「クラス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: クラスとは

2020-01-21

anond:20200121082922

ということはクラスで親しい友人が10人いて内2人が経験済みとすると

クラス男子では4名、学年で16名が体験済み、

男女合わせると32人が体験済みという仮説が成り立ちますね?

お前らって「付きまとい」されたことある

ストーカーとは違うんよ、付きまとい・・・

一方的友達と思われてる、みたいな・・・

俺はジャイアンみたいなやつに10年以上付きまといされてて、

ムカついたらすぐ暴力、人の話を全く聞かない、物を借りる(帰ってこない)、電話メール毎日してくる(自分の話ばっかり)、

いや嫌われてると思うじゃん?

でも逃げても逃げても、付きまとってくんのよ。学校クラス別になっても呼んでくる、

一緒の塾にわざわざ入って来る、家も知られてるから逃げきれないし。

ちなみにそいつ彼女たかホモではない。

本当に地獄毎日だった・・・

お前らにもそんな奴いる?

2020-01-20

anond:20200120205826

世の中に黒電話しかない時代ならクラス女の子んちのイエ電に電話して親が出ても取り次いでもらえたけど、携帯が当たり前のいまそんなん「何事!?」ってなる

何が言いたいかというとナンパ出会いの一手段好き嫌いは別としてそういう文化風習はある とみんなが認知してる時代はともかく

いまナンパって純粋不審者しかない気がするがどうか。

なんかヤンキーみたいの同士ならいいんだろうが

同窓会

同窓会、行ってくれば?」と妻が言った。

こんなことを言われるのは初めてだったので少し驚いた。我々夫婦はお互いにあまり干渉しない。妻はいつも「友達と会ってくる」「仕事の付き合いに行ってくる」「爬虫類カフェに行ってくる」などと言って勝手に出かけていく。大抵は日の落ちる前に帰ってくるし、夜遅くなるときには必ず連絡をくれる。私は私で、同じ様に妻に一言告げてから出かけるし、そもそもが出不精なので、自室でゲームをしたり、居間で本を読んだりしている。

奥さんと仲いいですよね、秘訣とかあるんですか?」とよく聞かれる。秘訣なんて考えたこともないけれど、「お互いを尊重することじゃないの」などと言っておけば、相手は「うちは束縛が厳しくて」なんて自分の話をし始める。

子供はいない。妻と過ごして10年が経つ。日々の暮らし

 

から妻に「行ってくれば?」なんて言われるのは初めてだ。同窓会の通知を何かの拍子に見たのだろう。秘密主義ではないので別に構わない。

「ああ」と返事をする。「でもさー、今更会って何話すんだろうな。懐かしいねーって言って、近況報告。で?って感じじゃない」

「いいじゃない、懐かしむのも。得るものはなくったっていい時間になるんじゃないかしら」

妻は普通に日常会話で語尾に「かしら」と付ける。

私は結局、同窓会に行くことにした。高校卒業から17年が経っている。

 

15人が集まった。これが多いのか少ないのかはわからない。クラスでも当たり障りのない人物だった私は、同窓会でも当たり障りなく振る舞った。お調子者の奴はお調子者であり、寡黙な奴は寡黙だった。何も変わらない。ずっと高校生でいれたらと当時思っていたことを思い出す。違いは酒があるかないかくらいのものだ。

近況報告などをするうち、14人が結婚していることがわかった。未婚であったのは、私が当時付き合っていた彼女だった。理恵。気まずさ故に同窓会では彼女と話すのを避けていたが、酔いが回るにつれ、彼女は隣りにいた。

「つーか、お前まじ結婚するんだもんなー」お調子者の一人が私に言った。「笑ったよなー、な?」

周りの人間は気まずそうにしている。笑った?俺の結婚を?それはなんだ。

「えっと、それはどういう?」

「だからさー、今日もそうなわけ。あの時も。お前の奥さん。やられたよなー」

anond:20200120161717

ちがーう。明確にGが付く前の長期サポート版で、5年位前のLTEは「3.9G」って呼び方が正しかった。とすれば今は「4.9G」に相当するLTEがあるはずで、それをLTEと呼んでるならそれはそれでいいんだが、4.9GのLTEなWANアダプタって存在するんか?

存在したとして、GBクラス通信ができるんか?) ってのが謎な所。

ゲームクロスオーバー作品コラボが苦手

嫌いなものじゃなくて、好きなもので語れよと言われそうだが、上記作品が苦手。

苦手なら避ければいいと思うかもしれないが、最近期間限定コラボ一般的で、

全然世界観が違う別作品エヴァでもまどマギでもサクラ大戦でもアイマスでもいいが)がいきなり別ゲームにやってくる。

やめてくれ。

みんな大好きスマブラKOFもマブカプもディシディアも全部無理だ

特に異世界転生ものクロスオーバーストーリー的に無理で、

ディシディアドラゴンクエストヒーローズのように各作品主人公クラス別世界に集まる系の話は

寒すぎて凍えてしまう。ソシャゲラングリッサーも辛かった。

いわゆるIP有効活用ってやつなんだろうけど、なんだかなぁと思う。

良い世界観、良いキャラクターを生み出してくれよーと思う

まーた非公開か

いつも思うけど、当時の児童ポルノ禁止法や都条例、昨今の著作権関連の知財会議とかでもそうだけど、この手の連中は会議自体を非公開にしたり、身内のみで結論ありきで押し進めたりしたがるのはそれこそ、自身が疚しい行為をしており、世間から非難を受ける行為をしている事を理解した上で規制を行おうとしているからだろうね。

女性差別反対とかプロフにもあるあの関係っぽい弁護士にも要約したら素案作った奴が頭おかしいみたいな事を言っていて草。

この辺にも毛嫌いされているとかマジでこの素案作った奴等誰向けに条例作ったんだ?

ダジャレブクマ

ずっと企業アカウントだと勘違いしてたわ。

辞めさせられないってことは役員クラスかなーとか勝手想像してた。

パパ活にハマった男の記録

パパ活話題になっているので自分経験を書く。

他で言えないことを書き残しておきたかったので。

パパ活に辿り着くまで

パパ活に辿り着いた経緯

去年8月はてなブックマークに「出会い支援サービス カオスマップ2019」という記事があがっていた。自分が知っているアプリは僅かで、世の中にはこんなに沢山のサービスがあるのかと思った。

その中に「パパ活」「ママ活」というジャンルがあった。自分全然知らない言葉だったので、その言葉や表示されたロゴサービス検索したところ、何やら怪しいサービスだと感じた。しかタップルやウィズでうまくいかず、かといって風俗に行く気にもならなかったので、興味本位で手を出してみることにした。

事前準備

どのアプリも月額料金がかかり、結構いい値段がかかる。事前に様々なブログで男側・女側の両視点アドバイス記事を読み込み、Twitterで「(アプリ名)地雷」などのタグ検索するなどして、とにかくたくさん予習をした。同時に、パパ活とはいえマッチングサービスひとつなので、あらためて出会い系攻略記事婚活系の電子書籍なども読みあさり、当時はてブ大人気だった「結婚物語ブログ」も読み込んで、マッチングした後の行動についても最適化できるように研究した。

スタート前に準備したのは、入会直後にはボーナスタイムがあるらしいと知ったため。新規会員としてマッチング優遇される期間のうちにどんどん動けるよう、定型メッセージの準備、誘い方のシミュレーション、使えそうな店の選定、パターン別のデートコース設定などは入会前に用意しておいた。

目標設定

パパ活一口に言っても、内容は様々である。単なる食事相手プラトニックデートワンナイト相手、定期的なパートナーなど。それから相手千差万別で、モデル級・芸能人クラストップクラスキャバ嬢などもいる。

自分目標設定は「コスパを重視しながら疑似恋愛相手を作ること」とした。

一般的マッチングアプリと違い、パパ活では顔合わせするにも何するにもとにかく金がかかる。年収5000万だとか1億だとかの世界住民とは異なり、多少の余裕はあるにしても、自分の懐は湯水のごとく金を使えるわけではない。何より無駄金、死に金が嫌いなので、コスパ重要だった。

また自分自身が女性に何を求めているかも、スタート前に明確にした。

入会、選別、初回デート約束まで

入会すると、あらかじめ予習していた通りのスタートダッシュ効果があるのか、どんどんマッチングした。ある程度話ながら選定した結果、同時に多数の相手と同時進行でやり取りすることになったので、何を話したか管理するためにエクセルに次の項目をまとめた。

また女子側に「地雷」と思われないためのチェックとして

などを徹底した。

実際のやり取りの中では、最初か2回目のメッセージで初回デートの条件として、30分5千円くらいのイメージで「お茶や軽いランチ0.5、食事1、飲み2」と提示し、それでオーケー場合だけやり取りを重ねた。

スタートから2週間で無数の相手とやり取りし、条件オーケーでやり取りした相手は、手元に残ったエクセルメモによれば35人。そこからこちらの振った他愛も無い話に付き合ってくれるかどうか等、印象が良かった相手を7人選んでアポを取った。実際には10アポを取ったが、ドタキャン1人、直前やり取りで業者臭を感じたので断ったのが2人いた。

7人目との初回デートが終わった時点でアポ終了し、2回目のデートをし、その後も会う人ができたのでアプリは辞めた。1ヶ月で退会できたので良かった。

会った相手

それぞれ簡単に書いていく。

1人目 : 20歳金髪自称モデル

お茶、お手当0.5。メッセージで盛り上がった話題を振っても反応が鈍く、気に入らなかったのかと思ったら露骨ホテルを誘ってくるので、業者かその類いだった。パパ活にも業者がいるんだと関心した。

2人目 : 27歳、キャバ

和牛割烹、お手当1。美人だしさすがに話し上手。パパ活世界では27歳はババアですよと謙遜していたが、普通マッチングアプリで会う人に比べれば極上の女性だと思った。すごい世界である

初回は30分5千円でオーケーしたけど、次回からは倍にして欲しいとハッキリ言われた。謙遜どこいった。条件合わないので残念ですと断った後、それはそれとして楽しく食事しながらお互いのパパ活情報を交換し、最終的に店の名刺を貰ってLINE交換して別れた。ちなみに後日接待で1回行ったら15万行ったので2度と行かないことにした。

3人目 : 24歳、家事手伝い

和食ランチ。お手当0.5。映画の話で盛り上がったが、途中で実はバツイチ子持ちであることが判明。それは別に構わないのだが、日中の限られた時間しか会えないというのがネック。向こうの希望は短時間で会ってサクッとやることやってお金もらうこと。希望とは違うので、とお断りした。

4人目 : 25歳、OL

飲み。お手当2を提示したら1で良いとのこと。既婚者で、お金はそれほど主目的じゃなく、楽しくデートできる相手を探してるとのこと。普通マッチングアプリでは既婚者はNGなのでパパ活アプリで探していると言っていた。

既婚者な点は引っかかったが、楽しかったのでまた飲もうと約束してバイバイ。だが翌日から連絡が取れなくなった。振られたのだろう。

5人目 : 20歳女子大生

お茶。お手当0.5。スレンダーで綺麗な顔立ちで、話していて印象も悪くないのだけど、内心では拒絶感を持ってる雰囲気がどことなく透けて見える。時間をかけて打ち解ければ態度が変わってくるのかとも思ったが、それとなくお断りしてしまった。

6人目 : 21歳、女子大生Y

鉄板焼き。お手当1。就職活動中の4年生。黒髪だったこともあって物静かな子に見えたが、話を聞いてみるとなかなかだった。過去に1人定期的なパパがいたが、向こうが本気になって、お金抜きで付き合ってくれと頼まれて別れたそう。はじめは緊張していたが、だんだん打ち解けることができた。条件面でも折り合ったので、2度目のデート約束した。

2度目のデート夕方から水族館食事。3度目は朝から日帰りでお出かけし、大人関係になる。その後、月に3〜4回会うようになり、今でも続いている。春に大学卒業した後にどうなるかは未知数で、向こうは続けたいと言ってくれていて、こちらもそうなれば良いなと思っているが、実際は難しいんじゃないかと半分諦めている。

7人目 : 25歳、ショップ店員T

ランチ。お手当0.5。写真は角度が微妙で期待してなかったが、ものすごい美女スタイルも抜群。訛りが強いのも魅力的。あるスポーツをやっていて、その影響で引っ越したばかりでお金に困っていると言っていた。なかなか時間が取りにくそうなのがネックだったが、話していて楽しく、条件も良かったのでまた会う約束をした。

2度目は夕食。3度目に泊まり。その後も定期的に会うようになったが、時間が合わなくて月に1回会えるかどうか。なかなか連絡のレスポンスが良くないので、他にも定期的に会う相手がいるのだろうと思っている。

費用まとめ

かかったお金など。

最後

パパ活が良いことだと思っているわけではない。アプリ登録する際や相手と直接会う際には大きなリスクを感じていたし、今でも社会的リスクを感じている。家族、部下、友人、取引先には絶対知られたくない。

それでも気の合う相手ができ、その相手一時的しろ、お手当というブースト効果があるにしろ自分と打ち解けてくれて疑似恋愛気分を味わえて、少しずつ互いを理解して仲が深まってくるのは、あらがえない魅力である。もう風俗などは絶対行きたくないし、どんどんドツボにハマってしまっている感覚がある。

パパ活によって女性側が金銭感覚をマヒさせられるように、自分普通恋愛には戻れないようマヒしてしまっていると感じる。

2020-01-19

anond:20200119164538

まずは同性だと思う。

中学生で脇毛が生え始めたころ、水泳の授業で脇毛を剃ってないことをからかってきたのはクラスカースト上位の女子

うっすら生えていた産毛のようなヒゲ(女でもヒゲは生える)を「恥ずかしいから剃るように」言ってきたのは母だった。と言っても男性だって脇毛ボーボーの女に対する拒否感は(一部のマニアを除いて)あるだろう。というわけで、女がムダ毛を剃ってないことに対して拒否感を示すのは男女両方にあると思う。でも直接指摘してくるのはまずは同性である女性だった。あくまで私の場合だが。

年収比率について

適当に書く。

年収500万〜600万を超えると比率が大きく下がっているような気がする。多分30代で600万越えはかなり少ないのだと思う。

でも、イメージ的には1000万以上かそれ以下で線引きしてる人が多い気がする。

クレヨンしんちゃんのパパが30代の平凡なサラリーマンで600万越えとかそうじゃないとか。嘘かもごめん。でもそんな感じだったような。

まり、平凡なサラリーマンなら年収600万が妥当だということか。

毎日満員電車に揺られているスーツ姿の男性サラリーマン達。確かに彼らの年収が350万とかイメージと合わない。やはり600万くらいもらってそうだ。それに、満員電車に乗ってる50代くらいのしかめ顔のおっさん年収が600万とかだったら、すくな〜って思う。800万以上もらってるのならギリ妥当かなと思う。

でも1000万以上ってなると年齢とか関係なくて、医者弁護士かな、大手商社勤めかな、そこそこの企業部長クラスかな、とか、そんなイメージだ。

よく分からなくなってきたけど、その辺の30代以上のサラリーマンならやっぱり年収600万以上もらってるとしか思えないのだが、現実はどうなんだろうか。

ほんとに満員電車に揺られてるスーツ姿のサラリーマンの大半が350万くらいしかもらってないのかな?そんなわけないよね?

anond:20200119115801

それも前も同じ話をした anond:20200103191240

現在既に英語ガンガン職場電話個人メールアドレスヘッドハンティングが来るレベルならいざ知らず(Oracleにいた時にそんな人がいた)

そうではない平々凡々のなんならデキの悪い我々のテック年収に影響を与えるのは

せいぜい500万、大甘に見ても600万くらいまでである

以降はテック以外の要素が給与に占める割合デカくなる

ワールドクラス異次元クラスエンジニアではないのならね

YouTubeとかで高校生合唱コンクール吹奏楽演奏動画を見るのが好きなんだけど

昔は何とも思わなかったのに「黒い髪」「黒い瞳」「黄色い肌」という日本人の特徴の人間けが

たくさん集まっていることに違和感を覚えるようになってしまった。

何となく黒人とか白人とかヒスパニックとかイスラム系とか

多様性のある」人々が集まっていないと『これっていいの?』って違和感というか妙な義憤みたいな感情を抱くようになってしまった。

しかも、そんな義憤を抱いてる自分に、「俺は正しい感性を持ってる」っていう自己陶酔まで抱いている。

たぶん海外映画とかドラマとかニュースとかSNSを見た影響だろう。

だけど言うまでもなくこれはグロテスクな考え方で、別に特定人種けが多数集まっているからといって怒りを感じるこちらの方がおかしい。

というかむしろ多様性が無い=邪悪という考え方は逆に差別的ですらあるだろう。

クラス部活の仲間と一緒に頑張っているだけの高校生のは悪人でも罪人でも何でもない。

ただ俺が身勝手不快に思っただけだ。

人の感性は意外と影響を受けやすいし、しかもその影響が正しいものとは限らない。

たぶんこれは「自分正義を盲信して他人を傷つける人」になる前の初期症状だと思うので、自分自分に気を付けることにする

2020-01-18

anond:20200118172107

地域差でしょうか… 確かに偏差値の高い高校の方が校則が緩い傾向はありましたがよくて通学カバン自由程度でしたね…。

少なくともクラス(他のクラス隔離されていた)では可愛い子もすっぴんだったので多分放課後に塗ったか化粧が多数派校則が気にならなかったのか…

うまくやることができなかった自業自得な面があるとはいえそもそも校則がなければ無問題だったのに… かなしみ。

(校則違反してもブス。ってなんか似たような俳句あったようななかったようなってふと思った)

anond:20200117141801

元増田のような神様的な出来すぎた浪人ライフを送ってる人もいれば、一方で俺みたいなガチ屑も存在する。

光があれば陰もある。当然のことだ。

現役の時、私立全滅、国立前期も落ちた俺は親から浪人をしてはいけないと釘を刺されていたので最悪就職について思いを馳せつつ毎日腹を酷く下すほどストレスを抱えていた。そんな最中、某底辺公立大後期課程に一抹の希望を持って挑んだ。

私立全滅、国立前期落ちで一ミリたりとも自信を失っていたのでおよそ9割型落ちてるだろうと思いきや、なんと受かっていた(!)

この時はかつてないほど安堵してたが、両親から浪人してもいいよ(!?)と言われ、とても戸惑った。

ダメって言ってたじゃん。何のためにここまで酷いプレッシャーの中で受験したのか。

と思いつつも、当然合格した大学はずっと行きたかった大学ではなかったので、有り難く予備校に通わせてもらうことにした。あと一年あれば余裕だろ笑寧ろ東大受かったるわ笑と浪人を軽く捉えていた。

—————-

4-5月

このうちはやる気が滾りまくってたし、1回目の模試第一志望校がB判定だったので、もしかしたら頑張ればマジで東大かいけるんじゃね笑笑とさえ思っており、1回目の模試が良かったことですっかり天狗になっていた。

そう考えてた俺は手の施しようのないアホだった。浪人生は一年アドバンテージがあるので、判定が良く出るのは当然だ。それなのにそれを盾にして自分が優れていると思おうとは言語道断のアホと言えるだろう。

だが天狗になってたとはいえこの頃はかなり頑張ってた。一日9-10時間程度。

6月- 7月前半

既にダレ始める。一ヶ月強ではじめの頃の炎は消え去っていた。この時点でもう辛かった。一日7-8時間程度。

7月後半-8月夏休み期)

空前絶後サボり期。特別講義を受けるために、他の校舎に行き講義を受けたあとは、食べログラーメンを調べて、食べ歩き回っていた。他の浪人生はせっせと勉強しており一秒たりとも時間無駄にできないのにも関わらず。平気で数キロ離れた美味しいラーメン屋(★3.5↑)さんに行っていた。当然ながら時間蛇口を全開で回しているが如くドバドバと浪費。無論このラーメンを食べるお金は昼飯のために両親が出してくれたお金だった。普通親思いの浪人生はここで一食800円や1000円も使ったりしない。浪人させてもらっているという負い目があるから、せめて昼くらいは安く済ませようと500円,600円の定食うどんを食べるだろう。

けれども俺は屑だった。申し訳ないという思いが頭の片隅にありつつも、何か正当性のある理由をつけて勉強をしたくないという考えが自分支配していたのと、単にラーメンに関してはグルメな一面があったので、”特別講義を頑張った自分へのご褒美”のため美味しいラーメン屋さんでお昼を食べるという理由があるから多少勉強の開始が遅れてもしょうがないという謎理論の下、ラーメンを啜っていた。

これで何時間も潰してしまったとき自己嫌悪で死にたかった。

たこんなこともよくあった。勉強が嫌すぎて、両親には図書館勉強すると言っておきながら、実際図書館では本を読み漁っていた。勉強するくらいなら今まで全く興味がなかった読書さえ何よりも楽しく輝かしいものに感じられた。

ソシャゲ徹夜なども何度かあり見本にすべきでない浪人生の象徴にほかならなかった。一日3-4時間程度の勉強だった。

9-12月

夏休みはかなりサボってしまったという自覚があったので、ちょっと頑張り直す。だが、夏で身についたさぼりぐせはなかなか抜けない。しばしば予備校後に家ではスマホに夢中になる。一日5時間程度の勉強

センター直前

センター直前にも関わらず、過去問すら碌に解かなかった。一日4-5時間程度しかやらなかった。それ以外はソシャゲをしているというカスっぷりだった。

センター

センターが酷すぎた俺は、両親とまじめにf欄大への進学について話し合った。両親から持ちかけられたことだったのでf欄も考えればという言葉は余計に胸に突き刺さっていた。(模試でニッコマがD判定だったので当然の対応だと思う)自業自得とはいえ現実を突きつけられるのはかなり辛かった。

話し合ってる間は、睫毛が濡れて翌日目がものもらいのように腫れあがるほどボロボロとずっと涙を零していた。

流石に危機感を感じたので、この頃から死ぬ気になって勉強した。(我ながら遅すぎるとは思ったが

サボっているのに自己評価だけは高かったので、f欄大なんて天地がひっくり返ろうが何が起きよう行きたくなかった。今思えば、アホの極みで恥ずべきことだが、俺はもっと上だ。そんなところ俺が行く大学じゃないと思ってた。めちゃくちゃ見下していた。勉強分相応のところしか行けないのだから、f欄大にしか行けないのもそれくらいの能力しかなかっただけのことのなのにプライドだけは一丁前だった。

その熱心な勉強のおかげか私大はニッコマクラスに、国公立は現役より若干上の国立大に受かった。

—————-

浪人しても俺のようにダレる奴が一定数いる事も肝に銘じてほしいと思い書いた。

決して俺の浪人話はサクセスストーリーではないだろう。それだけならばまだしも

サボってる浪人生は途轍もなく死にたくなる。頭ではやらなければならないと分かっていても行動が伴わない。だから、そんな自分に対する嫌悪が膨れあがる。結果コンナゴミイキテイテテモシカタナイナという思いが常に内在するようになる。自己評価が低くなり卑屈になる。

予備校講師の人が言ってたが受験期に受験を苦にして自殺するなんて勿体なさすぎる。浪人時代なんて人生のごく極々一部に過ぎない。という言葉が嫌に印象に残っているが、今ではこれは本当にその通りだと思う(当時は何言ってんだ、その極々一部が死ぬほど辛いんだろうが。だから死ぬのも仕方ないだろ…。とか思ってたけど。)大学楽しいし、自分の好きなことがたくさんできているので充実感がある。大学卒業してもこれから楽しいことがたくさんあるだろう長い人生、あそこで死んでたら勿体なかったと思うし、今思えば浪人時代に悩んでいたことはなんて小さかったのだろうとも思う。でも、経験たからわかるがあの時はその悩みが何に替え難く切実だった。危うく人生に終止符を打ってしまうほどその悩みは大きかった。鎌を持った死神のように命を奪う機会を虎視眈々と狙っていた。実際俺は浪人時代軽く100回は死にたいと思ってた。未だによく実行しなかったなと思う。

以上の経験があるので、俺は全く浪人お勧めしない。

本当にやめとけ、罪悪感と自己嫌悪で死にたくなるから死にたくなかったらやめとけ。ここまでいってやろうとするのなら止めはしないが

プログラマーに戻りたいんだけどSES正社員派遣どっちが良い?

派遣も時給1600円クラスのやつだとして

anond:20200116171055

弊社は半々というか運が良ければ継続する人もいる、という感じ

IT屋なので例によって病む人は一定数いる

復帰する人と復帰してもすぐ辞める人の差は何かと考えてみた

・ごく若い・下っ端平社員は残る

部長次長クラスも復帰して残る

・それらの中間は辞める

という感じだと思う

2020-01-17

anond:20200117215754

クラスのみんなには内緒だよっ!←鹿目さん私も魔法少女になったんだよ!!

anond:20200117204928

サボってたとはいえ、1日3〜4時間勉強してて偉いじゃん

でもそれでニッコマクラスしかからないって元がひどいのかよっぽど効率の悪い勉強してたのか

anond:20200117140414

人物紹介

 

おねーちゃん主人公 それ がスタートしたそばにあるお城の住人

 

それ:おねーちゃんちで、といれをかりた。(勇者クラスチェンジする資格を持つ)

 

(この物語での)勇者義務:かならず1つの魔王を討伐しなければいけない

自分政治信条がわからない

保守だの、リベラルだの、ネトウヨだの、ネトサヨだの、罵詈雑言が飛び交っているが、

恥ずかしながら自分政治信条がどこに属しているのかわからない

9条矛盾解釈でなんとかするのが自分の考えに近い。仮に改憲するなら自国を守るために、日本領土領空領海内でのみ戦闘行為許可すると明言してほしい

年間120万?40万?非課税なら、全国民所得税の控除額を40万引きあげろ。事務手続きコストを考えるともっとも正しい。ふるさと納税は当初の目的とずれすぎているので廃止すべき。

ただし、クリニックでの処置と大病院での処置差別化必要な気がする。やはり保険なのだから原則として大きな病気、高額医療になった人を助ける仕組みであってほしい。

まり病院に行かない人は損だ!という人がいるかもしれないが、自分病気になった時に高額医療破産しなくてよい権利を購入するもの保険なので、損とか得ではない。

しろ健康な方が人生でみたら得である

GoogleとかAmazomみたいな会社税金払わないのはどうにかした方がいいと思う(もちろん日系企業も)

もちろんお金配った方がもらった感を出せるのでありがたみがあって、所得控除なんて知らん間に消えてるので、ありがたみのために金配ってるのはわかるけど、

とにかく事務手続きコストが高すぎる。3万円配るのと、3万円減税されるのは同じ。所得が少ない人にのみ配るのはOK(減税する分がないため)

保育園問題は、正直素人が思いつくことなんて全部誰かが思いついているわけで、それができていないということは

解決策だと思われる対策が別の問題を引き起こすからなんだよね…

外国のやり方をみるに、普通に毎月10万くらい保育園に払うように変えた方がいいのでは…(で、所得控除

各園がまず真水のお金が増えることが裁量を増やすのに重要で、補助金で首根っこつかみながらやるのでは、保育士給料を上げるなんて

到底できないのでは。世の中の人の話を聞く限り、激務じゃなければ保育士として働きたい、子どもが好きという人は多いし、

単純に各園の子ども一人あたりの保育士の数を増やす、というので働きたい人は多いと思うんだよね。

認可や認証、無認可(その中でも高品質、高保育料のところ、認可レベルのところ、低品質のところ)が乱立していることも問題だし、

どうしたらいいんでしょうね、この分野。

田園風景、山の麓といった場所ではなく、県庁所在地レベル地方都市のこと。住んでる人の多くが第三次産業地方都市のことで、

農家漁師の話はここではしておりません。ヨーロッパのまちをみると、人口20万人、30万人クラス都市でも

相当に文化的暮らしをしている。そういう街には、何個かのその街を代表とする企業があり、大学があり、

大学連携して研究所があり、そこから派生して様々な産業が生まれるという、おらがまちといった印象がある。

逆に日本地方都市は、東京にある本社の支社があるだけのまちになってしまっていて、本当に良くないなぁと思う。

一時期、福岡はいモデルケースになりそうだったんだけどなぁ。最近、あまり聞かないですね。

下手によくわからない教科書やわかっていない教員の授業をするくらいなら、文科省主導でめちゃくちゃおかねかけて

オンラインコース(または動画教材)つくったら?と思う。唯一の懸念文科省主導でやったら、落合さんに監修させそうなこと…

いや、落合さんは研究者コメンテータとして優秀だと思うけど、頭がいいのでわからない人の気持ちに寄り添ってくれなさそうだし、

もっと落ち着いた人の方がよいなぁ。でも、ネームバリュー喜連川先生かにされても困るなぁ。

あ、喜連川先生がだめというわけではなくて、やはり大御所先生はとても頭が良くて研究熱心なんだけど、

必ずしも教育に向いているわけではないってことです。

CSがわかっている大学教授、実務でコード書きまくっている人や評価されている人(まつもとさんとか?)、情報系と教育系の境界領域にいる人

あたりで監修すればいいのかな?その組み合わせによっては喧嘩になりそう。

ま、小学校でやることじゃない気がするが。やりたきゃアルゴリズムの本でも読め。

基本的自分時間を使うこと、paper workが本当に無駄だと思っているので、ベーシックインカム所得控除の二本立てで

全部の政策を整理しなおしてくれる政党がいたら、マジで応援する。

いろいろ書くと、自分リベラル寄りな部分もあるけど、保守っぽい部分もあるし、どうなんでしょうか?

2020-01-16

anond:20200116121623

びっくりしたし、嬉しかった。珍しく父がめちゃくちゃ褒めてくれたんで、それが嬉しかったな。

4大に進学させてもらえるのかなって淡い夢を見たんですね。短大進学クラスなら美術があったのに

4大進学クラス美術の授業が無くて、4大進学クラス美術の授業がないから、美大は受けられないんです。なのに推薦貰ったのに4大行くなと。

辛かったな我慢したのに。父に泣きつかれたんで、付属短大(だと思われてるけど成績はある程度ないと行けません)にしたけど

父の言うことがあんまりなので、どの学科でも余裕でいけたけど、父の推す初等教育はいきたくなくて、学科だけは

好きにさせてもらった。その代わり教職の課程を必ずとることと言われましたね。

馬鹿馬鹿しい話なんでしょうけれども、

4大行っていいと言われていたんで、父を信じていたんです。短大でいいやって人は短大進学クラスに移行した友達もいたのに。

土日も学校制服で通って、テスト受けたりしてたのにね。

それくらいで、努力もしてなかったけど。こんなに親の言いなりで真面目にやってたので、ほんとこの状況は何だろうなって思います

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん