「歯車」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 歯車とは

2018-02-13

上場企業課長だけど仕事がつまらない

34才、男性、妻子持ち。某上場企業課長

最近仕事がつまらない。とてもじゃないけど打ち込めない。

お客様のため、会社のため、一緒に頑張ろう」と部下たちを激励する言葉も、最近自分が言ってて空虚に感じる。

すぐ思い浮かぶ理由は、会社歯車として使われている感だ。

課を任されてから2年、成果をあげるため、必至に仕事に打ち込んできたし、部下たちのケアもいつも以上にしてきたつもりだ。

結果、課自体はうまく回っている。KPIも上々で、部下たちも元気が良い。

しろ一番元気が無く、覇気を失いつつあるのは、まぎれもない自分なのだ

売上目標10%上回った。だからなんだ?

部や課に配賦されてあコスト削減ノルマもなんとかのりきった。で、何が残った?

会社としての数字はよくなったかもしれない。株主の期待に応える一助になったかもしれない。

しかし、実感がない。誰かの役に立っている実感が、全くない。

仕事の成果のために、家族との時間を脇に置いてただ頑張ってきた。しかしそれが何の役に立っただろう。

週末、遊ぼうとせがむ4歳の息子に背を向け、2人でゆっくり話したいという妻に「ごめん」と言い、自室で書いたあの提案資料は結局、社内政治の闇に消えた。

「パパー」と駆け寄ってくるかわいい息子と思いっきり遊んであげられるのは、今だけではないのか。

妻はどれだけ寂しい思いを胸に押し殺してきたのだろうか。

平日も、週末も、仕事のため、組織の成果のため、自分はどれだけ家族を、家族との時間を削ってしまったのだろうか。

うそろそろ、限界なのかもしれない。

2018-02-11

なんのシンボル

ゲーム動画の背景などにしばしば描かれるアレだ。

ところどころ途切れた複数の環が同心円状に重なるパターン

途切れ方や太さは環ごとにまちまちだ。回転アニメーションしていることも多い。

ぱっと思いつくだけでも、スクフェスの初期背景、デレステその他アイマス作品の背景、キズナアイの生放送背景に使われている。

この奇妙なシンボルは、名前がついているのだろうか。

重なり方によっては歯車のように見えるが、不完全な感じだ。

この多重円環には、なにか不思議心理的作用がある気がする。

2018-02-08

女性社会進出についての批評

昨今の日本ニュースでは、女性貧困保育所不足などの話題がよく取り上げられている。

これらの問題の要因として、女性社会進出が大きいと考える。


日本だけでなく、世界的に見ても女性社会進出には大きな問題がある。

結論を先に述べると、それは政府企業が謳う女性社会進出とは、すなわち女性男性と同等に扱える労働者にしてしまうからである

言えば、女性社会経済のための、使い捨て歯車にしてしまうからだ。


これの何が問題かというと、女性を常に安価労働力として消費することに他ならない。

今一度解説すると、労働者とは自身能力時間労働力として換金する、ということである

単純な意味での労働力とは、それを購入する側にとっては、捨て値でスーパーに置かれているモノ、と例えて差し支えない。

(現代では、経営者以外の労働力は、発展途上国労働者に置き換えることができるので、ほとんど最安値となる。)



女性社会進出においては、女性自身上記のような労働者という立場しか与えられない点である

すなわち、社会から女性に対して、労働力という安売り以外での、社会への進出方法が明示されていないのである


更にはそもそも、これの改善自体ほぼ不可能だろう。

なぜなら、男女共同参画という企画議員承認された時点で、資本階級に都合が良くなるよう、うまく改変されているはずだからだ。

議員資本階級一定の繋がりがあるので、資本階級にとっても便利な法整備がなされているはず、と考えるのが自然だ。



女性がこの安売り地獄から逃れるためには、その個人社会供給しうる中で、自身への報酬が最も大きい手段を取るべきである

わかりやす手段を挙げると、起業であったり、大学を出ずとも、容姿と態度を磨き上げ、専業主婦として生活できる資本を作り上げたり、となる。

後方支援も立派な価値であることは留意すべきだ。


おそらく特別に厳しい境遇に充てられるのは、あらゆる意味での資本が乏しく、新たに構築できず、本人自身も特段有能でない女性であろう。

ただこの条件で厳しいのは男性でも同じであり、純粋生存が難しいだけなので、この問題の中で考えるのは不適である


再度要旨を述べると、女性社会進出とは労働力に貶めるための建前に過ぎない。だからこそ、それに反逆するしかかになる道がない、ということだ。

2018-02-06

週刊文春、たぶん、純文学雑誌自体の売り上げが減って焦ってるんではないのかな。

そういう人の人生歯車を狂わせて食べる飯は美味いだろうかと、小一時間問い詰めたい

2018-02-05

元彼が精神病んで自殺未遂たか婚約破棄した話

高校とき付き合っていた彼氏とは、恋に恋して「オツキアイ」を楽しんでいただけだって、今なら思うけど、真剣だった。

10代なりに真面目に青春してた。

私が受験に失敗して、私だけ浪人したのが歯車の狂い始め。先に大学生活を始める彼と、支え合うとか微塵も思いつかなかった。一年間会わなかった。それでも机に写真置いて、待ち受けにして、我慢して我慢しての最低限のメール必死に恋してた。

一浪して予備校に行って、志望校が変わった。滑り止めに東京大学が入った。それが二つ目歯車。結局また第一志望に落ちて、上京することになった。そこで気持ちがぷつんと切れた。一年間彼を心の支えにしてたはずなのに、遠距離という現実を前に、一年間会わなくても大丈夫ならそんなに好きじゃなくなったんだと思い込んだ。お互いに、納得のいかない別れ方をした。まだ浪人生という中途半端な心のままの私と、もうすぐ大学二年生になる心の彼は、理解し合えていなかった。

東京に出ると、人が多くて、慌ただしくて、華やかで、楽しいことも苦しいこともたくさんあった。それで彼との別れは押し流されていった。でもたまに地元に帰ると、彼から連絡があって、復縁の話も度々出たかど、そんな気になれなかった。いつからか、「帰省するよ」ってSNSで言わないようにして、友だちだけに個別LINEした。彼の大学一年目を私のために棒に振らせたとか、私が二回も受験失敗したせいで別れることになったとか、変な負い目で、会いたくないのに直接会ったときは良い顔してしまった。どんどん彼からの連絡が負担になった。

新宿サザンテラスにあるスペイン料理を、東京出会った男の人と食べに行こうと二人で歩いていたとき、彼から珍しく電話が入った。男の人とデートするなんてほとんどないことなのに、なんで今?!ってすごくびっくりした。新宿にいるのに地元の元彼から電話がかかってくることが、すごく不自然で、気持ち悪い、おかしなことのように思えた。全く別だと思っていた物語世界が、実はつながっていたような気持ち。歩きながら電話をとると、なんにも緊急の話題はないようだった。なんの話だったか全然覚えていない。私が何を言ったか全然覚えていない。変な罪悪感を感じてすぐに切ったことだけ覚えてる。それで、ご飯食べて、家に帰ったら、元彼は事故に遭っていた。今ならそれが最初自殺未遂だったと分かる。

自分電話した後だったことに変な気持ち悪さはあった。でも考えないようにしていた。ある日高時代の彼の友人で、ほとんど面識のない相手から「付き合ってる彼氏事故にあったんだから遠距離でも見舞いに来いよ」という旨の連絡が入った。心底ゾッとして、私は彼と彼の友人のLINEを両方ブロックした。

それからは彼と関わらず、大学生活を過ごして、二年生で人生二人目の彼氏ができて、卒業して、就職して、そして婚約した。

その間も、成人式同窓会高校の友人と会うたびに、ちょこちょこと彼の近況が耳に入った。「事故のあと大学に来ていない」「単位が足りなくて留年した」「大学を辞めた」「引きこもり」「バイトをしてる」「入院してる」……。

考えないように、考えないようにしていたけど、ずっと心の奥底に黒いものが積もっていた。

婚約してから仕事を辞めて、結婚までの間たびたび地元に帰ってくるようになった。ある日実家に帰ると、元彼から電話があって母親が話したと聞いた。実家に帰ってくる日を教えたと。その日の夜に彼は実家までやってきた。

彼は全然元気そうだった。気まずかったことにはまったく触れずに、高校ときに戻ったみたいに話した。不思議なくらい、あの頃のままで変わっていないと思った。もう10年近く経つのに。それで、「なんで今地元に帰ってんの?」という質問に、「専業主婦で暇だから」と答えた。「結婚したの?おめでとう」「まだ婚約だけどね、ありがとう」多分こういう会話だった。

その日のうちに彼は首を吊った。でも死ななかった。

そのあとは色んなことがあった。私の両親と元彼の両親が互いに土下座している姿を見た。高校ときに元彼の両親とは面識があった。制服を着たまま彼の家で彼の母が作った晩御飯を食べた。あのときのおじさんとおばさんが、すっかり老けて、痩せて、小さな身体丸めるように土下座して、私と会えないと息子が死んでしまうと、助けてくれと言った。おばさんは泣いていた。

私は眠れなくなって、婚約者の待つ家にも帰れなくなって、元彼のお見舞いに行くこともできなくて、何が何だかからないうちに婚約破棄をした。私が望んだことだけど、望んだことじゃない。

それから何年かたって、元彼のことを本当に死んでくれればよかったのにと恨んだこともあった。でももし本当に死んでいたら、私はもう重みに耐えかねて生きていけなかったかもしれない。私の人生歯車が決定的に狂ったのはいつだったのか、今でも分からない。どこからやり直せばこうならなかったのか、何が正解だったのか。誰が悪いのか。

やっとまた地元から引っ越すことになって、昨日荷物を整理していた。元彼から貰ったものは全て捨てていたけれど、唯一受験の時にもらった学業成就のお守りだけは捨てていなかった。というか元彼からもらったことも忘れていて、単に捨てちゃいけないものとして保管していた。何を思ったのか、ふと魔が差して、お守りの中を開けて、それで元彼からプレゼントだと思い出した。「頑張れ👍絶対受かる!」という汚い字のメッセージが入っていた。どこで誰が間違えたんだろう。

2018-02-01

anond:20180201000506

お上お金でお勉強できたお陰で今年からエンジニアになって社会を回す歯車ですから

今までの御恩を返済するときがきたよ

クソ研究室には何も置いていかねえぞ

2018-01-28

資格資格というけれども.

社労士簿記など,新たな労働に繋がりそうな資格は数あるけれど,実績とか実務経験がないと何にもなりません.

一方で今の労働を続けていても将来転職独立に役立つようなスキルは身につかないわけです.

ゆえに,土日等の休日時間を使って今の労働知識を深めようとか将来に向けて資格勉強をしとこうとか,

そういう発想が生まれません.

学生の頃は大衆に埋没して誰にでもできるような労働をして生計を立てたいと思っていました.

しかしながら,今の労働は大きな責任が伴っておりわたしにとって荷が重い現状です.

願わくばその責任を細分化でもして,もっとわたしの役に合うような小さな責任労働がしたいです.

言い換えれば社会歯車として,全体の一部として同化されて被支配されて楽に生きていたいです.

お金は生きていく量だけあればそれでいいです.

特殊技能を身に着けて身一つで生きていくのも憧れますが,それは理想であって到達できそうもありません.

2018-01-22

事業に口を出す妻

というよりも母親化しつつあって、今日来ていく服にも口を出すほどなんだが、そのあたりはまだしも俺の会社事業にまで口を出してきている。

取引先に対してだったり発注先に対してだったり。金を稼ぐことも歯車を回すことも大変なことなんだぞ。

お前が責任を負うわけでも何かするわけでもねーだろ。社長は俺だぞ。

妻は専業主婦。いちいち説明するのも面倒だし会社のことを話さなくなるとギャーギャー言うし。

結婚から俺は起業をしていて結婚時には「一歩下がって支えます」とか言ってたのに。

関心持たれないよりはいいんだろうけど、だんだん面倒になってきた。

anond:20171202134440

ノイマンとかジョブズとか出てるけど、そこまで優秀なら企業歯車より起業勧めた方がいいね

2018-01-16

anond:20180115220235

日本義務教育は、従順社畜を育成する工場

経済界要請に応じて、企業歯車供給することが役目。

教師の言う事を聞く生徒を育てて、上司の言う事に従う社員を育てる。

内申点は、生徒を教師に従わせるための仕組みだった。

2018-01-15

金銭価値観の相違に関する話

突然だが、この世界生き方について考えてみる。

というのも、どうもこの世界で生きて行く上で自身他者認識の違いか歯車が噛み合わない会話になるからだ。

ここに書く事は自身思考整理の為であって誰の為にもならないだろう。

なので時間が余って暇な人以外読むのはオススメしない。

この世界で生きて行く上で欠かせない「他者との相互理解」をする基盤が自分にはないと感じている。

それは他者への思いやりや心理的同調ではなく、生まれ育つ上で基礎として積み上げられている部分。価値観

私が基盤にしているもの他者の基盤とは思っていないのだが、あまりに違うのかよく会話が噛み合わなくなり困る。

例えば金銭価値観。今回はこれに絞って書いて行く。

金銭価値観……自身が考える「安い」の値段差異では無い。

この世の金の回り方、その金が元で生きてる現状についての価値観だ。

私自身が考える金銭価値観とは、物・時間空間全てに価値がありそれを動かす事で金銭が発生する事。

…まぁ、正直簿記についての知識がある人間には常識だと思うのだが。

例えとしてお店に入るとしよう。

そこで客に提供されるものは何か?

おそらく大抵の人は「商品」と答えるのではないだろうか?

それは間違ってはいない。ただ、それだけでは足りない。

商品」の中に何が含まれいるか

この中には商品原材料人件費、機材費、家賃光熱費、維持費、その他雑費が含まれている。

よく耳にする「値引き」や「サービス」というもの上記の様々な費用収益を減らすものだ。

店側が不人気や期限が近い等で値引きする分には問題はない。それは店側が収益を減らしてでもコストを回収するための手立てなのだから

だが、最近は客側から無理な「値引き」や「サービス」の強要が目立つ。

最近目にしたものは3ヶ月前に発売したばかりのゲームの値下げ要望だ。

何を言っているんだ貴様

商品が高いから値下げしろ?少しは頭を使ってくれ。

ゲームの定価が高いという点だが、これは何と比べて高いのか。

恐らく値下げしろと言った人の中の金銭価値観

問題だろう。

その商品は同ハード機のソフト平均定価内の価格だ。これが適正価格なのだ

更に発売してまだ3ヶ月……まだまだ開発費用宣伝費用等の回収も終わってない期間だ。

それを値下げする事など出来るわけもない。

先程も書いたが値下げ=収益の低下なのだ

私自身は長年オタクをやってきて、先輩オタクから様々な価値観を学んできた。

その教えの中に「気に入った作品は定価で購入する事。出来る限り発売日初週に購入する事」がある。

定価で購入する意味がわからない人も居るだろう……最近レンタルコミック市場も大きくなり、昨今では中古コミックの売り場面積も狭まってきた事を鑑みても定価購入<中古購入<レンタルコミックになってきているのではないだろうか。きちんと統計を取ったわけでもないので私の想像しかないが……。

定価購入、しかも発売日初週に購入する意味とは何か。

定価購入する意味は何度も出ているが収益を上げる為だ。

発売日初週に購入する意味出版社側の今後の方針に関わる…要は作品の今後が左右されるからだ。

最近若いオタクたちは古いオタクたちからこのような事を学ぶ機会が減ってしまい、ローカルルールローカルマナーがどんどん失われて無秩序になりつつある。

乱文で申し訳ない。

ところで読んでくれているあなた自分が何で出来ているか知っているだろうか?

成分の話ではない。この世の回りの話だ。

私たちは生きて行くために食料が必要だ。

その食料を手にいれるためにはお金必要だ。

お金必要から働いて、商品を売ることが必要だ。

商品が売れたので売上金を貰った、これで食料が買える。

食料(商品)⇄自分お金(給料)

この流れがあなたを作り上げている。

あなたがそうなのかはわからないが、もしかして働いている際に「お金が貰えるから」「生活の為に仕方ない」と考えているのではないか

それは仕方ない。この世は上記の流れと同じでシンプルなのだ

だがシンプル故にみんな忘れている。

あなたが手にした商品は「誰かのお金」で出来ていることを。

その商品を買うことは「誰かの給料」になるという事を。

ものを売る収益=自分給料

と考えると多少は世の中が生きやすくなる。

給料をもらう過程で避けられない他者とのやり取りで嫌な事もあるだろう。

嫌な時は目の前に、電話越しにいる相手を「よく喋る給料」だと思うのだ。給料だと思えば少し寛容になれるのではないだろうか。

相変わらず文章を書くのが苦手で読みにくく申し訳ない。

ここで一先ず終わろうと思う。

ここまで読んでくれたあなたありがとうございます

この生き辛い世の中であなた幸せがあらん事を。

2018-01-13

anond:20180113031028

日本義務教育=優秀な社畜を作る牧場

今の日本普通に学校へ行ってるだけだと、社会歯車になるよう教育されちゃう洗脳)。

会社とか、自分以外の誰かに依存しないと生きていけないように改造されちゃう

 

自分場合は、スキルアップすることにより、歯車ポジションから脱却したよ。

幸い、適性があったのか、英語プログラミング習得するのは苦じゃなかった。

人それぞれ、自分に合った特技を磨くことはできると思います

 

心理的安全性

表向きは有名だけど中ではパワハラのあった職場を辞めた人を見て、「無理なら職場仕事を変えた方が良い」と思いました。

結局、職場形成するのは、そこにいる一人ひとりの人間から性格の良い人が集まっている場所なら、有名無名は関係ないのかな?

いわゆる「心理的安全性」が確保されている会社ですね。

 

アサーティブ、DESC法

心理的安全性は、アサーティブコミュニケーションによって実現可能です。

特に「DESC法」をベースにした交渉・会話が有用でしょう。

 

安全な人の探し方

パワハラをやらないまともな人はどこにいるのか?探す方法自分なりに研究してみてください。

「類は友を呼ぶ」~まともな人を探す1番良い方法は、自分人助けをやることだと思います

注意点は、甘やかすと増長して逆に傲慢になる人もいるから、人助けは単なるお人好しではないこと。困っている人に対して、何でもかんでも願い事を叶えてあげることは親切とは違う?

 

基地外みたいな人たちもいる一方で、親切な人もいる。どっちの輪に入るのかは、日頃の行いで決まるのでしょう。

2018-01-12

ベッキーが好きとか頑張ってほしいとかつぶやく

ってうじゃうじゃいるけれど、そういう輩が仮に100万人いたとして、年会費12000円のファンクラブがあったとして、何人入会するの?って話。たぶん1000人(全体の0.1パーセント)もいないよね。

これが、単なる歯車であるテレビタレント創作であるミュージシャンとの違い。

2018-01-11

何が嫌って

仕事でめちゃくちゃ神経すり減らされて残業で稼いだお金を、メンタル回復のためにじゃかじゃか消費してる構図が世の中の都合のいい歯車になってるとこ。経済回しちゃってるじゃん。ムカつく。振り回されてんじゃないよ。

anond:20180110225303

今回変わらなくても次の経験に活かせるからやるだけやって駄目ならすっぱり諦めろ

負の気持ちは何の足しにもならないのにお前にとって不利益だけをもたらす機会を伺ってる

無心に行動して気持ちに負けるな

機械が強いのは人間みたいにパフォーマンスメンタルで左右されないからだ

必要な時は自分歯車ロボットだと思い込め

ポジティブなやつには気持ちは有利に働くけどお前は俺と同じで切り替えが下手な負の人間から俺のアドバイスは適してるはず

2018-01-09

社畜の原点は部活にあり!?

部活は、昔の軍隊教育代替品。

日本戦争で負けて、国民軍事教育を施せなくなった。

 

日本義務教育は、経済界意向をくんで、体育会系学生ビシバシ鍛え上げて、企業歯車となる戦士(優秀な労働者)を育成しなければいけない。

ブラック部活ブラック企業を支える組織構造なのだ

anond:20180109111231

40代男に限らず、日本ではロボットのような指示待ち人間が多数いる。

学校会社で言われたことだけやっていれば良かったからだ。

企業歯車としての役割以外は無能

2018-01-05

anond:20180105214455

いやいや、歯車にさえなりきれてない糞の塊ですよ

anond:20180105214300

会社歯車から他人の尻拭いさせられるんだよ?

学生社会出てから物言ってね

anond:20180105150711

恨みつらみはみっともないよ

問題があれば上司にかけあえ。まあ、お前みたいなコミュ障だと無理だからこんなとこで憂さ晴らししてるんだろうけどな

体よく病人仕事押し付けられている口だよ。お前のようなやつは会社歯車にもなれない

クズ人権はあるのか問題

職場人権研修で、障害者貧困難病だ、話を聞いたり動画を見たりして気になったのは、いずれも「偏見に晒されたり不当な不利益を被る人達いかに立派な人か」という擁護?が混じっていることだった。ホームレスの中には少し前まで大きな会社にずっと勤めてたという人がいるんだとか、足の悪い○○さんだけ津波に飲まれたけど優しい人でとか。

じゃあ人間の屑だったらどうなんだと私はそっちよりだったんで思ったし、生活保護支援団体の人までそういうくちっぷりだったのは少々辟易した。中には運命歯車がほんの少しずれてしまっただけの人だっている、それはその通りだ、でも中には居るだなんて言ってたら、本当にただただ働くとかそういうの面倒くさいだけのテンプレなずるい人だっているだろう。障害ゆえに津波に飲まれた人は性格が悪くて周りから嫌われていたなら割り切りがつくのか。手を差し伸べる人を傷つけるような弱者に、差し出された支援にあぐらをかくようなヤツに、本当に我々は、じんけんとは、うんぬん、しなくちゃならないのか。話は逸れるが人権研修メニューはいろいろあって選べたりするんだけど発達障害についてが無くて、じゃあ空気読めなくてどこにも就職できない無能は、みんな、車椅子聖人君子相手にするように自然配慮だかなんだか、社会はそこまで成熟してるのか。いや、成熟する必要があるのか。ハンディキャップを活かして駆使して援助者をせせら笑うクズからは、そんな権利なんかとりあげちまうのがすじなんじゃないか

そんなことをつらつら考えていた。

そしたら今更ながら、世界人権宣言を読んだ。

これは1948年国連で採択されたもので、世界中人権の話はたどっていくとこれに基づいている。

第1条にはこう書かれている。

 すべての人間は、生れながらにして自由であり、かつ、尊厳権利とについて平等である人間は、理性と良心とを授けられており、互いに同胞精神をもって行動しなければならない。

これが答えだった。国連の下にいる国の、国民は、世界中の我々は、この宣言の元にいるのだった。

性善説だ。人権なんか無いようなどうしようもないクズだなんていませんよというのがスタートだった。考えてみればあたりまえかもしれないけれど。

法律というのは第1条に主旨を置く。これからちゃごちゃ具体的な話を書いていくが思っていることはつまりこういう気持ちなんだというのが第1条だ。社会人間はそこまで到達できないし到達できる気もしないが少なくとも建前はここに書いてあったのだ。

ひとつすっきりした。

2017-12-24

自由の放棄がジャップの美徳

ドレスコード指定企業歯車が欲しいだけ?

従順社畜を育成するために、無意味ルールで縛るのがジャップの習慣。

2017-12-22

少女終末旅行が最高すぎたので何が素晴らしいのかを言語化してみる

少女終末旅行は素晴らしい。さっき最終話を見たばかりのワタシからすればこれはもはや自明なのだが、もしかしたら明日朝起きたワタシにとってはそれはもはや説明必要とするような感覚かも知れない。だが、ワタシはこの気持を忘れたくないので、一度言語化してみる。言語化することによって記憶は記録となる。記録を残すと思い出はより高い精度で再生する事が可能になり、明日以降のワタシも少女終末旅行の素晴らしさを忘れないでいることが出来る様になるのだ。話が逸れてきた。興奮しているようだ。落ち着け

落ち着いた。続きをかく。

ここ数話の少女終末旅行を見てワタシの記憶に蘇ったのは2つのアニメだ。1つはけものフレンズ、もう1つはテクノライズ。どちらも素晴らしいアニメだ。片方は滅びた後の優しい世界を描いた作品であり、もう片方は滅びゆく優しくない世界を描いている。少女終末旅行世界は優しくない世界の名残が各所に残る優しい世界だったからこの両者を思い出したのだろう。1つ間違いなく言えるのは、滅びるとは美しいという事だ。そして、滅びていると滅びていくが同居する、滅びかけの世界はとても美しいという事だ。

少女終末旅行世界は滅びているし、滅びかけているし、滅び続けている。そして少女終末旅行世界には世界を滅びから救う道が残されていない。人類世界が滅びることで、別の新しい世界が生まれていると捉える事はできるが、人の世が滅びることはもはや避けられない。世界に残されているのは思い出と、ほんのわずかな人間であり、そこから人類世界が蘇る未来はもはや何処にもない。

滅びている世界の中で、残されているのは人類がかつてそこにいた記録だけだ。だが、それらの記録を人類記憶として再生するための人間がもはやいない。観測者不在の世界において記録はただのデータであり、記憶に書き換わることはない。そこにオッサンやオネーサンや、2人の少女がやってくることで、かつて人類がそこにいた世界を生きる日々の思い出が生まれていく。この世界に人が居たことを証明する事が出来る存在はもはや残り僅かだ。

歯車が、兵器が、工場が、食料が、機械が、記録が、人類がこの世界にいた証拠がこれほどまでに溢れていて、自然を上から覆っているのに人間ほとんど残っていない。矛盾だ。人間の為に存在するもの世界を覆っているのに、人はもうほとんどいない。矛盾ではない。人間の為に存在するものは、人間存在していたことは証明しても、それらを築き上げた人間たちが今もそこにいることはまでは証明しない。


あの世界は屑鉄色だ。しかし、その世界で描かれる物語は暖かく柔らかい。それはそこにいる人間が柔らかいからだ。つくみずデザインの丸顔はとても柔らかい饅頭を頭に乗せたような顔をしている。ちーちゃんはとても柔らかい。ユーもとても柔らかい。2人の関係も柔らかい出会人達もまた柔らかいあの世界はあんなにも固くて冷たそうな物ばかりが溢れているのに、その世界観測する人間が柔らかいからあの世界は柔らかい

屑鉄色の固くて冷たい世界が、それを眺める人間によて柔らかくなっていく。その過程があそこにはある。


少女終末旅行が何故素晴らしいのか。それは夜に見るのに相応しいアニメからであろう。それも週末の夜に見るのにとても素晴らしいアニメだ。週末にやっているという事が素晴らしいのかも知れない。放送時間はとても大事だ。平日の夜に見る深夜アニメは、次の日が平日であるという気持ちから入り込めない。平日への逃避の気持ちから深く入り込めるという意見もあるだろうが、それは入り込み方として濁っているとワタシは考える。これはワタシの個人的意見だ。平日が終わった金曜日の夜に、一週間の仕事の疲れを抱えながらテレビを見る。季節は冬だからもう周りは真っ暗で部屋は少し寒い。だけど心は穏やかだ。膝に載せた電気毛布ほのかな暖かさと柔らかさが肌にしみる。そしてアニメが始まる。人気のない道をケッテンクラートが進む。寒空の下か、暗い工場の中を。少女達が現れる。途端に世界は晴れやかになる。晴れやかなまま穏やかに物語が進み。OP流れる。とても心地よい。そしてCMがやってくる。

物語が再び始まる。冷たい雪景色に轍を残して軍用の半装軌車が進む。少女達が取り留めのない会話をする。雪が鉄を覆う景色灰色と白の二色だ。しかし、その世界がまとう空気は春の並木道を思わせるような暖かさだ。世界は温かい世界は冷たい。硬い。柔らかい矛盾した感覚。滅びゆく世界未来のある少女少女2人の旅。未来のない世界矛盾。心地よい。コタツに入ってアイスを食べるような。心地よい矛盾

物語は進む。世界真相は少しずつ暴かれる。暴かれているようで、暴かれていないようで、暴かれていく。世界の滅びの核心が近づく。世界が滅んでいても、2人の旅が楽しいことが確信に近づく。世界は滅んでいる。間違いない。もう駄目だ。救いはない。2人一緒の度は楽しい。もう疑いの余地はない。救いはある。

滅びの美学少女の愛らしさをラッピングしているのか。少女の柔らかさで破滅の寒さを包んでいるのか。相互作用だ。相互作用しあっている。混ざることのない2つが混ざり合わないからこそ引き立て合う。深夜アニメだ。深夜アニメとはこうあるべきなのだ。言い過ぎている。だが他の言葉表現したくはない。真夜中に起きているような年齢の人間が、子供の見るような絵柄の番組を見る。内容は子供でも分かるような気がするが、大人の方が楽しめるように作られてもいる。難しい話をしているようにも見えるし、幼稚園児向けのおとぎ話みたいにも見える。深夜にやるアニメ特別時間。その特別がこの所は失われてきた。大人向けのおとぎ話、少し背伸びしたい子供のためのカルチャーオタク向け作品オタクでない人間の視聴にも耐えるような作品。本当は誰のものなのか誰にも分からなくて、きっと誰のものでもない。子供寝る時間大人も寝たほうがいい時間にやる番組狭間世界にある狭間テレビ。柔らかくて、冷たい。暖かくて、硬い。心地よい矛盾。その手触り。思い出せた。ワタシが深夜アニメを好きな理由言語化しきれなかったけど、せめて言語化出来た範囲までは記録できたはずだ。何故ならこうして言語化したのだから

とりあえず言いたいこと。ちーちゃんが凄い可愛い。ユーが可愛いのは、ユーがちーちゃん可愛いと思っているからだと思う。相互作用

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん