「組織」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 組織とは

2017-07-27

会議での発言について

自分存在感アピールするためのだけの発言をしている方は本当にやめていただきたい。

正直、終始ダンマリの人よりもかなり印象が悪い。

参加者全員の時間を使って行っているため、大きなコストがかかっていることをしっかり考慮すべきだ。

脊髄反射ではなく、しっかりと脳をつかって考えて組織の為に本当に価値のある内容なのかを意識して発言していただきたい。

応募倍率10倍近くある組織公務員系)でも説明会ではなんでみんなウェルカムな感じなんだろう

人手が少ないところが自分の所のよさをアピールして応募してほしいとかならわかるけど

行政法人系の説明会にいくつか行ったらどこも「福利厚生休みの多さでプライベートも充実!」な点を大きくアピールしていた

応募する人はほぼ全員それが目的からそこをわざわざアピールするより

「楽と思ってるかもしれないけど大変なんだぞ!覚悟はあるか?」みたいに絞ったりしないんだろうか?

Twitter利用規約も読まず「無断転載」とか言うやつ

ブログとかメディアとかで、ツイート埋め込みされたことに「無断転載」とかいユーザーがいる。

そういうやつは多分、Twitterサービス利用規約を読んでいない。

読んでいる人間は、「ユーザー権利」という項目で、それについて承認してサービスを利用しているはずである

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介して自ら送信投稿または表示するあらゆるコンテンツに対する権利留保するものします。ユーザーコンテンツユーザーのものです。すなわち、ユーザーコンテンツユーザー写真および動画もその一部です)の所有権ユーザーにあります

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツ送信投稿または表示することによって、当社があらゆる媒体または配信方法(既知のまたは今後開発される方法)を使ってかかるコンテンツ使用コピー、複製、処理、改変、修正公表送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占ライセンスサブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身ツイート世界中で閲覧可能とすることを承認することになりますユーザーは、このライセンスには、Twitterが、コンテンツ利用に関する当社の条件に従うことを前提に、本サービス提供宣伝および向上させるための権利ならびに本サービスに対しまたは本サービスを介して送信されたコンテンツを他の媒体サービスで配給、放送配信プロモーションまたは公表することを目的として、その他の企業組織または個人提供する権利が含まれていることに同意するものします。ユーザーが本サービスを介して送信投稿送信またはそれ以外で閲覧可能としたコンテンツに関して、Twitter、またはその他の企業組織もしくは個人は、ユーザー報酬を支払うことなく、当該コンテンツを上記のように追加的に使用できます

https://twitter.com/tos?lang=ja

こういう情弱を減らしたい。誰か利用規約をちゃんと読むという啓蒙活動してくれ。

伊藤直也は確かに組織という軸では天才だった、一方で人間という軸でクズだった

天才って、一方で人間的な面で欠陥があるってよく言われるじゃないですか。

巷で話題伊藤直也さん(id:naoya_ito)。

AさんがブログTwitterに書かれてた「伊藤直也のすごさは『説明のうまさ』『学びを応用する能力』に集約される」というくだりは的を射てると思う。

私なりの解釈だと、情報の吸収力に長け、ロジカルに解ける問題構造的に捉えることに長け、それをドヤァと語れることに長けてる、という強みが直也さんの凄さであると思ってる。

ある意味組織を牽引できる、人の上に立つことに対する天才だと思う。

ただ、それが発揮できるのが、相手上下関係にあるときだけ、という点がポイントかと。

相手と対等な関係である状況においては、ましてロジカルじゃなく人間的(感情的)な面においてはめっぽう欠陥品だったんじゃないか

その欠陥のベクトルが、社会的抹殺される次元クズというベクトルだったということなんじゃないかと思ってる。

あのAppleスティーブ・ジョブズだって妊娠させた彼女を捨てるとかのクズっぷりあるし、

Facebookザッカーバーグだって女学生顔写真勝手に集めて勝手ミスコン的なことやるようなクズだし、

錦織圭だって商売道具ラケット破壊しまくるクズだし。

やっぱり天才ってクズな一面も持ってるんですよ。天才バカは紙一重って言うし。

ただまぁ直也さんの場合、そのクズベクトル社会的抹殺される内容だったと。

ある程度界隈で著名な人が、不倫堕胎警察沙汰って、もう社会的抹殺されるレベルクズっぷり。

なんていうか、自分がどういう天才でどういうクズかって考えたときに、社会的に殺されるようなクズにはなるまい、って思った。

トラバ

https://anond.hatelabo.jp/20170724080818

2017-07-26

https://anond.hatelabo.jp/20170726204643

体系が作れるならな

一定原理統一的に組織された知識の全体」のほうの体系だから

https://anond.hatelabo.jp/20170726150124

一見慈善活動風味の売名行為を、進んでやりたがる人間は、高須クリニッククラスの下衆以外にはなかなかいないと思うよ。

ボランティア組織をやってる若い人に出資したり、NPO作るの手伝って経営軌道に乗せるサポートしたり、あちこち非営利団体の名ばかり監事、理事を引き受けて手弁当スポンサー探しで走り回ってたりしてる人はいるんだけどね…。

2017-07-25

痴漢冤罪陰謀

ネット上でこんなに冤罪がーエンザイガーと声高に叫ばれているのは、

被害者が「この人痴漢です」と申告するのを躊躇わせるため、あるいはその申告に対して周囲が「冤罪なのでは」という印象を持つようにさせる為です。

そうすることによって痴漢痴漢やすい土壌を作り上げ、日本満員電車を性欲の発散装置として機能させようとする人々が居るのです。

彼らは組織だって行動を起こしたりしませんし、縦や横の繋がりもありませんが

インターネットによって拡散された「嫌がる相手に行う痴漢は興奮する」「トラウマを植え付けることに快感を覚える」というミームにより

たかも一つの大きな目的を共有しているかのように、異口同音にエンザイガーという発言を繰り返します。

残念ながら、彼らに対抗する術は日本にはあまりありません。「冤罪冤罪」を恐れず申告するか、満員電車に乗らないかです。

オリンピック建設木材無償提供ウラ

本日発表された東京オリンピックパラリンピック組織委員会の発表が様々な批判を受けている。

東京五輪 選手村の交流施設を作る木材 全国から無償で募集 | NHKニュース

東京オリンピックの資材無償提供募集に対し、もはや太平洋戦争末期並みだとの声 - Togetterまとめ

それに対し、「BLOGOS」は組織委を擁護する論調で、次のような記事を載せている。

東京五輪、建築木材を「自治体からタダで提供」させる? どういうことか聞いてみた

この件に関してオリンピック組織委員会会場整備局の担当者取材をしたところ、こうした批判とは少し違った事情が見えてきた。(略)

選手村施設木材建築することは、開催地が決まる前に招致委員会が提出した「立候補ファイル」の中で既に決定していた。

その後東京開催が決まると、この記載を知った全国の自治体から、「ぜひうちの木材を使って欲しい」との問い合わせが相次いだという。

この記事によると、協力したいという自治体から要求に答えるためのスキームだという。

これは私が知っている話とは少し違う。

はじまりは今年の2月頃、県を通して林野庁からオリンピック使用する木材提供可能かどうかのアンケートが届き、その中には「無償提供できるか」といった質問もあった。

さらに、アンケートの依頼文では林野庁独自に行うものであり、組織委には問い合わせないでくださいといったようなことも書いてあった。

自治体から言い出したのではなく、林野庁から言い出したものなのである

アンケートだけで終わったわけではなく、その後、一部の自治体は4月頃に組織から秘密裏東京に呼ばれ、会合が行われた。(旅費は各自治体負担^^)

本当に秘密裏で、出席の依頼文すら来なかった。

会議の中では、木造とする計画費用高騰の問題から止まっており、このスキーム検討しているということが伝えられた上で、

この情報が外に漏れると騒ぎになり、施設木造とする計画自体が中止になる可能性があるとして、メディア議員情報が流れないよう念を押された。

オリンピックレガシー地方にだとか、ボランティア精神だとか言ってるが、結局のところ建設費足りないから各地に負担してもらうというのが本音のところなのだ

丸太を買い、製材・加工し、往復輸送負担し、さらに戻ってきた資材で施設を作り、さらにその施設を維持する費用がかかる。

多くの自治体では大きな負担となるだろうし、何か施設を建てたとしても負の遺産になることは目に見えている。

オリンピックレガシーなどという実体のない浮かれたものに飛びつき、後の世代への負債を残す大バカ者の自治体が現れないことを深くお祈り申し上げます

https://anond.hatelabo.jp/20170725194747

他の組織と同じ基準じゃ当然いけない

裁判官警察官自衛官が厳しい自由制限を受けるのと一緒だ

権威構造の中にいる人間には当然厳しい基準がなければいけない

宗教民間ではなく公共役割を担ってる。だからこそ、どの国でも税制的にも優遇を受けることができる

公共権威構造があり犯罪を生み出す問題があれば、叩かれるのは当然のこと

民間と一緒にしてはいけない

https://anond.hatelabo.jp/20170725194354

ほかの組織と同じ基準であればよい。ほかの組織に比べて高い基準でも低い基準でもよくない。

例えばブラック企業パワハラみたいに、表に出るような手段をいろいろとることこそが重要ではないかね?

数は少数であるという条件であれば小学校でもボーイスカウトでもごく少数なら起きてるんだが。

宗教から守れという気もないが、逆に、宗教からと過剰に攻撃するべきとも思えない。

https://anond.hatelabo.jp/20170725192241

宗教教義反社会的ものならそれをたたくべきだが、キリスト教の性虐待キリスト教教義にも反してるだろう?

しかも、人数も全体からしたら少数。

それを明るみにして法の裁きを受けさせる。それだけだ。

閉鎖的社会だというのなら、それのみが批判されるが、ほかの組織犯罪(例えば学校)と比べて致命的とは見えないがね。

https://anond.hatelabo.jp/20170725174048

私は無信仰に近い信念を持っている。

それゆえ宗教特別ものとはみなさない。

問題のある組織対処しなければならないのは同意する。

宗教隠れ蓑にさせてはいけないと思う。

宗教問題を起こすのではない。人が起こす。

あと、信仰自由信仰を「持たない」自由保障するものでもある。

https://anond.hatelabo.jp/20170725175640

ここ10年の彼は技術者じゃないよ

技術者管理するマネージャで、色々な会社コンサルしていた

彼がセミナーとか雑誌饒舌に語ってた組織管理論、エンジニア人生論が今回の事件で全部嘘くさくなった

人の心を全く読めてないし、自分本位だし、部下やコンサル先への愚痴もひどいし

須藤さん、8月卒業

これが、秋元康

悪しき日本指揮官像。

貢献した人は讃えずにはおれない。

例え、その後組織が不利になるとしても。

2017-07-24

自衛隊階級フィクション階級について

自衛隊に入ってから漫画アニメなどの創作物における軍人階級によく注目するようになった。

少年漫画なんかでよく大佐とか少佐とか出てくるけど、実際の自衛隊の1佐とか本当にごく稀にしかいない。

そしてほとんどの1佐がおじさん(おじいさんと言っても過言ではない)であるハガレンロイ・マスタング大佐は29歳らしいが、あんイケメン青年1佐とかはまずもって自衛隊には存在しない。まぁフィクションは嘘が無きゃ面白くないし、ファンタジー要素強めな漫画リアルを比べても仕方ないけども。

もしもパッと見で青年に見える1佐なんて人がいたとしたら、防衛大学校主席に近い成績で卒業してその後の数度にわたる教育課程も全てトップクリアした超人だろう。残念ながらそんな神様のような人にお目にかかったことは未だない。もしかしたら日本のどこかに数人かいるかもしれない。

リアルフィクションギリギリの境目で階級説得力があるのは、エヴァ葛城ミサトミサトさんは超エリート。29歳で1尉→3佐はまだギリギリでありうる。実際、30歳の1尉の人には一度会ったことがある。

エリートコースを突き進んだ新進気鋭の若手幹部もさることながら、長年キャリアを積んだ自衛官中年から幹部試験を受けて任官する場合も数多い。若い3尉よりもむしろ、お年を召されている3尉、2尉といった方をたくさん見かけるように思う。

幹部にも色々ある。防衛大を出たての22歳の3尉と、20年以上自衛隊生活を重ねてから幹部になった中年3尉の序列が同じなんてことザラにある。だから「こんなに老けてるのに1尉なの?昇進遅すぎじゃない?」みたいな見方は早計だ。若くて出世が早い=有能、という等式は必ずしも成り立たない。

創作物の中では、部隊を指揮し全体を統括する立場にある幹部たちが主要人物となることが多い。そりゃそうだ。そもそも大佐とか少佐とか肩書きがカッコいいし。キャラクターにしやすいだろうし。組織を動かせる力は即ちストーリーを動かす力につながるし。

色々な漫画アニメで、イケメンエリート大佐とか、とんでもないカリスマを持った少佐とかが登場するのは、面白いフィクションを創るという上で当然のなりゆきと言える。

そんな輝かしい彼らの陰に隠れて、定年間際のおじいさん大佐がいたり、そもそも幹部にもなれない(あるいは目指そうともしない)膨大な数の部下がいたりすることを勝手空想するとなんだか面白い

ヘルシング漫画)はきちんとそのあたりを描写していたのが流石だなと思った。

当たり前だが現実自衛隊フィクション軍隊との間には、階級における温度差みたいなものがある。

フィクション軍人はみんな往々にして超人じみたエリートだ(じゃないとお話がつまらなくなる)。ワンピースコビー出世スピードなんてまさしく超人の域だ。

現実じゃこんなのあり得ない!リアリティが無い!みたいなことを言いたいのではなくて、現実現実としての、フィクションフィクションとしての面白みがあるなぁとしみじみ思うのです。

サヨるのはホコリがないか

サヨるのはホコリが無いから。ネトサヨとか(「オルタナ左翼」と訳されているやつ)とかいう群れは典型

ホコリが無い、つまり尊厳自覚が欠けている、自己肯定感が足りないから、権威権力を引きずり落とさないと自己を保てないのである

近年は「中国共産党」に依存したがる人々が増え、そしてそれにあやかって収益をあげようという組織がサヨサヨしている。北朝鮮ミサイルを発射したこととは相関関係はある。けれども、戦後の混乱期の頃から既に、少なからぬ人々が共産主義に傾いた。己の不安定から共産主義国家を指向した。

バブル崩壊から続く底なし不況経済縮小の中だから、そういう依存気質を利用してでも稼ごうとする組織の方が多い。宣伝する広告代理店とかマスメディアとかも、やはり、そうなる。

他方の欧米では近年は、例えば「LGBTブーム」が起こっているけれども、多くの組織は「稼げるからLGBT支援」であって、尊厳問題で支持している理解者はそう多くはない。だからギリシャでは共産主義者が横行し政権がサヨっている。ネトサヨを利用していてなんで政権が獲れるのかって、その方がその実、カネが動いている、少なくとも、動く期待がされているからだろう。

社会的弱者は、声を上げ、声を大きくしていかないと、死ぬ。他方のネトサヨっていうのは、ホコリが無いから、「俺にも平等に言わせろ」と主張して社会的弱者を苛める言説を垂れ流し、それを「表現の自由であると強弁する。

共産主義みたいに権威権力を独占する、例えば「歴史」(偽史)や「民族」(虚偽の民族)に依存するのにしてもそうだし、「あかはた」とか「マルクス・レーニン主義」とかに精神性を依存しないと自己を保てないような奴にしてもそうだが、自分より強い奴に依存しないと自己を保てないような奴。そうすると、自分と同質の奴なんだけれども、異質で自分と馴れ合わない(そもそも本質的に馴れ合えない)奴があるのは不愉快で癪なのであろう。己のホコリの無さを、ホコリをもっている異質な者に対して投影して、相手のせいにして苛める。

共産主義、言い換えれば社会主義というのは、強い奴が中くらいの奴らを苛め、中くらいの奴らは強い奴に依存して生きて、そうやって苛めがより下層の社会的弱者押し付けられるシステムである簡単にいうと、共産主義というのはファシズムである共産主義かいうのは本質的に、ロシア革命から連綿とファシズム確立されてきたのであり、革命中だけの問題ではない。文化大革命ポルポト時代には、共産主義理屈が主に都市部に浸透させられていった。そうしないと統治体制治安)が保てなかったからだ。普通に虐殺が行われ、総括、見せしめスケープゴートをつくって引き締めないと成り立たないファシズム国家だった。

今も、文革時代文化を礼賛する言説が横行しているけれども、それは言い換えればファシズムだ。それこそ民主主義社会立場から見るとこんなん嘲笑の的だ(笑

ホコリが無いから、ホコリホコリと盛んに言うのである自己にホコリが無いかサヨクのホコリとか言い、ホコリが無いか世界に認められる「箔」を欲しがり、革命革新だと言うようになる。そして多くの組織は、そういう「箔」を利用して稼ごうと必死である。なにせ今の日本は貧しいから、貧困比較的マシの連中は共産主義に懐く。

https://anond.hatelabo.jp/20170724184706

純粋エンジニアなら人格と業績は切り離して考えられるけど、最近の彼の場合エンジニアとしての生き方とか、エンジニア組織マネジメント論ばかり語ってたからなぁ

こんな人の心を読めない人、モラルのない人だったとなると彼の話は全く説得力なくなる

携帯から犯人の居場所特定

携帯を使っていれば、捜査機関からの依頼で犯人場所は狭い範囲特定できるのは周知の事実

携帯機内モードに設定した後に、Wifiだけをオンにする。

これでネットを使っていてもIPアドレスから契約者を特定する事ができ、場所もほぼ特定できるのは周知の事実

さらVPNアプリインストールする。

これなら捜査機関VPN業者IPアドレス開示命令執行するのは事実上困難なため、特定される事はほぼない。

さら行政単位を超えて行動すると、捜査機関は混乱する。

どこの国でも捜査機関行政単位組織ができているケースがほとんど。日本で言えば東京警視庁神奈川県の県警本部等々。

縦割り組織縄張りのため、管轄捜査機関から捜査対象となる場所組織が違う場合捜査応援要請をする。

日本で例えるなら、東京都の人が、捜査機関から逃れるためには、神奈川県に行く。

そこで携帯を僅かな時間だけオンに何度かする。警視庁神奈川県警応援要請をする。

よほど大きな事件にならないと合同捜査本部は立ち上げられることはない。

その間に千葉県に移動して潜伏をして、携帯機内モードのまま、WifiVPNを利用する。

これらの事は旧共産圏中国ロシア生活をする時に役に立つ。

日本警察庁もこれらを広域捜査といい、広域捜査力を高めるために、非効率連携をすこしでも改善しようと努めている。

俺のブクマページをブクマされた

なんか怖いので、その人の他のブクマを見てみたら、ウヨクとかサヨクとか、差別がどうとか、俺がブクマしなさそうなのばっかり入ってる。

いったいなんで俺をブクマしたんだ。何かお気に召さなブコメでも書いたのだろうか。怖い怖い。

俺、処されちゃうのかな?


追記(19:30)

ブクマ数2人増えたんですけど、なんで??右だか左だかの組織に目をつけられちゃったの?

AOG(って何?)タグつけていいから、勘弁してください。

さないでください。

(「処さないよ!」って返してくれたら嬉しいんだけど、あいつら『けものフレンズ』嫌いみたいなんだよな~)

2017-07-23

お上」「お偉方」って語句

自分組織知識強いですよ~的な雰囲気出しつつ

実際、具体的な役職名答えられないか

抽象的な表現にとどめてるだけ

それなのに言ってるのは大抵大人びたキャラっていう

 

この構図がとてもカッコ悪くて

アニメ漫画語句が出るたびに鳥肌が立つんだよなぁ・・・

AIクラウドWeb2.0

から存在する技術がある日突然話題になり単語だけひとり歩きした結果

最後にはその単語が何を意味するのか誰にもわからなくなる現象がある。

ちょっと前まで「クラウド」が流行っていたけれども

これも何を意味するのか僕にはわからなかった。

Dropbox が出て来たあたりから猫も杓子もクラウドといい始めたようにおもう。

から似たようなことは個人組織サーバーを立ててやっていたわけだけれども、

CUIではなくGUIだとか、誰にでも利用できるというあたりが違いだったのかな。

ああでも、クラウド言い始める前からアップルの似たようなサービスがあったよね。MobileMe だったかな?

やっぱりわからないな。

最近AI流行っているらしいね

昔は専門家試行錯誤してモデルを作ったりフィットしたりしていたのが

今ではだれでも簡単データ解析ができるようになった。

そう僕は理解していたのだけれどもニュース見出しを見ているとよくわからなくなってくる。

AI仕事を奪われる」これは「Excel仕事を奪われる」みたいな比喩表現だと思っていたのだけれども

AIの下で働く」みたいなフレーズを見ると混乱してくる。AI自我やらロボット三原則言及する人までいて、ネタなのかそうでないのか区別できない。

AIってなんだ?

2017-07-22

SIerパワハラを受け転職しようか迷っている

SIerパワハラを受けた後に転職しようとしている話

人生で一番悩んでいる。

意見をくださいませんか。

俺、というか俺の部署はここ数年、悪質な上司からパワハラを受け続けた。

その上司は数年前に就任した典型的クラッシャー上司で、糞みたいなマイクロマネジメントを好み部下のやっていることを細部まで把握したがり、部下が少しでも想像に反するやりかたで仕事をするのを発見しては長々と大声で罵倒した。タスクバランス悪くギチギチに詰め、それがわかっていながら追加タスクを詰まっているところに更に追加し、遅れが出るとこれまた長々と罵倒さらなる精神疲弊と遅れを誘発させた。俺には気持ちよく罵倒するために遅れが出ることを手ぐすねをひいて待っているようにしか見えなかった。チームをまたいで助力しようとすると妨害し、断続的な雑談で周囲の集中を乱しまくり、適切なリソース配分といわけていることの逆のことをやり続け、昔のJavaで頭が止まっている脳で現場コードを乱した。

リリースが迫った忙しい時期の会議で、XSS脆弱性発見されてそれを修正する作業を組み込む必要が有ることを報告すると、そんなことを予期してスケジュールを組んでおくべきだと大声での罵倒がはじまった。ちなみにそのXSSそいつが仕込んだ脆弱性だ。どうやらこの人は謝ったら死ぬ病気にかかっており、自分に非があることが判明する流れになりそうになると大声で罵倒することで死を回避する習性があるようだった。

せっかく修正したバグを、メンバー罵倒してrevertさせたこともあったな。どうも、そのバグ修正自分タスクとして認識していなかったのがお気に召さなかったようだ。なお、その心を込めた手作業で復活させたバグは、後に大事な場面のデモエラー引き起こした。

この素晴らしいマネジメントによる効果は絶大で、みながモチベーションを失い目の前の仕事のみしか目に入らなくなり、たいして大きくもない部署内がサイロ化し情報共有は抑制され、協力し合う雰囲気を失っていくと同時に、責任押し付け合うような空気が醸成されていった。組織が的確に壊れていく過程を間近で見ることができたのは、ある意味で貴重な体験だったのかもしれない。全てこれと逆のことをやれば良いチームを作れるのだろうから

はいしか睡眠障害めまい耳鳴りなどを発症するようになっていた。

俺はコードを書くのが大好きで、趣味でも毎日のように書いている人間だ。こんな俺が、ある日エディタを開くと恐怖が襲ってきて、コードが書けなくなるという症状に見舞われた。精神科には自律神経失調症というよくわからない診断名が下られた。その症状は幸いにも1週間くらいで収まったのだが、書けなくなったときは本当に愕然とし、死ぬほど悲しかった。

部署は日に日に、着実に疲弊していっていた。こんなことを軽はずみにいう怒られるかもしれないが、仮に俺の部署から自殺者が出たとしても、俺は全く不思議に思わなかっただろう。

これを読んだ側からすると、なぜさっさと退職しないのか、不思議不思議でたまらないだろう。だがこのような状態に陥った人間ならわかると思う。疲弊した精神は、状況を改善したり逃げ出したりする気力すら奪うのだ。常軌を逸したブラック企業が世の中から消えない理由の一端がわかった気がした。

今年に入りようやく少し気力が出てきて、転職活動を始めた。転職活動を通して企業を調べていると、少しずつ正気が戻ってきた感覚を得た。なんでこんな状況から抜け出そうとしなかったのか。世の中には良さそうな企業がたくさんあるじゃないか、と。視界が広がった気がした。本当にひさしぶりに、コードを書く楽しさも少しずつ戻ってきた。

そして、色々とあったのちに、希望していた企業内定をいただいた。

その会社で関われるサービスは魅力的で、俺自身ユーザとして利用しているサービスだ。技術力の高い同僚に刺激を受けることができそうだ。また、その企業採用過程はいくつもあったが全般的対応が丁寧で、そのことも好印象だった。面接は話しやす雰囲気をつくってくれた上でこちらのアピールを聞いてくれた。かといって決してぬるくなんでも通すための面接ではなく、質問してくる内容は鋭く的確に感じ、面接官の優秀さが伺えた。面接官は将来一緒に働く可能性もあるわけで、面接官に感じた魅力は、すなわち企業の魅力として感じるのは当然だ。給料他、諸条件も申し分ない。

あとたぶん、業務履歴だけだったら、こんな企業から内定はもらえなかったと思う。俺は昔から趣味コードを書いており、仕事でまともなコードが書けなかった時代から(後述)、余暇の開発でOSS/非OSSでいくつかまとまった成果を定期的に公開して、一部で評価も得ていた。ソフトウェア開発者のたしなみとしての英語勉強もしていてTOEICは920点をとっており、そのあたりも加点になっていたと思う。そういった業務外の習慣も評価してもらえたようだったのも嬉しかった。なにより日々の罵倒ですっかり自信を失っていた自分にとって、技術のわかる面接官とフリートークをし、自分肯定されるという、その採用過程自体が楽しかった。

内定をもらったからには、次は退職交渉となる。

ここから問題だ。

部内の複数人退職意思を伝えるに至り、ようやく会社問題認識したようで、既に件の上司左遷されることになっていたのだ(ただ、しでかしていたこからすると、たいしたペナルティを受けているようにも思えないのだが)

で、今現在上司は、以前から俺が尊敬していて、本当にお世話になってきた人なんだ。

この人は肩書はかなり偉い人なんだが、この業界では珍しく、技術重要さを理解した上で上に立ってくれている人だ。コードも書ける、というかたぶん俺より書ける。忙しい人なのにいつ勉強しているのか謎だが、技術情報キャッチアップして、たとえばだが今で言えばReactとかJSXとかそういう話も普通に通じる。

俺が今の会社で若かりし頃、フリーセル仕事邪魔しかしない無能上司パワハラに耐え(こんなんばっかだなこの会社)、ロッカー備品管理管理とかレンタルPC管理とか手間のかかる雑用押し付けられ、

 

iに0を代入する

iが10になるまで繰り返し

  なんとか処理

  iに1を加算

  

もし X が 0なら

  ファイルを書き込む

そうでなければ

  なにもしない

 

みたいなのが延々と書かれているクソゴミ設計書をもとにコードを起こしていたような状況からとあるきっかけで俺が趣味の開発で結果的に身につけた技術力を買ってもらい、まともなコードを書かせてもらう場所に拾い上げてくれた人なんだ。

最近はあまり仕事で関わっていなかったのだが、俺がいつか死ぬ時に、人生でお世話になった人を5人あげるとしてら、間違いなくあがることになる人だと思う。正直、育ての親くらいの感情を抱いているかもしれない。

でもって、その上司退職意思を伝えた所、引き止められた。というか思いっきり泣かれた。俺にいろいろと仕事をまかせたいと思っていた矢先だったようだった。ただ無理やり引き止めるつもりまではないとも言われた。退職を考えるほど酷い状況になっていたことに気づかずすまんとも。演技でこういうことをする人ではなく、そこまでされると、心が動かなければ人間ではない。

実際、件のパワハラーはもう上司ではないので、転職する理由の大部分はなくなっているともいえる。でも内定をもらった企業は非常に魅力的なんだ。もうこんなチャンスはないかもしれない。

でも例のパワハラーはまだ会社にいるので、同じ会社にいれば関わるハメになるだろう。本当にもう関わりたくない。そもそもパワハラ被害を防げない会社の仕組みそのものがもうダメなような気もしている。今回のパワハラ問題解決に尽力してくれたのもこの人であり、この人の後ろ盾なしに俺がこの会社で生きていける気が全くしないのも問題で、本質的には自分はこの会社にいてはいけない人間な気もしている。でも尊敬している人にひきとめられている。でも内定を得た会社は魅力的だ。

どうすればいいんだろう。

ビックカメラ水戸駅店の欠番SWITCHに関してふと思った事。

ビックカメラ欠番当選Switch店員が買ったんじゃなくて地元の有力転売屋に流したんじゃないかなーと思ってる。

ビックカメラ系の隠語11番っていうのがあって、これは転売屋の事を指すんだけどさ。大抵の11番は個人プレイヤーとか家族程度の規模だし、もっと組織化してたとしても基本的には毅然とした態度で現場対応してると思うんだけど、困ったことに家電量販店が密集した地域には大抵いくつかコネの強い転売屋グループってのが存在するんだ。

これらは家電量販店の身から出たサビというか、そのコネの強い転売屋グループトップってのがずばりビックの元店長とかなんだよね。これはヤマダにしろヨドバシしろ、どこも一緒で、キャリアの枝分かれの隙間というかダークサイドにこのコース存在するんだ。

彼らは元業界OBとしての威光を使って地域店舗(後輩、元部下、同僚の店長、副店長)と非常に有利な交渉を行える。限定数量品のバックヤード確保やポイントアップが特に強力で、21世紀になってから、おおっぴらに値引きとか現金周りの特典こそコンプライアンスがうるさくて出来なくなったものの、ポイントっていう不明瞭でルール整備の整っていない部分ではいまだにおいしい思いをしてるんだ。

家電量販店も、店舗ごとのシマでいえば、販売ノルマだのなんだの上からタコで言われてるからさ、安定して定期的に大量購入してくれる窓口があるってのは店長とか現場トップは楽できるし嬉しいんだよね。OB現場の辛さを知ってるから来店時間とか都合してくれて、閉店間際に黙々と召使い連れて箱で持っててくれたりすっから助かるなーって話なのよ。仮に25パーセントとかわけわかんない還元率つけてノートパソコンとか売るにしても、一般のお客さん集めたら阿鼻叫喚地獄になるけど、OB転売屋グループなら手間もなく静かに右から左からさ。

あと家電量販店業界ってめちゃくちゃ狭くて、20代で数年ヤマダの販売員やってた奴(かわいそうにずっとバイトだ)が辞めても、潰しがきかなくてとなりのヨドバシバイト販売員はじめて、あらまぁ30代突入みたいな人材ジャグリングが狭い地域でずっと行われてるんだわ。で察したと思うけど、転売屋グループの上って先述の通り家電量販店の元店長とかリーダークラス(これも偉そうな肩書だがバイト)のOBから、こういう業界渡り歩いてきたというか消耗した奴を、ちょっとの見所があれば的確に拾ってくんだわ。

でも一番良いのは中国人留学生バイトだね、彼らは頭がいいか中国語日本語英語もできたりするのよ。販売員の名札にさ、3カ国語OKとか書いてあるような子ね。彼らはだのに、つかえねー日本人ボンクラ店員と同じ時給1000円とかでコキ使われてんだわ、アホだよね。障碍者雇用枠のバックヤードスタッフと私同じ給料だったんですーって怒ってた子なんかもいたね、そういう優秀な人材過小評価するアホな組織構造がおいしいのよ。ウチ(転売屋グループ)で日本語英語を話せない中国人召使いを君が指揮してみない?もっと楽して稼げるぜーって軽く誘えばいいからさ。

ちょっと話がとんじゃったけど、件の消えたSwitchはそういうOB大口購入窓口へのお中元だったんじゃないかなって。あらかじめ当選番号があって、その上で該当番号を抜くってやり方は末端の連中だけで完結しない気がしてさー。

殺し屋1って漫画は元やくざ破門された不良なんかが、身を寄せ合ってタタキグループみたいなよくわからん隙間の仕事をやっているってのが最初のあらすじだったと記憶してるんだけど、家電量販店業界にもそういうドロップアウトした先の世界が地続きになって存在するんだよね。企業に良いように使いつぶされた奴らが蜘蛛の糸ほどの繋がりを使って家電量販店を少しは齧らせていただこうみたいなね。

組織ってなんだろうね

人はそれぞれ質量を持つ

質量を合計すると組織質量、人数は組織の体積になる

人数が多いと組織の総質量は増加する

質量の大きい人が高い密度存在するほどエネルギーが高いので可能性が広がる

質量が大きい組織は外の人材仕事お金を引きつける引力を持つ

引力がないと何も近寄ってこない

自分で1つずつ集めないといけない状況は凄く大変でエネルギーが足りなくなる

近くに自分より総質量が大きい組織があるとそっちに取られる

自分組織から剥がれる事もある

大きな引力には質量の大きい人ほど引きつけられる

だけども引力なので引き寄せられるもの玉石混交

質量の高い人を引きつけられる引力をもち

なるべく質量の高い人を集めないといけない

鍛錬したり、自信を持ったり、仲間同士の切磋琢磨は体積を増大させずに質量を増大させる

人だけ増える、やる気を失う、惰性で能力が退化すると質量が減ってしま

競合に負けない質量を得るために規模を増やさなければいけない時もある

だけども体積に対して質量が足りないと崩壊をおこす

規模の増加が体積の増加よりも先行すると密度が低くなり、エネルギーが減少して可能性が狭まる、崩壊する

質量の成長が止まるといつか相対的に負け始めるので質的、量的どちらかは成長していかないとね

停滞する理由はない

さー、がんばろう

北斗の拳で最も魅力のある悪役と言えば

ラオウよりジャッカルだなーと最近思うようになった。


北斗の拳名前の出てくるような敵って、基本的にみんな強いし、

ケンシロウに1対1で戦っても勝てると思ってて、実際一人で襲ってくるんだよね。組織ボスだったりするのに。

でもジャッカルってそうじゃなくて、もう出会った時から戦ったら負けると判ってんの。

大勢の手下を従えてるけど、1対1どころか全員でかかっても負けると判断してて、戦う前から徹底して逃げてんの。

あれは凄いね

結局、ケンシロウの留守を狙ったのが仇となってブチ切れたケンシロウに追い詰められて死ぬわけだけど、

追われ始めてからでも、逃げ切れなくなるまでは反撃とか全く考えずにとにかく逃げる。

まあ、部下たちも彼と似たタイプだったらしくて、「ケンシロウと戦うよりはボスであるジャッカルを殺したほうがマシ」という至極もっともだが北斗の拳では珍しい考え方をして、組織が内紛で壊滅したわけだが、

ケンシロウがどうやったのか判らん理不尽な追いつき方をしなければ、彼は逃亡に成功していただろう。

悪役がみんなジャッカルのように逃げまくってたらそれはそれで盛り上がらないだろうけど、

自分の力を過信しなかったジャッカルは、変なスーパー拳法がはびこってなければ世紀末覇者となってもおかしくない才覚の持ち主だったと言えるだろう。

※なお、あべしボクサーのようにケンシロウの強さを知らずにかかってきた例外を除けば、

ケンシロウ戦闘意思を見せ、敗色濃厚になってからジャッカルの居場所を吐こうとしなかったフォックスは、あの組織の中では珍しく勇敢で忠誠心も厚かった男と言えるだろう。さすが右腕。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん