「中年」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 中年とは

2017-10-20

運命残酷

岡山高速道路で道に落ちていた大型車タイヤ軽自動車が乗り上げ、そのあと大型トレーラーも乗り上げた事故で、軽自動車に乗っていた母娘が大型トレーラーにはねられて死んだ。娘の方は21歳の大学生だという。

私はこの母娘と何の関係もないが彼女たちはなぜ死ななければならなかったのか。21歳の大学生といえば人生の一番良い時期で生きていれば青春謳歌できたはずだ。未来のある若者が死に私のようなダメ中年がなぜ生き延びているのか。私の残りの命を誰かにあげられるのならこの子にあげたい。

2017-10-19

最近の頑張らなくていいムードはいくらなんでも異常

残業は嫌ならしなくていい

会社も嫌なら三年待たずすぐ辞めろ

良いけど、わかるけど、

それにしてもここ数年の新人が軒並み酷い。特に男。

やる気なし、出来ることしかしない、基本仕事したくない、残業なんて以ての外。

何も100時間残業しろと言ってるんじゃない。うちの会社は優しいから、少しの残業もお願いしない。

はい仕事はあるので、その分出来る人に集中する。

新人向上心なくて出来ることしかやらないから、成長もないし、別に成長に興味なんて無いんだろう。

結果、遅くまで残って仕事をするのは中堅社員だけ。

同じ部署で同じ企画に取り組んでいるハズなのに、あいつら、完全に他人事

かたや月残業200時間仕事の早い中年ベテラン、一方月残業ゼロ時間仕事しない新人。そのくせ口癖は「つかれた、つかれた。」

なんだろうこれ。

本当に休んでほしい人、健康を削って仕事してる人が休めていない。

こんな新人でも、正社員だと解雇出来ないものか。なぜ新卒には試用期間がないのだろうか。

最近の「頑張らなくていいんだよ」ムードは、もともと頑張らないやつがますます甘えるだけ。

いや、頑張れよ。。ちょっとはよ。

なんなのこの世代

そのまま永久フリーライダーでいるつもりなのか。

もう、早くクビ切られてくれ。

2017-10-18

ヤリチンはなぜ殺されないで済むのか

セフレ複数人いるっていう男をみると、

なんで生きながらえてるんだろうなあって思う。

定期的に会ってセックスする。でも恋愛感情はない。

それでオッケイって女、そんなにたくさんいるのかなあ。


その複数名のなかに絶対

「たったひとり」になりたい女のこが含まれていって

自分の番」じゃない夜にその子

他の女の子エッチしている好きな男を想像して眠るんじゃないかなあ。

好きな男に、セフレでいいよって言ってしまうような女にとって

そんな映像、一回再生するだけで臓腑ねじ切れそうになるのに

たぶん、擦り切れるほど、何回も何回も想像してる。

そんなのイヤだって言ってしまえば、もう好きな相手と会うことはなくなるから

から大量出血して眠る毎日でも、彼女たちはイヤといえない。

そんなことを複数人にやっていたら、3人に1人くらいは、

ぶち殺してやろうかと思う女性が出てきてもおかしくないのに

なぜかヤリチン今日も生きながらえ、女の子は血を流し続ける。

血を流し続けたところは癌化して、女の子の心を蝕む。

そういうことが平気でできちゃうような奴は、往々にしてけっこうモテるんだよなあ。

少なくとも、好きな女の子大事にしたい気持ちでいっぱいで

でも大好きな女の子を前にうまく話せなくなるような男の100倍はモテる

デリカシーを欠いたセクハラ中年上司よりも

ミソジニーをふりまく童貞男子よりも

女の子にやさしくするのと、地獄に落とすのが上手なヤリチン駆逐するほうがよっぽど急務だよ。

助けてください。

今日もたくさんの女の子が泣いているのに。

2017-10-17

誰が為にクソは出る


先日フットボールゲームを観に行った。

この島国中東で選び抜かれた22人の益荒男たち。


私たちは股間であたためた崎陽軒シウマイ弁当を互いに交換して食しつつ、ハーフタイムを迎えていた。


ふと恋人が言った。


今日試合を観にきている人は何人くらいいるのかしら」


「そうだね、ざっと6万人はいるだろう」


「6万人!」


恋人はなにがおかしいのか、シウマイ蒲鉾中間物質を噴き出す。すごく汚い。


「6万人が走り回る22本のチンポを真剣な顔して眺めているなんて! しかリズミカル応援つき!」


ムッとした私。

前の席でフランクフルトを頬張る頭皮露出中年男性弁当を叩きつけて激高する。


「そうやっていつもチンポのことばかり考えているんだな。いいかフットボールにおいて重要なのは22本のチンポではない。ハードワークするプリケツだ。いつもチンポにないがしろにされるプリケツ気持ちを君は考えたことがあるか。君は本当に哀れなケツフォビアだな」


そう言い放って席を立つ。恋人ツイストアンドシャウトが響いているが無視する。


本当はチンポもプリケツもどうでもよかった。

私はアナルに入れていたリモコンバイブのことで頭がいっぱいだった。


ゲーム中、私は選手たちが枠外シュートを放った瞬間だけ、スイッチを入れた。

スタジアムに響く「オオ~ウフン」という落胆の音階振動はのけ反るほどの快感を与える。

セックスとは異なる種類の性感に至るために必須の三要素は以下の通り。


不連続的な刺激×アイデンティティ・クライシス×ドラスティックアイデア


落伍者はこの三要素に溺れるあまり他者を巻き込みギルティ対象となる。

クレバー賢者は違う。快楽の祭壇に捧げるのは常に己の精神と肉体のみ。

これを読んでいる名もなき同志たちにもぜひ試して頂きたい。


以上を遵守した私の前半はおおむね順調だった。しかし負傷交代で入った初出場選手が発奮しすぎて枠外シュートを放ちまくり、予想を超えて酷使したリモコンバイブの電池が切れてしまった。一刻も早く交換したかった私はトイレへ急ぐ。


行列。ため息はクーロンキャッスルの味。


「どうも」


後ろから男の声。


「ハハン。どういたしまして」


振り向くと頭皮露出男性が立っている。

シウマイをうまそうに口にしている。叩きつけた甲斐があった。


あなたの啖呵、拝聴しましたよ。大したものだ。フットボールの真髄はプリケツにあり。その通り。相当な玄人でいらっしゃるようだ」


どうやら彼は熱心なプリケツニスタらしい。シウマイ臭くて返事ができない。


「だがこちらはまだまだ稚児に等しいッ!」


突如。パンツを引きちぎりながら引き抜かれるリモコンバイブ。

昇天する。


「君はアヌスフットボールで界ではダニだ。ダニ・アウヴェスじゃない。ただのダニ。ラ・マシアのプレベハミンのセレクションを受けようか迷っている子供友達父親の同僚の会社の清掃員が仕事帰りに立ち寄ったバル入り口で見かけたセクシーボルゾイ犬についた一匹のダニ。それが君だよ」


エクスタシーさなか、私は囁かれる。


「思い上がるってくれるな友よ真実はある一つの点に過ぎずそれは世界に無数とある


ゆらぐ視界。コンクリート灰色。一点を中心としてぐるぐると回転する。

巨大化してゆく真っ黒の中心点。これは、穴? 


気がつくと私は全裸草原に立っていた。柔らかい起伏。晴れ。

ここは地上の天国か。シガーロスジャケットのようなポーズで私は駆ける。


しかし風が臭すぎて卒倒する。

駆け寄ってくる白ワンピース少女たち。適当キスシウマイ臭い

よく見るとみなシウマイ男の顔をしている。


「やっとメンバーがそろったわ!


少女たちのイエローボイス。

チャンピオンズリーグアンセムバカバカいくら大音量流れる

一人の少女が突如脱糞すると、連続してみな脱糞臭い

みな自分のクソを蹴り飛ばす。なしくずし的に私も参加。

楽しくなってくる。ア・ラム・サム・サムを合唱する。


私たちって、オリベル&ベンジみたいになれるかも!」


「ハハン! タカハシ・センセイも真っ青だな!」


融合してゆく人糞。巨大な玉となり芝生を飲み込んでいく。

破壊される世界。光に包まれたゴールが出現。私たちは玉の上を走りながら突っ込んでゆく。


フェラチオゴラッソオオオオオ!」


叫ぶ私はふと、我に返る。周囲に少女たちの姿がないのだ。


「ここでさよならよ! 元気でね!」


荒廃した大地に取り残される少女たち。悟ったような笑みで手を振る。

私は涙する。ようやく気づいて。彼女たちは私をここから逃がそうとしていたのだ。

光に包まれる中、渾身の投げキッス。この愛よ。どうかあの娘たちを守って。


遠い昔の思い出から戻る。私はハーフタイムロッカールームにいた。

汗と、スポーツドリンクと男たちの吐息ミステルと通訳の声が響く。


あれからおよそ2000年まりの時が経った。

光の向こう側は紀元前ヨーロッパ世界だった。

私はローマ人にクソフットボールを教え、その後現代まで発展を見届けてきた。

あるときオーナーとして、あるとき監督として、あるときコールリーダーとして。

偉大なるクソフットボーラーの影には必ず私の存在があった。

いまは極東島国代表選手として、啓蒙活動を続けている。


後半の入場をスタッフが伝える。私はクソを漏らして手で掲げる。

これがハーフタイムルールで、選手たちは持ち寄ったクソをフィールドで固めてボールを作る。


「よし! いくぞ! みんな!」


シン、と静まり返るロッカールーム


「誰だお前」


締め出された私はスタジアムの外で強盗あい、素っ裸で由比ガ浜に放り出される。

もう金輪際スタジアムには行かない。

2017-10-16

https://anond.hatelabo.jp/20171016162551

超かっこいいオヤジには女性が何人も群がっている。

まり、年齢関係なく何人も女性がたむろしているいい男がいるのを見て、世の中年男性自分もいけると勘違いしているのかと。

普通女性はきもくてコミュ障オヤジと関わるのは死ぬほど嫌だということをわかってない。

anond:20171016013141

お前は、男の自殺率を見ないし、中年孤独死の男女差を見ようとしてない。

2017-10-15

昨日ショッピングモールに行ったら、言い方悪いけど底辺そうな二人組みの中年が世の中の不満を大声で喋ってたんでちょっと聞き耳を立ててしまった。

恐らく、だけどあまりお金も知識も無くて、日々のあらゆる不満を全部まとめて世間のせいにして満足してる感じ。

みんな自分の事しかかんがえてねえんだよ!とか方言交じりで喋ってた。

言葉遣いも相当悪くてちょっと存在が悲しくなるぐらい。

で、選挙の話になっておめぇどこに入れるんだ?と片方がたずねたら、即答で自民党!って言ってた。

ここで自民党共産とかじゃなくて?

自民党ってお金があって知識もあって、所謂中間以上の人が支持する政党じゃないのと思ってるからびっくりした。

だってそっち向けの政策に力入れてるように見受けられるから

こういう、現状に不満のある人が入れるべきはせめて野党なんじゃないの?だって今の状況に不満があるんでしょ?あんたらさっきその現状に対してめちゃくちゃな不満ぶちまけてたじゃん。

どういう理由で現政党に入れるの?

って思わず言いたくなったけど関わりたくないのでここに書き捨て。

2017-10-13

松旭斎すみえ師匠の功績を「風評被害」とかいうな

オリーブの首飾りの「風評被害」について、いろいろと盛り上がっているけど、(https://anond.hatelabo.jp/20171012190403 とか anond:20171013062716

そもそもマジックと結びついていなければ、日本であの曲がこれほどまでにポピュラーにはなっていないだろう。

この曲をマジックBGMに使い始めたのは、現在日本奇術協会名誉会長である松旭斎すみえ師匠だが、たまたまカーラジオで流れていた曲が自分舞台にあっているのではないかと思いBGMにつかってみたところ、あまりにも評判がいいので定着し、ほかの奇術師もどんどん使い始めたのだという。

昭和50年代の話だ。

以来、完全に「手品師テーマ」として定着し、40年近くがたっても、その結びつきは色あせることがない。それは、あの曲があまりにもマッチしていたから。

作曲者意図とは違うのかもしれないが、もはや「江頭2:50布袋寅泰の『スリル』」みたいな、唯一無二、不即不離の選曲というしかない。

師匠は、この曲のポテンシャルを引き出したのであって、もし師匠とこの曲が出会っていなかったら、ポール・モーリア音楽なんて、日本では昭和遺物として忘れ去られてしまったはずだ。

イージー・リスニング」なんてジャンルがあったことすら、もはや中年以上の人間しか覚えていないのだから

師匠舞台は、10年くらい前に鈴本演芸場でみたきりだが、その時もこの音楽が定着する経緯についてはネタにしていた。

なにしろ、あの曲のイントロ流れるだけで、「ああ、これからマジックが始まるぞ」という期待感に客席がつつまれ師匠が登場して花束の一つでもだすだけで、会場は沸くのである

「ああ、定番のあれを見た」という安心感

こんな幸福な結びつきは、音楽にとって、断じて被害」なんぞではない。

鎮座DOPENESSの良さがわからない

一番有名らしいフリースタイル動画を見てみたが


「おーいおーい!この空気ちゃんとみえて物言ってんのかーい」



ださくね?

酒飲んで町内会にやってきた中年みたいな声で普通のこと喋ってるだけだった

ちなみについでに観てみたR指定ってラッパーは声質も含めて格好良いなって思える程度には興味があります

2017-10-12

童貞初デートプラン最悪だな

https://www.jalan.net/news/article/202011/

初デート彼女の家

えっもうすごい嫌。実家でも一人暮らしでも嫌。

実家がなぜ嫌かというと付き合って最初デート家族に紹介するのはすぐ別れた時気まずいし、

紹介するなら半年~1年くらい付き合ってるのが前提というか…。

一人暮らしだと嫌なのはワンルームトイレの音がすごく響くから

付き合って最初デートでジョボボボボボ…という尿の音を聞くのも聞かれるのも居心地が悪い。

気心の知れた同性の友達でもそこはなんだか居心地が悪いなあと感じるところなのに。

初デートで?付き合いたての彼氏?集合していきなり家?はぁ?ありえん

初デートで昼は手料理

付き合って最初デートから一切金かけない方針かよ!って思う。

付き合いたてって男側はテンションピークで徐々に下がってくもののはずなのに最初からコレ!?

釣った魚に餌やらなくなるのが直後過ぎか!?

なんか最初からコレだと、毎日のように彼女一人暮らししてる家に来て当たり前みたいに飯食っていって、

「私も学生から経済的にきついんだけど」って言われるまで食材費払わない奴になりそう。

友達にいっつも車出させて何度も遠出してて、ガソリン代のこと何も気にしない奴みたいな。

母親の作るメシ、父親の出す車が無料提供されるから子供経済感覚のまま成人しちゃう奴いるけど、

そのパターンなんじゃないかっていう不信感が爆発してしまう。

童貞だろうが非童貞だろうがこの感じは本当に嫌だし、こういう女が居たとして友達にもなりたくない。

夕飯は外食

ランチ外食にして夕飯自炊したほうが同じ予算で良いもの食べられるのに。

そもそもだけど午前中が家で映画っていうのも意味がわからない。

日が出ていて店や色々な施設オープンしている時間に外に出て、

疲れた頃に家で映画観る流れの方がスムーズなんじゃないの?

デートの前に、同性の友達と遊んでる?

初デートで泊まるし手を出さな

本当に意味が分からない。ひたすら最悪という感じ。

初デートであっさり解散せず泊まりもアリみたいな態度する時点で、

は?初デートでいきなりヤろうとしてんの?しかも女からの誘われ待ち?と思うし、

まられるとメイクを落とさなきゃいけないし、寝顔や寝相や寝起きを見られるわけで、初デートでそれは気が狂っているのでは?

初デートセックスは無いし、何回かデートしたあとセックス→何回かセックスしたあと

ヘアターバンしてメイク落とし塗ってる姿とかを見られる、という順番であって、

なんか本当に初デート、いきなりメイク落として一緒に寝るって、わけがからない。

しか彼女の自宅。とことんケチかよ。ケチワンチャンカスじゃん。

別に男が全部出せとかじゃなくてさ。映画「GO」だと若い二人の初セックスは一緒にバイトして一緒にお金貯めて背伸びしたホテル行ったりするわけ。

そういうのの無さ。初デートから男がマックス自然体。絶対背伸びはしねえぞという自然体への固執よ。

やりたいのなら挿入してやってもいいけど?みたいな姿勢しか感じない。はぁ?草食なら泊まんな。

あと彼女ワンルーム問題として…

ホテル泊だと、大浴場があったり、朝食バイキングがあったり、部屋から出る機会がちょこちょこあるんですよ。

からウンコ問題ナラ問題がね、その外出機会にホテルの共同の女子トイレでなんとかできたりする。

その点、ワンルームで泊まりの逃げ場の無さよ!!

それなりに熟年感出てきてる距離感カップルでないと、この距離無し感、密室逃げ場無い感、きついよ。

こういう現実的な拒絶に対して、

現実女性ってやっぱり現実なんですね。結局ウンコとか金とかなんですね。引きました。夢が失われました」みたいなのも、

「僕は最初からフルスロットル自然体で心開いてウンコするので、あなたもどうぞ」みたいなのも、

どちらにしろきもい関わり合いたくないと思う。どちらもネットはいっぱいいるけどリアルでは特殊事例男性から

バツイチ中年同士の恋愛とかならまだしも、21歳男子大学生相手って女子大生可能性が高いわけで、

東大生と話が合う、知り合う機会があるとなると高校時代は真面目に勉強してきた男慣れしてない子の可能性も高いわけで、

年齢の若い男の目線を過剰に意識しがちなウブな女ほど、こういう距離無し感に苦痛感じると思う。

まあどうせこの取材対象者は「叩きやす童貞妄想」を記事化したビジネス童貞なんだろうけど、

本当にわかってないどうしようもない奴もいるかもしれないから、念入りに叩いて芽を摘んでおくよ。

距離無し感に苦痛感じながら面と向かって苦痛って言えなくてモゴモゴしてストレス蕁麻疹できるウブな女子大生が今後ひとりも発生しませんように。

カスはもうデートとか諦めて生きろよ。

外国人にだけ愛想の良い日本女性

最寄の駅に毎朝同じ時間通勤するアメリカ人中年男性がいる。

彼は派手なタイプではないものの、さりげなくおしゃれで格好良い。

特別知り合いでもないが、同じアメリカブランドの靴を履いているため、

ある時ひょんなきっかけがあって、少し話したりするようになった。


朝決まった時間に家を出て駅に向かって歩いていると、彼はだいたい10mくらい前を歩いている。

お互いたいした話題も無いので、わざわざ追いついて声をかけるような事はしないものの、

決まった時間にズレが生じると近い距離にいる事もあるので、そんな時だけ挨拶程度に話す間柄である


ある時、私達と反対に駅の改札から出てくる人々の中に、

とある日本人と思しき中年女性が、その彼にすれ違いざまに挨拶している様子を目にした。

地下鉄であるため、そのすれ違いの場所エスカレーター上り下りになっている時もあるため、

女性の表情が良く見て取れるのだが、彼女は必ず満面の笑みを浮かべそのアメリカ人男性挨拶をする。


単なる知り合いかと思いきや、その中年女性の愛想に対する彼の振る舞いが、

一応、知り合いでもある私から見てもあまりにそっけなく見えたため、

ある時、話す機会があったので本人に挨拶をする中年女性についてそれとなく尋ねてみた。


結果として、そのアメリカ人男性中年女性はまったく知り合いではなかった。

さらには男性曰く、日本ではそのような見ず知らずの女性が愛想良く挨拶してくることが頻繁にあるとの事であった。

来日当初は、相手が何らかの目的を持っているのだろうと考え、警戒の対象にしていた頃もあったとの事であったが、

彼のケースでは、日本人の中になんら目的を持っているような人は見受けられなったそうだ。

外国人である自分には愛想が良くて、同じ日本人に対しては正反対対応をとっているその人達の行動は不思議でならなかったものの、

それは外国人が歓迎されている、ただそれだけなのだ理解し、相手言葉と返すようにしていたところ、

そのとたん急に相手距離を縮めてきて、連絡先の交換だとか、仕事は何しているのか等、質問攻めにあうのだという。


挨拶を返した途端に質問攻めに合うというパターン割合は決して低いものではないらしく、

一見クールそうに見える女性でも、ベタベタしてくるとの事で、彼自身隙があるのかある時期悩んだという。

仲間に話すと自分と同じような感想を持つ人が複数人いた事もあり、

今では、傍から見ると無愛想な返しになってしまっている、という説明をしてくれた。


という事なので、気をつけよう。

2017-10-11

anond:20171011112111

親が理解さなくて「○○(いい年の年齢)にもなってマンガアニメゲーム)とか」って言われたり、

今時「マンガ子供が読むもの」と思っている人なんてほぼいないだろ。

中年どころか老年がメイン読者じゃねという週刊誌とかでもマンガは載ってるし、

美味しんぼとか釣りバカとか大体誰でも知ってるであろう大人向けマンガ子供向けと思ってる人もいないだろう。

そういうのは、オタク差別されてるんだー!と言いたいだけの嘘松でなければ、

子供向けのマンガしか読んでない人が「いい年してそんな子供向けのマンガとか」と言われたのを

マンガ子供向けと思われている」と勘違いしているだけでは。

小説だって小説というジャンルのもの子供向けとは思われてないけど

いい年こいてラノベしか読んでなければ「もっと大人向けのものも読んだら?」と思われるのは何もおかしくないよ。

猫10匹飼っている知り合いが動物愛護活動

ペット自体否定しないが10しかブリティッシュショートヘアなどを飼っている知り合いがいる。黒猫も飼っているが野良猫も飼っているかもしれない。

話した感じは温和な良識的な中年兼業主婦で親は教師だそうだ。夫と小さな子供も2人いる。家は立派な一軒家らしい。

しか10匹は行き過ぎに思う。貧乏人はペットそもそも飼えない、またペットというのが動物愛護と反する面もないだろうか。

知り合いは落ちたが選挙に出てまずまずの得票を取ったが10匹飼っていて動物愛護を言っていると知ったら投票しない人が多かったんでないかと思う。また環境活動にも熱心な人である

知り合いは活動に熱心で世間知らずのお嬢様と言う感じでも無いがさすがに10匹は常識を超えてる風に感じます

今の日本安心して差別できる属性リスト

少し前は「障害者」が安心して差別できる属性として多くの人がカジュアル差別をしていましたが、今では難しくなっています。だからといって心配する必要はなく、代わりに別の被差別属性が台頭していますので、時流を読めない人は参考にしてみてください。

タバコ嫌いの人たちはいつも気持ちよさそうにヘイトを吐いています現在もっとも有力な被差別属性といえるでしょう。初心者向けでもあります

徐々に風当たりが強くなってきており、将来有望被差別界の成長株です。ただし子育て中の専業主婦とそうでない専業主婦とは区別されて考えられることが多いため注意が必要です

今も昔も立ち位置はさほど変わらないように見受けられます中年男性は他の被差別属性に比べて識別が容易であるため、中年男性が居ない空間においてはもっと安全差別対象となりえます

呼称が安定しないので「など」としてひとくくりとしました。なんでも政治的文脈に結びつけているあの人たちです。対象被差別属性として広く認識されていないにもかかわらず常日頃からヘイトを吐いているため、自身差別対象となってしまっています差別で盛り上がれる対象というよりは不可触民のような扱いになっています

こういう相手には何を言ってもいいと思ってる人が一定数居ますし、仕事などでストレスを抱えがちな人はそれに便乗します。うまくハマれば差別で大いに盛り上がれますが、それを逆手に取られて都民ファーストの会希望の党が票を集めたり、コンビニFCコンビニ店長コンビニバイトを争わせて矛先をかわしたりもしま

他にも細かいものはありますが、とりあえず上記を抑えておけば快適な差別ライフを送れるだろうと思います

2017-10-10

まあしかし俺は中年だがまたイキイキと仕事できるようになるし今からまた素敵な彼女的な人が見つかるだろう

俺には昔からそういうことが起こるし今ははっきりそうなる予感がある

残酷な大便のように

中年神話になれ

蒼いエネマグラ

ケツの穴を叩いても

私だけをただ見つめて

微笑んでるあなた

そっとふれるもの

もとめることに夢中で

運命さえまだ知らない

いたいけなアヌス

だけどいつか気付くでしょう

そのバイブには

遥か未来 めざすための

イボがあること

残酷な大便のテーゼ

アヌスからやがて飛び立つ

ほとばしる熱いバイブで

思い出を裏切るなら

この尻(そら)を抱いて輝く

中年神話になれ

変質者と親切の地平線

先日の、夕方に降り出した急な雨の中、向こうからランドセルを傘代わりに頭に載せた小学生女の子が歩いてきた。

わたしなんか会社においてあった傘を使っても裾も袖がびしょびしょになる程の雨だ。

ランドセルなんかを頭に載せたくらいではもうすっかりずぶ濡れである

わたしの家まではあと少し。どうせここまで濡れたのだからあとは雨の中を走り抜いてもたかが知れている。

しかしわたしといえばこ汚い中年おっさんである

こんな薄暗い路地で傘を貸してあげようなどと声をかけようものなら防犯ブザー待ったなしである

しかし、やはりあの子をびしょびしょのままにしておくには忍びない。

そうだ。と思い、わたしはそそくさと傘を畳んで少女が歩いてくる前に立てかけた。

「あー。おじさん、もう家が近いからこの傘を捨てよう。これは捨てた傘だから誰がどうしようと自由だ。」

雨が地面に叩きつけられる音に負けないよう、彼女の耳に届くようなはっきりとした口調で言うと、突然の出来事彼女は目を丸くしながらも、恐る恐る傘を手に取った。

その姿にほっとしてわたしは早々にその場所を離れようとすると、思いがけずに少女は「待って」と私を呼び止めた。

わたしはそれを聞こえないふりで立ち去ろうとする。捨てた傘は、拾った人間自由だ。

しかし、背後からは再度彼女の「待って!」という言葉と駆け寄ってくるような足音が響いた。

あぁ、わたし彼女を誤解していた。もっと素直に渡すべきだったのだ。

そう思って振り返ろうとするわたしの尻に、突如電撃が走った。

不法投棄許すまじ!」

まさに雨を切るような少女の神スイングによって振り下ろされた傘が、わたしの尻のラインに沿ってひしゃげていくのがわかった。

害悪がえらそうに道を歩くな」

そういってわたしの尻を蹴り込むと、倒れ込んでいくわたしをよそにくるりと振り返って少女は去っていった。

なにこれスゴイ。こんな世界初めて。

2017-10-09

初めての高級ソープ

7万円。

  

ネットで調べる

店内も高級仕様ってことらしい。

前にネット人生辛い、死にたいって相談したら、「高級ソープに行け人生かわるぞ」とアドバイスをもらい、

2年越しで行ってみた。

その地方マックスが一応初回7万円だった。

  

②店内~顔見せ

周りは、農家トラクターでもそうさしてそうな、中年初老の腹が出たおじさんばかり。

イキってるイケメンかいないな。

店員から、「うちはスキンつけてもらいます」との指導

正直、死にたい気持ちだったので、別にプレイとかどうでもいいから、ハイハイ聞いてた。

10分ほどで案内される。

呼ばれて、階段を上ると、片膝ついた姿勢で嬢が待ち受ける。パンチラ

  

嬢「おトイレいいですか?」

増田「したいです」

  

トイレホテルほどじゃないけど、まあキレイ系雰囲気

    

③入室~風呂

部屋は、普通ソープよりかは綺麗だけど、そこまで広くもない。

部屋に入り。

  

嬢「今日はお休み?」←この手のテンプレ質問毎回あるよね

増田「うん。観光で来たんだ~」

  

嬢もまだ京都から来て5日目。この辺の料理はまだ食べたことない、あそこの料理はおいしかったよトウトウ

で、服を脱がされて、嬢も服を脱ぐ。

最初テンプレトークから調子を作ってくれている。一級整備士みたいな嬢だなと思う。

顔は、う~ん、まあブスではないけど。目立たない新入社員みたいな。おっぱいちょっとあるかな

第一印象は、おかめ顔。

顔面偏差値で言うと、53くらい?顔面偏差値50とは言わないけど。

でも、不快感が全く無いという意味では凄い。少しだけ顔からファンデーションの粉が浮いている。

  

すると、キスをしてこようとする。

キス、即フェラ、即セックスってやつか?

と思ったが。自分は昨日、諸事情があり、風呂に入れなかったため、怖くなった。

  

増田「あ、ごめん、そういうの風呂に入ってからでいいですか?」

嬢「あ、分かったお風呂行こうか」

  

④体洗い~マット準備

風呂で、スケベ椅子に座り、体洗い。

嬢の口が、臭い。胃が悪い人みたいな口臭だ。

ゼンゼン準備せずに、出勤して、入ったのかなーって感じ。

黙って体を洗われる。やたらアナルを念入りに洗われる。

面白いのが、皿洗い用みたいな、使い捨てのスポンジを使って洗うこと。

普通大衆ソープは、もうチョイ使い古しの泡立てみたいなのを使うイメージだ。

実は、増田医者なのだが。患者さんの手術前の前処置で体を使い捨てのスポンジで拭いたりするんだけど。

それと同じレベルだなあと思った。

一通り体をあらい、お風呂へ。

嬢が、キスをし、耳をなめようとする。

耳は洗っていない。

  

増田「あ、耳は自信ないんで、やめてね」

嬢「わかったー」

ぺろぺろと舐めて、お風呂フェラ。いわゆる潜望鏡ってやつ。

なんとか脳内で好きなアイドルを思い浮かべて、いい感じでたった。

嬢「大きくなったねー。最初マットにする?ベットにする?」

増田「じゃあ、せっかくだし、マットで」

嬢「じゃあ準備するねー」

  

⑤マット

マットを準備しながら、嬢が台湾出身だと言う。

台湾美術系の高校を出たらしい。

台湾語はいくつかある。台湾語日本語中国語を話せるなどと聞く。

驚いたのが、嬢が、「ルソー」について語った。

驚いて、突っ込んで聞いたが、ちゃんとルソーのことを知っている。

今まで、ソープ嬢やデリ嬢にあまり知的さを感じたことがなかったが。

の子は、『まとも』らしい。

ドストエフスキーの『罪と罰』では、風俗嬢女の子聖書を読んでもらって、主人公が感動して、「君の声で読まれ聖書全然違うね」と言う場面がある。

風俗嬢の話すルソーや。美術、、、村上隆やら、水墨画知識

何たる感動だろうか。

僕は、今まで風俗では、ある意味教養がない女性しかいたことがなかった。

僕が普段付き合いがあるような『ハイソ人格女性からは一生相手されないと思っていた。

しかし、この目の前の風俗嬢は、「僕の感じる人間性の前提となる知性」がハッキリとある

それを感じ興奮してしまった。

マットについては、まあうまかった。福原の高級ソープや、熊本ブルーシャトー(裏の会員制の芸能人とか行くソープ)で働いていたということで、すごかった。

アナル舐めが、やたら舌を突っ込んでくるというか、加速度をつけてくる感じで、これは体験たことがなかった。

当たり前のように、ナマで入れて、当たり前のように出してしまった。

ブルーシャトーでの「90分で3発が基本、1回2マンで、6人相手して12万円できついのに、全然もらえなかった」みたいな話を流し聞きしていた。

  

⑥ベッド

ベッドで、美術について話をする

  

増田パウルクレーって、子供のころはシュルレアリスムなのに、全然すごくないなって思ってた」

嬢「私も。全然すごいと思わない」

増田「でもさ、疲れた時に、見ると。なるほど、楽に見ることができる楽しみがあるんだなって。童心で見ることができる良さをこの前いきなり理解できたよ」

みたいな。

嬢も、村上隆カイカイキキ台湾会社を見たことがあるだとか、そういう話をしてくれた。

  

高級ソープも、8万くらいの吉原ピカソって店とかは、会社経営とかフリーカメラマンとか金持ちバカリで、6万くらいだと会社員もくるらしい。8万くらいだと、身長が160後半以上の女の子しか採用されないらしい。モデルっぽい女性と、恋人みたいにトークが中心となるらしい。

  

話をしながら、僕は怖くなっていた。

25歳の嬢だと言う(もちろんもう少し上かもだが)。僕は20後半。

この嬢に、僕は全てのプレイをされた。僕の体で、この嬢がやっていないプレイは無い。

もう、この嬢には、すべての僕を占領されてしまった。

考えてみれば、今までの嬢には、僕は、『気を使っていた』。

相手知的レベルに合わせて、会話しており。相手コントロールして、プレイを『やってもらっていた』。

しかし、この嬢は、『自動的にすべてをやってくれて』いる。

僕にはもうコントロールしてやってほしいことは無い。しかし、嬢はまだまだ色々やってくれるんだろう。

それが怖かった。自分の底を晒終えて、もう何もない。食われるなと。

こんな、1回7万もするようなものに、ハマってしまったら、怖いなと。

  

嬢がフェラして、くる。

僕は驚いたフリをして、嬢が、「高級店なら3回は当たり前だよー」。

僕はベッドに座って、嬢は床にひざまずいている。

このプレイは予想しておらず、また支配欲がそそられる。素晴らしいものだ。

僕は、もう自分侵食されていることを感じた

  

増田「耳、白くてかわいいね、僕、耳大好きなんだ」

嬢「え?え?ありがとー」

増田「まあ、耳なんて僕しかみないだろうけど」

嬢「そうだよーw」

  

それで、ベットに嬢が寝て、僕が上に。

欲望のままにしていいよとのこと。

僕は、分からないと言い。嬢に教えを請うた。自分本能を出すのが嫌というか、死にたい気持ちが強まっていた。

嬢におっぱい舐めろと言われて、舐めている。しばらく舐めると、チンチンもしょぼしょぼ。

  

嬢 「なんか、緊張してるのかな、マッサージしてあげる」

で、残りの30分くらいマッサージ

  

⑦アフター~さよなら

  

マッサージが終わり

  

嬢 「ねえ、楽しんでくれた?なんか、悪いなーって」と言いながら、服を着せてくれる嬢。

増田 「うん、メッチャ楽しかった。あのさ、僕、死にたいとかネット相談したら、高級ソープ行けって言われて。で来てみたんだけど。僕、台湾ハーフ女の子を抱けて。で、僕、美術系の女性が好きでさ。てか芸術かに憧れがものすごく強くて、そんで、そういう人に中出しできたのがすごくうれしい。自分の劣等遺伝子を受け入れてもらえたのがうれしい」

嬢 「えー?そう。確かに中年くらいだと、『妊娠してー』っていうと喜んでくれる人が多いな」

増田 「僕も妊娠してほしいよ」

嬢 「風俗って、看護師さんと、音楽系とか多いんだよね~」

そういう感じのトーク

サヨなら

  

帰宅

風俗帰り。

7万とたかかったが、経験できたことはかなり多かったため、不満無し、満足。

2017-10-08

中年童貞の苦悩

風俗に行くべきなの?

自分を磨いて女性へのアプローチ不安べきなの?

素直に死ぬまで女と交わる喜びを知らずに死ぬべきなの?

結局、どれが正解なんだ?

anond:20171008113253

いや若者と比べるのなら、中年ぐらいでも普通に体力の低下みたいなのはあるってのが普通でしょ。

そもそもいくら若いと行っても成人済ぐらいで、子供じゃなければ、あんまりずっと寝てばっかな状態だと体力下がるものだし。

anond:20171008003927

すでにレンタル中年海外ドラマを借りることでしか成り立ってないような

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん