「些細な」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 些細なとは

2017-07-25

この騒がしい世界の片隅で

生来、大声が苦手で、幼少のころ、親に「そんな勢いで言われても頭に入らない、もっと優しく言って」「文章に書いて伝えて」などとお願いし、理解されなかったエピソードに始まり、今でも怒鳴り声に直面すると、文字通り固まって黙り込むという、コミュニケーションにおける最悪手を取る結果になってしまう。

これは男性罵声であっても、女性キンキン声であっても全く同じ。それどころか、「あ?何言ってんの?」程度の凄んだ声でも必要以上に緊張する始末である

なんというか、何か返さないといけないと思っても、そういう風に言われた直後からしばらくの間、考えがまとまらないのである


日常会話では、某大御所お笑い芸人定番芸よろしく「あんだって?」みたいな聞き取り事故結構起きる。

というか、コミュニケーションは「相手ごとに個別最適化された、些細なことの積み重ね」なのは、読者諸兄もよくご存じだと思う。

しかし、自分はこの「ちょっとした気遣い」が全くできない。

どういうわけか相手言動を観察できず、どうしても一方通行気味の会話となってしまう。

それでも友達らしい付き合いはどうにか可能だが、彼女を作るとか、仕事ステークホルダーと際どい内容を話せるレベル関係を作ることは、非常に困難ないし不可能である

実際、自分恋愛経験アラフォーの今でも毛が生えた程度だし、仕事でもコミュニケーション面は完全に落第点である


歩くときも座っているときもついつい考え事をし、それで誰かとすれ違う時は「お互いが同じ方向に動く」コントみたいなことがたまに起きる。

しか独り言が絶えない。

これは職場上司からウザがられるレベルだったりする。


電車通勤では、相当疲れていないと寝られない。

これって騒音のせい?

そう思ったのが、今回の出来事の始まりだった。


雑音をシャットアウトする手段で、古くからある定番の一つは耳栓だ。

最近はこの耳栓も大変便利になり、ノイズキャンセリング不要な音だけ排除し、必要な音はクリアーに聞こえるという「デジタル耳栓」なるものである

昔ながらの耳栓個人的にあのフィット感が嫌いで、かなり若いときに数回試してやめてしまったが、このデジタル耳栓イヤホンもどきだし、そんな気にならなさそう。

ということで電車の音対策で使ってみた。

その結果は、自身QOLに、想像以上の途轍もない効果をもたらすこととなった。

人の動きに注意が向くようになった

最初電車で使い始めて「あれ、こんなもんか」という感想だった。まあ車内放送は聞こえるし、別にいいけど。

などと思っているうち、よりによっていつも降りる駅近くになって眠り込んでしまった。

それでも、いつもは不思議と車内放送を聞き逃さず、すかさず起きて降車できるのだ。

今回はそうならなかった。

実に20年ぶりくらいに車内放送を聞き逃し、乗り越しをやらかした。

やばい、少々急がないと職場到着が間に合わない。

大慌てでいつもの駅に駆け戻り、デジタル耳栓を外す間ももどかしく改札をくぐった。

そこから速足気味で歩き始めて数秒後、いつものペデが、なんだか違うのである


えらい静かなせいなのか、自発的に周りを注意しないと…という意識自動的に働いてしまった感じだろうか、とにかく人の動きがよく目に飛び込んでくるのだ。

それも、周りを注意せず歩いている人なんて一瞬で分かってしまレベル識別できる。

これなら例のすれ違いコントなど起きようがない。

そうなる前に、なんとなく人の動きが読めるのだ。

独り言がパッタリおさまった

上述のように周囲に注意しつつも、それでも考え事がやむことはなかったのに、独り言けがパッタリやんでしまった。

独り言をしなくても、考えたことがスッと頭に入っていく感じだろうか。

この「自己完結感」は生まれて初めての感覚だった。

今まで生きてきて最高の会話を体験たか

数年来の友人と電車内で会話したとき、とにかく相手の話に苦も無く追従できたせいだろうか、彼が今まで話した中で、最も楽しそうに喋っていた…ような気がする。

こちらも、その話しっぷりからコイツの飾らない人柄、すげーイイ奴だ!」などと妙に感動してしまったり。

これってもしかしてちょっとしたこと」ができていたということだろうか。

だとすれば、確かにこの「ちょっとしたこと」は他人に教えられない。

自分コミュニケーションが苦手なので教えてほしいクチだったが、これは文字通りフラット経験から体得するしかないんだなーと痛感した。

怒鳴る動画が平気で見れた

数年前に話題になった、某引っ越し業者幹部ユニオンスタッフを怒鳴る動画最近取りざたされた某女性議員の「このハゲー!!!」で始まる動画、この2つをデジタル耳栓をつけた状態試聴してみた。

確かに「あーコイツやべえ、すっげーなオイ」とは思ったが、さほどビビらなかった。

これなら「あっすみません●●は××にしておきます、あの、ご指摘ありがとうございます」くらいのアクション咄嗟に返す余裕はありそう。

少なくとも、怒鳴り声で感じる威圧感は最小限だった。

世界はこんなに平和だったのか

別に変なクスリをキメたつもりはないのに、デジタル耳栓をしている時間が、極上に安らかなひと時になっている。

とにかく不安感が全然ない。不安になる事を考えていても、である

「満更でもないな」という気持ちが非常に支配的で、安心感が凄まじい。

自己肯定感」ってやつなのだろうか。

ともかく、「人間感情思考も、全て感覚によって形作られる」ことを認めざるを得なかった。

そして、「この世界は俺にとってうるさ過ぎる」とも。


というわけで、なるべく早く、というか可能な限り最優先で、聴覚過敏の専門医受診しようと思う。

確かにデジタル耳栓は快適なのだが、これを今後ずっと使い続けていいのか、そもそも自分感覚異常の正体は…など、色々気になる。


以上、同じような境遇に置かれている方の一助になれば幸いである。

https://anond.hatelabo.jp/20170724145323

結婚して5年、妻側です。

フェイク入れてうちの夫が書いたのかと思っちゃった。

増田にではなく、うちの夫に向けて思ったことを書きたいと思います

機嫌が悪くなるきっかはいつも「私の邪魔をされた」と思ったときです。

あなた邪魔をしているつもりがないのはわかっています

からこれは私の勝手感情なのだと思います

れい掃除したのに汚された、

乾燥機にかけた洗濯物を入れたかごの上に汚れ物をのせられた、

朝早く行かなきゃいけないのにギリギリまで起きない、

夜遅く自分の使った食器シンク放置する、

月に数万円私より手取りがおおいあなたのために

これくらいは我慢して私が片付けるべきなのでしょうか。

誰かがやってくれるだろう、という気持ちを持って生活することを責めるのは酷いことなのでしょうか。

自分の支度をして、子供の支度をして、子供保育園に送っていって、自分仕事に行って、

仕事から帰ったら必要ものの買い出しをして、子供のお迎えに行って、夕飯の支度をして、

子供をお風呂にいれて、子供の寝かしつけをして、次の日の準備をして、

もう毎日がいっぱいいっぱいです。

自分のことくらい自分でやってほしいし私の邪魔をしないでほしい。

私の夫も離婚したいと思っているのかもしれない。

不機嫌を相手にぶつけるのはDVであると、増田についたトラバブコメを見て改めて理解しました。

私もここまで書いて、こんな些細な事で日々不機嫌になっている自分を恥ずかしいと思いました。

結婚するべきではなかった。

2017-07-24

「気が付かなかった…」突然の肌荒れ地獄を救ったおばあちゃん医師

化粧品なんてなんでもいい。正直そう思っていた。



肌が強かったのか、これまで肌の悩みはなかったし、口コミサイトで人気の化粧品を使っておけばいいや。そう思っていた。



そもそも化粧品なんて男性みたいなもので、本当の意味自分に合っているかどうかなんて絶対にわからないし、一生懸命探せば確実に見つかるものでもない。



評判が良くても使ってみなければわからないし、それもある程度の期間を経なければ真価なんてわからない。



からあんまり気にする必要はない。そう思っていた。



でも全然そうじゃなかった。

化粧品の正しい知識選択女性にとって人生の質に関わってくる。



肌の悩みは女性にとって人生の質にかなり関わってくる。



肌に問題があると心に余裕がなくなり、外部との接触も減って自分世界が小さくなってしまう。



職場人間関係もぎくしゃく、友人が減り、彼との関係も悪くなっていく。



私はそれに気が付かず大変な苦労をしてしまった。



大げさに聞こえるかもしれないが、私は化粧品選択違いで、肌荒れ、ニキビ、最終的にはシミ。肌の悩みで長い期間苦しんだ。



死に物狂いで解決しようとも、方法を見いだせず、ノイローゼ寸前、そして金銭的にも危機的状況にまで追い込まれた。



肌に関して悩みに、悩みに、悩んだ結果、幸運出会いもあって、今は奇跡的に肌の悩みが全くない状態人生を前向きに楽しむことができている。



もっと早く気がついていれば、知っていれば」



今の肌にはもちろん満足しているが、ちょっとばかり吹き出物のあとが残ってしまった部分をみると、この後悔が湧いてくる。



基礎化粧品についての体験談なんて、あまり多く出るものではないと思うけど、私と同じく「根本的な間違い」によって多くの人が肌トラブルを抱えて苦しんでいるんじゃないかと思って、私の経験を伝えてみたいと思った。



今の基礎化粧品が合ってないと思う人、長年肌トラブルで悩んでいる人、最近になって肌質が変わったなと思う人は参考になると思う。



興味があったら読んでみてください。

普通の私の唯一の「自慢」



私は特に美人というわけではない。
学生時代も注目をあびることなく平凡に過ごしてきた。



30歳になればそのくらいはもう痛いほど自覚している。
美人生き方は到底できない。



からまり目立つことはせず、「普通女性」として生きて来た。普通大学を出て、普通に就職をした。



そんな私だが顔もスタイルも平凡な割には昔から男性受けは良い方だった。性格特別に良いわけではない。



ただ、肌だけには自信があった。



色の白いは七難隠すとは良く言ったもので、男性は本当の私の見た目以上に私を評価してくれているようだった。



「美香ちゃん肌キレイだね。」



というのが男性からもらえる唯一の褒め言葉だった。



肌こそが私の女としての価値



他になんの取り柄がない。



そう思っていた私は、いつしかこんな考えに取り憑かれていたのかもしれない。。。

突然訪れた絶望の序章



そんな私に突然変化が訪れたのは30歳時、冬に差し掛かる頃だった。



朝起きて顔を洗うとフェイスラインの部分に違和感があった。



「ん??なんだろう・・・」



そう思ってもう一度触ると、フェイスラインにそって大きな吹き出物が一つ出来ていた。



肌が強いといっても生理前などには吹き出物ができることはあった。



少し大きいから嫌だなと思いながらも、メイクで隠せばいいやと気にせずに放置していた。



いつもはこれでOK。忘れたころには治っていた。



しかし、この時は違った。ここから悲劇の始まりだったのだ。。



翌朝、気になってフェイスラインを見てみると、



「もう一つできている。。。」



フェイスライン上にもう一つ大きな吹き出物ができていた。これだけではない。



よく見ると鼻の頭にもニキビができていた。赤く腫れ上がった鼻は触ると痛みもあった。



初めての経験。



そして、見た目にかなり影響のあるその赤さに軽いパニックに陥った。



化粧水を塗る手が汚れていた?」


「昨日食べた揚げ物が悪かった?」


「枕カバーを洗ってなかったから?」


寝不足が原因?」


「なんで?なんで?」



化粧品食べ物生活スタイル、何かを変えたわけではない。



年齢によるホルモンバランスの変化なのだろうか。



考えうる原因が多すぎて対策が全くわからない。



肌になんて一度も悩んだことになかった私の頭の中は肌の悩みで一瞬にして埋め尽くされた。



ネットで肌の悩みを検索するが何が原因かなんてわからない。私はたまたま目にしたキュレーションメディアの「化粧品が合ってないのでは」といったトピック記事を読んで、それを鵜呑みにした。

化粧品甘い罠



まずは化粧品を変えてみよう。



肌は1日2日で改善するものではないが、一度荒れ始めると特効薬がどこかにあるのではとそれを探すようになる。



私は「高い化粧品こそは特効薬」と浅はかな意見に取り憑かれ百貨店に急いだ。



冷静な判断力を失っていた私はとにかくネット情報鵜呑みにした。



口コミサイト上位の化粧水美容液ニキビ対策化粧品、これらを探して店を回った。



美容部員アドバイスも受けず、ほしいものだけを提示し、購入した。



化粧水8000円


美容液:12000円


ニキビ対策美容液10000円



正直とんでもなく高い。


以前の私なら絶対に手を出さな金額であったが、悩みがあると不思議と安く感じてしまう。



高い=良い=効くはず



という思い込みも強くなる。



「これで開放されるんだ・・・」



この全く根拠のない安心感に包まれたのを覚えている。



早速家に帰り、使用量よりも多めに使って、翌朝には治っているかのような期待感で眠りに就く。



当然1日で肌が改善するわけはないのだが、現状維持をしているだけで、改善しているように感じる。

1週間くらいは荒れた状態ではあるが、その状態は維持できていた。



しかし8日目、また新たな吹き出物が発生した。



「どうして・・・」



高くて評判の化粧品、足りないものがないようセットで揃えたのになぜ?



信じたくないその事実にまたも混乱をした私は



もっといいもの必要なのか?」



とより良い化粧品を探しに走った。

いわゆる最高級化粧品だ。



今まで目にも入らなかったので気が付かなかったが、化粧品というのは実に多様で、高いもの美容液10万円なんてものである



何とかしたい。その一心で私はフランス最上級ブランド美容液にすがることになった。



一本40,000円の美容液、吹き出物対策のジェルで25,000円、UVも吹き出物に影響するとのことでUVクリーム22,000円



結局10万円に近づいてしまった。それでも私は



「今度こそ救われる・・・」



と素晴らしい安心感に包まれていた。

今思えばこれは完全に化粧品依存症だった。


当然ながらこれも根本的な対策とはならず、数日間肌が改善したようには思われたが、またフェイスラインと鼻に新たなニキビができてきた。



「ここまでやってもだめなのか・・・

噂の人たちはどうだ??



肌問題解決人生の全てになっていた私は新たにインターネット情報を探し、最終手段としてテレビなどでも度々話題になる有名美容皮膚科に足を運んだ。



予約の電話を入れると、1週間先なら空いているとのこと。その人気振りに「ここなら何とかしてくれるかも」という期待感が芽生えた。



そして診察当日、中世ヨーロッパのような豪華な内装に驚きつつ、診察室に入ると、テレビで見たことがある先生看護師を背後に2人も携えて登場した。



私は、



突然肌が荒れるようになったこと



化粧品を色々と試し、


食事野菜中心にした


カバー毎日洗っている



これらの対策をしても改善せず定期的に吹き出物ができてしまうこと

を伝えた。

それを受けて先生は何やら色々と説明をしてくれた。対症療法としては吹き出物はレーザーで焼く、食事面は糖質を減らしていく。そして食事で補えない栄養素はサプリメント補給するとのことだった。



正直ウルトラCを期待してしまっていた私はあまり新鮮味のない回答に拍子抜けしてしまった。



ただ、先生権威もあったので、勧められるまま、試してみることに。



しかレーザーで焼いた部分はかさぶたになってメイクでも隠しきれない状態になった。また糖質制限をするにしてもどの程度までやっていいかからず、かえってストレスが溜まった。



当然吹き出物もまた出来た。



翌週の診察であまり改善しない旨を先生に伝えると今度はサプリメントによる栄養補助を進められた。ビタミン剤が30日分9,000円程度と非常に高くびっくりしたが、藁にもすがる気持ちで私はそれに飛びついてしまった。

安らぎの「代償」



それでも一向に状況が改善はしなかった私はとうとう何をしていいかからなくなってしまった。そんな私に追い打ちをかけるようにクレジットカード請求書が届いた。



請求金額:368,781円・・・



殆ど化粧品美容皮膚科自由診療費、そしてサプリメント費用だ。



私は肌荒れの苦痛から逃れることに必死になりすぎて後先考えずに行動を取ってしまっていた。



幸い何とか支払いをすることが出来たが、一般OLの私のなけなしの貯金の大半を取り崩すことになってしまった。



ほんの些細なトラブルから私は精神的にも肉体的にも、そして金銭的には追い込まれしまったのだ。



もはやお金もかけられない。でも肌トラブルは治まらない。解決策も見いだせないけど、症状を受け入れて生活することもできない。



徐々に私は精神的にも不安定になり、外に出るのが怖くなった。会社休みがちになっていた。

カミングアウトそして意外な展開


そんな私の様子を感じ取ったのであろうか。実家の母が突然私に電話をしてきた。近くにくる用があるので、家に立ち寄るという。



あってすぐ私の様子が違うことがひと目でわかったのだろう。母は大事のようには言わないが落ち着いたトーンで



「どうしたの?」



と一言だけ聞いてくれた。



傍からみればたかが肌荒れ、でも私に取っては存在に関わる大きな問題。友人にすら言いにくい悩みをやっと打ち明けることができると思った途端、安堵感から涙がこぼれた。



母には率直に



「急に肌が荒れはじめて、原因も対策もわからない。自分に自信がなくなって、人に合うのも怖くなって精神的に辛くなっている」



と伝えた。



母は、「全然気にすることないのにねー」というが、私は



「みんなそう言うんだよ・・・」



と心の中で思う。



すると母が、「じゃあ、肌がキレイに戻ったら元気がでるの?それならカンタンよ。」



「え??」



私は思いもよらない母の言葉に耳を疑った。



「私が昔から行ってる皮膚科先生相談すれば一発よ」



「何!?魔法の薬でもあるの??」



そう思いながら翌日すぐに母の紹介で実家付近皮膚科に行った。

おばあちゃん医師の知恵?



クリニックは現在風の要素は皆無。マッチ箱のような規模感の古びた建物にひっそりと存在していた。以前にいった美容皮膚科の豪華絢爛さとは全く違う。その外観に私は失望を隠せなかった。



「でもここまで来たのだから診察は受けておこう。」



受付を済ませるとすぐに診察室に呼ばれた。



中に入ると小太りのおばあちゃんが座っている。



「こりゃだめだ」



私は心の中でつぶやいた。するとおばあちゃん先生は



あんた飯村さんちの娘さんね。肌が荒れてるんだって?」



「はい・・・



私は既に期待もなにもないので適当に返答をした。



すると先生は、



「私の肌見て、はいキレイでしょ。私80歳ね。」



「早く診察してくれよ」

と思ったけど、確かに80歳には見えない。肌だけみたら60台前半には見える。何より肌のキメが細かくシミ・シワが異常に少ない。



「私は化粧品使ってないの。保湿剤だけ。今の若い子はほとんど保湿が出来てないから、肌が荒れるのよ。はい。保湿剤あげるからこれを朝晩ちゃんと塗ってね。」



診察はわずか1分。薬などは一切なし。プロペトという保湿剤を処方されただけ。
あまりのあっけなさに怒りすら感じ、母に連絡をした。すると



「なんでもいいか先生の言うとおり保湿に注意してみなって。」

と突き放す。

意外な効果、あの肌を再び



まあお金もかからないし、やってみることに。夜寝る前と朝に塗れとのことなので、貰ったプロペトという保湿剤を風呂上がりに塗って試してみることにした。。



顔がすごくベタベタになるのが本当に嫌だったが確かに顔を守られているような感覚はあった。



ベタつく感覚違和感を覚えながらも、そのまま眠りついた。翌朝、意外にも早速効果が現れてきた。吹き出物が少し小さくなったような気がするのに加え、乾燥する感じは全くなく、もちもち肌になっていた。



「これはいいかもしれないぞ・・・

そう思う気持ちもあったが、シンプルすぎる対策に疑問を隠せないこともあり、もう少し様子を見ることに。



様子を見ること1週間。



新たな吹き出物は一切できない。



その間付き合いで少し脂っこいものを食べようが、夜更かしをしようが寝る前に保湿剤をきっちり塗るだけで一切肌が荒れなかった。



「え??もしかして私が悩んでたのってすごく単純なことだったの??」



きちんと肌を保湿をする。



そんな単純なことが出来ていなかったために私はこんなに苦しんだのだ。



肌に塗るもの第一優先は保湿なのだ。肌の水分を減らさないために保湿をする。それが一番大事あくまでその他の効果は2の次なのだ。



保湿をすることで肌本来機能を発揮してもらうことの方が、新たな成分を肌に付加し、浸透させようすることよりもよほど重要だと今では思う。



この経験を元に、保湿を中心とした化粧品選びを行った結果、今では昔と同等もしくはそれ以上の肌を取り戻すことが出来た。



始めて合う人からも「肌が綺麗ですね」と言われることが増えてきた。



吹き出物が多く出来た時期に跡が少し残ってしまったのだけが後悔だが、今は自分の肌に満足できて、自信も取り戻すことができた。

あなたに伝えたいこと



今まで化粧品に費やしてきた多くの金額無駄なのではないかと今は思っている。



もちろん身だしなみとしてのメイクファッションと同じで好みに応じてお金をかけてもいいと思うけれど、



基礎化粧品に関しては月に数万~数十万は掛ける必要はないと思う。



保湿力の高い基剤を使った基礎化粧品を一個使っていればいい。



私は最初病院で処方されたプロペトという保湿剤を使っていたけど、これだとベタつきすぎてメイクができないので今は月に4000-5000円のオールインワンジェルを使っている。



もし、あなたが肌の問題で悩んでいるのであれば、使うもの別に何でもいい。ただ、他の成分は無視して、まずは保湿力の高い化粧品だけを使ってみて欲しい。



高級化粧品なんて決していらない。



もちろん高級化粧品は素晴らしい製品だとは思うし、私達女性にとっては見ているだけで楽しい一種エンターテイメントだ。



だがそれによって本来の悩みを解決できず、むしろ更にあおり金銭面でも追いつめられてしまうこともある。



重ね重ねになるが。肌に悩みがあるならまず保湿。これをやってみて欲しい。



その効果にきっと驚くはずだから

。

私のような経験者の話が少しでも役に立てば嬉しいです。




生理前と生理

生理後の妻は優しい。かわいい

生理前の妻は怖い。凄いイライラしている。些細なことで泣いたりする。

世の女性よ。

生理前と生理後ではそんなに違うものなの?

男性に分かるような例えはないの?

生理前と生理後の妻の差に中々慣れない。

妻が怖い

結婚してまだ一年未満なんだけど、妻が怖くて仕方がない

機嫌がいいときものっすごい優しいし、甘えてきてくれるし、掃除とか洗濯とかも進んでやってくれるし文句ない妻です。

でも、機嫌が悪くなると一転、どんな些細なことでも半分切れながら注意してくる。

今の家を見回して、注意されたことが無いところが無いぐらいに注意されまくった。

そこを出来るだけ直したら、今度は色んな行動を注意してきた。

そうこうしているうちに、いろんな行動を行うときに真っ先に妻がどんな注意をしてくるかと考えるようになって

だんだん、何をしても怒られるような気がして何をするにも怖くなって。

常に心の奥の方で妻が怖くて、怯えている。

どうすれば、妻を怖がらずに接することができるんだろう。

妻が求める完璧人間になるのは難しすぎるが妻の怒りを無視すると状況は悪化しそうだし。

放置するにも実際起こっている妻にもストレスがあって怒っているわけで、

それはつまり負担がかかっているとことだと思うしそれはよくない。

話し合いを何回もしても一向に解決手段が見つからないし、

このまま行けば離婚するしか無いのかなと最近思ってしまう。

こういうのが世間で言う性格の不一致ってやつなのだろうか。

それともどんな夫婦も通る道なんだろうか。

追記:

こんなにブックマトラバがついてて驚いております

色んなコメントありがとうございます

まだ、読みきれてないものがありますが大変ためになります

てっきり、あるある我慢だよね~とか、増田が悪いだけだろうと言われるだけかと思っていたもので。

ちょっと吐露たかったんです。

自分が置かれた状況はよくある状況ではなかったということ、

でも、コメントを見る限り、同じような境遇の人はそれなりにいて

乗り越えた人がいるというのも励みになります

PMSって言葉は知らなかったので大変ためになりました。

のもののせいかなとは薄々思っておりましたが、このような症状があるとは不勉強でした。

ただ、病院に連れて行くってのは中々ハードルが高そうで、どうしたものかと悩んでおります

DVって言葉にも驚いており、ちょっとその当人になってしまっていたというのもショックと驚きで受け止めております

辛いけど、これは自分ができていないからだと思っていたもので。

普通の奥さんはこんな感じではないんですね。知らず知らずに共依存みたいになっていたんですかね。

一番意見が多かった離婚についてですが、最近ちょっと考えてしまます

自分も辛いけど、相手も辛い思いしていると思うと誰も得していない状況で

果たして結婚生活意味があるのかと。

それでも、結婚したのだから、出来る限り努力して継続させていこうと言う考えに行き着いたので

まだ、するつもりはありません。

しかし、この状況が続くようなら2年ぐらいを目処にしようかなとコメントを見て思いました。

ただ、いくつかのコメントが有ったように自分増田)が被害者と思ってしまっている節も

ありえると思うのでこれからも慎重に話し合いをしたいと思います

色々とアドバイスありがとうございました。

一応、いくつか質問が上がっておりましたので(気になるであろうと思いますので)書いておきます

現在子供は居らず、30代の夫婦です。

家事については半々でしており、任せっきりではないです。

共働きなので夕飯等のご飯は主に自分が作っておりますし、掃除等もある程度はしています

ただ、気付きは妻のほうが多いので掃除とかでは妻のほうがやる量は多いかなという感じです。

洗濯女性物は難しいので任しています。(女性物をきれい洗濯できる男性尊敬してしまます。)

ただ、そこに不満があるようなら話し合いの中で出てくるとは思いますが出てきませんでした。

子供は幾つかコメントでありましたが、更に悪化しそうなきがして、怖い思いが強く、先延ばしている状況です。

また、コメント全て読めたらコメントさせて頂くかもしれません。

2017-07-23

お互いに依存なのかな?

ある女とskypeでやりとりしてる

わりと喧嘩もする

些細なことで口論になる

お互いにさようならだねと言い合う

が、また普通に話をする

俺としては切捨てでもいいかなと半分思うが(ネットで話せるスペースが増田も含めて増えたし)、

ひきとめようとするのはやはり依存しているのか

向こうからは頻繁に電話かかってくる

https://anond.hatelabo.jp/20170722210312

自分現在留学中なのに勉強する気にならなくてやばい

物価の高いところで、生活費学費、諸手続きのための費用などで毎月30万は飛んでいるのに、小さなことで長く悩んだりして勉強に集中できない。

悩む内容は人種国籍バカにされたとか、店でボラれたとか本当に些細な事。

もっと人との壁を壊していけばいいのだろうけど、私は元来フレンドリー人間ではない。

よく学ぶために留学間中だけでも自分性格を変えようと思っていたんだけど、一人になると地が出てしまう。

やっぱ一人がほっとするからクラスメートからの誘いは断ろう、なんて楽な方に流れたり。

一人で過ごすならせめてその時間勉強すればまだマシなのに、だらだらしてしまう。

今のところ一つだけいい方向にする方法を見つけていて、それは一旦約束をしてしまうということ。

あなたも来る?」って聞かれたら何も考えず「絶対行くよ!」っていう。

その後やっぱり行きたくなくなるんだけど、言い訳したり嘘をついて断るより楽だから結局ちゃんと参加する。

自分がそうなんだけど、人付き合いが苦手な人は言い訳とか根回しを面倒がるタイプが多い気がする。

元増田自分のような一人が好きな人間ではなさそうだが

人に嫌われたくないという思いが強いのなら、人付き合いに関しては一旦約束してしまうっていう方法が使えるのではないかと思って書いてみた。

勉強について、自分は本当にひどい。たぶん何の成果もなく帰国すると思う。

せめてよい思い出、よい友人を作りたいけど、それすら自分性格じゃ無理して作った思い出、友人になってしまいそうだ。

だったら余計に勉強を頑張れよと自分でも思うけど、なんでか出来ない。

2017-07-19

https://anond.hatelabo.jp/20170719113949

支持政党政敵かの違いでしょ。例えば憲法改正したい人は安部総理を下ろしたくないからどんな深刻な問題擁護するのは当然。政敵問題であればどんな些細なことでも過大評価して叩き続けなきゃいけない。

政治とは流血の伴わない戦争なんだよ。

https://anond.hatelabo.jp/20170718062705

やはり、面接で聞かれる過去の職歴と、退職理由について説明するのが辛いですね。相手書類選考過程で把握しているはずですが、改めて自分の口から述べるのと、それに対する相手から質問に答えることに、ものすごいエネルギーを使います

退職理由は若干のごまかしや嘘もあったりするので、自業自得ではあるのですが(誰もが先行き明るい理由退職したりしてませんよね…)。

また、私は高校中退したことがあり、その理由を伝えることもかなりの負担です。あまり触れられたくない、トラウマになりかけている過去に対して根掘り葉掘り聞いてこられるのが苦しい。遠回しに「家庭の事情で」と答えているのに、「それはどうしてですか?」とどうしても詳細を引き出そうとしてくることに疲れます大学中退している方も、しつこく根掘り葉掘り聞かれているのでしょうか…?

過去仕事では、些細な自信をつけたとしても、それ以上のパワハラ人間関係悪化で潰れてしまうことが多かったです。「あんブラック企業でよく頑張ったよね」と周囲には言われますが、その頑張りは、残念ながら自信向上にもメンタル増強にも繋がりませんでした。

医者さんとカウンセラーに色々話した方が色々いいよ。

カウンセリングって精神科医のいるお医者さんでのカウンセリングだよね。

そうです。まず医師の診察を受けて、その後医師カウンセリング必要かどうかを判断し、臨床心理士に繋ぐ、という形です。

今まで心療内科等に通ったことがありますが、結局投薬だけで、2回目以降の診察も「お薬出しておきますね」だけだったので、今度はきちんと話を聞いていただきたいですね。

2017-07-17

http://nyaaat.hatenablog.com/entry/psychiatric-care01

私は恥ずかしながらメンヘラです。幸い入院歴はありませんが、10年単位で通院をしています。この病気は運悪く藪医者に引っ掛かると人生の中の貴重な10年間なんてあっという間に失われてしまます

日本精神医療欧米より遅れているという話がありましたんで、ついこないだ経験した事を些細なことですが便乗がてらお話しさせていただきたいと思います

私は服用している薬物の関係で、定期的に有効成分の血中濃度を測る必要があります

その日は暑い日でした。左肘窩の静脈から採血を行ない、看護師から止血のための綿花を暫く押さえていてくれと指示されました。

その後、看護師は幅50mmはあろうかという極太不織布タイプのサージカルテープで、綿花を固定しました。

もうね、お前は馬鹿か?あほか?マヌケか?と思いましたよ。

その日は暑くて半袖だったんです。そこにベージュはいえ、必要以上に特大のテープなんて貼ったら目立ってしょうがないだろうと…。

精神科病院というのは大抵へんぴなところにあるんですよ。最寄りの駅に行くまでにも時間が掛かるし、その間の人の目もあります

私は男だからまだ良いですよ。これが女性だったら、処置室出たら速効でテープをはがすのは間違いないですね。それで、又出血したらどうすんだ?

こんなこと、身体科のクリニックでやったら患者蜘蛛の子散らすように逃げていきますよ。仮にあの看護師転職して身体科で勤めだしたとしたら、やっていけるんですかね?

それとも、私がメンヘラから、どんな見た目になろうと、どうでも良いと思ってたんでしょうか?

創作者は犯罪者である

世間では漫画家声優絵師だなんだと言うものになろうとすると、一撃必殺しようとする怖い大人がいるらしい。

例のまとめを見て悲しい気持ちになった人もいるだろうからちょっと私の話をしてみたいと思う。

私も一応、インターネット上で小さく小さくものを作っている人間だ。文章を書いたり、どうでもいいものを作って公開したりしている。

文章の方は時々反響があったりして嬉しい気持ちになるが、まぁはっきり言って九割五分ぐらいはインターネットゴミとして漂流する。だいたいそんなもんだ。

しかし、自分を悲観視しているかというと、はっきり言って一切悲観視していない。

ポジティブと言えばそうだが、そう言う以前にスタンスとして、タイトルのようなことを常に考えているかである

創作者は犯罪者である

その理由はひたすら単純だ。

創作者は自分制作した創作物を使って、世間人間監禁することができるからだ。

人は創作物に触れている間何もすることができない。その人の自由を奪うことができる。

言われてみれば簡単な話だし、くだらないと思うかもしれない。

だが、創作物時間を奪うということは、実は誰にでも簡単に行うことができる。あなたが作ったものを公開すればすぐにでもできる。

その時、別にできの良し悪しは関連しない。あなた創作物が一瞬でも目についた時点であなたは間違いなく他人を拘束している。

検索画面のどこかに表示されただけでも、あなたはその人間時間を奪っている。

その時点であなたは立派な創作者であり、もっと言えば犯罪者である

もちろん、それが閲覧されれば最高だし、ついでにそれに評価が貰えればもっと良い。

その人は間違いなく見たり評価したりするために時間を使っているからだ。あなたはその人のことを更に長い時間拘束することに成功した。

評価が悪評だっても一切問題ない。あなたは悪評を書く時間をその人間から奪っているのだ。その時点であなた創作物は立派に犯罪をしている。

できるだけ多くの人間から時間を奪え。

あなたが作ったものに触れた人間を、鎖のない手錠をかけて、重りがない足かせをつけて、檻のない牢屋にぶち込んでやれ。

もう一度いう。創作者は犯罪者である。どんな些細な創作物でも犯罪犯罪なんだ。

から、どんなに小さく雑で碌でもないものを作ったとしても、それを公開した時点で犯罪だし、その時点であなたはつくり手側だ。創作者だ。

からキーを叩け。ペンを持て。描画ソフトを立ち上げ、エディタを開き、工具を取り出し、そして罪を犯せ。世間から時間を奪い続けろ。

こんなスタンスでいろいろつくりはじめて、なんやかんやでもう3年である

冷静に読み直してみたが、なぜか途中から鳳凰院凶真っぽくなってるし、昔こんなことを書いた自分結構痛いなぁこれ…ほんとひどくない???

だが、こんなくだらない考え方でも、世間に何かを公開するハードルはかなり下がったので、インターネットに放流しておくことにする。

せっかくなので、個人的には犯罪者跋扈していると思っている増田投稿することにした。

これを読んだ人間によって、私が将来“拘束”されることを願っています

あ、当たり前だけどここで言ってる犯罪は全部比喩からね。

肖像権著作権をはじめ、世間法律はちゃんと守ってものづくりしましょう。増田との約束だよ!

一戸建にするべきたったつの理由

マンションにすべきか一戸建てにするべきか

そんな悩みを毎日うんこしながら考えてた

地方在住の子持ちのおじさん31歳にはのんびり考え事をする時間うんこするときしかないのだ

考え事もゲームも読者もオナニー

人目を気にせずできる空間トイレだけなのだ


そんなとき

ハッと閃いた

俺は一戸建にするべきだと

一戸建にはマンションにはない(仮にあってもあまり現実的ではない)

圧倒的なアドバンテージがあるではないか




一戸建ならトイレが2つ作れる




維持管理がどうとか

セキュリティがどうとか

流動性がどうとか

そんなものが全て些細な問題に思えるくらい圧倒的なメリット

ダブルトイレ

トイレは俺のプライベート空間でもあるが

胃腸が弱いうえに「うんこが降りてくる」のを便座で待つタイプの俺にとって

うんこタイムは誰にも邪魔されたくない神聖時間なのだ(「邪魔」というのは俺がトイレから出るのを誰かが待っているという精神的なプレッシャーも含む)

それと同時に慌ただしい朝に30分以上も、場合によっては複数回トイレを1人で占拠される事に対する妻と子(まだオムツだが)の苛立ちも

トイレ重要視する俺だから痛いほどよくわかる

もはや我が家崩壊を防ぐには「俺専用トイレ」を設置するしか道はない

(妻はトイレが高速なので2つトイレがあれば渋滞回避できる)


というわけで今日はこの二日間で収集した大量のカタログ、妻は住宅メーカーで俺はTOTOLIXILのだが、を熟読しようと思う

こうして我が家理想の家(トイレ)造りは始まったのだ

2017-07-15

掃除屋は勝手から入れ

戸建てにおける玄関勝手口。

事務所だったら来客専用と従業員専用。

前者が表口で後者が裏口。

だいたいこんな感じだが、清掃業者が表口から入ろうとしているケースがあって驚く。

言い換えるなら、土建業者が来客用の駐車スペースを使うみたいな感じ。

なんて非常識なんだろう。


掃除のものの出来不出来に比べれば些細なことなんだけど、大事なことだし、世の中、些細のことの積み重ねのほうが、良くも悪くも後々効いてくるのは読者諸兄もよくご存知のはず。

結果オーライというのは、それで周りからどう思われるかという視点が完全に抜け落ちている。

それだとうまくやっていくのは難しい気がする。

2017-07-13

新卒非正規教員(女)だよ

《追記》7/14、追記を書いたのでぜひ読んでほしいです。

https://anond.hatelabo.jp/20170714184542

ーーー

在学中に受けた県の教員採用試験には不合格だったので、臨時登用の名簿に登録していたら3月30日に連絡が来て、4月1日から県立高校非正規教員をしている。

まず前知識なのだが、非正規教員一口に言っても「期限付(任期付)講師」と「時間講師」に区分されることは案外知られていないのではないか

前者は常勤半年一年という任期付きではあるものの、クラス主任を持ったり、部活動顧問や校務分掌(進路指導生徒指導など)も持つ。

給料正規と同じく月給制で、ある程度の年齢までは毎年昇給があるらしい。

後者非常勤。塾の大学生アルバイトイメージが近いのではないだろうか。

週〇コマと決められていて、時間単価と勤務コマ数の掛け算で給料が支払われる。

校務分掌部活動顧問といった業務はない(我が県の場合)。

私が任命されたのは時間講師だった。

「県立〇〇高校、週〇コマ講師をしていただけますか」と電話がかかってきて、幸い実家から通勤できる距離学校だったし、「現場経験を積みながら合格を目指そう!」なんて希望燃えて二つ返事で快諾。

厳粛な任命式も、指導研修(正規新採用はほぼ毎週あるらしい)も何もなかったが、他の先生たちと同じように1人で担当クラスを持ち現場に立っている。

手探りの日々で頭を抱えることもあるものの、生徒から反応が返ってくるこの仕事に誇りや充実を見出している。

ところでもうすぐ夏休み

子供の頃は「先生はいいよね、生徒と同じように夏休みがあるんでしょ!」と思っていたがそんなはずもなく、当然他の月と同じように出勤して仕事に取り組む。正規教員は。

そう、先にも書いたが、私は時間講師なのだ

正規教員で足りないコマ数を補って授業を行うために雇われているのだから、授業がなければ当然仕事はない。

授業だけが教員仕事ではないので、正規教員常勤講師研修会、企業訪問会議行事の調整、部活動指導調査への回答…など山積みの仕事を行う。

しかし、授業だけが業務とも言える我々時間講師場合、授業がなかったら仕事はなく、仕事をしていないのだから当然給料もない。

この事実に気がついたのは5月下旬だったのだが、ゾッとした。

(ちなみにそのとき試験期間で、通常の授業がないため時間講師仕事はごっそり削られたのである)

働かざる者食うべからず、とは聞き慣れた言葉である

また、「仕事がないはずがないだろう、選ばなければどんな仕事でもあるはずだ」と最近まで私も思っていた。

仕事もせずに給料をくれよ、と言うつもりはない。

しかし、本当に8月仕事のしようがないようなのだ(生徒の補習や夏期講習は正規教員で事足りるらしい)。

私は抜けているところがあるので、「授業を行ったぶんだけお給料が出ます」の裏にある、「授業がないなら無給だよ」の意味最初気が付かなかった。

気が付いたあとも、「時間数は減るだろうけど、夏休みなら補習もあるだろう」と思っていたのである

8月、どうやって暮らせというのだろう。

幸いなことに私は実家暮らしで、家族も「正規合格を目指す」という私の目標理解してくれているので、すぐさま困窮する事態には陥らない。

しかし、これがもし実家から遠い学校に配属されていたら?

一人暮らし家賃光熱費を払い、日々家計のやりくりをしなければならない状況だったとしたら?

ちなみに非常勤なので社会保険にも加入できず、自分国民年金16000円を払っている。

「1コマ3000円で週10時間、だいたい月12〜14万円か」と分かってはいたが、ここから保険料税金を支払い、最低限の仕事服や通勤定期を買い(一律で定額支給通勤手当雀の涙ほどだった)、働き出してから貯金も全くできていない。

こんな月収でも年額130万円を超えてしまうので、親の扶養にも入れない。

他のことをして収入を得ようと思ったこともあるが、「正規教員で不足するところを補ってね」と時間割を割り振られたので、月〜金全ての日に授業があるし、「4時間目だけ」「2時間目と6時間目」のような振り方なので、時間が全く自由にならない。

2時間目と6時間目の間の数時間、何をしているのかと言われると教材研究や生徒の課題のチェック、試験後にはその採点、成績表のデータ入力などである

しかあくまでも「週10時間」の任命なので、これらの空き時間についてはもちろん無給。

1コマだけ授業があるような日でも、その時間だけ学校に行って終わったら即帰宅というわけにはいかないし、何時間働く日であっても通勤にかかる時間は同じである

文章の収拾がつかなくなってきた。

まだ1年目の1学期を終えたところでこれだけ思いつくので、これから先どれくらいこの身分の恐ろしさを痛感するのか、未来が真っ暗である

そもそも来年度以降も同じ学校に勤められるとは限らず、そもそも任用があるのかも分からない(おそらく3月末の連絡がそれなのだろう)。

他にも時間講師の人はたくさんいるが、新採用の正規教員のように1箇所に集まって研修を受ける機会などはなく、年齢も担当教科も割り当て時間数もバラバラなので、話す機会がほとんどない。

中には現役を引退したベテラン教員、夫の扶養に入れる範囲で勤めている子持ち女性などもいるようだが、この仕事けが生計手段であるような若者中年も少なくないようだ。

「(モンスターペアレント部活動指導教育改革などになる)教員ブラック労働」と「(民間の)非正規労働者」の問題については注目が集まっていると感じるが、「非正規教員」はその合わせ技といえるのではないだろうか。

この日記が誰かの目にとまり問題として社会に知られる些細なきっかけになることを願ってやまない。

2017-07-12

「卒母のススメ」は毒親ではない、普通の親だと思うんだが

https://togetter.com/li/1128791

読んだ。

賛否両論あるが、これを読んで、美談だ、ユーモアだと感じる人は、幸せだと思う。

こういう時、人間自分知識無意識投影してしまものから、つまり、これを否定的に感じない人というのは、親から素直に愛情を受けて育ったんだろう。

羨ましい。

それなのに、そういう人達が、「これを否定するのはお前が馬鹿クズから」というような論調で、否定的人達批判するのが辛い。

ただでさえ親の愛情に恵まれてきたのに、なんだか死体蹴りみたいだ。

これを嫌味に感じてしま自分自身も嫌だ。

どうしてこんなことを考えてしまうんだろう。

卑屈で、否定的で、社会ごみだ。

つらい。

何で生きてるの。

賛同する人も、否定する人も、自分の親子関係投影してるんだから、こんなどちらとも読める文章で揉めるのは当然だと思う。

こんな些細なことに傷つかない、強い人間になれたらいいなあ。

頼むから静かにしてくれ

成人した人間の最低限の処世術として、自分感情を無闇矢鱈に他人にぶつけない、ぶつけてもどうにもならない、他人コントロールできない、自分感情のツケは自分が払うしかないって理解しなければ、社会生活は大変に難しい、と言う前提があると思う。

ところが、世の中には些細なことを粗探ししたり、小さなことで他人恫喝したり、意識せずにモラハラを働くような(それこそ、「なんで私が怒ってるかわかる?」式の)人間や、逆に他人から評価自己評価に直結してて、他人から承認を集めないと自分を保てない承認欲求モンスターたちが掃いて捨てるほどいる。こう言う人たち は何を考えて生きてるんだろう?

他人支配したいと言う欲望を抱えているのか?

普通に考えて、自分他人精神は別で、他人精神コントロールできないなんて当たり前のこと、誰にでも分かりそうなもんじゃいか自分他人未分化なのか?赤ん坊なのか?社会赤ん坊ばかりなのか?赤ん坊がそのまま社会に出て無数に対人トラブルを起こし続けているのか?

他人精神コントロールしたいと言う願望を実行するのは、他人の肉体を傷つけたい、と言う願望を実行するのに負けず劣らず醜くて卑劣ものだと思う。

迷惑から学校では道徳じゃなくてアンガーマネジメントとか、モラハラ人間から身を守る方法を教えて欲しいくらいだ。

[]7月11日

○朝食:なし

○昼食:チャーハン焼きそば唐揚げ弁当

○夕食:ご飯、納豆(二つ)、サッポロ一番(塩)

○間食:アーモンド(n粒)、スライスチーズ(2枚)、宇治金時

調子

はややー。

仕事適当にこなした。

ミスっちゃミスだけど些細なミス、みたいなのが何回か続いている。

いや、これ多分気にしすぎなだけで「ごめんなさい」とすぐ謝って切り替えるポイントだと思うんだけど、なんか妙にここ最近続くせいで気に病んでる。

よくない、よくない、一応結構長いとこここに居させてもらえてるんだから、少しは自信をもってかつ謙虚バランスよく仕事しよう。

3DS

ポケとる

ピカチュウアローキャップ)を捕獲

レジスチル捕獲

ミュウレベルアップステージを46まで攻略。(捕獲済み)

あくタイプを育ててきて、もうそろそろ一年

エンドコンテンツというか玄人が挑む「レベルアップステージの最大値」に挑戦しようと思う。

iPhone

コマスター

ログボでガチャを回したら、なんと最上レアスイクン

まじかよ! とテンションが上がるも、サメハダーシザリガーは結局出ず。

明日メンテガチャから排出されなくなるので、マテリアルで交換した。

これで残りのマテリアル4400

実装済悪ポケでもってないのはサザンドラのみ。

はいえ、サザンドラは多頭飼い専門のポケモンな上に、ジヘッドの数も必要なので先はかなり長い。

FGO

今日はメインシナリオを進めた。

まずは1章をクリア

シナリオはあっさりしているものの、ZEROじゃあんまりだったキャスターお話はなかなか面白かったし、

カーミラエリザベートの話もいい感じだった。(まあCCCしてなかったから、一瞬意味がわからなかったし、今もなんかいい話なんでしょ! と無理やり納得してる感もある)

キャラクタは、中盤まではマリーとジャンヌ百合百合がよかったし、後半も清姫主人公百合百合があったりと、大満足。

続いて2章も8節までクリア

こっちは、ブーディカさんがいいね、マシュの中の人のことを知ってるみたいだった。

マシュの中の人イギリス関連の人なのかな? そうえば約束されし勝利の剣と相性がいいとか言われてたし。

イギリス……

盾……

ははーん! わかりましたよ、もうね英霊真名を暴くことにかけてはまかせてくださいよ。

ロスチャイルド家の誰かですね。(い、いや、その、大昔に「赤い楯ロスチャイルドの謎」という本をミステリ小説だと思って買ったら「全然違うやんけ!」と憤った経験がありまして、その、はい冗談です)

2017-07-11

推敲みんな増田どうしてる手し鵜戸出す魔何美海恋す(回文

増田プロ

いやプロ増田

もう、どっちでもいいけど、

増田を書く時、推敲どうしてるのかしらって思うわ。

推敲するじゃない、

テキスト印刷して、

紙にしてからのチェック。

そこでいろいろまたテキストフィードバックするんだけど

編集履歴が残るメモ帳とか便利なのあるのかしらね

とも思っちゃうわ。

で、またそれフィードバックしたテキストプリントアウトをして

病院に行くの、って違う違う!

推敲の話。

プリントアウトしてると

1稿、2稿、サンコンとどんどん増えちゃうのよね。

うまく例えられないけど、

パラレルワールドが出来ちゃうと言うか。

些細なことなんだけど。

そこに出来るコスモ

第9宇宙は消えちゃったけど。

慣れないことするんじゃないわ、

って思っちゃう

でも、まだまだ増田プロの道は長いわっ!

うふふ。


今日朝ご飯

ベーコンレタスサンドタマサンド

レモン風味豊なって書いてあったけど

レモン感なしでした。

パンの食感が違うと思って作ってるところ見たら、

タマサンドと違うところで作ってたみたい。

違いの分かるダバダな感じね。

デトックスウォーター

夏野菜ミックス。

キュウリトマトナス

野菜水に浸して浸けておくと

ほんと水が野菜臭くなって、

苦手な人は、うわ!って思うかも知れないけど

きっと何かが抽出されてる証拠だと思うわ。

もう、

暑いからマジウォーラー飲んでね。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

水分補給しっかりね!

2017-07-08

好きだった生主がいつの間にか些細ないじりでもNGコメントゴリゴリ突っ込んでいくような人になっていた

ごっそりコメント減ってるし、みんな機嫌を絶対損ねないようなコメントしかしないし、なんでこうなってしまったんだろうか

こういうタガが外れるのってどういうタイミングなんだろう

https://anond.hatelabo.jp/20170708123551

おそらく連中が言いたいのはこうだ。

アメリカでは表現規制の結果、逆に些細な事で性癖が歪みやすくなり、そして動物アニメしか見るものがないため結果としてケモナーばかりになった』

2017-07-06

つらい。

当方中学生受験戦争真っ只中である

つらい。本当につらい。

何がつらいって、毎日母を見なくてはいけないこと。

お母さんは大好きだ。だから自分も母とよく似た性格になっているんだと思う。だがそれが仇なんだ。

今日些細なことがきっかけだった。喧嘩した。誰がどう見ても自分が悪い。そんなことは分かってる。

けど、人の悪態をついたり、被害者アピールしてきたり、関係ない過去のこと持ち出してきたり、論点をずらしてなにがなんでも言い合いに勝とうとしてきたり。すごく嫌なんだ。

でも、自分にそっくりなんだ。

まるで、自分の嫌なとこそのまんま見せられてる感じ。いつもそれを見て暗い気持ちになる。軽い鬱みたいな。

中学入学から今まで進路のことなんて考えたこともなかった。母に言われるがままに市内で一番賢い公立高校を目指すつもりだった。でも今は一刻も早く家を出たいと思ってる。だから市外の遠くの学校にいって一人暮らししたいとか思ってる。

高校生一人暮らしってどうなんだろう。やっぱり親の助けがないとしんどいかな。

追記

思ったよりトラバブコメアドバイス意見を頂けて驚いてます

なぜ中学生自分増田にたどり着いたのかと言うとこれもまた母の影響なのです。。。

小学生の頃からはてなを見てて2ちゃんねるツイッターより恐ろしく民度が高かったので。

2017-07-05

https://anond.hatelabo.jp/20170704214410

車椅子ではないですが、障がい者です。増田氏の心遣いに深謝致します。

我々障がい者は、声をかけていただくだけでも、大変ありがたいものです。最近飛行機でのやりとりがニュースになっておりましたが、やはり我々は皆さんより自由が利かないので、お気遣い頂けるだけでも大変ありがたいものです。あの方や乙武氏のように、強い言葉世間に発信できる障がい者はごく少数で、やはり我々は、皆さんのような方々に支えられて生きております

是非、次回も同じ方にお声がけください。あなた様のもつ些細な罪の意識など、即座に雲散霧消する事でしょう。

過度な謝罪不要です。「こんにちは。何かあった時にはお力添えしますよ。お気軽にお声掛けください」とでも言われれば、私などは大変に嬉しいものです。

助け合い」という言葉がありますが、我々が皆さんにお助けいただく頻度と比肩すると、我々が皆さんをお助けできる場面は大変少ないです。しかし、この日記増田氏に届き、増田氏の懊悩を解消できる一助となれれば、私のような者でも少しはお役に立てるやもと思った次第です。

何卒、ご自身を蔑まれる事のなきよう、宜しくお願い致します。

2017-07-04

1年間創作増田を書いた結果

就活ネタ

唯一ホッテントリ入りした

時事の政治ネタ過激な内容)

そこそこ伸びるが爆発的に伸びることはない

時事の政治ネタ(わりと穏やかに述べる)

ほぼスルーされる。トラバブコメあわせて5件もコメントがつけばいいほう

女性の権利主張

予想に反してあんまり伸びない。穏やかに書いたとき政治ネタと同じくらい。

これに関してはやんわりと書いた記事しかないので、いずれ過激な主張もしてみたい

エロネタ

時間帯によって伸び率が変わる。意外と深夜より終業間際のほうが伸びる(サンプルが少ないのでたまたまかもしれないが)

日常で起きた些細な幸せ

伸びることはまずないけど、幸せだったー的な記事を書くと必ずコメントが数件はつく。見てる人は見てるんだなーと思った。


全体的な感想

ブコメ欲しさに過激なことを言うのは創作でも精神的に疲れる。やめたほうがいい

就活ネタ上から目線っぽくならずにアドバイス風の名言(のような自慢コメント)を言えるから伸びたのかなーと思った。

最近むりやり政治の話にこじつける人が急に増えてきた。右にも左にもいるけど、体感としては左巻きの人の方が多い印象。

(一応ばらつきがでないように与党批判野党批判は均等に、交互に書いていた)

個人的にはエロネタが一番楽しかった。今後はエロネタメインで創作していくかな

2017-07-03

些細なことで燃え尽きる

3ヶ月くらい楽しみにしていたライブに行ってきた。

ライブはすごく楽しかったし、感動したのだけど、一晩明けたらもう楽しみにしていたものは終わったのだと酷くむなしい気分になっている。

そのアーティストの次のライブだの今後の活動だのというのは告知されているのだけど、それを持ってもこの喪失感を払拭するには至らない。

どうしたものかと思いながら、淡々家事を片づけてあすからの生活に備える。

多分、また日常を重ねるうちにこのむなしさも薄れて落ち着いていくのだろうな。

2017-06-30

https://anond.hatelabo.jp/20170630005022

いや範囲はどうでもよくて、単に俺のオキニかどうかしかないじゃん基準

はてなーなんか他に弱者属性のないおっさんには些細なことでも理屈つけて自制を要求してるし

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん