「アングラ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アングラとは

2020-06-03

DWUの件に関して思ういくつか

DWUお口が悪い

 

所々で思うんだけど、あの他罰的に見える姿勢は非常に『女』らしさがある。

まぁ、お嬢様キャラから、という理由で許容されてると思うんだけど

 

でも運営との件で『女』要素が強く出てしまったというか

陰キャの嫌いなタイプの『女』

同族なんだけど口喧嘩になるタイプの『女』

 

でも中高生ぐらいまででそういうじゃれあいは終わらせておくべきだったよね、っていう

そういう意味で言えば運営の幼さ、それこそ中高生レベルの罠の掛け方をしてるというか

 

でも、それ以上にDWUの怒りはヒートアップしていて、多分運営が本気でDWUのガワじゃなくてアジア人男性12ドルのガワしか渡せません、ってなってもDWU自身もそれこそファンマジでついていってたと思う。

 

お口が悪いけど、ちゃんとやってるから彼女評価されるし、V界でもそういう人がちゃんと多くて

からそういう人間相手中高生がよくやってそうな「言った」「言ってない」「死ねって言うなら死にまーす」みたいなこと言い出しても

最後は「うるせえさっさと死ね、表では後悔してやるけどそれぐらいの負の感情はこのキャラクターと共に背負ってやるからさっさと死ね」と覚悟をした大人が返答してくる訳で

まぁ、「ほれ、このカッタースパッとやらんか、見届けちゃる。」と言いださないぐらいには冷静だったか、と。

それこそ、深層を扱ってるんだからもっと雑に生殺与奪してくる奴だっているのに、常識範囲内にいる人はそこまで込みで死ねと言うとは思わないのだろうか。

 

え?流石にそこまで考えてない?感情が昂って死ねって言っただけ?よく言いがちなだけで本当に死んだ時に動揺する顔が見たくてやってる?

ああそういう性癖の話か。

 

でもまぁ、ところどころで「何言ってんだこのアマ」と思うところもあるよね

 

「あの飲み会で頑張ろうって言ったじゃん」も『がんばろー!えいえいおー!』みたいな感じじゃなくて『頑張ろうね!?』『お、おう…』みたいな感じだったんだろうし

「この二年で2万ぐらいしか貰えてないスタッフもいます」に「当たり前だろ」と返答してたところに、普通に「テメェが当然だとか言えねえからな!」って逆ギレするスタッフが居なかったのはそれは運営としての最低限の自負があったからか、

普通に冷静にDWUが悪いんじゃなくて仕事勝手判断して断ってたセバス長が悪いのがわかっているからか周りのスタッフは静かではあったけど

 

でも「当たり前」ではないって、それぐらい酷い環境にあってそれでもついてきたスタッフ報酬を二年で2万は安すぎるって。

いくら遊びでも。

大人雇ってるし、発言者大人であればこそ、さ。

 

でもそういうところに噛みついても仕方ないし、そういうトゲがいくつもあったからもうキャラごとくれてやってもいいかってなったのかもね

から、DWUお口が悪いなぁって思ってた。

 

情報後出しして勝てるのは口喧嘩だけ

 

でもここまで言ってもDWUの良くなかった部分ってそこぐらいで、後は普通に仕事としてちゃんとやってる訳だし、それこそただ雇われてるだけなのに自分から仕事是正もしていこうとしたし、

それは労働者としては花丸をあげてもいいと思う。

 

そして、運営は言ってない、わかってるだろと思ってやってないことが多すぎる。

正直、それだけでケーヤクイハンみたいな話にはなると思うけど、そこはもう離れてしまったんだから言わないことにしよう。

 

でも「キャラからそういうことやってました」って言われても『そこでキャラ通すならお前が表でやれよ』って話であって、裏方に徹してて裏方で通したい筋があるならちゃん敬語でその返信をしなきゃ、ただの出来損ないになる。

これをRPとして優れてるとか言うやつは馬鹿よ、なんたらの病気からどうのってのもよろしくないよ。それで商売するってなったらそこら辺越した上でやんなきゃ、相手に失礼だよ。

僕はセバスチャンじゃないですかだのセバス長じゃないですかだの、執事を語るなら主人の不利益になる行動はしちゃダメでしょ。それともそれが原因で主人が背中からぶっ刺されることになったとして、それもネタにすんのか?

 

いや〜うん十年前のアングラは最高だな〜いい加減にしてくれ〜だからお前ら怖がられるんだよ〜ちゃんと口にしないから闇の中に身を落とさせるだけになるんだよ〜それで金儲けしたいとか笑わせんでくれ〜

最近インターネット利用者が光属性なんじゃなくてYouTubeやインスタに集まるのが光属性なんだよ〜お前が金稼ぎを考えてるプラットフォームに光属性が多いんだよ〜だからお前らみたいな中途半端存在が生かされてるだけであってめんどくさい闇の集団普通にお前の配信してる場所特定してそれをネタにしてくるから本当に光属性相手商売出来てたことを感謝しろ

 

僕ってそんなキャラじゃないですかを貫くなら本当にお前が表に出てぶっ刺されなきゃならんよ、もしくは壺おじさんみたくDWU for セバスチャンみたいなタイトルつけて何もかんもの責任セバスチャン達にあります、ってやっときゃ「あ、Dちゃんゴミなんじゃなくてセバスチャンカスゴミなんだね!仕事を依頼させるときプラットフォームも詳細も返事もなんもねえのによく働かずに自分も金が欲しいなんて言えたな、作るだけで生かす気がねえならただ死ぬだけだぞ」って回答がもらえる訳で

 

でもまぁ、そんな心配もなくなりましたと、これからDちゃんがDちゃんと信用できるスタッフでひとまず運営をして、沢山の荒唐無稽な依頼を直接その身体に受けて、その対処に追われて、その途方もない放浪の旅に疲れたらどこかの事務所に入ることになるんだろう。

少なくとも、ちゃんとした返答もなく彷徨い続ける訳ではないんだし

 

でもここまでのがただの茶番で買収劇だった可能性はないの?

 

大いにある。

俺も軽く『あの吸血鬼事務所』とあわよくば『お友達が多い事務所』とか考えたけど

『よくわかんねえけど資本はありそうな人間達』に買われた可能だってある

あの体質だと変な借金して働いて返そうとかしてそうだし、でも一番有り得そうなのはやっぱ吸血鬼事務所なんだよな

 

DWU関連で迷惑被ったのって明確にあの事務所ぐらいだし、それで一番やらかしたのって多分セバス長だし、アイツだけは無理だからクビにしてくれ〜って裏でやってたんだろうな、と素人ながらそう思う訳で

 

でも今回の配信でセバス長がああいう言い方をして、DWU自身も意地になってそれを必要ないと言ったし

しばらくは単独で動くんじゃないかと思う

予想外なのがあの拍手をした集団で、そいつからも縁切りをした訳だから

ただでさえめんどくさい予定の放浪の旅がもっとめんどくさくなるんだろうなぁって

 

でもそういう覚悟をせざるを得ないほど、出来損ないで、無責任で、遊ぶことすら満足にできない人達だったか

からの子はめんどくさい旅をしなきゃならなくなるんだろう。

本当はDWUという名前ですら抱えなくてもいいのに抱えてしまって、あっちへ、こっちへ

それでも彼女幸せだったのは、彼女自身がとてもしっかりした人間だと思ってもらえたことで、それは彼女活動発言ちゃんと見て判断してもらえたことなんだと思う

それこそ、運営と揉めて、私は悪くない!って言い続けてるのにその異常な行動を見抜かれて人が去っていった人なんて幾らでも表で見てきた訳で

そして、それを揶揄して笑っていたけど、自分達の後ろがそれ以上に出来損ないでもっと酷いことになるなんてよくある話

 

あの内部情報についてどう思うか

 

正直言えばあんなことやって「こんな事務所があるんですよ〜!」なんでやった時点でセバス長にはエンタメを語る資格がない。おまえのおもしろは誰かが必死に守ってる普通を指差して笑うことにしか無いのかよ。ってなっちまう

それのどこがいけないの?普通YouTuberみんなそれやってんじゃん。って思った奴はそういう類のYouTuberはYouTube自分宣伝して他のサイトで金稼ぎしてることを忘れちゃいけない。

そして、それを作る気がないし、投げ銭場所を作るでもない、積極的宣伝するでもないなら、理想に溺れて死ぬしかない。いや本当に、荒唐無稽かつろくでもない理想像を掲げて生きていけるのは昭和作家ですら無理よ。短命よ。

 

で、文書の内容に関してだけど

まぁ、前々からあの人たちを見てる人からすれば、『こんな文章書けるようになってえらいね〜』だ

馬鹿にしてんのかって思うかもしれないけど、それで文野外の人間しか集まってない会社が多少なりとも生き延びれるなら声をかけてもらえるだけマシ、だ。

 

本当はもっとかに客が去っていくもんだ。静かに狂っていくもんだ。

なんなら元から似たような緩さ、軽んじ方をしていて、だけどその人気のつき方の本質を多少なりとも理解してきた人達

から文章でもあんな感じだ

 

どこぞの会社なら本気の命令を出すならびっくりマークがいくつも付くようなもので、今回は箱のトップがブチ切れるような事態でもあるのに、

まり強く責めても仕方がないし、我々にも非があるだろうから教えてくれると助かる。があの文章だ。

 

そこまでへりくだってることを理解せずに会話のついでに貼った馬鹿については知らん。アイドル事務所監視もっとダルいし、お前に配られてるiPhoneに追尾機能やらが付けられてないだけまだマシ。

本当言うならどれもこれも出来損ないなのにファンに愛してもらえるから「今の需要はこんな感じなんだ」と合わせてくれてるだけであって、あの会社があの体質をやめて、この基準に満たない人はクビにします。この基準を満たしていてもこれをしていたらクビにします。と言い出したら何人去らなければならなくなるのかはわからない。

ましてやどこかで居直ってる程度ならさっさとクビを切った方が変に達成して空虚だった時と比べたらマシなはずだ。

 

でも残酷なことに彼等はそれを下さない、それは違うでしょ。どれだけ大人気でも突然去る人が居ても止めなかったし、どれだけ不人気で辞めたいという感情があってそれでも続けると決めた人には寄り添ってたじゃんっていう。

 

から、本当に売ったバカが居たらしばらく首から私はバカですの札でもかけててもらいたい。それこそ、本意気のアイドル事務所はその程度じゃない訳で。ナメた行動取ったら給料も無くなるし、仕事もない、配信なんてさせてもらえると思ってんのか。馬鹿が。お前みたいなのを愛してもらえると?そして愛してもらえていなかったと?

から、あの文章は誰かが会話のネタに貼ったか、セバス長が頭おかしくなって作ったか、もしくは、ただのフェイクか、だ。

それこそ、本当にアレをやったのは私です。なんて言い出す馬鹿が居たら、マジで一年ぐらいその人のチャンネル非表示にする。何か不適切表現があればすぐさま通報して収益化が解けるまで行う。

やることがショボすぎて笑う。

辞めることになっても仕方ない。悲しいことになっても、そんなに悲しくなくても仕方がない。

 

だけど、そうやって心を落ち着けようとしたくもないから、セバス自分で作った、セバスをD嬢だと思った馬鹿が話のついでに貼った、もしくはただのフェイク。だと思うことにしている。その方が平和だし、平和じゃなくなったら一方的に一人が責められることになる。それが見たいのか?

 

結局何が言いたいのか

 

V業界失望してる人って本当に荒唐無稽ものを願ってるよね

あのおもしろが続けば今頃は、なんて、インターネット何年もしてる人からすれば、おもしろかいうのは永続じゃないし、その日、その時の気分次第になる。アレでなんで笑ってたんだっけ?って何度も思うことになる。

それを維持する才能があったらそれで生き残ってる筈だし、それが無いから別解を手に入れてああやって生きている。

 

それこそ、明石家さんま凄さ理解してないのに、忌野清志郎オーケン凄さを伝えられる訳じゃ無いし、そんなビッグネーム凄さもわからずに、自分面白だけは天を貫ける程のものだと勘違いしているなら、やっぱりその自惚れのダメージをその身に一身に受けるべきだろう。

そうでもない限り、芸術は磨かれないだろう。どこまで届くかなんてわかんないままだろう。なのに、誰かに渡したナイフを見て、まさか料理用に使われるなんて思わなかったと言うとは、その商品を捨てるのが今の飽食社会の有り様だってのに。

 

人間が集まるならロクでもなくなるに決まってるし、それはファンでも同じ。ファンを装ったアンチなんてのもあるめんどくさいとこ。でもどこ行ったって一緒。

ただ、ずっとクリエイティブしてる人は別。一応配信業もただ垂れ流してるんじゃなくて、その人達なりの技術でもって配信面白さを安定させている。

俺のような素人が一発でスムーズに高画質高音質な配信個人の家で行えるかって言えば断然NO

そしてD嬢にしたって結局月に一回濃密な動画を上げている、だが、その程度では収入足りえない。そして想像以上の危険性が深淵にはある。

理解しない人は多数いる。弱者と見抜けば牙を剥くから彼等は深淵に居る。

 

そして、多分なんだけど本当はそういう深淵にあの子が攫われるようなことがあって、それを笑って動画にすることであのシステムは完成する筈だったんだろう。

俺はそれを面白いと思えない。

から今単純な配信者となって別解を手に入れようとしてる彼女応援している。

 

その方がまだ笑えるから

2020-06-01

ゆるふわアングラ世代から、顔の見えないツイッタラー

中学時代パソコンの授業でインターネットを使った時

みんなが自分の好きな漫画野球のページを見てる時に

自分だけこれみよがしに2chにつないでAAとかを周りに見せてたこ

しかも「このページって何?」って聞かれた時に「ヤバイ奴らの集会所みたいなもん」とか答えたこ

さら友達に2chへの行きかたを教えるためにヤフーで2chって検索させて

でてきたリンククリックして2chのトップページが表示された瞬間に

そいつの耳元で「Welcome to Underground」ってささやいたこ

2ちゃんねるの有名なコピペである。このコピペは「俺はアングラ人間なのだ」という中2病あざ笑う内容として読まれてきた。ただ、今となって思うのは、かつての2ちゃんねらー、延いては、ネット民全体にはある種のアンダーグラウンド人間としての自意識が隠れていて、痛いところを突かれたのをごまかすために笑わざるをえなかったんじゃないか、ということ。

かつてのネット民の中には自分たちがアングラ世界の住人だと指摘をされると赤面してしま自意識があった。もっとも、それは、非合法的な取引に使われるダークウェブとは比べようもない、ゆるゆるふわふわなアンダーグラウンドであった。所詮場末スナックで癖の強いママ相手にしながら大人になった自分に酔いしれる程度のごっこ遊びの域であるとはいえネット民の中ではたしかに共有されてるアンダーグラウンド自己像というものがあったように思う。その理念型(似顔絵)をいうなら「Winny余暇を過ごし、スナッフビデオを漁り、誰かを晒しあげ追い詰めることを日課とし、人の不幸で飯が上手いと満面の笑みをたたえて言ってのける人間である。それは負のイメージでありながら、居心地のいい吹き溜まりを作るための「俺たちはろくでもない人間なんだ」という仲間意識を共有するためのイメージであったように思う。

たとえば、当時の2chニュー速板(アフィ騒動を経て嫌儲と分裂し今や見る影もないが)で「人の不幸で飯が上手い」といったコピペが幾度もペーストされ、「お前らほんと最低だなwww」といったお決まりレスポンスが繰り返されていたことも、まさに仲間意識の共有であって、まるで人を殺すことを入団の条件にしているギャングイニシエーションのようでもある。

そして今日ネットでこうした共通意識に基づいたコミュニケーションが目に留まることがあるだろうか。ネットは変わった。とあるプロレスラーの死を発端として「在りし日のネット」を語る言説が飛び交った。たとえば、twitterで、たとえば、ネット生放送世界で(とりわけ、ネット生放送世界はやりたい放題の時代を経ているので隔世の感があるのだろう)、それは語られた。もはや、何でもありのネットは終わったのだ、と。

しかし、結局のところ、ネットの”何”が変わったのだろう。たしかに、ブログメディア確立mixitwitterといったSNSの登場、スマホの普及といった出来事を起点としてライト層が増えたのは事実だろう。もっとも、twitter上の政治クラスタではMMTベーシックインカムといった一般人には簡単には浸透しそうのないアングラ思想信仰されていたり、かつての頃よりはるか過激罵倒が飛び交っているように思う。変わったとすれば、やはり、ネット民全体が共有している自画像の有無なのだ。昔は、「どうしようもない人たち」というネット民としての自己認識があったが、もはや、そういった共通認識崩壊している。今の時代に「ネットはこういうものなんだから合わないならやめたほうがいい」なんて忠告をしたところで「それはおかしい。誹謗中傷はなくすべきだ」という正論が返ってくるのが当然になっている。

いわば、今日ネット民は「顔の見えない人たち」なのだもっといえば、ネット史における一つの世代としてとらえることができない人たちだ。国民中流という言葉と軌を一にして「若者」という言葉が多用されるようになったのと同様に、均一な人たちが想定されなければ世代論は語りようがない。かつてのネットには負のイメージを共有できるような日陰者としての均一さがあり、日陰者としての意識が負のイメージを生み出してもいた。また、それを外側から、「ネットの人たちは」という形で語りえた。

とはいえ、これから、顔の見えないツイッタラーは、誹謗中傷を許さな一般ピープルに置き換わっていくのかもしれない。今はそうした変化の過渡期にあるのだろう。そもそも誹謗中傷はよくないことだという正論のほうが圧倒的に強く、ありえないアングラな負のイメージが共有されていたことの方がおかしかったのだから。ありえない時代を見てきた世代からするとそうした変化が寂しくもあるが。

2020-05-24

anond:20200524145049

昔のネットって言うほど面白かったか

アングラ寄りのころのネット面白かったと増田が思っているだけでは?

2020-05-20

機械学習×コロナオナニーの新たなステージが到来するかもしれない話

突然だが、ディープフェイクという言葉を知っているだろうか。

映像人物の顔を、他の人物の顔に入れ替える技術

エロ悪戯以外に使い道がないのは想像に難くないだろう。

昔でいう「アイコラ」は画像のみを指していたが、

最近は、機械学習の力を使い動画人物の顔まで入れ替えられるらしいのだ。

から、その成果物技術ディープラーニング×フェイクでディープフェイクなんて呼ばれ方をしている。

とにかく昨今、あらゆる分野において機械学習技術の発展がめざましい。

どうやらディープフェイクの技術についても、アングラで、めきめきと、驚くほど成長しているようなのだ

どのくらい成長しているかは、あなた自身知的性的好奇心冒険心をフル稼働し、自分の目で確かめて欲しい。

さて、このディープフェイクな成果物リリースしている闇の技術者たちは、どのような方法作品を生み出しているのか。

ネットの海の断片を確認する限り、画像レベルであれば、任意顔写真をぶち込めばディープフェイク化してくれるツール過去リリースされていたこともあるようだが、モメて消されたようだ。(当たり前だ)

恐らく、驚くほどのクオリティ動画が生み出されている今のシーンの第一線においては、

まだその技術ツールという汎用的なインターフェースを伴う形にまで至っておらず、

闇のエンジニアたちが勉強がてら魔術を磨きつつ、有名人実験したものアウトプットしてる、みたいな状況だ。多分。

で、だ。

もしこの技術が、汎用的なツールという形にまで仕上がって、

それが「ちょっと情強なら手に入れられる」みたいなレベルに普及したら、

結構なオナネタシンギュラリティが起こるんじゃなかろうか。

ツール成熟度合いにもよるが、対象の顔をおさめた動画なり画像なりが素材としてある程度あればOK、というレベルであれば、

お気に入りアイドルも、気になるあの子も、気に食わないあの女も、みんな。

思いのままだ。

しかも、だ。

世に公開さえしなければ、傷つく人もいない。

非常にヘルシーに、誰も悲しませず、極めて新しい領域需要が、満たされるのだ。

人類が到達するとは思えなかった近未来領域

「そんなこといいな♪できたらいいな♪」レベル世界の話だ。

最後に、タイトルの「コロナ」の部分の意味説明して終わりたい。

いま、天下の会議はほぼオンラインだ。

コロナ収束した後もこれが主流化していくであろうことは、誰もが想像できるだろう。

会議の際、ビデオ付きで会話するかどうかという点は組織カルチャーによって異なるみたいだが、

少なくとも「全員顔出し」が基本なうちの様な組織所属している男が、

ちょっとだけ性的好奇心が旺盛で、

手元にそんなツールがあったら、

まず間違いなく画面をキャプチャしまくって素材を集め倒すだろう。

今は世の中にそのようなツールは(多分)ない。

だが、もし闇の博士たちが戯れにリリースをしたら、世は一気に変わる。全て変わる。

その土壌は、もう整っている。

未来はすぐそこだ。

2020-05-15

anond:20200514211841

同性愛が未だ世間では寛容ではないから、アングラというかサブカルというか...閉ざされている世界の中で秘密関係を楽しんでいるので腐女子たちによって媒体コンテンツとしてかっさらわれていくのが寂しいのか...?

でもジェンダーレスとか性自認多様性が出てきているから、最後の砦かもしれないよね

2020-05-13

anond:20200511135415

エロソフトPCゲームノベルゲーム)、萌えイラストっていうのが世間一般からするとニッチ文化だったために

寄せ集めて一つとして扱わないと分母が少なすぎて当時のアングラネット界ではコミュニティとして成立させられなかった

っつう一種自然淘汰が働いた結果なのかなと思う

2020-05-12

anond:20200511135415

若いクリエイターがより他に行ったというのはその通りだと思うが、「世代交代に失敗した」というわけではない。

そもそもにおいてエロゲーブームになったこ自体が異常である時代が産んだ奇跡と言ってもいい。「世代交代」など出来るはずがない。

エロ漫画エロアニメも、売れた作品はあるし、素晴らしい傑作もあるだろうがブームになってはいないだろう。

ポルノ映画もそう。ポルノ映画から俳優や名監督が登場したり、ヒットしたポルノ映画はあるだろうがブームにまではなってないだろう(あったしても一過性)

コアなエロゲーユーザーも多くいたが、ブームになったときユーザーの大半がライトユーザーだ。エロシーンに絶対的必要性を求めていないユーザーのほうが圧倒的に多い。

からこそ増田が言うようにクリエイターが発信できる場が増えたことによってブームが終了するのは必然なのである

決して傑作がなくなったからでも商才があるビジネスマンがいなかったからでもない。

アングラであるエロ業界ブームになり続けること自体無理なのである

あの頃エロゲ作ってたようなオタクって今なら何やるの?

NHKにようこそ」でも描かれていたように、「エロゲで一発あててやるぜ」みたいなオタクドリームって一時期あったような気がするんだよね。スタッフ募集掲示板とかあったじゃん。

あいオタクって今なら何をやってるんだろう? ストレートインディーズゲームに行ってるのかな。ゲーム以外の、たとえばツイッターで白はげ漫画を描いたり、YouTubeやったりするとは思えないんだよな。起業もまた違うでしょ。

あの独特のアングラ感と敷居の低さって絶妙だったと思う。あとチームで行けば俺でも行けるみたいな空気というか。

2020-05-04

ゲス増田

以前も「これこれ、こういう素人思い込みで書いたWikipediaみたいなものアングラ的でいいんだよ」「正直コロナってワクワクしない?」などと投稿し、今回に至っては「日常系ぶち壊しモノっていうのかな」なんて書いてる。正直どういう育ち方をしたらこんな共感ニューロンがぶっ壊れた汚い感性になるんだろうか。馬鹿にするとかそういう問題じゃなくて理解できない。生物的に相容れない感じ。自分自分できれいとは言えないけど、少なくともトラウマがあったか人間が嫌いになった、程度が関の山。こういうあらゆる人間レイプするのが快感という感覚人種は生かしておいても得にならないので、遺伝子を残さないために間引いてしまえばいいと思う。

これ自体権力思想的で恐ろしいと言われかねないのは承知だけど、それでも処刑で構わないと思っている。少なくとも女子高生コンクリート詰め殺人事件光市母子殺人事件とか、こういう脳の構造を持った連中でしか問題を起こしえないわけで。社会的抹殺排除していいと思うんだよね。

2020-05-02

anond:20200502074916

でも東京大札幌地獄からってパライソ気味な地方もつきあって店閉めるのほんまに不合理ではある

なので、うまいレストランは(弁当営業しててもアングラネットとかご近所ラインでのみ情報交換しておけばいいとおもう

東京大札幌にはエンガチョ!こっちきててもいいことないぞ!こっちも地獄だぞ!って脅しとく

2020-04-30

岡村発言深夜ラジオとしては正統派

深夜のラジオ番組

昭和平成初期は、相当アングラな会話のオンパレード電話相談なんてしようものなら、放送禁止ワードオンパレード深夜ラジオを聴いていた人なら分かるはずだ。

これが今ではネット文字起こしされ、「日中」に晒されてしまう。これが問題本質ではないか

また、別の視点で見てみよう。

岡村発言風俗通であれば、誰しも考えていることだ。景気がよくなれば働き口が豊富にあるため、性風俗業には参入しない。しかし、景気が悪くなれば、食うためには手段を選べなくなるのである

参入者が増えれば競争原理が働き、選ばれるものけが勝ち残れるのである

昨今、サービスが悪い風俗店は多かったのではないか、それが風俗通の実感ではないだろうか。

さらに別の視点

昨今、「働き方改革」と言われていたが、あれは景気がよかったから言えるのであって、不景気局面に入れば、この6年くらいの間、誰も実感がないと言っていた好景気価値観は、瞬く間に壊される、壊されつつあることを念頭に置くべきだろう。

不景気時代を思い出せ。そして、どう乗り越えるのか考えよう。

2020-04-29

そもそも風俗に行きたいって気持ち理解不能

だって20歳までセックスはおろか女の子と手すら繋いだことなかったけど、風俗に行きたいって気持ちは一切生じなかった

インターネット無料かつ合法エロコンテンツほとんど無限に転がってるし「セックスよりオナニーの方が気持ちいい」って話もかなり広くされてる中、わざわざアングラ感ある風俗店に行ってクッソ高い金を払い性病になるリスクを犯しつつクオリティにばらつきがあるサービスを受ける動機がなさすぎる

今の彼女出会わなかったとして、オナホールに手を出すことはあっても風俗に行くことは絶対になかったろうと断言できる

10000円払って性的サービス受けるよりその金で回転寿司に5回行くとか漫画を一つ買うとか観葉植物を買ってみるとかした方が絶対いいんだよな

人種の違いってやつなんだろうか 風俗趣味はどうしても理解できない

そもそもセックスしたい」って感情がないわ あくまで「性欲を発散したい」であって別に相手コンニャクでいい

2020-04-22

anond:20200422001745

最終回近くの憂鬱描写はなかなかだよね。ああいうのは確かに文芸作品にも劣らない所だと思う。

というか、最近ラノベを読む頻度が増えて、文芸作品吉川英治三島クラスじゃないと読めなくなってきた。

そもそも明治時代小説なんて、今のラノベと変わらない位置だったのでは、と思うので、

表とアングラカルチャーの境目て、あるようで無いような気もする今日この頃

2020-04-18

オタク貢ぐのをやめよう

もうやめろ

十万百万貢いだ自慢

いくらグッズを一人で買おうが変わらないよお前の弱小ジャンル

地下アイドル

俳優は変わらないよ

いい加減目を覚まして

https://twitter.com/shikahan/status/1251182599420080128?s=21

この問題なんだけど、肌で感じてるのはわりとアングラジャンルオタクの声のデカさが悲劇の元だったんじゃないかなと思ってます

10年くらいTwitter見てて思ったんですけど、重た目のオタクって「貢ぐことを正義」として振りかざしてきた

実際その根気強い貢ぎによって地下から舞台に躍り出たアイドル俳優も数多く、その前例を見てさらオタクは躍起になった

で、その声のでかいオタクの発信源は誰かなー?とたどると、普通オタクじゃないんですよ

キャバ嬢ラウンジ勤務などの夜のお仕事の人が多かった

そういう人達ホスト狂いになるか、オタクとして地下に貢ぐかで二極化していた

単なるホス狂いだとそこまで注目浴びなかったが、 「夜のお姉さんがオタク推しに貢いでる」って姿はある種のステータスで持て曜されました

特に2014、5年ごろは特にその傾向が強かったし、どのジャンルに行っても夜の仕事をして太いオタクしてる人が必ずいた

そういう人たちはデカデカと声を上げて「貢がないものオタクではない」提唱を唱えました

この考えは揺るぎない経済力のある人にしか許されないが、その発言のみが一人歩きしていった

主に細いジャンル

一部に熱狂的な人気を誇っているがあくま地下アイドル程度でしかない人気です

しかし誰しもオタクは夢を見た

自分ジャンルが多くの人に持て離される未来を夢見ました

しかいくら個人がカネを投入しようが、多くの人間が気紛れに落とすカネの集合体には勝てないのです

1人が出す十万円より、 1人百円出して1000人いる方が経済力の強さは圧倒的に上です

その末路がブログの人でしょうかね

たか趣味ですよ

自分人生設計の中に組み込んじゃいけないものですよ

気紛れに買うコンビニスイーツのように「時折心を満たすもの」 でなきやいけないんですよオタク活動

全ての生活を「オタク活動があるから耐えられる」で乗り切ってるなら

病気ですよ

しか病気といえどもはや現代ではそうでもしなきゃ生きていけない人ばかりになった

コロナオタク社会問題あぶりだす結果になったね

合法麻薬みたいなもんだよオタク活動

ある程度吸うと効き目が薄くなっていく

怒りとバラック街と立憲と共産

近所の繁華街の隅っこに、闇市の趣を残すバラック商店街がある。

昼でも日が差さな電車沿線に、蛇行した商店街が走る。

そのアングラ雰囲気廃墟歴史感があって割と好きで、目的地へ少し遠回りになっても通り道にすることがあったのだが、ある日気付いた。

トタンのような素材で囲った壁にぺたぺたと秩序なく貼り付けられているポスターが、全て立憲民主党共産党なのだ

自分観光歴史探訪気分で歩いているこの真っ暗な商店街には、当たり前だが日々生活を送る人が住んでいて、暮らしているわけだ。

そんな人達はきっと裕福の逆のところに住んでいて、自分の不幸を嘆き、何かに怒りをぶつけてやっと生活を維持しているのだ。

そんな時、思いの代弁者として出てくるのが、立憲民主党共産党なのだ

きっと彼らには、将来の日本がどうとか、未来がどうとかは関係なくて、ただただこんな状況におちいったのは、政府であり自民党のせいで、だから叩くのは当たり前、と考えているんだろう。

ただ批判するだけでなくより良い提案を考えようとしている国民民主党より、自民党をひたすら叩くことが目的立憲民主党の方が支持率が高い理由はここにあるんだろう。

ふと気になって、Twitterを開いてみた。日経やその他のニュース記事につく非難コメント句点句読点を知らない、てにをはを正しく使えない、社会的弱者と思われる彼らのコメント

知っての通り、2009年から数年間は、民主党政権だった。

ツイートを遡ると、今の自民党政権をばちばちと叩いている彼らは、2009年から数年のその時には、しっかり民主党を叩いていた。

彼らの目的は「怒る」なのだから、きちんと話し合おうとしても無駄なのだ

もしこの先、立憲や共産与党になっても、きっとすぐにひっくり返るだろう。

彼らが与党になるということは、怒りたいだけの人がそれだけ増えたということなのだから

2020-04-16

ネトウヨだったけど今は政治民族日本もどうでもよくなってダラダラ平和に生きてる

そんな俺が当時なんでネトウヨになったのか自分なりに振り返ってみようと思う。

きっかけは高校2年生の時に出会ったゴーマニズム宣言

普段、夕食後にナイター中継見ながら「吉本隆明がどうたら」「西部邁がどうたら」そんなことばかり雑談してる父親と兄が、「ゴーマニズム宣言はあれヤベえよ……」と苦笑いしているのが耳に入ってその存在を知った。

なぜか興味を抱いた俺はそれがどんな本なのか訊いてみたら、二人ともしまったとでも言いたげな顔で言葉を濁し、「いや、お前が読んだら絶対に訳も分からずハマるから教えたくない」と逃げられた。

そんなふうに言われたらむしろ興味が強くなる。

早速、学校の帰りに大型書店に立ち寄った。残念ながらゴーマニズム宣言は置いてなくて(記憶が確かならとっくに絶版になってたからだったと思う)、仕方なく「戦争論」のほうを購入した。

家族予言通り俺はドハマりしてしまった。

一応、書いておくと俺はそこらへんのアホ高校に通う勉強なんてしたことないバカ学生だったから、歴史公民ともに全く知識がなかった。

戦争論に書かれている刺激的な言論にやられて、人が変わったように昭和史勉強を始めたとかい事実も一切ない。

それにもかかわらず俺が戦争論にハマったのは、悪役として据えられてるキャラアメリカ護憲論者?)を主人公日本小林よしのり?)がボッコボッコにやっつけて、徹底的にディスるのが気持ちよかったから。スカッジャパン見て留飲下げてる人と全く同じ心理

正直言って、本の内容は全然理解できてなかった。大人になった今ですら戦争論で何をどういう論点で掘り下げていたのか全く思い出せない。そして、今もう一回読んでも無学ゆえに理解できないだろう。

で、なんで当時の俺にそういうスカッポルノ物語が響いたのか?もうこれは俺が嫌われ者だったからとしか言えない。

見た目はオタクのくせに不良ぶりたがる、一周回った可愛げもなくとにかく協調性がなく、からかい半分に相手挑発することをニヤニヤ言う。

そんな俺はまあとにかくクラスから嫌われていた。男女問わず嫌われていた。

疎外されるのも自業自得なんだけど、そのくせ俺は周りに嫌われてる事実に傷つき、挙句、「人生彼女ができない。童貞捨てられない」的悩みも同時に抱えてとにかくイライラしていた。

自業自得なのに人生や世の中や周りを人間を恨んでいた。

そんな人間スカッジャパン出会ったらそりゃハマるよなあと今となっては思う。

逆恨み由来で膨れ上がったはち切れんばかりの攻撃性をあの本が代わりに解消してくれたような感じだ。

兄が俺をゴー宣に触れさせないよう慌てていたのは、俺の人間性に大問題があってなおかつクラス嫌われ者であることを察していたからな気がする。

「(あの本にハマるのはまさにこういう奴だろう)」、そんな危機意識があったのではないかと。

そこから先はお定まりルート

俺は韓国韓国人、在日朝鮮人戦後民主主義左翼を忌み嫌うようになった。

「お前そんなこと言っていいわけないだろう。理屈もなにもねえよ」というような蔑称ヘイトにキャッキャキャッキャと歓喜し、瀬戸弘幸桜井誠天才思想家として崇め奉った。

そして俺にとってスターといえばイチローでもダルビッシュでもなく、自民党タカ派議員だった。

2chに差別書き込みをした回数は1000じゃまったくきかないと思う。

夕食後、父親と兄との雑談に俺が混ざるようになったのもちょうどこのころだった。

学校で起こった楽しい話なんてないもんだから、なんの脈略もなく「韓国がさあ~w」「中国がさあ~w」という調子で読んだばかりのヘイト本の内容を面白おかしくニヤニヤと披露する。

そのたびに父親は決まってウンザリしたような顔で「お前、そんな差別的な話を俺は家で聞きたくないよ。もっと楽しい話してくれよ」と露骨に眉をひそめ、軽蔑したような冷めた顔でそのやり取りを見守っていた兄が痺れを切らして「おめえいい加減にしろよ、黙れよ」と一喝する。

そんな流れが毎日だった。

ただ、このときの俺がとにかく恐れていたことが一つだけある。

それは「愛国心を盾にした差別はよくない」という至極まっとうな意見世間常識となることだった。

厳密に言うと、当時も今もそういう社会常識は当然みんなに共有されているということになっている。

学校会社ネトウヨ言論をかまそうものなら普通に窘められ、あいつは頭がおかしいということになるだろう。

ただ、当時はネトウヨネトウヨ言論もまだまだ隠れた存在で(ネトウヨというスラング自体は耳にしたことある人はもう多かったと思うが)、「変な人のことだとは思うけど、実際になにがどうなってんのかは知らない」程度にしか一般的認知されていなかったと思う。だから、2chで俺を含む差別的な連中がどんだけ跋扈しようが見つからなかった。

世間には「差別は許されない」という当然の常識が共有されている一方で、ネットアングラ部分ではネトウヨ思想がすごい勢いで盛り上がるという対照的状態が続いていた。

「もしもネットネトウヨブーム世間の人に気付かれたら彼らの良心によって潰されるだろう。そしたら俺のフラストレーションの解消の場がなくなってしまう」

そんなふうに俺は恐れていた。

俺の嫌な予感は当たった。

やがて、ネトウヨ存在一般的認知され始め、密教から顕教に変わっていった。

ただ、予想外だったこともある。

ネトウヨはやっぱり「あいつらとんでもねえ」とバッシングされはしたんだけど、それと同時に「あんなのはごく一部。差別者なんて実際はほぼいない。広まってもいないネトウヨ思想危機感を抱くのは未熟者だからはい、この話終わり」とでも言いたげな耳を塞ぐ態度を頑なに守り続ける勢力も相当いたことだった。

はてなでよく見る「観測範囲問題」という指摘と同じ。


これに俺は凄く救われた。こういう逆張りというか、冷めたポーズを取ってくれる連中がいてくれれば俺の、俺たちネトウヨの居場所は守られる!と安堵した。

ネトウヨ思想が広まりかねない。危険だ」という意見ネトウヨでもないネットから「そんな奴みたことないんだけど?よっぽどレベルの低いコミュニティにいるんだね~」みたいなレトリックでよく小馬鹿にされていたのを覚えている。

ネトウヨ本が書店平積みされ飛ぶように売れ、ヘイトスピーチなんてのが社会問題になって、身元隠してないTwitterアカウント主婦社会人ネトウヨ思想を全開にしている、そんな現在を考えると、ネトウヨ思想流行という当時の懸念は正しく、そして、冷めた態度で小馬鹿にする勢力ネトウヨ追い風になったのは当たってたなあと思う。

ネトウヨ時代の俺も日本がここまでなるとは当時想像だにしなかったから。

政治とか右翼だとか左翼だとか韓国とかそういうの一切合切に俺が興味なくなったのは大学入学とほぼ同時だった。

大学合格後に兄に部屋まで呼び出され相当真剣に将来を案じることを言われ続けたからだ。

要約すると、「偏見を捨てろ。周りに親切にしろ。心を入れ替えろ。ていうか今の人間性のままだとお前人生終わるよ」、そんなことをマジのマジのマジのテンションこんこんと聞かされた。

「親父もお袋も相当心配してるぞ。お前結局友達いなかったろ」、特にこれが半べそかくほど効いた。

自分が好かれるわけがない、擁護しようのない人間だという自覚は深いところで抱いていたので、大学では心を入れ替えて普通に友達作って楽しく過ごそうと思って大学生活をスタートさせた。

まもなく、普通に友達が何人かできて、一緒に遊ぶようになって、まるで憑き物が落ちたかのように俺のなかから世の中や人に対する攻撃性が萎んでいった。

気付いたら政治とかどうでもよくなっていた。ていうか在学中に在日友達もできた。彼女はできなかった。

今は普通にのほほんと生きている。

選挙にはあんまり行ってない。

2020-04-13

anond:20200413033359

植民地志望はわかったからおまえが亡命する案はどうなったの

そしたらこんなアングラネット毎日のように顔を出せなくなるだろうから

こっちもとてもすっきりしますわ

2020-04-04

anond:20200404150740

んなわけねぇよ。保険程度にYoutubeの垢取ってもしもの時はスパチャもらえるように頑張るかってなってなるだけだと思うぞ。

肝心の箱自体はそんなに変わらんはず。数は減るだろうけど。

来年の冬くらいにはワクチンかアヒガンかって感じで治療法と逐次クラスター対策が発生ごとにおこなわれてニュースの片隅に乗るようになるだけ。ノロウイルスみたいにな。

でもライブハウスコロナクラスターになりやすいことは変わらないかアングラ性が増して、生でアーティストファンとみんなで空間を共有することで死のリスクを負うかもしれないという掛け金がかかる分、これまで以上に熱狂的になり刹那的になって物理ライブ価値が上がる。

たぶんそんな感じ

2020-03-25

anond:20200325121601

わりと将来、同人誌デジタル頒布のみになって、ダークウェブ上で仮想通貨を使ってしか入手できない名実ともにアングラものになるんじゃないかと思う

オタク趣味を最大限に楽しむためには高度なデジタルリテラシー必要になる流れの一部として

ある意味、うめ~このみかんとかやってた時代の再来よ

バーマスターにやり捨てされた話

数年前、約10年ぶりに地元に帰ってきて友達もいなくて寂しかった時

バーを1人飲み歩く遊びを覚えた

元々よく飲みには行く方だったけどいつも友人やパートナーと行っていたから初めは緊張した

でも一人行動に抵抗が無い方なのですぐに慣れてバー店員との他愛ない話がたまの楽しみになっていた

そんな時近くのバーを一軒紹介された

ちょっと雰囲気は妖しいけど良い店との事

行きつけの店は有名店なのでそのマスターの紹介ならと安心して行って見ることにした

かに内装ちょっとアングラ感があるけどいい店だった

いわゆる穴場、知る人ぞ知ると言う様な風で

近くの飲食店人達仕事終わりによく来たりオーセンティックではないけど落ち着ける店だった

そこの客層やマスター接客なども気に入った

飲み友達のような人もできた

地元に帰ってきてから孤独だったのでとても楽しかった

3か月ほど経った頃だったか

遅くまで飲んでいるとマスターが店の端のテレビで私の興味のあるジャンル映像を流してくれた

テレビの前で鑑賞してるとマスターもやってきて

どうやら閉店時間も過ぎてたようだが私の好きなお酒サービスしてくれた

なんだか家飲みみたいで楽しかった

ソファに横になって伸びていたらマスターが「起きたら全裸ですよ」と冗談を言ってきた

マスター全裸ですよ、腰ミノ付きで」と私も冗談で返した

(腰ミノは見てた映像関連のネタ

そのまま私は服を脱がされた

当時私は性交経験がとても少なくて

以前に付き合っていたパートナー1人だけだった

その上お互い淡白だったので行為も付き合い始めの数える程度だった

服を脱がされ始めてもまだ冗談なのかと思っていた

というかその日生理だった

今日生理ですよ」

これで手は止まるものだと思ったけどマスターは「別にいいですよ」と脱がすのをやめてくれなかった

近くにあったブランケット自分の体を隠してみても無駄だった


そのままセックスされた


その後一緒に店内で仮眠をとったかもしれない

しばらくして帰ってちょっと困惑していた

これはお付き合いするって事なのかな?

でも連絡先も知らないな.....

お店にはちょっと行きにくいけど

このまま行かなければこのまま終わってしま

はっきりさせたいと思ったのでその日もお店に行ってみた


店に入るとマスターちょっとギョッとした顔をした

ほとんど何も会話しなかったと思う


やり捨てするつもりだった事がなんとなく伝わってきた

でも私はそこで責め立てたりできるような性格じゃない

そもそも責める事ができる性格なら性交ももっとはっきり断れた


そしてそれからもその店には通い続けた

しろそれまで以上に通ってマスターとはセックスフレンドのようになった

から誘うことも多かった

誰も理解してくれないとは思うけど

ずっと私に手を出した説明をしてほしくて関係を続けた

会話なんてほとんど無かったけど

あの一回でやめていたら

ただのやり捨てになったか

男性経験ほとんどない私にとってそれを受け入れるより

セックスフレンド状態になってしまうほうがまだ希望があったか

もし、このまま恋愛関係になる事があれば、あれはやり捨てにはならないか

私はやり捨てされる程度の価値だと悲しまなくて済むから



メンヘラ化して

そのうちマスターから邪険に扱われるようになった

よく思い出せないけど

とても酷い事を言われてその日からお店に行かなくなった

精神的に余裕がなくなったのか仕事も辞めて数カ月バカンスに行った


帰ってきたらちょっと落ち着いたのでお土産をもってそのバーにまた行った

それからは一度、関係を持ったような記憶もあるけど

普通のお客さんとマスターというような感じで楽しんでいた

やっぱりいいお店だ

客が少ない時はちょっと沢山飲んだりした

個人経営で大変だろうけど長く続いてほしいなと思って

ここでお金を使いたいなと思った

でも以前みたいに閉店までは居ないようにした

先日ちょっと久しぶりに顔を出したら

他のお客さんにマスターが茶化されてた

結婚するらしい




店の客に手を出してやり捨てして結婚するんだなあと思った

しか被害者は多分私だけじゃなくて

何人か被害にあってるような横顔も見た気がする

なんとも言えない感情でどうすればいいかからない

法律なんてなければ

お酒ボトルで頭をかち割って

割れボトル性器をえぐり取って

口に詰めて全裸に剥いて道端に捨てたい

そんな想像毎日する


恋愛感情は多分無くて

でも何か悲しい

やり捨てされたのが確定したからなのかな

もう数年前の話なのに

最後まで客として見てくれなかったんだと思う

私がお店が長く存続してほしいと願っていても

純粋に金づるとしか見られて無かったんだろうな

私の望み通りに死んでもらうか

 

もしくはあの日やり捨てした事を謝ってほしい

そして彼女ができた話をして欲しかったし私も他のお客さんと同じ様に

他のお客さんと一緒にマスター結婚を祝ったり

普通のお客さんとしてずっと楽しくしたかった

なんで何も悪い事してないのに

何故私の楽しみを奪ったのかね

マスターが好きなお菓子差し入れた時も腹の中で笑ってたのかね

今月結婚だって他の客と話してるのが聞こえた

遠方でやる理由過去にやり捨てしてきた女性達に何かの形で報復されるのを避ける為かね

しばらくは仲間うちでパーティーをひらいたりするのかな

狭い田舎から違う店に行っても嫌でも噂は聞こえてくるだろうな

そのうち子供が産まれたりするんだろうか

またそういう噂も聞こえてくるんだろうな



結婚を知った日に違うバーで飲み直してたら

そこのマスター最近ホットアーティストの曲をかけてくれたのでテンションが上がった

その店には私をやり捨てしたマスター結婚相手も来たんだそう

その時もこの曲をかけたらしい

その結婚相手も私と全く同じ反応をしていたよと教えてくれた

とどめにえぐられた気分だ


謝罪を求めに行っても鼻であしらわれるんだろうな

ネットにでもばらまけばいいのかな

フェイスブックとか

もう私は身バレしても別にいいし

でもどうせ頭おかし統失扱いされて終わるのが関の山なんだろうな

で仲間うちで笑いの種にされるんだろう





そういう奴にはいずれ天罰が下るからとか言うけど

こういう奴ほど 憎まれっ子世に憚るてな感じな事も多いし



またやり捨てすんのかな

店で客の女の子漁るのかな

なんで何もしてないのに

やり捨てしたんだろう

anond:20200325004558

こういう人ってビビットアーミーみたいなのはどう思ってるんだろう

エロでもアングラ死語)でもない普通企業サイトだろうが出てくるし消せないしウザイんだけど

直接的エロ絵じゃないか無問題

2020-03-22

自称S」にこそ読んでほしいSMの心がけ…を学べる本に出会った

とあるDVDムックについてくる冊子に”S”として心掛けると得する内容がいっぱい載っていて感動した!

…が、なかなか対象の層には伝わってなそうな感じだったため

布教したくなるオタクの血が騒いだので記録としてここに残しておきたい。

拙者はアングラ界への窓口を最近消してしまった太郎なので増田に放り投げる。

 

 

該当のムックは「実践で使えるSM責め技マニュアル」っていう最近出たやつ。

(フルでタイトル表記するとステマ臭がすごくなるなぁ…)

主に縄(緊縛)を使ったSMプレイをする際の責め方のテクニックなどを解説したDVDなんだけど

おまけ(?)に「責めの為の基本講座」っていう冊子がついてきて、

この付属冊子冒頭22ページ分がわかりみが深い内容でした。

 

 

いから見て!だけだとどう良いのかいまいち私の語彙では伝えきれないのだけど、

内容をそのまま書くわけいはいかないので小見出しだけ数個ピックアップしてみた。

三和出版は目次だけでも本の宣伝ページに追加した方が良いのではと思う…)

 

・カッコつけても女性は心を開かない

自分の好みより相手性癖を重視

性格的Sと性癖的Sは違う

・Sのキャラにもタイプがある

女性タイプによっても変わる

・本当に傷つく言葉は言わない

 

上記だけでもSMプレイに慣れてる人や女性からすると「あー」と納得したり

「あるある」と思う項目オンパレードだと思う。

 

これらは特に自称Sの人、緊縛を始めたばかり&興味がある人には是非読んでもらいたい。

あとイマイチうまく責めてくれる人がいないなぁって不満を抱えている女性も、

読むとヘドバン並にうなずけて楽しいし、どうして欲しいのか言語化やすくなると思う。

自分好みのS男性は自ら育てよう…)

 

 

他にも、緊縛教室などで縄筋は覚えたけどどうやってプレイに活かすのかわからないとか、

そもそも縛る相手がいないんじゃい!っていう人のためのパートナーの探し方とか、

Mさんが縄や加虐を受けた時にどうして気持ちいい反応が出るのか知りたいとか、

空回りしないための言葉攻めの方法とか、

そういう知的好奇心にこたえてくれる冊子でした。

 

 

もちろん縛り方の手順や責め方のバリエーションなどもボリューミーに乗ってるよ!

前手の縛り方と電マ縛りが超絶ときめきました。(試す相手がいるとは言っていない)

 

 

DVDはこれからます…すまぬ。

 

2020-03-17

anond:20200317113854

BMSゼロ年代初め頃までは触れてたよ

でも俺はアーケード系統特有ピコピコドゥンドゥンした曲が受け付けんかった、ひどいと野郎雄叫びすら入る系のね

から声優ソングゲームソング譜面アングラから探してきて遊んでた

04年にDJMAXが出て、普通っぽい曲も若干あって良かったかBMSには触れなくなったが、気づいたらサービス終了してた

そこから10年くらい飛んでスマホ音ゲー時代がきた

スクフェスデレステバンドリSB69と、普通バンドスタイルキャッチー女性Vo主体…そういうのが増えてきて嬉しかったね

あとはピアノ曲好きだからDeemoにもハマった

Cytusは1はドゥンドゥン系ばかりでやめたけど2はそうでもなくて気に入った

一方でMusedashは好みじゃない曲が多い気がして見送った

けれどソシャゲ要素のないスマホ音ゲーであっても、程度の差こそあれ周回行為からは逃げられなかったな

べつにすごく不満があるわけじゃないんだけど

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん