「一般的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 一般的とは

2017-10-22

現在批判者たち

一般的な人たちは哲学的批判に対して防ぐ術を持っていない。

労働階級必要なのは批判力ではない、他者批判することは、また内なる他者批判することである

自身アイデンティティ批判もつ分解力によって倒壊しかけているとき私たちは外の真の他者に対して批判力を失ってしまう。

まり哲学的な問いが支配層にとって脅威であるなら、労働階級にとっても脅威なのである

人は発した言葉一貫性から逃れることはできず、支配層への批判言葉は、そのまま労働層への批判言葉へ容易に転化する。

そして批判に対して脆弱なのは知恵の無い労働である

これでは相手批判しているのにかかわらず、味方のほうがダメージが大きいという勝負にならない戦いを強いられている。

その結果として、私たち批判力を持つことをやめた。

支配層は社会を守るために批判をやめ、労働層は仲間を守るために批判をやめたのである

現在批判者たちには、三つに分けられる。

一つ目は、どこの層にも属していない孤独の者たち。

二つ目は、マスコミなどの批判者たち

メディアなどの自分たち批判であることが社会から要請である

自己催眠状態にあるものたち。

この批判者たちは、批判することが自分アイデンティティとなるため、この批判力が内部に行くことは無い。

三つ目は、他者から求められた批判者たち

労働層が批判言葉を上げることもあるが、これは2つ目のマスコミによる批判要請である

政治家本来社会を守るために批判を捨てたはずの者たちであるが、

国民の声などといって批判を行う。

これら三つのすべてに問題点が内在する。

それは批判者たちがどれも自分階層を守るために批判をしているわけではないということである

一つ目は自分の層は何にも属していないため、批判に本気になることは無い。

変えることで自分利益、損になる場合や、人間本来的な所持を奪い取ろうとする者たちに対して批判を強めるだろう。

二つ目は、自己催眠によって批判することが可能になった者たちであるが、

まさにそのために、何のために批判をするのかという目的をあまりもてないでいる。

社会要請などという全体としての理念を語ることはできるが、一つ一つの問題に対して

なぜ批判をするのかということが答えられない。

批判することが自身証明であり、自己保全であるためであると言えるわけでもない。

何かしたの転化を経て答えが出る。しかしその答えは、転化をによる代償として矛盾はらまざる終えない。

二つ目批判者にとって幸いなことは、私たちは、ジレンマ自己保全のための矛盾に対しては寛容なことである

三つ目は、自己催眠状態の者から要請によって得た批判力であったが

往々にして責任(一つ目ほどではない)を持つことが難しい、彼らは依頼があってそれをしているわけであり、

依頼が無ければ批判しないという、不安定すぎる地盤で戦わなければならない。

一つ目は、まだ人間という最後ラインがあり、人間という最後の層を守るために

批判を団結させることができる。

しかし、二つ目の者たちによって分団されているため、それもできない。

ほとんどこの批判者たちは力を持つことは無い。

私が言いたいことは、すべての人が哲学的批判力を持つということがこれらの問題を発生させているということなである

私たちはある程度の批判に対しての線引きを欲しているのであり無自覚批判だけをたたえることや、批判することが無条件に正しいことということは今や好ましくないのである

2017-10-21

アニメシャングリ・ラ」(2009)

パンツが見えない糞アニメ 

 

 

2009年(原作小説2004年)に描かれたこアニメで出てくるAIがちょうど今のAIに近い気がした

いわゆる「AI目標だけを与えて最善手を求めさせる」という手法

 

作品内では炭素指数を下げる手法として「海面水位を下げる」という目標だけをAIに与えて最適解を求めさせている

当時は機械学習一般的だったので「二酸化炭素排出データを与えて、最適値を求めさせるのがいいんじゃねーの?」という感想を持ったが

今やAlphaGoZeroのように「人間が変に初期値を与えるのはむしろ害」という扱いになっているのは時代の変遷を感じさせる

 

SFSFした「人格のあるAI」などではなく、現実的AIが描かれていたのはなかなかに珍しいアニメだった

anond:20171021092021

実はこういう考え方って一般的だと思う。

自分の友人も結婚してからセックスレスになって、パートナーを共同で子育てをする人って見方に変わったっていうし、

結婚してもぶっちゃけ、外にでれば普通に他の人を好きになる。

これって普通のことだよ、きっと。

生活保護の子に進学の壁 高卒後の就職が前提の制度

生田大介、編集委員清川卓史2017年10月21日05時00分

昨春から保育士として働く大阪市女性(22)は毎月、手取り約13万円の給料から1万7千円を借金の返済にあてている。母子3人の生活保護世帯から専門学校に進み、学費はすべて奨学金を借りてまかなったからだ。利子も含めた約290万円を、14年間かけて返す。

 学生でも生活費はすべて自分で稼ぐ必要があったので、一般的な2年制ではなく、3年制の夜間課程に入学。ほぼ毎日日中たこ焼き屋やコンビニアルバイトをした。「時間を見つけて勉強をする、しんどい日々だった」と振り返る。

 厳しさに追い打ちをかけ、今の借金の重さにもつながっているのが「世帯分離」という仕組みだ。

 生活保護制度は、子ども高校

こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます

残り:1712文字/全文:1992文字

http://www.asahi.com/articles/ASKBF4TH4KBFUTFL00L.html?iref=comtop_8_03

290÷36は8×36は288だからその辺の8の近似値で月8万を夜間過程で月謝として取る専門学校業界ゲスいし手取り約13万円はだいたい13万円未満だから苦労人に碌な保障をしてやらない保育士業界ゲスいですし利子もとっちゃう奨学金業界ゲスいですねゲスの勘繰りならぬ大見え切ってるゲス日本を駄目にしているらしいですね

2017-10-20

anond:20171020202928

引き出しのどこかって言っている以上、どの段も見ておくのが一般的じゃない?

要は言葉理解度が欠如しているヒトが増えたってことだと思う

.hackみたいな作品って今はもう作れないんだろうな

「超リアルオンラインゲームから脱出できなくなったぞ!」と言われて昔はすげーすげーと皆思ったもんよ。

何がどう凄いのかって、まずその時代は本当にネトゲにハマりすぎて脱出できなくなっていた「元々は普通人間」が結構たから。

今はネトゲをやる前にそういう怖い話を聞いて置いて免疫をつけてる人が多いから元々現実捨ててる奴以外は廃人化しない。

いわば当事のネトゲは薬物に対する知識が薄い時代の阿片窟みたいなもんよ。

そして次に超リアルオンラインゲームへの謎のあこがれな。

ゲームのグラッフィクが高品質化していく事でゲーム面白くなるとまだ信じられていた時代だ。

今はVR使っても「これは新しい所がいいねゲームとして他の物と比べて面白いかはともかく新鮮な刺激がいいね」としか言われねえよな。

でも、当事はVRみたいのが出来たらゲームは超リアルウルトラ面白くなると信じられていたんだ。

そして当事は今ほどネットで人とつながる文化一般的じゃなかった。

ちょっと日常だったんだ。

知り合いとのチャットすら日常とは少し違った物を感じたよ。

そんな時代に、超リアルウルトラ面白くて他の人と繋がれちゃうゲームの中に閉じ込められる話を聞かされてみろよ。

現実ゲーム区別がついてるはずなのに、いつの間にかゲームの中で暮らすことになれていき、それでもそこは現実じゃなくて現実に戻らなければいけないと焦る気持ち共感するはずだ。

今はもう全部日常なんだ。

ネトゲですら、日常なんだ。

こんな時代に非日常が本当の非日常となって日常侵食する物語なんて描いても虚しいだけさ。

都会の夜空で松明を掲げるようなものさ。

全てが時代という奔流の中で飲み込まれしまうさ。

xevra氏について

はてな界隈で著名なxevra氏について。

一般的認識としては、結構な頻度で過激だが合理的である程度一貫した発言で人気を博している、瞑想とかを推奨する自称経営者?の人。という認識なんだけど。

みんなこの人の事をどう思ってるんだろう?とたまに不思議に思う。

私の認識としては、

論理的一貫性があるが独善的過激で、教養があり仕事ができる人なんだとは思うけど、人間的に全然好きになれない人、って感じなんだよね。

○変だなと思うところ

はてなにいる人は全員頭がおかしいみたいな自己言及始めたりするところ

・ついさっきだけど、ツイッター元号文化から効率とか関係ない、わからないやつは猿だ、といってた。

ふだんは色んな非効率的ものについて、こんな非効率なことやってるから日本は落ちぶれるんだ~って言ってる。

仮に「文化効率を超えて守るべきものだ」としても、

何が文化で何が文化じゃないか独善的に決めつけてかかってるからすごく怖く見える

瞑想野菜運動?だっけ、あれってやってないからって人を馬鹿にしてるところ。そんなんで人を一等下にみていいのかな?と思う。私はべつに瞑想もしないし運動なんてからきしだし、野菜も足りてないけど、日々幸せに生きているから、違和感ある

子どもを産んで(あるいは育てて?)人間が完成すると思ってるところ

なんか狭い考えだし、そういう実感があるのかもしれないけど、子どもがいないひとを傷つけたり、変に不安にさせるだけじゃない?って思う

ーーーーーーーーーーーーーー

ぱっと浮かんだのがこんなとこなんだよね。

何ていうか、価値観全然違うけど筋が通ってるから違和感があるのか?よく分からないでいる……

よければ皆さんの意見を聞かせてください。

しかなうなら、xevra氏がどういう風にこういったことを考えて書いてるのかをきいてみたい。

エロ漫画とかAV一般的男性向け・女性向けを見るだけでも男女間でエロに対して相当求めているものが違うのに、現実恋愛関係におけるやってる行為は同じっていうのは非常に興味深い。それぞれどうやって折り合いをつけているのか、方向性は一致できるのか、双方とも100%満足可能なのか等々。

anond:20171020112126

顔が見えない上匿名から

みんな無責任

問題なのは、そういったネット上の戯言をさも一般的かのように取り上げるネットメディア

anond:20171019235219

特殊な才能というより、適性は必要だと思っているよ。

そしてそれをだれでも持っているとは思えない。

でも一般的にはみんな「それはだれでも持っている(じぶんも持っている)」と思ってるんだよね?

2017-10-19

仕事を辞めたいという相談

仕事で小さなミスをした後輩にそんな相談を、されたわけだけど、立場上引き留めるわけ。

まあ、うちは一般的に優良企業だと言われているし、福利とかもきちんとしている。

若者が勢いで辞めてしまって後悔することのないように、言葉を選んで『感情的重要な決定をせずにもう一度、落ち着いて考えてごらん』と諭すのだ。

しかしな、後輩。

この俺こそが在職十五年に渡って、結婚しても家庭を持った今でさえいつ辞めるかを悩んでいるなんて気づくまい。

つの間にか中堅だが、仕事を辞めたいです。むしろ感情的にならんといかんのか。

ゆうきゆう氏が女性患者と不誠実な肉体関係

カリスマ精神科医ゆうきゆう氏が10女性患者と不誠実な関係 | 文春オンライン

http://bunshun.jp/articles/-/4596

>wideangle 精神科医患者に手出すとか最悪だ……。

医師患者関係を持つの一般的倫理的に良くないこととされているらしい

おかしいよね

医師ちょっと難しい国家資格を取っただけのただの人だし

精神障害者精神病患者だって成人してれば自分責任判断するべきだし

スパムホッテントリに上げないシステムを考えた

anond:20171019134509

スパムホッテントリに上げないシステムを考えた。

アカウント一つ一つに信頼度ポイントを与えるというのはどうだろうか。

アカウント信頼度評価基準
  1. アカウント作成からの日数
  2. 累計ブクマ
  3. ブクマの頻度
  4. 獲得スター
  5. 気に入られ数
  6. ブクマしているサイトの偏り

ある程度信頼度がないとカウントされない(数字上はカウントされるけどホットエントリになるための加点にはならない)というシステム

おそらくこれである程度信頼できるホットエントリーになるとは思う。

少なくとも、大多数の一般的ユーザーには満足されるだろう。特殊な使い方をしている人には弊害があるかもしれないが。

そもそも作ったばかりのアカウントだけで新着に載せられるなんてスパム対策ガバガバすぎる。

はいえ、このようなシステム実装される可能性は低い。なぜなら、はてなは裏でスパム業者とつながっている気配があるからだ。

2017-10-18

anond:20171018184618

分かりやす平等じゃん。女が好き、あとは嫌いってw

どうやってなるのかは、自分でもわからん

なんとなく気づいたらなってたから。

今ほどゲイとか一般的じゃなかったせいか自分が男好きだってなかなか自覚してなかったけどね。

女の人はキレイなだとおもうよ。花とか景色とかとおんなじ。

中には女の人みたくなりたいって人もいるけど、自分はちがうけどね。

まあ、女体が好きっても太いのが好きとか細いのが好きとか、ババアが好きなんて信じられないとか、いや熟女大好きとか、いろいろ線引きがあるっしょ?

自分場合なぜかその線引きが男女の向こう側にいっちまったみたい。

あ、どうでもいい自分語りしてしまって。ごめんよ。

anond:20171018171031

運送会社かなんかですかね


一般的には、残業手当通勤手当を除いた「だいたい毎月出る手当」は時給が最低賃金を満たすかどうかの計算に入れてよいということになってます

(ゆえに、「手当てを入れても総労働時間で割ったら最低賃金未満」が常態化すると違法です)

歩合給並みに一日の仕事の成果がブレブレな場合はそういう給与体系なことが多いけど(前述のトラック運転手とかは運行手当が毎日変わる)、あんまりタチはよくないね

https://anond.hatelabo.jp/20171018133656

古来から一般的女性に対する美称として「ヒメ」という言葉は使われていたので、別に高貴な出自じゃなくても姫でいいんじゃよ

anond:20171018121656

山口厚


最高裁裁判官としての信条や審理にあたる心構え、仕事の印象、難しさは。

当事者の主張に耳を傾け、証拠に基づいて、中立・公平で公正な判断をすることが必要だと考えています最高裁として判断すべき事件数の多さと事件の多様さに直面して、最高裁判事の使命の重大さを改めて痛感しています

国民裁判所に期待する役割は何だと考え、身近な司法とするために取り組んでいることは。

詰まるところ、中立・公平で公正な裁判を迅速に行うことが求められているのだと思います結論に至る過程をできるだけ分かりやすく示すことも大切だと考えております。また、裁判所としては、情報発信さらに進めていくことが望まれるように思います

これまでに関わり、最も記憶に残っている裁判とその理由は。

就任直後に関与したGPS捜査に関する大法廷判決が、刑事手続き法に関する近年の最も重要判決の一つであるだけに強く印象に残っています

注:令状のない全地球測位システムGPS捜査違法とした大法廷判決173月

最高裁裁判官の任命手続きについての考え、出身母体出身別の割合妥当だと思うか。

任命権者が判断すべき事項ですので、回答は差し控えさせていただきたいと思います

憲法改正をどう考えるか。

憲法改正の是非などは国民判断し、決めるべきことで、憲法尊重擁護する義務を負う立場にある者としては、回答を差し控えさせていただきたいと思います

憲法9条戦後日本で果たした役割と、9条に自衛隊を明文で位置づける論議をどう考えるか。

前項と同様の理由により、回答は差し控えさせていただきたいと思います

国政選挙で「一票の格差」の問題が長く続いていることをどう考えるか。

私の考えは、当審に係属した具体的な事件について判断する中で示すべきものと考えております

注:16年参院選の「1票の格差」を合憲とする多数意見179月

東京電力福島第一原発事故を踏まえ、司法責任原発関連訴訟への司法姿勢をどう考えるか。

今後当審にも関係する事件が係属する可能性がありますので、回答は差し控えさせていただきたいと思います

裁判員制度で、公判前整理手続きの長期化や裁判員候補者の辞退率上昇が問題視される現状をどう考えるか。制度課題や見直すべき点は。

全体的に見れば、課題はあるものの、うまくいっているのではないかと考えておりますが、制度運用上、裁判員負担軽減に配慮することが必要だと思います

静岡県で1966年に起きた一家4人殺害事件など、再審無罪判決が続くなか、刑事裁判の現状への感想反省点、冤罪(えんざい)を生まない司法の実現への教訓は。

判断の誤りを避けるため、様々な観点から証拠評価をしっかりと行い、手続きを適正に運用することが重要だと思います

日本弁護士連合会が昨年の人権擁護大会死刑制度の「廃止宣言」を採択した。死刑制度の存廃や、再審請求死刑執行との関係をどう考えるか。

死刑の存廃などについては国民的な議論が大切だと思います一般論としての回答は差し控えさせていただきます

取り調べの録音・録画や司法取引制度の導入が刑事裁判にどんな影響を与えると考えるか。新制度導入にあたり、司法判断はどうあるべきか。

法改正に向けた法制審の審議には私も参加いたしました。改正法は現状を改善する方向に向けた重要な一歩だと考えております。今後、関係者がそれを適切に運用していくことが大切です。

法科大学院募集停止が相次ぎ、法曹志望者が減少するなか、法曹養成制度の現状をどう評価し、どうあるべきだと考えるか。

私は最高裁判事就任前には法曹養成教育の一端に携わっており、様々な課題があることを痛感しておりました。関係者の地道な努力が実を結ぶことを願うばかりです。

経済活動の国際化に伴い、国をまたぐ法的な争いを円滑に解決するために日本裁判所に求められることは何だと考えるか。

裁判を行うという点では変わりがないと思いますが、両当事者の主張・立証をしっかりと踏まえた適切な判断可能な限り迅速に行うことが大切だと思います

外国裁判手続き電子化が進むなか、国民が使い勝手のよい裁判所にするにはどうすべきだと考えるか。電子手続き導入への賛否アイデアはあるか。

課題は多いとは思いますが、利用者利便性向上の観点から手続き電子化の導入に向けた検討が行われてよいと思います

最近出来事で、最もうれしかたこと、腹立たしく感じたことは何か。

人生はうれしいこと、腹立たしいことの連続ですが、法科大学院教授時代の教え子から司法試験合格の報告が届いたことは最近うれしく感じたことの一つです。

趣味尊敬する人物、好きな言葉座右の銘と、それぞれを選んだ理由は。

趣味ウォーキング読書(乱読です)。いままでに大変多くの人と出会い、その出会いを大切にするようにして参りました。特定した「尊敬する人物」の名前を挙げるのは難しいように思います。好きな言葉座右の銘というほどのものはありませんが、研究者ときには、どのように小さなもの執筆する場合であっても、常に「全力投球」を心がけておりました。

最近読んで感動した本、面白かった本とその感想は。

多分野の書物を乱読するのが趣味ですので、特定の書名をあげることは難しいように思います小説でいえば、人の生き方を描いたものに感動したり、歴史的事件を題材にしたものをとくに面白いと感じたりしています


菅野博之


最高裁裁判官としての信条や審理にあたる心構え、仕事の印象、難しさは。

誠実と共感信条とし、意識的に多数の観点から見ることを心がけてきました。更に広い視野から見直しながら、バランスのとれた適正な判断ができるよう努めたいと考えます個別事件問題と法解釈問題、更には社会的影響や将来にわたる問題などが混在している事件に接するとき、頭を悩ませることが多いです。

国民裁判所に期待する役割は何だと考え、身近な司法とするために取り組んでいることは。

迅速さを含めた質の高い判断が期待されていると考えます。常に社会進歩・変革に即していくとともに、安定感のある判断が求められているのではないでしょうか。最高裁においても、分かりやす判決留意したいと考えます

これまでに関わり、最も記憶に残っている裁判とその理由は。

外国人の親と子ども退去強制処分事件フィリピン人の子どもたちの国籍事件台湾ハンセン病訴訟、様々な会社更生事件など、多数の事件が心に残っております子ども人権や自立性の確保が難しい事件、あるいは、多数の人々の利害の調整が難しい事件が一番記憶に残るように思います

最高裁裁判官の任命手続きについての考え、出身母体出身別の割合妥当だと思うか。

最高裁判事の任命に関しては、意見差し控えたいと思います

憲法改正をどう考えるか。

憲法改正については、議論のもと、各国民が決めることであり、その解釈適用に当たっている裁判官発言すべきではないと考えます

憲法9条戦後日本で果たした役割と、9条に自衛隊を明文で位置づける論議をどう考えるか。

憲法9条については、国民一人一人が考えていく問題であり、裁判官一般的意見を述べるべきではないと考えます

国政選挙で「一票の格差」の問題が長く続いていることをどう考えるか。

具体的事件において考えを示すべき事柄と考えます

注:16年参院選の「1票の格差」を合憲とする多数意見179月

東京電力福島第一原発事故を踏まえ、司法責任原発関連訴訟への司法姿勢をどう考えるか。

具体的事件にかかわる点については、意見を控えさせていただきます。ただ、一般論として言えば、裁判所は、法令に照らして厳密に検討しているものと考えます

裁判員制度で、公判前整理手続きの長期化や裁判員候補者の辞退率上昇が問題視される現状をどう考えるか。制度課題や見直すべき点は。

裁判員制度については、全体としては順調に進んでいると思います。ただ、迅速さを含めた適正な刑事司法理想に向けて、一層の工夫や研究が欠かせないと考えます

静岡県で1966年に起きた一家4人殺害事件など、再審無罪判決が続くなか、刑事裁判の現状への感想反省点、冤罪(えんざい)を生まない司法の実現への教訓は。

誤判はあってはならないことです。それを防ぐには、各裁判官が、客観的証拠を重視するという裁判の基本を再確認しながら、多面的に考え抜くことが重要と思います

日本弁護士連合会が昨年の人権擁護大会死刑制度の「廃止宣言」を採択した。死刑制度の存廃や、再審請求死刑執行との関係をどう考えるか。

死刑制度の存廃などは、国民意見により決められるべき立法問題と考えます

取り調べの録音・録画や司法取引制度の導入が刑事裁判にどんな影響を与えると考えるか。新制度導入にあたり、司法判断はどうあるべきか。

刑事司法改革関連法の影響などについては、最高裁判事として意見を言う立場にはありませんが、今後各制度趣旨に沿った運用が積み重ねられていくものと考えております

法科大学院募集停止が相次ぎ、法曹志望者が減少するなか、法曹養成制度の現状をどう評価し、どうあるべきだと考えるか。

司法、ひいては法曹界は、専ら人によって支えられていますので、志の高い誠実な法曹候補者が増えていくことを願っております

経済活動の国際化に伴い、国をまたぐ法的な争いを円滑に解決するために日本裁判所に求められることは何だと考えるか。

国をまたぐ争いであっても、スピード費用・公正さに着目されるのは変わりません。また、裁判官が広い視野を持ち、必要場合には専門家の助力も得られるよう、工夫を継続することが重要と考えます

外国裁判手続き電子化が進むなか、国民が使い勝手のよい裁判所にするにはどうすべきだと考えるか。電子手続き導入への賛否アイデアはあるか。

司法手続きにおける国民負担をできる限り減らしていくことが重要です。電子手続き活用も、そのメリットデメリット双方を検討しながら、適する分野につき進展していくのではと期待しております

最近出来事で、最もうれしかたこと、腹立たしく感じたことは何か。

うれしかったのは、この数年、何人もの日本人科学者ノーベル賞を受賞したこと。夢をかきたてられました。

趣味尊敬する人物、好きな言葉座右の銘と、それぞれを選んだ理由は。

好きな言葉は、誠実と共感です。裁判特に民事裁判は、命令や説得ではなく、心を開いて話し合い、それぞれの立場や考えを共有することが重要と考えております

最近読んで感動した本、面白かった本とその感想は。

趣味は、読書特にSF経済関係です。SFでは、J・G・バラードスタニスワフ・レムレイ・ブラッドベリなどが好きです。SFは、思考感性の幅を広げてくれるものと思います。次いで、音楽鑑賞(シャンソンカンツォーネなど)。元々天文学者志望だったので、星を見て宇宙について思いをはせることも好きです。

がっこーのせんせーです

都内私立高校に勤務している教員です。

かれこれ5、6年は勤務しており、仕事にも満足しています

給料は同じ大学の友人より安いですし、

部活などの休日出勤も多いので決して待遇は良くないですが、

好きな仕事を選んだので仕方ないと割り切っています

ただ、最近、これから先、この仕事のなり手がいるのか不安です。

私は朝5時に起きて7時には出勤しています

定時は8時から17時ですが、始業前の準備や時間外設定の会議を考えると

7時から18時くらいにはなってしまます

それでも遅くまで残業している職種の方に比べれば大したことはありません。

休日も2日はありますが、部活などで休日出勤が続くと30連勤くらいは普通です。

夏休みなどがあるからと思われるかも知れませんが 、

部活合宿の引率、夏期講習などを差し引くとお盆休みがあるだけなので

一般的職業と大差ないかと思います

総合すると給料水準は求められる資格学歴に比して安く、

その他の待遇普通の業種と同じかそれ以下といったところです。

一方、教員に求められる業務は増加しています

文科省方針コロコロ変わりますが、

その都度、カリキュラムの改変や専門外科目の勉強を迫られます

また、未だに手書き公文書が多いことも業務を圧迫します。

なにより一番は生徒対応保護者対応です。

私はどんな理由があっても体罰には反対です。

暴力解決するのは教員仕事ではありません。

昔は一発のゲンコツで済んでいたのかもしれませんが、

根気強く諭すしかありません。

それでも事と次第によっては、声を張り上げて叱ることもあります

しかし、最近ではそうした行為恫喝パワハラだと批判されることもあります

教員の肩を持つ気はさらさらありませんが、

先日も福井中学生自殺した事件で、

教員の叱責が原因であるという批判がなされています

授業妨害をする生徒や提出物を繰り返し出さない生徒に

他人邪魔をするなら学校辞めろ」

勉強したくないなら高校に来るな」

と、叱ったこともあり、これも不適切指導になるのかと悩みます

また、保護者要求肥大化しています

自己都合で休日の出校を求められたり、

電話暴言を吐かれることもあります

もちろん大多数の保護者は協力的で理解してくださっていますが、

問題児保護者ほどいわゆるモンスターペアレントの傾向は強く、

学校での問題保護者に報告しても、

逆に教員指導が悪いと管理職クレームが入ります

一番、ショックだったのは宿題を忘れたことを怒鳴るわけでもなく叱ったら、

人殺し」とクレーム電話が来たことでしょうか。

こういう状況でも大多数の生徒や保護者が支持してくれ、

生徒が志望校合格したり、卒業生が遊びに来てくれると嬉しく、

やはりやり甲斐を感じる仕事です。

ただ、今は経済状況もよく、あえて低賃金責任長時間労働

仕事に就く意味はなく、「奇特な人」がやる仕事になっていくように感じます

また、少し先の見える学生さんであれば少子化日本において、

教育市場は縮小していくので、定年まで雇用があるかも心配するでしょう。

このような状況では優秀な人材教員にならなくなっていき、

教育現場は荒廃していくと思います

文科省は「やり甲斐アピールする」と言っていますが、

業務量の整理や待遇改善モンスターペアレントから守ることなど、

目に見えた対策を取らないと現状の打開は難しいと思います

現役教員の目からたこから教育現場

これから日本への不安でした。

これを読んで少しでも教育について考えてくださったら嬉しいです。

「来た」人にはわからないが「いた」人にはわかる感覚

まあ、つまり自分がその場にいるがゆえに自分がしたことが観測できないわけである

その場にいた人には何時何分何秒からいきなり現れて埋められたなんてことははっきり観測できるのだが

そんなに一般的思考なら何時何分何秒より前にもぼちぼちと観測されるべきである

まこと滑稽である

2017-10-17

anond:20171017210926

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1432898319

http://bbs.kakaku.com/bbs/21260710220/SortID=7001890/

特に問題なさそう。

  

一般的電気ポットで日が経っているなら、中に水垢がたまる

お手入れとして、クエン酸や酢を混ぜて、洗う(水で薄めて沸騰させる)って方法がある。詳しくは、調べたりして。(説明書記載あるかも。)

  

私は教育という投資について考えたい。

私は教育という投資について考えたい。

投資は余剰資本によって行われるべきである。この一般論異論を挟む余地はないように思われる。しかし持たざる個人にとってこのような正論は役に立たない。はたして、余剰資本を持たない貧乏人は投資に参加すべきではないのか?ここで、この国において貧富の差を問わず参加の権利を認められている投資活動について考えたい。教育である

教育とは投資である教育投資における余剰資本を考えよう。たとえば金銭的、血統的、文化的資本が考えられるだろう。実家の太さはこれらを包含する象徴的な資本の例である。持てる個人にとっては、これらを余剰資本として子の教育投資に用いることができる。これは論を待たない。では持たざる個人にとっての教育投資不可能なのだろうか?

ここで教育投資が持つ独特の構造に注目したい。種々の投資の中で教育投資を特徴づけるものは何か?受益者負担者が異なるという点であるしかしながら、これらが一致するような教育投資不可能ではない、と私は信じたい。受益者たる本人が同時に負担者となる場合を考えるのだ。負担できる資本を持たない個人は如何にしてこの投資ゲームへ参加すればよいのか?残念ながら諦めることもその1つである。いわゆる「地方」においては極めて一般的選択の一つである

持たざる個人ー自らに教育投資を行おうとする者ーの戦略は、どこかでこの持てる者の手続きに割り込むことにある。たとえば宝くじを当てて金銭資本を獲得することができる。たとえば独学ー負担者によらず受益者自らが負担を負う覚悟責任をもった自己教育ーを実践することができる。たとえばはじめから優秀に生まれつくこと(これは定義により天才であるとする)ができる。どれも極めて厳しい道である近代日本では、身分可能性として開放されたが、階層は依然としてゆるやかに固定されているのだ。

ここで資本としての「優秀さ」を考えてみたい。優秀さは高い給料、良い職場人間関係、豊かな教養などの形で資本へと交換することができる。通常、これらの資本は子への教育投資となる。しかし、優秀さは自分自身への教育投資資本とすることもできるのだ。就業前の学生においては、通常の優秀さではなく、「際立った」優秀さはこのような異なる価値を持つことを主張したい。際立った優秀さは給付金サイドビジネスと言った形で金銭資本時間的資本へと換金が可能である。これを元手に自己への教育投資を行うことができる。

ひとたび優秀さを手に入れることで、持てる者と同じ正のスパイラルへと入ることができる。むしろその後天的経験は強みですらある可能性がある。しかしながらこのような、負担者と受益者が一になるような自己教育を、戦略的に発生させることは可能だろうか。どのような制度設計が、このような自己駆動的な自己教育を誘発することができるだろうか。

anond:20171017151508

1 夫個人の財布:自分の持ち物、趣味交際費

2 妻個人の財布:自分の持ち物、趣味交際費

3 共同の財布:生活費、共有するもの子供関連

3の口座に同額入れるっていうパターン一般的かと

新しい地図が受け入れられない

新しい地図発見した。

でもNAKAMAにはならなかった。

なれなかった、という表現の方が、たぶん正しい。

なんとなく、居心地が悪かった。

私はここにいてはいけないというような、疎外感があった。

彼ら(それは彼らだけではなく彼らのバックボーンについている見えない沢山の業界人も含む)は、私たちの動向を確認していたのかもしれない。いや、きっと分析するぐらい綿密に確認していたのだろう、確実に。我々のSNSを中心としたネット社会で大騒ぎし右往左往する様を事細かにマーケティングして、ぷっくりというアナグラムクリップモチーフを匂わせたり、映画作ったり、72時間ネット配信してみたり、体操着で組み体操やってみたり。

今の時代アイドルだろうとなんだろうとTwitterやインスタ、ブログ等で情報を発信するのはごく一般的になったし、パソコンスマホで見るような動画配信だって、気づいたらあっという間にお茶の間にまで広く浸透した。スマホ機能を半分も使いこなしてないような人間でも、AbemaTV配信を楽しみヤフー検索で引っかかったユーチューブ動画を嗜む時代だ。

からこの分野に手を出すことに関しては時代の流れそのものだし、むしろこの後に及んで頑なにネット社会を拒絶し続ける前所属事務所の方が全時代であることは、重々承知している。

それでも、こう急に我ら一般人が内輪で勝手公式側とは全く関係のないところで盛り上がっていたネタをことごとく拾い集めたかのような仕掛けオンパレード!みたいな情報バサッと広げられることに、心の奥で言い表せないモヤモヤを感じていることを、盛り上がっているSNS上では一言も呟くことができなかった。

新しい動きがあることは素直に嬉しい。もともと自分たちがやりたいことを、組みたい人たちと組んで仕事をする。素晴らしいことだと思う。でもどこか素直に喜べない自分がいた。

たぶん、自分の中であの5人は神様のような、憧れとも言い表せない高貴な何かのような位置付けだったのだと思う。

雲の上の天上人だと20年以上も思い続けていた彼の方達が、急に手の届きそうな距離、言ってしまえばこんな一般人と同じ高さまで降りてきて、ぬいぐるみに顎を嵌めたアイコンSNSを始め、体操着で組み体操をしつつ、新しい地図を購入したNAKAMAと共に、クソ野郎と美しき世界を旅するのであろう。

正直に告白する。

ショックだった。

私が好きだった雲の上のアイドルユニットは、たしかに間違いなく、去年の12月31日23:59をもってこの世界から消え去っていた。

分かってはいたが、頭の中で理解できていなかった事実を、彼らの手で無理やり真実だと納得させられた。

私が好きだったアイドルはもういない。

勝手だと思う。

彼らの門出を素直に応援できない私は、本当にひどいファンだと思う。

自分でも情けなくて、本当に十数年以上ずっと好きだったのにどうして認められないんだろうと涙が出そうになる。

世間一般空気として、前事務所に残った二人(特に片方)が悪に屈した自己中心的な悪い奴で、独立した3人こそが悪しき習わしを捨てたクリーンで新しいユニットだ、反撃の狼煙だという空気が漂っている。

そんな空気に馴染めなくて、残った2人を悪だと憎みきれず、飛び出した3人を諸手を挙げて歓迎もできず、取り残されてしまった私はもう二度と見つからないのに、私が好きだった5人、もしくは6人の姿をいつまでも探してしまう。

新しい地図に何が書いているのか、私にはわからない。だってNAKAMAになれなかったから。

残された二人が何を思うのかもわからない。だって私は一般人から

でも確かに言えることは、私の好きだったSMAPの彼らはもういないということだ。

ありがとうSMAP

私はあなたたちが好きです。好きでした。

これからもずっと、SMAPが好きです。

SMAPは、好きです。

新しい地図は欲しくなったら買いに行くと思う。

きっと途中参加だとしても、彼らは受け入れてくれるのであろう。

でもしばらくは必要なさそうだなと、そんな気がしている。

2017-10-16

anond:20171016010051

個人的な考えで、見た目以外で女の良いところは

・力は弱いが、それゆえ危険だとも思われないので周囲から受け入れられやすい(言い換えると、加害者とは思われにくいが被害者ターゲットにはされやすい)

・平均的にコミュ力が高めな同性が多いことで自分コミュ力も鍛えられる

・女社会精神的な同性介助が発達した文化なので、極端に性格が悪くなければ30歳以上でも友達が作りやすい。ゆえに孤独に陥りにくい

一般的に、男ほど性欲がないので性的な事に時間を割かず生きることができる。また風俗などに金と時間を使う必要がない(ごく一部のホスト狂いを除く)

・同性の可愛い友達と一緒に旅行行ったりしてキャッキャできる

実家との繋がりが強い

主に精神的なメリットは確かにある。

金銭的、キャリア面、自由度の面では女のメリットが男を上回ることはほぼない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん