「奉公」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 奉公とは

2019-11-09

anond:20191109224621

からそれなら強そうなホモは何で嫌われてないのか、おかしいじゃん

元増田の話を全然理解できないバカなら黙ってなよ

出世のために主君にケツ貸すような時代に戻りたくねえじゃん?

逆だろ

奉公でどんだけの栄華が生まれどんだけの家が滅びたと思ってんだ

二十年とか合戦で命を張り続けてようやくチョボチョボの所領を安堵してもらえる時代

ひとつ出世できるなんて超いい話だわ

殿の小姓や若郎党なんていうのはほとんどがいい身分の家来の子弟だぞ

お前はホモに関する歴史認識からやり直せ低学歴

2019-11-08

anond:20191108173844

いろんなメンバーがいて興味深いね

抗男では有名なリーダー格の人がいるんだけど、それ以外にも烈士と言うべき奉公心を持つ人もいたりする

ハテブはリベラル梁山泊として愛読してる

2019-10-22

ニートだけど死亡保険1500万くらいかかってるらしい

最後奉公するか

2019-10-03

20年後の日本その2

女子容姿端麗に生まれもの金持ち養子として引き取られるか

もしくは住み込みとして奉公に出ることができる

女児一人80万円が相場だそうな

2019-08-15

何度も股間を蹴られながら玉音放送現代語訳したら

私は世界の情勢と日本の現状を深く考えた結果、緊急の方法でこの事態を収拾するべく、忠実なあなた臣民に告っぐうううう!?

あっ、あがが……んん……わ、私は政府に対しぃ、「ア、アメリカ、イッ、ギリス……はぁ、はぁ、中国ソビエト連邦に、共同宣言を受諾する旨を伝えよ」と指示おぅぶっ!!

うん~!! うん~~~~!! あぁ……に、日本臣民がぁ、へ、平穏無事に暮らし、暮らっぐぅ!? か……は……ア、アメリカイギリス、うう、日本の自立……他国領土ぉ……。

はあ、うう、ああ……せ、戦争は4年も続きぃ、陸海将兵の勇敢な戦いぶりも、多くの官僚努力も、い、一億臣民奉公も、ふぅ、それぞれに最善を尽くしたが、戦況は好転せずぅぃ!!

はっ! はあっ! きぃ~~~~~……はっ、はっ、ぢょっと待っで、終戦の詔待って、うぅ~……はっ、はっ、ゴホッゴホッ!

はあはあ、よ、よしOK……こ、このまま戦争を続ければ、日本民族の滅亡を招くだけでなく、人類文明破壊してしまうだろう。

そんなことになってしまえば私はどうやって日本臣民を守り、歴代天皇の霊に謝罪できるのか。それが共同宣言を受諾するよう政府に命じっ…………!

が……くぅ……そ、そこだめ、朕のチンだめ……わ、私は、東アジア解放おぐ!!! ごおっ!? 

………………………………ぁ………………………………ぅぁ………………………………。

こ……これから股間は、じゃなくて日本は、とてつもない苦難を、受け、受けるだろう……私は時の運命に導かれるまま、耐え難いことにも耐えんっ!!!

……ぐぅ、我慢我慢我慢ならないことにも、我慢して、我慢して、平和の、平和の道を、開きき……。

ふぅ~……ふぅ~……大丈夫、いける……わ、私はここに、国体を護ることができ、忠実な臣民真心に信じ、常に臣民とともにある。

感情のままに争いごとや問題を起こしたり、仲間同士が互いを陥れたり、時局を混乱させたりして、道を誤り、世界の信用を失うようなことになれば、それは私が最も戒めたいことだ。よし。

国を挙げて家族のように団結し、日本の不滅を固く信じいんっ…………!! ああああ!! 国の再生と! 繁栄責任は重く! その道程は遠いことを心に留めっぐぅん!?

はっ、待って、待って、待って、おぐ!? ほっ! ほおっ!? ……ぁっ…………総力、道義世界の流れぇ……。

あ、あなたがだ、じんみんは、これが私の意思だと、意思だとぉ……理解オェェェェェ!!

2019-08-04

僕の転職理由

エンジニア、5年目。今月いっぱいで2社目に転職する。

慌ただしい日常の中で数年後、なぜこのとき転職を決意したのか理由を忘れそうな気がしたのでここに書いておく。

きっかけは信頼していた先輩社員転職だった。有能だが人のいい先輩だったので僕より先にやめることはないだろうと思っていたら5月にあっさりやめてしまった。

それでああ、この会社は本当にもうだめだと思ってしまった。

以前からやめたいと思っていたのだが、その理由はいくつかある。

別に子会社でもないのにうちの部署だけ謎に隔離されており、働くフロアslackワークスペース隔離されていること、

横断的技術推進部署があるにも関わらずうちの部署だけはそこから覗かれていること、

esa.ioなどドキュメンテーションベースがこれまたうちだけ隔離されていること、など。

おまけに部署の売上は10年以上前ガラケー時代サイトの会員がそのまま移行して毎月ほとんど気づかず払っている会費に依存していた。いわゆる幽霊会員だ。

入ってから5年、それなりに頑張って働いてきたがそれが成果に紐付いている実感がないこと、成果とのヒモ付で議論されない理由入社後ずっと立ってからわかった。

まりこの部のエンジニア努力はここ数年なんの成果も生んでいない。

この問題の主要因は何を作るべきかを決める人間、つまり部長にあるのだがこいつが何も成果を出さない、出せていないにもかかわらず7年以上に渡ってその地位に居続けているクソ野郎で僕ら平ではどうしようもないという無力感がはびこっていた。

まあ、つまりそういった環境というより部長絶望したっていうのが主な理由になる。

同僚の中にはい人間もいたし、世話になった上司もいたがここにいてはこの無力感に体を侵食されて何もできなくなる未来が見えていた。

最後奉公とばかりに内部監査や外部弁護士パワハラ証拠を送ったり、会長メール改善要求を直訴したがどうにもならなかった。

新卒入社した会社愛着もあった。これから何十年でも働いてもいいと思える上司・同僚だったが、現実的な話この会社10年後も健全独立経営していられるかも怪しい気がしてきた。

そういうわけで、一抜けます。恨み言もありますがそれなりに頑張ってください。

2019-07-05

アメリカ映画を観た思い出について約10年前祖父に聞いてみた記録

※本人より聞いたまま書いたため何処まで正確な事柄なのか不明

祖父、当時83歳)

――初めてアメリカ映画を観たのは何才頃でしたか

映画昭和14年の10月ごろから観はじめた。当時14歳で静岡県浜松市の卸問屋丁稚として働き、主にそこの配達仕事をしていた。その仕事にある程度の余裕ができてきたので、暇なとき映画を観に行けるようになった。映画館で映画を観たのは海兵に志願する前の18歳頃までだった。行っていた映画館は何軒かあって、機場町か塩町にあった「浜松アズマ座」、連尺町の「松竹館」、「浜宝映画」に主によく行っていた。その中でもアメリカ映画などの洋画は、「浜松アズマ座」でのみ見ることができた。映画会社の協定か何かで決まっていたらしいね映画館には、フィルムの新しい、最新映画を見せる封切り館と、何ヶ月かまたは何年か前の映画を見せるところと二種類あったが、「アズマ座」は封切り館ではなかったので、たまにエノケン榎本健一)の、まげものコメディ映画らしいです)を最新作として上映していたほかは、何ヶ月か、または何年か前の古い映画の、特に洋画を流していたよ。当時映画は2本立てが普通で、それに加えて短いニュース映画がついていた。(ニュース映画は、戦時中だったためかなりプロパガンダ色のつよい内容だったようです。)邦画邦画邦画の2本だったけど、洋画を見るとき邦画洋画一本ずつがセットでの2本立てだった。洋画の方が邦画に比べて長かったからじゃないかな、だいたい洋画が1時間半くらいで、それに短めの邦画が一緒にやっていた。

――洋画を観に来ていた人達の年齢層は?

洋画を見に来ていたのは、若者が多かった。英語を習っている学生なんかも多かったよ、映画字幕だったから。自分も観ているうちに「カモーン」などといくらか覚えた。昭和12年頃はトーキー(声が入っている映画)と無声映画に弁師がいたのと半々だったけど、自分映画を見はじめた頃にはもう大体今みたいな映画だった。あと、洋画は、高校生以下は保護者同伴でないと観に入ってはいけないという決まりがあった。自分学校に行ってなかったか関係なく観ていたけども。

――どんな映画を観た?

初めて観たのは「ターザン」。20世紀フォックスだったかの、ハリウッドもの映画だったよ。主演のターザン役が何回も変わっていて、ターザンシリーズは4本くらい観たことがある。バスタークラブがやっていたのは覚えている。(バスタークラブが主演を演じたのは「蛮勇タルザン」(1933) Tarzan the Fearlessターザン役をやっていた奴は皆、オリンピックとかでメダルを取った選手だったみたいだよ。でも、「ターザン」を観た、と言ったら「そんなもの観るなんてガキだ」と奉公先の年上の人たちに馬鹿にされた。その次に覚えているのは、「ジェロニモ」。昭和15年に観た。タイロンパウアーが出ていた。(タイロン・パワーのことだと思いますしかタイロン・パワーは「ジェロニモ」に出ていないようなので人違いでしょう。)アメリカマフィアやなんかのギャング映画あんまり受けてなかったなぁ。よくわからなかった。見た中で一番印象に残っているのは「再会」(1944制作原題TOGETHER AGAIN日本公開は1947年。このため、祖父が実際にこの映画を観たのは戦後であるのかもしれない。) シャルル・ボアイと、女の方がアイリン・ダンがやっていた。記憶喪失した女性が何年かして再び記憶を取り戻す話だった。

――その後は観る機会はなかったのですか?

19歳から兵隊として海軍へ行っていたので観られなかった。横須賀の竹山海兵団に3か月、そこで試験の成績がよかったので、飛行機整備学校へいって飛行機の整備についての勉強をしたよ。戦争も終わりの方だったから、整備学校では4か月ですべての事を勉強させられた。そして海軍整備士として働いていたのだけど、そこで娯楽として洋画が観られた。教育間中や、新兵にはみせなかった。「進め竜騎兵」(1936年制作)「ドナウ川さざなみ」(詳細不明)「青きドナウ」(1963年公開のためこれも記憶いか?)などを観た。あまり色んな種類がなかったらしく、同じ映画を何度も観せられた。

――なんで軍隊の中で観ることができたの?

敵の情報を知るため、というのが名目だった。でも、軍でみているということは他言してはいけないといわれていた。アメリカ映画を娯楽として観ることができたのは海軍だけだったみたいだ。映画フィルムは、映画から取り上げたものを上映していたらしい。映画を見るときは夕食を30分早くやって6時以降に観た。右舷、左舷と二つのグループに分かれていて、交替で観ていた。その頃は就寝が8時、飛行機の整備のためにパイロットの連中よりも1時間早く朝2時に起こされ飛行機の整備をしていた。

――戦争が終わった後は観に行った?

戦争が終わった後は、映画なんて見ている余裕がなかった。戦後すぐは警察官になっていたので、仕事の見回りで映画館にも観に行ったことはあった。でも昔ほどは興味がなくなり、外でたばこを吸ったりしている時間が多かった。

anond:20190705071613

小売り店舗使用人は昔から薄給だよ。アパレル家電量販店スーパーマーケットも。

昔の丁稚奉公なんて衣食住は与えられたけど基本無給。盆暮れに小遣いをもらう程度。

外国飲食店ウエイトレスとかは雇用からは無給で、客の置いていくチップ収入源。

2019-06-28

anond:20190627202643

ある高校3年生の意識が丁度200年前の江戸時代に暮らす同年代青年に憑依した、というifものです。

カラクリ好きのご隠居様の工房奉公している八兵衛さんに、現代知識もつごく一般的レベル高校生の意識が憑依し、ご隠居さんに知識を漏らしていきます

その結果、その時代には存在しない機械計算機計算尺ベアリングなどの発明が行われた」

という話です。

https://ncode.syosetu.com/n9681ec/

2019-06-04

anond:20190604081625

子育てには失敗したし、悪い結末にはなったが、社会に対して最後のご奉公ができた」って感じに見えた。

2019-06-02

anond:20190602105424

俺もそう思う。少しまえ起こった織田信長暗殺事件も同じ。

マスコミ信長がどうたら報じているけど。

普通に考えれば、御恩と奉公を忘れた老将軍の身勝手な凶行であり、これにも同情の余地はない。

加害者寄りのマスコミ世論は、おかしいと思う。

海上技術学校海洋大学海洋大学院→民間に進んだけど

俺の婆様は死ぬまで俺が海自で働いていると信じていた

何度説明してもその時は「あぁそうなのかい」と理解を示すが、数ヶ月経つと近所との何気ない会話で「自衛隊って大変なんでしょう?」と言われ毎度毎度「あっ・・・ちゃんですね・・・」と説明するハメになっていた

近所の人の話を聞いてると「ウチの孫はお国のために海上自衛隊奉公してる。東日本大震災とき熊本とき国民のため物資を運び日本の役に立っている。私には勿体ないくらい出来た孫だ」と意気揚々に語っていたらしいのだ

いや東日本大震災熊本地震の際に物資を運んだのは確かなんだ。そしてそれを津波心配した婆様に説明したこともある

しかし、いつの間にか婆様の中で俺は海上自衛隊災害最前線で働いていたことになっている・・・災害現場へ寄港したのは確かだが違うんだ・・・違うんだよ婆ちゃん・・・

亡くなる数年前くらいから俺も説明が面倒になり、近所の人から自身の噂を聞くたびに何だか婆様の夢を壊すのも難だし、もう海自で良いやと開き直ってた

たぶん海上自衛隊海自海上技術学校の海技が混ざっちゃってたんだろうなぁ・・・

婆様が亡くなる少し前に婆様から島国日本のツワモノとしてお国や民を裏切る真似しちゃいけないよ。アンタが死ねば次は家族や友が(兵隊に)取り立てられる。裏切らず死なずの奉公をしなさい」と言われたのを今でもしっかり覚えてる

俺はずっと裏切らず死なず物資を運ぼうと思う

2019-05-31

anond:20190531001626

結婚したら親の家を出て、夫婦子供だけの「核家族」を作り、ローンを組んで都会に家を買う、というのは高度成長期バブル期だったからこそできた贅沢だったのです。

1960年代までの日本では、抽選に当たらなければ住宅金融公庫から住宅ローンを借りられなかったくらいです。もちろん戦前には住宅ローンなぞありません。

戦前より以前は、長男夫婦は親と同居し、次男以降は使用人みたいな生活を送るか、丁稚奉公にでるかという感じだったのです。

もちろん令和の世に戦前回帰などできるわけはないのですが、人口が減少していくのに今までみたいに新築をどんどん建てていくことも無駄ですよね。

夫婦どちらの親でもいいから、頼れる親がいるなら頼って財産を引きつぎ、地縁血縁生活を回していくことを見直すときがきているのです。

2019-04-12

ディズニーDXでマイティ・ソー第一作みるけど

タイトルからいって丁稚奉公みたいな少年が、誰にも抜けなかった伝説のノコギリを抜くことによって

スーパーパワーを手に入れて活躍する話だと思うんだ

2019-04-10

anond:20190410145852

そうだよなー

御恩と奉公なんて古い考えだよな

2019-04-06

ロスジェネ非正規の職探し

アラフォー非正規場合、どういう仕事に就けばいいのか考えてみた。

考えるポイント

老後の生活

年を取っても働ける仕事経験を蓄えたい。

警備や清掃はまだ早い

60歳過ぎてからでもすぐに見つかるような仕事もったいない

少子高齢化社会

中年になったロスジェネ世代若者世代相手にされると思ってはいけない。

そして年寄りが爆増する世の中で何ができるか考えなくてはならない。自分の親も年寄りだ。

具体的な仕事

調理師とか理美容師とか

お金があったら手に職つけるための学校行って資格取る。店さえあれば死ぬまでできる。

家電量販店とかケータイショップ店員

こういうものに疎い年寄り相手スタッフはこれから時代必要人材

農家になる

ポツンと一軒家のテレビ番組を見ていると、農地と家さえあれば生きていけそうに思う。

庭師

庭つきの家に住む高齢者自分で庭の手入れが出来なくなってくるから

葬儀屋遺品整理みたいな仕事

時代ニーズ

伝統工芸職人

後継者不足は長年言われているし、中年からでも奉公先さえ見つかれば60になる頃には職人になれるのでは。

家業があるなら跡を継げ

サラリーマン家庭に生まれると、商売をする資本がない。ローンのついた家ぐらいしかない。

親とはいろいろあったかもしれないが、頭を下げて家に帰ろう。

「親の代で廃業かな…」って思ってるなら譲ってくれ。

他になんかある?

もっと思いつくかと思ったけど思いつかなかった。

2019-03-11

一緒に暮らしていた文鳥が落鳥した

つい先日、一緒に暮らしていた文鳥が落鳥した。落鳥という言葉一般的なのかな?平たく言うと、死んだ。5歳なので、中年からおじいちゃん差し掛かったあたりのイメージだと思う。風邪からの炎症がひどくなっていて、冬の換羽を乗り切れなかった。

いつものように仕事から帰宅して枝の上にいるはずの文鳥に「ただいま」を言おうとしたら、いるはずの場所におらず、ケージの網の上に横たわっていた。見た瞬間「あ、これはもう生きてないな……」と分かったけど、現実をうまく受け止めることができず、ケージから亡骸を出して手の上で温めたりふわふわの羽で包まれた体を撫でたりしていた。しばらくして冷静に観察して嘴が少し黒くなってきていること、足の指に血が通っている気配がないことを確認して、全部終わったのだときちんと頭で理解することができた。「コンビニで買ってきた晩御飯、温めてもらったしな……食べないと冷めちゃうし……」と思って、亡骸を綺麗な白いタオルハンカチの上に乗せて、まずは落ち着こうと思ってご飯を食べた。当人はその時はいたって冷静なつもりだったけど、今考えると全く冷静じゃないな……。

ご飯を食べ終わって、恋人に報告しなきゃと思ってLINEを送った。すぐに折り返しの電話があって、状況を冷静に伝えようと喋り始めたところでボロボロと涙が出てきた。父親が亡くなった時は涙ひとつこぼさなかったのに、多分人生で一番泣いたんじゃないかな。電話を切ったあと、ネット文鳥火葬方法火葬するまでの保存の方法について調べた。冷蔵庫に入れておくとしばらく保つと書いてあったので、申し訳ないけど週末まで冷蔵庫に入っていてもらうことにした。

翌日は「家の事情で」と会社に連絡して午前半休をもらって、火葬の依頼の電話をした。なんでか、電話をするまでに随分時間がかかった。かけるまでの間にまたちょっと泣いたりしていた。仕事が忙しい時期だったのでなんとか気持ちを切り替えて平日を乗り切って、ようやく昨日、火葬して送り出すことができた。

思えば一緒に暮らした4年半くらいの間、ずっと文鳥に支えていてもらったように思う。人生において一番シンドい出来事が起こったときに、ペットショップで予約していた文鳥が「一人餌(自分で餌を食べられるようになること)になったから引き取りに来てください」と連絡があった。タイミングが良すぎて、運命かな?と思った。

初めて我が家にやってきた文鳥は慣れない場所に戸惑って、ずっとまんじりともせず動かずに無表情だった。餌も食べず水も飲まないから(文鳥は警戒心がとても強い)「大丈夫かな……」と、文鳥が神経質にならないよう布団の中に隠れてずっと観察をしていた。ようやく餌をついばみ始めたときに「やっと大丈夫だー!」と、ホッとしたのを覚えている。

家に来てしばらくして下手くそな歌の練習を始めて、ようやくちゃんとオスだと分かった(大まかなオスメスの見分け方はあるけど、ちゃんと分かるのはオスは求愛ダンスを踊ったとき、メスは卵を産んだときだと思う)。幼い時は手の中が大好きで、放っておくと手の中に無理やり入りこんできた。大きくなってからは相変わらず手が好きで、でも幼い頃ほどではなく、たまに「仕方ない、入っててやるか……」と握られてやってる感を出すこともあった。春も、夏も、秋も、冬も一緒で、仕事が終わって帰ってきたら放鳥して毎日必ず遊んだIT戦士の家庭なので、他所文鳥より生活が不規則ではあったけど(すまん、文鳥)、仕事から帰宅すると大体「出せー」と言わんばかりにチュンチュン鳴いた。

毎日一緒に遊ぶ時間とられて、自由になる時間が少なくなる」とか、

文鳥いるから長期の旅行できない」とか、

「飲んで帰った日も文鳥のお世話しないと」とか、

そう思ったことがなかったわけじゃないけど、でも、そういうんじゃないんだよ。いなくなったら意味ないじゃん。なんなんだよー、ちくしょうちょっと落ち着いたと思っていたけど、また涙目になってきた。

こうやってここに書いたのは、なんとなく今日気持ちをどこかに残しておきたかったのと、気持ちを整理して日常を取り戻したかたから。辛くて悲しくても、腹は減るし、時は進むし、働かなくちゃ食っていけないし。日常をどうにかして「やっていく」しかない。

飲酒をしながらこれを書いてる。こんなに長い文章あんま読んでもらえないだろうけど、もし読んでくれる人がいたならありがとうと言いたい。

今まで一緒にいてくれた文鳥には、ただただ感謝しかない。本当にありがとう。「10歳を超える長寿の子も!」と言われる中、長生きさせてあげられなくてごめんなさい。夢の中にも出てきてくれてもいいよ。お盆に帰ってきてくれてもいいよ。四十九日までの間はケージは片付けないでおくから、帰ってきたら揺らして知らせてほしい。(でも実際やられるとホラーだしビビりそう……)

自分が死んだら虹の橋でもう一度会えるはずなので。それまでの間、もうちょい待ってて。またね、文鳥

追記

初の増田投稿なのにこんなにたくさんの人に暖かい言葉をもらえてとてもありがたい。全部のコメント読ませてもらってます

四十九日待たずあの世に行ける、というのはホントに良い情報でした。1分1秒でも早く文鳥ハッピーになれるなら、それは何より素晴らしいことだし。

死に目にあいたかったなと思っていたけど、その瞬間を看取る辛さもあるんだね……。

これだけは言っておかねば。文鳥暮らした日々、「こうすれば良かった」「ああすれば良かった」という後悔はあれど、お迎えしたことを後悔したことは一度も無いです。また将来一緒に暮らしたいなという気持ちはあるけど、まあ当面はないかな……。

とりあえず文鳥へのご奉公が終わったらしようと思っていた、二泊以上の旅行に行こうかなと今は思ってる。ハワイ行きたいんだよな、野生の文鳥いるし。色んなところに行って、後々にウチの文鳥にその感想を伝えたい。

2019-02-28

anond:20190228084610

さあ みなさん 今から私の言う事を復唱しましょう

アベノミクスアベノミクスアベノミクス

納税するぞ!納税するぞ!納税するぞ!

財布の中身を破壊するぞ! 財布の中身を破壊するぞ! 財布の中身を破壊するぞ!

納税できて嬉しいな! 嬉しいな! 嬉しいな!

いっぱい納税できて嬉しいな! 嬉しいな! 嬉しいな!

奉公するぞ!奉公するぞ!奉公するぞ!

これがわたし人生を転換するただ一つの方法である

これがわたし人生を転換するただ一つの方法である

2019-02-21

anond:20190221164407

戦国時代にはすでに尻奉公って言葉があった

見習いで入った小姓時代に偉い人と体の絆を持つん

2019-02-10

居眠りされて受験失敗した人がいる

誤字ではない。

居眠り「した」のではなく「されて」受験に落ちた人がいる。この理不尽さを誰かに吐き出したく、殴り書きさせて頂く。

身分はぼかして書くが、とある国立大学大学院における選考会議の様子を把握できる者だとだけ言っておこう。

言うまでもなく選考過程を漏らすのは御法度であるフェイクも多々入れるが、多めに見てほしい。



詳細を記す前に、まず大学院選考方法説明する。といっても甚だ単純で、基準基本的に「教授が忙しい間を縫って面倒みてやってもいい論文が書ける学生判断たか」の一点に尽きる。こう書くと随分いい加減に思えるかもしれないが、基本的研究というのはプロ同士であっても「こんなの研究と認めたらこの分野崩壊するわ!」とか平気で批評しあう世界なので、ましてやペーペー学生研究価値あるかな真剣議論しても満場一致の答えなどでない。よって、直接面倒を見て博士論文指導をする教授に一任されるのである。無論、ある程度外国語技能や専門分野の知識のチェックはされるが、レベルの高い大学ほど論文が全てという傾向は強い。何か国語話せようが知識が凄かろうがあまり関係なく、教授に「この研究自分、ひいては業界の役に立つ」と思わせるのが肝要である。当然、コネによる入学担当教授暴走を防ぐ為に「副査」と呼ばれる、一緒に論文をチェックする人もいるが、副査は指摘すべき点がない場合はまあ無難な点数を出す。担当教授(主査)と違って、専門分野ではないか評価が難しいし専門家が採るといってる者を落とす理由がないからだ。よっぽどのことがない限り、主査が入れる気があるかどうかで可否が決まる。

特に、この大学絶対博士号をとらせる大学(学生向けのキャッチコピーではない。国がそういう事業の一環として認定し、補助金も多く出している)である博士課程というのは卒業すれば博士号がでるわけではなく、むしろ在学中にとれない人の方が多く、所謂満期退学」になりその後何年も経ってから博士号をとるのがスタンダードなのは有名な話だが、この大学殆どの生徒にとらせるべく指導するというわけだ。これが何を意味するか。めんどくさいのだ。博士号とらせなきゃいけないからといって、基準が緩くなったりはしない。日本ではなかなか貰えない博士号を、確実に取らせなければ怠慢と言われるのである。当然、教授負担は大きく、できれば採りたくないとさえ考える人も多い。そのうえ、この大学は方々から国にスカウトされてきた研究者が教授になっており、それぞれ現役で研究に励んでいる。というか、研究所に大学がくっついているという状態なので、教授はそれぞれ優秀故に「自分研究者」という意識が強く、彼らにとって学生指導副業である職人丁稚奉公みたいな関係、というと分かりやすいかもしれない。本来自分研究だけでお金を貰える人が、そんなにできるなら学生も見てよといわれるわけである。当然給料はいいし研究費もたんまり貰えるが、まあやりたくない。大学側も研究でも成果を出してほしいので、毎年わずかな生徒しか入れず、教授たちはそれぞれ数年に一人担当すればいい方だ。つまり、採ったら最後責任が重いし採らなくてもそんなに怒られない。故に、プライドが高く研究意欲のある教授がと重い腰をあげた時点で合格というわけだ。だいたいこんな風にして合否は決まる。

長くなってすまない。本題に入ろう。

居眠りしていたのは主査(実際に面倒を見る予定の人)ではなく、副査(担当しないが論文チェックはする人)だった。

長々と書いた通り、この大学学生を採るというのはめんどくさい。しかし、おとされた学生幸運にも主査合格点を出された。何人かいる副査も無難合格点、人によっては少し高めの合格点をつけたりもして、問題なく入れるはずだった。しかし、一人の副査が、法外に低い点数をつけたのである理由は定かではない。何故なら、点数を発表した会議でその教授爆睡しいたかである

これがもし、何がおかしいという顔で鎮座していたならあるいは、合格を出した主査姿勢を問い直す必要もあったかもしれない。

自分が採るわけでもない生徒にとんでもない低い点数をつけた、まではもしかしたら研究へのこだわりであったかもしれない。いくら自分が面倒を見なくても、こんな学生を入れては国立研究機関の名が廃る、とかそういう信念のもとの行動だったのかもしれない。主査教授メンツに泥を塗ったと嫌われても、他の教授非常識な奴と白い目を向けられても、研究レベルの低い生徒を入れるわけにはいかない。ありえない行為に騒然となる会議室で、それでも己の信念に基づいて何が合格に足らないのかを雄弁に語ろう。そういう覚悟純粋さ故の頑固さがこのような事態を招いたのかもしれない。もしそうだったなら、研究所内での自分立場など顧みない、人間関係など研究においては関係ない、そういう研究者としての誇りある人物だといえるのではないだろうか・

しかし、そんな一抹の擁護可能性を吹き飛ばす爆睡一般企業なら上司から爆弾を落とされるレベルの、爆睡ヤバいと思った隣の席の教授に、つついても声をかけても、起きないと確信される、爆睡。一切の説明責任拒否する、爆睡

それこそ、悪夢のような選考会議

採る予定だった学生を予想外に落とされ愕然とする主査ドン引きする他の教授、眠り続ける副査。




それをもって、学生未来は断たれたのであった。

まりにあまり顛末に、良心的な教授の間では「あれは狸寝入りだったのではないか」説まで出始めた。「本当は私情で落としたので、何故こんな点数をつけたのかと追及されるのを逃れる為に、あんなことをしたのではないか」「学生論文の出来に嫉妬し、しかし無理に難癖をつけるのはプライドが許さず、苦肉の策だったのではないか」「本当は気が小さい人で、主査メンツを潰すのがしのびなかったのではないか」という憶測が飛び交ったが、定かではない。個人的には、そんな深い事情はなく、なんか気に入らなかったからじゃないかと思う。学生

気の毒だが、寝てた人の点数でも考慮せざるを得ないのが、寝てた人を怒れないのが、寝てた人でも教授になれちゃうのが、国立研究である。一例だけで申し訳ないが、国費をかけて研究者を増やそう!という研究所でこういうことが起こり得るのが今の研究者の現実の一端である

どうなる日本アカデミー。そしてテクノロジー

2019-02-04

anond:20190204000635

郷というやつは自分の子どもを丁稚奉公に出したり、身売りしたり、あるいは自分の親を姥捨て山に置いてきたり、あるいは若者出稼ぎとか言って都市部に追い出したり、生き残るために何でもやってきたわけですが、そういう血の滲むような努力と穢を引き受けてやっと成り立つものであり、誰でも郷に入れるほど生易しいものじゃないよ。

2019-01-12

anond:20190111165350

社員バイト仕事は中身が違うだけで仕事仕事

立場上下仕事と認めないのは、本当に社会人?と疑問を感じる。

かにバイト責任を強く持つ人は少ないね。それは事実

しかし、それと仕事という呼称は別。

バイトだろうが、社員だろうが、仕事をするから賃金が発生する。

そんな簡単なこともわからないのにバイト仕事じゃないとか言ってるのは、大人として異常で社会人としても異常。

社員バイトという立場に拘ってるなら、まだ社員というもの存在しなかった頃にいた丁稚奉公なんかは仕事ではないというのかい

百姓社員ではないが?仕官でもしないと仕事と認められないのかい?そんな低レベルの話を増田言及してるって気づいてね。

2019-01-10

anond:20190110185140

昔は皆児童婚してたと思ってる人?

「ねえやは15で嫁に行き」がどこでも当たり前だと思ってる?

実際の結婚年齢は結構高い人も多かったんだけど。

奉公行ったり弟妹の世話があったりして、早くから結婚出来る人ばかりじゃなかったからね。

2018-12-23

anond:20181223114443

日本人の「奴隷」の感覚現実離れし過ぎてるだけ。

大多数の日本人が、牢屋に閉じ込められて足に鉄球つけられてる、というイメージしかない。

借金のカタで売られる」なんてのも普通に奴隷だかんな。

日本人、よく「女を借金のカタでソープにぶち込む」なんてのを普通にスルーするけど立派な奴隷だかんな。

江戸時代丁稚奉公なんかも現代価値観だと奴隷

外国人技能実習生も「最低賃金以上の給与を得ていない」「離職や帰国自由がない」なら奴隷

慰安婦だって勿論奴隷

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん