「作品」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 作品とは

2018-04-20

本が売れない状況を簡単確認する方法

今BookLiveっていう電子書籍サイト男性向け漫画一覧(2万冊くらいある)を売れてる順に並べてずーっと見てるんだけど、

最初の方はもちろん誰でも知ってる様な漫画、5千冊目くらいでも聞いた事ある作品コミカライズ結構目に留まる

そして1万冊を超えた辺りから急に五十音順になる

まり一冊も売れていない作品たち。半分近い作品印税0円

中には昔買った事あるものもちらほら。でも今では誰も買ってない

何年もかけて書いた作品が数年で1冊も売れなくなる

そりゃあ漫画村で勝手に公開されたらキレるわなと思った

こんなことしてる場合じゃないのに沼にはまった腐女子

気持ちの整理のために書きたい

あの作品かなと思ってもそっとしておいてほしい

子持ち既婚腐女子 親が入院

深刻な状態なのに、ツイッター

評判の良かった男児向けアニメにはまってしま

30分の気分転換 あー楽しかった

で済めば平和だったのに

親子愛とか情が溢れるストーリー

脇役の子たちが片親だったり、親が入院中だったりという境遇で、自分に重なってしまったり、健気に頑張る彼等にこちらも励まされ、引き込まれていった

まあ腐女子なんで、男の子二人わちゃわちゃしてれば、ほんのりと腐妄想はしてた

でも支部CPは数件しかなかった

ところが最近公式から、腐に燃料と取れる設定が公開された

ぽつぽつとべったーにエロありの二次があがるようになる

触発されて自分でも年齢制限ありのSSを書いてみた

(それまで腐女子特化サイトでひっそりと数本はあげたことあるが、2.5次元だったので皆ツイッターアカウントも鍵つきで、ステキ!はもらっても特に交流は広がらなかった)

親の事もあって(いつ呼び出されるかわからない)、このSS最後記念カキコというか、

入湯税みたいな、そんな軽い気持ちで書いてみたのだった

タイミングよくみんな探していた流れに乗ったのか、結構閲覧され、いいね感想も貰った

生物じゃなく二次元だし、皆鍵開け放ってるから(二次創作はパスワードつけたり、フォロワー限定)、ツイッターフォロワーが増えたり、皆子持ちだから話もあって盛り上がった

20年以上ぶりに落書きもあげてみた(スマホアプリで何でも出来る時代)

鉛筆書きでもタグに乗ればいいねがもらえる

ジャンルが小さいので学級会もない

CPや男女CPにも寛容

優しい世界

イベントアンソロオフ会、繋がりタグ企画ものなどTLが毎日昼夜問わずものすごい流れで、進んで行く

子連れオフに誘われても予定はなんとも立たない

乗っかりたいが、気力も体力もついていて行かず、TLを眺めるのみ

親が病気といっても、容態が落ち着いているときや、何かの待ち時間家族が寝た後など細切れに自分時間はあった

TLの話題に刺激され、何か書いたり描いたりしてみる

また感想リプやいいねをもらって嬉しくなる

ずっと読み専だったのに、こういう場に勇気を持って出て、1mmでも前に進んだ自分への自画自賛

こんなことしてる場合じゃないのにショタ性的消費して、承認欲求オバケになってる自分への自己嫌悪との

反復横飛び

ジャンル専用アカを作って1カ月近くたってしまった 運良く親は持っている

専用アカを閉めて現実に戻った方がいいと思うのだが それはそれで寂しい

ポツリポツリと嬉しくなるようなリプが届くのだ

麻薬だなと思いつつ、また沼のほとりへ近づきたくなる

ツイッターでも現実でも誰にも話せないのでますだに書いた

anond:20180420152409

それは油絵とかの方ね

ボンボンクズ向け商売だけだと、

国立以外どこも経営無理よ

それに誰でも作れるようになったら

作品も売れねーし個展すらやれなくなっちゃ

anond:20180420145025

わかる、が、そもそもシネコンっていう文化がそうなんだよ。「いま売れ筋の主にファミリーもしくはカップルが見る映画最大公約数で上映する多スクリーン映画上映施設」でさ。周辺に複数映画館があるんで、上映作品住み分けようとか、都心部のあれのほうがむしろレアで(悪い意味ではないけれど)異常な行動なんだよ。「自分のところだけで映画需要のマスを完結させる」のがシネコンなわけだから

から地方都市とかは、エリアあたりの映画館がシネコン一つだけで、そのエリア映画文化シネコンひとつで支えるとか、そういう構造になってる。

そういう意味合いで言えば、東東京シネコン増加は、都市文化ではなくてロードサイド文化文脈だって言う見方もできるとおもうよ。事実客層なんかもそんな感じでしょ。亀有アリオは毎週のように行く地元民だけど、客の大半は千葉方面からマイカーで来るひとだよ。

anond:20180420142148

変な意味でなく生理描写ストーリーに深く関わる作品教えて欲しい

今まで読んだ事ないから気になる

anond:20180420134539

ファンはショックじゃない。

錦戸じゃなくて、エイタの方がリアルDVなのはラストフレンズ」の頃から知ってるから

A太のプライベートカエラが支えればいい。

A太の作品私たちが支える。

そのDNAはいつか混ざり合ってA太とつながるから。それが私たちとA太のエターナルから

anond:20180420134329

見終わったあとの街中がちょっと怖いし、作品によっては現実に引き戻される感がハンパなくてw、言うほどいいものやないで

まあ池袋でも同じだろうけど

逆に、どこかで一杯とかやればいいんだろうが

実写版銀魂成功して他の実写版イマイチ理由

作品の質以前に、プロモーションが足りてない。

特に原作ファン向けの宣伝が不足している。今度ブリーチ実写版をやるらしいが、アレ、ジャンプフェスタとかで宣伝たか

ハガレンも、原作ファンの集う場で宣伝してたのか?

原作ファンから逃げなかった銀魂けがヒットしたのだ。

一人で完結してしま

私は小説が好きで、常に何かしら読んでいます。今でこそ慣れて一人の世界を築き、記録も他人が見ない前提でつけていますが、文学にハマり始めの頃、人と感想を交換できないことを残念に思っていました。本好き界では「良い本はいつ読んでも良い」みたいなことがよく言われていて、これは本当にその通り。だから、皆自分がその時に好きそうな本を、時代・国・作家を問わず求めると、結果趣味バラけるわけです。読者が読むものが集中するとしたら、人気作家の新作とか、何かの受賞作とか、実写映画化したとか、そのくらいでしょう。「趣味読書です」「小説をよく読みます」という人と出会っても、会った時点で一緒のものを読んでいた、同じ作家ファンだった、なんてことを私は体験したことがありません。全員バラバラなのです。おすすめを聞いて相手の真似をして初めて、同じ作家作品のことが語れるようになるわけです。

そこをいくと、アニメテレビドラマファンてのは放送されたのを同時に見るし、漫画は多分連載や単行本発売のタイミングで読むだろうし、映画ファンも公開されたのを同時期に見るわけだから、一緒に見て感想を言い合う家族や友人がいなくても、ネット上で同志が見つけやすそうな所が羨ましい。実際はそこで積極的いかなければ親しくはなれないだろうけど、多くの人が同じアニメを一斉に見ていてハッシュタグ実況になってる状態はとても楽しそうに見えます

もっと言うと、スポーツゲームバーベキューでもコミケでも何でもいいですけど、人との交流・共有に重きを置く趣味に憧れます。私は仕事ありの生活リズム睡眠時間を優先するあまり時間の決まったお教室テニスダンスヨガとか)でお試し期間をこえて契約するに至らず、読書楽器ランニングなど、好きな時間に1人でやれる、自分に都合のいいことしか続けてこれませんでした。仕事している限りこの癖は今後も変わらないだろうし、変えようとも思っていませんが、やっぱり趣味友達は羨ましい。

NHK朝ドラ日本人芸術的感性を鈍くさせている

両親はかならずNHKの朝のドラマを見る。つまらなかったら見ないという選択肢はなく、かならず見る。最近作品ではだいたい150話くらいあるらしい。1回15分。1作品を全話見るのに37時間以上かかるわけだ。そうやってNHK朝ドラ人生時間を何百時間も費やすことになる。

NHKは朝から品質ドラマを垂れ流して、日本人に「ドラマとはこういうもの」という認識を与えている。当然このことは小説映画にも波及する。日本ドラマ小説映画が見渡す限りゴミばかりであるのは、所詮日本人は高度な表現を味わう能力を持たないだろうという認識のもとで制作されているということもあるだろうし、あるいは制作自身がいまや何の知識教養もない、訓練されていないど素人であるという事情もあるのかもしれない。

日本人NHK朝ドラがすべての基準になっているから、漫画的な過剰演出普通のことだと思っている。物語バカにでもわかるように丁寧に説明され、想像余地を残さない。記号表現による過剰演出によって視聴者は笑うべきところで笑い、感動するべきところで感動するように誘導される。制作側の意図通りに視聴者は反応する。まるで奴隷だ。なぜ制作側の意図通りに反応してやる必要があるのだろう。幼稚な表現で人を煽り立てる作品はとても不快である。こういった作品人間を描くことも、社会を描くことも、世界を描くことも、すべてを放棄している。刺激に対して反応する虫のような視聴者にただひたすらに快楽を注入しようという意図を持って作られたドラッグのようなものだ。

からうんざりさせないでほしい。もっと猫を。

私は、同人誌が好きである。おもに、買い専として学生の頃から自分がはまったジャンルは、必ずいくつか買って読んで嗜む生活社会人になった今でも行っている。

好きな絵や漫画小説作家さんのTwitterフォローをして同じジャンルはまっている人とも、交流をしている。現実に、自分の周りに同人をしてる人がいない

ためか同じジャンルの人との会話はとても楽しい良い時代になったと思ってる。

しかし、最近そのTwitterを見てるだけで、謎のもやもやを感じるようになった。このもやもやは一体何だろうと感じた時、とうとう自分同人が嫌いに

なってしまったのだろうかと思ったけどそうではなかった。結論を言うと、同人という趣味領域から現実垣間見えることにもやもやしていたのである

Twitterの絵や小説を目当てでフォローした作家さんや交流してる人たちは、ただ絵や小説をあげるのではなくその人その人の生活日常があって心の内の闇だったり、

あるいは、家族恋人自慢であったりと、自由につぶやいているのだ。そんなことは、SNSだと当たり前といえば当たり前なのである作品投稿するより、そんなつぶやきだらけ

になった作家さんや交流してる人と繋がり話すことで、同人だけではない現実の繋がりができてしまいそこに私は、とまどいともやもやが出てきてしまうのである

趣味だけの最低限の繋がりが、できるSNSができないかぼんやり考えながら今日スマホを取りだしてなんとなくTwitteをする日々である

2018-04-19

anond:20180419232214

攻は(原作における仲間である)受に相談して一緒にバレないよう女の死体を始末しました、

古くて申し訳ないけど、昔の「世にも奇妙な物語」で「王様の耳はロバの耳」とかあったな。

それは二股かけられてた男を女同士で殺して秘密を共有するという話だったけど。

他にも交換殺人で同性同士が距離感を縮めるというストーリー比較メジャーなんじゃないかと思う。

同性愛禁忌の延長に共通の異性を殺す行為があるというのはまあ作者の嗜好とは別に比較的よくあることとは思うよ。

いや、BL作品において受け攻めが女を殺すという行為をさせる心の闇については全く反論はないけど。

anond:20180419223918

そういや昔流行ったやつとか今年齢の高いBl作家が書いてる作品

出てくる女がことごとく性悪だよな。

性格悪い美人が攻め側に猛アピールしてそれを無碍に断るのが様式美みたいになってた。

そういうの読むと「この人(作者)、よほど女同士の人間関係で嫌な目を見てきたんだろうな」と邪推してしまう。

大原優乃クリアファイル目当てで漫画アクション買ったんだけど、マジで一つも興味惹かれる作品無いわw

編集の連中もうちょっと頑張ってくれ。

anond:20180419173827

攻めに自分を仮託した読者がその受けを愛でる前提の作品

異性愛規範には真っ向から反対していると思う

anond:20180419141313

最近露骨に受に女性投影するような作品減ってるけど少し前までのBLって少女漫画ヒロインちんこつけて同性愛葛藤させてたのばっかだったじゃん

全然異性愛規範から脱却出来てねえよ

女の裸体美などを描いた作品現実セックス劣化コピー

反論ある?

無ければ私の勝ちね

anond:20180419155155

イケメン二人がいちゃいちゃしてれば二倍おいしい」

こう考える人は、ハーレムアニメ乙女ゲームをやってる(実際にアニメも増えてきた)

 

 

モテいから男女の恋愛コンプレックスを感じる」

自分以外の女(女主人公も含む)が好きな男と結ばれるのが許せない」

こういう人は、そもそも恋愛要素のない作品を選ぶ

ジャンプモノや児童向けアニメなど

 

 

anond:20180419145933

それを聞いて安心したよ。

理解できてない人もそれなりに楽しめるように作ってあるんだな。

まあオレもそんなノリで楽しんだ作品あったっけな。

以前、聖書モチーフにしたホラー映画があって、雑誌評論家聖書素養のない日本人には楽しめない作品とか書いてた。

でも、川が血の色に染まるとか、出典はしらんけど、なにか聖書をもとにした不吉な予兆なんだろうなって十分伝わるし、イナゴの大群がおそってくるとかも出典はしらんけど不気味だったし、普通に楽しめたけどな。

作品は好き

ある作品が好きだとか広言してると、どこどこ行ったら作者に会えるかもとか言ってくるやついるけど、作者には興味ないの。

作者が、鼻水を啜りまくるやつだったり、音を立てて飲み物を飲むやつだったり、増田愚痴ばかり書いてるやつだったら作品に幻滅するだろ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん