「チケット」を含む日記 RSS

はてなキーワード: チケットとは

2017-08-19

ジャニーズを好きじゃなくなったら、私は誰なのか

20代前半女性人生の半分以上ジャニーズを追いかけてきた。

別に本気で好きになって、繋がりたいとか、付き合いたいとか、そんなこと思ったことは一度だって無かった。

アイドル」として、ジャニーズが好きで、好きで仕方なかった。

大袈裟なんかじゃなく、ジャニーズを好きになってからの、短い人生の全てにジャニーズが染み付いてる。

小学生の頃、友達に教えられて「シーサイド・バイバイ」歌った。初めてジャニーズに触れた。

ジャニーズ画像の送り合いをして、パケット通信量をオーバーして、こっぴどく怒れた。

リリースされた曲を聞くだけで、その時仲良くしてた友達や好きだった人、悩んでたことを思い出す。

中にはその時の空気まで思い出す曲もある。

まだ自分で稼ぎがあるわけじゃ無かったから、年に数回行けるコンサートが本当に本当に楽しみだった。

受験に失敗して悲しい時に、久しぶりにテレビジャニーズを見たら笑顔になれた。

世界の全部がジャニーズ中心に回ってたと思う。

ジャニーズがいたから、私にとってある意味「救い」のような存在があったから、普通に学校に行って、恋愛ができて、働けてた。

ジャニーズを好きじゃなくなったら、自分じゃなくなる気がするよね〜」

そんな事を友達大人になっても話した。

半分冗談、半分本気だった。

ある日突然、ジャニーズを好きじゃなくなった。

使い続けてきた気持ちにも限界があった。

気持ちも結局はダムみたいなものだった。

きっかけを話せば長くなるから、ここには書いたりしない。

私は今ジャニーズと同じく、アイドルを追いかけてる。

地下アイドルではなく、大きな事務所所属していて、安定している。

楽しい楽しい楽しい

小学生の時、初めてジャニーズ出会った時と同じ気持ち毎日過ごしている。

変わったのはあの時の何十倍お金があって、我慢ができなくなったことだけかな。

アレヨアレヨと言う間に、ジャニーズのことを追わなくなった。持ってたチケットも全部譲った。

あんなに大切だったのに、すぐに代替品が出来た。

ジャニーズの中で担当にした人は2人。

ちょっと前まではジュニアの子が好きだった。

の子が辞めたわけではなく、寧ろ追い風が吹いてるみたいに仕事がある。

けど、もういい。

今でもジャニーズを好きじゃなくなったのが寂しくなる。

ほぼ全グループコンサートに行き尽くして、上から下まで好きになったのに、こんなに簡単に興味を無くすなんて。

ジャニーズを好きじゃなくなっても、私が私のままだなんて。

友達バンドをやってる

ライブチケットをタダで配って、お客さんに来てもらってる。

から赤字

 

でも、私たちバンド応援したいというおじさんがいて、赤字分はそのおじさんに負担してもらってる。

 

最初のころは「こんなにお金だしてもらって大丈夫?」「ぜったい下心あるよ」「やばい」みたいな話してたけど、メンバーの一人が「お金を出したいなら出してもらおうよw」と言い出して、負担してもらうことになった。

なにか見返りが必要とか、そういう話はなしで「ノルマ分のチケット代を出すからライブをやって。ライブが見たい」という話だったし。

その流れで、練習場所を確保してもらったり、ライブ用の衣装代も出してもらったりもした。

 

それでどうなったかというとバンドムードはよくなった。

以前はライブの回数は少なくて活動間延びしてたけど、頻繁にやるようになったらいい意味で緊張感がでて熱心に練習するようになった。

メンバーが集まると、ライブがどうしたら盛り上がるかとか、演奏の話しばかりしてる。

お客さんも増えた。ライブときの反応もいい。

お客さんの反応がよくなって、メンバーはそれに刺激されてバンド活動に熱心になってという好循環になってる。

 

そういうふうに、いい感じだったんだけど、最近おじさんから私に好意があるというメールが送ってくるようになった。

ほかのメンバーの見えないところで手を握ったりハグしたり、みたいなことしてくるようになった。

 

もし、ほかのメンバー相談したら、カンカンに怒って、おじさんをすぐ絶交にすると思う。

だけどそうなったら自分たち活動費用をださないといけない。

みんなで分担したら出せない額ではないけど、そうなるとモチベーション的に今のレベルの活発なバンド活動は維持できないような気がする。

 

私たちチケットをタダにしないと見に来てもらえないレベルバンドだけど、タダでも客に来てもらえないバンドも多いし、延べで月50人も来てもらえる自分たちレベル高いほうだと思っている。

私自身もかなりバンドにハマってる。はてな風に言うと承認欲求が満たせて気持ちがいい。高揚感がある。

ここで尻すぼみになるのは惜しい気分になってる。

 

おじさんのセクハラは、私が我慢すればいいことだし、ほかのメンバーには黙っておくべきか。

私が騒いだせいで、いまのバンド状態が壊れるのは嫌だし。

 

ももともと友達とワイワイするのが楽しいというだけで始めたバンドで、おじさんを切っても元の状態に戻るだけだし、我慢してまで続けるようなことなのかという思いもある。

セックスの記録

今回またずいぶんと激しいセックスをしたので書き留めておこうと思う。

私たち遠距離で会える時期は限られている。今回会いに行ったのは、その前の月に会いたすぎて泣き出しそうになってしまって、勢いのまま新幹線チケットをとったからだ。ちなみにあとから調べたら、その日は排卵日だった。たぶん性欲が高まってて、彼に触れたかったんだろうね。

で、今回の逢瀬に至る。今回もピルを使って、彼と一緒にいる期間が卵胞期になるよう調節した。日数も延長して、排卵日まで滞在することにした。排卵日前にセックスしてそのまま帰ってくると、その後一人の状態ときにやってくる排卵日の欲求の解消できなさがキツすぎるからだった。

広がり方をすっかり忘れてしまった入り口排卵日前から少しずつほぐして行った。さすが卵胞期というべきか、ローションはキレにくく、滑りがよくてスムーズに進んで行った。

そして排卵日予定日がきた。旅行中は毎日セックスしていたけれど、だんだんとイきかたが激しくなっていった。下腹部を優しく撫でられ続けるだけでイくし、だいしゅきホールドも気づかぬうちにしている。あれってただ支配欲が強い女性表現ってだけじゃなくて、女性側もちゃんと気持ちよくなれる方法だったんだね。

「しあわせ?」「うん、しあわせ」「えへへ、しあわせぇ」

「あかちゃんほしい」「あかちゃんちょうだい」

「とけてる、とけてるよぉ」

とか、いろいろ言ってたと思う。あれは奥を突かれ続けると自然と出てきてしまうんだよな。

彼曰く「エロ漫画でも見ないような淫語がガチさを伴って出てくるからエロ漫画でも勝ち目がない」とのこと。

「あかちゃんほしい」ってセリフが素で出てくるのは前からあったけど、今回は「なんで赤ちゃんをいま身ごもってはいけないのか(意訳)」みたいなことを喚きながらセックスしてたのが印象的だった。コンドームをつけたままのセックスあんなに悲しみが湧き上がってきたのは初めてだったかもしれない。最後に彼がイったあと、それでも赤ちゃんは作れないことに悲しくなって涙がこぼれたのを覚えている。あの日は、すすり泣く私のとなりで、息の乱れた彼が、静かに頭を撫でていてくれた。

かといって生セックスがしたいわけじゃないし、いまはそういう時期じゃないし、ちゃんと赤ちゃんを作るための時期を用意するためにいまはお互い頑張っているけれど、それでも、セックスしていると、赤ちゃんを孕みたいという欲求で苦しくなる瞬間があったのは事実

で、旅行中の1週間ずっと、私の性欲シーズンが過ぎるまで、彼はひたすらセックスに応じてくれていた。最後の方ではついに「ちんちん感覚がなくなった.....イけない......どうしよう.....」と呆然としていたので、そこでお開きとなった。

婚約して、子供を産み育てるつもりでセックスしてると、こんなにも気持ちよくセックスできるんだなあとも思うし、自分の中の妊娠欲求の強さにも改めて驚いた。泣くほどだったとは。

あれは子宮意思なのかなあとさえ思う。

2017-08-17

ガッツのないオタク

私は数年間、ある若手俳優オタクをやっている。

推しのことは大好きだけど、ガッツのあるオタクになれない。

若手俳優オタクは、全通!物販積み!高額プレ!スタンド花!を網羅しているオタクが「強い」のかな?思う。

舞台はなるべく通う。イベントは行く。プレと花は過去数回な程度。物販はちょっと積む。

急な舞台イベントゲストには対応できない。そのくらいのオタクである

お金時間仕事)の都合がある。という言い訳をしようと思ったけど違った。

多分お金時間があれば、高額プレ貢ぎ&スタンド花はするだろうけど

全通はきっとしないんだろうなあ、と思った。

他のオタクは、どの程度まで「楽しく」観劇できるのだろうか。

私はある程度観劇を重ねると、失礼ながら退屈を感じるようになってくる。

大好きなシーン以外の、自分気持ちが上がらない場面とか。

(もちろん演目によっては、1公演目からすべてにおいて飽きがくる公演もある)

非常に眠くなって、舞台を観るよりも寝ないように必死になることもあった。

そんな状態観劇することの意味とは?その時間価値とは?家に帰って寝た方がいいのでは?

そしてこんな意識座席につくのは失礼では???と考えてしまう。

まあよく楽しいと思える回数は越してしまうのだけれども。

大体の演目は予定がつかない日以外は行くけれど、これ以上行ってもなあ・・・と思う、

ちょっとアレな公演はチケットを増やさないようにしている。

ガッツのあるオタクの皆さんからすれば、とんでもなくクソオタクに映ることだろうと思う。

しかしたら推しも、とりあえず席を埋めてくれと思っているかもしれない。

推しオタクを名乗っているくせに、推しを支える意識の低い、薄情なオタクだ。

でも、私は「私が楽しい」と思えないと、現場に通う意味なんてない。

無理して楽しいと思えない公演に通っていたら、病んで降りているだろう。

どうかそれでも、あなたファンでいさせてほしい。

2017-08-16

ソシャゲ日記

・神プロ

目標達成。

SR武器もほしくてレイチケットを集める。

・オルガル

PC版がウイルスと誤認識されて消された。

ミリシタ

これランクイン無理だ。

https://anond.hatelabo.jp/20170815051449

正直好ましくはないけど、所詮自分主観的感情しかないので自分チケットを入手してライブに来ている以上は文句言えない。

ついでに会場の外でコスプレして名刺交換してようが、ライブ用のTシャツや法被で名刺交換してるのと周りから見たら変わらないと思ってる。

AV女優に対して感情的になり過ぎじゃないかな?

ライブ時間でないところで普段と違う格好で名刺交換するくらい、NUDIE★の最中に家虎叫んだ阿呆に比べれば何倍もマシじゃない?

あれは現地でやられて本当にいらついた

https://anond.hatelabo.jp/20170815145034

おそらく「好まざる」参加者も、それを目当てに訪れることになるだろう。

次はドームライブが控えている。間違いなく注目度が跳ね上がるので

そこに来るのがリスペクトを知らない人々(炎上上等のYoutuberなど)

である可能性もあるのだ。

多分、杞憂ですね。AV女優さんは割と店舗営業があるので、ディスクを数枚積めば、ファンは幾らでも遭遇、写真サイン握手程度は出来ますし、話すことも出来ます。言えば名刺くらい貰えると思います。わざわざ、不確かなアイマス会場でやる理由は無い。その「好まざる客」とやらがわざわざ女優さん目当てで来るというのは極限られた話だと想定します。

群がったと言ってもただ珍しいとか、たまたまAV作品を見ていてファンだった人がいただけでしょう。

ちなみにこの方は、ちゃんと円盤積んでライブチケット入手されたそうなので、普段営業アカウントの内容で「あまりファンでは無い」という判断をするのはどうかと。

26歳大卒職歴なし、もう取り返しがつかないと盆休み上海旅行

就活、これは自分には無理なもの、という確信大学3年の12月に抱き、以後なにもせず卒業して4か月ニートやって、観念して非正規雇用工場行って単純作業時給900円、それを丸3年やりました。その間に他の仕事を探したことは一度もありません。

自分からなにかしなければなにも起こらないってのはわかってるけど。

職場で会話をすることはありません。挨拶すらしません。

能力的にはカスみたいな人間だらけだけどその中でも人と話ができないというのはまあ本当に人としてカス以下のガイジ中のガイジなんだなとしみじみ感じております

それはそれとして

牛乳石鹸みたいなイメージ会社がああいうのやるの本当にアレ。そこまでしてアレアピールしなきゃ気が済まないのマジで病気だよ。嫌ならやめろ。

洗っても洗ってもよお、落ちねえ汚れがあるんだよお、落ちねえよお、落ちねえよおつって手が血まみれになってるCMならギャグにもなるが。

中小企業求人出しても人が来ないとかいう話聞くけどそれでも俺が行って採用されるとは微塵も思えないので職探しする気が起きない、

結局営業と、接客だろ、死ぬほど向いてないやつじゃん、他ならむいてるというわけではないが。

人がいない人が来ないとか言いながら俺が応募したらすげー渋い顔して御断りしてくるんだろうなという確信があるので職探しをする気が起きない。

挨拶すらできない、公立小学校中学校クラスに一人はいガイジがまさか自分だとはね。

自分がなにもしなかったせいだとはいえ、なんかそういうのって貧乏くじ引かされたなーみたいな気持ちしかない。

なにもしなければなにもおきない、ここ10年で死ぬほど身に染みて感じてるけどだからといってなにかしようと思うようになるわけでもない、なぜなら今までなにもしたことがないのでなにをどうしたらいいかからないしなにもする気が起きないから。

その点、インターネッツはすげえよな。マウスキーボードクレジットカードパスポートさえあれば一言も発さずとも航空券買えるし。

一言も発さずとも空港行ってパスポートとEチケット印刷したやつ出せば海外行けるし。

まあただの3泊の旅行なんだが。

就職というアレもそういうところ見習ったら?

2017-08-15

アイドル人生を狂わされている

2〇歳、彼氏無し、預貯金無し、ついでに乳も無し。


ハマった男はリアコ製造機。

入った給料遠征交通費ライブチケット代にすべて消える。

彼を見に行く為ではなく私のことを見られに日本各地を飛び回る。

私のことが見える席じゃないと嫌。私がここにいることを彼に知らしめないとライブに来た意味は無い。

確かに好きだし、かっこいい。でもそれはあくまで後付けな感情なような。彼のことがはちゃめちゃに好きな自分、そこにアイデンティティ見出ししまった。どんなに彼が情けなくて、無様で不格好でも、私は彼のことを褒めて好きでいなければならない。だってそれがみんなが知ってる私だから

あの頃は沢山彼とお話できたし、身近なアイドルって感じだった。グループ自体マイナーだった。名前を言っても誰も知らなかった。今では立派なアーティスト。あー!知ってるよ!と言われることが格段に増えた。元々近くはないけれど、さらに遠く感じることが増えた。

多忙な日々でも私のことを忘れてないだろうか、この間話した内容を彼は覚えているだろうか。

無謀だとは分かっていても心のどこかで彼の特別になりたかった。そしてこんなに遠い存在になってもその淡い期待が消えない。







貯金も底をついた。クレジットカードの返済もまだまだ終わりは見えないし、限度額の限界も迎えた。給料日まで3000円で生活しなければならない。

ここまでして彼のファンでいる理由はなんだ?

https://anond.hatelabo.jp/20170815051449

ブスが嫉妬コスプレして来たAV女優を「身体売って取ったチケットで見るライブはさぞや楽しいでしょうね」と叩く→AV女優CDを積んで自力チケットを当てたことが判明→一方、ブスは同行者が来れなくなったオタクにクレクレして手に入れたチケットだった事が判明。 面白すぎるでしょ

https://twitter.com/SGMN_sweety/status/897346420067278848

2017-08-14

実家大掃除した

諸用あり帰省した。

祖父母の元気がいよいよなくなってきているという母親の脅しもあり、高い飛行機チケットを買った。

実家で羽を伸ばしてきてね」

という同僚たちの声かけがありがたかったが、帰省には内心うんざりしていた。落ち着けないなと思った。自分がこの世で心底落ち着け場所は、もはや東京都北区6畳ワンルーム寝床のなかだけな気がしていた。

家族はあまりれい好きではなくて、というか掃除が大嫌いだから実家は埃まみれで汚い。もともと自分は不潔な子供だったと思う。お風呂も2日に1回だったが、それが当たり前だと思っていた。

けれども実家ゴミ屋敷めいて汚くなり始めたのは、大学進学に伴って家を出てからだ。自分関東大学に進学し、学費のため母親が働くようになり、家の隅々まで気がまわらなくなり汚くなった。つまり自分のせいだ。

学生となり帰省したある夏、自分の部屋に、お菓子を食べたあとのごみがうず高く積まれていて閉口した記憶がある。

妹の部屋に入りきらないごみが、自分の部屋にまで侵食していたのだった。そのままでは眠れないと思い処分したが、いざ寝ようと思った時、すえたチョコレート匂いや埃臭さが壁紙に染み込んでいることに気づき屈辱を感じた。

その日はなかなか眠りにつくことができなかった。

それから実家に帰るたびに物が散乱し、形容し難く汚くなっていくのを見て、罪悪感に苛まれた。

帰るのが毎回億劫だった。罪悪感とともに、家族のことを恥ずかしく思う気持ちも芽生えていた。

大袈裟かもしれないが、実家が年々ゴミ屋敷めいていくのが、自分能力限界を示しているような気がしていた。

家が汚い人間がどれだけ教養を身につけようと思ったところで、限界があるのではないか

の子は蛙。下流人間下流

幼少の頃、家にある本は「課長島耕作」と父親の買うパチンコ雑誌のみ。

家族集中力がないかテレビチャンネルをすぐ変える。認めたくないことだったが、自分家族は、あまり頭がよくなかった。

今は恥じる気持ちも薄れた。お金がないのに関東大学に通わせてくれて、感謝してもしきれない。だが実家は未だに汚いままだ。このままではゴミ屋敷のものになってしまいそうである

から実家掃除することにした。面倒だったので墓参り以外に予定もいれておらず、お金を使うのも億劫だったのもある。それに、帰省の前に北区6畳一間のアパート大掃除したらそれが思いの外楽しかったので、楽しみながら掃除ができるのではと思っていた。

掃除をする旨を家族に伝えると、テレビが壊れて買い替えたので業者が来る、だからリビングから掃除をしてほしいと母親に頼まれた。

隅々まで掃除機をかけた。掃除機では取りきれない埃をモップでとった。絨毯にコロコロをかけた。こびりついた汚れに電解水を噴射し、こすった。面白いほどきれいになった。

楽しくなってきたことを伝えると、うずうずとしていたのか母親も参戦し、ともに台所の油汚れも落とすことになった。換気扇は全面が赤茶色コーティングされており、パネルジャクソンポロック絵画のように汚れが飛び散っていた。

母親がどこからか出してきた業務用の洗剤を噴射してラップを貼り、しばらく置いた。そうして剥がすと、力をいれずとも汚れがスルスルとれた。そうしてあっという間にキッチンは、新築同然の姿になった。

こんな簡単なことだったなんて!自分が悩んだ、実家が汚いという事実や伴う罪悪感は、洗剤とほんの少しの労力で解決できるものだった。

こんなことなら、もっとから掃除しておけばよかった。楽勝だった。御託を並べている場合などではなかった。さっさと行動すればよかったのだ。

キッチンは電源タップ炊飯器などあらゆる部分に埃がついて、油にまみれてしつこい汚れとなっていたが、少し力をいれたら完全に取れ、新品同様の姿となった。

ソファの合皮もてっきり経年劣化だと思っていたが、洗剤をつけてこすったらピカピカ光り出した。母親が歓声をあげた。

まりに楽しかったので、掃除モチーフにしたテーマパークを作ってみてはどうだろうかと想像したほどだ。

大人たちがピザを食べたりなどして見守るなか、子どもキャストの指示のもと、換気扇の油汚れを落とすのだ。

テーマパークから帰った子供たちは、親の手伝いをするに決まっている。

今回大掃除成功したわけだが、次に帰る頃にはまた実家は汚くなっていると思う。

見つけてしまったが、パンについてきたシール適当にとっておくようでは駄目だ。人からの貰い物も躊躇なく捨てるようにならない限り、家はきれいにならない。

でもそうなれば、また自分がきれいにすればいいだけの話だ。

できる人間がしなければいけないのだ。この場合のできる人間とは、せずにはいられない人間という意味だ。

できる人間には、それができてしまうという限りにおいてしなくてはならないという義務が生じる。

母親は疲れ果ててできなかったのだ。父親も妹もまたそうだった。自分が恩返しをしなくて何になろう。

できる人が黙々とすればいい。これは掃除に限らず全てにおいてそうだと思う。人への気遣いとか、オリンピック競技選手とかもそうなのかもしれない。

できてしま人間はできない人間に対し、それができてしまうという限りにおいて、その行為をしなくてはならないのかもしれない。

なぜならできるということだけで、その人は恵まれいるからだ。そして自分は完全に恵まれしまっていた。全て家族のおかげだった。

帰省の折にたったの一度、大掃除をしただけで何を偉そうなことを、と思う。

盆は大掃除以外には何も素晴らしいことはなかった。祖父母や両親の老い、そして死の予感をひしひしと感じた。

自分はと言えばしたいことも欲しいものもなく、友人と会いたいとも遊びたいとも思えず、貯金への欲望があるのみだ。

自分もまたこうしているうちに死んでいくのだろう。ゆっくりと。その場所ごみに溢れているかもしれない。

だが自分は抗いたい。祖父母や両親の死は避けられない。しかしその最後の時まで恩返しをしたい。だからよい洗剤を探す。収納方法を極める。できることはなんだってしてやる。

ごみなんていくらでも捨ててやる。

今井加奈が好きだという話

皆さんは今井加奈ちゃんというアイドルをご存知でしょうか?

シンデレラガールズでは15〜17歳がボリュームゾーンなのですが、そのド真ん中の16歳、見た目もキュートアイドルとなっていますアニメ付近モバマスCuで始めた方は17コスの「[ファンシーガール]今井加奈+」のお世話になった方も多いのではないでしょうか。

この今井加奈ちゃんですが、メモ帳を持ち歩き、買い物の内容からアイドルとしてどうしたら魅力的になれるか、可愛くなる秘密メモ、そしてプロデューサーについてのメモなど色々とメモしていく習性があります可愛いですね。デレステでは大量のメモ帳を持ち歩くあまりどのメモがどんな内容か忘れてしまう、といった一コママンガがあったりします。可愛いですね。このメモ帳について語り始めると文章量が5倍くらいになるので、ぜひカードを集めてセリフ確認してみましょう。

あとは、「かなかなファイファイ」「かなかな童話」といった「かなかな〇〇」という珍妙な(可愛い言葉をたまに使うことがあります。発する機会は実はそこまで多くないのですが、その使いやすさと可愛さから主に今井加奈ちゃん担当プロデューサーの間で使われていたりします。

ここで、6周年記念も近く、おそらくスカウトチケットが発売されるので、オススメの交換カードを紹介していきたいと思います

まずはイラストが強い[南国バケーション]です。水着です。可愛いですね。今井加奈ちゃんは実はB81とそこそこのものをお持ちなので、特に特訓後でそのスタイル遺憾無く発揮しています。こんなに可愛いのに自分可愛いアイドルである自覚が少し薄いのが末恐ろしいですね。庇護欲が掻き立てられます劇場603話では寝ぼけたあまりセットと自分の部屋を勘違いして大慌てする様子が描かれています。とても可愛いのでぜひ一度見ていただき、スカチケで交換して欲しいと思います

22コス対象になった場合は、即戦力にもなり得る[ワンダホーリーナイト]もオススメです。このカードクリスマス今井加奈ちゃんがプロデューサープレゼントを渡そうとする場面を描いています。もう可愛いですね。書きすぎるとネタバレになってしまうので控えますが、特訓前には今井加奈ちゃんがプレゼントを渡す瞬間まで描かれており、特訓後では「かなかな童話」に沿って今井加奈ちゃんが感謝気持ちを伝えてくれますプロデューサーの隣にずっといさせて(意訳)という言葉まで発する独占欲まで芽生えちゃった今井加奈ちゃんはとても可愛いですね。

今井加奈ちゃんを語る上で、いくつか有名なユニットを紹介することは避けられません。

まずは初期衣装ユニットであるイエローリリー」が挙げられるでしょう。最近デレステでメロウイエローイベントがありましたが、それの母体とも言える服装ユニットです。メンバーはゆかゆかのりこのメロウイエロー3人に加え、間中美里さん、今井加奈ちゃんの5人となっています比較露出が少ないユニットなので語るのが難しいですが、プロデューサーとしては初期衣装というのはやはり思い入れがあるので、この5人で何かあれば良いな、と思っております

正式名称はないユニットになるのですが、「かなみう」も有名なユニットです。このユニット今井加奈ちゃんと「みうさぎ」こと矢口美羽ちゃんとのユニットになっていますモバマスで同時に編成した時にセリフが変化する「アイドルトーク」の対象にもなっています彼女らは個性派というよりは「普通」に近く、それでいてアイドルとしてどういうようになるべきか、といった方向性模索を続けているという共通点があります。その方向性は違うものの、共演や言及の機会も多く、お互いに影響を与え合いつつ成長してることがわかりとても微笑ましいです。矢口美羽ちゃんから今井加奈ちゃんへの呼び方である加奈ちゃんさん」もとても特徴的で可愛いです。細かい説明Pixiv百科事典が詳しいのでそちらに譲ります

最近イベントでは、「ビビッドカラーエイジ」「かな☆かな☆ファンシー」といった昔に登場したユニットが再登場、ということも増えています。「ビビッドカラーエイジ」はPaから高森藍子ちゃん、Coから藤原肇ちゃんと組む3色ユニット、「かな☆かな☆ファンシー」は今井加奈ちゃんのカード中で「ふたりのかなユニット」と言及されている、今井加奈ちゃんと三村かな子ちゃんのユニットです。あとは「スケルツォプリマヴェーラ」という、今井加奈ちゃん・村松さくらちゃん大原みちるちゃんのユニットが今年頭に結成されていたりします。新旧共に夢が広がっていきますね。二次創作だと島村卯月ちゃんとの「かなうづ」などがあったりするのですが、さすがにキリがないのでこの辺りで留めておきます

最近の悩みは「そばつゆ」が楽曲Near to Youを指す言葉になってしまったことで話が通じにくくなってしまったことです。一方で多くのプロデューサーの脳にそばつゆが染み込んでいるのでサブリミナルそばつゆ効果今井加奈ちゃんも浸透させやすくなったとも言えますね。

現在では一ノ瀬志希ちゃんとのユニット存在しないと思うのですが、純粋で騙されやすそうな今井加奈ちゃんとつかめなさそうな独特の雰囲気もつ一ノ瀬志希ちゃんはユニットとして考えると面白いのではないでしょうか。志希にゃんが無茶振りをして、今井加奈ちゃんがあたふたしている様子は想像するだけで微笑ましいですね。もしくは志希にゃんの言葉を信じ込んでメモを取ってしまボケ殺し的なこともあるかもしれません。

こんな今井加奈ちゃん、第五回シンデレラガールズ総選挙までは51位勢だったのですが、第六回総選挙でなんとCu7位・全体21位と大躍進をしています。勢いがありますね。これは第七回総選挙今井加奈ちゃんに投票することで勢いに乗れることを表しています。すごいですね。心に決めたアイドルがいらっしゃる方はそのアイドル今井加奈ちゃんのふれあい妄想してください。そしてそれを世界に発信してください。それが今井加奈ちゃんとあなた担当の勢いに繋がります。それが無理でもどうか名前だけは覚えていただけると担当としてはこの上なく嬉しいです。

それでは今井加奈ちゃんをよろしくお願いします。

(一応世界はそこまで捨てたものじゃないよという話です)

https://anond.hatelabo.jp/20170813014010

2017-08-12

デレステミリシタ同時にイベント

live partyはランダムドロップ期待しつつぼちぼち。

ミリシタのほうは順位限定(50000位内)があるけどどうするか。正直ボーダーわからん限定衣装付とくれば荒れそうだけど。実プレイ人数がいまいちからない。デレステだとたぶん20万人台ぐらい(いつもじゃなくて、気まぐれに少しだけプレイするみたいな層も含む)かなあという感覚だけど。ミリシタは正直その辺がまだわからない。

ライブチケットがあるというのも一因だと思うけど、ライブ使用元気が最大元気に対して大きかったり、細かいところでバランス悪い印象がある。ただ中長期的に改善していったゲームもあるから現状様子見か。

あとこれは多分に個人的に受け付けない以上でも以下でもない案件だけど、ミリタコミュの3Dがやっぱりあわない。特に会話の中身に応じていろんなポーズというかリアクションするあれがなんか無理。もしかしてADVとかギャルゲーとかのせいで2D立ち絵自分最適化されちゃってるんだろうか。

それはさておき、デレステの追加一コマ真奈美さんがまさかの続きだった。菜帆さんの一コマは菜々さんのライフは1時間しか持たないのでやめてさしあげてっていう気分になった。そこから連想で奏さんの前の一コマに対する反撃からの流れでウサミンコーデな奏さんのカナミンデビューみたいな話を思いついたが誰か書いてないかな(要望

あと、唐突に来た追加衣装ですがL.M.B.Gだったので課金しようと思った時にはすでに

2017-08-10

anond:20170809180008

妻に食べるしか趣味をつくらせない生活を送らせるとそうなるのでは。

韓流アイドルを見に行く人ならチケット交通費宿泊費にくらべて高すぎと思うだろう。

あるいはお笑い趣味だとゴチバトルなんかみていてそんなめずらしい食材ばっかりたべててもなあってなるのでは。

 

でも「お互いのボーナスで」なんだからいい奥さんなんじゃないの。

一般人披露宴しか食べられないような食事」を奥さんはお色直しとかドレス汚すなという理由一口も食べられなかったりするのもよくある。

一度はやってみればいい。

8月9日にやったこと

今日ゲーム三昧。良くない。でも一応外には出た。(夜、コンビニに行きました)

ゲーム(ウイイレ)

今日12時過ぎに起床。お昼ご飯を食べてから、30分ほど3DSウイイレをやりました。

プレーしたのはマスターリーグというモード

ウイイレを良く知らない人に説明すると、マスターリーグというのは特定サッカーチームオーナーになって、

選手を補強したり放出したりとチームを運営するモードのこと。

3DSウイイレでは選手管理コーチレベルの設定くらいしかできないけれど、プレステウイイレだと

監督も補強できたりするらしい。

(ちなみにコーチレベルを上げると選手の実力が伸びるスピードがすさまじく上がる)

当然、勝てば契約しているスポンサーから勝利給がもらえる。ホームゲームだと開催するだけで

チケット代がもらえるけど、勝つとスポンサーから追加で報奨金がもらえたりする。

あと、もちろん選手スポンサーがついたりもする。今俺のチームにいる遠藤保仁という選手には韓国

飲料水メーカースポンサーについている。あとカバーニっていう選手にもカナダ飲料水会社スポンサー

ついてる。だから俺はこいつら二人を高齢になってもクビにできなかったりする。でも、そういうしがらみが

あるのもまた面白い

で、このマスターリーグっていうのがすさまじく面白い

選手管理だけでも面白いのに、実際に試合自分でプレーできるのだ。

自分意思で獲得した選手自由自分の手で動かして、ゴールを決めたり試合結果に一喜一憂する遊び…

それがマスターリーグ。すさまじく面白い。ぜひサッカー好きにはお勧めしたい。(というかサッカー好きの人は

もう大抵ウイイレくらいやってるか)

ウイイレマスターリーグは、一回プレーしはじめると大体2~3時間は遊んでしまう。

だけど今日は30分で我慢した。偉い。

(っていうか1プレーにつき2~3時間はやりすぎ!!)

詰将棋

というわけで、早々にウイイレをやめた俺は、今度は詰将棋に手を出してみることにしました。

始めて将棋に触れてから早一か月、合間をぬって詰将棋をするのが趣味の一つになってしまいました。

今回は前回問いた詰将棋の復習に加えて、新しい詰将棋5問を解きました。…正直、新しく問いた方は5問とも

結構悩みましたね…。まだまだ鍛錬あるのみ。

ゲーム(スマブラ)

というわけで、早々にウイイレをやめた俺は、今度は3DSダウンロードしてあるスマブラに手を出すことにしました。

本当はオンライン対戦をしたかったのだけど、スマブラ更新プログラムダウンロードできるほど容量がないとかかんとか

そういう諸般の事情オンライン対戦はできないことに。

なので今回はCOMのレベル9とタイマンで戦ってみました。ルールは3ストック制、アイテム無しで終点という

ガチ部屋使用こちらの使用キャラパルテナゼロスーツサムス

以下、COMのレベル9と対戦した感想

☆VSクッパ

重量級ファイター王様クッパ。正直めちゃくちゃ強かった。パルテナで戦ってみてた時は、その勝率は恐らく4割弱程度。

終盤は6割近く勝てていたと思うけど、それでも6割程度。2、3回のミスですぐ%が追い付かれてしまうという鬼のような火力…!

練習中のゼロスーツサムスでも勝率は7~8割程度で、ゼロスーツサムスでも辛勝の時がまあまあある。

クッパ強すぎぃ!唯一の弱点は飛び道具に弱いこと。ちなみにこちらがクッパでプレーしてCOMと戦ってみると、

あっさり勝てました。クッパ強すぎ!

☆VSガノン

苦手な重量級の二人目、ガノン結構強かった。

パルテナ勝率は5割程度、ゼロスーツサムスでは3タテされた試合もあった。

個人的感想としてはパルテナのオート照準とメテオを狙う空中攻撃比較有効打だった。

スマブラ感想

重量級ファイターがとにかく苦手な俺氏。いつの日か重量級ファイターに楽勝できる日を目指して…。

コンビニに行く

スマブラを3、4時間ほどプレーした後は、夕ご飯を食べて夜のコンビニに行きました。

何も買わず…。そろそろお酒が飲みたくなってきたので、今度コンビニに行くときお酒を買ってこようかな、なんて。

でもお酒弱いんだよなぁ。飲みたいけど弱い、この矛盾をどうするか…。

日記を書く

今やっているように、はてな匿名ダイアリー今日したことを日記風にまとめてみました。

あ、それと明後日遊ぶ約束してる友達メールなんかもしちゃいましたかね。

今日やりのこしたこと

・新しい漫画執筆、または構想を練る

新しい漫画を描いてweb上に発表したいと常々思っています明日こそは…なんとか進めたいですねぇ。

イメージは少しだけ固まりつつあるのですが…。

心療内科先生に言われた言葉の振り返り

昨日、心療内科に行ってきたのですが、何やら色々タメになりそうなことを言われたので、それらの言葉

振り替えておくという作業今日不足していました。要反省

お絵描き練習

恐らくもうちょっとしたらお絵描き熱が再燃してくると思うので、その時までにお絵描き練習をしておくことを

やりのこしてしまったと思いますポーズマニアクスの模写、それと何より実戦…がまだまだ必要ですかね。

小説の構想を練る

数万字ほど書いて放置してある小説の続きを練りたいですね…明日こそは…。

以上が8月9日にやったこと。終わり。

明日は絵を描きましょうかね。ネット人達に催促されてそうなので。

(合計2218字)

2017-08-09

同厨がほんと無理

私はとある若手俳優オタクをしている。

だけど明日からは、していた、となる。

今日いっぱいで、私は推し推しと呼ぶのをやめようと思った。

理由推しがカノバレしたとか炎上したとか

一向にパフォーマンスに成長がみられないとかそういうことではない。

同厨の存在だ。

私の推しは、昨年人気のある大きい舞台に出演した。

2.5次元と呼ばれる舞台の中でもいま現在1.2を争う人気のある舞台だった。

その頃からファン層がどんどんと変化していったように思う。

生放送をすれば、演じたキャラ名前コメントがあふれる。

イベントがあれば、推しはそのキャラとして振る舞うことを求められる。

SNS等のオープン場所でのコメントにいわゆる腐女子と思われる人たちのそういった発言が目立つようになる。

そうしてやがて推しが付けてくれたファン愛称をもじって、私達は揶揄されるような存在になった。

「◯◯くんはいいんだけどファンちょっとね…」

ファンが嫌だから◯◯くんは推せないな~」

と言われることもあった。

私達が、本来応援しているはずの推しの足を引っ張っている。

そのことがとても恥ずかしかったし、情けなかった。

そういうファンと一括りにされたくなくて、私は限りなく良いファンで居ようと努めた。

推し負担になるような応援の仕方はしなかったつもりだ。

ただ推しの足を引っ張ることだけはしたくない一心だった。

だけど昨晩、推し所属事務所から発表されたコメントを読んで、もう本当に根本からぽっきりと心が折れてしまった。

事務所にああまで宣言されないと、やっていいこと悪いことの区別がつかないような人と、推し応援し続ける限りはまた一括りにされてしまうんだろう。

今回の件に言及している人のTwitterアイコンやヘッダーを見ると、推しカレンダー画像や、ブログにあげている写真無断使用されていたりしてげんなりした。

今度予定している推し舞台は、まだまだ客席が埋まらない。

知り合いに無償で配布する予定だった分も合わせて、軽く見積もって30万分のチケットがまだ私の手元には残っている。

おそらく消化できずチケットはただの紙に成り下がり、劇場には30万円分の空席が出来ることだろう。

界隈に居る人なら私の推しが誰かなんてすぐに推察出来るはず。

推しには申し訳ないと思いながら、ただ現場に行く気力もなく最後にこうしてどこかに吐き出してしまった私も、どうしようもないオタクだ。

2017-08-08

顔ファンがよく分からない

容姿を売る職業の人に限定しています

顔ファンブロック*ˊᵕˋ*

顔ファンライブに来るな⠒̫⃝⠒̫⃝⠒̫⃝

ってよく見るけどよく分からない…

頭が悪いからか……?

そもそも顔ファンとは顔から入ったファン、もしくは顔が好きなファンという認識であっているのだろうか?そう思い続けている。

この単語を知ったのはジャニーズ界隈で、事あるごとに叩かれてるのを見る。私が見るのは話題に上がってる時くらいなので大体はチケット当落の頃で、今日は水卜アナの云々で見た。水卜アナ応援している人はにわかの顔ファンらしい、知らんけど。

私はジャニーズ外に推しがいて、推しの顔が大好き。気になったきっかけは素敵な笑顔だったし、毎日更新される綺麗なお顔にうっとりする。推し努力家で真面目な所が顔や体型に出ている、一朝一夕で手に入れられる肌や筋肉ではない。推しの見た目が大好き。

これは紛れもない顔ファンなのではないだろうか?紛れもなくなくても顔ファンである気がする、少なくとも顔ファンじゃありません!と大きな声では言えない。なんてったって推しを見たら顔が綺麗だと思ってしまうからである

ただ、顔ファンは叩かれる。

にわか新規と同じ様にもしくはそれよりも酷く。

私は人に高圧的、排他的意見押し付け行為はめちゃくちゃ怖い事だと思っていて、叩くとかアンチとか最高に怖い。そのような行為をするということは「私は顔ファンとは違う」と明確な意志を持っているのだろう、叩いている人は顔ファンの要素がない人だ、と思っている。自分にその毛があるのに偉そうなのは流石に恥ずかしすぎるのでどんなに学が無い人でもきっとしていないだろう……してない体でいきます

多分、顔ファンを叩く人は崇高な趣味をしているのだろうと思う。きっと推しの中身が変わらなかったらそこらへんの適当おっさんの顔とかに変わっても好きなのだろう。素晴らしい愛だと思う、時代時代だったらお伽噺になってそう。ただ私は絶対好きにならない。推しと同じ性格を持った推しと同じ年齢の男がいても推しの最強顔面を持っていなかったら好きにならない。あんまり関係ないけど容姿を売る職業の土台にブスがいる事が不愉快だと考えている。ブスいるんですようちの界隈、でもこういう人に顔ファン叩きはついてません。

顔ファンを叩く人によくある(私主観)のが「推しの明るいところが好き♡」とかである。顔が整っているからではなく、仕草言葉に惹かれたという。はたしてあなたはその行為を顔が整った人間がしていなくても興味を持ったのだろうか?

顔ファンを叩く人はブスでもいいのだろうか?ブスな男にそもそも興味を持つことがあったのだろうか?あなただって推しに興味を持ったきっかけは整った顔が土台にある行動じゃなかったの?


ここら辺がうまく自分の中に落とし込めなくて、いつも悩んでしまう。顔ファン叩く人が「私は推しオーラが好きなの」とか言ってくれたら納得出来る気がする。

2017-08-07

それでもツイッター止められない自分

以前のツイッター記事ブックマークをして下さった方、ありがとうございました。

あの後、ツイッターを止めようかと思ったけど、やっぱりせっかく繋がった方がいるし止めてしまうのは寂しいと思って止めれずにいる。

でもツイート見てやっぱり嫌な気持ちになる時もある。勝手だけど自分が参加していないイベント感想は、あまり読みたくない。

チケットが取れたとかのツイートもあまり見たくない。本当に勝手だ。

こんな事自分ツイッターでは、呟けなくていい子の自分を演じてしまう。

日記を書いてからツイッターを開かなかったけど、やっぱり気になってしまってしばらくはツイッター止められないなと思った。

やっぱり感想を知りたいって気持ちもあるし、でも自分が知りたくないような感想は、読みたくない。

ツイッター応援してる声優さんの事を、「写真盛れてる」とかいツイートがあって何だか嫌な気持ちになった。

これってあまりいい意味じゃないよね?色々なファンがいるのは当たり前だけど、それが許せないというか嫌になる自分も嫌だ。

でも自分ツイートいいねしてもらえたら嬉しいし、やっぱり承認欲求があるんだな。

認めて欲しいって気持ちがあるんだよね。

アイドルアニメライブに久々に参加して感じたことをつらつらと書いてく

東京秋葉原に住んでいるが、わざわざ名古屋まで行って某アイドルアニメライブに参加してきた。

ちょっと長くなるけど、この気持ちをどこかに書き留めておきたくて、帰りの東海道線の中でちまちま打っていこうと思う。

今回行ってきたライブ作品は、いわば「続編」で、“伝説”になった初代グループに憧れ、そんな風に輝きたいとステージに上がる女の子達を描いた作品である

自分はその初代グループお話が本当に本当に大好きだった。

当時大学生だった自分はモロに影響され、アニメを何回も観ては泣き、ライブにはほぼ全て全日参加し、彼女達の生き方に憧れ、その作品を作った人達全員を心の底から尊敬し、がむしゃらに今を輝かせようと大学生活を走り抜けた。

完結編にあたる映画版を観た少し後、まだハイになった頭のまま就活面接を受けた。

作品に出てくるセリフをほぼそのまま取締役に恥ずかしげもなく言って、落ちこぼれには分不相応な一部上場企業へのチケットを受け取った。

その作品きっかけで、アニメ漫画の同好の志が集まる場に参加するようになった。

そこで気の合う女の子と知り合って付き合い始め、卒業直前にはその作品重要場所となっていた神社結婚式まで挙げた。そして舞台である秋葉原に新居を構えるまでに至った。

まさにその作品自分大学生活にとんでもない影響を与える“青春”だったな、と今でも思う。

そんな大学生活の最終日となる2016年3月31日彼女最後ライブとなる東京ドーム公演の初日に参加し、彼女達のストーリーピリオドを迎え“青春”が終わったのひしひしを感じた。

あれからおよそ一年半弱。

僕の影響でどっぷりハマった嫁に連れられて、彼女達の“伝説”を受け継いだグループライブに参加してきた訳である

そのパフォーマンスは圧巻の一言

歌、ダンスマイクパフォーマンスストーリーオーラ。そのどれを取っても初代に引けを取らない、すごいライブだった。

参加者熱狂し、終了後のTwitterも絶賛される声が溢れていた。

本当にすごかった。

しかった。

自分もそう思う。

でも心の中のどこかに、初代のライブに参加していた時には感じる事の無かった淀みのようなものライブからハッキリと感じた。

その正体が気になってしまい、演者に向かってペンライトを振りながら自分自身を見つめる時間になっていた。

会場のボルテージが上がり一体化する日本ガイシホールの中で、疎外感と孤独を感じてしまった。

劣等感、なんだと思う。

初代の声優達の中での最年少と同い歳の自分は、二代目の声優の誰よりも年上である

自分と同じように初代の活躍を見て、

自分と同じように彼女達に憧れ、

追いつけ追い越せと努力してきた年下の女の子達に、あんな凄いものをまじまじと見せつけられた。

初代の最後ライブから一年半の間「君の心は輝いていたかい?」と強く問いかけられた気がした。

この一年半、一体何をやってきたのだろう?

今の自分じゃ、とても彼女達には敵わない。

そう感じた。

帰りの電車でそれに気づいて、吐き気が止まらなくなった。正直どうしたらいいのかわからなくなった。

そんな時、ふと作品の中でのエピソードを思い出した。

彼女たちは他のアイドル達に完膚なきまでに負けて一度は挫折しかけるが、その経験を“ゼロ”として、新たな一歩目を踏み出していく。

初代への憧れだけじゃなく、自分達らしさを求めて。

まさかそれを自分自身体験させてくれるとは全く予想だにしていなかったわけで。

なーんだ、そういうことだったのか、と素直に納得した。

東京に戻ったら、僕もがむしゃらに新たな一歩を踏みだそうと思う。

ちょっと立ち止まっちゃってたな、って反省した。

舞台も人も変わっても、ラブライブ!という作品青春と言う名の暴力で僕をボコボコにしながら、いつだって大切なものに気付かせてくれる。

ただ埼玉公演に行ける勇気は、まだないかな……。

ぼっちオーキャン巡り#1 日大理工

西船まできて東葉高速鉄道(高い)へ乗り換えて船橋日大前駅で降車

東口から出ようとしたところ駅員さんに西口をご利用くださいと誘導された

オーキャンがあるためにわざわざ?

東口を出るとすぐそこ

受付用紙を貰って誘導された建物で事項を記入し終わったら前の人についていって総合受付

紙を渡すとよくあるカサカサの袋を貰える

中身はボールペン(赤青1本ずつ)、入試詳細の載ったパンフレット(ついこのまえ200円払って申し込んだのに貰えるんかい)、学食体験チケットドリンク引換券等

うちわがそこら中においてある

早く着いたのでオリエンテーションに参加

偉い人の話、スケジュール等の案内

広すぎて地図を見てもよくわからずうろうろ

とりあえず個別学科案内を見ることに

ロウロしてたらなんだか広い教室に入った

みんなぼーっとしているので休憩室かと思ってパンフ落ち着いて眺めようかと思ったら全く興味のない学科ミニ講義が始まった

途中で出るのもなんかあれなので仕方なく最後まで聞いてみた

内容は面白かったけど深めたくはない

志望学科へ聞きたいことがあったのでブースへ向かった

学科個別相談にて

資格がとれるとあるがどのようなサポートがあるのか

資格取得用の講習会を用意

 授業内容も役に立つ

その他

個別相談できるコーナーは1Fにもあった(入試個別相談学科別の相談とは何が違うのかな

普通に入試のことについても答えてくれたし

研究面白い、全部やりたい

本命ミニ講義に出席

その分野が社会でどう役立っているか

学食無料

学食は3つのレストランネットカフェで使える

ネットカフェというと快活やゲラゲラみたいなのを想像してしまうが、普通カフェだった。

その端っこに数台パソコンがおいてあるって感じ

僕はレストランで食べました

カツカレーを注文

結構ボリュームある…

まりお腹すいてなかったので後半は無理やり押し込み…

オープンキャンパスのためにわざわざ特別メニューを出してくれているみたいですが僕らはいつも食べられるものが見たいんですよね

レストランの近くでドリンク引換可能

ペットボトルジュース

時間なくて引き換え忘れた

続々、推し卒業を発表したこと

9月24日に真那さんの卒コンの日程が発表されました。

9月の終わり、もしくは8月の終わりに卒業するだろうな、と予想していたので、強くショックはありませんでした。

どんなに遅くとも11月生誕祭の前には卒業されるだろう、と。

慎み深い方なので、自身イベントをやって更に送り出してもらうことを、自身へ良しとしないだろう、と思って居ました。また、ダラダラとすることを好まないだろう、と。

覚悟をしなくては、と思って居ます

卒業発表をして、ソロ楽曲、そして卒コン

素敵な卒業です。じゃんけん大会と日程かぶりがやや気になりますが、たくさんの報道陣の方に卒コンについても報道してもらえると思います

ファンレターを書こうとして、思い出がぽろぽろと溢れてきて困って居ます

私は、いうなれば在宅のオタでした。

握手会には何度か、公演にも何度か入れました。美浜へ行ったこともあるし、外れてしまった生誕祭モニターで泣きながら見て居ました。

それでも、やっぱり在宅のオタクだったと思います

(いかんせん距離問題が大きかった、というだけです。)だから彼女へのファンレターは私には絶対必要ものでした。

便箋を選ぶところからまり構成メモ帳に、シャーペンの下書き、ペン入れ最後宛名を書いて郵便局からします。

便箋を選ぶ、そのことひとつとっても、とても大切でした。最初彼女に出すファンレター便箋メーカーを決めて、ずっとそのメーカーのもの使用していました。

握手会に行けない時には総選挙のおめでとうを手紙で伝え、彼女未来が明るく温かいものであることを祈りました。

いつかの握手の際、私はファンレター果たして本当に届くものなのか不安だったので、真那さんにファンレターを書いている話をしたことがあります

真那さんは私の名前を教えて欲しい、と言い、名乗ると便箋の柄まで言い当て、字を褒めてくれました。

ファンレターが届いている。

そしてそれは確かに真那さんの手元に行くのだと思うと、それだけで幸せなのに、真那さんは私が出したファンレターを覚えている、便箋の柄まで。

それは、私のドルオタ人生の中でも大きな大きな出来事でした。

公演にしてもそうです。

SKEが大きなコンサートを何度開催しても、公演に入れるということは、そうした大きなコンサートより思い出に残ることがあります

運の良い最前列彼女はまさに、シアターの女神

私の好きな踊り、指の先まで綺麗な。

目の前に推しがいる。

私は彼女キャッチフレーズ、M(A)S(A)N(A)に合いの手を入れることが大好きでした。人生で1番幸せだと感じる瞬間でした。

それをやれるのはこうした時だけ。

帰り際、お見送りを受けながら、私は彼女今日は本当に最高の日だった、応援してる、と早口で伝えました。

ありがとう〜、嬉しい!という彼女からもらった返事。生誕Tにも反応してくれて、何回もある事ではなくても、公演を観ることができたのは本当に幸いでした。

私自身は今後、ファンレターを書いて、8月11日握手会に参加して、そのあとは卒コンチケットをなんとか当てたい、と思っています

彼女の綺麗でそれでいて華やかな卒業を、私もまた見届けたいと思っています

卒コンが行われることは嬉しいですが、キャパは1万人のホールです。

わかりきっているのは、伝説コンサートになるということ。また、じゃんけん大会同日ということもあり、倍率は高いと思います

それでも、卒業コンサートをしてくれる事は、彼女アイドル人生にまたひとつ、素敵な記念碑が出来ること。

たくさんの後輩から慕われ、妹のような可愛らしい同期と輝かしい未来の為のコンサートを行える、運営の方に感謝しています

例えば、真那ちゃんは総選挙選抜に入るようなメンバーではありませんでした。

彼女の長いアイドル人生の中でも、総選挙選抜に入った事はなく、それでも安定した地位を常に保っていました。

ご飯を食べることが大好きで、表に出さないからこそ、理解されない苦悩も多く、またブログ不思議ちゃん、のような扱いを受ける事もありました。

でも、彼女彼女ファン運営の方が見ていてくれた事。その誠実に、何かを残そうとしてくれた事。

それは“誰かが投げたボール”。受け止める人がいる。

彼女卒業まで、またひとつ大きな記念碑が立ちます

私もそれについて、彼女卒業を見守りたい。

1つだけ聞きたい事があります

私はこれからSKE応援します、彼女の残した大切な場所を、また受け継いだ人たちを。

ただ私の推し大矢真那だけだと、言ってもいいでしょうか。

大矢真那以外に、私に推しはいません。

最高のアイドルだと、言ってもいいでしょうか。

2017-08-06

地元自治体就職して3年目の自分が、現在持っている仕事以外での役職一覧

書いていて愚痴っぽい話になっちゃったので、いろいろとぼやかしたり虚実を混ぜたりしながら。

職場野球部の庶務

 野球中学ちょっと嫌いになって高校以降は避けていたけど、最初の配属先の隣の課に野球部に入っている人がいて、断ることができずになし崩し的に野球部に入部。

 庶務の仕事は主に5つ。①練習場所の手配。②試合参加者を9人揃える。③練習試合日時の通知。④試合用のユニフォーム、用具の管理。⑤遠くで試合がある際の宿泊地の手配。

 積極的試合に出たがる人は2~3人くらいしかいないので、試合参加者はいつも9人ギリギリ自分試合に出ないとまず9人揃わないので、今年は全試合に出場しました。

 通常は採用5~10年目あたりの職員が庶務をやるのが通例らしいけど、自分場合上の世代があまりいない都合上2年目からやってます。あと3年くらいはやる羽目になりそう。

 なお、野球大好きな先輩方から色々なチームに誘われた結果、現在このチームも合わせると5チームに参加してます。年間の試合総数は毎年30試合くらい。

 当市の農林水産部長監督やっているチームがあるけど、農林水産部長直々に加入するよう頼まれました。これは断れんよ。

職員組合青年部役員

 職場野球部の先輩から指名されました。どうも青年部役員選出には伝統的に「野球部枠」があるようで、目をつけられましたね。

 言うほど仕事はないですが、近隣の自治体と合同の勉強会を開催する時に懇談会の準備を有給取ってやってます組合の方で有給補償してくれよー。毎月全職員から給与の内ウン千円組合天引きしてんだろー。

○在住地域消防団員

 まあこれは地元就職した人なら大体入るんでしょうかね。就職決まったときから覚悟はしてました。

 自分の父や祖父は方面隊長まで上り詰めた人なので、自分に関しても地元からやたらに期待されているようです。

 所属している消防団はかなり適当雰囲気なので、操法大会に向けた訓練とかもかなり回数を絞ってやってくれてるので助かってます

 でも自治体全体の演習で丸1日拘束されたりするのは辛いねえ。

○在住地域の体育協会役員

 地元運動会とかスポーツ大会の準備だとか審判だとか色々と。

 運動会については前日からの準備が結構忙しくて、今年については金曜に仕事終わってから集まって23時で解散して、土曜の運動会当日は早朝4時30分に集合なんてやりました。

 スポーツ大会については職場野球部と同様に参加者の取りまとめとかもやってます

 職場野球部試合地元ソフトバレーボール大会の日程が被り、しかもどっちも自分が参加しないと棄権するという状況だったけど、雨降って野球試合が順延したのでどちらかを切らずに済んだなんてことも。

○在住地域イベント実行委員長

 公民館事務局の人から直々に電話がかかってきて頼まれました。「地域若者主体になってやるイベントなんで、ぜひやってくれないか?」って。

 「住民主体と銘打ってやっているイベント実行委員長地方公務員なのはまりよろしくないのではないか?」とは伝えましたが、他になり手がいないそうで。

 実行委員として地域若い人を公民館事務局の人に集めてもらって、開催2ヶ月前くらいから係の割り振りしたり物品準備の指示したりイベントに呼ぶ出演者との連絡調整したり。

 ついでに、公民館事務局にや実行委員PCに明るい人がいないこともあり、チラシとかポスターとか案内文書とか色々自分作りました

 結構しかったけど、裁量の大部分がこっちの方にあったので意外と楽しかったです。でも来年は俺以外の人を委員長にしようね。文書作成は俺やってもいいからさ。

○勤務地域伝統芸能イベント実行委員

 「行政主体ではなく、地域住民主体となって開催する」というコンセプトでずっと開催されてきたイベントですが、地域人口が少なくなってきたため「近くで働いている若い職員」という理由自分もお呼ばれされました。

 イベントの1ヶ月前から平日夜に集まってチケットの発送だとか会場設営だとか色々と準備をして、そのあと地域の人と懇親会という流れ。代行代が馬鹿にならない…。

 ここの地域の人たちは酒はほぼ日本酒(しかも熱燗)しか飲むまないから、自分日本酒そこまで得意ではないけど周りに合わせて飲んでます

 イベント当日終了後の反省会では100人弱くらいで一升瓶50~60本空けてて唖然しました。この時は自分粗相しちゃって地元の人に怒られました。

出身中学高校の同級会の幹事

 まあこれも地元に帰ってきた人なら大体やってるんでしょうね、公務員とか銀行員とか農協とか堅いイメージ職業の人だと特に

 自分同級生の中だと地元でそういう仕事してる人が自分くらいしかいないんで、中学同級会、高校同級会、高校部活の同級会は常に自分幹事やってます。それぞれお盆年末年始に1回ずつ。

 それぞれ面子が被っているところがあるので、毎回店がかぶらないように地元は多くはない飲み屋から選ぶの結構大変なんだよなあ。いっそのこと3つの会を合同でやっちゃってもいいのかなあ。

 大体こんなところです。こういう役職結婚すれば「アガリ」になるんでしょうけど、なんせ若い女性がどんどん外に行くのと、自分モテないのが重なって…。

 でもこういう役職持つことで自分スキルアップに役立っているって側面もあるんだよね。仕事量が多いのは勘弁してほしいけど。

ツイッターを始めてから自分の嫌な所を知った。

ツイッターを始めてから半年ぐらいたったと思う。ツイッター登録をしてからは、すぐには使わずに長文を書く事が多いのでブログを使っていました。ツイッターを見るのは、情報を知る為にその頃は、使っていたのですが、せっかく登録したのだから半年から使い始めて少しづ自分趣味と同じ人を探してフォローしてフォローされてフォロワーさんも少しづつ増えてきて好きな事を語りあえるのは、ツイッター楽しいと思う。ブログと違い割とすぐに相手の反応があったりするので共感したりされたりと同じ趣味の人が身近にいない自分にとっては、語り合えるのが楽しいと思うようになりました。

ですが、私はある声優さんファンである声優さんを好きなファンの方と段々と繋がるにつれて共感する事も多かったけど、でもツイッター発言に嫌だなと心の中で思ったりする事もあって、そりゃファンは、色々な思いがあるし、そこにどうこう思うのは違うと思う。

同じファンからこそイベント参戦の感想イベントチケット当落などもツイート見てると流れてくる。勝手だけど自分が当たらなかったイベントに他のファンの方がたくさん当たっていたら見ていて寂しい気持ちになったりして、イベント感想自分が参加していないイベントだったら感想を読むのも嫌な時があったし、本当に自分ってこんなに勝手だったんだと自分の嫌な所がツイッターでわかった。でもツイッターでは、決してそんな発言出来なかった。同じファンの方は、共感する事も多かったけど、イベント感想が大げさじゃないかなと思う事もあって応援してる声優さんは、絶対だ!のようなもう何してても可愛いとか表現する方にも違和感があってモヤモヤもしたり、ブログをしてた頃は、全くこんな事を思った事も無かったかツイッターならではなのかな?とも思う。ツイッターは、本当に色んな方と交流も出来るし、同じ趣味の方とも繋がれる。とても楽しい事もある場所だと思う。

でもイベントチケット当落イベント参戦などを見て自分ももっと参加しないとと焦る気持ちにもなってしまってツイートイベント感想などたくさんあると疎外感を感じたりする時もあった。やっぱり自分イベントチケットが当たっていたらツイートで報告したいし、その気持ちはよくわかる。そのツイートを見て勝手に羨ましく思ってるのは自分勝手から。でもあまりにも大げさな感想とか応援してる声優さんがどんな事しても可愛いという感想だとか凄く強い批判とか言葉遣い女の子なのに本当に乱暴だったりとかも同じファンで見たりして嫌な気持ちになったりもした。

自分は、決して同担拒否ではなく同じファンの人が多いと嬉しいと思う方だったのにツイッターを始めてから「私って同担拒否?」のような気持ちを感じるようになってツイッター止めようかなと何度も思う事があった。本当に勝手だと思う。

ダラダラと書いてしまいましたが、少しでも共感して下さったらいいなと思います

何だか本当にまとまりない文ですみません。吐き出したかった気持ちをただ書いてしまいました。

読んで下さった方、本当にありがとうございます

ファンじゃない人があんステに行くことに呪う気持ち我慢できない

舞台あんさんぶるスターズ!」Judge of Knightsのチケットが取れない。

本当に全然取れない。

上演エピソードジャッジメントに全く興味がない、

KnightsPじゃない、

登場するユニットファンでもない、

出演するキャストファンでもない(本命推し別に居る)、

脚本家ファンでも演出家ファンでも音楽や歌のファンでもない、

しろ演劇としてのあんステ評価している訳でもない、

ユニットPの知人が何人もチケットを所持している。

先日ヘタミュの転売が学級会の話題になったけど、あんステチケットを持っているファンじゃない彼女達は、不正なんて全くしていない。

「とりあえず申し込んでみた」ら当選しただけだから複数の先行に挑戦したり一般発売で戦ったりすることもない。

例え濡れ衣転売チケットだと当日劇場で言われても、正真正彼女ら本人が購入したチケットなので、問題なく観劇できる。

でも観劇できる彼女達は、現状あんステJudge of Knightsのファンではない。

おそらく観劇後も公式お金を落とすファンになることはないよ。

私は、

アプリ事前登録からずっとKnightsPで、

ジャッジメントは不在だったリーダーレオがついに登場した興奮と、イベントストーリーで喜んだり戸惑ったり闘ったりするKnightsメンバー共感して、もっともっとKnightsを大好きになって、クッソ高いボーダーのために課金しまくり寝食を惜しんでダイヤ時間と気力を振り絞ってスマホタップしまくった、思い出満載のKnightsPにとって大事大事エピソードの1つで、

キャスティングされた役者さんだって奇跡みたいに私の好きな人たちで、

舞台上でKnightsを観れるのが、楽しみで楽しみでしょうがなかった。

チケットが取れた彼女らには、そんな思い入れも、これ程の期待も、まったくない。

これを呪わずしていられる?

本人確認とか、購入者以外絶対譲渡できないとか、そんなこと全く関係ないよ。

そんなこと取り締まっても、ファンじゃない人がチケット持ってて、観たくて観たくて死にそうなファンチケットがご用意されない地獄は変わらないよ。

私は、あんステチケット代が1枚10万円ぐらいで公式から販売されてほしかった。

だってそしたら、ファンじゃない人が「とりあえず買う」問題はだいぶ減るでしょ?

きっと、1枚10万円なんておかしいって言う人が居ると思う。

その理由って、きっと「ファン以外の人も気軽に観れるようにするべき」ってことなんだと思う。

でもさぁ、もう既に「ファンすら気軽に観れない」じゃん。

ファンに対してチケットの枚数があまりにもあまりにも異常なほどに少なすぎて。

狭すぎる劇場での上演、短すぎる公演期間、少なすぎる上演会場、設定した舞台プロデューサーに悪意すら感じる。

プレミア感を煽って、今後の商売の箔付けにするためだけに、大好きなあんスタを、大好きなKnightsを、利用されたような気持ちになる。

あんステ前作DVDリリイベで、Judge of Knightsに出演するキャストさんが、「観たくてもチケットが取れなかったファンの方のためにもSNS等での活動で楽しませてみせる」と気遣い発言をしてくださったそう。

そのお気持ちは嬉しいけど、私はコスプレ男子二次創作が見たいんじゃなくて、舞台の上で役者さんが魂込めてお芝居してくれるステージが観たいんです。

役者さんの本分は芝居を見せることだと思うんだけど、十分なチケットが用意されない(上演期間が足りない・上演会場が足りない・会場のキャパティが足りない)以上、興行主は芝居を見せる気が無いとしか思えない。

プロデューサー無能さを呪わずはいられない。

あんスタの転校生プロデューサー)なら、きっと少しでも多くのファンが公演を観られるように、もっとあらゆる可能性を考えてくれると思う。

もっとあんスタを愛してくれる、あんスタのことを知っているプロデューサーあんスタを舞台化してもらいたかった。

上演期間が開いても良いから(ファンじゃない人が「とりあえず」また買うほど年月が開くと本末転倒だけど)、追加公演をするだとか、

ライブビューイングを千秋楽以外も開催してくれるとか(1日だけじゃ都合がつかない人も居るし、そもそもライブビューイングですら地域によっては全くチケットが取れない)、

もしただのプレミア感を出す荒らし興行ではないのなら、

既存ファンも十分観劇できて、新規ファンも獲得できる余裕があるような、舞台プロデュースしてください。

どうか、どうか…

2017-08-05

私が嫌いなジャニオタ

どうもジャニオタです。前々から転売とかマナー違反とかでぎゃーぎゃー言うやつと、アンチのせいで推しが傷つきましたみたいなブログ書くやつが大嫌いなんすよ。

で、最近それって、どっちも自分基準他人排除してるからだなって気づいた。

それなりの数の現場入ってるジャニオタなら、まあTwitterとかでチケット交換や譲渡絶対やったことあるし、そもそも名義だって1個じゃなくて、複数持ってると思うんだよ。

おまえらその時点でアウトだからな!!事務所は定価譲渡交換も複数名義も全部禁止してんじゃん。

なのに、最前チケに●十万つけてるオタとそれ買ってるオタ見て、なに正義ぶって通報しました!とか言ってるんだよ。

そのチケチケキャンで売られなくても、お前が当たった席じゃないからな!!

金は稼いだけど使いどころが推し現場くらいしかないって子が、最前いくら積んだっていいじゃん。

ひとの金の使い方に文句を言うなよ。

積むオタク文句言ってるやつに限って、Twitterで「ジャニに金使いすぎ早く結婚しろとか親とケンカしちゃった。私の稼いだ金くらい好きに使わせろよ」とか言ってるのがまた。

他人の金の使い方、人生選択文句をいう下品さはお前も同じだよ。

おかしいやつか業者かなっていう●十万積んでるやつは黒で、二万のたぶん普通の人がやってる転売チケは白なの?

8000円のチケを二万で買ってるやつは黒で、ファンクラブの名義を5個つくって、年会費二万払ってチケット定価で手に入れてたら白なの?

全部おまえの個人的基準じゃん!

あ、わたしは名義一つしかないし、交換譲渡も一回もしたことないか正義!っていうのもね、別に正義じゃないよ。

あなた価値観ルール遵守するのは勝手だけど、いくらでもいいわけができるグレーな範囲自分の金をつっこんでるやつに、ルール違反からお前は悪!って言う権利はないよ。

けっきょく、転売とかマナー違反でギャーギャーいうやつの根本は、自分よりも他のやつがいい思いするのが悔しい、っていうのと、

転売してるやつらと違って「正しく」オタ活してるわたし推しへの愛の深さ清らかさよ…っていう気持ちなんだよな。

それならそう言えばいいのに、正義ぶってるのが、本当に醜悪

もちろん、違法転売はなくなるべきだと思いますよ?でも、グレーゾーン全部白黒つけようとするなら、覚悟をもってね!

そんなに「正しい」オタクでいたいなら、二度と交換で多ステしないでくださいね!!!

今時ジャニだってガチ多ステ組が多ステできなくなったら、今と同じ規模でコンサート演劇イベントも成立しなくなると思うけど、

それも「正しい」オタクのせいだね!!悲しいね!!

もっと嫌いなのが、推しが傷ついてます!みたいなブログ書くやつ。

最近だとにゅすオタ?のブログとかがTL流れてきて、つい読んでしまってきっつーって思った。

もう二度と読まないよ。

アンチのこういう発言推しが傷ついてます」って、堂々と言うのがほんとすごいね

まず、推しオタク擁護してくださいなんて一言も言ってないし、

そもそも「傷ついてる」って思ってるのもそのオタク主観しかないし、

しろそんなブログあげるオタク飼ってるなんて、タレントからしたら恥でしかないですよ。

私だったら、アンチよりも、正義ぶって自分炎上案件を丁寧にまとめて盲目擁護と一緒に世界中拡散するオタク存在に病むわ。

推しくんを病ませてるのは、アンチじゃなくて、「わたしは誰より推しくんの味方!だってずっと見てるから分かるの!」って言ってるあなたかもしれない。

この前キンキ光一が「曲に合わせてペンラの色変えるの他のオタク強制すんな」っていう話を雑誌でしてて、ちょっと好きになった。

ジャニオタって、コンサート中のマナーとか勝手にすぐ作り出すからね。

推しに「曲に合わせて色変えようね!」って言われたら秒で必死になんでもやるけど、オタク発信の「やらないやつは本当のファンじゃない!推しのこと考えてない」みたいなのは本当に無理。

どんなことでもね、自分感性が正しいと思っているやつは醜悪です。

こういうブログ書いてるやつ、実際たまたまチケ交換で会ってみると引くくらい全方位に劣等感強くて、何しゃべっても会話がすべてクソリプでびっくりした。

私「今回の公演のAくん(俺の推し)かっこよかったですよね!例えば〇〇の曲は××で…」への返し。

クソリプ1「正直、あのグループの良さはファーストコンにすべて詰まってるからファーストコン入ってない人には語ってほしくないっていうか」

〈訳〉新規がえらそうに語ってんじゃねえ。古参うやまえ。

クソリプ2「△△ちゃん(俺)みたいにうまく語れないんだよねわたし気持ちだけで応援してるから

〈訳〉気持ちしかないわたし、本当に推しへの愛が純粋。それに比べてお前は

クソリプ3「は!?Bくん(そいつ推し)はかっこよくないってこと??」

〈訳〉Aくんだけじゃなく、わたし推しのBくんもほめろや〇すぞ

それ以来クソリプクソブログ野郎とは二度と現場一緒にならないようにしてる。

やっぱりインターネットでクソだなってやつは、現実でもクソなんですよ。

でもインターネットだと、同じようにクソな奴らで連帯して★つけあったらりね、あとは「あのゴリラめっちゃ動きがきもい!」って見てるような見物人もフォロワーの数に入っちゃうから

本人は勘違いして「やっぱりわたしの考えは正しい!」ってなっちゃうのがインターネットだね。もうそういうもんなのでしょうがないけど。

いや、正直そんなクソクソ野郎はふだん視界に入らないように黙殺ミューティングしてるんでどうでもいいんですけど、さすがにわざわざ「Aくん(俺の推し)叩かれてるけど大丈夫?」ってリプととばしてきて我慢できなくて増田ですよ。

わざわざ好きな人マイナス評価教えてくるって、本当にとてつもなく頭悪いだろ!おまえアンチかよ。心穏やかに大好きな推しのことを考えるの邪魔しないで!





転売ヤーしねしね団も、クソブログ野郎も、自分正義なのがほんと醜悪ですね。

え?ブーメラン

んじゃ推しに会いに現場いってくるんでこのへんで!

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん