「部長」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 部長とは

2019-05-26

部長かになって新人女の子不倫したい

手切れ金渡して分かってくれとか言いたい

2019-05-25

リアル知人をブロックして自己満足した

SNS相手ブロックすることなんて日常に溢れていて今更言及する必要もないが、自分自身の心の整理のために書く。

私が週一で顔を出すサークルに、とある知人Aがいる。

Aは自然と周囲に人が集まるタイプ人物で、サークル部長を任されるくらいに人望が厚い。

Aは活動的人間で、複数サークル所属していて(いわゆる『兼サー』)精力的に活動しているらしい。

大学入学した当初、Aの面白そうなツイートを見て興味が湧いた私は彼女フォロー飛ばして、その後Aからフォローが返ってきた。このフォロー/リフォロー前後はあるいは逆だったかもしれない、正確なことは覚えていない。

とりあえず、現実で対面する前から私とAとはFF関係だった。

フォローした当時はAとは一切面識がなく、Aのアカウント中の人がAであったことはサークルに入ってしばらく経ってから知った。

サークルでのAと私の関係は至って普通で、大きな諍いが起こったこともなく日常的に会話もする、サークルの終わりに二人で食事に行ったこともあった。

私に対するAの態度は特別でもなければ嫌っていることもない普通のそれであった。

Aに不信感・嫌悪感を抱き始めた切っ掛けは、ごく小さな彼女言動だった。

サークル活動お菓子を作っていた時のことだ。

Aが危なっかしい手付きで作業していたので「ここをこうした方が良いんじゃない?」と親切心でアドバイスしたところ彼女は「人の揚げ足を取らないでよ」と返してきたのだ。

この時は相当衝撃を受けた。『揚げ足』という言葉は格上や同等の人間に対して使われることは少なく大抵は格下の人間に向けて使う言葉からだ。(似たような言葉として”調子に乗るな”という言葉がある)

私は同学年のAと対等にありたかったし対等に見ていた。

しかし、この時「どうしてそのような言葉を使うのか、もしかして私はAから見下されているのではないか」という小さな猜疑心が内に芽生えた。

それ以降、Aと会話する度に彼女言動一つ一つに違和感を覚えるようになった。

Aと議論しているとき彼女当事者であるにも拘らず「どうどう」と茶化すように私のことをあやしてきたこと。

Aが仕事を振るとき、私だけ仕事を少ないこと。

Aと話の流れで食事に行くことになった時、彼女スマホを弄って一向にその場から動こうとしなかったこと。

約束を守らないこと等々。

私は自身が繊細で被害妄想の気があることを自覚しているので何度も猜疑心を打ち消したが、こうした出来事が積み重なって『Aは私を見下している』という結論に至った。

あるとき私がTwitterで「リアルの知り合いをブロック解除したらギスギスするよね」というツイートをした際、Aが空中リプライで「ブロックして相手が傷つくと思っている人って自己肯定感高すぎるでしょ」といったツイートをした。空中リプライではなかったかもしれないがタイミングから観て、私のことに言及しているのは決定的だった。

どうしてこの人は人に対して攻撃的で自分物差ししか人を見れないんだろうと思った。

かに私は自己肯定感が低いフリをして自己肯定感が高い最悪な人間だ。が、それ以上にAにツイートを見られたくなかったから私はブロック解除がしたい。

とりあえず私はAのツイートから彼女彼女が見下している私ごときブロックされても傷つかないしギスギスすることはないのだろう、と推測してブロック解除した。

ブロック解除した瞬間は解放感に似た爽快なものがあったが、これからのことを考えると憂鬱でもあった。

もうこれ以上Aに精神不安定にさせられるのは御免だった。


サークル活動自体楽しいのでこれからも続けていく。

Aとの関係も表面上は今まで通り続いていくと思う。

口先だけの天然見下し人間関係があっても疲れるだけだった。

2019-05-21

仕切るのが好きだった

小学生のころ、特に勉強ができるわけでも、運動神経いいわけでも、見た目がいいわけでもなかったけど、仕切るのが好きだった

喧嘩してる友達同士がいたら、関係ないのにそこに突っ込んで行って、「まぁまぁ」と言いながらお互いの言い分を聞いたり、

活動みたいなものがあれば、みんなの意見を聞いて、模造紙にまとめて発表したり。目立ちたがりやだったのかもしれない

中学校球技大会ときクラス男子を2つのチームに分ける必要があって、

弱いチームと強いチームにはっきり分けるパターンと、両方のチームを同じくらいの強さに分けるパターン

どっちにするかでみんなが揉めていた。前者は優勝の可能性もあるものの、捨てチームに入った人はあまり良い気分でもないし、

かといって後者中途半端だし、なかなか決まらなかった

そこで、自分がしゃしゃり出て、チーム分けを考えようとしたところ、

「なんでお前が仕切ってるんだよ」と野球の得意な男子に言われた

なんでと言われても、自分は仕切るのが得意だから、みんなの意見をまとめようと思っただけなのだけど

彼は「お前、野球下手くそなんだから、お前に仕切られるとイラつくんだよ。黙ってろ」と言った

彼の言葉は当時のお花畑自分の頭にはかなりがつんときて、「え、揉めてる事柄が得意な人じゃないと発言権がないのか」と知ってしまった

それ以降、特に得意な分野があるわけではない僕は仕切るのをやめ、ただ黙ることになった

大学に入ったり、会社に入ったりするとグループワークであったり、コミュニケーション能力のようなもの重要となる

しかし、そのような場面では僕はいつも無言であった。自分無能であることは子供の頃から自覚しているし、

自分意見が間違っているのではないかと怖くなったら、何も言えなくなってしまった

ある部署に配属されたときに、何も意見を言わない僕に対して、かなり時間をかけて話を聞いてくれる先輩がいた

「どうするのがいいと思う?ちょっと考えてみて」「間違ってもいいから、何が必要だと思う?」

いろいろ問いかけてくれるのだが、何を言っても間違いのような気がして、何も言えなかった

先輩は言った。「誰も答えなんて知らないんだよ、ぶっちゃけ。」

「偉そうに喋ってる部長もどっかでみた情報を偉そうに言ってるだけだし、何やったらいいかなんて誰もわかってないんだよ」

「でも、みんなが偉そうに、自信満々で喋ってるのは、そういう役割を誰かが担わないと、方針なんて決まらないでしょ」

「みんながみんな慎重で、自分意見に自信がなくて、それで一緒に働くみんなを説得できる?お客さんを頷かせられる?」

「間違ってもいいんだよ。そんときは謝るか開き直るかしかないし、間違うことを恐れて、意見が出てこなかったり、

本当は気づいてた問題点を指摘できなかったり。そっちの方が損失は大きい」

「何か言われて、馬鹿だって周りに思われてもいいじゃん。いまはまだ自分の後輩なんだし。社長とか部長かになったら、

馬鹿だと思われたくないって気持ちはわからなくもないけど、今の段階なんてみんな馬鹿みたいなもんだよ、自分も含めて」

結局、どの言葉自分に響いたのか自分でもわからないけど

昔は仕切ったりするのが好きでした、でもなんだか怖くなって。と伝えることができた

しかしたら自分自身が逃げてたトラウマ直視できたのかもしれない。

先輩は笑ったりすることなく、「なんだ、じゃあこれからはチーム内のミーティングの司会はお前な」と言って役割を与えてくれた

もちろんいまはリハビリ中で全然うまく会議を回せてない

でも、アジェンダを整理したり、揉めた時に問題点を整理したり、

いくつかのシナリオを立ててみたりするのはできるようになった

小学校ときみたいにできるといいな

2019-05-19

復帰新卒の子産休届け出してきた

新人:3年前に新卒入社して12月産休、今年3月から復帰。新卒扱いで新人研修

私:社会人5年目。上記ともう一人新卒教育担当

3年前、研修を終えてうちの部署に来て、色々と頑張ってくれてたが、急に産休という事で居なくなるも、まあ部内は頑張ってな〜程度の軽い気持ちだったと記憶している。

まれた後も、度々子供見せに来たり、差し入れ?持ってきたりと復帰する感あったので、復帰後はブランク取り戻すのと、時短勤務と言う事で研修やってもらう事になり、私が担当となる。

が、どうも覚えが悪いというか、細かいミス検討が足りないのが目につく。穿った見方をするとやる気を感じない。(この時点で気が付くべきだった)

まあ子育てあるし大変なんやろな〜、出来る感じでええよーと、良く言えば放任、悪く言えば期待しない対応してきた。

(年下の新人の子との対応密度の違いがあったのは認める)

でも質問やら提出物チェックは自身作業を止めて、出来る限り注力してきた。とは言え自分仕事が減るわけでもなく、、この2ヶ月終電間際でヘロヘロ毎日GWなければリカバリー出来なかったと思う。

で、先週金曜日に突然産休届が私はもちろん部長すら通り越して総務へ提出される。

(まあ事務ルート上は正しいけどさ…)

んんん?妊娠3ヶ月て事は、この3,4月は何だったの??研修しなくて良かったんじゃない??

そして、何故か部長とセットで呼び出されて、新人研修コストの話やら、教育方法問題があったのではないか?と1時間も詰められる。(かなり怒ってる空気

どうやら、研修が嫌でつい妊娠してしまった、計画的ではない、仕事はしたいといった内容の報告があったとの事。

幸い、適当仕事が無くてブランク取り戻してもらう、そもそも前の産休ほとんど仕事していなかったので、現場ですぐに受け入れられないと総務含めてネゴってあった部長が庇ってくれたのと、もう一人の新人の子が優秀過ぎて問題無かったのと、指摘内容を全てOneNoteに残っていたから、復帰新人個人的な都合という結論で終わったが、、、

下手したら私のパワハラやらマタハラ辺りが疑われてたって事??

もし、何もなかくて、1体1だったら勝ち目無かったかもと思うと身震いが…

結論

新人担当の人は、指摘事項とかは極力残すように、指摘も会議室密室では無く、周りに人が居る自席でやろう。

そして、中の上の男以外の担当にはならない方がイイ。なった場合は最悪を想定しておく事。

理由

優秀過ぎるのは大抵3年で消えていく。色々と教えて戦力になった辺りで。

ポンコツなのは、苦労するだけで成長なんてしない、もう遅い。無理だ。あいつを新人教育したのはあの人だと、要らぬレッテルが貼られる。

普通の女は、産休で消えていく、下手したらマタハラとかの危険ある

私のGW返して…

2019-05-17

真面目にしか生きられない

しがない就活生の戯れ言です

中学部活も休む事なく、ズル休みしようとしたら部員に責められるようなところだったし、学級委員生徒会もやって

高校学級委員とかはしなかったものの、行事幹部とか部長とかやってた。もちろん皆勤賞もらった。

それが普通だと思ってた、みんな頑張ってるから私も頑張らないとって今思えば周りの見えてないバカなんだけど。

大学人生夏休みだって言ってた、先輩は旅行したりして楽しそうだった。自分適当に遊びながら、たまに羽目外して学生生活エンジョイするかと思ってた

あれだよね、大学に行ったら彼氏ができるっていうのと同じ。そもそも自分から羽目外してやらないとダメって事。

レールの上をずっと歩く人生だったから、いきなり自由になっても困った。周りのみんなは要領がいいから適度に手を抜いて楽しい事をする。私はできなかった。結局約3年間で卒業単位を全て取得し、全単位ほぼ講義を休んだことがない。講義を休んでまでやることなんかなかった。見つけられるほど、視野が広くなかったのかもしれない。サークルとかで楽しもうと思ってたのに結局入ったのは由緒正しき部活である

その部活も余程のことがない限り休まなかった。休んだときの罪悪感が嫌だった。

就活くそまじめに出来るだけ説明会に行って、でも嘘つけないから素直に全部話してしまってお祈りカウントがたくさん。

真面目というより要領悪いんだよね。今日だって就職サポートの人に、もっとガツガツいかないとって言われたけど、そんな事できない。自分のために動くことができない。

そんなザ日本人みたいな私だけど、最近多様化文化が怖すぎる。

ツイートで、木下優樹菜さんが叩かれてるのを見た。ディズニーに平日に行くのはどうなのか問題木下優樹菜擁護の人たちがたくさんいて、「皆勤賞なんて制度をやめろ」「真面目に学校行くなんてあほらしい」私に言われてるようで、少し悲しくなった。

こんなに不器用に生きてるけど、こんな私でもちゃんと働けるとこあればいいな。

2019-05-15

MBO面談だけはなぜかいつも楽しい

今期も予算が億単位で未達で部長以上はマイナス評価確定とか前期も炎上で原価の人件費全然下がらないとか端からマイナスであることに開き直れば、

意外と率直な感想しか出てこない。渋い評価に食い下がるところもなく、意地もなくなれば、後に残るのはどうしてああなったという残響だ。

将棋が終わった後の感想戦のように進む。特に今年から部署が変わったのだ。立場が変わればなおさら

「いつも思ってましたがMBOのこの面談だけはいつも嫌いじゃありませんでした...」

「人の本性って、利害が食い違って衝突したときに初めて出るもので、そういうのが絡まなければ基本的に友好的なんだよ」

から、その本性が出る前に会社で付き合いを作っておくと利害調整は楽になるよ、と。

そうだった。自分別に課長性格は嫌いじゃない。苦手だとするならスケジュールファーストプロジェクトを押し切るところだ。

仕事上の人格普段は結びついているけど、それさえなければ人のことはよくよく見てるし、仕事あんなに強引なのに伝え方はやんわりで

部下の失敗に対するフォローも惜しまない。頼れる人だ。そういうだった。

面談から出ると、告解を終えたみたいにすっきりしていた。

新しい部署でも頑張らなくちゃ。

2019-05-13

anond:20190513105920

こち亀両津趣味人で、 大卒キャリアなのにあの歳で巡査部長まり大原部長が実はダメなおじさんなんだなよなぁ 部下の管理できてないし、

2019-05-12

anond:20190512203803

こち亀両津趣味人で、

あの歳で巡査部長まり大原部長が実はダメなおじさんなんだなよなぁ



部下の管理できてないし、家庭も顧みないし

学校に行くのはとりあえず「確定」させておいたほうが楽

自分で決めなきゃいけないことが増えるとそれだけ疲れが貯まる。

選択決断にはエネルギーがいるし責任が伴う。

から課長係長よりも給料が100万ぐらい多いし部長は200万ぐらい多い。

安易に「学校に行かないという選択もある」と提示するのは相手の悩む対象を増やすだけ。

オートマの車をうまく運転できない人に「マニュアル車を使う手もあるよ?」って提案するようなものだ。

学校に行くのは大前提であり、その中でどうするかを悩んだほうがいい。

それでまともな対処法が浮かばなくなって始めて不登校から始まる選択肢を選ぶべきだ。

そもそも不登校不登校になって終わりじゃない。

登校や宿題すら不要になれば毎日10時間近い可処分時間が与えられ、それを十二分に活かさなければ経歴に巨大な空白が生まれただけで終わる。

それをどう使うかを選ぶことにはかなりのエネルギー必要になり、その選択肢は膨大だ。

それを扱い切るのは簡単ではないだろう。

安易に勧められるものじゃない。

とりあえず学校に行っておき、学校の中でなんとかする方法を考えるべきだ。

そして、それでも無理なら「辞めたあとにどうするかを考えてから辞めるべき」である

とりあえずで辞めていいものではないものを、とりあえずで辞めることを推奨するべきではない。



まあそもそもの話、こういった話してる連中って子供が「学校やめるっていう手もある」って事にすら気づいてない前提でしゃべるよね。

んなわけねーだろ。

どんだけ馬鹿にしてんだってことよ。

信じられないレベルバカを想定して、そいつ説教する設定で気持ちよくなるってやべえよ。

ポルノじゃん。

アドバイスポルノじゃん。

2019-05-11

anond:20190511104314

しゃぶってあげるべき。部長を労って。

いちさんが結婚出来ないのは、そういう気が効かないところだぞう。

2019-05-08

いろんな部長がいると思うが

世の中にはいろんな部長がいると思う。

うちとこの直上の部長は、いわゆる現場型と言うか。

ほとんど毎日、手の足りない現場に入ってる。

今日はこっちの現場、昨日はあっち、明日はまた別の。。。しかも誰よりも早く来て、遅くまでやってる。

部長から残業代は出ないのだろうが、それも安い給料の者からしたら、「俺たちに残業代を払いたく無いのか?」って感じだろう。

俺は残業嫌いだけど、正直、自分現場に入ればそれでいいと思っているのだろうか。

人を育てる気は無いのだろうか。

部長現場へ出続けるより、可能な限り効率よく人を動かしながら、時には痛い出費をしても、企業継続作戦をまとめる係だと思うのだが。

今のままだと、いつまでたっても現場改善も成長も期待できない。

忙しいのは何より、みたいな考えなのかも知れないけど、それだって自分だけ忙しいとか、個人キャパ超えたら倒れちゃうよ。

俺はあんなのは間違っていると思っている。

あんまり尊敬できない。

10連休明けに変わったこ

オフィスの机に一つ空きができた

部長がすこぶる黒くなった

経理の子の胸の詰め物が大きくなった

他には?

2019-05-05

anond:20190505225909

部長と一緒ならほぼ確実にギャグ展開になりそう。

両津勘吉がいるなら生き残るだろうね。

実際、神に勝っているし。

幽霊に会った時(肝試し会の会場を間違えて別の場所に行った)は本当に怖がっていたと思うけど、両津ならどうにでもなると思う。

しろ金儲けを思いつくところまでいきそう。

ホラー世界両津勘吉が行ったらと考えただけで笑えてしま

正確には両津部長クロックタワーとかSIREN世界に行っても

余裕で生き残る気がする。

anond:20190505165854

君が部長になったあかつきには是非組織としての教育体制を手厚く敷いてくれることを期待するダッチャ。

2019-05-02

クズクズから脱却するには

トラウマスイッチが入ったので吐き出す。


何事も中途半端以下、努力も才能も、納期に間に合わせる力もないクズ

そんなままこれまでの人生を生きてきた、自他ともに認めるクズクズ、それがわたし


小学校の頃はまだまじめだった。いや、真面目の皮を被って生きていけた、というのが正しい。


中学校から片鱗が出始めた。仮病を使って休む日が出てきた。

合唱コンクールピアノ伴奏で、本番にも関わらず二小節ほど停止した。

すぐ復帰はしたものの、「伴奏すら満足にできないクズ」「一生懸命練習しろカス」と揶揄された。

「こっちだって十日前に突然任されたんだから」という思いでごまかしていたのが、クズ思考だったんだと思う。


高校の頃もひどかった。文武両道を語る、自称進学校しか入れなかったのも原因の一つかもしれない。

だけれど、そうやって他責を真っ先に思いつきそれに縋るのも私がクズゆえの思考なんだと今になって自覚する。

夏休みの宿題を「明日出す」と一週間繰り返して出さなかった結果、生徒指導室行きになった。

テスト一夜漬けで、英語赤点なんてザラだった。クズなので高3になってもベクトルの基礎がボロボロで「お前、やばいぞ」と叱咤された。

そうはいっても復習もしない、中身もない、自分に甘いクズなんだから仕方ない。

部活では、インターハイの三日前に怪我をしてキャプテンに詰め寄られてキレられた。

「本気じゃないだろ」「士気が下がる」「お前来んなよ」

重々承知してるけど、体面を気にするクズから来るしかないんだ。ごめんなさい。


大学もっとひどかった。日によって代返を使うようになった。

サークルでは技術の上達しないクズ部長を任された。指導は先輩に全部投げたし、全国大会ではわたしの凡ミス奇跡的な逆転負け。

後輩を入れた以外は部室の置物として生きていた。これが本当の役立たず。

趣味小説電撃文庫に応募した。二次選考落選。それでプッツリキレて、投げ出した。

他の人たちは血のにじむ努力をしているのにさ、あーあ自分に甘いしメンタルが弱いドクズだこと。

研究室なんてひどさの塊だった。研究の報告会で、自分研究をあまり理解していない始末、教官に顔をしかめられる状態がずうっと続いた。

ゼミ論文紹介なんて、内容が大したことないのに基本的なことすら上手く説明できずひたすら燃え時間が終わった。

それを次に生かせれば良いものの、三年間ずうっと同じ感じでゼミは終わっていき。

最終的にドクターの先輩から炎上商法」「ゼミ質問で、他の人が答える部分が多いのはM2としてどうなの」と御叱りをもらった。

修論なんて、実際完成度はめちゃくちゃ低いし、追い出され枠のお情けで卒業させてもらったんじゃないかと今でも思う。

修論とは別に論文化で必要データなんかも、わたし責任もって行うべき部分を、残った人たちに押し付けて、逃げた。

社会人としては0点どころか評価フィールドに立てやしない。

正真正銘クズクズ。そうやってこれまでの人生、生きてきた。


そして社会人になって、一か月。同期を数十~百人単位でとる企業に、文字通り『潜り込んだ』。

研修で、まだボロは出ていない。と思いたい。

しかし、この思考が頭に侵食されている時点でクズクズはまだ終わっていないし深く根付いていると思う。

それが社会人になって表出して、これまでとスケールの違う規模の失敗、負債を抱えてしまうことがたまらなく怖い。


そして今日、夢を見た。今まで迷惑をかけた先生やら同期やらいろいろな人が出てきて責められる夢。

全部元をただせば自分が悪い、出るとこ出れば10:0で負けることばっかやってきたので勝手トラウマ負ってるだけなのだけれど。

実際甘えなのは分かっているが、このトラウマの数々を拭い去りたい。そして、人として多少はマシな状態になりたい。


藁をもすがる気持ちで、ここに吐き出して、書いている。

どうやったらクズから脱却できるのか、増田の誰か、教えてほしい。教えてください。頼む。

脳死したオタク渋谷すばるを見て思ったこと。

脳がどんどん死んでいくのを感じる。

社会人になって、何年目だろう、それすらすっと思い出せない。22の時に四年制の大学卒業してもう6年になる。

サザエさんの歳をあっという間に追い越して、女の旬と言われる25歳というステータス特に有意義に使うこともないまま28歳になった。楽しみといえば仕事から帰ってソシャゲ無料10連を引くことだけ。

土日は昼過ぎまで寝て、起きてスマホして、お金もないから遠出も遊ぶことも出来ず、また月曜日に来月の家賃光熱費年金カード決済の支払いをするための給料を稼ぎにバイトに行く。

そんな生活をかれこれ6年続けている。

なんだこの人生大人になるってこういう事だったっけ。

何か身動きを取ろうにも、抜け出すには体力と気力と、確固たる信念、なにより勇気必要で、そんなスペシャル必殺技みたいなものを、学生時代に使う機会なんてひとつもなくて、吐き出し方がわからない。

「こんな人生嫌だなぁ」とぼんやり思ったまま、わたしはきっとこういう人生をこの先も歩んで行くんだろう。だって6年間もそういう人生を歩んできたのだから

この間、いつものようにツイッターを見ていたら、渋谷すばる関ジャニを抜けて、ソロアルバムを出すニュースが流れた。

私の関ジャニに対する知識ってそれほど無いけど、ジャニーズの中ではもうそこそこの地位を築いてて、人生で言うと大手会社勤めの部長クラス。更にマンション住み既婚子持ちくらい安定してるんじゃなかったか

それなのにそこを辞めて、海外行ってソロアルバム出してってどんなだよ。怠惰生活を続けている私には、異世界の住人の考えにしか思えない。

人生の節目で今の人生どうしたらいいか考えた結果、脱サラして蕎麦屋やるみたいな、しか超人気のアイドルが?どんなだよ、まじで。

その「俺は必ずこの道で結果出すから、やりたいことやる」っていう確固たる信念、自信、勇気って一体どこで身につけるの?

その必殺技どうやって吐き出すの?私それ履修してない。あ、だからいつまで経ってもこの生活してるのか。

こんなスマホ依存して、ツイッター消したと思ったらまた無意識に手癖でツイッター開くような人間だもんな。

毎日更新されるYouTuber動画を観て、神絵師の絵にいいねして、あたか自分がすごいかのようにRTして、それをフォロワーいいねしてくれるのを存在意義にする。

与えられたものをひたすらに、にこにこしながら食いまくってる怠惰な巨漢。

今よりももっと脳も死んでいくだろう。

何故なら繰り返しのなんの刺激のない毎日は脳を萎縮させるのもあるけど、ネットには考えなくても誰かの意見が落ちているから、だんだんリアル自分も誰かの言葉で話し始めているのを感じる。

自分が何が好きで、どれをやりたくて、どんな考え方をするのかわからない。

私は、何になりたくて、どんな人間になりたくて、ここまで生きてきたんだろう。

ただただまとめサイト意見が多い方に賛同して笑う人生を過ごしたかったのか?

溶けてく、だんだんと。脳も自分も溶けてく。人間の肉体が死んだらどんどん溶けるって聞いたことあるけど、きっと精神もそうなんだろうな。

からといって、どうしたらいいかからない。どこから始めたらいいのかわからない、身動きが取れる気がしない。

ただただ、脳が死んでく。

明日仕事だ、それで休日は疲れて起きれない、未来予想、必ず当たる。1日でも自分の予想を裏切る日をつくりたいとこれまたぼんやり思うのだ。

2019-04-29

今朝は難しい夢を見た

当社のブルーベリーとぷぷっちょコラボするんだけど、ブルーベリー仕入れ担当者がずっと「このままじゃただのグミから消費者ブルーベリーの味が伝わらない」と心配して俺に言ってくる

ブルーベリー担当者コラボ企画と遠い存在から発言権がなくて、広報の俺から進言するよう何度も言ってきている

試作も終わり実際の商品の一歩手前の状態、もうこれで実際の商品になりますよという状態サンプルが届き、明日マスコミ向けの発表会と試食会があるという段階でまた再度強くお願いされて、しょうがなく根負けして、上司である広報部長に味について見直してもらえるよう部長からコラボ担当者に伝えてもらえませんか?と説得する運びになった

部長は今食事に出かけているのでブルーベリー担当者と一緒に探しに行こう!ということになり外に出た

というところで目が覚めた

ただの底辺アルバイターの俺に説得でいるようなスキルはなく、いいとこで目が覚めたなと思った

所帯持ち・妻子持ちは人格人間性が完成されていると言う糞みたいな考え方

このクソみたいな社会的価値観消えてほしい、所帯持ちでも新人潰しで有名なパワハラ上司がいるし

子持ちの母親でも同性や自分より立場が下の男の社員に対して高圧的な態度で接するお局がいるし


そんな奴らも「所帯持ち」「妻子持ち」だから立派とか人格とか人間性が完成された大人と言う事で一定の評価を受けている。

失敗が家族に影響するとかで失敗の原因を部下や下請け押し付けてなかったことにするクズもいるし、「妻子持ち」と言うだけで

定時で帰ろうとする独身社員に「早く帰っても何もすることがないだろ」と声をかけて帰りづらい空気を作る人や有給を取ろうとする人に

独身なんだから何時でも大丈夫でしょ」とか「俺には家族がいるんだお前みたいに身軽じゃない」と言う圧力有休を取らせないようにする人もいる。

それでも気にしない人には「独身は楽だな」とか「子持ちじゃないか自由に出来ていいね」とか嫌味を言って居づらい空気を作る。

嫌味や圧力が原因で職場ブラック化させても上の人間からは「所帯持ち」「妻子持ち」だからと言うだけで大目に見られたり守られたりしている。

人生で一番クズだなと思った元請け無能社員も妻子持ちだった・・・IT業界にいながらpingrootが何のことかわからない癖に教えたり

訂正すると顔を真っ赤にして逆切れする。しまいには自分の気分を害した下請け社員ミスを誇張して上司に伝えて現場から消し去る事で下請けから恐れられていた。


それでも「妻子持ち」ってだけで一定の評価をされミス大目に見られていつの間にか部長に昇進していた。

実際は無能ゴマすりがうまいクズなのにだ、所帯持ち・妻子持ちは人格人間性が完成されていると言う糞みたいな考え方は滅んでほしい

2019-04-28

退職届を受け取って貰えない件

会社に行くのがつらくて、退職届を郵送で送ったら、受け取り拒否されて戻ってきた。

その後、会社から鬼のよう電話があったので上司部長)と面談

送り返されてきた退職届を渡したら、以下のお言葉を頂いた。

退職「届」は退職「願」の誤字なので受け取れない。

そしてそのまま退職届シュレッダーにかけられてしまった。

ならばと思い、コピーしてきた退職届退職願に書き換えて上司に渡した。

見もせずシュレッダー

負けじと退職届コピーを渡す。

クソデカため息の後で上司が中身を確認して、一言

直筆じゃないから受け取れない。

シュレッダー

負けじとその場で退職願を書き上げ渡す。

文字が汚くて読めないから受け取れない。

シュレッダー

負けじとその場で丁寧に退職願を書き上げ渡す。

書式が会社書式と違うから受け取れない。

シュレッダー

負けじと会社書式とやらを調べて退職願を書き上げて渡す。

俺の評価が下がるから受け取れない。

シュレッダー

俺の人生がかかってるんです!と言い張ってもう一度渡す。

俺にはお前の人生なんか関係ない。

シュレッダー

ここで心が折れたんだけど、皆どうやって退職してるの?

男ってのは15歳前後童貞捨てた奴とそれ以外に分かれる

ちょうど第二次性徴自我が固まる時期。

初期衝動に従ったかどうか、ものにしたかどうかが重要ってことだ。

そん時ものにしなかったやつってまあ要するに、元々は冴えないダサい男ってことだからね。

どこまでいっても本質はついてまわる。

特に20超えて捨てたやつってその後の人生冴えない脱オタ感が生涯抜けない感じ。

ずっとイケメンモテ続けるとかほんと一握りで、

人生浮き沈みあるし体型も変わったり戻ったりするから、波があるのは普通

からこそ中二で、最低でも高二で捨てたかどうかっていう最初のとこが重要

この時期に普通恋愛してセックスした経験があれば、多少女と縁がない時期でも焦らずに済むし、

自信が尽きない、また次の波が自然くるま情緒不安定になったりはしない。

少年の頃、思春期に異性に受け入れられる経験恋愛セックス経験してないやつって、瞳の奥が怯えてるんだよ。

大企業に勤めた 金儲けた 課長になった 部長になった 綺麗な嫁さんもらった 有名になった、セレブになって若い女とやりまくった、

だめだよ 何があっても変わらない 冴えない怯えた人生

元々ダサくて冴えなかったけど、大人社会雰囲気で今はなんとか形になってるだけの脱オタ

周囲もそう思ってるし、本人も心の奥ではわかってる。

きらびやか人生でもそうなんだから

ましてやゴミみたいな人生だったら、それはそれは苦しいぞ。

2019-04-25

長い話

今、残業中なんですけどもうデスクで涙をこらえるのに必死で何もできないので気をそらすためにも自分の話を書きますね それぐらいは許される職場なんです。いいでしょう。私がすべて悪いだけの、きっといい職場なんです。

私は小学校中学校、合計で五年間ぐらい不登校保健室登校)でした。原因はなんだろうな。今考えてもわからないんですけど、とにかく行けなかったんですよ。なんでだろうね。

面倒くさかったんです。たぶん。鬱かなってちょっとだけ思ったりもしたけど、でも、私は当時からオタクで、ネット動画とかを見て笑ってたからただの甘えだったのかもしれない。徹頭徹尾、甘えているだけの人間なのです。小学校の三年か四年から二年ぐらい通えなくて、六年生で復帰したけど、中学校一年でまた行けなくなりました。勉強ができないわけでも無かった。昔から地頭は良い方で、ただ集中力は無かった。何事も長く続けられなかった。極度の面倒くさがりで、家事も何も一切できなかった。

両親は、学校に行きたがらない私を叱ることもなく、いろいろ考えてくれました。なんたらスクールみたいな不登校児の集まるところに連れて行ってくれたり、カウンセラーが居る部屋に週数回だけ通うように調整してくれたり。

結果としては、私は自分の中でなんで教室に行けないかからないまま中学の三年間を過ごして、そのまま都立チャレンジスクールっていう学校に進学しました。都立高校で、定時制

そこには私みたいに理由もなく学校に行けなかった人って全然いなくて、病気だとか、働かなくちゃいけないから夜間で通うとか、親が離婚してから生活が変わって学校に行けなくなったとか、たくさん理由があったんです。私はなんで自分がここに居るんだろうってちょっと思ったりもしたけど、未だに仲よく遊ぶ友達ができたのもここでした。

学校は楽しかった。

でも高校はやっぱり三年しかなくて、私は大学に行くことにしました。良いなと思った大学を目指して、母がこのころ癌になったのに無理して私に英語家庭教師までつけてもらったけど、受かりませんでした。その年だけ倍率が平素の三倍ぐらい高かったんです。なんでだろう。

結局私は担任先生の勧めで、少し遠いけど私なら絶対入れる私立大学文学部に入ることになりました。試験はびっくりするほど簡単で、これなら中学時代の私でも入れるな、と思いました。教科は現代文だけでした。

でもこの大学で、私は今でもたくさん遊びに行く友人ができたし、その一人は先日入籍しました。おめでとう。

大学は面倒くさいこともたくさんあったし、さぼったりもたくさんしたけれど、たぶん楽しかったんだと思いますバイトを始めたのも大学に入ってからです。最初は友人の勧めで飲食で働いていたんですが、給料未払いで数か月で辞めました。

次に私が応募したのは、カードゲームショップでした。ちょうど流行ってたんです。シャドバなんて出る前で、ハースストーン一部の人しかやってないし、MTGオンライン全然無かったころの話です。私はろくすっぽカードゲームなんて知らないままそこに面接に行って受かりました。

仕事はたぶん楽しかったです。結局二年半ぐらいやったのかな。みんなオタクだったし、嫌な客もいたしわかんないこともいっぱいだったけど、それでもバイトって責任もなくて気楽だったし、本当に楽しかったと思う。

その時直属の上司だった男の人とは今でもなんだかんだ年に数回会って、二人で飲んだり二回ぐらい日帰り旅行したり誕生日ディズニーしたり一緒にコンサートいったりします。私たち関係は何なのか、こうやって書きだしても未だによくわかりません。良い友人なのかな。友達以上恋人未満の関係結構好きです。気楽だし。いい関係ですよね。

そして私はバイトと遊びと勉学と文化コンテンツで日々を過ごしました。三人しかいないゼミでひいこら卒論を書き、その間に就活しました。

弊社は、確か私の学校に来ていたうちの一つだったと思います

私の父は大きな会社でそれなりに能力もあって、管理職ではないけれど責任感のあるポストについています。そんな彼と日々話をしたりしているうちに、私もこの業界にしたいな、と漠然と思っていたので、そこを受けてみることにしました。一応ほかにも数社受けました。

受かったのは二社。もう一つは金融系の会社で、少し怖くて辞退しました。その時私は卒論が楽しくて、就職の方がたぶん大事なのにそんなこと全然考えてなかったんだと思います

そうして弊社に決めました。もうゼミ以外には大学に来る予定なんてなくて、バイトばっかりしていて、オタク趣味お金を使いたかった。早く就活を終わらせたかった。

もともと視線恐怖症なのもあって、沢山の人がいる中で自分アピールしたりすることが怖かったのかもしれない。

私は卒論を頑張って(学部で優秀賞をもらいました)、大学を無事卒業して、弊社へ入りました。

入ってから、ああ、結構体育会系というか、業種のくせに古臭い企業だな、と思った事は事実でした。けど、父が言うにはこの業種の中小はみんなこんなものだという話だったので、特に気にしませんでした。自分マメさが求められる事務職は向いていないと思っていたからです。

それでも今の部に配属されて、訳の分からない言葉はいっぱいだし、教えてくれる先輩の一人は私に教える片手間ずっとグラブルをやっていた。もしかしたらグラブルをやっている片手間私に色々教えてくれたのかもしれない。

今のオフィスは、弊社の大口顧客(元請け)がほぼほぼ占めているビルです。

私は二年間、同じプロジェクトで、ワーカーホリック上司の下で仕事しました。

上司イエスマンから無茶な仕事をいっぱいもらってきちゃうし、自分ワーホリからほかの人も同じぐらい働けるとか思っていたし、謎に有り余る体力で飲み会かにも大体参加していましたが、怒らないし、わからないというとある程度は聞いてくれたりするし、たぶんとってもいい人でした。私が生意気言っても怒りませんでした。ただ彼自身は毎月残業60時間かいってるワーホリでした。いまでもそうです。

それでもそのプロジェクトは楽しかったです。つらいこともたくさんあったけど、愛着もありました。

なんだか身体おかしいな、と思ったのは去年のどこかぐらいからだと思います。去年は忙しい月が数回あって、残業が40時間を超えるぐらいの月が飛び飛びに数回ありました。

から起きるのが早くて、朝五時とかに起きちゃっていたんですが、三時ぐらいとかに起きちゃうようになりました。

私はスマホ依存症に近いものがあって、何かあるとすぐスマホを見ちゃうんですが、それのせいもあったのかもしれません。睡眠の質がきっとどんどん悪くなっていきました。

プロジェクトは今年の春が大詰めで、みんなピリピリしてたし、急な雑務も増えました。

ある日、一度、風呂場で痙攣のような現象を起こしました。

視界が一瞬真っ白になって、風呂場の椅子に座りこんだと気が付いたときには、身体のいろんなところが強くしびれていました。特に強かったのは手で、勝手に力強く握りしめられていて動かせませんでした。

母を呼びました。母は全裸で浅い呼吸をしながら手を強く握りしめている私のことをひどく心配してくれました。父も風呂場の外にはいてくれて、状態を調べたり、スポーツドリンクをくれたりしました。

その日は固まった手で何とか飲み物を飲んで、少ししたら回復しました。

でも、結局数日たってからも体調がすぐれず、午前半休を取って病院に行きました。

のしびれの正体も知りたかたからです。結果は「抑うつ状態から過呼吸引き起こしたのでは」ということでした。

医者さんには産業医面談を受けるように言われました。私は素直にワーホリ上司へそのことを話して、午後に出社しました。

休憩スペースで面談しました。診断の詳細、そして産業医面談というものを受けるかどうか。

受けるなら俺から上に言うよ。そういわれて、少し困りました。プロジェクトが本当に大詰めだったからです。私はその時まだ二年目のぺーぺーでしたが、そんな私でももしいなくなってしまったら困るかもしれないと思ったからです。結局上司はそのあと産業医面談の話はせずに、春から仕事の話をされて終わりました。

その週の金曜日、私はどうしても体調がすぐれず、うまく動けなくて、会社休みました。

もう一度産業医面談の話をしました。

私自身が、どうしてこんなにストレスを感じているかがわからなかったからです。それが仕事のせいなのか、無意識プライベートでため込んでいたのか(その時ちょうどフォロワーちょっとトラブルがありました)、単純に満員電車ストレスなのか、わからなかったからです。

翌週、私のところにやってきたのは課長でした。

別に産業医面談拒否するわけではないし、受けたいなら調整するんだけど」彼の言葉はこう続きました。「俺たちの権力より上だから部署移動とかを指示されたら逆らえないしなあ……」

課長は私が部署を移動することになってしまった場合人間リソースの低下を懸念していたのです。

「とりあえず、今月は今のプロジェクトを頑張って、春以降もう一度相談します」私は言いました。

しかしたら、本当に私が居なくなったことでこのプロジェクトクリティカルな何かが発生してしまうかもしれない。それが嫌だったのです。課長が明言してしまうことで、それが私のせいにされてしまうのも嫌だったのです。

薬を飲んでいれば出社はできました。なぜか倒れたときから咳が止まらないけれど、風邪が長引いているのだろうと思いました。

私は抗不安剤睡眠導入剤を内科でもらっていたので、薬がなくなった時についでに咳止めの薬をもらいました。

そうしたら、電車で倒れてしまいました。

咳止めとして飲んだ抗生剤と私の相性が悪かったのかもしれません。私は朝の満員電車の中でお姉さんに助けてもらい、途中の駅で降りて、でも歩けなくて、駅員さんに車いすに乗せられて詰め所みたいなところの長いすに横たえられ、母親が来るのを泣きながら待っていました。

母は病気です。私が高校の時からずっと治療しています。手術もしました。私なんかよりもずっと大変なのに、毎日ご飯を作ってくれて、こうして迎えに来てくれるのです。私は親不孝者でしたが、母が迎えに来てくれたので、駅から外に出ました。その日は散歩をして、会社休みました。

体調の悪化が治りません。毎日薬を飲まないとうまく動けません。

それでも日は回るので、春から新しいプロジェクトに参画することになりました。すでにある程度進んでいるプロジェクトは初めてでした。

私はわからないなりに、以前の経験知識を使って頑張ろうと思いました。そのプロジェクト上長は先日面談をした課長でした。

参画してから一週間ほどした日、私は唐突課長仕事の依頼を受けました。

曰く、新しく仕事必要ものを一から作るのだと。

この業種において、一から自分で作ることは大して難しくはありません。今のプロジェクトの様子確認も兼ねて、大丈夫です、やります、と言いました。

どうやら課長のその認識根本的に間違っていたらしいと知ったのは、その週末のことでした。

どうやらそれは、私が触ったことのないソフトを触って、すでに動いているシステムに「絶対ミスをすることなく」仕様追加をするというものでした。

私は困惑しました。だって自分が触ったことのないものを「ミスなく」と言われても困ります練習ができません。経験もありません。

しかも、それは私一人でやるという話でした。ベテラン技術者が後ろについてくれると言いましたが、彼は他の仕事で忙しく、週に一回、数時間様子を見てくれるだけでした。

彼がとっても忙しいのは知っていました。だから仕方ないとは思いました。上長に聞いていた話と全然違っても、もう請けちゃったと言われたら若手にはどうすることもできませんでした。

元請けからはことあるごとに「絶対ミスは許されない」と言われました。私は状況の調査から始めました。

手順書や設計書は用意されていました。ただ、前任の会社中途半端撤退していたため、それが正しいかどうかの調査から始めなければなりませんでした。

けれど、私が触ったことのないソフトウェアの設計違いを、どうやって見つければいいのだろう。それはとっても疲れることでした。

上長はいつもなぜか忙しそうで、私が疲れたとか、産業医面談の話についてを問いかけることは憚られる雰囲気でした。半分炎上していたのかもしれません。プロジェクト経験が私含め半分以上を占めていた上に、その中で唯一構築経験があった私が一人での仕事に回されてしまいました。

ベテランはしきりに「ポテンシャルを見込んで」と言いました。

ポテンシャルって便利な言葉ですよね。とりあえずそう言っておけば良い感をひしひしと感じます絶対失敗できない仕事を依頼されたなら、失敗しない人を連れてくればよかったのです。

私はそれでも何とか資料を調べて不明点を上げ連ねて、ベテラン上長との進捗報告に参加しました。訳が分からないことだらけでした。たくさんのことを言われましたが、すでに集中力平時の半分ほどしかなくなっていた私にとって、それは呪文のようでした。半分ぐらいわかりませんでした。わかったふりをしました。

産業医面談に行けなかったので、有名な精神科のある病院の予約を取りました。その時にはもう、睡眠導入剤がないと眠れない生活になっていました。

新しい病院で、紹介状は無いんですとだけ伝えて診察を受けました。睡眠導入剤のほかに睡眠安定剤をもらいました。でも、睡眠安定剤を飲んだら昼間もものすごく眠くなってしまったので、二回しか飲めませんでした。結局抗不安剤睡眠導入剤だけを今でも飲んでいます。飲まないと眠れないし、仕事に行けないからです。

このころからホーム電車に不必要に近づいてしまうようになりました。(私が使っている路線都内なのにホームドアがないのです)無意識でした。私は死にたいのかな、と思うようになりました。

転職をすればいい、とか、周りの友人は言っていましたが、どう客観的に見たって私のメンタルが弱いだけの甘えなので、私が悪いのです。昔から私が社会や親に甘えているだけなのです。その自覚があったし、転職はとっても怖いもののように思えて仕方がありませんでした。だって自分には実力がないのです。転職活動で落とされることも怖かったです。評価されないことは、訳の分からない仕事を一人でやらされることと同じぐらい怖いことでした。

今日も偉い人たちを交えての打ち合わせがありました。私はやっぱり、「絶対ミスできない」ということを念押しで言われました。それならなぜ、ソフトウェアに触ったことがないたかが三年目の私がその仕事をしなければならないのかがわかりません。他の人にも仕事内容の相談ができません。調べても全然出てきません。他のメンバーはいろいろみんなで相談しながら前に進んでいるのに、私は自分が一つわからないことがあるだけでそこに立ち止まってしまます解決策がわかりません。どうすればいいかわかりません。集中力がなくて、どうすればいいかもよくわからなくなってしまいました。

少し、辛いな、と思いました。

別に残業が数百時間だとか、あまりにも激務だとか、そういうことはありません。家族はとっても優しいです。私はきちんと笑えています。両親はたくさんのことに関して理解もあります。母は自分身体も悪くて病院に通っているのに、私が精神科に行くとき一緒についてきてくれました。

部長課長主任ワーホリですが、きちんとしてはいると思います中小ですが、それなりに長く続いている、頑張っている会社です。

から、私があまりにも社会に甘えているだけなのです。私が弱くて、今まで甘やかされてきたから、ちょっと普通なぐらいのところに来ただけで耐えられなくなっているのです。

それは悪いことだと思っていますだって私が弱いのが悪いんです。甘えなのです。でも、強くなる方法がわかりません。

どうしてこうなったんでしょう。生まれときから弱かったのでしょうか。私はどうすればいいのでしょうか。何が悪かったのでしょうか。仕事ができないことが悪いのでしょうか。

薬を飲んでいるとお酒が飲めません。友人との飲み会も、友人が気を遣って飲み放題プランを外してくれます。気を遣って一緒にソフドリを飲んでくれようともします。

優しさが申し訳ないです。私が弱いだけなのに。私が弱くて薬を飲んでいるだけなのに。

仕事が嫌いなわけじゃありません。色々考えて、正解を導き出せたときや、トラブル解決できた時はとっても楽しいです。

ただ、たぶん、もう一人だけいたら、こんな気分になっていなかったのかな、とは思います自分にとって、「絶対ミスできない」一人きりの仕事が、案外つらいのでしょう。ゆとりなのです。弱いのです。世間様に甘えているから仕方がないのです。責任を一人で負いたくないのです。「わからない」と隣に相談する環境が欲しいのです。

会社の最寄りの駅にはホームドアがありません。今は想像するだけだと思ってはいますが、段々と黄色い線の向こうを歩いていってしまって、いつか飛び込んでしまったら、と思うととても怖いです。それも、私が弱いからなのでしょう。

お母さんのごはんもっと食べたいです。

お父さんともっとお酒を飲みたいです。

生きたいです。オタク楽しいし、ちゃん毎日笑っているし、友人もいい人がいっぱいいます。でも、いつまで生きればいいのか、よくわかりません。勝手に涙が出たり、ベッドから動けなくなってしまます

私よりもっとつらい人はそれこそ数えきれないほどいるはずなのに、どうして自分はこんなにも弱いのか。どうしたら強くなれるのか。

なんで生きてるのか、わからないのです。

それを吐き出したかっただけなのです。

2019-04-24

会社おかしいと思った事

ほぼ全部愚痴になるがおかしいと思ったことを書いていく。

○なぜ社長名前を使っているのに社長作業しねえの?

案内文とかで代表取締役社長とか書いてあるんだけれど、その文章を書いたの俺。

俺が書いてそのあと部長確認した後社長に見せて承認後に通達として出される。

いや、社長お前何もしてないだろってすごい思う。これおかしくね?

社長が書いて、社長が出すべきじゃねえの?

   

○社判とかを社長が押さないで、俺が押した後に承認を貰いに行く。

逆じゃね?俺が提出した後に社長が社判を押すんじゃねえの?なんで俺が押した後で

それを確認するんだよ。明らかにおかしいだろ。俺が書いた後に社長確認して押せよ。

  

○なんで年寄りには注意しないで俺らには注意するわけ?

定年再雇用とかの老人社員が何かミスしたりとかちょっとしたルールを守らなかったり

とかあるんだけど、そういう奴らには何も文句つけないのに、俺とか若い人が何か間違ったら

すごいイライラした口調で文句言ってくる課長やら偉い奴がいるの。

え、何なのその差別。なんで老人は許されているのに俺らは許されねーの?おかしくね?

  

提案しろとか何で俺が考えなきゃいけねえの?

何も教わってもいないのに、お前が考えてやれとか言われてじゃあこれどうすかねって

言ったら、お前このやり方でやれると思っているのか?って何度も言われた。は?だから

そういう所が分かんねーしだったら最初から教えろよって思ったがぐっとこらえた。

まずやる前に必ず聞くようにしてきたが、何も分かってない素人に何言ってんの。

なんでこういう時はこうやるの1つも教わってねーのに、お前がやれになるんだよ。

ふざけんなよ。最初に俺言ったよな、お前自分で考えてやれって、それが出来なくてどうすんだ

お前とか言われても何も教わってねーっつーの。俺も言ったよな、入社時の挨拶

ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いしますってな。お前何もしてねーじゃん。ふっざけんなよおかしくね?

  

ルールが古い。ルールおかしい。

社内規定Webページがあったからそれを参考にやっていたのに、それ古いかダメなんて

言われた。じゃあ新しい所どこってところから確認するとか何それ、なんで古いままにして

おくんだよ。アホじゃねえのか。って思っていたら、じゃあお前が更新しておいてとかそんな

感じ。いやそういうのは偉い奴がやる作業だろ。つーか偉い奴は何やってんだよ。あいつら本当に

何やってんだよ。

偉い奴が考えて、偉い奴が作って、偉い奴がそれを掲載するようにっていう当たり前のことができないで

なんで下にやらせるんだ?それは偉い奴がやるべき作業だろ。偉い奴はなんかおかしいだろ。

なんで下の人間に作らせてそれを承認するんだよ。おかしいだろふざけんなよ。

やり方がおかしいだろ。俺のいる会社だけなのか?この会社おかしいのか?

ルールルールになっていないとか、上司上司として機能していないとかなんなんだ?

社会ってこうなのか?会社ってこうなのか?

世間の荒波に飲まれるっていうけど、これが日本社会ってことなのか?

全部おかしいと思っちまう。実は俺がおかしくなっていたとかいオチな気もする。

ああもうわけわからん

とにかく会社おかしい。

2019-04-21

退職時に有給休暇を消化できなかった話

以前、書こうと思ってたけど、一度もういいやと思ってたこと。

ふと言われた言葉を思い出してしまい、思い立ったので書き捨てておく。

これはアルファシステムズをやめたときの話。

自分客先常駐だった。

4ヶ月前に年度末に退職したいことを報告。

退社にあたって社内で話を通す必要があり、待ってと言われ、ひと月くらい進展はなかった。

退職前月の半ばごろに、退職予定の10日前に撤退ね、有給は適度にとってくれと言われた。

有給休暇を消化したかったのですが、できないんですかね?と課長に聞くと、

退職したいっていったとき有給休暇消化したいなんて聞いてないけど?」

「そこまで見なきゃいけないのか」

「こういうとこ甘えてるけど転職して大丈夫か?」

「お前の権利じゃん?」

みたいなことは言われた。

最後のは自分自身の権利に対してあまり無頓着だったと結構心にきた。

わりと課長ヒートアップしてたのと

完全に自分に非があったのでコミニュケーションミスでしたね、とスパッとまとめて終わりにした。

その前後部長とも話す機会があり、

退職日を有給消化目的でズラすことは可能ですか?」と聞くと、

「難しいかな」

「年度を跨ぐと計画に入るから厳しい」

めっちゃ渋い顔された。

のでめんどくさくて、じゃあ大丈夫ですと言った。

結局、10日弱の有給休暇の権利を捨てて転職した。

退職にあたって常駐先の社員さんやお世話になった先輩や仲の良い同期と飲んだときに、だいたい「有給休暇は消化できた?」と聞かれる。

ざっくり話して「ちゃんと消化したいって言わなかったのでできませんでした🤪」っていうと、「えーマネージャー仕事だと思うけどね」とか言われる。

結構上司も悪かったのでは?と思いそうになる…笑

あと、有給休暇を消化できなかった話って多少なりとも誰かにするのって考えてるのか少し不思議に思った。

お客さんからは「まあSIerなんてね…」みたいに言われるし、同期からは「うちらいね」と言われる。

ま、きっと大した影響じゃあないんだと思う。

それなら自分増田に社名出して書き捨ててもいいんじゃね、と思った。

ここまで書いて穏やかな気持ちになった。

こんな日記をここまで読んでくれた人へ、ごめんなさい、ありがとう

それではおやすみなさい。

anond:20190420160942

それは増田会社生え抜き主義からじゃない?

中途採用役員になっている人が全くいなかったりしない?

中途採用部長クラスになる人がざらにいるような会社だと入社年次という尺度上下を決めるという価値観のもの無意味だけれど、年功序列生え抜き主義だと早く入ったほうが偉いみたいにはなるよね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん