「ほと」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ほととは

2017-11-25

anond:20171125131821

はてブを使うような人間で共有ボタンを使う層ってほとんどいないような気がするのでなくても問題ない気がするな

anond:20171125122255

いまは好景気ということもあり、資本家側が旨みを多く吸ってるのは確かだが、

現場人手不足とは関係ない(賃金上げれば労働者暮らしは豊かにはなるけど、人手は足りないまま)



じゃあ前向きに、その「資本家が余分に吸ってる旨み」を使って、

治安悪化させないように)「移民は高度人材だけに留めて」、

さらに(日本人全体の生活水準を落とさないために)「生産量を落とさないまま」、

現場人手不足を解消するにはどうすれば良いだろう。



結局、現場で働ける人数には限りがあるので、技術革新生産設備への資本投下で現場労働力依存度を下げるしかない。

既に単なる生産設備への投資ほとんど終わってるので、生産技術革新に「資本家が余分に吸ってる旨み」を回すのが良い。



こういう意味では「金を落とせば人は集まる」は正しいのだが、

それは「金を落とせば(技術革新できる人物を)(海外から引っ張ってこれる/日本高校一年生に、理系工学部を志望させられる)」という意味しかなく、

決して、「日本労働者全体に金をばらまけば万事ハッピー」という意味ではない。

末っ子と長子

はじめて末っ子と付き合ってる。因果関係は推測でしかないが、人からもてなしてもらう 人をもてなす ということへの差が激しいと感じる

わたしが長子なので、かなりの偏見と羨望混じりだが、末っ子は全て用意されて、はいこれね とお膳立てされてるイメージ

長子は、ゴールはなんとなく見えてるが自分でなんとかたどり着くかんじ。勉強の仕方とか親もわたし右往左往していたが、妹はわたしの後についてきたかんじ。

末っ子彼氏は、そのためなのか自分で考えることを意識的でないとできない。もてなすという、概念ほとんどない。

悲しい。このことを遠回しに言葉説明したが伝わらない。

具体的に伝えても、結局自分に負荷がかからないことだけしかできない。

重たそうな荷物もつ、夜遅い時駅まで見送る、は言ってもできない

ご飯食べる時に奥に座らせる はできるようになった

そばにいる女性に対してこの有様だと正直恥ずかしい・・・

20そこそこの人ならわかるがもうアラフォーでこの状態

どうしよう?あらしかみつからん

Computer Scienceはそのまま金にはならんのだよ

数学でも物理でもいい、CSでもいい、ハッカーと本当に呼べるような技でもいい、

でも、それをそのまま金に変換できるか?

できない

ほとんど、技術に溺れただけのベンチャーかになる。

学生起業家みたいなのはほとんどパッパラパーばかりで、10年後、20年後に泣き言言ってろバーカと思うような輩ばかりだが、

ときどき、技術的に凄い人たちはいる、

が、そのまま金にならない。

から、基礎研究とか、金にならない研究をするベンチャーに結局誰かが金を出してくれるの凄く大事

この技術10年後、20年後金になるんです!凄く大事

ほら、お前らの大好きなシン・ゴジラだよ。「10年後を見てる」んだろ?反吐が出るぜ

とりあえず、金になるのは、どこかに寄生することだ。

業務システム、帳票システム顧客管理ほとんど開発に数学物理Computer Science関係ない。

それより、お客の業務理解の方が重要で、

結局、IT土方的な仕事の方が金になってしまう。

技術や策が金を生み出してくれるわけじゃない。

高度だろうが、低能だろうが、お客を満足させなければ金にならない。

技術大事だが、金はもっと大事だ。

別の国に行っても、それは変わらないと思う。

IT土方的な方が、単純に頭数を揃えて、比例して稼げる。

そもそも毎日コンスタントに稼ぐことを考えたら、電車バス運転手みたいなのが一番理に適ってる。

毎日コードを書いて、しかも、それが高度な技術だったとして、

それは本当にコンスタント利益に、資産になっているのか?

そんなの先にならないと分からないだろ?

それじゃ食ってけないだろ

理屈より、理想より、金を考えるべきだと俺は思う。

いつまでも理想や夢を見ている奴ほど、IT土方IT土方連呼しているので、ウンザリする。

世界の果てに行っても、お前が夢見ている世界はない。

お前が夢見ている世界は、お前なんかより天と地ほど差のある、優れた人間けが入れる楽園だ。

お前にはその資格がない。

俺にもない。

諦めて、黙って、自分のチンポ慰めて暮らせよ

夢を見るなよ

後悔するだけだから

https://anond.hatelabo.jp/20171125113636

食わず嫌い王決定戦

自分好き嫌いがなくて、ほとんどなんでも食べられる。

おいしくないと思うものもあるけど、別に食べられないことはない。

食わず嫌い王決定戦で、毎回あんなに嫌いなものをあるゲストを探すのは無理だから演出で大げさにまずいふりをしてるだけだろうと思ってる。

でも、俺には

偏食=自己中、わがまま

芸能人自己中、わがまま

というイメージがある。

この方程式でいうと

芸能人=偏食

から、あれは演出でない可能性も微レ存で、そう考えるとあの嘘くさい番組面白く見れるかもしれない。

https://anond.hatelabo.jp/20171125073026

男性向けみたいな過激エロほとんどないとか平気で嘘つくなよ。いくらでもひどいのがあるだろ

文章規制対象外なんだが人妻悶絶中出しと書いてあるだけの表紙が環境セクハラなら、同性愛売春レイプ調教が売り文句BL書店一角を占めてるのは同様に性暴力だろ

それに男性向けは子供でも買えるような一般書店特設コーナーなんか絶対に作りませんけど?コンビニ文句言われてBLコーナーがスルーなら非対称だろうが。男子小学生不快そうにしてたぞ確実に性被害者だな

これでひっそりやってるつもりとか盲目か頭おかしいだろ

anond:20171125081724

電子書籍派だしビーエルそこまで好きでもないしどうでもよかった

女性向け作家達が有害図書指定初期から反対で大騒ぎしてんのがリツイートされてきて気の毒だなと思ったくらい

でも有害図書指定コンビニエロ本の表紙を隠したり立ち読みできなくなったり子供に売れなくなったり

今回のでコンビニから撤去されたりゾーニング厳しくされるなら

私的には全部規制される方が住みよいなと今回思った

ベルセルクレベルの話に必要エロまで規制が来たら嫌だけど有害図書指定でも結局ほとんど普通漫画に影響与えてないし

anond:20171124225335

コンビニに並んでる人妻悶絶中出しみたいな文字が踊る本や快楽天やらペンギンクラブみたいな年齢制限ついてないエロ本おっさん向け雑誌エロページ

スポーツ新聞エロふたりエッチみたいな全年齢漫画エロい女性向けエロはマジほとんど無いのに何で女はーとか男性向けはやってるのに非対称とか言い出すのか解らん

男性けが過激エロを全年齢にして子供に見せられんような表紙をコンビニに並べたりエロが並ぶ車内つり広告や車内でエロ新聞開けたり悪目立ちするから環境セクハラにはなってないひっそりやってる女性向けまであおりを食ってる状況じゃん

自分語り」はまだいい

ネットであれ、テレビであれ、嫌なものはまず、読まない、観ないこと、が大事

座間事件報道不愉快だ、と書いてる人のほとんどがバカだな、と思うのは、テレビを消さないこと。

まず、テレビを消せ。

ゲーテは、新聞を読まなくなって精神的に健康になった、政治について語る奴は暇人だ、暇人はほっといて自分仕事をしよう、と言ってる。

不愉快ならテレビを消せ。

しかし、うっかり見てしまう、読んでしまうことはある。

そのとき、「自分語り」はまだいい。

自分語り所詮他人語り」だ。

シン・ゴジラがつまらない」は「他人にとって」であり、他人がどう思おうが俺には関係ないのである

しかし、

流石に不愉快に思うのは、「他人のおまえもこうするべき」と押し付けてくる物言いが一番不愉快だ。

20代でしておくべき10のこと」

知るか、クソが

そもそも、キリのいい10とか、たった1つとか、なるわけねーだろw

人生は無数の無駄なもんも含めて構成されてるんだよ。

無駄も含めて人生だ。

お前がどう思おうが、知ったことか。

自分語り」はまだいい。

他人はどうでもいい。

目の前でお前が死にそうになっても、俺は助ける義務さえない。

そのまま死ね

ただ、不愉快なのはな、

世界の有名企業だろうが、大学教授だろうが、文化人だろうが、芸能人だろうが、CTOだろうが、

他人生き方まで入り込むな。

お前らは成功者に甘い。

成功者意見を取り入れれば、自分人生成功できると思ってるだろ。

バカだな

そんなことより、「お前の人生を生きろ」よ。

そして、俺の人生はクソだった、世界はクソだった、と「自分語り」して死んでいけ。

俺はお前の「自分語り」を読まないし、お前を助けないし、お前も俺の「自分語り」を読まないし、他人は俺を助けない。

歳末助け合いなんてクソだ。

人生ってのは、いつも交わらず並行で、ストレートフォワードだ。

地獄まっしぐら

それでいい、それがいいんだろ

2017-11-24

anond:20171124231858

そのアーミッシュほとんど納税してない(納税するほどの財産を持ってないから)んだけど、子供病気になると州軍ヘリを呼び寄せて、(生活拠点自分たちの)コロニーから病院搬送させるわけ。つまり彼らの望む自然派で持続可能生活っていうのは、外部の文明化された消費社会寄生することで成り立ってるわけね。そういう現実を前にアーミッシュ礼賛できるのか? っていう問には向き合うべきだと思うよ。

anond:20171124223900

日本で一番困ってるのは人口構成いびつさであって少子化じゃないんだよなあ。

しかしそのいびつさを直接解決しようとするのは、ほとんど老人の姥捨て山政策にならざるを得ずに、政治的タブーから少子化というふうに言葉すり替えて大騒ぎしてるだけなんだよ。少子化のものはそんなに絶対悪じゃない。

売れてくれ

好きな作家がいる。

どのぐらい好きかといえば、存命の作家の中では一二を争うぐらいには好きだ。とりあえず、商業出版された単著は全て所持している。

単に好みに合っているというだけではなく、少なく見積もっても二十年に一人の才能であろう、と自分は固く信じている。

以前はこの作家について、新刊が出るたびごとにブログツイッターなどで感想を書いていたし、布教いたことも少なからず行ってきた。

が、この頃では、その名前を挙げて言及することはほとんどなくなってきている。

なぜかというと、その作家があまりに“売れない”からだ。

売れない、と言っても、実際はそこそこ売れている作家謙遜で言う「いや〜僕ホント売れてないんですよ〜(笑)」のような、なんちゃってではない。作家本人の言葉を信じるなら、いや、外側から確認できる情報だけを見ても、デビューから一貫して、なぜ作家を続けていられるのか不思議になるぐらいの超低空飛行だ。

そういう「負け組」と一緒に帰って友達に噂とかされると恥ずかしいし……ということではない。

自分は、怖い。自分発言が、その作家作品の売り上げに影響を与えるのが、恐ろしくてたまらない。

いくら好きな作家といっても、常に自分にとって百二十点満点の作品を出してくれるわけではない。たとえ最高傑作(と自分が思っている作品)でも、細かい不満は当然存在する。そういった点についても、感想ではなるべく書いていきたい。というか不満の方が書きやすい。

が、今となってはそんな言葉を発することはできない。自分の小さな不満によって、ただでさえ売れていない作家潜在的な読者を一人でも減らすことになったら、と考えてしまうと、とてもではないが感想など書く気になれない。また、もしも作者の目に留まれば、その折れかけている精神想像)に最後の一撃を食らわせることになる可能だってなくはないのだ。

これが仮に絶賛のみを書き連ねるとしても、問題はさほど変わらない。そういう感想がかえって未読者の反感を呼ぶこともあるのは、自分自身経験からも知っている。

そんなわけで、自分感想を書けなくなった。

これは、単に自意識過剰なだけなのだとは理解している。無名の一読者の言葉が、本の売り上げに与える影響など良くも悪くも誤差みたいなものだろうし、悪名もまた名なりと言うように、どちらかといえばどんな内容であれとにかく言及数を増やした方がマーケティングとしては効果的なのかもしれない。いっそ5ちゃんねるで自演炎上工作でもするのがファンの正しい道なのだろうか(正しさとは)

それでも、怖いものは怖いし書けないものは書けない。

ブログツイッターAmazonレビュー読書メーターなどで、当該作家の状況を知りながら今も感想を書き続けている人たちに対しては、皮肉ではなく心から尊敬する。これからも頑張ってもらいたい。

ということで、作家本人には及ばないまでも、自分もそれなりに強く願っている。

売れてくれ。

自分が気軽に無責任に「あ〜やっぱり売れてなくても初期の方がDANZEN!良かったわ〜、ぶっちゃけありえな〜い」としょうもない文句を垂れ流せるようになるぐらいに、ドカンと一発お当てになってくれ。

頼む。

今の会社に入って1時間残業したらすげえ残業した気になる

だってその頃にはフロアほとんど人帰ってんだもん

ほんと「残業してもいい雰囲気」って残業時間を延ばす罠だわ

選挙直後に消費税以外の増税策は“騙し討ち増税” 卑怯安倍自民党

選挙期間中、消費税引き上げか凍結かと、真剣に考えた国民の姿を安倍晋三首相官僚たちは薄笑いを浮かべて眺めていた。政府選挙が終わった途端、それまで議論俎上になかった“消費税以外”の増税策を次々打ち出してきた。

 総選挙自民党圧勝した翌日の10月23日新聞テレビが一斉に報じた税制改正議論は、選挙の余波でほとんど話題にならなかったものの、“違和感”を抱いた国民はいたはずだ。

会社員給与所得控除見直し議論 政府税調」(NHK

経済政策、仕切り直し 政府税調所得税改革めざす」(日経新聞電子版)

 所得税? 安倍首相選挙公約したのは消費税の税率10%への引き上げだったはずだ。それがいつの間に所得税見直しにすり替わったのか。メディアごとに見出しは違うが、伝えたのは同じ事実だった。

政府税制調査会23日に総会を開き、懸案の所得税改革議論を再開した。(中略)消費増税選挙でも話題になったが、来年改正には直結しない公算が大きい。中長期のあるべき税制専門家が論じる政府税調舞台では当面、所得税改革を主に取り上げる構え〉(日経電子版)

「懸案の所得税改革」といきなりいわれても、国民は聞いたことがない。安倍首相麻生太郎財務相選挙演説所得税増税にはひとことも言及しなかったし、選挙期間中(10月16日)に開催された政府税調議論テーマは「電子納税」で、所得税議論はなかった。

ところが、財務省投開票翌日の政府税調の総会に、満を持して60ページにのぼる所得税改革説明資料を提出した。

 一読して仰天した。そこには、サラリーマン年金生活者など低所得の非課税世帯まで国民に広く網をかける所得税増税メニューがズラリ並んでいる。“選挙に大勝利したのだから国民増税請求書を回しましょう”と安倍政権に持ちかける内容である

 資料には各種統計や諸外国制度との比較などが図表入りで詳しくまとめられており、とても1日や2日で作成できる代物ではない。財務官僚たちが最初から選挙が終わるタイミングで提出しようとこっそり増税メニューをつくっていたことは明白だ。

所得税消費税の二重取り

 百歩譲って、公約消費税増税は景気悪化の影響が大きすぎることから見送り所得税を少し上げたいという提案であれば、まだ議論余地はある。しかし、そうではない。経済ジャーナリスト荻原博子氏が指摘する。

財務省選挙中は所得税増税の話は黙っていて、勝った途端に言い出した。なんでこのタイミングかというと、2年後に消費税を上げると国民に重税感がのしかるため、所得税増税するとは言い出せなくなる。そこで先に2年後の消費増税を決定し、実施される前にドサクサ所得税増税してしまう。そうすれば二重に税金を取れるという計算です」

 安倍首相は「消費税率を予定通り10%に引き上げて税収を幼児教育無償化の財源に充てる」と公約し、国民との間でいわば消費税の“増税契約書”を交わした。幼稚園保育園の高い保育料に苦しむ子育て世代には、“消費税が上がるのはつらいが、保育料が無料になるなら家計は助かる”と投票した有権者が少なくないはずだ。

 しかし、選挙が終わると、増税契約書には国民約束した覚えがない「ついでに所得税も上げます」という条項が追加されていた。まさに「騙し討ち増税である

週刊ポスト2017年11月17日

1000万円を高給と言うの止めよう

共働き世帯平均収入は780万円くらいなんだよ

共働き780万円の人たちが「ぼくたち貧乏ですー><」って言って

片働き1000万円の人たちが「ひえーお金もちー」「税金いっぱいください」って言われるの、納得いかない

ましてや800万円の人をそういう風に見るのも勘弁して欲しい

 

1200万円ならわかる、許す、思う存分色眼鏡で見ていい

まあ1200万円なんてほとんど居ないけどね

1品1000円~の食べ物

1品1000円~の食べ物を注文することってほとんどないなぁ。

色々飲みに行くけど、そもそも1000円~のメニューが無い気がする。

今年食べた1000円~の食べ物って、

牛かつ(3000円 上司の奢り)

渡り蟹とトマトパスタ(1280円)

刺身3点盛り合わせ(1480円)

焼肉(どれも1皿1000円~社長の奢り)

だけだわ。

1品1000円~の食べ物なんて普段頼まないなぁ。

といっても飲みに行ったら1回2000~7000円(多い時)は払うんだから

何千円する料理を食べてもいいはずなんだけどね。

そうはならないんだなぁ。

anond:20170722215114

ウチは部署を横断して進める案件ほとんどなので「得体の知れない若手」とのカラミも多い。

中にはIT業界なのにZIPファイル普通フォルダー区別がついてない入社3年目、なんてのもいて「そこからか……」と思うこともしょっちゅうなのだけれど、他部署人材ということもあり「そんなことも知らんのか!」とは言えない。正確には「そんなことも教えてないのか君の先輩は!」だからね。

いちいちため息をついてもしょうがないので「飼い主にちゃんと世話してもらえていない猫にこっそりエサをやる近所のおじさん」の心境で努めてやさしく根気よく教えるようにしている。

おかげさまで若手からのウケも良いらしく、評判がめぐりめぐって社長から褒められたりもしたけど褒めなくていいか昇給してくれ。

anond:20171124154717

いやお前大学行ったことないじゃん…

それどころか研究者医者大学生もひとまとめに「一握り以外は低能ばかり」「ほとんどの大学意味はない」つって馬鹿にしてたじゃん…

しか例外的に認めてる一握りって誰のことかと思ったら水素水とかホメオパシーやってる人のことだったじゃん…

コショウって健康にいいの?あんまなんも言われないよね

ここまで家庭に浸透して、香辛料としてのポジションを崩さないのはコショウぐらいじゃないのか。

砂糖・塩は1日に何グラムまで〜みたいなのあるけど、コショウは聞かないし逆にこれこれこういうのにいいですよ、という効能も聞かない。

ほとんど注目されてないようにみえる。

コショウ毎日大量摂取して、健康を害することはあるのだろうか。むしろめちゃくちゃ健康になるとか?

コショウ摂取のしすぎで成人病とかそういうのはなさそうだしすごく気になってる。

昔は金と同じ価値だったというところにヒントがあるのかも。

そういえば忍たまのきり丸はコショウ価値がわからず池に捨ててたな。

"多様性"という言葉

LGBT周りの話もそうなんだけど、"多様性"という言葉は主に自分を認めてほしい場合しか使わない。

自分が認められていないので、自分の少し特殊な部分も多様性という言葉の上で認めてほしいと。

自分特殊だということも認められていないということにも気が付いてなければ主張しないし、どうでもいいと思っている人も主張しない。

その実態はその他すべての肯定ではない。自分自身肯定してもらうための口実に過ぎない。

なぜなら、多様性を訴えているほとんどの人が『多様性を認めない人』をすでに認めていないからだ。

エロ本撤去をなぜ記者会見で発表した?

エロ市場ネットに移行していて、別にコンビニからエロ本がなくなったとしても困る人間ほとんどいないはず。

だったら、黙って撤去すればよかったのに、わざわざ記者会見まで開いて、マスコミ報道させた意味は一体何なのか。

センセーショナルに報じることによって、世の中の「男性嫌悪感情」を煽るためとしか思えない。

こんなニュースを見聞きして喜んでいるのは、モテない女だけでしょ。

はてなブックマークCSSデザイン統一について

ここのところ思い出したかのように時々リニューアルが行われてるはてなブックマークデザインだけどさ。

少し前にリニューアルされたお気に入りページは、#left-container #center-container #right-container って、要するにdivタグidを振り分けて3ペインデザインを実現しているんだけれども、先日リニューアルされたユーザーブックマーク一覧ページは .left-container .center-container .right-container って、divタグclassを振り分けて3ペインデザインを実現しているのね。

こういう全体で1度しか使わないデザイン上の区切り指定するのにidを振るかclassを振るかってのは正直好みの問題でもあって、header,footer的なものidから3ペインidだろとか、優先順位とか管理やすいかclassでもいいだろとか宗教問題にもなりそうではあるんだけれど、同じ会社が作っている同じサービスほとんど同じページ表示に別の形式での記述がされているのはデザイナー間での事前定義と言うか意思疎通がされていないってことでもあってかなりマズいことじゃないのかな。

何かリニューアルするたびに「まともに仕事できないのかはてなデザイナーは」って揶揄されるけど、実際はてなデザイナーチーム、チーム内で大変なことになってるんじゃないか経営陣その辺ちゃんと把握してるか?

私の息子が産まれときの話~嫁side

※元の日記では「胎児」「赤ちゃん」はすべて名前です

09:30

今朝起きたらまた鮮血のおしるしが出ていた。

前駆陣痛も続いていたから、「がんばっていたんだね。残りはお母さんやみんなでサポートするからね」という気持ちで家を出発。

快晴でとてもいい日。

10:00

到着後の内診でかなり子宮口を強くかき回して刺激され、その刺激で破水

周りのスタッフさんが若干わたわたする中当人は「ああ、これが破水なんだ……」と思っていた。

そこから、部屋に移動して促進剤投与を始めた。

促進剤は、それによって産まれる、という効能ではなく、子宮を柔らかくして子宮口を緩めてそこから陣痛を呼び込むためのものだそうで、20からstart、120まで上げても進まない人もいるよー、と。

とにかく無事に産まれられれば、と、「何でもいいからお産に繋がりますように」という気持ちでどんどん追加されていく促進剤の値を見ながら過ごしていた。

11:00

胎児心拍が落ちることが何度かあり、酸素マスクをつけて深呼吸をする時はさすがに緊張した。

でもまた数値が戻ったのを見て安心して「私がリラックスしなきゃ子宮も柔らかくならない」と過ごしていた。

15:00

100あたりまでは前駆陣痛の痛みとあまり変わらなかったけど、そこからは前駆陣痛は越えた痛みが始まった。

でも120まで投与しても本陣痛は来ず。

17:00

看護師さんに「今日は一旦終わりにして様子を見て明日またやって、経過によっては帝王切開で産んであげることになるかもね」と言われて投与は一旦stopした。

投与してもあまり変わらず、「私が堅いことで子宮口が開かないんだ」「私がリラックスできないか入院の日が増えてお金をかけさせてしまうんだ」と「私のせいだ」の思考が一時止まらなくなって涙が出た。

胎児心拍が落ちること、胎便が羊水にかなり混じっていること、心拍が急に上がること、陣痛がこないこと、いろんな焦りや不安に対して「母の私が◯◯しないからだ」という思考が出てしまったけど、そんな中でも夫が一緒にいて笑ってくれていることに本当に救われて、いろんな不安もあったけれど1日過ごすことができた。

20:00

母が夫を迎えにきて帰宅。体勢変えたりしながら、落ち着いてから21時過ぎに寝る体勢に。

21:08

寝につこうといい姿勢を探して動いていた時に胎児心拍低下。

何人も看護師さんが入ってきて再度酸素マスクをつけ、内診をしてもらい、「もう赤ちゃん負担が大きい」ということで、クリニックの先生にも診てもらった上で、緊急帝王切開をして胎児を出してあげることに。

21:32

酸素マスクをつけて深呼吸をして「帝王切開になります、急いでパパを呼んで」と言われ、さすがに焦りすぐさま夫に電話をして来てもらい。

色々なリスク説明も受けたが、もう皆どうでもよくて、ただただ「無事に産まれられればそれ以外は私の子宮やら体やら命やらどうなってもいいから」という気持ちで、早く外に出してあげてほしくて、急ぎ足でope室に入って横になった。

22:00

何かの数値に対して先生スタッフの方々が緊張した面持ちで観察して指示を出したり動いたりしていたが、あれはなんだったんだろう。

から考えると胎児心拍だろうか。

バタバタが続いてすぐには開始しないことに不安を感じつつ、その間に落ち着いて来て「もうすぐ会えるんだ」「やっと会える、がんばろうね、大丈夫だよ」と幸せ気持ちが高まり、ope開始後も私はずっと笑顔で耳を澄ませ。

麻酔が効いてくると血圧の変化によるのか、頭もぼーっとしてきた。目を瞑ることに吸い込まれるような。

コッヘル、クーパー、などの機械出しの指示でなんとなく何を切開しているのか把握しつつ、足から胸にかけての感覚はもうないのに何か自分の中を弄られているような感触に奇怪な感じを抱きつつ。

22:57

胎児を取り出す時になると胴体を中から大きく揺さぶられ(感覚はないけど子宮を直接揺らされているのはすごくわかった)、少し泣き声が聞こえたのと同時に「おめでとうございます〜!男の子ですよ!」と。

その瞬間ザーッと涙が出そうになったものの、最初の一瞬の後に全く泣き声が続かないので瞬時に不安感に襲われ、産まれた喜びを味わいつつもそれだけの気持ちは束の間、取り上げられてもしばらく泣かない赤ちゃん心配で気が気でなくなった。

自分からは布で隠れて見えないけど、向こう側で明らかにスタッフさんたちが焦って赤ちゃん背中を叩いて刺激していたり懸命に気管内の吸引をしていたりしている。

先生も、取り上げた後はすぐに私の縫合に取り掛かりつつも、赤ちゃんを見て緊迫した声色と口調で指示を続ける。

「サチュレーション反応しません」「小さい方に切り替えて」「小さい方反応ありました」「こっちはどう!?」「◯◯じゃないよ、そっちを◯◯して」「◯◯さんこっちきて!」と何人ものスタッフさんが赤ちゃんの方から私の頭上まで動き回る。その間も赤ちゃんは泣き声ほとんどなく、たまに「ふぇっ」と聞こえるか聞こえないかくらい。

赤ちゃんが泣かない。泣かない=呼吸ができない。呼吸ができない=酸素いかない。酸素いかない=死んでしまう。

一瞬でそんな考えが脳内を駆け巡り、「私はお腹開いた母でも放っておいていいからみんな赤ちゃんを早く助けて下さい!」と叫びたい気持ちを抑えながらこわくて仕方がなくて、「赤ちゃん大丈夫ですか」と何度か聞いた以外ただただその場を見守っていた。

そのうちになんだか意識が遠のいていくような感覚から強い吐き気が出て何度か嘔吐し、そこからは遠目に赤ちゃんの様子を見つつぼーっと手術の終わりを待つしかなかった。

私の腹部縫合中、赤ちゃんの泣き声が聞こえない時間。きっと数十分あったかなかったかくらいだったろうけれど、この時間がこの1日の中で一番長く感じられた。私には何時間も縫合されているように感じられた。

23:10

私の腹部縫合が全て終わり、ope室を出る時にスタッフさんがぱっと赤ちゃんのお顔を私の方に向けて見せてくれた。

むちむちでまあるくて髪がフサフサでかわいい。濃い顔じゃなくて私似?なんて思いながらope室を離れる。

23:20

外では夫と母が待っていたけど、熱発もあったからかとにかく頭がぼーっとして「目を閉じたい、でも赤ちゃんが気がかりだ、でも目を開けていられない」というぼやけた意識で過ごしていた。

時系列はきちんと記憶できてないが、部屋に戻ってから夫と母が荷物を運びつつ座っていてくれて、赤ちゃんの顔の話などをした気がする。

自分で何を話したかよくて思い出せないけど、夫が深く呼吸して緊張していたことはすごく覚えている。

今思うと、私は赤ちゃんのことも考えつつ意識がぼやけていたので、その場を冷静に見れていた夫は本当に不安だっただろう。

24:10

術後は姿勢不快さが強く、度々左右に体位交換をしてもらった。

赤ちゃん救急搬送することに決まったと先生から話を受け、夫たちは救急車より早く出て向かってあちらで対応すると。

お腹を切った身と言えど、この状況で動けず何もできずに横になっているのが悔しかった。

無駄だとは分かりながらも、麻酔で動かない・司令の伝わらない脚先を動かそうと何度もやってみたけど全く足は動かなかった。私の分まで夫に託して手を握ってお願いした。

夫と母を見送ったら一気に意識が遠のいて来て、そのあとまた夫が来たような来なかったような……

そんな中、救急車赤ちゃんを乗せる直前に助産師さん(看護師さん?)が赤ちゃんを抱っこして私に会わせに来てくれた。

移動前に目の前で会えるなんて思ってもいなかったか歓喜して一瞬で意識が戻り、赤ちゃんをぎゅっとしてちゅーして「がんばろうね!」とほっぺを撫でて送り出した。

涙が止まらなかった。

24:30

救急車が中々出発しないこと、その後の救急車サイレン音。

サイレンの音の位置赤ちゃんと私の距離を表しているから、サイレンが遠のいていくと赤ちゃんとの距離を感じて、ただただ「がんばれ!お父さんもお母さんもいるからね」と祈ることしかできなかった。

25:00

その後また意識がぼーっとして、何度か看護師さんが巡回に来てくれたのもあまり覚えていない……

2時台にiPhoneが遠くに移されたのでLINE確認できずそわそわ。

体位交換をお願いしたりしながらいつの間にか寝ていた。2時間ほど寝ただろうか。

28:20

起きてからからLINE気づき赤ちゃんが無事なことを確認して本当にほっとした。

こんなに遅くまで夫と母が対応してくれているとは。本当におつかれさま、ありがとう、それしか出て来なかった。

から送られて来た赤ちゃん写真がかわいすぎて、うるうるしながらしばらくずっと見ていた。

かわいすぎていくら見ても見飽きない。早速待ち受け画面に設定した。

夫がもう帰路にあると分かって安心して私もまた休憩。

でも頭が冴えてしまってもう眠れず……

29:00

巡回夜勤看護師さん&助産師さん達が検温や創部の観察をしに来つつ何度も話しかけてくれて、明るく笑わせてくれて元気付けてくれた。

看護師さんたちと笑えたのがこの時本当にありがたかった。

もう麻酔は切れていたので、「どんどん回復して赤ちゃん会いに行こう!」と勝手にベッド上でリハビリ開始。足の指先から体幹から、痛み・貧血血圧を観察しながら進めた。

外が明るくなって落ち着いて来ると、赤ちゃんが無事に産まれてきたことの安堵感、今生きているのかどうかという不安感が一気に現実味を帯びて心に流れて来て、赤ちゃん写真を見ながら唇を噛み締めて泣いていた。

それに気づいた看護師さんが私のそばに寄り添ってくれ、スタッフのみなさんが赤ちゃんをその後も気にかけてくれていたこと、その方もお子さんが苦しい状態で産まれて来たこと、昨夜赤ちゃんの直後にもう一人赤ちゃん病院で産まれて、そのあと陣痛の人が来て不思議とお産が重なったことなどを明るく優しく温かく話してくれた。

「泣きたい時は泣いていいんだから心配だよね、泣いていいんだよ。」と言ってくれて一気に号泣して、話をして落ち着いた。

日勤に交代する時間帯、夜勤助産師さんが何人か来てくれて赤ちゃん写真を見て「母そっくりよね!」「かわいい〜❤️」「がんばるしかいね赤ちゃんくん!」と声をかけてくれた。それと一緒に絶対安心する温かい言葉もかけてくれる。その度にうるんでしまった。

私は術後あまり痛みを感じず動くのが得意なようで、夜中に自分でクッションを動かして体位交換したり足を動かす練習を始めたりしているのを褒められた。

どんどん動いて行くぞ。

赤ちゃんもがんばっているんだ。私も明るくがんばるしかない。


https://anond.hatelabo.jp/20171121162134増田です。

嫁も出産当日(大半は思い起こしながら翌日)に日記を残していたとのことで。

本人の希望もあってここに記そうと思います

ちなみに嫁は上の2日後にリハビリ急ピッチで終え、大型病院への通院/息子との対面を果たしました。

NICUでの初対面の光景は今でも忘れません。

anond:20171124090918

いやいや、そんなこともわからんのかよw

現実世界でもネット世界でもはてなみたいに左巻きな言論が支持される場所他にないんだよ

かつ、反論される機会もほとんどないかバカでも思い切って発信できる

そんな場所他にあるか?ないだろ?

そういうこっちゃ

ドイツ女性指導者メルケル 連立辞めるってよ

anond:20171111172254

メルケル首相、滑り落ちる王冠の皮肉

http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-42092420

ドイツは、戦後政治的安定と入念な合意形成の記録を誇ってきた。

しかアンゲラ・メルケル氏が戦後の独首相として初めて、連立協議に失敗してしまたことで、その安定の記録は途絶えた。



でもメンケルさん、とっても優秀だよなぁ、ほんとうまくやってるよ。ただ移民政策で失敗しちゃったよね。

EU少子化、というか先進国少子化は深刻で、

早くから女性むけの施策を打ってもドイツ出生率は伸びず、

結局、EU出生率伸びてんのは移民じゃーん http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/9020.html て事が明らかになるにつれ、ドイツ移民を受け入れざるを得なかった、というのは同情を禁じ得ない。

ただ数十年に一回の政治的危機ドイツで起きる、ってのは凄いなー、いやー女性凄いっすね。どうなるのかドイツ

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53607

一年に受け入れる難民申請者の数に上限を作るか、作らないかということでは、無制限に受け入れると主張するメルケル

中東難民家族入国させると、難民の数が軽く5倍ぐらいは膨らむと懸念している。実際に最近の報告では、一人の男子に対して家族入国許可したら、兄弟11人と、お父さんと、その妻2人がやってきたという極端な例もあった。しかも、難民家族ほとんどが社会保障お荷物になることはわかっているし、その負担は将来何十年にも及ぶ。簡単妥協はできない。

働いてくれるなら金だしてもきてもらった方がいいわけだだが。あと電力の話、

緑の党が主張したのは8〜10GW。もともとは、30年までに石炭、褐炭すべての火力をなくすというのが、緑の党の考えだ。そのあとのことは、野となれ、山となれ?

結局、連立交渉破綻を恐れたメルケル首相が、妥協案として7GWという案を出した。

真ん中をとれば妥協案になると思っているところが、この首相の悪いところだ。

まぁ、調整型の政策で結果は出して来たわけだし、今回も、という感じだろか。

ヨーロッパ諸国の皆さんには迅速な大規模社会進出実験を迅速に進めていただいて、早めに結果を知りたい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん