート約束が入ってキャンセルになっても、

しろ自分がいないことで相手時間有効活用できるかもしれない

(こんな自分デートするなんてほんと時間無駄だよな……申し訳ないな……断れなかったんだよな……って気持ちいるから)

プライベートを選ぶっていう手が考えられないんだよな

anond:20180622190931

なんで生きてるの?

親に申し訳ないとおもわないの。

[]

うつ休職中ぷり

お腹を殴る自傷がまた始まってしまって青あざができてしまったぷり

休職前はただのストレス発散・自罰的なものだと思ってたぷりが

今のそれは自傷によって感覚確認している感じぷり

感情が動かない・イライラけが募る・自分が悪いのはわかっているから、それを確認するために明確に感覚が伝わる痛みを求めるぷり

やっぱりまだ復職だめそうぷり

でも復職伸ばせば申し訳ない気持ちが収まらなくて結局ずっとおちこんで自傷治る気がしないぷり

今度病院いったとき医者相談してみるぷり

リハビリ毎日文章かくことにするぷり

プリパラは3話くらいまで見たぷり

最初普通アイドルアニメって感じであんまりカオスじゃなくて面白く感じないぷり

かしこまっは確かにかわいいぷりね

お相撲さんになるのが夢なんですどすこいどすこいあたりでカオスの片鱗がちょっと見えた気がしたぷり

でもまだまだ普通すぎてモチベ下がったから見るの中断したぷり

そんでコードギアスを見始めたぷり

こっちは見るの10年ぶり・2回めぷり

2回めだとまた少し感想が変わるぷりね

ユフィの声なんかきいたことあると思ったらナデシコルリルリだったぷり

ルリルリ文庫写真集をひっぱりだして名前確認してしまったぷり

声優ポエムと本編のキャプチャ写真集とはとんでもないぷりね

それを買う自分自分ぷりが

ルリルリが好きなんだぷり

話がそれたぷり

キトさん、といまにも言い出しそうな感じでものすごく懐かしくなったぷり

でも股間はまったく反応しないぷり

抗うつ薬は性欲減退もあるらしいぷりが

性欲がなくなると生きてる意味がない気がするから抗うつ薬副作用の性欲減退は割と致命的というかよくないんじゃないかと思ったぷり

勃起は無理にさせようとすればできるぷり

でも射精ができないんだぷり

興奮できないんだぷり

苦痛ではないぷりが、ただただ悲しいぷり

話を戻すぷり

R2の序盤ぷり

初回みたときは何度も巻き戻し再生画像撮影をした、カレンCCセクシーシーンも見てもなんとも思わずしかったぷり

今見ると正義を行うっていうのがなんかP5とかぶったぷりね

声優もあると思うぷりが

あとデスノートもなんとなく思い出したぷり

伯爵博士?の人、一瞬だけ真面目になったときに声がリヴァイアスに戻ってたときがあって、声優ってすごいなあと思ったぷり

あとOPEDがいつものミキオじゃなかったぷりと思ったプリが挿入歌で流れたぷり

あっそういやナデシコノベライズしてたのがギアス脚本家だったぷり

そういうつながりもあったぷり

合縁奇縁ぷり

えっとあとかこうとしたことは・・

ああああああれだぷり

スクライドシェリス、元祖のえろいおねーさん声優の人がギアスにも出てたとはじめて気づいたぷり

ギアス最初みたときはまだスクライドみてなかったか声優さん好きになる前だったからわからなかったぷりが

今は一発でわかったぷり

相変わらずエロ可愛いいい声ぷり~

大好きぷり

ポジティブなこと書いて今日は終わりにするぷり

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん