「些細な」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 些細なとは

2019-05-22

軽率体罰絶対反対だが、最後の手段として残しておくべき

タイトルの通り、些細なことでの体罰、どう考えても教師の発散の体罰というもの絶対反対。

でもあまりガラのよくない学校にいたので、体罰というか実力行使でなければ収まらなかっただろうという場面も体験したので最終手段としての体罰容認するべきじゃないかと思う。

こう書くと警察呼べとかということになるかもしれないが、現状ではあまりアテにできないと思う。

2019-05-19

「何がしたいの、どうしてほしいの」で追い詰められる

どうしようもなく追い詰められてる人間にこの言葉で迫るのはまじでやめろ。まあ俺は追い詰められてる人代表ではないから、他の人はどうかは知らんけれど。少なくとも俺はこの言葉を言われただけで、「ああ、こいつとは分かり合えない」と断絶を感じる。こいつに何を言っても無駄だと思ってしまう。

それは周りの人間からしたら、その人がどうしたいのかがわからいから出てくる言葉なのはわかるけどさ。追い詰められてる人間は何がしたいかなんてわからんわけよ。わかってたら追い詰められてたりしないからさ。

で、なんでそこまで追い詰められてるかを説明しなきゃ、どれだけ辛いかを周りの人間理解してもらえないんだが、この説明自体が難しい。単純でわかりやすきっかけがあれば説明もしやすいし理解もされやすいだろうさ。でも些細なことでも、長い間の積み重ねで心が折れることがある。それを「ちゃんと言ってくれないとわからない」なんて言われても、こっちだってどう説明しようかわからんし、そもそも心がくじけてしんどいところをどう説明すればいいのよって思う。

でさ、この間心療内科に行ったんだけど、行ったことを後悔したわけさ。ああ、結局理解されないんだなって。

そこでも結局何がしたいのって聞かれるわけだが、そんなの一言説明できるかよ。うまく説明できるほど口が達者でもないし、口が達者ならここまで追い込まれてねえし。

でもさ、心療内科行ってみて得たこともある。俺が欲しかったのは寄り添ってくれる人なんだと思う。現状分析してアドバイスしたり解決策を提示してくれるような人はいらないわけ。もうこれ以上何もやりたくないのに、さらにあれをやりなさい、これをやりなさい、今のままじゃだめだとか、そういう追加のタスクを投げられても、すでに抱えきれない状態なんだ。死ぬよ。

まあそんなだから自戒意味を込めてこれを書く。

自身は追い詰められてるけど、振り返ってみると逆の立場で「それはこうすればいいじゃん」とかアドバイスしてたことがあったし。そのアドバイス相手馬鹿だなぁ、そんなこともわからないのか、俺ってできる男、みたいな気持ちアドバイスしてなかっただろうか。今の自分が強く思ってる「そんなのいらない」ということを俺自身がやってるわけさ。

「こうすればいいじゃん」ていう解決策はさ、追い詰められてる人間だってわかるさ。わかってない場合もあるけど。でもそれを行動に移す気力がないわけよ。追い詰められてる状態人間さらにがんばれって言ってるもんだよ、それ。がんばれないからつらがってるわけじゃん。その状態理解されないから追い込まれるわけじゃん。

だいたい「そんなのこれやるだけじゃん」と簡単そうにアドバイスをするやつは、現状を知らないから言えるだけというのを理解して欲しい。同じ立場・状況に置かれてその現状を実感した上でのアドバイスなら聞いてやれなくもないけど、そんなこちらの状況をまるで知りもせずにする上から目線アドバイスなんて、さらなるストレスしかない。気分としては安全地帯から石投げられてる気分よね。

介護問題で悩んでる人に、それはもう施設に入れるしかないじゃんとかアドバイスするのは簡単だろうさ。でも、その施設に入るまでの間は何も変わらないわけよ。あんたが面倒見てくれるわけ? 違うよね。

老人が運転してた車で若い人が命を失う。免許を返納させろ、それをしなかった家族も同罪だなんて、無責任に言ってる奴ら。それだって現状を見てないわけよ。免許を返納したあと、その老人の世話を周りの家族が見なきゃいけなくなる。それどうすんのって視点が欠けてる。返納させればいいじゃんって言ったあなたあなたが面倒見てくれるんですか? タクシー使えばいいじゃんって? そのお金はどこから出てくるのよ。タクシーくるまでの間、どうすればいいのよ。口でいうだけなら簡単なんだよ、それちゃんと実行できるの? 正論のつもりで言ってるのかもしれんが、それめちゃくちゃ無責任発言だぞ。

・・・ああ、ちなみに。俺は介護で追い詰められてるから、老人に若者子供の命が奪われる現状が憎くて憎くて仕方がないよ。老人なんて等しくこの世から消滅してしまえと思ってるよ。老人の肩を持つ気はさらさらない。自分のばばあ憎しから拡大して、世の中の老人全部が憎悪対象だよ。

ただ、老人なんてみんな死滅してしまえと思うのと同じように、現状をよく知りもしないくせにアドバイスのような、その実相手を追い込めるだけでしかない呪詛をばらまく奴らも同じようにこの世から消滅してしまえと思ってる。

別にさ、俺の状況知ってるわけでもないやつに、なにかアドバイスしてほしいなんて欠片も思ってねぇよ。ただ話を聞いてくれよ。

とりあえず現時点で、同じ境遇に置かれてる家族と傷のなめあいして心を紛らわせてなんとか耐えてるよ。紛らわせたところで俺を追い詰めるものが消えてなくなるわけじゃない。本当にクソみたいな世の中だ。

ああ、気がついたら呪詛が出るな。すまんすまん。

まあこれで何が言いたいかって言うとさ、追い詰められてる人間、疲れてる人間にさ、「お前はどうしたいんだ、どうしてほしいんだ」って聞くときはさ、ちゃんと本人に寄り添ってからにしてやってほしいってこと。

本人がどうしたいのかってところはさ、すげえ大事な部分だし、それを聞かないと周りも何もできないんだけどさ。それを聞き出すのが第一なのは、少なくとも俺はめちゃくちゃ傷つく。ああ、こいつには時間がないんだなって思うもん。そんな単刀直入にすぐ説明できるようなもんじゃないし、そもそも自分でもわかってないのに、開口一番それってことは、お前の相手してる暇ねえんだよってことなんだなって思うもん。ああ、こいつには理解されないんだなってその時点で無力感感じるね。

追い詰められた人間が自ら助けを求めに行くのって、めちゃめちゃハードル高いの。そんなのが簡単にできるのであればそんなに追い詰められてないだろうしね。

それでも助けを求めに来たときは、まずアドバイスじゃなくて話を聞いてやってくれ。溜まりに溜まったものが渦巻いてて、本人はどこからどう話したらいいかよくわかんない状態からさ、急かさず、ただそばにいるだけでいいさ。お前の話はしなくていいよ。ただ本人のそばで、うんうんって聞いてやってくれ。それだけでだいぶ救われる。

絶対に、そのプロセス飛ばしアドバイスなんかしないでくれ。ああ、やっぱり何を言っても無駄なんだ、伝わらないんだって絶望しか残んねえから

何がしたいのか、どうしたいのか、ってのはとても大事なこと。追い詰められてる本人には見えてないもんだからね。だからどこかのタイミングでそれを切り出さざるを得ない。でもそれは、どっちかっていうと、追い詰められてる人と一緒に見つけるくらいのスタンスでやってほしいのよね。まあそれができりゃ誰も困らないんだけどね。

追い詰められてる人に対してもなんか書いとくかね。

とりあえず、貯め込むのだけは良くない。絶対に良くない。これだけは間違いない。だからどこかに吐き出すのだ。吐き出す際、王様の耳はロバの耳方式が良い。返信を期待しないところに吐き出すのが一番だ。何も解決しないけど、溜め込んだものを吐き出すのは大事だ。

増田に書くのもいいし、怪文書としてマスコミに送りつけるとかでもいいんじゃない、知らんけど。誰に見せるでもなく、紙に書き出すとかもありよ。吐き出せ吐き出せ。

そんなことしたって何も解決しないけどさ。少なくとも頭の中でぐるぐるぐるぐる悪い感情ループしてるのからは気が紛れると思う。

かに助けを求めようとする人は偉大だ。追い込まれてる状態なのに、拒絶されるかもしれない・理解されないかもしれないという恐怖を抱えながらも、助けを求めに行ける君はすごい。俺は尊敬するね。

君はどうかはしらんが、俺はようやくわかったよ。アドバイスがほしいんじゃなくて、現状を理解してもらいたいってのが俺のしてほしいことだってね。だから理解されないかもしれないけど、助けを求めに行動をすることにも意味はあるとは思うよ。そのせいでさらに傷つくことになるかもしれないけど、そこから見えてくることもあるかもしれない。

まあ悩みの大本がさっさと消えてなくなってくれるのが一番なんだがね。

宗教の成長のために重要なのは、優れた広告力を持つマネージャー存在と、政治権力との協力であって、教祖精神の病であったか否かは、些細なことに過ぎないと言えるかもしれない

Dr 林のこころと脳の相談室「教祖の精神鑑定」

以前も似たような議論をしたが、

今回のこの話もパンセの「正義と力」に通じるところもあって

結局は力、つまり淘汰によってそれが真実であるかどうかが決められるのであって

その部分は実用主義と似ている

2019-05-18

高齢者暴走について一言

高齢者暴走世間を騒がせてる。オレも今日、直進が黄色から赤になりかけ右折時間になりかかる瞬間に、直進で突っ込んできた対向の軽自動車を見たとき「危ねえな」と思った瞬間相手ドライバー確認してた。婆さんだった。ウンザリする。高齢者暴走してたから? 違う。「暴走してたか高齢者なんじゃないか」と自分が心の中で予断を持っていたことに対してだよ。相手の顔を見て「やっぱり」と一瞬思ってしまたことに対してだよ。

言うまでもなく、若いドライバーだって暴走する。中年ドライバーだって暴走する。デブドライバーなんて運転中に心筋梗塞起こすかも知れねえ。運転に自信があるドライバーなんて最悪だ。周りが全員下手に見えて始終イライラ運転する。社会的地位の高い連中もたちが悪い。周囲が自分に譲って当然だと思ってるから運転尊大危険存在だ。昔ならセンチュリー、今ならプリウス運転下手な車種の代名詞だ。廃版にしたほうがいい。スポーツカーなんて存在価値がない。ただただ暴走するための存在だ。購入者にはバカほど高い保険義務付け、些細な違反にも罰を重くしようじゃないか。誰もかれもが、暴走予備軍だといえるだろう。

…でもな。実際に暴走して叩かれるのは、高齢者だけだ。若いドライバーが、中年が、デブが、運転に自信のあるドライバーが、地位の高いやつが、センチュリープリウス乗りが暴走しても、その属性自体攻撃されたりはしない。属性持ち全体が批判に晒されたりはしない。どれをとってもの高齢者という属性」と同じくらい有意暴走との相関があるだろうに、誰も、「あいつらから免許を取り上げろ」とは言わない。おかしくねえか?

分かっている。高齢者が、判断力や反射神経が衰えた結果、事故の原因となりやすいということは。そこを否定したいわけではないんだ。ただ、昨今の報道が、事故の原因を「高齢者」という属性に起因させようとし過ぎているのがフェアじゃないと感じるって話なんだ。「高齢者危険存在」って話の持って行き方が、あまりにも誘導臭くて危険に感じるんだ。それが、自動運転車を普及させたい自動車会社と国の隠れた共同キャンペーンであり、実際そこにあるのがあくまで「善意である仮定しても…(そして自動運転社会が早く到来してほしいと思うオレにとって、大変都合の良い世論形成されつつあるとしても)…それでも、そのように特定属性について安易にその権利制限する(免許を返納させろ!という空気形成する)ことには、もっと慎重であるべきだと思う。そんな簡単に、人の権利を取り上げないでほしい。充分に慎重で善良でしか生活に車が必要高齢ドライバーに、やたらとプレッシャーを与え後ろめたい気持ちを感じさせないでほしい。

思慮の足りない若者運転していいなら、反射神経が衰えた老人だって運転していいはずなのだ。こういうと、「お前は高齢者暴走家族を殺されても恨まないのか」とか言う奴がいる。馬鹿じゃね? そんなん恨むに決まってんだろ。相手をぶっ殺したいと思うだろーな。でも、それは相手高齢者でも若者でもデブでもなんでも同じだ。そして、それはあくまで「ソイツ個人問題」であって、その属性問題とはしない、程度の理性は保っておきたいと思う。この社会は車の運転一般人に許容しその利便性享受する半面として、そこから生じる被害リスクとしてすでに計上しているんだ。俺たちはすでにカードゲームを楽しんでいて、お互いにジョーカー押し付けあって、自分だけは「アガリ」を引こうとしてる。だが、一定リスクがある以上誰かが最後ジョーカーを引く。それはゲームの一部だ。ジョーカーを引いてから文句を言ってもしょうがない。最後に泣く奴が出るのをあくまで防ぎたければ、この車社会と言うゲーム自体を変えるしか無い。そしてそのための方法なら、オレたちはすでに手にしているのだ。

から報道は、センセーショナル高齢者バッシングよりも、素直に自動運転車実証実験、早期推進キャンペーンやろうぜ。その方が確実に、社会幸福にすると思うんだけどな。

メンズ地下ドルおたく風俗嬢になる

なった?のが正しいかな。ただの備忘録

チェキが1枚1000円として、1公演で10枚買えば1万円

チケ代+ドリンク代で約5000円と仮定して、1現場1.5万

これが週5とかである

仲良くなればなるほど「今日推し集客少ないな~足すか~」ってなって20枚、30枚と倍々ゲームに。1現場1.5万が2万、3万ってなったら、いよいよまともな仕事じゃ稼げない。

いちばんやばい時で通常:デリヘル(イメクラ)×2、生理中:ピンサロで働いてた。3店舗掛け持ち。いつ、たぬきに晒されるか分からない恐怖。つらい。

ソープには落ちなかった。ギリギリセーブがかかった。保険所にデータが残るのは嫌だった。

結局、デリヘルイメクラで釣って、金づ…失礼、ガチ恋は裏引きして+5諭吉で本番させるのがいちばん儲けられた。もちろんG付きで、でもあいつらの精子必死かつ生命力高すぎる気がしたから必ずピル飲んでた。

いちばん稼いでた時で、月100万ぐらい推しに使ってた。そん時は昼職やめた。でもある時「これはおかしいぞ~」って思っておたく辞めた。何がきっかけかはわかんないけど。

箱に喫煙所がないとか。客の靴下が臭かったとか。雨が降って湿気がやだなあとか。そういう些細な「やだなあ」のタイミングで愛が冷めてよかったなって今では思ってる。大量に部屋に残ったチェキと、単色キンブレだけが邪魔邪魔でしようがないんだけどね。

俳優デキ婚炎上してるけど、報告するだけましじゃねぇかって思ってしまった。自分推しはある日を境に運営メンバーと連絡とれなくなって消えたので。何があったのかは代替推測できるけど。

以上です。

2019-05-16

国内随一の無法地帯歩道

横幅3人分程度の歩道想像して欲しい。 左側に沿って歩いていると正面から一人、自分から見て中央やや左側の中途半端位置を歩いてくる。

相手を避けるには、自分が大きく右側へ迂回しなければならない。 そういう位置だ。

相手は前を見ておらずこちらに気付いてないので仕方なく大きく避けるが、相手こちらが避けてやったことに気付いてすらいない。

こんな些細なストレスが積もり、最近基本的に端を歩き、避ける気がない相手こちらも避けず意図的にぶつかるようになった。

すると見える。 真正から歩いてくる人にすら気付かない視野が狭すぎる人、中途半端位置を歩きながら避ける気がない人。 でも百歩譲ってまだ許せる。

ただ先日出会ってしまった。 2人幅しかない歩道を二人横並びで歩き、会話に夢中で真正から歩いてくる私に気付かない。

必然的にぶつかった。 私には避けるスペース自体そもそもないので諦めて避ける気ゼロで強くぶつかった。

するとなんだ「何をするんだ」「前見て歩け」「こっちが女だからってわざとぶつかりにきたな」「痴漢だ」と30代風に見える女性が突っかかってくる。

言葉が通じる相手とは思えないので無視していると去っていった。 

これは一例、ただこれを読んだ人は歩道自分以外も歩くので周りを見て考えて歩くという当たり前が出来ているか一度見直して欲しい。

人と交差する時にお互いの位置関係を把握出来ているか? 横へ移動する時に後方を確認しているか? 地面や景色スマホを見る前に周囲の状況は把握できているか? 多数の歩行者が避ける必要のある位置で立ち止まっていないか? 

公共の場なのだから頭を使って考えて行動しよう、ヒト科なら知能があるのだから

「この人は白杖を持って歩いた方が良い」と思う人を一日に十人は見かける。

オタクヤンキーADHD

ジャイアンADHDヤンキーオタク

多動・衝動性優勢

社交的、積極的

些細なことでキレる

非行に走りやす

 

のび太ADHD=旧型オタク

不注意優勢

内向的消極的

時間じっとしていられるが人の話は聞いておらず忘れ物が多い

些細なことでメソメソ落ち込む

不登校になりやす

 

スネ夫、しずか、出来杉定型発達。

anond:20190516133016

だったら「些細な接触」じゃないところの明確な閾値を示したらええやんけ

そこの閾値を超えたら全員セクハラでつるしたらいい

実際には顔や金で同じ行動でもセクハラにするかどうかを決定したいか閾値を定めないってだけのこと。

自業自得だよ

2019-05-14

女性恋愛至上主義の世の中をやめてくれ

女性恋愛至上主義とはなにか。

それは「女性が」癒される日常を送り、感動イベントをする恋愛が最優先で最上級だ。という思考である

これのなにが問題なのか。すべては「女性視点」が根幹にある。

大きく分けて二つの問題が上がる。

一つ目は「女性視点幸福感」である

例えば、男女の恋人はどんな話題で話をする? 男女どちらが興味を持つ話題を話している?

話題割合女性向け話題が多くないか? 少なくとも私はそうだった。

彼女のつまらない話に付き合っている彼氏は声を上げてくれ。

この例は会話に限らない。日常些細なことにも影響している。

男の興味は関係なく、女性の興味が正義

男女の恋人で行う日常女性意思正義なのだ

逆はない。

男性拒否することもできる。が、事情がない限りつまらいからの拒否は悪にされる。

彼女と仲良く同じ趣味に興じている男性もいるだろう。

しかし、それは女性側に興味があったから盛り上がったのだ。女性に興味がなかったら捨てられていたテーマだ。

男が興味がないからと彼女とのテーマを捨てたらどう評価される?

二つ目は「女性生活押し付け

はっきり言おう。

男女で目指している生活は方向が異なる。

そして恋愛において男性生活方向は軽視されいてる。

女性毎日が良くなることを目指す。男性は今と明日を生き残ることを目指す。

この無意識の差で生活の優先度が大きく違う。

残業、転勤をして将来大きく稼げるなら男性はする。家族のためになるならなおさらだ生存を盤石にするため挑戦するのだ。

組織内の立場の向上、賃金の向上。生存競争で有利になることを目指している。

女性は今のままで十分な生活ができるなら、残業、転勤を選ばない。毎日生活犠牲になるからだ。

趣味時間友達との会話、恋人デート、それら日常の彩りがあることに幸福を感じる。

どちらも大切な要素だ。両方が揃って文化的生活が満たせる。

今の世の中、平和に思えるだけに男性生活方向が女性理解されない。

その結果、女性恋愛至上主義は強くなるための時間を許さない。


強くなければ優雅生活は送れない。貧困生活は生きている意味が分からない毎日だ。

死なないだけで、今の世の中も強くなければいけないのだ。

東大生の生涯勉強時間は? 医者弁護士になるにはどれだけ時間がかかる? 錦織圭イチローはどれだけ練習した?

強くなるには時間がかかる。

日常の彩りを犠牲に強さを目指して生き残るだ。

女性にとって彼氏は彩りの一つ。失うことは本能に反する。

義務以外の手間を自分に向けさせる。

女性にとって正義でも男性にとっては怠惰である




女性恋愛至上主義の2つの問題を読んでもらった。

まれた世の中になった今、男性的な生活方向の必要性を感じ取りにくい。

男性はいい。本能で目指すから

女性本能は違う方向を向いている。理屈で知る以外に方法はない。

私は女性の考えを否定しているのではない。どちらの考えも大切だ。

両方が揃ってこそ意味があるのだ。

からこそ女性恋愛至上主義の世の中をやめてくれ

犠牲になるのは強くなれなかった男であり、男の支えが弱くなる女である

弱い男の人生はみじめだ。夫婦で男が強いと女性負担が減る。

個人の例を挙げれば専業主夫でうまくいっている場合もあるだろう。しかし、出産を考えたとき一年中働ける男性が働いたほうが効率がいいだろうし、多くの男性は働いてるだろう。

実は専業主夫すら贅沢の形なのだ

人口問題がひっ迫していない世の中だからできる夫婦の形だ。

もし、飢饉人口問題人類が直面したら男性はひたすら働き、女性子供を産むしかない。

生存の土台が強いから様々な人生の形が選べるのだ。土台の弱い砂丘の楼閣は簡単に崩れる。


生きることに重点を当ててくれ。強くなることに協力してくれ。

犠牲になるのは男であり、女なのだ

女性恋愛至上主義の世の中をやめてくれ










社会男性観が強い。という反論を持つ人もいるだろう。社会的に男性観が強いことを否定はしない。

女性恋愛至上主義個人に起きている問題なのだもっというと女性恋愛至上主義問題は当分の間、公共の悩みという社会問題として表に出にくい性質だと思っている。

簡単な話だ。女性のいる社会女性問題は認められないからだ。

社会を生きるなら女性のほうが男性より何倍か上手い。しばらく男は辛酸舐めることになるだろうが耐えるしかない。


ここに書かれた女性と会ったことがないという人は幸運だ。周りの女性を大切にしてくれ。

自分は違うと思う女性彼氏に聞いてみるといい。彼氏が答えを知っている。

少なくとも私は女性恋愛至上主義犠牲になった。

私以外にも同じ悩みを持つ人が一人でもへることを祈る。


*この日記は男女の恋愛に焦点を当てた文章である。LGTBの主義批判する意図はない。むしろN(normal)について語ったLGTBに関するものでもある。

2019-05-12

旦那の卑屈さが辛い

旦那の卑屈さが辛い。

旦那とは新卒の頃友達の紹介で出会った。一個上の優しくて真面目でおおらかでのんびりした人。同じ愛知県出身で、東京大学に来て、そのまま就職して地元に帰らなかった人。

何年か付き合って無事結婚し今年で結婚5年目。去年まではのんびり楽しく暮らしてたが、最近旦那が、自分卑下する発言が多くなり辛くなってきた。

きっかけは去年、私が転職したことだと思う。

それまで私達はお互いの年収の話をしたことがなかった。生活費はお互い決めた額を同額を出してそこから使い、余ったら貯金というスタンスだった。結婚式もしなかったし、お金のかかる趣味もなくて、出しあった生活費自分の手元に残してあった分も、普通に生活してれば余るぐらいだった。

結婚前の話し合いでお互い子育てする自信がないという話になったこから子どもは作っていない。だから教育費もかからない。なんとなくでしかやってなかった貯金も、30歳までの額を見たら自分達の老後の資金ぐらい大丈夫そうだなと思ったし、あんまりお金のことを深刻に考えたことがなかった。

転職きっかけは理不尽なことが重なったことと、尊敬していた先輩がやめたこと。仕事内容自体は嫌いじゃないけどキャリアが描ける部署じゃなく、先が見えないなか同じ環境で踏んばる気力がなくなってしまった。つまり家庭事情全然関係ない。

転職にあたって日常会話のなかで少し旦那にも相談することはあった。恥ずかしながら目標があって辞めたわけではないので、同じぐらいの給料がもらえればいいかと思って求人サイト登録していると、それを見た旦那が「その給料で雇ってとらえるところはないと思う」と言ってきた。たぶんこれがはじまり

退職を決めた年の私の給料残業代込み額面で550万程度。特に高いわけじゃないけど、何か特殊技術資格があるわけでないので充分もらってたと思う。

女性で、文系で、30歳で、転職したらその金額はもらえないよ」と旦那だけじゃなく周りから何度も心配されたし、確かにそれは的を得意見だった。実際自分が狙っていた中小企業だとそういう求人は少なかった。でも運よく狙いの企業に入ることができて、給料はほぼ据え置きにしてもらえた(額面では20万ほどあげてもらえたが見なし残業残業が増えたのでトントンだと思う)。

私の転職が決まった頃から、彼の自分卑下する発言が増えていった。

最初に「すごいね、俺なんか踏み出す勇気ないし特に誇れるものもないから」と言われたときは誉めてもらったんだと思って頑張るねと答えた。今でも覚えてるけどお祝いに作ってくれた夕飯の餃子を食べてた時だ。私は餃子が大好きで外でもよく食べるけど、彼の作る餃子特別においしい。

でもだんだん同じような発言が増えていった。

外食すれば「あんまり稼いでないからいいとこで食べさせられなくてごめん」

(私が選んだ店でも)

家でご飯食べてると「俺の方が給料低いんだから俺が作るべきだよね、ごめんね」

生活費折半なのに、逆に私が給料低かったら家政婦扱いなの?)

子連れを見れば「俺が金持ちだったらなんの苦労もなく子どもを育ててやれるのに」

子どもいらないって言ってたのに…)

旅行に行けば「もっと余裕あれば海外かいけるのにごめんね」

海外行かないのはどちらかというとお互いの休みの予定が合わないことが大きい)

不動産屋の前を通れば「友達が家買うって言ってたけど俺はそんな稼げないしなぁ」

東京なんだから買うにしてもマンションでいいでしょ)

共通友達と一緒に遊んでてもことあるごとに「増田ちゃん俺より稼いでるからさ」

(脈略なくいうのでとても反応に困る)

最初年収比に応じて生活費を出せと言われているのかと、自分生活費比率を挙げることも提案したけど、これは完全に悪手だった。言った瞬間傷つけたと分かる顔をしたし、これまでの発言年収コンプレックスを発揮してるのだと思い当たった瞬間でもあった。

考えてみれば昔から学歴コンプのきらいはあった。彼は理系MARCHクラスで、客観的に見ればコンプになるような学歴ではないんだけど、これは環境によるものが大きいと思う。

地方はどこも同じような傾向があるかもしれないけど、私たちが育った愛知県公立高校国立大至上主義で、東大名大合格実績がものを言う。彼のような進学校理系では名大、最低でも名工大に行かないと、と本気で言われる場所だった。学費問題ではなく、面子問題でそう言われる。

私も似たような境遇だけど女だったことも親が東京出身なこともあり、あまり強く国立コンプはもたなかった(そうなると今度は女子下宿させてまで東京私大行かせるの?とか言われるのだけど)。

大学出たてで出会った頃、彼から社会に出てから相手探すより同じ大学の男のが将来性あるんじゃない?もったいない」とか何度か言われたことを思い出す。「浪人せずに私大に決めたか地元友達に会いたくない」ともよく言っていた。

その度に学歴よりも今どういう人なのかとか何を頑張ったかじゃない?みたいにそれらしいことを言ってきたけど、なんて返すのが正しかったのかよくわからない。

もっと頑張ればよかった」は最近の彼の口癖だが、とても真面目な人で生活ちゃんとしてて仕事もサボってるわけじゃない。外聞を気にしてるんだろうけど、学歴も、職歴も、年収別に悪くないはず。主観で頑張らなかったと後悔しているのであれば、頑張ってねとしか言えない。

私は未だに彼の年収を正確に聞いていないけど、諸々の会話から450~500ぐらいだろうと思ってる。向こうも、折半生活費を出しても暮らしに余裕はあると思う。お金のかかる趣味を持ってないのはお互い様なので、たぶん。

どうしたらいいんだろう。

前みたいに楽しく暮らしたい。

いちいち卑屈にならないで欲しい。

サンドイッチ買って公園で食べて、ぼんやりして、それで楽しいじゃん。

レンタカー名古屋まで交代で運転して、SAご飯食べたり好きな音楽聞いたりしながら帰省するの楽しいじゃん。

2LDKマンション、一部屋持て余してるぐらいじゃん。

生活に困ってないし家族もいるし友達もいるし余剰金もある。これ以上何が必要なの?

結婚するとき、この幸せな気分を一生覚えておこうと思った。この優しい人を一生大切にしようと思った。

文章にしてると本当に些細な愚痴に思えてくる。こんなことで嫌なりかける自分が更に嫌だ。

でも辛い。

毎日毎日自分卑下しないでよ。

なんて言って欲しいの?どうしたら満足してくれるの?

直接聞けばいいのはわかってるけど、私から出す生活費を増やす提案した時の顔が忘れられず、君の収入コンプが辛いなんてはっきり伝えたらそれこそ終わりそうな気がしている。

2019-05-11

エコノミックマンになりたい

徹底的に合理的に行動するために、オペレーションズ・リサーチアルゴリズムミクロ経済学を1年ほど学んでみてわかったのは、どうやら人間合理性には限界があるということ。

合理的に行動するためには、選択肢の全情報と、選択肢を選んだときの結果とその確率選択肢比較するための能力、などが必要になってくる。

しかし、以下の点から考えれば、人間能力はかなり制限がある。

要するに、情報処理能力時間資源の制約・環境要因の複雑性、というような点で、意思決定問題を解くことが困難になっている。

いくつかの問題コンピュータに解かせたほうが良い場合も多いが、日常意思決定の全てをコンピュータ代替することは難しい。

そこで、行動経済学の出番だと思い、学んでいるところだが、行動経済学では限定合理性といって、認知能力などの限界によって人間合理性には制限があるということを言っている。

まり合理的に行動したければ、まず能力的な制約条件を考慮しなければならない。

例えば、タバコを吸う連中が簡単タバコをやめられないのは、ニコチン中毒に陥っているからであって、これは脳の処理能力問題であり、単純なゲーム理論問題ではない。

最初の段階では、タバコをやめられる可能性の高い戦略を、実証研究を基に探るしか方法がない。なぜなら、そういった実証研究理論化においてはまだ未発達な部分もあり、確たる抽象理論がないためであるしかし、その戦略自体の実行可能性についても考慮する必要がある。「結婚すればタバコをやめられる確率高まる」という実証研究があったとしても、タバコをやめるためだけに結婚するアホはいない。

オペレーションズ・リサーチ的に言えば、「人生における目的関数重要」ということになるが、信念や環境は動的に変化するため、特定目的関数が将来において重要性を持つとは断言できない。一般に、目的関数重要性を比較するためのメタ目的関数のようなもの設計することは難しい(またはできない)。

そういう場合は、将来においても重要となる可能性の高い目的関数を選び出す必要があるが、例えば「健康を保つ」という目的関数があったとしても、現在と将来では環境が変わっているので、戦略のものが変わる可能性が高い。要するに、未来事象における情報処理能力には限界がある。

なので、重要戦略は、

1) 環境の変化に対応できること。または環境のもの無視できること。

2) 人間能力などの制約を考慮していること。

3) その戦略を使うことが、他の戦略を使うよりも有益だと実証できること。

という3つの点が重要になってくる。例えば「詐欺師を見分ける」というような些細な状況であっても、認知限界によって、詐欺手法の全てを知ることはできない。むしろ、我々は、怪しいセールスの特徴を直感的に把握して、詐欺を見分けている。しかも、一部の個人においては、その精度が極めて高いことがありえる。こういった「直感」のような認知機能も含めて、アルゴリズム的に理論化することは、特に行動経済学において重要トピックに思える。

しかし、人間認知機能についての理論は、未だ未熟な段階であり、精神医学でさえ未だに「バウムテスト」のような頭の悪いテスト手法を盲信している。「人間認知的な特性限界考慮して合理性設計すること」というアイデアは、確かに的を射ているように見えるが、Wikipediaプロスペクト理論記事のように損失回避傾向をモデル化するだけでは、人間の行動について矮小化しすぎている気がする。

何がいいたいかというと、スポックになりたい。

anond:20190511104947

かにチンピラ警察案件になったら一発アウトだけど

クレーマーが肉体的に弱そうだと、警察呼んでも「こんな些細な事で呼ばないでよ」みたいな空気になるってのはありそう

anond:20190511014733

野原一家そもそもみんな頭おかしいんだからそんな些細なときにするなよ

死体ごっことか暴力とかくせえ靴下とか

気にしたらきりがねえんだぞ

2019-05-10

非モテ男への差別

醜男ほど女尊男卑と言う傾向にあると思う。だから彼らの言う俺たちは女に虐められてきたんだ、という主張は自分の魅力の無さを棚に置いて、自分評価を上げろと騒ぐ荒唐無稽ものと思ってきた。

でも最近ちょっと、何が彼らにとって虐めだったのかわかってきたかもしれない。

私は大学生で、工学部ではないけれど、少しだけ工学部の授業も履修している。当然工学部には知り合いもいない。だから授業にはギリギリに行って、空いている席に適当に座る。あまり先生の正面の席は嫌だが、黒板が見えないのは困る、狭いのは嫌だから隣の席は空席がいい、そんな事を考えながら、男子学生で埋まった席の中から、居心地が良さそうな席を探す。

今日は丁度良い席が見つからず、男同士のグループグループの隙間の一席に座る事になった。講義終了後、講義から出た先の廊下で、隣座ったグループが「お前の隣絶対女子こないじゃん」「どーていwwwww」「俺今日隣女だったからw」というような事を話していたのを耳にした。(ので追い越すに追い越せなかった)

こんなやり取りを聞いたのは、初めてではない。教養の頃も、うっかり講義資料を素っ気なく後ろに回してしまったときに、後ろの席の男は、お前女子から避けられてんじゃんwというような弄りを受けていた。

席を選ぶときに、隣の男が魅力的かどうかなど気にしたことはない。でも、彼らにとっては、隣に座られること=異性から認められる事であり、隣に座られない事は避けられているという事になる、そんな価値観がなんとなくあるのだろうと思う。異性と関わりの少ない彼らにとっては、挨拶されるか、話しかけられるか、笑顔でお礼を言われるか、そんな些細な対応全てが異性から評価を測るファクターなのかもしれない。彼らがそのような価値観の中で生きているとするならば、異性と接することは常に異性からの不躾な評価に晒されることであり、異性が意識していないような些細な「低評価」も心に引っかき傷を作るのかもしれない。(逆に、ほとんど話した事もないのに突然2人飲みに誘うようなタイプ些細な「高評価」を盲信してしまっているからああなのかもしれない。)

電車通学だった高校時代、1席空いた複数の2人がけシートの中から自分の席を見つけるとき、真っ先に選んだのは女性の隣だった。そして、次に普通サラリーマン普通高校男子初老男性金髪作業服の人、変なジャージのおじさん。大学と違って、似たような人達集団ではないから、そんな何となしの優先順位を、勝手につけて隣の席の人を「選んで」きた。それは、高校の頃にクラス男子が陰で作っていた事が女子にバレて非難轟々だった、可愛さランキングのようなものかもしれない。勝手評価されるのは腹立たしいし、低評価がつけば悲しい。

肌の色、国籍性的指向、たったそれだけからその人を判断してしまうことが差別だ。だから、たった一目見て隣席の人を選ぶのも広義には差別的行動かもしれない。

私1人の隣に座らない、という些細な評価も、沢山の女性から降り積もって「女性は誰も自分の隣に座らない」とき彼らは、彼らの言う通り虐められているのかもしれない。きっと、傷つく事だけは確かだ。

anond:20190510073607

おつかれ。

なかなか病識持てない、ないし病気否認している患者家族の苦労、本当に大変だなーと思います

診断について

医師は「このままでは」認知症になると言っていたようですので、診察時点では、見当識や記銘力など認知症の中核的な症状はむしろ軽度だったのではないか?と考えられます

一方で

・以前は人付き合いが得意で話上手だった母だが、些細な事で怒ることが増え以前まで仲良くしていた友人たちと次々と疎遠になっていった

・出不精になった母

といった症状は人格変化や発動性低下をうかがわせ、アルツハイマー認知症よりはむしろ前頭側頭型認知症も考えられます。このような症状は、医師に伝わっていますでしょうか。物忘れと関係がないと思って伝えていなければ、伝えてみると良いと思います。もちろん担当医の言ううつ病可能性もあります

このような症状を伝えて、診断名が変わったとしても、治療により認知機能が大きく改善することはないのですが、介護保険上の要介護度は高めにつきやすくなるため、サービスを使いやすくなる可能性はあります。67歳とのことですので、等級を問わなければ、介護保険申請可能です。

副腎皮質機能低下症、甲状腺機能低下症など身体的な疾患を基礎としたいわゆる良くなる認知症もありますMRIができる病院であれば、一般的血液検査などは行われていると思いますが、確認してみてもよいかもしれません。

別の増田が指摘していますが、正常圧水頭症重要な鑑別診断ですね。失禁や歩行障害などがあると、より疑いが強くなります

診断については、認知症疾患医療センターという病院が、都道から指定されていますので、担当医が専門でない場合には紹介してもらうのも手です。診断がつけば、別の増田の指摘通り、地域包括支援センターなどで支援計画立案してもらうのが良いかもしれません。

対応について

どうすればいいか途方に暮れているところと思います。おそらくもっとも途方に暮れているのは、診断を受けたお母さまでしょう。

元増田の無理のない範囲で、あまり病気病気と主張しすぎずに、ご本人の健康な部分に注目できると良いと思います。悪いところを直すよりは、良いところを生かす視点が持てると良いのですが。

また、介護の中心はお父様のようですので、なるべくお父様のサポートを心掛けていただくのが良いかもしれません。

認知機能は正常な加齢であっても低下していきます。今後のことを考えると暗くなりがちですが、誤解を招くかもしれないことを承知でお伝えするとすれば、認知症が進むと”管理”は楽になる場合が多いです。

比較健康な段階で認知症の診断を受けると、健康を失ったという喪失体験から否認したり易怒的になったり、落ち込んだりします。認知機能がもう少し進んでくると、何を失ったかということも把握できなくなります。これはこれで周囲からすると悲しいのですが、介護に対する抵抗は減じてきたりします。

42歳の元増田、同い年ですので、つい感情移入して書きすぎてしまいました。うまく乗り切れることを祈ります

anond:20190426211521

「本人が希望してない限りは本への誤字脱字誤変換の指摘はやめておくほうが無難」は正しいと思う。

ブログで誤字脱字報告にヘイトを吐いている人を見たことがある。

感想ですら嫌がる人もいるのだから、何をどう感じるかは本当に人による。

悪点の指摘はしないほうが無難

心が疲れているとき些細なことで気持ちが折れるのもわかるし、紙の修正はできないからどうにもできないっていうのも理解できるし、善意を拒絶したくないって気持ちもわかる。

でもなんか読んでてもやもやする。

Aさんだって自分が厚意でやったことに対して「ありがとう」って言われたら、じゃあまたやろうってなるじゃん。

最初にいったけど「人による」から、Aさん自身は誤字脱字報告されてもいやでなく感謝もされているなら、積極的に報告しよってなるじゃん。

なんかAさんは完璧同人誌を求めているから誤字脱字報告してくる悪人って感じに書かれている気がする。

母が認知症になった 追記あり

去年あたりから67歳の母の物忘れがひどくなったので今年の4月に神経科にいって脳のMRIスキャンをしたら、脳全体の萎縮、特に海馬のあたりが同年代の平均よりも縮小が早いらしく、このままだと認知症アルツハイマー認知症の原因になると診断された。

正直僕には認知症アルツハイマー認知症の違いがよくわからないのだが、母親はすでに自分の停めた車の場所がわからなくなったり、以前なら作れた料理レシピを忘れていたり、昔住んでいた地区電車で行こうとしても現在地がわからなくなったりパニックを起こしたりと、私生活に支障がでるレベルになってきている。一緒に住んでいる父親最初健忘症寝不足によるストレスじゃないか?と話していたが、さすがに最近認知症らしいと認めざるを得なくなってきた。

担当からはドネペジルとメマンチンという薬を処方されて、とりあえず母には忘れないように毎日飲んでもらっている。ただこれらもうまくいっても進行を遅らせる程度の効果で、一度始まった認知症回復させる方法はおそらくないのだろう。

担当からは薬の服用以外にも、進行を遅らせる手段として日頃から散歩などの運動、または手芸生け花絵画など脳をよく使う趣味、そして人とのコミュニケーションを増やして脳を活性化させることを勧められたのだが、困ったことに母がなかなかその気になってくれない。最近家庭内トラブルが続いて長期的なストレス自分から行動する気力がなくなったようだ。以前は人付き合いが得意で話上手だった母だが、些細な事で怒ることが増え以前まで仲良くしていた友人たちと次々と疎遠になっていった。

そもそも病院への診察も非常に嫌がり、結局僕が病欠をとって会社休んで同行することでやっとMRI検査までこぎつけた。正直車で2時間離れている距離にいる僕が今後も毎回通院の際に仕事休んで同行するとか経済的にもしんどい

一緒に住んでいる親父は僕からみてもよく頑張っている。事情があって弟の高校1年の娘を引き取って高校卒業まで一緒に暮らしているのだが、75歳の高齢でありながら年金だけでは暮らせないので週に5,6日ほど仕事を続けながら出不精になった母をなんとか散歩に連れ出したり、料理レシピを忘れた母とyoutubeレシピ動画を見ながら一緒に料理も作っている。昔は傲慢で家庭をほったらかしだったあの親父があそこまで頑張っている姿は毎回感心するし、42年生きてきて最大級に親父を尊敬している。

こんな日記を書いている僕といえば、すでに実家から離れ結婚して子供もいる共稼ぎ夫婦。なんとか月に1度程度、まだ小さい息子を連れて遊びにいったりたまにアマゾンギフトを送るのが精いっぱいである。

母は以前はウザいくらい僕に電話してきたので、今年になって俺が「病院に行け」だの「趣味を始めたほうだいい」だの言いすぎたせいか、あっちから連絡が来ることがぱったりなくなった。僕から電話も素っ気ない対応になった。まぁ息子にあれこれ言われてウザいんだろうね。

実家近所の役所やらNPO団体などを探せば、高齢者向けのサポートサービスがいくつかあるのは知ってる。ただどれも本人たちが自発的に訪ねていかないと何もしてくれない。役所NPOも暇じゃないから当たり前の話なのだが、うちの母のように精神的にふさぎ込んで助けを求める気力すらない人間はどうすればいいんだろう。主治医にはあまりに母が落ち込んでいるのでうつ病可能性も指摘されたが、どうやって母に自発的精神科に通院してもらえばいいのか見当もつかない。(もちろん頼んだが「そんなとこいっても治らない」と拒否

このままにしたらどんどんひどくなる。わかっているのになにもできない。どうしたらいいんだろうか。



追記:みなさん暖かいコメントありがとうございます。日頃は手厳しいブコメを残してる方々も親身にアドバイスしてくださって、感謝気持ち自分たちが置かれた状況の深刻さをかみしめてます

地域包括支援センターにはすでに相談に行きましたが、現在母親状態ではまだ本格的なサポートは受けられないみたいです。介護付き老人ホームなどすでに探してますが、どこも5年~10年待ちです。忙しい父親に頼んで仕事の合間に申請書類を用意してもらってますが、正直いつ入居できるか検討もつかないのでこんな事務作業やらせるなら少しでも休ませたほうがいいんじゃないか?と自問自答の日々です。

主治医に診察に連れていくのが正直しんどいです。嫌がる母親をなんとか説得して一緒に診察にいっても、主治医簡単質問をいくつかしただけですでに処方してもらった薬を追加するだけ。しかもその薬も効いているのかよくわからない。(調べたところ、認知症について現状処方されている薬以外の代案がないのもしってます)こんなのが続くと僕だって「こんな診察を嫌がる母親を説得してまで行く必要あるの?」って思えてきます

今後のことを考えると憂鬱になりますね。幸いにも姪は成績優秀なのでなんとか返済なしの奨学金(ローンじゃないほう)をもらって大学に進学できそうですが、彼女高校卒業する2021年までは父親も頑張る、でもそのあとのことは考えたくないと言っています。今後の母親介護プランについて考える余裕もないようです。なにせ高齢の親が高校生の孫を養うだけでも一苦労です。いままでは姪とその父親であるクソ弟の対応に振り回されて、ストレスボロボロだった母親対応する余裕がありませんでした。

会うたびに両親からは「お前に苦労ばかりかけて申し訳ない。これ以上お前に負担をかけたくない。姪が大学に進学したら早く死にたい。これ以上生きていても辛いだけだ」といわれます。そういわれて「とりあえず今はできることからやっていこう。後のことなんて誰にもわからないよ」とお茶を濁した対応をしてますが、正直僕も逆の立場になったら現在幼稚園児の息子にそんな苦労かけるならさっさと死にたいって思うだろうから返答に困ります

うちの両親は決して完璧ではなく、大人になった僕から見たら過去に「なんであん馬鹿決断をしたんだ」「あのお金もっと大事運用してたら今もっと楽できたのに」と思うことも多々ありますが、それでもこんな悲惨な老後を送らなければならないほど酷いことをした人間ではないです。先のことを考えすぎてもどうしようもないので、なるようになるさっと割り切るしかないですね。

2019-05-09

anond:20190509100456

しかし火をつけてるのは今回も左派じゃないかね?

些細な言葉尻や言い方一つ二つとらえて人格否定オンパレード

いつもの遣り口すぎるわ。

また選挙妨害しに行くの?

anond:20190509091747

左派が気に入らない奴を些細なことで炎上させるのはチャメシ・インシデントから一々付き合ってられんのよ。

こないだも選挙妨害してたみたいだし。

しろ無法者炎上させる候補の方がマトモなこと言ってそう

2019-05-08

HSPに関心がある

ちょっとからちょいちょい目にするようになってきたHSP

メンタルが繊細すぎる」みたいな風に取り上げられがちだけど自分が興味あるのは「外的刺激や痛みに敏感」のほう

眩しさが原因で具合が悪くなったり目や耳の痛みや違和感病院に行って異常なしと言われ医師に嫌な顔をされたり

あとまあ整形外科でも痛みに弱いって言われたりとか色々ある

目はドライアイのせいもあると思うんだけど

から見ると些細なことで本当に自分ではやばい死ぬ吐く倒れるもう無理みたいな感覚になるんだけど周りに一切理解されないのね

高層ビルブラインド越しの西日とか それだけが原因とは言わないけど仕事辞める原因のひとつになるくらいにはしんどい(辞めたので今は無職

書いてて思ったけどめっちゃ拷問弱そう

まあそういうことがあるので病院相談とか検査とかできて改善策なんかもあるのかな?と気になるんだけど調べてもよくわからない

体質なはずなのにメンタルがどうこうでHSPにもいいところがみたいなのかレッテルに逃げるなみたいな記事ばっかり出てくる

まあ結局HSPでもそうじゃなくてもなんら解決策とかないんだろうな だから気になるけどきっと知っても意味ない

こんな状態で生きてるのがいけないんだな

2019-05-07

父はアスペ気質だった。

自分も同じような気質から、今になって父の大変さがわかった。

アスペ気質人間社会でやっていこうと思ったら、「ありのまま自分」という言葉を信じたら手痛い目にあうということを。

アスペ気質ゆえ周囲から舐められ馬鹿にされ押し付けられ、それでも些細な形成逆転を時にするために、理論武装自分しか出来ない事を磨き上げる。愛想よくしていい相手とそうでない相手も見極める。アスペ気質理想家だからこんな自分が凄く嫌になることもある。

それでも頑張るのは、家族のため、子のためだったのだろう。

自分の今までを肯定しないとやっていけなかっただろう。気持ちだけでも肯定するために、酒の力を借りる。タバコも吸う。家族の前で再び理想自分を演じるために、どこかでリセットしなければ頭の中が情報過多でおかしくなりそうだから、父は、必ず家に帰る前に寄り道をしていた。パチンコだったり、本屋だったり、安い立ち飲み屋だったり。そんな父を、母は、自分ばっかり楽をして!子育て押し付けてと怒ったり、アスペ気質の父を、スマートじゃない面白みのない人望のない男と子供たちに腐していた。ならば自身馬鹿にしているそういう男にしか選ばれなかった母も母だが。

からも愛されず、子供たちも妻に習い軽んじる。父の心の拠り所はなんだったのだろう。

のしんどさもわかる。私は発達障害の気があり何度も学校に呼び出された。子供に対し何もしてくれないと嘆き、たまに遊園地に私を連れて行ったら、いいとこ取りしていいわねと腐していた。生まれてきてごめんなさいという気持ちに何度もなっていたが、父は外遊びが苦手な私に、母のようになんで外で遊ばないの?友達がいないの?と急かすことは一切せず、好きな漫画の話をして盛り上がったり、古本屋さんでいっぱい本を買ってくれた。

今思えば、父は自身と同じ気質の私と気持ちに寄り添ってくれたのだと思う。

父の癌が発覚したのは三年前。死んだのは去年だ。あれほど腐していた母なのに、献身的介護をしていた。ホスピスに行こうか、ほかの名医と言われる先生のところに行くんだと必死病院を探し回っていた。尻を叩く母が居なかったら、私も社会生活を営めたかどうかも怪しかった。

母も年々弱くなってきた。

結婚も出来ず、子供も残せず、親不孝で、なんのための生まれてきた子供なんだろうと自分のことを不甲斐なく思うこともあるけれど、生まれてきたことじたい、許されてきたのだと思う。

つらつらと思うことを語りました。見てくれてありがとう

anond:20190507183734

本当に女全体を性犯罪被害者になる可能性があると見ないから、女性専用車両存在自体に反対する

女性人権より己の些細な利益を優先する、もっと悪質な差別主義者というだけの事

anond:20190507183541

本当に男全体を性犯罪者と見ないなら女性専用車両存在自体に反対する

そうでないと言うなら男性人権より己の些細な利益を優先するもっと悪質な差別主義者というだけの事

2019-05-06

風俗ってむずかしい

思い切りあえいでください、大げさに! とリクエストをしていながら

いざ行為が始まると、僕の些細な動きに反応して

ンアハァ! イグゥゥゥ!

ってリアクションが返ってくるものから、僕は思わず噴き出してしまった

ふと我に返って自分で注文を付けておきながら、ひどいことをしてしまったと反省した

最後は僕が絶頂を迎えてもお姉さんが動きを止めてくれなくて、アーダメダメ!って本気の絶叫をするほどお仕置きをされた

お客さんほんとはMですねって、お姉さんは見透かしていて、流石プロだなと感心したのだよ

2019-05-03

恋愛ゲーム

たまにプレイする。遊びはじめるための条件は外見でも内面でもとにかく誰か女の子を気に入ったとき

ゲーム中盤までの流れは至って単純だ。仲良くなって、デートをして、お酒を飲んで、ホテルに行く。手戻りが出ることもあるが、根気よく相手に合わせることができれば概ね問題ない。リセットボタンを押したくなることも然程ないだろう。ゲームの最も気軽で楽しい時だ。何度かプレイすればすぐにコツも掴めるはすだ。

ここから先は急激に難易度が上がってくる一方で、このゲームの唯一にして絶対目的である相手可能な限り自分に惚れさせることに集中できるようになる。

ここではセックステクニック重要となってくるが、最も難しいのは一方的に押すだけではゲームが進まないということだ。中盤までもそういった駆け引きが求められることは勿論ある。だがここからの押し引きは段違いだ。ひどく自分を押し殺した戦いを強いられることもあれば、生活に影響がある程のプレイ時間要求されるケースもある。だがそれだけに成功した時の達成感は中盤までとは段違いだ。

また、気をつけなければならないのは中盤までのプレイにおける些細なミスが、バタフライエフェクトのように影響し自分の目指すエンディングとは違う方向に引っ張られる可能性が高いということだ。終盤は中盤までと違い女の子意思が芽生えはじめる。初めてバーで手を握った時の女の子と同じとは思わないほうがいい。リセットボタンを押したくなることもあるだろうが、残念ながらこのゲームにはセーブ機能がないことを留意して欲しい。

説明が長くなってしまったがこのゲームの最も優れている点は、エンディングには何もないことだ。恋人、妻、セフレ不倫相手エンディングはいくつかある。どれを目指すか決める楽しみもあるだろう。しかしどのエンディングに辿り着いたとしてもそこに得る物は何もない。破滅はある。だが宝箱はない。そこが魅力だ。

Have a nice game!

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん