「手芸」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 手芸とは

2018-11-12

衣装持ちの人は…

着なくなった服を知人・友人に配るのではなく、極力バザーでもフリマでもネットオークションでも何でも良いので売ってほしい。

これは別に本人のお金儲けのために言っているのではなく、趣味の合わない服を押し付けられる知人・友人の迷惑を考えてほしいからだ。

たとえ持ち主本人が着ていればお洒落だった服でも世代趣味の違う人にとっては断りにくいやっかいものしかない。

私は職場の同僚経由で「こういう服があるからどう?」と勧められて無難な感じのブラウスを1枚だけもらったが、直接持ち主から勧められたら趣味に合わない服も断れなかっただろうなと思う。

あと、昔衣装持ちでお洒落な友人から「着なくなった服を引き取ってくれないか?」と言われて困ったことがある。確かに彼女の着ている服は可愛いものばかりだったが、当時の彼女の服のサイズは5~7号。9号でも試着しないと着られるかどうか分からないサイズの私に勧めるなよ。「サイズ的に無理」と断ったが、ボトムスは無理でもトップスは何とかなるんじゃないかとしつこかった。

頼むから要らない服は古着屋とかに持って行ってほしい。特殊サイズの人はなおさらだ相手が明らかに欲しがっているとか経済的に困っているならあげるのも一法だけど、着たい服を自力で買える人に自分不要処分押し付けないでほしい。

ちなみに先述の5~7号サイズの友人は、他の友人に「売り上げを全部自分のものにしていいかネットオークションとかで服を売ってほしい。」と持ちかけて断られたそうだ。当たり前だ。買った本人ですら面倒くさいもの他人押し付けるとはどういう根性だ。

あと、手芸好きな人があちこち作品を配りたがるのもどうかと思う。決して出来の悪いものではなくても趣味に合わないものは結局使わないのだ。最近レンタルボックスなどで気軽に自分作品を売ることができるのだから、そういう場所で、気に入ってくれる人の手に渡るのが一番良いと思う。

要らない服を配る人も、趣味で作ったものを配る人も「自分は金目当てでやっているわけではない」と言いたいのだろうけど、相手がそれを本当に喜んでいるのか考えてからやってほしい。

私はただでさえ片付けられない、捨てられない人なので、趣味に合わないプレゼントなんかもらった日には「余計なものを寄越しやがって」と逆ギレしかねない。自分もあまり人にプレゼントしないので、幸か不幸かそういう事態はあまりないけど、消えものでないものを人にあげるのは難易度が高いと思っている。

2018-11-11

anond:20181111213336

手芸屋みたいに、布やボタンを選ぶように、店内を歩いて必要機能の物を集めたい。

パイソンって言語なら、ネットを見て回れば必要機能が集まる気がする。

店員さんに聞いたら、おすすめ関数を教えてくれる

質問サイトにゆけば、オススメ関数を教えてくれる

型紙に基本設計があって、自分用にカスタマイズできる

オープンソースには基本設計があり、自分用にカスタマイズできる。

ハンドメイドプログラミング

オーダーメードプログラムを誰かに作って貰おうとすると300万以上必要だし、ハンドメイドみたいに出来ないものだろうか

  1. 手芸屋みたいに、布やボタンを選ぶように、店内を歩いて必要機能の物を集めたい。
  2. 店員さんに聞いたら、おすすめ関数を教えてくれる
  3. 型紙に基本設計があって、自分用にカスタマイズできる

2018-11-02

俺もやってみたい

面白い漫画読んだら漫画描きたくなるし、小説読んだら小説描きたくなるし、魅力的な絵を見たら絵を描きたくなるし良い芝居を見ると芝居したくなるし音楽作りたくなるし歌歌いたくなるし楽器弾きたくなるし手芸したくなるしプログラム組みたくなるし料理したくなるし写真撮りたくなるし人生時間が足りない

2018-10-09

anond:20181009083439

1.女が多い

2.男がやってても不思議じゃない。

女が特に多いと感じるのは料理とか、手芸とか、茶道とか?

英会話も男ほどじゃないが女もそこそこいる感じ。

ダイエットテニスランニングをしてるやつもいるかもしれんが、まだまだ男のほうが多い気がする。

2018-09-28

わたしにはゲームがない。

わたしにはアニメがない。

マンガもない。料理もない。釣りもない。キャンプもない。小説もない。創作もない。テレビもない。手芸もない。話術もない。車もない。バイクもない。自転車もない。体力もない。頭脳もない。度胸もない。愛嬌もない。

わたしは、廃棄物製造機。

2018-09-01

ぬいぐるみのおかげで引きこもりから脱出した

仕事関係鬱病になってからいわゆる引きこもりオタクを数年間やっていたが、二年程前に好きなキャラぬいぐるみを手に入れた。

Twitterで同じキャラぬいぐるみを愛でてる同士がぬいぐるみにピッタリの帽子を被せてあげたり、着ぐるみのようなものを着せているのを見掛けて自分も欲しくなった。

話を聞いたらそのかぶりものガチャポンの景品だというので、ガチャポン台がたくさんある近くの電気屋に時折足を運ぶようになった。

手芸屋に売っている麦わら帽子も買いに行った。

最初自分の部屋で着せ替えをするだけでも楽しかったけれど、被せた麦わら帽子を見ている内に

「こんな部屋の中じゃなく、外で遊んでいるぬいぐるみ写真が撮りたい」

と思うようになった。

最初は人が居ない時間に家の近くの公園写真を撮った。

ぬいぐるみは買ってあげた麦わら帽子かぶって陽の下でニコニコしていて、とても楽しそうな写真が撮れた。

それからしばらくして、数年どころか十年くらい振りに海に出掛けた。引きこもる前からインドア派だった為、あまり行こうとも思わなかった場所だった。けれどぬいぐるみ写真が撮りたくて行った。

公園よりも夏らしい、良い写真が撮れた。

地元では知り合いに会う可能性がある為、少し遠出をして写真を撮ってみたくなった。

両親には就職面接だと嘘を吐いて旅行に出掛けた。

自分の醜い顔が嫌いなので今まで旅先では風景を撮ることくらいしか旅の思い出を残すことはなかったのだが、大好きなぬいぐるみと一緒だと積極的に思い出を残したくなった。なんたって被写体が最高に可愛い写真を見る度に自分の顔を見て憂鬱にならずとも済む。楽しそうに旅を満喫しているぬいぐるみの姿に心の底から癒される。

旅先で写真を撮りまくって、自分にとっても良い思い出になった。

そうして、もっと色々な場所を旅してぬいぐるみ写真を撮りたい、と思うようになった。

三日から、新しい職場で働くことになる。

ずっと家に篭っていた自分を外の世界に連れ出してくれて、色々な場所を巡る楽しさを教えてくれた自分ぬいぐるみには感謝しかない。

世の中ぬいぐるみに救われたこんな人間もいる。

本当にありがとう、ぬい。

2018-08-07

anond:20180807151510

手芸とか料理趣味の女がいてもその趣味は男様に都合のいい封建的趣味ーーーーーー!とか

上記のような女が好みの男がいてもまさに女を家事労働奴隷とする封建主義的嗜好ーーーーーー!とか

非難したり辞めさせたりしようとしてるわけじゃないじゃん

規範否定する」ということはそういうことなんだよなぁ。

まして彼女自称フェミニスト」だぞ?

anond:20180807151022

別にエマワトソン他人の好みには口出ししてなくね

手芸とか料理趣味の女がいてもその趣味は男様に都合のいい封建的趣味ーーーーーー!とか

上記のような女が好みの男がいてもまさに女を家事労働奴隷とする封建主義的嗜好ーーーーーー!とか

非難したり辞めさせたりしようとしてるわけじゃないじゃん

2018-08-02

100均造花の花束

友人の結婚式の余興で、ブーケブートニア儀式というのをやる。各テーブルから新郎が1本ずつ花を集めて、花束にして新婦に渡すというやつ。

余興メンバーで話し合いを続けていて、プリザーブドは高いし生花は扱いが大変なので、造花にする方向でまとまった。問題は花の調達先。

一番乗り気の友人Aが、100均のやつで賄う気満々で正直引いた。

どれだけ節約したいんだよ…と思ったけど、「高いものをあげても新郎新婦に気を使わせてしまうから」「100均でもラメスプレーとかラインストーンで飾ればかわいくなるからだって

かにググると「100均の造花で高見え手作り結婚式!」みたいな記事がいっぱい出てくる。ほとんど新郎新婦向けだけど。

あとあと記念品として新郎新婦に渡すんだよ?

捨てるに捨てられない、キラキラデコられた100均の造花の花束って…そりゃもらうこと自体は嬉しいけどさ、置き場所悩みません?私なら悩む。ハンドメイドとか、そもそも自体、私が興味なさすぎるだけなんですかね。そういうのきっちり飾る家もあるだろうし…

Aは元々倹約家だし、今回も一番お金のことを気にしているので(「みんな生活があると思うから」って)察したい気持ちは山々なんだけど、100均でも全然オッケーだと思ってるのは単純に好みの違いでもあるんだろうな。

新婦の好みに合わせるのがベストだけど、正直わかんない。特に好きだと聞いたことはないけど、嫌いそうでもない。旦那さんとは面識がない。

なんかもう買ってしまいそうだったので、とりあえず待ったをかけて、昨日手芸屋と造花専門店を見に行ってきた。どれも100均よりは品良く見えるけど、一輪150円も500円も素人目には大して違わない。専門店アレンジメントの相談も乗ってくれるみたいだし。

私は地元を離れてそこそこの都会暮らしなので、地元でここまで造花の選択肢はないと思う。ちょっとお金かかっちゃうけど、私が良いのを買っていく方向で、折れてくれませんかね…。

なんか知恵袋みたいな愚痴だけど、友人が見そうな確率的にこっちにしました。

2018-07-23

声を当てる仕事は、やはりプロ声優に任せたほうがいい。

アニメ映画などで声優をそのへんの芸能人やらせることがあるけど、声優はやはりプロに任せるべきだと思う。

声優業もできる俳優ならまだ分かる。声優系のレッスンも学んできているはずだから

だが、ちょっと売れてる感じの若手芸能人などを起用するのが信じられない。

そもそもまともに俳優業としても演技ができていないのに、そんな芸能人に絵に合わせて声を当てるという仕事ができようもない。

声優さんがね、劇団所属していたりするのは俳優としてのレッスンもしているからだよと。

絵コンテに合わせて声を当てるレッスンもまともに受けてない芸能人が、多少即興でレッスンを受けたとしても上手く出来るはずもないわけだよ。

それを起用してしまう人たちにも問題があるのだけどね。

話題芸能人を使って宣伝したいというのが一番の理由なんだろうけど、作品として絶賛を受けて長く評価されたいのであれば

わずかなレッスンではなく、長期的なレッスンを行う必要が有ることを学ばないといけないし、芸能人側も限界までレッスンをしないといけない。

話題性だけで公開して「作品はいいのに声が糞」って評価を聞いてしまえば、最初映画館に行った人とファンくらいしかお金を払う人も減っちゃうわけで

次回作を…なんて話が出ても、どうせまた下手くそ芸能人を使うんだろう?というそういう話で評価が下がっちゃう

それって作品自体ももったいないし、芸能人評価ももったいないんだよね。

声優としての標準レベルまで出来上がっていれば、芸能人評価も上がるわけだし。

そういう事考えてないし、そこまでコストかけらんないわーって言う人が一時の話題で売ろうとすると作品台無しなっちゃうから

声優は本職の声優に任せるべきなんだよなと思う。

もちろん、芸能人声優を行うのであれば前述したように厳しいレッスンを乗り越えて声優として標準値を超えていればいいんじゃないかとも思う。

でも、実際の所そこまで上手いって人もいないし、結局失敗してる作品は多い。

となるとやっぱり本職に任せるべきなんだよね。

手芸イメージって

就活で書けそうな趣味、流石にアーケードゲームは駄目だろーと思って、手芸を書いてみることにした

だがここで一つ疑問が。手芸イメージって何なんだ?やっぱり洋裁かな?それか毛糸編みか

レース編みだと暗いイメージだろうか。どうなのだろう

2018-07-22

anond:20180722134803

ネトゲ露天商みたいな形でWeb閲覧用のシリアルコードとかを売ればいいんでね?

ブラウザ上とかでアバターキャラが売るのが味気ないならVRにしてもいいし。

コードの生成や自鯖がない人用の入稿データ置き場など準備会が手配する感じで。会場設営するよりよっぽど楽だろ。

メインの薄い本類はそれで十分では。製本化したい人はそのコード印刷屋に渡すなりすればいい。

製本コスト同人作家が背負うより、購入者各自で背負うのが自然だと思うし。

そうすると頒布代は数十円とかになって、製本代は1冊千円超えとかになる(共同購入的な仕組みがあれば別だろうけど)かもしれないけどね。

というか、fantiaにアバターライブチャット機能をつけるか、Vtuberがやってる販売機能つきのライブ大規模化するだけだよ。

バーチャルじゃグッズ販売とかはできないけど、もともと二次グッズは実質グレーどころかブラックからバーチャル移行の際に切り捨てていいと思う。

オリジナル手芸品は同人イベントじゃなくて別の場で売ればいいだろうし。

コスプレとかは知らん。本は本質的データからデジタル親和性があるが、

コス本質的に生身だからバーチャルライブ上で再現するのもおかしい気がするし、コスコス独立した新しいイベントをやるべきじゃないかね。

2018-07-18

家事は余裕。主婦ヌルゲー。

よく主婦主夫家事子育てが大変だとか、時給に換算すると、なんて話題が挙がる。けど、それがどうしても理解できない。

人それぞれ性質が異なるから「人による」と言われればそれで終わりだけれども。

私は新卒入社した会社に9年ほど勤めて、知人に声をかけられて転職して、そこで3年働いた。

その後いろいろと経緯があって主婦になった。

朝はお弁当と朝食を作り、家族を車で送り届け、洗い物をして、掃除洗濯アイロンがけや買い物を済ませる。夜は夕飯の準備をして家族を迎えに行き、夕飯を済ませたら片付ける。

庭の植物ペットの世話もある。子供ができれば子育てが加わる。意外と雑多な用事が生まれ時間を取られることが多い。特に子育てが加わると。

こうした一連の家事をしていて、経験して思うのは、とにかく働くことに比べると天と地ほど差があって、とにかく楽だということ。

子育ては常に流動的で、柔軟な対応が求められるので少し気疲れする。何か他のことをしていてもほっぽっていかないといけない。夜中も気が抜けない。

でも仕事に比べたら本当に楽だ。

子育てに関しては子供好き(ただかわいがるだけじゃなくて、実際に経験しないとわからない大変な世話を含めて)かどうかで大きく分かれると思う。本当なら子供好き以外は子供を持つと消耗するから持たない方がいいんだと思う。

主婦としての時間はどれくらいかかっているかと言われると難しい。

なぜなら項目としてあげられないような細かい作業も多いし、待ち時間も生まれしまうから。ただ朝は6時ころから、夜は24時ころまで何かしら手がかかる。子供が小さい時は夜中も。

それでも仕事に比べたらとにかく楽で、相手には申し訳ない気持ちが常にどこかにあった気がする。

仕事との一番の違いは、子供の世話も含めて基本的には自分ですべて時間タスクコントロールして効率的に進められる点。

そして、何よりプレッシャーがない点が大きい。

元いた職場は、ホワイト企業だったと思う。

外資系で、オフィス設備もきれいで最新だった。休みは前日でも当日でもいつでも好きにとれたし、私服OK。自宅勤務OKフレックスタイム制はいわゆるコアタイムもなく、個人裁量でいつどのようにとってもOKだった。

ただ仕事をしていると、とにかく失敗=会社顧客の損失であり、少なくとも表立ってはわからないできないが許されない。周りには基本的に敵(利害関係者)しかいない。

1つ1つの案件お金を出す顧客からすると重大事で、仕事が始まる前と終わった後にしか和やかな雰囲気は生まれない。

職種にもよるだろうが、少なくとも管理職になればこのような苦労が大なり小なりあると思う。

おそらく労働時間でいえば、主婦の方が長いとは思う。

でも、利害関係者に振り回されずに自分ですべてコントロール出来て、強いプレッシャーがない家事は、例え家事子育てでろくに睡眠時間がとれなくても、私にとっては楽で楽で仕方がなかった。たまに面倒くさくはなるけれど。

ある程度こなれてきて、空き時間を好きに使えるようになるとなおさら楽になった。

子供も二人目が中学生になって手がかからなくなってきた。

会社員として社会復帰しようかとも思ったけど、家族相談して自宅で事業を始めてみることにした。

まだ今後も家事はすべてやっていくけれど、振り返ってみても、仕事よりはらくちんだなぁという感想しかかばない。大変なことも楽しいこともあったけど、圧倒的に楽しかたことの方が多い。

から、なんで家事がつらいとか、家事いかに大変かをアピールしたがる人がいるか理解ができない。

よっぽど不器用なのか、生まれ持った資質として家事子育てに適性がないだけなんだろうか?それなら理解できる。

あるいは自分がしていることが大変だと周りに認められることで満足感を得ることが目的だろうか?それも理解できる。

でもそれだけでは済まないほどに、こうした意見を目にする機会が多い。

その一方で、ガーデニング手芸習い事カフェ巡り、お菓子作りなどの趣味を楽しむ余裕のある主婦も多い。

単純に辛そうにしている人は家事適性が低くて、そうじゃない人は家事適性が高かったっていうだけなのかな?

2018-07-13

高校生の時に「腐女子からイラストプレゼントされた思い出

高校生の時、「腐女子」というものを知らなかった。

途中で「おおきく振りかぶって」?というアニメが出始めた頃から

A子が狂い始めた。

昨日やったアニメの話になると

キャラAとキャラBがもうね~~(声にならない何か)!!!」と狂ってた。

授業中には絵を描いていた。

その何ヶ月かあとに私の誕生日が来た。

A子「増田ちゃん誕生日おめでとー!」

そういってA4サイズの厚紙を渡してきたのだが、そこに描かれていたのは

おおきく振りかぶって主人公が投球しているシーンだった。

アメトーークの絵下手芸人みたいに、体の構成ボロボロだった。

投球しようとしているのは理解できるんだけど、骨が何箇所かボキボキ折れてるようなイラスト

何より顔が全然似てない……絵の上手い小学生のほうが上手い……

とりあえず「ありがとう」はいえたもの

「私はおおきく振りかぶっては好きではない」なにより、特に好きなアニメ漫画も無い。

それなのに「自分の好きなキャラ(はぁと」と書いて下のほうに小さく「誕生日おめでとう」と書いてある

シャーペンで描かれたドヘタクソなイラストを捨てたくなった。

その翌年の誕生日には男同士でイチャイチャしているイラストをくれた。要らん。

私が描いたと思われるからマジ要らん。いじめコイツ

捨てたら呪われそうだからまだ家にあるけど、

こうやって「自分の好きを相手押し付ける」からオタクって嫌われるんだろうなと思った。

ネイリストだったというA美さんの御宅に遊びに行った際

赤いメタリックカラーアラベスク模様キレイな缶があった。

これ綺麗だねーって言ったら、カルディで売ってるクッキー缶に

スワロを貼っただけだよって言ってた。

夫にカルディに連れてって貰って、スワロを貼って欲しいと言って持って行った。

お礼は中身のクッキーチョコをあげると言ったら

全然足りない。どれだけかかるか手芸店へ行ってスワロを買ってみて貼ってみな。

そしてお金と労力がどれだけかかるか考えてみてから人に頼めと断られた。

田舎のため自転車圏内手芸店が無いため、どれくらいかかるか判りませんが

実際どれくらいかかるの?

2018-07-02

昭和30年代の見合い

80代なかばのウチの両親が見合い婚だということは子どもの頃から聞いていた。むかしのお見合いといえば釣書が行き交って、堅苦しい席が設けられてみたいなイメージがあって、ウチの親もそういうのだったんだろうと思っていた。仲人の婆さんが90代でまだ生きているのだけれど、どうせ頼まれ仲人なんだろうと思っていた。ところが意外にもそうではなかったということがわかったんで、忘れんうちに書いておく。昨日、親に頼まれてその家に届け物に行ったとき、婆さんが話してくれた。なお、場所大阪近郊の住宅地だが、当時はかなり田舎だったはず。

婆さんは、当時30歳ぐらいで、市場入口近くで小さな店を出していた。店にはいろんな人が来る。その地域ではヨソモノだったウチの母親や、その母親も出入りしていた(たぶん手芸関係の店だったように思うが、ここはきちんと聞いていない)。そして、地元百姓だったウチの父親母親も出入りしていた。

その頃、ウチの父親は、見合いを数十回繰り返し、全部破談になっていた。気に入った娘がいないというのが理由だ。その近在の年頃の娘は、だいたい総当りしてたんじゃなかろうか。なんでそんなワガママが通っていたのか知らない。末っ子から甘やかされてたんだろうか。

そんな愚痴を、父親母親は店に来てこぼしたらしい。そこで店番をしていた彼女は、やがてウチの母親となる若い娘を思い出したらしい。そういう人がいるが、どうか?

仕組まれ見合いというのは、こうだ。花婿候補になんのかんのと口実をつくって、その店まで来させる。何か用事をつくって、店先に座らせておく。そこに花嫁候補が通りかかる。こっちの方は、事情を知らされている。それでどんな男なのかを見てもらい、OKが出たところで紹介する。そういう手はずだったらしい。

で、実際にそれでうまくいって、その後は二人で難波かどっかに出かけて、トントン拍子に縁談は進んだ。仲人夫婦はまだ30そこそこで若いから、なにをどうやっていいのかわからない。結婚式はずいぶんとたいへんだったらしい。


イメージにあった古臭いお見合いとは、まったくちがっていた。そういえばたしかに、戦争が終わってしばらくの間は、「もう古いものはたくさんだ、これから時代若い人がつくっていく」という新鮮な空気があったとも聞く。それがいつの間にか変質していったのはなぜだったんだろう?

ま、おもしろい話を聞いた。

2018-06-07

TBSラジオに抗議するのだけはやめませんか

TBSラジオで毎週火曜に放送してるお笑いコンビアルコ&ピース番組が6日に発表した次週スペシャルウィーク企画内容がツイッター炎上してる。

タイトルは「アベンジャーズからファルコンを脱退させようSPアベンジャーズ新メンバーオーディション!」で、ファルコンファンのみならず数多くのMCUファン激怒し、ネットニュースにもなった。https://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/sponichin_20180607_0099

この件に関し、怒りのあまりTBSラジオや同局の審議会に抗議メールを送ったり、クレーム電話を入れているものもいるらしい。

これはあまりにもやりすぎな上、万が一局が企画を取り下げたらファンベースの拡大を妨げてしまう恐れがあると思うので、この文章投稿することにした。

お読みいただいた方は矛を収め、またMCU市場資する形で事態収束に向かうことを願う。

以下、簡単自分立場説明したい。

企画趣旨→超セーフ

企画不快感を示し、それを表明する→超セーフ

TBSラジオへ抗議→セーフだが、ファンとしてやめてほしい

TBSラジオ企画を中止→超アウト

ちなみに自分はMCU作品は一通り2回ずつ見てるがドラマエージェント・オブ・シールズのみ視聴、原作は読んでない程度のマーベルファンで、アルコ&ピースラジオリスナーでもないしファンでもない。以上を踏まえた上でお読みいただきたい。

「失礼。作品をみてない」「アベンジャーズには無くてはならない人物。許せない」「ファルコンは黒人差別に立ち向かうヒーロー。軽々しくネタにするな」「マーベル歴史を踏みにじるのか」「そもそもファルコンは強い」「人の好きなものを貶めるのは最低。公共電波でやることじゃない」

上記ツイッター流れる批判コメントの一例であるが、これらはほとんど「私が不快に感じるからやめろ」と同義である

特定表現不快だと表明するのは大いに結構だが、それを表現者本人や、雇用である媒体クレームとして伝えることについては注意して欲しい。いずれも正当な権利行使には違いないが、日本メディアユーザークレームに萎縮する傾向が強いことは周知の通り。つい先日もライトノベル作家ヘイトスピーチツイート問題視され、出版社が当該作品を出荷停止にしたばかりだ。(こちらについても、当該アカウントは壁を殴りたくなるような最低のツイートばかりしていたが、出版社だけは作品を守るべきだったと思う)

MCUはまだまだ日本国内ではマイナーと言わざるを得ない。そんな中でマーベルが「メディアで取り上げづらいコンテンツ」として認知されたら、Phase4へ向けた国内の盛り上がりに水を差ししまう。批判ツイートの中に「これでMCUが日本で上映しなくなったら許さない」等の意見もあったが、彼らのケツの穴はそこまで小さくないし、恐れるべきは市場規模の縮小ではないだろうか。極端な話、日本でMCUを見る人がいなければ、MCUを流す必要な無いからだ。

その点、今回の企画番組TBSラジオ視聴者減に繫がる可能性はあるものの、MCUのファンを減らす危険性は全く無いといえる。むしろ、MCUを題材に重要スペシャルウィークを費やすことで、今まで映画を見てこなかったリスナーファンベースを拡大させる機会ではないだろうか。

「『ファルコンが弱い』という間違った情報で広まるのはイヤだ」という意見もあるが、こちらについては何様のつもりだと問いたい。コンテンツがどういう形で受容されるかは受け取った人の自由であり、古参ファンにそれを統制する権利などない。そもそもあなたもそうだったように、ファルコンが強くて重要なのは映画を見ればわかる。まずは見てもらうきっかけを作るのが肝要ではないだろうか。

インフィニティ・ウォー』は全世界を席巻した超絶大ヒット作品だし、MCUは文化史に稀に見るスケール物語郡だ。その巨大さと比例した分だけの楽しみ方があってしかるべきだと私は思う。もし仮にお笑い芸人が「ロケットガーディアンズから追い出そうSP」などという企画ラジオ番組をやったら、私は憤慨する。該当芸人にはセンスが無いと罵り、「MCUはGOG2でロケットが見せた表情を描くために生まれた」等、ロケットの魅力について延々と語るだろう。願わくば別のラジオ番組で「ロケット慰留企画」をやってほしい。次は雑誌で「本当に使えないアベンジャーランキング」を特集してもいい。アメトークアベンジャーズ芸人放送した後、別メンバーアベンジャーズ手芸人をやればいい。理想的な形で波及することは無いだろう。でも、話題になれば話題になるほど、Phase4が終わったあとにMCUを語り続けられる相手場所が増える。

しかし、今は友人に「どのMCU作品が好き?」と聞いて答えられる人はほとんどいない。19作品中1つでも見てれば御の字だ。そんな現状で、ファンが自ら発信源を潰しにいってどうするのか。

 

おもしろさ、与える不快感は別として、現実には起こりえない「ファルコン脱退」と「新メンバーオーディション」を日本ラジオ番組でやるというのは、まるでMCUと現実世界境界線曖昧になったかのような奇妙な企画で、まさにMCU文化圏の拡大を感じさせるものではないだろうか。そういう意味では、ファルコンファン以外のMCUファンにとっては喜ぶべき事態かと思われる。そうでなくとも、TBSラジオを萎縮させるのは避けるのがベストだと私は思う。

以上の趣旨で、「ファルコン脱退企画絶対やり通してください」という題名メールTBSラジオに送った。私の同じような懸念を持つMCUが万が一いたとすれば、中止を食い止める一つの手立てとして参考にしていただきたい。

2018-03-19

最近思っていること。

どうしてもどこかに吐き出したくなったのでここで。

コスプレを、やめたい。

人生の半分以上コスプレイヤーをやっていた。

まだやりたい気持ちはある。

でも、もうやめたい。

アニメマンガゲームもずっとずっと大好きだった。

漫画の絵をまねて描くのが好きで、そこから絵を描き始めて同人イベントというものがあるのを知って、友達サークル作って参加した。

友達コスプレをしていて、楽しいよやってみたら?って、そこからどっぷりコスプレにハマった。

手芸とか裁縫はわりとすきだった、手先も器用と言われることが多かった、服を作るのが楽しかった。

同じ作品が好きなひとと話すことも、そこから仲良くなって遊びに行ったりとかも、新しい作品を一緒にコスプレしたりとかも、今度はこんなのやりたいねとかも、もうとにかくコスプレが楽しかった。

だんだん作れるものが増えたり、ほかのレイヤーさんをみてどうやって作っているのか考えたりだとか、衣装が形になっていく過程とか、写真がいい感じに撮れてるだとか、なんかとにかく全部が楽しかった。

…楽しかったはずなんだけれど。

最近この衣装すき!やりたい!!と思っても用意がまずだるいだるいというかやりたいけどそれを作って着て写真に落とすまでの過程を考えるとめんどくさいなって思っちゃう

撮れ高がよくないのは自分のせいでもあるけど自分が分裂できない以上他人にお願いするしかなくしかし言うて自分程度のものが撮ってもらって気に入らないからだめを出すのもはばかられ結局微妙写真がおおいとかほんとむり、時間かけても楽しさのリターンが少ないと感じるようになってしまった。

他にもいろいろと自分の中であるんだろうけど、楽しくないのである

なんだかんだ作って着たら楽しく思うんだろな、でもお金時間をかけて実行するものとしてこれは見合っているのかと。

材料衣装と道具で場所もとるし、楽しくないし、他に勉強したいこととかやりたいこととかあるし。

いやそのやりたいことをやれよ!って話なんだけど。

何かを表現したいとかで着てたわけじゃなかった。

楽しそう、手芸とか裁縫好き、キャラ衣装が着てみたい、そんだけだった。

でも欲が出た。形に残ってしまうし見れてしまうことが欲になった。

もっとキャラっぽくなりたい似せたい、写真がそれっぽく撮れたらいいなみたいな欲。

これ最近思ってることじゃないな、ずっと思っててそしていま書きながら振り返りとどうしたいのか考えをまとめているな。

しかたことが楽しくなくなったので、やめます

これだけ、のことなのに。

このキャラのこれをやりたいだとか、現時点でズブズブ沼ってるものだとか、やりたいのです。

友達とあれをやろうね、なんて約束もあるのです。

最低限そこらへんかたづけないとやめるにもやめられない、気がしている。

期限をきめて、やりたかったもの約束が守れなくてもすっぱりやめたほうがいいのか。

最低限やると決めたものだけやってそのままぬるっとフェードアウトなのか。

結論は出ない。

2018-02-23

妊娠したら生きる目的がわからなくなった

長文です。

20代後半で結婚、2年ちょいで自然妊娠生活は順調で、夫も優しい。恵まれ環境にある自覚はあるのだが、最近になって今後子供以外に何のために生きればいいのかわからなくなった。

私の趣味はあるアイドルの追っかけで、その繋がりでできた友人がたくさんいる。というか友人のほとんどがそれ繋がり。

しか最近妊娠したこと理由に遊ぶのを断るようになった。理由を伝えるとどの子もおめでとうと言ってくれたし、アイドルの最新情報が出れば今までと変わらずにラインをくれ、仲間外れにされるようなことも一切なかった

しかし、少し前に今年のツアー発表があった。友人たちとのライングループも盛り上がり、〇〇までなら行けるね、せっかくならついでに旅行しよう、全通したい、などのコメントが飛び交った。

その時に痛感したのが、ああ私はもう「これ」ができないんだな、ということだ。泊りがけの身軽な遠出、趣味のための散財、志を同じくする友人との交流

気持ちが落ち込み、何日かしてからたまたま実家の母に会う機会があったので、素直な気持ち相談したところ、「今はつわりのせいもあってネガティブな事ばかり大きく感じる時。体調が安定してこれば考え方も自然に変わる。それに追っかけを卒業するいい機会じゃない?」と言われた。

その時は「そういうものかな、自然にそう考えられるようになるのかな」となんとなくほっとして、そのまま家に帰ったのを覚えている。

そして最近つわりが終わった。少しだけ冷静になって、気付いたことがある。

もう私にはゴールがない。

心のどこかで子供が生まれるのがゴールだと思っていたが、そんなもんゴールでもなんでもないということに気付いたのだ。子供が生まれたらむしろ今よりも自由時間お金もなくなる。友人の中に「落ち着いたら連絡してね」と言ってくれた子がいたが、それって、いつ?

そうして更に気付いたのが、趣味を奪われた後の私には何も残っていないという事だった。

映画読書手芸などのインドア趣味もなく、テレビで盛り上がっているオリンピックの観戦にもこれっぽっちも興味が湧かない。旅行は好きだが、これだってアイドルの追っかけと一緒で身軽に動くような事はもうできない。

趣味の話ばかりしてきたが、それ以外の事だって全部が子供中心になるのだろう。私はそれに耐えられる自信が無い。母の言う「考え方が変わる」が私にはまだ訪れない。むしろこんな考えしかかばない私が妊娠したなんておかしい、よくない、妊娠したい人はたくさんいるはずなのにどうしてこんな私にと日に日に暗い気持ちが募っている。

Yahoo知恵袋などで似たような不安を抱えている人の投稿を見ると、「初めはそうだったけど胎動を感じる頃には愛おしくなってきました」とか「今となってはこの子のためなら何でも我慢できる気がする」とかのキラキラした回答ばかり。

これを書いている今も胎動を感じているけど、やっぱり私にはそういった考えが浮かんでこない。

このまま自由だった頃を美化してゴールのない人生を過ごすのかと思うと、いっそ早く死んでしまいたいとさえ考えてしまう。

何を目的にすればいいのかわからない。ゴールが何なのか決めてほしい。何のために生きているのか教えてほしい。中学生のような悩みをこんな年になってから持つなんて自分が恥ずかしくて、優しい夫や友人には絶対に話せない。

匿名ダイアリーがあってよかった。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん