「些細な」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 些細なとは

2017-09-20

浮気ごころを彼女に話す男性心理

誰かに聞いてほしいからここに書き捨てるのだが、普通かどうか判断してほしい元彼の話。

1人目は結婚を見据えて同棲していた最中、「会社の後輩の女の子と飲んでて終電なくなったけど、タクシーで帰れないかラブホに泊まる」という報告を深夜に電話でもらった。

都内からタクシーで帰れないわけなかった。

高額になってもタクシーで帰ってきてほしい、しかも何でラブホなんかに泊まるの、と嫌がったけど、泊まるところが他に空いてなかった、酔っ払ってる女の子放置するのは可哀想、ベッドも分けるから絶対に何もしない、ということを繰り返すだけだった。不安がすごかった。

翌日帰ってきて、何があったの、と聞いたけど、何もなかったよ、何で信じてくれないの、と話を打ち切られた。その時は、彼を信用していない自分が悪いのかな、元々我が身を呈して人助けするところがあるし彼を信じよう、と話を大事にしなかった。

結局その彼は、出会い系アプリ使用していたりクライアント女性浮気していたりしたことが分かったので、別れた。

2人目は、付き合ってもいない時から夕方に急に電話してきて、家に行っていい?もう最寄り駅に居るけど、と押し切ってくる人だった。僕は今日絶対SEXしないよ、心から愛してるから、と言って、その約束が守られたことはない人だった。

ある日また急に電話が来て、会って一通り終わった後に、「あ~良かった。今日○○ちゃんに会えなかったら風俗に行こうかと思ったよ」と言って、ネットで調べたページとかも見せてきた。

その時は(ん?)と思ったけど、「でも今日会えたか幸せだよ」という言葉で、そうか、結局行ってないんだしな、と流した。

その他、毎朝抜いてから会社に行っている、○○ちゃんと出会ってから昂ぶりが止まらない、と話してきて、当時は私もそういう愛情表現なのかと勘違いしていた。

結局その彼は、実はバツイチ子持ちだったことが判明し、「子供は好きだけど君のほうを愛しているって言ったらおかしいかな」とか言い始めたので、別れた。(そもそも彼とは付き合っていたかも怪しいな)

友達からは、男を見る目がなさすぎると心配されている。

だが今でも思う。許容できなかったのかな、と。

周りが結婚して夫婦になっていく中で、夫婦生活我慢連続だという。

ある女性は言う。些細なことでダメージ受けてたら夫婦生活は続かないよ、と。

女遊びが激しい男性結婚した知り合いの女性は、旦那浮気してるだろうなと思いつつも結婚を決意し、生活を続けている。浮気されること以上に楽しい日々を与えてくれるからそれでいい、と言っていた。

そうだ、私も楽しいことが多かった。他の人には感じない胸の高まり、一緒に居るだけで楽しい時間、ささいなことでも共有して楽しめること。

どんな人を旦那に迎えても、山あり谷あり、つらいことが多いなら、どうして楽しい日々を過ごせる人を手放してしまったのだろう。何で決意できなかったんだろう。

きっとそういうことを彼女に言わない、彼女不安がらせない男性は世の中に居るはず、と思ってはいるけど、ちゃんと好きになれる人とはまだ出会えていない。

その中でも何となく付き合っている人が今は居る。子供が欲しいとは思ってはいから、そろそろこの先について考える必要があるだろう。

そういう時、楽しい日々を過ごした昔の元彼を思い出し、何故許容できなかったのだろう、できている他の人も居るのに、と考えている。

結婚後、またああいう「今から浮気するよ」という報告をされたら、私は許容できるのだろうか。

元彼2人とも遊び人タイプじゃないのに、一途さをアピールしているのに、何でそういうことを言うのか。

というか、そもそも彼女に報告しないでほしい。

男性増田諸君に伺いたいのだが、彼女浮気話や風俗話を報告する心理は何なのだろうか。

受け入れてほしかったのかな。

何が正解だったんだろう。

2017-09-19

価値観些細な違いは年々広がって行くのか

私にはA、Bという2人の昔から友達がいる。



A→

高学歴

新卒時は堅実な大企業一般事務職入社

そこから転職し、またもや誰もが知ってる大企業一般事務職になる

薄給だがほぼ定時上がり



B→

普通私大

新卒時は華やか(美容とかファッション系)だが、薄給で長く続けにくい仕事についていた

今は零細企業事務職だが零細が故に技術的な仕事もやる

残業はそこそこ給料もそこそこ



私→

普通私大

軍隊ベンチャーを経て今は技術自営業



私とABは3人ともアラサーの女で、全員独身彼氏なしだ。そしてABは2人とも可愛い

特にBは今まで男が途切れたことがないくらモテる。今は疲弊してフリーになった。


先日Aと2人で飲んでいるとAが言った。

「Bはさ、若い頃に『いつかは男が養ってくれるだろう』っていい加減に生きてきたから、今いろいろうまくいってないんだろうね」

確かに最近上司から仕事無茶振りの多かったBは、少し愚痴が多かった。

しかし、仕事愚痴はある程度働いていればそれなりにあるものだと思っている私からしたら、Bの愚痴一般平均の範囲内だと感じた。

「そうかな?B、うまくいってないかな?私はそうは思わないけど。」

私は反論したが、Aは腑に落ちていないようだった。

「うーん、会社辞めてニートなっちゃったりとかさ、ちょっと後先考えてなさすぎじゃない?」

Bは新卒で入った会社多忙薄給すぎたために、心身を病んで辞めてニートになった過去があった。

転職活動するとか普通あるじゃん

Aは重ねて言った。

しかし、Bは努力家で、業務時間外に当時は技術職だったため勉強練習をしていた。

そしてかつBは要領のいいタイプではなく、自分でもそれを分かっていたので体の悲鳴に対して逃げる選択をしたのだと思われる。

私にはそれが間違いだとは思わなかった。



そして、Aが知らないのか思いもつかないのかは分からないが、Bはニートを脱して再就職した今の会社でも、セミナーに参加したり本を買って家で読んだりとても勉強をしている。

仕事の進め方も、どうやったらプロジェクトが滞りなく進むか日々工夫しており、私(元IT企業プロジェクトマネージャー)に質問をしてきたり、未経験入社した当初よりもいろいろなことができるようになったと聞く。



一体Bの何が「うまくいっていない」のだろうか。

独身から彼氏がいないから??それはAだって同じだ。

いつ無くなるか分からない零細企業に勤めているから?

しっかりとスキルを日々身につけているBならば、もし会社倒産をしても同業で彼女を欲しがる企業があるだろう。

実際、私の知人の社長がBととあるプロジェクトで一緒になったとき彼女仕事をとても褒めていた。その社長がお世辞を一切言わない人にもかかわらず。



からしたら、Aの方がよく分からない。

会社の偉い人に気に入られててよく飲みに行くの。」

と言っているが、偉い人と飲んだところでAが偉くなるわけではないし、そんな大企業の偉い人ならばお酌要員でただ手頃な若い(といってもアラサーだが)を呼んでいるだけでは?と思ってしまう。

そして、その時間を使って勉強をしているBの方が揺るぎないものを手に入れていっているのでは?とすら思う。



なんでAがBを馬鹿にするのか。

気づくと私は、

「じゃあAは後先ちゃんと考えてるの?そんな風に言えるくらいに。Bはとても真面目で努力家だ。男がいつか養ってくれるからとかではなく、好きだから新卒もそう言う道を選んだ。だから実際、その当時もとても努力をしていた。確かに休憩期間はニートだったけど、人のキャパティはそれぞれだ。今、とても努力して着々と前に進んでいるならそれでいいじゃん。」

と、怒っていた。

「真面目の基準が違うのかもね。Aは、世間常識からズレないことが大事って考えてるのかもしれないけど、それよりもお客さんやクライアントに良いもの提供するにはどうしたらいいか、とか、そういったことへの向き合うスタンスで、私はいい加減とか真面目とか判断するから、Aの言うことがよく分からない。」



家に帰って私は泣いた。

あんなに頑張っているBを、零細企業いるからなのか、外見がちょっとチャラついているからなのか、レールから外れた生き方をしているからなのか、結局明確な答えは分からなかったが何故かAがバカにしていると知ってしまった悔しさ。

そして、それを言い返す時に「これってもしかして私もAをどこかバカにしているのでは」と気づいた悲しさ。

泣きに泣いて、眠っては泣いて、そして三連休が終わった。



昔は3人でたくさんバカなことをした。

から今でも会えばいつでも笑いあえると思っていた。

でも、少しずつ違っていった価値観はズレにズレていつかは大きな溝になるのだと感じた。

そんな、三連休前日の夜だった。

2017-09-18

メルカリシステムが糞すぎる件

(ここでいうシステムというのはビジネスモデルの事ではなくて、サーバーサイドのシステムの話)

嫁がメルカリで出品される商品を買いたいがすぐに売れてしまったりするというのでアラートが欲しいと言い出した。

どうも標準である"保存した検索条件の新着通知"という機能スピードや精度などがいまいちで使えないらしいのだ。

で、調べてみたところ2個ほどアラートアプリがあるようなのでそれを入れてみるように言ってみた。

しかし、それらのアプリでも通知結果が変だったりするらしい。(新商品の通知がきたのに、メルカリ本体検索するとひっかからないなど)

うーん?アプリが悪いのかな?

と思ったので簡易的に通知スクリプトを書いてみることにした。

一行で書くと、

検索結果ページを定期的にGETしてHTMLを解析して商品一覧を抜き出し、前回の結果になかったものがあれば通知すればいいだけ」だ。

うん。楽勝だべ。

よし、検索結果のページを解析するために見てみよう。何々、1件から48件まで表示中です。。

ふむふむ。で、結果がページ下にずらりと並ぶのか。

いーち、にー、さーん、・・・(中略)・・・・、よんじゅーろく。。 あれ?なんど数えても46件しかないぞ!

皿を数えるお岩さんの気分で何度も数えてみる。。が、やっぱり46件しかない。

「二枚足りなーい!うらめしやー!」

まあ、こんな事は些細なことさ。(CSSクラス名の単数形複数形おかしいとかももっと些細なことさ。)

とりあえずスクリプトを完成させるぜ。

・・・

・・しこしこしこ・・

・・・

じゃじゃーん!というわけでスクリプトはすぐにできたので、試しに走らせてみた。

・・・

・・おお、結構な頻度で新商品がでるんだな、さすが大手サイト

・・

・・てか出品おおすぎね?こんなマイナー商品検索しているのに1分間に7件も出品されるなんて

・・

・・( ,,`・ω・´)ンンン?

・・

なんだこれは!検索結果にときどきゴミが混じっているではないか

例えるなら、ドラえもん10検索したら、3回ぐらいの割合巨人の星マツコ・デラックスがでてくるような感じ。

通るかこんなもーん!!!

結論

アラートアプリ開発者は悪くなかった。

2017-09-17

すぐキレてしま自分が嫌でなんとかしたい・・・

まりにも些細な事でヒス起こして自己嫌悪・・・・・・

はてサよりはまだサンデーモーニングの方が誠実だ

あの番組の「万事が万事他人事」みたいな姿勢も正直気に食わないけど、一応問題視はしてるから

はてサなんか「北朝鮮の核なんて安倍下ろすのに比べれば些細なこと」とか言い切っちゃってんだから

もうどうしようもねえわ

2017-09-15

私たちは正しい

私たちは正しい

から邪魔をするな

私たちは正しい

からちゃごちゃいうな

私たちは正しい

間違えは些細な誤解

私たちは正しい

アドバイスくそうっざ

私たちは正しい

じゃあどうすればよかったというのか

私たちは正しい

正しいものの声を届けないと

私たちは正しい

それで今までなにもかわらなかったじゃないか

私たちは正しい

もう吊るすしかない

私たちは 

2017-09-14

同担ガッツが降りた

 

 

同担ガッツが降りた。

 

  

彼女は私と同じ俳優推しており、その俳優が出る舞台を観に行くためには何でもやっていた。

最前全通カテコゼロズレは勿論のこと、暇さえあれば手紙をしたためハイブラの洋服をプレボに突っ込み、物販で6桁は軽く飛ばすようなオタクだった。

今思えばリア恋も入っていたかもしれない。

 

私は同じ俳優こそ好きだったが、彼女ほど必死に追うことはしていなかった。

舞台の上に立つ彼が一番好きな私には、見づらい最前列端よりも後方センブロの方が良席に思えたし、プレを入れるくらいならもっと自分のことに使いたいと考えていた。彼女とは現場で数回しか会ったことがなかったが、SNS上ではそれなりに仲良くしていた。

彼女と、同じ彼を好きな人たちと彼の好きなところを飽きることなく何度もしゃべった。

 

 

ある日、彼女が「やばいのみつけた」とツイートをした。

私は、内心「またいつもの匂わせか」とあてにしていなかったが、野次馬根性全開で何があったのかと伺った。

すると、彼女はその情報について事細かに教えてくれた。

 

彼女が見つけた情報は、世間一般から見て炎上案件というような内容ではなかった。

カノバレというにはグレーすぎ、クズバレというには確たる証拠もなかった。

見つけなければそれまでといえるほどの内容に、私はそんなものかと思った。

 

だが彼女は降りた。確保したチケットも何もかも全部売り払い、数日後にはアカウントも消してしまった。

私以外に教えてもらった内の何人かも、相当なショックを受けていたようで、あんなに賑やかだったTLはひっそりと静まり返ってしまった。

中には、「そんなにすぐ病むならさっさと降りろ」と遠回しに攻撃する同担もいた。

 

 

人はそんな些細なことで感情が反転してしまものなのだろうか。

推し変して、彼を推しいたことなどすっかり忘れたように楽しそうに過ごす彼女たちを見て、私はそう疑問に思った。

周りがどんどん降りていって、他にも彼のファンはいっぱいいるのに私は一人ぼっちのような気分になった。

 

そんな中、ある日推し変した元同担の一人が、彼について少しだけ話した。

「彼を推していると感情不安定になって疲れる」とただ一言述べた。

私は、そういうことかと納得した。

降りていった彼女たちは、私の何倍も何十倍も何百倍も全力で彼を応援していた。

その分だけ、私より彼を推すことにひどく疲れてしまったのだろう。

好きだったことをやめるのは、いったいどんなに辛いだろうか。

彼女たちの辛さは、私のような弱いオタクには想像もつかなかった。

 

 

結局、私は彼を推すことをやめなかった。

これから先も、舞台の上に立ってキラキラ輝く彼を見続けていくだろう。

だが、あの時いっしょに彼を応援していた彼女たちと、観劇後に食事をしながら感想を言い合うことも、SNS上で彼について話すこともない。

私は、それがとても寂しい。

 

   

 

2017-09-12

anond:20170912192619

君は発達障害の人のことを弱い人達のことだと思っていて、それゆえに自分自身と重ねているのかもしれないけど

実際は発達障害って複数の症状が含まれたとても広い言葉だよ

その複数ある典型例のうちの一つが攻撃行動、つまり他人に常習的に汚い罵声をぶつけたり、些細なことでも暴力を振るおうとしたりする癖で、これは君の傾向とは正反対

しろ君が常々「ろくでもない大人」だと思っている相手にこそよく当てはまるかもしれない

そんな存在が君の身近にいて毎日君を攻撃してきたとしても「この人は発達障害から冷たく当たるべきではない」「この人の気持ち理解するべきだ」なんて言える?

そんなことを言っている間に君の精神の方がやられてしまうよね

結局この言葉文脈次第で指す対象が大きく変わってしまう不便な言葉なんだから、あまりこだわらない方がいいよ

2017-09-10

植物観察日記とする

2ch執拗粘着されている

が、それに怒りを出したら無意味

が、それに対抗するのも無意味

無視が鉄則である

が、相手が頭のおかしな人なら無視だと感じてくれない

いつまでも何年でも書き続けるだろう

争いは些細なことから始まった

いや、そもそも争いはしていない

単純にコテハンで書き込んだだけだ

客観的に見たことだけを書いたつもりだ

それに対して意見もあったが適切に答えてきたつもりだ

時が経ちコテハンなどで書くことも無くなった

名無しで書くことはあったがそれも無くなった

そこから更に何年か経っている

だがスレッドと呼ばれるものを見るとまだ俺のことを書いているやつがい

おそらく頭のおかしな人だろう

俺のゴーストを見ているのだろう

だがそのままでいい

まり無視という鉄則を適用する

適用しつつも新しい発展方法を見つけた

観察するのだ

植物の観察日記と同じ

相手がいつまで語り続けるのか

おそらく人間ならば死ぬまで語り続けるのか、

ニート無職から脱却するまでなのか、

夏休み冬休みが終わるまでなのか、

家族に気づかれ精神病院措置入院されるまでなのか、

停止するまで言動を観察するのだ

そしてはてな匿名ダイアリーは観察日記にうってつけの場所ともいえる

2017-09-08

ゼリア新薬研修話題三宅進(ビジネスイノベーションシステム)の研修


初日に「俺はお前らの会社経営者から委託されてるから、俺の言葉経営者言葉と思って聞け。嫌なら会社を辞めろ。」と脅される

体操(ラジオ体操の変形)の完遂、営業十訓の暗記(ごく短時間で)を命じられる。「研修の修了には必要研修が修了できなかったら会社を辞めろ」と脅される

・何がなんでも大声を強要される。出さないと罵倒される

質問にはすぐに答える。答が解らなくて考えていると「何か言え」と罵倒される

・何も考えずに言うようになると失言する。その失言を捉えて人格否定する

・「帰れ」と言われるが帰ろうとすると周りのメンバーに「なぜ引き止めない」と罵倒する

・朝晩のスピーチでは自己否定させる。スピーチは大半の者が泣き始める

研修中に「羊」を見つけ、徹底的に罵倒する。周りのメンバーにも「なぜフォローしない」と罵倒する

・「羊」にするきっかけは些細なこと。少し反抗的な態度をとったとか、目をそらしたとか。

・最終日に体操と暗記の試験を行う

・上記の試験、「羊」はクリアしない

クリアしなくても、必死で頼み込めば再試験をする

・最終日、上司経営者サプライズ見学し「感動を演出」する

上司経営者が見守る中、「決意表明」という名のスピーチ。大声を出して感情を露わにしないとクリアしない

クリアしなくても、必死で頼み込めば再試験をする

研修終了後、途端にやさしくなり修了証書を渡すときにはハグまでして「感動を演出」する

・上記の内容は秘密にしてくれと言われる。ネタバレすると無意味だし、結局は残る内容もその程度だから

・得られたものは「こんなに厳しい研修クリアしたんだ」という達成感。しかし、日数が経てば薄れてしまうので「フォローアップ研修」も用意されている

みなみけ〜おかわり〜 」見終わった

OPが全くあってなくてオサレオナニーっぽいとか、一期とのキャラデザとの違いや、モブキャラクターが真っ黒で怖いとか、キャラクター性格おかしくなってるとか些細な事はどうでもいい。

冬木関連のエピソード必要だったのか?この掘り下げ不足のキャラクター感情移入できる人はいるのか?そもそもこいつの父親はなんで全く出てこないんだ?なんでこんなにヘコヘコしてるんだ?唐突に転校していつの間にか消えていった。本当の本当に不必要存在だった。持て余してフェードアウトって最悪だろ。

男性キャラでも保坂藤岡嫌悪感を感じないどころか面白いけど、冬木は本当に異質な存在だった。

センスの無い人間達が原作を預かってる身でぶち壊したアニオリの悪例として今後も語り継いていくべき。

あと長女の留学関連もアニオリですか?一期は最初から最後まで安定して見れたのに二期は凡百のクソつまらシリアス展開からお決まりのお涙頂戴に入って呆れた。頭花田十輝かよ。イイハナシダナー(棒)

2017-09-07

anond:20170907164155

「崖から突き落とす」だよな?

そんなに言葉些細なニュアンスまで意識して使ってるなんて初めて聞いた

2017-09-04

今日、第二次朝鮮戦争の休戦協定が結ばれた。

開戦のきっかけは些細なものだった。

板門店の警備兵が南側亡命しようとした。彼を北朝鮮側一隊が連れ戻そうとし、そのまま銃撃戦となった。

この事件きっかけに、これまで居丈高姿勢を取り続けていたトランプ金正恩両者の応酬がもはや常軌を逸したものとなり、

次に発生した局地的な砲撃戦が開戦の合図となった。

この戦争で核は四回使用された。



アメリカはこの戦いで覇権国の地位から転落した。

西海岸復興と戦力再編のためにかかった費用天文学的数字で、焦土となった統一朝鮮勢力下に収めたものの完全に持て余している。

韓国文字通り火の海になった。火砲によりソウル消滅釜山仁川といった主要地域も壊滅的な被害を受けた。

統一朝鮮負担には各国から援助も出ているが、民族悲劇再現されてしまった。

日本放射性物質によるテロの標的になった。直接の死者2,000人。佐世保福岡横須賀東京は人が住めない土地になり、

大阪京都経済行政を分離する方向で調整が進められている。住む場所を追われるなど、影響を受けた人数は1000万人を超える。

韓国北朝鮮難民受け入れもあり、債務国に転落した。

債権を大量放出した影響でアメリカ経済を致命的に悪化させ、同盟を維持できないほど関係が冷え込んだ。

ロシアは核攻撃の影響でウラジオストク周辺が汚染された。

アメリカ補償を求めているが、交渉の進展はない。

中国東北部が核汚染され、大量の難民流入もあり財政的に破綻した。

アメリカが後退したいま第二列島線への進出を狙っているが、肝心の軍を維持できなくなりつつある。

人民解放軍による難民虐殺の噂も出ているが、共産党の強権でなんとか政権を維持している。

国際体制第一次世界大戦後のヴェルサイユ体制のようになった。

不安定で、いつ崩壊してもおかしくない危うい均衡を保っている。

真の勝者など誰もいない。

2017-09-03

おっさんだけど10年ぶりに恋をして欠乏感がすごい

自分は41歳男、妻40歳、娘7歳の三人家族結婚13年目。都内在住で都内勤務。妻も働いていて、毎日忙しいが生活には満足している。セックスは月に2、3回くらいか最近、妻のフェラが上達してきていて、とても良い。そうか、結婚生活を長く続けるとこういったボーナスがあるのだな、と感じている。

だが、意図せず他の人に恋をしてしまった。

から10年前に一度、仕事関係で知り合った人を好きになった事があったが、そのとき物理的な距離のお陰で割とすぐに忘れてしまった。そういう性格である

それから今まで、好きな人はいなかった。子供が産まれたり中古マンションを買ったりした。

ここのところ、これは発見だと思っていた。歳を重ねると恋をしなくなるのだ、と。ここでいう恋の定義は、その対象の人の事ばかりを常に考えるようになることだ。

そんな時、去年の年末くらいに勤務先に29歳の女性が中途で入ってきた。可愛らしい人だなとは思っていたが、当初少し関わったくらいで、それ以降はほとんど絡むことはなかった。とはいえ社内ですれ違えば挨拶したり、少し会話を交わす程度の事はあった。

事の発端は今から2ヶ月くらい前に勤務先での飲み会があり、詳細は避けるが「あなたのこと、最初見たときからちょっと良いなと思ってた」のような事言われ、それからからかうような仕草で体をほんの少し、接触させてきた事だった。

本気か嘘か、彼女にそんな事をされて基本童貞マインドの俺はそれから本格的に気になるようになってしまった。

はいえ、職場での席も比較的遠く、気軽に雑談できたりする距離でもなかった。デートに誘える立場でもなし、おれは職場では基本省エネモードであるので、もし用もないのに彼女の席までいって話しかければ目立つだろうし、そういった事は避けたかった。つまり何もしないでいた。

それがどういう事か、最近配置替えがあり、なんと彼女の隣の席になってしまったのである!!!誰かが俺をハメようとしてるのかと本気で疑った。

それから話をするようになり、LINEを交換したりして以前より多少仲が良くなったと感じた。そうこうするうち、あれよあれよと言う合間に俺は、彼女笑顔に惹かれ41歳にして10年ぶりに恋に落ちてしまったのである

そしたら。

すごいのだ、彼女がそばにいないときに押し寄せる欠乏感が。

仕事を終え、彼女が先に帰る時。 

また逆の、彼女より先に帰る時。

金曜日の夜。土曜の朝。

久しぶりにくるこの感じ。10年前のときもここまでなかったような気がする。よく言われる事だが身体の一部が無くなったようで辛かった。おっさんになっても恋はするのかよ…誰も教えてくれなかったな。

妻がそばにいる時は、欠乏感が和らいだのが幸いだった。

彼女の事はしばし忘れられた。

本当にどうしたものか悩んでいる。物理的な距離を取れれば忘れられるのは知っている。しかし月曜から金曜まで毎日隣の席にいて、彼女の気を引こうとしてわざと興味のないフリをしたりしてしまったり、話しかけられれば嬉しくて舞い上がりそうなのを必死に隠そうとしている。端的に言えばバカおっさんみたいになっちゃってるのだ。

彼女気持ちは正直まだよくわからないでいる。きっかけになったあのときの行動の真意確認してない。彼女にとって見れば些細なことで、覚えてない、とか、恋愛感情の類ではではない、とか言うことも十分あるだろうとは思っている。

どうしたいのか?と言われれば、彼女の事をもっとよく知りたい。

手を繋いでみたい。

人気の無い所を並んで歩きながら他愛もない話をしたい。

今の願いは本当にそれだけなんだ。

インチキ療法への道は些細な実感で舗装されている

みかんの薄皮があまりにあっけなく溶けるのを見て、ふと重曹水で頭を洗うことにしてみた。増田、恥ずかしながらややふけ症なのである

さて、実際にやってみると、理屈はわからないが湯ですすぐよりは汚れの落ちがいいような気がする。尾籠な話で恐縮だが、湯船につかって頭に重曹水を振りまくと、時に米のとぎ汁の如き水がしたたり落ちるのだ。そして、その状態から普通の湯ですすぐと、今度は何かが固まったような感覚があり、それは普通にシャンプーを使って頭を洗うと溶け落ちる。

無論、何らかの理論があるわけでもないし(アルカリが何かと反応して鹸化するのではないかといういい加減な仮説はあるが)あくま体感に過ぎぬ。そして肝心なことは、数値化された改善度というものもないのであるある意味ですべては気のせいだ。ただし、善悪なり全くの無害なりはわからないせよ、何かが起きている実感はある。

この状態我流で辿り着いて理屈効果不明である、という事は一点の疑念もない。

しかし、これが何らかのインチキ療法の類で、藁にも縋る思いで始めた儀式だったらどうだろう。

効き目は不明だが、始めれば確かに多少の実感がある。その先改善が待っているのだ、快癒は近い、悪化していると見えるのは好転反応でやがて反転してよくなるのだ、と吹き込まれしまえば、信じてしまうこともあり得べし、と得心が行った。なにせ変わった実感だけはしっかりとあるである。それを上手く型をはめてしまえば、信仰心を獲得することはたやすそうだ。成程、この手の商売が尽きぬわけである

まあしかし、とりあえずは1袋買ってしまった(900グラム入りらしい)重曹尽きるまで、この意味がないかもしれない、下手をすれば逆効果かもしれない儀式を繰り返さなければならないのである

2017-09-02

正義マン問題

正義マン世界蔓延っている

正義マンってのは、自己判断で、良かれと思って、悪を断罪する人たちだ 

まり私刑社会的制裁行為

 

正義マン痴漢でよく語られる

「この人痴漢です」という声を信じ、被疑者をどこまでも追い詰めるような人だ

 

正義マンはどこにでも居る

正義ぶったメディアもそうだし、廊下を走った子を捉えようとして廊下を走る委員長もそうだ

web通報行為を繰り返す人もそうだし、SNSで皆で誰かに罵詈雑言を浴びせる行為もそれだ

関東大震災の時に朝鮮人を殺して回った人もそうだろうし、体罰をした指導者非難するのもそうだろう

 

正義マン問題は3つある

1.自己判断に依っている

  →その人の思想信条に依るし、騙されてる可能性もある、罪の大きさをその人が判断している

2.良かれと思っている

  →自分が正しいと信じているせいでエスカレートし、タガが外れる

3.数の暴力に発展する

  →同じ情報を多数の人が見ると、正義マンの反撃が果てしない規模で個人に向かう

 

この現象構造問題であって、一見すると非常に奇妙に見えるはずだ

正義対象になる行為は、その程度が大きい場合もあるが、犯罪に満たない些細なものだったり、個人思想依存のものだったり、それ以前に噂程度ということもある

しか正義マン逆鱗に触れると、ことの真相行為の大小に関係なく正義執行されてしま

暴力は良くない」という理由で「暴力を振るわれる」というのが最も奇妙な例だ

そして、正義マン自分で「このくらいの仕返しなら良いだろう」と思うような正義執行でも、その数が千や万になると大きな暴力となり奇妙な状態になる

正義執行そもそも行為被害者や、関係者全員を不幸にするケースもある

そうなるともはや正義マンこそが悪という、これまた奇妙な状況が生まれ

 

こういった問題は、SNS炎上や、ワイドショーネタ、性の問題ポリコレ周辺で多く発生していると思う

差別発言をしたものリンチしてもいい、性犯罪者は皆殺せ、みたいな。おおよそ社会的価値観とは合わない意見が展開されている

 

正義マン問題解決するのは非常に難しい

メディアSNSを止める術など現実的に無い

ただ個人で心がけることはできる

 

真相を正しく理解する

正義執行しようとしない

真偽不明なことを拡散しない(自分不用意な拡散が、誰かを正義マンに変身させている)

・周りの意見に流されない、冷静な意見を心がける

感情的に考える、バランスを考える

正義マン暴走勇気を持って止める(これは非常に難しい。簡単に悪認定される)

 

ちなみに一時期、2chではこれが上手く機能していたことがあった

スレ意見は、スレタイでの意見の方向に大抵流されるが

途中で「実は真相が違っていた」という場合に、安易にのっかって非難していた正義マン達が今度は追求される側になるという現象が起きたのだ

「こいつらは禄に調べもせず、スレ情報鵜呑みにして叩いたバカだ」と言った具合に

私も何度も踊らされては、後から真相を知って自分正義ぶった書き込みを恥じた覚えがある

やがて正義ぶった行為の愚かしさを学んでいくのだが、今の世の中全体の情報の流れ(SNSメディアワイドショー)だと、そういうのが体験しづらくなっていると思う

そこはどうにかできるのでは? と思う一方で、暴走する正義マンはどこにでも居るので、仕組みだけじゃ解決しないなとも思う

 

もう一つ、「バランスを考えろ!」という言葉2chであった

些細な過ちに、あまりにも正義マンが湧きすぎるとそう言った声が出た覚えがある(バランス厨とか言われるけど)

要はやり過ぎへの懸念の声が見えたわけだけど、今のSNSなどの仕組みだとそういった声は目立たないと言う問題もある

2017-08-31

日本なんか国民総不良になっても、自殺大国に戻っても、どうにでもなれ

日本人国民性問題に対する反応を見ている限り、自分達の問題という意識は全く無いと、言ってるだけだったら、国民全員が不良になってしまえばいい。もちろんこれをリアルでいえば大騒ぎになるだろう。

ここからが本題なのだが、要は、例えばアメリカ市民啓発もそうだし、街中に駐車場地下鉄広告スペースとかにも「割れ窓をなくしましょう」って全く関係無い広告にそんなことまで書いてあったりとか、あと些細な迷惑行為をなくしたりとか、駐車違反排除ということをもう既にしてるわけではないか

本当に大人としての責任という意識であれば、もっと本気でやらないとダメだろう。

例えば、1970年代アメリカ学力低下問題になったと。その時に国民教育システムを変えるべきだと言い張ったわけではないか。それに大統領までもが心を動かされたと。そういう状況なのに、日本自分のところの社会問題について話をする時に「個人問題でわれわれは無関係です」と言うだけで、そんなのはもう勝ち負けはっきりしてしまったのではないかって話なのよ。

から、本当に国民精神の荒れはダメだと思うんだったらそれなりの攻め方があるだろうと。最近、「道徳自警団」と言われるような人たちがいる。ネットストレス発散する暇があって、私に国民の道徳問題のことを言うんだったら街中にでも行ってすぐやってくれよ、アクションを起こしてくれよと思うよ、そこまでのことを言うんだったら。

というよりも、私自身はその問題についてどう思ってるか。

本当は今非寛容政策なんてしたって何も旨みは無いんだから自助努力での自然解決というのが一番いいと思う。

でも、そこまで社会について熱い思いがあるんだったら、パトロールでもしてきれいにしてくれと思う。ということを言いたかった。

若者安易自殺などの所謂モラルハザードなんて考えてないだろう。だってもっとひどいことを言えば、練習船の乗組員が訓練に疲れたというので、スマホで連絡を取った後に突然自殺した。

こんなもの新聞記事を通じて戒めを込めて怒るべきなんだよ。(死者に失礼だが)若者に。

というのは、もっと前に民間企業過労死問題において「公務員過労死ラインを超える労働で平気でいられる」という風に報道したら、過労を生き延びた人(若者を含めて)たちが怒って、若者と論争できると。この時、中高年はちゃんと言えてるんだよ。言えて論争してるんだよ。今度、このような自殺が起きたときには、これは怒るべきなのにどの知識人も遠慮がちで言わない。

そうだね。勇気を持って安易自殺非難すべき。じゃないと「前向きな検討」ありきという、まさにこれは日本人右傾化問題も一緒、安易自殺問題国民民度低下も一緒なんだよ。結局やることをやってないんだよ。

所感。

話題の「真木よう子コミケ参戦表明→炎上→辞退→クラウドファンディング中止」の一件についてツイッターぼそぼそやっていたところ相互フォロワーから「こんな荒れた話題俺は見たくねーんだようるせえ!」と空リプが来てやりづらかったので此方にまとめる。

別に批判をしたいわけでもなければ攻撃をしたいわけでもなく、ただ自分の中で感じたことを吐き出してまとめたいだけである

◆全体的に

個々の問題自体はそれほど大事ではないが、どれも元々コミケが抱えていた問題であり、それをよく思っていなかった人々からの不満噴出にも繋がったのだと思う。

些細な引っかかりでも、積み上がれば大きな不安となる。

コミケルールについて

コミケと言うのは、よく言われる通り「全員が参加者」という前提のイベントである

販売者顧客という立場ではなく、サークル参加者と一般参加者だ。要はイベントに参加した全員で作り上げるもの、という意識が強い。

そして、この大イベント薄氷を踏むような、あるいは綱渡りをするような危うさでこれまで続いてきた、という認識の人が多い。

一つでも対応を誤れば、二度と開催ができなくなる可能性もある。

忠告するコミケ参加者側に対して「運営でもないくせに」「そんなにえらいのか」という指摘もあったが、だからこその忠告だろう。

写真について

また参加表明の際に出回った画像に、コミケ開催中にビックサイトの内部で撮られた写真があった。

「あれは撮影禁止区域での撮影ではないだろうか?」「周囲に写っている人へ了承は取ったのだろうか?」という疑問が呈されていた。

混雑していない場所だった為恐らく明確な撮影禁止区域ではなかったろうが、そうだとしても周囲へ写っている人への了承は得られていない可能性が高い。

その上クラウドファンディングという大金を集める告知と共に出回ってしまった為、「営利目的での使用」にかかる可能性もある。

それを持ってしてまず、「ルールをよく知らない、影響力の大きな人が来てしまった」と言う認識が広がってしまったのだろう。

クラウドファンディングについて

クラウドファンディング自体は悪いものではなかったと思う。

前例があるのは知らなかったが、それなら尚更問題はなかっただろう。

ただ、800万円と言う目標金額は大多数の参加者には大金大金だ。

それだけ集めるなら会場費も込みにして、別のところで別のイベントを開いた方がお互い幸せなんじゃないか、という疑問も湧くのは仕方のないことに思う。

◆会場について

キャンプファイアにて公開されていたクラウドファンディング募集した金額の使い道には雑誌制作費・支援者へのリターンにかかる費用という文字はあっても、当日会場で係る経費や混雑対策費などの文字はなかった。

コミケ普段来る層と、真木よう子写真集を買いに来るファン層はほぼかぶらないだろう。

となれば単純に真木よう子ファンの分だけ来場者数が増え、その分列を作るスペースが必要になる。

周りには列で正面を潰されるサークルも出てくるだろう。

しか交流をしたいと言うことは、ともすれば本人が手売りをする可能性もあり、手法として嫌われる牛歩にもなりかねない。

列の整理や混雑対策も持ち出しと(一応)考えるならば、尚更コミケでわざわざ狭いスペースを間借りするメリットは、会場の面から見るとない。

写真集について

自分が初めてコミケへ行った時、既にコスプレエリアは大盛況だったが、まだコスROMへの風当たりは強い時期だった。

三次元人間被写体の「写真集」は、コスプレをしていてさえオタクには馴染みの薄いものだったのだろう。

現在、以前よりコスROMへの当たりは柔らいだろうが、そうでない生身の人間の「写真集」となると、抵抗があるのもわからなくはない。

交流目的と言うのもコミケルールに明確に反してはいないだろうが、それでもサークル参加者は自分の作った「創作物」にこそエネルギーを注いでいる人が多数のはずだ。

そんな中写真集は作るがどんな方向性かも決まっていない、と言われてしまっては「そんな、やりたいことをやる場所へ来て、やりたいことがわからなくて進路が決まらない学生みたいなこと言われても……」という話である

ツイッターでのやり取りについて

本人はよくファンともツイッター上で交流していたようであり、もしかすると一番厳しげな意見に返事をすることで、やんわりと忠告してくれていた人々への解答にしようと思ったのかもしれない。

だが結果的には、これまたネット上では嫌われている、同情心を誘い自分は手を汚さず周囲の人々に攻撃させるファンネルと化してしまった。

果たして悪意があったのかなかったのかまでは推し量ることが出来ないが、悪手であったことは確かだ。

ツイッター上で散見された意見について

「いやなら見るな」と言っていた人がいたが、テレビと違い現地に行ってしまえば見る見ないの話ではなく、上記した「会場について」の問題に直面することになる。

真木よう子一人の為に真木よう子ファンが増え、その分会場は狭くなり、移動に支障をきたすかもしれない。

そう考えるととても「いやなら見るな」で片付く問題ではなさそうだ。

◆辞退・中止が発表されて

案の定オタクは心が狭い」だの「そう言ってオタクを貶す人々には来てほしくなかった」だの対立が発生している。

叶姉妹並みの対応をしてほしかった訳ではなく、様々な疑問点を解決すれば、受け入れられた部分もあったとは思う。

大体書きたいことを書いたのですっきりした。

おしまい

2017-08-30

俺もwantedlyでインターンをしていたが

しかに通帳確認したら日給8000円で指摘の通り時給換算したら最低賃金に及ばないけど、そんなことは些細なことだと思う

そもそもインターン前に金の話は一切なく、無給のつもりでインターンに参加した

メンターの人には非常に親切にしていただいて、とても勉強になったしインターンに行ってよかったと思ってる

勉強させてもらってると思えば、時給なんてどうでもいい

他にインターンに来てた人たちも、ほとんどはそう思ってるんじゃないか

追記

俺も普通に実際の業務のことやっていたし、基本みんなそうだと思う

実践業務に触れられてよかったと俺は思ってる

消えた増田そもそも力不足でうまくいかなかったんじゃないか

HSPとは

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3

・・・wikipedia見ると余計わからなくなったが、高度な感覚処理感受性を持つ人のことだそう。

もっと簡便にいえば些細なことから空気を読みすぎる人

過ぎるのは足りないのと同じなように、極端な場合だと自閉スペクトルと同じようなコミュニケーション不全になる。

何やっても悪い結果が出るんじゃないかと怖くてなんもできなくなってしまうんよ。

何年も鬱でSSRI飲んでるけど、こういう傾向じゃないのかと自分で思うようになってきた

これだからといって解決するわけじゃないんだけど、似たような人いる?

あめだまに救われた話

9/1は子供自殺が増えるらしい

そんな記事を読んで人生で唯一自殺してしまおうかと思った時のことを思い出した。

人間関係家族関係勉強もそこそこ上手くいっていた中学生時代、ある、本当に些細なことをきっかけに先生から激怒された。呼び出されて廊下で、びっくりするくらい感情的に怒鳴られる。学年が静まり返って私を見ている。そんな経験がなかった私はかなり怯んだし、辛かった。

その後1週間ほど、毎日放課後、最終下校まで2時間、3時間、その先生を待ち続けたり、怒られたり、他の先生からなぜか謝られたり、怒られたり、そんな日が続いていた。

怒られたことは正直、教師になった今でも納得がいかないようなことだ。私だったらあん指導絶対にしない。なのに、クラス担任先生迷惑を掛けていることが情けなくて、申し訳なくて、こんなくだらないことに毎日時間もかけなければいけない中学生という身分が嫌で、こんなやつが人を教育する立場にある社会すら恨んでいっそ死んでしまいたいと思った。私が死んで、社会にこのことが出て何もかも変わればいい、先生は一生それを背負って生きていけばいい、そんな風に思っていた。

そんな学校帰り、塾に行くために電車に乗る、いつも使う馴染みの駅、馴染みの駅員さん。ホームに降りたときに通過した快速電車無意識の中ですーっと吸い込まれるような感覚があった。

ホームには私1人だけ、なぜかいつもと違うところで電車を待つ。何も考えずにぼーっと電車に待つ。乗るつもりなのか、飛び込むつもりなのか自分でも分からなかった。

そして肩を叩かれた。いつもの駅員さんだった。

いつもお疲れ様。がんばってね。

そんな言葉笑顔と一緒にあめだまを手に2つのせてくれた。

意地になってずっと泣いてなかったのに、涙がでた。

中学校の中の世界しか見ていなかった私はこんなに優しい大人もいるんだ、と思ったのをよく覚えている。

駅員さんはすぐに業務に戻ってしまったけれど、ホームの寒さとは真逆に心が本当にあったかかった。

奇しくも私は教師になった、あんなに恨んで教師になんて絶対にならないって言っていたのに人生ってわからない。

教師であってもなくても、その行動でひとことで救われる子どもはいる。その自覚を持って、あめだまをあげられるような大人になりたい、そう思います

wantedlyのインターンに関する悪評に付いたコメントを考える

確証となる証拠がないため、と言うより数が少ないためデマ可能性もあるが

記事に付いたコメント自分新卒(wantedlyではなく別の某IT企業新卒)だった頃の視点で考えてみる

 適当に声をかけて帰ればいいのよ・勝手に帰れ

  →新卒頃は印象を悪くしないよう、やる気がないと思われないよう必死だったため帰る目的で声をかけろは無理ゲー大卒したばかりの人間自分判断しろは酷)

 周りとまともにコミュもとれないような人間

  →新卒の頃は社会人相手だと何から話して良いかからず出社から退社まで話しかけられない限り無言だった(違う年代人間意気投合できるコミュ強は少ない)

 本人たちは働いてて面白いから帰らないのだろうな

  →その通り、残業常態化してる会社新卒が集中して作業をしてる時は業務に支障が出ない限りギリギリまでやらせる事がある

  →帰りたい新卒がいても集中してる新卒と比べて早く帰ると自分新卒)の印象が悪くなると考えて我慢してギリギリまで残る

以上である、酷い例えだがインターン新卒ペットショップから買って家に連れてきたばかりのペットと同じですごい細かい事に敏感で些細なことで怯えるデリケート状態動物

そんな人には慣れるまで過剰なくらい気をかけて声をかけるべきなのに聞こえてくる悪評は「自分で考えろ」と言って放置

インターン新卒は似たようなモノだと考えている、もっと言えば新卒を言い値でレンタルできるバージョンインターンだとも考えている

職業体験をしてやってんだ」と考えるのではなく「職業体験を通じて会社に来てほしい」と考える人が増える事を願う

初恋の話

「俺深爪から、爪切れないんです」

小学校の頃、身体測定をするときに保健の先生から毎度爪の短さチェックが入っていた。身長体重を測った後、先生に手と足の爪を見せて、長さのチェックをしてもらうのだ。長い子には当然指導が入り、その場で爪の白い部分がうっすら残る程度にまで切りそろえさせられていた。私はどんな些細な事でも先生に目をつけられるのが極端に嫌いな小学生だったため、身体測定の前日に必ず爪を切り、いつも一発合格を貰っていたのだが、四年生に上がりたての私はシブがき隊にハマり毎日夜更かししながらCDを聞いていたため忘れっぽい性格になってしまっていた。つまり、私は初めてチェックに引っかかり、先生指導のもと爪を切ることになってしまった。その私の前で先生に抗議していたのが彼だった。

出席番号は遠いのに何故近くにいたのか不思議だが、恐らく身長順に計測していたため、背が同じくらいの彼と私が近くなったのだろう。なるほど、彼の爪は誰が見ても爪の白い部分が長いと言える程度に伸びていて、そして少し巻き爪が入っているようにも見えた。彼の主張している深爪は、言われてみれば…?レベル。でも私の方がもっと深爪のような気もしたし、爪を短くすることで衛生面の指導をしているということを理解していた私は、すこし白とピンクの縁目がくすんでいる彼に一言言ってしまった。「いや、爪汚いしちゃんと切りなよ」。

彼の表情はおぼろげにしか思い出せない。なんせもう10年以上たっている。とにかく、気持ちいいリアクションではなかった。不遜、というか不服、というか。しか特に何を言い返すでもなく、そのあと私と並んで爪を切ったのかどうかも分からない。ただ同じクラスの中で特にどんな主張もすることなく、授業に積極的ともいえない彼が、初めて明確に主張している姿を見たことは鮮明に覚えている。

変な人だと思った。恋において、変な人、というのは良くあるシチュエーションだと思う。

結局その恋は実らずに、中学卒業を機に全く会わなくなってしまった。

現在、彼は衛生面を理由に爪を切っている。私に会う前日はいつもきちんと爪を切ってやすりで磨いているのだそうだ。いつも切りっぱなしにしている私よりはるかに丁寧だと感心しながら、私が好きになった彼ではなくなったのだなあと実感する。

同じくらいだった背は離れていた期間にぐんぐん伸びて、私なんて軽々持ち上げられる。いつも少し興味なさげな、しかしくっきりとした二重だった目はより二重になり、しっかりと私を見てくれている。

変わったところは多いけれど、譲りたくない事柄において主張するときの少し怖い顔は昔のままだと思う。言ったことはないけれど。

反対に彼からすると私は小中学生のころからまり変わっていないらしい。でも、昔告白した時には見向きもしなかった人間を今好きと言えるのなら、やはり彼が大きく変わったのだろう。

変わってくれてよかった。

彼は初恋の彼ではなくなったし、私は、初恋成就したとは思っていない。

2017-08-25

責任が重い

早く退職して責任から逃れたい

ものすごく些細なことまで心配不安になる

よくみんなこんなプレッシャーの中孤独に耐えて仕事してる

俺には無理

今すぐ逃げ出したい

逃げ出せるなら

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん