「作品」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 作品とは

2017-11-19

ファンタジー系の作品

軍師キャラ中国由来の故事成語とかを使っていたりすると

もしかしてこの世界には中国があるのかとか余計なことを考えてしま

つまんない奴だな・・ってそれはあんただろ

まらないやつ、ノリが悪いといいながらそもそもその原因は言っている方にある事。ゲームの話ですが、現実でもこういうタイプっている気がします。

始めからまらない話を振っておきながら、人のせいにするなと言いたい。

セガゲームス 龍が如く0より

佐川武闘派と呼ばれる嶋野が、何でそんなに

   回りくどいことをしているのか・・・・・・

   奴の目的は、一体なんだろうな。」

真島「さあ・・・・・・俺が聞きたいくらいや。」

佐川「フッ。案外理由は単純で、ただ単にお前のケツの味が

   忘れられないだけなのかもしれねえなぁ。」

(無言で酒を飲む真島)

佐川「なんだよ、つまんねえ奴だな。

   ・・・・・・そうだ、ひとつお前に聞いてみたかったんだ。」

二人の飲み会の席だから下ネタを言ったのかもしれませんが、つまらない話を振ったのは佐川なのですが、佐川は真島に対してつまんねえ奴だななどと言っています

しかし、下ネタの通じない相手下ネタをふったり、ギャグが通じない相手ギャグを言っている時点で、そこがもう駄目ですよね。それに気づけない佐川コミュ力がありません。

作品中、佐川は真島にとっての嫌な人として描かれているので、想像ですが、この場面一つとっても、付き合いにくい・コミュニケーションを取りにくい相手としての佐川を描いたのかもしれません。

これはゲームですが、現実ではこのようなタイプ迷惑です。

(俺は佐川みたいなタイプと関わりたくない。)

anond:20171117105506

ビジネスとしての意味はあると思うけれども、映画としての是非は観てから叫ぶことが、私は順当だと考えています

ですので実写化には賛成でも反対でもありませんが、映画単体で考えると「商業的に茨の道だよな」とも感じてしまます

過去実写化された作品において良い目を見たものと悪い目を見たもの比率は、恐らく悪い目を見たものの方が多いと思われますので。

もちろん好きな作品であれば、実写化だろうが何だろうが成功して欲しいですけれども。

2017-11-18

フィクションに出てくる警察って何であんなにあくどいんだろう

取調室では証拠が残らないように暴力を振るうしマインドコントロール紛いの事も平気でする。

挙句には自分たちに都合の悪い証拠は消すし消せなかったら公開請求をもみ消し続ける。

そもそも容疑者の選び方も怪しいと思ったからよりもこいつなら簡単に罪を被せられそうだからって発想。

弱そうな奴には強く出て気の強そうな相手権力者にはペコペコする。

そんな警察実在するはずないやろ~~~~。

こういう嘘ってよくないよね。

国民に間違ったイメージを植え付けてる。

こういう作品が増えないように国はちゃんと声を荒げるべき。

きららファンタジアに今後追加されそうな作品

スロウスタート

2018年1月アニメ放送予定、本誌掲載とほぼ間違いなく追加されそう。

ゆるキャン△

こちらも2018年1月アニメ放送予定。

ご注文はうさぎですか?

言わずと知れた人気作品。恐らく今後のアップデートイベント等に合わせて追加されるかもしれない大型コンテンツ

こみっくがーるず

はるかなレシーブ

アニメ化が予定されている

三者三葉

夢喰いメリー

ハナヤマタ

あんハピ♪

城下町のダンデライオン

全てアニメ化され、現在も連載中。特に追加されない理由も思いつかない。

桜Trick

幸腹グラフィティ

ドージンワーク

GA 芸術科アートデザインクラス

アニメ化されたが原作は終了している

けいおん!

圧倒的知名度、売上、キャラ人気を誇る一時代を築いた作品

しか原作終了が2010年(大学2011年)とやや古く、メディア展開も既に終わっている。

それでも参戦すればそれだけで話題になること必至。

ゴジラへの勘違い幻想をいい加減改めろよ

昨年シンゴジラたまたま売れたから以前に

ハリウッドが作ってくれた辺りが怪しいけど

 

ゴジラ映画は素晴らしいもの

イマイチな新作はゴジラ映画たる資格がないみたいな

よくわからんプライドをもってゴジラを語る奴がいるけど

そういった奴は全作を観たことないやつと勝手に決め付けてる。

 

ほとんどはどうせ子供向けの映画から

内容なんてどうでもいいよね~くらいの投げやり作品から

俳優熱がさめた

もうn番煎じではあるが突然俳優熱が冷めた話をする。

ある作品のある役でどっと人気が出た俳優を、そのある作品きっかけで好きになった。

その俳優をAと呼ぶことにする。

それから過去作品を貪るように見て、楽しくてツイッターアカウントまで作った。

オフ会してA語りをしまくったり、ガッツではないけど行ける現場にはなるべく足を運ぶようにした。

とにかくすべてが楽しかった。こんなに楽しい世界があるのかと、とにかく新鮮な楽しさを覚えた。

だけど、なぜだかあっという間に、突然Aヘの熱が冷めた。

理由は2つ。

1つはAのヲタクたちを見てからだ。

最初古参の人たちも仲良くしてくれたし温かいヲタクが多いんだと嬉しくなった。

が、なんだか最近SNS上でのAヲタが心底鬱陶しい。SNSというかtwitterだ。

これはAヲタあるあるなのか、それとも俳優ヲタという界隈自体がそういう性質なのかは分からないが

ある個人へのツイート感想考察などに対し、

「私はこう思うしその解釈は違うのでは?」という感じのツイート空リプでやりあう。

また現場SNS上で悪目立ちしたヲタク空リプ(鍵なしアカウント)で晒し合うなど。

なんとなくTLが不穏な空気になると、誰のツイートでこんな空気になるのかが大体分かるくらい

はっきりと分かるように空リプをする。

直接やれよっていう感じもあるが、とにかく自分解釈と違うものへの攻撃が強い。

(私が匿名のこの場所を使ってこのような文書を書いていること自体もそれと同等だということは承知している)

そして、古参押し付けがましさだ。

とあるごとに懐古する。あのイベントではこんなこと言ってた、今じゃこんなこともうないだろう、など。

まあ懐古するのは誰にでもあることだし、ただのつぶやき程度だからどうでもいいのだが

それを新規ヲタに向けてわざわざリプして教えてあげたり、

文章のいたるところから新規あなた方には知らないことを教えてあげよう」という匂いがきつい。

こういうのはAヲタに限らずどこの界隈でもいると思うが、Aヲタ古参はそんなに多くないため

そのある古参絶対存在みたいな感じになっている。

それを新規がありがたく頂戴している。皆喜び、その古参を讃える。

宗教のようですごく不気味だ。

もうあげたらきりがない。

Aへの笑えないマジ恋ツイートしんどい

笑えるテンションでマジ恋を叫んでいる人のほうがよほど健全に思える。

Aの接触イベのために化粧や服を頑張るとかも、しんどい

普段からやらないやつが突然綺麗にはなれない。普段から習慣的に頑張れよと思ってしまう。

Aのツイートに毎回タメ口でリプを送るやつも、しんどい気持ち悪い。友達じゃないんだよ。

ヲタクを見て俳優ヲタ卒をするっていうのを何度か見たことがあるが

本当にそれだ。

とにかくAにまつわるSNS疲れた。それなら私がSNSを辞めろ。正論だ。そうする。

2つめ、まあこれが決定的なのだ

その「ある作品」にAがとらわれすぎているところだ。

その「ある作品」はもう終わった。しかし、未だそこにワーキャーしている人も多いし

ヲタクもAというより、その役でしか見ていない人も多い。

別に構わないのだが、

当のAはそんな状況を見てからか「その役のイメージから出たい」という。

ならば、もういい加減、ある作品のある役に関する発言や行動をやめたらどうだとすら感じている。

ある作品とは関係のない場所でその役のセリフを言ってはヲタクを喜ばせたりするからだろう?と。

分かる。その役で自分が人気を得たんだという実感は分かる。

言っていることとやっていることが矛盾している。

それを見てスッと熱が引いたのを感じた。

Aの熱量ってそんなもんなんだ。へえ。

素敵な俳優だと思ったのに、すごく残念だった。

だけどヲタクって盲目だ。

そういう矛盾には目が向かないのか、むいたとしても背いているのかは分からないが

誰一人触れていない。気持ち悪さが倍増した。

またAが素敵な演技だ、素敵な役だと思えるまで

Aを応援することはないと思う。

一時期、押井守監督脚本作品にハマって、色々見たけど。

押井守、実写今一つだったのかな。

  

庵野シンゴジは、スゴかった。

素人では、分からない領域かも。

庵野 秀明を追いかけてみようか。

エヴァは、学生の時に何かマニアな気がして、とてもコアなファンが身近にいたからか、なぜか、毛嫌いしてしまった...

もったいなことしたのだろうか。

  

映像化ってPVサイズでやっちゃ駄目なのかな?

原作の名シーンを声なしで映像化したもの切り貼りしてミュージックビデオ風にして10分ぐらいにした物をテレビで放映してファン円盤買ってねとかじゃ駄目なのかな

無理に2時間枠に収めたり台詞を全部役者に喋らせたりする必要なくね?

原作知ってる人は脳内で補完して知らない人はなんか面白そうだと思ったら原作買うとかじゃ駄目なん?

いちいち台詞を読んでたり話が分かるように途中経過描写してるせいで無駄間延びしてる作品が多すぎると思う

声優さん名前

初めて名前を知った方なので名前を出すのは控えさせていただくけど、今回のニュースが流れてからツイッターとかで「私は何々のアニメの何々って役が印象的でした」という発言をよく見た。

自分が好きだったアニメとかの主役を演じておられたりしてびっくりしたりしたのだけれども、何よりもびっくりしたのは、誰も彼もさも当然のように知っていることだった。

00年代以降はともかくとして80年代90年代作品とかを挙げる人もいて、当時だったらアニメを見ていて、さら声優さん名前とか覚えていたら、オタクバカにされていたのではないだろうか。

違うと言うかもしれないが、35歳の自分90年代はそうだったんじゃないか記憶している。

自分同級生に会って、あの人はあの役が好きだったなんてセリフが出てくるとは思えない。

別に声優さんバカにはしていないが、そこまでしっかりと声優さん名前とか確認するもんなんだろうか?

anond:20171117181102

子どもの頃はジブリ作品がつまらなく感じた。「何でこんなのが面白いの?」ってかんじ。

 

欧米ではジブリ作品が人気。大人子ども安心して見られるから大人ジブリをチョイスして子どもに与える。

外国富裕層は高くてもジブリグッズを買ってくれるから外国語が出来る奴なら転売余裕)

 

大人になってジブリ作品の良さが分かった。あれはアニメの皮をかぶった哲学だった。

子どもときは、ストーリーの背後にある深い含蓄をくみ取ることができなかっただけ。

トトロもそんな作品なのかもしれない。

みんマスという足枷



男のアイドル目当てでプレイしてるのに同じシリーズなだけの別作品しかも女アイドルゴリ推されてもプレイなんてしねぇよ。

いわゆるみんマスと呼ばれる層って、マジで全部のコンテンツに金落としてんの?

自分の好きな作品だけ愛でてればいいのに、SideMへの勝手当事者面した見当違いのコメントとか吐き気がする。

こっちは曲数・グッズ格差を広げてくる頭のおかし公式と戦うだけでいっぱいいっぱいなんだよ。

勝手にまとめてくるクソみんマス豚共はせめてSideM諭吉2桁落としてからものを喋れ、3桁落としてからライブ応募しろ

金落としてないうちは、お前らはSideMの客じゃねぇんだよ。勘違いしてんなゴミが。

公式も金落としてる人だけを客扱いしろ

表でみんマス持て囃してる奴なんて金落としてないんだから媚び売るな無能

マジで女性向けじゃなく男性アイマス(キリッ)とかわけのわからないこと言ってるからいつまで経っても三流ジャンルなんだよ。

SideM乙女でも腐でもないからいい~他ゲーとは違う~マウントとってるバカもうざったい。担当より人と違うアテクシが好きなんだろ黙ってろ。

金落としてるのは女性ユーザーほとんどで、数少ない男性課金者も課金するのは担当のためであって女性向けじゃないかプレイしてるわけじゃない。

アイマス向いてないよ()とかマジで目線?お前らの大好きな公式様がそんなこと言ってた?それともマジでアイマスプロデューサー気取りなの?頭大丈夫

みんなまとめてアイドルマスター!を妄信する奴がいれば、当然にそれとは真逆の考えを持ってる人もいる。

それなのに、その多様性を認めようともせずさすみんマスで言論統制から

「みんマス嫌い息してる?」とか煽る性悪な根性

やっぱみんマスってクソだな、ってお前らみてると強く思うよ。


公式同人感覚の殿様商売やめて課金者の要望だけ聞いてれば全部解決するのにな、ホントクソ。

anond:20171118130045

環境汚染めっちゃ問題になってた時代作品からなー

(今問題ではないとは言ってない)

それに加えて、あの時代まだSF作品もまだ力があった時代だし

 

やっぱり時代によってパッと世界に入り込めるかどうかが違うよね

放映当初に名作だと思っても、今見たら・・・と言う作品多そう

anond:20171118114640

少子化は悪くありません。

少子化人口が減れば、人口爆発による地球環境破壊が食い止められるので、本当は良いことなのです。

 

少子化で困るのは、搾取する相手が減る老害たちです。

先に生まれ既得権益ガッチリ握った老人は、後からまれてまだ力のない若者搾取しています。(貧乏若い女を買う金持ちジジイとか)

 

政府労働者にがんがん働かせて、納税させないと儲けられなくなります

まり少子化問題は、事実上奴隷の減少が問題だと言ってるのと同じです。

 

日本人は「労働(=納税)は美徳」「少子化問題」「結婚して子どもを作れ」と洗脳されています

ゼイリブという映画を参考にして洗脳から脱却し、本当に自分利益となる幸福をつかんでください。

 

ゼイリブ』(They Live)は、1988年製作アメリカ合衆国SF映画。96分、カラージョン・カーペンターが、製作のほぼすべての分野に携わった。

SF映画ホラー映画の形をとった風刺作品であり、またアクション映画の面もあるこの作品には、1980年代社会蔓延した物質主義思考に対する批判や、特権階級の者らがメディア悪用し人々を洗脳社会専制的に支配していることに対する批判や警告が織り込まれている。

森次慶子は「性格は悪いが "天才的に絵が上手"」なのか?

下手糞プロ絵師です。

以下を読んだので意見を述べたい

https://togetter.com/li/1172284

https://togetter.com/li/1172310

私はアニメーターではないが商業イラストレーターだ。

この記事を書く目的クリエイターに関する理解を深めて欲しいかである

件に関しては二つの意見に集約されると思う

①発議者は業界賃金問題の話なのに「お前は下手、私は上手い」とクソリプとばしている森次は論旨を理解してない

しかし森次の絵は実際上手い。ポケモンメインキャラクターデザインしているようだ。絵描きとしては天才だけど性格が壊滅的に悪い人なのだろう

①については特に異論はない。しかし②について、つまり森次氏の実力については意見を挟ませて欲しい。

私の結論として森次氏の表面的な作画能力天才的なレベルはいえず、業界基準でいうなら凡庸程度。過去仕事をいくつか検索させてもらったがカードイラストに関しては良くて「まあまあ」、絵画作品は「少し下手」という評価をしている。絵が上手いか、下手か、という話は抽象的な議論に聞こえるが、プロ作家編集からみると顕著に評価がわかれる。もちろん理由セットで。プログラミングが分からない人に “Hello World” を表示させるコードを見せたら、さも難解なことをしているのだと思われるのと同じことだと思う。要するに無理解から来る尊敬だ。

以下、発言プロフィールなどへの突っ込み

エビの絵は「模写」である

特に話題になってたのが高校生の時に描いたというエビの絵だ。10代でここまで描けるなんて天才だろうという意見が多く出ていた。これは本人も言っているが模写である。「模写だったとしてもすごい」という人もいるかもしれないが、美大受験レベル高校生であればざらにいるレベルである。上位20-30%には入っているかもしれない。ただ模写はやってみるとわかるが想像以上に上手にかけるので、あの絵を正しく評価するには現物をみるしかない。多摩美芸大油絵科の学生に、この絵を見せても「天才」と思う人はおろか「なんで学生時代課題を公の場に晒しちゃったのかな…^^;」という反応が来ると予想する。ただ素人目にみるとすごく見えちゃうので、そこを堂々と出してくるのが逆にすごいというか、まともな神経なら恥ずかしくてできないんだけど。

ポケモンのNは多人数でデザインされている

これはゲーフリの開発体制を知らないか想像しかないのだけど、恐らく一人のスタッフキャラクターデザインピンからキリまでやらされることはないし、何を持ってして「デザイン」と呼ぶかにもよる。大げさにいうなら「髪は緑」というコメントを出してそれが採用されるだけでも「デザインをした」という実績といえる。さすがにそのレベルの実績をプロフィールに書かないだろ!と思いもしたがエビの件をみるとあり得るのではと勘ぐってしまう。

美術予備校飛び級

気になった言葉なのでプロフィールから抜粋した。そもそも予備校飛び級意味がわからないが、言い方の問題で、浪人生クラスに混じって高校の頃から授業を受けていた、ということなのではないか。これは本人が希望して時間の折り合いがつけば普通にできる。私も美大浪人したがクラスに1〜2人は高校生がいた。

森次氏自身アニメ制作に携わってた

自分アニメーションに関わってるから適当発言しているんじゃないよ?」アピールが入っている。映像仕事アニメ3DCG技能ツールも全く異なる。自分仕事領域を明確にしてないので色々謎。発議者は「自分仕事動画」だと明言しているのでこの話はフェアじゃない。この件がどうだかわからないが、大して重要ポジションコミットしているわけでもないのに「私は〇〇の仕事をした!(実際にはデバッグをやっただけ)」というクリエイターは珍しくない。

細かく突っ込むと他もいくつかあるがとりあえずはこんな感じでしょうか。なにか質問あれば追記します。

普通美大ゲーム会社で育つとまわりに上手い人いっぱいいるので「いや〜私なんてまだまだですよ…」となるのだが。本当にものっっっそい上手な人でも謙遜するくらい化け物クリエイターばかりの世界なのだが。彼女場合、そういうのをみじんも感じないので素で自分の実力がわかってないのかもしれないし、そういうロールなのかもしれない。しかし周りもその自信に怖じ気づいて「天才なんだな」って同調しているのがわりとつらい。

twitterを見ていると美少女イラストに対してのリテラシー可愛いor可愛くない)はとても高くて私も嬉しいのだけど、少しジャンルはずれると(特にリアル描写系)「よくわからないけどすごい」のような評価になってしまうのが少し残念に感じる。あと森次氏の比較対象としてあきまん氏が挙げられてたけどあきまん氏の方が性格の悪さも技術力も万倍は上だろう。それくらい差がある。

anond:20171118105448

試しに登場人物の誰が誰だか分からなくなった小説を数冊、挙げてみて欲しい。チャンスを見つけて読んでみようかと思った。

ひょっとすると単に人物の書き分けがよろしくなくて、凄くわかりずらい作品なのかも知れない、と考えたので。

anond:20171118100741

ゼラズニイ伝道の書に捧げる薔薇』に一票

いろいろ毛色の違う作品が入ってて、異星人交流もの表題作や、惑星改造ものの「十二月の鍵」あたりが名作だが

正直一番好きなのは完全にコメディな「重要美術品」だったりする

anond:20171118014930

イメージ的には感想を振り返るというより「作品名 考察」みたいな検索初見のものを探すイメージだった。

2ch作品スレ掘ればまあ手間かかっても探せるし。

でもTwitter検索オプション充実してるのね。知らなかった。ありがとう

2017-11-17

ありがとう君に届け

大好きだった「君に届け」の連載が、今月発売の別冊マーガレットで終わった。

申し訳ないんだけどネタバレがあるから、「君に届け」のネタバレをされたくない人は読まないでほしい。

実は、29巻が出る少し前から、5年ぶりくらいに毎号別マを買って本誌で連載を追いかけてきた。

少女マンガに傾ける熱量が異常だった小学生中学生の頃ぶりに購入し続けたのだが、あの頃と変わらず女の子たちに夢と希望と居場所を与える別マ、そして「君に届け」がうれしかった。

あれをみんなハッピー大団円とみるか、ひとつ青春の終わりとみるかは本当に人によると思うんだけど、私は後者で、ひとつ青春の終わりとして最高の最終回だったと思ってる。だから、騙されたと思って別冊マーガレット12月号買って。

ここからネタバレ

なんでこの青春終わるなって私が感じたっていうと、最終回ちょっと前で爽子と風早くんがセックスたからなんだよね。

恋愛の段階を丁寧に描いてきたこ作品の中で、初回のセックスが二人の終着点(付近)になるってことは、現実世界で二人の道は分かたれるんじゃないですか?って思ったんだよ。だってセックスを超える恋愛の段階ないよ。

同じことは「ハツカレ」を読んだときにも思った。でも、「君に届け」のふたりの初回セックスは、今まで二人といっしょに大きくなってきた読者の心を思いやって描いてくれたなあと思う。「ハツカレ」も私は好きなんだけど、あの超展開にえっ?!て戸惑ってしまって振り落とされた子たちもいそうなので。

でね、本誌で追って、青春の終わりを感じたからこそ、最終回の絵も台詞モノローグも全てにグッと来てしまってマンガで泣いた。久しぶりに泣いた。

駅の場面は実にずるい。千鶴見送り(ひとり見送る者のくせに笑顔で送り出す人格の完成されぶり)・風早くんとの別れ(”あの”2人が駅でキスもするし呼び捨てもし合ってるし君たちはだれ?成長したね?)で泣き、畳みかけるように車内で読む風早くんの手紙がまあステキで泣き(翔太おまえはよくできた奴だな)、そこで襲いかかってきたモノローグ(1ページまるまる電車が走ってるあにページ!!!なにあれ泣くでしょ)で泣きすぎて鼻水出た。

爽子たちはずいぶんとゆっくり高校生をやってくれた。爽子たちと椎名先生別マ編集部の人たちに、本当にありがとうございましたという気持ちでいっぱい。

出会ったときは既刊4巻で、まだ私は小学生だった。それから10年経ったけど、友人関係絶望した時も、家族との関係に悩んだ時も、好きな男の子に振られた時も、いつも「君に届け」のみんなはそこにいてくれた。高校時代友達と大騒ぎしながら読んだことは今でもいい思い出だ。

みんなの年齢はとうに追い越してしまった。でも、この感謝はずっと変わらないし、この作品はずっと好きなままだと思う。

たぶん自分受験したり上京したり彼氏と付き合ったりっていろんな経験があったからこそ最終回ボロ泣きしたんだろうなあとも思う。

いくつになっても楽しめてしか経験が増えるほど楽しみ方の幅が広がるなんて少女漫画は最高だね!!!

小中学生の頃は少女漫画に熱意を注ぎながらも、いつか大人になったら飽きるのかなあってちょっと不安に思ってたけど、そんなことはないか安心しろと昔の自分に言いたい。飽きない。超楽しい

なんか集英社の回し者みたいになってきたけど違うからね、これで入社させてくれるなら入社させてほしいよ

てかこれだけ青春の終わりとか言っといて来春の別冊マーガレット5月号(2018年4月13日(金)発売)で爽子と風早くん結婚してたら超恥ずかしいな!

婚姻って恋愛の究極の終着点とも捉えられるよね!

でも買う!!

超楽しみだから来春まで生きるね!!!

2017-11-16

anond:20171116213747

ごちうさには、他の作品では満たされない何かがある。

ネトゲ中の人アニメってなんで美男美女しか居ないの?

すまん正確に言えば「レギュラーキャラ美男美女率が異常に高いのはなんで?」だ。

サブキャラやほんの一部のキャラブサイクフツメンが混じってることはあるにはある。

から、「しか」って言い方は少し言いすぎだな。

それはそれとして、なんでこんなに美男美女しかいないのかだ。

全員ブサイクの方が物語として面白くなるだろう。

それをどうしてあえてイケメン美少女ばかりにするんだろう。

キャラ人気はネトゲの自キャラに維持してもらって、作品の核たるネトゲリアルギャップキモメン共にやってもらった方が面白いだろうに。

そういう作品は沢山あったのに露悪趣味が酷くて滅んでしまったのかな?

それとも偏屈編集者が軒並みそういう作品を「前例がない!!!からダメ!ヤダヤダ前例のない作品担当とかやりたくないよヤダヤダ!!」と叩き落とし続けてきたのかな。

anond:20171116180612

綿矢りさが描いたのは引きこもりナード少年だし乃南アサが描いたのは犯罪者だしあさのあつこが書いたのは野球少年だし

別に作品の中の父親像について語りたい訳じゃないんだ。ごめんな

anond:20171116175216

ハリポタもだけど、全体的に欧米作品父親存在感が強いのは男性向けもだよなあ

米なんか文化的に父と息子の結びつきが強いから、むしろ男性向け作品の方が父親出て来るし

日本マザコン過ぎて父親存在感なさすぎるだけかもしれないけど

少年漫画とかでも父親不在で別の男が主人公少年父性を与える役だったりするし

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん