「特に」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 特にとは

2018-10-19

anond:20181019054552

エクセル知識は当然いらない。

PCが得意な必要特にない。

高校数学集合論が得意だったかどうかでだいたい決まる。

因果応報ってほんとにあるよ、後なんかわからないけど不思議な偶然も

大学生ときのはなし。

友人と二人で夜道を歩いていた。我々は苦学生だった。家はお互いに田舎で裕福ではなかったので、何とか現状を抜け出そうと高校時代にやみくもに勉強した。おかげで、通える範囲内で一番よい大学合格できたものの、片道三時間通学だった。『往復六時間だぞ、一日の四分の一だ。四年通ったら一年電車の中にいることになる』このフレーズを当時自虐ネタとして、よく使っていた。ただ、悲壮感はなかった。我々はおどけたピエロになるのは好きだった。

夜道は暗かった。実家の近くは8時を過ぎると人通りが無くなり、国道なのに車が通ることも少なかった。製材場の近くに通りかかったとき、道端に何かが落ちているのが見えた。自動販売機の明かりのしたにあったので気がついた。財布だ。特に変哲もない黒い長財布だった。見た目からして薄かったので大して入ってないだろうと我々は思っていた。ところが開けると一万円札が七枚。金には困っていたが猫ババをしようという気はなかった。ただ、警察に届けて三ヶ月落とし主が見つからなければ、そのお金は我々のものになることは知識として知っていた。我々は夜道を引き返し、交番にいき、財布を渡した。

三ヶ月後、我々は七万円を手に入れた。一人三万五千円。当時の我々には大金だった。そこから事件が起こった。

五月の暖かい日、鴨川サークルメンバーと川の中でふざけていたとき身体を押され足を滑らせて転んでしまった。手を川の中でついたとき、尖った石がわたしの手のひらを突き刺した。傷口は大したことが無かったので、ほおっておくとその後、身体中に蕁麻疹が現れ、病院にいくと入院することになった。今まで入院なんてしたことがなかったので『なんだこれ』と思っていたが、かかった入院代金が三万五千円だった。

友達に『こないだの三万五千円、入院代に消えたわ』と連絡すると、友達から『俺も今入院している』と返事が返ってきた。後日確認すると、自転車に乗っていたとき電柱にぶつかったとかだった。そして、その友達入院金も三万五千円だったらしい。

実は我々は、財布を拾ったときに、一つしたことがある。財布にはお金の他にはほとんど何も入っていなかったのだが、数枚の名刺が入っていた。我々はその名刺をその場で捨てた。そのことが影響してるとは思えnwea

2018-10-18

嘆きのマイナーCP腐女子から皆さまへのお願い

嘆きと嫉妬と怒りと飢えに満ちた死にかけマイナーCP腐女子より、ハッピーツイッターライフを送られている腐女子の皆さまへのお願いです。マジで

便宜上架空マイナーCPを「A×B」と表記しま

CPを名指しにしてマイナスツイートをしないでください。

別にちょっと「AB地雷だわ…」とか呟いても誰も見てないでしょ〜?とお思いのそこのあなたツイッターやめろ!

マイナーCP腐女子というのは常に飢えている生き物です。自分の腕とツイッター診断とBL相性診断と数少ない仲間の作品を食いながら生きています

そんなマイナーあるあるなんですけど、推しCP検索は数時間に一回必ずしません?それも「話題ツイート」じゃなくて「最新のツイート」で検索しません?するよね。わかるよ。

栄えてるタイプCPを「話題ツイート」で検索する分にはあまり悪口は引っかからないんですよね。話題も何も悪口だし。でも「最新のツイート」で検索するとまぁ〜引っかかる。A×Bと書かれていれば、それがリプライでもバカスカ引っかかる。死にそうだし実際5回くらい死んだ。

「どうしてA×Bなの?逆じゃない?笑」

「A×Bミューワードにしたわ!

推しCPを求めていたらこツイートが引っかかった女の容態を考えてください。5秒後には死ぬ

そんなの当然のマナーでしょ?わたしもそう思います。基本こんなことするタイプの女にロクなのはいないです。心当たりがある人は人付き合い見直しとこう。いつかそいつ炎上しても知らんぞ!

ちなみに今まで出会った中で一番クソだったツイートは、

「A×BとB×Aならどっちが好きですか?ちなみにわたしはB×Aです!(以下アンケート)」

これ過激タイプのB×A女が見たら殺される(殺すと書いてスパブロミュートと読みます過激あるある)と思うんだけど大丈夫なのかな。正当防衛って感じ。

腐向けの絵やら作品やらをあげるならCPを明記してください。

パターン①「思いっきりB×Aなのにポエムしか書いてない」

腐ってない方にはピンとこないかもしれませんが、たまにいるんですよねポエム添えるタイプの女。吟遊詩人か?

どこかの女「認めたくなかった、それだけは本当だったのに。(画像)」

わたし「おっ!推しキャラくんのファンアっぽい!ワクワク!」

ツイッターくん「B×Aやで」

わたし「ギャア!」(没)

パターン②「A×Bの神ピクチャだけど表記がない」

見つけたときの感慨を「なぜ表記しない?」「これミスって踏んだB×A女死んだだろうな」という複雑な気持ちが上回ります

パターン③「何も書いてないし絵も一見腐ってないけどどうにもにじみ出ている」

これな、思い過ごしだった場合は完全にこちらの責任だし申し訳ないんだわ。でも一応確認のためその絵あげた方の垢確認したら、ドギツめのB受け女だった…というのが大体のパターンなんだわ。

ほんとこういう場合は出来たらでいいのでCP表記していただけると嬉しいです。ほんと頼む。

パターン③はともかくとして、パターン①②の場合は本当に困るのでやめていただきたいです。これはマイナー腐女子だけじゃなくてBL耐性がないオタクのためにもお願いします。踏んじゃうと結構つらいって腐ってないばっちゃが言ってた

「認めたくなかった、それだけは本当だったのに。(B×A)」としていただけるだけで、B×A女は速やかに摂取できるしA×B女は速やかに自衛できます。これだけでいいんです。ほんとお願い。そろそろ死にすぎて死にたくない。

ちなみにこれは腐だけじゃなくてネタバレorエロにも言えると思います。せめて「ネタバレorエロあり」とだけでも書いていただきたい。正直ネタバレエロはベッターとか使えよと思うけどな!

③「A×B調べたらpixivで◯件しかなかった」系のツイートは避けてほしいです。

「A×B少ない〜」くらいまではまだギリギリ分かるんですよ。傷つくけど。でもさすがに具体的件数あげて言われるとかなりしんどくなります。「どうして傷つくの?」と言われるとうまく言えないけど、かなりしんどいです。

pixivに◯件しかない!と言われるときに多いのが、イラスト漫画件数しか見てないケースです。絵は少ないけど神々がたくさん小説投稿してくださってることとかよくあります。字は読まないタイプ腐女子ダメとかじゃないです。件数見るとき小説の方も見てね。神々がそこにいた証だからね。痛い?ごめん。

たぶん、マイナーCP腐女子あるあるで一番多いのが「推しカプ少ない発言は腹立つ」なんですよね。特に作品生産してる人がROMの人に言われる場合。平気な人も少なくないですが、人によっては絶筆ものらしいです。恐ろしくない?言わなきゃ絶筆しないか絶対言わないほうがいい。ガチで。

ちなみにまた出会った中で一番ヤバかったツイートなんですけど、

「A×Bは◯件だった!B×Aは◯◯◯件だった!」

これ、あてこすりしか見えないじゃん?たまに100%他意のない報告のつもりでやる人いるからね。これ見ると一度に3回くらい死ぬからやめてね。

以上3つ。マイナーCP腐女子からのお願いです。

私怨も多分に含まれてるし、「わたしマイナーだけどこんなこと思わないよ」って方もいらっしゃると思います

でも、ツイートをする前や作品投稿する前に「そういえばこんなこと気にする女がいるらしいな」と思い出していただけると幸いです。それで数多のオタク死ぬ回数が減るんだったら最高です。

ハッピーツイッターライフ

話題会社インターンしていたときの話(フィクション

※この話はすべてフィクションです。実在企業人物とは関係ありません。

9年前、私がとある会社インターンしていたときの話です。

9年も前なので私の記憶違いもあるでしょうがショッキングなことが多く、その後何度もフラッシュバックしているので大筋は間違っていないと思います

インターンについて

当時、その会社では新卒営業職を募集しており、私を含めた数名が、選考過程で在学中にインターン営業の実務に携わっていました。

インターン自体は珍しくないと思いますが、この会社では「職業体験」ではなく、「採用条件」でしたし事実上の「労働」でした。

採用過程

私のときはこういう過程だったと思います

  1. 説明会エントリーシート持参)
  2. 社長面接
  3. インターン

リーマンショック直後だったので当時の就活はみんな必死でした。

この会社説明会にも大勢集まっていた記憶があります

ただ、ES選考で大半の人がふるい落とされて、面接まで行った人はごく一部だったようです。

面接会社事務所で、社長と一対一でした。

社長は大柄で存在感はありましたが、話してみると関西弁の軽快な口調で物腰柔らかく、第一印象は悪くなかったです。

アニメ漫画雑談が中心で、面接通過の連絡をもらったときは、どこで合格が決まったんだろう?と不思議でした。

 

私の代はインターン制度の2年目だったと思います

私は大学3年の冬にインターン入りしたので、ひとつ上の学年にも4年生で在学中の内定者が3,4人いました。

私の同期は最初6,7人くらいいたと思いますが早い段階で抜けた人もいたので正確な人数は覚えていません。

 

仕事内容

インターンの主な仕事は以下でした。

  1. 営業電話をかける
  2. 会社主催する業界交流会への招待・運営
  3. 業界内の会社同士のマッチング
  4. 求人広告営業

2も3も最終的な目的は4です。

今はわかりませんが、当時の会社事業求人広告がメインだったと記憶しています

(他にもクリエイター支援ゲーム攻略サイトなどもやっていると説明会で聞きましたが、私たちノータッチでした。)

 

営業電話

会社リスト電話マニュアルを手にひたすら電話

1日に数十件かけるのは当たり前でした。

電話個人携帯を使うので、電話代も本人持ち。

電話代は申請すれば出るみたいな話もあった記憶がありますが、(当時はかけ放題プランが無かったので)電話代の請求額に青くなった覚えもあるので、本当に電話代を貰えていたかどうか曖昧です。

事務所から電話することもありましたが、出先でも自宅でもどこからでも電話をかけてました。

初めての会社宛でも社長と知り合いであるような調子でかけるよう指導された覚えがあります

 

業界交流会への招待・運営

上の営業電話の流れで、会社不定期に開催している業界交流会への案内をすることが多かったです。

どこかパーティー会場で交流会をやっていたそうですが、私は運営に参加できなかったので詳細を知りません。

 

業界内の会社同士のマッチング

「こういうことができる会社と知り合いたい」と言っている会社に他の会社を紹介する仕事です。

私自身に何も伝手がなくても、上司には名の知れた会社との付き合いがあったので、このマッチングは喜んでいただけることも多く、やりがいがありました。

 

求人広告営業

一番大事仕事ですが、安くはない金額契約なので一番苦労しました。

ここで成果を上げることが採用の条件でした。

なので、広告を出してもらうことが事実上ノルマだと解釈していました。

 

業務請負契約

インターンは全員、会社業務請負契約を結んでいました。

全員に契約書を渡されてその場で印鑑を押しましたが、ちゃんと読む人はいなかったですし、詳しい説明もなかったと思います

 

条件で覚えているのは、日給+成果報酬制だったことです。

日給はたしか1000~2000円くらいだったと思います

時給ではなく日給です。

成果報酬は、求人広告が成約したときにもらえるものでした。

この当時は貯金がどんどん目減りしていた記憶があります

 

人間関係について

社長

先に書いたように第一印象は悪くなかったです。

私たちに気前よく食事を奢ってくれることも多く、客先に同行してもらうと大抵の交渉も良い方向に進みました。

ただ、気に入らないことがあったときの身内への当たり方はすさまじかったです。

それと、当時から読書量は自慢の種でした。

 

幹部A

社長大学の同期。

当時は会社ナンバー2だったと思います

仮に小上さん(仮名)とします。

私のイメージでは社長とまったく同じ思想・行動原理の人で、社長よりむしろこの人のほうが私たちに厳しく当たることが頻度でいえば多かったです。

当時の印象しかないので、この人が社長反旗を翻すとは思ってもみませんでした。

 

幹部B

社長や小上さん(仮名)よりも数歳年上の男性幹部

先の業務請負契約などはこの人の担当だったと思います

この人も社長同様に激昂型でした。

特に男性に厳しかった印象です。

同期の男性がめちゃくちゃに怒鳴られている現場に何度か居合わせたことがあります

今はこの会社にいないのでしょうか。

 

新卒メンバー

新卒の1つ上の先輩だった人が副社長になっていたので驚きました。

9年前の時点でリーダー立場だった覚えはありましたが、小上さん(仮名)より上になっているとは思いませんでした。

 

同期は良い意味個性的な人が多かったです。

アニメ漫画などの趣味オープンにできる環境だったので、最初から打ち解けやすかったです。

知り合うタイミングが違えば親友になれていたのかもと思う人も多かったです。

なんで辞めたのか

まず、営業電話件数広告の獲得も事実上ノルマがありました。

フルタイムもこなすのが困難なくらいなのに、大学に通いながら達成するのは厳しかったです。

電話代や交通費など金銭的な負担も大きかったです。

 

ただ、それでも同じような趣味をもった同年代の人たちと仕事できるのは楽しかったし、あこがれのアニメを作った会社自力アポをとって行けたときの喜びも大きかったです。

あの会社に入っていった人たちはそういう気持ちが持続したんでしょう。

でも私は途中でその気持ちが途切れました。

 

内定者の先輩の中にいきなりいなくなった人もいました。

「他の仕事に就くため」と説明された気がしますが、入社間際に急にいなくなるなんておかしいと他の人と噂しました。

同期もどんどん減っていきました。

その様子をみて「あの人たちはこの程度で辞めてしまって情けない、私たちはこんなに頑張れているのに」と思ったこともあります

 

私もノルマ達成できずめちゃくちゃに恫喝されました。

 

私の人生であれだけの恐怖を覚えたのは後にも先にもありません。

まず、社長幹部普段と全く違う表情でにらみつけてくる。

その時点でパニックです。

直接的な暴力は振るわれません。

代わりに、わざとらしく大きな音で机や物を叩く。

社長の大柄な姿から威圧感が放たれるので、その拳や脚が自分身体に直接向かってきたら……と思うと頭が回りません。

何を言われたかもよく理解できず、自分罵倒する言葉にただ「はい」としか返事できない。

彼らにとっては日常だったのでしょうが、私にとっては生涯忘れられないトラウマです。

 

これだけ恫喝されても「もっと頑張らなきゃ」と思った人たちもいます

同期は恫喝された後にもっと重いノルマを達成するための誓約書を書かされたそうです。

私には無理でした。

いろいろな負担がかかっていたところに恫喝でとどめを刺されました。

 

なんで今、増田で書いたのか

怪文書の類なら増田かなと。

というのは冗談ですが、前々からこの会社について書こうと思っていました。

いつか書こうと思いつつ自分の中でうまく消化しきれずにいました。

 

私はあの会社に傷つけられましたが、争ったり告発したりすることはしませんでした。

この9年間、彼らと距離を取り続けていただけです。

一種PTSDなんでしょうか、ネット上でたまに彼らの会社名やサイト名を目にすると思考が止まってしまうことがありました。

何かの拍子に当時のことを思い出し、怒りや恐怖が心が満たされることが、9年経った今でも時折あります

 

ただただ、距離をとっていました。

いくらなんでもあの当時よりはまともな会社になっているだろう、と心の隅で期待していました。

私の頃は新卒採用を始めたばかりで、いろいろな仕組みづくりが追いついていないのだろうと好意的解釈していまた。

 

もちろん、今回背中を押されたのはOさんの件がきっかけです。

私はOさんと同期で、もちろん面識もありました。

とてもいい子でした。

 

今回、9年ぶりに彼女名前を目にしたときのショックは言葉にできません。

私もOさんのようになっていたかもしれない、という恐怖よりも、私に何かできたんじゃないか?という悔しさが先にありました。

 

当時、ただ距離をとるのではなく、たとえば労基署とか、駆け込むべきところに駆け込んでいれば少しは彼らのめちゃくちゃな行為に歯止めをかけることができたのかもしれない。Oさんの件も防げたのかもしれない。

たらればの話に過ぎないのはわかっていますが、そう考えると無念でなりません。

 

今回の件がどう展開するにせよ、最終的な結果が出るまでかなりの時間がかかると思います

世の中にはいろいろな事件が起きています

時が経つうちに、今回のニュース自然と忘れられてゆき、彼らはまた何事もなかったかのように誰かを追い詰めてしまうかもしれない。

この件が簡単に風化してほしくありません。

それでこの文章を書いて公開した次第です。

 

記事には目を疑うような記述が多く載っていますが、(あくまで私個人の感想では)いずれもありえる話だと思いました。

 

後になって気づいたことですが、彼(ら)は社内に常にスケープゴート役になる人物を用意して自分たちの怒りのはけ口にしたり、他のメンバー優越感の材料にしていたんじゃないかと感じました。

Oさんの話を読んでいてそのことを思い出しました。

当時の私もそうなっていたのかもしれません。

私自身、いちばん追い詰められたときには自殺を考えました。

 

先に書いたように、私は小上さん(仮名からも厳しい言葉を受けたことがあります

当時の小上さん(仮名)もいわゆる洗脳状態にあったのだとしても、彼に対する個人的な不信感はぬぐえません。

なので、単純にどちらが正しくてどちらが悪いか判断はつきません。

両者の言い分に差異があるようですし、それは今後明らかになってゆくことでしょう。

 

ただ、事実がどうあれ、あの会社の発信しているメッセージ違和感を覚えている人は多いようです。

個人的には、会社側の文章最後に書かれた、実名にせよ匿名にせよ虚偽の情報を流した人物には訴訟を辞さない、という旨の記述に恐怖を覚えました。

この機に乗じて会社のことを告発するなんて許さないぞ、と私たちに向けて恫喝しているように感じました。

彼らは今も自分たちにとって都合のいいスケープゴートを探しているのかもしれません。

 

最初に書いたとおり、この文章フィクションです。実在企業人物とは一切関係ありません。

具体的にどの会社のどの件を指して書いたのかも明言しておりません。

何かあればまた追記します。

anond:20181017234055

学生時代同級生に教えるくらいの学力はあったが大体はそんなもんやと思うで

特に漢字なんかは普段から使ったり読むことをしないと勉強で覚えたとしてもすぐ忘れる

実際自分も全部使えるかわからないし、そもそもからなければ調べればいいと思っている

当時は、なんでこれわからないの?と思うことはあったが目くじらを立てるほどのことでも無いかなって

その人の興味の方向性とある分野が蔑ろにされることは十分ありえるし

漢字なんかは蔑ろにされやすい分野なんだろう

毒親だと思っていた

これから書くことは、たとえ増田だって書く気はなかった。なぜなら、今毒親に苦しむ人を殴る文章からだ。

だけど、ビ・ハイアの件を知って考えが変わった。

毒親だと思っていた、この一言に尽きる話をこれから書きたい。

私の母は子供を殴る母だった。本人は躾だと言っていたが、例えば弟がした悪さなども姉である私が監督していなかったのが悪いという理由で殴られた。

から子供の頃の私は母が背後を通るだけで殴られるかもしれないと思って肩をすくめる生活をしていた。私の背丈が母に追いつく頃になると殴られなくなり、以前殴られたことを訴えると母の記憶からそれは消えていた。

私は殴らない父が大好きだったが、殴る母を止めなかった時点で同罪なのだと気付いた時、父もまた嫌いになった。

私は両親の悪口を口はばからない10代に育った。両親は私の口から周りの人へ伝えられる悪口に何度苦虫を噛み潰したことだろう。だが、私は両親が大嫌いだったのだ。悪口を言うことを何も悪いことだとは思っていなかった。

また、両親、特に母とは何度も怒鳴り合いの喧嘩をした。特に私の進学についての喧嘩は深刻だった。両親は女の私に勉強をして欲しくはなく、高校進学でも大学進学でもぶつかった。その度に私は両親を納得させるだけの材料を(嘘でも)用意した。高校進学の時は、大学には行かないから好きな高校に行かせてくれ、と。大学進学の時は、入学金だけ用意しえてもらえれば後の学費生活費は自分でなんとかする、と。

そして私は大学進学を機に家を出た。

自分も怒鳴らず、母の怒鳴り声を聞くこともない生活は初めてで、アルバイトと授業で忙しかったが、非常に穏やかな生活だった。最初の頃は。

スーザン・フォワードの「毒になる親」という本に出会ったのは多分この頃だったと思う。涙を流しながら読んだ。非常に得心のいくことばかり書かれていたと思うが、その内容は今となっては正直あまり思い出せない。

私の穏やかな大学生活はあまり長くは続かなかった。精神調子を崩し、授業に出るのが困難になった。生活がかかっているのでアルバイトだけはなんとか続けていたが、それすら休みがちになってしまった。

精神科にかかり、主治医はこの現状を両親に連絡するべきだと主張した。

私はそれを拒んだ。両親に、やっぱりお前には無理だったと言われるのが嫌だった。しかし、現状は困窮していき両親に病気のことを明かすことにした。

連絡は父にしたが、私は冷たい一言覚悟していた。だが、父はゆっくり直していけばよい、と予想外の返事をしてくれた。

そして私は投薬治療を受けながら、両親から金銭的援助も受けて6年かけて大学卒業した。

だが、大学をなんとか卒業できても就職はできなかった。私はその頃一人で生きて行く気力もすっかり失っており、卒業後は実家に戻り両親の元に身を寄せることにした。

あんなに嫌いで飛び出した家にまた戻ることがとても皮肉に感じられた。

そう、私はここまで両親に支えられててもまだ両親のことを受け入れることができていなかった。

しろ両親のせいで精神病になり自分の送りたかった人生から程遠い人生になってしまったと嘆いていた。

それから7年ほど、引きこもり、良くなったと思って働いては調子をまた崩して引きこもることを繰り返し、最終的に自殺未遂までして入院もした。

その長い間、両親とは時々ぶつかりつつも私は親に甘えて実家暮らした。何度仕事で失敗しても、帰る家があった。でも、親に対する感謝気持ち暮らしていたのではなく、この家にいるから私は治らないと思って暮らしていた。

そんなある日ネット何だか奇跡を起こしてくれて、私のここまでのどうしようもない身の上を承知の上で結婚してくれる相手を見つけることができた。そして私はまた家を出た。

それから一気にとは行かないが、パートナーの支えもあり上り調子回復し、今では幸せ生活を送っている。

そんな環境になって思うことは、私の両親は私が思い込んでいたほどの毒親ではなかったということだ。自分が辛かった時はあまり気づいていなかったが、肝心なところでちゃんと支えてくれていたのは両親だった。私が結婚して家を出ると言った時も心配こそしたもの最後には快く送り出してくれた。

正直な話、これをもって私の両親はちゃんとした親だったとまとめるつもりはない。子供を殴り、事あるごとに自尊心を削ってくる親であったことは事実だった。

しかし、私の人生の全てを邪魔するほどの親ではなかったこともまた事実だ。

少なくとも、私は私の両親をもう毒親だとは呼べない。

この感情を何と呼べばいいのかわからない。許しでもなく納得でもなく受容でもなく、でもその間にある何かだ。あえて名付けるなら、解毒かも知れない。

私の辛さは無かったことにはならない。でも、それを恨む心は消えた。

もちろん最初から何も辛いことがなかった方がずっといい。けれども、私は両親を毒親なのだと思うことによって余計な寄り道をしたような気がしてならない。

落合陽一さんが口唇口蓋裂の息子さんの写真ツイッターであげてることで話題になってたので私も便乗。

まあこの流れで分かるとおり私も口唇口蓋裂で生まれました。

お腹にいるエコーの段階で分かって、告知をされたんだけど、

学生時代医者になりたかった母は奇形とか性病とかの本や写真を見るのが好きで口唇口蓋裂も事前に知っていたこともあり、

「へ~。」と答えたらしい。

(余談だけど、最近母は「私は入試女子差別があったか医者になれなかった」と冗談で言い出した。いやお前、まず私立文系出身だろ。)

事態が呑み込めてないのかなと思った医者が詳しく説明しようとした時に

口唇口蓋裂ってことは確か歯の矯正代が医療費になるから安く矯正ができますよね~。私、歯並び悪いの嫌いなんですよね~。あっ、でも手術とかでいろいろ面倒かぁ~。まあ、プラマイゼロですかね~」と言って医者を驚かせたらしい。

温厚ですこし抜けてる父は、さもないことのように言う母を見て、通院の回数が増えてめんどくさいんだなという認識で、まあさもないことなんだなと思ったらしい。

うるさかったのは、両祖父母

特にお互いの両祖父母にとって初孫で、しか女の子からかわいそうっていうことで散々騒いだみたい。

ただ、ウチの両親はまあ、そんなもんだろうと思っていて、ガンガンかかってくる電話にもうっさいなとしか思っておらず、

今日の夕飯何しようかな」と考えながら相槌職人となっていたらしい。

古い人達から差別的な用語も言われたらしいけど、まともに聞いてないかあんまり覚えておらず、

「まあ、貴方口唇口蓋裂で生まれたからあの人達(両祖父母)も心配ボケられなくていいんじゃない??年寄りなのに元気じゃんね~」と言っていた。

まあ、もちろん両祖父母祈祷やらもやり始めたけど、それにも付き合ったらしい。(祈祷口唇口蓋裂が治るなら医者はいらないつーの。)

母曰く、「自分ストレスにならない程度に相手に付き合ってあげることが大事ちゃんとした神社の祈禱料なんてたかがしれてるじゃない。変な宗教かに大金払ってなきゃ親の金から親が何に金使おうがどうでもいいわよ。それにしても神主さんも医者と違って結果が変わるわけじゃないことを変わるって信じてる祈祷しなきゃならないんだから大変よね~」

で、生まれから母は口唇口蓋裂の「兎口」という呼び方をなぜか気に入っており、私が兎年生まれなのもあり、私のことをたまに「うさぎちゃん」と呼ぶ。

視覚障害のある友人が親から盲人だから「もーちゃん」と呼ばれてることを知ったさいには「牛じゃないんだから」と言ってたけど、お前が言うな

ちなみに、兎口って今は蔑称なの??「みつくち」は蔑称ウィキペディアに書いてあったけど。

小学校では学級懇談会母親とか障害を美化する傾向のある担任(いまはのぶみお気に入りらしい)が

「お子さんの障害を受け入れてすばらしい!立派!通院や入院とかの準備や付き添いをして母親の鏡!!」と演説をし始めた際に

「まあ製造物責任がありますからねぇ~」と言って、場を凍り付かせたらしい。

こんな両親に育てられたけど、今では母親が望んだ歯並びがきれいな女の子です。

以上、チラウラの私の話でした。

anond:20181018171432

ポスターフレーズ全文は「障がいは言い訳にすぎない。負けたら、自分が弱いだけ。」だけど、文脈自体は元々の文章と比べると、特に逸脱していないようにも思える。

ただ、フレーズの「障がいは言い訳にすぎない」の前に主語が書いていないのは紛らわしい。

「私にとって」の一言が書いてあれば、誤解を生まなかったのではないかな。

anond:20181018133715

損した点が必要だよね−。

何年か前に最近人口流入が激しい某東京都下市新築マンションを買ったんだけど、

やっぱ支払いが将来に渡って拘束されるのはリスク

特に定年退職後まで返済が続くとそのタイミングが一番債務超過に陥りやすい。

子供については二人でも大学出すところまではなんとかなりそうだけど

問題はその後なので、いろいろ試算してうちは子供は一人にした。

もし賃貸だったら柔軟に対応できたと思うが、ファミリー向けの物件だと

今の返済金より高いのよね。。

まぁでもそれはリスクプレミアムを乗っけてるとも考えられるので

それはそれで価値のある価格だとは思うけど。

anond:20181018165659

おれも持ち家だけどそれって親が死んだから親が持ってた家を継いだってだけで特に意思とかないしなあ。

自分の近くの話に過ぎないけど中学クラスの中でオタク層の人(人の名前呼ぶ時に殿とかつける感じの)も体育とか組体操とか騎馬戦とか割と楽しむ雰囲気があったけど

でもそういう人って別にネット上で、特にご意見番的な活動はしないんだよな、でもそういう人の方がずっとずっと多数ではあるんだと思う

五輪ボランティアにしても組体操にしてもああいうのに批判的な発言って世間一般意見だとされがちな気がするけど

そういうタイプネット上の人格を持つためには平均からは並外れた不幸パワーが必要なんだろうなと思う

まあその不幸に対して、何か報いがあれば良いなとは思うけれども

anond:20181018123457

頭悪いな

マインドコントロールされてたから逃げ出さず自殺すんだよ

人をコントロールするなんて簡単

特に家族関係や友人と疎遠になってたらなおさら

anond:20181017114836

追記見たけど

ガンダム世界はよく知らんけど、ガノタ=すぐ文句つける人種しか思ってなかったが…

公式の新作も出る度に文句言われまくってるし、未だに初代が最高とか言ってるのがいるような世界じゃないの?あれ。

増田個人特に気にしないんだろうけど、そうではないガノタって山ほどいるよね??

アイマス増田で定期的に長文書いて文句つけまくってるのが山ほどいる超絶面倒臭い世界だと思ってたけど。

単に自分以外のファンの動向を把握してないだけじゃ…

最近海外活躍する日本の人・モノが増えてきたね

エンタメアニメゲーム etc

スポーツサッカーボクシングバスケ野球プロレス... etc

あたりで特に顕著になってきた。


アニメ海外との共同制作どんどん増えてきたし、ゲームもやや上昇基調

サッカー日本代表が注目されたり、DAZN契約してお金が増えたり。

井上尚也は70秒でKOするし、村田諒太竹原慎二以来のミドル級チャンピオンだし。

バスケNBA行く選手出るし、イランに勝ったりするし。

新日本プロレスも徐々に海外で人気出てきた。

観光客が増加したり、インターネット海外の人と繋がりやすくなったり微妙に変化しつつあるのかな。

あとはバスケとかボクシングの例を見てると上位層の人が排除されて、日本人が直接海外の人とつながりやすくなりつつあるのかもしれない。

anond:20181018111901

こんにちは日本語警察です。

うまい」(旨し(古語))は、「甘い」を語源とする一般的食べ物の「良い味」を意味する言葉で、「うまい」というのは特に下品言葉でもなければ失礼でもありません。本来現代でも普通に使われて良い言葉です。

対して、古語「美し(よし)」を語源とする女房言葉だった(「よし」→「いし」に、美化語である「お」が付いた)「おいしい」は、その発生から女性使用して上品に感じさせる言葉」としての歴史をもっています。年配の方の一部では、女性語と受け取る人もいます

まり女性による「うまい」の使用がやや乱暴に感じられるのは、一般的に用いられる女性語としての「おいしい」をあえて選ばなかった、という言外の意味が生じるように受け止められるからでしょう。一方で、「おいしい」を女性語と感じない(単なる「ちょっと丁寧な言葉」と思う)人が増えた結果、「どうして女性が使うと下品に聞こえるのか」が分からなくなった、というのが今回の文脈ではないでしょうか。

なお、明治文豪等は、そもそも食べ物の味について云々すること自体をケシカランことと思っていた節もあるようですが、それを表現する際には、地の文男性語としてはおおむね「うまい」が選ばれていたようです。その後の用例をみると、明治末ごろから大正にかけて、女性作家児童文学作家などの文章普通に「おいしい」が用いられるようになっており、その辺り(時代場所から男女問わず用いられる今日の「おいしい」の用法が広まったのではないかと推測されます昭和に入ると、特にカジュアル口語表現において、男性場合も「おいしい」を使う例が増えているようですね。そこでは「うまい」はやや古風な表現という受け取られ方をしているようで面白いです。

anond:20181018102934

特に小学校お受験場合、最終的な大学学歴を求めるとかそういうのとはちょっと方向性が違うからなあ……

中学でも校風によっては多少そういうもあるかもしれんけど

デフレで誰も困らない

日本人庶民ほとんど全員ができるだけ安いもの買って

貯金を増やすというデフレ資産形成をしている

インフレ下では貯金の額ではなく、価値自体が目減りするから

デフレ下で最も資産が減らない方法貯金なんだよね

投資したら資産が減るリスクあるし、家や土地買ったら固定資産税で徐々に資産が減る

おじいちゃまたちは特にこの傾向が顕著で年金生活しているか

インフレ生活の低下につながるから困るんだよ しか貯金もたくさん持ってる

何が言いたいかというと、デフレに対して日本人ほとんどは特に問題に感じていないってこと

(働きはじめぐらいの若い層は除く)

インフレは貯蓄の価値を国が貨幣の増発によって盗んでいくという意味において隠れた税金なんだ

そんななかでこのデフレを維持してくれる消費税2%程度のアップは実は後ろめたいながらも日本人の多くは許容できるんだよ

デフレ国民の総意だ

(政府インフレしないとダメなんて口で言ってるけどあれは嘘でデフレ政策ばかり取ってるだろ)

デフレ日本全体の国力が低下してるGDPが伸びてないなんて言ってるが、現実的に考えてみてほしい

私は日本の為にインフレを起こしたいから、わざわざぼったくりの高い商品を買う!なんて選択ができるかい

それならどうするか?

デフレが嫌な多くの若い人々の政治的関与の度合いを強めればいい

元々デフレ容認のおじいちゃまたちは、人数が多いうえに投票率も高い

若い世代人口比率に応じて年齢ごとに1票の格差をつけ、もし100%投票した場合として投票数を調整したらどうかな?

そうしたら若者世代政治意見が反映されるで

安部政権は断言するがおじいちゃん保護デフレ経済容認政権だぞ

anond:20181018094607

分かる、すげぇわかる

特に雨のあとの銀杏は焼き払いたくなる

規制

なんでもかんでも規制する世の中になって、すごい生きづらい時あるよね。

というか、なんていうか息苦しい?そんな感じ

正直な所、ここ数年は特に何かあるたびに規制って言葉振りかざして、俺は正義!みたいな人が増えすぎ。

なんだけども、

規制されるのは規制される側にも問題があった事を忘れてない?っていうのも時々考える。

俺はやってないし、規制ムカつくわ!ってい人もいるよね、気持ちめっちゃわかる。

世間は優しくないから、悪い部分が少しでもあると一括りで考えてくるから嫌だなって感じ。

でもまあなんというか、そこも例えばビジネスみたいな言い方だと複数の店を経営してる企業が一店舗だけ悪い対応してクレーム入った挙げ句に全体が悪いって言われるのと同じなんだよね。

理不尽だけど、グループの一人が悪さしたら全部が悪いという考えは、今後も続いてしまうんだろうなと。

から、どんなに俺はやってないって思っても規制派には通用はしないし、火に油を注ぐだけになりそう。

そんな状態から発生するのは、元々居る悪い病原体は変わらないとして、今まで真面目だった人も理不尽に耐えられなくて黒に染まってしまう事。

そうなったら、規制派にとってはさらにチャンスが舞い降りてきた事になっちゃうんだよね。

結局世の中は理不尽だよねぇ…。

でも女は結婚って逃げ道あるのには変わりない

共働き普通になってるとはいえ働いてなくても特に文句つけるやつは特にいないだろ

というか働いてないことに対して文句つけられるのがそもそもおかしいんだがな

2018-10-17

インドネシアであった女の子旧日本軍

この前インドネシア旅行したときにあったことを書く。

ビーチで1人サンセットを見ていたら、女の子が話しかけてきた。(最初美人局と思った。可愛かったし。)


話を聞いていると、就活インドネシアの各都市転々としているらしい。

彼女イギリス大学留学したことあって、報道関係勉強をしていた。(たぶんインドネシアでは裕福な方)

彼女は言った。

国籍を変えたい。インドネシアに生まれただけで、仕事がない。どの国に行くにもビザ必要。」

もっと仕事がしたい。」

イスラム教を守ると何もできない。特に宗教によって女性不利益を被っている。」

日本に生まれただけで、いろんな国にビザなしで行けて、いろんな種類の仕事が選べて、自由で羨ましい」


こんなこと言われて思ったけど、自由のためには戦うしかないのかもしれない。

今の日本自由なのは自由を求めて戦ってくれたからなのかもって。

アジア解放のため。領土拡大のため。アメリカ貿易戦争仕掛けてきたから」とか目的はとりあえず置いといて、

第二次大戦欧米相手に戦ったから、日本は今自由なのかもしれない。

もちろん戦後外交努力もある。

少なくとも誰だって一所懸命勉強したり働けばチャンスはある。

親いなくたって貧しくても、稼いで海外旅行行けるし、大学も入れる。生活保護もある。

政府批判しても殺されないし、ドイツなんかより言論の自由がある。

治安も悪くない。女1人で深夜に出歩ける。


戦争はしたくないけど、日本のために戦った兵隊さんは誇りに思うよ。

あとお墓まいりしたけど、終戦後にインドネシア独立のために残った3000人の日本兵の方々は

本当にアジア解放を信じて戦った英雄だよ。

Vtuber見てて思うのは、漢字を読めないor言葉を間違って覚えて使っていたりと、国語能力が低すぎるという事。(特に女性

なんというか、極端な話Vtuberってバカがやるコンテンツに思われかねないのではと危惧してしまう。(界隈から言えば、自分のような人物杞憂民扱いされるんだろうけど)

中の人は大概若い人が多いけど、まともに学校行ってないのか?

いや、学校は行ってなくても、他の科目はともかく、日常生活漢字言葉はある程度覚えるはずなんだがな。

別に滅多に使わない漢字を読めないという話なら分かるけど、日常的に使う常用漢字すら、読めない&読み間違えるってどういう生活しているんだ。

なにもVtuber全員頭良い奴がやれとは言わないけど、少なくとも基本的能力ぐらい標準値になる程度には知能を上げた方がいいじゃないのかって思う。

空気の読めない非モテ死ね

特に非モテで手当たり次第に声を掛けて機会を得ようとしている男子。お前は女に対しては口を閉ざしたまま死ぬことを推奨する。

最近痴漢から助けたリーマンが迫ったきた話があったが、あわよくば機会があれば女を抱けると思ってる男もそのまま何もせずに死ね

声を掛けるな!絡んでくるな!全女子が思ってるいることを言うぞ!?

空気の読めない非モテ死ね

お前らに女と絡む資格はない。そのまま死ね風俗で満足してろ。

何がそうでもしないと出会う機会がないだ。

そもそもないんだよ、死ねよ。

はてなブックマーカーどれから見ればいい?って聞かれないか特に困らない。

聞かれたら、どれも見なくていいよって答える準備してるけど。

そもそもぼっちから聞かれない。

お前らは男のことを全然わかってない

anond:20181016023133

こういう話題を見るたびに思うんだけど

はてな民は男の性欲軽視し過ぎじゃない?

元増田に限らず、はてなではよく

男は女の人格を軽視しているので男は女を肉オナホとして見て、性的搾取している

みたいな話がエピソードつきでてくるけどさ

そもそも男が女の人格を軽視しがちになってるのは何故かって

その根本的な部分が言及されることが少ないんだよな

言及したとしても社会的文化的背景が云々だとか過去の家父長制が云々とか

ややこしい話ばっかり

実際は根本的にはそんなややこしい話じゃなくて

単に女を肉オナホとしてしか見れなくなるほど男の性欲が強すぎるってだけなんだよ

漫画アニメギャグシーンで

極度の空腹に襲われてる登場人物の目に、動物動物系のキャラクターがこんがり肉のような食べのものに写ってしま

みたいな演出があるがあんな感じだ

もちろん性欲には個人差もあるし

女でも性欲が強い人間というのはい

が、(性欲のベクトルが違う気がするので単純に比較できないが)通常の範囲において性欲の強さというのは

女は50か80かで性欲の強弱が決まるのに対し男は400か900かで性欲の強弱が決まるようなものなのである

女にすれば男の性欲は強弱に関わらず異常なレベルであり

表面的に見える男の性欲ってのは

性欲の強弱というより理性等の強弱によって決まっている

まり男は根本的に性欲モンスターであり

ゆきずりの異性から性的に求められるということは基本的に「嬉しいこと」なのだ

元増田へ「デブスとか言いながら求められるくらいの容姿なんだろ」ということを言っている人がいるが、これも勘違いしてる人間が多いように感じる

前述したとおり男は性欲モンスターであり、「セックスしてもいい相手」のハードルめっちゃ低い

空腹さえ満たせれば「こんがり肉」の形が多少違おうが構わないのだ

実際性欲モンスター同士でカップリングするゲイコミュニティにおいてセックスまでのハードルは著しく低い

ジェンダー論、特に男性女性性的搾取しているという問題を語るとき

この性欲の差を考慮しないと一生議論平行線

なぜなら男からすれば異性から性的搾取されることは羨ましいことであり

女が性的搾取に「苦しんでいる」ことを本能的に理解できないからだ

貞操観念(性欲)が男女逆転した世界男性向けポルノの時点で

いくら女性性的搾取にこれだけ苦しんでいる」ということを主張しても加害者となる男性にはまったく無意味なことは理解できるかと思う

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん