「空気」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 空気とは

2017-09-20

信頼と仕事量、単価の引き上げ

仕事をして信頼をつむ。

経験効果生産性が上がる。

仕事が増える。

ここで経験効果生産性が上がった分をマージンとしてとらずに見積もりを申告した時、辛くなる。

仕事が増えてきた段階で、その組織からは抜けられては困るポジションにいると思う。(コミュニケーションライン確立 × 暗黙知理解 × 生産性の信頼 などなどをかけ合わせると同じ人を見つけるのは先ずだるい。その人が開拓した仕事領域もあるだろうから、そこをインハウスでやろうとすると発注側がキャッチアップしないといけなくなるし。)

外注立場が少し上がる。

このタイミング、もしくは少し前ぐらいで単価の引き上げ交渉をしておくのがいいのではないかと思う。

早い段階から言うと軽視され、断られるかもしれない。

しかしズッポリはハマった段階で、抜けるとかいう話をすると「あ、、以前の単価交渉が気に入らなかったのか・・・」という話になると思う。

表向きは全力でそういう空気は出さないが。

そういうずる賢いことはできないんすけどねー。

ただ、結構単価って決まるとき雰囲気で決まるし、上げやすときに上げておいたほうがいいと思う。

予算が決まれば相当のことがないとうるさく言ってくることはないだろうし。

いってくる会社は賢いだろうね。


何がいいたいかって?働くのだるい

プログラマだけど苦手なもの

インフラAWS

vimとかemacsとか

コマンドライン、UnixLinux

チケット駆動

 

ここらへん得意なスーパーマン居るけど、すごく適正の壁を感じる

できて当たり前みたいな空気辞めてくれ、凡人はツライ

私の差別意識

ここで告白させていただきたい。

私はリア充が嫌いだ。

女にモテないを通り越して、モテる女、というか世の中の女性全般軽蔑しつつある。

特に、夢を追ってる女たちが嫌いだ。

人生は金じゃない、食えなくったっていい、と言いながら、どうせ適当なところで結婚に逃げるんだろう?と心の中で軽蔑してる。

さて、しかしそれ以上に嫌いな人種がある。

それは、一人暮らしで部屋にソファを置いているやつだ。

自分でもなぜかよくわからないが、リア充以上に、パリピ以上に、一人暮らしソファを持つ人間が嫌いだ。

口もききたくないし、同じ空気を吸いたくない。

あれが素晴らしい道具であることは認める。

家具屋でソファに座るたび、気持ちよさで憎しみを忘れそうになる。

しかし、ダメなのだ

なんていうか、ソファだとデスクワークできないだろう?

デスクワークがはかどるなら、世の中のオフィスチェアは全部ソファになってる。

あんな深く座ったら、飯も食えない。

テレビを見ることくらいしかできない。

そうだ、テレビそもそも嫌いだ。

実家ほとんどテレビをみない家だったせいなのかもしれない。

父は基本的には理性的で、まともではあるのだけど、教育に対して偏屈なところがあり、

テレビ新聞などというものを楽しむのは、二十歳を過ぎてからでいい。

新聞なんかを読むような軽薄な時間を過ごしてはいけない」

などと、変なことを言っていた。

新聞を読むなんてむしろ上等なほうだと思っていたけれど、時の洗礼を受けた本を読むように言い聞かせられたせいで、テレビ新聞を毛嫌いする性格は引き継いでしまった。

話を戻そう。

ソファを置くということは、自室で勉強しないと宣言しているようなものだ。

座るだけで時間を浪費するし、ダイニングテーブルダイニングチェアデスクワーキングチェアソファセンターテーブル、この3セットを置けるような一人暮らしの部屋などないので、ソファ選択した時点でデスクを置くことをあきらめる場合殆どであろう。

向上心がないやつは生きてるとはいえない。

自室でソファに座りテレビをみるようなやつは、死んだほうがマシだ。

世の中のソファがすべて燃えしまますように!

ファッキンソファ

最近空気の壁で雨粒を弾く傘が開発されていることを知った

ヒカルの碁で傘はいつまでたっても傘だと佐為が言っていたのも今は昔

人類が月まで行っても傘は傘だったのなら、傘でない傘が出たときにはどこまで行けるだろう

2017-09-19

今日、同僚が蒸発した。

先週から入院していると聞いていた。

けれどどこかで、そうではないのではないかと思っていた。

連休明けの今日、彼が蒸発したと聞いた。

蒸発。気体化。空気

こう言ったらとても失礼かもしれないが、とても彼らしい気がした。

もしこの記事をどこかで見ていたら、会社は君がいなくても回っているし、何も心配ない。

家族には責められるかもしれないけれども、それは君を愛して心配している証拠だ。会社が君に詰め寄るのとは訳が違う。

からどうか、愛する家族の元に戻って欲しい。

そして今日までのことを黒歴史にして、またリセットボタンを押して、生きていって欲しい。


という、俺のエゴ

俺がアスペ上司アスペ

いつか奴とは殺し合うことになるだろう。

今の社会を守るために、俺と奴の両方がこの国の表舞台から消えたほうがいい。

から俺達は殺し合うべきなんだ。

戦いが始まり1人が死に、1人は牢獄へ。

そして世界は少しだけ普通の人にとって都合が良くなる。

普通人間の事ばかり考えるこの時代アスペ同士が手を取り合ってぶち壊そうと考えるには、普通の人に優しくされ過ぎちまったよ。

一人一人は優しいのに、集まるとなんであんなに残酷なんだろう。

あの優しい普通人達のために、俺達アスペは殺し合うしかないんだ。

だけどもう少しこの社会に留まらせてくれ、もう少しだけシャバ空気満喫したら、きっと殺し合うから

それまでは優しく見守っていてくれ、石を投げるのは俺がナイフを奴の喉元に叩きつけるその日まで待っていてくれ。

地方投資したってヒモ付き野郎が儲かるだけだからやめとけって空気になりつつあります

カラオケ盛り上がりそうなウルフルズの曲、アレだよなぁ

カラオケガッツだぜを歌おうとして途中の下ネタ(ハメたいなど)で、えっこんな歌詞だったの…みたいな空気流れるのでサビだけバージョン実装はよ

オタクに限らず、はてなーに限らない

映画アニメの話に限らず、政治の話に限らない

正しいと間違い、良いと悪いのようにプラス属性マイナス属性の二つのフォルダがある

なにか新しい話題があるたびにどちらかにそれを入れる

どちらに入れるかは、入れる時点での周囲の空気により決まる

一旦フォルダにいれたものは余程のことがないと取り出さな

まり良い話題はずっと良い

間違っている話題はずっと間違っている

判定基準はその話題がどちらのフォルダに入っているかである

すでにある話題が出るたびに、どのフォルダに入っているかを参照してその立場から発言する

これを議論と呼びます

議論により大きな空気の変化が感じられたとき、その話題は2つあるフォルダのうちもう片方に移動される

もう片方に移動しても空気とうまく合わないとき、その話題フォルダに入らないので捨てられる

うそ話題議論に登場することはありません

57 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載禁止です (ワッチョイWW ab6e-z7GF) :2017/09/19(火) 02:53:19.76 ID:zzNbqPjn0

これは内藤湖南勝海舟もいってることだが、中国というのは歴史的国家人民とがばらばらで結びついておらず

それはイエの延長としてクニがあるような集団主義ムラ社会伝統国家にまで敷衍するジャップランドとは

そもそも人々のクニに対する認識と関わり方が全然違う

現実中国人と接すればよくわかることだが、中国人ってのは全然空気」を読まないし、

杓子定規形式に堕したコミュニケーションを嫌うし、儒教を生んだ国であるにも関わらず

ジャップとは「秩序」に対する考え方がまったく違う、ということがよくわかる

もちろんこれは「中国人ルールを守らない」みたいなバカネトウヨレイシズム肯定する意味でではなく

単純に中国人ジャップよりもっと本質的意味において「自由」な人々だということ

現代的なICTスタートアップ競争においてジャップ中国人にかなわないのには理由があるわけだ

こうした大陸的な気風ともいうべき、中国人の「自由」は、国家に対する無頓着な態度として現れるがゆえに

近代においてはおもにジャップによって苦しめられるという危機を招いたわけだが、しかし、いやむしろ

そのように無頓着であることによって、歴史的中国は常に多民族国家としてまとまりを維持することができたし

近代以前の封建体制下においても常に中国人商人として成功してきた

もし中国人国家に捕らわれているというのなら、どうしてあれだけの数の中国人が新しい生活を求めて移民

また歴史的にもそうし続けることによって、華僑世界中に産んできたのか?

国家民族と人々の生活が密接して分かち難く絡まり合っていると考えるジャップ的なイエ国家からすると

なるほど、国家のあり方は人々のあり方を規定し、その「食い違い」は、深刻なカタストロフを生むようにみえ

抑圧的な体制は、人々を現実生活世界のさまざまな微細な局面においても抑圧すると考えがちになる

まあ中国政治的な抑圧が存在しないとは到底いえないので、それは必ずしも間違いではないのだが、

しかジャップとその社会が、本来自由民主主義的な国家政府と、自由民主主義的な権利保証された人々によって

統治されているにも関わらず、なお全然自由」ではなく、むしろ場合によっては中国人よりも

不自由であることが多いように、国家と人々のあり方もまた常にジャップ観念通りではないと知るべきだろう

中国人は、ジャップのように必ずしも統制されなければ生きていけない人々ではない、というわけだ

2017-09-18

anond:20170918133845

告白する側の言い分はある程度理解するけど、接する側としてはだね。

特段嫌いでもない、何なら本当に世話になっていて普段から接点のある人に対して、殊更に冷淡に振る舞うというのは中々しんどいものだよ。

だって、他の人とはお昼ご飯食べるのにその人とだけ食べるのを避けるとか、帰り道一緒になるのわざわざ避けるとかイジメじゃん。

まあ私は幸い(?)思いっき不細工なので、普通に礼儀正しくしてても相手恋愛スイッチ押しちゃうことはほぼ無いんだが、

(外見に気を使ってないという意味で、清潔感とかの部分で礼儀を欠いているともいえる)

逆に、たまに変な空気にならずに、普通に友達として好意的に接してくれる男性がいると、それを理由に好きになっちゃうことはある。

めんどくせーなお互い。

anond:20170918170628

日清カップヌードルなんてもう国民の大半が知ってて当然の商品なんだから

そのまま普通CMしてたらただの空気みたいな存在になってしま

定番商品からこそ衆目を浴びる広告を打たないといけないんじゃないか

理系大学院生による告白ガイドライン

https://anond.hatelabo.jp/20170918002546

最近、「告白ハラスメント」なる概念流行しているらしい。大学院界隈でもちらほらとそのような話を聞く。

こちから見ると、勇気を振り絞った一世一代告白があたかセクハラのように扱われるのは非常に心外である

しかし、この問題は、おそらく向こうが思わせぶりな態度を取ることで、こちらがてっきりOKだと勘違いすることが原因だと考えられる。

そこで、男子大学院生は同じ研究室女生徒から何をされたら告白OK判断するのかをはっきりしておきたいと思う。


(1)「2人で食事」は告白OKサインとみなす

2人で飯を食べるのは実質デートである

それを拒否しなかった時点でこちらは「もしかして…脈あり?」と判断したくなる。

その日偶然学生食堂に2人で行くにしろ、2人で食うのが嫌ならば適当に逃げるはずである

逃げない、ということはデートしていいということではないか


(2)「2人で下校」は告白OKサインとみなす

下校中隣で歩いていたり電車で立ったり座ったりしている時は食事中よりよほど近い位置にいることができる。

それが拒否されなかった時点で、こちらはやはり脈ありではないか判断している。


(3)「相談事」は告白OKサインとみなす

自分の悩みを打ち明けてくれるのは実質彼氏彼女関係と言っていいと思う。

そうじゃなかったらやるな。


代表的な事例としてはここらへんがあると思う。

もう一度言うが、向こうがそういう態度を取るからこちらも告白していいと勘違いしたくなるのであって、こちらだけに責任があるような言い方は心外である。あるのは好意のみであって悪意などではない。

「察しろ」「空気を読め」など偉そうな批判も控えて欲しい。大体、理系特に旧帝大辺り)の男子大学院生ともなれば、小学校を出たら母親以外の異性と接触する機会がない院生も珍しくない。母親彼女のように扱って練習しろとでも言うのだろうか。


こちら側の誠意としてガイドライン提示した。

からこちから告白を「ハラスメント」扱いするなら、せめて思わせぶりな態度は取らないで欲しい。

それが、我々男子大学院生から全ての女性への要求である




(追記)

むしゃくしゃして書いたのだが、意外と反応が多くて驚いた。

いくつか補足しておこうと思う。


一応マジレスしとくと、いくらなんでも学食ノーカン、下校一緒もないないないない。学会で同行もノーカン

http://b.hatena.ne.jp/entry/345038556/comment/work_memo

そうだとしても、理性と感情は違う。

2人で食事や下校という状況で「〇〇さんにはいつもお世話になっております」「色々お話させてもらってよかったです」とか言われると、頭の中の恋愛スイッチが完全に入ってしまう。

そうなると、後はどこで彼女とできるだけ接触する機会を作っていつ告白するのかしか考えられず、理性でしか考えられなかった。

から予防措置としてそもそもサシ飯なんてやめて欲しかった。


増田のような人達に問いたいけど、友達、仲間、ただの同級生・同僚との区別をどうつけてるんだろう。男性同士でも親しさの度合いはグラデーションあるだろうに。つか一緒に学食でメシ食ったら親友なの?

http://b.hatena.ne.jp/entry/345038556/comment/movesinthefield

確かに、男性なら普通に友人付き合いなどグラデーションのある付き合いはするので原因について考えてみた。

前提として、特に博士課程の大学院生は多かれ少なかれ結婚などの人生ステップについて思い悩んでいるというのがある。この年になると周りが徐々に結婚したり親から「いつ結婚するの?」と聞かれたりするからだ。

から男性女性では接する時の気持ちが全く異なる。もちろん仲のいい男性の友人もいるが、いくら仲が良くても結婚やその後のステップには至らない。

一方で女性、それも同年代院生であればその可能性がある。かなり小さくても、男性の0よりは大きい。だから交際結婚のチャンスがないか、というのはどこかで常に考えてしまい、結果として上記のようなイベントきっかけにすぐ次のステップに進みたくなるのだろうか、と推測している。

同性愛などのLGBTであればまたこの境界は異なるだろうが、今は異性愛である自分の話なので考慮しない)


はてぶでの反応を見ると、さすがに「我々男子大学院生」というのは主語が大きすぎたかもしれない。

身の周りの男子大学院生でも彼女がいて、正常に交際関係を築いている者は一定数いる。

「我々、女性経験のない男子大学院生」と訂正させて頂きます


(追記2)

追記を書いていたら思ったよりコテパンにされていた。

でも確かに、男性2人でだったら仲が良くなくても普通にやることなんじゃないか、とだんだん冷静になってきました。

しかしたら、普通に悪いことをしてしまったんじゃないか、と今は思ってます。ここで謝ってもしょうがないけど。

これから先、どうすればいいんだろう。


(追記3)

こんなに愚かな大学院生書き込みに色々な意見アドバイスを頂き、本当にありがとうございました。こんなにネットで反応があるのは初めてで、非常に驚きました。

これだけ多くの反応を頂いて、やっと自分の愚かさを自覚しました。今はもう、自分がしたことも勢いのままにここに書いたことも、涙が出るほど後悔しています

ただ、皆様からコメントを見ると他にもこのように男子大学院生が早まった告白をして迷惑をかける事例は各地で発生しているようです。他に同じことをしでかしそうな院生がいた時、これに対する周りからの警告とその後の私の反省を見ることで誰かに迷惑をかける事例を未然の防ぐために、この記事は残しておきたいと思います。もう最初の方は見返したくもないけど、それは自業自得だと思っております


あとひとつ、今はもう恥ずかしいことでしかないけど参考になるかもしれないエピソードを追加しておきます

紅茶が好きだと言っていた彼女に喜んでもらいたくて、先日「いつも研究頑張っているから、差し入れです」とブランド紅茶(数千円くらい)の箱をプレゼントしました。

その後、自分やらかした後で、封の開いていない紅茶を「そのようなつもりだったなら自分が持っているのは申し訳ないです」と返されました。その時は、物ですら拒絶されたことにただただ傷ついていたのですが、今考えると、告白する前から使っていなかったということはそのような贈り物も距離の取り方としてはよくなかったのだろう、と思います

特定は避けるために一部の事実は変えていますが、おそらく似たようなものでも問題が起きていたと思います


この増田への言及やはてぶの中には、とても具体的で実践可能アドバイスも数多く含まれています

この失敗の記録が、女性経験に乏しい大学院生にとっての助けになればいいと思います

ここで終わらせて頂きます。改めて、本当にありがとうございました

恋をしよう

恋する夢を見た。

 

会社飲み会綾瀬はるかが参加してた。

何故か綾瀬はるかデパート社員らしく、何故デパート社員がうちの会社飲み会に参加しているのか分からないのだがとにかくそこにはデパート社員である綾瀬はるかがいた。

 

現実世界では特に綾瀬はるかファンという事は無いのだが、夢の中で俺は綾瀬はるかの事が好きだった。

そりゃあん美人ニコニコして会社飲み会にいたら好きにならずにはいられない。

 

で、飲み会が進む内に綾瀬はるかの方も俺に好意を持っている事が分かってきた。

それは「もしかすると」という希望的観測から確信に変るほどハッキリと感じる事ができた。

 

自分好意を寄せている相手自分好意を持っていると分かった時の幸せ感覚、心踊る感覚の素晴らしさを分かってくれる人は多いと思う。

俺はあの時の感覚がとても好きだ。実際に告白してOKをもらった時の喜びより好きだ。

あの細胞が震えるような感覚に全身を包まれて、幸せ気持ちで目が覚めた。

 

夢の中なのにキスも手をつなぐ事も無かったのは今考えると残念だが、二人の間に流れるあの濃密な空気、周りから隔絶された二人だけの空間、これから好きな人と付き合う事が出来ると確信した時の飛び上がりたいほどの嬉しさを感じる事が出来て大きな幸せを感じた。

 

たかが夢の中の事なのにこんなに幸せ気持ちになれるのか。

 

前の彼女と別れてもう1年近く経つ。

今は自分キャリアに大切な時期だと言い聞かせて仕事勉強を頑張ってきたが、それは恋する事から逃げる口実だったのかもしれない。

心が枯れてしまう前に恋をしよう。

 

https://anond.hatelabo.jp/20170917183554

うちの実家マンション建設保障でただで契約できるはずなのに、有料番組と込で有料契約させられてた。

有料コンテンツなんて、全く見てないと言っていた。

父が死んだときに、チーマー崩れの兄が恫喝混じりでクレームつけてて、ドン引きしたが、母は雨が降るとBSの映りが悪くなって嘆いていた。

BSは有料範囲で、解約をやりすぎたのだが、兄の恫喝の手前連絡しにくいと言っていた。


実家ではなくうちの方には「KDDI」の販売員が、工事をしたかネットワーク調子を見せろとよく訪問してくる。

一回付き合ったときは、よく判らない箱で速度計測して、接続問題ないが速度が遅い乗り換えないか回線以外はそのままで大丈夫と言ってきた。

横でNTTの速度計測を使い、プロバイダまでは速いこと、ボトルネックプロバイダ側のIPv4転送にあり、プロバイダとも話をして原因の特定はできていること、ただ回線KDDIに変えても意味が無いこと、V6プラスなどのサービスを利用するなら現状でも出来ること、そもそもどこからどこの速度を計測して、何が問題だと思い、何を改善する提案だったのか?と聞いたらそそくさと帰っていったが、KDDI電話すると「契約販売員のすることで」と言う。

契約販売員名刺もたせるのか?御社責任を取れない人間にサ-ビスを売らせて、契約をした私が悪いというつもりだったのかと問うと、貴重なご意見ありがとうございます、今後に反映いたしますという紋切り言葉になったので電話を切った。

私も兄とはタイプの違うクレーマーなのだろう。血は争えない。


いや、そんなことが話したかったのではない。

適切な契約範囲問題解決案というのがあるはずだが、それを提案してくれる販売員というのはなく、大抵契約する側に知識もない。

こういう悲劇は、サービス提供側が徹底すれば防げるはずなんだが、売上を優先してしまうんだろう。

新聞契約もそうだが、契約販売員勝手にやったことなので、と言うかたちで免責されてしま空気は、なんとかならんものなんだろうか。

就活必要な『協調性』が、ない人生でした

院1。夏。もうすぐ学会だ。

学会で忙しいだろうからっていって、1日インターン2つ申し込んだだけにした。

でもきっとそれは言い訳。秋から絶対就活の準備を進める。

さてとインターン見なきゃな、とどの長期インターンはもう終了している。やべー。

ふとインターンサイトプロフィール、いわゆるアピールボードを開く。

所属ゼミ・専攻

アルバイト経験

この二つはもう埋まっている。わりと迷わず埋められたと思う。

所属団体サークル

……。

空欄。

俺はサークル大学1年の夏でやめた。

理由は単純で、一人の方が楽やんとか人と話すネタかばからどう話しかけりゃいいかわからん!とかいうてたらあっという間にハブハブ男。

サークルどころか学科でもそうだった。研究室ちょっとだけ話したかも。4人の研究室。なお1人は失踪。1人は就活

もう1人は、俺が研究やってるのを見てか、こいつについとき卒業できるやろwと思われたのか。共同研究すること。あれ共同って言わないよ。

要は、大学時代からずっとボッチだったのだ。

あーじゃあ趣味を代わりに書き込もう。サークルの代わりになるかな。

自分は一人でチャリでふらっと数日旅行するのが好きだし、それを書いてもいいかな。。。

んでもこの項目で企業が知りたいのは、多分協調性リーダーシップを見たいんやな。

ということは、、、

ここに一人でチャリがどうのこうの書いたってなんの意味もないじゃないか

いや、協調性ってなんだろう。

どうもグループで何かを成し遂げるために必要能力のすべて、らしい。

だとすれば。

だとすれば、人生思い返せば、自分協調性がない。

22の人間人生を思い返すだって笑われるのかも。でも気づいてしまった。

この段階ですでに必要とされていた『協調性』なぞ、俺にはない。



自分がたりタイム

中学時代まで空気を読むの意味が、感覚としてもわからないポンコツっ子でした

まあだからいろいろされる人でした でもそういうことした人に今はうらみなんかありません

というか書きたいそこは本題じゃないですね

高校時代になって初めて、なんとか空気を読むことの理解しました

そのとき自分妥協することでこんなにも認められるんだ!とか思っていました

それが認められたことのイコールにもならないのに

から妥協成功したことは一つの協調性だと思っていました

協調 … 力を合わせてことをなすこと 利害の対立するものが、力を合わせてことにあたること

妥協 … 対立していた者の一方が他方に、あるいは双方が譲ることで意見をまとめること

http://www4.plala.or.jp/k-k/meisai019.html

らしいです。協調性妥協じゃない。当たり前の話なのにあまり考えてもみなかった。


ああーーーーでも気づいてたんでしょう。なあ大1の俺。なあなあなあ。

心のどっかで絶対妥協は逃げで、妥協すれば協調できる、仲間の一員として認められるってもんじゃないことを知っていたはずだよ。

から、挑戦してサークルに入っちゃったんでしょう。

だけどすぐに「しょーじき人生一人の方が楽やろw」とか思っちゃってさ

きっとそういう気持ち大学生の俺自身ハブハブ男にしたわけです。

はい協調性を身につけたい。というかそれで成功体験が欲しい。

こんな悪くもないのに謝罪しまくって妥協し、協調できた気になってる自分を変えたい。

ふと、うちの大学でやっているボランティアを見てみる。


でも深夜はネガティブ思考じわじわ広がりやすい。

「えwお前がボランティア!?どうしたどうしたw」

就活のためにボランティアしてるようなもんじゃんwこの偽善者がw」

「えっはやく論文書いてよ冬来ちゃうし」

「いまさらボランティア!?あんインターン長期いってないのに!?

ボランティア無償だろ?なんでやる意味がある」

特に就活のためにボランティアしてるようなもんじゃんwこの偽善者がw」っていうのが脳内で聞こえる。

「いまさらボランティア!?あんインターン長期いってないのに!?

これも聞こえるけど、まあまあまあ……

正直一番下なんてのはどうだっていい。

就活のためにボランティアしてるようなもんじゃんwこの偽善者がw」これがヤバい

就活のため→自分を変えたい→協調性養って成功体験ゲットして自信付けよう、なんだよね。

不純すぎる。

キモい

考えてみたら行ったって変えられる保証もないじゃないか

また妥協するんじゃないか。もう俺の癖なんじゃないか

もうだめなのかもしれない。なんだか行動する気力をそがれていく。

今日も何も何も決められないまま、俺はリクナビアピールボードのページを閉じる。

協調性妥協の違いのページも閉じる。

ボランティアのページを閉じる。

声にならない叫び叫びたくて、1年ぶりにここに来た。もしかしたらだれか共感してくれるんじゃないかとか思ってしまう。

書き殴った理由はうっぷんを晴らしたくて、だけども。。。

どうしたらいいのだろうか、明日休みを取れたので、とりあえず、寝て起きてゆっくり考えよう。

叩かれてるかもしれんなそれはそれで落ち込むけどもまあまあまあ……

anond:20170918030849

キャラの多い作品になぜかいる男キャラが(ネタとして)空気扱いされることはあるが、

腐みたいなガチヘイトをぶつけられるような事態にはそうならないだろう。

やっぱあの空気おかしいんだよ。

「ウチの夫は仕事ができない」とか、「結婚できない男」とかそういうのに男性差別だーって言ってる人を見た。そういう風に「男性ステレオタイプ押し付け差別的表現だ」と声をあげる事、そしてあげられる様になったことは良いことだと思う。

けど、「女がそういう風になったらすぐ炎上するくせに」「女がそういう風に叩かれたの見たことない」と、女性を下げる発言をくっつけるのは良くないと思う。大嫌いな「クソフェミ」と同じ土俵に立ってるよと言いたくなる。同じ土俵でいたいのかもしれないけど。

それに、そういう「らしさを実現できない事への批判視線」を女性に向けて込められた作品は、もうとっくの昔に沢山あるんじゃないかと思う。古くは「おてんば」「じゃじゃ馬」と言った言葉なんて正しくその為の言葉であるし、料理掃除裁縫が出来ない事を「どうしていい歳の女なのに◯◯もできないんだ、ヤレヤレ」という視点が、空気の様に盛り込まれてる事なんて、ちょっと前ならよくありそうなもんだ。とはいえ、例に出した「おてんば」「じゃじゃ馬」という言葉自体昭和臭がヤバイ事を考えると、もうそういう考え方自体が古いのはわかりやすいと思う。

「ウチの夫は仕事ができない」という言葉自体もそうだが、草食系男子(もう古い)等も、男性に男らしさを押し付け表現行為を、男性に男らしさを求める面を持ちながらもそれを薄めていく作用も持つという、過渡期に当たるのだと思う。「おてんば」や「じゃじゃ馬」が、少女漫画で敢えて「おてんばで何が悪い!」という自称テンプレとして使われた事あったように。

逆張り”というともっとわかりやすいだろうか?

では、”逆張り”が廃れたらどうなるだろうか。それはもう、「おてんば」や「じゃじゃ馬」と同じく、言葉と共に思想概念も廃れていく。男性もやっと、「ウチの夫は仕事ができない」とわざわざ言葉にして「逆張り」されるところまで、やっと来たんだ。

いい時代はもうすぐそこだと、自分は思っている。

コンビニ店長帰ってこないか

前みたいにはてブ牧歌的じゃないしポリコレオタクなど地雷も多いし、あの人が持ってた知識価値観も大して珍しく無くなったというか今更需要もないし、前みたいにチヤホヤはされないだろうな。文章力スゲーという持ち上げも今更通用しないだろう。

からこそ意気揚々と帰ってきて時代遅れになってる姿が見てえ。

改めて登場しないというのも本人がそういうところに自覚的からというのもあるだろうな。そういう空気の読み方はうまいんだな。

2017-09-17

キックカンクルーライブに行った奴

2017年9月7日にあったキックカンクルー復活祭

結論から言うと楽しくなかった。

キックが歌ってる時は楽しかった。最高だった。

でもそれ以外がかなり微妙だった。

書こうか書かないかすごく迷って2週間経ってしまったけど、

やっぱり書く。

当日、

めちゃくちゃ楽しみにしてたんだ。

増田中学生の時にキックカンクルーにハマり、

それ以来大好きだった。

今回13年ぶりの復活で武道館

すげー楽しみにしてた。

偶然にもアリーナ席

ラッキーで楽しみにしてた。

18:30開演。

始まった瞬間、新アルバムの曲でめちゃくちゃテンションが上がった。

「これから盛り上がるぜいー!」と思っていたらいきなりキック

はいー。どうもキックですー。続いてのアーティストこちらー!」

とか言って司会を初めて。

キックじゃないアーティストが歌いだした。

最初ライムスター

まぁわかる。キックと仲良いし。

歌ったのが5曲。いや長くね?

ライムスターが終わってようやくキックが歌うかと思ったら、

「続いてはこちらですー!」ってキックが司会して、謎の藤井隆

まぁナンダカンダは盛り上がったさ。

それ以外は申し訳ない知らん。

藤井隆も出てきた瞬間からずっと「なんかキック待ってるのにごめんー!」ってずっと言ってた。

藤井隆まさかの5曲。このあたりで雲行きが怪しくなってきた。

まぁいい加減キック歌うだろと思ったら、

まさかまさかいとうせいこう

5曲歌う。いや知らんし1曲も。

もう会場はやばい雰囲気

その次、倖田來未

いやキック歌わへんのかい!って空気だった。

倖田來未の時が本当に可愛そうだった。

2階席は座ってるし、

倖田來未が「新曲いくぜー!!!」とか言ってる時に

もう疲れたからアリーナで私が座ったら、

その瞬間周囲が「あ、アリーナでも座っていいんだ」って空気になって、

ど真ん中みんな座ってた。武道館アリーナでみんな座ってるのはじめてみた。

倖田來未MCで「キック待ってたのにごめんなー!」って言ってて藤井隆倖田來未も、

みんなかわいそうだった。この時点で開始から1時間45分経過。

まだキック最初のみ。なんだそりゃ。

倖田來未の時、アリーナで寝てる人いたからね。ビビるわまじで。

その後、キックは出てきて歌ったんだけど、

それはそれで最高だった。

でも盛り上がり切らなくってアンコール発声ゼロだった。




キックさん。

私はすごくすごく楽しみにしてたんだぞ

私の周りもすごくすごく楽しみにして上京してきたんだぞ

なのに「テレビの前のみなさんは〜」

とか言ってんじゃねえよ!!!こっち向けよ!!!

「今度ツアーに来るみなさんは〜」

とか言ってんじゃねえよ!!!こっち向けよ!!!

お前たちの一番のファンは 今!目の前に!いるんだよ!!!カネ出して!!!

それを無視して!!!倖田來未!!!聞かせて!!!どうする!!!!!



いやー嫌な予感はしたんだよなー

やたらとメディア露出してたし

DMMと組んでVRでライブが〜とか言ってるし

ライブチケットDMMのよくわからんチケットアプリだし

しかも発券前後にいきなり「本アプリは終了しました。今後は〜」みたいなアナウンスでていきなりアプリ運用終わるし。


楽しみにしてたんだよーーー!!!

アルバムの曲、全部覚えてきたんだよーー!!!

倖田來未さんや藤井隆さんがかわいそう

あれだけ誰も聞いてない場所にでたくないだろうに

なんかさ、彼ら新しい曲だかアルバムがでるんだって

から来たのかな

無理だって

動物園ゴリラに本を渡してもわからないように、

AKBのお客にキック聞かせてもわからないように、

ファン層が違うのに、無理やり聞かせても嫌われるだけだって

これ誰がokしたんだろ、事務所キック

ライブがひどすぎた。

隣にいた倖田來未Tシャツきてる人がいたんだけど、

周囲で倖田來未disられ続けててかわいそうだった。

KREVAは次の日もライブだったか適当にやったのかな。

そんなことないよね?

おーい!キック運営スポンサー

めちゃくちゃつまんなかったぞー!もう一回やってほしいレベルだぞー!!


これを見たキックファンの人で、

もう一度ちゃんとしたライブをやってほしい人はシェアねがいしま

それが無理でも運営まで届いてくれ〜

しかったんだよー!

anond:20170917225453

やっぱり、航空主兵論のさきがけとなったが、空気で古い艦隊決戦論の延長線のままでボコボコになった日本だわ。

ほんの何年か前まで世界全部の太陽電池シェアを握ってたとは思えないね、、、、。

リチウムイオン電池日本お家芸だったんだけど、やっぱりそれも負けるんだろうか。空気原発優遇をし続けるおかげで。

大運動会かい百合アニメ

バトルアスリーテス大運動会というアニメをご存知だろうか

50世紀の未来舞台として、世界最高のスポーツエリートが出場するスポーツ大会大運動会」を目指して努力する少女神崎あかりとその友人たちを描いたスポ根ストーリーである。(Wikipedia先生

なのだが、放送したのは1997年

1997年といえば、例えばMAZE☆爆熱時空ガオガイガー超魔神英雄伝ワタル夢のクレヨン王国新天地無用烈火の炎とかあの時代だ(エヴァの2年後)

 

あの時代にも関わらず、大運動会最近百合アニメ雰囲気がある

登場人物に男メインキャラがほぼ居らず、そこかしこレズが居る

TV版で主人公三角関係になるが、もちろん相手は全員女だ

 

もちろんスポ根なので日常系かと言われると微妙なところだが

そもそもキャラばかりだとそこかしこ日常系空気が出てくる

最近で言えば競女みたいなもんだ、空気は基本ゆるい

 

最近ますます勢いを増す百合物、女だらけ者だが、似た空気のある大運動会を知らない人が割りと多くて少し悲しい

まれてくる時代を間違えたのかもしれない

あい空気アニメは色々探しているが、90年代00年代は少ないように思える

しろハーレムアニメとかが多かった時代だな

 

ちなみにこの作品メディアミックスされているが、当時よくあった「原案以外内容が違うタイプメディアミックス」ってやつだ

そこは注意して欲しい

個人的にはTV版が大好きだ、ストーリーがとてもいい

 

 

関係ないけど、女だらけもの、男だらけものをやろうとしたら、スポ根がすごくちょうどいいんだな

男子部、女子部で分けられるから、出て来るキャラが全部片方でも違和感がない

弱ペダとか、卓球娘とかな

 

__

 

一応言うと、私はリアルタイムじゃなく、2000年台になってから見たにわかなので

もっと深く知ってる人多いと思う

小説版とか読んでなかった

 

でも何となく見始めて、2日で全部見てしまったくらいに面白いよ。

面白いよ!(語彙がたりない)

流行れ。

彼女に教えられはてなを始めるようになったが疑問がある

カテゴリー毎に纏められた記事は良質なものが多く、

明らかにツッコミどころがあるような記事に対して付くはてなユーザーコメントは正に一刀両断の如く痛快。

そこにはSNSによく見られる馴れ合い空気は無く、はてな雰囲気は正に私にピッタリのサービスだった。

しかし…時折全く解せない記事ホットエントリに上がるのを目にする。

解せない記事の内容は、殊更に取り上げることの必要のない当たり前の事をまどろっこしく書いていたり、単純に面白くなかったりと色々ではあるが、

共通するのは「すごーい!」「今度私も試してみますー」「面白そう!」といった鼻に付くぐらいの馴れ合い臭さを漂わすコメントだ。

そんなコメントを目にする度にこんなのはてならしくない、明らかに異質だと悶々とした感情を抱えるはめになるのだ。

この事を彼女に話しても、悲しそうな顔をして「見なかった事にしてスルーしよ?あまり深くは考えない方がいいよ」と濁すだけだ。

私は、はてなと言うものを誤解しているのだろうか

私が感じる異質さの原因は記事ではなく私にあるのだろうか

異質な記事ホットエントリに上がる度に自問自答をしている

ガチ恋を拗らせて勝手失望した話

とあるヴィジュアル系バンドマンに恋して勝手失望した女の話

 突然だが、私には本命バンドマンがいる。それこそ今回話のメインとなる、昨年2月から今年の半ばまでおよそ1年半私のエネルギー全集中させたバンドマンだ。以後便宜上、彼のことを王子呼称する。

 王子出会ったのは2016年2月5日。諸々の縁あって、とあるイベントライブに当日券で入ったのがきっかけだ。私はとても守備範囲の狭いバンギャだったので、その日のライブには目当てとなるバンドはいなかった。スタンディングで見る気力がなかったので2階席へ移動して幕の隙間から見える機材搬入をする真っ赤な衣装に身を包んだ人影をぼんやりと眺めていた。やがて幕が開いた。5年ほど前に一度だけ見たことがある、やたら覚えにくい名前のそのバンドの上手ギター王子だった。真っ赤な衣装に真っ赤なリップ、派手な金髪、赤と緑のオッドアイテクニカルギタープレイギターソロを弾く真面目な顔、ソロを終えた後に大きな口をパカっとあけて笑う顔。彼の動き全てに目を奪われた。心が震えた。そんな状態ときに、王子は時たま2階を見上げてこちらを指差したりするものから、完全にハートを撃ち抜かれてしまった。25分のステージが終わりメンバーが捌けるのを見送ったあと、すぐさま近くのCDショップへ走り最新アルバムを2枚購入した。我ながらちょろすぎる。私は王子と衝撃の出会いからおよそ30分で翌月の2ショット撮影会参加券を手に入れた。

 翌月3月14日ホワイトデーイベントということで30秒トーク&2ショット撮影会が行われた。ガチガチになりながら初めてのイベントへ向かう。ライブ以来の王子衣装着用時はつけまに派手なカラコン、赤リップ、とキャバ嬢のような見た目をしていたが、衣装でないときは薄いメイクになるようで、男らしさを感じてドキドキした。至近距離で見た王子はむき卵のように白くてツルツルしていて、隣に座るとなんだかい匂いがした。優しくてかっこよくてトークも軽妙で、30秒間の間に100000000000回惚れ直した。この日の帰りさらに8枚アルバムを買い足して帰った。

 4月5月は毎週のようにライブインストに通った。王子は3度2ショットを撮るころには私を認知してくれたし、手元にあるインストチケットがなくなる頃には自発的名前を呼んでくれるようになった。以前通っていたバンドでは空気を貫いていた自分にとってはこれはかなり新鮮で嬉しいことだった。認知されたからには頑張らなきゃ(?)という謎の使命感からライブの本数を増やした。元々ワンマンライブ以外は行きたくないたちだったが、30分でも20分でも王子ステージにたつ公演のチケットはすぐに買うようにした。

 7月にはツアーファイナルのため大阪へ飛んだ。王子バンド拠点関西のため大きなライブは必ず地元大阪で行われる。実は私はギャ歴に比べると経験値が非常に浅く、ライブのための遠征経験ほとんどと言っていいほどなかった。このライブが私の初遠征の皮切りとなり、以降東京大阪間の移動へのハードルがぐんと下がったように思う。

 本当にこの頃、王子が好きで好きでたまらなかった。早いチケットを買い直してライブに行った。王子が構ってくれないと楽しくなかったからだ。構ってくれた日は浮かれて浮かれて、だらだらとツイッター感想を垂れ流した。ライブの合間に行われるインストのために、バカみたいにCDを予約した。たくさん王子写真を撮った。写真なんていらなかったけど王子に私という存在を忘れられるのが嫌だったから、毎週毎週飽きもせず撮影会へ向かった。私の顔を見て名前を呼んでくれるのが嬉しかった。

 こう何度も現場に出向くようになると、周囲にいるファンの誰が王子を好きなのかも分かるようになってくる。いつも同じ列に並んでいる他のファンにたいして無駄に対抗心を持つようになった。こいつらが見てない王子を見たいという一心たかだか20分程度しか持ち時間のないイベントライブのために地方へ行ったこともあった。とにかく私しか知らない王子を求めていろんなことをした。結果、何かが手に入ったわけではなかったけどその場限りの優越感を楽しんだ。

 頻繁にライブに行くようになったある時。王子が贔屓にしている人が誰なのか、分かってしまった瞬間があった。周年記念のワンマンライブ中、そのうえ2列目にいたにも関わらずワンワン泣いた。その日、王子とは目も合わなかった。あまりにショックで翌週の大阪遠征も取りやめた。チケットは捨てた。10月のことだった。

 しばらくの間、ショックでライブの本数をかなり減らした。11月に一度話す機会があったのでそこで少し会話をして、クリスマスライブに行った程度。どちらも大したことは話せなかった。代わりに時々ファンメールを送った。ファンメールといっても、王子に対する八つ当たりのようなことばかりかいていたので、実際には迷惑メールだったが。迷惑メールを送り続けたことで、1月の接触では「痛い女」と王子に言われてこれまた泣いた。しかしそんな風にいいつつも、王子は優しいところがあるので迷惑メールに書いた私のお願いを結構聞いてくれることがあった。私信とまではいかないが、ツイッターブログ、接触等で律儀にレスを返してくれる王子がやはり好きだなあとその度に実感していた。

 ファンメールから徐々にモチベーションを取り戻した私は2月からまた少しずつライブの本数を増やしていった。麺被りは殺す精神はそのままだったので、とりあえず王子に構ってもらいやす位置キープすることでなんとか精神衛生を保っていた。その頃春からツアーが発表された。モチベーション好調の私はウキウキ東名阪チケットを押さえた。なんとこれが中々のあたりで全公演そこそこの早番だったうえ、そのうち1つは最前確実だった。狂喜乱舞した。王子にそのことを伝えると「ほんまか!最高やな!」とハイタッチしてくれた。可愛かった。

 ツアーが始まった。気分は最悪だった。どうして目の前にいる私を見てくれないの。なんで私がいること分かってるのに別の人構うの。そればっかり考えていた。王子の目の前にいるのに王子の目に私は映らない。死にたかった。私はこんなに色々なもの犠牲にしてきてるのに、なんで、お前は。

 公演のあと、メンバー写真を撮るイベントがあった。能面のような顔で撮影場所にきた私に王子は言った。

今日めっちゃ前の方おったやん!」

「私のこと見えてたんですか」

 もう本当に死にたかった。

 私のことを見ない王子が嫌だったし、ファンの分際で見られたいという気持ち肥大している自分気持ち悪かった。私なんてたまたまチケット運が良かっただけの金なし乳なしブスだ。私よりお金をつぎ込んでる人も可愛い人もごまんといる。私が無視されることも、そういった人たちが気に入られるのも当たり前だ。でも我慢ができなかった。「次のライブも同じとこにいる」と王子に告げて撮影場所を後にした。1週間後、私はまた王子の前にいた。その日も王子こちらを見なかった。私は限界だった。

 好きだった頃に買ってしまったチケットが十数枚残っていた。ほとんどは売った。売れなかった3枚は捨てた。友達と行く約束をしていた2枚はちゃんと公演を観にいった。最前列で見たけど、やっぱり王子の目に私が映ったという実感を持てる瞬間はなかった。そして明後日、友人たちと約束しているライブ最後の1枚を使う予定だ。一体この日はどうなるだろうか。

 好きというエゴ肥大して好きなものを好きだと思えなくなってしまった。少し前に起こったアイドル殺傷事件。正直気持ちが少しわかるのだ。好きなのに、好きなのに、好きだから、憎い。まるで病気だ。

 今も王子のことが好きだ。でも王子が憎くてたまらない。この感情と決別するまでは、王子に会いにいってはならないと、そう思ってる。

2017-09-16

anond:20170916210459

そう考えると電気駆動飛行機も将来的には出てくるのかなぁ

プロペラ回すタイプならドローンをでかくしたみたいなのでいけるかもしれないけど、それだと移動スピードが遅いよね

となるとプロペラで離陸してから圧縮した空気を噴射して速度を得るみたいな感じになるんじゃろか

噴射した途端にバラバラになりそうな気もするけど

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん