「攻撃」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 攻撃とは

2021-05-08

池江選手ツイートをみて違和感持った

※この文ではまるで池江選手=アスリート代表かのように書いていますが、実際にはもっと個別具体的に検討する必要があると思います

誹謗中傷する意図ではなく、彼女ツイートを読んで無力感など感じたところの感想文です

※勢いで書いたから誤字脱字がひどい。文意メチャクチャ結論はない。

彼女お気持ち表明ツイートに同情している人が随分多くてびっくりした。

皆つい数時間前まではアスリート特権かについて非難とかしてなかったっけ?忘れるの早くない?

正直池江選手自体には同情する。彼女は、白血病を完治して復活した一連の経緯を美談化され、美談的なストーリーをもった人物政治プロパガンダの役目を負うことになったと思ってる。で、結果、今は矢面に立たされてで批判誹謗されてるんだろう。

最初だってアスリート攻撃するのはな………」とか思ってた。だって100%政治が悪いじゃん。お上無為無策無能からじゃん。だからオリンピック非難轟々の目にあっているんだよって。

でも池江さんのツイートみて、多分アスリートとかは思ってたよりも私達とは違う層にいる(つもり)なんだなって思った。

彼女の連ツイの中で「ラッキー」とか呟いたのは、なんなんだろう。なんでだろう。

ラッキーってなんだろうね。彼女オリンピック出場のチケットを手に入れた一年仕事を失ったり生活できなくなったり、コロナにかかって死んでしまった人も、遺族も、経済悪化等々のせいで苦しんでいる人達とかもいた。なるほどそれらの人々に比べたら彼女ラッキーなんだろう。

一年天国と地獄を見た人がいるのに、地獄を見た人を顧みず、自分天国だけをみて悦に浸るの、中々グロいなって思った。

・「私に反対の声を求めても、私は何も変えることができません。」

こう彼女ツイートしたけど、多分、私みたいな庶民よりは世の中を変えることはできるよ。悔しいけど、お上にとっては貴方はそれだけの「価値」がある。有象無象の私達よりもずっと価値があるものとして見られてる。

(人に価値があるとか、まるで物みたいに言うの正直あんまりきじゃないけど)

オリンピック開催のプロパンガンダの役割を担った貴方なら、例えばSNSでたった一言言うだけで世論を動かすことができる。そういうのだけでもいいから出来ないのかな。できそうなのにな。

よくアスリート契約政治発言が言えないとか言われてる。けれど今回の貴方ツイートも、「情」でコーティングされてるけど十分政治的だよ。政治的な発言できるならやってよ。

具体的になにも行動を起こしていないくせに「私は何も変えることはできません」って言われると、なんだか惨めというか無力というか。

・「私も、他の選手もきっとオリンピックがあってもなくても、決まったことは受け入れ、やるならもちろん全力で、ないなら次に向けて、頑張るだけだと思っています

順番前後したけど。ここの文章。「決まったことは受け入れ」ってなんなんだろうなー。既にオリンピック開催機運に巻き込まれている私達に対しても、「もうオリンピック決定してるからつべこべ言わず賛同して付き合えよ」って言ってるのかな。 って解釈しちゃった。

・「この暗い世の中をいち早く変えたい、そんな気持ちは皆さんと同じように強く持っています。」

え?スポーツで「今のこの状況が」本当に変わるんですか?

しかスポーツ試合とかをみて感動するかもしれない。心が明るくなるかもしれない。私だって試合観戦して感動した経験ある。

けれどそんなの刹那的一過性のものでしょ。この場合だと「スポーツをやる」以外の手段のほうが有効なはず。あんまり思いつかないけど給付金とか、雇用確保とか、協力金をちゃん支給するとか。結局見てるだけしかできない私達にとっては、オリンピックやられても一切腹の足しにならないんだから、さっさと損切りしてオリンピックに回す財源をこっちにしてほしい。世の中、変わるぞ。

・「わたしに限らず、頑張っている選手をどんな状況になっても暖かく見守っていてほしいなと思います。」

それでいて私達は選手へ労い祝うことを要求されている。けれど、祝福を要求されても、もう祝福をする気力も体力も財力もない。のにそれを求められてもね。


穿った見方をするけど、アスリート様は特権階級だから無料ワクチン優先接種してもらえるらしいし、検査毎日してもらえるらしいし、万一感染しても病院病床確保してもらえるらしいし。

それら特権享受できるうえで、さら自分のやりたいことをやれるから、このまま何も変わろうとしないでオリンピック賛成なのかなって思った。

私達だってこの一年でたくさんやりたいことができたはずなのに。






(一応再掲)

※これらの文ではまるで池江選手=アスリート代表かのように書いていますが、実際にはもっと個別具体的に検討する必要があると思います

誹謗中傷する意図ではなく、彼女ツイートを読んで無力感など感じたところの感想文でした。

※勢いで書いたから誤字脱字がひどい。文意メチャクチャ結論出なかった。

アスリートってのは結局河原乞食なんだよ

スターを気取っちゃいるが、「感動()」とかいメディアでっち上げイメージしか売り物がない虚業に過ぎんのさ。

冷静に考えてみてくれよ。

9回裏2死満塁でホームランを打ったとして、それで誰かの飢えがなくなるか?社会は便利になるか?病人は救えるのか?街に落ちてるゴミの数一つ減らないだろ?

いじめられっ子勇気を貰ってどうこうなんてお決まり大嘘があるが、生まれつき才能がある筋肉ムキムキの連中がチヤホヤされるのを通して与えられるのなんて虐める側に都合がいい優生思想の方じゃねえのか?

スポーツを通して世に振りまかされる試合で負けたやつは何をされても文句は言えないって価値観が、世の中にいる弱者に対して与えられるはずだった優しさをむしろ奪っちまってるようには思えないか

負けた奴には何をやってもいい。

勝てなきゃ意味がない。

そういった考えがパワハラを産み、モラハラとなり、そして皆で苦しめあって、弱い人間同士ですら更に弱い相手攻撃する原始時代のようなもの世界に広げているのがスポーツ実態じゃないのか?

結局スポーツマンってのは、一瞬の快楽提供した対価として金をもらっている大道芸人河原乞食一種に過ぎないのさ。

結局はスポーツメーカーテレビ宣伝に使うためのピエロだな。

ケンタッキーの前のカーネルサンダースだ。

そういや「e-sportsスポーツかどうか」っていうウンコに含まれコーンイカの骨はウンコの重さとして数えていいのかみたいなクソ議論がたまにあるが、何が違うのか俺には全く分からんね。

どっちも金の稼ぎ方は一緒だろ?

インストラクター大会賞金、器具宣伝費、広告塔としての直接契約投げ銭乞食、まあどれもこれも見事に社会を直接豊かにする実用性の面ではイマイチピンと来ないものばかりだねえ。

巨大な一大虚業業界だよ。

そんな連中が大手を振って我らこそ最も優れた人類なりって面をするのを許してきたのが、オリンピックという大間違いがここまで拗れちまった原因だよ。

現代社会よ、スポーツマンというモノの価値の低さをもう一度見つめ直したらどうかね?

anond:20210508002152

違う。ただ、たまたま注目されただけの一選手しかない。個々人を攻撃するな。言わせるな。

いじめと変わらない。

言わせたいことを言わせようとするだけなら学級裁判と変わらない。

自分の望む意見を言わせるな。代表させるな。

まさかリベラルのしわざじゃないよね…

池江璃花子SNS五輪辞退求める投稿 本人が明かす「とても苦しいです」【全文】

https://news.yahoo.co.jp/articles/423ee21719145a7a44f2f848505821f358da630a

いつも応援ありがとうございます。InstagramのダイレクトメッセージTwitterのリプライに「辞退してほしい」「反対に声をあげてほしい」などのコメントが寄せられていることを知りました。

オリンピックについて、良いメッセージもあれば、正直、今日は非常に心を痛めたメッセージもありました。この暗い世の中をいち早く変えたい、そんな気持ちは皆さんと同じように強く持っています。ですが、それを選手個人に当てるのはとても苦しいです。

オリンピック中止を求める意見自体宇都宮氏やリベラル派閥の主流と同じだし、「声をあげてほしい」という言い草リベラルをほうふつとさせる。

しかし、病気から復帰したばかりの女性選手個人につけこむ薄汚い手口はネトウヨのもの

ネトウヨリベラルのふりして攻撃しているのだろうか?

2021-05-07

anond:20210506234730

人生無理バーでは発達障害女性発達障害男性攻撃して炎上していたのを思い出すと、次のような力関係になるのではないか

健常男性 >= 健常女性 > 発達障害女性 > 発達障害男性

俺たちにも言葉の刃を握らせてくれ

拝啓ヒプノシスマイクくん。

ずっと君に伝えたかたことがある。どうか俺たちも、ラップでバトルをさせてくれないだろうか。

このことを言いたくて言いたくてずっとモヤモヤしていたので、今日匿名で吐き出せる場所をお借りして、ヒプノシスマイクくんへの思いを伝えたいと思います


ここ数日(いや数ヶ月)、ヒプノシスマイクオタク界隈はザワザワしている。バトルシーズンからだ。

今でこそ、界隈はそれなりにザワついている。けれどヒプノシスマイクくんはバトルシーズンの手始めに、高いクオリティと圧巻のパフォーマンス配信であることを生かしきった演出と、何より演じている方それぞれの魂がこもった素晴らしいライブを見せてくれた。

昨年3月コロナウイルスの影響によって配信にならざるをえなかったライブだって、もちろん素晴らしいものだった。でも今回のライブは、バトルであるという特性上「勝ちたい」という演者の方々の思いがビンビンに伝わってきて、その熱量とか気迫にグワッと心を掴まれものだった。画面越しなのに、こんなに熱くなれる、こんなに泣いて笑えるエンターテイメントがあるのか。そんな風に思わせてくれるライブだった。

この配信ではじめて聴くことになった新曲たちも、そのチームらしさが全開だったり、逆に今までにない曲調や歌詞だったり、心を鎮めないと冷静に聴けなかったり、逆に中毒になったように再生してしまったり、「待ってました!」と手を叩いて喜んだり、逆に「こんな風に来るの!?」と度肝を抜かれたり、どれも本当に最高だった。

それぞれのバトル曲も、言葉応酬と韻の踏み合いとそれぞれの信念のぶつかり合いを感じられて、どれも違う味わいながらも、たしかな満足の得られる仕上がりだったと思う。

視聴期間中、毎朝毎晩繰り返し観てもまだ足りないぐらい、プロフェッショナルによる最高のエンターテイメントを存分に味わわせてもらうことができた。関係者ご一同には、本当に頭が上がらない。早く円盤購入という形で感謝を伝えたい。

そしてここでは、観た人がどちらかのチームに一票を投じることができた。ひとつライブにつき一票。単純明快で、シンプルな仕組みだった。

「良すぎて選べない」という贅沢な悩みこそあれ、最終的に投じる票はひとつしかない以上、どちらかを選んでボタンを押すしかできなかった。

そしてこの時点で我々は、この一票が後に控えた投票形式での「一票」と同じ重みとして扱われるのかどうか知らなかった。(と、記憶している)いま思うと、それが不穏な空気前触れだったんだろう。

最高なライブの余韻の醒めないまま、現金投票券に換えてCDを積む形式のバトルが始まった。

前回のバトルでは、街からCDが消えたとか、相手チームのファンを装ったアンチ偽装工作をするとか、「〇〇のアニメイトにはもうCDがありません!」みたいな虚偽の情報が流れたりしたらしい。それは怖いな、と思っていたけれど、個人的な印象では、案外そうでもなかった。

から判明したところによると、「サイレント投票」といって、相手方に悟らせないように黙々と積むことが推奨されていたらしい。投票期間が終わると、「微力ながら〇票を投じました」というCDタワーの画像タイムラインに乱れ咲いていて、なるほどこれが令和のバトルか、と思った。

まあでも、外から見ている分には、比較的穏やかなまま過ぎていった期間だったように感じられる。

そのCD積みバトルが終わった段階で、中間発表をするのだと言われていた。

正直、なんでだろうとずっと不思議だった。戦いの火蓋が切って落とされた当時、我々は三次投票にあたる「VRバトル」の詳細を知らなかった。MAX一人6票らしい、というような情報はあったかもしれない。

とすれば、中間発表で僅差でも大差でも、ファンの母数が急激に変わらない以上、結果に大きな影響は与えられないだろうに。それなら、たくさんCDを積ませるためにライブでの投票が終わった時点でいちど結果を出せばいいのに。

不思議なことをするなあ、という疑念を抱きつつ、「VRで積めない可能性があるなら、実質CD勝負するしかない」と覚悟して積んでいる方々を見て、そういうものだろうかとアッサリ流していた。

で、中間発表があった。大差のついた戦いと、僅差の戦いと、逃げ切り/逆転を狙いたくなるような戦いがあった。(これ、あまりにも綺麗な分かれ方だったけど、ヒプノシスマイクくんの予想通りだったんだろうか)

そして中間発表と前後して、「VRでも積める」ことが判明した。しかも、一票あたりの単価が最もお得だ。(ライブはたしか四千円ぐらい、CDが二千円、VRは千円)そして、金額によって票の重みが変動することはないらしい。たぶん。

阿鼻叫喚、ってこのことか、と思った。タイムラインを眺めていると、めちゃくちゃに人間感情が乱高下していて、見ているだけで酔いそうな感覚になるほどだった。

すでに(単純計算で)十億円を超えるカネが動いていて、その上まだ、ヒプノシスマイクくんは人のカネと感情を動かすつもりらしい。

せめて少しでも巻き返したい、という気持ち

このまま圧勝したい、という気持ち

なんとか逃げ切りたかったり、猛追して逆転したかったりする気持ち

同じチームを応援する者同士の連帯感が高まる一方で、自陣への不信感を募らせたり、相手方への攻撃に転じたりする心情だってある。そして、今まで投じてきた票の意味を自問したり、疲れて何かが折れてしま気持ち

金銭によるバトルをはじめて間近で見る身として、ものすごい世界だなあと溜め息が漏れた。

中間発表の形式タイミングは、ここまできて振り返ると、それなりの合理性があったのだろう。

単に「VRも始めたからみんな観てね」って言うよりも、ずっと効果的に多くの人にアプリインストールプラットフォームへの会員登録をさせられる。

現金」や「CD」という物理空間での制約を受けない形式での投票は、よく言えばエコだし、わるく言えば金銭感覚をより麻痺させる。

中の人」を表に出して結果を発表するグロテスクだって結果的にはこの札束バトルを過熱させる要因のひとつになっている。

ごく個人的見解では、収益化のうまいコンテンツは見ていて信頼できる。そういう意味で、カネの集め方や人の心理誘導の仕方として、ヒプノシスマイクくんには一定の信頼を置いている。そのうえで、私は思うのだ。

ダッセーーーーー!!!!!

と。

ダサいあんまりにもダサい。やってることが格好悪い。ヒップホップってもっとイカした世界観じゃないのか?ここは昭和でも平成でもなくて令和、あるいはH歴じゃないのか?なんでこんなダサい商法を、君は性懲りもなく続けられるのか?答えてくれ、ヒプノシスマイクくん。

ヒップホップとか、ラップミュージック歴史にあまり明るくない人間でも、少なくともこのジャンルは「富める者によって独占されるべき音楽」ではないんじゃないか突っ込みたくなってしまう。資本主義が一番偉いから、カネや地位権力のない人間は虐げられて一生地べたに這いつくばってるべきだっていう世界に反逆できなくて、何がペンは剣よりヒプノシスマイクなんだ?教えてくれ、ヒプノシスマイクくん。

私には純粋に、それが疑問なのだコンテンツの維持にはお金必要なのは百も承知で、それでもなお、音楽(あるいは魂)の在り方と商法の相性が悪くて、これじゃああんまりにもダサいんじゃなかろうかと思ってしまうのだ。ダサすぎて仕方なくて、コンテンツとして廃れてしまうんじゃないだろうかと思って、そこに私はずっとヒヤヒヤしているのだ。


から、私は提言したい。せめて、俺たちもラップで戦わせてくれ!と。言葉がいまやマシンガンであるなら、ライムが脳漿をかき回せるなら、金銭以外のフィールドでも戦わせてくれないだろうか。

たとえば、CDを買ってシリアルコードを使って普通に投票すると、それは一票としてカウントされる。でも、リリックを添えて投票すれば、それが二票としてカウントされる。そういう仕組みはどうだろう。

こういう仕掛けなら、お金はあるけど時間のない人は、CDをたくさん買って黙々と投票すればいい。逆に、時間はあるけどお金のない人でも、リリックを練り上げることで力添えができる。今までたくさんヒプ生で学んできた知識も生かせるし、日本語母語としない人でも参加できるんじゃないだろうか。

日本語ラップ押韻判定が難しそうだけど、それを見極めるために人が雇われれば雇用の創出になるし、AI的なシステムを作ればラップの発展に貢献できるかもしれない。

今までプロとして歌詞提供してきた方々も、ひょっとしたら参戦してくれるかもしれない。それを見て、まだヒプノシスマイクに触れたことのなかったラッパーの方も、面白いと感じて参加してくれるかもしれない。総力戦である

こうなってくると、同じ「二票」になるのなら、CD二枚を買うのではなくてリリックを考えることを選択する人も出てくるだろう。演じている方への愛を伝える手段としても、体温のこもった一票を投じることができるというのは、悪い選択肢ではないはずだ。

それで、できれば、そうやって集まったリリックを選び抜いて、それを楽曲に使ってくれないだろうかと思うのだ。

それもまた、想像すら及ばないほど難しいものなんだろうということは、今まで世に出てきたヒプノシスマイク楽曲を聞いていればわかる。一連の曲の中で無駄フレーズなど一つもないほどに、リリックというのは緻密に組み上げられているのだ。

でも、たとえワンバースであっても、自分リリックが使われるかもしれないという可能性が見えていたほうが、ずっと張り合いがあるしドリームがあるじゃないかCD一枚、二千二百円に全身全霊をこめたリリックを乗せて票として投じて、それが「推し」のパンチラインになるかもしれない。そんなビッグドリームを抱けずして、何がヒプノシスマイクなのだろう。

ラップミュージックは、その人の人生を背負う音楽なのだという。だとしたらやはり、キャラクターへの愛やヒップホップへの造詣の深い人がより力を持つ投票の仕掛けとしても、リリックバトルをやってみてくれないだろうか。きっと面白いだろうから。それで盛り上がる世界を、私が見てみたいから。そんなムーブメントを巻き起こせるだけの力がヒプノシスマイクくんにはあると、私は特段の根拠もなく信じているから。

数年後には、「来たぜホンモノのDRB(絵文字) 燃やせ闘志入れてけよ気合い(絵文字) リリックバトルこれこそ新時代(絵文字)」みたいなフザけたお知らせとともに、本気でリリックバトルをブチ上げて欲しい。そういうヒプノシスマイクくんであってくれると嬉しいなと思っている、一人のファン気持ちでした。

なんだかんだ言いつつも、私はこのバトルシーズンをそれなりに楽しんでいるので、まずは今のバトルの結果を最後までキッチリ見届けたいと思います

anond:20210506230444

死ね、じゃないけどもっとすごいことを言ってる昔の人がいるので紹介するよ。

本日紹介するのはこの人、名もない遊女さんです。

平安末期、貴族社会が本気で危機に瀕する中、後白河法皇によって編まれ世紀末ベストアルバム梁塵秘抄からセレクションだ。

我を頼めて来ぬ男

角三つ生ひたる鬼になれ さて人に疎まれ

霜雪霰降る水田の鳥となれ さて足冷たか

他の浮草となりとなりねかし と揺りかう揺り揺られ歩け

ストレートかつ強烈な怨念ソングだね。

まず対象となる相手を「男」と読んだ和歌が少ないことからもこの今様(当時のポップス)の強烈さがわかる。

そして鬼になれ。しかツノが三つ生えてるやつ。で、人に疎まれろよって言われる。なおこの鬼という語彙の使い方は鬼の文化史的にも興味深いものがあるよ。

これは死ねより遥かに強いメッセージを感じるね。

冬の水田の鳥となって足が冷たい思いをしやがれと呪うのも具体的身体攻撃性、死ねとかじゃないのが、そのまま辛い想いをし続けてほしいというより強い攻撃を感じる。

昔の人の中には死ねって直接いうよりもさらに凄みを感じさせる言語術を使いこなせる人がいて、しかもそれを時の最高権力者が拾いあげてるんだから面白いね。

価値がないのは戦後憲法

     戦後30年に高度で美しい社会が完成するまでは人気があったが、昭和54年に一度完成してそのタテマエしか守る意味はねえんだよとか

   昭和オヤジ警官刑務官発狂しだしてから一気に不人気化するも、昭和天皇が色々考えていたか昭和59年ごろまではまだタテマエに

    ついてくるものがあった

    しか昭和60年8月の御巣鷹山墜落で世間が、タテマエの最大の失敗に安心し、昭和60年から一気に反動化し、昭和61年~64年の昭和天皇死去前は

   悲惨ものだった

      平成に入ってからは悪以外の何物でもなく、平成を通じて、他の株式会社などに徹底的に滅ぼされた。平成18年からウソや誤魔化しを刷り込もうとしたもの

   平成若者から大反発を受けて平成19年頃に皇室攻撃が及んで一回消滅した

      現在でもほとんど価値がないクソ宗教して生き延びている

anond:20210507171517

???

差別主義者、不寛容人間社会から排除されるべきなのは当然の話なのですが。弱者男性全体がそうではなく、攻撃的な弱者男性弱者であっても排除されるべきという話です

犯罪者も更生すれば(刑罰社会的制裁を受けることを経れば)救おうという扱いをされてるだけなのですが?


しかも、犯罪者に並列すること自体弱者男性馬鹿にしていませんか?中には犯罪相当のひどい言動をしてる人もいるかもしれませんが、大部分はそうではない。

また、「貧困」を救ったところでここにいるような弱者男性様が納得しないのは彼ら自身が語ってることなのですが。彼らが必要としてるのはお金ではなく(年収は平均以上に持っていると自称している)愛情なのですからしか愛情提供する弱者支援など存在しえないのが事実です。




そして、「セーフティネット」とやらを作り、それを担当するのを率先する義務女性にはありません。むしろ弱者男性搾取し、利益を独占してきたような(強者)男性がそうするべきなのです

男性同士が連帯することから社会は変わります

男性同士で承認欲求を満たし、差別的価値観を打破することからはじめてください。

うちの姉、精神系じゃない病気になって、さら治療ストレス精神的にも不安定だったんだけど、祖母に100万円貰ったらその精神不安が解消したっぽい。

やっぱり金は全てを解決するね。

ここで愚痴ったり他人攻撃してる人達も、100万円貰ったら正気に戻るのかな。

anond:20210507163956

ストレス解消としてやるのは正直意味ないよねぇ。

被った皮に攻撃が行くようにするのがそもそも目的なら集中砲火されるのもまさに狙い通りではあるのだけれど。

anond:20210506234730

反論するのではなくて一つだけ。

「末期がん患者は美しい」という偏見があるな、増田

 

人間追いつめられ、底辺に追いやられると醜い言動を繰り返すようになるものだ。

自分の不幸しか見えず、自分が不幸だからとより弱い人間を狙ってヒステリック攻撃を繰り返すようになる。

弱者であるということに、現実離れしたイメージを持っているのではないか

 

死に至る病で末期にいる人間と同じだ。

多くの人間は「死に瀕した末期の患者」に対して、ドラマなんかで見たような、弱々しい痛々しいだけの存在で守ってあげたくなるに違いないという思い込みを持っている。

そんなことはない。

望まない死に直面させられ、絶え間ない痛みに気が短くなり、見込みがないつらい治療を続ける患者はそれはもう醜い人間性を露呈する。

もちろんそうでなく、美しく耐え抜いて静かに死んでいく者も少なくはない。

 

しかし、人間の多くは、自分が最底辺に押し込められたと感じたときに、「底辺でない人間のために用意された高潔さ」などかなぐりすてるものだ。

弱者」という言葉に、勝手偏見レッテルを貼っていたのではないか

 

自分の不幸を他人攻撃する正当化に使い、万人が目をそむけたくなるような醜くみっともない言動を繰り返し、

時にはケア者にとって危険にもなり得るのが「弱者救済」だ。

怪我をした野生動物保護するときと同じだ。

  

弱者救済には美しい面は何一つない。そして、それでも何らかの対応や、仕組みの適応必要だ。

なぜなら、「弱者男性が得意げにイキって自分より弱いはずと思った障がい者女性罵倒サンドバッグにする」行為を止めるためにも必要からだ。

近未来第三次世界大戦アメリカ中国に敗北した

日本中国の核攻撃例外なく受け、列島に多くのクレーターが点在するようになった

そんな焼け野原の中、人々は第二次大戦後と同様の、驚異的復興ぉ〜、からのぉ〜、高度経済成長ぉ〜、の再来を夢見た

しかし、復興は遅々として進まず、多くの日本人は日がなギャンブルに溺れるような、喧騒と狂乱の日々を送るようになる

そんな日本人のため中国政府ライフサイエンスで馬と女性遺伝子レベルでかけ合わせた「ウマ娘」を発明

日本人の多くは働かず、また働き口さえもないため、中国公認したウマ娘公営競馬殺到した

このウマ娘による競馬によって莫大な金が中国共産党政府にもたらされた

中国政府はそれを資金として宇宙開発にも重点的に出資した

そして、木星への無人航行無人探査を目的とした新しいロケットが開発された

この木星行きの片道切符ロケットは無事に打ち上げられたが、

地球重力を脱するために使用されたブースターは、降下する段階で制御不能という事態に陥った

中国政府は、ブースターはどうせ海に落ちる、地球は水の惑星ほとんどは海だからね、

モンテカルロ法で海の面積を求めるようなものだよ、と楽観的であったが、

大気圏突入バラバラになったブースターの一部は日本ウマ娘による競馬場の一つに落下し、その競馬場は一瞬で消失した

しかし、日本人はそれに抗議することもなく、署名活動なんて無駄だよね、だって日本はもう民主主義ではないんだし、

刹那で悲観的になっており、それよりも消失したウマ娘に賭けた金を悔いている始末であった

また、ウマ娘ドーピング正式に認められており、薬物の過剰摂取などによって試合中に突然死するウマ娘も相次いでいたが、

これもまた動物虐待といった抗議デモさえもなく、やはり日本大衆は掛け金を気にするだけであった

そして、西暦2050年も近くなった頃、

2020年に猛威を振るいパンデミックをもたらした新型コロナとよく似たウィルスがまたしても登場した

しかし、このシン・コロナ、シンコロと名付けられたウィルス2020年の新型コロナウィルスとはまったく異なる性質のものであった

なんとシンコロウィルスはウマ娘の知能水準を著しく上げる作用があったのである

そして、まるでそれと対称的であるかのように、人類の知能を著しく下げる効果もあったのである

すべての競馬場でウマ娘による一斉蜂起、反乱が起こり、これ以降、ウマ娘は檻の外に、人類は檻の中に入ることになる

これは中国大陸でも、世界中どこでも例外はなく、中国国民日本から侵入したウマ娘たちによってみな動物用の檻に入れられ、

中国国家ウマ娘管理下に置かれることとなった

しかし、ウマ娘女性しか存在しないことに子孫繁栄危機感を抱いており、彼女らは中国ライフサイエンス施設占拠

すでにある既存設備を最大限に活用しウマと男性キメラ、ウマ息子を発明した

西暦2100年近くになると、すでに地球はウマ人間によって完全に支配されるようになっていた

2050年まで地球の主導権を握っていた人類は、いまや動物園の檻の中である

アフターマンとして地球上に君臨したのはウマ人間ウマ娘、ウマ息子)であった

しかし、彼ら彼女らによって生み出された遺伝子組み換えニンジン過酷環境でも成長することを目的に作られたが、

それが裏目に出た結果となり、(👽歴史書はここで終わっている…

弱者男性と「男性サバイバーメッセージ

男性サバイバーからメッセージ

http://manysided.blog85.fc2.com/blog-entry-86.html

12年前(!)に増田でバズった記事

このブログ記事に、性虐待を受けた自分負け犬だ、加害者になることもできないと絶望した男性サバイバーが、女性サバイバーネット中傷して回ったとある

嫉妬と羨望です。そしてネット女性被害者相手なら勝てるという安心感男性攻撃され続けていたので女性相手なら安心女性被害者という底辺にいるのだから
男性被害にあっても男だからと抑え付けられるのに比べ、女性は延び延びと被害者の主張が出来て恵まれているように見えた。それも許せない。甘えているんじゃない。
だけど、そこで救いがありました。攻撃した女性サバイバー男性被害についての理解がある方で男性被害者の方では?と見抜かれて親身に相談に乗ってくれました。
男性サバイバーサイトを紹介され、そこではじめて自分の他に男性被害者がいる、男性被害者も苦しんでいる事を知る事ができました。
男性でも性被害(広い意味では性被害じゃなくてもいいです、暴力人権侵害でも)をうけたら傷ついていいのだ、苦しむ権利があるのだ、と理解するのに数年かかりました。これが分かった時憑き物が落ちた感じでした。性被害に対して苦しいと認められたとき、楽になりました。」

これって、「弱者男性」による女性差別、女叩きと同じじゃないか

「俺は男に敵わない弱い男だ。女はズルい。伸び伸びと被害者ぶれてムカつく。だから女を攻撃してやる。どうだ俺は男だ女よりエラいんだ」という心理

この人は自分攻撃した女性サバイバーに親身になってもらって救われたが、私ならそうする気にはなれないしそうしろとは言えない。

ネット女性サバイバーに集まるセカンドレイプは酷いものだ。

被害者ぶってんなよどうせ誘惑するような格好してたんだろ自業自得wwwwイケメンなら喜んでほいほい股を開くくせにwww殺されなかっただけ感謝しろ汚れたビッチま〜んwwww女はイージーwww

これくらいの、いや、もっと下劣セカンドレイプネットには溢れている。

女性サバイバーは決して伸び伸びと気持ちよく被害者ぶってはいない。人生を、生活を、友人や家族パートナーとの関係を、精神身体を壊され、自責や恐怖に押し潰されながら、知って欲しくて必死に声を上げている。

その傷口にナイフを刺し、抉ってくるような加害者に「この人も苦しんでるかもしれないから親身になってあげよう」とは思わない。むしろ「なんで傷付けられた側がそこまでしなくちゃいけないのか」と思う。この人は原因を見つめて救われたが、他の人もそうとは限らない。

すももは「性被害なんて充分対処されてるしいいじゃないか非モテ問題視しろ」と言っていた。男性サバイバーでもないのに女性被害者嫉妬しているのだ。

性犯罪において、男性法律差別されている。僕は男性被害者にも強かん罪を適用してもらう活動を行っていますが、当の男性自身が無関心です。
同じ被害を受けても男性女性で罪の重さが違うという、分かりやす男性差別に関心がない。ネット男性差別と騒ぐわりに、です。
多面体さんもakiraさんも男性被害者に強かん罪が適用されないことを問題視していますよね。(日本の強かん発生率は低いでしょう。一方の性別には強かん罪は適用されないのだから
男性問題女性サバイバー女性の方が熱心に語り、法の不備を真剣に考え、男性サバイバーに寄り添ってくれる。
そういう男性理解者ほど、男性セカンドレイパー)に攻撃される。」

この男性サバイバーの願ったように、男性相手にも強制性交等罪が成立するようになった。

被害に苦しむという意味での弱者男性によりそう女性はいた。彼らへの支援も少しずつ増えてきている。女性被害者にも。

anond:20210507104022

ブコメに大量に発生してる「サンドバッグにしてきた相手を救わないのは差別!」もだけど、

他人感情存在するって事が認識できてないし、「救わない」と「積極的攻撃する」の区別もついてなくて

機械的に「救わない=差別=悪」としか考えてないのが多そう

一般人他人を無制限に救うなんて出来るわけないしその義務もないのにな

なんか、一部のネット男ってこういう「女を攻撃差別してくる男を避ける女は男性差別」って言説好きだよね

そのおかしさが分かってて女叩きの為に言葉遊びしてるんだと思ってたけど、素で分からないのも一定数いそうだな

なぜ弱者男性強者男性批判するべきなどという人がいるのだろうか

残念ながら、これまでのやり取りで

弱者男性差別蔑視、そしてその構造を作り出しているのは強者男性だけではない」

というのが明確になったかフェミニスト"も"批判されている。

この大前提をわかっていない人が多すぎる。

結局のところフェミニズム無意識マチズモ踏襲していてこの構造を作り出す加担者になっているか批判されている。

例えばフェミニズムにすり寄るフェミ騎士とそれを擁護する女性達や、昨今明らかになっている左派男性性犯罪がその代表例。

現代フェミニストも結局はマチズモに捕らわれているのが明らかになったでしょ。

から批判されている。

強者男性批判するべきなんじゃないの?」

と問われたらその通りですよと当然答えるし、そして今でもやっている。

弱者男性論というのは、社会構造のもの破壊して再編しなければならないという試みの一部。

あなた弱者男性攻撃されているように感じているのであれば、それは勘違いしているかあなた自身無意識マチズモに捕らわれているだけ。

弱者男性は既に強者男性とそれを取り巻く社会攻撃しているんだから何も心配する必要はありません。

から言えるのは引き続き一緒に強者男性批判していきましょうと、それだけです。

anond:20210506234730

さなくていいと思うよ。

弱者男性が相変わらず甘えて攻撃してきてるけど、あんな連中は別に嫌いでいい。見捨てていい。自分攻撃してくる連中を優しく受け止めてやる義務など誰にもない。

anond:20210507084209

非モテ」の頃と同じだよな

あれも元々は「モテない逆恨みで女を蔑視攻撃する男性」を意味するネットスラングだったしそういう層しか自称してなかったけど

単に「モテない男性」の事だと勘違いしている層が増えて「モテない男の全員が女を蔑視して攻撃していると決めつけるな!」とか言い出してた

んでそのうち単に「モテない男性」という意味になって行ったと思う

喪男」が旧来の意味非モテで「非モテ」は単にモテない男性、といった使い分けも一時期されていた気がするが、「喪男はいつの間にか消えたな

スラングは元々辞書に載るような明確な定義があるわけでもないので、勝手言葉が変わって行ってしまうんだよな

anond:20210507083818

うそ

弱者男性結婚するくらいなら同性とのルームシェアでいいじゃんwwww」って何回も見かけた

これが攻撃だというなら、たしかに「理解のある彼君」も攻撃だな、って思う

同時に弱者男性への女性から攻撃範囲がぐんと拡大するけど

anond:20210507065923

攻撃」っていうのが何を指すのかによるな

女性ゆえ「妊娠」ができるという点で男性とは違い、それゆえパートナーとした時の利点がある

という指摘をしたときに、それは「攻撃」なのか「事実の指摘」なのか

いやーだから弱者男性ってのが元々ネットスラング日本版インセルしかないんだっつーの

弱者男性という言葉に「女性に対して攻撃的・差別的男性」という要素が含まれてるんだって

その辺がもう食い違ってるんだよな

腐女子からと言ってBLが好きとは限らない」と言ってる人がいたって話を思い出す

anond:20210507081657

残念ながらそれは恣意的推論ですね

弱者男性のすべてが女性に対して攻撃的とは限りませんが、攻撃的な弱者男性存在するのも事実です

それが多数派なのか少数派なのかは誰にも正確なことは言えないので、あなた発言完璧に間違っています

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん