「認識」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 認識とは

2017-11-25

(いつもの起業の人不要です。いろいろ愚痴をただ吐きたいだけなので)

昔、戦乱に荒れくれた島を統一するというゲームがあった。

タクティクスオウガってゲームだが。

グッドエンドとバッドエンドの境目があって、それは何かといえば「血のつながってないわがまま承認欲求姉を殺すか否か」

でも、その姉は実は前の王様の残された一人娘だったりする。

なお、ハードな3連戦後に、1/2選択が2回連続である。3/4の確率でその姉勝手自殺する。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、はぁ、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、リアルでマジそんな感じになってうぜぇ、、、、、、、、、、、、。

しかも、そのわがまま承認欲求姉相当役が2人もいるよ、、、、。

最後にかなり遠方だがちらほら姿を気にしないといけないのがさらにもう一人、、、、。

所詮人間頑張って成功するより、承認欲求満たしてみんなキャッキャッウフフがいいんだよね?

起業なんかして成功するより。でもそうなんだよねー。

そこら辺の認識甘かったから、なんか関係がいい感じになりそうな女の子皆に嫌われてきた。フラグクラッシャーといえばそうなんだろうけどね。

正論ガンガンいって、いろんな人に嫌われてきた。

うん。何度も同じことを書いて済まない。切らないといけないんだ。切らないと。

しかし、家族を切るって判断はやっぱりうだうだ言いたくなるよ。ましてや、本当に迷惑なのは中心の一人だから

なんか、それなりに当たればでかそうなネタ起業するより、まともな家族と、よい人間性で、インフラ大企業勤めか、公務員になって名も残せないが子や孫に囲まれ死ぬような穏やかな人生のほうが良かったのかもなぁ。

http://b.hatena.ne.jp/entry/350092837/comment/homarara

>ふむ。しかし他のアニメ監督がこの人の発言批判しているという話も、寡聞にして知らないんだよな。案外、アニメ業界的には「同じように思ってる人が割といるけど口にしない」類の認識なのかもしれん。

ゼロ魔監督がこんなこと言ってたぞ。

【Wake Up, Girls!】平川哲生アニメ業界人ヤマカン話題にしなくなったのはアンタッチャブル案件で彼の作品言動をいじって楽しむ時間はもう終わったという認識必要

http://rekisa1.blog.fc2.com/blog-entry-5434.html

anond:20171125105754

なんのこっちゃ知らんけど、Youtuberって言われるほどの人は今や事務所所属してて

スタッフにもろもろのマネジメントを任せて体のいい搾取をされつつ無休で働かされてるようなもんなんでしょ

そんな認識で見てる人が多ければ、「スタッフが~」云々も嘘とは決めつけられないと思うんだけどね

anond:20171123140431

自分経験からいうと(これは完全に日本での経験だが)

日本教育者って、自分のために教師やってるようなのばっかりだよね。絶対に生徒のためじゃない。

教師も生徒もルール完璧に従うことが至上命令

そこから少しでも外れる生徒がいると、理由の如何にかかわらず

それは生徒に原因があって、生徒をルールの方に矯正しないといけないということになる。

数十人も人集めれば、どうにもならない事情で他の人たちと同じようには出来ない人間が一人二人出るのは当たり前なのに

学校教師の体面を保つために、必ず生徒が悪いことにしないといけない。

小学校から高校にかけて学校ぐるみ毎日弱いもの見つけて責任擦り付ける訓練してるんで

日本がそういう社会なのはほんとに仕方ない。

どうすれば生徒のためになるかはおろか、自分たち社会のあり方に対して将来的に責任があるという認識

日本教育者には完全にかけてる。

anond:20171124235645

その焦燥感あるうちは焦っても何もいいことないよ

焦って復職して結局退職なんてパターンよくあるみたいだし(俺も2回やった)

変な言い方だけど今の自分が本が読みたいのに読めないレベル病気だって認識して、主治医先生とよく相談してみる事だね

2017-11-24

何をどう生まれ育ったら、あん性格になるんだろう

からいから対面で説明して、とお願いせず

認識に相違ないかメールで頓珍漢な文面を寄越し

回答しろ文書での返事が難しいなら口頭で説明してもらっても構わない、だと

まるで理解できてないのに居丈高姿勢を崩さな

こいつとはもう関わりたくねーなと

本来担当者である彼に今後は確認してくれ、

自分は彼の指示で動いているだけだと

丁重お断りした

何をどうしたらあそこまで歪むんだ

anond:20171124130622

結果論だけど、企業イメージを良くしようとイケイケで記者会見してマスコミに取り上げてもらったら、男性嫌悪感情ミサンドリー)を刺激した大論争になってしまったよね。

ミニストップの野望は潰えてしまった、という認識でいいかな?

anond:20171124103731

俺はガチャ必要悪だと認識している

でもなきゃ今の御時世でオンラインゲーム運営なんてとてもやってられんし、

かといって売り切りに回帰したらもうゲームなんてさっぱり売れなくなると思う

anond:20171124085702

その像には日本認識とは異なる事実が書いているって抗議をしてるんだがwww

客観的数字ですら根拠がない

人権侵害なんてありきたりなもんでいちいち像を立てたら足りんくらいのことを日本がしでかしてるのなんか知ってる

単に事実とは違うことを既成事実化する政治活動に抗議するのは当然ってこと

から姉妹都市解消とか当然の措置

anond:20171124084950

理由がないからだよ

なんで外国原住民虐殺の像を日本で建てるのか

それに一部インディアン原住民保護市民団体が、数字や起きた出来事アメリカとは違う認識で記した像を立ましょうということに賛成したらそりゃまずいだろ

アメリカ認識より、市民団体の主張を支持する理由はなんなのかそこが重要

逆になんで日本が支持すると思ったのか?

anond:20171124084512

多民族国家都市からだよ。韓国系中国系ももっと言えば日本系もいる。アメリカ人になっても民族的ルーツの教訓を表明するのは、普遍的なか価値があると考えられてる。んで、サンフランシスコ日本の歴史認識よりも、韓国中国市民団体認識を優先したと。それだけのこと。

ナイス忖度!!

今年の流行語大賞候補にもなっている「忖度」という言葉

元々の意味は「(相手気持ち、望むことを)思いはかって」行動するというものなので、

決してマイナスなことだけではないはずだけれど、

大物政治家やら、大手芸能事務所やら、権力を持つもの迎合するような

「しなくていい」忖度ばっかりが目立ってしまい、

正直良い印象を感じることは少ない。

そんな中で、昨夜、思わずナイス忖度!!」と叫びたくなるような出来事があったので記しておきたい。

世間はい夫婦の日勤労感謝の日というこのタイミングに、

私は妻も放置し、仕事に追われており、

ラジオを聴きながら、仕事場で机に向かっていた。

流れていたのはNHK-FM祝日にの放送している今日は一日〇〇三昧」

一人のアーティスト特定テーマについて、

日中、そのテーマに関する音楽をかけ続けるマニアック番組

アニソン特集ときなどはネットでもかなり話題になるので、

ラジオを聞かないという人でも、なんとなく知っているという人も多いかと思う。

で、昨日のテーマは「今日は一日、小田和正三昧」

オフコースとしてデビューしてからまもなく半世紀

古希を過ぎた今もなお、あの澄んだ歌声武器

第一線で活躍している小田和正さんを

実に10時間以上にわたって特集するという。

番組MCを務めたのは、

今春までNHKの朝のニュースの顔であった阿部 渉アナウンサー

実は学生時代からガチオフコース小田和正ファンでもあるらしい。

今夏にもNHKBSで放送された番組で、

小田さんへのインタビュー担当しており、

それに続いての登板である

通常、この〇〇三昧というシリーズでは、

そのテーマアーティストにまつわるゲストスタジオに多数登場し、

賑々しく放送されるパターンが多いのだが、

今回はなんとMC阿部さんと小田和正さん本人のみ!!

小田さんは途中休憩を挟んだものの、

から夜までほぼ出ずっぱりで、

その他のゲストは一切なし!!

年に一度、TBS系で放送される「クリスマスの約束」を除いては、

滅多にテレビラジオに出演しない小田さんが、

これほど長時間にわたって、しかも生番組にでるなんて・・・

(しかも正直この年齢で)大変思いきった番組だった。

が、そんな番組にもかかわらず、

特に大きく宣伝もされていなかったせいか

事前にはあまり話題にのぼっておらず、

私もたまたま偶然ラジオをつけて知った口である

(ある意味今日仕事をしていてよかった・・)

番組はひたすら小田さんの曲をかけて、

その曲にまつわる話をしていく

合間合間にリスナーからメールツイートを紹介したり、

小田さんにゆかりのある人物から

小田さんにあてたメッセージを流していた。

大学の元同級生、植樹しにいったという被災地の人、

さらに同時代活躍した元チューリップ財津和夫さんといった音楽仲間

心地よい歌の数々に癒されながら、

仕事を続けていたら、

終盤にさしかかった夜9時前

わず手を止めてしま事件が起きた。

オフコースとして1982年まで一緒に活動した鈴木康博さんが登場したのだ。

オフコースを知らない世代にはピンとこないだろうけど、

これは結構大事だ。

例えるなら先日のabemaTVにおける元SMAP3人と森くんの"21年ぶりの邂逅とでも言おうか・・。

小田さん鈴木さんは、中学高校同級生で、

そのころから一緒に音楽をはじめ、

それを母体に作ったバンドオフコースである

当時は大学進学率も低く、

まして国立上位の大学を出ているメンバー

ある意味エリートとみられ、

音楽の道で夢を追って生きていくなんて・・とかなり咎められたそうだ。

特に鈴木さんは上場企業への就職内定していたそうで、

その軋轢は大変なものがあったという。

当時のインタビューによれば、

そうした親や周囲の反対を押し切って進んだ道だからこそ、

絶対に「成功しなければならない。」という意識を強く持っていたそうだ。

小田さんもそれは同じで、建築を学んでいたのに

なんといっても卒論タイトルが「建築との決別」である

全てを投げうって音楽の道をまい進する決意を固めた二人は、

1976年に追加メンバーを迎えるまで、

二人組として活動した。

「僕の贈り物」、「でももう花はいらない」、

「眠れぬ夜」、「愛の唄」など今もよく聞かれている名曲もたくさん生まれているし、

それなりにファンもいたのだが、

今を基準にすればまったく無名といってよく、

今日番組でも、さだまさしさんからメッセージの中で、

「(当時)よく一緒にライブに出ていたが、オフコースの方が先輩にもかかわらず、

(さだの)グレープの方が先にヒット(精霊流し)して有名になってしまい、

前座のような状態にさせてしまって恐縮していた。」というような話が出てきていた。

苦労時代が長く続いたあとで、

オフコースデビューから10年経った

1979年に「さよなら」という曲が大ヒットしたことで、

一気にブレイクを果たした。

そこからヒット曲を連発するようになり、

武道館での連続10日間にわたるコンサートなど、

当時、日本一の人気バンドとなった。

しかし、その「さよなら」をはじめとしたヒット曲は、

すべて小田さん作品であり、

世間オフコース=小田和正というイメージ認識していく

長く続いた人時代は二人の関係は対等で、作品もそれぞれ作っていた。

そもそもレコード会社がつけた二人組時代キャッチコピーは、

(男二人にかかわらず)

日本カーペンターズである

私はそれを言うなら、本来日本レノンマッカートニーだろ!!と思うのだが、


それこそ同時期に、同じ東芝レコードに在籍したチューリップレコードに、

財津和夫さんが「和製ポールマッカートニーを自認」と書かれているので仕方がなかったのかもしれない。

それはさておき・・


レノンマッカートニーのような関係だったはずが、

メンバー、バックのギタリスト扱いになってしまたことは、

鈴木さんを相当に傷つけてしまったようだ。

鈴木さんはオフコースからの脱退を申し出て、

事実1982年6月武道館コンサート最後バンドから離れ、ソロへと転向する。

小田さんはその後も残ったメンバーオフコースを続けたが、

結局1989年バンド解散し、その後、本格的にソロ活動を開始。

そして「ラブストーリーは突然に」を手始めに、

小田和正としても大ヒット曲を連発していく

のちにオフコース解散について、

ヤス(鈴木さん)が抜けた時点で、もはやオフコースではなかった」と認めており、

解散までオフコースに残ったメンバーの一人、松尾一彦さんも

「僕らではヤスさんの抜けた穴は埋められなかった」と語っている。

脱退後、二人の間では交流はなくなった。

もともとは同級生で友人だったはずだが、

オフコースとして活動していたときも、

飲みに行ったり、一緒に出掛けたりといったこともほとんどなかったという。

実際、脱退の直後には、

鈴木さんが「別に友達ではない。電話番号も知らない」的なことを言っていた時期もあった。

そこだけ切り取ってよく不仲という見方もされるが、

どちらかといえば、仲のいい友達同士というよりは互いに一目置き、

切磋琢磨して、真剣音楽に向き合ってきたライバルであり、仲間だったのだろう。

(そのへんもなんだか、最近SMAPの一件と重なって見えないこともない。)

はいえ、

元・赤い鳥山本潤子さんや、

後輩・THE ALFEE坂崎幸之介さんなど、

小田さん鈴木さんの両者と仲がよく、共演するミュージシャン仲間がいたりもして、

願わくばオフコース再結成・・・ という声はあった。

しかしそうした話題がのぼるたびに、

ことなくピリピリした空気が流れていたのも事実

実際に数年前、TBSの「風のように歌が流れていた」というテレビ特番の中で、

暗にオフコース再結成は「もう、ないよ」と否定する発言もしている。


ただ、音楽を愛し、真剣に向き合ってきた二人だし、

互いにその存在を認めていた二人であったことも事実

から不器用で意地っ張りで、口下手な二人を

誰かが再びくっつけてくれることを、

ファンとしてはどこかで期待していたのだけれど、


それがまさに昨日で、

その誰かが阿部 渉アナウンサーだったというわけだ。

事前に小田さんにはまったく知らせていなかったらしく、

本当のサプライズであったようで、

鈴木さんからの肉声のメッセージが流れてきた直後、

「すごいところをついてきた」、「消化するのに時間がかかる」と動揺を隠せず、

そのあと思わず涙がこぼれていたようだ。

(ラジオなので見えないのだが、阿部アナも同じく)


鈴木さんからメッセージは、

オフコースとして一緒に音楽をやっていた時代が今では「宝物」に思えるとし、

あの澄んだ歌声や才能が羨ましかった、たくさんのことを教えてもらったと、

当時どんな想いで小田さんとその音楽を見つめていたかを振り返りながら、

最後は(お互いにいい年となったけれども)

それぞれの音楽を頑張ろう という形でまとめたもの


「もう一度いっしょにやろう、再結成しよう」みたいな発言は一切なし

それでも・・・、雪解けというか、

35年もの間、伝えられなかった気持ちが伝わった瞬間というか、

何かが変わるような期待と空気に包まれた瞬間だった。

人の気持ちを思いはかることはとても難しい。

でも誰かが動かないと、

動かないときもあるし、動けないときもある。

昨日はそんなことを考えることができた。

仕事の方はちょっと遅れ気味になったけど・・

(ごめんなさい。)

2017-11-23

anond:20171123230256

ここで言うのが適切かどうかは各論あると思うが、思っているか思っていないかなら、大体の男が実体験として認識しているだろw

ていうか、エロマンガ規制が始まった当月の、ほぼ全てのページのコマの2/3が白塗りされていた事を知らない男がいるのだとしたら、それこそ驚き

そしてエロゲーしろ写真集しろ規制開始時には大体同じ様な目にあっている。

anond:20171123224335

DQN女の間では「知り合いの男に頼んで気に入らない女をレイプして貰う」と言う攻撃方法があるという話もあるね

女の間では、男の性の対象になるというのは嫌な事である、と言うのが基本認識からそういう嫌がらせが成り立つ

「気に入らない男を女にレイプして貰う」事が相手に対する嫌がらせになる、と言う発想する男はなかなかいないだろうし

実際そんな事やっても嫌がらせにならないんだろうけど

日本性犯罪への基準想像を遥かに越えて中世だった。ショック。

https://togetter.com/li/1173944

正当防衛被害と反撃のバランスがあっていることが必要です。手でお尻を触る行為に対し、自分の手で振り払う、押し返す等はバランスが取れています

この中野弁護士(元裁判官)って人、さらっととんでもない日本の闇吐いてるよね!?

痴漢=手でお尻をやさしく触る行為まり認識なんだ…

被害者叩きへのアリバイみたいな感覚で「痴漢精神の陵辱でもありますから…」って言ってるけど、それを正当に裁く基準ってあるの?

今の日本性犯罪精神の陵辱への被害の重さが事実上ゼロからこそ、「手で触っただけ」が全基準になってて被害者女の子一方的に過剰防衛って主張してるんだし

ていうか口先だけだとしても「精神の陵辱」なんて言葉を使うなら、被害者女の子精神をこれ以上陵辱するような真似はやめろよ!

本当にその重さを解ってるなら他の言い方はいくらでもあるだろ!

この人に煽られてまんまと「そーだそーだ」「正当防衛じゃない!私刑ダー!!」って言ってる馬鹿セカンドレイパーは論外だけど、

一番ヤバイ問題なのは日本性犯罪性犯罪と考えられてない事を、名誉男性マインド丸出しのおばちゃん弁護士が得意気にダダ漏らしちゃった事でしょ!

この人がわずかでも裁判官として裁きを下してたってヤバすぎるでしょ…

女性から」って理由性犯罪訴訟も優先的に振られてそうだしさ

日本語を話す外国人に「日本語が上手」って言うのそろそろやめない?

俺の周りにもそういうこと言う人いるんだけど

あれって「(外国人にしては)日本語上手だね」とか「(自分の話す外国語と比べて)日本語上手だね」って意味なわけだと思うんよ。

上手っていう言葉じゃなくても「日本語ペラペラだね」とかって言ったりしてる。

外国人からしたら「まだ全然できてねーなっていう嫌味か?」「お前のクソ下手くそ外国語と俺が必死で獲得した日本語比較すんなっつーの」みたいな感じだろ。

「昨日アメ降ったくぁら、今日はアメ降る思て嵩持ってきた」みたいな発言を延々としてくる外国人に対して上手って言ってるのおかしいだろ。

正直こういう文章を聞くのものすごく疲れる。「昨日雨降ったから、今日も雨降ると思って、で傘を持ってきたんだな」という認識まで時間かかる。

日本人だと「昨日雨だったし今日も雨らしいから傘持ってきた」くらいにまとめて話せるじゃん。

疲れないのが普通なのか?だとしたらお前の普通おかしい。

そんで返答は、相手日本人なら「え、今日降んの?うわまた500円なくなる……」になるけど、外国人相手には「あー、傘持ってきたんだ。今日雨なんて知らなかったよ」っていう返答になるわけよ。

「さすがにこれは絶望の淵過ぎて心臓マッハ」みたいな言葉絶対通じない。

で、別にそれはいいししょうがないことなんだけど、俺が思い描いているレベルってそういうレベルだし、たぶん外国人が思ってる「上手」もそうだと思う。

だいたい「日本語上手だね」とか言っといて日本語レベル下げて会話するの失礼じゃない?

からすると別に俺の日本語だって「上手」だとは思ってないから、外国人日本語なんか下手中の下手だろ。

ソバカな日本人より下手という認識しかない。

ただ「外国人でそこまで話せるのはすごい。勉強かなりしたんだろうな」とは思うし、実際に下手だとは言わない。

そんなことは重々承知してるんだしわざわざ言う必要いからな。

あと別に俺の外国語能力全然高くない。英語なんかクソ下手くそだよ。だからたぶん「日本語が上手」って言われてるのを見るとムカつくのかもしれない。

なんだろうな。

グルメテーブルかけで料理出せるヤツが、料理頑張って練習してるヤツに「君の作る料理上手だね。ここまで作れるようになるの大変だったでしょ」って言う感じとか、

金持ちの息子に生まれて何不自由なく暮らしてるやつが、くっそ貧乏から這い上がって年収1000万円になったヤツに「金持ちだねえ〜すごいがんばったんだね」って言う感じに近い。

いかげん全員反省してほしい。

「詰める」の意味が変わってきてない?(例:上司に激詰めされる)

正確には増えてきたと言うべきか

Twitterブコメなどで,叱責・説教するといった意味の「詰める」をしばしば目にするようになった

私はこの表現に馴染みがない

問い詰めるや追い詰めるの「詰める」には似たような雰囲気を感じるものの,単体の「詰める」はあくまで箱に詰める,差を詰める,チェックメイトなどのニュートラルイメージであり,

上司に激詰めされる」から漂う執拗こちらの非をあげつらうような負のオーラは感じられない

予想だが,この変化は詰める(つめる)と詰る(なじる)の混同から生じたものではないだろうか

まず,「なじる」という言葉,あるいは「詰る」をそう読むと知らない人が「詰る」を(つめ・る)と誤読する

その人は「つめる」にはこんな(「なじる」的な)使い方もあるのだと認識する

そして今度はその人が「なじる」的な意味合いで「詰める」を使う

こうなるともう「つめる」としか読めないので,より多くの人が「なじる」的な「詰める」に触れることになる

もとをたどれば誤用かもしれないが,この「詰める」は「詰る」とは袂を分かって独自に発展している

「激詰め」まで来るともはや「詰る」に"直す"というのはナンセンスだろう

anond:20171123205631

それ流通・陳列の問題であって

個々の男がおうちで「二次元エロ本で男の性欲を満たす」行為自体にはまったく「女の犠牲」は生じてないという認識OK

anond:20171123200301

「嫌なら抗議するのがデフォルト」って要は「抗議しなかったら嫌じゃないのね」だからな。さらに「俺は口が回るから」という自己認識もあれば、腕力物事を決めてた時代と変わらない。つまり俺が良ければ全て良し。最近ひらきなおって自分でも言ってるけど倫理っぽい話するときだけ隠してるからクズなんだよな~

コンビニエロ本グレーゾーンで好き放題

エロ本ではない、一般向けの本だ」と言うのは無理筋でむしろ危険

https://anond.hatelabo.jp/20171122203401

コンビニエロ本グレーゾーンで好き放題やってるみたいな内容の増田だけど、全然ちがう。コンビニ雑誌がズルして実質エロ本を売っているような、凄まじく偏った印象論に落としこんでいる。

まず、コンビニ雑誌エロがそんなに好き放題やってるなら、全国の自治体が黙っていない。青少年保護育成条例が制定されているからだ。みんなここを疑問に思わないのだろうか?

成人マークなしで成人向けの内容を扱う書籍(つまり子供でも買える)があれば、自治体は不健全図書指定し、書店一般売り場やコンビニでの販売を止めさせることが出来る。(ちなみに各自治体による差はあるとはいえ、青年漫画アイアムアヒーロー多重人格探偵サイコが不健全図書指定されている県もある)

さらに、自治体から健全指定ペナルティを食らうと、出版社には多大なデメリットがある。3回連続、または年5回不健全指定されると雑誌休刊するしかなくなってしまうのだ。さらに年6回の不健全指定を食らった出版社は、都から健全出版社扱いされてしまう。そして自主規制団体からマークされ、内容にとやかく言われ出版社として自由裁量がやりにくくなる。

ちなみに、出版社自主的に成人マークを付けた場合、これらのペナルティは一切ないのだ。だからそもそも限界ギリギリを目指したチキンレースをしてるという認識が間違い。

こういう外部から監督チキンレースデメリットを語らず、コンビニ雑誌暴走喧伝するのはおかしい。これだけ話題になっているコンビニ雑誌自治体から健全指定されていない、という事実無視するべきではない。

表紙で全裸を描けない、修正がきつい、過激描写は出来ない、不道徳な内容を描けない、、、これらの違いはエロが嫌いな人たちからすれば言い訳しか見えないだろうが、実際はこういうもの区別基準になっている。これが事実だ。日本法治国家なので、法というルールに基づいて運営されるコンビニ雑誌区分け文句があるなら大元である自治体に言うべきなのだ出版社だけの問題ではない。

これらのルール監督体制を一切無視して、あくまで印象論で成人向けと並べた話をする増田は極めて不誠実な印象操作と言うしかない。

そして、コンビニ雑誌の内容が一般扱いされることに不満を覚える人たちは、一旦深呼吸して、自分が好きな漫画などがこうした無知世間の目からどう見えるかも考えてみるべきだ。

成人向け以上に修正をしてもセックス描写が不健全指定されるなら、自分が読んでいる漫画はどうなるのか。

セックスのもの目的にした漫画でなくとも、それを不健全だと指摘する連中は増えないだろうか。同性愛セックス描写が全年齢で買えることに文句を言ってくる連中はいないだろうか。BLそもそも成人向け販路が発達していなかったので、最近では有害図書指定される数が急増している。東京都の不健全指定では、今や6割がBLであるBLのもの有害バッシングしてくる連中が出てこないといえるだろうか。

それらが書店隔離されることになる未来を、少しでも想像して欲しい。自分の好きな表現を守るためには、嫌いな表現を守る必要もあるのだ。

anond:20171123191428

大島渚は、その番組で一番腹がたつの相手意見を変えようと本気で思ってるやつだって言ってたから、出演者議論じゃなくて自分の主張を述べる場所だって認識なんじゃないのかな。

anond:20171123182843

実質的問題として、報道機関中立性を保つ事は理想的な事ではあるだろうけど、それに関して監査機関を置くというやり方が正しいようには思えない

というか、「じゃあその監査機関は本当に中立なの」といういたちごっこに嵌る感がある。朝日の一連の報道とその自主監査の流れを見ればそれは実際にあるように思える

結局は、「絶対的中立はありえない」という前提の元に、きちんと報道機関自身立場を表明して貰い、それを視聴者認識した上でその報道解釈するか

それを報道機関自身がやってくれないなら、もう世論報道機関立ち位置勝手に「決めつけ」、それに基づいて報道内容を解釈するのがベターのように思える

ブロークンイングリッシュではダメ理由

なんかブロークンイングリッシュこそが国際語っていうこれ見たわー五年前に見たわーな記事ホッテントリに入っていたが、これは違う。しかちょっと考えればわかる

例えばラップミュージックとかってあるじゃん。あれってブロークンな黒人英語結構まれてるんだけど、これが外国人からすると何言ってんのか全くわかんないことがよくある。なんでかってそれはブロークンだから、ノンネイティブには認識できないんだよ。結局、通常の英語とブロークンな黒人英語、どちらも覚えなきゃいけない。他にも、例えばインド系のナマリ日本人にとっては何を言ってるかわからん……とかもよくある。逆に日本語なまりインド系の人には極めてわかりづらいと思う。アメリカ英語に聞きなれてたらイギリス英語ちょっと聴解力落ちるとかは経験者ないだろうか。国際語だからこそ、いっそう標準化される必要がある。標準に近づく努力をしてもどうしたってできない部分については見過ごしましょうってのが国際標準だよ。少なくとも文法アクセント位置が間違ってるのは話にならない。発音ちょっと変なくらいでやっと世界標準語だよ

https://anond.hatelabo.jp/20171123172149

見たくない子、はいるだろうけどそれは大人同様近づかなければいいと思う

入り口に並んでるというなら店がどうかと思うがたいていの店って、近づく気がないと目に入らないよね

最初意図せず目にしてしまうというのはあるだろうが、家の外に行く以上いろいろな見たくないものは目に入るわけで、どこどこは嫌なものがあるから行かないでおこうと学ぶ必要あると思う

「この道は怖い犬がいる家の前通るから辞めておこう」みたいなもの

子供からといって、どこにいこうが自分の気に入らないものがないはず、という考えになるのはどうかと思う

それすらまだ早いと思う年齢なら親がずっと付き添っているべきだし

というか、意図してじっくり見なければ、雑誌が並んでるということしかからないように思う

前を通り過ぎるだけだと、「この店アダルトコーナーあった?」と聞かれても「雑誌コーナーはあった思うけどそこまでわからない」って答えそう

大人はそういうのがあると知っていて、特に嫌いな人ほど意識するから気になるんだよ

知識がない子どもとあることを認識してない人が多い(経験的にも)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん