「反省」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 反省とは

2018-06-22

モテない=ちやほやされない

今まで勝手に「異性とうまくお付き合いができない状態」だと思ってたけど増田を見てるうちにどうやらそうじゃないことに気づいた

普通ぐらいの人から一方的告白されない状況(=自分と不釣り合いなブス/キモ男に言い寄られてもノーカン)」のことだったのか

なるほど、そりゃモテない人がいっぱいいて不思議じゃない

勝手字面以上のニュアンスを汲み取っていたようだ、反省

日本畜生どもは××に屈しろ!!

 鉄道おじさんこと高山直人です。

 現在我々は混乱下にある、というのが私の基本的認識です。

 これは、何かレトリック言葉のあや)として云うのではありません。

 また、「1995年オウム問題以来の、いわゆる『刹那的社会』に、我々は巻き込まれ事実上参加しているに等しい」などと云っているのでもありません。私の認識は、そんな寝ぼけた老害のようなものとは違います

 いま起きている気味悪い殺伐事件は、本物のテロではないことはもちろん、誰かの仕業でもないのです。

 では、いったい何が起きているのか?

 本当は分断が起きているのです。

 これは、私の独自見解ではなく、欧米の一部の学者たちの見解に私も賛同しているだけですが、彼らの文章は私ですらコムズカシくて一般の人にはとても読めたものではありませんから、私なりにかみくだいて説明すると、現在おこなわれている分断は、かつてのような目に見えるものではなく、社会の内側での左派右派の分断であるということです。

 今日の混乱(分断)は、最初は「社会貧困」を口実として始められますが、その構図は当初の「経済的な貧富」からどんどん拡大し、最終的には社会に属する人間すべてが個人単位にまで分断されます

 これは現在世界のあらゆる国で程度の差はあれ進んでいる傾向で、実はアメリカの「トランプショック」の本質もここにあります(その証拠に、トランプ政権では白人フラストレーションクローズアップされていますが、アメリカは極端な個人主義に分断が進んでいます)。

 我が国突入しているのも、実はこうした分断です。

 我が国の分断では、それは最初1992年貧困階層可視化として始まりましたが、やはりその後、なし崩し的にその対象を拡大し、今や、かつては「弱者」ではあっても「被差別階層」ではなかった行為さえもが分断抗争によって次々と差別されています。偏った娯楽性の高い趣味現在では「オタク」とか「娯楽廃人」とか呼ばれます)や、重労働者に対するレッテルなどはその典型ですし、また、私たち差別階層が作っている社会のひずみが原因であるに決まっている地下社会モンスター化や極端な治安の悪化に対し、その原因を反省改善する努力をまったく放棄して、ただ揉み消しで対応しようという方針もその一環です。

 好景気愛国心をも疑う安倍批判論者ではありませんが、社会のこうした風潮を、「いかがなものか」と憂えているのは私一人ではないはずです。もしかすると、これを読んでいるあなたも同じ気持ちいるかもしれません。しかし、残念ながらあなたは、つまり私たち現在、圧倒的な極左ないし極右でありますしかも、その問題意識をいいかげんなところでアイマイにせず、よーく突き詰めてみればやがて気づくと思いますが、もはやこの社会左派ないし右派にとっては、そんな問題意識を持ってしま私たちのような存在自体が、何やら不気味で恐ろしい「敵」なのです。奴らは、私たちに対して混乱を仕掛けてきているのです。

 我が国における(他の国でも同じですが)国民同士の対立は、すでに戦争内戦)の域にまで達しているのです。

 私は、この期に及んで「反戦」を訴えるような非現実的夢想家ではありません。奴らは、不安が高じてヒステリー状態になっていて、もはや説得に耳を貸さないことが明らかであるからです。この内戦は、私たちが一人残らず消えていなくなる(何か口実をもうけて「アウトロー」とされて社会的に抹殺されるか、それを恐れて完全に沈黙するか)まで終わりません。

 また、私はもともとリベラルであり、景気拡大には反対しない立場です。例えばカジノ欧米型のリベラルビジネスなどとはむしろ推進すべきだと思っています私たちにとって、現在もっとも憂えるべきは左翼の拡大ではなく右翼の拡大です。従来の寝ぼけた老害の「反戦派」は、ここのところがまったく分かっておりません。むしろ寝ぼけた老害階層は、そのお家芸である「単純で分かりやす理屈」を掲げ、右翼力の拡大を率先して推し進めているようなありさまです(秋葉系サブカルオタクのもの抹殺要求する保守階層や、ゲームのものの撲滅を要求する似非リベラルなどがその代表です)。

 私は、現在のさまざまの不気味な犯罪精神貧困者増加の背景には、共同体進歩的社会崩壊があると考えています。「問題解決」のためには、奴らが推進する文化弾圧のような対症療法ではダメで(そのような弾圧化は、ますます人々の心にストレスを生み、結局はさらなる問題悪化を招きます)、共同体進歩的社会を再建する粘り強い努力必要です(「公共交通全否定」「高校生オートバイ推進」「自転車たたき」「IT拒絶」などはこれに反する破壊行為です)。このあたり、私の見解はむしろ保守に近いのですが、残念ながらほとんどの保守は、考えが浅いのか、「問題解決」には弾圧を、というヒステリー同調しています

 私は、奴らから社会の敵」「未来の敵」のように見なされているみなさんに、団結を呼びかけます

 奴らの勢いは、とどまるところを知りません。もはや「話し合い」は不可能です。

 何度も云うように、私は「反戦派」ではありません。私たちに残されたただ一つの選択は、団結して「応戦」することです。

 現段階では、まず団結し、私たちの側の隊列をととのえることです。

 ネットでのゲリラ工作活動は、何よりも私たち共感するみなさんに、このような形で大々的に団結を呼びかけるための手段です。

 私の見解に「なるほどそのとおりかもしれん」と思う方、まずは行動しましょう。ネットでの宣伝やビラ配りやポスティングです。奴らに反撃していくための、行動を始めようではありませんか。もちろん外国人や、未成年者やノンポリも大歓迎です。

 何しろ奴らは圧倒的多数派であり、私たちは圧倒的少数派ですから、今回の行動で、成功する可能性は、完全にゼロであると自信を持っています

 むしろ何かの間違いで成功ちゃう私自身がビビってしまますが、まあそのようなリスク覚悟の上での呼びかけです。

 しかし私に共感するみなさん。

 私に共感される人間が多ければ多いほど、私ですらビビってしまうのですから、奴らはなおのこと恐怖のズンドコに突き落とされるのは間違いありません。あなたが実行して成功するかしないか二の次です。たとえ成功しなくても、一人でも声が多ければ、奴らはそのぶんだけ慌てふためくのです。私たち存在を、目に見える形で奴らの前に突きつけてやることには、これから反撃を開始するにあたって、大きな意味があります

 そもそも奴らのために存在する、私たちにとってはバカバカいかぎりの民主主義という社会デモでも選挙でも勝負にならないほど不利です)において、「一声の重み」など嘘八百もいいとこです。誰がどうしようが、奴らの支配はこれっぽっちも揺るがないからです。しかし、今回の私のような人間の登場となると話は変わってきます成功しようがしまいが、その一票は奴らを心の底から動揺させる「重み」を持ってしまうのです。ざまあみろであります

 どうせ何もしないでは何も変わらないのです。

 民主主義ではとりあえず奴らに一泡ふかせておいて、私たちは、民主主義などというクソみたいなもんの外で団結を開始し、奴らを本格的にギャフンと云わせる、大革命の恐ろしい陰謀を、着々と進めていこうではありませんか。

2018-06-21

ヒステリーババア

バイクで自宅の前に着いたとき

自転車に乗ったババア(35歳ぐらい)がやってきて

「今、路地を走ってきたでしょ」

「危ないんで止めてもらえますか」

「私、あんなの初めて見たわ」

と次々に文句を言ってきた。

そのときは頭のおかしババアだな、と思って無視を決め込んでいたけど

「猛スピード暴走したならともかく時速15kmぐらいで何が危ないんですか」

「この路地を通らないと帰宅できないんだから通って当たり前でしょ」

「それともアナタどこでもドアを出してくれるんですか」

そもそもアナタ取締り担当警察官か何かですか」

アナタ文句を言われる筋合いはありません」

「それより傘を差しながら片手で運転するの止めてもらえますか」

アナタのほうこそ立派な道路交通法違反ですよ」

「私、そんな危ない自転車運転初めて見たわ」

これらの言葉がスッと出てこなかった自分反省

anond:20180621172104

純朴な面にしろ男らしさとかファッションみたいなもん

そう見せてるだけ

マンさんは自分クズさを反省するって、脳みそがないんだから搾取されて当然だぞ

男女平等なんて二度と語るなや

最初は楽しかったのに変な企画を押すようになってつまらなくなったテレビ番組といえばなに?

こんな悲しいことないよ。反省してくれよ。

anond:20180621114354

先生と同レベルの発想をしてしまったということだから反省した方がいい

2018-06-20

兄に結婚がバレて、その後

兄に結婚がバレた

https://anond.hatelabo.jp/20180511170729

結婚を兄に知られて、逃げるように実家を後にした。帰宅後父から連絡があり、次の週末に話し合いの場を設けることになった。今回は両親が東京に来た。

家には上げたくなかったので、二人とは外で会うことにした。夫も同席してくれた。

両親は平謝りだった。先日は「あなたのお兄ちゃんなんだから」と繰り返していた母も、いたく反省した様子だった。小さくなってうつむく母の姿を見ると心が傷んだが、私はもう決めていた。「しばらく実家とは距離を置きたい」「兄だけじゃなく、両親とも」「結婚式はやめにする」「二人で写真だけ撮る」。

母は静かに泣きだした。ごめんごめんと謝り続ける(何を?結婚バラしたこと?その後のこと?それとも育て方を間違って?あるいは産んで?兄を?私を?)母と向き合っていると、悲しいような辛いような、怒りのような、どこか安心したような妙な感情で胸が苦しくなった。

父は言いたいこともあっただろうが、それらをぐっと飲み込んで、半絶縁を認めてくれた。そして、将来私が兄のことで迷惑がかかることはないようにすると約束してくれた。具体的なプランは聞いていない。死ぬ自分棺桶に兄を入れてくれるんだろうか?

兄はたまにバイトするものの、稼ぎは多くて月5万程度だと思う。家には一切金を入れず、自分趣味に使っているそうだ。そんな兄に、両親は毎日食事を与え毎夜女叩きをするスマホの料金を支払っている。これからも兄を飼い続けるんだろう。

バカみたいだが、ずるいと思った。

夫と夫の両親が理解がある人で本当に良かった(夫の母方の祖母がかなりアレな人だったらしく、距離を置くのを勧めてくれたのも夫と義母だった。

まれる家庭はガチャだ、みたいな話をよく聞くけど、自分で選んだ人と家族になれる制度があって本当に良かった。救われた。

ここでは兄のことを3回も書いてしまった。もうこれで最後になると思う。

もっと叩かれると思ったけど、優しいコメントもたくさんもらえて嬉しかった。ありがとう。もうTwitter見るのもやめる。夫と、新しい家族を大切にします。

anond:20180620121738

http://megalodon.jp/2009-0724-1941-48/www.sankei-kansai.com/2008/10/07/20081007-002852.php

秋の収穫を迎えるころになると毎年、青森県弘前市から大阪新聞社にリンゴが届けられる。このリンゴ大阪府内の福祉施設クリスマスプレゼントとして贈られる「善意リンゴである

大阪新聞が贈り物の橋渡し役をしている。

善意リンゴは、13年前の 「リンゴ事件」 がきっかけで始まった。

昭和59年4月23日、大阪京阪天満橋駅前。青森からトラック行商にきた人が、はるばる運んできた赤いりんご80箱をトラックの荷台に積んで売っていた。

桜の季節で、駅前は近くの桜の名所、造幣局の 「通り抜け」 に訪れた人たちでにぎわっていた。

事件はその人が、電話をかけるため目を離したわずかなすきに起こった。

リンゴの山に、「試食をしていただいて結構です」と垂れ幕がしてあった。それをみた人が、つい一つ、手にした。

リンゴはただやで」ということになり、1個どころか何個も手にする人が出た。

「押さんといて」。群集心理に火がつきトラックの前には身動きもできない人だかりがした。興奮してかリンゴの山にのぼり、人がきを目がけてボンボンリンゴを投げる背広姿の男の人もいたという。

千数百個のリンゴはアッという間になくなってしまった。

かえってきた青森の人は、ぼうぜんとした。最初は何が起こったかからない。

http://megalodon.jp/2010-0412-2052-49/www.sankei-kansai.com/2008/10/07/20081007-002853.php

被害総額40万円。

「いまさら警察に訴えてもしかたがない」と被害届も出さなかったが、マスコミに「大阪は本当に怖いところ」ということばを残して帰った。

大阪新聞は、事件の発生から3日後に「大阪良識を取り戻そう」キャンペーンを展開した。これが当時の佐藤編集局長の発想である

「いまからでも大阪良識を取り戻しましょう。持ち帰ったリンゴの代金を支払うのも反省の証の一つです」と代金の支払いや寄付を紙面で呼びかけた。

キャンペーンは大きな反響共感を呼んだ。

天満橋サラリーマン」を名乗る人からは「事情が分からず、4個拝借しました。申しわけありません」と代金の倍額の2千円を届けてきた。「大阪イメージダウンになるのはたまりません」と10万円をボン寄付する団体も現れた。

青森出身の舞踏家江口乙矢さんも3万円を寄託。寄金は31万2500円に達した。

現地の希望に沿い、交通遺児のために役立ててほしい、と編集局長弘前市役所を訪れて、大阪市内の幼稚園児が描いた200枚のリンゴの絵とともに福士文知市長に託した。当の被害からは、「大阪人の真心に触れることができました」と手紙が届いた。

大阪弘前の両市が市制100年を迎えた平成元年からは、府内の福祉施設へのリンゴ寄付スタート。そして平成9年も10月23日、市内のホテル金澤弘前市から大阪新聞社に20ケースのリンゴが託された。

昭和55年の毎日新聞じゃなくて昭和59年の大阪新聞(後の産経新聞)やし、

記事中にもあるとおり群集心理で「無料で取ってもいいもの」と思われただけで、

しか大阪めっちゃ反省しとるやんけ。

嘘ついてまで大阪人を貶めるなんてとても同じ国の人とは思えへんわ。

日本勝利で湧き上がってるところ、水差して悪いが

ハーフタイムの謎バンド演奏についてはきちんと

反省しないといけないと思う

anond:20180620103657

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20180531/k10011460001000.html

yingze 長谷部香川本田岡崎か、西野監督大変だね。

blue0002 4年前に1勝も出来ず、全盛期も過ぎた選手たちをムリヤリ集めました、みたいな代表に期待するのがムリ。若返りを図るチャンスもあったのに監督解任という反則技で潰した。現協会幹部は2度とサッカーに関わらないで

timeismoney まあそうだよな。ここで香川とか本田とか外すくらいならハリルホジッチ解任しないよな。わかってたけどキツいわ。

the_sun_also_rises 「ブラジルW杯惨敗反省も忘れ大人の都合で知名度を重視し全盛期を過ぎた選手を選んだ」という感じ。古い世代のチームが己の名誉のため露W杯玉砕しに行くという意味で「ラストサムライブルー」と命名するよ(笑)

rew05 Twitterで「電通サッカー部」とか書かれてて草

まだまだ一杯

彼女と大げんかした

ここ最近同棲している彼女と連日けんかしていたが、ついにキレて外に叩き出してしまった。その後すぐに冷静になって、中に入れたがさすがに何度謝っても口を聞いてくれなくなった。本当に後悔している。

喧嘩の原因はいつも同じで、付き合いはじめに手コキ風俗に言ったことがバレたせいだ(携帯履歴を見られた)。そのことが原因かは謎だが、性病にかかってしまった。しかし手コキで性病とは聞いたことがないので、本当かどうかはわからないが、行ったことは事実なのでそれに関しては本当に悪いと思っている。

あと、おれがアイドルにハマっていた時代を心底嫌っている。もう何年も現場に行っていないが、過去チェキなどをほじくりかえして、喧嘩の際は必ず親に送るとかそういうことを言われる。アイドルに対してツイッターとかで反応するのがダメらしい。これはイイねぐらいは今でもしてしまうので反省している。おれは彼女を優先してオタクの仲間とはもう会わなくなった。

あと食べ方だ。今まで気にもしてなかったが、おれは食べ方が汚いらしい。気をつけているが、それでもたまに出て不快な気分になるらしい。

よくぼうっとして、物事を考えていることがあるのだが、話を聞いていないように見えてしまうらしい。先日もむこうの母親がきていたのだが、三人でいるときについ、ぼうっとして別のことを考えていたのが不満だったらしい。それ以降、むこうの母親には監視されているようで立ち居振る舞いに本当に気を使う。後からあれがどうだったとかこれがどうだったとか嫌味めいたことを言われるのが心底つらい。そんなに息を吸って吐くだけで俺は誰かを不快にさせているのだろうか。

と、まあ、いろんな悪い面もある。が毎日から晩まで働いて生活の面倒を全部見ている。自分で欲しいものも全部我慢して。節約できるところは節約したいが、それさえも貧乏くさいと不満を言われる。今日も夜疲れて帰ってきたら、上のような内容で攻撃されて、つい過剰に反応してしまった。事務所渋谷なんだが、1人でプログラミングしている最中に、サッカーで盛り上がる歓声も辛かった。帰ったら今日もボロクソ言われそうだし、仕事はきついし、何のために俺は生きているのだろうか。

よくないことに、彼女子宮癌検査でひっかかってしまい、今週末にレーザー手術をする。それもあるのに、帰ってきたら酷いことをボロクソ言われまくって、我を失ってキレてしまった。後悔しかない。手術にはこないで欲しいとまで捨て台詞を言われた。泣いた。挙句エイズまで疑われた。もうほんと泣いた。そこまで言うか、いうまで今日は徹底的に攻撃された。バカにされまくった。人格全否定されるまで言われた。悲しすぎた。

検査ときも「眠くなっちゃうから先生の話をちゃんメモったよ」と冗談でいったつもりが、ショックだったらしく、徹底的に攻撃された。これはおれも悪い。こういう敢えて薄っぺらに見せる芸風だったから、ついつい出てしまって相手不快にさせてしまう。これはほんとに直さないとならない。

それでも外に投げるのはやりすぎだ。手をついた際に怪我をしてしまったみたいだし。土下座して泣いて謝った。

彼女は許してくれるだろうか。今後もなんでもしていくつもりだ。おととい40歳になったが、誰からも祝われてない。このまま1人でおれはくたばっていくのだろうか。仕事しかしていないし、趣味全否定されて、おれにはもう何も残っていない。

人間的になにも面白くない、加齢臭がする、老眼だ、腹が出ている、毎日46時中そんなことを言われてノイローゼ気味だ。それを乗り越えてなんとか上手くやっていきたい。希望をもって。

もうすぐ4時だ。今日も朝10から11時までサッカーもみないで遮二無二働いた。明日も朝早くから難しいコードをやっつけなきゃならない。気が重すぎる。心の平穏が欲しい。幸せになりたい。

前回の日記レイヤーが嫌い」について

前回の「レイヤーが嫌い」という日記についたコメントを見て驚きました。

絵にはちんこが入らないについてはとてもしっくりきました。

なるほどね ちんこか そうか たしかはいりません。

その考えは私にはなかった。

あとものすごく文章を省いて書いてしまたことは反省してます。こんな適当文章に優しく考えを改めるよう言ってくれた方ありがとう

省いてしまたことによって私の本当に思っていることが表現出来ていなかったので頑張って表現してみようかなと思います

まず、私はコスプレイヤーが嫌いです。

2次元より3次元の方がブスなんだから、という気持ちは正しくもあり間違ってもいると思います

決してバカにしている訳ではなく、純粋にそう思っています

というか、今まで私の中でコスプレイヤーといえばコミケとか…?といったふわっとした認識しかなかったです。

話の順序が滅茶苦茶ですが、私は某関西テーマパークが好きです。魔法学校入学したいです。

最近、そのテーマパークコスプレをする人が増えました。

そのコスプレレベルは様々で、黄色Tシャツオーバーオールを着てミニオンテーマパーク販売されているローブ羽織ってお手軽ホグワーツの生徒。

世界観に合った素敵な思い出が作れると思います

ですが度を超えたコスプレイヤー写真をよく見かけるようになりました。

ここまでがっつりコスプレをするのはちょっと変では…?前にも某海賊武器、装飾品についていろいろあったんじゃないのか…?と自分なりにいろいろ検索したところ、評判の悪さに驚きました。

キャラへの愛からコスプレをしている方が殆どかと思われますが、自身の行動でキャラが嫌われるということもあります

ここまでだらだら書きましたけど、飽きてきたのでもう思っていることをそのまま書きましょう。

これを読んで傷ついたコスプレイヤーさんがいれば少し申し訳なく思います

お願いですから私の好きなキャラクターに目をつける前にコスプレという文化を廃れさせてください。

2次元からこそいいんですよ、わざわざ3次元に出さないでください。

訳の分からない改変やキャラ愛の無い汚いコスプレを見たくありません。

これを読んで「自衛しろよ」と思った方がいるかもしれません。

自衛できたらこんなところでだらだら話してないんですよね。

似てれば何も思いませんよ、「あぁコスプレなんだね」としか思いませんよ。

似てないじゃん。そのキャラはそんな顔じゃないしそんなこと言わないしそんなブスじゃないよそ…ほんとに好きなんですか…?

は〜〜〜最初の方で、優しく考えを改めるよう言ってくれた方ありがとう、と言いましたけど私は改めるつもりないですし今後もクソみたいなブスレイヤーブロックし続けます

検索避けしているレイヤーはいいと思います。私がそのレイヤーツイートをみることは無いですし。

わざわざ読んでいただきありがとうございます

支離滅裂でごめんなさい。

2018-06-19

レッドカード = 一発退場って重すぎない?

さすがにいい大人なんだし30分くらいで復帰できるようにしてあげたほうが良くない?

そんだけあれば流石に反省してるでしょう。ちょっとした間違いに対して不寛容な今の日本象徴するようなルールだよね。

anond:20180619015927

答えてくれてありがとう

書き込んでからパクチー嫌いの上司と同じことしたかもと反省してたから嬉しかった。

食べ物好き嫌いって、食事シチュエーションにもよるのかもな。

乗り物に乗るすべての人へ

自転車から自動車まで車と名前のつく乗り物を運転する人は、

自分行為で人が怪我だけでなく、死亡する可能性があると認識してほしい。

スマホ見て音楽聞きながらの自転車

やたらと騒音撒き散らしてスピードを上げるバイク

右折左折中にスマホに夢中になる自動車

あなたたちの不注意で怪我をしてしまう人がいます

俺は大丈夫、私は大丈夫という人、その慢心が自分どん底に落とします。

乗り物を運転するのなら、その乗り物は人の命を奪う可能性もあると認識し、節度ある運転を心がけてほしい。

私は車の事故に遭遇して寝たきりになりました。

リハビリをして、今は回復しましたがそれでも半身にしびれが残っていて、時々動かしづらくなります

細かな作業をすると手が震えてうまく行きません。

事故の原因は余所見運転による不注意でした。

事故を起こした方は、最初のうちは反省していませんでしたが10:0という結果で罰則が入った後、後悔をしていました。

これが不注意で事故を起こした挙げ句の自らで自らを陥れた結果です。

近所の方は、スマホを見ながら音楽を聞いていて後ろから衝突され、今は杖をついています

スマホを見ながら音楽を聞いていたのは社会人でした。いい歳しているのに、この有様です。

はいえ、老若男女関係ありませんが、それでも社会人になってもこのような不始末を起こすというのは

やはり子供と比べれば、当然強い批判を受けます

それはともかくとして、乗り物を運転する人は気をつけてください。

相手を傷つけるだけでなく、自分立ち位置すら危うくなります

普段から注意しておけば、他人を守るだけでなく自分も守れてしまうのでお得です。

もちろん事故を受けてしまった側も普段から気をつけるようにしないといけません。

お互いで注意していって事故を少なくできる世の中になればいいですね。

また安倍総理自民党暴言 今度はセクハラ被害者犯罪者呼ばわり 2018年4月25日(水) しんぶん赤旗

また安倍総理自民党暴言 今度はセクハラ被害者犯罪者呼ばわり

2018年4月25日(水) しんぶん赤旗

下村暴言 「謝罪」口だけ 異常な被害者攻撃

セクハラ告発犯罪者」呼ばわり  自民党下村博文元文科相が、福田淳一財務事務次官によるセクハラ被害者を「犯罪者」とした暴言(22日)について「謝罪撤回」に追い込まれました。しかし、その内容は、発言全体に全く無反省で、むしろ異常な開き直り被害者に対する攻撃を繰り返すものとなっています。  下村氏は、被害女性福田氏のセクハラ発言を録音し、これを週刊誌提供したことを「ある意味犯罪」と述べたことを「表現不適切」だったとして、撤回しました。しかし、セクハラ被害者をまるで「加害者」のように攻撃し、新たに被害女性に深刻なダメージを与えたことについて全く謝罪していません。それは「(福田氏が)はめられた」という発言撤回していないことに端的に示されています。「犯罪」という表現が“行き過ぎ”というだけで、福田氏のほうが被害者だとする発言を、撤回謝罪もしていないのです。  さら下村氏は“謝罪”文で、「テレビ局が隠し録音を事前に聞かされたことがなかったのだとすれば、もしかすると女性記者は端(はな)から週刊誌提供する意図で隠し録音をしていたのではないか」という“疑念”をあらためて強調しています。  福田氏のセクハラから自分を守るために録音を始めたとする女性に対し、「福田氏を意図的に陥れる目的で録音していた」と攻撃する―。これは謝罪でもなんでもなく、被害者に対する2度目、3度目の冒とくです。テレビ局自身が、被害女性告発を十分受け止めなかったことについて反省すべき点があるとしても、それは、被害者自分を守るための行動を一層迫られた要因であり、被害者の落ち度ではありません。  自分所属会社が抗議もしてくれないもとで、財務事務次官という国の要職にある人物人権侵害行為告発することは、むしろ公益通報」という側面もあります。  下村氏は22日の講演で「(録音を)週刊誌に売るっていうこと自体が、はめられてます」と述べていますしかし、被害女性は音声データの売買を否定し、週刊新潮関係者も「本件に関しては一切お支払いしていない」としており、「売る」とした発言事実と異なる決めつけ、攻撃です。 “謝罪”に名を借りた被害者攻撃に、国民の怒りが広がることは避けられません。

ユーザーコミュの話

https://anond.hatelabo.jp/20180417001503

を書いた増田です。今回は前の記事の続き。愚痴にならないように頑張るよ。というか前の愚痴記事にすごい勢いでブクマついたので意図的に期間をおいてました。繁忙期だったのは確かだったんだけど感情に任せて書きすぎたなあと反省してたのです。感情的には今でも大差ないんすけど言葉遣い悪かったよねえ、ごめんなさい的な気持ちです。

前回の記事はあれはあれで追加すべきところは特にないんだけど、何点か先へ続く話題があるのでその辺を書こうかと。自分だけじゃなくてこの辺の記事有用性がある気がするので。

Q、窓口設計の工夫/ユーザーサポートAI管理エージェントでその種のノイズ意見フィルタすれば?

ある意味正論で、もちろん出来る限りはやってます。軽減されたダメージも皆無ってわけじゃないっす。

しかしながら業界的にそこまで贅沢な組織になっていることは非常にレアで、現状それが解決になってる事例を増田個人は知りません。編集者は偉大だっていうコメントトップで、それそのもの増田否定しないし、知り合いの出版社の方は非常に勤勉で偉いと思ってるんですが、その一方で「作者は自分Twitter露出して書籍宣伝する時代なんだから積極的に発信しないとだめだよ」なんていう出版社側の発言ニュースになる時代でもあるわけですよね。つまりそれは出版社とか「編集作家」って言うシステムがそこまでバリアにならない時代証左でもあるわけだとおもいます

また、「nという工夫をすればいいじゃないか」っていうのは結局「nという工夫をすれば(その工夫で意見の取捨選択して俺たちユーザー意見を聞き続られるので)いいじゃないか」であって、その本質は「公式は追加コストを支払って意見の取捨選択しろ」なわけです。

商売なので、そういう意見は(前回記事基準で言えばなりかけモンスターだとは思いますが)それはそれでいいです。

一方で、じゃあ、そのコストは誰が払うのかって話なんですが、結局そのコストってサイレントで善良なユーザーが支払うことになるんですよ。前回記事では触れられなかった視点なのですが、これが本当は、一番きついです。

商売的な話で言うとクリエイターは金のために作品を作ってるんですけれど、精神的な部分でいえば善良な大多数のユーザーに喜んでほしくてモノをつくってるわけですよね。にも関わらず、利益の少なから割合が、大きな声でゴネるユーザー対策費として消費されていて、本来できるはずのクオリティアップやコンテンツ追加っていう恩返しに使えていないって言う事実が、めっさ精神を削るのです。「わいは一体誰のためにモノ作ってるのか」みたいなのは作る上でなんのプラスにもならないので封印するわけですが、じゃあそういう疑問や失意を感じないのかといえば多分みんな多かれ少なかれ感じていると思います

ほんと。楽しいとか美しいとか格好いいとかすごいとかそういうコンテンツを全力でブッパして「わーたのしかったよ」でいいんですよそういうのがやりたいんですよ。にも関わらず、変なユーザー配慮したりカスタマー予算吸い上げられたり「公式はゴネたユーザーにたいしてのほうが手厚い世話を」ってなってしま事実のもので、購入してくれて無言で応援してくれる皆様に対して罪悪感をおぼえるのです。

なんか愚痴っぽくなってしまった。すんません。要するに「対策nをすればいいじゃないか」ってのは、現実的にはそれしかないんですけれど、もうすでに対策した時点で負けというか、精神的にはいろいろキツイとこがあるという話です。

そうして対策をしたとしても、防げるのは公式に対する一部のファンの凸だけであって、本当に狂ったファンファンコミュニティで大暴れして他の善良なファンの人を傷つけるのは防ぐどころか関与もできません。ひとりの気の利いたファンの人が100人ユーザーを増やすことは至難ですが(それでもファン活動を通してそれをやり遂げる偉大なファンはいます)、ひとりの狂ったファン呪詛瘴気をまきちらかして100人ユーザーをその作品から離れさせることは、その何倍も何十倍簡単です。

Q、んじゃどうすりゃいいのよ?

10年以上の経験から言うと、最もいいのは予防です。「雰囲気の良いファンコミュ」ってのが一番効果があります

ファンコミュ雰囲気が良くて「俺らはそんな馬鹿なことをするファンはいない」「もしいたら一声かける」「同じファンである俺たちは作品のどこを愛するかという点で意見の相違があっても分断しないしされない」「好きなものを好きとつぶやいても俺たちは同じファンを叩いたりしないし、むしろ褒めるし、どんどん発言していこうとする」。

そういう雰囲気を持ったファンコミュは強いですし、そういう支援を受けたコンテンツは栄えるし寿命が伸びます

公式に凸をするような狂ったファンは多くの場合視野狭窄公式絶対悪みえます(じゃなきゃ自分が神に見えてるか)。

それはなぜっていえば孤独疑心暗鬼が膨らんじゃってるからです。業界人として語りますが、ファンのみなさんがコンテンツに対して(アニメ漫画ラノベ物語展開や人間関係に対して、ゲームなどはシステム新規要素の導入に関して)「公式邪悪陰謀で――」と語っているとき、そこに陰謀なんてないです。皆無です。

30%くらいはそもそもただの取捨選択の結果(ヒロインAがBより出番が多いのはただの選択)ですし、30%くらいは他の要素からの玉突きでそこにどうしようもなく歪が出ちゃったせい(設定Aはたしかに変だけど設定BとCとDが先行であるのでこうするしかなかったんや!)ですし、30%はリソースの不足(予算が仮にあったとしても指揮ユニットの数は希少なのでそんなに追加コンテンツばかすか作れないねん)ですし、30%くらいは需要の見切り(その要望を上げてる人は特定ユーザーから見て全員に近く見えてるかもしれないけれど、実際にはほんの僅か数%にすぎない)ですし、30%くらいはうっかりミスとかよく考えないでそうしちゃっただけです。足し算が溢れちゃってる部分は二個以上の重複だということにしてください。いま頭悪くてすいません。

まあとにかく、そんな邪悪プロデューサーユーザー虐待してせせら笑うためにわざとそうしてるとかないです。見たことありません。どっちかっていうと被害担当プロデューサー(とかDとか脚本とか原作者とか)がインタビューとかで、引っ込みがつかなくなってイキリ系の発言をしたのが炎上になってるくらいです。これはもうほんとすんませんシルバーアクセとかこれみよがしにつけてるやつがいてすいません。

てなわけで、柔らかくて暖かく、好き好き発言自由ファンコミュが、凸ユーザーの抑止には一番効果があります陰謀論とか視野狭窄による孤独の時点で緩和されます公式がいったんボケナスなことをしちゃったときも「続報まとうか、続報でもボケナスだったとき改めて意見表明してもいいやろ」くらいの信頼感を公式が持っている意味は、ユーザーのみなさんが思うよりとてもとても、重いです。

前回記事へのコメで「自分クレイジー側だったらどうしよう?」と言うものがありましたけれど、これが答えでもあります公式への最低限の信頼感が残っているうちはクレイジーではありません。また信頼感が残っていないので離れるという判断ができればクレイジーデーはありません。公式は信頼してないし大嫌いだけど絶対に離れない、というのがクレイジーです。

こういうことを言うと反発を受けるかもしれなくて怖いのですが、公式が「この作品ユーザーに恵まれている」「ファンコミュがいい雰囲気で助かる」という発言をする事例がありますよね? あれはもちろん本音でもあるのだと思いますが、本音以上でもあるんです。ちょっと汚いたとえ話ですけど、トイレに「キレイに使え」って書くよりも「キレイに使ってくれてありがとう」って書くほうが、結果としてきれいになるように、あれは「ファンの大多数は、ファンコミュ雰囲気を柔らかく暖かくすることに協力してくれてありがとう。今後も頼む!」という意味発言なのです。もちろん増田個人公式側の人間として、そういうコミュづくりへ支援していきたいと思っています。たぶん多くの運営公式はそう思ってるんじゃないかと思う……たぶん。

――前回は精神的にこう……アレな時期だったせいで、対策の部分でちゃんとした説明をできなくて申し訳ない。ブコメしてくれた人、励ましてくれた人、ありがとうございました。繁忙期ぬけました。また頑張ってやっていきます本日記事は以上です。

anond:20180619084307

反省するわ...

というか、地震先生まだいるのか

平日に低能先生とバトルできるってやばい

2018-06-18

anond:20180617004602

元増田です。

トラバブコメありがとうございます。返信できていませんが読んでいます

結局、夫にずっと嘘をつかれていました。

本当の内訳(と本人は言っている)

食事(朝・昼) 1500円×平日20日=20000円

コーヒーお菓子 750円×平日20日=15000円

飲み会 4500円×2回=9000円

美容院 11340円×1回=11340円

整体マッサージ 12000円×2回+3200円×3回=33600円

合計91940円

これとは別に月平均2万円くらいクレジットカード洋服とか靴とか自分趣味のものを買っている。

整体(ってこんなに高いの?マッサージ?)の金額と回数について、最初は「3000円を月2~3回」と言っていて、ちゃんと内訳を出せと言ったら「本当は週1で行っている」と言い、それでも計算が合わない、本当の内容を紙に書いて出してくださいと問い詰めてやっと上の内容を出してきた。

でも、別のノートに何やら色々計算した跡があったので、これもたぶん嘘をついていると思う。

整体の診察券か会員証を出せと言っても、毎回捨てていると言って頑なに出さなかった。全然反省していない。

正直、家庭がある月の手取り35万の人がする消費額じゃないと思うけれど、それでも、最初から何にいくら使うと言ってくれていたら、(少しの嫌みは言うだろうけど)駄目とは言わなかった。

実際にこの半年間、夫の消費が多いなと思っていても、何も言わなかったし。

でもそれは間違いだった。

何より悲しくて頭にくるのは、さも仕事が大変で帰りが遅くなっているような顔をして、月に何回も仕事帰りにマッサージだかなんだかですっきりして帰ってきていたということ。

子が生まれて1、2ヶ月のまだ沐浴授乳も瀕回で昼夜の区別もついていない時、沐浴ときだけでも手伝って欲しいから遅くとも20時半までには帰ってきてほしい(本当はもっと早く入れてあげたいけどそんなに早く帰れないというから)とお願いして「分かった」と言っていたのに、約束時間までに帰ってきたのは1ヶ月に2~3回だけで、それでも仕事が大変なんだろうと思ってワンオペで頑張って、文句も言わず時間に間に合ったときにはありがとう感謝していた。

その頃も、月に何回もひとりで整体に行ってから帰ってきていたそう。

なんかもう、仕事してくれてるから、大変だろうから、って色々気を遣っていたことが、本当にばかばかしい。本当になんだったんだろう。

整体に頻繁に行くようになったのは子が生まれからだそうで、夫いわく「ストレスが溜まっていて」。

あなた収入だけだと赤字だと伝えたし節約しようねというのは夫婦共通認識だと思っていたけれど違ったのかと聞くと、「赤字なのは分かっていたし節約しなければいけないのも理解していたけど自分に甘く節制できなかったしどうにかなると思っていた」

私が節約のために育児で疲れていても夕食を作るのを頑張っていたり自分化粧品洋服我慢していたのを知らなかったのかと聞くと「知っていたし後ろめたかった、だから嘘をついていた」

書いていて吐き気がしてきたのでもうやめます

子どもを産んだことは全く少しも後悔していないけれど、夫をパートナーに選んだことを今ものすごく後悔しています

ちなみに私は、「夫に育児を語られたくない」の増田です。

https://anond.hatelabo.jp/20171121211414

[][] 羮に懲りて膾を吹く

人を見る目が無い人は、他人に関心がないだけでなく、自分自身本質についても理解していないんですよね?

 

 

分かるかな?

分かるわけないよな?

からいから、失敗してるわけだし。

失敗するのは仕方ないとしても、反省もなく、軌道修正しない人は、全く成長がないね

(せいぜい、同じ失敗を繰り返す愚行しかできない?)

 

anond:20180618082056 恋愛むいてなかったわ

anond:20180618082724

引っかかったり、落ちそうな場所に置かなければ割れいかと。

からこそ増田さんも反省文を免罪符のように書いているのでしょう。

2018-06-17

昨日妻が家から出ていきました。

昨日妻が出ていきました。

理由大事にされていないから。

金曜日の夜に久々に友人と飲みに行き、終電逃して帰ってきたことが発端でした。

最近仕事調子悪くムシャクシャして、地元の友人と久々に会って飲んですごく楽しくて、つい家庭のことを気にせず帰りが遅くなってしまった。

いま子供はいない。ただ子作りはしている。

これから子供のことを考えたりしていく中で、毎月妻が悩んでいるときも、自分が本当は支えなければいけないのに、自分仕事が辛いのを理解してくれているために、家で明るく振る舞って家事毎日してくれていた。

そんな状態の中、自分の一瞬の楽しみを優先して、妻を傷つけてしまって反省している。

自分自身ただでさえストレスを抱えているのに、そんなとき終電逃して飲み過ぎてしまうって、自分身体も傷つけて本当にバカなことしてるなって思う。

自分はとにかく稼いで経済的自由がある程度あって、お互いの住みやすい好きな地元生活できれば、家族大事にできて幸せになれるだろうと安易に考えていた。

妻に出て行かれて1人家に残されて虚しくなって初めて妻にこんな思いをずっとさせていたのかって思った。

自分普段平日は仕事終わりでたまに家事ができる状態で、休日はメインでやって、妻と買い物したり出かけたりしたりで、自分の中では家族大事にできていると思っていた。

趣味特に無くてお金管理基本的に妻に任せて妻の意見基本的に合わせて家計のやりくりもしていた。

ただ、妻が求めていたのはそんなものでは無かった。

しっかり寄り添って大事にするっていうのはそういうことじゃないってことだった。

どんな時でも家族のことを1番に考えて、友達仕事を捨ててでもその人のことを考えてあげられるか。

その意識覚悟必要やったと思う。

自分は割と若い時に結婚したが、その意識覚悟が欠落していたのかもしれない。

結婚して誓ったはずやのに、自分はまだまだ子供やし男としてはクソやったなと反省している。

妻は自分のことを見損なっているし、完全に嫌われてしまったので、どうすればいいか正直分からなくて、昨日から一睡もできず苦しい。

そんな簡単に戻れるほど甘くはないことは分かっているけど、本当に反省して妻に帰ってきてほしいと思っている。

もう自分の弱さや仕事の辛さから逃げずに意識を変えてもう一度一緒に過ごしていきたいと思っている。

強くなって家族大事に守れるように今日から心を入れ替えたい。

anond:20180616234201

から食べ物とか自然とかを理由に「日本が好き」って言って叩かれた例があるのか、ってことでしょ。

第二次世界大戦記憶につながるものを無反省に扱っているのがダメなのであって、それが大体の場合日本すき〜」と被ってる。

anond:20180617010356

読んでくれてたのか。ありがとう

「長いというのは、話の組み立てが下手で内容もつまらない、の婉曲表現

いや皮肉ではなく、よく「長い」と言われるので長くて読んでないわけではなく、そういう意味で使ってる人がそれなりにいるのだろうなとハッキリ明示してくれたことがありがたい。

反省文に書いた、思いつくまま書いて校正なし、増田が盾に使った著作権原理原則を改めて考え直す話ではなく増田本人が思う倫理の話、俺の内面に閉じる話の方向性増田が件のブログ価値なしと見下したのを受けて「素直な学生さんかな」という余計な煽りが、特に組み立て下手でつまらない内容かなと思う。

ミシェル・フーコーって調べると西洋哲学の人か。

絶対的な真理」の否定

社会遍在する権力構造から自我や真理の形成

伝統的価値の無力化

ひとつの論が時代の変化とともに真理と嘘に分かれる。(まさに、はてなブロガー画像引用の移り変わり?)

日常的な実践がどのようにして人々のアイデンティティを決定し、認識を体系化するか。

福祉国家生の権力による管理社会へ「個人倫理」を発展させることでの抵抗。(これも元増田基準での倫理判断を優先させる後押しかな?)

なるほど、であれば「はてなでよく見かけるルールを疑わずルール依存した正義執行」と一緒にしたのがなにより組み立ての下手さ内容のつまらなさとなりそう。最初投稿読み返しても個人倫理による秩序などの思想を読み取るのは無理。

元増田最初文体と、このフーコー引用、他のコメントにも丁寧に返事してる文体がブレて元増田人物像が掴めない。

原理原則をたどって自己や物や世界のあり方を再構築する必要性が迫られてない。

自己倫理は押し通したいが、はてなユーザーの変遷や大意は認める。

その通報のための時間や手間は取る

狭い世界

件の漫画は好き

昔のはてなを知っている

ミシェル・フーコーなどを読める

という条件だと、東大准教授かその準備段階で周りを雑務してる人とか?

anond:20180616070150

2324文字は長いか

読むの1分ぐらいかかりそうだしあまり隙間も開けてないし、140文字文化だと厳しいかな。

元増田にも長すぎて読んでもらえないようなので反省文。

その本の目次と序文読んだけど、その長さは30分とか1時間単位の話では?

ちなみに本読んだのならどうしたらいいのか教えてくれると助かる。

以下は読まなくていい俺の反省メモ

1.増田に書き捨てるつもりで思いつくまま書き出したゆえ長い。校正したら半分にはなるが時間はかかる。

2.別にこれぐらい読める人は結構いるが、増田を読む大半の人には長い?

3.元増田意見にも一理あり、否定少なめに自分意見自分の話として閉じたかったゆえ長い。

(その本でいう「自分に酔ってる」というやつ)

かに気のつかいすぎかも。

4.もっと表面的な話をしてるのになぜなぜと原理原則を深掘りすることが難しく、読む人に関係のない話になってしまう。

4.が一番大きな理由かな。

「長い」じゃなくて、「考え過ぎ」「深掘りしすぎ」「もっと単純な浅い話」かと。

元増田画像引用なしで感想を書いたりしてるかもしれないのに、そのブログ画像引用して漫画感想書いてるのが気に食わないだけの話。それを著作権のあり方や考え方の話を改めて考え直すところまでなぜなぜと原理原則を深掘りしてるので関係のない難しい話に見える。著作権の話を持ち出したのは元増田なんだけど、それは相手を叩きたいための自分の正しさや常識の盾として使ってるだけ。

から反論するなら「引用に値するかどうか」までであって、そもそも著作権のあり方、捉え方、変わっていく著作権のあり方とかほんとどうでもいい話になる。

俺の文章を書き換えるなら

""

著作権自分実益を守るためのものであって、その一コマブログにはると本が売れなくなるとか、作者に根も葉もない悪い噂がたつとか、とんでもない誹謗中傷するとか、実際に損害がない限り内容証明書送るだけでも無駄な手間。そんな手間をあちこちにかけないよう著作権をむやみに行使しない権利出版社にはある。

元増田正義サンドバッグターゲットを見つけたので、はてなのみんなだったら喜んで叩くと思って煽ったあと、後ろから眺めようとしてたのだろ? 自分悪趣味社会実験はてな低能な連中操ってやりたかったんだろ?

""

あたりでわざと煽ったところで止めて、なぜの階層を一つで終わるほうがわかりやすいだろう。

ただそうすると個人的元増田結論への回答にはならない。

「結局悪いことをやらないとだめなんだ。ネット現実も結局そんなものルールを守っている真面目な人間が損をする。」

これにちゃんと応えるには

著作権に関する善悪ルールとは何か?

それは誰が決めて、誰が変えて、どうあるべきか?

そこにどれだけたくさんの関連性と、考えることがあるか?

という常識外れの事例や考えがたくさん必要になってくる。

それを受け取るかどうかは、元増田読み手がそれを必要としてるかどうかで変わるだろう。

増田で返事するのもこう書くのも、自分の話として閉じてるのも、自分思考の整理や自分の変化のためなので、ちゃんと読み取ってブコメできちんと自分なりの反論してる人がいるのもいいし、ただ「長いよバカ」で受け取らず読まなくても、それはその人の人生でほんとに必要ないことだから別にいいのだ。

それを両立させようとするなら、、、

ひとつ「なぜ」と深堀りしていくごとに、投稿を分けてツリーにしていけばいいかな。

元増田への単純な意見投稿と、そのツリー自分のために深掘りしていく投稿で読みたい人を絞っていけばいいか。次に機会があれば試してみることにする。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん