「高得点」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 高得点とは

2018-06-24

anond:20180624101941

ある限定された価値観における優劣を、それを共有する者どうしで高め合いほめ合うのは別に構わんのではないかと思ってる。

それが唯一の基準じゃないことくらい言わなくてもわかるだろ、っていうスタンス

たとえばD1グランプリという自動車競技があってだな、あれは何も知らずに見ても、なんでその選手高得点だったのかはサーッパリからない代物である

スキー技術選なんかも同様であろう。けど、その界隈では価値観が共有されていて、選手審査員も観客も盛り上がる。

ドリフト走行自動車運転技術評価する唯一の価値観でないことは誰もが理解してるし、スキーの滑走技術も同様に技術選だけが唯一の尺度ではない。

ものごとには色んな評価軸がある。

美しい女性を決める尺度ひとつではない。しかし、ひとつでないのだから評価することそのものをやめるべきだというのは飛躍があると思う。

トラディショナルミスコンが追求する美の尺度共感する人は今も多いし、それを理想として研鑽を積んでいる女性も多かろう。

それに共感しない自由もあるし、その尺度評価されたくないと主張する権利も同時にある。

だが、たとえば「自分デブからヤセコンテストに傷ついてる、滅ぶべきだ」と叫ぶのは、それも一方的価値観押し付けなのではあるまいか

2018-06-22

ポリコレ的に最も高得点結婚

離婚歴のある年上の女と結婚し、難民の子供を養子にする

たぶんこれが一番点数が高いと思います

2018-06-21

やる気を出すため栄養ドリンクを飲む

腸内も活動的になり立派な便が出る

ヒトカラに行ってきた

久しぶりに発声する

採点機能を使ってみる

高得点で75点、相変わらず音痴

時間延長した

2018-06-16

[] 他人との比較自分確立する習慣が一因?

自分の知り合いで、性転換手術を受けて、男から女へ変わった人がいた。

彼(現在彼女)は、一般社会では頭の良い部類で、仕事でも優秀な人だった。

頭が良い代わりに、普通の人は気にしないような些細なことも思考対象にしていた。

考えすぎることで、悩みが増えていたようにも見える。

 

彼の幼少期から体験を聞くと、

  1. 美人姉妹に囲まれて育った。
  2. 見た目が女っぽかったので、学校では「オカマ」と揶揄にされて、いじめられていた。
  3. 他人との比較自分存在価値確立する環境にあった。

 

LGBT仮説

上記の一つ一つを個別に見れば、よくある話だと思う。

しかし、この3つが融合すると化学反応引き起こして、LGBTになるのではないか?と考えた。(仮説)

 

特にこの3つ目が問題だ。

自分他人比較して、自分存在価値規定する」という習慣は、自分を含め多くの人に当てはまる条件だと思う。

ここでは便宜的に、自他を比較して、自分存在価値規定してしま思考に対して、「相対的自己評価」と名づけよう。(文字数節約のため)

 

相対的自己評価

受験勉強洗礼を受けると、高得点を取って順位偏差値を上げる「ゲーム」にはまってしまう。

他人比較して、優位な自分をほめたり、劣等な自分卑下したりする。

 

他人との比較によってもたらされる自分存在価値の創出は、性的志向にも影響を及ぼす場合がある。

男は、女に対して「自分は女とは違う。自分は女ではない男である」という自認を形成する。

もしも、この世の中に女がいなければ、自分を「(女とは別の存在である)男である」という認識は生じない。

 

女との相対的差異により男を規定していると、比較対象が女ではなくなった場合自分性的自認が揺らいだり、変更されるほど大きなチェンジが生じる場合もあるだろう。

心理学でいう肛門期や、第2次性徴を迎える前の低学年のときは、同性同士の友情と異性に対する愛情境界線曖昧で、混同してしま場合もあると思う。

性的知識がないときは、キスセックスをしようという発想は伴わないが、同性の親友と一緒にいたい、仲良くしたい、という思い。

 

男が、他の男を比較対象として、自分存在価値確立する習慣を身につけたら、どのような影響が生じるだろうか?

男と男の比較は、男と女比較ほど大きな差、ギャップはないにしろ、同じ男同士でも同じ人間は2人といないので、やはり自分他人は違うと思うはずだ。

他の男と比較して、優劣を見出し、他の男の中に長所見出ししまった場合は、どうなるだろうか?

男でも、他の男を見て、「この男はカッコイイ」「この男は好きだ」という具合に、尊敬の念が膨らんで、好意愛情に発展しま場合もあるのではないか

自分が男だという性的自認が揺るがなければ、バイになるかもしれないし、自分は男だという性的辞任が揺らげばオカマになるかもしれない。

 

まとめ

読み返すと、うまく言語化説明できていない部分もある。

長くなったが、要点をまとめると、

  1. 受験勉強など学校での活動を通して、「自分他人比較して、自分存在価値確立する」という習慣が身につく。
  2. 自分性的自認を、異性と比較している場合は、ノンケのままでいられる。
  3. 何らかの契機によって、自分を同性と比較して、自分存在価値規定し始めると、自分性的自認が揺らいで、LGBT転向してしま場合もある。

という3ステップがあるのか?ないのか?ということが気になった。

 

俺の専門は、心理学医学ではないので、LGBTに関する研究論文はあまり知らない。

上記について、研究したレポートや参考情報があれば、教えて欲しい。

 

anond:20180616191232 他人気持ち理解すると、自分も同じになる恐怖

anond:20180616202224 Gだけど

anond:20180616201336

2018-06-10

[] 少子化の原因=女性奴隷化

日本資源のない国なので、人間労働者)が収入源です。

 

労働力の補充で女性開拓

戦後復興期は、男を過労死するまでこき使って税収を上げられましたが、バブルがはじけて男だけでは不十分になりました。

そこで政府は、「男女平等」「女性社会進出」「ガラス天井」などの旗印のもと、女もこき使う方法を考えました。

 

男も女も働き尽くしで、結婚出産育児時間金もありません。

なので、日本少子化になりました。

 

馬車馬のように働いて死ぬだけの日本人=使い捨ての駒

金の卵を産むニワトリ」を殺した愚者のように、今の政治家官僚も「自分達が生きている間だけ、日本経済が維持できれば十分」と開き直っています

彼らが死んだ後のことは、知ったこっちゃありません。

 

納税の義務を課せられた奴隷身分から脱却するには、一生懸命勉強して、海外留学して、世界中のどこでも生きていける能力を培う必要がありますね。

日本学歴海外では通用しないので、正解が用意されている学校テスト高得点を取ることよりも、実践的な実力を重視しましょう。)

男も女も35億。海外には、基地外だけでなくまともな人もいます

 

諦めるのはまだ早い

日本人でも幸せになれる方法は残されているでしょう。日本ダメでもまだ海外があるさ。地球は広い。

頑張ってください。

2018-06-09

[] 日本人英語習得できない理由

なぜか?

敗戦後の日本人は、原爆日本人大量虐殺したアメリカに対して、潜在的に反発感を抱いているからです。アメリカ押し付けてきた英語教育に対して抵抗しているのでしょう。

しかし、現実直視すれば、日本国ないには在日米軍駐屯して、日本軍事的支配しています日本アメリカに逆らうことは許されないのです。日本人アメリカ人に逆らったら、在日米軍によって抹殺されるので、日本人アメリカ人に従順な人しか生き残っていないのです。

戦後日本人は、日本人大量虐殺したアメリカ感謝するように洗脳されています。宣撫工作によって、日本人は「ストックホルム症候群」に改造されました。

 

この現状に気付いている日本人もいます

日本人アメリカ奴隷地位から脱却するためには、いったん日本脱出すれば良いことが分かります留学している間に、外国永住権を取得する方法も分かります

日本人英語マスターして、アメリカ永住権を取得すれば、アメリカ人として日本凱旋することも可能です。

日系アメリカ人なら、日本では上級国民として振る舞えるので、ただの日本人でいるよりはましでしょう。

 

日本支配層は、日本人が本当に英語ペラペラになったら、自分達の奴隷として引き止めておくことが難しくなることに気づいてしまいました。

から日本人コンプレックスを植えつけられて、「英語は難しい」と思い込まされてしまっているのです。

日本人が全員英語ペラペラ、他の外国語もペラペラになってしまい、日本から自由海外脱出されてしまうと、奴隷として使える駒が減って、支配者が困ります

 

しかし実際には、英語所詮はただの言葉です。

アメリカじゃ底辺バカでも英語ペラペラですよね?(日常会話程度なら学校行ってない奴でも普通に話せる)

日本人英語マスターすることは可能です。

テスト高得点を取るために外国語を勉強するのではなく、実践的に使う目的外国語を勉強しましょう。

 

みなさん、語学学習を楽しんで、ペラペラになってください。世界中の人たちと会話しましょう。鎖国を脱却してください。

 

anond:20180609085942

2018-06-07

anond:20180607023717

偏差値55の高校卒(=中堅大進学レベル)ということなので、

既婚組は管理栄養士保育士看護師小学校幼稚園教諭

独身の難関資格薬剤師語学系(TOEIC800点以上、英検1級等)あたりではないかと思う

偏差値55の高卒でも何年か留学すれば語学系は高得点取れるしな

2018-05-27

フィギュアスケートで客にはわかりづらいけど難しいか高得点って無くした方がいいんじゃないの?

なんならリモコンバイON/OFFされながら4回転したら高得点かになって来ないの??

2018-05-17

SPIとかIQテストとかむちゃくちゃ高得点取れるけど

自分の書いた増田読み返したらとても地頭がいい奴とは思えないよ

2018-05-14

10食品群シート

http://www9.nhk.or.jp/gatten/pdf/10hinmoku.pdf

親にこれを印刷してあげたら、思ったより喜んで会話がはずんだ

むかしためしてガッテンで紹介されてたやつ。

この10食品群のうち一口でも食べた日はチェックするらしい。

これで高得点になるようにした村は、寿命が延びたとかとか。

2018-04-26

anond:20180426114230

一次試験合格たか否かだけではなく点数も見られるから

高得点層に女性が多かったとすれば何もおかしくないぞ

それが実際は「一次の得点順に採用すると女性だらけになるから

男性は点数低くても採用している」としても別に矛盾しない

2018-04-11

映画感想トゥームレイダー ファースト・ミッション

トゥームレイダー ファースト・ミッション』を見てきたので感想。いつものごとくネタバレ気にしてないのでそういうの嫌な人は回避推奨。あらすじ解説とかもやる気ないので見た人向け。

総評

点数で言うと80点くらいだろうか。サービスデーやレイトショーで見ると満足感があるという点数。

ぶっちゃけると、平均的なアクションB級映画であってそれ以上でもそれ以下でもない。ごくごく個人的事情により「ちょい俗悪なレベルのB級アクション映画」を見たくてわざわざ選んで見に行ったので、そういう意味では120点だった。

というのもそれ以前の視聴ログが『ドラえもん のび太の宝島(点数をつけるに値しないここ数年で最底辺映画)』→『リメンバー・ミー(どうしてここまで作り込んじゃったんだろう、子供向けをぶっちぎった文芸映画だぞ高得点すぎて意味わからん)』という履歴であり、次は『ジュマンジ』を見に行く予定もあったので、口の中をすっきりさせるというか、程々の映画期待値リセットたかったのだ。程々で大変素晴らしかった。

最近ハリウッド映画らしく、CGレベルはもはやCG臭いとか臭くないというレベルは遥かに飛び越えていて、「どういうワンダーな画面を見せてくれるか」になっている。その基準は十分に満たしているし、アクションも、期待のB級謎解きも、おおよそ期待通りだった。

B級のお手本として

古代日本邪悪女王ヒミコが残した宝」というぶっ飛びネタからスタートする本作であり、一部の人はカチンとくるかもしれないが、いいのだ。これがB級なのだ

トゥームレイダー』はたしか歴史あるIPなのだが、だからといってその歴史上級であるとか本格であることを全く保証しない。むしろトゥームレイダー』こそがトンチキB級アドベンチャーですよ。

超古代文明のつくりあげた謎の遺跡トラップ宝石の色の重ね合わせで罠解除とかどこのどんな技術だよ! とか突っ込むのは序の口であり、むしろ、おいおい光る宝石の色を混ぜ合わせるのに青+黄色で緑って絵の具じゃねえんだぞ。光の重ね合わせはむしろ引き算だろう! とか、そういうレベルで胡散臭くアホっぽいのが『トゥームレイダー』であり、トンチキは正義なのだ

直径10kmもないような絶海の孤島に幅25mの激流が流れてて10階建てよりも高い滝があるとか、水源地全くわからないけど、良いんである。その場その場が盛り上がって格好良ければいいのだ。B級ってそういうものなので、批判に値しない。っていうか、むしろポップコーンを食いながら指差し爆笑するのがふさわしい映画なのだと思う。

ここらへんは(あくまでこの感想全部と同じく私見なのだが)減点要素ではなく加点要素であった。そんなのより安易クリフハンガーに頼って、やたらと高いところで鉄骨渡りやらせればスリルが出るだろうみたいな安易さのほうが減点である

B級になりきれなかったララ

トゥームレイダー ファースト・ミッション』は映画版『トゥームレイダー』のリスタート作品として、このシリーズ第一作にあたる。主人公はこのシリーズ看板であるララ・クロフト(演アリシア・ヴィキャンデルである

――のだが、このララ・クロフトが今回いまひとつだった。

冒険アクションゲームであるトゥームレイダーシリーズ主人公ララ・クロフトはひとことでいえば、女性インディ・ジョーンズであって、タンクトップ一枚で二丁拳銃を構えて、荒野、密林、砂漠洞窟、地下洞窟に飛び込んで、古代生物だろうが邪神教団だろうが謎の殺戮機械だろうがお構いなしにバカスカぶっ殺しては遺跡を漁る天才的『トゥームレイダー(墓荒らし)』である

はっきりいって彼女はキチ○イなのだ

軽装備で密林の現地部族の槍にぶっさされても、錆びた鉄骨が脇腹を貫通しても、瓦礫に生き埋めになって両腕がおれても、不敵な笑いを浮かべて古代の謎に飛び込んでいく頭のちょっとおかし女性。それがララ・クロフトである。B級だからそれでよくて、それが良かったのだ。

でも今回の映画トゥームレイダー ファースト・ミッション』はそこが失敗してしまった(もしかしたら制作側は失敗ではなく計画通りだと思ってるかもしれないけれど)。

今回のララ・クロフトは、行方不明になった父リチャード・クロフト行方を追い求める「成人にはなったけれど心はまだ傷ついた少女のまま」という造詣がなされている。身体能力知的能力は確かに卓越しているけれど、キチ○イではない、真人間なのである

(キチ○イ度が下がった結果おっぱいサイズが小さくなってしまったのも悲しい点だ)

その結果なにが起きたかというと、ララピンチになって撃たれたり首を絞められたりするシーンで、スカッと爽やかに画面を見ていられない、なんだか辛いような気持ちになってしまったのであるちょっと残念。

今作においてララ・クロフトの動機は「行方不明の父を探す」であり、今後シリーズ動機は「父を殺した秘密結社トリニティとの対決」になっていくと思われるのだが、でも、だとすると「超古代文明遺跡に挑んでロマンだ! 不思議だ! 財宝だ! いいいいーやっふーぃーーー!」という爽快感は(あるていどのところ)諦めなければならない。

B級アクションアドベンチャーの女主人公として、脳みそハイになりきれなかったところが今回映画最大の泣き所だと思う。

てなわけで『トゥームレイダー ファースト・ミッション』の感想おわり。B級映画なのでBな感じで感想書いてみた。

2018-04-04

anond:20180404125803

最近の例だと座間9人連続殺人とか数十年すればフィクションに登場しそうだな。

被害者名非公開だし半分自殺幇助っていう免罪符があるから、ダシに使っても罪悪感はうすい

殺害手段が平凡で金目当てだったと供述しているのはマイナスだが、週一ペースで規則正しく殺してバラした上に一緒に生活してたのはかなり高得点

2018-03-23

司会「審査員の皆さん点数をどうぞ!」

審査員A「97点!」 B「95点!」 C「96点!」 D「94点!」 E「50点!」

司会「おおっと、Eさん以外はかなりの高得点です! ちなみにEさんは何故50点?」

審査員E「最初なので基準として50点です」

司会「なるほど、そういうことでしたか! では次の方の審査に移ります! 点数お願いします!」

審査員A「99点!」 B「96点!」 C「100点!」 D「97点!」 E「29点!」

司会「合計点は…432対421!!」

審査員E(コイツホント馬鹿だな…)

偏差値98はありうるか

http://blog.livedoor.jp/kinisoku/archives/4904824.html

個人的には見たことはないが。

偏差値98 = 4.8SDである。この偏差値を獲得した人間をAとする。

平均点m、最低得点0、最高得点100とした時、m + 4.8SD <= 100であればよい。

したがって、m=50ならSD <= 10.4であればよいから、40~60点に68.2%、60~70点に13.6%、70~80点に2.1%、80~90点に0.1%、90~100点に0.003%というような分布テストにおいて100点を取れば良い。

実際にシミュレーションしてみよう。

> x <- round(rnorm(100,50,10.4),0); mean(x); sd(x); (100-mean(x))/sd(x)*10+50

[1] 50.66

[1] 9.771345

[1] 100.4946

> x <- round(rnorm(100,50,10.4),0); mean(x); sd(x); (100-mean(x))/sd(x)*10+50

[1] 49.31

[1] 11.39439

[1] 94.48679

> x <- round(rnorm(100,50,10.4),0); mean(x); sd(x); (100-mean(x))/sd(x)*10+50

[1] 50.95

[1] 9.054688

[1] 104.1708

> x <- round(rnorm(100,50,10.4),0); mean(x); sd(x); (100-mean(x))/sd(x)*10+50

[1] 50.11

[1] 10.52932

[1] 97.38198

> x <- round(rnorm(100,50,10.4),0); mean(x); sd(x); (100-mean(x))/sd(x)*10+50

[1] 50.51

[1] 10.27451

[1] 98.16775

余裕でした

2018-03-13

https://anond.hatelabo.jp/20180307150402

かつて同じく京大校風に憧れて京大受験して落ち、それでも諦めきれずに大学院から京大に行きました。

今高2だったら、現実的なところに狙いを定めよう、となるところだけど、まだ高1の終わりでしょ。

数学が苦手と自覚してるくらいだから京大理系は難しいかもしれない。でも、文系なら数学高得点が取れなくても英語国語カバーできる。

まだ2年近くあるわけだから京大文系を目指して勉強を続けたらいいと思う。

もし高3の夏くらいまでに「やっぱり厳しい」となってそれから他の大学に切り替えても遅くないよ。

2018-03-03

anond:20180303182631

弊社実績で言うと、優秀なプログラマは皆、2流大学卒が圧倒的に多いです。

1流大学卒は確かに地頭が良いというか頭の回転が速く、理解も速くて応用も利いて

仮に社会人能力テストみたいなものがあったら、コンスタントに90点台を取れる能力があるように見えます

彼らにプログラミングテストをしたら、やはり、高得点を取ると思いますが、

100点満点のテストで120点を取れるのは、ごく一部の2流大学卒なんですよねぇ。

でも、2流大学卒の大半は正直使えないから困り者。

2018-02-26

五輪に限らず、採点競技エキシビジョンを増やしてほしい

ほぼタイトルで言い切ったけど補足。

フィギュアスケートのように、採点競技は上位成績者等のエキシビジョンをやってほしい。

勝つためにもどの競技も点の出るように演技せざるを得ない。

もちろん高得点の演技は高い難易度競技者レベル差が基本的に反映されるのは間違いない。

はいえ、スノーボードハーフパイプ解説話題になったように、単純にかっこよい演技や、その競技文化性がうかがえるような渋い演技などを見てみたい。

言い過ぎなのは認めた上であえて雑に表現するけれど、採点競技はとにかくジャンプして多く回転してナンボみたいになっている。

これに高さ速さ等が加わって採点が決まる。

それもいいんだが、フィギュアスケートでの徹底してショーアップした演技とか、ハーフパイプであえて回転せず美しく高いグラブとかを見ると、

まだまだ競技には色々な魅力があることに気付くし、そのうえで大会中はこんな演技をしたんだなと分かる気がする。

あと、選手がのびのびやるところを観れるのも良い。

観客とのコミュニケーションとか、一発勝負では見れないようなチャレンジ楽しい

ということで、日程や費用をどうすんの問題があるこてゃ重々承知の上で、

せめてオリンピックぐらいは全競技エキシビジョンをやる方向でご検討のほどよろしくお願い申し上げます

2018-02-22

韓国人審査員自国贔屓の件について

あれって、自国選手意図的高得点をつけたけど

それでも羽生宇野&3位の外国人選手に負けたってこと?

それって贔屓された選手赤っ恥なんじゃ……

2018-02-19

anond:20180219165751

なんでもありなら機械使えないと

ジャンプ競技ならジェットパック背負えばいいしフィギアスケートでも個人用ヘリで制限時間いっぱいまで回転し続ければ超高得点にならないか

ドーピングしたところで10回転ジャンプとか無理そうだし人生捨ててまでやることとは思えないなあ

2018-02-18

ああまたこの時期が来た

フィギュアフィギュア本当にうざい

熱狂的なファンうんざりすることは良くあるけど、フィギュア特に不快指数が高い

普段フィギュアのフィの字も言い出さないTLもご覧のありさまだ

演技力みたいなガッバガバな得点形式のくせにスポーツづらしてるのがうざい

歴代高得点!!!ってそんなんその時の審判の匙加減じゃんあほくさ

あ、すっごい運動量だってことなバレエとかダンスだってそうでしょ?

やるならスポーツじゃなくて「コンテスト」じゃないの

素人演技力言及しだすのも最高にうざい

お前ら年一で湧いてきやがってセミか

政治がやけに絡みがちなのもうざい

別に右でも左でもねえけど極力そういう話は聞きたくねえんだよ

あああああうざい。フィギュア早く廃れないかな。

日本スケートリンクどんどん減ってるんだって?いいニュースだ。

2018-02-16

anond:20180215225632

初めての3回転(ループから5種類すべて飛ばれるのに最大18年(1952-1970?)くらい。

初めての4回転(トウループから5種類すべて飛ばれるのに28年(1988-2016)かかってる。

限界が近づいてきてるんじゃないかな。

4回転アクセル2020年代半ば以降と予想。

5回転は……。

以下、参考までに(以前wikiを参考にメモしたもので、間違いの指摘や不明部分を補足してもらえると嬉しい)。

ジャンプの種類

T=トウループ

S=サルコウ

Lo=ループ

F=フリップ

Lz=ルッツ

A=アクセル

ジャンプの基礎点

低 T→S→Lo→F→Lz 高

公式戦での初年/国/基礎点

1T 男1920米 女不明 0.4

1S 男1909典 女1920米 0.4

1Lo 男1910独 女不明 0.5

1F 男1913米 女不明 0.5

1Lz 男1913墺 女不明 0.6

1A 男1882諾 女1920諾 1.1


2T 男不明不明 1.3

2S 男1926典 女1937英 1.3

2Lo 男1925墺 女不明 1.8

2F 男不明不明 1.9

2Lz 男1925墺 女1942加 2.1

2A 男1948米 1953米 3.3


3T 男1964米 女不明 4.3

3S 男1955米 女1962加 4.4

3Lo 男1952米 女1968独 5.1

3F 男1970?女1981独 5.3

3Lz 男1962加 女1978瑞 6.0

3A 男1978加 女1988日 8.5


4T 男1988加 女なし 10.3

4S 男1998米 女2002日 10.5

4Lo2016日 女なし 12.0

4F 男2016日 女なし 12.3

4Lz 男2011米 女なし 13.6

4A なし なし 15.0

典=スウェーデン、瑞=スイス、諾=ノルウェー


FS世界高得点

2017年223.20点(要素点126.12+演技構成点が97.08)羽生結弦

ジャンプ構成

4Lo4S、3F、4S+3T、4T、3A+2T、3A+1Lo3S、3Lz

基礎点合計103.43点+評価点GOE22.69で要素点126.12

2018-02-15

anond:20180215143648

小3の頃に「読書感想文自分語りに持ち込むと楽チン」と気付いてからあっという間に書ける様になった記憶しかも何故だか高得点を貰えるようになった。今は「自分語り乙」って言われて疎まれる。

2018-02-06

大学に行く意味があるのだろうか

もともと、入学した大学には興味が無かった。研究室はもちろん、受けてみたい講義ほとんど無いことは受験する前から分かっていた。

その大学を選んだ理由受験すれば確実に入れることだけだった。親から浪人だけは絶対禁止されていたので、受かる可能性は低い、本当に入りたかった大学にはチャレンジしようとは思わなかった。どう頑張っても、センター試験の結果が足を引っ張ってしまい、二次試験ではかなりの高得点を取る必要があった。そんな実力はその当時の自分には無かった。だから諦めた。

幸い、その大学には編入試験があり、大学生も受け入れてくれる心優しいところだった。高校生自分はとりあえず別の大学入学して編入試験で本命大学入学できるよう頑張ろうと考えた。

高専出身の人なら分かるだろうが、たいていの大学は三年次から編入することになる。これは編入する前に取得した単位は編入先の単位として認定されるからだ。もちろん、編入先でも開講している講義けが認定される。一般教養や基礎科目なら十分単位認定されると考えていた。しかし、専門科目になるとそうは言ってられない。何しろ専門が違うのでせっかく取得した単位ほとんど認められない。つまり、編入しても入学した瞬間に留年が決まるということだ。

入試験を受ける前提で今の大学入学するという旨を両親に話すとあっさりとOKを貰った。もちろん、もし入学できても合計四年では卒業できないことは伝えている。その当時は、なぜ浪人ダメで編入は良いのか不思議だと思っていた。両親は予備校にカネを払うのが嫌だっただけなのかもしれない、というのが今の自分の仮説だ。理由は後で書く。

迎えた編入試験の合格発表。結果は不合格

原因は分かっていた。アルバイトだ。

今の大学合格した後、真っ先にアルバイトをした。編入試験や今の大学で使うのに必要お金を稼ぐためが最初目的だった。しかし、いざアルバイトをしてみると、高校生ときとは比べ物にならない大金銀行口座に振り込まれていた。高校生ときに欲しかったものを買い、あっという間に減っていく預貯金。そのために働く。その負のサイクルの繰り返しだった。その間の編入試験の勉強なおざりだった。結局、編入試験直前になってもアルバイトを辞めず(量は減らしたが)編入試験に臨むこととなった。少し言い訳をするなら、編入試験で出る範囲の半分は二年次の講義内容だったというぐらいか。もちろん、そんなことは入学するときに頭のなかでは分かっていたが。

どうしても、やりきれなく思い、両親に来年も挑戦させてくれと懇願した。両親はあっさりとOKを出した。もし合格しても、やっていることは一浪一留と同じことだ。この辺から両親の予備校いかもしれないという仮説を立てた。

大学からの編入には六十単位程度取得する必要がある。そんなもの二年次の前期にはすでに取り終わっている。もう一つはその大学に二年以上在籍したという証明が編入試験を受ける条件だ。

今の大学には在籍しているだけで良い。それだけでもう一度編入試験を受けられる。そう思ってしまった途端、今の大学に対するモチベーションが無くなってしまった。少しは受講している内容に興味を向けようと思っていても全くできなくなってしまった。もともと興味も無い状態入学したのだから当たり前なのかもしれない。きっと後期の単位ほとんどを落としているだろう。テストを受けているとき、頭の中ではこの解法を使えばいい、と分かっていてもどうしてだか自分シャープペンシルは動かないのだ。それでも、最初の方は無理やり手を動かして答案を書いていたが、後半になるにつれて全く手が動かなくなってしまった。わかっているのに書けないという気持ちは初めてだった。そのままテスト終了時刻までフリーズしてしまう。専門科目をほとんど落とすことになるので、この大学でも留年は確定しそうだ。

在学証明書やその他諸々の書類が編入試験には必要なので、このまま三年次に上がることになる。

もし、また編入試験に不合格だったらと思うことがある。これ以上編入試験は受けられないだろうと思っている。そうなった時、はたして今の大学に行く意味があるのだろうか。

2018-01-28

https://anond.hatelabo.jp/20180128090920

高橋大輔以降の数人だけだから、独壇場でもなんでもないんだよなぁ。

フィギュアスケートアジア人メダル取れるようになったのは、伊藤みどり以降だからね。伊藤みどりは超絶天才。男女通してフィギュア選手で一番の天才じゃないかな、伊藤みどり

伊藤みどりまでは、フィギュアスケート技術よりも美しさを競うバレエ的なスポーツとされていたんだよね。そこに、圧倒的な技術と強さで伊藤みどりが殴り込んでいった(伊藤みどり芸術点も高得点を獲得してたから、技術しかなかったわけではない。念のため)

その影響で採点方式もどんどん変わって、6点満点の旧採点方式から一つ一つの要素を細かく採点する新採方式に変わった。白人の独壇場だったフィギュアスケートアジア人黒人が増え、上位に絡みだし、今では世界ランク1位2位を日本人が占めてるし、中国人のボーヤン中国系アメリカ人のネイサン活躍してる。四大陸でも日本女子表彰台独占したしな。

これくらい流れが変わるには、「競技人口」と「ブレイクスルーを導く超天才」の両方が揃わないとダメなんだよ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん