「特殊」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 特殊とは

2018-01-21

anond:20180121175955

そういうこと

まり何かを選択して出てくる結果は、

結果が出るまで「そうか」「そうでないか」の2つとも確かに存在している

結果が出てそれが確定するだけだ

これは恐ろしいことだが真実でもある

そしてどちらが出るのかは誰にも予想できない

不安を払拭するために確率を頼ったところで、

やはりこの「そうか」「そうでないか」の審判は人の手から離れたところに存在する

 

で、あれば人は選択をする前にこのどちらの現実も受け入れなければならない

そうしないもの絶望輪廻永遠に囚われたままだろう

 

世の中で特殊人間は例え低い確率であっても2つの結果が存在していることを知っている人間

からどれだけ低い確率であっても挑戦し続けることができる

現実奴隷」はこの2つの結果を死ぬまで認識できない

彼らの信じる現実はいつも可能性が高くてこうあるはずだという結果しかない

 

この世に奇跡必然もなく、ただ偶然だけが繰り返されている

私の妊娠出産

33歳で結婚しました。

結婚するにあたって私が主人の住む町に引っ越すことになり、職場も変わりました。

主人はすぐにも子どもを欲しがりましたが、転職したばかりということもあり、3年は働いてからにしてほしいと伝えて、主人も待ってくれました。

それから3年経ち、36歳のときに働きながら妊活を始めました。

半年ほどで妊娠、主人も私も豆粒ほどの影のくせに不思議と可愛くて可愛くて。

だけど次の検診でもその次の検診でも心拍確認出来ませんでした。

そのあとまた半年後に妊娠、今度は心拍確認出来たものの、次に行ったときには心拍は消えていました。

なにか原因があるのかもしれない、ということでいくつか検査を受けました。医者がいうには妊娠出産はいまだ未知の部分も多く、検査を受けたからといって原因がわかるかどうかは不明とのことでしたが、幸い私の場合は分かりました。

不育症でした。

妊娠はするんだけど、おなかの中で育ちづらいとのことでした。ただ、薬と注射で成長を促すことは出来るようでした。次に妊娠したらすぐに注射等開始することにしました。その時点で37歳になっていました。

その後3カ月ほどで妊娠、そのあとは毎日注射を朝晩と薬を飲みました。仕事妊娠が分かってすぐ休職しました。

その甲斐あって、順調におなかの中で育っていきました。体じゅう注射のアザだらけになっていましたが、そんなことはどうでもいいくらいに幸せでした。

そして、出産しました。39歳目前でした。

初めての出産なので通常がよくわからないんですが、なぜか赤ちゃんはすぐに連れていかれてしまいました。そのあと病室に戻って休んでいると主人が来て、赤ちゃんが念のため染色体検査を受けることになったといいました。

毎日注射と薬をがんばって、育てていたものが異常?

異常を育てるために、そうとは夢にも思わず毎日注射を打っていたのか。

心配したり喜んだりしてくれた友達には職場にはなんていえばいいんだろう。

検査結果が出るまでの三週間、絶対大丈夫、私にそんなことが起こるはずがないという思いと、赤ちゃんのそこかしこネットで調べた染色体異常の特徴を見いだしては赤ちゃんをみることすら辛いという、簡単にいえば地獄の日々を過ごしました。主人には、別れてもいいんだよとまで言ってしまいました。

そして、検査結果。

21本目が3本ありました。

そのとき、結果は望んでいたものと違いましたが、それまでの三週間の堂々巡りからやっと抜け出せたことで不思議とさっぱりした気持ちになっていました。決まってしまえば、あとはやるしかないんだ。

それからもしばらく気分の浮き沈みはあったものの、赤ちゃん笑顔を見せてくれたりするようになると、もうただただ愛おしい存在しかなくなりました。

しかに健常の子より遅い成長ではあるけれど、確実に成長するんです。

生命誕生特殊事情が生じた場合、とかくスピリチュアル感情を持って「天使赤ちゃん」だの「奇跡の子」だのと逆に特別視する親御さんも、家族の会に参加したときにいらっしゃいました。

だけど私は「私の子」だとしか思わないです。他の健常児の親御さんと変わらないと思います

たとえ障害を持って産まれてきたとしても、子どもは本当に可愛いです。

2018-01-20

シリーズ不寛容社会』0001 日本人が「ネットバッシング」を止められない理由に「日本人が元来持つ特性」があった

 日々、ネット世界悪人が仕立てあげられ、ネットバッシングネットリンチが繰り広げられている。確かに、叩かれるほうには否があり、叩くほうの意見に理がある場合が少なくない。しかし、バッシングが開始され、その流れが定まってしまうと、にわか大勢が参加し、過激さが加速度的に増していくさまは、脅威を感じるときすらある。

 『他人非難してばかりいる人たち バッシングいじめネット私刑』(岩波 明/幻冬舎)は、こういったネット住民たちの多くは一見正義派」を装っているが、目的他人を徹底的に糾弾し、傷つけ、ひねりつぶすことにあるという。

そうだとすると、なぜ、「バッシングすること自体自己目的化したバッシング」が横行しているのだろうか。本書によると、これには「世界が小さくなっていること」と「社会の変化」、そして「日本人が元来持つ特性」が関係しているという。

 まず、「世界が小さくなっている」というのは、インターネットSNSが大きな役割果たしている。“隣人”の範囲が広がりつつあると共に、個人秘密を保つことが難しくなってきている。

新しいデバイスを得たことで容易に他人の弱みにアクセスし、付け込むことができるようになった。また、匿名性が声を過激にしている。

 「社会の変化」については、社会で「コンプライアンス」が重視されるようになってきたことを挙げている。昨今の「クレーマー」は、“普通の人”や“善人”が豹変する特徴があるといわれる。

なぜか。内面的には「他人を許せない」「非難せずにはいられない」という不寛容日本人が増えてきているからだ。背景にあるのが、社会の「コンプライアンス重視」らしい。

 社会で「透明化」が推奨され、会社などで「コンプライアンス」が強調されることを、マジメな日本人は表向き良しとしている。一方で、「コンプライアンス」によって、これまでの慣行が突如「悪」として否定されることがしばしば起きている。

コンプライアンスを遵守するということは、不自由煩雑手続きを伴うということだ。ルールが細かく決まっているほど、余裕がない現場では「違反」も生じやすくなる。もちろん、コンプライアンスは遵守すべきだが、「違反」が発覚したとき他者は「自分は守っているのに」という抑圧された気持ち反動で、バッシングの火を過剰なまでに燃え上がらせる、というのだ。

 「日本人が元来持つ特性」とは、「差異に敏感」なこと。日本という島国の“閉鎖的空間”が培ったものだという。

閉鎖的な空間ではしぜんと同質集団形成され、「微妙差異に敏感」になる。たとえば、多様な民族宗教的背景を内部に持つアメリカに比べると、同質集団である日本には大きな「安心感」があるが、バックボーン価値観が似たようなものになりやすいため、すこしの異質でも排除しようとする働きが起きるのだ。

「アイツはどこか浮いている」「同期で能力はたいして差がないはずなのに、アイツだけ出世した」「あのガンダム作品好きが気に食わない」など、学校職場とかで生じる「妬み」や「憎悪」が「イジメ」や「ハラスメント」に発展しやすいのも、この日本人特性と深く結びついている、と分析している。

 以上の3つの要因が複雑に絡み合い、「ルサンチマン(常日頃から感じている悔しい思いやねたみの気持ち)」を抱えやす日本人は、攻撃できるはけ口を見つけると、ボルテージが一気に増幅。日常は抑えている攻撃的な衝動があらわになる、というわけである

 バッシングをすることによって、物質的な利益を得られるわけではない。むしろ、相当の時間エネルギーを消費してしまう。非合理的な行動なのだ

本書によると、そもそも人の行動の多くは、合理性よりも「快、不快」あるいは「好き、嫌い」の感情で左右されるものだという。攻撃的で不寛容な人たちは、自らの感情に忠実な人たちという側面も併せ持つ。

 閉ざされた狭い島国において、似たような顔をしたものどうしがお互いを監視しつつ、ほんのすこしの差異のために競い合い、憎みそねみ合っている。

私たち日本人は、こういった状況を世界的にみて特別だと気づくこと、特殊だと認めることから始めるべきではないか、と投げかけている。

https://anond.hatelabo.jp/20180120162858

https://ddnavi.com/news/270886/a/

サバゲーをやってFPSの偉大さを知った

サバゲ曖昧な所や面倒な所を、FPSなら全部コンピューターがやってくれる。

こりゃ米軍シミュレーション訓練の一部としてFPS使うのも納得だわ。

例を3つぐらい挙げると

サバゲFPS
準備フィールドや道具の確保日時調整して部屋立てて終わり
着弾判定誤魔化されたりする絶対に誤魔化せない
スポーン歩いて待機地点まで向かう自動
特殊武器の判定ルールの伝達や調整必須コンピューター勝手にやる
カメラ黒子役が頑張る試合邪魔せずどこでも見れる

凄い。

効率的すぐる。

https://anond.hatelabo.jp/20180119131222

IRカメラがあれば、後はガワだけで特殊コン相当のものが作れますよというのは熱狂ものだろう。

要するにswitchハードプレゼンなわけ。

2018-01-19

anond:20180119131222

僕が感動したのはSwitchコントローラがもともと持ってるセンサ機能を活かして、あとはソフト段ボールっていうガワだけ用意することでそういういろんな「特殊コントローラ」ができるっていうその発想の部分と、それで実際PVで出てきたいろんな動作ができるってところ。今回発表の分は僕自身は買う予定はないが(1-2-switchと似たポジションにいる)、子供がいたらそういう考えの枠をちょっと外す感じを見せられていいんじゃないかと考えると思う。

あとは任天堂があれだけで終わることはないんじゃないかなーとはちょっと思ってて、出来のいいゲームが出てくるといいですね。インディー系のゲームとかでも面白いのができるんじゃないかなって期待してる。

Nintendo LABO熱狂マジでからない

逆張りとかアンチとかじゃなくてマジわからない。

結局ゲームとして出来ることってWiiでもいろいろあった「特殊コントローラーによる微妙ゲーム」だよね。WiiザッパーとかさおコンとかWiiハンドルとか。

そのコントローラー段ボール工作することが本当にそんなに興奮ポイントか?世間はそんなに工作が好きだったのか?

子供に買い与えたい!っていうけど子供そんなに工作好きか?ゼルダとかスプラトゥーンみたいな完成度の高いちゃんとしたゲーム

差し置いて段ボール工作に夢中になるか?とてもそうは思えない。

なんか反応を見てるとソフトウェア側を自分で作れるみたいに思ってる人が散見されるけどそれはないよね。

ソフトとそれに対応するコントローラー操作は決まってる。カスタマイズの楽しみったってコントローラーのガワを工作するのが

面白ポイントと感じられる人世間にそんな一杯いるか・・?みんな工作なんて特にしてないじゃん。

煽りとかじゃなくてどういうポイント熱狂してるのかマジで教えて?

2018-01-18

人生夏休みだと言われた

医師だが現在留学中だ。

医師にとっての留学人生夏休みだと言われた。

医師という職業は残念なもので、

今の日本では、常勤で週5日、ボロボロになりながら働くより

週数日、非常勤で楽に働いた方が高給が取れる。

子供を育てながら非常勤で週数日働く方が、子供の面倒も家の家事も出来てかつ

給料もよいので、

子供や親にしわ寄せや迷惑をかけながら働くのが本当に良いのか悩んでしまう。


増田医師といっても病棟で働いているわけではなく

かなり特殊スキルや貴重な経験を積んで研究をしているので、

まぁいなければいないで日本研究は進んでいくのだろうが、

いたらいたでなにかの役には立つだろうという思いもある。

日本から当該分野の論文を出せる人間の数は現状限られている。

研究費を取って研究を回していく人材は貴重で、

それなりに何かの役には立てるだろう。


留学中だと書いたが、

一時帰国中、専業主婦のような状況になった。

昼間からベビーカーを押してスーパーに買い物に行くような状況。

一日目こそ、違和感で悶絶したものだが

数日たつうちに慣れてしまった。

慣れとは恐ろしいものだ。


どの道を選んでも、自分人生だと思う。

家をぴかぴかに掃除し、何品も食事を作り、子供幼稚園の送り迎えをするだけなら、

または非常勤給料を得るだけなら、

これまでのスキル経験のチャンスは他のだれかに譲ればよかったのかもしれない。

2018-01-17

界隈という名の同調圧力

まず、最初に断っておくが今から書く事は私個人意見であって必ずこうしろとか学級会を起こそうとかそういう気持ち微塵もない。あと語彙力も無い。

ただ単に、とある界隈のノリが合わなく逃げ出したオタクが「こんな事があったんだ」と自分確認するため、そしてこう思っている人も居ると誰かに知って欲しいそれだけです。

勢いのままに書いているので文章もちぐはぐだし何のジャンルなのかフェイクは入れるつもりだけどどこかでボロが出てしまうかもしれないのでそこは悪しからず。

私が居たジャンルはそこまで大手で賑わっている訳でもなく、それでも公式から供給は充分だし一定数のファンも居てそれなりに充実していたジャンルだった。

そこに新たなキャラクターが追加された。仮にこのキャラをAとしようわ

私はこのキャラクターに夢中になり一瞬でファンになったが、新キャラであまり情報解禁されていない事もありツイッター上でAが好きだと言う人は少なかった。

なので同じAが好きな同志に巡り会うと本当に嬉しかったし、数人しか居なかったもののA推しと繋がれて暫くは楽しかった。人数が少ない事もあり特にこれといった問題も起きず、平和にAについて語り合う日々を過ごしていた。

しかしこのAというキャラ公式がメインキャラに絡ませるために出したキャラであった。

私のいたジャンルは少し特殊で、キャラが沢山居るにも関わらずメインキャラとその周囲以外はほぼ出番無し、グッズ展開無し、イベントで少し出る程度の扱いしかされていなかった。

そんな中でメインキャラに絡ませるため出されたA。当然公式側もガンガンAを推していき、結果数ヶ月でAの人気は急上昇し公式側が出したAのファン名称を名乗る人が多くなった。

しかしやはりメインキャラの人気には到底追い付かず、「本命はメインキャラの○○だけどAも好き」と言った具合に落ち着く人が殆どであった。

それでもAがイチオシだという人も増え、私もそういった人達と新たに繋がることが出来た。ここは感謝したい。新たなAの魅力をより沢山の人と共有できるのだから

しかし、公式から供給が落ち着いてきた頃。

その時のA界隈は「Aが一番好きだと自負している人達集団で馴れ合っている」状況にあった。

こう書くと語弊を生みそうだが、実際こう言うしか無くなったのだ。

Aマジ尊い、A最高、一生Aについていく。

ここまでならいいが、その集団の中に飛び抜けて絵が上手い人が居た。

すると界隈の人間達は一斉にその絵師を持ち上げ始めたのだ。

○○さん神、結婚して、○○さんに一生ついていく。

次第にはその人がAの絵を書いたら真っ先に言うことが「○○さん素敵」。

いや素敵なのはそのイラストだろ 何で描いた本人にまず素敵って言うんだよ

言ってしまえばイラストを描いてくれる一人の絵師集団で持ち上げている。傍から見れば一種宗教にも見えて本当に気味が悪かった。

しかも、その持ち上げられていた絵師がいざ他のジャンルに移りあまりAのイラストを描かなくなったらその絵師にはもう見向きもせずまた新たな神絵師の方に集っていく。

まり奴らは「素敵な絵を描く○○さん」ではなく「素敵なAを描く○○さん」が好きなのであって、Aを描かなくなった○○さんにはもう用済みとばかりに繋がりを断ち切るのだ。

そして持ち上げている本人は、当然神と言われ悪い気はしないだろう。

どんどん調子に乗り始め、自分がA界隈の神絵師トップだと勘違いを始める。そして自分信者達を引き連れてまるで自分が一番正義だと言わんばかりに大口を叩き始めるのだ。

そんな界隈に嫌気が差した私のフォロワーは、別ジャンル移動をきっかけにアカウントを変えA界隈の人達からさっぱり繋がりを切った。

そしたらそれに気付いたA界隈の数人が「あの人に繋がりを切られた」「あの人のイラスト好きだったのに、裏切られた気分」「垢移動ってことはつまりそういうことだよね」と勝手憶測を立て完全に相手が悪だと決めつけ叩き始めた。

もう一度言うが、ただアカウントを移動しただけである。その際界隈について何か物申したりはしなかったし、単純にAの事を呟かなくなったので黙って自分が繋がりたい人のみをフォローしそっと移動した。

なのにこの言われよう。しかも叩いてる奴らは誰一人として自分が間違っていると微塵も思っていない。

怒りとかではなく、純粋に恐ろしかった。ここにはツイッター一年しか居ないのか。

更に繋がりを切られ怒り狂ってた人達、その一週間後ぐらいには「雑多垢で別ジャンルの話ばかりする人はどうかと思う」「自分の知らないジャンルでTL埋まるこっちの気持ちも考えて」とわざわざ振り分けもせず表垢で堂々と言ったのだ。

いや知らねぇよ。一週間前垢移動したフォロワー叩いてた口で何言ってんだよ。

しかしその「別ジャンルの話する人はクソ」という風潮は消えず、当時持ち上げられていた絵師は「最近Aの話する人少ないので裏垢でイラストあげますね」と遠回しに別ジャンルの話するなアピール

しか当の本人達はAの話しかしないかと言われるとそうではなくて、普通にジャンルの話もするし布教もする。別ジャンル話題でTLを埋めたりもする。

もう何が何だかと。

まるで自分のものであるかのようにTLを仕切ってるのを見て、しかしその時はまだ耐えられた。

今思うとあの時さっさと切っておけばよかったと思う。

その後公式からA単体のライブイベントが発表され、界隈は大いに盛り上がった。

しかし肝心のそのライブ、詳細を書くと特定されかねないので伏せるがキャパがとにかく少なかった。かく言う私も抽選に落ち行けなかった程だ。

しか抽選に当たった人の中では、急遽行けなくなった人もいる。ツイッター上で数件求定価でチケット譲渡ツイが見受けられ、まあそれは普通にあることだろうと私はスルーしていた。

しかし奴等は黙っていなかった。

公式規約的にどうなんだ」

そもそも転売ではないのか」

公式見てきたけど限りなくグレーに近い黒だった」

そう言ってツイ主を叩き、譲渡ツイ主は謝罪ツイートを消した。

実際私はそのへんよく分からなくてとやかく言えないが、別に本人確認も無いし求定価だし別にいいんじゃねえの?と思っていた。しかしま公式では一応禁止になってるし駄目なのかな…程度の認識

ツイ主はツイートを消したし譲渡は消えたのでこれでおしまい。そうなると思っていた。

「本当にありえない。こんなファンが当たるなら本当に行きたい人の所に当たるべき」

「一応スクショ撮った。敢えて名前は隠さない」

出演者が知ったら悲しむと思わないのかな」

からなんでそうネチネチ叩くんだよテメーらはよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

そもそも「行きたいけど行けないから行きたい人にチケット譲る」って目的譲渡出したんだろ!!!出演者が悲しむのは譲渡が起きたことじゃなくて空いた席を見る事だよ!!!ただでさえキャパ少ないんだから空いた席なんかすっげぇ目立つんだよ!!!なんなんだお前らはそもそも本人反省してツイ消ししてんのになんで名前さなスクショを堂々と上げてるんだ正義警察気取りか!?!?!?!?

耐え切れなくて私もサイレント垢移動した。今はA界隈から離れ別ジャンルに移動しぬくぬくやってる。しかしその時の出来事が衝撃的すぎて同担積極的に繋がろうという意思が消え失せてしまった。

他にもいろいろ事件はあったし語ろうとすると語り切れないのだが、一連を通して私が出した結論

「奴等はAが好きなんじゃなくAが好きな自分が好きなんだな」

だった。

自分達が楽しいはいい、ノリが合う人はノッてくれるし合わない人はそっと離れていく。

しかしノリが合わない人を集団で叩いたり別ジャンルに移動した人を急にほっぽり出したり、正義警察気取りみたいな事をしたり。

人達無意識でやっているのだろう。しかし周りからしたら痛い以外の何物でもない。

「あの界隈は怖いから近付くのやめよう」そういった認識をされないよう心掛けていきたい。少なくとも、私は。

本当に読みにくくてすみません。私の意思の1割でも伝わればいいと思っています

前の仕事場に遊びにくる女は何考えてるの?

退職して1年以上たってる女がちょくちょく遊びに来る

しかひとりじゃない

自分が見た限り遊びに来る女2人いたから知らない所でまだいると思う。

しかも好きな先輩ならまだしも自分のこと散々いびってた先輩だし。

もう顔も忘れたような先輩が凱旋してきてそれにヘコヘコしないといけないのが極めて大きなストレス

たぶんあとで頭痛かになる。

手作りお菓子かいらんのや。気持ち悪い。

手作りお菓子食わせといてお礼言わせるし。いらないつっーの。

食べなくて許されるなら食べないわ。

しかも女が赤ちゃん連れてきた時なんかもう最悪。

よく分からない人の子供なんかかわいいと思わない。

みんなはかわいいかわいい褒めるから同調圧力が半端なくて仕方なく「かわいいですね〜」っていっしょに苦笑いしなきゃいけない。

何考えてんだ。

特殊仕事場から触れると危険ものも置いてあるのに。

仕事をしてる上に赤ちゃん心配までさせないでくれ。

もちろん休憩中に来ていいつってるわけじゃないぞ、休憩中にストレッサーを視界に入れたくない。

ほんとに前の職場に遊びに来る女って何考えてるの?

anond:20180117184919

生命危険が及ぶと、最初は恐怖する。

危機感ピークに達すると、血の気が引いて、頭頂から冷たい液体がサーッと流れ出てくるのを感じる。

(多分アドレナリン関係がある脳内麻薬と予想)

 

この液体がドバドバ出てくると、

  • 恐怖が消えて冷静になる。
  • 心臓の鼓動や呼吸が速くなる。
  • 筋力、特に瞬発力が普段よりも2~3倍になる。
  • 自分でも「来た!」と分かる。
  • 闘争心も出てきて、反撃に転じることができる。

 

世の中には、どういうわけか喧嘩戦争好きな人がいるけど、生命危機が迫ると脳内麻薬が出てくることを知ってしまい、その特殊快感中毒になっているのではないだろうか?(仮説)

ジャンキーは、天然でも人工でも廃人一直線なのでやめたほうがいい。

それでも、喧嘩戦争をやりたい人は、関係ない人を巻き込まず、やりたい人たちだけでやればいい?

かっこいいオバサンの物語

https://anond.hatelabo.jp/20180116200633

かっけーおばちゃんキャラいっぱいおるやろー

と思ってひとまず10月期見た(チラ見含む)ドラマからかっこいい人挙げる(役者年齢は現在のもの

 

フジ刑事ゆがみ」主人公刑事のいる部屋のボス役職名わからん稲森いずみ(45)クールビューティー 呆れた表情で叱責されたい

日テレブラックリベンジ復讐の女・主人公 木村多江(46)ダークヒーロー感かっこいい

テレ朝相棒」今期出てるかわかんないけど片山雛子木村佳乃(41)したたか洋ドラっぽい 美彌子役仲間由紀恵はもう38か…

テレ朝科捜研の女主人公マリコ 演-沢口靖子(52)かっこよくて可愛い内藤剛志演じる土門との戦友感最高だよね

テレ朝ドクターXスーパー外科医大門未知子は演-米倉涼子(42)毎週毎週かっけえええええ!&つええええええ!してくれるね!麻酔医の内田有紀も(42)かー見えないな。前シーズン泉ピン子も強ババアでよかった

最近じゃないけどテレ朝「緊急取調室」 強行犯係→特殊捜査係と渡り歩いてきた主人公刑事 - 天海祐希(50)とか「京都地検の女」の検事鶴丸あや=名取裕子(60)も強キャリアかっこいい女主人公 テレ朝刑事ドラマ枠でこういうの多いね

TBS監獄のお姫さま」は見てないけどキャスト眺めると素敵なオバサンいっぱいでかっこいいキャラいそう)

 

あとこれ以外で最近見たやつだと

映画キングスマンゴールデンサークル」パッと見素敵なアメリカンママクレイジーサイコボスポピー様 ジュリアン・ムーア(51)かっこいいとは違う?でも笑顔サクサクぶっころすのいいよね?

映画ヘルタースケルター」の芸能事務所社長桃井かおり

米ドラ「ハウスオブカード政界の強オッサン&強オバサ祭りだ!!みんなかっこいいぞ!!

 

実写だと年配女性がもりもりと大活躍してかっこいい作品はたくさんある(というか普通にあるというか)けどアニメは少ないね漫画もあまり。何でだろうね。客層がもう全然違うんだろうね。

「年配女性アニメを見ない→客がいないか彼女年代活躍する作品があまりまれない」のか「アニメ若者(上でもせいぜい30代程度)がメインの話が多い(=アニメファン需要)→年配女性が興味を持てず離れる」のか。卵が先か鶏が先か。

以前、携帯乙女ゲー作りの話で、男性は年配の人でも「高校生くらいの年代物語」を楽しむが、女性で年配の人は若者物語敬遠する(現在自分と近い年代物語を求める)、というのを読んだけど、そう言うのも関係しているのかな。

アニオタの隣にアニオタが住んでいた件について

こんにちはアニオタです。

どちらかというと気持ち悪いほうのアニオタです。

「このアニメ、2期になって脚本が××さんになったから、いまいちオチの切れがなくなったなあ」とかいうほうのアニオタです。

で、俺は都内に住んでいる。仕事は在宅なので、家にほとんどいる状態だ。

間取りは、どこにでもあるありきたりな2LDK

マンションは、築年数が古いわりに見た目は悪くない。

ごみ捨て場所もきれいだし、少し圧迫感はあるがいい大家さんもいる。

しかし、大きな欠点ひとつ

壁が薄いのだ。

ぶっちゃけた話、場所によっては隣の家の人のくしゃみが聞こえるくらいに壁が薄い。

「あ、今箸がテーブルから落ちたな」ってレベル最近咳多いですね、というくらいには右隣に住んでるおじいさんの健康を把握できる。

これは、アニオタである俺にとっては大問題だ。

重低音バリバリスピーカー大砲の音をズドンドン響かせたり。

夜中に「らめえ…」みたいな一般人からすると幼女しか聞こえない声なんて響かせたり。

しかも、話をすると言えばAmazon配達員のお兄さんとだけの、しがない在宅ワーカー

通報されても文句は言えない。

なのでテレビは家の間取りのど真ん中、左右どちらのお宅にも接さな場所に配置してある。

そのおかげか、幸い苦情を受けることなくなんとか住み続けている。

一年ほど前、左隣の品のいい老夫婦(仲良くしていただいた。今もお元気だろうか)が新居にお引越しされて、ますますアニメ視聴は安泰になった。

これで一安心、と思っていたものの、数か月前に事件が起きた。

左隣に、人が引っ越してきたのだ。

実は、その前にも一度カップル引っ越してきたのだが、ケンカが絶えず一か月で出て行った。(すみませんが全部聞こえてました)

カップルがいなくなりほっとしていたのだが、ある日ふと隣の家の電気メーターを見るとぐるぐると回っているではないか

しかも、今回は挨拶もされていないので、誰が住んでいるともわからない。

俺は家にいるので、普通であれば一度や二度は顔を見てもいいのだが、どうもお隣さんは特殊生活リズムなのか、一度も顔を合わせるタイミングはなかった。

一度、夜中にトイレに起きた明け方四時くらいに掃除機の音がしたので、夜中に帰ってきて…という夜の世界の人なのかもしれない。

一人で住んでいるのか、話し声もまったく聞こえてこない。男女どちらかすらもわからない。

まさに、正体不明

けど、こっちにとっては久しぶりの隣人だ。

アニメの音をうるさいと思っていないだろうか。

そう不安を抱えながらも、顔を見ることもなく数か月が過ぎた。



昨日の深夜、俺は在宅ワーク作業が思うように進まず、徹夜覚悟してパソコンに向かっていた。

ぶっちゃけビールが飲みたい。すげー飲みたい。

と思いながらカタカタやっていると、隣の部屋から聞こえてくる、割とよく響く話し声。

これはもしや、初めて聞くお隣さんの声ではないか

「盗み聞きなんていかいかん」。

そう思いながらも、俺はふらふらとした足どりで壁際に向かった。

なんだよー、こんな早朝近い時間に大声でさー。勘弁してくれよー。

「必殺の…剣!」

ちょっと待て、何かがおかしい。

普通の人は、こんなこと言わないだろ。というより、このよく聞き取りやすくて、合間に重低音入りまくって何かがドシーンってなるテレビの音。

完全にアニメじゃねえか。

お隣さんも、こんな夜中にアニメ見るアニオタなのかよチクショウ…!!

よかった!!

ということで、一度も顔を見たことはないが今度廊下ですれ違ったら、がんばって声をかけてみようと思う。

これで超きれいな夜のお姉さんだったりしたら、おもしろいんだがな。

anond:20180117121814

お前やお前を取り巻く親族友人たちは熱出すとその日の夕方には熱下がる特殊人種ばかりなの?

2018-01-16

レスバトラー 帝皇虎馬(ていのう とらば)

インターネッツの急速な発展とともに、あらゆる分野に進出した汎用匿名日記「マスダー」。しかし、それはマスダ犯罪と呼ばれる新たな社会的脅威をも生み出すことになった。連続するマスダ犯罪に、はてな庁は本庁警備部内に特殊コピペ二課を創設してこれに対抗した。通称レスバトラー」の誕生である

anond:20180116105207

それは周りを知らなすぎでは?

単にシナリオライターが中心になって作られたソシャゲは、もう何本か失敗している。

最近メガテンFFシリーズシナリオライターが書いたソシャゲが開始したが、話題にもなっていない)

FGOは「周りがダメからこれがウケる」の例ではないし、そしてシナリオだけで持ってるわけでもない。

あれは周りがやってることを「やってない」からウケた作品だ。

例えばソシャゲではつきものの、ランキングイベントや対人戦など皆無だ。

極力張り付き系のイベントを少なくし、難度の調整で対応してる(これはソシャゲでは異例で、だからこそクソゲーなんて言われたりもするが)

そこまで削ぎ落としてシナリオだけ見せてるとも言える。

 

そんな事してもらえるライターなんてネームバリューなきゃ出来ないわけで、

特殊例あげてこれはストーリー評価されてますよって言ってもそりゃ無理だよ。

現にFGOだって初期のシナリオは「1イベント3分縛り」なんていう必ず戦闘を挟む制限があったくらいだからね。

これの印象が強すぎて、シナリオもクソって雑に評価してる人もいる。

そして現状でもソシャゲでの表現の仕方を四苦八苦してるよ。

こういう試行錯誤評価しないで、シナリオだけのクソゲーなんて軽々しく言うなんて、むしろシナリオライター馬鹿にしてると言えるんじゃないか

私にはとあるスキルがある

成功率一定レベル以上だ

才能と言ってもいい

しかしこのスキルの発動条件が限定的であり

スキル使用を明言すると効果がなくなるタイプのもの

また、恩恵を受けるのは広く周囲であって自分ではない

自己利益にもならずあまり得をしないスキル

微妙だなと思う

しかしもしかしたら

自分に返るような才能がむしろ特殊

世界はこんな微妙能力者の集まり

それぞれが力を使っているとしたら

そんな風に考えると、ちょっと幸せな気分になる

anond:20180116112531

あれを自分で測るには

メガシンカ状態の根元に自分で定規をくっつけて目盛りを読むという行為をしてもメガシンカ状態が解除されない」

という少々特殊趣味嗜好が必要なので、自己申告はあんまりあてにならないのだ

2018-01-15

anond:20180115215914

意識の高い高収入はてな民には特殊清掃員の方など一人もいないのでしょうね

部下にどの程度の仕事を求めていいのかわからない。

人は与えられた給与に見合う仕事をするべきで、安い給料しか出せないならそれなりの仕事しかしないことを前提に仕事を依頼すべきだと思っている。

私には部下と呼べる人間が1人いて、私の行っているやや専門性の高い仕事の一部を手伝ってもらっている。

少し特殊社内SEみたいな業務と思ってもらえばいい。

さて、その部下には年間600万円(税込み)程度の給与を支払っており、10時出勤19時退社、昼休憩1時間くらいの勤務時間で土日祝日は確実に休ませるようにしている。

休日出勤が年に2~3回あるものの、代休は取るようにさせていて、持ち帰り仕事はさせていない。

社用メールも自宅からアクセスはさせないようにしている。携帯電話の番号などはそもそも知らない。

有給取得は自由で、特段取得理由も聞かない。

職場内においては、嫌がらせなどの問題行為はなさそうだし、周りも部下に対し節度と敬意をもって接している。

抱えている課題は、部下の能力が育たない。

身に着けてほしい能力は、自分からの発案能力で、状況を調べたうえで最善と思われる業務提案することを求めているのだが、現状の分析が甘く、知識も足りないため、出てくる提案が頓珍漢なことが多い。

私の労力を教育に避ける余裕があまりない(残念ながら部下よりも労働環境は悪く日常仕事浸食されている。)。

適切な教育体制を組めないことを心苦しく思っているが、中途採用雇用して自ら技術制度的な部分を学びながら仕事をしてほしい旨を伝えている。

過去に、ある程度責任権限を持たせた仕事を任せたところ、ミスから大規模なトラブルを起こしてしまい、以降私のチェックが外せない。

最近、私の上司から私の部下に対する評価が芳しくない。

下手をすると来年くらいには首を切られる可能性がある。

私は部下に多くを望み過ぎなのだろうか?

部下はどうすべきだろうか?

私はどうすべきなのだろうか?

上記労働条件における至適な労働負荷と責任とはどの程度なのだろう?

アクアビーズ アート

6歳の姪が「アクアビーズ アート」というおもちゃで遊んでた。特殊ビーズを並べて、そのビーズにお水をかけるとそのまま並べたようにくっつくみたいな。アイロンビーズの水版みたいな。

子供が描く絵をそのままビーズアートにしたような作品を繰り出しまくる姪に何か作ってといわれ、ネットドット絵マリオを探してその絵で作ってやった。おもちゃになってるタブレットスーパーマリオランに興じてる姪っ子大喜び。もう一個作れと言われたけど、ビーズの残りが少なくて断念。ごめんな。今度ビーズ買ってやるからな。

今度と言いつつそのままアマゾンで赤いビーズ(400粒入り)とうすだいだいのビーズ(400粒入り)をポチった。400粒もどうすんねんもっと色味とか考えろと、母にどつかれた。

それにしても私が子供のころからあったんだろうか?

かい作業だけどハマった。楽しかった。

2018-01-14

花粉症のお坊さんって大変じゃない?

座禅組めるのかなー。

こんな感じのことをいつも考えてる。

一般的説明は非常に多くなってきているがやはり特殊な人からするとすべてが新鮮で怖い。

anond:20180114001756

元増田です。

Le Monde のあの記事を読むには、フランスにおける男女関係のあり方という背景を知らないと、正しく読めないなぁ、ということが、いろいろ調べてわかりました。

こちらでは、「不器用告白」と「セクハラ」の境目の曖昧さが熱心に議論されていますが、フランスにおける境目はそんなところで問題になっていません。

一応「ウザがらせる自由」と訳した liberté d'importuner ですが、辞書を引いたぐらいじゃニュアンス全然わかりません。

あるツイートに「 draguer とか séduire はokだけど、importuner は駄目」というのがありました。最初の二つは「ナンパする」とか「口説く」という意味です。

みなさんイメージされるように、フランスの男女の距離感は、日本のそれよりもずっと近いものです。ナンパすることは、男女どちらにとっても、ずっと容易なことです。

レイラスリマニの記事でも、自身が男を誘ったりしていたことがはっきり書かれています

日本ならば、ナンパ自体不快であるという人がいるでしょうがフランスでは、気に入れば付き合い、気に入らなければ振る、というそれだけのことです。

それはウザいかもしれませんが、そこを問題にしていません。だからウザがられる/ウザがらせるは、importuner ではありません。

ではdraguer, séduire と importuner の境目はどうなっているのか。ナンパがimportunerとみなされて不当に告発されることはないのか。

こうした議論ほとんど見受けられません。

なぜなら、前者でも十分近い距離感なだけに、 importuner に転んでしまうと、明白な性的侵害行為踏み込むからです。importuner とは以下のようなものです。

  • 無断での身体接触。急にキスしたり、抱きついたりする。胸やお尻に触る。
  • 直接的な性的表現女性の体を本人の前で品評したり、付き合ってもいないのに性的メッセージをいきなり送りつけたり。ツイートで挙げられていたのは「すげえ胸だな、一晩中やりまくろうぜ」といきなり声をかけられるというもの。(ヨーロッパ映画を見てると、こういうシーンがよく出てきます。本当にあちらはそんな輩が多いのでしょう)。

要するに、importuner はここで議論されているような不器用告白とかそんなものではありません。「ただイケ」でも許されない行為が importuner です。

ですから、liberté d'importuner とは、信じられないかもしれませんが、上記のような「性的侵害をする自由」です。

あの記事は、そんな自由を男に認めてやれ、というものなのです。

このとんでもない主張に賛同している人たちには、かなり特殊な性生活を公にしている方々が含まれていて、とてもフランス人女性代表するものではありません。

彼女たちの主張を噛み砕いていえば、こうです。

ちょっと触られたり、下ネタ言われたりしても、どうってことないじゃない。男の性欲はしょうがないんだから、軽くあしらうか、一緒に楽しめばいいじゃない。

それが女の性的自由よ。気に食わない相手なら、一発叩いてやればいいのよ。」

これが女性側におけるノーという自由です。

これに対してツイッターで紹介されていた記事

通りで急に抱きつかれた女性が男を引き剥がすと、逆上した男がナイフで突き刺した、というもの

これでも、ノーという自由があるのか、と。

先に、#BalanceTonPorc は攻撃的すぎる、と書きましたが、ツイッターではなく、このキャンペーンサイト匿名投稿欄を見ると、そのほとんどがレイプ、残りが未成年に対する性的行為です。

微妙セクハラ行為でっちあげているのではありません。怒るべき人が怒っているだけでした。

結論としては、日本における性的関係問題をこの記事をもとに語るのは、止めたほうがいいんじゃないか、ということです。

実は、はじめあの記事好意的に読もうとしていました。告白ハラスメントとか、おかしいと思っていますし。

ただ、後半に出てくる「痴漢にあっても、大したことないものと思ってもいい」とか「レイプされても、心は自由」とかが、

Le Monde に掲載されている記事とは信じられなくて、自分フランス語読解能力おかしくなったのかと思い、いろいろ調べだしたのです。

結果、あの記事は、穏当な言い方をするならば、私達とは別の世界に生きている人々によって書かれたものでした。何かの参考になるものではありません。

彼女たちは、不器用口説き(彼女たちだけは importuner を不器用さの結果ということにしたいのです)と本物の性的侵害区別はつく、と言っています

でも、その実、巻き込まれしま危険真剣に考えていません。大した事のないものと思っているからです。それが明白になったのが、昨日のテレビ討論会でした。

討論者は、署名者の一人、元ポルノ女優現在司会者として活躍している Brigitte Lahaie と女性の権利省の大臣 Caroline de Haas の二人。

あなた女性の性は弱いものだと思っているけど、そんなことないわ。女性性的魅力はパワーがあるの。母親は娘にそのパワーの使い方を教えてあげるべきなの」

「でも、その性的魅力のせいで、レイプされ苦しんでいる娘たちがいるのです。その人たちについてどう考えているのですか」

Lahaie は言いました。「あなたも知っていると思うけど、レイプされて感じたりすることもあるのよ」。

Haas 自身レイプ被害者でした。

大前提

(1)Unlimited Blade Worksルートをやっていれば、キャスタークズキを殺す可能性はゼロで有ることは言うまでもなくわかるはず。キャスターはこのルートでもクズキのことを自分の命より大事に思っている。

(2)まず、クズキとキャスター関係特殊キャスタールールブレイカーを使って元マスターを殺し、自力で顕現しているはぐれサーヴァント状態クズキは魔術師ではないためマスター契約もしていない。そのため、令呪のつながりがなく、キャスターにはマスターである葛木の異常を察知することが出来ない

この歪な状態を間桐臓硯に狙い撃ちにされる。

殺害の経緯。

(1)まず臓硯は柳洞寺を監視し、クズキが結界の外(学校)にいて、かつキャスターが隣町に出ているときを狙う。

(2)条件が満たされた状況で、蟲を使って魔術耐性がない葛木を蚊のような蟲で攻撃

武術においてはサーヴァント並に強いクズキだったが、蟲魔術耐性がなく、油断していたためにあっさりやられる。間桐臓硯は魔術でクズキの意識を掌握。さらに蟲がクズキの心臓と入れ替わる。つまり実質的クズキはこの時点ですでに死亡している。

(3)操られたクズキは結界内に戻り、キャスター工房破壊

(4)隣町から戻り、異常に気づいたキャスターは、クズキが操られていることを察し、彼を救おうとしてクズキを拘束した上でルールブレイカー使用する。しかし上で述べたように、すでにクズキの心臓は蟲が代替している状態ルールブレイカー使用たことにより蟲が消滅してクズキは死亡する。キャスター自身も、そしてそのタイミングでやってきた士郎セイバーも、キャスターが自らクズキを殺してしまったと誤認。

(5)直情馬鹿の上に「主君への反逆」にトラウマがあるセイバーは、瞬間的に頭が沸騰し、話も聞かずにキャスター絶対頃すモードになって襲いかかる*2。ろくな備えもなく精神的にも支えを失って自暴自棄になったキャスターはあっさりセイバーに討たれる。

(6)頭に血が登ったまんまのセイバーキャスター死体消滅確認せず立ち去ったので後々非常に厄介なことになる

2018-01-13

匿名掲示板って、住民男性であるという前提が基本だった気がする

専門板によっては話題的に女性であることが前提のところもあったと思うけど、基本的雑談が多いニュー速VIPなんJ読み手書き手男性であるという前提で成り立っていたと感じる。

一人称も「俺」「ワイ」が基本。

まあなんJ野球実況がもとになってる人たちだから当然の流れなのかもしれないけど。

書き手女性である」というのはそれだけで特殊な感じがして、鬼女メンヘラなどのイメージが強い。

匿名掲示板のようなアングラなところには男性しかいないだろうというイメージがあったのか、それとも理系男子が多いみたいな感じで初期のネットには男性が多かった流れなのか。

と、ここまで書いて質問なんだけど、いまこの文章書き手性別はどっちだと思って読んでた?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん