「一般的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 一般的とは

2018-02-24

底辺JAPってさ…

一般的に、他民族には割と優しいのに自民族とは殴り合うの好きだよね

久々に #すけろく をチラ見してみた

うーん、はてな村が軽く霞むレベル害悪

ひたすら弱い個人粘着している点で、韓国等の集団を敵視している一般的ネトウヨにも遥かに劣る

害虫オブ害虫

anond:20180224093705

気にするところが違うと思う。

13時4分が一般的マナーでも、そのお客が困ってたらダメだし。マナーじゃなくても、困ってないなら問題ないでしょ。

一般論こねまわすより、お昼直後に伺ってお邪魔じゃないですか?とか尋ねといた方が間違いないと思うけど、どうかな。

そういうのがめんどくさいなら、そもそも昼イチ、朝イチにアポ取るべきじゃない。

anond:20180223105501

「ゴール」がなくなってしまった、ということで、喪失感や、むなしさを強く感じているのですね。もちろん、ブログ範囲内でのことですけれども、失礼ですが次のようにしてみるのはよいかもしれません。

 まず、ご自分喪失感を感じているのだということを、ありのままに受け止めるようにします。具体的に、何を失ったと感じているのかを、もう一人の自分ではっきりつかむのです。そのことで、本当は、さら配偶者と「気持ちを分かち合う」コミュニケーションがとれると、一番良いのです。

 次に、「達観する」ようにします。達観できるようになると、人間、「しなやか」になり、負けずらくなりますよ。達観するための参考情報も、自分で探します。これを自分人生の「おもしろさ」の一つとするのです。

 次に、「自然に親しむ」ことをおすすめします。自然を軽く見てはいけません。ある若い女の人は、自分が生きることに絶望的になっていた時、ふと自宅の庭に出てみると、雑草の中に一匹のカマキリがいたのだそうです。そして、そのカマキリを見ているうちに、その透き通るようなあまりに美しい「緑」の色に「なんときれいな色だろう!」という強い感動を覚えたとのことです。その人は、自然界には、それまで考えもしなかった、こんなに美しいものがあるのだということを生まれて初めて知ったのです。自分のことだけを見ていたときは気づかなかったものが、実物の「自然」に触れて、目をやった時、はじめて見えるようになったのです。その時、その人は、生きる価値があるのだという「実感」を得たとのことです。「自然」のすばらしい点は、「存在していること」「みずから成立していること」の圧倒的な説得力、荘厳さ、美しさです。しかも、無言なのです。人間界のようにでたらめだったり、うそであったりしないという点です。自然の中に身をおいてみると「見えてくる自分」があるものです。大掛かりでなくとも、例えば、可能なら、部屋にグリーンを置いて育てるなど「小さな自然」に目を留めるようにします。

 最後に、妻、母として「自分を与える」ことを目指すようにします。一般的に、人間は、好き放題にさせられたり、自分のことばかり考えたりしていると、欲求不満になるものです。それは、からだに毒でしょう。それで、「受けるより与えるほうが幸福である」と言われているように、与えることの喜びを味わうようにするのです。それを、やっかいな、めんどくさいことと感じる気持ちに負けないで、打ち勝つのです。妻として夫の良き支え手となり、母としてお子さんの良き親となることを目指すのです。そのようにして、自分役割りに励むことに「安心」と「満足」を実感するようにします。一方で、自分感情的身体必要も、バランスよく満たすようにします。

 きびしかった冬も終わり、春が近づいてきました。ぜひ、暗い気持ちに「負かされ」ないようにしてください。妻として、母として、誇りを持ち、ご自分の道を歩んでください。

 

anond:20180224081154

何れの立場でも、正式な場で適切な活動をしてる人はいるわけで (一般的先進国だと肩身は狭いけどね、アメリカなんか歌わなかった学生に他の学生暴行した動画拡散して賞賛されてたりする)

それをせずに、式典の場を使って生徒の前で教師コミュ障抗議をする姿勢ダメだと思う。

よって、コミュ障ヤンキーと命名したい。

2018-02-23

ストローお餅ですか

増田くんはコンビニで500mlの紙パックジュースじゃがスティック あっさりうま塩味を買いました

レジで「短いストローはお付けしますか」と本来なら自分の娘くらいの年齢の店員に聞かれたので増田くんは甲高い声で「いやいいっす」と答えました

このとき一般的な長いストローがついてくる確率を求めなさい

anond:20180222134603

 つまりケミカル意識の中でこの世のクソさから逃れるためにトリップする価格市場ではちょい飲みと同じと評価されてるってことだよね。1回1000円の価格は決しておかしくないよね。なるほどなあって思った。2万円ってちょい飲みの10回分の回数券を買うようなものだし。牛丼ビールよりちょっといくらい。

 一応念のため、おれは覚せい剤買ったことも使ったこともないです。

 もちろん、意識高い人が生産性挙げるために使う場合もあるし、そんな人も身近にたくさんいるんだってことを訴える文章として書いてると思う。ただ、貧困層にとっても生きづらさからとりあえずで逃れるためにはちょうどいい値段だと思った。ケミカルにこの世のクソさから一時的に逃れるという意味では、ちょい飲みもほぼ同じ価格帯だし。

 以下は元の増田さん語っていないところに、想像を膨らませてほかの読み手に向けて一応ねということで書いた文章

 一般的に捕まってる人達所得から推測したら、瞬発的に生産性を上げる強化版ユンケルとして使ってる人はやはり使用者の内では少なさそう。数としてはたくさんいると思うよ。おれは100人いたらたくさんだと思う。だけど、金持ってない連中が失うものが少ない分、そしてこの世のクソ差から逃れたい欲求が強い分酒の延長線上にあるトリップ(クソさから逃れる)を欲して手を出すやつが比率的に多そうだなってイメージを持った。高いちょい飲みトリップできるんだし。

 生産性問題にしなきゃいけないほど詰められてる層は貧困層と重ならなさそうで、さら貧困層に比べて数も少ないし、トリップ手段としてリスクの低いアルコールに逃避・依存する傾向が高いんじゃないかな。社会的な死というリスクをかけてまでつかう人は貧困層に比べてはるか割合的に少なさそう。

 生産性挙げるために使ってる人はたくさん(100人いたらたくさん)いるよ、という意味ではその通りだと思う。でも、そんな人しかいない、そんな人ばっかりだっていう割合の話になるとすこし事情が変わってくる。使ってる連中のほとんどはわかりやす貧困層じゃない?さらにいえば販売者へのアクセスもしやすそうだし。だって売る側も貧困層だろ?

 そうやって整理するとちょい飲み、というかもっとトリップできるコンビニで買ったストロングゼロのロング缶2本+気の利いたつまみよりちょっと高いというのは適正価格な気がする。ていうか1回分1000円で小出しに売り出したら、売り手のリスクはともかく日雇い労働者殺到するんじゃない笑

 犯罪者あなたの隣にも、というように例えば頑張ってスーツ着てかっこよく働いている人にもアルコール依存症DVが身近にもいるんだ!という趣旨ならその通りだと思う。でもそんなやつ、割合ベースで見たら少なそうだなって思った。まあ、ホワイトカラーあなた関係ない人がたくさん使ってるし、比率でいえばスーツ着て仕事してる奴も少ないけど使ってます、というお知らせとしてはその通りなんじゃないかな。

 繰り返すけど元の文章スーツ着てる奴しか使ってないとは言ってない。実際、経営やってる奴でクスリやってるんじゃね?という噂されてる奴は知り合いにいる。やってるかは知らん。

 あと、そもそも買い手と売り手がお互いにだいたいの価格設定とか売り手の価格設定についての相場とかを把握出来たらある程度は価格市場はまあ当然成立すると思う。近所の店とかちょっと歩いて行けるところに好物が100円で売ってたら、わざわざ隣の200円の店行かないよな。遠くに行けない事情があったり間抜けな奴は200円で買うだろうけど。80円で実は嫌いなものを売る奴はいても比率的に少なさそうだし、200円で買うやつは少数派だから200円の店は客を失い市場から淘汰され、80円のクソ屋は少数派なままだ。買い手にとって価格品質において買い手が妥協できる店が生き残り、望まれる「市場価格」を提示できた店が繁盛する。このあたりはネット情報交換できると市場の力は強く働きそうだよね。

 ただ、元増田文章意味ないって言いたいんじゃなくて、おれは改めてここまで考えて価格設定ってなるほどなあって思った。

 まあ、はてブ民はヨッピーの言う通り、飲む福祉トリップしとけよ。おれは少なくともそうしてる。

2018-02-22

anond:20180222223701

いえ、筋違い議論ですよ。

政策が何のために、どのような理念でなされようとしているか」という観点が完全に抜け落ちています

 

現在議論されている高等教育無償化子供のための政策であり、出生率向上のためのものではありません

出生率向上のためのものであれば、住民税課税世帯に限るという条件はあまり限定的すぎます

 

実際に友人も大学までの教育費も考えると2人かなあと言っており私には一般的な話と感じます

1人でも大学までの教育費を普通に払えるような世帯そもそも今回の高等教育無償化対象にはなっていませんので、

そのような観点で第二子を生むかどうか決めるような世帯にはあまり影響がありません

anond:20180222222607

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo2/siryou/__icsFiles/afieldfile/2013/01/30/1330218_11.pdf

文部科学省資料をどうぞ。

出生率教育費の問題は長らく議論されてきました。関係ないというのはあなたのご意見です。実際に友人も大学までの教育費も考えると2人かなあと言っており私には一般的な話と感じます

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1570.html

また、実際に子供が少ない理由教育費の高さであるというデータもあります

よって、あながち元増田筋違い議論をしているわけではないことがわかりますが?

anond:20180222190930

言及ありがとう

東大卒なのにつかえねーな。は列記とした差別なんだよ。

所属情報ネガティブであれポジティブであれ差別

白人なのにブサイク

男なのに仕事ができない。

これらも所属関係ないでしょ。

例えば台湾人が「日本人から好き」も本質的には差別なんだよ。

ただ一般的には敵意や侮蔑のような差別問題になってるだけで。

所属として好意を向けられても、感謝しながらも胡座をかかずに

個人としてちゃんと仲良くなれると良いなと思っているよ。

2018-02-21

ブコメにおけるスタンス

世間一般的意見を述べる

・できるだけ笑い・ネタに走る

・とにかく否定してマウントする

・全力でゆるいことを言う

・一番過激なことを言う

・頭が良さそうなことを言う

・仲良くしたい、皆に合わせる

スター数が全てだ、ウケが良さそうなことを言う

・一番ニッチでハッとするような意見を言う

基本的に全員敵

 

ぼくは一番最後のやつです

痩せるために必要なのは

食事の摂り方と軽い運動でいい。

朝なり昼なりに白米を茶碗一杯食べる。

おかずは普通に食べていい。一般的な量で大丈夫常識的な量だよ。

デブ常識的な量は非常識なのでアウトだよ。

ジャンクフードは食べない。食べるとしても週に一回程度に絞る。

夜の食事は白米は食べない。ベストサラダチキン二個くらいで良い。あとはスープ春雨スープは駄目。

甘いもの糖質脂質吸収を抑えるチョコレートか、あとはプリン程度なら大丈夫

全然食べないのは逆効果。欲しくなってしまうし、食べないと食べないで身体おかしくする。

ヨーグルトなどは食べやすいのでベスト

とにかく食事は昼間に少し多めに食べる。

運動は軽いものでいいよ。ストレッチでもいいしラジオ体操でもいい。10分くらいやるだけでいい。

これを続けていると身体が軽くなるのが分かる。分かるようになるのは個人差があるけど、最短だと10日かからないで分かる。

腕を回したりしたり足取りが軽くなるようなら効果があった証拠。わかりやすい人だとベルトが締めやすくなったりするからすぐ分かる。

無理にダイエットと考えるより、このくらいで大丈夫から根を詰めすぎないで挑戦してほしい。

2018-02-20

掃除フェラかいプレイ

でもフェラも二十年前は変態プレイだったし

中出し後の精液と愛液が混ざって付着したちんちんを女にしゃぶらせるというプレイ一般的になりつつあるのだろう

謙虚になりたい

日本のTOP2大学のどちらかに通ってて、理系なんだけれども、今まで真面目に勉強したことがなくて困ってる。

けど今のところギリギリ留年してないしまあ良いか適当に生きてる。

このままだとヤバイと思うし、将来に対する恐怖もあるけれど怠惰は治らない。

バイト先で心理学かじったとか言う人と話してて

勉強できないんですよね…机にまず向かえないって言うか」

とか言ってたら、相手が延々とアドバイスし始めた。

相手大学知らないし、向こうも私の大学知らないんだけれど、同じことグルグル繰り返してるし、私が言ったことをあたか自分で思いついたみたいにアドバイスし始めるしで、私を煽って遊んでるのかと不安になった。

私は自分怠惰に悩んでて一般人が思いつくような勉強法とか自己管理法はほとんど全部知ってる。

から一般的勉強ハックとか教えてもらってもすでに知ってるし、そもそも自分より(たぶん)勉強ができない人のアドバイスとか正直いらない。

なんかこういう自分高慢さが嫌いだ。

どうして「親切にありがとうございます、試してみますね」って素直に言えないんだろう。

小説ってどうやって読むの?

小説自由に読むものだ!と言う主張が一般的だか、ある程度は正解があるような気がする。

小説はなんか苦手。読めるんだけど、深く読むことができない。心理描写とかね。

本の文字をなぞるだけのような。楽しみが半減してるような。もっと十二分に楽しみたいのだ。

小説家一生懸命書いた作品はたくさんの気付きが含まれてるはず。それをなんとなく読むのなんてもったいない。なんでこんな文にしたんだろう。どうしてこんな文体なんだろう。こんな技があったのか。小説家が込めた想いを受け取りたい。

anond:20180220060928

なんかそういう、一般的感覚理解できるやつじゃないわけ。

制度上、意味のある選別とかじゃなくて、本当にただのおばちゃんが、好き嫌いで人を選別してる感じなんだよ…

おばちゃんの好き嫌いに取り入るのが、世の中的に当たり前なんだったらごめん

パソコン背景性格診断

スマホの背景には対応していないので注意

初期設定

頼りがいのある人。みずから頑迷さに気づけるかどうかが鍵。

シンプルな背景

まあまあふつうな人。もっと主張していいし、はっちゃけてもいい。自分が思っているほど他人自分のことを考えていないと知るべし。

写真風景

ごくごく一般的な人。多少ズレていても一般性の軸がしっかりとしているのでブレない。

写真家族・友人知人)

真面目な働き者。物事を深く考えることができないので騙されないように常に注意したほうがいい。

写真有名人

良くも悪くもミーハー馬鹿にされがちだけれど、ミーハーを貫き通せば大丈夫

写真偉人

そんな人いる?

写真(人工物)

堅実な人。ややマニアックなので人を困惑させることもしばしば。

写真(空、宇宙、海中、砂漠など)

夢見がちな人。人生に迷っているので、ちっぽけなプライドは捨てて、だれかに占い師でもいいから)相談すべし。

写真動物

みんなの潤滑油あるいは緩衝材。あまりモテないけれど、そういう星の下に生まれただけなので気に病む必要はない。

イラスト人物動物がメイン)

ナルシスト。美形だとキマっているけれど、そうじゃなかったら悲惨。鏡とよく相談すること。

イラスト風景・人工物がメイン)

自分他人とはひと味違うと思い込んでいるけれど、そんなことはない。写真風景写真(人工物)の項を参照。

イラストディズニーなどのキャラクター系)

優秀でもないし頭もよくないけれど、周囲とうまく合わせていける人。仕事もそつなくこなすのに、なぜか馬鹿にされがち。こういう人を馬鹿するのは品性がない証拠

やたらと幻想的なイラスト

自分他人とはひと味違うと思い込んでいるけれど、そんなことはない。写真(空、宇宙、海中、砂漠など)の項を参照。

フィクション作品写真イラスト

これをクールだと思っている人は中途半端ミーハー、とくに注目されることな人生を終える。クールだと思わない人はキモオタ、良くも悪くも印象的。

パッと見でなにかよくわからない写真イラスト

自分を完全に見失っている。バランス感覚が大きく欠如している。もう人に相談かいレベルじゃないんで、強く生きろ!

二次大戦以前の芸術作品

自分クレバークール人間だと思い込んでいる勘違いクソ野郎。周囲からはつまらない・意味不明気持ち悪い人間だと思われていて、最悪の場合セクハラをはたらいているけれど、当の本人はまったく気づかないどころか周囲を小馬鹿にしている。みずからの偏った知識しかも古臭く、やたらと権威主義的で、そのくせ穴だらけのガバガバ雑学知識)を誇っており、二十一世紀いまを生きる人間(とくに創作をしてる人)をなんの考えもなしに嘲笑する品性のなさに気づけない。自分はこの世の真理にすこしは近づけているはずだ!という無様な妄想をふくらましているけれど、じっさいは常識知らずで頭の能力が低いだけ。これらのことをちょっとでも指摘すると逆ギレ説教がはじまる。その内容は、私のような高らかな知識(笑)豊富経験(笑)を身につければ無知なお前にもわかるようになるよ的な内容、知るかボケナス。ほんとうに救えない。どうしようもない。手遅れ。恥知らず。もう手の施しようがないんで、このまま愚かな一生を過ごせばいいよ。

現代アート

ダメ人間

anond:20180220173506

一般的用語の「recruit出身」ってどういう意味だ?

言ってみろ

anond:20180220173055

recruitっていう一般的用語勝手株式会社リクルートのものにすんなよ。

これだからリクルート出身者にはロクな奴がいないんだよ。

あてにならない美術先生

私は美大卒業し今はデザイナーとして働いている。

美大受験生たちは受験対策として美術予備校に通うのが一般的だった。今もそうだろうが。

そこの先生が今考えても最悪な人たちだった。そういう時代だったというのもあるが、ほめて伸ばすのではなく、いかにけなすかに焦点をあてる教育方法であった。

今考えるとパワハラである。そのくせ自分は才能にあふれたデザイナー芸術家である毎日のように言っていた。

何かあるたびに「俺はすごいんだ」と自己顕示欲よろしく、いろいろな自慢話をしていた。

だが、当時、そして現在も彼らは芸術家デザイナーとして目に見える実績は何も残せていない。

そして、私が予備校に通っていた当時、特にバカにしつづけた生徒たちの中から国際的デザイン賞受賞やら、映像クリエイターやらが出てきた。

当時彼らは全く技術も才能もなにもない虫けらのように扱われ、私から見ても心が痛むほどであった。

口だけご立派な先生方は、彼らの努力を含めた潜在能力を見抜けずパワハラ自己満な日々を送ることしか能のないウンコであった。

私は美術世界しかしらないが、他の分野もこういうの多いかもしれない。

老害パワハラはもううんざりだ。

自分の安定のために、自分存在価値確認のために若い人を虐げるのはもう止めにしませんか?

「(民事訴訟を起こされたという体験」第四話

これまでの話
「(民事)訴訟を起こされたという体験」序話
「(民事)訴訟を起こされたという体験」第一話
「(民事)訴訟を起こされたという体験」第二話
「(民事)訴訟を起こされたという体験」第三話

この増田を読んでる皆さんへ
第一話についているコメントに対して

登場人物紹介
「(民事)訴訟を起こされたという体験」登場人物紹介

さて、前回の話の続きとなるが「プライバシー権」とはどういう物かについてもう少し掘り下げた話をしておこう。
「住所」や「本名」を本人の承諾無く投稿される事は、民事法では「プライバシー権侵害」に該当するのだが…。
Aは、そこまで説明してから大きく一呼吸入れ、説明を続けた。
プライバシー(privacy)」という言葉の由来には諸説有るが、その一つとして「プライドpride)」から来ているとする説があり、
法律学上は「プライバシー」は「プライドから来た物であるとする説が有力視され、「プライバシー権侵害」というのは平たく言えば
「住所や本名許可無く公開された事で俺のプライドが傷付いたので訴えてやる」という意味合い訴訟なんですよ。
...という事だそうだ。

それを聞いて私もOもNも笑ってしまった。
自分プライドが傷付いたからという理由訴訟を起こす馬鹿が世の中にどれだけ居るだろうか?
Kが想像以上の馬鹿だったという事が説明を聞いて良く解った。
しかも、二人相手訴訟を起こすという事は合計で200万近い金をKは支払っている可能性が考えられるのだそうだ。

Aは、説明を続けた。
一般的には訴訟を起こされたら驚いたり相手を恐れたりする事が多いが「名誉棄損」や「プライバシー権侵害」での訴訟は恐れる必要は無い。
訴訟を起こしたい程相手ダメージが入っている証拠であり、何よりこういう仕返しの様な形でしてくる訴訟
弁護士をしている人達の間では「SLAPPスラップ訴訟」というのだそうだ。

SLAPP嫌がらせ、つまり嫌がらせ訴訟なのだと。

突き詰めた言い方をすると、Kが起こした訴訟は「住所や本名許可なく書かれた事でプライドが傷付いたので書いた奴に嫌がらせしてやる」になる。
そして、Aは言った。
大丈夫ですよ。私がついた以上、こういう法律嫌がらせに使う様な人には絶対に負けませんから。」
法律を悪い事に使おうとする人は絶対に許さない所が、昔からAの良い所だよね。」
とNは笑っていた。

次回に続く。

数年ぶりに同人世界に戻ってきたら気味の悪いことになっていた話

私は二十数年ほど前に腐の道に足を踏み入れたオタクである

書店あくま一般的大手書店)で好きな漫画の絵が表紙に描かれている「公式アンソロジー」とやらを見かけ

わず手に取り、同人誌というもの存在を知らされてしまった世代といえば、心当たりのある方もいるかもしれない。


当初は晴海に足を運び、会場が変わってからビッグサイトに足を運び、ナントカ会館等で開催される小規模なオンリー

コピー本を携えてサークル参加デビューを果たし、当時は割と楽しく活動していたと記憶している。


その後、活動していたジャンルの衰退、進路云々という人生選択等も重なり、自身創作してイベントに参加することが

自然となくなった。友人スペースの手伝い程度。それも楽しかった。


当時はTwitterpixivもなかった。



ここまでお読み頂いて「もしやこれは中年の懐古を元にした愚痴なのではないか」と思われた方。

恐らくそうなので、何か違うと思ったら閉じて頂いて構いません。




とあるジャンル同人世界に戻ってきたら面倒なことになっていた


2010年代に入り、個人的には転職をして少々生活が落ち着いた頃、とあるジャンル創作活動をしてみたくなった。

そこで遭遇したのが下記の面倒事だった。


慣れ合い、擦り寄り慣習


情報発信手段としてTwitterが主流になりつつあったので自分登録して同ジャンルの人々をフォローしたのだが、

あちこちでムダな慣れ合いや擦り寄りが日常的に発生していた。


創作者同士による「え〜〜◯◯さんの方が上手ですよぉ〜〜」的社交辞令

 こういうことを言い合う人たちはだいたい心の中では自分の方が上だと思っている

・壁や誕席に配置される創作者(一部商業作家を含む)へのあからさまな擦り寄り

 その時のジャンルには商業BLへの進出を狙う野心家も多かったため、奴らは必死だった

・良配置を得た創作者の「はわわわ〜〜私なんかがこんな配置を〜〜!!何かの間違いです〜〜!!!

 当日は私は無視してください〜〜〜!!!」という心にもないムダ謙遜

 本当に無視したら今度はすねて「どうせ私なんか…やっぱり実力もないのに…」って構ってネガするくせに

・付き合い上、特に欲しくない本を買わなければいけない雰囲気

 正直な話、あなたツイート面白くてフォローしているけれどあなた創作物が欲しいわけではない、という相手もいる


こういうことを書くとだいたい「じゃあ付き合いをやめればいい」という意見が出るのだが、一度繋がってしまったもの

それこそジャンルごと変えるでもしない限り安易に切りにくい、という事情もある。もちろん私自身の性格起因もある。

そこはどうしても平行線議論になるので、いろいろな意見もあるよね、に留めておきたい。

どちらかが正しいということではないと思うので。


ありがたいことに何年か活動を続けているうちに、個人的な繋がりのないところから私の創作物を気に入ってくれる人が出てきたり

BLであったにも関わらず男性の読者さんがついてくれたりして、それなりのやりがいも感じられていたのだが

あるイベントの終了後、急激に「なんか疲れたな…」という気分に襲われ、フェードアウトする形でそのジャンルでの活動をやめた。



どうでもいい話だが、そのジャンルには大学在学中にデキ婚出産した当時20代前半の専業主婦創作者がおり、

かにつけて「大学では◯◯を専攻していて〜就活も本当は△△(大手)を目指してて〜〜」などの「私はバカじゃない」主張や

そうかと思えば「あたしおかあさんだから」的ツイートで既婚子持ちマウントを取ろうとしてくるので、非常にうざかった。

彼女には嫌いな創作者がいて、何かにつけてはその相手ディスり「だから◯ちゃんで叩かれるんだよ…」などとツイートしていたが

彼女自身もまた◯ちゃんで叩かれていた。二人とも今頃どうしているだろうか。もう30代のはず。正直どうでもいい。



■別のジャンルで数年ぶりに同人世界に戻ってきたら気味の悪いことになっていた


さて、それから数年、本当に何の創作にも関わらずにただの漫画アニメオタクをしていた私に、また新たに興味を持てるジャンルが現れた。


久しぶりに「沼に落ちた」という表現が出来るほどのジャンル出会った私はそのジャンル専用のTwitterアカウントを作り、

同じジャンル好きな人達と繋がり、たまに自分で描いた絵をツイートに貼り付けては一般人にふさわしい数のRTいいねを頂いて

楽しくやっていたのだが、ここでもまた面倒なものが目に入るようになってきてしまった。


慣れ合い、擦り寄り慣習

以前いたジャンルよりもさらにひどい(※個人の感想ですものだった。


私がそのジャンルに落ちた時、既にそのジャンルが盛り上がり始めてから一年以上が経過していた。

その間に何が起きていたかを察するに、


1.元作品の発表当初から二次創作をしていた人が「偉い」という風潮

2.「偉い」人の創作しているCPで新たに創作をしたければそいつに気に入られなければやっていけないという空気

3.そもそもその「偉い」人の創作物を皆が好きで当たり前という空気


下記に簡単解説するとこうなる。


1.元作品の発表当初から二次創作をしていた人が「偉い」という風潮


私もジャンルに足を踏み入れた者としてはド新参なのだが、創作者を中心にあちこち古参に「私など新参ですから」と

謙遜して回らなければいけない雰囲気蔓延していて、辟易するのに時間はかからなかった。

全体的なジャンル雰囲気としては「ご新規様歓迎!あなたもこの作品を見てください!」という呼び込みも多いのだが、

創作者に目を向けるととにかく新参が頭を垂れている様を目撃する。

そのジャンルには商業作家はあまりいないのだが、「偉い」人は「先生」などと呼ばれて崇め奉られているのだ。


気味が悪い。


2.「偉い」人の創作しているCPで新たに創作をしたければそいつに気に入られなければやっていけないという空気


ジャンル内で「偉い」とされている創作者の中でも、一番の人気CP活動している一番「偉い」とされる創作者が存在していた。

一番の人気CPなので、後からハマって創作を始める人の中にもそのCP活動したい人が多い。

彼女らが何をしているかというと、


・その「偉い」人をまずフォローし、

・「以前から拝見していました!ファンです!!」という挨拶で忠誠を示し、

・「偉い」人が何かツイートする度にRTして空リプで崇め奉る


という、もはや偉い人の宣伝媒体となることによってそのCPでの活動領域を得るということだった。


気味が悪い。


3.そもそもその「偉い」人の創作物を皆が好きで当たり前という空気


1および2から、「偉い」彼女創作物は「読みたいから読むもの」というよりも「礼儀として購入し、読んだら褒めちぎるもの」という

何だかよく分からないものと化していた。


気味が悪い。


私自身、ハマったCPは前述の一番人気CPだった。

だが、「偉い」人の創作物は正直あまり好きではない。もっと言うと、その「偉い」人自身が好きではない。

知り合いなの?と聞かれれば、いいえ違いますということになる。

知り合いでもないのに嫌いなの?と聞かれれば、「あなたにもいませんか?知り合いでもないけど好きではないなと思うタレントとか」と

いうことになるが、とにかくその「偉い」人の発言の端々に自分とは合わないものを感じてしまい、受け付けないのだ。


ただ、推しCP推しCPである以上、どうしてもTLにRTいいねさらには空リプまで含めて彼女を崇め奉る空気蔓延する。

そこで私は彼女アカウントIDペンネーム、「先生」という単語まで含めて、彼女の影がTLに現れないように徹底的にミュートした。

それでもイベントが近づけば彼女新刊に関連すると思しき新たな単語がTLに発現するので、それをミュートする…ということを

繰り返している。もちろんはじめからフォローもしていない。信者からすれば、私は不心得者だろう。



これもどうでもいい話だが、ここまで崇め奉られる◯◯先生とやらはどんな人なんだと思ってググってみたところ、

見事に◯ちゃんで叩かれていた。なんだ、皆が皆崇めているわけではないのだなと思うと同時に、表向きは信者に見えるあの人やあの人も

心の底ではどう思っているかからないのかもしれないな、と思い、そっとブラウザを閉じた。



そんなこともあり、私は現在身をおいているジャンルではある意味中途半端創作を続けている。

たまに描いた絵をツイートに貼り付けてみたり、ある程度まとまったらpixivに載せてみたり、それで満足だ。

心優しい人からイベントに出てほしい、本を読みたいと声をかけて頂けることもあるが、上記の気味の悪い風習がなくなるか、

偉い先生とやらが去るまでは御免被りたい。

先生とやらは自己顕示欲自己評価承認欲求の塊のようなお方とお見受けするので、ジャンルが盛り上がっていて

適当キャラクターセックスさせて崇め奉ってもらえるうちは去ることはないだろう。


昨今、同人誌価格設定創作活動における人間関係に疲れる等の記事拡散されているのをよく目にする。

私はそうした疲れを感じたくはないので、今のままでいようと思っている。

へそって何で無くならないの?

へそって要らないよね。

へそが活躍するのって母親の子宮の中に居る数ヶ月だけで、

まれた後は死ぬまで完全に要らないよね。

へその存在意義ってせいぜいギャル男ピアスをつけるぐらいじゃん。

しろへそって弱点だし、

垢が溜まって不潔だし無い方が良いのになぜ無くならないの?

そもそもへそってさ、赤ん坊の時にへその緒が取れた跡じゃん。

まりは傷跡ってことだよね。

最近医療の力を持ってすれば、

へそを除去する、もしくは新生児のうちに埋めてしまうなんてお茶の子さいさいな気がするのに、

なぜ誰もやらないんだろう。

足の骨を切って身長を伸ばすとか、瞳の色を変えるとかとんでもない整形は多々あるのに、

何故へそだけ誰も見向きもしないのか。

そのうち新生児の内にへそに塗る薬なんかが開発されて、

海外セレブがこぞってへそを消し始め、

へそは時代遅れ!へそはダサい!みたいな特集記事マスメディアボコボコ書き、

へそを消す行為一般的な物になりいずれ人類からへそはなくなると思う

生理前にすっごくお腹が空くタイプなんだけど、この食欲にしてもダイエットにしても、

『3食分の食事を5回位に分けて食べて、間食を避けるといいよ』

っていうのを見るとすごくもやっとする。実現不可能すぎて。

というのも、朝昼晩以外の食事10時のおやつと15時のおやつタイムに充てるとして、「ちょっと休憩入ります」って席立つ難易度が(自分の中で)高いのだ。

いや、おやつタイムでないにしても、小休憩をちゃんときっちり挟める職場事務職)ってそんな一般的なのかなって思う。

実際うちの職場をみていると15分位ふらっと喫煙タイムを取りに行く人もいるわけで、それを羨ましがっている間に、ふらっとロッカー行って休憩すればいいんだろうけど…自分にはなかなか難しい。

ちなみに軽い間食くらいならこそこそっと自分デスクでしちゃう(うるさい人に見つかると怒られちゃうけど)。

そんな風に、今日も間食で食欲を満たしている。猫食いに効果が無いことを信じる…

たとえ話につっこむやつはすべからくバカである!!!クソリプ事例集)※追記の方が多くなった

社会問題とかで比喩やたとえ話をすると、その表現に対してクソバカなコメントをするやつが大量に現れる。

「たとえ話は炎上するとママに教わらなかったのか?」なんてコメントがつくまでがワンセットだ。
それも風物詩ではあるが、にしてもアホみたいなクソコメの数々を見ていると情けなくなってくる。

そういうバカコメントパターンをいくつか挙げて、それらがいかバカであるかを説明してやろう。
以下、

 「たとえるなら、AはまるでBみたいなものだ」

という比喩に対するツッコミとして見てもらう。

「AとBは違う。そんなことも分からないのか。。。」

クソofクソ、最悪だ。こんな風に議論を1ミリも進めず嫌味だけ言うようなバカは本当に救いようがない。マジで消え失せてほしい。

せめて何がどう違うのか、違う理由説明してみたらどうだ?

「AとBは違う。だってBは……」

よし理由を言ったな、だがクソだ。

比喩というもの自体をまるで理解していない。AとBが違うのは当たり前なんだよ。
違うものを並べてるんだから相違点なんて考えりゃいくらでも出てくる、それを指摘するお前は何か少しでも有益なことを言っているつもりなのか? バカなのか?

いか比喩ってのはな、あえて直観的には全然のものを並べて、その数少ない共通点に目を向けさせることで、議論の本題が何なのかを理解させるやり方なんだよ。

Aについて言葉を尽くしても伝わらない、だがBと比較すると腑に落ちる、そういう場面はいくらでもあるし、だからこそ有効なんだよ。修辞法の基礎だぞどんだけ歴史あると思ってんだ。

ゆえにAとBの違いにこだわるお前は、本題と無関係な話を繰り返すバカ丸出しな状態にあることを自覚しろ。

「たとえが不適切」「たとえが悪い」

これも上のやつと同じだ。

バカすぎて、たとえの意味理解できなかったのか? なら素直にそう言えってんだ。

理解はしたが表現の仕方に文句がある? それが本題に何の関係があるんだバカか?

もっといいたとえがある。AはBじゃなくて、Cだ」

提案をくっつけてるだけマシだが、これも上のやつの派生形、ゆえにやはり意味が無い。

このタイプは2パターンあるな。

まず、議論を進展させたいという親切心で、より伝わりやす表現提案しているやつ。あっぱれな心掛けだ。
だがここまで読んで分かっただろ? どんなにうまい表現をしたところでバカは上述のようなトンチンカンな反応をするし、逆に理解力のある人間にとっては、たとえが多少下手だろうと大して議論に支障はない。
まあそういう建設的な意図提案は歓迎したいところだがな。

もう一方は、大喜利したい、うまいこと言いたいだけのタイプ
本題と無関係な話をしている自覚があるならまあそれもいいだろう。そこまで芸術点に自信があるなら、面白いかもしれんから言ってみろ。高確率でクソだろうがな!

「AとBが○○で同じなのは分かったが、××が違う。Aに関しては○○よりも××のほうが重要論点だ、なぜなら……」

これはクソじゃない、良い方の例だ。上のやつと大して変わらないじゃないかって? もはやお前は相当のバカだな。

元の発言者最初からAのことしか話してない。Bのたとえを持ち出したのもすべて、Aについて伝えたいことがあったからだ。

お前はそれを受けて、Aの話を続ける。Aに関して認識の相違があるならその話をする。

比喩が役目を終えたなら、その比喩は用済みだ。
比喩による説明が失敗した場合も、その比喩は同じく用済みだ。
次の話をしろ。

それでいいんだよ。




後書き

増田母親です。このたびはうちの馬鹿増田がこのような糞エントリを書いて皆さんに大変な迷惑をかけてしま申し訳ありませんでした。

煽り口調で何かを書く体験をしてみたかったのですが、こんなスタイルは初めてなので、いろいろと拙いところがあるやもしれません。バカだのクソだのはすべて撤回いたします。だらぶちとかファッキンとかも多分言ってないけど撤回します。

あとタイトルを見て「すべからくをことごとくの意味で使うなバカ」と思ったあなたは正しい。

追記

コメントに反応させていただきます。全部じゃないのはごめんなさい。
ちょっとカテゴリ分けした。

すべからく警察だ!!
一般的コメント
そもそもたとえ話をするなor使いどころを考えろ派
内容ではなくエントリスタイルの話
ネタ
  • たとえるならパンティーのような増田だなみたいなこと言われても困るだろ
    • フフッてなった。そりゃ困る
  • 詭弁論部に入部すると真っ先に訓練させられるのが比喩馬鹿をわかった気にさせて誤った結論へ導くためにこれほど優秀な道具はない
  • 一番かっこいいたとえは「たとえるなら 空をかける ひとすじの流れ星」だと思う。二番の「たとえるなら 風をはらい 荒れ狂う稲光」もいい。意味は正直よくわからない。
    • 自分読書記録をパッと眺めた感じだと、coolだと思った比喩は「その衣は冬を象って青く、春を呼び返すべく緑であった。容貌は美しいが、仮借なき天と星辰をしか映さぬほど高所に据えられた鏡のように無感動である」(ユルスナール『東方奇譚』)かな。(議論関係ない)
  • スカラベは糞虫
  • まるで将棋だな
    • は?

追記2

個別の返答とは別に

ブコメを見ていると、「比喩有効場合もあるがそれ以上に議論を迷走させがちだからそもそも使うべきでない」という意見が多いですね。

まったくもってその通りです。私もリアル会議とかで、たとえ話に終始して結局何の話なのか分からなくなるケースを何度か見ている。

これらをすべて分かってないとだめだ。

ただ、それでも比喩は強力だし、使うなって言っても現にいろんなところで使われている。
例えば差別問題なんかは、立場の違いで感じ方が全く違ってくるから、別の立場の感じ方を想像してもらう意図でたとえ話が飛び出してくるのはやむを得ないのではなかろうか。

そんなとき、どう受け止めて、どう話を進めるのが建設的か? という問題意識でこのエントリを書きました。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん