「市井の人」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 市井の人とは

2021-04-14

交代制にかまけた年の瀬

突然の事態市井の人々の税金に上乗せ

曖昧法規制はこれ以上ない方向性

マックで語らう女子高生曰くこの失態は政府のせい

2021-03-30

オタクリベラルうんざりするよ

他人の大切にしてるもの尊重しろ

萌え萌えエロ絵にも平等表現の自由

と、オタクは我々に他者尊重押し付け文化相対主義を我々に押し付けリベラル、つまり自由押し付けてくる。

少しでもエロ絵をキモいと叩けば、批判が大殺到

オタクキモイといえば差別レイシストだと市井の人間にポリティカルコレクト発言を求めてくる。

まさにポリコレファシズムとはオタクのことだ。

 

萌え萌えエロ絵は、公共良俗に違反し、公益性がない、まさに百害あって一利なしのものである。それを、相対化して認めろというのは暴力ではないか日本には、古くから、それこそアニメなんかよりもずっと前から挙動不審おかしものに執着するいい歳の独身は気色悪いという文化がある。こういった伝統文化尊重せずに、自らの文化尊重せよというのは矛盾している。

さらに、家父長制という日本伝統的な考え方によって考えても、オタクいくら萌え萌えエロ絵を大事に思っていたとしても、萌え萌えエロ絵好きは卒業するのが本人のためであると言える。妻子を養い家を維持するという伝統義務邪魔となる萌え萌え絵を愛好すべきでない。間違えないで欲しいのは、これは”あなたのために言ってあげている”言葉である。けして、攻撃しているなどと思い込んで、フェミニストのように反発するのはやめていただきたい。

我々は今、オタクとなのるリベラルの一派による激しい攻撃を受けている。日本伝統を守るためにもこうした悪とは戦わねばなるまい。

2021-03-25

anond:20210325124942

からさぁ

そういうのを問題だと思ってるの本当に一部の界隈だけだよ

市井の人なんてほんと全く興味ないんだから

2021-03-11

無題の追悼

木走正水さんがお亡くなりになった。

今はもう廃刊となったJANJANデビューしたのは2002年か03年頃でしたでしょうか。

はてな活動の場を移されてからも、ご縁があって、いくつかご意見を交わさせていただきました。

時にはちょっと熱がこもってしまたこともありました。時に本当に失礼なことも言いました。申し訳ありません。

懐かしく思い出されます

僕のほうは、Bewaadさんがブログをおやめになった2010年から

自分ブログにも実名を詮索する動きが活発になってきたこともあり、うんざりして

自分自身もはてなダイアリでの発言を控えるようになっていました。

2000年代初頭、JANJANは、創成期のネット言論空間を多少なりとも担っていました。

JANJANは、実名匿名のはざまで安定した言論空間確立できず、数年で消滅してしまいましたが、代わりにはてなが登場し、

匿名ブログという媒体に期待を抱かせるようになりました。

その原点は、JANJANでの体験があったからです。

しかし、僕の中で、市井の人ネット空間で発信していこうという熱い思いは少しずつ変質していき、

いつしかすっかりなくなってしまいました。

はてなとの付き合いも、はてブガス抜きするだけになり果て、そのことに気が付いたときに、

ついにはそれもやめてしまいました。

ブログからフェイドアウトし、平穏な日々を送りながら、木走さんがアゴラでご活躍になっているのを時折、拝見していました。

ある日、木走さんの記事のなかのふとしたヒントから、木走さんの素性に気が付いてしまいました。

意外なことに、実世界人間関係仕事につながりがある人だったので驚きました。詳しくは書けませんがニアミスどころの話ではありませんでした。。

木走さんのほうは、多分ぼくの存在には全く気が付かなかったと思いますが。。

なので、その後は、木走さんの実社会での環境の厳しい変化も風の噂程度に耳に入るなか、

記事を拝見させていただいていました。

訃報を受けたときに、思い出したのは、JANJANの頃のフレッシュで熱い木走さんです。

そのことを懐かしく思い出すのが、ぼくにとっての木走さんへの追悼です。

2021-02-08

えっち画像遺伝的アルゴリズムの偉大さを突きつけられた

インターネッツの片隅、ここはてな匿名ダイアリーにまで訪れるみなさんならご存知だろう。

最近ネットを騒がせている「遺伝的アルゴリズムえっち画像を作る」サイトを。ランダムに配置された色とりどりの「無意味な」図形から乳房が現れ、顔が現れ、肢体が延びゆく様には目を見張るものがあった。

多くのネット民が

ジャパニーズ変態すごい

・こんな技術が現れるなんて凄い時代

と驚嘆していた。

「どちらの方がえっちか」という2択は実に単純明快だ。しかし、その2択の無限試行から導き出された解は、実に「非直感的」で我々を驚かせたのだ。

ランダムな図形と色彩という無から裸婦という有が生み出されていく様は、何か超常的なーー「神」とでもいえば良いのだろうかーーものを感じさせた。

指数関数人間には直感的に理解し難い概念だ」と言うが、それと同じだ。遺伝的アルゴリズムは、私たち人間には理解し難い概念なのだ

ダーウィンが主の起源を発表したとき、多くの人が取り合わなかった。キリスト教的な神が私たち生命を作り賜うた(インテリジェント・デザイン説)という考えが広まっていたからというのもあるだろう。が、何より進化論理解を阻んだのは進化アルゴリズム理解し難さだったのではなかろうか。

それは仕組みとしては難しいものではない。中学生でも聞けば成る程と頷ける概念である(とはいえ正しく理解している者は少ない)。が、そのような単純な仕組みで、ーー例えば葉っぱそっくりの蛾のような個体が出来るとは俄かに信じ難い。過去種の起源への否定や、現代での(特にアメリカでの)進化論否定は、進化機構直感との乖離に起因するのだろう。

遺伝的アルゴリズム進化論と同じアイディアで動くアルゴリズムであるランダムな変化と淘汰を何度も繰り返すことで、より適応度の高い解(形質、遺伝子)を割り出す。「遺伝的アルゴリズムえっち画像を作る」プロジェクトは、今まで接したどんな教材よりも、どんな説明よりも、本来直感的な進化の仕組みを「直感的に」理解させてくれるものであった。それも、「えっち画像を作りたい」人々に向けてだ。あれこそ、遊びが学びになる素晴らしい例だろう。

たった10000世代で、抽象画から裸婦が生まれるなら、波に揉まれて生まれた小さな核酸分子が、増殖し、変異し、増殖しーーーその21億年の繰り返しで人間という生き物を生み出してもなんら不思議ではない。さらに偶然生成された乳房進化分岐点となり、乳房遺伝子が受け継がれ続ける様などは、中々理解され難い「進化の偶然性・必然性」をあまりによく表していた。

遺伝的アルゴリズムえっち画像を作る」プロジェクト市井の人間に、進化をより身近にわかやす理解させたという点でも、素晴らしい意義のある取り組みであると思う。

2021-01-20

インターネットによってもたらされたのがルッキズムの強化という皮肉

から30年前、初めてインターネットに触れた人たちは新しい世界がやってきたと感動したことだろう

個人メディアとなり情報を発信できる、それは信じられないくら革命的なことだった

それから時が経ち誰もがインターネット自然に親しむようになって、世の中はますます便利になった

そうしてもたらされた最終的な結果が、見た目こそ正義世界だった

どんなに努力して技芸を磨いて発信をしても、顔の良い素人女の投稿にあっさり負けてしま

インターネットによって解放されるかに思われた個人可能はしか

見目麗しいルックスによってより強大な権力を手にしたインフルエンサーの台頭によって終わりを告げた

あの時、インターネット理想郷見出しオタクたちはもういない

有名人テレビ画面の向こうにあるファンタジーのように認識できていた頃が懐かしい

今は市井の人々の中にさえ、胎児の頃から定められた遺伝的なルックス格差が決定的に存在するようになってしまった

こんな地獄が訪れるとは、あの時インターネットに感動した人たちの誰が想像したのだろう

そして残酷なことに、この地獄は今始まったばかりであり、これから永久に続いていくのだ

2021-01-05

anond:20210105013158

はてブから党派性がなくなる日なんて来るのかね

インテリぶって偉そうにしてるダブスタだらけでうんざり

あなた市井の人々がプランBを考えなくていいと言ってくれてるけど

普段からプランAしかいから駄目なんだ云々いってる人達

党派性ありきで一本槍の主張をしてる姿も

指摘されたらスネて言い訳してるところも

わたしは醜いと思ったよ

[]2021年1月4日月曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
0015819683124.648.5
0195844388.942
02648501132.861.5
03283911139.733.5
0425155262.132
05276720248.950
06203092154.658.5
0762445871.948
0811913338112.147
0918123997132.640
102451786572.939
112481583063.838
12129773059.934
131881103958.732.5
141571256780.040
1515115559103.046
161591588499.942
171791372176.740
181741465184.238
191431160781.239
201651605197.342
211831759896.243
221921337969.736
238716491189.671
1日317929366792.441

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

不等(5), 異説(4), なにゆえ(43), 天下統一(7), みくり(4), 公立大(4), 一都(3), 三県(3), 帆高(4), 市井の人(3), セカイ系(7), 以下略(43), 緊急事態宣言(85), 年末年始(17), とはいえ(51), 正月(19), 生物(45), 喪女(11), 会食(10), 飲食(25), 時短(8), 飲食店(27), 払わ(19), ロックダウン(13), 風邪(43), ネコ(9), ワクチン(22), 緊急事態(18), 発生(55), 宣言(27), ドラマ(21), 不要(19), プログラマー(13)

頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

彼女の家が貧乏過ぎて価値観合わなさ過ぎて気分が悪い /20210103213826(29), ■漫画原作おもしろい実写ドラマありませんか? /20210104114237(27), ■底辺貧困層に落ちる奴の特徴 /20210103181128(23), ■緊急事態宣言が効かなかった時のB案はあるのか /20210104173827(22), ■皆さんに真剣なご相談があります /20210104190700(13), ■ /20210104085745(12), ■若い女性だけ下の名前で呼ぶオッサン /20210104192205(12), ■彼女同棲するなら、サブスクリプション削ってよ」 /20210104181559(11), ■韓国嫌いだったけど /20210103234233(11), ■彼氏 /20210104155157(11), ■なりすます増田たち /20210104135225(10), ■緊急事態宣言タイミングを見計らう必要がないという解説 /20210104123854(9), ■二択なもの探してるんだけど /20210104183904(9), ■オタクってなんであんなに人を食ったようなキャラクター好きなの? /20210103211715(9), ■コロナ禍はフィクションを二重にするのだろうか、という話 /20210104183556(8), ■お仕事つかれたね /20210104204723(8), ■どういう会社でなら働きたいのか /20210104184422(8), ■ワイ氏、コロナ勝ち組確定の模様 /20210104101740(8), ■人類はどうやってセックスを知ったのだろうか /20210104121123(8), ■なんでオタクって叫ぶ系の技が好きなの? /20210104111509(8)

2021-01-04

anond:20210104173827

市井の人たちにB案を考えるべきと思ってるわけでもないよ

・長期戦の覚悟をした方がいいよ、と書いてるだけなのにこんな斜めの方向からコメントがいっぱい来るとは思わなんだ。

まり気にしない方がいい

たいていの人は、「わかってるけどどうしたらいいかわからんないんだよ!」って時にキレ気味になる

そして具体的施策を言える人は非常に少ない

ワイは分割換気(個席ダクト)と、アクリル板の改良とかを考えた あとはもちろんテレワークの整備な 

主を完全支持してる人もおるから今後も言論を発信していってくれ

anond:20210104173827

追記野党は対案〜とか書かれてるけど、別に政権擁護でもないし緊急事態宣言に反対!というわけでもなく、緊急事態宣言発出を急ぐ人たちに一旦立ち止まって欲しいだけだよ。

 

追記2:ウッこれは自分の書き方が完全に悪いのだけど市井の人たちにB案を考えるべきと思ってるわけでもないよ

 

追記3:B案はより強制力のある外出規制に決まってんだろ的なコメントについては、

 

・娯楽とか会食は潰せても、エッセンシャルワーカーを中心に現実的に篭るわけにはいかない層は生じる

 

・それで終わりが見えなかった時/規制解除が即再拡大に繋がるような状況になった時の対策をすべき

 

と思う(ていうか本文で書いてる)

 

ただ冷静になって長期戦の覚悟をした方がいいよ、と書いてるだけなのにこんな斜めの方向からコメントがいっぱい来るとは思わなんだ。

 

いや、これは記事タイトルの書き方が悪い。

追記のような読み方は必ずしもできないから。

緊急事態宣言が効かないことに対するプランB(対案と解した)は、

緊急事態宣言をやめること、も指す。

 

気分を悪くされるかもしれないが(俺のブックマークコメントも含め)

誤読は、読者の理解問題から生ずるのみならず、

執筆者文章コミュニケーションからも生ずる場合があるよ。

 

貴方のように、「斜めの方向」と言うことで、

ああ、こいつはまともにコミュニケーションを取る気が無いんだな。

相手にして損した。と受け取る読者だっていないとは言えないよ。

緊急事態宣言が効かなかった時のB案はあるのか

なんだかまた4,5月頃の、具体的な根拠や明確な基準がないまま緊急事態宣言出そうな雰囲気あるけど、個人的にはもうそういう段階じゃない気がしていて、世間空気モヤモヤしている。

しか医療は切迫していて何かしら手を打たないといけないのは確実だけど、ハンマーダンスとかは初期の話であって、現実的ワクチンじゃ終息しなさそうな気配あるし、そろそろもっと長期戦に備える準備をすべきじゃないのと思う。

何より、GoToオリンピックに対しては「失敗した時のB案を考えろ!」と憤っている人たちが、緊急事態宣言や一斉休校については、それをしてもなお感染が収まらなかった時のB案を全く考えていなさそうに見えるところが引っかかる。

で、エッセンシャルワーカーとか含め、あらゆる人が一斉に引きこもるのはあまり現実的じゃないとした時に、変異株の感染力とかも考えると、緊急事態宣言出しても感染まらない、さてどうする?となる可能性が高い気がしてる。

そうなったとき緊急事態期間の延長や三度目の宣言みたいな話になると、もう世間ほとんどはついてこないと思う。クラスターが影に隠れるだけなのが目に見えてるし、海外郊外違法レイヴ感染増えたりしてるのと同じ道をたどりそう。

はてなーの皆さん方とは違って、世間の人って長期的な禁止とか制限に耐え続けられるほど強くないよ。

じゃあ何をすべきなのというと、制限補填ではなく、もう社会需要供給バランスを変えていくしかないと思ってる。

恐らく新型コロナウイルスはもう、今年中にワクチンとか自粛で終息するといいね、というレベル災害ではない。何をやってもたぶん2019年以前に戻ることはない。

となると、みんなもう忘れてるけど本気出してニューノーマルのための仕組みを作っていくしかないと思う。

具体的には、自宅で仕事とか娯楽が楽しめるような製品サービステイクアウトなどに対して支援金出すとか、宿泊観光業に関しては、止めてる間の補填というよりもむしろ、店じまいや別業態へのシフトチェンジに対してお金を出すべきじゃないかな。

北風と太陽的にいうと、外に北風吹かせ続けるより、家の中での生活を充実させて温めた方が人は籠るよ。

印鑑廃止のためにハンコ屋にお金払い続けたってキリがないのと同じで、今後ガッツリ変わるであろう需要供給バランスを変えていく最初ステップに対して支援補填した方が、長期で見ると現実的だと思うけどなあ。

なんか、政治グダグダへの不満が募ってるのはわかるけど、緊急事態宣言を出させることが最終目的になってる人が多くなりすぎてる気がして不安しかない。

これでダメだった時、あの時法改正をサボったからだ!とか、GoTo失策だった!とか過去への文句に切り替えて何も進まなくなる未来しか見えない。

追記野党は対案〜とか書かれてるけど、別に政権擁護でもないし緊急事態宣言に反対!というわけでもなく、緊急事態宣言発出を急ぐ人たちに一旦立ち止まって欲しいだけだよ。

追記2:ウッこれは自分の書き方が完全に悪いのだけど市井の人たちにB案を考えるべきと思ってるわけでもないよ

追記3:B案はより強制力のある外出規制に決まってんだろ的なコメントについては、

・娯楽とか会食は潰せても、エッセンシャルワーカーを中心に現実的に篭るわけにはいかない層は生じる

・それで終わりが見えなかった時/規制解除が即再拡大に繋がるような状況になった時の対策をすべき

と思う(ていうか本文で書いてる)

ただ冷静になって長期戦の覚悟をした方がいいよ、と書いてるだけなのにこんな斜めの方向からコメントがいっぱい来るとは思わなんだ。

いくつかのコメントについて:https://anond.hatelabo.jp/20210105013158

2020-12-29

anond:20201229110445

市井の人間の生活態度の話してるのにこういう風に筋違い政治の話始める奴いるよな

2020-12-02

主語が小さい

日本人ってこういう単純なモデルに当てはめて現実の複雑さから逃げる怠惰な言説が大好きだよねと思った



現実モデル化してとらえるのは,当然日本人だけではない。人類共通性質である

アメリカ陰謀論流行やすことなどご存じない? デュフロを引くくらいだからそんなこと自分でもわかっているでしょうに。

というか,「言説が大好き」という部分を除けば,人類どころかある程度神経の発達した動物共通性質とさえいえる。

我々の脳は現実の複雑さをそのまま捉えられるような潤沢なリソースを持っていない。

というわけで,結局は個々のモデルが「使える」程度に現実を反映しているかということになる。

「困ってる人は助けない方がいい。困ってる人は困ってる方が良いからその状態解決しないし、助けると自力で困難を抜け出す力が付かない」

について考えると,福祉にかかわる人間にはとても使えないレベル解像度だが,市井の人間の処世術としては,まあ使えるといえなくもない

もっと精緻モデルを持っていたほうが人生が豊かになると思うけど)。

対して,あなたの「日本人って」にあてはめるモデルは,自分気持ちいだろうけど,多くの場合妥当ではないだろう。

国民性と思われるものの多くは,特定集団性質過大評価だったり,人類共通性質の過少評価だったりする。

anond:20201201204814

2020-11-14

コロナ禍」という言葉はどのようにして生まれ、広まったのか

コロナ禍」という言葉はいつ、誰によって、どのようにして生まれたのだろうか。

そして、どのような道筋を経て、広まったのだろうか。

「渦」や「鍋」と頻繁に間違われているように、「禍」という言葉日常的に頻繁に使われるものではない。

から市井の人々の間で自然に発生して広まったとは、どうも考えにくい。

しかし、実際、ここまで広く使われるようになった。

その経緯はどのようなものなのか、気になって仕方がない。

2020-11-03

WBSED好き

その日のニュース振り返り映像という点ではNEWS23と同じなんだけど、

WBSの方はめっちゃ「人の営み」感が強い。

具体的にどこがって言われるとわからないけど、

市井の人々の表情とかが写っている映像を選んでいるからかな。

なんとなくほっこりする。

2020-10-10

税金研究してる奴らが納税者である市井の人間を馬鹿にできんのすげーな

アカポスなんてどんどん削ってOK

君たちも労働者の仲間になりなさい

2020-09-14

anond:20200914004528

なんで?

同じ市井の人間同士のフェアな議論の敗者じゃなく

どこかの偉い人とか強い人の「圧力」による「被害者」になりたいから?

2020-08-25


今年のお盆浮世絵ばかり見ていた気がする。一週間ほどの休みのうち、三日間浮世絵を見に行ったのだから美術エンジョイ勢の私にしてはかなりの頻度だと思うし、そのすべてが浮世絵というのも、今までになかった行動パターンだ。楽しかったので、ちょっと振り返ってみる。

最初に行ったのが六本木の「おいしい浮世絵展」だ。友人に誘われて行くことになったのだけれども、食をテーマにしていたため、浮世絵の細かい歴史を知らない自分でもかなり楽しめた。加えて、江戸の町や東海道沿いの名所は今でも残っていることが多く、そこに残る名店の様子を紹介する映像も流されていたため、食欲をそそられた。美術館ではあまり味わえない気分だ。江戸時代の食事レシピが載っている本や、当時醤油を詰めて輸出した磁器も展示してあった。

鑑賞後はお腹が空いたのと、美術館の意図したとおりに和風のものが食べたくなったので、私たちそば和菓子屋わらび餅をいただいた。そこには和風パフェもあって、抹茶好きの私としてはそれにも心惹かれたのだけれど、結局はわらび餅に落ち着いた。パフェはどう見ても夕食前に食べられる量でもなかったからだ。私たちはそこで友人の姪っ子の話だとか、仕事の苦労とかについて話した。もちろん、見たばかりの絵でどれが良かったかについてもたくさん語った。

私にとって面白かったのは、歌舞伎座舞台にした浮世絵だ。お客さんが桟敷で弁当を食べたり酒盛りをしたり好き勝手に楽しんでいる。中には花道を横切って弁当を届ける姿もあり、なんともおおらかな世界だったらしい。それと、そこにいたのが美男美女モブ顔の男性だけだったのが興味深かった。北斎なんかだと、いわゆる美人ではないけれども愛敬のあるおばちゃんが出てくる。なんでだろう。というか、北斎漫画、今でも普通に笑えるので好き。

次に行ったのが上野の「The UKIYO-E 2020 -日本三大浮世絵コレクション」だ。たっぷり二百点近くあるので、あっさり見ても三時間くらいかかってしまった。「おいしい浮世絵展」もそのくらいかかった気がするが、友人と一緒だったので多少は疲れが紛れた。だが、今回は一人だったので、より疲れた。私はジョギングが好きだし、友人と富士山に登ったこともあるので、体力はそこそこあるのだけれど、立ち止まっては進み、立ち止まっては進み、を繰り返す美術館では、結構ぐったりしてしまう。

とはいえ疲れた以上に収穫があった。おおよそ年代順に並んでいたので、浮世絵がどのようにして技法精緻にしていったのかがよくわかったし、歌舞伎俳優グラビアみたいな雰囲気から市井の人々も描くようになっていく様子も楽しめた。

でも、私はやっぱり北斎広重が一番好きみたいだ。この二人はどちらかといえば風景画家で、だから他の人に比べると人物が画面に占める大きさは小さい。当たり前といえば当たり前なのだけれど、私が北斎を見たときにそれっぽいと感じる理由の一つが言語化できたので、何となく気持ちが良くなった。

浮世絵には詳しくなくても、どういうわけか心に残る作品はあるもので、以前に世田谷かどこかで見た広重の「亀戸梅屋舗」と再会できたのはうれしかった。もちろん、浮世絵から一枚ごとに刷り具合が違うのだけれど、私が好きな雰囲気のもの出会えたので、なんだかうれしかった。企画展でよその美術館にあった作品と思いがけなく再会できると、やっぱりうれしい。

あと、驚いたのが歌麿の「娘日時計」という、女性の様子を時刻ごとに描いた作品集だ。やっていることが美人時計と全く同じではないか

あと、思わず笑ってしまったのがこんな事件寛政五年に幕府モデルとなった実在人物名を浮世絵に書くことを禁じたときに、浮世絵師が対抗して、人物名を簡単に解読できる判じ絵表記したらしい。たとえば、歯と手と菜っ葉の絵を描いて、「はてな」と読ませるみたいな感じだ。誰がモデルにした作品なのか簡単に読めるのだけれど、幕府としては人名を書いていないのでそれで良しとしたらしい。お役所出版社の腹の探り合いみたいだ。それか、ちょっとエッチなたとえだけれど、成人向け漫画修正しているんだかしていないんだかわからないアソコの黒線みたい。

ところで、何の関係もないけど、上野駅の公園改札の場所が変わって、信号を渡らずとも済むようになった。あそこは人が溜まっていて危なかったし、いい変化だ。そうそう、横浜駅にも中央南改札と南改札をつなぐ通路ができて、階段上り下りしてホームを経由しなくても移動できるようになったし、新しいエキナカのお店ができた。今度行ってみよう。

最後に行ったのが表参道の「月岡芳年 血と妖艶」。とてもよかった。女性図は、ちょっとしたしぐさからこの人はどんな性格なのかが伝わってくる。細かい動作どれ一つとして見逃せない。血みどろの絵もただ凄惨なだけではなく、今にも動き出しそうだ。たぶん、動き出す直前の瞬間をとらえているから、次にどうなるかが私に見えるのかもしれない。日本歴史歌舞伎取材した作品もよかった。歌舞伎は詳しくないけれど、太田記念美術館は概して解説が細やかなので、どの話のどんな場面かがよくわかる。歌舞伎は三回くらいしか見に行ったことがないけれど、またちょっと行きたくなった。それとも、著名な歌舞伎のあらすじを勉強するのが先かな。

ここでは作品一覧の紙がもらえたのはよかった。新型コロナウイルスのせいか、以前は配っていたのに前の二つの美術館は置いていなかったので、作品名前メモするのが大変だった。

なお、ここは前編と後編に別れていて、今月の終わりに展示替えをするらしい。時間があったらまた行ってみたい。上野のほうも展示替えがあるけれど、また三時間じっくり見るのはちょっと大変かな。

最後に、自分でも意外だったこと。はじめのうちは、美術館はふらりと行くのがいいのであって、予約するのは面倒だな、って考えていたんだけれども、慣れたらそうでもなかった。そういう意味では、三回連続して美術館に行ったのは正解だった。それに、浮世絵のことが前よりも好きになれたので、そういう意味でもよかった。

気が向いたら九月も浮世絵見に行くかもしれない。

ちなみに、今週の末には、横浜トリエンナーレ現代美術を見に行くのだけれど、それも楽しみだ。

2020-08-06

UberってSEOがすごくて

市井の人間には批判の声が目に入らんのよな

2020-07-31

anond:20200731085918

父親無償医療行為を行うことでマルコ一家は苦労したが、市井の人々は大いに喜んだだろう

3人の犠牲で何百人も助けることは善人と呼べるのではないかしら

まあどこぞのハゲも言ってるが、仕事の対価はちゃんともらえという話だな

2020-07-08

コロナ失業保険認定してもらったときに国に対して感じたこ

「下級国民なんぞ1匹死のうが100兆匹死のうが知ったことか、負け組なんぞ血税で助けてやらずに放置して餓死させとけ、その代わり神に選ばれし我々勝ち組上級国民である我々高級官僚政治家は、国の舵取りをするんだから税金を好きに収奪して使っていい」みたいな旧日本軍大本営とかナチス党の幹部から飛び出てきたような、頭のおかし攻撃的なエリート狂人みたいな人たちなんてものは、全然いなくて

ただ単に、行政業務の処理能力パンクしていて、助けられる人たちに限りがあったり、縦割り行政による弊害で、情報共有がなされないままに各々が最善と思ってやったことが、市井の人間や個人には国による白色テロしかいいようがないような仕打ち結果的になってしまうってだけなんだろうなと思う

そういう意味ではユリウス・カエサルが 「All bad precedents begin as justifiable measures.(どれほど悪い結果に終わったことでも、それがはじめられたそもそも動機善意であった)」っていうのは、いつまでもなくならない難しい命題なんだろうな

まぁ、貰えるもん貰って仕事も決まったからこそ落ち着いてこう考えられるんだけど、ほんとに俺が一番最初に書いたような、絵にかいたような選民思想エリートなんてホント日本にいるんだろうかね?と不思議に思う

2020-06-25

anond:20200625122457

別に世界代表クラスじゃなくてもトライアスロン市民大会とか特にスイムスタート女子トップでどんどん陸に上がってくる光景とか普通にあるよ。バイクとランで追いつかれるけど。

からトライアスロン見てると市井の人でも男女の差は個人差だなと思う。

anond:20200625121647

うーん、例えば僕は男だけど100m走女子代表には絶対勝てない。けどそれを以って市井の人の男女の足の速さは個人差でしかないというのは……うーん

やっぱり一般論としては男の方が足が速いと言っていいのではないかなぁ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん