「コーラス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: コーラスとは

2020-07-07

追記作品の出来が良いと思う事とその作品の事が大好きかどうかは実は関係ないのかも?という話

機動戦士ガンダム00」という作品がある

2007年から放送された、TVガンダムシリーズの中で初めてのハイビジョン制作・一期と二期の分割放送など新たな試みが取り入れられた、完結から10年経つ今でも高い人気を誇る作品である

僕はこの作品を初めて見た時、本当に驚いてしまった。「TVシリーズなのにこの作画の良さはどうなってるんだ!?最近アニメクオリティ高いって聞いてたけど劇場版OVAでもないTV作品でもこんな凄いのか!?」ともう興奮した。

西暦2307年地球上の国家は大きく三つの超大国家群に別れて終わりの見えない争いを続けていた。そんな不安定の情勢の中、突如機動兵器ガンダムを所有する私設武装組織「ソレスタル・ビーイング」が現れる。彼らは世界から戦争行為を根絶するためにどのような理由があろうとも全ての戦争行為に対して武力による介入を行うと宣言した。何だこの掴みは!?こんなガンダム見た事が無いぞ!世界各地で戦うガンダムから始まる1話はWっぽいかな?

今でこそもうそういう物だ、と認識しているけど主人公名前が「刹那・F・セイエイ」でその口癖が「俺がガンダムだ…」などともう序盤からインパクトが凄かった。主人公達以外も模擬戦男「パトリック・コーラサワー」、口から名言が飛び出す男「グラハム・エーカー」、ところがぎっちょん「アリー・アル・サーシェス」など、視聴前から存在だけは知っていた愛すべき敵役キャラクターも次々と出てきた。序盤からこんなに印象的な敵役がどんどん出てくるガンダムは中々無いと思う。

また、当時僕は活躍されている声優さんについても疎かったので、出演されている人達も「あ、ガンダム00に出ていた人だ!」という感じで覚えていた。宮野さん、神谷さん、吉野さん、中村さん、浜田さん。皆僕にとっては「00の人」だ。

作画が良い、キャラクター個性的。これに加えて音楽まで良いんだから堪らない。あの川井憲次氏だ!特徴的なコーラスは一度聴いたら忘れられない。僕が川井さんの曲を聞いたのは00が初めてだったのでやっぱり「00の人」だ。

他にもMSパイロットヘルメットを被ると音がこもったり、動力から漏れ出る特殊な粒子が慣性重力作用するガンダムタイプは同じMS兵器でも三代国家群の機体と挙動が全く異なるなど、細かい所にも力が入っていた。

トランザムというパワーアップも良かった。機体色が赤く変化し、残像が残るほどの高速戦闘可能になる機体の性能を三倍に引き上げるド派手なシステムだ。赤くて三倍…シャア専用?3倍界王拳?V-MAXオマージュですよ。

大分後になってトランザムスライドで誤魔化してるだけだという意見も聞いたがそれがどうした!動いてカッコイからそれで良いのだ!それにスライドじゃなく普通に動いてる戦闘シーンも多いのだから問題ない!発想の勝利だ!

ちなみに僕は一期のキャラだと人革連の強化人間こと超兵1号「ソーマ・ピーリス」というキャラが好きだった。ガンダムマイスターアレルヤとの因縁や、上司であるセルゲイ大佐との触れ合いなど、色々と先が気になるキャラクターだった。

一期の物語は三大陣営連帯に生まれ国連軍によりソレスタルビーイングの実働部隊プトレマイオスチームが壊滅し、その国連地球連邦政府名前を変えた数年後の世界舞台に続編を匂わせる形で一旦終了する。

という訳で一期を見終え二期も見た。UVERworldの 『儚くも永久のカナシ』、良い曲だ…もうOPからこれは凄い!と惹き込まれた。やっぱりこれが僕の初UVERworldだったので、僕にとっては『00の儚くも永久のカナシ人達』だ。

二期では遂に満を持して作品タイトルを機体名に冠する「ダブルオーガンダム」が登場し、一期でソレスタルビーイング技術流出した影響でMSの性能が格段に向上した世界で一期より激しい戦いが繰り広げられる事となった。

僕も実際に見てこのガンダムは凄い!と思ったが、やはりリアルタイムで見ていた人達から評価もとても高く絶大な人気があったらしい。F91から19年ぶりに“ガンダム”完全新作映画が00の続編として製作され、人気を博した。

スロー再生でも目が追いつかない程超高速でありながらみっちりと描き込まれ戦闘シーンや、映像作品では初となる地球生命の登場など、19年ぶりの完全新作劇場版というファンの期待にも負けない非常に濃いガンダムだった。

そしてその劇場版から10年経った現在、40年以上続くガンダムシリーズで00は初めて舞台化された作品になり、ガンダムマイスターとしてソレスタルビーイングに加入したグラハムが主演の続編が製作される事も既に決定している。

アナザーガンダムでありながらガンダムシリーズ初のTV版の続編としてOVA作品が作られたWの人気も凄いと思っていたけど、00も凄い。ガンダムWとガンダム00はゲーム作品で共演した時も濃密にクロスオーバーする事が多いらしい。

正直な話、僕はこの作品欠点があまり思い付かない。強いて言うなら一期で登場した一部のキャラ達が二期で退場する際に「え、そんなあっさり?」と思ったくらいで、全体的に非常にクオリティの高い作品だったと思っている。

主観的に見ても客観的に見ても非常に評価が高い、この「機動戦士ガンダム00」という作品。ここからが本題なんだけど…僕はこの作品が大好きか?と考えると案外そうでもない。嫌いではないし好きな方ではあると思うけど。

これは作品の美点欠点の話じゃなくてあくまで僕の好き嫌いの話だけど、僕はこのガンダム00という作品ソレスタルビーイングという組織最後に壊滅してしまう物だと思っていた。武力介入の際に、目の前の武装勢力駆逐より人命救助を優先してしまう心優しきガンダムマイスターアレルヤ・ハプティズム」というキャラクターが居た。彼はガンダムマイスターとして初めて民族紛争には武力介入し人革連の基地へ爆撃した際自分を指し「稀代の殺人者」という言葉を使った。家族自爆テロで失った過去を持つガンダムマイスターロックオン・ストラトス」はその自爆テロ計画である傭兵サーシェスにお前も同類テロリストだ、と煽られた際に「咎は受けるさ」と言い、戦いの果てに亡くなった。

ソレスタルビーイングメカニックイアン・ヴァスティ」は自分達は犯罪者であり、戦争をなくしてから罰を受けると言った。これは最終的にソレスタルビーイングは今度こそ本当に壊滅してしまうのだろうな…と薄々僕は思っていた。

二期のラストでかつて憧れた存在であり、自分を拾ってくれたある意味恩人でもある相手を激戦の末倒した刹那は、「自分達は武力行使してでも抑止力となって生きる」「存在し続けなければいけない。未来のために」と決意する。

僕がこの最終話を見た時には「00は劇場版もやる」という話は既に出ていたので「そうか、今度こそそっちで完結するんだな」と思った。というか逆に「00というガンダム劇場版が今度公開される」と聞いてTV版を見ていたんだろうか?

劇場版00が公開されてから1年以上経ってようやく僕は視聴出来た。新型主役機クアンタや金属生命体ELSの話は事前に聞いていたのでとてもワクワクしていた。もう凄かった!ただでさえ高品質だった作画劇場版クオリティだ!

最後はELSとの最終決戦から50年後、離れ離れだった刹那作品ヒロインマリナ・イスマイール姫」がイッツタイムナウしてやっと出逢えたところで終わる。若イオリアとE・A・レイはおまけというか00の前日譚みたいな物だから置いておく。

ソレスタルビーイング特に壊滅しなかった。劇場版00の公式ガイドブックに収録されている水島監督脚本黒田さんの対談によると「劇場版が決まらなかったらTV版には別のルートもあった」「劇場版監督が目指したAルートでBルートもあった。どちらも描いている事に大きな差はないけど、死ぬ人がいた」「25話を見直したけど、冷静になってみると、マイスターが死んでもきれいに収まる」との事なので、本来ならマイスターが死亡する筈だったのかな?と思った。

TV版の一期から劇場版まで3年以上作品応援し続けた作品ファンの事を思うとそれはあんまりな気もする。ただ僕個人の好みからすると、00は作中で匂わされていたソレスタルビーイング壊滅オチの方が好みだったかもしれない。

ここまで書いて、僕は「00の事が大好きではない」と言いながらやっぱりそれはそれで好きなような気がしてきた。「大好き」でないだけで、実は結構気に入っているんだろうか。色々と言いたい事はあっても、やっぱり好きなのかもしれない。

最近公式配信される機会があったのでまた一期を少し見返した。今のアニメに慣れた目線から見ると作画に関しては思い出補正がかかっていたな、と思ったがキャラクター音楽の魅力は変わらなかった。何と13年も前の作品だ。

機動戦士ガンダムが40年以上愛されたように、機動戦士ガンダム00もこれから長い間愛される作品になると思う。これからも僕は「00の事がそれなりに好きなつもり」のファンとして00が好きな人達と関わって行けたら良いな、と思った。

追記

勢いで書き上げたけど、00が好きな理由は書いても00の事が大好きではない理由殆ど書いていない事が分かった。壊滅すると思っていたソレスタルビーイング物語ラストまで普通に健在だった、というのは間違いなくあると思う。

僕がこの作品の中で好きになったキャラクター達があまり良い結末を迎えられなかったり、僕が思っていたのと違う方向に行ってしまった事が「それなりに好き」でも「大好き」ではない大きな理由だと思う。メカニック戦闘文句無し。

アンドレイ・スミルノフというキャラクターが居た。ソーマの上官セルゲイ大佐の実の息子であり、幼い頃に軍人であった父セルゲイ作戦中に母を戦死させてしまった事で父を恨み、また父であるセルゲイアンドレイと向き合う事を恐れたため10年以上父と疎遠であったという、一体どこの富野主人公だ?という青年である声優さんブレンパワードで伊佐未勇を演じた白鳥哲さんだし、00の中でも富野チックなキャラクターだと思う。グラハム台詞富野っぽいかな。

幼い頃に母を亡くし、また父ともろくに顔も合わせないという親をやってくれる人が居ない環境アンドレイは育った。彼が父であるセルゲイ・スミルノフと顔を合わせたのは、両親と同じ軍人としての道を歩み、現在父が暮らす士官用宿舎に超兵ソーマ・ピーリス中尉招聘に訪れた時だった。そこで彼が見たのは、自分と近い年頃の女相手にまるで父親のように振る舞う実父の姿で…これ、ブレンパワードの勇なら「父親ごっこはやめろー!」って叫んでいたと思う。

セルゲイ大佐軍人として素晴らしい人物で、ソーマにとっても良き上官であり、身寄りのない少女の身元を引き取り人間らしい生活を取り戻させてあげた本当に良い人だと思う。実際視聴者からの人気も高かったし、僕も好きだ。

ただ実の息子とは言葉も交わさず何も父親らしい事をしなかったのに、赤の他人にまるで本当の父親のように愛情を注いだのは…実子に親らしい事をしてあげられなかった代償行為だと思うんだけど…貴方は何をやってんです!?

大佐がそうやってソーマと疑似的に親子関係を築く事で親心を満たしていた数年間も実の子供は親の愛情に飢えていた訳で…セルゲイ大佐の事は好きだけどアンドレイに恨まれても仕方がない、と思う。大半の人は恨むと思う。

その後、セルゲイ大佐は長年の親友地球連邦政府に対しクーデターを起こし、大佐自身もそのクーデターに関与していたと思われた事から実の息子であるアンドレイ殺害された。大佐自身クーデター肯定しなかったが、連邦軍人として食い止めようと友人へ何かをした訳では無い中立的立ち位置だったので、人によっては消極的肯定していたと思われても仕方がない状況だったと思う。アンドレイセルゲイ大佐クーデターに関与していたと判断した。

その後、アンドレイは二期の最終決戦でソレスタルビーイング対峙し、宙域に撒かれたGN粒子の作用もありセルゲイ大佐と疑似的な親子関係を築いていたソーマ・ピーリス本名マリー・パーファシー)と対話する。そこで彼は「父は何も言ってくれなかった、言い訳も、謝罪も、僕の気持ちなんて知ろうともしなかった」と悲痛な胸の内を明かした。父親が本当は自分を思っていたと聞いて「言ってくれなきゃ何も分からないじゃないか」と彼は子供のように泣いた。

…声は伊佐未勇だけどエピソードは同じ作品に出てくるジョナサン・グレーンみたいだ。間違いなく00で僕の一番好きなキャラクターだと断言出来る。富野作品なら主人公ライバルかどっちにしてもメインキャラクターになれてたかも。

そんな彼だけど、昔は00のファンから嫌われていた…ような気がする。人気キャラであるセルゲイ大佐を殺したのもそうだけど、その動機一方的逆恨みだと思われたのかな。僕は擦れ違いの原因は親である大佐側だと思っている。

それと一期からインキャラである沙慈・クロスロード婚約者であったルイス・ハレヴィに横恋慕していたのもあると思う。沙慈とルイスは何年も離れ離れなのに、アンドレイは上官と部下の関係ルイスと近い距離に居たからかな…。

そんな彼も劇場版00で行われた地球生命体「ELS」との最終決戦で戦死を遂げる。その彼の最期を見て「号泣した」「二期では嫌いだったけど劇場版で好きになった」「何度見ても涙腺が緩む」という人も大勢居たらしい。

僕はアンドレイが好きなので出来れば彼には生きていてほしかった、と思った。劇場版で死んだのも00ファンに嫌われていたから…と考えるのは邪推だとも思う。00ファンに高い人気を誇ったグラハムだって劇場版で一度死んだんだから

余談ではあるけど、グラハムもELSとの最終決戦において肉体的には完全に死亡したけど、続編では疑似的な蘇生果たしている。ならアンドレイも…と思わないではないけど無理だろうな、と分かっている。そこまでの人気が無いから。

ここまでアンドレイについて書いていて思ったけど、やっぱり僕は00の事が好きなんじゃないだろうか…?アンドレイというキャラが好みのドストライクなので、そのアンドレイを生み出してくれた00という作品の事もやっぱり好きなんだろうな。

追記2】も書きたかったんですが、文字数制限に引っかかってしまいました。こんなにこの作品について語りたい事があるとは思わなかった…ような気もしているけど、ひょっとして人間普段考えている事を文章にするとそれくらいの文字数になってしまうのかな…と思った。機動戦士ガンダムシリーズはとても好きな作品なので、00についてもまた機会があれば日記に書きたいです。4クール劇場版に加えて外伝や裏設定など、本当に幾らでも語る事があるなあ、00。

機動戦士ガンダム00について書いていて改めて思ったんですが、やっぱりこの作品はとても面白いです。面白いと思うし、「かなり好きだ」とも思うから、どうしても引っかかる所があるのかな…。書き出す内に好きになってきた気がする…。

2020-05-24

サビを歌わないボーカル

一番大事なところだろ!!!

なんでそこをコーラスかにすんだよ!!!

あと曲のラストフェードアウトさせるのもしっかり終わらせることから逃げた手抜きだって判定してるからな!

もっと真摯に向き合え!!!!!!

2020-05-16

アニメとかのオープニングテーマの2番だけが流れるのに違和感がある

つっても観測範囲が狭くて、プリキュアウルトラマンくらいなんだけど、普通オープニングテーマってワンコーラス流れて、提供行くじゃないですか。

で、折り返しの時期あたり?からワンコーラスはワンコーラスなんだけど、2番だけが流れたりするじゃない。

これに凄い違和感があるわけ。

それはなぜなのか、というかまず1番と2番は何が違うのか考えてみた。


歌詞

あ、2番が流れ始めた!と気付くのはほとんどの場合歌詞が違うからだ。

ギターフレーズ

1番はただのコードカッティングだったのに2番はアルペジオだったり、オブリガートだったりして。

メロディ

Bメロのメロディが1番と微妙に違うとかありがち。

・キメ

Bメロのサビ前に突如キメが入ったりしがち。

・長さ

Bメロが1番は8小節だったのに、2番は4小節になったりしがち。


なんか書いてるうちに2番のBメロあるあるみたいになってきたが、こんな感じで2番は1番と違う事が多い。



ではなぜ俺はアニメとかのオープニングテーマの2番だけが流れるのに違和を感じるのだろうか。

思い込み

ガキの時分に印象だが、アニメとかのオープニングテーマの2番は最終回やその1回前の劇中で、とか劇場版エンディングオープニングテーマがフルコーラスで、とかそういう時しか流れない。

なので、なんか惜しげもなく2番を聴かせてくれちゃう事に違和感があるのかもしれない。

・2番のアレンジが1番があってこそのアレンジになっている

1番のアレンジをこうしたから、2番はこうしよう、というアレンジャーの狙いを感じる。

なので、2番だけ聴かされると「1番が無いのに2番だけ聴かされてもなー」ってなる。



なんか結論めいたものが浮かばないので、皆さんにも2番のBメロにありがちな事を挙げてくれたら嬉しいです。

2020-05-04

anond:20200504151321

いや、普通飲食店でも対面で会話すると

唾液の飛沫が相手料理に飛ぶだろ

コーラス同好会クラスター化した事例が示すように、

メートル以内で大声を出す環境リスクなんだよ

2020-04-23

コーラスパートをやりたい

ビートルズ版のプリーズミスターポストマンみたいなレトロな感じの曲で、後ろから同じフレーズを繰り返すやつ

(参考 https://m.youtube.com/watch?v=v2Kk5IG2b8E)

アレをやってみたい

全然機会がない 1人で多重録音とかすれば技術的にはできるだろうけど、やっぱこういうのはライブ感というかグルーヴ感みたいなのがキモだろう

カラオケに誘って一緒にやってくれるような友達がいればいいんだけど、コーラスやりたいか一曲覚えてくれってのも気がひける 

彼女に頼んだら協力してくれそうだけど男女じゃなくて男男でやりたい

コーラスだけやらせてくれる場所ってないのかな 絶対楽しいと思う

2020-04-16

赤い公園』の3年ぶりのアルバム『THE PARK』が発売されたので全曲短評

[説明]

赤い公園2010年結成の4人組ロックバンド。3年前に結成からボーカルが脱退、その半年後に新しいボーカルが加入(自分調べ / リーダー津野米咲天才自分感じ

石野理子2018年解散したアイドルグループアイドルネッサンス』のメンバー解散した2ヶ月後に赤い公園ボーカルとして加入(自分調べ / うたがうまい自分感じ

自分おっさん邦楽聴き。赤い公園歴はメジャーデビュー以降。アイドルには疎い。

[前置き]

どうしたって邦楽においてボーカルバンドの顔なのですよ。

その顔が変わってしまってアワアワしていたいちファン新体制での最初のフルアルバムを聴いたのですよ。

まだ10回ずつくらいしか聴けてないけど、なるべく初期のインパクト文章化したかったのでカキコ()するですよ。

夜だしスピーカーで音量出せないのでオーバーヘッド我慢ですよ・・・

[01.Mutant]

新体制になって最初のフルアルバムの記念すべきオープニング曲

今までの赤い公園にはない曲調のナンバーをここに据えたのはやはり確信犯的なものなのだろうか。

1曲の中で代わる代わる別のメロディが現れてボーカルが大変そうと思ってしまった。

1番の後の溜息と2番の後のボソボソとした語りがよい。

[02.紺に花]

1曲目とは打って変わってこれぞ正統派赤い公園!な疾走感のあるポップナンバー

なので前のボーカルがこれを歌ったら・・・という余計な想像をしてしまいそうになるのだけど、ところがどっこい、

既に天才津野米咲は新ボーカル石野理子の元気ではっきりとした高域の使い方を完璧に心得ているんだなこれが。

かっこいいピアノとかっこいいストリングスがよい(語彙ィ

なんとしてもMVを作って頂きたい一曲

[03.ジャンキー]

ベースというかリズム隊フロントに出ずっぱりな縦ノリ曲。イコライザバスブースト確認してしまった。

途中のバンド楽器の音が無くなってバックがコーラスのみになったところでボーカルに浮遊感が生まれるところがよい。

[04.絶対零度]

既にシングルで発売されているタイアップ曲で、可変拍子が癖になる変態曲。それがよい。

ボーカルリバーブが強めな気がするが曲の世界観に合っているとも言えるかも。

なお、これのMVアイドルネッサンスの『17才』あたりのMVを交互に見てると50回目くらいから娘を持った親の気持ちになれるぞ(誤爆

[05.Unite]

ピアノギターやら出たり入ったりするところがよい。音色を変えまくってるのか何が鳴ってるのかよくわからなくなるのがずるい。津野米咲ずるい。

ループして聴いていたらなぜか泣いていた・・・

[06.ソナチネ]

ボーカル石野理子現在歌声ストレートに味わえるバラード

アイドルネッサンス時代の石野はリアルタイムではベボベ繋がりで軽く聴いた程度だったが赤い公園加入発表後にDVD付きベスト盤やらシングルやらを買いYouTubeチャンネル登録されてる(石野関係ないものを含む)1700超の動画を全部観たので完全に理解した(してない

アイドル時代から落ち着いたトーンで歌うのが得意な歌い手さんだと思っていたがどんどん成長していっているのが判っておじさん嬉しい(まるで駄目

[07.chiffon girl feat. Pecori]

iTunesでこのアルバムを取り込んだときに、曲情報アーティスト欄が違うせいでこの感想を書き始めるまで聴けなかった曲(^^;;

サビのボーカルの高音のコントロールが圧巻でよい。

この曲やシングルに入っていた「Yo-Ho」のようなGroovyな曲調のものだけ詰めたものも聴いてみたいと思ったけどそれはもう赤い公園では無いかなぁ(>_<

[08.夜の公園]

アイドルの時に提供されてソロで歌っていても違和感のない甘酸っぱいミディアムナンバー

ひとり若い石野に歌わせて他のメンバーがニマニマしている絵が浮かんでしまうがそれは只のおじさんの妄想です。

[09.曙]

こちらはこちらでまたアイドルグループ曲かな? と思ってしまうくらい静かだけど明るくて熱い曲。

澄んだハイトーンの抜けが気持ちよい。声質がいいんだよねー。

[10.KILT OF MANTRA]

ちょっとドキッとする歌詞なのだけど楽しげな曲調と全員のコーラスがそれを感じさせず、逆に元気を貰える唄になっている。

コーラスが多かったせいか一番ボーカルが溶け込んでいた様に感じた。

[11.yumeutsutsu]

アルバムエンディングリード曲となるハイテンポナンバーMV出てた。

アルバムで一番ドスをきかせてるボーカルは迫力があって何か覚悟のようなものが伝わってくるし、

ギターベースの見せ場がそこいら中にあるし、ドラムまで殺気立っているように激しく感じる豪華な3分間。

これが赤い公園の新しい真骨頂となっていくのだろう。

ありがとうありがとう

[総評]

優勝!!!

[補足]

とまあ自分には新体制赤い公園はかなり肯定的に感じられたのですよ。例えて言えばGTM版のFSS

このまま継続して全力推しですよ。

などとタラタラ書いていたら寝落ちして朝ですよ。もう出勤します(リモート

2020-04-14

ライセンス規定できるのは権利者だけだ

きっと発信者に悪意は無いし、権利者もこの人の意見を強く否定する程では無いと思う。でもこの人の善意による発言が、権利者の、あるいは人類史の妨げになると思うので記す。

まず創作物権利は、当局著作権法万国著作権条約によって定められている。しかしその規定された制約ではなく、独自ルールで利用されたいという人は居る。それは権利者の権利である

今回、多くの興行が中止された。特にチケット販売済みでその日時に表現をしていたはずの表現者は、インターネット上で代わりのコンテンツを配給しているようだ (もちろん興行に関わる人への利益になるよう調整をしている人も居る) 。その中で、該当コンテンツは「コラボ」を許容した。該当ライセンス記述は以下のとおりだ。

誰か、この動画楽器伴奏コーラスダンスを重ねてくれないかな?

非常に曖昧ライセンスである権利者が権利曖昧にする理由は様々だが、該当コンテンツ場合自由に何かを作って欲しいから、作ることによって辛い気持ちを乗り越えて欲しいからだろう。

安倍首相Twitter アカウントで、この動画と組み合わせて作ったコンテンツは、とても多くの人に不快感を与えた。表現である以上、評価コンテンツに触れた人の解釈に委ねられる。でも、 安倍総理の星野源さんコラボは何が問題だったのか / 音楽家からの視点と分析 の主張は違う。「その利用方法が間違っている」と言うのだ。

星野源さんについて詳しく無い (書籍エッセイは全部読んだが) ので、ブコメを参考にした所によると、この楽曲は「家に籠もることができない人も含めて、自分の心の内の世界で踊ろう」というメッセージらしい (後日に対象発言を正確に引用してこの節を書き換えるかもしれない)。だとしたら、「ダンス」に「日常生活を送る姿」が含まれ可能性はある。それぞれなりの生活楽曲になぞらえる、あるいは楽曲から想起され日常気づき、それを表現するということはあり得る。楽曲と、楽曲解釈自分なりに表現したもの。それによって作られたものであれば、権利者は容認し得るだろう。そうでないと言えるのは、ダンスダンスではないもの規定できる人だけだ(それも権利者の権利を上書きする力は無いが)。

この人が「これはセッションではない」と言うことは、その可能性を閉じることである

権利から提示されるライセンスは、権利者と利用者との契約であり、契約に反する場合当局法令によって裁かれる。 つまり権利者が「これは違う」と言うことは、コンテンツ利用者犯罪者と断定する行為である

今回の騒動で、権利者は「違う」と言わなかった。一方でこの人は「違う」と言い、それは多くの人の注目を集めた。場合によっては「違う」という意見が多勢となり、「解釈を間違った人は犯罪者である」という状況を作るだろう。これは誇張ではない。


権利者がコンテンツに対してのライセンス規定できるということは、「コラボ」が許される期間を 100 年程短縮する (権利発生時から権利者の死亡までを 50 年と仮定日本著作権法による) 。そのコラボコンテンツにはコラボした時点で権利が発生するため、そのコラボコンテンツを元にコラボするためにはまた 100 年待つ必要がある。権利者がライセンス規定できることで、その期間をゼロにさえできるのであるさらにそのコラボとなれば、発展の期間の短縮は例を挙げるまでもない。権利者以外の誰かが「これは駄目だ」と言うこと、そして権利者没後の人々が賛同することは、人類文化史を 100 * n 年後退させることである

繰り返しになる。みんなが辛い。みんなが興行ができない。そのために素材を提供した。その素材に依るコンテンツを「これは OK 」「これは NG 」と規定できるのは権利者のみである。外部から NG規定され、雰囲気としてこれは NG とされれば、行われたはずのコラボコンテンツの公開を損なわせる。それこそ権利者の本意に反するのではないだろうか。

今回のことで、インターネット上にコンテンツ配信する人は増えた。そのライセンスが明確であると、それは資源となり、様々なものが作られる。そしてその先には別の未来が待っているだろう。「これは NG 」と規定する非権利者が現れる事によって、人類史は 100 * n 年の遅延を求められるのだ。

まだいつまで続くか分からない状況の中で、興行の代わりに「コラボ可能」なコンテンツ提供する人は多いと思う。そして「細かいことや面倒くさいことを言いたくない」という理由曖昧ライセンス表記提供されるだろう。「分かるでしょ」というのは同一の文化圏でのみ通用する。でも公開する以上、同一ではない文化ともなんかやりたいじゃん。

でもやっぱりライセンス規定するのは難しいし、読む方も難しい。コンピュータソフトウェアはずっと改変によるメリット著作者権利議論し続けていて、ある時クリエイティブ・コモンズという権利者の権利の表示が簡便な仕組みを生み出した。

明確なライセンス表記をすることは、利用者を守る行為でもある。利用者犯罪者にする可能性を防ぐことができる。クリエイティブ・コモンズ表記は極めてシンプルに作ってあるので、これからコンテンツを公開する人はどうか自分自分コンテンツをどう扱って欲しいかを、表記してみて欲しい。だめだったら個別にだめだと言って良い。それは権利者の権利から

余談だが、今回の騒動議論余地があるとするならば、「文化政治利用」が「営利」なのか否かだ。もし CD などの物理メディアを通して金銭の授受が行われれば明確にアウトだが、プロモーションについては判例が少ない。ぜひライセンスガチ勢ツッコミを求める。

あとほんと蛇足なんですが、今回問題になった Tweetクレジット表示が無かったのは本当にだめ。表示をしなくて良いのは Public domain か CC0 のみで、どんな解釈でもそうは取れないのでだめそう。でも異文化に触れた老人たち (本人じゃないだろう) が異文化雰囲気を読み見違えるなんて普通じゃんね。それを超えて老人たちも良い感じのコラボコンテンツを出してくれた方がいいじゃん。

2020-04-13

「おねロリキメセク天皇事件についての個人的まとめ

簡単な経緯

星野源氏がInstagramに、「誰か、この動画楽器伴奏コーラスダンスを重ねてくれないかな?」というコメントと共に、弾き語り動画「うちで踊ろう」を投稿。言うまでもないが、新型コロナで人々が外出自粛を強いられていることを背景としたもの

呼びかけに賛同した人々により、Instagramだけでなく、TwitterTikTokYouTubeなどでも、元動画楽曲を素材にした「うちで踊ろう」動画が多数投稿される。

安倍晋三公式Twitterアカウントが、安倍晋三が自宅?で(踊るでも演奏するでもなく)優雅に犬と戯れるだけの動画を、元動画と並べて投稿する。添えられたコメントは、

友達と会えない。飲み会もできない。ただ、皆さんのこうした行動によって、多くの命が確実に救われています。そして、今この瞬間も、過酷を極める現場で奮闘して下さっている、医療従事者の皆さんの負担の軽減につながります。お一人お一人のご協力に、心より感謝申し上げます

コロナこわいけどぉ、安倍イヌ見たら元気出た😊😊😊」という同一の文面のツイートが、短時間複数投稿される。

安倍イヌツイート政府による?工作と疑う声が出始め、それを受けて映画評論家町山智浩氏が安倍晋三公式に、当該ツイートアカウント画像付きで「あと、こういうネット工作お金のムダかと。」というリプライを送る。

当該ツイート投稿したアカウントに「おねロリキメセク天皇」「野糞専門誌"UNCHING STYLE"担当編集ブリブリ男」といったアカウント名が含まれている等の理由から政治工作とは考えにくいことが指摘される。

町山氏が当該リプライを削除する。

「おねロリキメセク天皇

この事件へのネットでの反応は今のところ、「おねロリキメセク天皇」という異常な文字列だけで真面目な(?)工作用のアカウントではないと一発で察せるだろ!といった批判ツッコミが大半を占めていると思われる。

正直なところ俺も感覚的にはそれに頷きたくなるが、改めて考えると「おねロリ」にしろ「キメセク」にしろごく一部で用いられる特殊ネットスラングに過ぎず、その意味を知らない人間の方が多数派であることは間違いない。そういう人たちが、彼らにとって意味不明な「おねロリキメセク」部分を無視して、目についた「天皇」だけを理由保守的思想の持ち主によるアカウントだと早とちりすることは十分にあり得る。

まり、「おねロリキメセク天皇」というアカウント名(の過剰なネタ性)それ自体は、町山氏の決定的な過失を示すものではないのだ。

(その意味では「おねロリキメセク天皇事件について〜という当増田タイトルも若干不適当ではある)

町山氏が見逃した、他の「ヒント」を見ていこう。

数日前の「コロナこわいけどぉ、安倍声聞いたら元気出た😊😊😊」騒動

新型コロナに関連して、安倍政権世論操作では?と疑われたTwitter投稿は、「安倍イヌ」が初めてではない。

4月7日安倍晋三記者会見に合わせて、このようなツイートがやはり同一文面で複数アカウントから立て続けに投稿されている。

安倍のインスタライブ見てるナウ〜‼️

なんかむずかしい言葉ばっか使っててイミフなんだけど😭😭😭😭

コロナこわいけどぉ、安倍声聞いたら元気出た😊😊😊

これに気づいたTwitterユーザーにより情報拡散され、一時は何らかの工作であることが半ば事実であるかのように語られていた。

しかしその後、ねとらぼによる当該ツイートを行ったアカウントの一部への取材により、単に仲間うちでツイートコピペし合う「遊び」の結果であったことが既に明らかになっている。

コロナこわいけどぉ、安倍声聞いたら元気出た」――”工作疑惑 ttps://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2004/09/news148.html#utm_term=share_sp

増田リンク数に制限があるためh抜き)

「おじさん構文」というのは俺もよく知らないし、同一文面をひたすらコピペし合うことの何が面白いのか、多くの人にとって理解不能行為ではあるだろう。しかし、今回の問題にそれらは関係がない。

重要なのは、「安倍イヌツイートが「安倍の声」ツイートを下敷きにしているのが誰の目からも明らかだということだ。「安倍の声」工作疑惑顛末を知っていれば、それだけで「安倍イヌ」を本物の工作と思い込む可能性は極めて低くなるだろう。

安倍イヌ」の前後ツイート

安倍晋三の「うちで踊ろう」(踊ってない)動画を目にして(RTして)から安倍イヌ」の前後で、当該アカウントはどんなツイートをしていたのか。代表例として、「おねロリキメセク天皇」氏の発言を見てみよう。

ttps://twitter.com/kimehito/status/1249138860153614337?s=19

小池百合子首相動画コンテンツ勝負して百合子が完勝した感じになるの面白いな、嘘だろ……

ttps://twitter.com/kimehito/status/1249139614847287297?s=19

自宅で恋ダンス踊ってる動画アップしたら再評価する

ttps://twitter.com/kimehito/status/1249146171521712131?s=19

首相×星野源コラボ動画無限に笑ってる

ttps://twitter.com/kimehito/status/1249152256575975424?s=19

私はトラ晋固定ですがそれはそれとして晋三が恋ダンス踊るなら相手は昭恵だと思うんですよね、トラ晋は恋ダンスを踊らない

ttps://twitter.com/kimehito/status/1249161929593171971?s=19

晋と源との絡み、これ恋愛文脈ではないのに節操のない晋総受け厨が色めき立っててマジ最悪だし、晋昭厨も根拠ゼロ撮影:昭恵説を推してホクホクしてるの本当に殺意しかない……

これを見て、イヌ動画および安倍晋三純粋好意的アカウントだと思える人間がこの世にいるだろうか。政権支持の世論操作どころか、徹底的にネタとして小馬鹿にしているだけだろう(その享楽的ネタ消費的態度の是非はさておき)

実際「おねロリキメセク天皇」氏は、後にこういうツイートもしている。

ttps://twitter.com/kimehito/status/1249482376977121281?s=19

安倍首相動画について、私はどちらかといえば批判的なスタンスなんですが、町山●浩がマヌケだったせいで動画批判する熱が私のハンドルネームおもしろがる動きに横取りされてしまったっぽくてちょっと悲しい

ネット自己申告をまるまる真に受けるのは危険だが、俺にはこれは、偽らざる真情に見えた。

ツイート自体の文面

そもそも、「コロナこわいけどぉ、安倍イヌ見たら元気出た😊😊😊」というツイート安倍への好意、もしくは見る者に好意喚起させる要素を本当に感じるか?「安倍の」「イヌ」だぞ?

感じる、と言い切られたら困るが、それはあまり一般的感性ではないと思う。

町山智浩氏の責任

「おねロリキメセク天皇」のような、異常なアカウント名。

直近に発生し、既に解決済みである同様の「ネット工作騒動

当該アカウントの、安倍イヌ以外のツイート

安倍イヌ自体の、バカバカしい文面。

不幸にもこれら全ての「ヒント」を見逃し、町山智浩氏は「安倍イヌ」をネット工作の所産と決めつけてしまった。それも、31万という膨大なフォロワーを持ち、それこそネット世論に少なからず影響を持つであろうTwitterアカウントにおいてだ。

それ自体ももちろん大きな問題だが、どんなに優れた人間でも失敗をしてしまうということは必ずある。だから俺は、この勇み足自体をあまり強く責めようとは思わない。

しかし、やらかししまったその後の、始末の付け方(というか始末の付けてなさ)に関しては完全に擁護のしようがない。町山氏は、「ネット工作」を糾弾するリプライを削除して以後、この件に関してはもはや無かったことにしてしまっているように見える。それはさすがにダメだろう。

(こんなツイートもしているが、余計に……

ttps://twitter.com/TomoMachi/status/1249214970979430400?s=19)

町山智浩氏は今からでも、「おねロリキメセク天皇」氏をはじめとした、自分工作アカウントであると決めつけた人々に対して、(できれば一人ひとりに直接)丁寧に謝罪するべきだと、俺は思う。

これは右とか左とか、政府コロナ対策がどうとかいう話とは一切関係ない。人に迷惑をかけてしまったら謝りましょうという、ただそれだけの当たり前の話だ。

しかしたら、ヘタに頭を下げると安倍政権支持のネトウヨがかさにかかって追い打ちをかけに来るかも、と心配しているのかもしれない。しかし今は、そんなバカ共の動向よりも、本来なら自分目標を共有しうる人々の信頼を失うことをこそ、町山氏は恐れた方がいいんじゃないか。

余計なお世話だろうが、この問題を横から見ていて言いたくなったので書いた。

anond:20200413145848

総理大臣なら自分の影響力を鑑みて許可を取るべき」とは思わなかった。

星野源が「誰か、この動画楽器伴奏コーラスダンスを重ねてくれないかな?」

って言ってるのに犬を撫でてテレビ見てるから官邸日本語が読めないのか?って思った。

 

「誰か、この動画楽器伴奏コーラスダンスを重ねてくれないかな?」

ライブ中止等で金銭的損害を被り仕事もなく家に待機するしかないパフォーマーに対して

「やること」と「知名度向上の機会」を与える試みと思われるんだけど、

アーティストに金を払わないことを決めた政治家が犬を撫でてテレビ見てる動画を載せてきて

根本的に何これ?ってなっているという話じゃないの。

 

文化保護政策とって、下手でも歌ったり踊ったりしてる動画載せてたら、

無許可で乗っても叩かれてもしらけられてもいないと思うよ。

星野源×安倍晋三のやつ

自分用兼ねてまとめる。

まず星野源を知らない人のために説明すると、

俳優ミュージシャン劇団ライブハウスから地道に下積み、30代半ばに大ブレイク

現在ドームツアーチケットは即ソールドアウト、主演ドラマゴールデンタイム放送され大人気など、日本で最も人気のあるミュージシャン俳優の1人。

ラジオオールナイトニッポン」も4年間継続

上記のような長い下積み、31歳でくも膜下出血で生死を彷徨うなど苦労人であり、ブラックミュージックへの造形が深く、

海外有名アーティストコラボなど、オーバーグラウンドからアンダーグラウンドまで支持される、いわゆる「スター」だ。

そんな星野源Instagram上で1分程度の新曲「うちで踊ろう」をリリース。「誰か、この動画楽器伴奏コーラスダンスを重ねてくれないかな?」とコメントをつけたことで、

いろんなプロミュージシャンからタレントアマチュアまで参加し、ここ数日のSNS上でムーブメントになっていた。

…そんな折に「うちで踊ろう」に内閣総理大臣安倍晋三氏が「家でくつろいでいる動画」をコラボさせた動画掲載、極端に賛否ある反応があった。

https://twitter.com/AbeShinzo/status/1249127951154712576

それに対してInstagram星野源

ひとつだけ。安倍晋三さんが上げられた“うちで踊ろう”の動画ですが、

これまで様々な動画をアップしてくださっている皆さんと同じ様に、僕自身にも所属事務所にも事前連絡確認は、事後も含めて一切ありません」

メッセージを発表した。

というのが今回の騒動簡単なまとめ。

自分が見かけた中で多かった意見をまとめる。自分否定派なので後半の自分意見以外も偏ってるかもなのでそこだけ注意してね。

賛成派意見

安倍さんだっていち個人から許可を取る必要ない。

自粛してお家で休んでください、という動画から問題ない。

・「音楽政治利用している」と否定派は批判してるけど、ミュージシャン音楽政治批判などで利用してるから同じだ。

星野源メッセージは「安倍さんも他の参加者と同じです」という意味しかない。



否定

音楽政治利用するな。

現在自粛して生活が困窮してる人に対してあまりにも無神経な映像

補償する気のない筆頭である芸術を都合の良い時だけ利用するな。

星野源という人間バカにしている。

・他の人はSNSで紹介してるけど、安倍晋三のは紹介していない。




賛成派は、

星野源政治利用商業利用はしないでくださいとか明記してるわけではないし、総理大臣であり一個人である安倍さん国民の間で流行ってるコンテンツを使って「家で大人しくしてよう」と発して何が悪いの?

本人が勝手に使って良いと明記してるんだから許可はいらないだろう。これの何が「政治利用」なんだ。

反対派や左翼安倍さんの言ってることにケチつけたいだけ。

大まかにこういう意見の人がよく見受けられる。



否定派は

日本で人気のあるミュージシャンの「勝手に使っていいコンテンツとはいえ総理大臣なら自分の影響力を鑑みて許可を取るべきだ。

実際に「星野源安倍総理コラボした」と思ってる人もいる。

ライブハウス劇団への補償をする気がないと明言しておいて、都合の良い時だけ芸術を利用するな。

自粛しているライブハウス劇場飲食店など資金繰り家賃の支払いなど困窮している人たち、また苦労している医療関係者たちにあまりにも無神経である

星野源は著書「働く男」で

「国を変えるのはいつでも政治だし、政治を変えるのはいつでも金の力だ。そこに音楽は介入できない。

できたとしても、X JAPAN楽曲を使って型破りというイメージを定着させた小泉純一郎のように、ただ利用されるだけだ。

でも、音楽でたった一人の人間は変えられるかもしれないと思う。たった一人の人間の心を支えられるかもしれないと思う。

音楽は真ん中に立つ主役ではなく、人間に、人生に添えるものであると思う。」

https://togetter.com/li/1493366

と明確に「音楽政治利用」を否定している。

その上で、自身SNS著名人や優れたコラボ動画を紹介しているのに安倍晋三「さん」の動画を紹介しない、その上でわざわざ「許可をもらってません」と書く行為

安倍晋三コラボ動画否定である意味じゃないだろうか。

という意見がよく見受けられる。


自分意見としては、

許可不要とは言え一国の総理大臣公式官邸アカウントを利用して、自国で一番人気のあるミュージシャン作品に「政治意味」を付与させてしまうわけで、

そのフリーライドは流石にセンスなくない?という気持ちです。

許可取ったら下りないと思ってわざと勝手にやったのでは?とすら思う。

うちにいよう、というメッセージは分かるけど、「友達と会えない。飲み会もできない。」どころじゃない人はたくさんいて、

ちょっと無神経なのでは、、と思う。


あと「音楽家が政治批判すること」と「政治家が人気ミュージシャン音楽を利用すること」はあまりにも違うからな、大丈夫か。これのリプ欄とか。

https://twitter.com/gotch_akg/status/1249140370522492928


あとは星野源アンチ安倍晋三アイコンとして過剰に利用しようとする人も見受けられてて、それもクソすぎるのでやめてほしい。

いくら安倍晋三が嫌いだからといってひどい言葉を使うのもダサい


ブラックミュージックはじめ音楽カルチャー全般に造詣があるので、文化芸術政治関係性みたいなものについてもめちゃくちゃ考えてそうだし、本人の答えが聞きたいですね。

とりあえずは星野源オールナイトニッポンを待つ。


あと星野源の曲良いからみんな聴いてくれよな。

AppleMusicやSpotifyに全部あるよ。Youtubeにもそこそこあるよ。

https://www.youtube.com/watch?v=5ZwctAeWrVs

2020-04-12

ザ・ストロークスの新アルバム

本当にいいですね 原点回帰っぽさと4〜5枚目あたりの路線の複合って感じがあってサイコー

1.The Adults Are Talking

わりと静か目に始まる一曲目。静かとはいえシットリ系ではなく、むしろテンポはかなり早め。抑えた歌い方をしてる。

サビのリズム感は2ndの”I can’t win”を彷彿とさせる(わざと?)。あの曲すげえ好きなんだよなあ〜〜

ラストの辺のハイトーン〜ギターは5thとかの路線ぽい!

正直まだあんまり良さがわかってないけど、ストロークスは聴いてるうちに分かることが多いので期待!

2.Selfless

まず曲名がカッコいいよね

ネットリ系の暗い曲。全体に音は高めで4th以降の路線っぽい。

中盤以降の歌い上げ→yeah-eahの流れが気持ちいい!

その後にくる低音パートもいいっすね〜ジュリアンさんの声の良さがすごい

“No lessons learned“みたいな英語好きなんだよなあ カッコいい構文…

最後にイェーって二回言って終わるのもイイ!

3.Brooklyn Bridge to Chorus

明るいし音圧もあるしで結構華やかな感じの曲

One shot is never enough”って歌い出しが印象的でいいですねえ

“Break”って言って本当にブレイク(音が消えるやつ)が入るのもケレン味あっていいゾ〜

サビのギターもいい ギターボーカルの絡みはストロークス最大の魅力だから

途中で入る”on and on and…"もいい フックがある 

4.Bad Dicisions

先行配信もされていた名曲(PV意味不明ですごい https://m.youtube.com/watch?v=5fbZTnZDvPA)

それこそ往時のストロークスを思わせる原点回帰型の曲で本当にいい

ドラムギターイントロを聴いただけでワクワク感がすごい これは凄いですよ

2フレーズめの"Moscow, 1972”からしてシビれるね 英語年号を歌うだけでカッコいいからずるいんだよな 「せんきゅうひゃくななじゅうにねん」と"Nineteen seventy-two"の差よ…

サビのわかりやすさもいい メイキンバッディシジョーンを繰り返すもんだから数回聞けば耳に残る しかも繰り返すだけじゃなくてyeahとかah-ohみたいなのを細かく混ぜて飽きさせない工夫もある この70〜80年代みたいな茶目っ気がいいんだよなあマジ ジュリアンさん………

Cメロギターの絡みがいいっすねえ 左と右で違うギターボーカルも加わってもう最高や

最後の方、わりとボソボソ歌った後突然でかい声でイェーイって繰り返す部分もいい

ラストラストギターアルペジオ(?)だけになって終わるのもいいですね

5.Eternal Summer

欧米人の夏観って多分日本人と違うんだよな(偏見)

夏、日本人にとってはクソ暑い最悪の季節ってイメージの方がでかい(偏見)けど、欧米人は最高のサマーシーズンみたいに感じてそう(偏見)でムカつく 

この曲もそういう欧米の夏って感じのチル感みたいなのがある ムカつく!お前も40度・湿度70%↑のサマー体験してみろ 二度とエターナルサマーなんて言えなくなるぞ

曲としては箸休め的な感じなのかな ゆったりしていますね 高音のギターが印象的 でもこういう曲こそ後から一番好きになったりするので怖い

6.At the Door

これも先行配信されてた!相変わらず全く意味不明PVですごい

これはわりとスローテンポで5thとか、あるいはソロプロジェクトとかのノリっぽい 壮大な感じですね

パイプオルガン的な音とか加工バリバリコーラスとかが入ってて面白い

7.Why Are Sunday’s So Depressing

この曲が暫定1位!

なんと言っても中盤以降のギターボーカルの絡みが本当にいい メロウな感じの歌とピロピロしたギターの相性が最高

ナナナナ…みたいな部分もあってナナナが好きな俺歓喜 ラララよりナナナのほうがテンション上がるよね

ラストにかけてのI stay hungry連呼がカッコ良すぎる そこからギターもまた良く、繰り返しのようでちょいちょい変化を入れてくるそのバランスが最高

あと締め方もいい!曲の良さの5割は締め方で決まるからな フェードアウト晩節を汚しウンコ曲となることも多い中この締め方は本当にいい 不自然さ・唐突さがないのにサッパリ感もある最高の終わり方 100点

Not the Same Anymore”

また暗い感じだ 

ゆっくり歌いながらだんだんテンションを上げていく感じの曲で、各番のラストあたりはジュリアンさんのデカい声が堪能できる ええ声してんなあ!

渋い曲です

9.Ode to the mets

イントロが変!

またゆっくりした感じの曲 ストロークスも歳とって落ち着いたということか

ロウで心地よい感じでラストにいいですね とは言いつつもけっこう力の入ったボーカルでもあり素敵

ジュリアンさんはガーっと歌ってもあんまりうるさくないからすごい 声がいい

ラストの畳み掛けもいいっすねえ また歌詞ちゃんと読もう…

2020-03-02

最近なんとなくラブライブスマホゲー(スクフェス)を始めた。

推しはニジガクの中須かすみ

その流れで最近出たqu4rtz(推しが参加しているユニット)のCDを買ってみたんだけど

驚いた。曲のクオリティがすごい高い。

特に2曲目の「Beautiful Moonlight」。シティポップ×ファンクで今っぽくて名曲だよね..イントロ流れるピアノシンセもグッとくるし、歌詞も切なくて良い。

恋の唄なのは舞台の虹ヶ咲学園があるお台場=デートスポットって連想ゲームから来てるのかな。

同じ派生ユニットのDiverDivaはお台場近未来間、AZUNAランドアミューズメントスポットっていうコンセプトか。(関西在住の勝手イメージ

あとコーラスワークが綺麗。音楽あんまり詳しくないけどビーチボーイズとか西海岸グループ意識している感じ…というかRYUTistっぽいなーっていうのが第一印象だった。

RYUTist。いいよー。新潟ローカルアイドルなんだけど、日本海夕日ラインっていうアルバムとqu4rtz交互に聞くのおすすめ

qu4rtz次があるならこのコンセプトを引き続きやって欲しいなー。お台場デートってコンセプトで太陽眩しい夏っぽい山下達郎オマージュの曲だと尚良い。

2020-01-18

anond:20200118112624

ギタージャーンンン!

きーがー、くーるーいーそーおー

コーラス)ナーナーナーナーナナッナー

やーさーしーいー、うーたーが、すーきーいいでー、

あああああー、あなたにもー、きかせたいー♪

2020-01-10

ガールズコー

バンドリ! ガールズバンドパーティ!」内で2018/08/31~開催されたイベント『新しい季節、その前に』で実装された楽曲ガールズコードに関してのお話です。

ガールズコードはPoppin'Party11th Singleとして2018/10/03にリリースされ、イベントストーリーをそのまま書き出した様な歌詞になっています

作曲藤永龍太郎(Elements Garden)

作詞中村航

この曲の特徴としては今までのPoppin'Partyにはあまり見られない無い「語り口調」の歌詞で曲が進行していきます

明日みんな何着ていくの?」

「そんな事を真顔で言わないでよ」

明日またね、また明日ね」

以前私の友人が以前この様に言っていました。

歌詞比喩表現であってほしい。」

私もこれには全くの同意見であり「語り口調」ではあまり考察余地が無いと考えており、正直ゲームにて実装されたワンコーラスを一聴した際の感想としてはイベントストーリー歌詞の照らし合わせ以上の「余白」が無い様に思えました。

そして約一月後のCD発売日を迎えます

初めてフルコーラスを聴き終えた後、私の楽曲に対する印象が一変しました。

それは曲の終盤、最後最後に出てきたこ歌詞

「夜を止めて」

このフレーズを聴いた瞬間に評価が一変しました。

そしてこの曲自体が他のPoppin'Party楽曲に見られる、ある言葉比喩になっていることに気付きました。

永遠

これは中村航氏がバンドリを通して描き続けてきたテーマとも言える言葉

「昨日が今日になって、明日になって、未来になって、永遠になってた」(キラキラだとか夢だとか ~Sing Girls~

「CiRCLING! 永遠の途中」(CiRCLING)

「夜空をいろどる 刹那の花 永遠を焼き付けて」(夏のドーン!)

「大好きな歌、約束の歌、永遠の歌」(キズナミュージック♪)

などと他のポピパ楽曲も多く用いられているこの言葉

この「永遠」は共有した想い、共有した時間所謂「思い出」や「経験」それら全てを内包する確定した事象であり、永遠に変えることが出来ない「過去」の事だと考えています

永遠」という対義語表現された「一瞬」。

楽しいや苦しい、嬉しいや悲しい共に過ごし感じた全ての事象が「永遠」であり今のPoppin'Partyを構成する物である

経験した一瞬一瞬を繋ぎ合わせ、永遠という言葉表現し歌としてアウトプットする。まさにタイムラプスの様です。

その「永遠」という言葉比喩された彼女たちが過ごした時間を、より多くの方にわかり易く伝える為の楽曲だと気付かされました。

『新しい季節、その前に』のイベストの各話サブタイトルに必ず「時間」という言葉が入っており、作中の彼女たちにも我々と変わらない「時間」が流れている事を意識させる工夫がされてます

1話 「お買い物の時間

2話 「映画時間

3話 「御飯時間

4話 「カラオケ時間

5話 「笑顔時間

そしてガールズコードの歌詞構成にも曲タイトルの「ガールズコード」以外の言葉が重複しないという工夫がされており、『同じ時間は二度と無い』という事を意識付け、楽曲が進行して行きます

決して止めることの出来ない時間

学校が楽しみであり、夏休みが早く終わらないかと言っていた香澄

それらを理解しながらも作中で「後十分だけ!」曲中で「後五分だけ!」と過ぎた時間に後ろ髪を引かれる香澄

その思いが歌詞としてアウトプットする際に、作中では決して言葉にしなかった思いが香澄から溢れます

「夜を止めて」

永遠』を願った瞬間でした。

そして最終盤のここで初めて同じ言葉が重複します。

「夜を止めて」

曲中で初めて繰り返される言葉により切実な香澄の思いを感じることが出来ます

多くの方々が一度は「この時間がずっと続けば良い」と考えたことがあると思います

からこそ、この歌詞を書いた時の香澄の心境は多くの方が理解できるものであり、彼女たちが歌う「永遠」という言葉に込められた物の輪郭がとてもわかり易く描ける様になれたのではないかと思います

彼女たちの夏休みは思い出という永遠になり、「ガールズコード」という歌になりました。

そして次のPoppin'Party12th Single「キズナミュージック♪」を構成する歌の一つとなります

2019-12-28

月組 LV I am from Austria

美園さんと珠城さんの作画が違う。作画?役作り。オーストリア出身といえどハリウッド女性と、ずっとオーストリアで育った人だから、という範囲を超えているような。2人だけの場面はなんだかテンポが悪くて疲れるというかハゲそうというか。

歌い方も、たまきちがフラットなのに対して、美園さんは濃い。笑えるぐらい濃い。胸を上下させて。それもハリウッドオーストリア感?

美園さんは娘役っぽくない発声だった。太い。なんならたまきちより男らしい声。でも高音域になると声質が全然変わるから、そこはもうちょっとフラットにしていただきたい。

まりは、たまきちと美園さんって相性が悪いというか、それ以前にあんまり話し合って芝居作れてなさそうというか、仲悪そう。デュエットダンスもリフトもなんだか汚かった。これは私の先入観でそう見えただけだろうか。

歌も、珠城さん(テイスト)に合わせる気が、美園さんには全くないようだ。まあ、そうだよな、合わせてたらのっぺりなるだけだものね。悩ましいところである。真彩さんが彩風さんに合わせる気がなかったのは全然よかったのだけど(?) むしろなんかたまきちが、美園さんに、合わせろよ!みたいな。「さくらが私より歌がうまいなんてことはないし、私がさくらについていく必要はない」みたいに不感症かよという勢いで素知らぬ顔でフラットしやがって。咲妃さんとちぎさんの場合どんなだったんだろう…。

たまきちは相変わらず糞詰まりみたいな歌だし、演技もなんか糞詰まってる。もっと表情とか声色とかはじけられないものなのか。どこまでも珠城りょうである。認められない。ピガールの先行画像は美しかったけど、期待して良いのだろうか。そういえば松本理事出るのね!楽しみだ。

冒頭のコーラスシーンで、あー、ってなった。なんじゃこりゃーってなった。下手くそやなあこれがてるみんさんの言ってたことかと。なんで見に来てしまったんだろうこれは金返せと思ってしまパターンやんと思った。

コーラスシーンとか、歌のシーンがいまひとつだったのは、生徒もだけど、なんつーか、オケも悪いような。なんか全然雰囲気出てないような。ノリというか。

鳳月さんはイケオジだった。出てくると目が落ち着いた。歌もよかった。高音もいい感じだったけど、序盤でファルセットをひどく外してた。あれ正しい音程はなんだったのかすらさっぱり予想がつかないレベルだった。時空が歪んだ。とてもよかった(ズコボエフリー視点で)。

月城さんのタンゴの場面で、やっとあー見に来てよかったなと思えた。でもまあ全体通して、半額分ぐらいかなあ。んー、フィナーレ退団者の挨拶入れて、元とれたかな。しかしやはりこれはやや苦しい。苦しいと言っている人の気持ちがよくわかった。しかし月城ウォッチは引き続きがんばろう。

月城さんはショースターとしてもいい感じだ。もう彼女トップでよい。男役群舞最後の暁さん鳳月さん月城さんの歌い継ぎはすばらしかった。たまきち、いらんかった。いや、よく引き立ってた。

終演後の2回目ぐらいの挨拶オケがすごいことになってた。主題歌がなんかすごい不協和ってた。ヤケクソなの?

なんでアルゼンチンサッカー選手?そのつながりでタンゴはいいとして(でもリチャードがタンゴである必要はないけど)

千海さんはもう少しカッコいい衣装でいてくれてもよかった。振り切れてた。ハードロックカフェTシャツGパンにイン!

95期コンビ輝月さん月城さんのシーンは安心して見られた。

というかほんとうにトップコンビ2人だけのシーンのみ、ハラハラした。ハゲた。

風間さんの歌、敢えてそんなにうまくも歌わないという高等技術見せてきた。組曲虐殺音楽劇パターン恐ろしい子

エマジョージに惹かれる理由全然わかんなかった。逆もそうだけど。その後もあまり好き合ってる感じが伝わってこなかった。これも先入観のせいなのか…。

エマはもうむしろリチャードとくっついてくれた方が納得できたレベルだった。

作画的には美園さんより海乃さんのほうがたまきちには合ってたんじゃないかとも思った。歌はさー、なんだかんだ言って美園さんもそれほどでもなかったと思ったけど、海乃さんだったら事故っちゃってたのかなあ。

珠城さんはいいとこがひとつもない、と思うけど、実はひとつ心当たりがある。カンパニーでの青柳さんの「前に進もうにも、どっちが前で後ろなのかわからないんだ」(ニュアンス)というセリフは、宝塚ウォッチャーもうすぐ研3の私史上で、なんならいちばん印象に残っているセリフだ。原作には無かったと思うのだが、なんか心打たれたというか、なるほどねそうだよねそういうことあるよねと思って少し泣けた。普通人間の悩みを、ストレートにまっすぐに(フラットなだけに)珠城さんが言葉として発した時に何か力を持つのかもしれない。今日も一瞬そのことを思い出したシーンがあったのだけど、結局特に印象に残ったセリフは無く終わった。

もう月城さんがトップでよいと言ったけど、二番手時代は長いほうがよいので、まあたまきちでなくてもいいんだけど、まあたまきちでいくのであれば、もうちょっとなんとかなってほしいなと思い。

追記

たまきちと美園さんのハモリはきれいだと思えるところもあった。たまきちの歌もよいなと思ったときもあった

追記2

珠城さんスタイルはやっぱいい。足長い。なんか目が寄ってる?あとそういえば男役感があまりない。自然に男?

2019-12-24

間奏の英語ラップドイツ語か何かのコーラス

その国の人が聞いたら平易な言葉を突然片言で歌い出すようなものだろうか?

洋楽を聞いてたらやさしい日本語が流れてくるみたいな。

2019-11-26

anond:20191126092946

だとすれば、前作の「頻繁に出てくるデュエット曲」が今回ゼロなのはどういう了見なんだよ、ぱおーん?

コーラス曲に至っては歌詞意味不明で歌えねえじゃねえか。ソロに特化してどないすんねん。

というかエルサの曲はイントゥジアンノウンではなく後半の曲を表に出した方が良いだろ。なんだよ「未知の先へ~」って。ふわっとした歌詞歌ってんじゃねえぞう、ぱおーん? って思うだろ。

かなーりがっかりだったわ。もうディズニーダメやね…

2019-11-25

anond:20190218182536

小さい店なら流してるところもあるよ。

ただFMがフルコーラス流さずに、くだらないDJの喋りメインになり、リクエストといいつつ、流す予定の楽曲にあったリクエストを取り上げる予定調和になったのが多いからな。あれが鬱陶しい。

2019-11-21

アナ雪2ストーリー予想

最終的にエルサが生け贄にならないとアレンデールがずっと雪降り続けるってことになって、エルサが生け贄になろうとするけどアナが上空に助けにくる

そのときLet It Go feat.三浦透子コーラス入りでかかる

結局アレンデールは雪に沈みましたとさ

2019-11-13

カラオケコーラス部分も歌っちゃう

Hey!Hey!

とかだとノリがいい人なら乗ってくれて歌わなくてもいいんだけどな…

2019-10-31

普段音楽を聴かないやつがPARADEをまじめに聴いた

普段音楽を聴かないけど去年キャッチコピーにひかれてHey! Say! JUMPSENSE or LOVEを買った。

でもアルバム全部を聴いても感覚で繋がってるのか愛で繋がってるのかわからんかった。

一年経って新アルバムが出るというのを知ったのでリベンジしたくなった。

テーマがはっきりしてるっぽいか音楽初心者でもわかるだろうと思ってまじめに聴いた。

以下思ったことを吐き出す。

歌詞カードは見ていない。曲を耳で聴いただけ。タイトルは読んだ。

  • ファンファーレ
    • 急に落ち着いた。ピアノ。おっと明るくなった。
    • 夏??夏なのか??夜明からいきなり夏??
    • 素晴らしい世界って言ってるからから抜けたってことでいいのか?
    • 僕らってのは前の曲と同じで君と僕ってことのようだ。
    • 君に恋をしている僕の夏みたいなかんじ。僕って自分JUMP
    • 夏とかリゾートなかんじ。
    • また「きっかけ」が出てきた。
    • 寂しくて泣いていた時に出会ったのか?
    • 恋だと気づいて思いはまだ伝わっていないようだ。
  • はな壱もんめ
    • なんか急に秋祭りみたいになってきたぞ。ちょっと怖い。
    • 鳥居とかせっせせーのよいよいよい!的な。怖い。帰れないじゃんこれ。鬼太郎かよとうりゃんせかよ。
    • 関ジャニが歌いそう。
    • やっぱり君をさらいたいのか。
    • これは君と僕なのか。
    • ぐーぐるりすと??あ、To Doリスト?なんか急に現代っぽくなったな。わからん
    • 君に誘惑されてるかんじ?
    • 立場は君の方が有利っぽいな。
    • 君をさらって現実に帰ってくるかんじ?
    • お祭りグループでいったかんじなのか?
    • さらいたいのに「またね」って言ってる。押し切れなかったかんじ?
    • 踏み出せなくてもだもだしているんだろうか。
  • 愛だけがすべて
    • えっ?ラテンラテン??なんで急に??
    • またありふれている日常なのか。
    • 扉はまだ開いていない。何かまた求めてるのか。
    • ここまでは恋の話だったけどこっからは愛の話?
    • ちょっと辛い状況なのを励ましているかんじ?
    • どこからでも駆けつけてくれるんだ。愛によってなのかな。
    • これも一人称二人称が出てこないな。Youはあるけど。
    • IはLoveneedしているから愛は手に入れてないんだな。了解した。
  • Lucky-Unlucky
    • また夏っぽい。太陽と光がまぶしそうなイントロ。混乱。
    • 息を吹き返したことにしておこう。
    • 普通世界なのかな・・・
    • きっかけ」また出てきたー。きっかますなあ。
    • 色々とうまくいってないかんじなんだ。
    • なんか見つかったのか。よかった。
    • 見つかったのにEmpty Heart??なんで??まだ完全に見つかってないから心は空っぽなの?
    • 前のがゾンビから空っぽの心にまだ何も入ってないの?
    • 二番でもEmpty Heartって言ってるように聞こえるからこれから心を満たそうとしてるのか。
    • 思い通りにいかないことを楽しめるようになったのか。よかった。
    • 色々起きたことを受け入れられるようになってきたのかな?
    • 「君」が出てきてないってことはこれは僕オンリーの歌なのか?
  • Love Equation
    • ポップな感じが続いてるー。曲が可愛いな。
    • また素直になれないのか!いーかげんにしとけよー。大変だからさ。
    • 君のことばかりで振り回されて大変だな。
    • しかし前向きだ。いいかんじだ。
    • 夏っぽいなー。
    • やっぱり思いがかなってないのか。頑張れよ。
    • 自分気持ちを強く主張するようになったな。よかったなー。
    • ベタ惚れかよ。
    • 突っ走る覚悟を決めたんだな。よかったな。獣になって突っ走るのかな。
    • 現実四苦八苦・・・常に現実が厳しいんだな君らの世界は。大変だな。
    • 曲展開がレトロでよかったわ。
    • なんかこっから見守る立場になってしまった気がする。
  • アイノユウヒ
  • パレードが始まる
    • ん?なんかOPに戻ったかんじだな。
    • スタジアムなかんじ。すげーフィナーレ感。鐘なってるよ!
    • えっ駆け引きとか雨とか落ちたー!!!辛いの!?!?最後だよこれ!?!?泣くなよおい!!
    • あー!Trust meつったきがする!よかった!
    • おおー!君を連れてくって言い出した!前向き!
    • 曲展開がCOSMICに似てる。
    • New worldに来たのか!二人で来たんだね。よかった!
    • 扉が開いて新しい世界に連れていきたいってなったんだ。
    • なのに終わり方!!終わり方が唐突!!!
  • パレードは終わらない
    • オーケストラ!!
    • EDっぽーい。スタッフロール流れてきたー。
    • 曲いいなー。
    • あっやっぱ一人で進むんだ。大変だなーいつも一人で。歌う人は八人もいるのに。
    • 曲いいなー。展開すげーいいなー。
    • 何かを求めるスタンスは変わらないけれど前向き感すげえ。
    • なんかセリフ入ってきたけど一人だけ「僕」側の人間がいるな。分かってるとかそういう答えをするやつ。
    • ということは一人だけ僕であと七人が支えてくれる人達ってこと?
    • 「僕ら」って誰と誰だ・・・僕と支えてくれる人達
    • 最後Believe yourselfか!がんばれよ!
    • ・・・あれ、隙間空いてなんか変なのが始まったぞ・・・
    • 赤飯??二十日??なんだよくわかんない。何歌ってんだ?
    • あ、発芽!!!
    • ニッポンの男女??愛でろ?芽出ろ?かわいくてごめんね??
    • めめめめめっつって終わったぞ。おまこれどうしたらいい??
    • ぽかーん。

2019-10-06

はじめてライブハウスに行って、バンドごと苦手になった記録

先に謝っておく。バンドライブハウス好きな人には当たり前のことに対して疑問を持ってたり文句を言うかもしれない。あくまではじめてライブハウスに行った人間が、素人目線で感じたことを書くためのエントリである。そして時折フェイクがある。特定されたとき、そのバンドファンが嫌な気持ちにならないように。

⬛︎ 昔、好きな俳優さんと共演してたのが本件バンドボーカルバンド解散してたと思ってたけどまだ活動してたらしくて、ちょこちょこテレビに出始めて「まだ活動してたのか!」って懐かしさからCDを買った。CDライブチケット抽選券が入っていた。住んでる町にも来てくれるらしいので、特になにも考えずに応募した。

⬛︎ 会場となったライブハウスにはかなりの人が集まっていた。

階段には、1〜100、101〜200といった感じで100番刻みで待機場所指定されていた。到底100人も入らないようなスペースに押し込まれた。みんな番号順に並んでるのかと思って、近くにいた人(客)にチケットを見せて「わたしは〇〇番ですが、何番でしょうか?」と聞いたら「みんな大体で並んでますよ」ってめんどくさそうに答えられて申し訳ない気持ちになった。近くにいた別の人が「上で細かい番号呼ぶので、この辺りにいたらいいですよ」と教えてくれた。最初からこの人に声かけたらよかった。

⬛︎ 開場10分前に到着したが開場時間30分押し。その間蒸されて汗まみれ。会場に入る前から帰りたくなった。なんでだろうと思ってツイッター検索してみたら、遅れるのも、その状況(どれくらい遅れるかとか遅れる理由とか)がまったく共有されてないのも含めて日常茶飯事らしい。

⬛︎ ドリンク代は600円。

これがライブハウス収益になるんだろうから仕方ない出費なんだろうしモンクはない。けど、車なので酒飲めなかったからその辺の自販機で110円の水をもらった虚しさがなんとも言えなかった。

⬛︎ チケットの番号は大体真ん中くらい。特に前で見たいとかもなかったので一番下手側の壁にもたれる形で場所を確保した。

チケットソールドアウトだったらしいが、不快感のあるほどぎゅうぎゅうではなかった。

⬛︎ ライブが始まった。

ボーカルは歌が上手い。バンド演奏も良い。みんな手を振り上げて楽しんだり、曲の決まったところで飛んだりするらしくてその説明があったので、自分も見様見真似でやっていた。楽しかった。ここまでは。

⬛︎ ライブが進むにつれて、2列ほど前にいた方の横揺れ?リズムに合わせて左右にグラインドする動きが気になりはじめる。独特な動きだったが、前方にいる人は大抵そんな動きをしていたのでバンド見るときの乗り方なのかもしれない。けどそいつグラインドはすごかった。密集してなくて人がいないのをいいことに、二人分くらいの幅で動いていた。視界が奪われるのだ。ステージが見えない。

そしてらおそらくそグラインドに苦しんでたのは前の人も同じだったんだろう。自分の前で壁にもたれていた方が視界を求めてズリズリと下がってくる。

自分も避けるように下がろうとしたが、後ろの方(異性)にぶつかる。尻に手があたり申し訳なくなると同時に事故なので文句も言わないのだけど、少し嫌な気持ちになる。その人は下がっても避けてもくれなかったので、スペースが余っているはずのライブハウスで身動きがとれなくなっていく。

他方、空いたスペースにはぐいぐいぞろぞろと後ろの人が割り込んでくる。このあたりから、壁の横だからとここを陣取ったことを後悔しはじめる。一番後ろの方にすればよかったと。

⬛️ バンドメンバーはノリノリだった。CDで聞いて好きだった歌を歌ってくれたのに、「みんなの番ー!」とか言ってサビを歌うのをやめてしまった。ワンフレーズとかではない。まあまあの長さだ。お決まりなのか、会場も自然に皆で歌いはじめる。自分ボーカルの歌を聴きにきたんだ。コーラス隊の発表会に来たわけではない。

会場のボルテージに機嫌をよくしたボーカルは、「男子ー!」「女子ー!」「みんなー!」「ドラムー!」「ベース!」「キーボード!」って同じサビを歌わせ続ける。お前が歌えや!と言いたいけどそんな空気ではなかった。よくある光景なのだろうか。そんな感じの曲とはつゆとも知らなかった。好きな歌「だった」になってしまった。残念ながら。

⬛️ ライブはWアンコールまで、2時間半続いた。開場が30分押したせいで行きたかった飯屋の閉店時間には間に合わなかったので牛丼食って帰ったけど味しなかった。脚も痛い。

⬛️ 自分ライブハウスには向いてない、DVDで見るべきだったと思った。段階踏んでから挑戦すべきだった。けど、まさかこんな気持ちになるとは思わなかった。別の歌手ドームコンサートに行った時は豆粒しか見えなかったが、楽しめた。ライブハウスにはライブハウスの良さがあり、この光景好きな人がいるのも理解できる。けど、自分には合わなかった。それだけだ。

けど、ライブが終わって楽しかった!って感情がなく増田にこんな長文投げてるのが何より悲しい。もっとしかった、あれがよかった、素敵だったって感想戦してるものと思った。

残念だが、ライブハウスにはもう行かないことにするしこのバンドを見に行こうとおもうこともないだろう。誰も悪くないのに、本当に申し訳ない気持ちで胸がいっぱいになってる。

2019-09-22

人生プレイリスト(前半)

雨が降ってて外に出られない

暇なのでビリーアイリッシュの真似して人生プレイリストを作った

14曲選んだのでまずは前半戦

1 不死鳥/SEKAI NO OWARI

2 IRON STORY/FB777

3 手の鳴るほうへ/薄塩指数 feat.重音テト

4 doki blaster/Voia

5 Me Like Joge/Psykovsky

6 ユリイカ/サカナクション

7 ヒューマニズム/NoisyCell

1

高校2年の頃、まだクラシックしかいたことがなかったので

イントロドラム気持ちよくて衝撃だった

まさに世界が開けたようだった

ここから音楽鑑賞が趣味になった

教えてくれた友達感謝してる

2

聴いた時期は細かく覚えてないけれど

多分大学1.2年

この曲は凄い

ジャンルとしてはおそらくドラムベース

7分があっという間

イントロの低音、中間の盛り上げ、ラストの切なくて美しいメロディと緻密で情緒的なスネア

短尺を繋げた曲で色々な顔が見れる、ラスト集大成が見える

構造

PVの画質の荒さも味があってとても良い

本当にもっと色んな人に聴いて欲しいし感想を聞きたい

3

この曲を聴いて自分の好きなことを勉強しようと決心できた

大学2年

ジャンルボーカロイド

カントリー調

ちょっと厨二感ある そこも良い

まず調教上手い テトなのも良い

聴くべき時に聴いたなという曲

モラトリアムのうだうだ感がすごく合う

この曲を聴きながら浴びた夏の日差し気持ちよかったです 夏は嫌いですがね

あと歌詞が良い、ネガティブが回り回ってポジティブになる

PVの絵も良い チョイスも良いよな〜センスだよこれがさあ

個人的に薄塩指数さんの曲は売れたら書けなくなる曲だと思うので 応援したいようなしたくないような難しい気持ち

4

SoundCloudから

大学2年

チップチューンドラムベースダンスミュージックにハマっていた時期

この曲は、いかベースビートが曲を前に進める上で重要か、盛り上げるために職人技を見せているか

を見せてくれる

正直上でピロピロいってるメロディ隊より10倍カッコいい

ごめん、ベースビートが好きなんです。

あとシンセでここまで抑揚をつけられる、ビートを感じさせるのも凄い

難しい、シンセ

これはオーケストラ編曲したいとずっと思ってる 弦隊が弓を弾いているのが目に浮かんでうずうずする

5

これは最近

EDMに飽きてサイケトランスに手を出してる

曲の頭からお尻まで一切止まらないこれがサイケデリックトランスだーーー!

メロディが図形を描いているみたいで楽しい

四つ打ちにハマっているようなハマっていないような感じがたまんない

中間トランス最高だな、お前を待ってたんだ

その後の迷宮を抜けるんか、抜けないんか、みたいなフェーズ気持ちよくて最高

抜けた後とかきもちよすぎて覚えてない

はい最高。

基本的アーティストじゃなく曲を好きになるタイプなんですが

この人の曲は大体好きなのでもしかしたらわたし神様かもしれない

たくさん聴く

6

就職先決まった時によく聴いた

ダンスミュージック

上京組なので共感

生き急ぐあたり、いつ終わるんだと思いながら生きてる

都会はいろんなものが色褪せて見える

それを含めて都会が好き

ここまで綺麗に落とし込んだ山口一郎尊敬する

ライブでも聴いたけど泣いた

ダンスミュージックは生半可な音でやっても曲として成立しないと思う

ここまで、ループを繰り返しているのに全く飽きないむしろこっちが盛り上がれるのは

聞き手ダンスミュージックが好きなのは勿論だけど、やっぱり一つ一つの音にこだわっているか

だと思う

かっこいい、尊敬

サカナクション殿堂入りしてる

ひとつ困ってるのがMVが今でも消化できてない

7

これもまあ最近

イントロ聴いた瞬間これは好きだ!!!一目惚れ!!!

ってやつ

ジャンルパンクスクリーモかな

まず歌詞の良さ

プライド高くて自分天才だと思っていてユーモアがあってアウトローで変に情にもろい描写が上手すぎる

矛盾だらけ、おんなじ失敗、出来事を繰り返して繁てきた人間

人間嫌いだけどなりきれない

そして音楽リンクのさせ方が上手い

ダダダ、とか

合間に入る遊びゴゴロあるサックスとか

ノイズも多分ずっと入ってるけど全然違和感ない、むしろ無意識気持ちいい

キュンキュンする

歌詞を生かすためのベースドラムコーラス

あと声良い、イイ、スキ…思考停止

マジで歌詞が良い、何度でも言う

一言一句素晴らしい






結構楽しいなこれ

明日もやる

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん