「コンテンツ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: コンテンツとは

2022-12-07

anond:20221207013139

写真がなかったころの絵は貴族大金つんでた実用品だよ(先祖婚約者の顔が知れる)

コマ漫画割が4コマしかなかったころ大駒がかける手塚治虫はもうけてたよ、ほかにろくなコンテンツがなかったからね

萌え絵がなかったころのあずまひでおもロリコンにとって実用向けだったよね

いらすとやイラスト役所採用するくらいの実用向けだよね

でも今はどんな画風だって全部AIがやってくれるよ

AI電気代とわずかなお金はらうほうが人間を働かせるよりずっと安いよ

絵かきはもうかると実用かいものじゃなくなったね

以前はアポロ月探索機をとばすのにやとわざるをえなかった「計算手さん(職業)」や、会社に数人はいた「そろばん経理」とおなじ運命みたいだね

 

常識的歴史観点もない人と話すとつかれるからもう返事しないね。おわり

2022-12-06

anond:20221206184050

一理あるんだけど、この問題って単なるパワー勝負だと思うんだ

規制派も自由派も絶対的正義ではなくて、強い方の意向がより反映される

綱引きみたいなもんだよね

から駅に掲示されることに多少違和感がある広告でも、それを不適切と認めてしまうと

コンビニはやめましょう、駅はやめましょう、ログイン不要サイト公共なのでやめましょう……ってんで

どんどん既存コンテンツが使えなくなって、マーケティング的にはマイナスだし

クリエーター活躍の場がなくなってどんどん苦しくなる

anond:20221206001603

まずその前に、暇空の残念な点。その煽り姿勢だ。

そもそもの話暇空茜の目的は「フェミ活動家スナック感覚二次元コンテンツ言いがかりをつける状況を抑止する」なので、どんな些細な点だろうが針小棒大かつ下品に騒ぎまくるよ

現在コラボのカネの流れに焦点が当てられてるけど、彼の最終的な目標フェミ活動家権威失墜だから

女性人権だ何だとうるさい奴の難癖など聞く耳持つ必要はないという「アップデート」を社会に対して試みている

フェミ活動家同和利権ゴロと同じ位置にまで突き落とそうとしてる

その結果として社会活動のものがどのような事態になろうが彼にとっては知ったこっちゃないんだよ

それはフェミ活動家マンガアニメゲーム産業の行く末など知ったこっちゃないのと同じこと

anond:20221202210101

なんだこれ

読み違い?

エログロホラーを楽しみに行くデート、ではなくたまたまデート中目についた広告暴力的コンテンツのものだったという話なのに

 

全ての人にとってエログロ暴力が娯楽ではない

全ての人にとってフワフワカワイイ癒しじゃないのと同じ

AIの発展で新海誠竜騎士07みたいな個人の才能が出てきやすくなると思う

いくら才能があっても、人手がないと作れない労働集約的なコンテンツだったりしたもの

RPGツクールみたいな感じで個人で作れるようになりそう。

正直ひぐらしのなく頃にも絵としては同人ゲームから許容されてたレベルだったし。

2022-12-05

anond:20221205122756

K-POPを聴いてるかどうかは別として、K-POPっぽい曲をやってるコンテンツならアイドルものとかでたまにあるんだけどな

タイトルが地味過ぎるアメリカ

パシフィックリム環太平洋諸国

熱血巨大ロボットアクション映画タイトルにしてはなんという平熱ぶりだ。

そこまで有名な例ではないが、小説シャーロック・ホームズの愛弟子 疑惑のマハーラージャ」の原題は「ザ・ゲーム

ホームズ原作イギリス近現代史に詳しい人にはピンとくる知的タイトルらしいが。知らんがな。そして邦題のけばけばしいこと。

日本では、本でも漫画でも映画でもまずはタイトル命だ。手に取らせないことにははじまらない。

ビジネス本や啓蒙書でも、タイトルが違えば全く売れてなかっただろうベストセラーは列挙に暇がない。

アメリカではその逆で、売る気あんのか?というそっけないタイトルベストセラーがよくある。

その温度差の背景には流通の仕組みの違い、コンテンツ消費にまつわるライフスタイルの違いがあるはずだ。

書店出版社ビジネスモデルが立ち行かなくなってるという昨今。

アメリカではどうなんだろう。

アマゾン一強になる前からバズるゼロタイトルの本が、あの無駄に広い国で売れてきたわけだろう。

anond:20221205195411

今日びどんなアイドルユニットアイドルものコンテンツでもエンジョイ勢ガチじゃない設定のキャラはいるんだから、わざわざ説明することでもないような

増田を見るまでそういうことを知らなかった人は言われても理解納得できないだろうし

世の中炎上ばっかり

好きなコンテンツがまた燃えた。

でも燃え気持ちが分かるから燃やしてる人に文句が言えない

仕事柄、コンテンツ運営側事情もわかるから運営にも文句が言えない

でも好きなコンテンツは確かに燃えている

消費者側の気持ち自分コンテンツを嫌いになる一方で

運営側気持ち自分コンテンツ消費者を嫌いになっていく

そのコンテンツから離れたいけど同じような仕事をしている以上離れられない(知ってると思うけど仕事を辞めるには労力も決意もお金もいる)

本当に辞めたいと思う

でもいつか辞められるときが来るのか不安になる

なあ、聞いてるかよ弊社

おれはお前の作るコンテンツも昔は好きだったんだぜ

anond:20221205153053

プラモパクリは脱したけど、せいぜい日本一企業並みバンダイ未満だぞ

原作になるコンテンツが無いので、それに縛られない見栄え重視の企画プラモが多いのはいいのだけどね

日本が勝ったって自分には関係ないって言ってる奴には何も関係ない

水星魔女で何が起きようと自分には何も関係ないって言ってる奴には何も関係ない

チェンソーマンで誰が死のうと自分には何も関係ないって言ってる奴には何も関係ない

コンテンツを消費するときにいちいち理由をつけないといけない奴は単にその可能性を自分で潰してるだけ

普通に関係があるように考えればいいのに

もったいない

ネット広告屋ヘイトを煽って罵り合い盛り上げた方が儲かる

広告掲載機会が増えるからね。

広告掲載する側も、広告コンテンツ整合性のために広告フィルターしてる物好きなんか殆ど居ない。

広告出す側はどこに掲載されるかをしっかり管理してるところなんてごく一部だ。

金のために罵り合いに油が注がれるってのが実に人間らしくていいね

思想おかしい友人の相手がつらい

身バレ防止のため1部表現を変えています

友人 なんて書いたけどかれこれ小学生からの付き合いだ。幼なじみ同然だろう。

友人Aはちょっと趣味が奇抜で、でも面白くて色々知ってる博識な真っ直ぐな女子だった。私たち小学校の頃からずっと遊んでいるし、成人してから交流は変わらず続いている。10年以上の付き合いだ。

しかし友人Aには困ったコンプレックスを抱えていた。青春コンプレックス恋愛コンプレックスだ。私が高校卒業してすぐ社会人になり、恋人ができた瞬間その言動は目立ってきた。

「長く続く彼氏がいて羨ましいから私も彼氏を作る。」

そう言ってほんとに友人Aは彼氏を作っていた。相手大学同学年の男だった。最初はおめでとう!とか恋バナできるね なんて言い合ってたのだが、その男が相当な曲者で、別れ際には友人Aだけでなく、こちらの誹謗中傷もしていたのだ。

誹謗中傷を知った友人は相当頭に来ていた。それもそうだ。私だって腹が立つ。元彼SNSフォローしていたがかなり酷い。陰謀論者が裸足で逃げるレベルバケモン男だった。

そこで何とか耐えて数年後に「初カレ失敗したな」なんて友人が言ってくれればいいのになと思ったがその理想はあっけなく崩れた。

元彼SNS粘着し、鍵アカウントから攻撃。私達も最初彼女元彼が憎かったのでやっていたがそのうち辞めた。

騒動が起きて数年後、まだ友人Aは粘着を続けていたので結構引いた。

それに加えて社会人になったからなのか「政府国民を○そうとしている!」「番号で管理されてる!」「給料が少ない!」なんて四六時中言うようになってしまった。

何年前だろう。老人が親子を轢いた悲惨事故の件でLINEが来た

「あの犯人を重い刑にするための署名に協力してくれない?」

その時から思想が少々過激であることは薄々気付いていた。やんわり断って、悪化しなきゃいいななんて思っていたが悪化していた。社会の荒波に揉まれてかなりやばい人間になっていた。恋愛コンプレックスも拗らせていたのであらゆる手で彼氏を作っては別れ、彼氏の嫌なところがあってSNS愚痴って別れた方がいいか?なんて質問してる割には全然別れず、歴代彼氏悪者にした上にこちらに向かって「長続きしていいな。羨ましい。結婚はしないの?」なんて言われた。あまりいい気はしなかったのでさすがに注意した。

まり恋愛にのめり込むな。恋愛以外に夢中になるものを作れ。政治的発言は敵を作るから辞めた方がいい。粘着こちらが完全に悪になるからやめろ。

通算4回ぐらいは同じことを話した。治す気配がない。恐らく友人Aは怒りをコンテンツにして暇を潰しているのだ。

何回言っても治らず今日も偏った思想政治発言をしているので、そろそろ友人関係を切ろうにもこのサイトゴロゴロころがってる友人を切った話のように切れない。

友人Aが嫌な彼氏と別れられないように私もまた友人Aと縁を切ることが出来ないのだった。

釣りであればいい記事内容だがほとんど事実だ。誰か助けて欲しい。

anond:20220904195056

女子高生がKーPOP聞いてるって、気づいたの、お前はいつ?

俺は1,2年前かな。だいたい皆そうでは?

 

からそろそろ、そういうキャラがまず漫画ラノベに出ていて、それがアニメ化したときに出てくるだろうね。

5,6年後かな。

 

アニメって日本コンテンツの中で一番盛り上がるけど、トレンド最先端では全然ないのよ。

周回遅れでブームが来る。

ここのところなろうアニメが売れてたけど、それは全部10年前の作品時代的には遅れてる、ってのが普通

anond:20221205081330

コンテンツの中身じゃなくて「誰が書いてるか」って属性ばっかり有難がるようになったから、こういう問題が出てきたんやろなあ

anond:20200320093927

米中対立が激しくなって以降、西側側もコンテンツ輸入を自主規制してるから

それ以前は中国映画の大作も中華アイドルもよく話題になってたでしょ

ゲームはそんな変化を感じないのよな

二年前に半年ほど連絡を取っていた知人が死んだ。自ら命を断ったようだった。訃報を受けてから一年が過ぎ、誰にも話せなかった当時の自分気持ちを吐き出すためにこの日記を書く。ここには教訓もなにもない。

知人のことを知ったのは、ちょうど新型コロナウイルス流行するあたりのまだ寒さが残る時期だった。いつものようにインターネット徘徊していたある日、趣味に関することを Twitter検索していると、ふと知人のツイートが目に留まった。なんてことのないツイートだったが、なぜか「おっ」となるような文体で、そのツイート自分リプライを送ったことをきっかけとしてしばしばやりとりをする仲になった。

知って間もない時期こそパブリックタイムライン上で趣味に関するやりとりをするくらいだったが、やがて DM を交わすようになり、趣味話題のみならずパーソナルなこともやりとりするようになった。どうやら知人は同い年の女性で、学生のころから今に至るまで、自分と同じようなインターネット上のコンテンツを楽しんだり、音楽を聞いたり、本を読んで過ごしてきたようだった。今でこそ SNS などを探せばいくらでも見つかるかもしれないけれど、学生時代には周囲に嗜好の合う友人もおらず、一抹の寂しさを勝手に抱いていたものだけれど、今になって話題の合う友達ができたようで嬉しかった。彼女も同じ気持ちと言っていた。

やりとりをするようになってから一ヶ月ほど経った頃には、週に一回のペースで LINE 通話するようになっていた。そんなある日、彼女から交際している相手はいるの?」という質問があった。自分には特定交際相手がいたためそれを伝えると、続けざまにさまざまなことを訊かれた。交際相手がいるのに他の女性とこうしてやりとりすることについてどう思っているのか、私はあなたにとってのなになのか、あなたは私をどう思っているのか。そして、あなた交際相手と別れて私を選ぶことはあるのか。そうした内容だった。

聞くところによると、彼女虐待サバイバーだった。実家を出るまでの十数年にわたり、両親からのひどい虐待は続いたそうだ。そして社会に出て自立してからも、長い歳月をかけて根付いてしまった自罰的なスタンスに苦しめられて、社会生活もうまくいってないようだった。社会に受け入れられるためには我慢必要で、しかしそれも続かずやがて心身に影響が生じてくる、現にいまも休職中なんだと彼女は言った。「そんななかで、何の前提もなく、何か口を挟むわけでもなく、静かに自分の話を聞いてくれる人が現れて、私は動揺しているんだ」。

自分は、「話題の合う人と知り合えて嬉しい、友人として仲良くやっていければと思っている。この先の人生がどうなるか、どんなことが起こるのか、先々で自分がどんな選択をするのかはわからない。少なくとも、いま自分から別れを切り出すことはないと思う」と答えた。自分は、自分人生自分意思コントロールできるものではないと思っている。転がるところに転がっていく、転がった道が人生になる。現にこれまでずっと、根無し草のように、流されるままに生きてきた。

彼女が納得する様子はなかった。自分には理解できないけれど、不思議な人がいるもんだねと笑い、「でもね」と続ける。「覚えておいて。誰にでも振りまく優しさは優しさじゃないから。野良猫を餌付けするようなものだよ。あなたは本当に残酷なことをしているんだと自覚してね」。今度は自分困惑した。意識して優しくしたり、そもそも優しく接しているという自覚もなかったからだ。他の人と接するときと同じように、ごく普段どおりに接しているだけなのに、そう言われてしまうと自分はどう振る舞えばよいのかわからなくなってしまった。「わかった」と答えて、その日のやりとりは終わった。

その日以降も彼女とのやりとりはぽつぽつと続き、新型コロナウイルス感染状況が落ち着いたタイミングで二度会った。もちろん、交際相手にはネット友達女性と会うと伝えた上でだ。やっぱり話題が合うこともあり、一緒に食事をしながらああだこうだと話をするのは楽しかった。二度目の別れ際、じゃあまたがあれば今度、と改札をくぐろうとしたときちょっと待ってと彼女が切り出した。「やっぱりあなた人間関係に対するスタンス理解できない、でも私のなかであなたに対する気持ちが大きくなってきていて苦しい、はっきりしてほしい」と。自分は、ついに覚えておいてと言われたことを忘れてしまっていた。

「難しいな」「何が」「何をはっきりさせるべきかがわからない」「私を選ぶことはあるのかを聞きたい」「あるかもしれないし、ないかもしれない、わからない」「じゃあ仮に私が他の人と付き合うことになってもいいの」「いいよ」「なんで」「それはそういう流れだったと思うから」「私がいなくなってもいいの」「よいかよくないかはわからないけど、寂しくはなるね」「寂しいだけ?」「それ以外にも感じるかもしれない」「私はいつかを待ってていいの」

あなた存在が私をひどく苦しめている、と彼女は言った。周りの人にあなたの話をしても、そんなやつは怪しすぎるってずっと言われてたし、私もそう思ってる部分があったんだ、とも。ハッとした。そしてこの数ヶ月にわたって自分残酷なことをしてきたんだということを思い出した。少し間をおいてから、ずっと苦しめてしまって申し訳ない、今日でやり取りをするのも終わりにしようと思う、これが君が思うはっきりさせるの帰結でないならなお申し訳ないと伝えた。彼女はなんでそうなるのと言いながらも、答えてくれてありがとうと言った。

「私はしつこいからまたメッセージを送ったりしてしまうと思うけど、独り言と思って開かなくてもいいから」そうして別れて以降、お互いに連絡を取ることはなかった。もしかしたら、彼女彼女の言うようになにかメッセージを送ってきていたのかもしれない。でも、あの日駅で別れたあとに TwitterLINEブロックたから、実際にどうだったのかはもはや知る由もない。

そんな日々も忘れて相変わらず流されるままに生きていた去年のある日、知らない LINE アカウントから連絡が来た。開かずとも内容はわかった。書き出しが彼女訃報だったからだ。プレビューで読める部分だけ読み、既読はつけずにメッセージは削除した。なぜ知らないアカウントからと思ったけれど、彼女の端末上から確認できる友だちアカウントに対して、親族の方が連絡をしていったようだった。文章は長く続いていたが、続きを読む気は起きなかった。怖かったんだと思う。

それから彼女が言っていたことを思い出す日々がしばらく続いた。彼女が死を選んだ理由ついて推測するようなことはしない。もし自分選択が異なっていれば、もしかしたら彼女選択も違っていたのかもしれない、なんてことも思わない。ただ、自分残酷なことをした相手であったことは、彼女から伝えられたように事実である。何気ない自分の振る舞いが、無意識のうちに振りまいていたらしい優しさが、大きく人を苦しめることがあるということを、この時期が来るたびに思い出すことになるだろう。

一年が巡りまた冬がやってきた。あいも変わらず、自分は苦も楽もない日々をふらふらと生きている。

2022-12-04

いい報告と悪い報告がある いい報告は東リベ最終回を読んだこと、

悪い報告は東リベ最終回を読んじまったってことだ

(上記から察することが出来ますが本エントリー東京リベンジャーズに対しておおよそ肯定的とは言えないものです。ご了承下さい。)

あくまで私個人意見だが、文句を言える作品は負の方向性であったとしてもそれだけ自分に響いたということなである意味『受け取らせる力がある作品』だ、と私は思っている。

標題のそれのアニメ一期を怒涛の勢いで視聴し、全巻買った。

最新刊に追いつき、マガポケ単話購入で最新話に追い付き毎週読んでいた。

破竹の勢いで人が死ぬじゃん。

私は震えていた。

それでも彼等は彼等の成すべき事を成し遂げて、その積み重ねの果てにきっと彼等の信念や葛藤が報われる結末が見られる事を信じて読んでいた。

は?

一言目の感想はこれだった。

それ以上でもそれ以下でもない。

視神経を通して脳に届いた東京リベンジャーズ最終回は、脳をそのまますり抜けていった。

ここで最初意見に戻る。

文句さえ…出てこねぇ…。

あんなに魅力的だったストーリーキャラクター最終回ではスカスカのハリボテにしか見えない。

問題作でもなく、駄作でもなく、最終回を迎え幕を引いた東京リベンジャーズは私にとって『無』そのものになってしまった。

アニメ2期が始まって需要が上がる頃に単行本を売ろっかな〜

最終回を読んだ私の感想はほぼそれだけだった。

ロクな文句も出ないまま過ごしており、それ故にほぼ東京リベンジャーズという存在さえ忘れかけていた私はふと気がついた。

最初の頃、場地の親御さんはどれだけ嘆き悲しみ息子の様子を気にかけなかった自分を責めただろうと胸を痛めた。

ドラケンがこんな道を選ばず幸せに生きられるように養子に迎えてやれんか?とキモい庇護欲を湧かせていた。

他にも色々庇護欲に塗れていたがキモいので省略するとして。

要するに私は物語を楽しみつつも、彼等が未成年であることからどこか「保護者寄りの目線」で見ているところがあった。

キモいのは承知の上で私はみんなに幸せになって欲しかったし自分とは全く違う価値観で生きているみんなの幸せってどんなものだろうな、と悩んでいた。

そして問題最終回、彼等は自分人生を生きてそこにいた。

ヤンチャして大人になって、物語としては旨味のない、数行のモノローグ説明できてしまうような人生を送って。

(勿論その全てに物語があるのは確かですが、東京リベンジャーズという作品表現してきたものから逸れる内容ではあると思うのでこう表現しています)

それってつまりみんな幸せなんじゃない?

私があの世界のみんなに望んでいた幸せをみんなは手に入れたんじゃないか

伏線が回収されていなくても、武道マイキーがやり直す前の世界であったことが無かったことになったとしても、私がみんなに望んでいたものをみんなは手に入れて、それを私は見届けることが出来たのに。

それを「無味乾燥」と一蹴してしまうって、なんか私って凄い無責任で冷たいやつじゃないか

勿論東京リベンジャーズは1つのエンタメコンテンツだ。

私は彼等を更生させる何かしらの人でもないしただ傍観しているだけの消費者なのだから作品に対してどんな感想を持ったってそれは余程社会性を欠いていない限りは自由だ。

言ってしまえば「たかだか娯楽にそこまで真剣に向き合う必要無くない?」という話である

でもさあ…素直に「みんなお疲れ様!おめでとう!先生もここまで描ききってくれてありがとう!この作品出会えて良かった!」って言えないのほんと悲しいんだよ…自分が言ったことの責任も取らず、向き合う気にさえなれないのがめっちゃキツいんだよ…

オタクって本当に気持ち悪いですね

anond:20221204132119

と、いい年こいてポケモンに執着してるオタクは言うけど

今の販売元は世界中女児(とその親)にも売れるようにしたがっているし

男児客も実際に買うのはその親(決定権を持つのはほぼ母親)なのでそちらに許容される商品目指すのは当たり前

日本のクソ狭い世界オタクなんかよりそちらの方が圧倒的に多くて購買力もあるわけだし

アニメなんかもそうだけど、オタクオタクの金で世の中回ってると思ってるけど

実際は子供向けの方がずっと動く金多いんだよね

口ばっかうるさくて金出さなオタクより子供とその親狙った方がでかい商売になるし、でかいコンテンツほどそちらを重視するのも当たり前

anond:20221202195741

https://anond.hatelabo.jp/20221202230458

もう読売新聞が一行見出し著作権を訴えてニュースサイトを訴えた裁判のことを知ってるネット民もいないんだなと。

読売伝統的にアンチネット。自社コンテンツ他者が使うのは1文字たりとも許さないって態度だった

デジタル無料記事は今の朝日毎日以上に文量が渋かった

流石に今はそれだけでは飯食えないと分かって緩んできて全文公開が増えたけど(Googleニュース問題とかでIT企業側の金払いが良くなったためである)、はてブ記事履歴を残すことは今も許しておらず、はてブ読売新聞URL指定して検索しても何も出てくることがない。

から、この前の村田兆治火災事故死のニュース読売新聞が「手にたばこを持ってた」って盛大に誤報してタバコの不始末で火事を起こしたように伝えて故人の名誉を貶めても全く炎上しなかった。

ネトウヨガーしかいえないネット民が増殖してるが

完全に左のネトウヨ化してて惨めだな

昔の在日認定立ち位置として壺認定ってのもできたしな

ネトウヨだった人間思想が寝返って今叩いてることバレバレなんだよ

でもある程度頭の良いコンテンツの界隈はそんな奴ばかりで悲しいな

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん