「媒体」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 媒体とは

2018-09-20

よくわかんねぇリニューアル

ニュースサイトリニューアルについて思うことを書く。

このリニューアルは失敗すると思う。

まず第一既存読者が離れる。

Twitter見る限り、既存の読者にそもそもリニューアル意図がまず伝わってない。

ネガな反応のほうが出やすいし、好意的に受け止めた人もいるかもしれないけど、離れる、という読者も多いはず。

からといって、新しい読者が生まれる感じも全くない。

「新しい媒体になります」って言って並んでる記事があれじゃわかんないよ。新しい感全く無いよ。

いままで各媒体ごとに並んでた見出しがまとめてタイムライン化されたようにしか見えないよ。

リリース起こしの記事作ってくの?すでにいくらでもあるやん。

新しいジャンル記事?他社のメディアで読んでたし、リリースベースならこれからもそっちで読むよ。

だいたい、新しい読者はどこから来ると思っているんだろう…?

他所でも読めそうな記事じゃ、媒体には定着しないんじゃないかな。

全体のPVも下がる。いままで個別媒体記事→戻ってまた別媒体個別記事、みたいな遷移はなくなるだろうし

個別記事申し訳程度につけられた、個別媒体に見に行く動線も謎。

このへんのカスタマージャーニーをどう考えてたのかがまったく謎。

ヘッドラインを見に来てる人が、おんなじ話をまた遷移してまで見に行くかね?

個別媒体の切り口を見たい人は最初からそっち行ってると思うんだが……

もちろんそんな見方をしてなかった人もたくさんいるだろうし、これが正解とは限らないだろうけど、

少なくともそこを考えていたのだろうかどんな風に読まれてるのか、本当に考えたのだろうか。

例えば、IT系企業の人が新聞を読むようにざっと目を通して、自分業界に関わることとか、ちょっと個人的に興味があることとかを覗く。

なんなら後輩にサイトとしておすすめする。そういうメディアだったのでは。

やるんだったらいままでの媒体横断の一覧性は残しつつ、深堀記事とか、独自記事、読ませる記事を週何本かでも作ってく、

それきっかけでスマニューやらNewspicksから媒体全体に新しい人を呼んでくる、そんな話ならわかるけど。

現状各媒体熱量が薄まった、どこでも読めるようなレベル記事がビミョーなデザインで並んでるだけ、に見えるけど、どうだろうか。

スマファースト」みたいなことを考えてるのかもしれないけど、既存読者は圧倒的にPCからが多そうなサイトで、

かつスマホでメディアトップページなんて行くかな?なんて時代に、まわりに迎合してPCデザインまで改悪する必要、あったのかな?

媒体にする、という割には、どんな人が読みに来る媒体なのかが今のところ全然わかんねぇ。

学園祭舞台ミステリーもの

亡霊は夜歩く

クドリャフカの順番

これらが好きなんだけど他に面白いのある?媒体は問わない

anond:20180920142629

やりたいことは漠然とあるけど漠然としすぎてよくわかってない人と、それを実現する方法媒体の仕組みについて全くわかってない人がよくわかんないまま話して、よくわかんないまま実装者に降りてくるパターン

IT系営業ってなんで知識ゼロでいいことになってるんだろうな。作れるレベルでわかってろとは思わないけど、でもやっぱりエンジニアが直接話に行ったほうがはやそうにしか思えない

営業なのかはよくわからないけど納期交渉をする係とかで技術者が難しいと言ってるんでーって言ってくれてすごくありがたい人はたまにいる

2018-09-18

anond:20180918164611

なわけねえじゃん

媒体エロ漫画か実地か)が違えば表現も違うし

エロ漫画童貞も読むし


けどエロ台詞自体にはニーズあるよ

ソープで「〇〇(源氏名)のおまんこにいっぱい出して!」って言われると興奮するし感動するから

そのサービスだけでリピートするぐらいのインパクトあるし嬉しい

ヤバいエロが読みたいかゾーニングはして欲しい

 ゾーニング論争はエロ嫌いvs.エロ好きの戦いではないし、さらに言うならオタク嫌いvs.オタクの戦いでもない。少なくとも私にとっては。

 何故ならエロ好き&オタクの私もゾーニング派だからです。

 エロ絵そのものはいいんですけど、エロ絵を日常に持ちこむ人、それを当り前だと思っている人の感性が怖いですよね。たとえば猫虐待してる絵が表紙の本が本屋にずらっと並んでたらどうですか。ツイッターで「猫いじめさいこー」とか盛り上がってる人たちがいたらどうですか。猫の飼い主、怖くならない?

 以下、個人的な話なんですが参考までに読んでみてください。

 私はかつて小学生だったときネット彷徨い偶然エロテキストサイトをみつけてしまい、最初はあまりの衝撃に速攻ブラウザを閉じたけど徐々に好奇心が湧いてきて一通り読み漁ったという過去があります

 ここで良かったのは私が元々本好きでフィクションに慣れていたので、『これは架空物語であり特定欲望を満たすための都合のいい展開である』ということを認識できたことと、文字媒体なのでどぎつい描写モヤモヤ~とした映像しか頭に浮かばなかったこと。

 小学生が明らかに18禁小説を読むのはよろしくないことですが、ともかくそんな感じで私は『女性性的に辱められる』『極端に男性に都合のいい設定』『とにかくエロだけを追求した話』『びっくりするほど下品であけすけな隠語』というもの嫌悪感はなかったのです。だってそれはそのサイトいかなければ読めないものだったし、自分が読みたくないときは読まなければいいのだし。

 それは刺激的で、斬新で、背徳的で、ジャンクフードのような中毒性がありました。普段は見ないけど、たまにひたすら頭の中の興奮ボタンを連打したくなったときに一気読みして、はー楽しかった、終わり、ってすっきりしてました。

 しかし同時に、私はネットでしばしば予期せずでてくるエロ広告嫌悪していました。私はあくまで刺激が欲しい時にエロ摂取したいのであって、いきなり飛びこんでくるエロはお呼びでないのです。むしろ「女を都合よく辱める創作を女に見せつけてもいいと思ってるんだ」と屈辱的な気持ちになりました。

 おわかりになるでしょうか? 「私が見たい時だけでいい、あとはいらない」と言うとわがままのように思う方もいらっしゃるかもしれません。

 これも本音なんですが、本質はもうちょっと深いところにあります

 エロテキストサイトとどこにでも湧くエロ広告の違いは、受け取り手能動性の差です。

 エロテキストサイトを見る場合、私は「荒唐無稽現実離れしてる刺激的なエロい文が読みたい」と意識してからサイトを開きます。私がそう思って行動しない限りサイトは開かれません。そして、サイトにはエロい話ばかりが集まっていますエロくない話の中に騙し打ちのようにエロい話があるわけではないので、そもそもこれはエロくてヤバい話を読みたい人向けのサイトだとわかります。つまり、「今から読む話では女性人権が滅茶苦茶に蹂躙されてるけどみんなこれが架空だってわかった上のお遊びだから大丈夫」という安心感があります

 ところがエロ広告は、求めてもいないのに突然バン!と現れますしかも絵なので防ぎようがありません。日常なかに現れたドギツい描写こちらは面くらい、そして、「こんなヤバいエロ日常なかに放り込むなんて、この発信者もしかしてヤバいエロ日常を別枠だと思ってないのでは?」という恐怖を味わいます

 まぁ、今思うとエロ広告はむしろ不意打ちをこそ狙ってるんでしょうね。エロなかにあれば目立たないエロも、日常なかにあれば目立ってありがたがられますからね。ジャンプ過激化するお色気系漫画とかもそうなんでしょう。エロ漫画としてはそこそこでも少年誌の枠内では超エロ、っていう。

 でもね、人間、慣れるんですよ。

 嫌がってる人はなかなか慣れませんが、好きな人特に気にしてない人は普通に慣れますロリコン公言とかハイエースとかね、最初は「俺たち過激なこと言ってるぜ」っていう昂揚感、ヤベー奴スゲーみたいなとこから始まって、今ではすっかりネットミームでしょう。

 小学生恋愛対象に想定するタイトルとか、女の子がめちゃくちゃ露出してるとか、そういうのがありふれ過ぎて、日常浸食している。意図せず目に入ってくる。そういう状況は怖いです。

 ラノベは昔からエロ絵あったとかい意見もわかりますが、さすがにここまで多くも露骨でもなかったですよ。ホライゾンの表紙はラノベの中でもわりと異色だったように思います。少なくともエロい絵として喜ばれるぐらいには。今、特にオタクの中で話題にならないじゃないですかエロい絵の表紙。もう当たり前になっちゃったんですよ。

 露出の多い女の子が恥ずかしそうにしてるとか、乳首が浮いてるとか、パンツ見えてるとかの絵、女の子性奴隷に、だの、ロリがなんちゃら、だのいうタイトル、が『女性性的に辱められる』『極端に男性に都合のいい設定』であり、『日常とは隔離された架空のおままごとである』という認識が薄れてきていますだって日常にあるんですもの

 大人になってから触れた人はまだいいですよ。それなりの分別はあるでしょうし、もし影響されて何かヤバいことしたとしても本人の責任です。それが大人ってものです。

 でも子供のうちにあれが日常と地続きにある環境は確実に問題があります。ただでさえ子供のうちは架空現実の境目が曖昧なんです。自分で言うのもなんですが私は特殊例で、ヤバいエロに触れるずっと前に親から子供の生まれ方や性的に気をつけなければいけないことを教わっていましたし、架空物語との付き合い方をわかっていました。だから女性人権が滅茶苦茶に蹂躙されているエロ』という箱を脳内に作り、これは日常とは絶対に交わらないものとして区分けできたのです。

 でも無視できない程度に日常ヤバいエロ浸食していくようになるにつれ苦痛を感じるようになりました。エロ広告ぐらいならまだ対処しようがありました。ネットを使って行くうちに、なんとなくエロ広告が出そうな場所を察知するようになり、それを避ける術を身に付けたので(もちろん取りこぼしはあります)。

 でもアニメ漫画ラノベツイッター動画サイト、ありとあらゆるところに蔓延ヤバいエロ思想オタクをやってると避けて通れない、どころか今やオタクじゃなくても目に飛び込んでくる数々の女体エロ絵。

 かくして私は『女性人権が滅茶苦茶に蹂躙されているエロ』を読めなくなりました。もはやそれは日常の地続きにあるからです。「お話の中ではとことんヤバいけど私は安全」とは思えないからです。

 何故ヤバいもの日常に持ちこみたがる人がいるのか、私にはわかりません。まぁ彼ら怖くないんでしょうね。女体持ってないから。でも、自分達にとって『日常にあっても怖くないし楽しいもの』が他人にとって『日常にあったら怖いもの』だということはわかって欲しいです。

 言われそうなので先に書いときますけど私は少女コミックとかもどうかと思ってます。今は知りませんが数年前に読んだときは「え~……?」と思いました。エロ描写自体はたいしてないですが、安易に性行為突入する展開が多く、さすがに注意書きとかレーティングとかがいるのでは、と。あれは表紙は無難なのでその点はラノベエロ表紙よりはましですが。

 BLの表紙も、扇情的すぎるのはキツいです。中身はエロくていいから表紙はやめてくれ。私はBLも嗜んでるんですがやっぱり日常に現れるエロは嫌です。エロ広告とかも最近はたまにBL系のやつをみかけることがあり、エロ広告の常として過激なとこを抜き出してくるので無理矢理描写とかが多いんですよね。日常人権無視思想を入れて来ないで欲しい。私は心構えをして、人権無視した話が読みたいと思って、自分で専門の場所にいったり専門の書籍を買い、そして初めて人権無視創作を楽しみたい。

 要は「これは人権無視している」という認識を確かに持った人々が愛好する人権無視創作じゃないと、「ひょっとしたら人権無視だと思わないでこの創作を楽しんでいるのでは?」という恐怖に苛まれるんです。被害妄想じゃないですよ、私結構な数の「ロリとつきあって何が悪い」って言ってる人見ましたからね……思い出すだけでキッツい。

 だからゾーニング(○歳以下禁止、表紙にエロやら辱められてる人間やら未成年との恋愛示唆する内容は出さない、コーナー作る)したいんですよ。日常とごっちゃになってるのほんと無理。殺人事件の本はあるじゃんとか言いますけど、本の表紙が首絞められてるとことか眼球に針刺されそうなとこのアップとかだったらぎょっとするでしょう?

 しかも今のネットだと「人の眼球刺すのすげぇいい」の場合

「え、刺したことあんの?(こいつヤバくない?)」

マジレスやめろよ、あくまフィクションだって

「えぇ……(大丈夫かな)」

 でしょうけど

小学生エロい、さいこー」の場合

「わかる」「それな」「JCBBA

かになりかねないわけで、この人らが内心「もちろん冗談だけど」という気持ちだったとしても字面だけ見れば既に倫理崩壊してるんですよ。正直眼球刺されそうな絵より可愛らしい絵柄の「ロリが俺のこと好き」みたいなタイトルの本の方が怖いです。これ(https://twitter.com/traductricemtl/status/1039259936453283841)の「今日から俺はロリヒモ」ってやつ、さすがに萌え絵エロ本かと思ったらMF文庫でヒィッってなりました。マジか……。

 元ラノベ読みなので別にラノベみんなこうなわけじゃないのは知ってますが、各社サイト行くと恥ずかしそうな顔で露出したり胸と股強調された服の女の子の絵ほんと多いなぁと思いますMF文庫特にヤバいな。

 露出過多で恥ずかしがってる女の子可愛いって言うのぶっちゃけいじめっ子の感覚だし、纏足して足が小さくなったせいで転んでしま女の子可愛いって言ってるのと同じですよ。

 頼むから皆さんヤバい思想には自覚的に向き合ってくださいね……。

 私はなんの心配もなくヤバいエロが読みたいです。

2018-09-16

出版社さんにわかってほしいこと

俺はもう二度と紙媒体漫画を買うことは無いということ

本屋に行って買うこともないし通販で買って配達してもらう事も無いし古本でも買いません

電子書籍なら買います

2018-09-15

anond:20180915170042

良い所は真似するべきじゃないのかな

ゲームしろ映画しろ、厳しいのは海外市場無視できないジャンルで(海外は厳しいから)

漫画がザルなのは海外市場が重視されてないジャンルから、なんだろうけど

漫画ネットだと海外と繋がってるからか紙媒体より厳しいし、紙もどんどんリアル本屋が衰退してAmazon勢力伸ばしてる&Amazon外資から厳しいよな

外圧が入らないと改善しないのは日本の常か

リアル本屋が軒並み潰れてAmazon一強となればもっと厳しくせざるを得なくなるだろうし

R18以外のレーティング設定しろ、ってのもAmazonが求めたら出版社はすぐ対応するんだろうな

2018-09-14

SFみたいな世界

GUレジシステムすごい

最近はどこのスーパー自動精算だし

どの車も自動運転な時代がくる

アレクサはそのうち帰宅時間に合わせてご飯を作ってくれるかもしれない

ファンタジックですごく面白いしワクワクする

テクノロジー進化で周りや自分がどんな風に変わって行くのか見たい

淘汰されるもの、新しく出来るもの解決される問題、新たに出てくる問題は何だろう

媒体は本当に無くなってしまうのか?

景気は悪いし雇用はクソ化するしお陰で少子化も凄いし地方過疎化していくしブラック企業はのさばってるし体罰問題ボロボロ出てくるしお先真っ暗だなと思うことも多々あるけどテクノロジー進化でどれか解決されたりするんだろうか

人類進歩楽しみすぎる

2018-09-13

anond:20180913165903

現在の紙媒体としての本はなくならないと思うよ。

電子書籍ってのは結局、消費的媒体であって、

保存に向かないんだよな。

ただでさえ、規格が乱立して統一取れてないし、

今でこそPDFとかもあるけど、

これだって、いつまで続く規格かわからないしねえ。

結局、「この情報をずっと残したい」という思いがある以上、

媒体の本はなくならない。

現に、エジプトパピルス現代まで残っているわけだしねえ。

anond:20180913165903

そのうち本は電子書籍媒体もなくなって、空中VR方式になる

本の形した光のページをめくるファンタジー世界

ヘタしたら紙の本やパソコンより先にタブレットとかのが廃れるかもしれない

本の形態のものが変わるのってすごく時間かかりそう

電子世界でやってくなら案外、巻物みたいにページわけしてない連続のやつのがいいか

2018-09-12

anond:20180912133925

そういう怪文書いから。

実際は色々な媒体世論調査してたが、それ全部が捏造だと言いたいのかねえ。

2018-09-09

anond:20180909124052

ゆで理論みたいな扱いだろ

もしくは漫画場合キャラクターやら設定やら他に明らかなウソが多いか

気にならない

あるいは学習漫画取材に基づく漫画では学者が監修するから通説が採用される

江戸しぐさは、学問認識通説が流入する漫画という下流媒体流れる前の上流で起こった歪みにあたるから

より問題視されてるんだろ

何気なく90年代後半~00年代前半あたりにヒットしててよく聞いてたけどいつのまにか聞かなくなったしヒットもしなくなった音楽アーティストwikiったら別に活動やめたわけでもなくむしろ逆につい最近に至るまで割とコンスタントCDを出し続けてて驚いた

CDTVの100位まで紹介してた頃も入ってなかったし

アニソン何が入ったか木にしてたくらい

媒体問題じゃないんだなと

いくら昔は売れてヒットしたからって今売れるわけじゃない

そんな当たり前のことがなんとなく腑に落ちた気がした

2018-09-05

文章リハビリ

最近文章を書くのが億劫になってきたのと、SNSブログでは人格文章イコールとみなされるので、リハビリ中は切り離しておきたい、そういった媒体だと、なぜか肩肘張った文体になりがちなのを直したいなど、色々あって、増田であれこれ書いていこうと思う。

2018-09-04

昔はよくなかった

チャリパク自慢していた漫画家

女殴ったら骨折れてビックリしたとか語ってた漫画家

女がうんこするとこ見たいとか語ってたアニメーター

児童ポルノ擁護していた漫画家

とくに取材してないけどと公言しつつ援助交際を美化した漫画描いてた漫画家

まあ気持ち悪いしこいつらの作品見るの嫌だなと思うようになったが

どれもネットのない時代の紙媒体インタビューの話だから盛っていた可能性もある

それでもゲス自分に酔ってる感がムリ

そういうの「窮屈になった」て思ってるのかもしれないけど

から軽蔑されてたけど炎上しないから気づかなかっただけなんだよな

希死念慮の源泉が個人範疇を超える場合対処法が知りたい

小学生の頃から自殺願望希死念慮を抱きもう数十年。

正直、当時の動機努力不足由来の将来悲観や経済苦、働き方への苦痛ーへの対処法や相談先は調べ尽くした。

対処不可能ではないと感じている。寧ろ、追い詰められている方への相談先紹介やちょっとした助言はできると自負する。

しかし、願望も希死念慮も止まらない。

私は世界支配者側に搾取されるために生かされている。そう感じると、逃避と反逆をないまぜにして死にたくなる。

宗教や法で自殺を禁じたり防ごうとするのは、奴隷が減ると社会運営が滞るためだと思う節もある。

もっとも、反逆は生きてこそ為せるかもしれないので生き延びてナンボかもしれないが。

そして、表現規制で年々制限が厳しくなり、エンタメはじめ種々の表現媒体言論表現デモやら団体行動への縛りが厳しくなっている。

物語をこよなく愛するオタクの私は、物語が滅んでいく世界に楽しみを見出せない。

政治家応援し、社会運動にも参画しているが、状況の劇的好転は見込めない。そして今の私個人ではどんなに声をあげても誰の心にも届かない。

どうすれば、自らを奴隷自覚した状況でも、絶望的世相の渦中でも生きる意欲は湧くのでしょうか?

最後

自殺対策に尽力する方々には、先述の奴隷が減る困るといった意図がないことは承知しています当事者幸福自死遺族の負った心身・生活の困難の緩和に手を尽くす関係各位には敬意を表します。

せめて、逝くときは皆様の迷惑にならないよう配慮します。

ふと気になった

続編が初代より人気出たのって何かある?

(続編と初代を比べるのは同じ媒体で比べる事にして。例えば無印アイマスデレマスを比べる場合アニメで。ASにはデレステみたいなゲームがないし、デレにはSPとか見たいなゲームが無いから。ミリアニメが無いか比較しない。)

例えばアイカツ!スターズ、フレンズとかプリリズプリパラ、プリチャン、後はナルトボルト見たいな感じで。

初代が大ヒットしてるもので続編初代以上にヒットしたものが思いつかない

2018-09-02

anond:20180902044548

でもそういう出版社特に最近は少なくない? 企業もずいぶん昔からWebページは紙面と同じ媒体ではないことに気が付き始めて,1ページにつき一つの記事情報とかの原則を守ってきてるよ。

煽る訳じゃないけど,そういうリンクしにくい書籍情報ページがある出版社の具体例上げてみて?

2018-08-30

anond:20180830105600

尖ったものを望まないならいくらでもテレビ見てればいい。

すでに企業産のコンテンツはいくらでもあるのに、媒体が違うだけで真新しい別物のように勘違いして観てるほうがアホ。

2018-08-29

anond:20180829015417

ごめん、黒字が大きいは間違い 赤字が小さいって言いたかった

紙で何百何千円かで頒布する場合でも結局印刷費や旅費がかかってよほど大手じゃない限り赤字なわけで、だったら電子媒体無料頒布する方が、っていう

anond:20180829011352

トータルで黒字馬鹿言っちゃいけない。

労働力に見合うような数字は叩き出せないし、大体サイトによっては3000円以上の儲けがないと振込すら出来ないんだぞ。

力量がなければ利益にならないのは紙媒体電子媒体も同じ。

なのに電子媒体に客を奪われてるから紙派が叩いてんだよ。考えりゃわかる。

anond:20180829000159

それを一twitterユーザが十把一絡げに「利益の出るDL販売違反」と自治したがるところに

違和感を覚える

利益が出たら紙媒体でもNGなのかとか辻褄の合わない主張が跋扈してる

2018-08-25

バブルガムダンスが好きすぎて自分で作る側にまわった

バブルガムダンスというのは音楽ジャンルひとつで、J-POPK-POPみたいなくくりで考えてください。

残念ながらこのバブルガムダンスというジャンルは瞬間的に流行った時があったがEDMの台頭で誰も作らなくなってしまった。

誰も作らないので既存のものをひたすらリピートする生活をしていたが、ある時本屋に行ったら「誰でも出来る作曲」みたいなタイトル雑誌があったので吸い寄せられるように雑誌を手にした。

道具を揃えるにはお金がかかるイメージだが、その本に書かれているのは比較的安いものだったので「うまくいかなくてもダメージが少ない」と考えて作曲世界に踏み入れることになった。

音楽理論なんて知らないし、音楽の成績は5段階評価で2しか取ったこと無い私だけど本の通りにやると正しく音楽が奏でられるし、アレンジも出来るようになった。

そういう事もあってぐんぐん成長してバブルガムダンスを作り始めたのはいいが、想像以上にむずい。誰も作らなくなったのはEDMの台頭もあるけど、しんどさに見合ったものが手に入れられないのが大きいと理解した。

今はある媒体で公開して僅かながらファンが出来るようになった。

よく絵や同人誌で好きなカップリング作品がないから作る側に回ったという話は聞くと思うけど、音楽にもいることを知ってほしい。


P.S.

あの雑誌によると最初は1分以内の曲を作ることを意識したほうがいいと書いてあった。

どうしても詰め込みたくなるのでまとまりがなくなるということからだと思う。

「いやこれは違う」といいたい人もいるかも知れないけど、詰め込み症候群初心者ありがちなのであの本は間違っていないと思う。

2018-08-24

anond:20180824160443

したことないみたい。

はてなユーザーの最終学歴大卒が 4 割、院卒は 4%

 

これは日本全体の割合*2と同じくらいでしょうか。

勝手イメージだとインテリな方が多いのかなぁと思っていたので、院卒の割合もっとあるかと思ってました。

まだ現役の学生さんが多いのかもしれません。

媒体資料で見るはてなユーザー像 - 19790401173.4

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん