「観劇」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 観劇とは

2018-07-15

もうすぐワールドカップ決勝だね!楽しみー!

うちはいっつも喧嘩してるから喧嘩理由は憶えてない。

直近だと今日喧嘩は憶えている。

妻がちょっとした嘘をついた。腹が立った。

正直に言えばいいことでも、取り繕う癖が以前からある。腹が立った。

「なんで嘘つくんだ?」と謝罪要求したが、

往生際が悪く、謝罪よりも言い訳言い逃れが先に来る。あきれた。

今日明日と一泊旅行に行く予定だったが、キャンセル

帰ってきて、今これを書いている。

根底にあるのは「ストリップ観劇」という自分趣味を奪われたことへの不満がある。

月~金で仕事して、休日くらい劇場にこもらせろ。好きな事させろ。

タンバリン叩かせろ。リボン投げさせろ。

ドライブ旅行外食?そんなもんこっちは一切興味ないんだよ。

それでも、普段つきあってやってたのに。

それなのに、「嘘をつく」という有り得ない行為を平気でする。こわい。

ちなみに子供はいない。今後もできない。相手婦人科系など複数の重大な病気もちなので(承知結婚してる。)

あーあ、つまんねー週末。

つまんねー、夫婦生活

つまんねー。

おい、人生ってこんなにつまんないものなのでしょうか。

明日、無断で新宿ニューアートに行こう。何年かぶりだろう。

一緒に観劇する人いたら、よろしくね。

あー、楽しみ♪

オープンショーのあの感じ。

軽やかな音楽で次々に足を開いていって、次々に俺たちスケベジジイにあそこを見せてくれる。

あの感じ。もったいつけないあの感じに俺は勃起する。

だって、それオマンマンだよ。ダンスにのせて、どんどん見せてくれてるけど、それおまんまんだよ!

そんな簡単に見せちゃいけないんだよ。ましてや音楽に乗せてヒョイヒョイ見せちゃうもんじゃないんだよ本来

そのあと吉祥寺荻窪ピンサロも行こう。

若い女の子がぼくの臭いオチンチンをぺろぺろしてくれる。1万円でおつりがくる。

ヘンブリー♪煩悩ぉ~♪

そのあと、丸ノ内線東京駅の旨い寿司屋にも行こうかな。

そのまま職場に顔出して一仕事しようかな。

でも、休日の出勤については「会社施設私的利用うんぬん」とか言ってウルサイんだよな。でも、もうすぐ辞めるからいか

なぜかオウム信者だったのがバレて職場にいづらいから、近々退職意思を伝えて、引き継ぎ終えたあと無職生活だな。

「なぜかバレた」って言っても名前ググれば出てくるしな(笑)バレるわな(笑)しゃーないわ。

あの頃、オウムのお弁当買ってくれてたお客様方、あの時はありがとうございました。

ゴハン詰めてたの俺です!

そのあと、年内には離婚かな。

病気持ちのババア捨てるなんてひどい男だね。

でも、もうそれでいいや。

「ごめんね。」

誰に言ってるのかわからないけど、そんな言葉が出てくる。

きっと自分に言ってるんだ。

あーそうだ。いくら頼んでもタバコをやめてくれなかったのも嫌だったな。

俺が肺弱いし、あのニオイ嫌いだからっていくら頼んでも、ダメだったな。

ほんとに肺よわいのよ。オウムに行ったのも病気理由

人生夫婦も色んな事の積み重ねだね。巡り合せっていうかね。

尊師への帰依はもうない。あのおっちゃんも色々大変だったろうね、とは思う。嫌いにはなれない。

月ヶ瀬事件の丘崎と同じくらい同情はするな。帰依とは違うが。

麻原ぁー!丘崎ぃー!成仏しろよ。

そろそろ決勝だね。みんなで盛り上がろうぜ!

どっちかっつーと、クロアチア推しです。フランス人のみんなゴメンネ。

あ、根っこには執行された人々への申し訳なさがあるんだろうな。

俺だけ生きてることへの罪悪感。ま、そんな幹部じゃなかったけどさ。

9/9の公認心理師の試験がんばろうっと!

一緒に受けるみんなも頑張ろうね!

今思い出したから一応追記しとくね。

昨日寝る前、いつものフルニトラゼパムに加えて、そこらへんに転がってたロナセン8mgとかいう抗精神薬を何錠か興味本位で飲んだんだったわ。思い出した。

それが理由で俺、今日機嫌が悪かったのかな。だとしたら、悪いことしたな。

ごめんね

2018-07-06

2010年08月当時の日記NODA MAP 「ザ・キャラクター観劇

東京芸術劇場ホール

宮沢りえ,古田新太,野田秀樹,橋爪功藤井隆

美波,池内博之,チョウソンハ,田中哲司

今回はせりふが聞き辛かったな。

途中から耳が慣れて聞こえるようになったけれど

野田さんや橋爪さんが聞きづらいなんて事なかったのに。

劇場問題なのかな。

で、肝心の舞台ですが 重いです。

途中から気持ち悪くなるくらい重い舞台でした。

なので ちょっとまじめに書こうと思う。

昨日からずっと考えてた事。

好き勝手に書くのでご容赦を。

野田作品によくある2つの世界交錯させながら表現してく手法

言葉遊びを絡ませながら話は進んでいきます

ギリシャ神話カルト集団の内部。

そしてカルト集団は あのオウムベース

街の書道教室で紙に文字を書いていたはずの集団

神を名乗り 狂信的で盲目的な信者が増えていき

やがて みなが知るあの事件と同様の狂気へと進んでいく。

リアルタイムでそれも東京にいた私たちにはつらい題材。

なぜ それをわざわざ触るのか?

といいたくなる題材。

でも、今 野田氏があえてこの題材を取り上げたのだから

きっと何か意味があるはず。

なんとはなしに感じてた事だけど

もちろんそうじゃない人も大勢いる事は大前提だし

十把一絡げ に書いて申し訳ないけど

今の若めの世代の人たちって ちょっと 危ういなって思う事がある。

知識はあるけど倫理感が希薄

視野が狭くて近眼的。

自分で考えて自分判断する力はあまりもっていない。

興味ないことへの興味のなさ度があからさま。

逆に興味があることへの 距離感が近すぎっぽい。

頭でっかち感。

現代の閉塞感のせいもあると思うけど。

「解った上で」って事がない人が多くなっている気がして怖い。

「解った上で」やっている人とそうでない人。

「解った上で」がわからない人々=大人ではない成人=幼さ

から、建前として「社会貢献」とか「使命感」とかの

オブラートうまい事包んで誘導する輩が出てきたら

「カチッ」と ハマってしまって

簡単カルト宗教軍国主義暴走していきそうな危機感って

あるんじゃないのかなって ちょっと思ったりする。

で、舞台の話。

なぜ今 この題材なのか。

野田さんもそういった今の危うさを感じていているからなんじゃないかなって思う。

あくまで私の感じたことだけど

あの事件から15年

幼子だった子も含めれば

知ってはいるけどリアルじゃない人たちが成人になっていく。

そしてその子達の大多数は

オウム当事者たちと同じように 幼い大人

から 今のタイミング舞台モチーフとして取り上げる事で

どうして そんな集団が出来てしまって

どうして 暴走していく事になったのか。

現実から逃れて 安易に答えを求めて

目の前にぶら下げられる都合のよい作り話を

自ら考える事をせずに信じて盲目的に掴んだ幼い大人

これらをみて 感じて「考えて」欲しい。

こういうものは 「カチッ」とハマっていい代物ではないんだ。

という事を再認識して欲しいんじゃないかな。

「忘れるために祈るのよ。でもね、忘れきれないものが残るでしょう。

そのことを忘れないために私は祈るしかない」

忘れてもいいのだ と、それが時間だし 人間から

でも忘れてはいけない事が残るはず。

その事すら忘れる事がないように私は祈る。

このせりふが それを物語っているのかな。

からこそ 高校生1000円という席を設けたんだろう。

若い世代に見て欲しいんだよね。きっと。

今の時代の危うさ、恐ろしさを 野田さんも危惧している。

日本の良き倫理観も哲学思想希薄になってしまった現代

この物語は 間違って突き進んだ愚かな人々のストーリーだけど

決して 他人事ではない。

渦中に立った時に あっち側の人間になる可能性が誰にでもある。

私にも。

そして、その可能性の濃度が濃くなっている

今の危うさに気づいて何かを感じて考えて欲しい。

そんな野田さんの祈りにも似た想いなのかもしれない。

そう私なりに感じて考えて解釈した舞台でした。

いや しかし 重かったなぁ。

ホントはもう一回見たいけど、お金チケットもない。

いつもは戯曲とか買わないけど

新潮掲載されてるみたいなんで買ってみようかな。

そういえば、観客にエライかい声で独り言を言ってる人がいました。

あいう人は始めてだったな~。

2018-07-02

ファンが嫌いになってコンテンツから離れる事は本当にある

自分語りです。

とあるアイドルグループファンでした。

しかしこのグループファンは年齢層が低く、行く先々でマナーの悪い人間出会いました。

観劇中に携帯を鳴らしたり平気で遅刻してくる人。

コンサート中、バラード曲なのに隣の連れとこそこそ会話し続ける人。

有料コンテンツスクショを「プレゼント企画」などと称し自分承認欲求を満たす為に利用する人。

いくつか分かりやすい例を挙げましたが、他にも些細なことで嫌な気持ちになる事が沢山あります

もちろんこれは大勢いるファンの内ほんの一部で、マナーを守るファンも沢山いますしかし外から見てみればマナーの悪いファンも良いファン区別は付きません。マナーの悪いファンが目立てば必然的に「あのグループファンマナーが悪い」という印象になります

早い話が「マナーの悪い奴らと一緒にされたくない」という理由でそのグループファンを名乗らなくなりました。

胸を張ってファンだと名乗れなくなると、自然とそのグループ自体自分から遠ざける様になりました。好きなのに好きと言えないのは辛いので、好きだと思う気持ちごと消してしまおうとするためです。

そうして徐々にコンテンツから離れて行く人は少なくないのではないでしょうか。

「そんな事で」と思う方も当然いるでしょうがあなたにとっての「そんな事」に耐えられないほど苦痛を感じる人間もいるのです。

2018-06-12

一括りにしないでとは言うけどさ

普段もっと厳しいルールの中、ちゃん観劇応援をしているんです!出来ているんです!っていう意見を見るけど、そもそもどうしてそんなに厳しいルールになってしまうのか、だよ。

厳しいルールを課せなければ常識的な行動がとれないっていうことですよね。

まあ初年度はトラブルとかゴタゴタとかがつきものからしょうがないと思う一面もあるけど。

マナー違反をひとくくりにしないで欲しいと思うかもしれないけれど、初年度はどうしたってそういう色眼鏡で見られるんだから、いつも以上にしっかりとした態度をとって観劇すればいいんじゃないですかね。

と、同じくくりのファンは思うわけです。

2018-05-19

友達との感想の違いが面倒

一緒に映画に行ったとして、友人が役者の顔のことしかさない。

いや少し盛った。

顔5:スタイル4:演技1でしかさない。

俺はもっと爆発シーンのこととか話したいのに。脇役のおっさんの生い立ちの妄想とかしたいのに。あそこのシーンで徐々にかかる音楽よかったとか言いたいのに。

一人で見ればいいんだろうけど、それでも観劇後すぐの感想戦の魅力には負けるんだよなあ。むなしい。

2018-05-17

アラサーになって「何者にもなれない」呪いが解けた人

アラサーって言っても25だし

働いても頼れる実家もあって

何者にもなれない とか うらやましいなー

結婚して趣味に金使って

「何者にもなれないって思ってたけど、やっぱ自分にはライブ観劇しかなかった♪呪いが解けた♪」

って言ってみたい人生だったなー

「いい話。」とか言われたかったなー

呪いって言葉陳腐に使ってみたかったなー

THE IDOLM@STER MR ST@GE!! MUSICGROOVE☆ 13日響回感想バレあり アイマス

DMMVRシアターでのTHE IDOLM@STER MR ST@GE!! MUSICGROOVE☆に参加してきた。

映像リアリティはかなりのモノ

ライブは立っての鑑賞だったが座ってる時に見た映像のが立体感豊富に見えた。会場的に座っての観劇を想定した設備なんだと思う。

○左サイドの席だったがキャラがこっちを向いて見える。どういう技術か知らないが中央じゃなくても目線が合う感じなのは凄い

✗逆サイドにアピールしてるのにこっちを向いて見えるのはご愛嬌

✗響回ということだが、響ソロは2曲。あとMC。ほかはユニットで響の参加もそれほど多くないのは大いに物足りない。

✗響ソロ2曲以外は全てショートバージョン。モーションとの兼ね合いもあるのだろうがショートバージョンは盛り上がりに欠ける

✗裏でぬーさんがリアルタイムに会場をイジるのは面白いが、それならぬーさんに響コスしてもらってライブやったほうが圧倒的に席が埋まると思う・・

✗というのも13日夜公演、自分はF列だったがG列当たりから後ろは全部空席。半分以上空席・・・

技術視点から見ると面白いのだがライブとしては盛り上がりに欠ける。アイドル映像でよっぽどテンションを上がる人でなければ楽しめないのでは

✗空席具合がその答えになってると思う。リピートしたくならんでしょ。

✗6300円+500円ドリンク代 1時間弱の公演。内容の薄さからコストに感じる。

おおざっぱにこんな感じで、褒められた感じではないと思うし、空席具合から同様に思ってる人も多いと思うんだが

Twitter検索すると概ね大絶賛で混乱した。

アイマス特有か知らないがライブその他の批判は許されない忖度文化がとても気持ち悪い。

オタク特有、というと主語でかくし過ぎな気もするが。

自分の好きなもの批判されると自分まで批判されると感じるのだろうか。

そうは言っても自分忖度の結果ここに書いてるわけで。

めんどくさいのに絡まれるのは、めんどくさいからね。

2018-05-10

私の推しが出る舞台千秋楽ウォークマンを鳴らした友人が許せない

私の推しが出る舞台千秋楽で、ウォークマンを鳴らした友人が許せなくてもやもやしている。

もともと私よりもずっと舞台に通っている子で、観劇マナーかにもうるさい。

前にも自分が行った舞台iPod鳴らした客のことをありえない、最悪、携帯電話ではなくても電子機器なんだからどうして電源を事前に切らないのかと怒っていた。

まさか私の一番好きな子が出る舞台千秋楽でまったく同じことを隣でされるとは思わなかった。

冒頭5分くらい大音量ではないけど小さな音が鳴り続けていて、全然舞台に集中できなくて、

この音誰だろう、舞台にまで聞こえていたらどうしようと変な動悸までする状態だったのに、

隣で友人がごそごそ鞄あさった後音が止まったときは思わずそっちを見た。ありえない。ほんとにありえない。

今回の舞台自分にとってどれくらい大切かって話もしていたし、知っているはずなのに、

一番重要千秋楽の冒頭集中できなかったことが悔しくてたまらない。

終演後謝ってたけどなんでよりによって、って感想しか出てこなくてずっともやもやしてる。

悪意がなかったのはわかってるけど、自分もありえないし最悪じゃん、と思ってしまってそんな自分も嫌だ。

Twitetrでは繋がってるし、誰にもいえないから吐き出し。なんでそういうことするかな…

2018-05-07

anond:20180506233926

ドリライお疲れさまです。

私は某代の卒業後、次の代が卒業する頃には同じように悲しくなるんだろうなぁと思っていたのに、結局テニミュに戻れないまま数年が経ち今日まで過ごしてます

から増田さんが羨ましくなりました。

今のテニミュを生で見たら私の気持ちも変わるのかなって思えました。

現役を応援することがすべてじゃない、でも現役キャストの芝居を生で見れるのは今だけなんだって思い出しました。

自分のことばかりですみません増田さんも自分気持ちを大切に、これから観劇ライフを楽しんでくださいね

ありがとうございます

2018-05-02

でも実際ジャニーが前に出てきたらお前らびっくりするよ

セクシーゾーンデビューしたときにもう引退いたことを言ってて

今は社長として名前が出てるだけで、実務はしてない。

なんなら舞台にも観劇とか来てるけど車いす

86のおじいちゃんなんだよ。

こないだ辞める会見した渋谷すばるも「おじいちゃんがね~」って言ってたし。

ちなみに関ジャニジャニーが育てたグループだけど

TOKIOジュリーが育てたグループな。

2018-04-25

嫁が宝塚に夢中

女の人が男の格好してるのそんなにいいのか?

俺はATM?

宗教みたいに役者出待ちファンの集いに出かけてて家事放棄…家にいる時間少ない

話していても宝塚男役の人の話ばかりでその人が好きだ愛してる一生の大切な人だと言ってくるけど嫁が同じ女を好きになるのが理解できない

最近おいら鬱っぽくなる

頭が働かない

先週は嫁が観劇中に興奮しすぎたみたいで貧血起こして具合悪くしたとのこと。勤務先に迎えきてって電話番号きた

おれが会社風邪こじらせて倒れた時は観劇中で忙しいから行けないって言ってたのに

2018-04-24

キャンセル待ちってなあに!!?!?

やあやあ!!!入りは昔の2.5、今はうっかりにわか観劇オタだよ!!!

間口が広がって、人気作品が増えると質の高い装置衣装がどんどん増える!!!いいことだね!!!そういうのも見るのも、楽しいよね!!!

とまあ人が増えたおかげでもあり人が増えたおかげで気になることもたくさんあるんだ!!

最近見たのはコチラ!!!

(引用ここから)次に繋げる気あるの?[伏せ]クラスタもっと頑張ってよ………キャン待ち全員当たるとか意味からない……(ここまで)

おおおおおおおーーーーーーい!!!おおおーーーーーーい!!!!!

分かんないよね!!!!全部売れなきゃダメって思うよね!!!

当日キャンセル待ちは、売れてない席の残部ではないよ!!!!!!

ついでに何故か妙にいい席だったりすることもある。なんでかって???キャンセルの出た席だからだよ!!!

普段は売られてない関係者のための枠の」キャンセル席って言えばわかるかな???

見通しがよかったり、真ん中だったりするんだ。狙ってみると楽しいかもしれないよ!!!!!

ただ、車イスゾーンパイプ椅子が設置されるような補助席になる場合もあるから、期待しすぎないでくれよな!!!!!!

お尻の平穏を祈るなら当日引換やキャンセル待ちをする日はクッションを持とう!!!

もし「キャンセル待ちすら当たらないレア価値が付加される舞台を見る自分」が好きなのであれば届かないかもしれないけど、2.5が好き!って言いたいならばシリーズの他作品ファンdisる前に少しはお勉強してほしいな。目の前に手のひらサイズ液晶もあるしね。

disられたクラスタの切実な願いだよ!!!!!!悔しい

2018-04-06

若手俳優界隈に来てちょっと経った

3、4年前からとあるひとりの俳優さんのファンをやっています

で、以下が界隈に来てちょっと経った今、お芝居・観劇のもののこと以外の「ファン活動」?について、なんとな~く掴めてきたことです。

お金

かかる。

想定外だったのは、ちょっとでも大きめの作品に出るとあるDVD!!!!!!

わりとチケ代とおんなじくらいする!!!!!

モノがモノだし当たり前だけど、これ知らなかった。でっかかったです。

あとは複ステへの疑いのなさ!

さら大丈夫な会場ならお花!!

そのうえで美容と衣料費がドン!!!

プレは分かるけどお手紙費用も実は馬鹿にならねえなあ!!!

でもたのし~~~~~!!!

ファン同士

やりようによっては全然しんどくない。

これが私のラッキーオタクたる所以。殺気立ってる人がいない。

顔がお互いに認識できる規模のオタク現場でこれは得難いことな気がしています

同担拒否ガチ恋なる人々もいると思うんですけど、なにせオフでやらかす人とかほぼ見ませんし、私にはどなたがそうだとは見当つけられませんし。

無理して仲良くなるどころか、スタンスとか信念の領域もあるので、お互い分かり合う必要全然ないんだよなーって思えるようになってから特にメンタルが無敵です。

あん名前でツイ検索とかしなければ嫌なものもみないよ!

お互いいい距離とって行こうな!

・接触

すごい。なにこれ。なんのためにあるのか知らんがすごい。

接触系のイベントやりはじめは、「こんなガチ営業しないでもいいのに;;;くやしい(?);;;」「オタクを信じないでほしい(??);;;」とか思っていました。

いまは素直にうれしいです。

でもべつに慣れたりはしない

認知

ある。

認知されたくてファンやってないけど、「いつも来てくれてほんとにありがとうございます!」とか言ってもらえたりするとだめだね。

「髪切りましたね!」(ほんとに前髪切ってた)は一生忘れられないと思う。

というか、顔とか覚えられるんだ……こんなことほんとにあるんだ……これからどうしよう……って思いました。

今も思ってます

すごいよね~~~~~~~。

ありがたいな~~~~~~。


いっぱいあると思うけど思い付きはここまでです。

この先ずっと順風満帆はいかねえだろうけどな~~~~。でもまあもう何があってもいいかな~~~。

がんばれ推し~~~~。

まともに生きてね~~~~。

2018-04-04

認知 と 顔認知

認知されているのか、されてないのか分からない話。

若手俳優厨にありがちかなぁと。まぁほかの界隈でも。

舞台仕事の兼ね合いもあり、基本は土日マチソワしか観劇できない。(主演なら全通するけどね)

接触イベントは全出席で限界までループ。プレをせっせと貢ぎ、毎回現場に行くたびに手紙を認め、

御祝花を出し、定期的に気が向いたらリプを送ってた。

そんな中で不意に思った

認知されるってなんだ?

自分から名前を名乗ったことがないし、リプ垢のアイコン自分の顔にするなんてネットなんとか的にあり得ないのでしたことがないし、

推しくんが私のことをどう認識しているのか確かめる機会がなくここまで来てしまった。

正直認知されたい!何が何でも覚えてほしい!というほどの熱意はない。

あるのかもしれないけど、あったら名乗ってると思うし。

全然通ってないであろう他のファンに比べたら違う対応をしてくれているし、

2ショットの時の表情も他の人とは違うのは分かっている。(幸いにも良い意味で違う)


でも、リプ垢や手紙プレゼントや御祝花の「私」と、

推しくんの前にいる「私」

絶対に結びついてないと思う。

目の前にいる「私」の名前知らないもんね。

結びついていないことに悲しくなる時もある。

でも名前と顔を一致してもらう術を知らないし、一致してしまったらプレを使ってくれることも、

手紙を読んでくれることも、逆にイベント対応してもらうこともなくなりそうで何もできないでいる。




カーテンコールで見つけてくれるとき、とっても幸せ

プレゼントを着てTwitter私信をくれるたびに、とっても幸せ

どちらも、「私」ってことに、推しくんが気づいてないか幸せなのかもしれない。

2018-03-26

anond:20180309223117

40代女性です。40代になってみてわかったのは普通に生きてるだけで気づけば30代から40代になってたってことです。

仕事したり家事したり、子供はいない(予定もない)ので夫と二人で淡々と生きてるよ。

アイドルが好きなのでイベント行ったりもするし、コンサートとか観劇かもたまに。

あとは小説漫画読んだり、服買ったり、ちょっといいお店で飲んだりご飯食べたり。

そんな感じです。

2018-03-21

覚書

舞台観劇 総合的には良かったな〜と思うからこそモヤった場面があったので覚書と吐き出し口として記載

ママと娘の邂逅のところ 娘の結婚(1回目)のところ どっちも容姿言及してるんだけどそれがなんとも 気分のいいものじゃなかったので

開演前に「思いっきり笑ってください!!」って力入れて言われてしまたから余計モニョ……となってしまったんだろうなと思う 容姿いじりは正直あんまり笑えねーんだわ

キャストが全員男性のため女性女装となる点 その女装がいわゆる”女性らしく”なかった点 そこを笑いに落とし込んだのは まあ よくないよなあというか いやだなあというか もしそういう切り口で傷つけられた人が今のシーンを見たらどう思うか 考えられなかったのかなあとか

笑いに対する考え方の安易さみたいなものが見えて その場面からしばらくはちょっと楽しめなかったなと

綺麗な話を書けるひとがこういうこと書いてしまうのがなんともな〜……原作読んだら変わるんだろうか

2018-03-06

ひどい舞台を観た

作品もお粗末であり客席も最悪だった

私たちは頑張ってきた過程に関してお金を払っているわけではなく、頑張って作り上げてきた結果に対して対価を支払っている。

相当な酷い出来だったのに千秋楽座長の頑張ってきたアピールに興醒めの一言。頑張ってきた過程が褒められるのは高校生文化祭の出し物までだ。過程に対してファンが対価を支払うのは勝手だけどそれに他者を巻き込まないでほしい。

まあそもそも第三者わたしには過程にすら頑張りは見受けられなかったのだが。本当にヘタクソだった。与えられた台詞を言うだけなら今の時代コンピュータだって出来る。そこで人間が演じる意味とはなんなのか。本当に芝居をやっている人たちにあまりにも失礼な出来だった。

細かくは言及しないが作者が苦言を呈するくらいには演出も最悪で、演者の一部が最悪ならば客席も最悪だった。

上演中の私語

上演中の飲食

スマホが鳴る

スマホをいじる

前のめりでの観劇

帽子を取らない

ひいては、カーテンコール中の声援

最悪の一言だった

出演者の中には毎日のように観劇マナーを守るよう発信していた人もいたのだが、彼の言葉最後まで座長ファンには届かなかったようだった。まあ、座長ファンたちは直接注意しても態度を改める気は無いようだったから仕方のないことかもしれない。

元某アイドルグループメンバーの中には素晴らしいお芝居を見せてくれる人もいる。きちんとマナーを守り観劇するファンもいる。だが、お金をとってはいけないレベルの芝居をする者も、幼稚園児以下のマナー観劇をするファンもいるし、それがあまりにも多すぎる。

二度と彼女たちが出演する作品は観に行きたくない

2018-03-05

コンスタント同人活動して、観劇ライブなどの現場にも出現する人って一体どんな仕事をしてどれだけ稼いでいるんだ…

コンテンツの終末

しがない社畜オタク女だ。

わたしうたプリが好きで、でもある時期しんどくなってしまって離れてしまった。それでもうたプリは続いていて、大好きな四ノ宮那月くんは今もみんなの前で歌って踊って、誰かの彼氏なんだろう。わたし1人離れても、たいした傷じゃないんだなと思っていた。コンテンツはそういうものだと思っていたのだ。たった1人の注ぎ込んだお金時間は小さなもので、別の人が埋めてくれるような穴なんだろうなと。

逆に、応援していたものが終わることなんて、生きてきて何回も経験した。漫画だったり小説だったり、ドラマもそう。好きなスポーツ選手引退バンド解散もあった。

全部わたしの手の届かないところで起こってて、どこか他人事のような気がして、悲しいと思いつつ何日か経てば忘れてしまって、また時間が経って「そうそう、応援してたんだよね」とか言える思い出になっていた。

ドリフェスという音楽ゲームアプリがある。

長期出張で心が本当にボロボロになった時にアニメを見てハマって、アプリも始め、手を出したことのなかった若手俳優さんの応援も始めていた。ハマって約一年。この一年が長いのか短いのかわからないけど、とにかく働いて得たお金を注ぎ込んでいた。元気をたくさんもらって、頑張ろうと何回も立ち上がる勇気をもらっていた。バンドライブしか行ったことのなかったわたしが生まれて初めてペンライトを買って、それを振って応援した。ファンレターも初めてちゃんと書いた。ドリフェスに起用されてる、俳優さんを見るために舞台チケットを初めて自分でとって、観劇に行った。初めてだらけだったけど、本当に生きている実感があった。出不精で人見知りのわたしが、こんなに人のいる場所に出て、たくさんお話ができる人もできて、夢みたいだなんて思ってた。握手とか行脚とか、今はいけないけど、勇気が出たら行きたいと思っていた、むしろ今年のささやか目標にしていた。

でもドリフェスは終わるらしい。

全く心が動いていない。

状況が飲み込めていない。

ラインツイッターも通知を切った。

知りたくない。

なにが足りなかったんだろうとしか思えない。

コンテンツは永続的なものじゃないことは知ってるはずだった。アプリアクティブユーザーが少ないこととか、ツアーの席が埋まらなかったこととか、思い当たる節は沢山あって、でもわたしなりに沢山応援していたつもりだった。わたし応援じゃ、足りなかったのだろうか。

うたプリから離れた時、誰かが埋めてくれたような小さな応援じゃ、ドリフェスというコンテンツは支えきれなかったんだろうか。

特番は観ていない。

いい知らせではないだろう。

大げさと言われればそれまでだけど、一体明日からどうやって生きていこうか?

客寄せパンダ舞台は2度と行かないと思った訳

今回私が観劇した舞台アンフェアな月について、眠れないので長くなるが感想をまとめたい。

アンフェアシリーズと言えば、やはり篠原涼子イメージが強い人が少なくないのではないかと私は思う。

今回舞台化に際して主演の雪平夏見にキャスティングされたのは篠原涼子ではなく、元AKB篠田麻里子だった。

私はドラマ版が好きだったが篠田麻里子が演じることに特に嫌悪感がある訳でもなく、原作舞台化するんだ!面白そうだなー!と思っていた。

そして、チケットを取った。

友人が私の観劇の5日ほど前に同舞台に行っていたが、感想を聞くと、まあ、面白かったよ。と微妙な反応だったのが気になってはいたが、推理サスペンス物なのでネタバレを気にしてるのかと思っていた。

しかし、いざ舞台が始まると友人の薄い反応の意味が分かった。

舞台はまるで小説を読んでいるかのような演出で、ページを繰る表現や場面説明文書合唱など魅入られるものがあった。(この合唱シーンは某自転車競技舞台を思い出させた)

演技について上から目線になってしまうのが申し訳ないが、役者の演技も緊迫した様子がストレートに伝わってくるような迫力のある表現だった。

そして、主演の篠田麻里子TVで見ていたアイドル時代の可愛らしい姿とは打って変わって、クール合理的なカッコいい雪平夏見を演じていた。そのギャップに驚いたし、好印象を持った。最初は。

しかし、物語が進むにつれて、ん?と思う部分が見え始めた。

篠田麻里子滑舌の悪さだった。

台詞も多かったが、スピードに任せたような喋り方で所々言葉が潰れ、台詞がきちんと聞き取れないことが幾度かあった。

小説を読んでいるかの様な演出からこそ、滑舌の悪さを感じる度に思考が止まってしまうのでとてもストレスに感じた。

私のよく行く界隈でも、台詞が聞き取れない事や滑舌の悪い役者はいる。贔屓目に見てもこれは…と思うこともある。

(実際、引退して米国留学した某戦隊俳優や某大手音楽タレント事務所ストイック筋肉トレーニング俳優は見返してもやばい)

けれど彼らの多くは素人なので目を瞑ろうと思う。しか彼女は人前で話す、歌うことに関して場数をこなしているはずである

稽古以前はもっと酷い状態で、指導によって改善した方なのか。

はたまた気を遣って演技指導も控えめにしたのか。

なぜこのクオリティで本番を迎えてしまったのか甚だ疑問である

加えて、後半になるにつれて台詞合唱が揃わなくなり、他の演者も噛むようになりと余計に残念な印象を受けた。

ちなみに私が観劇した日は公演9日目、翌日が大千穐楽だった。そして友人が観に来た時も噛み噛みだったらしい。

ここで一つ言っておくが、私はアイドルが嫌いなわけでは決してない。

アイドルだって演技が上手い人は素直に上手いと思う。元super girlsの前島亜美は凄かったし、乃木坂の三人姉妹は観たいと思った。

素人目に見ても役者の実力差は歴然で、篠田麻里子滑舌の悪さは悪目立ちしてしまっていた。

から私はきっと彼女はただの客寄せパンダで、制作側はこの舞台クオリティにさほど関心がないのかもしれないと考え悲しくなった。

舞台エンディングを迎え、3度目のカテコになった。ここで驚いたのがパラパラとスタオベが始まった事だ。

内心、この出来でスタオ!?ましてや大千穐楽でもないこの回にスタオ!?と思っていたので立たなかったが、周りに合わせるように立つ人も見られた。

私は、スタオベは本当に良かった、感動した、この想いを舞台上の彼らに届けたいと思うからこそのものだと思う。

そして、この舞台からそこまでのものは貰わなかった。

と、まあこれはただの個人的感想なので、とっても良かった!また続編があれば観にいきたい!と感じた人も絶対にいるはず。

これはただの感想愚痴と、明らかに客寄せパンダ舞台には近づかないぞという決意表明です。

2018-02-28

ストレス発散って???

持病があってストレス発散を進言されたが

ストレス発散のためにしたこと

ヨガ

水泳

睡眠

お香

マッサージ

・爆食

・アロマディフューザー

・酒

たばこ

サボり

ランニング

岩盤浴

カラオケ

観劇

映画

全部試してみたけどあまり効果ない。

ストレス発散ってよく言うが、何すりゃいいんだ???

2018-02-09

共演しないで

チケット譲渡交換だるいわ。キャストの中で1人でもジャニーズがいると面倒。EXILE系も同じ。

ジャニーズから、みたいに強調してくるの無理。同じキャストなんだから扱いは同じでしょ。なんでそっちのルール?に合わせて◯◯歳どこ住みって、ダルすぎそれ見てどうすんの?ジャニーズ1人いるだけでほんとダルい

チケット完売していないのに定価以上で出回らせるのも馬鹿?その馬鹿みたいな価格設定で売れると思ってるの?完売しない限り定価割れするよ。

ブラリ入りするから買い取ってっていきなりDM飛ばさないでよ。ブラリ入りだとか知ったこっちゃない。金ないなら申し込まなくていいじゃん。自分責任でしょ。いやそうじゃない人もいるけど。

EXILE名前出しちゃったけどまあそれはそれで観劇マナー理解しようともしなくて今後観劇するなって思う。ライブじゃないの、背中をしっかり背もたれにつけてよ。観えないからって前のめりで観るだなんて大迷惑。上演中も喋ってうるさい黙ってくれよ。

あーあなんで界隈が違うだけでこんなにも苦労するんだろうね。そっちから乗り込んできたっていうのに。

2018-02-08

推しの表情が忘れられない苦しさ

課金舞台に巻き込まれしまった話

色んな意味で金がかかる舞台推しが出た。ガチランキングNo.1が決まるアレ。きっとわかる人はすぐ分かると思う。

幕が上がってすぐの公演を観て、その一週間後にまた観に行った。

その一週間後に見たランキング発表の時の推しの表情がどうしても脳裏に焼き付いて離れない。

悔しそうともなんとも言えないあの表情。なんといって表現していいかからない。ただ、その表情がマイナスに触れてる感情であることはわかる。でも悔しいそうとはちょっと違うような雰囲気を持った表情。

私はその顔を忘れられない。

こんな表情をさせてしまっているのはファンの力が足りないんだ、そして私の覚悟全然ないんだって思ってしまった。

一度でいいから上の景色を見てもらえればいい、そんなことを何気なく思っていた。だってそんな強いオタクいないでしょう?

でもそんな話で済むものじゃなかったって一週間して気がついてしまった。私はあんな表情をさせたくないのにな。

その表情をさせない方法はわかってるけど、そこまでできる覚悟が圧倒的に足りなくて苦しい。そこまでする必要がある?と思ってしまうのは覚悟がないから。言い訳しか出てこない。

もう私の観劇は全て終わったのになんでこんな苦しまなきゃいけないんだろう。

2018-02-07

あんステ 大楽のゲストの件

あんステ

終わりましたね。

今作は1度も観劇していません。

なぜって推し俳優さんが演じていらっしゃるレオが出ないことがわかっていたから。

あんスタは原作もやっていて、キャラクター推しもいるのですがステはそんな面白くないので推し俳優がいないなら見なくてもいいかなと思ってました。原作ストーリー的にもレオは出ませんしね。

ところがどっこい、何の前情報もなく、突然大楽のカテコ?(見てないのでわかりません)でレオが登場して1曲歌ってファンしまくったとかそんな話がツイッターで流れてきまして。

なぜ?大楽だけ?他の公演入った人の気持ちは?

そもそも、「いない」キャラが「いる」ってどういうこと?

推しが出るなら死ぬ気でチケットとったんだけど?

推しにもファンにも失礼すぎない?

ただ登場するだけじゃダメだった?歌わないと、ファンサさせないとダメだった?

怒りというか、製作委員会への呆れというか、なんでこんな荒れるようなことするの?!っていう…腸煮えくり返りました。

これはサプライズではなくて見に行かなかった人への煽りかなんかですかね?推しファンへの煽りですよね。

文ステ、2月5日までやってくれればよかったのに。

あんステ

終わりましたね。

口パクライブなんてやらなくていいです。

もう公演もやらなくていいです。

いろんな人のことバカにしすぎ。

2018-02-05

茶の間ヅカオタ記

タカラヅカ世界に入った私がしたのは、いわゆる「会」に入ることだった。劇団非公認のジェンヌさん個人FC。噂の「会」というものがどういうものであるのか、潜入してみよう。そんな興味本位そもそもの始まりだった。

しかし前提が茶の間なのでそんなに現場に出ることは出来ない。一公演にほんの数回の観劇が精いっぱいの私にとって、「会活動」とはどんなものであったのか。未知のものとの遭遇はとてもスリリングでエキサイティングだった。好きな人の前に立って、私はあなたファンです、と合法的に言えるということにとっても興奮した。初めて勇気を出したのはある日の公演終わりの楽屋出待ちだった。急遽お稽古待ちスタイルに変更になって、私はバス時間ぎりぎりまで待機することにした。会からのお知らせでスタンバイ場所は聞いてはいものの、他の会との兼ね合いがさっぱりわからず、スタッフさんに電話で泣きついて待ち合わせてもらった。当然一番乗りだったのであれよあれよという間にお隣歩きというものをすることなった。今思い返してみてもあれは怖いもの知らずならではの蛮勇だった。今の私は機会に恵まれてもお隣を歩くことを固辞してほかの方に歩いてもらうことにしてる。あんなに恐ろしいこと、二度とする気になれない。あの時のお隣歩きは、今も大事な思い出になってる。遠くからたことをアピールする私に私の好きな人はやさしく笑って、遠くからありがとうございますと言ってくれた。幸せだった。それだけでいい。それ以上なんていらない。そう思ってその思い出を大事に抱えて一生を生きて行こう。そう思った。

無事に初めてのお稽古待ちとお隣歩きを済ませた私は、少しずつヅカオタとしてステップアップしていくことになる。

公演の入り待ち出待ち、会総見に、親睦会。現場に出られないながらも少しずつ経験を積んでいった。そしてチケットを買えないからこそ、現金を振り込んだ。タカラヅカには好きな人に直接現金を送ることができるのだ。応援するなら金をくれ。身も蓋もないシステムだけど、そこには真理しかない。現場に出られないならお金を送ればいいじゃない。ささやかな額ではあったけど、毎月決まった口座に振り込むということは「贔屓」という言葉を実感させてくれる行為だった。私の贔屓。そういうプレイを楽しんでいた。

そして大人会の入会案内が届いた。参加条件がどういうものなのかは分からなかったけれど、私に送られてくるくらいだから単に年齢のせいなのかなって思った。ただ、現場に出ることのできない私にとってお食事会というイベントはとても魅力的だけども参加が難しく、会費だけを払うことも考えたけど、それはあまりにも不相応、私の身の丈には合わないと、散々悩んで入会は見送った。大人会がどういうものであるのかを覗き見ることができるかもしれないというのはとても魅力的だったのだけれど・・・!そしてこのことが後々尾を引くことになる。

いろいろあったけど、ピークはディナーショーだった気がする。宝塚ホテルの公演はキャパが小さくて、チケット難が予めアナウンスされていた。限られたパイを分け合う時、タカラヅカではどれだけお金を出したかで分け前が決まる。そういう世界だ。知ってる。多くを出したものが欲しいものを得る権利を持つ。自明の理だ。単純なシステム。当時の私は持てるものをすべて出した。やるだけのことはした。なんとかパイの欠片は与えてもらえた。ホッとした。

そして迎える退団公演。最後からといつもは現場に出られない私も私なりにチケットを申し込んだ。初日も。千秋楽も。大劇場最後に大階段から降りてくる姿が見たい。そう思った。最後からと今まで頑なに行かなかったお茶会にも申し込んだ。他の会の方から連れて行ってほしいという申し出を受けたりもした。嬉しかった。彼女ファンということで私のことを思い出してくれる人がいるという事実が嬉しかった。実は私も初めての参加なのだとは言えなかったけれど。千秋楽には白装束と言われる全身白コーデのファッションで入り出もして、そしてフェアウェルパーティに行くんだと意気込んでた。まず最初の躓きは、フェアウェルパーティ足切りだった。FC会員なら全員参加できるものだと呑気に思い込んでいた私は冷や水を浴びせられて言葉を失った。ショックだった。条件は、大人会に入ってること、もしくは去年一年間で入出の回数が規定数を満たしていること。お金を出している人もしくは現場に出ることの出来る人、それが条件。ああ、大人会・・・!現場に出られない私にとって大人会が救済措置だったのに、私はそれを自分の手で握りつぶしていた。ショックだった。フェアウェルがどういうものなのかは噂でしか知らないけど、ファンとして最後のお別れができる場なのだととらえていた。ご本人よりもファン同士で別れを悼むという意味合いもあるのかなと思っていたので、孤高の茶の間おひとりさまの私にはハードルが高いなぁって若干尻込みはしていたんだけど、それでも最後からとぎゅっと握り拳を固めていたところだったのに。

過分なことを望んでいたんだなぁってようやく自分立場自覚した。私はお金時間も費やしていないただの茶の間なんだから現場に出ないでも楽しむことができると嘯いてたタカラヅカ世界において、一番の底辺だということを思い知らされた。卒業最後に立ち会えない、そういう人間なんだって。分かってたつもりが全然分かってなかったんだと。ファンというざっくりとした括りの中に私は含まれていないんだなって全力で拗ねた。応援してくださってありがとうファンの皆様の力が支えとなっています、そんな定型文を耳にするたび、自分に対する言葉じゃないんだって心が荒んだ。私は私の好きな人世界存在していなかった。ただ遠くから眺めるだけの人間だった。いや、それが茶の間の正しい姿だし、清く正しい茶の間であることが私の誇りだったはずだ。少しのぞき見をしてしまったばっかりに、自分が内側にいるかのような錯覚をしてしまった。大いなる錯誤。なんたる勘違い。私は大好きだけど、でも彼女の設定してる「ファン」の中に私はいない。まずはそこに立ち戻ることにしよう。

そして千秋楽チケット難のお知らせ。ここでも、今までの貢献によってチケットを配分しますとアナウンスがあった。またか。もうたくさんだ。うんざりだった。

私の中で何かが失われた瞬間だった。

もう千秋楽なんて行かなくてもいいや。白服も買わなくていいや。そうだ、だって、私、ファンじゃないんだもん。

大の字になって真っ白な天井を見ながらやけくそなことを思ったらちょっと落ち着けた。自分の出来ることをできる範囲でやるだけ。現場に出なくても楽しいことはたくさんある。それが茶の間の正しい姿。それなのに、ちょっと現場に出ると欲が出てしまった。私も何かになれるんじゃないかと思ってしまった。とんだ思い上がり。茶の間大人しく茶の間に戻るだけです。楽しかった。最後にはままならないことに泣くことになったけど、それも含めていい想い出になるんだと思う。さよなら、大好きな人。ずっと大好きな人。どうか幸せに。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん