「中年」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 中年とは

2017-11-22

8時間働いて500円ってどんな理由なんだろう

電車で耳に入ってきた話なんだが

中年の二人の女性が話していた。何やら知人なのか家族だかの労働環境について話している

話題となっていた人物怠惰なので、一日8時間労働を一週間に5日、更にそれを一ヶ月、二ヶ月と安定して続けていくということができないと、職場から疑われている。だから、まずは連続勤務ができるかテストされている。その間はお試し期間みたいなもので、一日あたりのお給料は500円しか発生しない。8時間労働を一ヶ月続けられると、二ヶ月目?からは少しお給料がアップする。その人物は、8時間働いても500円ポッチだからとやる気がなく、やはり怠惰で……みたいな話だった。

いったいどんな理由があってそんなことになってるんだろう。自分の降車駅に来てしまったのでその後は聞けなかった。

anond:20170718140907

ちょっと待って。

中年職歴なし引きこもりすねかじり」って十分に「何者か」じゃないですか。

社会底辺穀潰し、生ける人間粗大ゴミ社会不適応者。

まりいい個性とは言えないですが、立派に何者か足り得てますよ。

anond:20170718140907

これすごくよくわかるんだけど、俺はこれちょっと前の過去の話になっていることに気づいた。

インターネット助長している節はあると思うけど、人類の叡智の蓄積を享受してきた人間(例えば、図書館に通う人)は昔から誰でも至った境地であり、つまり程度問題であり、そしてコミュニティに発散しないで世代収束する一過性問題、いわば中年病なんじゃないかな。

元増田しんどいだろうけど、俺はこの気持ちを止めないでもっともっとこじらせた先にあるものを見に行く方が良いと思うよ。

人類の叡智の大部分ってさ、「〇〇しちゃいけない」っていう禁止事項だと思うのね。

でもこれってポジショントークも多くて、その辺考えないでフラットに取り込むと、自分は何にもなっちゃいけない、何もできない巨大なものになるわけ。

そして同時に、これって絶対的な真理というよりは、提唱した人の趣味問題だったりするわけ。

趣味みたいな話に圧倒されて自分が押し殺されるなんてばかばかしくない?

情報量に圧倒されるのに慣れたら、それぞれの情報の重みを観察してみるとおもしろいよ。

川でたとえるなら、流れには強いところ弱いところのムラがあるんだ。

強さと弱さをどのように選ぶか、その選択自分個性が端的に現れるんだよ。

あと人間って、残念ながら現時点では蓄積された叡智にいつでも誰でもアクセスできるわけじゃないのね。

たとえ過去に誰かが発した冴えたアイディアであっても、大した理由もなく埋没して、運が悪ければこの世から消えてしまう。

本屋に行くとそれがよくわかる。できれば自分の書いた本が並んでいる方が実感しやすいんだけど、どれか1冊を自分が書いたと仮定してネット上の体験から執筆出版の間の具体的な苦労を想像するんでもいいかな。

自分が1冊書くんでもそうとうな思い入れと苦労があったのに、そういう本が本棚に数百倍、数千倍並んでいて、それでいて絶望なのは本棚に並んでる本の大部分は自分には興味が無いものなんだよ!

自分の本はすごく価値があると思うのに、なんかくだらない理由とかで埋没して人類には届かないかもしれない。クッソーくやしいな〜。

っていうことはさ、他に並んでる本ももしかしてそうなのかも、良い内容であってもみんなが絶対知ってるなんてことはなくて、折々拾い上げないと行く行くは人類の損失になるのかもしれないよね。

メタ的に情報俯瞰できる人は、その構造を知ってアクセスできる権利を与えられた人なんだと思うよ。他人のフンドシな情報でまったくけっこう、自分をただのメディアとして情報を厳選し再発信するだけでも自己投影されるよ。あなたが良いと思えた言葉を、メッセージボトルに入れてあてもなく流すのを趣味的にやってみたらどうかな。

2017-11-21

世の中には4種類の人間がいる

1.優秀な若者

2.何もできない若者

3.優秀な中年

4.何もできない中年

ちなみに私は4だ。なぜそうなったかというと職場ストレス精神を病んでしまい生きる意欲をなくしたからだ。今は元気になって遅れを取り戻そうと努力しているがどれだけ効率よく勉強しても優秀な中年にはなれない。私はこれから一生の間、若者や同世代人間からまれて生きることになるだろう。そのことが悲しくて仕方ない。

anond:20171121195550

コンビニエロ本を買うのに身分証を求められる三十代が登場してるし、明らかにギリギリ越えてる

外人連れてきてエロコーナーみせてこれは全部日本では全年齢向き雑誌ですとか言ったらクレイジー扱いだろ

スポーツ新聞は全年齢に売れるけど、エロ写真表紙で中身はエロオンリーの本を全年齢OKにして売ってたら頭おかしいじゃん

コンビニエロ本ってもっと無邪気な物だと思ってたわ

スマホとか解らない情弱中年向きに18禁エロ本を並べてるとか

子供には売れない全年齢向きエロ本なんて気持ち悪いもんを作らないと成り立たないもんなら無くなって正解だろ

おっさんゾーニングされた本屋できちんとしたエロ本を買えばいい

anond:20171121113241

月に何回ぐらい痴漢に合う? わたし学生時代だったら、月~金ほぼ毎日だったよ!あと帰りに塾があった後とかだったら帰りも普通に痴漢にあってたよ!

ストーカーみたいに毎日同じ車両で待ち構えてニヤニヤする中年オヤジとかもいたよ!それは同級生男子に付いてきてもらったら次の日から居なくなったけど!

月に何回ぐらい会社セクハラされる? 前にいた会社は、毎日だったよ!

女の子がいた方が華やぐからね~」って、上司接待についてこさせられて客の隣に座らされて、触られまくっても上司も先輩たちもノーリアクションだったよ!

速攻で転職活動したよ!幸いなことにいまいる会社はそんな極悪非道ではないけど、出向先でストーカー被害にあった時に上司かばってくれなかったよ!

2017-11-19

メンズっぽい服が好き

メンズのきれいトラッドファッションが好き。そういう男性が好きという意味ではなくて、女性自分がそういうファッションをしているのが好き。全体的に彩度明度低くて直線的で、でもワンポイントに赤とかピンクとかレインボーとか持ってくる。今はどうなってるのかわからないけど、昔見かけた中年マルイ男性店員さんが私の理想だ。革靴がピッカピカで、黒のジャケットの下にカラフルシャツを着てて。ネクタイが赤っぽい感じ。私はまだファッションネクタイを取り入れる勇気は出てないけど、いつかやってみたいなあと思っている。

anond:20171119114100

根拠は君も年を取ったら中年男性になるということ

自殺予定とかならならないで済むかもしれんが

2017-11-16

anond:20171116223750

あーうん、キモいねー。ただ既婚者になると、嫁さん以外の人にキモいって言われても別に構わないというか、あまり気にしなくなったな。自然体になった。おっさん自然体はキモい。わかる。

逆に嫁さんから評価は最重要事項になった。

不思議なんだけど、結婚するまでは周囲の女性の目を凄く気にしてた。女性の方がなんだか素敵な存在だし、大切にされるべき存在だ、みたいに勝手に思ってた。

女性全般に対してミョーな劣等感を持ってた。対等なはずなのにね。 結婚すると、嫁さん以外の女性ってどうでも良くなってしまった。嫁さんだけに集中するようになって、なんだか精神が安定した。まぁ、だって普通彼女いたら彼女を最優先にするでしょ、みたいな。でも同時に楽になった。

ひょっとするとキモい中年男性の何割かは幸せな家庭があって、キモさを減らすのに注力しなくなってるかもしれませんね。やべーやべー気をつけます!

anond:20171116111053

わたしMX提唱する毛髪が不自由男性のことを肌色男子と呼ぶことを支持してるし

心のなかで友人の中年男性のことを糖尿男子とか膝痛男子とか睡眠時無呼吸男子とか呼んでるよ。

すっごい楽しいよ。

男性陣も私のことを更年期女子とか呼んでるんじゃないかな。

2017-11-15

イエモンドキュメンタリー映画

特に猛烈なファンというわけでもなく、何気ない気持ちで観てみたんだけど、アラフォー自分にはじわじわ刺さる作品だった。

ネタバレに触れるかもしれないが(そもそもドキュメンタリーネタバレがあるのかわからないが)、簡単感想を書く。

90年代活躍した伝説のバンド」みたいな扱いになっているが、イエローモンキーって当時の日本音楽シーンでは、どメジャーって感じでもなかった気がする。

カラオケJAMを歌うやつはたくさんいたけど、GLAYとかラルク代表されるような90年代流行ったV系バンドほど人気があるわけでもないし、MICHELLE GUN ELEPHANTとか、エレカシほど硬派で骨太イメージもない。

当時流行ったUKロックとか、グランジとか洋楽が好きなやつからダサい馬鹿にされていた。そんな立ち位置

でも見た目は日本人離れしてかっこよかったかな。だから女子ファンが多かった。

2001年、人気の絶頂といわれた時代に突然活動を停止して、その約3年後に解散理由は明らかにされていない。

映画は、2016年5月代々木競技場での再結成ツアー初日から年明けのカウントダウンライブまでのステージ楽屋裏を淡々と密着していて、それにメンバーそれぞれのインタビューと彼らの原点であるという渋谷ライブハウスLa mama」の無観客ライブを織り交ぜて構成している。

過剰な演出もなく、シンプルに追ってるだけなんだけど、たいしてファンでもなかった自分が引き込まれしまったのは、きっと映し出されている人の「人間臭さ」なんだと思う。

皆50を過ぎたおっさんだというのに、メンバー同士アホみたいに仲が良さげであるトランポリンを跳ねたり、リーゼントにしてみたり、ライブ前後楽屋風景さながら中学校の昼休みだ。

そしてアホみたいに化粧が濃い。深い皺の刻まれた50男の顔にファンデーションを幾重にも重ね、アイラインを引き、口紅を施し、頭皮マッサージをされている姿は、ある種のおぞましささえある。

そしてその年齢ゆえ、過酷スケジュールツアー中に起きる、体の不調。

ぎっくり腰や熱、腱鞘炎に加え、ステージ中にボーカル吉井が声が突然出なくなるという、最悪のアクシデントもある。ライブが中断され、騒然とした客席、ピリピリとしたバックステージカメラは追っている。

ライブのリハやレコーディングでの音作り風景も興味深かった。「こんな細かいところまで?」「そこまでして客はわかるのか?」というくらい綿密で、本番ギリギリまで試行錯誤している。

しかしたら、解散ブランクがあるからなのかもしれない。

決してスマートではない、中年オヤジ仕事風景

それなのに、ステージの上では、煌びやかな艶とオーラもつロックミュージシャンの魅力をまとうから不思議である

上手く表現できないが、そんじょそこらの30代、40代ミュージシャンには出せそうにない「凄み」があるのだ。

これまでの日本ロックシーンで、音楽に地道かつ真摯に向き合いながらも「華のあるビジュアル」の中年ミュージシャン存在しなかったのではないだろうかと思う。

90年代20代の頃はさほど魅力を感じることができなかったが、自分不惑を迎えた歳となって、素直に「かっこいい」と思える年上のおっさんが世の中に存在するのは有難いことである

「オトトキ」ってタイトル最後まで意味からないうえ、めちゃめちゃダサいし、キャッチコピーは「4Pしようぜ!」だし、ポスタービジュアルはクソスベってるけど、この歳に出会えてよかったな、と地味に思った作品だ。

会社勤めと自営業

よく知人と、会社勤めと自営業どちらがリスクが高いかという話をすることがあるが私はどちらを選んでも大した違いはないと思っている。良い会社就職して定年までのんびり働くことができればそれに越したことはないが、会社勤めは多くの場合会社から過剰な要求をされたり仕事を干されるなどして強いストレスを感じることが多い。

自営業はどうかというとこれも厳しい。自分でやりたい仕事をやり付き合う相手を選ぶことはできるがいつ仕事がなくなるかわからない恐怖と戦わなければならない。頭を切り替え休むべき時に休める人でないと自営業を続けるのは難しい。

この問題の最適解は会社勤めをしながら自営業者のように振る舞うことである。まずは会社から給料をもらい安定収入を得ながら自分スキルを磨く。その上で業界関係者が集まる場所積極的に参加して横のつながりを持つ。そのような活動を続けていけば何かの理由会社をやめることになっても次の仕事が見つかる可能性が高い。うまくいけば転職年収が上がることもある。実際、優秀な人は皆そうしている。

最悪なのはなんの努力もせず歳をとることだ。適当に働いて中年になった頃に職を失うと苦しい立場に立たされる。無能中年企業から敬遠されるため再就職できずアルバイト生計を立てることになる。それでも生きてはいけるが残りの人生を泣きながら暮らすことになる。

歳をとりそのような事態に陥ってしまった人はどうすることもできないが、若い人がこの文章を見ているなら今から自分キャリアプランについて真剣に考えたほうが良いだろう。

2017-11-13

anond:20171113122349

イケメンが譲るのは感謝すべき善意だけど

貧乏キモ中年は譲ったんじゃなくて自分みたいなごみが座る権利がないと居た堪れなくなりビビって席を空けた

言い訳をさせずに努力をさせる方法が知りたい。

友達20代の前半から、ろくに仕事もせずにもうすぐ40歳間近になる。

ストレスの幅はわからないけど鬱になって会社退職してからずっとニート

これからずっとニートだと、周りの皆に置いていかれるだけじゃなくて損をするだけだよ。

親がずっと健在なわけじゃないんだし、自立していかなくちゃいけないよと何度言っても働かず。

私の知り合いのツテで仕事斡旋してみたんだけど、花粉症が酷いとかそういう情けない理由ばかりで続かない…どころか職場にすら行けていない。

もうこの人駄目なんだろうな…と見限ろうとすると、四六時中LINEメールがしつこい。

「少しは努力する方法を考えなよ。花粉症だって予防するためにいろんな方法があるでしょ?自分で動かないと何も変わらないよ」と伝えても

あれだこれだと言い訳ばっかり。

そんな友達ニートの間に覚えたのはオンラインゲーム。ろくでもないのに手を出してしまった。

散々薦めるので、面倒だけど遊び始めてゲーム内でもフレンドが出来るくらいは遊んだ

そんなオンラインゲームイベントがあると積極的に行動するのが友達。その行動力をなぜ他に活かせないんだろうか…と毎回疑問を感じてた。

そのゲームで私はそれなりに強くなって、他のフレンドと遊びに行く事が多くなった。強くなったといっても週に2~3回程度2時間遊べればいいくらいで遊んでたんだけど。

他のフレンドと私が遊びに行くのが気に入らない友達

「○○は強くて良いね。私なんか強くなれない」って言うから、こんな感じでやってみたらどうかな?と教えてみた。

てっきり反復練習してくれると思ってたんだけど、一回やって出来ないから「無理」と放り投げて、また強いのズルいとか言う。

だって、少ない時間練習してるんだよって何度言っても才能の一言で済ませようとする。

ゲームの才能なんていうのはプロゲーマーなら喜ぶかもしれないけど、私はなんでも努力するように反復で練習してるから覚えただけ。

一回駄目だったからと放り投げるような人のいう才能ってなんなんだろう…。

リアルでもゲームでも、言い訳ばっかりで努力という努力をしないので私も爆発しちゃってついに言ってしまいました。

努力もしないような人があれこれ不満を言ってくるな!」


そしたら逆ギレされて「努力してないなんて私の何が分かるの!」言われた。

分かるよ…仕事も駄目、ゲームも駄目、この間なんか出かけた先で珍しい形の知恵の輪を買ってたけど5分も遊ばないで放り投げたじゃん…。

こんな人でもうぐったりして友達付き合いしてるんだけど、

こういう人を一切の言い訳をさせずに努力をさせる方法ってあるのかな…。

親のスネをかじったままで、もう中年になるっていうのに何一つまともに出来たことがない人で困ってます

もう見限ったほうが早いんでしょうか。。。



追記:創作じゃありません。創作するくらいなら、その時間を他に回します。

2017-11-12

anond:20171112022954

俺は自分リベラリストだと思っていて自称保守には反吐が出るのだが、それはともかく男女問わず自称実名顔出し中年リベラリストが一様に何かに憤っていて何かを破壊したがっていてその足場を失うと悲しそうに黙ってしまうことには何か違和感がある。

あれは右とか左とかで切るものではなくてひとつ病気の症状として分類するものじゃないだろうか。障碍者は殺せとかこのバカ違うだろとか同じ類型だろ。もって言論の場から追い出すべきものではないと思うが言論はあの更年期障害ヒスみたいなやつに方法論的耐性を備えるべきだと思う。

anond:20171112101935

元増田その辺ちゃんと書いてるじゃん、「恩賞チラつかせないと動かなかった」って

家父長制が力を失ったのも、威張り散らす割に分け前がしょぼくなったからだし、

また女性が力を与えられたことで、依存する必要がなくなったというのもある

フェミがうるさいのだって、「自分が報われないのは男社会のせい」という被害者意識からだし、

中東あん無茶苦茶政治体制が今なお存続していられるのも、石油が湧いてくるから

なのでリベラル啓蒙マウンティングだけで人に言うこと聞かせるのも無理ということ

それは結局君らが忌み嫌う中年クソ親父の「俺の酒が飲めねえのか」と変わらない

「俺の正しさ」「俺の賢さ」「俺の優しさ」だけで人が動かせると思ったら大間違いだ

2017-11-10

電車乗ってるといろんな人がいて面白いね。

沿線によっても人柄とかかわるよね。

この間、ラッシュ時の丸ノ内線乗ったけど、臭いおじさんがひとりもいないのが衝撃的だった。加齢臭を、歯磨き粉とかの匂いできちんとカバーしているし、上着とかもいい匂いするの。

「流石、霞ヶ関やら大手町駅あたりに勤務する人たち!!」って感動したわ。

そして今日、都外に向かって電車に揺られてたら、ずっとテレビの音みたいなのが聞こえてきてて、音源探したら太った中年女性がなぜかイヤホンしてiPhoneに指してるのに、そのiPhoneから音がだだ漏れてたのね。

何人かの人がイヤホンちゃんとささってないですよって言ってるんだけどなぜか改善されず一向に聞こえてきてて、それが声優かなにかのトーク動画なの。

愛おしそうに見てて、ときどきはにかんで、ときどき指を口でしゃぶって(咥えるとかレベルじゃなくて赤ちゃんがしゃぶるみたいな)

しまいには中年男性に大きな声で叱られて音消してたけど、そのときも何も話さなくてうさぎみたいな悲しい顔してるだけで。

コミュニケーションとるのが苦手なんだろうけど、イヤホンはしてるのになぜわざわざ?ってひたすら疑問で、なんか自分生活はいない人だなぁと思って眺めてた。(眺めてたっていうか単純に視界に入ってきた)

帰りの電車では、私は平均的な肩幅で普通に座席に収まってるのに、隣のおばさんがなぜかダイナミックな動きで肘でビシビシ私を突いてくるわイヤホンの扱いが激しすぎてバシバシ叩かれるわで「なんだこれ」だったわ。

あとさ、電車に乗れば、F1層第一人者である高校生とか普通に見られるし、彼らが何に興味を持ってどんな言葉を使ってるのかも知ることができるのもすごいよね。

くたびれたおじさんの会話、赤ちゃんとお母さんの会話、熟年夫婦の会話、席を譲る微笑ましい光景にもでくわせる。

終電間際の山手線に乗れば、いきなり吐く人、家と勘違いしてるのか脱ぐ人寝る人、今にもおっぱじめそうなカップルとかこれまた刺激的な光景が見られる。

自分生活は、どうしても類友というか似たような水準の人と過ごすことが多くなる。

電車に乗れば、その水準をひょいと潜り抜けた先の世界に住む人たちと、いきなり自分父親でもこんなに近づかねーよって距離出会える。すごい空間だよ。

anond:20171109180802

気付いたのえらい。大体調子に乗ってそのまま生きていく。

よい愛され中年になってくれ

2017-11-09

anond:20171109100547

その90年代でも、その頃の中年から「近頃は誰もが知ってる国民的な歌が無くなった」とか言われてたよなー

結局、音楽の入手手段も含めてひたすら多様化が進んでるってだけじゃないのかなー

2017-11-08

anond:20171108141438

中年以降になると、メンタルや口が緩くなる傾向は、どのおっさんやオバハンにもある。単なる老化現象。

で、元々の性格が、空気読めなかったり周りが見えてない自己中なタイプの人のうち、

気遣い必要なことが多い若い時には気を張っていたけど、年を取って緩くなってつい出ちゃう、という所に陥ってる人がいる。

彼らは、若い頃にそれなりに努力我慢などの負荷を自身に掛けて周囲や年長者へ気遣いをしていた分、自分が年長者になった時に、

自分だって若いころ我慢していたのだからという免罪符で、自己のふるまいにおかしバイアスをかけて自己肯定しがち。

これが老人になると老害になる。

年寄りがすべて老害になるわけじゃなくて、元の性格の残念さがあらわになってくるんだよね。

anond:20171108021855

いいなー俺も仕事やめて生活費かせぐの嫁に全部押し付け大学に戻って学びなおしたいよー。

まじめな話、社会人になって結婚した中年の友人が何人か大学に戻っているんだけど、俺みたいに人生さまよっているんだろうな。いやーあいつらの嫁さん&親御さん大変だろうなー。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん