「彼女」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 彼女とは

2017-08-18

愛情には代償が、犠牲必要だ。

とは言え、何も与えずに愛される事は無い。だから母は、世の人間達は愛されるべき存在となるべく下手に出て奉仕する。

犠牲には対価が必要だ。

何処かで誰かが徒労を強いられた時、報いる機構存在しなくてはならない。でなければ彼女達は常に自分は損している、何も与えられて居ないという被害妄想に取り憑かれてしまう。愛されている自覚、それを未来永劫与え続けるだけのシステムがこの世に生まれるまでにあと四半世紀はかかるだろう。

憎しみが消えない

どうしても許せない奴がいる。僕はそいつのせいで、一時期、頭がおかしくなりそうだった。いや、実際におかしくなっていたし、今でもそいつを思い出すと、正気を失う。

当時、僕は新卒で某映像制作会社に入り、ADをやっていた。そいつは先輩で、ディレクターだった。

覇気がない」と、何度もそいつに言われた。

確かに僕は明るいタイプではなかった。それに加えて、当時は新人だったし、いつも緊張していた。そのせいで、萎縮して、覇気がないように見えていたかもしれない。その点は反省している。でも、仕事は真面目に頑張っていたし、やるべきことはきちんとやっていた。

そいつは、ことあるごとに、僕の悪口を名指しでツイッターに書き込んだ。

無気力AD○○君」

「○○君は残念ながら映像業界に向いてない。いつまで続けるつもりかな?」

今日も○○君と同じ現場。相変わらず無気力で、仕事を教える気になれない」

「やる気がないなら、もう教えないよと○○君に言ってやった」

こんなことを散々書かれた。勝手に僕の写真を撮り、悪口を添えてアップすることもあった。

仕事上の至らない部分は認め、改善しようと努めた。でも、それとは別に本名写真付きでツイッター悪口を書かれるのは許せなかった。

そいつ社長の親戚だった。縁故で入り、ふんぞり返っていた。きついテレビ仕事他人任せにして、企業研修ビデオとか、楽な仕事ばかり選んでやっていた。そういうところも、嫌いだった。

いちど、プライベート彼女と歩いているときに、そいつとばったり会った。僕の先輩ということで、彼女丁重挨拶していた。

後日、そいつは社内で僕の彼女悪口を触れ回った。ここに書くのもためらわれるような悪口だった。ある種の障害を抱える人々を引き合いに出し、僕の彼女の顔を「~っぽい顔」と言ったのだ。どちらにも失礼だ。僕は怒りで震えが止まらなくなった。

親の仕事バカにされることもあった。僕の父は塗装業だ。それを教えたら、ことあるごとにネタにされるようになった。汚い壁を見つけると、指さして「○○君、大至急、お父さんに塗ってもらってw」などと言った。

僕が仕事ミスをすると、子供の頃にシンナー塗料を吸いすぎたせいだと言った。

そいつ父親は一流大学を出て、一流企業に勤めていたらしい。いつもそれを自慢していた。その自慢話のオチに、よく僕の父が使われた。

「ちなみにこいつの親父はペンキ屋なんですけどねw」

仲の良い親友同士なら、こういうやり取りもアリなのかもしれない。でも、そいつ上司という立場で、僕と仲が良いわけでもないのだ。ただただ不快だった。

世の中には、こんなに嫌な奴がいる。僕はそれを初めて知った。子供の頃から学校を出るまで、ここまで嫌な奴に遭遇したことが無かった。社会というものが恐ろしくなった。

どうしてもそいつに耐えられなくて、会社を辞めた。

僕の訴えが通用するような環境ではなかった。その会社は、社長を頂点としたカルト組織みたいな気風の職場だった。しかそいつは、社長の親戚なのだ。僕が留まって戦ったところで、勝ち目は無かった。

僕は最後の頃には神経科に通うようになっていた。安定剤を飲み、ふらふらになりながら働いていた(この時に飲み始めたデパスを止めるのに、数年を要した)。

会社を辞めたあとは、しばらくバイトで食いつないで、別の制作会社転職した。

今は某バラエティ番組チーフディレクターとして、充実した日々を送っている。

何が怖いって、あの時の自分と、今の自分が、まるで別人のように感じられることだ。あいつの下にいた頃、僕は自分に自信が無かったし、世の中にも絶望しかけていた。でも、よくよく考えてみると、単にあいつひとりに悩まされていただけなのだ

たった一人の影響で、ここまで世界が違って見えることが怖いと思った。たしかに、僕自身若さや、視野の狭さや、能力の低さも、あったと思う。そこは認めないわけにはいかない。でも、根本的にはあいつのせいだ。あいつのせいで、俺の人生は暗かった。

今は十数人の部下を持つ身だが、あいつは永遠反面教師だと思っている。あんな風に若い人間を潰すような奴にだけはならない。絶対に。

最近、ある情報が入ってきた。あいつが、事業を起こすために会社を辞め、それが失敗したらしい。クーデターのような目に遭い、孤立し、今は落ち込んで引き込もっているという。

当然だと思った。あんな歪んだ性格の奴は、どこかでボロを出すに決まってる。

まあみろ、と溜飲を下げたかった。でも、そうは思えなかった。僕が抱いたのは、もっと黒い感情だった。

とどめを刺したい。

今度は僕があいつに「覇気がない」と言ってやりたい。本気でそう思った。

もう二度と会うこともないのに、僕はまだあいつを憎んでいる。そんな自分に怯えた。

こんな気持ちが一生続くのだろうか。憎しみを抱えながら生きてる人って、けっこういるのだろうか。

僕は、人一倍執念深くて、ねちねちした、嫌なやつだ。

あいつのことを考えてると、巡りめぐって、自分のことまで嫌いになってくる。早く忘れたい。

高校一年の時、やたら宗教哲学にハマってる馬鹿女居たなー

常に男を追っかけてるような奴。彼女のお眼鏡にかなったのは自分の幼馴染で、度々情報提供してた。

当時は大して交流も無かったのに幼馴染に同窓会で久し振りに会った際に握手を求められた。イケメンイケメンに生まれるべくしてイケメンなんだと悟った。

女性声優さんを好きになるのが怖い

最近、某女性声優さんを知った。

決して美人ではないけど笑顔トークステキで心から明るい子なんだろうなと思う。

背が低いのもすごく可愛らしい。

友達100人いて男友達もいっぱいいるタイプに見える。

とても興味はあるけど好きになるのが怖い。

パブサをするとあのとき彼女はどうだったとかそういうイベントでの報告が上がってくる、本当にしんどい。

好きになってもイベント日本各地で開かれるし、ついて行ける自信がない。

手紙プレゼントやフラスタイベント毎に送るようなモチベもない。

でも、そうしないとこれから三次関数的に増えていく彼女ファンの中で頭角を現すことはできない。

そもそもそこまでやったところで、せいぜい大舞台最前より前には進めない。

正直彼女であったらどんなに素晴らしいかと考えるけど、そういう可能性が限りなく低いこと、自分みたいな人間彼氏になれないことも、

まして結婚して彼女幸せにすることをできないことも全部分かる。

それでも彼女についてもっと知りたい、彼女が活き活きとしてる姿に癒やされたい。

でも、好きになっても、先は見えている。

48グループファンとの繋がりが発覚したメンバーが何人かいるけど、声優に関してはまだ前例はないし、自分以外の人間が繋がる可能性を考えたら状況はますます絶望的だ。

声優オタク希望なんてない。

必死に追いかけるために使ったお金彼女にはほとんど行き渡らないことも知ってる。

日々モチベがすり切れるまで円盤を積んで日本全国(時には海外も)を飛び回って各地の旅客鉄道に金を落とすだけだ。

イベント参加のための購入資金バンダイビジュアルとかランティスとか博報堂に流れ込むことも知っている。

ものによってはチケキャンヤフオクがこれで金を稼いでいることも知ってる。

一体ファンとは何を支えるために存在してるのかよく分からない。

会社つとめだけして社蓄としての障害が嫌だから声優オタクになった、しかしその結果はエンタメ業界を支えるためのはぐるまにすぎないのかも知れない。

からせめて女性声優さんはValueとかを始めてオタクの金が直接流れ込むようになったら嬉しい、セキュリティの高いマンションに引っ越すとかバイトしなくても済むとかそういうの始めて欲しい。

もちろんValue優待でお渡し会もやってくれたら嬉しい。

うわっ、、私の年収低すぎ!!サクラクエスト

サクラクエスト』(SAKURA QUEST)は、P.A.WORKS制作日本テレビアニメ田舎町の観光大使就任したヒロイン達を中心に、廃れた“ミニ独立国”を再興するために奮闘する物語(wikipedia)

主人公の「ゆきのちゃん」こと、木春由乃は、派遣会社から給料をもらっています。一体のどぐらいの年収相場から計算してみました。

サクラクエスト登場人物推定年収

木春由乃こはる よしの)(19才)

スペック 

木春の雇用条件
富山周辺の観光協会派遣される相場
福利厚生フェルミ推定
【参考】

【ケース1】貯金出来ないぐらいカツカツな状態

支出
家賃30,000円ログハウス
食費30,000円
日用品5,000円
被服費15,000円
交際費20,000円
水道光熱費15,000円(電気/ガス/水道)
携帯料金9,500円
光回線6,800円
交通費15,000円(バス,乗合のガソリン代等)
小計146,630円
健康保険8,423円協会けんぽ
厚生年金4,697円
源泉所得税4,810
雇用保険830円
小計18,760円
①+②小計165,060円
残高4,940円

更に冬に暖房費追加で、赤字になります

灯油10,000円10月3月
合計175,060円(△5,060円

【ケース2】家賃水道光熱費タダ、ネット使い放題で、月5万円貯金できるケース

家賃0円ログハウス
食費30,000円
日用品5,000円
被服費15,000円
交際費20,000円
水道光熱費0円(電気/ガス/水道)
携帯料金9,500円
光回線0円Wifi使い放題
交通費15,000円(バス,乗合のガソリン代等)
小計94,500円
健康保険8,423円協会けんぽ
厚生年金4,697円
源泉所得税4,810
雇用保険830円
小計18,760円
①+②合計110,960円
残高50,040円

更に冬に暖房費追加

灯油10,000円10月3月
合計120,960円(39,040円)黒字
1年後の貯蓄額

アニメの中では、由乃ほとんどお金に困った話は出てきていないので、順調に行けば1年後には50万円近く貯金できているはず(帰省込みで)

もしも、木春由乃格安スマホ(Freetelあたり)を使っていれば、携帯料金は月2500円程度だとして、114,000円節約。60万円近く貯金できる(帰省込みで)

他のメンバー収入は?

月収17~20万円 ボーナスあり(1か月*年2回)

月収10万円~30万円 ボーナスなし
月収0円(無職組)
月収17万円 ボーナスなし
今後の展開の妄想

-

おまけ


ウワっ、、私の年収低すぎ・・・

よしのちゃん、だんないよ〜 

アニメーターの人や、まちおこしで、タダ働きさせられている人に比べれば だんないよ

セックスレス離婚した

数年前、セックスレスが原因で離婚をした。

妻と恋人どうしだった時は週に2〜3回以上するほどのセックス好きだった。

5年付き合って結婚して、すぐに子供が生まれた。

子供は可愛かったが、自分仕事転職とも重なり

1歳までは育児ほとんど手伝えなかった。

気づけば育児ノイローゼに妻はおちいり、そこからセックスは途絶えた。


深く後悔した俺は、子供育児サポートするために仕事を再度転職し、

住んでいた家も妻の実家の近くに引っ越した。

週3日子供を見る日と決めて、その日は丸一日妻に自由時間を取ってもらえるようにした。


3年経つ頃には、普通の会話ができるようになり

5年経つ頃には、仲のよい家族として周りからまれるようになった。

でも、セックスは戻ってこなかった。

毎年、俺の誕生日にお願いして子供をどちらかの預け

夫婦デートをして、セックスを誘った。

でも、妻は「子供を早く迎えに行かなきゃ」とか

生理中」だとか、「やっぱり気分的に無理」とか

いろいろな理由を言って断り続けた。


気づいたら7年が経っていた。

7年目の俺の誕生日の時、俺は離婚届を隠し持っていき、

同じように妻にセックスを求めた。そして断られた。

「もう一生おれとはセックスする気はないか?」と聞くと

彼女は「無理」と言った。

俺は持っていた離婚届彼女に渡して、その場で書いてもらった。

無理と言った彼女を多分、俺は憎んでしまった。

もう一生この人と一秒たりとも一緒にいたくないと確信してしまった。

子供親権養育費、いろいろな問題は全て代理人を通して話をすることにして

私たちは別れた。

子供はとても可愛かったし、家族として続けたかったが、

俺にとってセックス拒否しつづける人間を妻として

一緒に過ごし続けることは不可能だった。

周りの人たちはオシドリ夫婦だと思っていたようで、とても驚いていた。

俺の両親は初孫を不幸にしたという怒りで、

俺と親子の縁を断絶した。もう連絡も取ってない。

しばらくして妻と別れてから新しい恋人ができた。

30代前半の彼女結婚がしたいそうだ。

前妻との離婚自由セックスレスであることを伝えて、

私はそうはならないと言ってはくれる。

でも俺は信じられ無い。セックスレスに陥る恐怖が

彼女との結婚をどうやっても躊躇わさせる。

この話はオチもなにもない。

現在進行形で、セックスレス後遺症に苦しんでいるオッさんがいるだけだ。

ただ、増田にこんなことを書いたのは

妻が夫のセックスを断り続けるということは、

ものすごく深く夫を傷つけ、自信を喪失させ、

トラウマを作る可能性があることを伝えたかった。

もし相手からセックスが多くて困っている妻、夫がいたら

カウンセリングに二人で通って幸せを取り戻してほしい。

俺もこれから通おうと思っている。

昔付き合ってた彼女の話

彼女とオレの共通友達ヤリマンがいた

ある日ヤリマンと帰りが一緒になって、映画見てご飯食べた

下心もなかったし、もちろん何もしてない

隠す話でもないので彼女にその話した、彼女特に何も言わなかった

ところが後日、別の友だちに「お前の彼女に泣かれた」と言われた

ヤリマンと仲良かったのがショックだったらしい

何もなかったのだが、ひょっとして、と思ったらしい

彼女に悲しい思いをさせたことを申し訳ないと思った

絶対何もなかったから」と言いたかったが、教えてくれた友達は「お前の彼女からお前に言わないで、と言われた」

だったので、そこは言えなかった

後日、彼女が部屋の整理したいとのことで、衣装ケースを買うことになった

近くのホームセンターに売ってたので、そこで買うことにした

そこは大きな買い物をすると、軽トラック無料で貸してくれる

ヤリマンにその話をしてると「私車持ってるから出してあげようか?」と言う

それは助かる、と思いつつも、彼女忙しくてオレひとりで買うので、それだとヤリマンと二人きりになる

それはマズイ、絶対に何もない自信があるが、彼女しませたくない

それで適当理由つけてヤリマンの車は断った

軽トラックで買い物から彼女の家に行く途中事故ってしまった

幸いケガはなかったものの、相手からは責められるし、ホームセンターには謝るし、警察からは取り調べ受けた

ヘトヘトになって彼女の家に向かったが、心配させたくなかったので事故のことは内緒にしておいた

そこで別れ話を切り出された

他に好きな男ができたとのこと

慰留を試みるが、全然通じない

恋愛的な人というか、好きになると他は見えなくなる人のようだ

って振られてからわかった

職場人間のイザコザが見えた話

皆さん、悪名高い「爆サイ」というサイトをご存じだろうか。

Twitter2ちゃん子供の遊び場なら、

爆サイマジでそこそこの年の大人の遊び場だ。

元がガラケーサイトというだけあってかネット界隈で最低レベル民度であり、

今、もっとアングラともいえるサイトではないだろうか。

僕は爆サイを覗くのが好きだ。

いい大人たちが、本気の罵り合いをしたり、悪口を吐いたりしている。

僕はもっぱら見るばかりのROM専で、書き込むことはしない。

だがある日、地域版のスレッドを覗いていたところ、

いっきり僕の会社社員に向けた悪口(一文字だけ伏字だがほぼ実名で)が書かれていた。

文字だけ伏せられていたというのもあるし、

その名前から思い当たる人間は割とありふれた名前の人だったから、

まあ名前が似てるだけの人だろうという結論にいた・・・たかった。

そのスレをどんどん読み進めていくと、

社名なんかまではっきりと出るようになった。

しかも、エピソード的に、僕は書いた人間まで分かってしまったのだ。

書いた人は、数個上の女性社員だった。

僕は彼女を優しい人だと思っていたし、

まさかこんなサイト実名ほとんど出して特定人間愚痴を吐くような人だとは思っていなかった。

僕は職場人間が恐ろしくなった。

2017-08-17

聴覚障害を持つ息子を女手一つで育てる安倍自民党今井絵理子不倫問題

聴覚障害を持つ息子を女手一つで育てる今井絵理子参院議員33)は昨年の参院選当選を果たした。

そんな彼女が熱愛の相手に選んだのは、妻子のある橋本健神戸市議会議員だった。

今井議員のウリは「子育てである議員になって、彼女の忙しさは格段に増したはず。

これまでと比べ、息子と触れ合う機会は数段減ったであろう。

ならば、わずかな時間でもできれば、子どもと会おうというのが人情というもの

まして、子育ての苦労譚で票を取った彼女ならなおさら、だ。

ところが、

橋本不倫するようになって以来、絵理子はそっちに夢中で、子どものことはお母さんにまかせることが増えたという印象です」(今井議員とごく親しい芸能関係者

 実際、お泊りデートの際もそうだ。

今井議員そもそもの自宅は、国分寺市にあり、そこで母や息子と暮らしている。

議員になった後、朝早い会議などもあるため、セカンドハウスとして千代田区三番町マンションを借りた。

しかし、それは建前なのか先の7月16日橋本を招き入れている。

これでは、仕事のためというより、橋本氏と会うための部屋と勘繰られても仕方ないのだ。

橋本健神戸市議(37)との「略奪不倫」が週刊新潮に報じられた今井絵理子参院議員33)は「一線は越えていない」旨を強調している。橋本氏は妻子持ちだ。

橋本氏は会見を開き「4~5年前から事実上婚姻関係は破たん」「離婚調停中」と明かし、これを背景に「略奪」や「不倫」という表現否定した。

ところが、橋本議員の妻はこれに猛反論

1⃣ 4~5年前から婚姻関係破綻していたという事実はない。

2⃣ 妻に離婚事由に相当する問題があるなどというのは極めて不誠実な釈明だ。

3⃣ 去年8月一方的離婚して欲しいと言ってきた後、9月から妻と二人の子供を残して自宅に戻らなくなった。生活費についても大幅に減額された。

かなり食い違う。安倍自民党はこの奥さんの反論について一切コメントしていない。妻側が正しいのか。橋本氏はマスコミ取材陣に首を振って否定とも取れる態度を示したが、こちらもマスコミから逃げ回っている形だ。

豊田真由子議員の両親を直撃! 淡々と話す父、それにイラだち激しい口調で割り込む母

週刊女性2017年7月18日号2017/7/3

豊田真由子議員の両親を直撃! 淡々と話す父、それにイラだち激しい口調で割り込む母

豊田議員選挙区はいたるところに彼女ポスター

 暴言劇場はまだ終わっていなかった……。豊田真由子衆院議員の「このハゲぇーーっ!」という怒声には度肝を抜かれたが、さらに衝撃的な音声が公開されたのだ。

運転中に道を間違えた秘書に対して“豊田真由子様に向かって、お前のやっていることは違うっていうわけ!?”と激怒自分名前に“様”をつけて威嚇していたことが明らかになりました。 “死ねば? 生きてる価値ないだろ”と耳を疑う暴言も」(ワイドショースタッフ

 報道以来、すっかり行方くらましている豊田議員選挙区埼玉県新座市)にあるマンションには寄りつかず、住んでいるのは湾岸地区タワーマンションだという。

「いつもピンクスーツを着ているから目立つんですが、騒動からは見かけていませんね。2人いるお子さんはとても優秀で、上の子模擬試験トップクラスだそうですよ」(マンションの住人)

 取材を進めていくと、どうやら彼女は、現在マンションでも住人とトラブルを起こしていたようだ。

マンションの前でお母さんたちが日焼け止めスプレーを使っていたんですが、近づいてくるなり“におうし、煙たいからやめなさいよ!”と怒鳴られたんです。周りのお母さんたちも驚いていましたね。近くの薬局で偶然見かけたときも、リップクリームを買おうとしていたのですが“陳列がわかりにくい”とキツい口調でクレームをつけていました……」(前出・住人)

 明らかに常軌を逸しているが、そもそも豊田議員の両親は、この騒動をどのようにとらえているのだろうか。彼女が生まれ育った千葉県内の実家を訪ねてみた。

午後4時を過ぎたころ、車で両親が帰ってきたため「娘さんの件で……」と父親を直撃すると、記者の声をさえぎるように話し始めた。

「その件はいま話しても意味はないでしょう。君たちは結論が決まっとるから。いずれ山ほど話すことはあるよ。約束はできないけど……」

 白髪ヒゲをたくわえており、話し方は落ち着いている。

─娘さんがこのようになる兆候は、小さいこからありましたか

「君に幼い娘がいたとして、今の段階でそういった兆候が見えると思うかい? 見えないだろう。子どもというのはそういうものだ」

暴言を吐いたときは機嫌が悪かったんでしょうか?

「なにか事情があったんだと思いますよ」

 娘の心情を必死理解しようとするあたり、父親としては何があっても信じてあげたいのだろう。ここで母親が現れ、苛立った様子で割り込んできた。

マスコミ相手しませんので…」

 続けて激しい口調で、「もう、いいから早く家に入んな!」と夫にまくしたてると、こちらの取材には答えてくれなかった。所作や話し方が豊田議員とそっくりだ。

 近所の住民によると、

「あの家は父親東大母親東京外語大出で、娘3人も高学歴。長女は医者、三女は弁護士から、次女の豊田議員東大卒はいえ、四方八方からプレッシャーを感じながら育ったんでしょうね」

 父は“山ほど話すことがある”と語っていたが、その中身が明らかになることは、この先あるのだろうか……。

https://anond.hatelabo.jp/20170817165151

アイドルライブだな。

アイドル系のライブって、一度見に行きたいが(舞台上の彼女たちを見てみたいが)、

あの独特の掛け声とか、動きとか、ファン側(客先側)の言動が堪えられない。

意識高い友人が車メーカー調達職で悪魔に魂を売っていた

もう何年か前の話になるけど,とりあえず書き出してみる.

ある程度脚色があるけど,どうせ増田だし皆さんの信じたいところまでお読み下さい.

あらまし


新卒就職して1年位たったある日,学生時代の同期たちと飲み会があった.

そこに,世間一般にいうところの意識高い系学生生活を送った文系女の子がいた.

の子は,国内自動車メーカーで,国内の協力会社相手とする調達職をしていた.

 

 

飲み会の途中で,各自が今やっている仕事の話になった

の子は,調達価格を下げて事業に貢献していると言っていた.

「今年は去年よりも値下げ率上げられたの?」と聞いてみると

「下げられた.下請けに買わないよって言うと下げてくれる」と.

 

 

下請企業の存続を左右できるほどの発注量のある企業が,

発注の停止を提示して値下げ要求することは,買い叩きとして下請法で禁じられている.

「以前から継続して発注してる部材を一方的に買い叩くのは違法じゃなかったっけ?」

「えーそんなことないよー,だってあの人達ウチらいるからやってけてるんじゃないの?」

 

 

自分は車に対しては下位サプライヤーとなる,基幹部品寄りの企業に勤めている.

『そういう立場にある発注元が,値下げを強要するのが違法だ』という言葉を飲み込み,

その日の会は和やかにお開きとなった.

この日感じた違和感


自動車メーカー調達にちゃんとした教育をしないのかよ」といった思いよりも,

彼女がとても生き生きと,下請けの値下げの話をしていた事が気になった.

 

 

しかしたら,彼女は,「下位カースト人間」を

与えられたから,あんなに生き生きしていたのではないだろうか. 

意識高い系努力教産業構造の融合

 

努力教人間は,「努力をしてこなかった人たち」に対しては,いくらでも残酷になれる.

彼らにとって,海外の貧しい人たちは,めぐり合わせの悪かった「施すべき人たち」だが,

国内にいる下位カースト人間は「努力をしてこなかった人たち」だ.

 

 

もちろん,努力教自己意識が有ることと,自分が実際に努力してきたことは別問題である

まれ環境によって,満たされた地位にある大学生は,学生活動()等を通じて,

互いに努力しあっている(切磋琢磨している!)集団演出し,自分以外の学生や,

他の集団に対する優越感を得ているように感じる.

 

 

彼女は,海外留学経験もあり,国際理解が深く,それなりに教養もある.

それは,現在日本では,恵まれ環境に生まれ育たなければ,与えられないものではあるのだが,

彼女は現状を「自分努力で獲得した」と思いたかったのではないか

   

  

そして彼女は,下請けに対して「努力をしてこなかった人間自分らが施している」と認識したのではないか

零細のサプライヤは,努力をして来なかったから現状があると思っているのではないか

そして自動車メーカーは,彼女自意識を見抜いて,現状を肯定してやり調達職として利用したのではないか

そんな疑問が,年月のたった現在でも,湧き上がってくる.

 

 

意識の高い若者が,得られなかった優越感,選民意識を,下請けと言う名の「下位カースト」を与えてやる事で満たしてやる,

これは,自動車に限らずサプライチェーン上位のメーカーとしては,全く適材適所の采配だ.

きっと,下請けに対していくらでも残酷になれると思う.薄ら寒い

最近わりと話題になっている不倫

そろそろ3年くらい経つの自分の話。

前提として。

結婚して1年くらい。嫁はかなり淡々としていて、あまりあまり気持ちを口にしない。

感謝はしっかりしてくれる。掃除したときとか、なにか買ってきたりしたときとか。でも好きとかほぼ言わない。べたべたもしない。

共働きから平日は朝ちょこっとと夜くらいしか顔合わせないし、お互いに相手趣味干渉しないから、休日完全別行動のことも多く。

嫁の方は友達舞台とかライブを見に、自分は引きこもってゲーム、とか、嫁は買い物、自分友達野球観戦とか。

ゲームしてる間は話しかけられたりするのやだから放っておいてくれてありがたいし、嫁は嫁で家にずっといるのが耐えられないらしく、急に散歩に行って本買ってきたり、鎌倉行ってきたとか横浜行ってきたとか博物館行ってきたとか超アクティブ

自分基本的には引きこもり、時々ナイターもしくはドームなら野球見に行ったり、飲みに誘われたら行ったり、みたいな。

平日はお互い忙しいから帰ってくると21時とか22時とかだから夜とかすぐ寝るし、休みの日はそんな感じだからレスっちゃレスだけど誘ったときに嫌がられるほどではなかった。



実際不倫にいたった理由というか、発端というか。

なんというか、既婚者だと女の子の方も安心するみたいなんだよな。

相手がいる人だから大丈夫だろ、みたいな。

あと、結婚してると頼りがいがありそうに見えるのかなんなのか、独身時よりモテる。いやモテるというのはちょっと違うか。女の子からアタリが変わる。明らかに柔らかくなる。

飲み会とかでもそう。

相手いるからこそかもだけど、恋愛相談とかされたり。

彼氏と別れたほうが良いかな~とかみたいな。

からちょっとなんか勘違いするんだよなー

まーそれでちょろっとね、魔が差したといいますか。

飲んで朝帰りなんて月2くらいであことなので特に不審がられたりもせず、結果味を占めたといいますか。

しかし、職場に嫁と交流ある人がいたのが運の尽き。普通にばれまして。

とりあえず謝り倒した。別れる気はなかったので。

嫁は「ふーん。まぁ魔が差したっていうなら」くらいの淡々とした感じで、逆にびっくりした。さすがに怒られるかと思っていたので。

ただ気まずいのでレスは加速した。

で、職場でバレたのはどうやら相手の子が周囲の人にペロっと言っちゃったかららしく、同僚数名から「お前何してんだよ」といわれる羽目になった。

あと、その職場にいる嫁の知り合いが「なんで嫁さんが怒らないのか分からない」と憤慨していたのもあって、結構出回ってしまい、結局転職することにした。

そうしたら逆に、相手の子からアプローチが加速し、とはいえさすがにちょっと無理ですって言ったら相手の子が「奥さん怒らなかったんでしょ?愛がないんじゃないんですか?私だったら絶対嫌なんですけど」と言われて、まぁそうかもなぁ…と思ったり。

にしてもさすがに無理ですとお断りした。

そんな最中に、新しい職場飲み会でなんとなく結婚生活の話になったとき、「うちの嫁はめっちゃ嫉妬いか携帯チェックされたりする」とか「飲み会?誰と?職場の?とか聞かれる」とか「休みの日は嫁の買い物に付き合わされる」とか愚痴を言われて、ははぁうちはホントレアケースだなと。

自分のとこの話をしたらうらやましいの声多数の中にちらちらと「それホント結婚してんの?友達ルームシェアかよ?」とか「逆に寂しくないの?」というのもあった。

確かに寂しかったのかもしれない。でも今このスタンスで来てるわけで、今更もっと一緒の時間作りたいとか言えないし。とはいえ1人の時間もほしいってのは事実だし。

なんかいろいろごちゃごちゃ考えてたタイミングで、相手の子が、「私も転職したのでもう誰にもばれないからお願い」的なことを言ってきて、結局また会うようになってしまった。



で、当然隠してたし相手の子にも口止めしてたんだけど、なんなんでしょうね、女性の勘みたいなの。4回目くらいのとき離婚届突きつけられた。

ん、って紙差し出されて、さすがに絶句した。

怒るでもなく、問い詰めるでもなく、いきなり離婚届出された。

「え?なにこれ…」って戸惑ってたら、「え、だっての子関係続いてるんでしょ?あの子結婚したらいいじゃん」とな。

離婚届には既にきっちり記入されている。

「いやでも離婚は…」と言おうとしたら、「私が離婚したいからしてって言ってる」と言われ、結局離婚した。

特に慰謝料とかもなく、普通にホントにただ別れた。子供生もうと思ってなかったこともあって、口座も元々別で、お互い自分給料から同額の生活費を出し合ってたので、趣味の分とか貯金とかは自分でしてたし。

はい生活費のやりくりは嫁だったからへそくりしてたりとかあるかもしれないけどそこまでみみっちいことは言わなかった。

最後に嫁から

「ご両親に報告するとき嘘は言わないように。私もそのままうちの両親に話すから。とはいえ両親に手出しはさせないのでそこはご心配なく。あと、良くして頂いたのに申し訳ありませんって伝えといて」

と言われた。

両親同士も多少交流があったっぽいから変にごまかすとそれはそれで問題になりそうだし、なにせ自分が悪いから、さすがに自分不倫離婚しましたと両親に伝えた。父親に殴られ、母親には泣かれた。

親はもしかしたら何かこう、うちの息子がすみませんでしたとかしたのかもしれないけれど、その先は特に何もなく。

本当にきれいさっぱり離婚してしまい、いつの間にか彼女携帯の番号とかも全部変えてしまったらしく、音信不通

一応お互いのfacebook知ってるけど、元々彼女はとりあえずアカウント取っただけって感じで最初の3回くらいしか投稿してなかったし、今も全くログインすらしていない様子。

不倫相手だった子とは半年くらい続いたけど、なんかこう、やっぱり違うなと思って別れた。

相手も、あれほどアプローチしてきたのはなんだったのかってくらい、あっさりと終わった。

なんとなく詮索されるのもしんどかったので、離婚したタイミングでまた転職した。

結果、まぁ友人がいるからいいけれど、なんかこう、1人になったなって感じ。



確かに不倫した自分が悪い。

悪いんだけど、でも、そんなに怒ってたんなら言ってくれればよかったのに。

気付いてるそぶりもなかったし。さすがに気付かれるくらいならしなかった。

調子こいた自分が悪いんだけどさ。もっとこう、好きって言ってほしかったし、もっと一緒にいたかった。

自分で飯作っても、彼女の味が時々恋しくなる。

結局のところ、自分は元嫁のことが好きだったんだと思う。

元嫁はそうでもなかったのかもしれないけれど。

わたし


私は彼女だけどタダで寝れる娼婦でもないしあんたのかーちゃんでもないのよ

腹立つ

アイマスについて考えた」の続き

これの続き→(https://anond.hatelabo.jp/20170816030530#tb

はじめに

友人から教えてもらい、ツイッターふくめ何やらだいぶ反応をもらえていたようであることを知ったので(批判ばかりだったけど)、ありがたいことだなぁと思い続きをしたためますちょっとズレてます明日ようやく仕事に帰るのですよね、暇なのです。


イチローとか羽生の例えが不適切

彼らは清宮や藤井四段より遥かに上であったり、勝ち続けた経歴があるからこそ人気があるのだからなんかおかしい。といった趣旨批判いただきました。お目通しありがとうございました。


しかにそうですね、勝ち続けたからこそのドラマであると思います。ここは例えがちょっと極端だったかもしれません。要は「実力があろうとなかろうと、彼らに語ることができるだけの哲学のようなものがあるかどうか」ということを言いたかったのです。

例えば、名前ちょっと出てこないのですが、全敗しつつも走り続けたあの競走馬のようなところでもよいのです。馬に人格ドラマがどうこうという話ではないのですが、読み取ることができるだけのドラマ性があるかどうか、という話であります


「765は歴史があるからすごい、後発は歴史がないかダメと言ってるのと同じ」という指摘もいただきましたが、誤魔化さずに言えばこれはその通りです。歴史というよりはキャラクターとしての物語性による厚みの話なのですが、765アニメなどと比較して考え、「強固な物語性があるキャラクターが好き」と結論づけておりました(先の文章でもたしか)。まぁそんな感じ…そんな感じですね。


理由をつけて貶めたいだけ。ただのダメオタク

へい、まったくもってその通りでありやす。現状のデレミリは、それなりに考えてみて自分には合わないなと思い、遠巻きに応援していこうと決めてしまいました。リアル体験併用が推奨される最前線には行けず悲しいですが、やはり人が増えていると、このような強く雑な言葉を使う方々がいるものなのだなとも確認できたので、自分はやっぱり主な住所である過疎コンテンツ平和に過ごします。しかし10RTもされてるの怖いですねアレ、765もアニメ以前はあん場末感あふれる感じだったのでしょうか…。


わかる気がする

「細かいところはともかくとして、強いストーリー性とか完成されたキャラクターという点ではやっぱりエロゲーヒロインとかの方があってるような気がするんだよな、多分この人には(だから765ASがその中間にあるものとして受け入れられている)。だから生きづらさを感じるのもわかる」


ありがとうございます。まったくもってその通りであり、わかりやすい要約であります私的にはミリオンアニメがとても楽しみで、細々とCDなど購入しつつ自分が好きな方向性のものが新しく始まるのを楽しみに待っています


また引用させていただきます

「まるで後発キャラには物語や背景ないかのような言い方。ASだってコミュから読み取って保管されていったりを繰り返してバックボーンが出来上がったやん。」


後発キャラにも物語や背景があることは理解しています。ただ、自分が765アニメを観て本格的に好きになり始めた頃の「劇場アイドル」の雰囲気を感じることができず、現状はそこが重視されていないなと感じる次第です。765の各コミュが漁られている段階では、自分ニコマスを観たりたまにCDを買ったりといった程度でした。つまり自分がいま後発のアイドルに抱いている感覚とその頃の感覚は近いものなのかなと改めて考え直しています。先日の文章自分が持ち上げているのは「アニメ放送期の765プロアイドル」であった、と認識してくださると幸いです。


シンデレラミリオンアイドルと向き合わかなかっただけ

その通りです。自分は変質する時代と、それに合わせて変化したアイドルについていくためのスイッチを切り換えることができませんでした。やはり孤独ぼっち自分性格にはあっていて、765のメンバーでのニコマスアニメは楽しかったのですが、メンバーが極端に増え、ソーシャル性が求められるようになっていった結果、自分は置いて行かれました。しかアイマス全体の雰囲気はいまでも好きです。陰ながら新しいアイドルも買って応援しています


団塊オタクって感じだ

そう思います。いい語呂なので、今後はこれを名乗らせていただこうと思います


今のデレミリは「ソーシャル型」から劇場型」への過渡期

これを読んで様々な意味で嬉しくなりました。ミリオンアニメ錦織監督でやってほしいです…。


ストーリーに重きを置きすぎると解釈の幅が狭まる

アイドルの「要素」を最も大事にして、そこからまれる「物語」は8通りくらい考えておくのが、アプローチをかけるうえでベストなんだと思う」


やはりいろんな方がおられるなぁと思いました。素直にすごいバイタリティだと尊敬します。自分は出されたものをしっかり理解して、それをわかった上で応援したいタイプだと気づきました。ゆえにアニメニコマス派だったなと。みんなで解釈を共有して楽しんだり、自分ひとりでワクワクするのも自分には難しいです。団塊オタクですね…。


薄利多売なわけない。もう6年やってるんだぞ。

薄利多売ではないというのは、「ソーシャル性を重視した結果としてのちょうどよいキャラの厚み」なのだなという理解文章を書いておりました。文面にもしたと思うのですが、走り書きゆえ伝わりにくかったのだと思います申し訳ないです。


年数についてはあまり関係ないですね。上にも先の文章にも書いたとおり、ソーシャルアイドルの持っている性質として書いただけです。


うーん?

 「"「社会」が乱される" 社会の変化についてけない時に新しいものを腐す人というのが居るが、そうでもしないとそのことを受け入れられない・踏ん切りがつかないということなのだろう」


別に腐してはいません。


デレマスの界隈は遠巻きに眺めてるが

彼女らとそれを応援する彼らの爆発力も大事だしすごいと思う。自分は入っていけないのだけれど。 」


その通りですね。なんだか仲間意識を感じます


765ASさんの活躍の中で

ニコニコでのファン動画存在も大きいのではないかと思うのですけど(私が最初に知ったのもニコマス)、公式だけでなくファン(P)と一緒に紡いできた物語ではないのかしら」


その通りですね。自分としてはその集大成としてアニメ劇場版があり、完成した(させられた)様を観て、深く感動したタイプです。ニコマスは当時から好きでした、こないだ見たときはあまり765アイドルのものがなくて寂しく思いました…。


おわりに

様々な反応があり嬉しく思いました。自分普段いる過疎コンテンツは、平和というか、自分と同じように一人で完結できる人が多いため、今回ちらほらいらっしゃったような深読みしない・言葉が強い方の反応はなんだか新鮮でした。やはり怖いので遠巻きに応援していようと思います


先の文章で書いたとおり、「アイドル/神は一方的に与えてくれる存在ではない」ということを理解せず、ただ「狂信」しておられる方だなと、怖い方々がされていた他のツイートからは感じられました。コンテンツバブルお祭り騒ぎは得てして彼らのような狂信者によって支えられており、それを理解してはいましたが、今回はそれを実感として理解できたのも大きな収穫のひとつです。とじまりすとこ(団塊オタク語)。


いやー楽しいですね。よければまた、どんなものでもコメントいただけると幸いです。では寝ます

もが

でんぱ組最上もがが脱退した件

ずいぶんと脱退があっさりしていて腑に落ちない部分を感じているファンも多いと思うし自分もそう。

不仲説とかよく言われているけど自分はそこではないと思っている。

おそらくだけど単体の仕事のほうが単価が高いのではないかと。

最上もがグループ内でもドラマバラエティーなどテレビ出演多く一般認知度が高い。

でんぱ組ブレイクして武道館コンサート成功率させるなどアイドルとしてはトップクラスではあるが正直なところ昨今では第一線にいるとは言えなくなっているだろうと思う。

でんぱ組としての仕事の単価と最上もが単体としての仕事の単価にかなり開きが出てきたのでは。

そうだとしたらでんぱ組仕事スケジュールを割くより単体の仕事を受けた方が儲かる。

でんぱ組ライブをやらなくなったのもその辺が絡んでいるのかなと思ってはいる。最上もがライブに向けての準備に時間が取れない状況がずっと続いていたんだろう。

この辺は最上もが意向というより事務所等の大人の事情が強いのでは。

一人だけ群を抜いて知名度が高く単体仕事も多い。だからでんぱ組としての活動順位が低くなる。

でも他のメンバーはこの状況が面白いはずない。不満があって不思議じゃない。最上もがが嫌いというよりそういった状況に耐えられなくなってきたのかもしれない。

不仲というよりも格差袂を分かつ方がお互いに幸せかもしれない。

おそらくライブ停止発表の時点である程度今回の最上もが脱退の筋書きはできていたのではないか

からずいぶんあっさりとした脱退発表なんだろうしメンバー予定調和的な反応なんだろう。

たぶん彼女たちがお互いに活動を続けていける答えとして最適解が最上もがの脱退なのかもしれない。

本当のところを知りたい気持ちはあるけどまあ知れることは無いよな。

アイドルファンはいつもおいてけぼりにされるもんだ…。

彼女には、僕以外にもうひとり好きな人がいた

彼女は、僕にとっては初めてマトモに付き合う女性だった。


数年間付き合っていた僕の彼女が突然好きだと告白したのは、僕の同級生だった。

彼と僕は、出身地所属していたサークルも同じ。

彼女はその彼を好きになったと告白したと同時に、僕のことも同じくらい好きだと言ってくれた。

僕は、そんな彼女を受け入れたいと思った。

から僕は、彼と彼女の間に何があっても問題にしないことを彼女に伝えた。


一方、僕には彼女に対する不満があった。

それは性の不一致だった。

僕は兼ねてからその不満があったことを彼女に伝えた。

同時に、欲求を解消するために他人性交渉を持ちたいと伝えた。

彼女は、多分臆せずに了承した。

しろ僕たちは、そういった不和を解消するために、これから二人でどう歩んでいこうかと話し合えていたほどの仲だった。

すくなくとも、僕はそう思っていた。


ある日、僕は外出先でケータイを忘れ、事前の連絡なしに彼女の部屋を訪れた。

こういうケースで彼女の部屋に泊まろうとするのは初めてのことだったが、今思えばとんだ馬鹿なことをしたと思う。

僕は、事前に渡されていた合鍵を使って部屋に入った。

そこには誰もいなかったが、彼女と彼のいた形跡がそこにはあった。

日本酒と、おちょこが2つと、彼の私物

僕はその場から去ることに決めた。

そこでようやく、彼女がほかの誰かを好きになることが、どうも自分には耐えられそうにないのだと知った。

僕には、別の男を好きになった彼女を包括するだけの愛情がないのだと知り、そんな自分を悔やんだ。


数日後、彼女に例の部屋を見てしまったことを伝えた。

彼女は泣いて、「貴方が傷つくのならもうしない。」と言ってくれた。

それから数週間経って、彼女から別れたいと言われた。

どうやら、僕のことはもう好きじゃないのだという。


それからは実にやりきれなかった。

友人の少ない私には感情の捌け口がみつからず、そんな自分ごまかしながらへらへらと日々を過ごし、ようやく見つけた捌け口が別れた彼女だった。

僕は、つい最近まで付き合っていた彼女に連絡を取り、直接会って話した。

会う前までは、本当はもう一度付き合いたいという本音を抑圧して、友達として一から二人の関係の在り方を模索しようと目論んでいた。

しかし、会ってしまえばそんな決意もむなしく、僕は本人を前にして泣いてしまった。

彼女は、もう好きではなくなってしまったことを謝罪し、「どうか、いいひとを見つけて」と僕の背中を押してくれた。

そうして僕も別れた彼女の人柄の良さに安堵し、少しずつヤケな感情も緩和していった筈だった。


しかし昨日、某SNSで別れた彼女と彼がつながっているのを見てしまった。

彼女は僕をフォローしていなかったが、彼はフォローしていた。しか彼女アカウントは数日前に更新されている。

僕は、自分アカウントを消した。

ほかの男ならまだいい。でも彼と彼女が一緒にいるところだけは、もう想像したくなかった。


僕はまだ、自分好きな人が誰か付き合うことを許せていない。

そのくせ、同時に二人以上と関係を持ってしまった自分とマトモに向き合えていない。

もう自分は、仮にパートナーから許されたとしても浮気不倫はしたくないとも思っている。

でもかりにほかの誰かと付き合えても、付き合っていない女性性交渉を持ちたいと思うのだろうか。だとしたら本当に愚かだ。


こうやって増田ネタにして悲しみをごまかしても、さらに行き場をなくした曖昧な思いが積もるだけかもしれない。

そして別れた彼女にこの投稿がバレれば、彼女は僕を警戒するだろう。そうして僕はこうやって今の気持ち文章にしたことを、後悔するんだと思う。


できれば、彼女と彼を知る人にこのことを告白たかった。

でも、事情事情からそんなことができる筈はない。

とても悲しい。

2017-08-16

お盆充の予定

牛乳石鹸CM映像だけ見ればよくできている

追記

simplemind 主人公内面で迷いが吹っ切れただけで話が終わっててオチがないから伝わらないんだよ。次の日グローブをもう一個買うとか、子供背中を洗ってやるとか。映像で語れてない

オチがないからわかり辛い、という意見もよくわかりますが、それはミスではなく意図的選択だったということが、メイキングを見るとわかります父親子供キャッチボール約束をしているのです。

そういう明快なオチではなく、抽象的に変化を描くことで考える余地を与えたり、普遍性を得ようとしたのだと思っています。その賛否もわかりますが、あのCMを見るだけでもその部分は理解可能だと思ったので、増田を書きました。

piripenko 演技はもとより映像の出来がいいのは同意キャラ設定エピソードの練りこみが物足りない。ゴミ分別させては、女性はほんわかタイプではといったノイズ対策も甘く、総じて残念。一応そんなに怒らんでも派です。

トラバでも「気の強そうな妻」はどうかという意見がありましたが、妻が主人公に対して圧迫的だという意見は、個人的にはすごく疑問があります

初登場時の妻は、笑顔ケーキのおつかいという「軽いお願い」を主人公します。これが仁王立ちで登場しているとか、圧迫感のあるアップの演出であるなら別です。しか彼女は外出の支度中のようで、笑顔でごく自然にお願いをしています

その後のラインは状況がわからない(妻に用事ができたのかもしれないし、本当に無理矢理買い物を押し付けてきたのかもしれない)ので置いておきます。次に、父親が連絡なしに遅れて帰宅したときに怒っているのは、当然です。しかしその後父親が謝ったらすぐに態度を変え、楽しげに息子に呼びかけています。これが「気の強そうな妻」の演出だとは、個人的には全然思えません。

ケーキプレゼントに関するやり取りから、妻のそういう性格想像する人もいますが、状況が省略されているだけで、買い物を変わりに頼むことなどは、日常よくあることだ思います。省略されているのは、「それを否定的に捉えている父親主観」のためです。省略されている部分に想像をめぐらすのは自然なことですが、それはまず「映像で描かれていること」を元にすべきであると思います

ラインについても、1126(イイフロ)というCM中ではポジティブ意味を持つダジャレ時間に送られているので、俯瞰して考えればあまりネガティブな状況ではないと解釈しています

ゴミ分別については、普通ゴミとビン・カンの日でちゃんと分別しているのでは?と思いますが、違う話でしょうか。

watapoco 初見が音声オフだったので、これと近い見方映像だけ追うとこういう構成よね。でもケーキほったらかすとか生活リアリティのなさは映像としても×。

冷蔵とか、ケーキの扱いにこだわる人がいるのですが、ゴミと、ケーキプレゼントを重ね合わせてるイメージ(本当ひどい)があるので、あの扱いはむしろ筋が通っていると思っています

生活リアリティのなさについては、意識差がありますしどの程度映像再現するかは難しい問題ですが、あの家庭の映像違和感があるという意味なら、それは家庭に疑問を抱く父親主観解釈できるのではないかと思いますが。通勤職場雰囲気などは出ていると思いました。

bt-shouichi 「自分が昔見た父親はそうだった」からといって、「孤独仕事を頑張ることが本来父親の役目だと思っている」となるもんなんですかね。そういう考えをもってる人って多いのかしら

家族の行動に無意識根深い影響を受ける、またそれが誤解に基づくものであったりするというのは、すごく自然キャラクターメイキングだと思います

孤独仕事を頑張ることが本来父親の役目だと思っている」は、映像から読み取れることをつないでいった結果、家庭との対比も合わせたら説明するのにわかやすいと思い選んだ言葉ですが、違和感があったらすみません

あと元は動画URLを貼っていなかったので、念のため貼っておきます

牛乳石鹸 WEBムービー「与えるもの」篇 フルVer.

https://youtu.be/CkYHlvzW3IM

----

CMとしての評価別にして。

「下手な映像」というブコメをいくつか見たので言わせてもらう。すごく丁寧でよくできてるよこのムービー

このCMは「映像で語る」ということをしているので、台詞説明されないとわからない人には伝わらなかったのかも知れない。そういう人向けに映像的な読み解きをしてみる。

このCM時系列を変えてまでオープニングとエンディングゴミ出しと出勤風景で揃えている。つまり同じ映像で心の違いを表現している。回想では、笑顔の妻に息子の誕生日ケーキを頼まれて、気のない返事をするダメ父親の姿が描かれる。そして映像作品誕生日モチーフに選ぶ場合は、普通は生まれ変わりの意味で、赦しの雨みたいな慣用表現(ついでにこれは雨の代わりに当然風呂)。要はオープニングは、このCM中に主人公父親が成長しますよという説明だ。これが前提になって映像が綴られていく。

オープニングの時点では、家族思いを演じているつもりの父親は、孤独仕事を頑張ることが本来父親の役目だと思っている。自分が昔見た父親はそうだった。だから笑顔の妻との会話ではなく、孤独な出勤風景から始まる。

その仕事場では、部下が報告をしなかったことを上司に叱られている。部下を慰める父親歩道橋から見おろされる部下は、父親より下の存在で同時に育ててももらえる、いわば息子のように描かれている。父親仕事場の息子に対しては、面倒を見てやり、自分の失敗談を晒して、人は成長するもんだと助言も与えてやれる。仕事場での人間関係なら、うまく立ち回れるのに。

しかし家に帰れば自分も、家族大事な日なのに酒を飲みに行くのを報告しなかったことで妻に怒られる。家庭ではダメな部下と同レベルだ。仕事はできても家庭では何もうまくいかない。家庭には、父親が頼れる上司はいない。

帰宅途中では「家族思いのパパが正しいのか」と毒を吐いていた。このときケーキプレゼントを両手にぶら下げる。朝出したゴミのように。

グローブを買いながら思い出す。自分父親は、自分がいて欲しい時に仕事でいなかった。自分仕事だけ頑張っていればいいじゃないか

しかし、子供じみた拗ね方をして湯船に浸かっているとき父親と一緒に風呂に入ったことを思い出す。自分父親は、仕事だけをしていたわけではなかったことにようやく気付く。覚えている父親背中は、出勤する背中だけでは決してなかった。

あの頃の父親と今の自分がかけ離れているのは、何故か。世間父親像が変わったんじゃなくて、自分ダメなだけじゃないか風呂に入りながらやっと気付く。そういえば、妻からLINEが来た時刻は11:26だった。

帰ってきたときは座らなかったテーブルに、風呂から上がった父親はようやく座る。これは、やっと本当の父親の座に付けたということだ。だからこのシーンで初めて息子が出てくる。父親が座る場所は、部下と飲んだときと同じ席だ。仕事と同じように、家庭でもうまくやれる自信が湧いてきた。朝は敬語だった妻に、素直に、気さくに謝る。笑顔で見送ってくれた妻にようやく笑顔を返せた。息子の誕生日に、父親は生まれ変わる。

ラスト、昨日と同じようにゴミを出す。しかし両手にゴミをぶら下げた絵は映らない。同じく、昨日は孤独に歩いていたカットは挿入されず、代わりに父親が眺めている風景映像が入る。

含み笑いしかける父親。昨日何かあったのか。これからいいことがあるのか。

と、こういう流れになっていて、子供じみたダメ父親がいい父親に成長する内容なわけです。

それを言葉での説明を省いて、なんてことのない日常淡々と綴った映像はとてもよかったと思いました。なんで飲みに行くのかとか、何を語ろうとしてるのかとか普通に映像見てればわかると思うんですけどね。

アイマスライブ名刺交換写真撮影行列は作るな!

シンデレラガールズ5thツアーも無事に終了して3日目。キャストスタッフライブに参加したpちゃんお疲れ様です。

僕もライブに参加させていただいたが、素晴らしい思い出が作れてたと思うし、本当に今回のライブに参加できて感謝しかない。

なので、次回行われる6thの単独ドーム応援出来たら幸いだ。

さて、ここへ本題に入るのだが…

アダルト関連の女優ヲタサー姫()による騒動でいろいろ物議を醸しているが、今回の騒動を色で例えると…

ヲタサー姫()は "真っ黒"

女優は "濃いグレー"だ。

まずヲタサー姫()に関しては、確実に真っ黒だ。彼女は、主に職業差別問題視されているが

からして見れば、何もたわいない、くだらない嫉妬だ。これ以上に理由はなかろう。ましてや、今回の妬み騒動以外でも問題は起こしているのでヲタサー姫()を援護なんて誰でも無理だ。

次に某アダルト関連の女優に関しては、上記で書いた通り"濃いグレー"だ。では何故"濃いグレー"なのか?

巷では彼女コスプレ参戦が問題視されているが、個人的意見としてライブでのコスプレ参戦は問題ないと思う。

アイマスライブレギュレーションコスプレ記述は無いが、pキャップを被ってライブ会場に来てる方もいるし、今のところ特に大きな問題は見られていない。(会場内でPキャップは外しているだろう…)

僕はここで問題視するのは女優が行なった名刺交換写真撮影の"行列"だ。

SSA会場付近は、一般の通行人も利用されている。そんな公共の場所で女優目当ての行列なんて作ってみろ?

確実に迷惑だ。

実際、一日目では近所住民による通報が入ったらしいではないか

それだけでもグレーだと言うのに、女優名刺には…

無断で印刷された藤本里奈(デレマスキャラ)の公式イラストが使われている。

一応補足するが、アイマスキャラクター印刷された名刺交換悪魔非公式であり、基本アイマス公式の見えない所で行なうモノだ。

なのにも関わらず今回の騒動では、彼女ライブ数日前、Twitter名刺交換の告知まで行なっており、名刺交換行列ができた影響は、この告知であろう。

今回このような騒動が起きて、僕としては非常に残念な気持ちである。今後もこのような騒動が起きるのであれば、会場スタッフ警備員にお願いして退けてもらうしか方法はない。

一人でもライブを楽しんで帰れる為にもPの皆様にはマナーを守って欲しい。




以上。

https://anond.hatelabo.jp/20170816161439

性欲ファーストの会の方か。

しかに薄い方だけど病気レベルじゃないと思うぞ。

彼女マンネリ化とかよくある話だし、週1週2は全く異常ではない。

性欲ドリブンで動いでる男きもい

増田を含め匿名掲示板で如実な本音に触れているとよく思う。

性欲ドリブン・性欲ファーストで動いてる男が少なからずいる。頭の中おっぱいセックスしかないのかっていう男。

自分中学生でも高校生でも平均して週二回程度しか自分磨きをしてなかったし、大学生で酷い時には3週間ほどやる気が起きない時もあった。

彼女ができてもマンネリ化するタイミングは早かった。彼女おっぱい触ったくらいじゃピクリともしない。

から1年たっても会えば必ずエッチなんて信じられない。

それに寝起きセックスとか寝てる彼女を襲ってとか信じられない、寝起きとか口臭いやん。

でも性欲ファーストの党の皆さんはそんなのお構いなしにやるんだろう?

はっきり言って気持ち悪い。

でも、そのバイタリティだけは凄いと思う。

https://anond.hatelabo.jp/20170816001423

一人彼女ができたなら、もう一人できる可能性は高い。

合う人を探した方がいい。その女は性格がとても悪そうだ。

なお、一人も彼女ができない俺は、最初の一人が……まあそれはいいや。

https://anond.hatelabo.jp/20170815051449

何か言うと面倒な事になるのでアレですが。例えば、比較的穏便に済んでいる叶姉妹コミケ参加だって「表面上はそうでないと思われるように慎重に行動してはいるが、結局は彼女たちの知名度やら好感度を上げる為の宣伝であり、不快である。」と言う意見の人もいる訳で、好き嫌いの話なら仕方ない部分もあるのでは無いかと。「宣伝営業活動であり不快」って話は、まま出て来るので。

不快に思うのも仕方ないし。増田に書くくらいなら、まぁいいんじゃないですかね?どうせ彼女に対して直接何をしている訳じゃなし。直接コメントして腐しているような無粋なバカみたいな真似しなければ。

https://anond.hatelabo.jp/20170816030530

消費型コンテンツ継続コンテンツという話なら初期のアイマスは消費型だったと思う。

強いアイデンティティ個性があるキャラクターは消費型でこそ動かしやすいが継続型ではだんだんと動かしづらくなってくる。ただ、いつからか765アイドルは新しいシンデレラミリオンより1つ上の領域シフトして(させられて)いたような。(勿論中の人の年齢や家庭事情でやむを得ない部分もあるが)

もともとはひたむきで真っ直ぐで「普通女の子」であった天海春香であるが、劇場版の「女神」と呼ばれているような彼女は最たるもので、あの姿こそがアイマスだと明確に打ち出してきたのがその証拠。その変遷にはシンデレラミリオンといった後輩ポジションが出来たから作り方としてはそう難しいことじゃなかったとは思う。人数も運営側が処理できる範囲であったしね。

シンデレラも6年と業界的には長いコンテンツになってきたが、確かな実力はあれど半ば勢いで走ってきたのでこのまま消費型コンテンツとして消えていくのか、明確な案は思い浮かばないが上手くやるのかこの先が見ものである

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん