「差異」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 差異とは

2018-08-14

おもしろブクマカ図鑑Part3

インスタが目的で何が悪いのか。カメラが趣味の男性が写真撮影が目的で旅行に行って、手段と目的が逆などと批判されたことがあるか。結局、同じ行為でも、男なら肯定され女なら否定されるという話でしかない。 - asherahのコメント / はてなブックマーク

「インスタは男排除してるぅ!だから叩かれてるぅ!男はこれだから!」

「いや、男が排除されてるからじゃなくて、インスタが目的になってるから叩かれてるんじゃないっすかね?(事実の指摘」

「インスタが目的でなにがわるいんだぁ!男は!男は!男は!」

クッソウケる

しか写真撮影とインスタの差異重要なのに見落としてるし

2018-08-06

古いエアコンから新しいエアコンに交換して思ったこ

ひょんなきっかけで、古いエアコン(2011年製)から新しいエアコン(2017年製)にアップグレードした

メーカーは同じD社で、機種のグレードも同じ程度。室内機の見た目もほとんど同じだ

新しいのは違うな〜と思ったのは


温度設定が旧機種は1℃刻みであったが、新機種は0.5℃刻み

・19℃などの低い設定温度にするとめっっちゃくちゃ冷える


まあ逆に言うと現段階ではそれぐらいしか差異を感じられていない

電気代はたぶん安くなるんだろうな

anond:20180806115122

言っている当人意識はそうかも知れないが、伝わらないし反発されるだけだと思うけど。「ミラーリング」とか言っているよね。

科学統計的差異が無いのなら女性に限り適用される特例を作るのではなくて、どちらも採用出来るルール作りをしていきましょうって話になるのが、一番穏当だと思うけど。

2018-08-03

anond:20180803155325

肉体的な差異(現状では残念ながら産めるのは女だけ)はどうしようもないけど

女が男みたいに配偶者にその辺全部丸投げして仕事にフルコミットしようとしないのは、差別の結果じゃなくてただ単に自分がそうしたくないだけだろ

人のせいにするんじゃない

anond:20180803154046

同じ扱いを受けない理由が、肉体的な差異ではなく社会的差別家事育児介護押し付けられる)によるものからだろ。

anond:20180803153300

その辺は体力的な差異によるもの、と結論付けられてたと思うが。

チェスの方が男女差が少ないのは、チェスの方が時間いから。

将棋は対局一回で体重キロだか減るくらい体力使うらしいね

anond:20180803150920

普通に肉体労働女性増えてるけど。

アファーマティブアクションというよりは、機械化が進んで肉体的な力の差異がなくなりつつあるからという面が強いだろうけど。

ほっといてもどんどん機械化は進むだろうから、どんどん女性は増えるだろう。

逆に言うと男性の職がどんどん機械女性に奪われていると言う意味でもあるんだが。

かつては知的能力が劣る男性肉体労働をすればいい、ってのがあったが

その肉体労働需要機械化が進む事で狭まっていて頭脳労働職に就けない男性仕事が無くなっている、

というのが欧米では社会問題になりつつあるとか何とかって記事をどっかで読んだな。

2018-08-02

性別職業

東京医大で、受験女性を減点していることが記事になった。これはすべての医学部で行われている。医師の男女比を見ればわかるが。普通に考えたらテストの点数を操作するなんて言語道断だろう。

男女は肉体的にも精神的にも差異があるので、職業によってそれぞれの性別による向き不向きがあると思うが、その向き不向きを無視すべきというのが現代的な考えなのだろうか。

まあ日本では担当グループ女性が含まれる方が予後が良いというデータがあるので差をつけるなら女性の方を増やすべきということになるが。

2018-08-01

ジャンル形成

ジャンル形成される場合にまず必要なのが意志である

そのジャンル足らしめようとする意志である

ここではそれぞれのジャンル本質的意味においての差異を持っているかを論じることはしない

ジャンル形成過程とそれにおいて生まれる状況というのを語ってみたい

まず第一にある一定の傾向を持つと認識される作品群が意識されそれを求めるもの、好むもの達が生じる

ここに需要が生じ供給が生まれるこの時点でこのジャンル過去に対してのそのジャンル類型の再発見ではなく二次的にジャンルのものを扱ったを作品を創出するという過程に至る

またそのジャンルという認識確立が様々な媒体社会に間接的に直接的に影響を与え、様々な領域へと拡散、浸透していくこうしてそのジャンル一定数以上の知名度を得、また一定以上領域拡散するとそこに社会文脈が生まれ

そしてそのジャンルに対しての評価が下される

このジャンルに対しての評価に大きな役割を担うのは二次的にジャンルのものを扱い創出された作品であると考えられる

それらがそのジャンル体現した存在と見られるから

そしてこの時にくだされた評価によりそのジャンル肯定する意志否定する意志が生まれ

この辺りからそのジャンルに対しての本格的な定義付け議論が生まれ

容認される領域容認されない領域の間で少しずつそのジャンル存在可能範囲が確定するようになる

少しこの部分について実例を交えて説明してみよう


例えばラノベというジャンルがあるがこれは軽薄であまり稚拙であるという評価から様々な分野から攻撃を受けており

最も厳密と思える定義の仕方で言えばレーベルという出版社から出版されているもの極めて限定的範囲に押し込められる結果となっている

それどころかラノベ小説文学にさえ含まれないと言った論調すら生まれている

このラノベに対する定義付けは一定解決を見るには至っていないそれは私見ではあるがその共通項がラノベが持つ構造により見出されたものではなく読み手側の持つ感覚により見出されたものからだと思う


次に純文学を見てみよう

こちらに対してはあまり詳しく知らないため多くを語ることはできないが語ってみる

純文学拡散を自ずのうちにやめてしまったように思える

ジャンル差別化を図り自らを自らの内に神格化したように感じる

その結果、彼らは過去に縛られ新しい作品を作る術を失ったようだ


次に私の好きなSF

SFは当初、低俗大衆文学であるとされていたようだが現在地位が向上し特に否定されるような作品ではなくなった

最近ではSF作品自体の勢いは衰えているように感じるがこれは人類に対して未知の部分の多くが失われたからだろうか?

まあ何にせよこのような全盛に比べれば少し停滞気味の状況とSFの持つ2つの特性から面白い状況が生まれ

1つ目の特性は極めてその定義けが難しいこと2つ目の特性は多くの作品に対してSF要素を見つけやすいということだ

こうしてSFを広めたいもの商業的にSFを盛り上がらさなければいけない者達は多くの他ジャンル作品群にSF的要素を見出しこれをSFだと吹聴して回るのだ例えばガルパンまどか☆マギカなどがそれに当たる私としてはアイロニーを感じてとても良いと思うが

ハードSFこそがSFだと標榜する輩にとっては不快のようだ


話を戻そうこういった様々な場所や形においてそのジャンル肯定しようとする意志とそのジャンル否定しようとする意志が衝突する

先ほどの例でも見たようにこの肯定否定には様々なレベルベクトル存在する

こうした中で生まれてくる本格的定義議論とその様々な結論によって更にこれらのジャンルは影響を受けそのジャンル本質とされる部分がクローズアップされその点が更に深められた作品群が生まれ

このような過程においてはレーベルから出版されたものラノベであるという解釈は単に便宜上そのように定めた事実を表すに過ぎず意味を持たない

この時にその作品群は本質的とされる意味の深化とともに無駄な要素が削ぎ落とされる、この過程を繰り返し最終的にそのジャンルは別の分野やジャンル侵犯する能力を失う

有り難いことにSFはこの過程が未だ生じておらず縦横無尽傍若無人にに他人の畑を荒らすことが出来るのだ

このような過程を経てジャンル一定の恒常状態に入る

この後は内的思索が主たる課題となりこの地点からの逸脱は亜型と処理される

そしてそのジャンルから失われた何にか、新しい何かを望むものはまた新しいジャンルを見出す旅に出なければならない

2018-07-31

https://anond.hatelabo.jp/20180628232404 https://anond.hatelabo.jp/20180628234201

https://anond.hatelabo.jp/20180628232404 https://anond.hatelabo.jp/20180628234201

以前、飲食店向けの予約・顧客管理システムについてお尋ねした者です。

トレタレストランボードエビソル、テーブルソリューションの4つを検討してテーブルソリューション採用することに決定しました。

振り返りにそれぞれの製品への感想を残しておきます

自社店舗要望

製品費用機能集客
エビソル ?円 サイトコントロール機能に特徴があり、飲食予約サイト管理が楽 EPARKグルメ連携しているが、EPARKグルメ集客力が非常に弱いためいまいち 
テーブルソリューション12,000円/月 ボリュームディスカウントはあるが基本的に値引きなし CTI機能特に電話自動応答機能が素晴らしい。また自社予約をプラン販売したい場合機能から考慮するとこれ一択TableCheckという予約サイトがあるが、これも集客力は弱い
トレタ(ぐるなび台帳) 3000円/月 画面もマニュアルも分かりやすい。CTI機能(トレタフォン)の性能が低い、電子レンジを使っていると使えなくなるのは困る。 契約するとぐるなびの様々なプラン無料になる、ぐるなび自体集客力も強い
レストランボード Hotpepperを契約していれば無料 非常にトレタに似ている。しかCTI機能はない。 Hotepperの集客力はぐるなびよりも強い、しか食べログには劣る。

2018-07-30

同性婚で語るに落ちた立憲民主

立憲民主党、見損なったぞ。筋を通すんじゃなかったの?

憲法9条拡大解釈と一緒じゃねーか。

同性婚と異性婚の間に、憲法記述があるか否かの差異を残す。

どうせお前ら運用が同じなら文句言うなって見下してんだろ、今まで認められてなかったから贅沢言うなって思ってんだろ、「契約書があるかないか」よりでっかい禍根を残すんじゃねーよ。

バーーカ

2018-07-29

anond:20180729093940

俺は別にゲイレズも受け入れるよ、ああそういう人なんだって

でも、

人間誰しも他人との差異認識し受け入れながら生きてるんだけど

それはゲイに限った話じゃないんだけど

そんなもんでウジウジ言ってるコイツみたいなのはク・ソ・キ・モ・イ

他人の目を気にして他人自己実現の押しつけを許容してくれない世界キラ

あん甘ったれたこと言ってる厚顔無恥なクソ野郎

2018-07-27

anond:20180727121201

んじゃあ今ジャニーズイケメン適当カズレーザー氏をラブホテルに誘えばベッドインできるかというと、「どうもそうではなさそう」ってのが直感レベルで分かるわけだ。

カズレーザー氏が何度か男性経験があったことそれ自体に嘘はないのだろう。

からといって「男性恋人対象としている」かというとNOだと思うんだよな。

それこそ、「バイ男性」っていう真正バイセクシャルみたいな定義の7割くらいのバイ

ワイはLGBTちゃうからザックリ判断してしまうと「常時バイ扱いは正しくなさそう」ってのにはおそらく合意形成できるはずだ。

そも、LGBTじゃない人に細かい分類や差異を把握しろってのがおかしい話なんだからそこはLGBT警察が手を引くべきだな。

2018-07-26

anond:20180726100213

発情の不均衡というのはセックスレスに繋がる問題ではあるのだけれども、

均衡しているカップルもいれば不均衡なカップルもいて、その男女の差異個体に属する問題なのでは無いの?

例えば「女房じゃダメだけど風俗ならOK」みたいな奴もいるわけだし。

ちょっとざっくり過ぎじゃね?

2018-07-19

つーかそもそも資本主義差異利益化し差別肯定するシステムのものなのに

それに乗っかって差別反対とか言うてるのがちゃんちゃらおかしいとしか言い様がないんだけどな

中学校の成績(順位)配布について

うちの子が通っている中学校は、これまで中間試験期末試験順位を配布していました(他の人の順位まで分かるようなものではなく、自分自身順位印刷された紙です)。

しかし、今年度に入ってから、何の説明もなしに順位の配布がなくなりました。

うちの子は上位に入ることを目標にして学習に取り組んでいましたが、今回から順位が分からなくなり、学力に対して慢心と不安が交互に襲ってくるような日々です。

「これは懇談会理由を聞かねば」と思っていたところ、こちから持ち出すまでもなく、学校から説明がありました。どうやら他の保護者からもたくさん問い合わせがあったようです。

学校側は、順位公表をやめた理由として

  1. 順位公表することで、過度な競争心をあおる心配がある。
  2. 優越感や劣等感を持ち人を見下したり、偏見差別が生まれる恐れがある。
  3. 絶対評価を行い、生徒の意欲を育てたい。

を挙げましたが、私はまったく納得がいきません。

「過度な競争心」とやらがどの程度のものを想定されているのか分かりません。

(大げさな言葉危機感を煽っているようにしか思えませんが)例えば「体調を崩すほど勉強してしまう」ようなことでしょうか?

生徒たちにとって中期的な目標となるのは高校受験です。高校受験が(少なくとも自分自身との)競争である以上は、競争心やむなし、じゃあないでしょうか。

そもそも、そこまで勉強する生徒なんていませんし、それを止めない親なら、とっくに勉強させ過ぎてるでしょうよ)

また、評価するまでもなく能力が分かるような科目、例えば

  1. 走るのが速い/遅い
  2. 泳げる/泳げない
  3. 絵がうまい/へた
  4. 歌がうまい/へた

こういったことで、人を見下している生徒がいると思いますか?

幸い(傍から見る限り)そのような子はいません。この点は先生方の日頃の指導の賜物だと思っています

(もしいるなら、そっちを先にどうにかしましょうって話だよ)

私が学校に求めているのは、「差異を隠して平等にする」ことではなく「差異個性として受け入れる」ことなんだよ。



っていう意見学校に送りつけようと思っているんだけど、印象悪くなるかな?

2018-07-16

anond:20180715224527

教員ポスト人物ではなく、純粋事務でも学生所属文系理系かで

卒業に関わる手続き的な問題がそこまで違うものなのか?

こういう事が起きたときに、わざわざ理系と明示しないと行けないほどの差異があったという話は全然いたことがない。

と思ったけど、これ言ったら頭のいい大学ではそうなんだから底辺は黙ってろと叩かれるやつなんだろうか。

2018-07-13

anond:20180713172029

ブラウザによって差異はあるけど

http://b.hatena.ne.jp/hotentry.rss

これにアクセスしてもらえばだいたいわかってもらえると思う。(アドレスはてなホッテントリRSSフィード

これが、どこか適当なページを開いて右クリックして「ソースを表示」的なものと一緒にみえるらしい。

ジュラシックパーク恐竜たちの出自についての考察

先日ジュラシックパークの最新作が全国公開された。

クリス=プラット演じる主人公活躍する新生ジュラシックパーク第二弾とも言える作品だ。

前作よりもよりホラー寄りに回帰したりラプトルとの交流が見られたりとにかく面白いので是非見て欲しい。

ちなみに僕はまだ見ていない。

前置きはさておき、ジュラシックパーク恐竜たちは一体何者かという僕独自考察をここに記しておこうと思う。

結論からいうと彼らは恐竜ではなく恐竜のようにデザインされた何かである

以降はその根拠について記述しようと思う。

そもそもジュラシックパークの”恐竜たち”はどうやって作られたのか?


ジュラシックパークファンなら勿論知っている情報だと思うがおさらいをしてみよう。

恐竜が生きていた時代には現代の蚊はすでに生息していた。

そして、その蚊たちは現代と同じように動物の血を吸っていた。

蚊が木で休んだ際に樹液に絡め取られ、恐竜の血を体内に含んだまま長い時間をかけ「琥珀」になった。

現代になり琥珀の中に閉じ込められた恐竜の血から取り出されたDNAを元に恐竜たちが生まれた。

これが定説というかジュラシックパーク第1作目で作中アニメで語られている内容だ。

かに説得力があり、当時子供だった僕はそのサイエンティックな内容に釘付けになり、よりストーリーに惹きつけられた。

しかし、これは無闇に説得力があると考えていい内容だろうか?

最新の学説での否定


このような記事がある。

恐竜DNAから復元することは不可能?(オーストラリア研究

http://karapaia.com/archives/52104981.html

まり物質は必ず劣化するものであり、恐竜DNAも例に漏れはいないということだ。

ただし、作中ではそれを予見してか、「不足しているDNAカエルのもので補っている」とも語られている。

これにより、一見して最新の学説へのアンサーとしては成り立っているように見える。

どうしてだか、僕はここに違和感を感じている。

なぜカエルなのか。なぜ進化の経路上として爬虫類鳥類よりも遠い両生類DNAを使うのか。

ヘンリー・ウー博士

パークの恐竜たちを語る上でこの人は外せない。

氏は新旧パーク双方に勤務し、実際に作中にも登場している。

いわば恐竜たちの生みの親であるパーク研究所の遺伝主任である

作中で語れられている氏の実績を大雑把に下記の通りまとめてみた。



僕が気になるのは最後の項目「恐竜のリデザイン」だ。


先に仮説を述べておくと、

インドミナスに限らず、パークの恐竜たちは全て「リデザイン」されたのではないのだろうか。

まり、形状的に模倣はされているが、必ずしも遺伝子として合致あるいは類似しているものではない。

ウー博士により作られた全く新しい生物たちである

作中のヴェロキラプトルという存在



作中のヴェロキラプトルは実際の世界ヴェロキラプトルとは違うというのは割と有名な話だとは思う。

実際のヴェロキラプトルは鶏ほどの大きさで主に小動物昆虫を餌にし、大きくてもせいぜい小型の角竜を襲うことができていたのではないかと言われる。

実際にはデイノニクスと呼ばれる馬ほどの大きさの肉食恐竜ヴェロキラプトル名前と足についている「大きな鉤爪」だけ借りて登場している。

演出のためだと言われればそれまでだが、

これは「リデザインされた恐竜に名付けた結果」と想像している。

あれだけ一作目から科学考察が作中でされているのに、そこだけ演出のために実際の世界と違えるというのは個人的には違和感だ。

冒頭アラン博士化石採集所の場面



土中にエコーを打ち込んだ後、その結果をモニターで見る場面。

一緒にモニターに現れるスケール確認できると思う。スケールには単位が表示されていないので正確には分からないが

あの同時に現れたスケールは「実際のラプトルと同じスケール」だと示唆する製作からメッセージなのではないかと考えている。

また、博士が持っているラプトルの爪は「デイノニクス」の爪としては小さすぎる気がする。

まりアラン博士はパークのラプトルラプトルとしては認識していない

少なくとも作中に出てきたパーク監視員ロバート確認するまでは認識していなかったと思う。

学者全般に言えることだと思うが、学者は全てが解明されているという前提で研究をしているものはいない。

常に新しい情報で自らをアップデートしていくため、パークでラプトルのものを見せつけられたら

パーク内で生まれラプトルは大きな個体のもの存在すると捉えるのは自然なことだと感じる。

ましてや、欠損部分をカバーしていると事前に聞いているので多少の差異覚悟しているとは思う。

ラプトルの特徴である大きな鉤爪も有しているし。

アランはきっと「我々が思っているよりラプトル整体はずっと大きかった」と思ったのではないか

羽毛恐竜


ジュラシックパーク一作目が公開された当初から、羽毛恐竜存在はほぼ定説となっていた。

それらを作中に取り入れなかった理由として単に「一般恐竜イメージが損なわれる」というものではない気がする。

どちらかというと、パークの経営的な判断として、よりイメージに近い「恐竜」を生み出して欲しいというオーダーがウー博士にされた結果、

羽毛のない恐竜になったというのが個人的スッキリ腑に落ちるところである

その極たる例としては、前述した「インドミナスレックス」が当てはまる。

あれは作中でも経営から「より恐ろしい恐竜」を依頼されたため、その通り作ったと氏自身が語っている。

モササウルス存在

(まあこれは恐竜ではないが)

作中のモササウルスだが、ものすごく巨大な生き物として描かれている。

少なく見積もっても30m以上はある。

実際に発掘されたモササウルスは18mが最大だそうだ。

水中に生息しているモササウルスの血を吸えるのか?

これも非常に疑問に思う。

原生のクジラなどと同じく極度に海中に特化した外形のため、モササウルスはその巨体故に陸上が近いと座礁してしまう。

そのため、陸に近い、蚊が発生する真水のある環境近くに接近し、蚊に吸血されてしまうとは考えづらい。

仮にされたとしてもその頻度は非常にレアなのではないだろうか。

まとめ


以上、記憶の片隅にでも残しておいてくれたら嬉しい考察である

2018-07-12

anond:20180712180759

別に責めている訳でもフェミ擁護している訳でもなく、その前に投稿で「違う」って言われたか再考察しただけだよ?

知りたかったのはなんで一見、同じ方向を向いているような人たちが微妙意見が食い違うのかが知りたかっただけ。

君は「フェミニズムの理論自体が男を攻撃しているもの」って認識

もう一人は「フェミニズムの理論自体は男を攻撃していないが、その理論悪用して攻撃している人がいる」っていう認識

男性を叩く者に対する問題を2人とも認識しているけど、そこに至る行程がちがうんだなーと言う事が良く分かった。

長々と付き合ってくれてありがとう

一応、これ以上引き延ばしても意味がないので言っておくと、

君の考えを否定はしていないよ。あくまで知りたかったのは思考差異についてだから

anond:20180712173624

うんまぁ 言い方違うけど同じ意味だねwww

君は「フェミニズム」の理論自体が「綺麗だと偽っているもの」だからそれにかかわるものは全て男性攻撃するものという感じかな?(超おおざっぱだけど)

そうであればもう一人の意見との差異がわかったよ。

スッキリしたわ

別にVRアバター一般的になったって

「こういう美少女アバターを使ってるやつはキモいおっさん」みたいな新たな差別用のレッテルが流布されて

新たな差異構成するだけだと思ってるので

容姿グレートリセットが来るみたいなこと言ってる人はちょっと冷静になったほうがいいんじゃないでしょうか

2018-07-10

自動車期間工をやっていた時と、IT派遣社員をやっていた時の心的差異

数年前に自動車期間工をやっていて、その後IT派遣社員をやった。

それぞれの心的状態差異について記す。


期間工の時: 月収20万ちょい

派遣社員の時: 月収40万〜50万


期間工の時: 自動車会社が用意する寮。一人部屋で、キッチン無し、トイレは共同

派遣社員の時: 自分契約するマンスリーマンション


仕事の期間が区切られているという点は同じなのだが、期間工の頃は「このままこの仕事を続けよう」とは夢にも思わなかった。契約期間が終わったらさっさと寮を引き払ってどこかに行くつもりでいた。

一方、派遣社員の頃は、そのような気持ちにならなかった。

心理的な負荷という点では前者の状態の方が軽い。好ましい状態だと言える。

オキシトシン効果しか

自閉スペクトラム症の症状がめちゃくちゃ改善するみたいな触れ込みで、それこそ鳴り物入りみたいな感じで臨床試験やった結果、


プラセボと効き方に差異はない


ってなんだよ。

ほとんど効かないという結果は驚きだけど、結果に対するブコメにもあった通り、そもそもASD当事者の脳のオキシトシン受容体の量が少ないのだとしたら、こういう結果になるのも無理はない。

バカに付ける薬は無かった」とか厭味ったらしいブコメがあったが、皮肉としてはまあその通りかも。


そうなるともはや、脳に過剰な作用をもたらすような、かなり強力な薬物も検討しないとダメってことになる?

例えば、「エクスタシー」とか「ラブドラッグ」なんて呼ばれてるMDMAとか?

使うと溢れんばかりの多幸感で超ハイになって、夜の営みもキマりまくるとか言われるアレだ。それを利用してPTSD治療にも使われてる国があるなんて話も聞くし、一応ASD向けにも研究はされてるらしいし。

はいえ、このクスリ日本のみならず世界中非合法化されている向精神薬な上に長期の使用で耐性がつく(=次第に同じ量じゃ効かなくなって、最後は過剰摂取死ぬ)らしいから、実用化はほど遠いだろうけどな。

てか、そんな奴いないと思うがマジでダメゼッタイだぞ?使った結果どうなっても知らんってことで。


そんな事を思いついたくらいには、残念な結果だった。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん