「高校」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 高校とは

2021-05-13

きょうだい実家と縁を切ったせいで被害が及んだ人いる?

 私が実家と絶縁したことによって、姉ちゃん被害が及ばないか心配

 母は、「産んでやっただろう、育ててやっただろう、あの時ああしてやっただろう」っていう恩着せがましいタイプ毒親で、私は子供の頃からちょっとした洗脳を受けていた。

私は学生時代うつ病不登校になったり高校中退通信制転入したり、母に沢山心配させて親不孝したものから自分の残りの人生は母への恩返しのために生きるんだとナチュラルに思っていた。

母は酷いヒステリーで考え方が歪んでて、一緒にいるとものすごく疲れるしイライラするけれど、自分ニコニコ笑って我慢していれば、母を怒らせなければそれなりに良い母娘でいられると思ってた。

何をするにも決めるにも母の意見を優先し、母の意見が私のすべてで、気が付いたら自分で考える事ができないアラサーBBAに。

 結婚して実家から出た事がきっかけで洗脳が解けた私は、数か月前にLINEで母に手短に「子供の頃から実家が嫌だった 距離を置きたい」と一方的に告げてブロック

絶縁というほどではないかもしれないけれど、顔も見たくないし声も聴きたくない気持ちは変わらず、このまま関わりたくないと思っている。

 そして先月、姉から母の日プレゼントを用意したから共同ってことにしよう」とLINEが来た。

姉と私は気の合う真の仲良し姉妹という感じではないが、同じ親を持つ「同志」という意識が強い。 だから姉の言動が信じられないし、そんな事したくなかたったから断った。

そしたらそれ以来姉から連絡が来なくなってしまった。

 姉は現在二子妊娠中。 最近双子だと判明した。

姉は極力実家は頼らないって言ってるけど、ただでさえ今正社員で働きながら娘を育てるわけで、この先双子が生まれるとなると実家を頼らないとキツイ

でも、両親は高齢挙句貧乏で車も持ってないし、「孫=面倒事」くらいにしか思っていない。 私自子供を産んで育てた経験もない。

姉の力になってあげたい。 でも、かといって両親が頼りない分、叔母の私が姪っ子達にサービスし続けるのもなんかおかしい。

 一番の心配は、次女(私)という母のサンドバッグが消えたことにより、姉や姪っ子に視線や期待が集中するんじゃないかって。

なんていうか、母自身が見栄っ張りな挙句コンプレックスの塊で、我が子で自分コンプレックス払拭させる人だったのね。

から娘に必要以上に干渉するし口出しもする。 自分の言いなりにならないとキレて手に負えなくなる。

もう既に姉と姪っ子が被害を被ってるんだろうな・・・

 多分だけど、姉的にはこれ以上自分被害が及ぶ前に実家と仲直りしてほしいんだと思う。

でも、私は嫌。 言葉の通じない両親の為にサンドバッグになり続けるのは嫌。 話がわかる人たちなら、こんな強硬手段はとらなかった。

両親のありがたみはきっと自分が親にならないとわからない。 姉も親になって母のありがたみも異常さもわかったのかもしれない。



 ずっと姉に言えなかったことがある。

母は、姉が父親似なのが気に入らなかったようで、姉のいないところで姉が悲しむような悪口クスクス笑いながら私に聞かせていた事。

小さい頃からお姉ちゃん私たちと違う」って、陰で姉を余所者みたいに扱っていた事。

私の事を「あんたはお姉ちゃんと違ってお母さん似だから幸せになれる」ってずっと馬鹿みたいに言ってたけど、子供の頃の私を何かにつけ「やっぱりあの男の子供だな!」ってなじっていた事。

姪っ子を「旦那さん似で ざんね~んw」って小馬鹿にしている事。 半日預かっただけで「一日中泣きやがって。酷い目に遭った」と醜く顔を歪ませて私に愚痴った事。

 お姉ちゃん子供の頃からお母さん子だったけどさ、お姉ちゃんが思う程の親じゃないんだよ。 ねえ、お姉ちゃん

anond:20210513133128

大学行く時間お金を考えるとメリットないなと思って高卒就職しました

IT職でエンジニアやってるけど上場企業学歴足切りされるから基本的中小企業ベンチャー転々としてます

高校卒業して10年で稼いだお金は3500万

そこから税金徴収されたのがおよそ500万

3000万が手取りで支払われました

借金等はないのでこの金額がそのまま収入となります

会社では大卒の人と一緒に仕事しますが大学で何を学んできたんだろうという人も多いです

もちろん大学で専門知識ちゃんと学んでるなと感じる人達もいて、その人たちは給料的に倍ぐらい貰ってると思います

日本においてはみんな大学には行くけどそこで専門知識を身につけない、また学んだ専門と違う会社就職しているケースをよくみます

大学で学んだ専門知識を活かせる仕事につけていますか?

anond:20210513200733

団塊世代は「人間にレヴェルはない」とよく言う。英語もできないのに。

氷河期世代は「親ガチャ大学に行けなかった」とよく言う。英語のできない親を持ったからそうなったんだよ。

鬼滅の刃世代は何というだろうか?

団塊世代氷河期世代高校で何を勉強してきたのでしょうか」と開口一番言うはずである

anond:20210513191244

入道という表現適当な大男が高校時代にいたが、気が優しくて不良に締められてた

20年前から追ってる人が人気漫画家になってたが親のリテラシーがアレだった話

こういう経験は長くネットしてるとよくあることかもしれないし、オチも何もないつまらない話になるだろうが、書き留めておく。

FF二次創作小説を連載して97年~2000年頃まで有名なサイトがあったんだが、

そこの掲示板常連で同い年の小学生の子がいた。(ちなみに彼女の今のペンネームもそこの管理人あやかったものである

私もその子イラストサイトを作っていたので相互リンクした。

の子小中学生の頃は絵はうまくはなかった(私の方がうめーなと自惚れてさえいたが、高校以降で彼女はメキメキ上達し今や憧れの的である人気漫画家、方や私はもう絵も描かない平凡なサラリーマンである

いつしかそのサイトも閉鎖され10年くらい過ぎたころだろうか、イラストレーターとして仕事をしていることを何かで知った。

まり画力の上達具合に驚いたし、pixivフォローして追っていったら彼女が連載開始した漫画はあれよあれよと人気が出て、何度もアニメ化され大人コンテンツになった。

ところで20年前当時、小学生ネットサイトを作ろうと思ったら親の協力が必要で、彼女も例に漏れ家族PCホームページ作成を共有しており、親が作った「家族ホームページ」にリンクされていた。

彼女のことが気になっていた私はふと20年前に記憶していた「家族ホームページ」のアドレスの一部をtwitter検索し、父親母親らしきアカウントにつながった。

父親ブログもやっているのだが、

・家を新しく建てたことを打ち合わせから地域から間取り彼女仕事部屋とか)まで事細やかに書いており、それがかなりの豪邸なので、見る人が見れば犯罪に利用されかねないと心配してしまうくらい開けっ広げだった。

彼女漫画作品のことが唐突に出てくるので確実に彼女父親だと確信できた。

政治的な主張が多く、弁護士懲戒請求したシニア層を思い出す保守寄りな記事が多かった。

親族(姻族)の死について恐らく血族の許可なしで写真も交えて事細やかに記載していた。

と少々リテラシーが疎かな印象を受けた。

ちなみに母親twitterはこれはこれでリベラルに偏っており、左翼ハッシュタグ扇動されていたので夫婦大丈夫か?と他人事ながら心配してしまった。

色々書いたけど、あの人気漫画家リアル知人でもないのに親や家のことまで知ってるの私だけだろうな(ニチャア がしたかっただけです。ネットリテラシー大事しましょう。ごめんなさい。

anond:20210513133714

大学受験なので高校数学

公式は覚えられるので単元ごとならそこそこできるが、入試問題になると何を使えばいいかからなくなる

anond:20210512222408

自分結婚エンド自体少年漫画テンプレそこままの終わり方でつまんねえな、まあルキアよりはマシかな(恋愛なしのバディに急に性愛混じるのキモいし)……と思ってたファンだけど、作中読んでて「織姫のことを特別に思っていた」っていうのは一度も感じたことなかったわ

高校時代あくまで仲間全員横並び、強いて言えば若干ルキアと関わりが深いか恋愛的な意味は一切なしで)程度で、あれって全部終わったあとに関係性作って結婚までいったんじゃないの?

作中で描写がないからこそ、バディ解散した後は一護ルキアもそれぞれの「性愛相手という設定で作られたキャラ」ととりあえずくっつけて終わらせました、っていう

そういう設定だったか

まあこれ書いた人は一護織姫が好きだからそう見たいんだろうけど、なんか全然そんなとこないとこまで根拠と思い込んでるんじゃね

まあルキアとくっつくよりは「設定通り」だからよかったんじゃない?「高校時代のバディ」として作られたルキアとくっついてしまうと「設定違い」になってしまうし

anond:20210513104812

俺、高校時代年賀状アルバイトで軽作業仕分けだけだったし、男女じゃなくて適性で判断されただけだろ

anond:20210512203001

教育奪わなくても、子供を産んだ人にだけ大学専門学校の進学権利を与えればいいんじゃね

看護士などの国家資格公務員にも子無しは就けないようにする 正社員ダメで就ける仕事アルバイトのみ

そうすると子供産まないと低賃金労働から抜けられないか高校卒業たらみんななるべく早く子供を産もうとする

男女平等にするなら男も同条件にすれば良い 子供作って生まれた人だけ進学等可能

生殖能力がない人?シラネ この世界では生殖能力が他の何の能力よりも重要なので、生殖能力がないだけで他の能力があっても人生詰むのはしょうがない 今の世界の知力みたいなもん 知的障害者みたいな

2021-05-12

弱者男性を焚き付けておもしろがってる既婚男性様が自分の娘に高校にもいかせず弱者男性に嫁がせたら一貫性があるなぁってみとめてやってもいい

anond:20210512215720

結婚できなかったら詰んじゃうやんけ。それじゃ昭和と同じやん。

企業がどいつもこいつも大した給料もよこさんと、杓子定規大卒ばっかとりたがるからこんな事になっとるやで。

学のない中高卒でも何とか結婚して子供1人か2人位なら養っていける、生まれたその子高校まで出しゃ親と同じように暮らしていけるならみんな安心して子供作れるのにそれが無理やから少子化なんやろ。

もっとも「公立中なんて動物園子供を入れたら授業もろくに受けられずいじめ殺されるので子供私立受験させて当然」なんて流言大学どころか中学から親の金しろうとしとる不安産業がはびこっとるうちは、子持ち世帯いくら金配ろうがいたちごっこになって終わりやろなあ。

anond:20210512203001

大学高校時代子供を産んで親に育てさせる風潮を作るのでいいと思うんだけどなー

事務職転職したらADHDが発覚した件について

16のときから働いている中卒労働者です

最近「あしたの自分のために、かれこれ終わらせたろ〜」って思えるくらいの余裕が出てきて、凄く嬉しいので日記を書くよん。

ADHDと診断されて、薬を飲み始めたら非常に生きやすくなった。

逆に、今まで感じていた生きづらさが明確になって、安心した。

その毛があるな?と思う人は、ネットの診断だけで終わらせずに病院に行ってみよーよ!!!!!という、経験談

そもそも毛がない人は、そんな貴方も素敵ですよ。

ほんとに困ってる人なら世界が変わる……可能性があります

18歳まで飲食店、去年のコロナ前まではアパレル緊急事態宣言が出た頃に「これはまずいぞ」と思い、求人が埋まらないうちに事務派遣転職

そしたらまあ、事務仕事が合わないのなんの。

もともと仕事ミスが多い人間なので、今までの経験上、メモや事前防止策は抜かりなくやっていたのだが、もうミスの頻発具合が酷かった。

このままだと迷惑かかりまくる〜と思い、インターネット自己診断結果と、自分の身の上話を片手に精神科へ駆け込んだのであった。

情強でよかった〜。

______________________________

思えば昔から頭のおかしい所はあったなぁ、と思い出し、子供の頃のことから今までのことまで洗いざらい出してみると、

保育園児〜小学校4年

そもそも家庭環境がアレだったので、低学年のうちはなかなか学校に行けなかった(親が家にいないんだもん)

・おかげでつい最近まで、算数においては-5+3すら出来ない人間でした。(今は数3までできるよ!)

・外の風が怖かった

ヘリコプターが怖かった(監視されているようで)

・木が揺れる音が怖かった(ここらへん完全に糖質の毛があるよね)

・絵を描いたり、本を読んだりすることが好きでやり始めたら一日中やりっ放し

・家庭環境がクソだったのもあるが、提出物を学校に忘れる、ランドセルのそこに固まらせるなど、出したことは無い。

宿題したことない。

小学校高学年〜中学生

・授業中に耐え難い眠気が襲ってきて、気づいたら寝落ち、ヨダレの海

勉強は好きだったので図書館などでずーっと勉強して夜になっていたりする時があった

・本を読み始めたら1日経ってたなど

しか宿題は出したことない。やっても、家に忘れるのである

・とにかく忘れ物ばかり、忘れ物というか、ものを無くす。

・でも時々勉強に熱中して漢検準2級合格したりする。足し算引き算すらできないのに……

そんな感じで、クラスメイトには変わり者、3組といえばあいつ、みたいな言われ方をして、いじられキャラでやってきた。

多分、言動もちょこまかしてて面白かったのかも知んない。

正直、義務教育中は宿題毎日したことは1度もないが(中三の頃は、漢字練習帳だけは出していた)テストの点数も良く、委員会役員もやっていたので内申も良かったのか高校は前期選抜合格していました。(親が失踪したりして合格辞退したけど)

勉強文学に対する執着も、今思えばADHDの症状の過集中……に当たるものなのかもしれない。

そんな感じで、思い返せば中々のヤバキッズだったな〜と、インターネットでみたADHDにめちゃくちゃ当てはまるな、と思い精神科へ。

WAISという知能検査やもろもろの心理テストを行い、案の定ADHD」と診断されました。

IQというもの、実際は数字では教えてくれないんだね。知りませんでした

ただ聞いたところ、処理能力は早いのに所々ミスが目立つこと、そしてワーキングメモリがクソ、言語理解が乏しい傾向にある、との事でした

診断を受けたら、次に薬を処方された。

ストラテラという薬をこれから徐々に増やしていって、最終的には一日3錠飲む、ということで終わった。

薬の効果はテキメンだった。

飲んだ次の日の目覚めは、有り得ないくらい静かなものだった。

キョロキョロ周りを見渡すと、周りの景色残像のようにちゃんとついてくる。

外へ出ると、視界が広い。

すごい、すごいと思いつつもずんずん歩いて行ける。

ただその効果ガンガン続くわけではなく、緩やかに、穏やかに日々が過ぎていった。

とある日、ミスにも気付くことが出来るようになっていたことに気づく。

正確には、「1歩立ちどまる」ことが出来るようになっていたのである

これに気付いた時には、驚いた。

そんでもって、今まで感じていた漠然とした自分無能感、自己肯定感の低さも少しずつ改善されていっている。……と思いたい。まだまだミスは0にはならないけど。

そうしてストラテラMAXの3錠まで飲むようになり、今では初診から10ヶ月ほど経つ。

今では「明日自分のために、これをあれをやっといてあげよう」とまで思える。すごくうれしい。

正直、副作用はほんとうにつらかった。

わたし場合消化器官が弱いのもあり、2錠→3錠のころはゲロゲロ吐きまくってたが、適切な処方を受けるようになってからは全くない。

インターネットでの自己診断で「自分ADHDなんだ、終わりだ、無能だ」と思って終わりにせずちゃん病院に行ってよかったって思ってます

もし同じように、つらい、なんか出来ない、って漠然と思ってる人はちょっと病院に行って相談してみるを視野に入れてみてもいいんじゃないかなぁ〜。って思う!

上記はすべて個人の感想だけどネ。

追記

ストラテラガンギマリ薬ってわけじゃないので即効性を求めてる人はちょっと心折れやすいかも!わたし最初インパクトがすごくて飲み続けたけど、副作用のほうがつらいってなる日の方が多かったな〜

もし「病院にかかろう!」と思った人がいたら、副作用のこととかちゃんと聞いてみてくださいね

吐き気止めと一緒に飲めば結構改善されるとおもいます

蛇足

あと最近ナルコレプシーも診断されてしまいました(泣)

でもこれもちゃんと治ればバカ眠くて半分寝ながら動いたりすることも無くなるんだな、って思うとクソ高い治療費も安いもんだって思います

あとADHDに強い心当たりを感じたきっかけは、じぶんの親が妊娠前、妊娠中に覚醒剤をやっていたことを知っていたからです。

そりゃ知的障害もつやん、私なぁ〜〜〜〜〜

薬物ダメゼッタイ

_______________________________________________________________________

追記

anond:20210512224626

ちなみに今も事務職してます

あとらいね理系大学受験する予定です まえにも増田いたことあるけど

>>家庭環境があれでもグレなかった理由

おばあちゃんが居てくれたことと、おばあちゃん家にあったコンピュータで完全にオタクになったこと、そして本を読むことが好きで勉強が好きだったこと……かも。

実を言うと19歳くらいの頃はかなりグレていたしちょっと鬱っぽくなったり、自傷行為のかわりのようにピアスバチバチ開けまくってたりしたなぁ

今は落ち着いてるというか、悟りを開いています……なむなむ

>>毛じゃなくて気

中卒だから許してや。

誤字った字面面白かったのでそのままにしました。増田さんたち、毛……好きでしょ?

>>妊娠中のくすり云々

ごめんなさいこれに関しては確信を得たソースは全くないです。

ただ小さい頃からあんな親からまれわたしは最悪な人間になるだろうから絶対にならないように頑張るぞ」みたいな気持ちがあったので、そう思ったところがある……かな

ただ後々、検索してみると胎児への影響を検証する論文もあるみたいですね

実際こんな頭おかしくなってるから、頭のおかし人間子供産んだらあかんと思います

>>ナルコレプシーADHDの診断時期の違いについて

じつは初診の病院にはもう行ってなくて、副作用の治まらなさと、薬の処方の方針自分主治医とで一致せずに不信感を抱いて転院という形を取らせてもらいました(セカンドオピニオンはできないって言われた〜)

(これは愚痴だけど)吐き気やばくて実際吐きまくって逆に仕事に影響出まくってる、どうしたらいいか電車も乗るのつらいって言ってるのに「ガスター(胃薬)増やしますねーお大事にどうぞ。」で終了されるのがほんとにムカついてしまって……吐き気止めとか処方できないですか?って聞いたら、伝わって無かったのか毎度ガスター増減ってだけで……

あと寝れなくて……でも寝すぎて……あーでこーで……って言おうとしたところ、時間がなさそうに「そうなんですね〜じゃあデパス処方しますね」で終わりだし、薬物の取引に来てるんじゃないんよ、サバキが自慢の商人か?お前は……って気持ちでした。

転院してからは、吐き気止めを処方していただいてスッキリハッピーって感じです。

初診の病院からWAISの結果を持っていって、再度診察を受けたところ睡眠の話で「ちょっとおかしいね都内睡眠外来検査してもらったら?」とのことで紹介状を書いてもらい、都内の某病院にて電極バチバチ人造人間にされて、ナルコレプシーですね〜って言われました。

病院も合わない、と思ったら変えるのほんとに大事です、心療内科精神科はほんとにガチャです。ガチャ

>>励ましの言葉をくれた方々

うれしいです 増田に書いてよかった!こんなこと人に話したりしないので、こうやって色んな人に言葉をかけて貰えるのが嬉しいことなんだなーって思った!

なんどもブコメ読んでる!ありがとうございます!頑張ります

anond:20210512203424

理科すらオンリーワン科目!私大理工系入る奴って高校時代何してたの?

30年前に親が田舎者地方人、あと首都圏に住む低知能人なら、子は何も勉強してこなかった。

それから30年たって、理科オンリーワン科目ならなんとか書いてよこす子供が出てきた。

高専連呼するバカは多いが、近くに高専のない地域なんていっぱいある。

ここにいる増田は「親がどうしようもないバカ」の可能性をもっと知ったほうがいい。


捨てられた土地増田トリーバーチ増田今日出てきた女性として生まれて思うこと増田もそうだが、真実告発者は常に女性である

これはネットがない同人誌回覧時代でも変わっていなかったような気がしている。

男性真実を話さないが、女性は話すことが多い。

それは親がバカだということに気が付く年齢が早いから。


さえぼーも、40年前なら北海道のどっかの短大に入って終わりである

ところが、さえぼーレヴェルでも東大に入れる時代である

ルシファーホリエモン東大なんだから加藤和也氏が麻雀留年たころの東大ではないことは自明である


高校時代に「必死勉強できる」環境を親が提供できるのは、国民の3割にも満たない。

あと7割強は提供できない。

提供って何ですか」という親も地方には多い。

理科すらオンリーワン科目!私大理工系入る奴って高校時代何してたの?

私立大学理工系入学してくる生徒って、これまで専門科目は何一つ学習していないし、実習の授業も受けたことなければレポートを書いたこともない。そのくせ早慶などを除くと理科すらオンリーワン科目、文系科目なんて出題されない3科目入試から、幅広い教養もないしそもそも普通科学習内容もマトモに勉強してきたのか怪しい。

私大理工系入学してくる奴らって高校時代何してたんだ?

ずっと遊んでたのか?

いい年こいて実家暮らししてる奴

こいつらって生きてて恥ずかしくないのだろうか

俺の場合高校卒業してすぐに一人暮らし

仕送りなどはもらっていたがサークルや色恋沙汰等で人間として成長できたと思うがやはり一番苦労したのは身の回りをすべて自分会計つするという自分解決すること

両親への感謝はもちろんのことほぼすべての大人がこれを経験していると考えるとまだまだ自分子供だと思い知らされた

所謂子供部屋おじさんは一人暮らし経験したことがないのか顔つきも身振り手振りも歳不相応で幼い

こういう人間結婚もできずボロい一軒家で孤独死すると考えると心から笑えてくる

資産運用貯金>>>>恥 うさぎ小屋オジさんに言われたくねぇ。

恥の概念を捨てたら人間じゃないよ

君は相当醜悪なのだろう

から同情させてもらう

anond:20210512180924

雰囲気… …(万年ぼっち女)

グルワとか思うと、褒めて伸ばしてもらえたらわりと評価される成果物はつくれた。放置されたり怒られるのは嫌い。体育会系は怖いかもしれないけど高校体育の先生方にはなぜか好かれた。ちょっと怖かったけど。簿記系が絶望的だったので正確性よりはある程度の工夫の余地がある仕事とかだと嬉しいかもしれない。鬼滅のみつりちゃんみたいな上司さんがいたら嬉しい(社風とは…?)

anond:20210512160128

フィクション的な「学園のアイドル!」って感じじゃなかったけど

なんとなく「学年でいちばん可愛いのはあの子」みたいな認識は共有されてた気がするな。

クラス数にもよるかもしれん。

中学だと2、3クラスしかなかったから全員を把握できたし噂話とかもそこそこ広まってたけど、

高校だと10クラスくらいあったから知らん顔のほうが圧倒的に多かった。

SM妄想したらコンプレックスがかなり楽になった

 俺はブサメンコミュ障童貞運動音痴馬鹿大学に通ってるかなりの低スぺ粗大ごみ身長も平均より少し上ぐらい、長所なんて一つもないし、死んだほうが社会のためになるかもしれない。高校時代勉強もできず人と話せず運動もできないクズとして、同級生からかなり馬鹿にされ、担任にも嫌われた。親にも嫌われ、よくdisられた。そんなんだから自己嫌悪劣等感に苦しめられながら生きてきた。周囲の人間に対してこんな低スぺでごめんなさい、生きててごめんなさいと毎日心の中で謝り続けた。高校時代トラウマは今も消えてくれない。人間価値スペックなんかで決まらないと考えることにしても、「そんなのただの負け惜しみだろ」って声が聞こえたような気がして逆効果だ。結婚なんかできるわけないし、これからキモカネとして悲しい生活を送り続けるのだろう。

 そんな俺だが性癖マゾである。ある日、俺より高身長高学歴高収入美人スタイルの良いドS脳内女王様想像してみた。彼女が俺のスペックの低さをひたすら罵倒して、女王様と比べ思いっきり見下される妄想をするととても気が楽になった。裸で拘束され、「お前みたいな低学歴は命に価値なんかない」「顔きもいから早く死んだほうがいいんだよ」「そんなんだから虐められたんだよ。自業自得」「お前みたいなごみを産んだ両親もかわいそうだな」って罵倒されながら鞭で打たれ唾を吐かれひたすらに痛めつけられる。町中でイケメンですれ違った時にも女王様が「あの人はイケメンなのにあんたは何でそんなにキモいの?」って罵ってもらえる。何かミスをしても「無能すぎる。生きててもみんなの足引っ張るだけだから死んでよ」、自分知識教養のなさを思い知っても「そんなことも知らないの?顔だけじゃなくて頭も悪いとかゴミだね」って罵ってもらえる。すると逆に今まで辛かった短所長所みたいに思えてきた。決して消えることのないコンプレックスを性欲に昇華することでとても晴れやかな気持ちになった。随分と気が楽になって、生きる気力がわいてきた。というわけで俺は天涯孤独粗大ゴミですが、一人で気持ち悪い妄想することで強く生きていけるようになりました。

anond:20210509094945

管理人高校でてすぐ嫁いだから

高橋高卒大卒の会話落差を、ほとんど知らなかったと思われる。

もう1980年代では決定的に会話の落差があった。

anond:20210511011851

これは本当に共感できる

中学生くらいかアニメがつまらなくなった

高校に入ればゲーム漫画がつまらんくなった

大人になった今はゲーム漫画アニメもつまらから

恋人と庭に花植えてスケッチしに外に行ったり野鳥観察したり料理研究したり作詞したりしてるよ

ゲームチェスナンプレを空いた時間にしてる

アニメ漫画ゲームも一概に全部悪いとは言えないけど元増田の言いたい事には共感できる

同い年の20代からはこの趣味で老人扱いされるし、老人扱いしてくる奴等は大体が美化された子供向けの世界に引きこもってる幼稚な人が多い

ある程度成長して離れられない幼稚な世界って少し病的に感じる

しかもそれを誇りの様に自慢するのは特に

anond:20210512015925

10年以上前だけど、高校とき部活の同期と。

あの時は良くも悪くもヤンチャだったなあ。

逃げろってみんな簡単に言う

俺の人生は敗走につぐ敗走の連続だった。

中学から顔を出し始めていた逃げ癖は高校で致命的となった。

高校三年、一週間だけ登校した俺はそのまま不登校になった。それがケチのつけ始め。

一年休学し、留年した俺は、知人の紹介で通信制高校編入してなんとか高校卒業した。

学問を修められる気など全くなかったが、働くのはもっと無理だったので逃げるようにFラン私文に進学した。二年間死に体で通学し、三年目に全部を投げ出した。除籍だ。中退手続きをする気力さえなかった。

それから丸ニ年、ニートをしながら俺は社会から逃げ続けた。

周囲からせっつかれ、俺はいくつかの正社員面接を受けたが、ひとつも受からなかった。親戚からはなんとしてでも正社員になれと言われたが、結局俺はそこでも逃げた。近所のコンビニバイトに応募した。もうぼろぼろの履歴書を前に身を縮めるのはごめんだった。

バイトならこんな俺でもなんとかなる。

八年、俺はコンビニバイトとして働いた。

本当は一年か二年、リハビリをしたら社会に戻るつもりだった。それがずるずる、目をそらし続けている内に三十歳を過ぎた。

毎日肉体労働をして、へろへろになって帰ってきて、布団に入って自分の将来のことを思う。

胃の中に氷が滑り込んできたような気持ちになる。

もうこれ以上、逃げ続けているわけにはいかない。

就職活動をして、なんとか零細企業に滑り込んだ。正社員だ。バイト時代挨拶をする俺のことをいないように素通りしていった奴らと同じ、スーツを着る仕事だ。

残業代がつく。サービス残業なんてものはない。有休自由に取って構わない。

俺には二度と見つからないようなホワイト職場だ。

からもう逃げるわけにはいかない。

毎日パソコンをじっと見つめて時間が過ぎ去るのをただひたすら待つことになっても。わからないことを聞きに行ったら「なんでこんなこともわからないの?」と言われても。わからないなりに自分で調べてやったら「なんで聞きに来ないで勝手にやるの?」と言われても。向こうの席から聞こえるひそひそ話を必死で聞こえないフリをすることになっても。

俺はもう逃げるわけにはいかないんだ。

連中はポテチもつまみながら気軽に「逃げろ」と言う。だがそれは、「なにもかも投げ出して背中を向けて一目散に逃げろ」という意味ではない。連中の言う「逃げろ」とは、「まずホールドアップして、相手に敵意がないことを見せ、敬意を表しながら上手に後ずさってその場を離れろ」という意味だ。

そういうアドバイス限界人間の役には立たない。なぜならそいつはもう限界からだ。中退手続きをしてから大学を辞めるなんて余裕があったなら、俺はきちんと大学卒業していただろう。

俺はもう限界だ。限界じゃない時なんかなかった。

思うに、逃げるという選択肢富裕層の娯楽なのだ。例えば、Fラン私文の学費を払える親を持った俺のように。

連中には限界人間ことなどわからない。逃げたって地獄しかいからここで立ち向かうしかないのだ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん