「プレー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: プレーとは

2019-05-18

イナズマイレブンは死んでない

https://inirmjrs.hatenablog.com/entry/2018/12/29/210748

前々から思ってたことと、イナズマイレブンは死んだ、を読んで、いろいろ思ったことがあるのでここに書こうと思う。表の方のはてなはやってないので、匿名なっちゃったけど許してほしい。

過去キャラも出すパラレルワールド形式にしたの、個人的には大正解だと思う。世界観一新してキッズアニメとして再ブレイク狙うより、当時の大人になった層を狙って乙女系も同時にターゲットにして、ライセンスとかのカード缶バッジとかのグッズも出して、結構売り上げたんじゃないだろうか。女オタク子供より遥かに金を使う。キャラを生かしたりとか無理はあったけど、新キャラも今風のデザインにして新規ファンも増えてたし、コンテンツの舵取りとしては100点だ。

じゃあ何が嫌かって話になるんだけど、私は鬼道さんが好きだ。もうこれでわかったと思う。過去キャラの扱いが酷すぎる。何で危険プレーをするしないの課題をもうクリアしているキャラに後輩を率いて味方への危険プレーをさせ、鬼道さんのチームが一度崩壊した原因であるドーピング冤罪を着せて退場させるのかがどうしても理解できない。挙げ句の果てにはその後司令塔として放り込まれ野坂がしたのは相手選手を直接攻撃する危険プレーだ。100000歩譲って野坂ageがしたかったとしても、真逆危険プレーをするときは味方じゃなく敵に、やるなら徹底的にやろう!』とでも教えたかったのか?相手チームの武器には基本的には危険プレーだ。それをこちらも危険プレーで返すか何となくやり過ごすかして、ペンギンゴッデビで決めるのがアジア予選だった。

当然だけど話もつまらない。稲森が何もしない。円堂も豪炎寺や鬼道の危機ににこにこしている。死んだにもあったけど、アレス危険プレーに憤っていた灰崎は嬉々としてラフプレーに及び、暴力まで振るおうとした。一年経ってないのにキャラクターの設定ゆるふわすぎるだろ。過去キャラエイリアがなくて力が落ちているのを加味しても冷遇されすぎている。15分で過去作一期のラスボスが片付けられた。改悪されたり怪我したり冤罪かけられたりする。新キャラ特に野坂が異常に上げられる。

でもこれは、過去イナズマイレブン私たちが知っているからこう思うのだ。日野社長はたぶん、イナズマイレブンキッズアニメじゃなく、女性向けアニメにしたいんじゃないだろうか。ヒロト灰崎野坂はいかにも今の女性オタクに受けそうな容姿をしているし、仲間の中に裏切り者がいる、それをイケメン司令塔が登場して逆転、裏切り者も味方になり協力して映える技で敵をなぎ倒していく。無印を知らない人から好意的感想も見えるし、裏切り者がいてやられていく、という展開は『ダンガンロンパ』なんかで大いにウケた。比べるのが失礼なほどこちらはつまんないし、そう見ても脚本ゴミすぎるけど。

イナズマイレブンは死んではいない、ただ生物の種類を変えてしまったのだと思う。昔のような、熱さで私たちの心を動かし、絆の強さを見せつけてくるような路線からイケメンいかに輝かせ、女性ウケるかを考える路線へと変更したのだ。現に女性向けコンテンツなどでは、ストーリーのものはあまり作り込まれていなかったり、ストーリー存在しないものも多い。大切なのはキャラクターの顔と性格と設定だ。先ほども述べたが、今のイナズマイレブンはその点においては高得点だ。女オタクは金を落とす。昔のオタク配慮して泥臭い内容をやるより、何となく今風な内容にした方が人気は出るし儲けられる。

から今のイナズマイレブンを受け止めよう、間違ってない、というつもりは全くない。鬼道さんにあんなことをさせたことは絶対に許さないし、女性向けとしてもコケていると思う。私たちがあれだけ大事にしてきたものが、簡単に変えられて、復活とぬか喜びさせたことも頭がおかしい。それでも、たぶん日野にとってイナズマイレブンってそれだけのものなのだ公式犯罪予告するほど思い入れオタクはいても、日野からすれば金のために簡単に変えられる程度のものだったのだ。ただのオタク恨み節で、日野にはそんな自覚はないのかもしれないけれど、イナズマイレブンは変わってしまった。少なくとも、今のイナズマイレブン最後にみんなでサッカーはできない。日本代表の優勝を、キャラクター全員は喜んでくれない。

2019-05-16

anond:20190516192650

プレートがぶつかって起きるのか地球内部のことは予想に過ぎない

2019-05-15

anond:20190513100716

岡本太郎が自書でおんなじこといってたの思い出した、たしかにそうだがね

ttps://www.projectdesign.jp/201704/kankyo/003565.php

例えば、プロ野球を見にいき、ホームランが出たり、すばらしいファインプレーを見ると、胸がスーッとします、と。しかし、これは生きがいではない、と岡本太郎さんは言っています。参加していないことで、「自分」は不在になってしまい、空しさだけがまり、傷ついていく、と言うのです。

それよりは、草野球空振りでもいいか自分バッターボックスに入り、思いっきバットを振ってみることが“生きがい”につながる。そういうことなのでしょう。

---

最新の研究によるとASDは生まれつき脳から他者共感する部分がオミットされているらしい、たぶん定形脳であればあるほどオリンピック共感できる構造の脳を持っていて、発達であればあるほどそれができない脳を持っているってだけの話な気がしている

2019-05-14

anond:20190514004149

まず別に僕強くないから、あんまり鵜呑みにしないでね(今のレートは3495)

あとなんか割と長文書いちゃいました、めんご。

環境始まったばっかなので、今回追加とアッパー調整されたポケモンは置いときます

化石デッキとは何度か対戦はしたんですが、僕が使ってる圧迫は相手デッキとの対話拒否するアーキタイプなんで、良くわかんなかったです。(ガチゴラスは強そう)

そんな感じでいわゆるスタンダードデッキに入るポケモンのことを対圧迫時に気をつけること以外はあまり知らないので間違ってたらゴメンな!

ギルガルド(シールドとブレードのセット。進化運用が良いかいかはよくわからん)

まあなんか色々書いてあるから要約すると「強い」と書いてある。

ブレードフォルムになると射程2で殴れるようになる。

コマスターの射程2の仕様はややこしいんだけど、要するに一方的になんのリスクを負うことなく殴れると理解して良いと思う。

とにかく、色々面倒なこと全部無視してゼロリスクハイリターンで殴れる、強い、中央に陣取られると攻める気が失せる。

シールドフォルムシールドフォルムで強いから完全に入れ得。

ルナアーラ

PC移動紫技と攻撃力半分デバフが強い殴れる守れるポケモン

古いポケモンだけど、今も現役。

相手の白Z技に対抗できる広めの紫技、ダメージ計算も都合上相手攻撃力を減らすマーシャドーと相性バッチリ、超強い専用Z技と環境に愛されている。

マーシャドー

MP3すり抜け枠。

紫技が無いので未進化前のZ技ので確実に狩られて進化の餌になるという、弱点ができたものの、MP3すり抜け枠は1人いるとプレイの幅が出る。

スカイシェイミカプ・コケコビクティニなど色々いるけど、ルナアーラとの相性の良さと格闘タイプマイティスフィアが使えるというコマの外の性能もあって、この子が刺しやすいと思う。

ルカリオ(メガルカリオ)

気絶紫技と金無効で、色々殴っていけてメガ進化MP3にもなれるイケメン

これも古いポケモンだけど、今もよく見かける。

ミュウ

広い金技のMP3相手の100以上を無効にする金技と100の白技があるので理論上は負けない、守りのコマ

コマスターにとってミュウ特別なうんちゃらかんちゃらと明言されてて今後も強化されそう。

専用Z技とかで。

ワカシャモ(バシャーモメガバシャーモ)

広いPC移動紫技持ち。

だいぶ古いポケモンだけど、Z技実装で誰でもお手軽超火力白技が出せるので、広い紫は重宝されてる。

メガは、まあ、無くてもいいよ。

アシマリ(オシャマリ)

紫技殺しの特性持ち。

今の環境でおそらく単体で一番強いのは暁ネクロズマなんですが、あの暁ネクロズマをとりあえずで殴っていい頼れるイケメン

とにかく役割が明確で使いやすい。紫を見たら殴る! それだけしかないけど、それが強い。

(暁ネクロズマは交換不可なんで、イベント再開祭を待とう)

アブソル(メガアブソル)

実質青か金しかでないポケモン

役目がわかりやすい上に、メガ進化時は相手プレートを封じる特性もある。

金技の火力が足りないからかあまり見ないんだけどコマスターはこういうわかりやすポケモンが僕は好きで、スタン組むなら僕なら入れる。スタン組まないけど、圧迫好きだから

ハガネールEX(メガハガネール)

対圧迫時の性能が異様なので、入れないでください(僕のハガネール対策は、ハガネール入れてる人と当たらないように祈り囁き念じることです)

こんなにも圧迫メタがいるのにゾロアークナーフしなくたって良くない?

クチートEX(メガクチート)

ゾロアークナーフされたんだから圧迫メタ勢も弱くしろ!!!

移動封じの特性と青技と金技を選択できる青技があるので、色んな相手を雑に殴れる

僕はこのポケモン嫌いです、強い。

ビブラーバ

相手の進行を妨害する特性持ち。

地面Zが強いことと相まって、古いポケモンながらよく見かける。

おそらくポケモン史上最もビブラーバが着目されているのが今のコマスター環境だと思う

僕はこのポケモン対策に「ビブラーバを握った奴は全員対圧迫時に後攻になる呪い」をかけるよう努力している

事実、今のところ五分五分確率で先手を握れるているので、あとはロングスローが無いことを祈れば怖くない。

ガルーラ(メガガルーラ)

なんかみんな入れてる。

いわゆる「普通に強い」系なので、使ったこと無いかあんまりからない。

2019-05-12

なぜ生きるのか

食べ物を美味しいと思うこと、スポーツをすること、好きな異性と一緒にいること、などなどで人は自分主体的幸せを感じていると信じて疑わないが、これらは所詮体内のある化学物質の増減が脳を気持ちよくしているだけにすぎない。

恋人と一緒にいられるから幸せなんじゃなく、セロトニンが増えたか幸せなのだ。裕福になれたか幸せなんじゃなくて、セロトニンが増加したからなのである

身体遺伝子乗り物、とはよく言ったもので、人が幸せを感じるのは、種が存続するために好ましい行動を身体がするために遺伝子がそう仕向けているだけなのだ。ゆえに幸せであることも誰かを幸せにすることも本当は、本質的には重要じゃないと言える。すなわち、生きる理由本能が生きようとしてるからというだけである

のうのうと幸せ謳歌している人は気づかないが、これに気づき、深く考えてしまったひとはまさに不幸せである自分が生きる意味が一切無いことが明らかになるわけだから

そこで、人類宗教に逃げた。問答無用で正しい存在、全てを超越する最強の存在として「神」を仮定したのだ。神の言うことは絶対に正しい。神は金科玉条である。神が自分を作った、その一点で自分存在意義が担保されてしまう。

このように宗教にすがってしまった人は考えることをやめ、思考、逡巡を停止した人である。私は、このような、言ってみればチートプレーをすることなく、生について考えていきたい。( 厂˙ω˙ )厂うぇーい

2019-05-11

anond:20190511182408

少年漫画に登場する女性は全員フルプレートメイルを着てNARUTOの狐のお面をかぶって最終回まで女とわからないようにするべき

2019-05-08

三大なんでないのかわからんパソコン用品

・すり減ったキートップ用のシール耐久性) 一時期あったけどもう売ってないな

・すり減ったマウスボタン嵩上げプレー

あと一つは?

2019-05-07

anond:20190507005845

男女関係全て、

お金を払って「プレー」として楽しむほうが今のご時世気楽だよな

わかるわかる。

2019-05-05

泥酔した女や家に来る女を犯すのはレイプじゃない」が令和の価値観

https://togetter.com/li/1343377

無名浪士 @imperealism 4日前

酔って潰れたら犯されただの男の家にホイホイ寄ってレイプだの拒絶する気ゼロで美味しい思いだけしようとして気に食わなきゃ男を犯罪者扱いする舐めた女が多すぎる。お気持ちブレード後から振り回せないようにセックス禁止プレートでも顔に貼っとけよ。誰も相手しなくなるから

こんなコメントが37もいいねされ、真っ赤になっている現実絶望しかない。

泥酔した女性を犯してもレイプじゃない、家に来た女を犯すのはレイプじゃない。レイプだと言うような女は「お気持ち」「舐めた真似」をしている。これが令和の日本普遍的価値観なのだ

anond:20190504130745

プレーは生まれなかったリレーはね

から布団が吹っ飛んできた

「酔い潰れた女や家に来る女を犯すのはレイプじゃない」が令和の価値観

https://togetter.com/li/1343377

無名浪士 @imperealism 4日前

酔って潰れたら犯されただの男の家にホイホイ寄ってレイプだの拒絶する気ゼロで美味しい思いだけしようとして気に食わなきゃ男を犯罪者扱いする舐めた女が多すぎる。お気持ちブレード後から振り回せないようにセックス禁止プレートでも顔に貼っとけよ。誰も相手しなくなるから

こんなコメントが37もいいねされ、真っ赤になっている現実絶望しかない。

泥酔した女性を犯してもレイプじゃない、家に来た女を犯すのはレイプじゃない。レイプだと言うような女は「お気持ち」「舐めた真似」をしている。これが令和の日本普遍的価値観なのだ

ちなみにコイツは「女やマイノリティ権利を認めるな」「けもフレ2を好きな奴は極悪人」「保守速報はちまなどのまとめサイトへの攻撃サヨク陰謀!」などのコメントをしており、女性同性愛者や外国人への差別コメントは当たり前、表現の自由まなざし村!といいながら単眼表現BL表現は認めず不快からやめろと喚いてる。

2019-05-02

anond:20190502233206

バイク山道を駆け下りて何が楽しい

体にチタンプレートを埋め込んでうれしいですか

厳しい先輩に殴られたのが自慢ですか

2019-04-30

もう平成も終わるし平成エロゲを語っておきたい。

何処かのweb記事があまりに酷かったので思い出に浸りたいだけなんだ。

ここ数年は年2~3本ペースなのでめっきりやらなくなってしまったけど思い出は残しておきたい。

といっても全部挙げてたらキリがないのでタイトルを見回して忘れたくは無いなあと思ったのをピックアップ。なので大作っぽいやつや有名作は入っていたりいなかったりする。

1994

野々村病院の人々

今でも探偵ものイメージはこれとEVEだと思う。

1995

同級生2

恐らくエロゲにのめり込むことになった主要因。

夢幻夜想曲

流石に昔過ぎて雰囲気の良かった作品しか憶えていない。

遺作

「猫も鳴かずば殺されまい」は憶えてた。

EVE burst error

あの犯人入力を一周目で正解できた人は居るのだろうか。

1996

悪夢 ~青い果実の散花~

当時としては珍しく確か2年ぐらい延期、しかし内容はただのCG集という散々な記憶

脅迫

対してこちらは一種の謎解きもの面白かったという。

下級生

時間を掛ければよいとは限らない。

今回調べてて一番驚いたのが、雫が96/6/26発売、痕が96/7/26発売ということ。

痕 -きずあと-

今思うとそう長くないボリュームなので密度が濃かったんだと思う。

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

20年越しにアニメ化されるとは誰が思ったか。名作なのに、しょうも無い規制で完全な復刻が叶わないのが残念。

放課後恋愛倶楽部恋のエチュード

自分プレーしていないが、それまでエロ系の作品しか出してこなかったブランドイメージ一新してまさかの学園恋愛ものを出すという奇抜さ、しか半年後にはエロに振った外伝的な作品放課後マニア倶楽部)を発売するという合わせ技が印象深い。

ハーレムブレイド

当時としては珍しいOP曲付き。しか86音源必須という。

1997

猟奇の檻 第2章

今思えば猟奇って程でも無かった気がするけど、バッドエンドの後味の悪さが。

ToHeart

自分にはあまり合わなかったなあ、という記憶

1998

LOVE ESCALATOR

この頃から延期のイメージが付いた。

ONE輝く季節へ

何だかんだでやりこんだからこれ系のテキストが好きなんだと思う。

With You ~みつめていたい~

決して悪くは無い、のに結局妹に人気が集中した結果を重く受け止めて欲しかった。

永遠の都 Eternal Love

もの+痕系のちょいミステリーみたいなの、だったはず。隠れた良作。

1999

加奈いもうと

テレビ番組晒し上げられた人が不憫だった。

Blow ~満ちた月、欠けた月~

後味の悪さで名を残す作品

絶望 ~青い果実の散花~

悪夢で味をしめたというかなんというか。キャラの数だけは圧倒的だと思う。

夜勤病棟

当時から人気だったけどあんシリーズ物になるとは誰が思ったか

2000

螺旋回廊

混沌とした当時のネット界隈を絡めた恐怖感の煽りが上手かった。

ゆきのかなた

シナリオは憶えてないけどOP曲は好き。

贖罪教室 ~The seven stories of sin

叙述トリックの名作……なのかもしれないし話は面白かったけど、システムフラグがあまりに酷すぎた。

果てしなく青い、この空の下で…。

爽やかな田舎での青春ものだったね。

銀色

ねこねこ出世作

発情カルテ緋色の陵辱肉玩具

二次創作的なキャラデザのせいか直前に通販限定になったという。確かマイナーキャラ最後まで元ネタ不明だったような気がする。

2001

Renaissance

インテリゲー。

さよならを教えて ~comment te dire adieu

当時の記憶ではうーん、って感じ。好きな人は好きなんだろうなって。

椿色のプリジオーネ

全く話題にも残らず隠れた良作でも無いけど、雰囲気だけは好きだった。

秋桜の空に

口コミだけで売れた佳作。バグ抱えたシステムユーザが作り直すとか後にも先にも無いんじゃあ。

君が望む永遠

この辺りから体験版が長くなっていった。

あしたの雪之丞

勢いがなくなってはいてもエルフエルフという。

灰被り姫の憂鬱

ジャンプ打ち切りエンドみたいな、ここで終わり?!みたいなのが非常に惜しい雰囲気ゲー。

Crescendo ~永遠だと思っていたあの頃~

卒業式前後ってこんな感じだった。

月陽炎 ~つきかげろう~

OP名曲な上にシナリオも非常に好み。

蜜柑

物語物語

螺旋回廊2

確かフラグ管理が独特で、直前にプレーしたルートが次のルートに反映されるという仕組みだったような。

Kasumisan# -真夏リフレイン-

隠れすぎた良作枠。

2002

僕と、僕らの夏

冬子さんルートが最高なんだよなあ。

腐り姫 ~euthanasia~

救いの無い話だった気がする。

水月 -すいげつ-

雪さん好き。

世界ノ全テ

たまソフトは良くも悪くも本作だけだった。

姉妹 ~濡れた相姦図~

当時の規制に反するために故・田所氏が独自流通販売したという記憶だけ。

魔法少女アイ2

アイは2作までだよ、3作目なんて無かったよ。OPの格好良さは異常。

人形の館 ~淫夢に抱かれたメイドたち~

かぐや出世作。やはり声優重要だったと。

ヤミと帽子と本の旅人

発売当時はワゴン行きの良作だったのに、アニメ化で火が付いたという。

2003

SNOW

kanonパクリみたいな感じで適当に作り始めたはずがそのうち本気で作ってしまったとかなんとか。言うだけあって面白かった。

私立アキハバラ学園

当時は面白かったけど今やったとしたらどう感じるだろうなと。

Clover Heart's

今でもまだ「それは、必然で偶然の出会いでした」から台詞を全パターン諳んじることができる。

2004

WW&F ~大正帝都伝奇譚~

これまたジャンプ打ち切りエンドのような最後が気になる終わり方。灰被りと同じライター作品だったはずだけど何処かで完結させて欲しい。

PARADISE LOST

厨二作品としては一番好きかも知れない。

Fate/stay night

20年近く経ってもまだシリーズやってるなんて思わなかったよね。

CARNIVAL

OP詐欺

何処へ行くの、あの日

妹ゲー枠なら一番好き。

3days -満ちてゆく刻の彼方で-

なぜ終盤がギャグになってしまったのか。

はるのあしおと

OPムービーほど本編が話題にならないけど、本編も良い意味でよく刺さる名作だよ。

瀬里奈

かぐやの名作。

六ツ星きらり

OP曲は今聴いても名曲だった。

2005

処女はお姉さまに恋してる

発売時は難民になった。

パルフェショコラ second brew~

そういえばショコラパルフェアニメ化という悲劇回避してたのは意外だった。

プリンセスうぃっちぃず

カードゲームベース魔女っ娘バトルは面白かったけど、やってる内に敵の手札を憶えてしまうという問題が。

さくらむすび

いつかフルボイス版でも良いかリメイクして欲しい。

鎖 -クサリ-

まりに悪役のキャラが立ちすぎてて人気。

群青の空を越えて

「なんでエロゲでこのジャンルをやろうと思った?」で初めて「なるほどこれはエロゲしかできないな」となるまでがテンプレ

2006

彼女たちの流儀

fripSide最初に注目された切っ掛け。

牝姫の虜 ~廃校舎の制服少女

陵辱ゲっぽく見えるものの濃厚和姦ゲとして良作。

ef - the first tale.

アニメ含め、efシリーズminori最高の作品だった。

2007

いつか、届く、あの空に。

狙ったにせよ、ここまで途中で作風が変わるシナリオも珍しい。

姫騎士アンジェリカあなたって、本当に最低の屑だわ!~

末期のシルキーズが生み出した半ばギャグに近いようなサブタイトル台詞シリーズ。独特の台詞回しと声優さんの熱演が勝利の鍵だった。

夢見師

据え置き機で出た作品が逆移植という枠。ループもので陵辱含むバッドエンドありというのはなかなか頑張ってる。

2008

Garden

誰かが、ほんの少し優しければメインヒロインにもシナリオパッチが作られただろう。でも、そうはならなかった。ならなかったんだよ。だから−−この話はここでお終いなんだ。

殻ノ少女

完結編はまだ製作中とこの前見た。

ティンクル☆くるせいだーす

当時は遊び込みました。

学園催眠隷奴 ~さっきまで、大嫌いだったはずなのに~

主人公何気に良い奴なのを含めてギャグ枠としても良作という。

ヨスガノソラ

未だに穹のグッズが出てる。

2009

星空のメモリア -Wish upon a shooting star-

伏線とその回収が非常に巧かった。

Dies iraeActa est Fabula

厨二バトルもここまで極めたら芸術だよね

2010

素晴らしき日々不連続存在

エロゲオタク達にシラノ・ド・ベルジュラックを広めた名作。

WHITE ALBUM2 ~introductory chapter~

名作のはずなのに、アニメの二期は叶わなかった。

処女はお姉さまに恋してる ~2人のエルダー~

シナリオの良いところもダメなところも1作目を踏襲してたのは笑った。

君の名残は静かに揺れて

Flyable Heartスピンアウトだけど単体でも十分楽しめるというのは凄い。

黄昏シンセミア

珍しいぐらいに正統派伝奇もので、実用的なフローチャート実装という遊びやすさは他も見習って欲しい。

2011

グリザイアの果実 -LE FRUIT DE LA GRISAIA-

え、ついこの前までアニメやってなかった?そんな昔だっけ?

穢翼のユースティア

従来の作風から離れ、ダーク路線作品への挑戦は高く評価したい。

sisters ~夏の最後の日~

これまた延期に延期を重ねたのはいいとして。シナリオは無いに等しいと言うよりも、読解力・想像力を求められすぎる。

晴れときどきお天気雨

修羅場嫉妬シーンは大好きです。

2012

はるまで、くるる。

体験版で期待を勝ち取った良作。

ものべの -monobeno-

シナリオに全く期待できない炉理ゲーと見せかけて伝奇ものとしてもある程度楽しめるという意外性は記憶に残った。

古色迷宮輪舞曲 ~HISTOIRE DE DESTIN~

YU-NOフォロワの中では尤もよくできた作品では。あまりに高難易度理不尽の域に達しそうな仕掛けは不親切だがシステムと高次に融合するシナリオはやはり面白い。

月に寄りそう乙女の作法

また安易男の娘ものか、と思わせてきっちり人気シリーズにしてしまNavel底力

ティンクル☆くるせいだーす Passion Star Stream

ラストバトルの盛り上がりは最高。

2013

ハピメア

作品によってブレが大きく、また単体作品としても完成度が惜しかったpurpleが本気になったのはここからだと思う。

シナリオエロ含めての良作。

君と彼女と彼女の恋。

非常に仕掛けが凝った怪作。仕掛けやフラグが多数ありすぎて自力で見るのはやりこんだ人だけ、というのもこの作品のコンセプトを考えると面白いところ。

大図書館の羊飼い

8月が他の学園モノに差を付けられるのは、やはりキャラを脇役に至るまできちんと立たせることができる点だと教えてくれる。

2014

12の月のイヴ

面倒くさいヒロインが大好きなので、コンプレックスとか色んなものに思い悩むヒロインが超可愛い。好き。

Clover Day's

Clover Heart's好きだったし期待してたのに、どうにも合わなくてなんでだろうと考えてたら自分自身の好みが変化してしまったという結論に達して哀しくなった思い出。

2015

ソレヨリノ前奏

夏ペル以降のminori作品の中では一歩抜きん出てる良作。主人公を理詰めで責めて振るヒロイン最高でしょ。

2016

トメドメイン

男の娘主人公ものって女装してる時は去勢されたかのようになるくせに突然ベッドヤクザという一種テンプレが成立してたので、普段から性欲と自分の姿のギャップに思い悩むのは良い試み。


ここ最近のだと、nineとかやってるけどあれはまだ完結してないし…… FLOWERS面白かったけど全年齢だし、で多分こんなところ。

2019-04-28

全てのスポーツ審判には機械判定(チャレンジ)も導入すべき

卓球誤審問題になっている。

審判は抗議を受けたら、選手監督と一緒にVTRのスロー再生確認して、お互いに納得するような裁定を下すべきだ。

今の技術なら簡単にできるだろう。

 

機械判定を導入しないのは、八百長文化の名残であり、関係者が買収されているから」と疑わざるを得ない。

東京オリンピックでは全て機械判定を導入せよ。

日本技術力を世界宣伝せよ。

 

ネットに当たってないのに当たったって言う判定があったせいでみまひなのポイント無くされた。

それがなければまた違った展開になった。

かに中国は強かったけど、あれはない。

女子ダブルス決勝2-25セット目9-9の一番大事ポイント誤審絶対おかしい!

あれで完全に流れが中国に行ってしまった。

国を挙げて抗議してほしい!

 

伊藤早田はよくやったよ!

オリンピック期待しています

早田は相手ボールになかなか合わず難しそうだったが良く頑張った。

大魔王伊藤は随所でさすがのひらめきプレー

中国が盛り返しても流れを引き戻すことができる実力!

ちゃんと強かった!

 

東京五輪が本当に楽しみだ!

他の選手も含めて、頑張ってください!!

 

ただ、東京では、審判レベルだけはどうにかしてほしい。思う。

誤審かどうかは置いといて日本ってサッカーでもそうだったけどここぞと言う時に運がない気がする(裏でお金が動いてないといいけど)

 

それにしても中国相手に2セット先取できたのは大きい!

中国を抜かせる日もそう遠くないと思う。

まだまだ若い2人なのでこれからも是非頑張ってほしいと思う。

 

審判の判定が間違っていた。

あのミスがなかったら結果は別だったと思う。

2019-04-16

大阪ベーブルース掛布雅之 説を検証

「悲しい色やね」(1982年

最終的に、本楽曲曲名を「大阪ベイブルースから「悲しい色やね」に変更して売り出された。

ベーブルース

大リーグ代表する「左打ちの」「強打者

掛布雅之 阪神タイガース (1974 - 1988)

阪神タイガースの四番打者「左打ちの」「強打者

歌詞の「大阪の海」は元々「尼崎の海」だったとする噂が根強くある。康自身尼崎南部海岸から見た大阪イメージから作詞したと発言している

大阪の海は 悲しい色やね

悲しみをみんな ここに捨てに来るから

尼崎なら海に何でも捨ててそう。納得。

左打ちの強打者としてバース名前を挙げる声もあるが

悲しい色やね 発表の1982年には入団していない。

ランディウイリアムバスRandy William Bass, 1954年3月13日 - )は、アメリカ合衆国オクラホマ州ロートン生まれの元プロ野球選手内野手)、政治家

1983年から1988年までNPB阪神タイガースプレー。6シーズンに渡る在籍は、ウィリー・カークランド、マット・マートンと並び球団歴代外国人野手としての史上最長記録である現役引退後、2004年から2019年1月3日までオクラホマ州議会の上院議員民主党)を務めた。

2019-04-15

anond:20190415185241

革命大地震を願う

長年革命プレートで人為的ものはないと思ってたけど最近CCSも原因の一つだと判明したんだよな

2019-04-09

スポーツなどの生中継

競技は何でもいいんだけど、生中継を見る人は何を楽しみに見てる?

勝つ瞬間を見たいから?すごいプレーを見たいから?

贔屓とまではいかないけど、ちょっと応援してるチームや選手が負けるところを見てしまわないか不安

生中継を見れなくなってきてるので、生中継の楽しみ方を教えてくれると嬉しい

2019-04-05

anond:20190405114128

歴代2位の一試合81得点っていっても、チーム全体で122点しか取ってないんだから、結局ワンマンプレーなんだよね

2019-03-29

数多くの中から同じものを探すのが苦手なんだが

どれも同じに見えてしま

あと倉庫で指示票見て部品棚のプレート見て部品を集めていく部品ピッキングみたいな作業も苦手

確認しても間違えてしま

きっとこれも発達障害なのだな、俺にも障害があったのでやっと現代人入りしたぜ

2019-03-19

anond:20190319013333

プログラミング言語」は「言語」と名がつくので語学力(TOEIC?)が求められているようにと思われたのかもしれません。

しか理系分野においては、どうやら「空間認識力」=「脳内で立体を動かす能力」のようなもの重要らしいです(詳細は「STEM 空間認識力」で検索)。

そういった意味でもヘリコプターのスワッシュプレートの構造を把握できるだけの空間認識力をお持ちか疑問に思いました。

(早稲田卒でも分からないんですね)

anond:20190319010342

ところで参考までにお聞きしたいのですがヘリコプターのスワッシュプレートの構造理解されておられますか?

2019-03-18

私はファンではなくオタク

よく若手俳優好きな人たちはファンではなく、オタクと名乗る。その一方で俳優は、自分応援してくれる人のことをオタクではなくファンと呼ぶ。

両者に違いはあるのだろうか?

高校の頃に某テニスミュージカルにはまった。

舞台に行くのは1つの公演につき数回で、SNSで同じ俳優や同じミュージカルファンと繋がって楽しく過ごしていた。

好きな俳優ファンクラブが出来ると開設日に入った。

初めてのファンイベントに胸をときめかせて、普段舞台と客席という距離感しか見られない好きな俳優が目の前にいることに、彼と話が出来て写真が撮れることに感動した。この時は彼を見られることが、彼の話を聞けることがただ楽しかった。

私は彼のオタクと名乗っていたものの、極めて善良なファンだった。

彼のことは結局5年くらい応援していたのだが、段々と熱が冷めて降りてしまった。


かにハマっている時の何とも言えない充実感というのは一度経験すると忘れられない。

次に好きになった俳優は、彼が出ている舞台に出演していた俳優だった。彼のことをBとする。

Bとの出会いが私を変えた。

Bを好きになった舞台はかなり大きな舞台だったのだが、彼はデビューしてすぐの俳優で、その後の舞台小劇場と言って良いのかもわからいくらい規模の小さなものだった。そこでは舞台の後にお金を払えば写真が撮れて、話せて、手紙プレゼントが渡せた。

舞台初日写真を撮る前に手紙を渡す私にBは言った。

イベントにもきてましたよね?いつもありがとうございます。○○さんって言うんですね」

この舞台の前に事務所イベントがあり、そこではお見送りハイタッチがあったが、流れ作業で覚えられてる訳がないと思っていたから驚いた。しか手紙確認して名前まで読んでくれた。

嬉しくなってしまってチケットを増やした。

毎回写真を撮ってるファンはいても、毎回手紙を渡すファンはいなかったらしい。

Bは必ず前日に渡した手紙の内容に触れてくれた。出演者全員との写真撮影の時も「○○さんは僕の隣ですよね?」と言ってくれた。

好きな俳優自分のことを個として認識してくれることの嬉しさ。これは経験したことのある人にしかからない嬉しさだと思う。

まり詳しく言うと誰を応援していたのかバレそうなので控えるが、ある事情でBのことは応援することができなくなってしまった。(炎上で降りたとかではなく)

その後は気になった舞台適当に見ていた。

格好良いなと思える俳優、凄いなと思える俳優はいても、応援したい、推したいと思える俳優には出会えなかった。

しかし、ある人気舞台を観に行った時Cという俳優一目惚れした。

彼のパフォーマンス笑顔に釘付けになり、気づけば次の舞台チケットを集めていた。

Cはこの舞台きっかけにかなり人気が出たため、接触に来るファンの数は凄まじく、積んだところで対応が変わりはしなかった。

それでもCのパフォーマンス笑顔が大好きだから出る舞台には行けるだけ行った。全通とまでは言わないが8割は行っている。その度に手紙を書いた。

SNS手紙プレゼントに対してお礼を言う俳優ではなかったので、何の意味があるのだろう?と思うこともあったが、とにかく彼の演技が好きだからその想いを手紙に書いた。

しかし、物足りなさも感じていた。

Bの時に好きな俳優に個として認識される嬉しさ、見られることの嬉しさを体感してしまっていたから、ただ見るだけでは満足できなくなっていたのだ。

Cの舞台端境期、友人に誘われあるスポーツを観に行った。

メジャースポーツではあるが2部リーグの観客は少なく、最前列プレーを見ることができた。

最前列で見るスポーツの迫力は凄まじかった。

その中で1人目を惹かれる選手Dがいた。プレーも勿論素晴らしいのだが、俳優顔負けのルックスだった。

どうしても忘れられなくて次の週Dのチームが出る試合を観に行った。

やっぱり彼のプレーは素晴らしく、そして格好良かった。

その日はファンサービスの日だったらしく、会場の中にはファン対応を待つファンが多くいた。(といってもチーム全体で数十人)

勇気を出して選手に声をかけてみる。

彼はびっくりするくらい良い人で、沢山話をしてくれて、写真を撮ってくれた。

家に帰っても熱が収まらず彼の過去試合ファンがあげた写真などを片っ端から調べた。

Cの舞台に通いながらもDのことが忘れられなかった。

しばらくCの舞台がない期間があり、そこがちょうどDのリーグ戦の時期と重なっていたので、行ける限りDの試合に行った。

試合を見に行くほどチームや競技のことも分かるようになり、試合を見ることもどんどん楽しくなっていった。

そして試合終わりには毎回出待ちをして差し入れ手紙を渡しDと話をした。

Dのファン遠征をするほどの熱心なファンはおらず、Dはあっという間に私のことを個として認識するようになった。

前に話したことも覚えていてくれてそれについて向こうから話題を振ってくれたり、髪型を変えれば気付いてくれたり。

他のファンに対する優越感が生まれた。

私はDのことをこんなに知ってるし、Dも私のことをこんなに知ってくれてる。チームメンバーにもDのファンの子だと認識されている。会場内で会うと(選手結構うろうろしてる)向こうから挨拶をしてくれる。

追っかけやオタクと無縁な人にとっては、くだらないと思うかもしれないが、これがすごく嬉しいのだ。


Dに熱を上げている状態でCの舞台を観た。

舞台の上でのCはやっぱり輝いていたし、好きだ、応援したいと思った。でも、Cにとって私は何万人といるファンのうちの1人でしかないのだとも思った。

ある日CのCD発売イベントが発表された。どうしてもスケジュールが確保できず、必要最低限の枚数だけ買って、イベントはいかなかった。

CはCD発売イベントの後あるブログ更新して議論を読んだ。

その内容をざっくり言うならファンの力は凄く助かっているが、オタクになられると困るといったものだった。いくらまれてもそれによって対応を変えるつもりはないと。

そのブログを読んで正直萎えた。

Cの接触いくら積んでも個として認識される事はない、あっても向こうはそれで態度を変えたりしないのでは意味がないと思ってしまったのだ。

私は接触イベントで、一方的俳優を見るだけでは、一方的に想いを伝えるだけでは満足できなくなっていた。

今でもCの舞台には行っている。

ただ自分面白いと思う舞台だけ、自分の見たい回数だけ、見るようになり、接触イベントにはきっぱり行かなくなった。

Dの試合には全て行って、毎回差し入れをしている。

結局のところ、自分の好きな存在を見るだけでは満足できない、見られたいと思ってしまう限り私はファンではなくオタクなのだろう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん