「ミクロ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ミクロとは

2018-07-12

anond:20180712185955

ミクロの最適解は「絶滅する(または市場に出回らなくなったり、滅茶苦茶高くなったりする)前に食う」一択だしな

2018-07-10

anond:20180710100233

便利不便じゃなくて産業問題ほうがはるかに大きいが、それを論じるのはネット民には難しいので、どうでもいいようなミクロの部分ばかりが俎上に上がる。

自転車置き場の議論と一緒。

2018-07-08

anond:20180708060504

男の身長170cm以上で女が何か得をするのか?

タイ洞窟だって狭い場所を通るとき小柄なほうが有利だ

2Mだったら物理的に脱出不能でお前だけ死んでくださいになってる

空自戦闘機パイロット陸自特殊部隊も全員160台のミクロ軍団

まり20cm20kgくらい鍛えてたらひっくり返せるということ

180cmで100キロ超えてるそこらのラグビー部員が内柴に勝てるどころか勝負になれると思えない

ノッポで体力なくて脳みそパーな男のどこがいいの?

2018-07-05

マクロミクロ視点

昨日、投票に行っても意味がないって増田批判が集まってたけど、ミクロ視点から見ると実際そうだよね。

経済でもマクロなら、みんなが金を使ったほうが景気がよくなるけど、庶民視点なら将来に備えて節約して金をためたほうがいいし。

大勢の人に影響力のあるメディア有名人が「投票に行きましょう。あなたの一票で日本が変わります!」とかいうのは、わかる。

でも、そういうのをまに受けて、投票に行かない人にマウント取ってる人は知性が足らないと思う。

2018-07-04

anond:20180704210533

意味不明なんだけど。個人レベル選挙に行く意味があるかどうかっていうミクロ議論はすべきでないってこと?

anond:20180704205846

ミクロマクロで~ みたいな話で同じ事柄が言い方や見方で違うとか自分の都合のよい話にもってこうっての見かけるけど

視野とか距離感とか観察対象の最小単位の切り方で全部別物なので「ミクロマクロがおなじ事柄について語ってる」て事自体存在しないので

別物であるから同列にならないので「ミクロ と マクロ」という別個の二つになるはずのもの

ミクロマクロで 同じものが二つの意味なす」みたいに「同じもの」扱いするのがおかし

意味や質が変わった時点で別物なので 同じなのに違っている みたいな言葉遊びをするから 同じものだと思っちゃう人がでてくるし

同じものなのに違うのはなんでとかい意味のわからない質問をしてくる人もでてくる


あなたのもってるコップの水と私のもってるコップの水とみんなのもってるコップの水の成分がまったく同じだったとしても

全部の意味用途価値は別物で「同じ水だから」とか「同じ水なのに」などとは言えず「合成の誤謬」などという言葉で同一系統に並べられるべきものではない

スケールの違うものでそれぞれ単位「1」が違うのに「1」という単位で言えばと逆算することに意味はない 誤謬というレベルでもない


個人主観に落とし込んで体感的に理解やすくそ齟齬表現しようとしたものだとは思うがミクロマクロといった形容をそのまま説明に使ってくる様子は滑稽

anond:20180704041832

こういうミクロな話をしているときに、マクロな話を持ち出して論破した気になってるやつ多いけど本当に馬鹿だと思う

個人レベルで見たら合法的小学校に入れるとか紙の書き心地がいいとかそういうのが無いとガチ選挙に行く意味なんて無いよ

2018-07-01

ロスジェネ

ロスジェネには「無敵の人」が大量にいる⁉︎ 日本テロリスト集団が生まれ可能性におびえる……

https://togetter.com/li/1242283

私はロスジェネより5歳くらい上の世代で、バブル直後くらいに就職したので、難しいことは何もなかった。

普通に大企業に入れた(まあ、そもそも大企業が合わなかったので、すぐ辞めたけど)。

なので、正直、ロスジェネの人たちの気持ちはよくわからない。

これだけ騒がれるというのは大変だったんだろうな、とは思う。

ただ違和感を覚えるのは、どうしてみんな就職たかったのか・・・ということ。

これが他の国なら、「就職できないなら、親戚からカネを借りて起業するか」みたいな話になったりする。

日本はずっと企業社会のセイフティネットの一翼を担ってきていて、それがこの就職氷河期に突然、その責任放棄たから、それを当然のことと思いあてにしていた人たちが路頭に迷ったいうことなんだろうなあ。

よく「100社受けたけど全部落ちた」とかいう人がいるけど、純粋にすごいなーと思うよ。

私なら100社どころか、5社くらい落ちた時点でもう諦めちゃうけどね。それで別の道を探す。

ただ、悪く言ってしまうと、通る可能性が低いのに100社受けるというのは効率悪いし、将来設計に関する発想が固定されていて、あまり想像力のない人たちなのかな…とも思ってしまう。

ロスジェネは、確かにマクロ的に言えば困っている人たちが多いのは確かだろうけど、ミクロ的には普通に就職できた人たちも大勢いるし、就職できなくてもそれなりに幸せに生きている人たちもたくさんいるとは思うけどね。そうなれなかった人たちとの差がどこにあったのかはよくわからないけど。

2018-06-30

殺すし殺されるよ

例の事件に関する感想blogがいくつもあがっていて「殺すほどのことでも殺されるほどのことでもなかった」「理不尽すぎて納得できない」っていう声があって個人的には違和感はげしい。

いやいやいやいや。殺すし殺されるよ。「この程度の発言はたしかに君は傷つくかもしれんけれど殺すほどじゃないだろ?」って。それ決めるのは殺す決意をした側でしょ。どんな言葉が許せない弱点なのだか、エスパーじゃない人類には他人の内心はわからないんだよ。それでもなお「殺すほどの発言じゃなかった」と言い張りたいのならば、それは多数が少数の完成を多数決で封じ込めてるだけのことだよ。なにがいじめかといえばその構図がまさにいじめでしょう。

不倒城では「どんな人間も、「こういう発言があったから」という理由殺傷されてはいけませんし、そんな必然性もありません。」っていうけれど、それって法の、もう少し言えば秩序の話だ。不倒城さんの記事は日ごろ楽しんで読んでるし、大好きだけど、この件で法の話をするのはいかにも筋が悪いし、不誠実だ。

まず第一に、死んだhagexさんが死んだ瞬間、秩序は助けてくれたのかといえば助けてくれてなかった。虚空から次元警察が現れてナイフを掴み止めてくれたかといえば否だ。ってことは「発言殺傷されてはいけない」というのは、法側の出した空手形であって、結局言うだけ行って助けてくれなかったわけだ。「どんな発言をしても殺傷されませんよー」というのは事実じゃないし、それを盲信するとトイレで刺されて死ぬ。つまりそれを喧伝するのって不誠実だ。

第二に、先生側が(内面わからんけれど推察するに)苦しんでいたときに、秩序は別段先生を救済しなかったでしょ。このとき先生が前

善だとか悪だとかは問題じゃないんだよ。とにかく、苦しんでいてある種の助けを望んでいたときに、社会と秩序は救済しなかった。そして先生は、社会と秩序から脱退することを選んだ。犯行先生自首したっていう事実から殺傷行為がこの社会於いて犯罪であってつまりは反秩序行為であることを先生理解していた。そのうえで行為に及んだってのは、「この社会や秩序に見切りをつけた」ってことであって、つまりここでも秩序は力不足を露呈している。

秩序ってのは要するに僕らの都合だ。社会形成する上で反社会的行為が多発すると問題があるので抑圧してる形態が秩序だ。法はその規範だ。

別に俺は先生擁護しているわけでもないし、犯罪奨励しているわけではない。俺個人殺人事件を起こさないように起こされないように生きているし、この社会の秩序に参加してて、秩序側の人間だ。でも、だからといって、自分所属しているこの秩序を唯一のものだとか正義体現だって言い張るつもりはない。参加者である俺達の都合にすぎないもの正義だの善だのっていうことばですり替えるのが不誠実だっていう主張がこの記事だ。

秩序が都合だ、という話は、法が社会契約だってのと一緒だ。法は、社会的な弱者を含めて万民に対して利益提供していて、それを守る側が得だから参加してねというものだ。自由参加だと社会崩壊しかねないので強制参加になっているけれど、その歪みが例えば少年法という形であらわれている。俺は日本国民として、自由意志で法の側に参加しているつもりなので(その決断なく惰性で秩序側にいるのはすごく怠惰危険だと思っているので)、あたかもその参加が善であり正義であり、そこから外れるひとを悪だとするような論調は嫌いだ。そういう論は秩序とか法への参加意識を鈍らせると思うからだ。

から一方で、俺達の運用しているこの秩序に心底絶望してしまった人が、そこから脱退を決意することは十分に有り得ると思う。強制参加だから脱退できないだろう? っていわれても、現実はご覧の通り。秩序のもたらすデメリットと逸脱のデメリットを比べても、それでもなお耐え難ければ、人はそこから離脱するしか無い。そんなの歴史見れば山ほど事例が転がってるでしょう。先生の件で言えば、今回の事件は、あれは先生なりの自力自己救済だった。秩序が救済してくれないなら自分でやるしか無い。

もちろんそれは、俺達の秩序側からすれば大変、筆舌に尽くしたがたいほど不都合だ。だから否定するし弾圧もする。でもそこですり替えするのは不誠実だと思うんだよ。俺達の秩序はなるほど大人数で考えて洗練されてきたので、かなり良い出来だと思う。けれど、ミクロレベル完璧かっていったらそんな保証無い。冤罪事件で30年間投獄された人がいたとして、俺はその人に対して「俺達の秩序に参加したほうが君の人生ハッピーだよ」と胸を張って言うことはできない。

この世界は、無秩序なのが本来の姿で、気に入らないことを行ったやつや言ったやつは、すぐさま殺されて転がるのが自然な姿だよ。それだと困る多数派自分たちの方を作ってグループ化したのが現在だけど、別段、それは神の定めた法じゃない(宗教ではそういうことにしてるみたいだけど)。そういう都合の問題を、普遍的真実のように語る傲慢だけはやめてやれないものか。

自分たちの社会を守るためだってりゆうはわからんでもないが、不誠実がすぎる。

anond:20180630092444

全く持ってその通りで無視しても社会は痛くもかゆくもない

単に被害者数名と馬鹿1名が支払うだけ

そんなんで社会から何かしてほしいみたいな甘えたこと言ってるから馬鹿なんだよ

この手の話になるとなんで馬鹿(僕)はミクロ社会マクロじゃなくなるんだよ

マクロ社会からしたら馬鹿が数人いるくらいで進む方向変えるほど構ってる暇ねーよ

実名報道必要性を悟った

俺じゃない増田と某ケーナの人の相聞歌を見て思った。実名報道、要るわ。

社会学的に言うと、デマとか噂とか都市伝説というのは濃淡があるにせよ「情報のないという状態人間にとって気持ち悪いので、無理やり埋める作用」という事になっている。

そして現に当日は日大暴力団陰謀説から本業由来説、低能先生説と入り乱れてたろ? そのうちネタが挙がってきたか低能先生説に収斂したが、何も無かったらこれ以上どんなデマが出たか知れたものではない。同じような事が何かあるたびに、我々には観察できないほど遠くミクロ社会で、やっぱりそーゆー事が起きてるんだよ。

だとすれば、やっぱり匿名男性が刺される、よりは増田何樫さん(53)が刺される・はてブもつれか、にしてデマの湧く余地を減らすことは社会防衛必要ではあるまいか。ただでさえ現代は、アベbotやらネトウヨやらが好きなデマばらまけるんだぞ。いまはあれはデマだと分かっている。が、情報が枯れて何かの真空地帯に連中や、それを超える悪しきものが埋めないとも限らん。そして、一度蔓延ったデマ駆逐にかかる労力は果てしない。それを無数のミクロ世界相手にやるなんざもう悪夢しかないわ。

じゃあ、遠い修羅の国の殺しなんかそもそも統制して情報を出すな、というのもスジではあるがそっちの方へはあまり行きたくない

まれる方には災難だが、大体我々の周りで殺しなんかめったにないんだよ。現にないだろ? だから、顔も知らねぇはてな村で殺しがあったって言って、初めて当事者意識持った挙句、裏成りトマト野郎まで尻馬乗って騒ぐんじゃねぇか、俺もそうだけど。

そりゃブン屋テレビ屋共も、スクラムだのサンゴだの救助米兵だのやらかしはある。が、通りすがり嘘松ではない。少なくともやらかしが見つかれば、相応の代償を人生を以て払う事になる。

ワクチン副作用と同じだ。あれも確率で人を救い、それ以下の確率副作用で人を傷つける。無論後者には官費なりコン費なり義捐なりで贖わなければならない。贖いで何とかなるモノではないのだが、無いよりはましだろう。だが、その犠牲は確かに社会にとって必要なのだ。「あんた運悪かったし、つらいのは判る。でもそれは社会必要なのだ」と俺は言える。もとい、言える人間でありたい。

ま、こんなこと書くと泉下低能先生(*死んでません)に低能呼ばわりされそうだが。

あと諸君諸君のうちの誰でもいいから、ちゃんとしたルポを書けよ。この村で起きた殺しなんだからちゃんと棺に釘打ってやるのが礼儀ってもんだぞ。

2018-06-29

anond:20180629150028

色んな相手に異常に絡みに行くストーカーだったら

うなっちゃうだろ。

はい、出ました普遍的な話にミクロの極端な例を持ち出す詭弁

お前がそいつらに話しかけに行き受け入れ続ければ良い話で、

俺らに「避けるな」と強制することは許されん。

俺は一人しかいない。どこにでもはいけない。

そもそもお前がそうならないとも限らない。

から相互に「無視しない」ことでだれの孤立も避けるんだよ。

2018-06-27

anond:20180627194547

それは別人だぞ。

私は、マクロに繋がるミクロ否定する。

anond:20180627194151

ミクロの話(個人処世術)としてはそれでいいんだけど、社会全部である特定個人にやっちゃうと、その個人社会の中で居場所なくなって、しきい値を超えたら爆発しちゃうよね。つまり話しているのはマクロの話(社会問題としての話)なわけ。

2018-06-26

無敵の人を作らせないために

無敵の人は、失うモノがないから無敵なのだという。

失うモノを手に入れられない人が無敵の人になるのだろう。

失うモノとは、社会的立場とか、人間関係とか金銭とか、自己肯定感とかだろうか。

では、失うモノをみんなが手に入れられる世の中を作っていくべきでは無いだろうか。

若い人が確実に職につけるようにする。だとか

引きこもり支援をする、だとか

自己肯定感を失わせない子育て教育だとか

理想論だと言われてしまうかもしれないが、無敵の人が生まれにくくなる施策ってあるはずだ。

個人の身の守り方みたいなミクロの話は自分の周りで盛んに謳われていたが、

マクロ視点をもってもいいんじゃないだろうか。

少なくとも、無敵の人を生まない世の中って、みんなで目指して良い世界だとおもうんだ

2018-06-19

anond:20180619154408

それは「大阪弁関西弁の見分けが付かないのに同じにしてくるハラスメントに対する反感」であって

関西人ディスに対する反感とは別種なので、それこそ一緒にしないでほしい。

あとそれになれてるやつなら「あんコテコテなのいませんてw」「そうなの?」「ホンマですw」で一蹴するので単にそいつの器が小さいだけなミクロ問題に終わる。

だいたい関西平野は広くないのに行き来しやすいか方言なんて混ざってて当たり前。

2018-06-18

漫画アニメは○○描写がない!」って主張に「○○(作品名)があるな」で返すオタクメンタル

典型的マクロ問題ミクロな少数の事例で返す反論だけどさ

 

あれ反駁してる側も「こんな作品知ってる俺博識~」

って悦に入っちゃってるから

それだけじゃまだ少ないぞ

って指摘しても聞き入れてもらえないよね

2018-06-16

anond:20180614133405

こういう何が何でも著作権的に正しい、法的に正しい、ルールとして正しい意見はてなでよく見るけど素直な学生さん達なんだろうか?

当事者側になれば自分実益(権利)を守るために法やルールが作られたのであって、法やルール絶対的に守れば実益になるわけではない。権利者がルールを守るためにそのブログつぶして一人の読者を失い、ネットで話題にされる分量が減り、実益(権利)が減る。あるいは一人の読者やそのブログつぶれた程度の影響なんかほとんどなくとも出版社がそういうのに毎回怒ったり、内容証明書送ったりするだけの労力がマイナスでやはり実益は減る。

実益にもとづいたルールにしばられない怒らない権利、訴えない権利出版社が持っていてそのように活用できる法整備になってるのに、増田は正しい世の中にしようと一生懸命はてな出版社通報し続ける。本文でも「正しいルール」「正しい自分」「間違ったブログ」の関係しか読み取れず「権利者の利益」を一切無視している。この当事者無視した正しい意見を、はてなでよく見かける。

素直な学生さんかなと思ったのは物づくりに深く関わったことがないからこその意見にも見えるし、「ルールを守ること」が自分公平性利益担保であり、「ルールを守ってない奴」を敵視するのも公平でないことが自分の損に見えるから当事者無視なのも結局自分公平性しか見えてない。つまりルールを守ってる自分が損してると自分の事しか考えてない。全体の関係性を見てない。

俺も学生の頃はそんな考えだった。

おれとあいつの狭い関係で正しい正しくないを言い合ってた。狭い視野世界だけで考えればそれが一点のくもりもない正しさだった。自分で物を作り出すような拠り所がなかったから「正しいルールを守る」しかなかった。なぜそのルールが作られたか考えたこともなかった。だから世界ルールは生まれときからそこにあったもので、それを誰がどう作ったかも知らず、世の中の不公平に怒るという無為なことばかりしてた。

だけどいろんな本を読んで物事の深い所を知り、世界の成り立ちをマクロミクロで見ていくと、善悪ルールとは誰かの利益を守るために公平さを装って作られたものであり、誰かの利益を守るために大衆の欲(公平性安全性)を利用する仕組みに過ぎないということに気づく。増田自分公平性しか考えてないように、ルールができた成り立ちや全体の関係性を読み取らないと利用されるだけで終わる。

日本大企業HDD MP3プレイヤー作るときコピーされないようDRM付けて、壊れないよう耐衝撃性能高めて、ルールにのっとり正しい物を正しく作ったら、DRMも付けず、耐衝撃性能もないルールを守らないiPodにやられ。人力で正しいリンク集を集めたカテゴリ検索は、正しいも正しくないも全部ページランクで集め、しか勝手サイトキャッシュ取ってコンマ0000秒まで高速化した正しくないGoogleに負け。信頼性の高く壊れない正しいコンピューターサーバーを1つ作れても、やはり信頼性の低い壊れるサーバーを1000台並列で動かす正しくないGoogleに負け。なんの検閲もなしに正しくない動画をアップできるYoutubeに負けてるあたり、いか顧客や全体との関係から新しくルールを作るかではなくて、ルール盲目的に守る事を大事にしてるかわかる。(ニコニコルール破った方だけど。)

「結局悪いことをやらないとだめなんだ。ネット現実も結局そんなものルールを守っている真面目な人間が損をする。」

昔の俺にアドバイスするとしたら、顧客(読者)、開発、営業利益、欲、正義感名誉JIT、働き方、健康、など関わるもの全体の関係性を哲学レベルで深く考え、少しづ昇華していくこと。ルールとか善悪ベースで考えたら、そのときルールで正しいことを正しくやった日本企業みたいに本質を見失って大失敗する。古くなったルールや近視眼的な損得を守ることではなく、すべての関係者が結果的に損をしない、嫌な気分にならないミクロマクロを探すこと。

例えば著作権ひとつとっても、作者死後50年で切れる著作権が、ディズニーロビー活動だけで70年に引き上げられルールが変わった。そもそも誰が死後50年と決めたのか? ディズニーアメリカの都合でそのルールを書き換えていいのか?

著作権罰則概念がなかった中国ではすぐパクられるからオリジナル作品が作れず、アメリカでは著作権概念が厳しいかオリジナル作品が作れて文化が発展したという説あるがホントだろうか? 本当に中国オリジナル作品はなかったのか? 中国暴力エロ規制言論統制がどこまで作家を潰したか? 著作自由に使っていい世界があったとしたらオリジナル世界観は崩壊したり、乗っ取られたりするだろうか? では同人東方関連はどう説明するか? もしZun氏が一人で著作権守り続けたとき東方の広がりと、今の現状ではどちらのほうがZun氏にとって幸せだろうか? ゲームマンガで失敗したどうぶつフレンズが、アニメで大復活したのち、ヤオヨロズ世界観や制作方法が、原作大事にする吉崎観音からアンコントローラブルになって物別れした件はどうだろう? 原作ガッチリ守るならヤオヨロズが2期を作るべきではなく、それは幸せなことだろうか? ひとつの事を考えるだけでも文字数は足りなくなる。

から世の中ルール善悪前提で考えると道をあやまる。それが全部自分コンプレックスではないかと疑ったうえ、全体の関係性を深く考えて、ルール善悪の前提から疑い、結果みんな幸せになるところを探しにいけばよかった昔の俺は。

2018-06-12

社会への復讐だとか間接的な自殺かいうより、彼は自身の異常性を証明たかったんじゃないかなぁ

自分出自や経歴を顧みれば自身が正常な人間でないことは確信的に思われるのに

マクロ社会からは正常な人間として生きることを要請されて、また自身もそれに適応するように行動してきたにも関わらず

ミクロ社会から所属することを拒否されて遂に自分自身が保てなくなったような気がする

そして彼は凶行によって自身の異常性を証明することに成功し、ようやく自分場所を得ることができた

彼の行動が許されるものだとは思わないが、それでも彼のこれから人生が少しでも安らかなものになるよう願う

2018-06-05

SNSに学ぶ時代

賢者歴史に学び、愚者経験に学ぶ。有名な言葉だ。

経験というのは個人的ミクロ視点で、歴史というのは人類的なマクロ視点なのだろう。

そして今、SNS個人的経験が山ほど共有されている。これに学ぶのは愚者なのだろうか?

そうは思わない。

たくさんシェアされた経験というのは始まりミクロだったとしても数が集まってマクロになっているんだから、これは賢者も耳を傾けるに値する言葉なのだろう、と思うのだ。

これは必ずしもたくさんシェアされた経験が常に正しいと言っているわけではない。歴史を学ぶ時になぜその流れになったのかを理解することが大切なのと同じように、なぜその経験がたくさんシェアされたのかを考えることが大事で、そこから学ぶことこそ賢者の学び方なんだろう、と思ってる。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん