「機関」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 機関とは

2019-01-20

[][]2019年1月19日土曜日の増減

サイト\日付2019-01-132019-01-142019-01-152019-01-162019-01-172019-01-182019-01-19合計説明
Reuters ttps://www.reuters.com/article-131051327026イギリス大通信社
AP ttps://apnews.com/0000100358アメリカ大通信社
AFP ttp://www.afp.com/0000010153フランス大通信社
UPI ttps://www.upi.com/1000011595アメリカ/韓国大通信社
TASS ttp://tass.com/4014360126ロシア大通信社
Bloomberg ttps://www.bloomberg.com/000052020184アメリカ 金融ニュース通信社
Wall Street Journal ttps://www.wsj.com/01001306001アメリカ 新聞
New York Times ttps://www.nytimes.com/824523101066204アメリカ 新聞
The Washington Post ttps://www.washingtonpost.com/211182518701アメリカ 新聞
The New Yorker ttps://www.newyorker.com/01001004060アメリカ 新聞
USA Today ttps://www.usatoday.com/01102005134アメリカ/スイス 新聞
Los Angels Times ttp://www.latimes.com/-10001-105534アメリカ 新聞
The Hill ttp://thehill.com/0001000457アメリカ 政治新聞
Time ttp://time.com/503-121-15341アメリカ ニュース雑誌
Newsweek ttp://www.newsweek.com/10001342993アメリカ ニュース雑誌
The Atlantic ttps://www.theatlantic.com/002-11207367アメリカ 総合雑誌
Fox News ttp://www.foxnews.com/01000203404アメリカ 放送局
CNBC ttps://www.cnbc.com/1221-1032278アメリカ 放送局
abc News ttps://abcnews.go.com/00001007849アメリカ 放送局
CNN ttps://edition.cnn.com/031-183-112932アメリカ 放送局
CNN Money ttps://money.cnn.com/00000003449アメリカ 経済ニュース放送局
npr ttps://www.npr.org/10211309079アメリカ 放送局
Yahoo! News ttps://www.yahoo.com/news/0000001728アメリカ ニュースサイト
Vice News ttps://news.vice.com/0000000604カナダ/アメリカ 放送局ニュースサイト
HuffPost ttps://www.huffingtonpost.com/000000110239アメリカ ニュースサイト
International Business Times ttp://www.ibtimes.com/0000000528アメリカ ニュースサイト
Business Insider ttp://www.businessinsider.com/124100123900アメリカ 経済ニュースサイト
Quartz ttps://qz.com/00200011980アメリカ ニュースサイトNewsPicks傘下へ
Vox ttps://www.vox.com/120002-11734アメリカ ニュースサイト
Breitbart ttps://www.breitbart.com/0000000276アメリカ 政治ニュースサイト
POLITICO ttps://www.politico.com/00000001301アメリカ 政治ニュースサイト
The Daily Beast ttps://www.thedailybeast.com/20011102144アメリカ ニュースサイト
The Star ttps://www.thestar.com/0000000581カナダ 新聞
Financial Post ttps://business.financialpost.0000000104カナダ 新聞
O Estadao de Sao Paulo ttps://www.estadao.com.br/0000000231ブラジル 新聞
The Guardian ttps://www.theguardian.com/2510132571530118イギリス 新聞
The Telegraph ttps://www.telegraph.co.uk/12-1000114899イギリス 新聞
The Independent ttps://www.independent.co.uk/40211026672イギリス 新聞オンライン専業化
Daily Mail ttp://www.dailymail.co.uk/1122-120-120332イギリス 新聞
The Sun ttps://www.thesun.co.uk/-10010002756イギリス 新聞
The Economist ttps://www.economist.com/111461121943イギリス 週刊新聞
Evening Standard. ttps://www.standard.co.uk/1000000196イギリス 地方夕刊紙
BBC.com News ttps://www.bbc.com/news/-31091128132843088イギリス 放送局(日本語ページ除外)
BBC.co.uk News ttps://www.bbc.co.uk/-121-220-142693イギリス 放送局
sky news ttps://news.sky.com/0010100742イギリス 放送局
aeon ttps://aeon.co/0000001381イギリス ニュースサイト
Irish Times ttps://www.irishtimes.com/00000003192アイルランド 新聞
Le Figaro ttp://www.lefigaro.fr/0001300465フランス 新聞
Le Monde ttps://www.lemonde.fr/01000011422フランス 新聞
France24 ttp://www.france24.com/00000011219フランス 放送局
Deutsche Welle ttps://www.dw.com/0001000312ドイツ 放送局
Build ttps://www.bild.de/0000000465ドイツ 新聞
Spiegel ttp://www.spiegel.de/01000102786ドイツ 新聞
The Local de ttps://www.thelocal.de/0000000224スウェーデン ドイツニュースサイト
La Stampa ttp://www.lastampa.it/000000072イタリア 新聞
La Repubblica ttps://www.repubblica.it/0000000253イタリア 新聞
El Mundo ttp://www.elmundo.es/0000000955スペイン 新聞
Anadolu Agency ttps://www.aa.com.tr/000000082トルコ 国営通信社
Middle East Eye ttps://www.middleeasteye.net/0000000165イギリス ニュースサイト
Al Jazeera ttps://www.aljazeera.com/201331-46404カタール 放送局
ParsToday ttp://parstoday.com/01101001691イラン 放送局、元イランラジオ
NDTV ttps://www.ndtv.com/0000000235インド 放送局
The Hindu ttps://www.thehindu.com/0000000470インド 新聞
The Times of India ttps://timesofindia.indiatimes1000000962インド 新聞
DAWN ttps://www.dawn.com/0000000142パキスタン 新聞
ABC ttp://www.abc.net.au/00010014376オーストラリア 放送局
NZ Herald ttps://www.nzherald.co.nz/0000001544ニュージーランド 新聞
Bangkok Post ttps://www.bangkokpost.com/0000000835タイ 新聞
Channel NewsAsia ttps://www.channelnewsasia.com00121001876シンガポール 放送局
Jakarta Post ttp://www.thejakartapost.com/0010000357インドネシア 新聞
RT ttps://www.rt.com/0000010732ロシア 放送局
Sputnik ttps://sputniknews.com/0000010280ロシア 通信社、元ロシアの声
HAARETZ ttps://www.haaretz.com/10000003093イスラエル 新聞
The Times of Israel ttps://www.timesofisrael.com/0000000397イスラエル ニュースサイト
ETtoday新聞雲 ttps://www.ettoday.net/0000000245台湾 新聞(合同サイト)
South China Morning Post ttps://www.scmp.com/5406505903香港 新聞中国資本に買収された
新華通信社 ttp://www.xinhuanet.com/0000001119中国 国営通信社
環球時報 ttp://www.globaltimes.cn/0000000199中国 人民日報系列英字紙
Integrated regional information network ttp://www.irinnews.org/0000000244国連機関 ニュースサイト

2019-01-18

仮想通貨を取り扱う企業とトラブってる

仮想通貨を取り扱う企業、D〇〇 Bitcoinとトラブってる。

問題が起きるのは仕方ないとしてもその後の対応が酷すぎる。

電話窓口がないかフォームで書いて送ったらメールが送られてきて、その後は延々とメールでやり取りを続けてる。

担当者名前も教えてもらえず、サポセン権限もないであろう人とメールで一週間以上かけてやりとりしてるけど埒があかない。

取引ツールの使い方がわからないなどという対応でなく多額の金銭が絡んだ話なのにちょっとありえない事後対応だと思う。

そろそろ限界なので日本橋タワーまで直談判にいくか、どこか公的機関相談しようかなと考えてる。

こういうとき消費者センターより金融庁の方がいいのだろうか。

どこか適切な相談窓口があったら教えてください。

2019-01-15

半数近く「強い対応要求=対日姿勢韓国世論調査

ソウル時事】韓国調査機関リアルメーターは14日、徴用訴訟レーダー照射問題をめぐる韓国政府の対日姿勢に関する世論調査で、

もっと強く対応すべきだ」と回答した割合が45.6%に達したと発表した。

また、「適切に対応している」と回答したのは37.6%で、「自制すべきだ」と答えたのは12.5%にとどまった。

2019-01-13

[][]2019年1月12日土曜日の増減

サイト\日付2019-01-062019-01-072019-01-082019-01-092019-01-102019-01-112019-01-12合計説明
Reuters ttps://www.reuters.com/article2-214614427014イギリス大通信社
AP ttps://apnews.com/0000000357アメリカ大通信社
AFP ttp://www.afp.com/0000000152フランス大通信社
UPI ttps://www.upi.com/0000000592アメリカ/韓国大通信社
TASS ttp://tass.com/0200002108ロシア大通信社
Bloomberg ttps://www.bloomberg.com/002104320177アメリカ 金融ニュース通信社
Wall Street Journal ttps://www.wsj.com/233028-15996アメリカ 新聞
New York Times ttps://www.nytimes.com/9832131271566142アメリカ 新聞
The Washington Post ttps://www.washingtonpost.com/32101116218681アメリカ 新聞
The New Yorker ttps://www.newyorker.com/0010-1-1-14058アメリカ 新聞
USA Today ttps://www.usatoday.com/01000015130アメリカ/スイス 新聞
Los Angels Times ttp://www.latimes.com/0000-1015535アメリカ 新聞
The Hill ttp://thehill.com/0000000456アメリカ 政治新聞
Time ttp://time.com/0-10-205245332アメリカ ニュース雑誌
Newsweek ttp://www.newsweek.com/01100002984アメリカ ニュース雑誌
The Atlantic ttps://www.theatlantic.com/00-10-2017363アメリカ 総合雑誌
Fox News ttp://www.foxnews.com/0100-1103401アメリカ 放送局
CNBC ttps://www.cnbc.com/20214202270アメリカ 放送局
abc News ttps://abcnews.go.com/00000007848アメリカ 放送局
CNN ttps://edition.cnn.com/131000112919アメリカ 放送局
CNN Money ttps://money.cnn.com/001-10003449アメリカ 経済ニュース放送局
npr ttps://www.npr.org/10101009071アメリカ 放送局
Yahoo! News ttps://www.yahoo.com/news/0000010727アメリカ ニュースサイト
Vice News ttps://news.vice.com/0002000604カナダ/アメリカ 放送局ニュースサイト
HuffPost ttps://www.huffingtonpost.com/110-101010238アメリカ ニュースサイト
International Business Times ttp://www.ibtimes.com/0000000528アメリカ ニュースサイト
Business Insider ttp://www.businessinsider.com/110121023891アメリカ 経済ニュースサイト
Quartz ttps://qz.com/1110-1021977アメリカ ニュースサイトNewsPicks傘下へ
Vox ttps://www.vox.com/10010001730アメリカ ニュースサイト
Breitbart ttps://www.breitbart.com/0000000276アメリカ 政治ニュースサイト
POLITICO ttps://www.politico.com/13002001301アメリカ 政治ニュースサイト
The Daily Beast ttps://www.thedailybeast.com/00010012139アメリカ ニュースサイト
The Star ttps://www.thestar.com/1000000581カナダ 新聞
Financial Post ttps://business.financialpost.0000000104カナダ 新聞
O Estadao de Sao Paulo ttps://www.estadao.com.br/0000000231ブラジル 新聞
The Guardian ttps://www.theguardian.com/61191065530041イギリス 新聞
The Telegraph ttps://www.telegraph.co.uk/11-2000014896イギリス 新聞
The Independent ttps://www.independent.co.uk/03154156662イギリス 新聞オンライン専業化
Daily Mail ttp://www.dailymail.co.uk/0-1212132420317イギリス 新聞
The Sun ttps://www.thesun.co.uk/00010102756イギリス 新聞
The Economist ttps://www.economist.com/116401321928イギリス 週刊新聞
Evening Standard. ttps://www.standard.co.uk/0000000195イギリス 地方夕刊紙
BBC.com News ttps://www.bbc.com/news/769717121442992イギリス 放送局(日本語ページ除外)
BBC.co.uk News ttps://www.bbc.co.uk/3-12-210342692イギリス 放送局
sky news ttps://news.sky.com/0001000740イギリス 放送局
aeon ttps://aeon.co/1000000380イギリス ニュースサイト
Irish Times ttps://www.irishtimes.com/00000003192アイルランド 新聞
Le Figaro ttp://www.lefigaro.fr/0000000461フランス 新聞
Le Monde ttps://www.lemonde.fr/1001100211420フランス 新聞
France24 ttp://www.france24.com/00000011218フランス 放送局
Deutsche Welle ttps://www.dw.com/0000200311ドイツ 放送局
Build ttps://www.bild.de/0000000465ドイツ 新聞
Spiegel ttp://www.spiegel.de/00000002784ドイツ 新聞
The Local de ttps://www.thelocal.de/00-10000224スウェーデン ドイツニュースサイト
La Stampa ttp://www.lastampa.it/000000072イタリア 新聞
La Repubblica ttps://www.repubblica.it/0000000253イタリア 新聞
El Mundo ttp://www.elmundo.es/0000000955スペイン 新聞
Anadolu Agency ttps://www.aa.com.tr/000000082トルコ 国営通信社
Middle East Eye ttps://www.middleeasteye.net/0000000165イギリス ニュースサイト
Al Jazeera ttps://www.aljazeera.com/375627-3-10-56398カタール 放送局
ParsToday ttp://parstoday.com/10000021688イラン 放送局、元イランラジオ
NDTV ttps://www.ndtv.com/0000000235インド 放送局
The Hindu ttps://www.thehindu.com/0000000470インド 新聞
The Times of India ttps://timesofindia.indiatimes0000000961インド 新聞
DAWN ttps://www.dawn.com/0000000142パキスタン 新聞
ABC ttp://www.abc.net.au/01000004374オーストラリア 放送局
NZ Herald ttps://www.nzherald.co.nz/0000000543ニュージーランド 新聞
Bangkok Post ttps://www.bangkokpost.com/0100000835タイ 新聞
Channel NewsAsia ttps://www.channelnewsasia.com00500021872シンガポール 放送局
Jakarta Post ttp://www.thejakartapost.com/0000000356インドネシア 新聞
RT ttps://www.rt.com/1100001731ロシア 放送局
Sputnik ttps://sputniknews.com/0000000279ロシア 通信社、元ロシアの声
HAARETZ ttps://www.haaretz.com/00000003092イスラエル 新聞
The Times of Israel ttps://www.timesofisrael.com/0100000397イスラエル ニュースサイト
ETtoday新聞雲 ttps://www.ettoday.net/0000000245台湾 新聞(合同サイト)
South China Morning Post ttps://www.scmp.com/2224015878香港 新聞中国資本に買収された
新華通信社 ttp://www.xinhuanet.com/0000001118中国 国営通信社
環球時報 ttp://www.globaltimes.cn/1010000199中国 人民日報系列英字紙
Integrated regional information network ttp://www.irinnews.org/0000000244国連機関 ニュースサイト

2019-01-12

anond:20190112111702 anond:20190112112118

さらに「全ての小児性愛レイプ」というのは現行法下の定義しかない

はい反省する気ゼロなので通報するわ

アクションとしては、まず「はてな」に通報

はてな」が対応しなかったら

児童レイプすることを肯定する発言を野放しにするサイトと別機関や団通報するわ

2019-01-11

再審請求事件の続き(2)

また、2ちゃんねる書き込み自体が単なる遊びであって通常こういう種類の犯罪予告文言意味はないと考えられるほか、はてなダイアリーにおける国家批判随伴した上での犯罪予告文言についても、一見犯罪みえないではないが、本件具体的事情考察すると、書き込んだ者が暴力団犯罪実行行為を有するとはとうてい言えない種類の女々しい日本人であり、逮捕されることに極度に怯える種類の人間であって捕まって施設に行きたいとは毫も思っていなかったはずであり、厚労省事件犯人のように逮捕され死刑判決が出るのも覚悟の上で実行行為に及んだ40代の男とは、性格が180度異なるし、仮に書き込み当時のその心理面を推測しても何らかの者に対する漠然とした嫌悪の情があってその方面に悪意をぶつけたいという感情があったにとどまり、自らが知っている具体的人物生命身体財産に対して害悪を加える旨を告知して生々しい畏怖感を与え、その者を著しい困惑に陥れるという執拗意思があったとは認められない。現在社会内では巧妙な手口で右のような行為をする者はいくらでもいるのであるが、少なくとも本件に関しては、被告人2ちゃんねるでの誹謗中傷流行の渦巻く当時の社会事情の中で憎悪肥大し勢いのおもむくところ、ブログなどで国家に対する愚痴を連ねる中、たまたま語勢の勢いの赴くところ、本件文言を書いてみたにとどまるものであって、本人が具体の被害者ら及びその居場所、自宅等を何も知らず、凶器も準備しておらず、性格としても実行行為に出るような人間でなかったことを考慮すると、その故意の面でも記載した文言の面でも、一々処刑しなければならないような事案ではなく、通常は不平不満の一形態として不問に付されるべきものであるし、また、捜査機関被害者としても、2ちゃんねるはてなダイアリーでこのような文言を閲覧した場合に、「これは本気ですか?」「本当にするんですか?」などとコメント欄質問する道があるのであって、捜査員や被害者、またその部下らが、警察や自宅においてインターネット接続できる環境があって直接これらを閲覧した上、被告人真意であるかどうかの旨を確認する道があるのに、それらを一切した形跡がなく、文科省においては、被害者である局長の部下が一方的に本件ブログ印刷して局長に閲読させるという形式行為をしただけで、当該部下が、当該ブログコメント欄などで書き込み者に対し、その職名などを明らかにした上、真意かどうかを問いただし、場合によっては書き込みから冗談ですよ」などとの返答があって虚偽であることを確認しうる方途もあったのに、あえて文科省局長の部下ないし東大法学部事務員がそのようなことをせず、一方的ブログを「印刷して」被害者らに対し閲読させているのであって、極めて不自然という他なく、とりわけ文科省東大法学部が、インターネットに関しては、パソコンから直接閲覧しようという気が一切なく、インターネット記載事項についてはあくま印刷されたもののみしか見ないようにしている点については、結局のところ、印刷されたものであればインターネットを直接見ることにより、自己職務上の何らかな不都合な点を認識することを回避しうるも、インターネット掲示板等を直接閲覧したり、またはコメント欄書き込みをして反応を伺ったりするなど、インターネット有機的に参加することに対し、著しく執拗拒否感があって、その結果として、本件局長の部下、また東大法学部事務職員その他は、インターネットに参加して書き込み者に職名を明らかにした上で真意を問いただすなど自然行為に及ばず、一方的印刷書面を作成して被害者に閲読させるという無意味行為をしたと考えられる。このことを考えても、本件事案については、極めて不自然なところが多々あるのであって、全体として、脅迫行為として刑事機関が動いたものとしては、有機的な意義の脱落した、極めて無機質なものか、あるいは捜査形式を取った、被告人を狙い撃ちしか苛め行為の実質を有するものしか見られないのであって、他の脅迫事案の犯人比較して、被告人およびその書き込みについては、およそ刑事処分をするべきものでもないし、少なくとも善良な社会通念があれば、本件被告人逮捕しないはずであって、それにもかかわらず本件に関して、被害者とされる関係者捜査員の挙動に極めて不審な点が多々あり、別に真に畏怖を覚えたか犯人処罰してほしいと思ったというよりも、インターネット書き込みをしているまだ若い者がうらやましくまたは妬ましく、このような形で国家関係者に対して、脅迫ではないにせよ自分名前を挙げて悪口罵倒をしている者は許せなかったという程度の感情が先にあってこれを正当化するために、文科省職員東大法学部職員が、上述したような形式的で無機質な対応を行って警察に図り、警察としても、上司に図って捜査関係照会をかけたり、逮捕につき検討する前に、警察署に設置されたインターネット接続しているパソコンから、これを操作し、ブログコメント欄などを通じ、念のため、警察の職名を出した上で真意か否かを問い質すなど、誠実かつ慎重に捜査を進めた形跡がなく、被害者らの個人的憎悪共鳴し、書き込みをした08年11月下旬以降に、被告人文京区コンビニエンスストアに立ち寄ったり、牛丼店で食事をしている際に、私服捜査員が被告人につきまとっている形跡があるのであって、これを考慮すると、捜査員には、当時社会内にいた真の危険犯を処罰し、勧善懲悪を達しようとした意思は全く欠如していたとみられ、単に、この40年ほど、警察文科省東大法学部検察裁判所といった、一種雄々しいものが不遇な時代さらされ、被告人のような、女々しくて大人しい弱弱しい日本人が、多くの株式会社から愛されて優遇され、人生の春を送ってきた背景で、自分ら「強い者」はこの40年常に不遇で不幸の極みであったこから被告人のように、いわば時代勝ち組であるところの女々しくて女性的な存在であり、特に1995年から2006年あたりにかけて世間から極めて大きな支持を得、現在東京繁栄形成してきた中心的な人物に対して、捜査機関被害者としても、雄々しい者として40年以上前人生が終わりこの40年負け組として暗い人生を歩んできた性的劣等感が先にあったために、捜査機関被害者所属する組織としても、本件被告人に対し、コメント欄を通じてコミュニケーションを図る気は全くなく、いわば殺人鬼のごとくに平穏暮らしていた被告人の自宅を急襲し、40年間の性的劣等感、敗北感に対する恨みつらみを晴らすこと以外には意図はなかったと推認される。このことは、逮捕時の自宅での押収の際に、捜査員が女々しくて女性的な被告人に対して、してやったりとばかりに「そんなんじゃ世の中うまく回らないんだよ~」などと野卑な言動を行って被告人を辱めたりしていることから理解される。この点からしても、本件捜査自体がその正当性において相当に疑わしいのであって、本件を一個の刑事事件として維持する困難性が強まる。

 この点、検察官は、(1)以上の内容ないし経緯説明は、飽くまで申立人の陳述であってこれを裏付け証拠がない、ないし(2)上記陳述は趣旨不明であって社会通念上理解できない、と主張するので検討すると、(1)に関しては、陳述内容が具体的で社会内で良くあることであり、またその内容も生々しく特に裏付け物証がなくともそのような事実があったことが措信できるほか、(2)でいうところの検察官がいう社会通念なるものは、検察官の頭の中だけにある独自見解であって、現時点での社会通念に沿わないものであって、検察官の一方的主張で認められないほか、いちおう警察官にも事情聴取したところ、警察官においても、特に詳細な検討をしている実態がなく、既に存在しない社会通念を一方的に主張して被疑者社会押し付けている点が認められ、警察官の職務自体が信用できない。よって、検察官の(1)(2)の主張は採用できない。

 以上を総合考慮すれば、本件に関しては、被告人書き込み行為自体が、他の脅迫事案における犯人性質行為比較して、とうてい犯罪に問う事案ではないし、捜査したことは申立人に対する甚だしい権利侵害であって許されない他、警察検察段階での捜査内容も極めて形式的かつ悪質であって意味を成しておらず、捜査自体も信用できない。また、確定判決自体も、当時被告人であった申立人があまりものを喋られない弱弱しい人間であり、男性高齢裁判官がそのような弱い者に対して何らかの悪心があって、反省形式文言さえ吐けば情け容赦で許してやるといった程度のことしか考えていない、裁判官として既に機能能力を失った悪質な裁判官と化しており、被告人性格を知りつつ検察警察段階の調書も、およそ被告人が言ったことをまとめたものでなく、捜査員に作文させたに決まっているであろうことを知りながら、その証拠能力について一切検討せず、確定判決のような無機質で趣味のない形式的な判決を書いてエゴイスチックな事務処理をしたにすぎないこと、確定判決を見ればたちどころに看破しうるものであるから確定判決自体も信用できず、本件に関しては、刑訴法435条6号所定の、無罪にすべき新証拠がある。

 なお、平成30年(た)第2号事件を書いた裁判官も、誠実に判断したとは認められない。その他、申立人は、東京高裁即時抗告をしているが、高裁刑事11部は、即時抗告から4か月を経過してから特に内容のない棄却決定をしているところ、担当合議体が、誠実に判断したとは認められない。

 以上を考慮すると、検察官の意見には理由がなく、申立人の陳述には理由があり、本件につき、申立人を無罪にすべき新証拠発見されたと認められるから刑訴法435条6号の要件があり、再審を開始するのを相当とし、主文のとおり判決する。

再審請求事件判決の続き

全体としては「作らせれば早く出られる」という被疑者射幸心につけこんで捜査官が作成した虚偽の供述調書である可能性が高く、調書自体証拠として信用できず、証拠価値がない。

ク この点について、検察官は、警察検察での取り調べでは、書面作成はどうでもいいことであって、現在警察署、検察庁では、日本語も解さな犯行当時の申立人のようなニートのし反社会的行動抽象しつつ、取り調べで日本語能力を鍛えさせることを目途として行われているから、裁判官は、この趣旨を没却しないために、本件調書を採用すべきと主張するが、取調べの制度はそのような趣旨で設けられたものではない上に、調書に抽象されている反社会行動についても、その実質が脅迫に見えるだけの単なる国家への悪口であり、刑法222条が処罰対象としている程度のものとはとうてい言えないのであるから、そのような調書には価値がなく、裁判所採用すべきではない。

ケ 検察官は、申立人が公判期日に法廷反省の弁を述べているし、これをさせた趣旨も、申立人を法廷で辱めるところにあって、そこがポイントなのであるから裁判官は、これを没却すべきではないなどと主張するが、公判での反省は、裁判官被告人が犯した罪につき、真に反省をしているかどうかを観察し、反省が深まっているとき執行猶予を与え、単に形式的反省をしているだけで実質においては執行猶予を狙うために裁判官の前でのみうたっている虚偽の反省である場合には執行猶予を与えない、という、被告人刑務所に行くか行かないか裁判官の全人格で決めるというところにその趣旨があるのであって、検察官の言っていることは滅茶苦茶であり採用できない。そして、本件に関して言えば、当時置かれていた申立人の心境からすれば、単に刑務所に行くのは恐ろしいと考えたために、全力で反省しているかのような文言手紙に書いて裁判官の前で必死に述べただけに決まっているのであって、その狙いは刑務所行きを避けることにあり、毫も犯行を認める趣旨ではない。これに対して当時の裁判官は、申立人が刑務所行きたくないという必死意思があるし、法廷で涙涙の反省をしているから、情けを感じて執行猶予にしたにすぎず、確定判決文章も、極めて形式定型的な文章であって判決をした裁判官が本件に関し根ほり葉ほり検討しようとした姿勢は伺われず、確定判決自体も無内容なものである

コ そうすると、申立人が公判反省の弁を述べたからといって、犯行を認めたということにはならない。したがって、以上を総合すると、本件に関しては犯罪証拠がない。

サ この点について、平成30年(た)第2号再審請求事件を書いた任介辰哉裁判官は、申立人は、本件が犯罪の事案でもないし故意も認められないと主張するが、独自立場からの主張で裏付け証拠がないとか、他に適法な主張立証がないか再審理由に当たらないと判断しているが、同事件に供した申立書を形式的に見て、無罪であるとは思ったが、即時抗告特別抗告もあるし、再審何度でもできる上に、裁判官としても、本件につき詳細に審理する気がないか、仮にあっても、本件具体的事情を知りたくない、見たくないか無視をした上で、証拠が挙がってないなどと適当なことを言ってつっぱねたか、ないしは、裁判所自体にもはや明治時代の神もなければ昭和正義もないし、職務形式的に行っているから、申立書だけでは足りない、仮に善意があるとしても、もっと書いてからしろ、といった卑劣趣旨形式的判断をしたものと解されるが、裁判所は、再審申立者がどんな人であろうが、どのようなことを言おうが、いかなる文章を書こうが、裁判官

主張を聞いて無罪だと思ったら無罪にしなければいけないだけのことであって、どういう形の書面を書いたかとか、どの分量の書面を書いたか問題ではない。そもそも現在日本人再審請求者が、分量のある書面を当然に書けるという事実もないし、また、直截に判断して無罪と分かるのに一々長々とした書面を提出させるのは、時間無駄資源無駄裁判所としても、職務障害になるというべきである

シ そして、ア~コ記載の陳述をみれば、概要、本件には、生々しい脅迫故意もないし、そもそも脅迫自体を行っていないことも、裁判官において十分察知できる。したがってア~コ以上の陳述ないし証拠をいちいちそろえる必要はないし、裁判官はア~コの事情を読めば本件が無罪であることは判断できるから、これ以上、長々と文章を書く必要はない。

ス よって、ア~コ記載事情から、本件は懲役2年に値する脅迫行為などとは毫も認められないから、再審を開始すべきである

4 当裁判所判断

 そこで検討するに、3で申立人が述べる諸事情総合考慮し、一件記録を再度検討すると、結局、本件書き込みは、俗にいうところの強がり記載であり、名前として挙げられた具体的な被害者らに対し、現実具体的にその生命身体財産に対して危害を加える旨を告知し、被害者らに対して高度の恐怖感を与える意図を伴った、懲役刑に値する程度の高度に卑劣で悪質な脅迫行為とは認められず、捜査員による調書も、申立人が刑事施設を早く出たいという射幸心に付け込み、警察官、検察官が自ら作文し、署名押印をさせたものに過ぎないと推認され、法廷での反省も、犯行を認める趣旨ではなく、刑務所行きを回避するための便法であることも容易に推認されるから刑事手続きとして全くその体をなしておらず、警察検察による捜査自体が極めていかがわしいのであって、本件につき、申立人が犯罪をした証拠がないに帰し、3記載のア~コの事情から犯罪をしたと認定するには合理的な疑いの余地が発生せざるをえない。

 検察官は、2記載のとおりるる主張するが、刑事司法形式的しか仕事をしないというのは検察官の身勝手判断であって、容認できないし、仮に検察官がいうところの実質的理由についても、本件がいわゆる国家に対する批判エスカレートした最終的な結果として、名前を挙げた者らに対して脅迫をするに至ったものであるという見解も、的外れであり、申立人主張の2のア~コの事情および一件記録を再度検討すると、はてなダイアリー記載文言も、2ちゃんねる記載文言も、当時の情勢を考慮してもなお、被害者らに対し卑劣執拗な犯意を持つ脅迫行為などとはとうてい言えないし、現在時点で検討しても、文言周辺の批判文章や、2ちゃんねるでは、書き込み者を犯罪者に仕立て上げようとする多くの者の書き込みが目立つばかりで、書き込みのものからは何らの畏怖感も感じられないし、仮に被害者である女性大学教員や元最高裁判事が本件書き込みから恐怖を覚えたにしても、いずれの女性被害者高齢であって、当時20代前半であった申立人とは社会感覚も相当にずれていることを考慮すると、書き込み者がした形式的書き込み社会内に紛れてあたか書き込み内容を実行されるのではないかと誤信したり、または、2ちゃんねるで、このような文言を書き込む者を犯罪者に仕立て上げようとする者の多くの書き込みあいまって、右誤信を強めたもの推認されるのであって、仮に女性被害者らが畏怖感を覚え被害にあったにせよ、書き込み者本人は、そのつもりのない強がりを書いただけで、これが2ちゃんねらーによる仕立て上げもあいまって被害者らにとって脅迫と感じられたものであって、むしろ脅迫をしたのは他の多くの2ちゃんねらーの感があるし、書き込み自身は、懲役刑に処するに値するような、真に執拗かつ悪質でリアリティのある脅迫行為をせんと企図し、敢行したとまでは、とうてい認められない。申立人には、その性格人生経緯、被害者との関係においても、書き込み当時、生々しい脅迫をする動機がないし、仮に本件の動機を察するとすれば、悪口強がりの域を出るものではなく、いずれにせよ、刑法処罰しようとしている脅迫としては、採るに足る醜悪故意危険性を一切欠く形式文言にすぎず、これが犯罪になるとすれば誤判により多くの罪のない者が人権を奪われる事態になるばかりか、かかる形式文言を書く者のみを検挙し、社会内でより巧妙な手口で生々しい脅迫行為をしている者を見逃しているとすれば、刑事司法の怠慢と犯罪と言わねばならない。

 仮に捜査員が本件に関して、わずかでも脅迫故意を認めたとしても、本件から感じられる犯意は、まったくないか、あったにしても極めて微々たるものであって、書き込み当時の書き込みの生成の勢いとか、そういったもの推認してもなお、書き込み者は生々しい脅迫ではなく、2ちゃんねる呪詛を書き連ねていただけで、その生成的な実質において脅迫を働いたとまでは言えない(仮にも東大法学部卒業している人間であって、しか逮捕されて刑事施設に入りたいと思っていたような人間でもないから、安易逮捕されるような真の犯罪行為に出るとは思われないし、当時の引っ込み思案な申立人に警察と戦う度胸も認められないし、そもそも逮捕自体を恐れる人間だったとみられるため、捕まる可能性のある実質的脅迫行為を堂々とするとは考えられないし、これを考慮すると、本件書き込みの実質は、犯罪の域にまで達しているものではなく、本人にも捕まらない程度に意思を調節する考えはあったと思われる。逮捕を恐れている以上、逮捕される可能性あることを安易にするとは思われない)。通常であればインターネットありがちな不平不満の書き込みで、立件に値するようなものでないし、かかる微罪もしくは犯罪でもない行為を一々立件していては、社会は回らない。また、微罪と判断たにしてもこれをことさら公判まで実施して懲役2年の刑にしているのは、国家刑罰権の濫用も甚だしく、許されない。そうすると、本件については、捜査員が危険犯とみたため逮捕したというより、申立人が2ちゃんねらーなどから刺激を受けて瞬時的に怒張し本件書き込みをしたのを利用して殊更申立人をみせしめにして苛めるために捜査されたとみられ、実質的理由はないと考えられる。本件に関しては、あたかネット上の立小便のごときもので通例不問にされている程度の極めて微々たる反法行為をことさら重大犯罪に仕立て上げているところに本質があると思われる。したがって、警察検察ら、捜査員がした捜査は、全体として極めて信用性がないし、誠実に捜査取調べをしたとも評価できないし、特に2ちゃんねらー日本人故意に刺激し、怒張させて、特定形式文言を書くと犯罪者に仕立て上げていることも鑑みると、本件に関しては、陰謀的なものが看取され、なおさら本件を一々脅迫罪に問擬した確定判決は、実質がないと認められる。本来刑事司法は、社会内に存する真の危険犯であり、刑務所に入れて矯正教育実施するに値するだけの、悪の道にひた走る種類の人間逮捕し、訴追し、刑を言い渡すをもってその任とし、少なくとも本件のように、被告人の具体的事情に鑑みて自然危険犯でもないし、陰謀的なものによって犯罪者に仕立て上げられた者を処罰する趣旨運営されているものではない。したがって、仮に本件、はてなダイアリー2ちゃんねるでの書き込み形態のものが、全体として、反国家的で、国家批判し、その中で国家関係者に対する脅迫行為と見えるようなものがあったにせよ、善良な捜査員であれば、書き込み者は真正凶悪犯ではないと推知し、逮捕には至らないはずであるところ、本件捜査に関して言えば、捜査員はそのようなことを考えた形跡も伺われず、むしろ刑務所に入れる必要のないような人をあえて逮捕するという暴走行為に及んだだけと認められる。これを考えても、なおさら本件につき、刑事手続きに乗せる必要はなかったのであって、窮極するところ、2008年時点でのインターネットの情勢も踏まえ、本件書き込みは、脅迫形態をとる不平不満の域を超えるものではなく、百歩譲って、わずかでも脅迫故意があったにしても、捜査機関としては、社会によくある程度の違法性の微小な反法行為とみて、信号無視、野原での立小便同様、不問に付し、一々大げさに捜査すべきものではなかったのであって、本件は、その実態において、本来は訴追されるに至るような行為ですらなく、大仰に裁判が開かれるに値するまでもない、インターネットの不平不満にすぎない。インターネットのこのようなことを「書いただけで」、ことさら高度な違法性を伴う書き込みでもないようなことにつき、いちいち逮捕されていたら、国民は、犯罪趣旨ではないのに、犯罪形式をとっただけで逮捕されるのでは何も書けなくなるし、憲法21条で保障されている表現の自由が委縮し、重大な弊害を来すと考えられる。

 以上を考慮すると、本件に関しては、捜査機関が、殊更、刑務所に入れて矯正教育実施しなければいかんともしがたいような危険犯を見出し、厳正に処罰すべく捜査を敢行したとは認められないし、2ちゃんねらーなどインターネット書き込み者に刺激されて怒張し、瞬間的に本件のような書き込みをしたにすぎない、本来善良な市民逮捕するという暴走行為をしたと認められるのであって、書き込み自体も、申立人が3のアで主張するとおり、脅迫実体を有していないし、仮にわずかでも何らかの犯意があったにしても、本来捜査機関が大仰に動くに値するほどの重大事案ではない。この点について確定判決は、本件は折りから厚労省事務次官殺害事件が発生しており、それに連続するものであって被害者に与えた恐怖感は多大であって悪質云々と論評するも、確定判決自体が無機質な文章であってしか簡単な短文であり、全体としてナンセンスまりないもので、抽象検討をしたにとどまるものであり、一つの刑事判決として趣味もないし読むに値するようなものでない。

 以上を総合考慮すると、本件に関し、捜査機関が乗りだし、刑事手続きに乗せた上、最終的に懲役2年の刑を言い渡した上、その後執行猶予中に再犯をした場合現実刑務所収容されて強制労働をさせる結果につなげるほど、本件の被告人が重大事案を犯したなどとはとうてい言えないところであって、捜査及び判決自体も全体として刑事手続きとしては全く意味をなしていない形式的かつ悪質でナンセンスまりないものであり、およそ全体として適正な刑事手続き実施されたという価値を具有しない、支離滅裂無意味ものであり、はてなダイアリーおよび2ちゃんねるでの書き込み自体も、本人の性格書き込み当時の社会実態関係、本人がはてな日記2ちゃんねるで遊んでいただけで、凶器も準備しておらず被害者の自宅場所も知らない上で「自宅において順次殺害する」と書いたのも、単に被害者に対する嫌悪の情極まって語勢の強まるところ「自宅において」という文言が付加されたにとどまり確定判決が言うところの厚労省事務次官殺人事件犯人のように、実際に凶器を準備し被害者の自宅を調査して実行行為に及んだ性格の者とは大きく違い、被告人被害者らの自宅に行き実行行為に及べるような人物ではないのであって、その実態関係において脅迫として処罰しなければならない危険性が全くないか、仮にあったにしても極めて微小であり、また、2ちゃんねる書き込みこのエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア

平成31年(た)第1号再審請求事件 東京地方裁判所

主    文

本件につき再審を開始する。

理    由

1 事案の概要

 本件は、平成20年11月に、インターネットはてなダイアリー等で「文科省局長である金森越哉等を順次自宅で殺害する」云々と書き込んだ件で、申立人が脅迫罪逮捕され、平成21年3月26日に、懲役2年、執行猶予3年の判決を言い渡されたが、本件確定判決については、申立人が述べる諸般の事情から刑訴法435条6号にいう無罪を言い渡すべき新証拠があるので、再審を開始すべきとして、再審請求をしているものである

2 検察官意見

ア 検察官意見聴取したところ、本件は、社会通念上、インターネット電子掲示板掲示された立派な脅迫文言であって、この程度の形式を有する文言記載した以上、被害者が恐怖感を感じるであろうことは犯人は容易に推測がつくものであり、被告人も、取調べで犯行を認めて、公判廷でも反省しており、有罪判決が出る外形的事実は十分に整っている。被害者被害供述をしている調書も整っており、しかも、文言形式から受ける印象は極めて過激で、被害者も、この書き込みにより、著しい恐怖感を覚えたと供述しており、懲役2年を言い渡すに値すると信じられるだけの諸般の外形的なものが揃っている。他面、申立人がいうところの事情は、司法機関には理解できないことであって、捨象すべきである。生々しい刑事司法を展開していた昭和時代であればともかくとしても、平成20年時点での我が国の完成した社会通念からすれば、これだけの形式的なものが揃っている本件に関しては、これを覆すのは困難であり、右形式的な書類等を全て覆すに足りるだけの形式的な証拠を、申立人は何ら提出していない。したがって、形式的に動いている現在刑事司法においては、形式的な書類等は鉄壁犯罪証拠であって、これを虚偽とすることは困難であり、本件再審請求は通らず、棄却さるべきものである

イ 仮に、本件書き込み形式的なもので、実態上は犯罪構成しないとしても、被告人ブログに書き込んだ文章や、2ちゃんねるでの書き込みは、実質において、極めて反国家的であって、文科省教育刑事司法が腐れていると言うなど、関係機関侮辱しているところ甚だしい。したがって、申立人は、脅迫行為を行ったわけではないが、国家に対する諸般の反抗的文章を書き、国家敵対したとして、これを刑事司法私刑に処する意味で、本件を脅迫罪として作り上げ、懲役2年に処しても、平成20年当時の実質法には違反しない。それに、本件に関しては、執行猶予があることが最初から決まっており、申立人は反省形式を整えれば刑務所にいくという致命的なことは免れえたのであるから、今回の刑事処分が、形式的な行為に対して刑罰を下すという残酷行為であるというのは当たらない。

ウ 仮に本件について実質的理由があるとすると、検察においては、本件ブログ記載書き込みは、従前より申立人がブログ2ちゃんねるに書いてきた反国家的な文章投稿による怒りが頂点に達した結果、記載に及んだものであり、その量も膨大であって、脅迫行為として採用するに足りると判断するから実質的な面を見ても、本件を脅迫行為としても何ら問題はないし、懲役2年の刑も相当である

エ 何よりも、現在刑事司法犯罪行為があったかどうかについて、外形的事実からしか判断しないという姿勢は一貫しており、申立人は、本件刑事手続きにおいて揃えられた形式的な証拠を全て覆すだけの形式的な証拠を用意できていないし、現在日本刑事司法実質的正義はないから、仮に申立人が本件再審請求で、実はこうだった、ということを陳述したとしても、裁判所検察は、実質はどうでもよく、形式しか見ないから、本件再審請求が通ることはありえない。

オ よって、本件につき無罪を言い渡す新証拠はないから、本件再審請求棄却すべきである

3 申立人の意見の要旨

申立人が、本件行為脅迫罪に当たらないとする事情は、以下のとおりである

ア そもそも刑法222条が罰するとしている脅迫行為とは、その当時の社会実態被害者心理状態加害者意図狙いなどを総合考慮して、実質的被害者生命財産が損なわれるのではないかという著しい恐怖感を与えるような行為であって、この行為が行われたと認定するためには、犯人にそのような生々しい意図があるということと、犯人がした行為が、被害者をして生命財産が損なわれるのではないかという著しい困惑感を覚えさせる必要がある。この程度に至らない行為は、単なる形式的なもの些末なものであって、いちいち刑法処罰し、まして懲役刑など選択する必要性もないのであって、また、脅迫行為は、必ずしも、日時や場所記載の上、氏名をあげて殺害するといった文言によらずとも、例えば、それ相当の具体的関係を持つ者が、すれ違いざまに何かを呟くなど危害を加える旨の言動をしてそれによって被害者が恐怖を覚えても成立するし、一般には意味が分かりにくいような文字ないし絵、暗号でも、加害者被害者住宅や部屋に、被害者危害を加えられると察知してしまうようなもの差し入れ場合にも成立するし、要するに、脅迫罪の成立は、形式文言記載したこと要件なのではなく、文言記載した場合には、その文言記載したこと加害者に真に生々しい犯意があって、しかも、その文言を閲読した被害者が真に生々しい恐怖感を覚えなければ、実生活上は意味のないものであって一々脅迫罪の成立を見ないし、外形的なものがなくても、当事者間だけで通じるような言動暗号の表示、一定空気を醸成すること等、諸般の無形的な行動があってそれが実質的個人生命財産身体安全を脅かす場合は、特に整った外形が無くても脅迫行為に当たることは言うまでもない。

イ これを本件についてみると、結論から言えば、ブログにおける書き込み自体からは、通常人感覚からして、特に何の恐怖感も感じない。関係証拠などを総合すると、「殺害する」云々の周辺には、大量の記事が書かれてあって、平成20年当時にこのようなブログ文章を書くような者が持論を展開しているようにしかみえないし、「殺害する」云々は、脅迫をする趣旨ではなく、強がっているか、もしくは、面白いからたまたま書いてみただけのようにしか見えず、金森越哉という者に対して、生々しい恐怖感を与えようという意思が感じられない。また、2ちゃんねるに書きなぐっているところの脅迫文言も、便所の落書きスレッドを盛り上げるためのジョークしか見えず、とうてい真剣脅迫行為には見えないし、スレッドを全体としてみると、むしろこのような文言を書き込んだのをいいことに、2ちゃんねらーがこのような形式文言を書いた者を脅迫犯に仕立て上げようとしているようにしかみえない。このようなことをしている2ちゃんねらーは、国家関係者とみられ、この点を見ても、刑事司法形式的に動こうとしているという悪意が執拗に感じ取られ、検察官がいうところの、形式的に脅迫の外形があるから処罰に値するという見解は、極めて悪質である

ウ そもそも平成20年11月時点で、申立人が本件文言を書いたのは、小学校時代学校いじめられていたことを思い出し、その真犯人文科省である抽象的に思念して、文科省HPアクセスして、幹部として氏名が列記されていたページを開いてその氏名をコピーアンドペーストして貼り付けただけか、金森越哉については、具体的な当人を申立人が知っていたわけではなく、たまたまHP局長名が金森氏だったので、文科省というところにいるその名前の者がボスであると思料して、ブログでその名前を出したまでのことで、申立人は金森氏が勤務する霞ヶ関に、当時一度も立ち寄ったり、用事で近づいた形跡もないこと、「自宅で順次殺害する」などと言っただけで、申立人は金森氏その他の自宅場所など知りもせず、殺害に用いる凶器なども何ら準備しておらず、結局は、ブログ文科省等を抽象的に批判するだけで、その中でたまたま気が強くなって、このような文言を書いて恰好をつけてみたにとどまるものであり、申立人は平成20年当時、ひきこもりニートであって交友関係も何もなく、パソコンで自堕落に遊んでいた若者にすぎず、金森氏等本人などとは面会すらしたこともなく、書き込みである文京区本駒込の自宅と、金森氏等が勤務する霞ヶ関までかなりの距離があること、申立人は、結局書いただけであって、これにより被害者が生々しい恐怖感情を覚えるであろうとは思いもしなかったこと、申立人はそもそも東大合格するような大人しくて真面目な人間であり、しか東大法学部の先輩である金森氏に対して、一般世間で行われているような卑劣で生々しい脅迫行為をする性格動機も具備していなかったことを考えると、本件書き込みは、人をして自己生命財産身体が害されるのではないかという生々しい恐怖感を与えるような具体的行為とは認められない。

エ この点について、検察官は、本件は、2008年11月までの過去幾多に渡るブログ2ちゃんねるでの、国家に対する不平不満、批判などがエスカレートし、その怒りが極まった結果としての書き込みであり、その本気度が高いなどといった実質的理由を主張する反面で、起訴した理由形式的なものであり、申立人が刑事処分を受けるべきは、実質的理由もあるが、申立人が調書に署名押印し、公判犯行を認め反省しているといった外形的事実鉄壁のものであって、こちらの理由により本件再審請求は通らないなどという、支離滅裂な主張をしている。

オ これについて検討するに、検察が言う形式理由については、刑法趣旨が、虚構犯罪に対して刑罰を与え場合により刑務所労役をさせるところにあるものでないことは明らかであるから、全く理由がない。また、検察が主張する実質的理由についてであるが、本件は、国家文科省に対する批判文章がかねてより蓄積し、その憎悪クライマックスに達した結果、遂に国家幹部に対して脅迫行為に及ぶに到達したものである、などというが、検察の都合のいい誤信であり、実態に合っていない。

カ 本件の一件記録にある犯罪証拠であるが、これを一瞥しても形式的なものであって何ら生々しい恐怖感を覚えるものではないし、書き込み当時の社会情勢を考えると、なお、本件のような書き込み被害者が真に恐怖を覚えたとは考えられないし、被害供述は虚偽の可能性もある。仮に恐怖を覚えたとしても、平成20年時点での社会情勢を考えて、いまどきこのような形で人を脅迫する者はいいから、書き込み者においては単に形式的にした書き込み社会の中に紛れ込んでこれを閲読した者の内面において恐怖が発生しただけであって、書き込みをした者本人の内心には、かような形式書き込みで、名前の具体の者に対して一般社会実施されているような卑劣で生々しく狡猾な意思をもってその生命身体財産に害を加えんとし、法で処罰するに値するだけの高度に悪質な故意があったとは、本件書き込み者の人生の経緯や性格書き込み当時に置かれていた社会立場被害者との関係総合考慮しても、とうてい認められない。そもそも、申立人は社会的交友がないニートであって、名前を挙げた者と現実具体的な交渉関係を持たないような人間であるばかりか、性格としても男性的なところがほとんどなく女々しい者であって逮捕されるまでには他人と喋ることもできないような引っ込み思案の性格であって、さらに交友関係は一切ないどころか、暴力団関係者とも付き合いがあるわけではなく、まして殺害に用いる凶器など購入もしていないし、当時の状況に鑑みて、名前を挙げた者の自宅を把握しているわけがないのであるから、本件書き込みを実行に移す意思など毫もなかったと考えられ、結局において本件は、社会にありがちの文言で本人が強がりを見せただけの言葉社会内に紛れ、被害者被害を受けると誤信したか、あるいは誤信もせず、ウソであると分かった上で虚偽の被害供述をした可能性が極めて高い。仮に、名前をあげられた東大大学教授女性の者や、女性最高裁判事が恐怖を覚えたと誤信したことは分からないではないが、少なくとも文科省で長年人生経験し、あるいは精神が屈強で本件文言ときに恐怖を覚えるとは思われない東大男性教授等が恐怖を覚えたとはにわかに措信し難いのである。また、一般世間では、より巧妙な手口で、人を脅迫する者が増えていることは、現在実質的社会通念であって、むしろこのような文言を書くことで脅迫する者は、絶滅しているほか、2ちゃんねる電子掲示板ではなく、便所の落書きであることは、一件記録2ちゃんねる書き込みを総覧すれば容易に看取しうるところであって、これを電子掲示板などと見るのは、抽象的観察に過ぎるものがあって是認できない。以上を総合すると、検察官が主張するような、実質的理由、すなわち、本件が、被害者に対し、生々しい恐怖感を与える、生々しい脅迫故意を伴う行為であるから、2年間の懲役に送り込むに値するほどの凶悪行為だ、などという意見は、全くの絵空事であって、無内容にも程があり刑事処分の体をなしていない。検察官は、これが失当であることをあえて知りながら、本件再審請求が通らないのは、一件記録形式的印象から受ける証拠を覆すだけの、テクニカル技術的な証拠を、申立人が何ら提出していないから、再審は通らないという卑劣な主張に力点があるので、以下これについて検討する。

キ 検察官は、警察官調書で犯行を認めて反省し、サインをしており、検面調書でも同様の供述をしてサインして、調書の外形が出来上がっている上に、公判でも、裁判官に対し、反省の弁を述べているのであるから、申立人が犯行を認めたのは間違いなく、右のように書面や反省の弁を揃えた以上は、現在刑事司法では、判断は覆らないのであって、いくら申し開きをしても無駄である、などと考えているが、平成20年警察体制は申立人のような2ちゃんねるで遊んでいた者に対しては形式的で暴力的な態度で取り調べをしており、申立人の主張は一切採用せず、警察検察官は、取調べにおいて、「犯行を認める文章捜査官に作成させること」「サインをすること」の2点をさせれば、「執行猶予は間違いない」もしくは「少なくとも何度も取調べに呼ばれることなく、早く釈放される」などといって被疑者射幸心につけこみ、捜査官が勝手に作文して作っているだけであるのが実態であって、この観点から一件記録の調書をみると、なるほどいかにも捜査官が適当作成した定型文章であって、当時、引っ込み思案で大人しく、日本語もまともにしゃべられない申立人が実際に言ったことをそのまま書いたとは思われないものであって、全く具体性がなく、こんなもの被疑者真意からそのまま供述したと見る方が、不自然である。従って、仮に署名押印のある、犯行を認めたかのような調書であったとしても、全体としては「作らせれば早く出られる

2019-01-10

anond:20190109211637

患者の望む通りになんでも検査して診断しようとしてくれる自由診療機関

れいいなぁ!

すごいビジネスチャンスかもしれないよw

奨学金保証人必要になるのはロスジェネのせいである。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000084-jij-soci

”同機構によると、学生奨学金を申し込む際、連帯保証人保証人を立てる「人的保証」か「機関保証」を選べる。機関保証は、貸与期間中一定額の保証料を支払い、延滞の場合には保証機関機構に返済する制度で、半数近くが選択している。3カ月以上の延滞者数は17年度末で約15万7000人に上る。”

この延滞してる奴らはどのような奴らか気になったので調べてみた。日本学生支援機構による平成27年度の調査結果である

https://www.jasso.go.jp/about/statistics/zokusei_chosa/__icsFiles/afieldfile/2018/03/19/h27zokuseichosa_shosai.pdf

これを見ると延滞率が30~34歳が42.1%と抜け出ていて、次いで35~39歳が22.7%である。こいつらはなんなんだろうか?

そう、ロスジェネ就職氷河期世代である平成27年度当時、ロスジェネの年齢は33~44歳、まさにドンピシャなのである

こいつらが奨学金ちゃんと返さなかったせいで今の中高生負担が伸し掛かってるのである

常識的に考えて借りたものは返す、ガキでもわかることが出来なかったから、こうなってしまった。こればかりはロスジェネのせい、ふざけるなって、今の中高生は主張しろ

2019-01-09

anond:20190107214043

研修医として思うのは、増田よりコメ欄の「医者」「医療」への過大評価

初診外来医師にとって嫌というか難しいものだけど、1人に数時間かけられるわけじゃないし、病歴や身体所見上緊急性(命に直結するもの)や典型的な所見がないと判断できれば大した検査もしないし、対症療法的な処方して終わらせることも多い。

通常はそれで問題いからこそそれで済むわけだけど、中には症状が持続する人もいて、再度受診してきたとき改めて次の一手を考えるということもある。

初回の受診で全て済ませろや、というのが患者としての本音だろうけど、緊急性もなく非典型的な所見でいちいち採血してX線撮ってCT撮ってMRI撮って、、などとしていたら医療費が10倍あっても足りない。X線CT被曝するからメリットないと撮らないし。MRIは予約で埋まってるし。その他技師さんにやってもらう検査だって予約埋まってて入院患者だって2週間後まで施行できないとかままある。

おそらく医療費やマンパワー無限にあるとすれば即検査入院して数多の検査して必要情報集めて診断下すことは今よりはできるようになるとは思うけど、そもそも時間経過しないと重要な所見が取れないこともある。インフルエンザだって発症すぐに検査したって偽陰性になることが多いわけだし。

増田では整形外科槍玉に挙げられているけど、開業医レベルの無床診療所骨折等緊急性のある所見がなかったら、初回は痛み止めや湿布処方するのは当たり前だろうと思う。もちろん大病院救急外来に行っても同じことになる。半年も痛みが変わらない、という重要情報があればそれで改めて何が原因なんだろうね、となることもあるだろうけど、整形外科診療の幅(専門性)が高いし私は研修してないので実際どうなのかわかりません。

コメ欄で気になることにちょっと私なりの意見を。

id:tkomy ずっと同じ病院にいき、「腹痛」だといわれ続け、破裂寸前で「盲腸」だとわかり別の病院で緊急手術になった私が通りますよ。自分判断もヤブ医者判断も正解かはわからない。別の病院ちゃんと診てもらって。

急にお腹が痛くなる「急性腹症」は原因が色々ありすぎて診断が難しいものひとつ特に急性虫垂炎(いわゆる「盲腸」)は一見ありふれているけど診断は難しいし遅れると大変なことになるのでしんどい疾患ではある。私は、高齢者虫垂炎が進行して穿孔した汎発性腹膜炎を危うく見落とすところだった経験があります。。足が痛いとは言うけど全くお腹が痛いと言わないのでお腹のことは綺麗さっぱり鑑別から抜けていたというもの。炎症反応がやたら高値だったので原因検索のために撮ったCTで診断がつき、即緊急手術となりました。

id:FlowerLounge ウチの親とかパーキンソン病と診断されるまで数年かかったよ。何度も病院をかえて診察してもらった。

神経変性疾患の症状を来したので神経内科受診してすぐ診断がつく、というのはあまり考えられない。大学病院でも神経変性疾患疑いで紹介してもらって長々と検査してようやく、ということも多い。然るべきタイミングで然るべき専門機関受診する難しさもある。

id:abababababababa 平熱が35度の祖母微熱訴え続けてたけど、36度にしかなってないから『微熱とは言え一般的な体温なので』とあしらわれ続けつつも、病院を回った。その中去年亡くなった。肝臓ガン末期。最後医者は手遅れ、と。

お悔やみ申し上げます腫瘍熱は診断基準があるわけでもないし、36度の熱のみで癌を疑うのは相当に無理めだなあというのが正直なところ。。よく平熱は低いんで、と言われるけど発熱医学的には定義されていて、平熱をどこまで考慮できるかというとわからない。平熱の状態患者医者は見ていないわけだし。

id:naruoe 最初医者に処方されたクスリ飲んでも全く咳が止まらない上「飲んで即効く薬などこの世の中に存在しない」と諭されたが、耐え切れず別の医者に処方してもらったら、ピタリと咳が止まったことがある。

咳の原因が感染症ならば咳を止めることを目的としても意味がないし、咳を止めてくれ、という受診は割と困る。むしろピタリと咳を止める薬を処方した、という方がなんか怖い。。ちなみに最初医者と別の医者の処方薬は何でしたか?後学のために教えていただければ。

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンは、一度診断がついたものについて、別の医師から再度診断を仰ぐ相談なので、この場合全く別物です。

増田へ。

慢性疼痛というのも医学的に対処が難しくて、麻酔科領域でも研究対象領域になっているくらい。

どうしても痛いならペインクリニックに行ってみるのもひとつの手ではある。非医療従事者が思うような「完全な完治」が望めるかはわからないけれど。

追記

AI

診断をするには必要情報を集めなければなりません。年齢、性別社会背景(職業も)、家族歴、既往歴、現病歴、陽性症状陰性症状身体所見などなど。必要に応じて、採血したり各種画像検査したり、と情報を得ていくわけですが、検査にも当然不確実性があり、偽陽性偽陰性なども多々あります身体所見上の各種徴候にも、感度が高いとか特異度が高いとか特性があって、100%の所見はありません。

症状があって受診しても、緊急性や顕著な所見でもない限り経過観察になることが多く、それを不満に思う方がAIを望むことがあるのだと思うのですが、必要情報を取らないことにはAIが鑑別を挙げることも不可能でしょう。初めに述べた通り、あらゆる訴えについてあらゆる所見を取ることに医療費的にもマンパワー的にもメリットがないし、不可能です。保険診療上では無理なので、むしろ患者の望む通りになんでも検査して診断しようとしてくれる自由診療機関必要なのかな、と思いました。

追記2

id:nannimonai そう初診で全てなんて無理。あなたも書いているが初回は経過観察と伝え「痛みが引かなかったらいらっしゃい」と伝えることが抜けている。それをコメ欄はヤブと言っている。

急性発症だが軽症の場合、突然のことで患者さんも不安になっていることも多い。なので当院では「対症療法的な処方なので痛みが強くなったりしたらまた受診してくださいor近くのクリニックを受診してください」と必ず伝えるように指導されている。それがないのは、それを言えないくら外来患者数が多い(疲弊している)のか、そもそもそういう指導を受けたことがないかのどちらかなんだろうなと。若い医師ほどそういう接遇力は向上していると周囲を見ていると感じるのだけどいずれ気にしなくなってしまうような気がしないでもない。。

id:zeromoon0クコメが気になった。

恥ずかしくなってきたので無難コメ欄修正しました。

追記3

id:narukami 風邪が元で咳が止まらなくなって何度も薬変えた挙句で出たユニコンが劇的に効いたんだけど同じ人を感染源として同時に風邪引いた別の友人は最初からユニコン処方されてたので咳が一発で止まった話「あるある」しか

風邪による咳にユニコン錠(一般名テオフリン徐放錠)を処方されたと。テオフリン気管支喘息COPD適応があり、咳を止めたり息苦しさを和らげたりします。テオフリン中毒になりやす血中濃度が少し高まるだけで不整脈やけいれんを来すリスクがある(特に小児)ため血中濃度モニタリング必要、というのは医師国家試験レベル知識なので、実際成人への内服薬投与ではそこまで気にしてないのかもしれませんが、どのみち感染による咳には本来適応はないので、研修医としてはなかなか恐ろしい話だと思ってしまます。。

id:AyanoIchijo 私も元増田、他の病院行こうぜって書いちゃったけど、同じとこにもう1回行ってもいいのかー。/でもまあ「なんかあの医者やだった」感があったなら、他のとこ行くのも手よね。

上で書き忘れたのですが、病院を変える最大のデメリットは、【初診時の所見がわからない】ことにあります最初受診時の情報がない、というだけで再び診断の難易度が上がります患者さんは初診時の医師がどういう意図でどういう治療方針を立てたのか十分に説明できないうえ、初診時の医師説明が不十分なことも多いので(外来では十分に説明して納得してもらう時間もない)、病院を変えたところで、新しい医師医学的に重要情報が伝わらず同じことが繰り返されることもあるでしょう。

anond:20190109193721

第三次世界大戦でも起きて、トバカタストロフィ並みに人口が減らない限りありえないって。

日本会議ジジイもの思いつきをそっくりそのまま人口比で50倍するようなものからな。主導する機関もないだろう。

anond:20190109063645

就職準備機関としての大学はいらない。すでに「大卒」の価値が薄れつつあるし。

本来研究機関としての大学必要だよ。

見知らぬ人に何百万もバラ撒いたりソシャゲに何千万円も課金している人は不作為殺人逮捕すべき

不作為犯が成立する条件

作為義務の発生

作為可能性及び容易性

作為義務違反

千万円も「無駄にできる金」を持った時点で①と②を成立させるべき

医療福祉機関寄付するだけだから容易だろう

2019-01-07

悪い監理団体を考える

https://meymao.hatenablog.com/entry/2019/01/06/232031

話題に乗っかって。

技能実習の監理団体は「非営利」だから利益を追求する必要はないんだけど、楽はしたいよね、という仮定の話。頭の体操

監理団体業務内容は、JITCOによれば下記の通り。

Ⅰ実習実施者に対する定期監査(頻度は3か月に1回以上、監査は以下の方法によることが必要)

技能実習実施状況の実地確認

技能実習責任者及び技能実習指導から報告を受けること

ウ在籍技能実習生の4分の1以上との面談

エ実習実施者の事業所における設備確認及び帳簿書類等の閲覧

技能実習生の宿泊施設等の生活環境の確認

Ⅱ第1号の技能実習生に対する入国後講習の実施

技能実習計画作成指導

指導に当たり、技能実習実施する事業所及び技能実習生の宿泊施設確認

・適切かつ効果的に実習生技能等を修得させる観点から指導は、技能等に一定経験等を有する者が担当

技能実習から相談対応(技能実習から相談に適切に応じ、助言・指導その他の必要措置実施)


・定期監査の回数を減らす

回数を減らし、時間を減らし、対象者を減らす。そのためには、同じ事業所大勢実習生を送り込むことが重要。小さい会社に数人ずつ送り込んでも、負担が増えるだけで有難みがない。

書類関係は、やったことにして適当に整備する。

宿泊施設も、違う実習先でも同じ物件に住まわせることで確認簡単に。宿舎を建てて割高な家賃で受入企業に貸し出せば、実習生からの控除額も増やせる。元の家賃以上の負担はないように機構確認してるけど、元の家賃自体が高く設定されてたらどうなのかね。

入国研修をしない

研修中は働けないから、研修をしないで働いてもらうことで監理団体と受入企業Win-Win

法的保護に関する研修も省くことで、なんと労基法について知らせないことも可能。ここを国が自前でやれば大分マシになるはずなのにな。技能実習在留資格入国してくるんだから空港で国が研修すればいいのに。

つい先日、研修を怠った団体問題になったから程々に。

技能実習計画作成を簡略化する

個別の実習計画を作るのは大変だから、同じ業務をするということにしてコピペ実態と合ってなくても提出。

バレると三菱自動車日産日立のように滞在資格更新ができなくて大変なことになるが、そういえば三社とも、監理団体は同じだったね。


実際ここまでしても、監理費だけでみると旨味は少ない。ただ、監理費を安くすることができる。そうすると送り出し機関との関係で強く出ることができるんだな。

記事ブコメでも触れてた人がいたけど、バックマージン接待は一つの問題。送り出し機関を選べる監理団体は強い。悪い意味で。

送り出し機関にも問題は多いんだけど、それはまた別の話。

頭の体操、終わり。

技能実習生の監理費のやつ

https://meymao.hatenablog.com/entry/2019/01/06/232031


これが早速はてな民に食いつかれてるなー。

あーあって感じ。


このブログ主の人のお父さんの会社は、

ブログに書いてあることに大嘘や酷い事実誤認がない限り、

「子の欲目」を差し引いてもまあ正直にやってる会社だという感触はあるね。


ただねー

監理費ってなかなか高いんだよねー。

業界や団体によるけど、自分感覚や見聞では下は3万円から。5万円ぐらいも珍しくない。

これ月々の分だけだからね。

受け入れ時にはもっといろいろかかるよ。

些少な経費というには高すぎる。

日本人ベトナム人を同時に雇うとこで、同じ給料を払って、かつ監理費を負担するってなると

ベトナム人材の人件費バカ高くなるわけ。

3年パックで計算してざっくり2人分の人件費日本人3人雇える計算になるかな。


このインパクトは勤め人でもちゃん経営計画財務触ってる人ならわかるよね。

(けど経営者を忌み嫌ううえに経理財務税務一切に弱い職人プログラマーが多いはてなでどこまで理解されるか。)


まりさー

技能実習生外国人を使うことに経済的合理性を出すには、

1・マジで日本人全然来ないような職種活用

2・外国人だけ給与をアホみたいに抑える

3・篤志で埋め合わせてる(それでも監理費とかある程度負担してもらう…)

のどれかみたいになんのね。


ブログ主会社は多分3番。

一番良心的で篤志家的な経営者なのかもしれない。

それでこれよ。法令違反

どう?

(ちなみに世間は1かつ最低時給キワキワみたいなのが多いねー。

 工場労働ならまだしも体のきつい建築関係で最低時給はもうアカン時期にきてるよねー。)


送り出し機関、監理団体、って間に入るからさあ。

初期費用でも50万円100万円てかかるもん。

(正直、自分主観では監理団体には怪しさ感じる。

 腐敗や暴利が始まるのは大体この仲介ポジションから

 送り出し機関を買い叩いて受け入れ企業(を通して実習生からもかっぱぐ、みたいなこと出来ちゃうでしょ。

 どれぐらい付加価値出してるかって言う指標あいまいだしさ。

 団体も色々だけどね。)


それでブログ主さんが「税理士相談してる」っていうけど

税理士が気にするのは税法に沿ってるかだけなので監理費のことなんか関知しない可能性ある。

(まあ給与計算まで見てもらってるかによる。給与計算を見ながら監理費が気になって調べない税理士いたらアホたれだとは思うが。)

なんかの聞き間違いで法令が守られてることを祈る。


法令法令からしょうがないけど、

日本人も来るような職種で」

ちゃん技術を付けて身を立つようにしてあげる前提なら」

「監理費も全部負担となると篤志の幅が分厚すぎてキツい」

ってことは理解してあげてほしいわ。


中小企業社長はクソみたいなのもいるけど善意で頑張ってる人も大勢居る。

はてな民経営者ってだけですぐ滅茶苦茶叩くから心配だよ。

2019-01-06

[][]2019年1月5日土曜日の増減

サイト\日付2018-12-302018-12-312019-01-012019-01-022019-01-032019-01-042019-01-05合計説明
Reuters ttps://www.reuters.com/article0124-431326985イギリス大通信社
AP ttps://apnews.com/000-2000357アメリカ大通信社
AFP ttp://www.afp.com/0000000152フランス大通信社
UPI ttps://www.upi.com/0000000592アメリカ/韓国大通信社
TASS ttp://tass.com/4012111104ロシア大通信社
Bloomberg ttps://www.bloomberg.com/021-311-120167アメリカ 金融ニュース通信社
Wall Street Journal ttps://www.wsj.com/1100-1385979アメリカ 新聞
New York Times ttps://www.nytimes.com/7541-4-111666046アメリカ 新聞
The Washington Post ttps://www.washingtonpost.com/24370-31118646アメリカ 新聞
The New Yorker ttps://www.newyorker.com/10100004060アメリカ 新聞
USA Today ttps://www.usatoday.com/200-40105128アメリカ/スイス 新聞
Los Angels Times ttp://www.latimes.com/20000015535アメリカ 新聞
The Hill ttp://thehill.com/1200000456アメリカ 政治新聞
Time ttp://time.com/000-400-15306アメリカ ニュース雑誌
Newsweek ttp://www.newsweek.com/00-1-1-10-12982アメリカ ニュース雑誌
The Atlantic ttps://www.theatlantic.com/11000007365アメリカ 総合雑誌
Fox News ttp://www.foxnews.com/000-12003400アメリカ 放送局
CNBC ttps://www.cnbc.com/110-422-12259アメリカ 放送局
abc News ttps://abcnews.go.com/001-20107848アメリカ 放送局
CNN ttps://edition.cnn.com/4-12-1400112913アメリカ 放送局
CNN Money ttps://money.cnn.com/00000003449アメリカ 経済ニュース放送局
npr ttps://www.npr.org/00012009068アメリカ 放送局
Yahoo! News ttps://www.yahoo.com/news/400-400-1726アメリカ ニュースサイト
Vice News ttps://news.vice.com/0000000602カナダ/アメリカ 放送局ニュースサイト
HuffPost ttps://www.huffingtonpost.com/100000010236アメリカ ニュースサイト
International Business Times ttp://www.ibtimes.com/0000000528アメリカ ニュースサイト
Business Insider ttp://www.businessinsider.com/200011023885アメリカ 経済ニュースサイト
Quartz ttps://qz.com/00011311973アメリカ ニュースサイトNewsPicks傘下へ
Vox ttps://www.vox.com/000-31131728アメリカ ニュースサイト
Breitbart ttps://www.breitbart.com/0000000276アメリカ 政治ニュースサイト
POLITICO ttps://www.politico.com/20800011295アメリカ 政治ニュースサイト
The Daily Beast ttps://www.thedailybeast.com/00100002137アメリカ ニュースサイト
The Star ttps://www.thestar.com/0000000580カナダ 新聞
Financial Post ttps://business.financialpost.0000000104カナダ 新聞
O Estadao de Sao Paulo ttps://www.estadao.com.br/0000000231ブラジル 新聞
The Guardian ttps://www.theguardian.com/81022-29-51429989イギリス 新聞
The Telegraph ttps://www.telegraph.co.uk/200000114896イギリス 新聞
The Independent ttps://www.independent.co.uk/010-10-2-116643イギリス 新聞オンライン専業化
Daily Mail ttp://www.dailymail.co.uk/121-9-31020276イギリス 新聞
The Sun ttps://www.thesun.co.uk/01000002754イギリス 新聞
The Economist ttps://www.economist.com/0028-141321912イギリス 週刊新聞
Evening Standard. ttps://www.standard.co.uk/0000000195イギリス 地方夕刊紙
BBC.com News ttps://www.bbc.com/news/111451-55-1827842920イギリス 放送局(日本語ページ除外)
BBC.co.uk News ttps://www.bbc.co.uk/112-6-2-3-742686イギリス 放送局
sky news ttps://news.sky.com/0000100739イギリス 放送局
aeon ttps://aeon.co/0000110379イギリス ニュースサイト
Irish Times ttps://www.irishtimes.com/00000003192アイルランド 新聞
Le Figaro ttp://www.lefigaro.fr/0000000461フランス 新聞
Le Monde ttps://www.lemonde.fr/000000-11387フランス 新聞
France24 ttp://www.france24.com/00000001217フランス 放送局
Deutsche Welle ttps://www.dw.com/100-1-100309ドイツ 放送局
Build ttps://www.bild.de/0000000465ドイツ 新聞
Spiegel ttp://www.spiegel.de/00000002784ドイツ 新聞
The Local de ttps://www.thelocal.de/0000000225スウェーデン ドイツニュースサイト
La Stampa ttp://www.lastampa.it/000000072イタリア 新聞
La Repubblica ttps://www.repubblica.it/1000000253イタリア 新聞
El Mundo ttp://www.elmundo.es/0000000955スペイン 新聞
Anadolu Agency ttps://www.aa.com.tr/000000082トルコ 国営通信社
Middle East Eye ttps://www.middleeasteye.net/1000-100165イギリス ニュースサイト
Al Jazeera ttps://www.aljazeera.com/42324506323カタール 放送局
ParsToday ttp://parstoday.com/10000001685イラン 放送局、元イランラジオ
NDTV ttps://www.ndtv.com/0000001235インド 放送局
The Hindu ttps://www.thehindu.com/0000000470インド 新聞
The Times of India ttps://timesofindia.indiatimes0000000961インド 新聞
DAWN ttps://www.dawn.com/0000000142パキスタン 新聞
ABC ttp://www.abc.net.au/00000004373オーストラリア 放送局
NZ Herald ttps://www.nzherald.co.nz/0000000543ニュージーランド 新聞
Bangkok Post ttps://www.bangkokpost.com/0000112834タイ 新聞
Channel NewsAsia ttps://www.channelnewsasia.com00001001865シンガポール 放送局
Jakarta Post ttp://www.thejakartapost.com/0000000356インドネシア 新聞
RT ttps://www.rt.com/0001020728ロシア 放送局
Sputnik ttps://sputniknews.com/0000001279ロシア 通信社、元ロシアの声
HAARETZ ttps://www.haaretz.com/000-20003092イスラエル 新聞
The Times of Israel ttps://www.timesofisrael.com/0020000396イスラエル ニュースサイト
ETtoday新聞雲 ttps://www.ettoday.net/1000000245台湾 新聞(合同サイト)
South China Morning Post ttps://www.scmp.com/0000-211862香港 新聞中国資本に買収された
新華通信社 ttp://www.xinhuanet.com/0000101117中国 国営通信社
環球時報 ttp://www.globaltimes.cn/0000000197中国 人民日報系列英字紙
Integrated regional information network ttp://www.irinnews.org/0000000244国連機関 ニュースサイト

2019-01-03

起立性調節障害学校にいけない状態」には適したサポートをしてほしい

どうして「起立性調節障害学校にいけない状態」を「不登校」ということが問題なのか。

最近こういう話が近隣で散見される。

考えた結果、「起立性調節障害学校にいけない状態」の学生に、不登校学生と同じサポートをしても

学校に復学することは不可能パターンもあるっぽいと思ったので書いておく。


・・・・・・


文科省では不登校病気の子供を含まないと定義づけていますが、その定義の中で、不登校の子必要対処をいくつか定めて通知しています

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/1397802.htm

これを受け取った各学校機関は、これに従って対応するという流れになっています


これは「学校に行きたくなくていけない生徒たち」へのサポートなので、メンタル面(気持ち)のサポートと親御さんとの密な連絡などが主です。


ですが、おそらく起立性調節障害発症している子たちには、

メンタルサポートのみでは復学できないが、身体機能面でのサポートがあれば復学できる」という生徒がいます

車椅子利用を検討されているアカウントをよく目にします。


そういう子たちも「不登校」の枠に入れられてしまうと、

現在教育機関などでは正常な対応身体機能面でのサポートを行うという決定)はほぼ不可能です。

教育現場にいる先生医療福祉専門家ではないためです。


でも、足を失ってしまった生徒がいたとしたら、学校側はバリアフリーの拡充など、できる対処は行うことになっています

障害者差別解消といいますが、これは障害者手帳の有無には関係ありません)


起立性調節障害の子も、そうしてもらえれば学校に行ける子もいるのに、

の子たちは「不登校」として扱われてしまうために、

復学のためのサポートがきちんと受けられません。


なので起立性調節障害の子たちが「不登校」として扱うな、というのは、

当事者の子たちが言う「同じ枠にはめないでほしい」という感情的問題とは別に、大きな問題につながっていると思います



・・・・・・


以上が筆者の結論である

起立性調節障害がどうして不登校という枠組みにはめられてしまうのかは、おそらく下記の問題がある。


1)朝起きれないという独特な症状

この症状がある患者一定数いる。

これが睡眠障害なのか不登校なのかの判別がつきづらい。

睡眠クリニックなどにかかればよさそうだが、起立性調節障害専門のクリニックにのみかかパターンが多い。


2)軽症・重症にかかわらず症状が多彩で、同一の病名である

軽症の生徒だけがいた(たとえば親の送迎だけあれば学校生活ができる生徒だけがいる)学校

突然重症(たとえば立てないため車椅子での学校生活でなければ復学できない)の生徒が発生した場合

必要となるサポートは全く違ってくるが、同じ病名なので

学校側は軽症の生徒と同じサポートだけをすればいいはずだと判断うるかもしれない。


だいぶ疲れたのでこの辺でやめておくが、おそらくここまで読まれた方は患者本人だったり、親御さんだったり

はたまた教育現場で働く方だったりするのだろうと思う。

皆さんどう感じられているのだろうか、議論はする気はないが、ご意見気持ちなど耳にすることができれば参考にさせていただきたいと思う。


2019-01-01

医学】最も長生きできる通勤方法自転車

最も長生きできる通勤方法自転車であるという医学レポート自転車移動は最も健康であるという話も。

http://aquariusmedgim.hatenablog.com/entry/2017/05/08/235452

https://www.lifehacker.jp/2015/10/151012mediagene_gizmodo.html

かなり詳細な医学レポートですので、相当な信頼性がありそうです。

オランダ医学研究機関フランスパリ心臓血管研究所の医学研究でも自転車によく乗る人は徒歩、自動車鉄道バス利用者いずれよりも健康寿命も実際の寿命も長い事実が示されています自転車プロ選手一般人と比べて健康寿命も実際の寿命も長い事実も明らかにもなっているほど。

インフラ目線を向けてみると、イギリス市街地への自動車流入課税して、それを元手に自転車専用道ネットワーク整備を進めているほど。ロンドン市民肥満対策としても大きな効果が見込める為。

そして、自動車を減らして自転車を増やすほど

渋滞が減り〈物流効率化、消防車警察車両救急車の更なる迅速対応が実現〉

・重大事故が減り〈車体重量の重い乗り物が減ることは交通安全向上に大きな効果

公害が減り〈騒音公害大気汚染公害、その他地球環境全体への様々な公害

運動不足解消が実現でき不健康が減る〈移動しながら運動できるので時間の使い方としても効率的〉

なので、日本でも積極的自転車利用を広めていくのが合理的と感じますが、皆様の所感を伺いたく存じます

社会個人への自転車の様々な好影響表

https://i.imgur.com/uyJaGwN.jpg

補足

資料追記

あらゆる移動手段のなかで自転車利用は最も長生きできる可能性が高い手段

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170616-OYTET50007/

ロンドン自動車激減、自転車急増 政策成功

https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggLiegqkFRmvSwEyHzJFs39g---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/que-14200773649

ガソリン公害燃料機関利用車は迷惑邪魔から禁止!』な正しい認識は今後も広まり続ける

ガソリン内燃機関利用車は迷惑邪魔から禁止!』という認識の広まりについて所感を伺いたく存じます

実際

ガソリン エンジン 禁止

内燃機関 禁止

検索すると、ガソリン等を使用して排ガス騒音を撒き散らす内燃機関使用した乗り物迷惑邪魔地域にとっても有害騒音公害排ガス公害大気汚染等による観光地としての魅力減少〉である事実は確かにありますし、その認識世界中に広まり続けているようです。だからこそ規制強化が進んでおり、近い将来の使用禁止令についても明言されている。

更に注目したいのはノルウェー首都オスロ

オスロ自家用自動車マイカー渋滞事故公害渋滞大気汚染元凶だとして公道走行禁止する政策を進めている。

たか個人の移動で幅を取って有害渋滞と重大事故の元凶でもあるCO2排出量も馬鹿げている乗り物を使うな!」ということです。

それと同時に自転車専用道ネットワーク整備を進めていることからノルウェー上記の国々より更に徹底して国民肥満対策にもなる自転車活用に舵を進めているようです。

自動車を減らして自転車を増やすほど渋滞公害も重大事故も肥満も減らせますから合理的政策でもある。

これから、世の中はガソリン等を使用する内燃機関を搭載した乗り物公道走行違法化が進められ、地域にとってはマイカー公道走行違法化が進み、政策自転車活用が進むと見ていますが、いかがでしょうか?

ちなみに英国グラスゴー大学による260000人以上を対象にした大規模医学研究調査によると、自動車依存者よりも自転車利用者のほうが遥かに健康寿命も実際の寿命も長いそうです。

徒歩、バス鉄道利用者いずれよりも自転車利用者長生きとのこと。

そういった事実も、今後の自転車活用拡大政策世界的な広まりを後押ししているように感じます

実際、国民肥満蔓延は国にとっても損失ですから社会全体の医療費が割高になったり、合併症による現役労働者の減少等〉。

長生きしたいなら移動は自転車が正解、というのが医学的に明るみになっているということですね。

そのあたりの事実内燃機関利用車への規制強化を容易にしているように感じます環境健康渋滞対策公害対策等様々なテーマが絡んでいるこの話題についての所感を伺いたく存じます

2018-12-30

[][]2018年12月29日土曜日の増減

サイト\日付2018-12-232018-12-242018-12-252018-12-262018-12-272018-12-282018-12-29合計説明
Reuters ttps://www.reuters.com/article311330426957イギリス大通信社
AP ttps://apnews.com/0001011359アメリカ大通信社
AFP ttp://www.afp.com/0000000152フランス大通信社
UPI ttps://www.upi.com/0000000592アメリカ/韓国大通信社
TASS ttp://tass.com/000210194ロシア大通信社
Bloomberg ttps://www.bloomberg.com/-31-20-40220166アメリカ 金融ニュース通信社
Wall Street Journal ttps://www.wsj.com/01200845967アメリカ 新聞
New York Times ttps://www.nytimes.com/0844-5011765981アメリカ 新聞
The Washington Post ttps://www.washingtonpost.com/100421418604アメリカ 新聞
The New Yorker ttps://www.newyorker.com/30100014058アメリカ 新聞
USA Today ttps://www.usatoday.com/30020005129アメリカ/スイス 新聞
Los Angels Times ttp://www.latimes.com/20010015532アメリカ 新聞
The Hill ttp://thehill.com/0000010453アメリカ 政治新聞
Time ttp://time.com/10102205311アメリカ ニュース雑誌
Newsweek ttp://www.newsweek.com/00200102986アメリカ ニュース雑誌
The Atlantic ttps://www.theatlantic.com/31010007363アメリカ 総合雑誌
Fox News ttp://www.foxnews.com/00101003399アメリカ 放送局
CNBC ttps://www.cnbc.com/02310-112258アメリカ 放送局
abc News ttps://abcnews.go.com/-1000-10-17848アメリカ 放送局
CNN ttps://edition.cnn.com/1302-14212921アメリカ 放送局
CNN Money ttps://money.cnn.com/0000-1003449アメリカ 経済ニュース放送局
npr ttps://www.npr.org/01-101009065アメリカ 放送局
Yahoo! News ttps://www.yahoo.com/news/0000000727アメリカ ニュースサイト
Vice News ttps://news.vice.com/0000000602カナダ/アメリカ 放送局ニュースサイト
HuffPost ttps://www.huffingtonpost.com/001100010235アメリカ ニュースサイト
International Business Times ttp://www.ibtimes.com/0000000528アメリカ ニュースサイト
Business Insider ttp://www.businessinsider.com/4-11011023881アメリカ 経済ニュースサイト
Quartz ttps://qz.com/11011021967アメリカ ニュースサイトNewsPicks傘下へ
Vox ttps://www.vox.com/010-1-1001726アメリカ ニュースサイト
Breitbart ttps://www.breitbart.com/0000000276アメリカ 政治ニュースサイト
POLITICO ttps://www.politico.com/00100001284アメリカ 政治ニュースサイト
The Daily Beast ttps://www.thedailybeast.com/00000202136アメリカ ニュースサイト
The Star ttps://www.thestar.com/0000001580カナダ 新聞
Financial Post ttps://business.financialpost.0000000104カナダ 新聞
O Estadao de Sao Paulo ttps://www.estadao.com.br/0000000231ブラジル 新聞
The Guardian ttps://www.theguardian.com/746686629978イギリス 新聞
The Telegraph ttps://www.telegraph.co.uk/1000-10114893イギリス 新聞
The Independent ttps://www.independent.co.uk/00010106654イギリス 新聞オンライン専業化
Daily Mail ttp://www.dailymail.co.uk/020210220283イギリス 新聞
The Sun ttps://www.thesun.co.uk/00000002753イギリス 新聞
The Economist ttps://www.economist.com/02-12-41121877イギリス 週刊新聞
Evening Standard. ttps://www.standard.co.uk/0000000195イギリス 地方夕刊紙
BBC.com News ttps://www.bbc.com/news/202331713172042882イギリス 放送局(日本語ページ除外)
BBC.co.uk News ttps://www.bbc.co.uk/011-9-40242700イギリス 放送局
sky news ttps://news.sky.com/0000000738イギリス 放送局
aeon ttps://aeon.co/0000000377イギリス ニュースサイト
Irish Times ttps://www.irishtimes.com/00000003192アイルランド 新聞
Le Figaro ttp://www.lefigaro.fr/0000000461フランス 新聞
Le Monde ttps://www.lemonde.fr/0005-1001388フランス 新聞
France24 ttp://www.france24.com/00000001217フランス 放送局
Deutsche Welle ttps://www.dw.com/1000101310ドイツ 放送局
Build ttps://www.bild.de/0000000465ドイツ 新聞
Spiegel ttp://www.spiegel.de/100-20002784ドイツ 新聞
The Local de ttps://www.thelocal.de/0000000225スウェーデン ドイツニュースサイト
La Stampa ttp://www.lastampa.it/000000072イタリア 新聞
La Repubblica ttps://www.repubblica.it/0000000252イタリア 新聞
El Mundo ttp://www.elmundo.es/0000000955スペイン 新聞
Anadolu Agency ttps://www.aa.com.tr/000000082トルコ 国営通信社
Middle East Eye ttps://www.middleeasteye.net/0000000165イギリス ニュースサイト
Al Jazeera ttps://www.aljazeera.com/43231036303カタール 放送局
ParsToday ttp://parstoday.com/00000001684イラン 放送局、元イランラジオ
NDTV ttps://www.ndtv.com/0000000234インド 放送局
The Hindu ttps://www.thehindu.com/0000000470インド 新聞
The Times of India ttps://timesofindia.indiatimes1000000961インド 新聞
DAWN ttps://www.dawn.com/0000000142パキスタン 新聞
ABC ttp://www.abc.net.au/00100114373オーストラリア 放送局
NZ Herald ttps://www.nzherald.co.nz/0000000543ニュージーランド 新聞
Bangkok Post ttps://www.bangkokpost.com/0100000830タイ 新聞
Channel NewsAsia ttps://www.channelnewsasia.com00000201864シンガポール 放送局
Jakarta Post ttp://www.thejakartapost.com/0000000356インドネシア 新聞
RT ttps://www.rt.com/0010000725ロシア 放送局
Sputnik ttps://sputniknews.com/0000000278ロシア 通信社、元ロシアの声
HAARETZ ttps://www.haaretz.com/00100003094イスラエル 新聞
The Times of Israel ttps://www.timesofisrael.com/0000000394イスラエル ニュースサイト
ETtoday新聞雲 ttps://www.ettoday.net/0000000244台湾 新聞(合同サイト)
South China Morning Post ttps://www.scmp.com/1100010862香港 新聞中国資本に買収された
新華通信社 ttp://www.xinhuanet.com/0000000115中国 国営通信社
環球時報 ttp://www.globaltimes.cn/0000010197中国 人民日報系列英字紙
Integrated regional information network ttp://www.irinnews.org/0000000244国連機関 ニュースサイト

2018-12-28

こんなデタラメな事が許される訳がない

これがあらゆる機関統一見解

2018-12-26

anond:20181226123607

クレジット情報カード作ったり金借りる時点で信用機関情報提供する事に同意してるけど

どっかに勤める度に信用機関個人情報提供させる、って事が合法になるとは思えんのだが

2018-12-24

anond:20181224165741

だいたい数の統計ってどこかの機関が取ってるのだろうか

団体の数を大まかに把握してるぐらいじゃない?

いか少ないかなんてわかんないな

クリスマスになると機関トーマスちゃうんだよね

夕方TVをつけると機関トーマスをやっていた

夕飯を食いながらぼーっとみてしまった

子供の頃、特に好きというわけではなかったが意外に面白い

実は日常系深夜アニメとやっていることは対して変わらない気がする

クリスマスの話をやっていた

英国クリスマス雰囲気があって楽しそうだ

ふと10年前にロンドン一人旅に行ったことを思い出す

キングスクロス駅やセントパンクラスから列車に乗って旅に出た

草原が広がって、羊がいて、灰色で石造りの建物がまばらにあって

きんいろモザイク的なものを感じた

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん