「構成」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 構成とは

2017-06-27

https://anond.hatelabo.jp/20170624235903

トラバブコメをいただいたので、勝手ながら浮世絵を勧めてみる。

変な話だが、鑑賞と制作だったら、制作から入ったほうが鑑賞も楽しくなるように思う。

例えば、葛飾北斎富嶽三十六景の、有名なところで赤富士と言われる夜明けに朝日で赤く染まった富士山凱風快晴

グレートウェーブと呼ばれる、神奈川沖浪裏。

あれを見て、思うのだ。

あれは、北斎が描きたかった富士山じゃない。

北斎が描きたかった真の富士山なんて、この世に一枚もない。

それは、制作を齧ってみるとひしひしと感じとれること。

知っての通り、オリジナル浮世絵には原画というものが残っていない。

そもそも絵師が描くのは線画だけ。

それを版元、つまり出版社企画担当に渡して、それを板木屋、彫師という職人渡り、板に張り付けられてしまう。

板に貼りついた絵ごと、彫ってしまうので、原画は木屑と共にこの世から消えてしまってるわけ。

絵師というか、画工っていうイラストレータ地位というのはそれほど高くなくて、彫師が勝手アレンジすることだってある。

そもそも芸術家として心から沸き起こるもの表現するんじゃなくて、売れるものを描くのが至上命題

彫り終わると、それがすなわち線画のコピーが出来るわけで、そこから「ここを赤、ここを青」って具合で、絵師の指示が入る。

具体的な色を塗るとかでなく、文字で書き入れる程度。

そんで、また色の版が出来上がって、今度は摺り師と呼ばれる職人の手に渡る。

そして、絵師立ち合いで、色合わせを行って、微調整されたら出版、という流れ。

で、その手の浮世絵解説書なんてのだと、初摺りは手がかかってるけど、そのあとの後摺りは手抜きで改変されてるとかって書いてあり、実際初期ロットと後期ロットは色が違うってんだけど、いざ制作してみるとそれだけじゃないように思う。

明らかに自己主張がある。

摺り師の「俺上手いだろ?真似できないだろ?」

っていう自己主張をビンビン感じる。

いざ木版画を始めてみると、100人中99人はそれを目指す、ある種の技術方向性というのがあって、それが超絶レベルで、過剰なまでにそれに拘ってるのがよくわかる。

彫師と摺り師の自己主張だけじゃない。

時代流行ある意味で街の声さえも作品に取り込まれてるのが、ありありとわかる。

初摺りであっても、本当に北斎が描きたかった富士山じゃない。

彫師のエゴを、摺師のエゴを、江戸流行りを、それを引き算してやる。

北斎自身ねじくれた自尊心を解析する。

北斎という人はいい歳して「自分が一番!」と天狗になったり、「バカにされるのは嫌だ!」忙しくぐるぐる同じところを回っていて、とてもかわいい

少なくとも、自分にはそう感じられる。

ちょっと大胆すぎる実験的な試みも、「褒められたい!」という意識が見え隠れする。

それを差っ引いてあげて、初めて、あの絵の本当のコンセプトが見えてくる。

いつか、本当の北斎の心を、自分表現したい。

あるいは、摺師、彫師、版元、江戸空気北斎とのジャズセッションがあの作品だったとしたら、今度は自分北斎セッションが出来る。

なんて楽しいことだろう。

技術が追い付いたら、いつかそれをやりたい。

前置きが長くなってしまったが、そろそろどうやって浮世絵制作を学ぶか書いてみる。

いざ木版画を学ぼうとしても、浮世絵方式木版画を教える教室ほとんどない。

なにをもって浮世絵方式というのか難しいけれども、木版画においてかつてスタンダードだった、世界で最も優れてた技術体系と断言できる。

なんで今スタンダードじゃないか

その答えはわからない。

俺も知りたい。

で、そもそもその技術継承した人というのが少なく、浮世絵職人がやってる版画教室、あるいはその流れを汲むとする版画家の版画教室は知りうる限りで以下の通り。

作品展など、見に行って雰囲気を感じるとよいと思う。

朝香伝統木版画教室

所在地東京

現役彫師が教える版画教室

当然ながら彫りに詳しい。

第七回 朝香伝統木版画教室作品展 2017年6月26日7月2日

竹笹堂

摺師が教える版画教室京都だが、関西を中心に出張講座や通信講座もやっている。

今年の作品展情報不明

五所菊雄の主催する版画教室

五所菊雄という版画家で、摺師の内川又四郎氏(ポールジャクレー作品を摺ってた人)から学んでる。

東京近郊で複数教室を持ってる。

HP展覧会情報が載ってる。

まちだ版の会 木版画展 2017年9月12日9月17日

NHK文化センター 川越教室木版画講座・作品展 2017年8月21日8月27日

東京芸術大学

野田哲也が浮世絵の流れを汲む、とされてる。

作品を見ても全然そんな風に感じやしないんだけど。

入学すれば学べるんじゃないかなと思うけども、ちょっとハードルが高すぎる。

作品展というか、芸大卒業制作をみることは出来る。

野田哲也の師にあたる小野忠重の著書は浮世絵技法を知るうえでお勧め

実際、浮世絵制作面白い

毎年、数人は浮世絵制作沼に沈んでると想像される。

いったん情報収集を始めると、先に沈んだ先輩とつながれるので、芋づる式にオタと出会える。

有名なところだと、独学で浮世絵制作者に転身して、大学企業との共同研究までしてた元ジャズマン(最近亡くなられた)。

職もビザもなく、浮世絵への情熱だけで日本にきて、浮世絵で飯食って浮世絵で家建てて浮世絵子供育てたカナダ人

そのへんは浮世絵バカ一代の二代巨頭で、ほかにもごろごろ、まあいるわいるわ。

みんな平気で仕事を捨て、家族を捨て、学歴を捨て、浮世絵制作沼へ沈んでいく。

自分なんか、趣味範囲で、まだ片足だけだが、いつか完全に沈みそうな気がして怖い。

なにが楽しいって、楽しいんだからしかたない。

子供の頃にハンコを押すのが楽しかった経験がないだろうか?

コピー機がある今だとありがたみがないが、同じものが何回もつくれるというのは、楽しい

フォトショップ原画書いて、3Dプリンターで版木制作、色のレイヤープリンターで版木塗って印刷ってのはどうだろう

意見はごもっとも。

浮世絵というのは、つまり、人力カラー印刷にすぎない。

いまだってコンビニカラープリントが80円ってのに、当時はかけそば一杯の値段だったっていうから江戸時代印刷技術スゲーって思う。

小学校でやるようなローラーで油性インクを塗る油性木版と違って、水性の絵具で摺りあげるのだが、特徴をいくつか。

まず、ベタが綺麗に決まる。

まるで、フォトショでみたいにね。

グラデーションがかけられる。

うん、フォトショみたいにね。

色を重ねて混色が出来る。

赤の上に青を重ねると紫になる。フォトショレイヤーを乗算モードにしたのと同じ。

浮世絵の目指すところは、フォトショイラレで書いた絵。

前段のほうで書いた、誰しもが目指す技術というのは、きれいなベタ、滑らかなグラデーション計算されつくした重なり、つまりフォトショイラレ

そういうことなら、原画だってフォトショイラレでつくったほうが、出来上がりイメージはしやすいだろう。

今日はここまで。

本格的に、道具の用意、構図の学び方等々の話に入れずに力尽きてしまった。

勢いに任せて書いているので、話の構成おかしいのはご容赦いただきたい。

土木の人

平成十年ごろから、暗黒の十年があったのだ。

大手ゼネコンでさえ、リストラが横行し、組織の大小、あるいは官民を問わず一斉に採用の門戸を閉じた。

結果として、日本全体で土木技術者の不足が発生している。

これは、職人不足とも重なっているのだけど、少し違う。

職人の暗黒期は五年遅く始まって、五年遅く終わった。今は空前の職人不足である

土木技術者とはつまり現場監督であって、職人とは作業員である

この二つの暗黒期が重なった五年間に日本土木は大きく衰退し、回復の兆しを見せない。

職人不足に対しては自動で動く土木機械の導入などで場当たり的に対応しているのであるが、各種の法律に従って作成する書類の量が官民ともに膨大なものになっているため、土木現場代理人や官の土木職員疲弊している。

今後も暗い、激務である、年齢構成が高い。

典型的斜陽産業の傾向で、農林業ヤクザ土木も、抱える問題は似ている。

だって長く土木の隅っこで飯を食っているから、暗黒期に培った技術が半端に金になるので今更やめづらいのだけど、人生をやり直せるなら土木には入らないと思う。それくらいの閉塞感が土木業界の隅々まで蔓延している。

しかし、運送業ITヤクザ介護飲食サービス業水商売もどこも似たようなものだと聞くのだけど。

下着で過ごす

私は実家暮らしで、家族構成は父母私妹弟妹である

家では短パンにブラで過ごすことが多いのだが、それを言うと大体の友人にドン引きされる。

そして、かなりの確率で言われるのが、

「お父さんの前でも?」「弟の前でも?」「お父さんと弟かわいそう」

である

からすれば、その質問理解できない。

特に3つ目はなんで「かわいそう」なのかわからない。

家族なんだから、お互い別に意識なんてしない。

そのくせ、大浴場では他人と一緒でもみんな平気な顔してる。

私は逆にそっちの方が恥ずかしい。

と言っても、みんなのおっぱい見れるのは嬉しいから、恥ずかしくても喜んで入るのだけど。

2017-06-26

https://anond.hatelabo.jp/20170626233337

メインライターが各話の脚本家勝手に打ち合わせして出来上がった脚本プロデューサー監督は渡されるだけとか

脚本演出家発注に基いて必要な要素を構成してあるコンテの叩き台に過ぎないか脚本家作家性など不要とか

お前脚本変えやがったなコラ!と夜中にスタジオへ殴り込みに来た脚本家に良い酒を飲ませてなだめて帰したとか

監督脚本をコンテで変えまくるので脚本家アフレコを見ながら次回の脚本シリーズ構成を書き直したとか

あいろいろ聞くよね

発達障害って分かってたら大学なんか入らなかったのに

流行りのADHD注意欠陥多動性障害)を含む自閉症スペクトラム診断奴だけど、大学一年生を休学するまで診断名は「適応障害」「鬱病」「双極性障害」等で(腕をズタズタにしたりブロンをがぶ飲みする等恥ずかしいメンヘラあるある時代走馬灯となって思い出されます)つまりたまたま病気なっちゃったけど治療すれば通学できるようになるやろ!と言われていて、自分でもそう言い聞かせてきたんですが、たまたまじゃなくて、私の生まれ持った素質が中学校高等学校システムそもそも合っていなかった話でした。あ〜あ

他者への興味が薄い」「周囲のざわつきが聞こえるのを苦痛に感じる」って改めて質問されて、ピンときました。絶望的に時間を守れないとか。いつも生きてて辛かったし当然のことだと思っていたし、自分自分のことを言葉構成して伝えるのが超苦手だから、生まれて初めて医者にコレが伝わって、感動して、惨めな気持ちになりました。

自分発達障害の内容を総合して、こんな人間学校に通わせたら発狂して死ぬだろうとしか思えなかった。それでも好きな分野の勉強して1浪してまで有名私大入学して200万円以上払ったんだよな〜親が。コンサータストラテラも高いし。

現在ストラテラを120mg服用していて、絶望的な時間感覚忘れ物にはバチバチに効いてADHDが消えたけれど、自閉症的なコミュニケーション問題等でストレスマッハで倒れました。もう必修落としたかもしれないけどだいぶ楽になりました。暇で日記を書いています。退学ワンチャンある。払ったお金は帰ってこない、辛い。親も。

結論は「もっと早く自分特性をわかってたら学費無駄にしなかったし変な病気になってない」です。

私の周りにはコミュニケーション能力の高いADHD人間が多くて、問題を抱えながらも上手に他人に頼ったり、恋人を作ったり(!)して大学くらいは卒業していて、すごいなあと思います。私は人に頼る方法がわからないタイプで、友達はいないし、だから同じタイプと知り合うことがないんでしょう。自閉症スペクトラムでひどい人間でも問題なく学べる大学かそれに準ずるどこか、頼む〜。救われて〜。

コメントを見て追記します※

思ったより人の目に触れてガイジ嬉しい!

普通科高校に入ったけど卒業できていません。全授業日数の半分くらいを遅刻と欠席が占めていて卒業が見込めなくなったので3年次に通信制高校(月イチで登校してwebテストパスすると卒業できる)に転校して大学受験資格を得ました。不登校なっちゃったからこの方法大学受験資格を得ようとする高校生が他にも存在するなら、個人の感想ですがやめておけと言いたい。

勉強だけは優秀な方だったから、勘違いして大学に行こうとしちゃいました。

一人で気ままにやって食っていく方法模索しよう。これ18歳の自分(と親)が気付けていたら少なくとも入学以下略〜〜

仕事

専門知識が求められる部署所属している。

しかし、同じチームで動いている二人には専門知識がない。

日々二人の尻拭いに奔走しつつ、システムの入れ替えのための準備だとか構成変更だとかに追われている。

君らはなぜ、ここにいるんだい?

文章力がほしい

文章力ってあるじゃん

語彙力っての?そういう感じの。あと文章構成とか

あいう読ませる文章かける人って羨ましい

ほしいな文章力

過去自分意識

過去自分が感じていたこ

考えていたことは

今でも朧気に思い出せるけど

純然たる形では思い描けない

それは時の経過により記憶意識が積み重ねられているか

その今の自分意識のもとに構成されてしま

過去自分意識が不完全であれ文なり絵なり形として表現されていたら

それらは今見返すのに貴重な記録だったのかもしれないが

残念なことに自分日記や書き物をする習慣はなかなった

2017-06-25

[]

今回は少年ジャンプ+で読んだルーキー受賞作

OL日常物語 東京コスモ コスモの日々/2017年5月ブロンズルーキー

内容があまりにもしょっぱいから終盤で何かドンデン返しでもあるのかなあと期待したが、別にそんなことはなかった。

私の中でOL漫画といえば「独身OLのすべて」が真っ先に思い浮かぶから余計にネタがしょっぱく感じるんだけれども、まあ比較対象おかしいか(苦笑)。

別にゆるふわなノリが悪いとは思わないし、そのノリを考えれば内容も妥当だとは思うんだけれども、それでキャラをキャピキャピさせているだけで成立させている漫画は飽和状態からなあ。

比較対象が多い以上、既存作品よりどこかが優れているか差別化されていないと厳しい。

デリバリーおじさん/2017年5月ブロンズルーキー

プロットがしっかりしている。

ストーリー構成テーマが一貫しているし、ちゃんと前半の話に意味を持たせたオチなのも良い。

話作りといい、絵のタッチといい、モアイとかで読める受賞作の読みきりみたいだ。

ただ、まあプロットだけでほぼ完成されているというか、絵面がやや退屈に思えた。

色々と工夫はされているんだけれども、終始主人公モノローグや会話ばかりな冗長さを解消できるほどではなかった。

2017-06-24

https://anond.hatelabo.jp/20170624152649

ゴキブリだの害虫駆除云々はあくま比喩(それも下手な)であり、話の枝葉であって話の本筋じゃないでしょ。

現在野党存在自民党一強状態構成する一要素でしかなく、野党延命自民党独裁体制をくじくどころか、逆に補強する結果になってしまっている

っていうのがその人の話のキモでしょ?

話の枝葉に突っかかるんじゃなくて話の本筋を見聴極めろ。

人の話はつっかかりやいすいところだけじゃなくてちゃんと聞け。

野党のことをよく知りもせずに野党批判をするのは建設的ではない、と言ったら、

「今からバルサンを焚こうとしている時にゴキブリの生態を調べる人などいない」と、きっぱり言われた

相手はわりとレベルの高い国立大学学生たちだった

彼らが言うには、現在野党存在自民党一強状態構成する一要素でしかなく、野党延命自民党独裁体制をくじくどころか、逆に補強する結果になってしまっている、ということらしい

前述の話に当てはめるならば自民党害虫駆除業者であり、彼らを潰すためには害虫のものを根絶させるしかない、と

それなのに自民党批判勢力は口を揃えて「害虫駆除業者を肥え太らせるな!ゴキブリが部屋を飛び交う程度なら皆我慢できるはず!」と叫ぶばかりで、いつまでたったも害虫が減らず駆除業者ますます儲かる一方でうんざりしているのだという

身内に不幸があった

最近祖母が亡くなった。

小さい頃、すごくいっぱいあそんでもらったから大好きだった。

途中から痴呆が進行して、寝たきりになってしまったが。

通夜葬式、参列のために実家帰省した。

悲しいのに涙がでなかった。

子供の頃にたくさんかけてもらった言葉愛情も、実際にはほとんど覚えていない。

そもそも、『いっぱい遊んでもらった』ということ自体も、自分の頭の隅にあるほんとうに僅かな記憶の欠片と、親や周りから聞いた話で構成されたもの

子供の頃の記憶は、ほんの数枚の動かない祖母の姿の写真が二枚ほど浮かぶくらいだった。

人間記憶曖昧さ、年を過ぎると忘れていくむなしさだけが残る

https://anond.hatelabo.jp/20170624102411

生物構成する物体であるからには動いたり情報を伝達したりしなければならない。

筋肉のように動いたり、神経のように情報を伝達するためには電子がある程度自由に動ける物質である必要がある。

自由に動ける電子存在する物質はどうやってもかなりの程度光を吸収してしまう。

という説を今思いついた。

2017-06-23

https://anond.hatelabo.jp/20170623125936

自分なかに描けるはずです。』

まとめ

授業後、改めて一条兼良足軽禁止に賛成するか反対するか問いかけてみた

が、ある生徒はこう語っている。

「敵の障子や木材その他の物資を奪うなど、正規軍にはできない役をはたした。

一条兼良足軽禁止については、どちらかといえば反対。足軽たちのやり方

メチャクチャでひどいなと思うところもあるけど、足軽たちがこういうこと

をしなくちゃならない世の中にしてしまった一条兼良を含む幕府がいけないの

から禁止するとかなんとかいえる立場じゃないと思う。もっとしっかり政

治を行っていれば、こんなことになはならなかったと思う。」

一条兼良を含む幕府」と朝廷幕府を一緒にしているところはあるものの、

足軽禁止をとなえる一条兼良自身のありかたにも目を向けている。政治の混乱

をもたらしたのは支配層ではないか、乱が足軽をうみだしたのではないか、い

さら禁止をいえる立場じゃないと考えている。こうした歴史の目は従来の

応仁の乱学習ではなかった。2枚の絵画史料をみて、足軽活動をとらえ、

それと一条兼良禁止からめた授業の構成がもたらしたものと思われる。

                            (河名勉)

2017-06-22

webアプリを作りたいだけなのに

AmazonWebServiceでLightsailインスタンスを立てて

ムームードメイン独自ドメインを取得して

SSLBoxでその独自ドメインに対してSSL証明書を発行して

2台立てたLightsailインスタンスのそれぞれにSSHローカル端末からログインできるように設定を施して

Nginxリバースプロキシ証明書の設定をして

MySQLレプリケーション作成してマスタスレーブ構成にして

CloudFlareでCDNを設定して

いらすとや必要そうな素材を見繕ってきて

クラウドワークスサイト文章書く人を募集して

ってやらなきゃいけないの。面倒臭過ぎない? 

おおよそアプリ屋さんがやるべき作業じゃないものが大半を占めてるように思うんだが。なんとかならんのこれ。

https://anond.hatelabo.jp/20170622194407

まり人間社会の半数以上は実は虫によって構成されていて哺乳類文明としては破綻していたのですね

勉強になりました

とある人がTwitter

ドラゴンボールZのアニオリはつまらないことにくらべたら

超の方が頑張ってると書いていたが

原作の間につなぎとして挟むタイプのアニオリと

最初から連作として構成できる超では

条件が違うから

そのジャッジはフェアではないのではないだろうか

痴漢したい人へ(窃触障害

満員電車等で異性に触れたいという思いや、触れる悦びを覚えてしまった人へ。

認めなくないと思いますあなたは恐らく病気かも知れません。

普段生活に不満が溜まって限界を超えてしまったのかも知れません。

まれつき迷惑行為をしなければ満足できない脳内ホルモン構成なのかも知れません。

心療内科に行きましょう。

http://yakb.net/man/269.html

● 「窃触障害」という病気がある。

● 症状は「同意していない人に触ったりする・体をこすりつけたりする」である

2017-06-21

真珠入りの改造チンポに興奮していた

各種エロ漫画などの構成要素を抜き出ししてから勃起度をグラフ化して自分ストライクゾーン自己点検したら、真珠入り改造ちんぽに一番興奮しているようだった。

・・・

https://anond.hatelabo.jp/20170621094540

民主時代パレルモ条約批准必要法律を制定しようとしたら自民党審議拒否してコケたんだよ。

その内容は何かというと犯罪人の引き渡しとか裁判管轄どうするとかそういうのであって、共謀テロとは全く関係ないものだった。

今回の共謀罪にもそれは含まれてるんだけど、実際には9割以上がパレルモ条約とは全然関係ない条項構成されてる。

よく「民進は対案を出さない」みたいなデマ流れてるけど、そもそもパレルモ条約批准するのに本当に必要だった法案民主時代に出てんのよ。

https://anond.hatelabo.jp/20170520204747

真面目にトラバをつけるのがバカバカしくなる増田だが、バカ真面目にトラバしたい。

本を読めという人がなぜそういうのか、それは語彙を増やせ、文章構成力をつけろといいたいのだ。

本を読んだところでそれをアウトプットする能力がない人は文章力がつかない。

でも、若ければ若いほどいいなと思った文章を真似て書く。人真似をすることでおのずと構成力が付いてくる。

新聞を読めというのもその意味合いが強い。

文章で難しいことを易しく伝える。それが新聞重要ポイントだ。

専門外である相手にわかってもらうためにはどの言葉を選び、どう伝えたら良いのか。新聞が噛み砕いて選ぶ言葉にはそのヒントがある。

から本を読め、新聞を読めと言われる。

2017-06-20

山田孝之 3D ☆☆

ネタバレ

山田孝之が出てくる。

何気に映像監督として伝説サブカルミカン漫画家である長尾謙一郎さんが参加しているらしく、ソコソコ語りの場面の映像は没入感があっていい。

あと、3Dピクトグラム的な幾何学模様で構成されたEDさりげに結構オシャレ。

内容? それを聴くなよ。

評価

パンツが見えなかったので星二つです。

芦田愛菜ちゃんも登場するこの作品芦田愛菜ちゃんのパンチラには期待しても無駄なのでご容赦ください。

2017-06-19

技術業務

中堅SIer四年目。

社内には、技術よりも顧客業務理解を優先する風潮がある。

確かにビジネス的にはまず業務理解なのかもしれない。今、部署として大きめのアカウント攻略にかかっているが、業務理解しないとそもそも高度な案件を回してもらえない。現状我々が、技術的に程度の低い案件を回しながら顧客業務理解を進めていくフェーズにいるのはわかる。

もつまんねえんだよなあ…クソつまらん。十年前からあるような技術を十年前と同じ構成で使っている。違うのはバージョンくらい。

しか技術的にもっと高度なことをしたいと上司や同僚に言っても、こいつわかってねえなぁ感のある応対をされて更にげんなり。

増田くん、お客さんの課題ITで実現するんだ。技術ありきじゃないんだ。そのためにまずは業務理解をしなくちゃなんだ。」

いや〜わかる、めっちゃわかる、驚くほど正論

みんなどうやってこのへん折り合いつけてるんだろうなあ。そもそもこんなこと言ってる俺は受託開発に向いてないのかなあ。いやでもむしろサービス提供側の方が業務重視だろうしなあ。

はてな見てても技術の話ばかりでそのへん全然わからんしなあ。顧客業務理解ってどうすればいいんでしょう?

2017-06-18

毎日3つぐらい増田書いてる

こう聞くと「コレもうブログ始めた方がいんじゃね?」って気になるでしょ。

だけどいざブログ始めると全くかけなくなるんですよー。

不思議ですよねー。

やっぱねブログ書いてると「つまらない事書いちゃダメだ」と考えてしまうんすよ。

その点増田って書捨てじゃないですか。

増田の恥は書き捨て」って古い言葉もあるぐらいですよ。

(ほぼ)完全匿名と半匿名の差って大きいんですよねえ。

匿名って結局はそこにパーソナリティアイデンティティが生まれしまうわけで、本名むき出しじゃないだけの状態ですからねえ。

HN愛着が生まれたり他のユーザーとの関係が始まったらいよいよもう匿名とは違う存在になりますよ。

ネット状における人格の1つとして自分構成する一側面として自立が始まりやがります

そうなると気楽に恥をかきにくくなるんですよね。

ブログとか気楽に書きにくくなるんですよ。

それでいつの間にかやめて(ほぼ)完全匿名世界に戻ってくるという訳で。

いやしか中途半端存在ですよね、自分や今の自分と同じようなことをしてるっぽい増田の皆さん。

どうすっかなあ。

気分的にはそろそろブログ始めたい気分なんですけど、どうせやめると思った途端に萎えるんすよね。

普通出生率CBR)は以下のように表される。

表省略

n はその年の出生数で、p はその年の(年央の)総人口である。この数字普通死亡率(crude death rate)と組み合わされ、自然人口増加率が導き出される(「自然」とは、移民引越などの社会的人口移動を含まないということである)。

これに対し、一般的使用される合計特殊出生率は、一人の女性が一生のうちで産む子供の平均人数を指す。普通出生率とはちがい、合計特殊出生率人口の内の性別構成や年齢構成などの偏りに影響されない(普通出生率のもととなる総人口には、男性や老齢女性・年少女性も含まれしまう)ため、「ある時点での出生率」を求めるには優れた指標である

その他の出生率には以下のようなものもある。

出生率(General fertility rate 、GFR )

年間出生数を、15歳から45歳の(つまり出産年齢の)女性の総人口で割った数。

15歳から45歳の女性1,000人あたりの出生数。

標準化出生率(Standardised birth rateSBR

性別・年齢別人口構成を、仮定の標準人口比較したもの

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん