「乳首」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 乳首とは

2018-01-18

anond:20180118184522

消去法で考えろよ

 

まず、アニメキャラ

アジア人ありがちな黄色い肌じゃない

切れ長の目じゃない、一重は全くいない

絶壁頭じゃない

がちゃ歯はない

蒙古ひだも無い

アジア人ありがちな横に広がった鼻ではない

アジア人のような短足でもない

アジア人のような猫背じゃない

 

エロ漫画だと

アジア人巨根じゃない

乳首性器白人のようなピンク色ではない

 

どのみち、アニメキャラ日本人というのはあり得ないな

2018-01-17

anond:20180116193154

から全くリアルでは無いんよ

男の胸板みたいな描写で真ん中と下に線が入ってて、何故かその胸板の真ん中にビョコンと上向きに半分のレモンがあってな

乳首は無いけど陥没の描写もなく黒い爪楊枝くらいの穴が

しかも絵や塗りはプロばりに上手いか性癖でこうしてるだけみたいな変な乳なん

2018-01-16

このSEXにおぼれたい

土曜日セックスして、火曜日。あれから三日目だ。

時間がたつにつれて、あのセックスが忘れられなくて困っている。

経験人数はたぶん3、40人くらい。

SMヘルス嬢の経験があるので、挿入しないプレイであれば三桁だ。

ごはん食べて、セックスしてもいい相手であれば

さくっとセックスして、気持ちよくお別れできればよかったし、

実際そのような流れだったと思う。

雰囲気からエロい人だった。目とか、髪型とか。

この人どんな顔を見せるんだろうって思った。

まあでも年齢は嘘だなみたいな。笑

始まる前はまだ自分に乾いた感じもあって。

信じられないくらいやさしく乳首をさわれれたり、

気持ちよいところを見つけられて本当にずーっと中でこすられたり

どMなことを見抜いてそんな自分でいさせてくれたり

最中に顕示欲とかが見えない、ただ純粋SEXが好きな感じもよかった。

(自分を誇示するためにSEXする人は結構いる)

初めて中でいきそうで(結果的にいけなかったが)本当に気持ちよすぎて挿入されながら「どうしよう、どうしよう」て言ってた。

この感覚はいままでで一回だけある。

ヘルスときサービスの道具をいっさい使わず

ただ指で2時間体を触っていった男性だ。

たいてい、楽しくSEXできたときは「ありがたい...」と感じるのに、

今回はもう連絡とりたいし、(さくっとセックスというポリシーに反する)

おかわりがほしくてたまらない。

どうしよーおぼれたくないよーでもおぼれたいよー

そもそももう一回相手してくれるのかな。

風俗嬢にはまるひとの気持ち、今わかるよー

人類が毛の呪縛から解放される日

私はハゲている。

毛は勝手に生えてくるし勝手に抜ける。生えてほしいところには生えてくれないのに、要らないところの毛はやたらと伸びる。

自分の体に生えている一番長い毛は乳首の横に一本だけ生えているチーくん。もはや友達だ。大切に伸ばしている。

女性脱毛お金をかけるのは自分コントロールの効かない部分を制御するためなのだ、という文章をどこかで読んだ。たしか自分自分コントロールの効かないハゲに頭を抱え、更にハゲ助長させている気がする。

ハゲはつらい。部下の女性と目が合わず彼女目線が上の方に行くのが分かる時が何よりつらい。風が多少なりとも吹いている日は前を向いて歩けない。濡れるとさら悲惨だ。海やプールへの誘いを一体何年断り続けているのだろう。ちなみに私はまだ20代なので、同僚たちのフサフサで艶のある髪を見て自尊心が傷付けられる。

ちなみに皮膚科に通っている。肌が弱いのがハゲの原因の一つにあるみたいだ。でも治療の成果が出ている気はしない。AGAについても調べたが、薬の副作用が怖いなと思って以来気が進まない。スキンヘッドにする勇気はまだない。頭の形が悪いし、頭皮に湿疹があるからできるだけ隠したい。

よし、そうだ、毛から解放された人類のことを想像しよう。

その人類は毛が一本も生えない。その代わり、オシャレカツラ産業がとても盛んだ。人々は自分オリジナリティ溢れるカツラデザイン表現する。カツラの色や形にも流行世代があって、カツラを見ればその人がだいたいどんな人間なのかが分かる。

まつげやまゆげが無いのは目に悪い気がするから、目を保護するためのつけまつげつけまゆげが普及している。あとつけ鼻毛も。つけ陰毛で愛を表現する人たちなんかも現れる。

人類は毛をコントロールし、デザインし、肉体のすべての制御を手中に収める。人類がまだ制御できないものは死とうんこくらいだ。

そんな世界になったら、チーくんと離別することにはなるものの、ハゲによって磨り減った私の心は輝きを取り戻し、海に行ったり風雨の中を堂々と歩いたりできるようになるのだ。自分制御できないもの判断されることは減り、我々は我々のことを自分の思うままにデザインすることができる。

でも、私は飽くなき人類の一員なので、毛の制御だけに飽き足らず、健康な肌や、凛々しい目や、高い身長に憧れて、それら全てを制御できる世界を夢見ることだろう。そんな世界での外見は、インターネット世界アバターみたいなものなのだろうか。

だいたい皆同じような美しい体や顔を持っていて、派手な装飾品やありえない色合いで差異を付ける。しかしそんなアバターばかりが増えてくると、自分ありのままを受け入れる「自然派」が一番だみたいな主張をする人たちが現れる。

世界は「アバター派」と「自然派」と「中間派」に別れ、それぞれに所属する人間たちにはなんとなく特有の傾向が生じてくる。そして終わりのない論争が起きる。昼下がりのワイドショーでそれぞれの派閥所属する人間たちが唾を飛ばし合う。

人間は与えられたものを受け入れるべきだ」「いいや、与えられたものだけで生きて行くのに苦痛を感じる人だって居る」「自分が苦しいと思うものだけ改善すればいいじゃないか」そんな怒号が飛び交うワイドショーから今日わんこ』にチャンネルを変えるところまでを想像し終わると、私はいつも考えることをやめて、頭皮に軟膏を塗り、チーくんが今日も元気かどうかを確認する。

2018-01-13

anond:20180112213501

http://b.hatena.ne.jp/entry/354282669/comment/hilda_i:embed]

中学の時にクラスにそういう女子がいたけど、性的な単語を連呼してるだけでなくて息をするように同級生にセクハラを行っててわりと害悪だったわ。口だけ達者じゃ終らないのよ。 - hilda_iのコメント / はてなブックマーク

というだけでは深刻さが伝わらないので事例を上げておくわ。胸糞。

・誰々は生理中だとバラす。

ブラジャーを着けてる・着けてないで人をいじる。(今は中学生ともなれば女子普通にブラは着けているものだろうけど、私の子時代は本人や保護者の考え次第だった。)

・何らかの事情ブラジャー着けてない女子に「あー、乳首立ってるー!今エロい事考えてたでしょー!?」などと大声で言う。

・人の胸を無断で触る。

乳首の色・陰毛の濃淡をあげつらい、馬鹿にする。

・はからずも勃起してしまった男子の股間を指差し、笑い物にする。

etc.

私の知ってる範囲から狭い話で悪いんだけど、性的単語バンバン連呼する様な子が、単に口が悪いだけ・明け透けなだけに収まっている事って、無いわ。女子でも男子でも。

2018-01-12

anond:20180112213501

書店員してたことあるけど、週刊誌乳首出てるページ見てる男の子は整理してるふりして近寄ってって読むのやめたらそこまでだし、やめなかったら取り上げてたよ。

騒いでたらエロとか関係なしに他の客の迷惑になるから注意してた。言いにくいもあるけど、性教育学校仕事だし善悪判断させるのも親の仕事からあくま事務的に。。。

こないだ55のババァとヤッたんだが

乳首カッサカサで白髪のチク毛生えてて残念な感じだった

さながらラズベリーのようだったので

これがラズパイかと唸った

anond:20171216141911

法律禁止するのはダメなのかもね!

以下書き散らし

自分絶対嫌だ〜。

周産期医療で毎週のように内診を受ける。

助産師さんに股のジェルを拭いてもらう。

エコー陰毛すれすれまで塗られたジェルも拭いてもらう。

乳首状態もチェック。乳輪や乳首おっぱい全体のマッサージもしてもらう。

出産という命の危機も伴う大仕事白人以外の黒人がいて果たしてリラックスして全力が出るのか…?

嫌悪とか以前に緊張すると思う。

ただでさえ妊娠中って不安と不調だらけでしんどいことばっかりなのに…。

緊張するとお腹が張る。腹が木でできてるかのようにカッチコチになってめちゃくちゃ痛い。

張りすぎると早産の危険があるから薬も出る。

かいかい日々の相談事なんかも助産師さんが電話カウンセリングで聞いてくれる。

生理痛みたいな痛みが〜とか分からんやん。

産後ボロボロの中でおっぱいマッサージしてもらう。

おっぱいマッサージちょっともみもみするだけじゃないよ。

乳首つまんで引っ張って押し込んでってすごいこねくり回さないといけない。

会陰切開後の傷もチェックしてもらう。

穴と穴の間よ。

悪露も入院中だだ漏れ。血まみれ。

悪露ってのはまぁ生理みたいなもの産後数日出るやつ。

自分じゃナプキンえれなくて股だけ開く産褥ショーツというオムツみたいなパンツ履いて助産師さんがナプキン変えてくれる。

血まみれに汚れたナプキンなんて白人にも見られたくないくらいのやつ…。

あー、ほんと考えただけでキッッツイ…

他人白人産科付き添いで来てるのもなんとなく嫌なのにさ。

お産って本当生きるか死ぬかの世界で、妊産婦はめっちゃくちゃ不安デリケートな生き物で、そこに無駄ストレスかけてくんのやめちくれ〜〜って感じ。

選べるとかいうけど、どうすんの?

この病院には黒人助産師がいますってサイトとか病院看板にでも書くのか…?

医師は大体看板名前書いてあるから分かるよね。

白人さん選びたいとき検索かけてそうしてます

助産師くらいでそこまでするかな…?

あと病院変わるのも簡単にできることじゃないし。

自分とこは9週目くらいで入院費一部前払いみたいな制度があって、転院する場合それは別に返ってこない。予約金みたいなものか。

そんな大金ではないけど、黒人助産師いることに途中で気付いて転院させられるとかアホくさすぎる〜。

今日黒人助産師さんいるのかな…とかいちいち思うのも嫌すぎる〜めんどすぎる〜。

今の病院黒人先生で、近所はそこしかいから通ってる。

気にしてないと思ってる、けどそりゃーー本音を言えば内診で指突っ込まれるのもまぁできたら白人先生がいいかな…と思うし、毎度あのくぱぁ椅子乗るときストレス

カーテンで顔見えないからいいけど。

白人医の産科探せばあるだろうけど、妊娠してから遠出はマジでできなくなった。

何かあったとき近くの病院の方が安心だし。

臨月の今、家の中ですらちょっと家事するだけでお腹バリバリに張るし白人医のためだけに電車乗って毎週通院とか無理すぎる。

話逸れたけどとにかく限界ギリギリで生きてる妊産婦に余計なストレスやすのやめてくださいお願いします…という気持ちでいっぱいです。

好き嫌いで語るなとかいうけどお気持ち表明するのは個人自由だよね??

2018-01-07

anond:20180106222822

sabacurry氏(無言で乳首を突く)

AQM氏「乳首ドリルすな! すな! すな! すな!」

sabacurry氏(乳首を突く振りしてフェイント)

AQM氏「ドリルせんのかい! ドリルせんのかい! すんのかいと思たらこっちせんのかい!」

2018-01-06

おっぱいを揉むってなんなんだろう

正直おっぱい揉んでも全然楽しくない

自分おっぱい揉んでみても気持ちよくないし

女の方も気持ちいいとは思ってないんじゃないだろうか

なんか流れで揉んではみるけど、揉んでて気持ちがいいってほどでもないし

あー、揉んでるなぁって感じ、ふーんって、下手すりゃ真顔だ

世間の男共は何が楽しくておっぱい揉んでるんだろうか

乳首は大好きなんだけどなぁ

2018-01-05

理想おっぱいとは

人それぞれである

大きさ

硬さ

乳輪の大きさ

乳首の色

など

僕の孤独レースは続いてく

2018-01-01

anond:20180101172954

安倍政権御用達乳首レイパー山口敬之、嘘発見器もかけられた!? “逮捕揉み消し”を裏付け情報が次々暴露、泥沼不倫ゲスすぎる顛末も…!

「それだけではありません。高輪署は、当然山口逮捕後に自宅のガサ入れやポリグラフ検査通称・嘘発見器による検査)をするはずだったのですが、中村刑事部長は『起訴に耐えない捜査』として異例介入。中村部長指揮事件として本部捜査一課に、自宅のガサ入れとポリグラフを指示。所轄に“裏付け捜査”をさせずに事件を握り潰した可能性が囁かれています」(同)

 つまり山口氏の準強姦容疑での逮捕をめぐって、異例づくしの展開があったということだ。

http://tocana.jp/2017/05/post_13164_entry.html

乳首レイパー山口敬之自身反論でガサ入れについては仄めかしていたが嘘発見器については言及してた記憶が無いんだよなあと言う事は

2017-12-31

風俗店男性客の関係そもそも間違っているという話

これは風俗店で「女性キャストへのマナー」「お客様へのお願い」の注意書き用紙を渡さないのは何故なのか、というダイアリーである





風俗嬢風俗をしていて何が辛いかを聞いてみれば、手マンが痛い、乳首が痛い、膣が切れた、痛い話がたくさん出てくる・・・

という話は昔に比べて認知度が高くなったように感じる。男性客の涙ぐましいリサーチや、風俗嬢が声をあげ多くの人に知れる機会を増やしている事、お互いの努力によるものではないかと思っている。

しかし未だそういう話が絶えることはなく、徹底されていないのが現状だ。




世の中には女性風俗店というものがある。レポ漫画流行った時期もあったので知っている方も以前に比べると増えたそうだ。



女性風俗を利用したときに驚いたのは、利用前に注意書きを渡されることだ。

注意書きには

女性キャストお仕事に来ています恋愛出会いを探しているわけではありません。個人的な連絡やスタッフが困るような要求はおやめください。

シャワーを浴び、爪を切り、歯を磨き、清潔な状態でのご利用をお願いします。

風邪感染症の方はご利用をお断りします。

女性の膣はデリケートな粘膜です。激しい指入れ等強い刺激を与えるのはおやめください。

上記守れない場合はご利用をお断りする場合があります

などと書かれている。



動物のふれあい施設などでも「大きな声を上げないでください」「ウサギの耳を掴んで持ち上げることはやめてください」「尻尾は触らないでください」などと正しい接し方をスタッフから指導されるのに、風俗店では男性客に指導がないところが殆どである

猫カフェで猫を執拗に追いかけ回し耳や尻尾を引っ張る客がいても注意のひとつも受けないような、無法地帯であるのが現状の性風俗店ではないかと思う。


触り方の指導を受けない男性女性の実情を知らず妄想だけで補うことになるので間違ったやり方で性的興奮を喚起されることになる。

女性スタッフお金を貰っている事、悪質な客相手だと掲示板等でひどい誹謗中傷や嘘の悪評など営業妨害を受ける事、そして何よりも痛みを訴えると必要以上に落ち込んだり、興奮が冷めてしまったり、勃起を維持できなくなって出せなくなる男性客が多すぎるという事で、自ら申し出るよりもその場では耐える方を選んでしまうのだという。





女性の膣は粘膜であり内蔵でありそもそも単純に刺激しても快感を得られない器官である

それどころか摩擦、長時間の刺激、指やおもちゃによる強すぎる刺激に耐えられるようにはできていない。舌ですら尖らせると痛みを感じるほどにデリケートである

膣は指で触れる器官として作られてはいないのが大前提である

よく潤った潤滑剤のある環境で、優しく表面を撫でるようにゆっくりと触ることで感度を得ることもある、というだけだ。

膣の入り口が切れてしまうので入り口に負荷をかけていいのは一部のよく鍛えられた膣だけである。間違っても伸ばした指で穴を突くように入れてはならず、指を入れたいなら優しく触れて中に入り込むのを待つように入れなければならない。中に入れた指は強く負荷をかけることなく、潤しながらゆっくりくるくると腹でマッサージする程度で十分。

洗っていない不潔な性器はドブのように不衛生だし、洗っていてもザザッとシャワーをかけてワシワシと擦るだけで洗い終わる人も多い。シワや包皮の中まで丁寧に洗い流し、下着も洗い、玉袋や陰毛も洗わなければひどい悪臭カスはとれない。

風俗店の中には即即と呼ばれる、シャワーなしでいきなりの性行為を行う店舗もあるのだという。

女性スタッフの中には指名を取るためにコンドームをつけずに接客する方もいるようで、遊びすぎた客の中にはコンドームインポになる人もいる。

風俗店でのセックスが、私生活での一般的セックス弊害になる一面があるのだ。




これらのことは、一部の男性にとっては常識だが、別の男性は知らなかったりする。そもそも男性側に自助努力での知識テクニックを期待するべきではない。誰でもお金を出し使っていいのが風俗店ではないのか。これらを知らないだけで女性スタッフが膣を損傷し、十分なサービスを受けられないこともあるという。

性風俗店で遊ぶ際の最低限のマナーとして風俗店が自ら男性客に予め注意し周知させる方が良いのではないか

風俗店女性にとって人気商売であるために痛くとも良くなくとも我慢し喘いでしま女性スタッフを作ってしまい、下手くそだと言われる日本人男性助長してきてしまったのではないか

2017-12-30

ボーマにだけ厳しい草薙素子

「バトーとトグサ(※1)は乳首を舐めろ、

イシカワはローション(※2)をといておけ、

サイトーとパズ(※3)は私に入れろ、

ボーマは一人で永遠とオナってろ(※4)」

(※5)

※1

前原作ではレズビアンやなかった? 的なツッコミについてはただのネタなので突っ込まないで欲しい

※2

サイボーグ用の特殊オイルが配合されたローション。

ペペローションとうまいこと書けた冗句は思いつかなかったため、

※3

パズは一度抱いた女を抱かないという設定があるが、そのために素子は義体を変えている。

※4

永遠とは延々との誤字ではなく、本当に永遠にボーマとは何もしたくない素子の意思の表れ。

※5

なお、この文章は「本文より注釈の方が長いやないかい!」が正しいツッコミであり、原作リスペクトでもある。

anond:20171230102749

ブルマを履いてな、開脚しながらな、

アナルやら陰部やら乳首やらを優しく擦るんだ。

呼吸を整えながらとにかく優しくな。

オナニーといえど絶頂に達する必要なんてない。

優しい痺れの中で己の心の靄を晴らし、

その奥底に封じ込まれしまった心の美少女対峙するんだ。

花鳥風月の微弱な揺らめきにも美しさを感じ、

はるかぜに飛ばされる綿毛のように明るく軽やかに振る舞い、

会ったこともない人間から善良を汲み取る。

そんな美少女は誰の心にもいるんだ。本当だ、本当はみんな美少女なんだ。

それを俺はブルマを履かないと忘れそうになるんだ。

あーいきそういきそう。

2017-12-28

小1の息子が風呂で俺の乳首をいじりながら

「つぶれとんなあ」

って言ってた。

どこでそんなの習ったんだ?!

anond:20171228015742

射精にいたるオナニー毎日できないんだったらドライ目指せばいいじゃん

乳首だったらリスクは低いし段々感度が上がってきて達成感も分かるしイケるようになったらもう最高に楽しい

2017-12-27

わたし人生における史上初の膣内射精に関する記録

今日人生で3度目の風俗利用で、2度目の風俗に行ったので自分への戒めをこめて記録を残しておく.

これで、胸を張って童貞ではないと主張できると信じている。

はじめに

// ここにこれまでの経緯.

/*

2018.1.5追記

これまでの経緯をちょっとだけ追記:

 最初風俗ソープでした。身長150cmで黒髪色白、だけど顔と体型は微妙Cカップのお姉さんだった。緊張して勃起しなくて、勃起しても5秒くらいで萎んでしまうので結局手コキで射精しただった。お姉さんが全身を丁寧に優しい手つきで洗ってくれたのが忘れられない。

 二回目の風俗コスプレデリヘルだった。1回めの風俗の敗因を興奮不足と分析し、女性身体以外の付加価値によって興奮できると想定した。お姉さんは清楚な某キャラの格好でプレイしてくれた。しかし、うまく行かなかった。プレイ最中に(優しさから)脱いで胸をあらわにしようとするお姉さんに、お願いだからパンティー以外は一枚も脱がないでプレイを続けてくださいと自分懇願し、おねえさんが若干の戸惑いを感じているように見えた。このお姉さんはとてもサービス精神が旺盛で顔面騎乗をしてくれた。精神的満足はすごいものだった。スマタではどうにもならなかったので、最後は腕枕されながら手コキしてくれた。このとき耳を舐めてくれて大興奮した。全身に快楽が爆発して、部屋に響き渡るほどのだらしない声で、「お姉さんにお耳犯されちゃっているよ〜」と絶叫しながら射精した。どうやら耳が弱点のようだとわかった。

 ここから、結局緊張うんぬんといより普段自慰が原因の遅漏なんじゃないかと思うようになった。淫語とかコスプレモノのAVを見るのをやめてなるべくIV動画自慰することにした。手つきも軽く竿を持つように心がけること3ヶ月、その努力の結果を記したのがこの記録である

*/

 どうやら遅漏であるというこがわかったので、それに対する対策もしてきた。性感を高めるために10日間に渡って自慰行為自粛をしてきた。これで準備万端だろうということでソープへ向かった。

 前回は「吉原は遠い」という単純な理由適当な店へ行って後悔したので、今回はリサーチリサーチを重ね、自分予算ギリギリ一杯の中級店を検討した。そして、どんな女性にご相手願うのか1週間程度掛けて悩んだ。自分の中では巨乳くびれ路線と低身長かわいい路線の二つが拮抗した。そもそもソープ女性たちはクリスマス明けは不思議な程に出勤が少ないことに気づき選択肢は多くなかった。基本条件は2つ胸が大きいことだった。そしてphotoshopしてある写真をとにらめっこをしながら、ある女性Xさんにすることにした。ネット上の口コミでは、ウエストが大きいとかかれていたが紹介文の内容に興味を持ったのであえて挑戦した。もしウエストが大きかったらお姉さんが「青木りん」だと思ってみることに腹を決めた。

 吉原というものはどんなものなのか、体験してみたくてワクワクした。きっと相手女性の胸が大きければ、今回こそうまくいくはずだとワクワクしながら時間を待った。送迎車というものを使った。自動車運転しているおじさんは、なんとなく疲れていそうだった。なにか深淵を覗き込んでしまうような気がして、それ以上運転手のおじさんについて考えることをやめた。車中では、深呼吸を繰り返した。内心このままお店に着かなければ良いと思った。もう一人の中年客が同乗していたが、期待と不安の入り混じるような表情で無言であった。

入店~対面

 お店の入り口はこぎれいで、清潔感あふれる感じだった。しかし、ドアノブなど細部に目を留めると年季が入ったパーツがちりばめられていることに気づき、諸々の背景と法律の上にこのソープという店があるのだろうと思った。そのように不安時間を過ごしているうちに、お兄さんからお呼びがかかる。緊張のあまり、お兄さんに「あ~!ありがとうございます」などと会釈した。

 わたし階段を上がっていくと、お姉さんXと対面を果たした。確かに、紹介写真石原さとみレベル美女であったが、実際に会ってみると目を中心に修正が行われていたのだとわかった。なんだか昔勤めていたバイト先で社長喧嘩してやめた女の子雰囲気が似ているが、もっと可愛かった。石原さとみを100、青木りんを30とするスケールなら、70程度というのが妥当である。そしてお姉さんXの身体へ目を向けたが、緊張してよくわからなかったが胸は想定どおり大きく、ウエストは「青木りん」体型ではないことがわかった。

 

第一印象

 手をひかれ、部屋に入ると部屋は薄暗く戸棚などに年季が入っていた。ボロ屋の表層をリフォームしたという感じであった。部屋は薄暗い。よく観ると電球色のLEDか白熱球だった。30Wだとあれくらい薄暗くなるのだろうか、電球の下では色がわからい。だから振り返るとお姉さんXの乳首の色は何色だったのか、わからずじまいでだった。さて、私は緊張していた。お姉さんX曰く、無理やりお店に連れてこられたようだ、と。風俗へ行くのに、緊張は避けられない。初対面だからか、行う行為からか、はたまた何か別の理由があるのかわからぬ。それでも、射精を終えると緊張が嘘のように解けるから不思議ものだ。

 まず、お姉さんXは私の服を剥いだ。女性の前で全裸になるということに、慣れている自分気づき内心びっくりした。お姉さんXは私の股間に申しわけ程度のタオルを乗せてくれたわけだが、(どうせアレやコレするのだから)いったいコレに何の意味があるのかと思ったがそれは口に出さないでおいた。つぎに、私はお姉さんXの服を脱がした。腰に巻きつけられたリボンを外す様は、まるでプレゼントの包装を開けていくようだった。2アクションでお姉さんXは下着姿になり、胸が相当大きく(想定どおり)、腰がくびれている様子が露になった。しかし私のめは、それを目にしていながら観ていなかった、緊張がすべてを盲目にした。

 これまで見てきた2名の女性は、いずれもCカップであり胸が大きいといえるものではなかった。しかし、今回は正真正銘巨乳である。後になって考えてみれば、その身体グラビアアイドルのそれである。己の興奮を高めるために見ていたIVの中にある、身体である。なぜだか、女性を前にしているときはそれに気づかず、冷静に身体を見ていた。これまでのオカズ分析した結果をふめると、わたしはこの身体を見て興奮するはずであったが緊張がそれを拒んだ。お姉さんXは全裸になり、胸を私の顔に押し付けてくれた。肌はすべすべしていて、それはとても気分の良いものだった。材質は私の二の腕と同じだが、形状が違うので二の腕よりやわらかかった。巨乳で窒息しそうになって、なにか新しいタイプ幸せを感じた。

マット

 風呂に入っているうちに、お姉さんXはマットを床にしいてローションを垂らした。AVで見たままのマットプレイを受けた。気持ちがよかった。足を舐められて、足の指に歯が当たる感覚にゾクっとした。フェラを受けた。気持ちよいのだが、変な感じだったた。たぶん、亀頭を回転するように舐めていたのではないか。くすぐったいような変な感じで、もっと私の興奮が高まっていればさぞかし気持ちよかったのだろうと思った。

 そして、そしてお姉さんXは衛生用品を陰茎に装着して、腰を落とした。陰茎で体温を感じた。そのままお姉さんXは動き出した。いつもの自慰と同じで、初めはちょっと気持ちいいのだが、そのあとは快感に中休みがある。お姉さんXはしばらく腰を振り続けた。なんだか、快感を感じるためには、コツがあるきがしている。うまく波に乗れると一瞬(と思える時間)で射精する。しかし、なにかスランプみたいなものにはまるとまったく何も感じなくなる。たとえるなら、暗闇のなで手探りで射精という目的地へと向かうような気分でお姉さんXを見つめていた。

 お姉さんXは繋がったままディープキスしてくれた。なぜだかわたしはとても嬉しかった。そうしているうちに、一生懸命腰を振るお姉さんXに対して申し訳ない気持ちが沸いてきた。疲れているんじゃないか心配になってきた。一向に快感が上ってこないので、早く射精しなきゃという気持ちになってきた。そこで、AVのように「エッチ台詞」を囁いてほしいとリクエストした。すると、

「おちんちん硬くなってきたね~」

「中に出して~」

精子いっぱいほしいの~」

という感じで、いろいろと言ってくれた。私は興奮した。凄く、興奮した。このようなお姉さんXの助力が功を奏して、一回一回腰を動かすたびに快楽が高まって行くのを感じ、人生初の膣内射精を達成した。射精に伴って何度も脈打つ感覚気持ちが良かった。お姉さんにはAVの見すぎだゾとちょっぴり怒られてしまった。

 射精の後で潮吹きするひともいるんだよって、お姉さんXは言っていたが今回やめておくことにした。自分意思とは無関係強制的潮吹きされてみたい願望はある。

 こうやってマットで性交してみると、膣は本当に刺激が弱いとわかった。重要なのは精神的な興奮だし、自慰自粛有用だということだ。

休息

 射精したとたんに、冷静になった。すべて終わった気分になった。そのまま帰りたいくらいだった。しかし、半分くらい時間が残っていた。そして、驚くほどにリラックスしている自分に気づいた。お姉さんXの前だというのに。

 少し、世間話をした。なんかとても気を使ってくれているのが感じ取れるし、がんばって会話しようとしているのが分かるけれど、あまり会話を広げることができず申し訳ない気持ちになった。それでも、いろいろと会話の中でなるほどと思うことがあったので、楽しかった。

 これから2度目のプレイへと移るのだろうと思ったが止めておいても時間が余ってどうしようもなくなる気がしたので、続けることにした。もうこのときには性欲などどうでもよくなっていた。

ベッド

 お姉さんXはベッドでフェラしてくれて、私の乳首をいじってくれた。そのときに、ミンティア匂いがした。そして股間や乳首がすごくスースーした。口の中が不快なので口直ししているんだろうか? 一通りわたしの陰茎が勃起したのを確かめると、さっきと同じ騎乗から始めた。さっきと違って股間に何も感じなかった。コレでは射精できないと思った。

 そして次に、お姉さんXは正常位をやってみようと提案してくれた。やってみた。陰茎をまじまじと見るのは無粋なのだろうか。早く挿入してと言われた。入れてみると、自分で動くのはそれなりに気持ちいが圧倒的にスピードが足りないので射精まで遠のいている感じがした。お姉さんXが足を上げている体勢がキツかろうというのが心配になってきたので、こんどはわたしからバックしてみたいですと提案した。

 バックも同様の感触だった。正常位よりは動きやすい。自分の体力のなさを恨む。バッティングセンターゴルフのうちっぱなしのように、だれにも気兼ねなく性交練習できる機会があれば良いのだが、などと考えているうちに射精が遠のいている感じがした。

 しかたがないので、手でしてもらうことを提案した。しかし、感じない不のスパイラルに嵌っている感じがした。お姉さんはガンガン勢いよくディープキスしてくれた。そうしていると、なんかちょっと変な気持ちになった。わたしはそれまでお姉さんXに対して「です・ます調」で話しかけていた。なんとなくそうすることしかできなかったのだが、ふと

「お姉さん、タメ口聞いてもいいですか?」

と言ってしまった。そうしたら

「いいよ」

と返してくれた。わたし

「すごいよ~、気持ちいいよ~」

などとタメ口で話しかけると興奮が少したかまった。ここにカギがあったのかと、気づいた。そして、思わず

お姉ちゃん、すごいエッチだよぉ~」

わたしは呟いていた。凄く興奮した。普段見ているAVやらエロマンガがわかってしまう感じがして恥ずかしかった。でも、その恥ずかしさまで含めて気持ちよかった。何か、新しい扉を開いてしまった気がした。

 現実は無情だった。心の興奮に身体の感度が追いついていない感じがして、私は時間内に射精できないのではないかと焦っていた。最終手段として、自らの手でしごくことを選んだ。私の手は、コレまでにないほどどすばやく動いた。そして、お姉さんXに耳を舐めてほしいとお願いした。これは前回効果的だったからだ。ただ、お姉さんXは私の左側にいた。私の耳は右側が弱いのだが、それ以上注文をつけるのは気が引けた。わたしは耳を舐められながら

お姉ちゃんお姉ちゃん、イクっちゃうよぉ~」

と情けない声を出して射精した。

 射精の後はちょっと自分のやっていることがキモすぎて、死にたくなった。相手勝手お姉ちゃん呼ばわりして、申し訳ない気持ちで一杯だったが射精の誘惑には勝てなかった。

 身体を洗い、少し話し込んで私のソープ体験は終わった。去り際に再度服を着たお姉さんXを見ると、とても美しかった。黒髪がきれいだし身体ラインキレイだった。こんなにキレイ女性を前にして、変態プレイしか興奮できない自分おかしくてしかたがなかった。

 

解散

 帰りも送迎の車に乗って駅まで向かった。ちょっとお金使いすぎたなあという気持ちで流れていく風景を見ていた。

 街を行く人々をみていると、総てを許そうというおおらかな気分になった。

考察

 帰り道にAKB女の子が前面に出た東京モノレールポスターが目に留まった。色白、黒髪比較的整った顔、きれいなコスチューム、そのようなものがあれば私はたちどころに興奮し、快楽を得ることができるなどという愚かな考えは捨てようと思った。

 AVを見て興奮するとき、そこに写っているものと同じことをすればもっと気持ち良いはずだ。という仮定は正しいのか? わたしはずっとこの仮定が正しいと思っていたのが、どうも違うのではないかと思った。

 性欲を普通の仕方で発散できないひとがいるということを理解した。確かに性交は楽しかったが、満足ではなかった。日ごろの自慰で興奮するのと違って不満がのこるのはなぜか。きっと完璧な性感などというのは存在しなくて、完全無欠の快楽を追い求めるのは虹を追いかけるような不毛行為なのだといい加減理解してほしいと思った。

 

 

まとめ

 つぎは、(性的な)ロールプレイをしてみたいと思った。今回の経験から、これなら興奮できるのではないかという夢を捨てきれない。

お姉ちゃんに犯される弟役がやりたいです!!!

 でもちょっと電話口でそれを受け付けのお兄さんに言うのは恥ずかしい。というか、女の子に言うのも恥ずかしい。

 快感を求める変態の旅はまだ続く。

2017-12-26

メスイキかどうかよくわからないものについて

数年前に催眠乳首前立腺あたりを浅くかじったものの手間の割には徒労感が大きくて最近は面倒であんまり触っていないんだが、たまに不思議状態になることがある。

意識ぼんやりして微睡んでいる時にエロ妄想をしていると、その感覚がじわりじわりと自分のものに近づいていることがある。

催眠が上手い人は五感を完全に騙せるのかも知れないが自分場合はそこまでできず、せいぜい極限まで思い込めているというか思考から現実五感認識意識して取り去っているというか、そんな感じ。だから現実の俺の男の肉体を動かすと妄想の中の女の肉体が気持ちよくなって、女が喘ぐ。喘ぎ声はしょうがいか裏声を頑張ってどうにかする。俺は大の巨乳フェチなんだけど自分に乳がついたことはないからそこを意識すると妄想が粗すぎてボロが出て萎えから忘れる。お気に入りエロ台詞なんかも言ってみるとなかなかどうして性感が刺激される。俺の声のくせに。

そんなことを続けているとやがて妄想の中で女が絶頂する。すると自分身体自然と持ち上がってビクビクと痙攣する。頭が真っ白というわけではないんだけども全力で喘いでビクビクするとまぁ雰囲気だけでも気持ちよくなる。しか射精と違って脳が醒める賢者モードがないから同じことがまたできる。さすがに3時間繰り返すと脳が先にくたびれて微睡みを維持できなくなった。おもむろに尻に触れてみると一切触ってないのに腸液でぐっしょりしている。男性の肉体にこんな機能があることが驚きだ。

この感じも心地よいとは思っているんだけども、メスイキがこんなもんじゃなくてその先にあるものならその境地を見てみたくもある。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん