「些細な」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 些細なとは

2018-08-14

ファミレス騒音

だいたい、文句言ってる人は子供ギャン泣き騒音社会一般的だと決めつけているようだけど、

それなら自分咀嚼音、フォークナイフ食器に当たる音、飲み物を飲む音、足癖の貧乏ゆすり、その他自分では些細なこと、騒音では無いと思っていることに対して文句言われて引き下がれるのだろうか

ギャン泣き我慢しろとは思わないし、親もせめて外に出てあやすくらいはすべきだが、心に余裕がなく自分は責められたくないが他人は責めたいって人が多いと社会が息苦しいわな

こればっかは最近若いのだけじゃなく老人にも多いし、世知辛いよな

2018-08-13

ゲーム飽きたとか言われると冷めるよね

バトロワゲーム一緒にやってたら、相方からこのゲーム飽きたとか言われた。

毎回飛び降りて、武器集めて中央集まってドンパチの繰り返しじゃないかと。

そんなの言ってたら、他のゲームもだいたい一緒でしょ!って言うと、他のゲームは違うって口論になった。

ストーリあるゲームならその部分で楽しみが違うかもしれないけど、ゲーム自体抽象的にみたらジャンルごとで大体同じ内容じゃないですかね。

極端に言うと、FPS は銃の性能が違うだけだし、レースゲームも車の性能が違うだけ、格闘ゲームだって出る技の性能が微妙に違うだけ。

別に Dis ってるわけじゃなくて、そういった中でシステム些細な部分の違いしかない部分を楽しむ物(ゲームの過渡期ならまだしも)で、それをわかった上で楽しんでいたのに急に冷めた感じにされると厳しいな。

そう考えるとマイクラって凄いよな。

2018-08-11

大人になったら些細なことで幸せ感じるのって

その幸せを手に入れることが難しいということや

当たり前の日常がどれだけ貴重かとわかってくるからだと思ふ。

別に小さく丸まったわけではない(と、言いたい)

2018-08-10

許されたいです

自己中心的な考えでも子供だった自分

やらかししまった行為や色んなことを許されたいです。

過去万引きしました

カンニングしました

彼女コントロールしようとしました

些細な嘘をつきました

別れた後に嫌がらせしました

変わろうとしませんでした

依存しました

頑張らなかった

知ったかしました

人を傷付けました

自殺をして、心配されようとしました

口が悪かったです

環境に甘えて頑張ろうとしませんでした

精神を壊しました

身体を壊しました

言ってはならないことを言いました

懺悔して心配されようとしました

謝罪をして許されようとしました

自罰的になって環境から逃げ出しました

オナニーを続けました

タブレットネットしまくって逃げました

頑張ってないのに頑張っていると言いました

2018-08-09

結婚しようかやめようか

結婚しようかやめようか悩んでいる

自分

年齢:35歳

職業サラリーマン

見た目:中の上

相手

年齢:31

職業OL一般職

見た目:中の上

スペックは他に何を書いたらいいんだろう・・・

付き合い始めて2年、同棲して1年、両親への挨拶は済ませている(ただ、「結婚します」との宣言はしていない)

2人の間ではそろそろ結婚しようか、という話題が出ているが、私自身が思い悩んでいる。悩んでいるポイントは3つ

1. いちいち話し方がむかつく

理由はよくわからない。ただ、向こうの言い方が1つ1つ鼻につく。鼻につくから、こっちも強く出て口論になってしまう。1回/2週間くらいの頻度でかなりな口論になって心がとても疲れる

2. 健康

ちょっと治りにくい病気

3. 見た目

一般的には悪くないのかもしれないが、個人的にあまり好みではない

と、まぁ、はた目から見たらきっと些細なことなんだろうけれど、本当にこれでいいのかな、と思い悩んでいる。みんなどんな軸で結婚する、しないを決めましたか

そんなの人それぞれだよとなると思うんだけれど、参考に聞いてみたい。

2018-08-08

anond:20180802215429

障害者同士が協力し合えるわけがなかろう

相手知的障害でなく発達障害(DD)同士でも利害が激しく対立する事はある

自分のように音に敏感であったり、逆に無頓着(キェェェッェーーー!といきなり奇声を挙げてみたり)という事もある

以前住んでいたマンションでは、

自分と隣が両方とも音に敏感な発達障害者(相手はおそらくだが)で、

相手些細な音にクレームを付けてきて、

こっちも相手の音が気になりだしクレームを付け、

クレーム合戦が壁蹴り合戦に発展して大変だった

こういったイザコザは障害者同士のほうが多い

2018-08-07

コミュニケーション難しい

人と話すということは難しい。私はそう感じる。

些細な会話で自分が少し喋りすぎてしまった時、

グループLINEの返事が自分で途切れてしまった時、

Twitterで返しに困るリプライが来た時。

そういった時に私はどうしようもなく胸が空洞になるような苦しさを覚える。本当に些細なことだと思う。怪我でいうなら指のささくれが少し気になるくらい。でも今まで全身複雑骨折のような大怪我コミュニケーションでも自分身体においても無かった。とても幸せなことだ。

幸せだけどささくれはやっぱり痛い。気になる。だけどささくれだから痛みに耐えて引っこ抜いて忘れる。喉元過ぎればなんとやら。毎日そんな風に過ごしてる。

対策しろよって話なんだけどね。

みんな結婚する時、相手に関する心配とかあった?

今の相手結婚する時、相手性格などで「一緒にうまくやっていけるかな…」みたいな心配とかはありましたか? そして結婚後、振り返ってその心配はただの杞憂だったとか、もっとしっかり考えておくべきだったとか、どういう思いを抱いていますか?

別に結婚に至らないでも「結婚しようか悩んだ末結婚しないという選択をした」という人からお話を聞きたいです。

僕は遠距離恋愛で2年近く付き合っている彼女が居ます。お互いちょくちょく結婚を考えるようになりました。彼女仕事を辞めてこっちに来て転職することを考えてくれています

僕の性格は周りの友人とかに言わせると”クレイジーな奴”らしいですが、彼女はそんなクレイジーな僕の性格を苦ともせず、むしろおもしろー」と言って付き合ってくれる良い人です。

結婚想像するとワクワクするし、したいなーと思う。2人で一緒に住む物件を探したりするととても楽しい

ただ、ふとした瞬間に「こんな奴と結婚して本当に大丈夫か……?」と心配になる時があります特に彼女が僕の下宿に泊まりに来た後とかすごい心配になる。

とにかく、僕が思うのは彼女はすごく短期で怒りっぽく、あまり僕の意見を聞き入れてくれない、ということです。

下宿掃除洗濯炊事などを一緒にやろうとすると、道具の使い方や洗い方などで、意見の相違がちょくちょくあります。その度僕が「これはこうする方が好きだな〜」とか言うと「おかしいでしょ! これはこうだからこうした方が良いでしょ!」みたいな感じに声を荒げて僕の話をあまり聞いてくれません。さらに僕が負けじと反論しようとすると「あ〜はいはいわかりましたよ」みたいな態度を取るのであまり気分が良くないです。

なので、最近彼女の言うことには逆らわず、とりあえず彼女の気にくわかない事は彼女のやり方に合わせるようにしています

今は掃除洗濯など割と些細な事ばかりですが、いざ結婚たらこういう事が非常大きなストレスになりそうだなーと心配しています

冷静に考えると「じゃあ別れれば」と思うことは思うんですが、基本は優しくて一緒にいて楽しいので、どうしようかなーという感じです。

2018-08-05

anond:20180805101929

どの程度と書いている時点で視点がずれてる。

最も能力を活かせる状況を保持して、それ以外の要因をいかに抑えること。

例えば、医者なんかべらぼうな勉強必要なわけだ。経験も非常に積み重ねる必要がある。更にはそれを学び習得できる素質が必要だ。

いや、他の高技能職種でも全てそうだ。高技能職が出来る時点である程度選ばれた人間で希少価値があるんだよ。

ついでに言うと、本来マネジメントマネジメントの高技能である必要がある。

そもそも、「高技能を活かした仕事楽しい」という状態に至れてるからこそどんどん高技能を磨ける。

だが、女性には妊娠出産での一時のキャリア断絶というのがある。さらに、医者そもそもが超過重労働という土壌もあった。

それは一時の問題で、高技能を活かせるには些細な問題だ。少なくとも日本以外では。

から、「些細な問題」の方を排除して、高技能を持つ人間をフルに活かそうとする。

だが、ニコニコ動画プログラマ焼きそば焼かせて炎上したみたいに、高技能者は何でもできるから雑用でも平気で押し付けて、

技能者は能力もあるし給料ももらってるんだから雑用も過重労働もやって当然だろ?みたいなのが日本の土壌にある

技能者は「高技能が活かせるのが楽しいから技能なのに、その高技能を生かせない。

そもそも、高技能意味がわからいから、女性からとかみたいなどうでもいいところで価値がないとか言い出す。

鳳凰聖徳をそなえた天子兆しとして現れるというが、俺は、単に、高技能者を使いこなせない社会人間鳳凰と鶏の区別がつかないし、

鶏がやるような仕事ばかりを押し付け鳳凰を潰すんだろうなと思う。

anond:20180804215900

それは写真を撮っている時間はその場の景色だったり人の声だったり香りだったり、そういったものを感じる感覚邪魔されるからなんだ。



この感覚はわかる

ファインダーとか画面?越しに見てしまう感じになって、そっちに意識が向いちゃってそれらを通さない版の同じ瞬間を味わえなかったように感じてしま

あと自分は取捨選択ができないから「今の瞬間を撮るなら、その次の瞬間も撮らなきゃ」みたいなことになってしま

そうなるともう、ファインダー必死で覗いていただけの時間になってしまって、本当のその時を体験したような感じは失われてしまう(実際は体験しているはずなのに)

せっかくおいしいものを食べていたのに、些細なことが気になって、あるいはぼーっとしていて、別のことを考えていて、味がわからないまま食べ終わってしまう、とかに近いと思う

自分あんまり見返す習慣はないけど、データ整理とかしていて久々に見かけると懐かしかったりはするし、せっかくだから写真を撮っておけばよかったと思うことはあるので撮ることは否定しない

パッと撮ってすぐにうまく切り替えられるひとが羨ましい

2018-08-04

anond:20180804052439

そうなんだよね。ちょっとしたことや、わざわざ話し合って、分担決めること自体バカバカしい些細なことが、こういうことになるよね。

というか、そういう些細なことなら、気づいたほうがやれよってほんと思う。

分担を決めるプロセスコストってことに、なんで気づかないんだろうね。

2018-08-02

anond:20180802173816

アホみたいな話だけど、テンプレくさくてもクッション言葉入れるとうまく行くことが多いな

「お手数ですが」とか「一度伺ったかもしれませんが」とか「繰り返し申し訳ないですが」とか

些細なやり取りで相手が納得しないときって大抵中身より言い方の問題であることが多い

anond:20180802170106

両親は基本的に悪い人ではなかったが、子供の頃は特に父親些細なことで怒られまくった。

・うっかり赤信号を渡ってしまたことで家に帰ってから2時間超の説教

・わけもわからず家を追い出され、ドアには鍵がかけられた。泣き叫んだら遠くへ放り出された。数時間後、父親母親が家に入れてくれたが「お父さんに謝りなさい」と一方的謝罪させられる。なお、なぜ追い出されたのかの説明は一切ない。同様のことは2度あった。

テストで100点を取って褒めてもらえるかと思ったら「ここは違う解き方もあるだろ」といきなり説教が始まる。さすがにこれにはキレた。

これ以外にも数え切れないほどたくさんある。基本的父親理不尽に怒り始める、母親傍観で父に従うという感じ。今思えば、一人っ子だったので家に誰も味方がいない感じだった。敵ではないが、味方でもない。物心ついた頃から「自立しろ」と言われて育ってきた。

両親に怒られまくったせいかどうかはわからないが社会人になって逃げまくった。自己肯定力が低いのだろうか。大人に怒られるのが怖い。一人暮らしをしていたが、実家安心して帰れる場所ではなかった。

今は誰にも怒られないように自宅で一人で仕事をしている。だけどこんな生活がずっと続くとは思えない。もはや貯金を切り崩す生活に成り果てている。人を信頼できないので結婚する気もない。

両親は「何かあったら帰ってきなさい。頼りなさい」と言っているが、子供の頃から「自立、自立、自立しろ」と脅迫的に言われて育ってきた人間が人を、ましてや実家を頼ることができるだろうか。絶対実家には帰らない。ホームレスになったほうがマシだ。

半年ほど前、父から「がんを患った」とのメールが来た。重いものではないらしい。返信していない。「年老いて一人で生活できなくなったらお前を頼るかもしれない」みたいなことが仄めかされていた。ふざけるな。予てより「こっちはこっちで生活する。お前は自立して勝手に生きろ」と言われていたのに、今更頼るとか言われても困る。

こっちは自立して生活してるんだ。精神的に参っている時にも両親を頼ることはなかった。なぜなら一度、社会人になる直前で弱音を吐いたら怒られたからだ。もう彼らには何もしゃべるまいと誓った。

この仕打ちはお前らが望んだものだ。私は怒られまくった結果、立派に自立に成功した。誰にも頼らずに一人で生活している。それを本当の自立と呼んでしかるべきかどうかはわからないが、少なくとも両親を頼ってはいない。お前らもその一貫性を貫いて死ぬまで自立しているべきだ。私には関係ない。

元増田にはこのような歪んだ思想を抱かずに、両親と健全関係を築いて欲しいと思う。

気にする人と気にしない人

世の中には、ささいなことを気にしてしまう人と気にならない人がいる。

わたしは前者だ

電車で見知らぬ隣の人と体が密着した状態に置かれると、なんとなく落ち着かず無意識肩に力がはいる。そしてほとんど微動だにしなくなる。意識ほとんどが隣に座った人間に持ってかれてしまう。そういう人は、けっこういるんじゃないかと思っている。

しかし、それとは対照的に隣に人が座ってきたとしても何も感じることなく、目の前にあるスマートフォンに集中し、隣の人が腕を当ててこようが、カバンをガサゴソとしようが、何も感じないというか気づきすらしないという人もいる。

わたし体感では、こういうタイプ多数派であるように思う。

この違いは、一見些細なことに思えるかもしれない。

しかし、おそらく日常生活の中には想像以上にこのような場面が多く存在している。

友人との会話が他人に丸聞こえの状態でも気にせず話せるかどうか。貸したものがなかなか返ってこないときに、「あれ返してよ」と躊躇なく言えるかどうか。店内で遠くにいる友人を大きな声で呼べるかどうか。電車で目の前に人が座ったとに視線の向けどころに困るかどうか。電車での他人の会話にイライラしないかどうか。

かに一つ一つを見ると、とてもちんけなことのように思える。

しかし、こういったことを日頃から感じながら生きている人と全く感じない人には"生きやすさ"という点で、とても大きな差があるように思える。

この差を作っているのは、やはり幼い頃に両親からもらう自己肯定感の有無なのだと思う。

それを持っている人はその存在、ありがたみを自覚することが少ない。だからこそ、それを持たない人の気持ち理解している人は少ないように思う。

上に書いた、自己肯定感の低い人が気になってしまう例として挙げた、「電車で隣の人の会話が(ry」や「隣の人の腕が(ry」の原因となっている人達は総じて自己肯定感が高い人なのである

この問題の辛い点は、この辛さを共有できる人の少なさにあると思う。

こういう辛さを抱えながら生きている人は少数派だと思うし、いたとしても表には出てこない。

そうじゃない相手理解してもらおうとしても、その理解してくれない相手の反応に心を消耗してしまうなんてことになり得る。

その上で、わたしが今まで生きてきた中で大事だと思うことは、自分がそういう性質を持つことを客観的認識すること。

こういう性質を持っていることは生きやすさという点において、目に見えない大きなハンデになっている。それがない人と対等に張り合おうとすると当たり前だがものすごく疲れる。

あの人はあんなに人と上手くやれているのに。

あの人はあんなに努力できるのに自分ときたら。

それは、あの人が人と関わるとき相手自分を嫌うことなんてありえないと思えるくらい両親に愛されてきたからであり、あの人は、だからこそ人と関わるときに大してエネルギーを消耗していないからだと思う

そのことをちょっと頭にいれてみるだけでも、自分を大切にすることにつながるんじゃないかと思う。

2018-08-01

目標達成できず

今年の目標はイキらない事と思っていたら今週二度もイキるどころか怒髪天を衝く事が二度も。

普段は穏やかでいるためにもと考えていたけど本当に些細なことで人はこんなに怒れるんだと。

しっかし疲れる。もっと穏やかに過ごしたい。

自分ゲイなせいにしたくない自分と、その弱みに甘える自分

 私が自分の性嗜好に、というよりその性嗜好の異常さに気が付いたのは中学生の時だ。

 オナニーは小5の時からしていたし、その頃からゲイビデオオカズにしていたが、どういうわけかそれが普通のことだと思っていたのだ。自分他者との境界が見えていなかったことに気づいたのが、その境界が確固として存在することに気づいてしまったのが、中学一年生の時だった。きっかけなんてあったかどうかは、ついぞ忘れてしまった。

 とにかく、私はとても恥ずかしくなった。怖くなった。人と話すのが、人と会うのが、外に出るのが、怖くてたまらなくなった。誰と話すこともできず、全てをはぐらかし、いじめっ子にも呆れられるくらいに、私は独りになった。

 接する人間絶対数が少なく、それでいて理解されたいという願望の強かった私は、優しくされるとすぐ惚れてしまう、情けない男になり下がった。

 中学二年生の時。同じようにいじめに遭い、たまたま趣味も同じで独りぼっちだった私に助けを求めたのか、優しく話しかけてくれたあいつを、俺は好きになった。

 高校一年生の時。ふさぎ込む私を見かねて、クラスメイトに馴染めるように自分長所を引き出して自信を持たせてくれた先生を、俺は好きになった。

 高校二年生の時。たまたま隣の席になって、仲のいい人間がいなさそうな俺に笑いかけてくれたあいつを、俺は好きになった。

 一つの恋も実るはずがなかった。自分感情思考を隠すことばかり考えて育った私に、正直に自分の愛だの、恋だのを伝えることができるはずがなかった。

 恐る恐る、こっそり、気づかれるか気づかれないかからいくらいの微妙さで、アピールをした。その全てがストーカーじみていて気持ちが悪いことは、自分が一番わかっていた。

 自分自分気持ち悪くて仕方なかった。向こうは純粋気持ち・やさしさで接してくれているのに、悉く裏切って、こんなに気持ち悪い接し方をしてしま自分が、ひどく嫌いになった。

 そんなことの繰り返しに嫌気がさして、故郷を離れて、男の少ない学部学科を選んで、進学した。

 女友達が少しできた。数人にはカミングアウトもしたが、大した反応も拒絶もなく、そんなもの無かったことかのように、周りにバレないように気を遣って、私がさもヘテロかのように振舞ってくれる、いい友達だ。

 だのに、自分が殺されているような気がして、胸が圧し潰されるのだ。人の優しさを踏みにじること以外に取り柄がないのだ。

 人と接することが苦手だということは、紛れもなく事実だ。人と会話していると、自分感情が上手く言葉に載らないので、自分言葉が上手く会話に載らないので、指先まで淋しさで凍って動けなくなる。

 凍っている自分を見ている自分が、後ろから無愛想にあざけ笑う。そんなことになった原因を何だと考えているんだと、声にならない声であざけ笑う。

 うるさい。

 俺がゲイなのが悪いんじゃない。これは生まれつきだ。性嗜好が悪くて俺が悪いんだったら、俺はどこに救いを求めればいいのだ。

 故郷を離れての生活は快適だった。大学には私に優しくしてくれるような、私の好みの男性はいなかった。昔思いを寄せた相手を思い出してしまうような景色も一切なかった

 人と接したくないからと他のコミュニティに関わることもなかったので、男性と知り合う機会は一切なかった

 だから、私は自分の重荷を忘れてしまうくらいに、自然に過ごしていた。孤独ではあっても、ふわふわとした幸せ時間があったのだ。


 お金がないことを苦に、アルバイトを始めるまでは。


 年上の、体の大きなあの人は、俺に優しく笑いかけてくれる。

 失敗をしても、少し甲高いかわいい声で、大丈夫大丈夫、と言って励ましてくれる。

 自分視線が、自分の足が、あさましく、無意識に彼の方に近寄っていくのを感じながら、俺は、たどたどしい言葉を紡いで、他愛もない話をする。穢れた心臓をはち切れそうにさせながら。

 バイトの先輩が新人に優しくするのは、法や条例世界で定められるくらいの理であって、当たり前のことなのに。

 年上のあの人が優しいのは、仕事からかもしれないのに。

 あの人がたまにくだけた口調で冗談をいって笑うのは、俺にこんな、気持ち悪いまなざしを向けられるためではないのに。

 俺が産まれ、育てられ、故郷を離れているのは、こんな些細なことで悩むためではないのに。

 誰とも接さないまま生きるか、死ぬことができたらいいのに。

 大好きな音楽を聴いているだけで生きていけたら、ずっと一人で、ずっと一人で聴き続けながら死んで、それでなんにも構わないのに。

 どうして俺はこんな思いをするために、生まれてきてしまったのだ。  どうすればよいのだ。    私は、どうしたいのだ。

2018-07-31

デレステ新曲凸凹スピードスター」が果てしなく微妙だという話

初めに書いておくんですけど、よくある匿名デレステ愚痴ダイアリーなのでそういうの見たくない人はブラウザバック、ね?

それで、本題なんですけど、本日7/31から始まったしゅがしゅが☆み~んのイベント

新曲凸凹スピードスター」を引っさげてのしゅがみんメインのイベントということでウサミンPとしては「これは走るしかねえ!!!!!」と思っていたんですよ

イベント予告から漂う期待感完璧な導入、エモいSR

で、いざ新曲を聞いてみたんですけど・・・

初見感想は「何?これ?なんで?」でした

というのも、事前予告がしゅがみんが魔法少女をやるよ!というものであり、かつウサミンには以前からメルヘンメタモルフォーゼという曲もあったこから

「とうとうしゅがみんで激エモな魔法少女っぽい感じの曲が聞けるのか!!!!!!!!!!!楽しみ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」って思ってたんですよ

で、蓋を開けたらこ



・・・なんでこうなっちゃった訳?

こんなBPMがやたら高いだけの音ゲーありがちな刺々しい電波ソングがお出しされるとは正直思っていなかった

いや本当、もっとプリキュアっぽい感じのポップな感じの電波ソングになると思ってたしずっと信じてたんですよ

そしたら、この、この・・・なんで?

正直歌詞にBE MY BABYを思わせるような部分があるとか、そんなのはもうなんというか些細な問題レベルイメージ全然違う

なんというか、ゲロ甘の甘口カレーを期待していたら激辛カレーをお出しされたような、そんな感じ

ウサミンPとしゅがはPには本当に申し訳ないんだけれど、僕は今回の曲は微妙だと感じた

この曲をウサミンの曲、しゅがはの曲、夢を見続ける少女たちの曲と考えたら僕は全く納得できない

彼女たちは確かにアイドルとしては崖っぷちギリギリ、傍から見れば面白いキャラなのかもしれない

けれど、彼女たちの夢は本物で、少女は夢を見続ける限り少女で居られるはずだ

そんな彼女たちの曲がこんな曲で良いのか?

面白いキャラ面白い曲を歌って、それでいいのか?

面白いキャラが真面目な曲を歌うからこそ良いんじゃないのか?

そんな思いもあり、僕は彼女たちには正統派魔法少女の曲を歌って欲しかった

メルヘンメタモルフォーゼとはまた違う方向性の、ウサミンとしての曲ではなくしゅがみんとしての魔法少女の曲を聞きたかった

いやもう本当、痛キャラから電波ソング歌わせとけば良いやろwみたいに思ってる人いると思うんですよ

でも痛いキャラが痛い曲を歌ってもただ痛いだけでしか無いんですよ

彼女たちはそれだけじゃないって言うことをデレステ新曲には見せて欲しかったです




後余談だけどライパレ形式イベントひたすらめんどくさいからいい加減ちょっと改善してくれ

些細なしんどいさは愚痴りまくる

例えばインフルエンザで苦しい、暑すぎて熱中症気味程度まではうざいほど愚痴り甘えるが、あなたも悪かったんじゃないの?甘えんなよーと否定されて傷つくレベルの苦しさは人に言えずに抱え込んで耐えるとこがある。

箱の中に閉じ込め忘れるのを待つ感じでなにかの拍子に開いたら昔の記憶精神ボロボロになる。

皆辛い事や自分メンタルとどう付き合ってるんだろう。

2018-07-29

台風飛行機欠航になった

今回の台風で、乗るはずだった飛行機欠航になった。

飛行機欠航になるというのは初めての経験だったので、慌てたり、ミスがあったりしたので、自分への戒めとして書く。

使った航空会社スカイマーク

羽田空港から地方都市への移動。

欠航確認

昼には欠航になっていた(搭乗の7時間前)のに、そのことに気づかなかった。

搭乗の3時間前に空港に向かう途中の電車で、ネットで調べて欠航を知る。

今回のチケットネット代理店スカイチケット)で取った。

航空会社からチケットを購入した場合は、欠航の連絡がメールで届くが、代理店で購入したため、欠航の連絡はなかった。

欠航になれば連絡がくるだろう、と高をくくっていたのが失敗だった。

欠航などのおそれがあることはわかっていたので、事前に確認しておくべきだった。

チケットの振替と払い戻し

天候による影響で欠航になった場合、便の変更、払い戻し不可のチケットでも、同じ航空会社であれば便の変更や、払い戻しをすることができる。

しかし今回、代理店チケットを購入していたため、ネットでの便の振替手続きができなかった。

振替手続きをする場合は、空港カウンターか、電話での手続きになるようだった。

しかし、翌日のスカイマークの便はすべて埋まっていて、チケットが取れなかったため、今回のチケットキャンセルして払い戻しすることにした。

払い戻しは翌日以降でもできるため、慌ててキャンセルする必要がなかった、とキャンセルしてから気づく。

飛行機の予約に空きが出た場合、後から振替することができる可能性があったため、キャンセルを急ぐ必要はなかった。(一度キャンセルをするとキャンセルの取り消しはできない)

チケットの再購入

頭がパニック状態で、いったん気持ち落ち着けからチケットの購入をしようと、すぐにチケットの再購入はしなかった。

しかし、刻一刻時間が過ぎるごとに飛行機の空席はなくなっていった。

夜8時の時点で、翌日の羽田空港成田空港の便がキャンセル待ち以外、すべて埋まってしまっていた。

結果として、ある航空会社サイトを見ていて、夕方の便の席が1つだけ空いていたので、運良く再購入することができた。

チケットが取れたときは、本当に安心した。

もし取れなかった場合は、茨城仙台名古屋あたりの空港までの移動は覚悟していた。

夜は知人宅に泊めてもらった。

宿の心配がなかったのは、気持ちの面で余裕があった。

最終的に、滞在費と航空券の再購入代で当初より3万円以上多く掛かった。

まあ、お金解決できることは些細な問題だと考えることにする。

今日の夜の便で帰ります

anond:20180728204650

2018-07-28

からお前に48の呪いをかけてやるぞ

私には憎んでいる男がいる。

モラハラDVを繰り返し、マザコンだった元彼だ。

元彼と別れて10年ほど経った今でもフラッシュバックに悩まされ、

嫌な意味で忘れたくても忘れられない存在である

私が不幸になる傍ら、元彼幸せになった。

祝福されながら大学卒業し、ホワイトと評判の会社就職した。

妬ましいことこの上ない。

呪い殺したい。ずっとずっとそう思っている。

ところで、私はTwitterの鍵アカに、

誰ともつながっていない愚痴を吐くためだけのアカウントを持っている。

現実愚痴を吐くことのできない私の数少ないガス抜きだ。

愚痴を吐く用のアカウントだから

自分に対して、他人に対して、怨嗟言葉がTLに並んでいる。

今日今日とて恨みつらみを書いていたのだが、

ふと思い立って、いつもと違う呪い言葉を書いてみた。

「おニューのかさぶペットに食われろ」の歌詞である

この曲は自転車事故相手にネチネチと小さな呪いをかける歌詞であるが、

その歌詞の中にある48の呪いが、とてもコミカルなのだ

楽しい

大嫌いな男のかさぶたがペットにくわれている所を想像するの、超楽しい

botを組んで、TLに歌詞の48の呪いを定期的につぶやくようにしてみた。

定期的に大嫌いな男に些細な不幸が襲う。

すごく愉快だ!

我ながら粘着質だとは思うし陰気だと思うが、

TLで大嫌いな男に小さな嫌なことが毎日とめどなく襲いかかっている所を想像するのは溜飲が下がった。

現実でも48の呪いが実現していたらと妄想しながら、

秘密Twitterアカウントの中で彼は今日受難している。

2018-07-27

anond:20180727234841

本当に純粋生き方幸福のため「だけ」に子供を作らないだけの人ならまだしも

様々な理由で実質子供を作る機会を要するに奪われてる人が大量にいる世の中でそれを言ってもなあと

まずは作りたい人に作れるような環境社会が整備しないと。

社会が、そういう環境の整備が必要ないとしているのであれば、生き方幸福のための人の影響なんて些細なことでは?

そもそもうそんなマンパワーでなんでもかんでもどうにかするって時代でもないし

生産性の話を聞いていて

そもそもなんで子供を作るだけが人間生産性っていう前提になってるのかがいまいちよくわからない。

当然生産性がないか差別されるということは当然あってはいけないし、差別的な言説は良くないけど。

そもそも子供を作らないから何故「生産性がない」とみなされないといけないんだろうか。

差別は良くないと言ってる側の人でも、「生産性がなくたっていいじゃないか」みたいな方面の言説が見られてよくわからない。

もちろん結果として差別は良くないという方向に行ってるから些細なことなのかもしれないけど。

生産性がないからどうこう、という話になる以前の問題として、

子供を作るだけが人間生産性なのか?と。



別になんらかの形で子供が作れなかったとしても、社会で果たすとプラスになる役割はたくさんあるわけで、

なんでそれだけで生産性自明にないなどと言われないといけないのか。

ハナから差別しようとしてくるひとに言われるだけならまだわかるが・・

もちろん生産性が低いからで差別をしてはいけないは当たり前だけど、

雑に直接子供を作るだけが生産性であるという命題自体適当肯定されてしまっていくというのは、

なんか直接利益に関与しない部門を本当にまったく会社利益を与えてないものだと判断して切ろうとするひとと同じものを感じる。

2018-07-25

なんか、つれえや

就職失敗

田舎高専

春は蛙の爆音

夏はセミがほぼ24時間不快な音を立てる

シネシネシネシネ〜」

夜になると廊下ゴキブリがうじゃうじゃしてる

人間仕事するところじゃない

部活引率休日返上

学生の遊びに付き合わされて集団行動

試合では負けろ負けろと念力送るも全国大会

些細なことでトラブル

会議会議会議

魔法言葉をつぶやけば

天地がひっくり返って、バカが得をする

正直者がバカをみる

それは「教育的配慮

とっとと大学転職するぞと息巻いて

研究成果でず

学生からはひたすら嫌われ

営業スマイルで授業をこなす

苦痛だ、ただただ苦行

学校にいく、学生と目が合う

ちょっと動悸がして、目が泳ぐ

昼は学問関係のない雑用ばかり

夜も頑張る

転職振るわず

可視不採用通知多数

こんな職場オサラバと内心浮き足立っていた

面接日時をの通知を待ち永遠とき彷徨

鳴らない携帯が、おまえに学問は無理だよって

未来のことを思うと不安になる

僕も職場センパイみたいになっちゃうのかって

朝起きる

全身が痛い

目が痛い

肩も痛い

何もかも捨てて逃げ出したい

明日また目が覚めたら

希望を持てるかな?

明日明日の風が吹くかな

明日は風がふくのかな?

anond:20180725221823

こいつらにとっては刑務官なんて賤職なんだろう。

熱中症の件では「管理側」を好き放題に叩けるからその快感に比べたら

実際にこの件を担当した職員がどう見られようが些細なことなんだ。

2018-07-23

anond:20180723100602

簒奪強奪

お詫びして訂正します。

これでいいだろ。

些細な言葉の違いにこだわって意図をくみ取れないやつってウザいよね

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん