「地方自治体」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 地方自治体とは

2024-07-11

anond:20240709224514

今回の選挙は、「貧乏になりたいかどうか」だけが争点だったのだから、実はかなり簡単であった。

なぜ日本が、裏金不正が多くて政治が失敗してて税金が高くて賃金が安いのか、その理由メカニズムが何一つ分かってないような人物だな。

ますます貧しい方向を望んで投票していて、肉屋を支持する豚がこんなにいることに驚き。

貧乏になりたい奴がこんなに多くて、過労激務かつ貧乏になることに賛成する奴がこんなに多いなんて、尊敬するわ。

普通金持ちになりたいから、なかなかできることじゃない。激務で貧乏で安くてサービスクオリティは高い、このまま世界の激安ダイソーでいてほしい。




以下解説

現状都政に強い不満があるというわけではない

裏金不正癒着普通の国なら一発で首が飛ぶんだが、コイツらは税金ネコババされることを問題だとは思わないらしい。

自分たち給与の半分を、舐めたオッサンに貢ぎたい特殊性癖があるんかな。自分の首を絞めてでも上級国民に貢ぎたい奴隷の鑑みたいな奴だな。普通人類にはなかなかできない、素晴らしい心意気だと思う。奴隷としてのレベルが高い。

泥棒に寛容な国は泥棒がどんどん富を得て肥え太り、泥棒泥棒を読んで泥棒がどんどん増えるよ。最高の泥棒都市完成wwwww



小池百合子の3選は良くないと思った

正しいね長期政権は腐りがち


泡沫候補投票しても死に票になると思った

蓮舫石丸伸二かの二択に絞った

正しいね小池都政を落とす、が目的ならその考え方で合ってる。


選挙情報をしっかりチェックしていたわけではなかった

有権者なのに?舐めすぎてて草

不正税金ネコババがやりやすい最高の国だな

こんなにバカ有権者しかいないなんて、犯罪天国犯罪ワンダーランドなんだよな。

世界から、楽して奴隷から甘い養分を吸ってダラダラ生きてたい人間が集まってくるよ。

生ゴミを部屋中に散らかしてたらゴキブリが沢山集まってくるでしょ。それと同じ



蓮舫の争点は「神宮外苑問題」と「答弁拒否問題」のように思った

小池都政で行われてきた癒着裏金証拠全開示が今回の蓮舫氏の1番の争点ですね。答弁拒否は要するに裏金について答えないということですね。

どこのインタビューでもそう語ってたけど見たことある

税金の使い道を明らかにしまくること、つまり

税金の使い道がブラックボックスの都政から

ガラス張りの都政」が蓮舫氏が自分の作る東京都をひとことで述べた時の言葉です。



統一教会問題政治資金パーティ問題など、国政の代理戦争としているようにも映った

小池氏に、自民党統一教会政治資金パーティとの強い癒着が疑われていたために、

「都政を不正から切り離せ」が蓮舫氏が掲げたマニフェストです。

代理戦争ってなんやねんw

癒着してるのは都なので都政でしょ

コレを言い出したの、誰ですかね?誰が書いてその著者の他の著作ちゃんと見ました?

誰が言ってるのか、それは本当なのか、ちゃん確認した方いいですよ。

バカB層向けのプロパガンダ簡単に引っかかるバカ有権者しかいないなんて、すごい犯罪天国ですね。バカすぎて騙すのに何の苦労もいらない




個人的には神宮外苑問題選挙戦の争点にするほど大きな問題には映らなかった

イメージしている神宮の森とは別の小さい森にすぎない、という情報を見たため

情報を見て鵜呑みにする前にGoogleマップで見たら?なんで二次情報をすぐ鵜呑みにするんだ?



計画地が私有地であるため都政がそこまで手を出せない

私有地を国や地方自治体のために利用する手続き存在知らないんですかね

農地改革とか歴史で習ったことない?

あれ全部私有地ですよ

このレベルデマは、普通の知能の人間なら流せないかメディアプロパガンダですらなさそう

逆にどこで見たんだよ



その点石丸伸二は「政党政治の一掃」という分かりやすテーマを争点としていた

政党意味わかる?

政党政治民主主義意思決定個人政治よりやりやすかったか自然とそうなったようですが、

意思決定が困難になる点を解決してなくないですか?一掃した後どうするの?具体的に何をしたいのか全くわからない。

これをどうして支持できたのか。



既得権益に甘える議会」と「正論で戦う市長」という対立構造応援していた

適当雰囲気だけで知った気にならずに、

実績や実際のインタビューや答弁、内容・中身で評価すべきでしたね。


国政の代理戦争にしようとしている蓮舫当選確率の高い現職の小池百合子は「既得権益に甘える議会」に近い部分を感じた

蓮舫氏は明らかに既得権益批判し、既得権益隠れ蓑となりうる部分を行政改革で透明化させることをマニフェストにしてましたが、理解できてました?

何を見てるんですかね?



自民立憲の両方にお灸を据えるという気持ちを込めて石丸伸二に投票した

お前はお灸据えるような立場にねえよ

自民立憲は国民選挙で選んだ代表者なんだから国民意思でしょう。すべて国民責任に他ならない。自分にお灸を据えるんですかね。

石丸氏の話をきちんと聞いていれば、今の私の意見と全く同じことを述べているんだが、支持している石丸氏の話すら聞いてないのかね。

自民立憲にお灸を据えるってなんだよ。




仮に3位でも「若者票」の集まり方が可視化されれば、右派左派ともに今後の政治活動に変化が起きるのではないかと思った

これはそうでしょうね。

今回は、YouTubeTikTok税金を注ぎ込みまくって、B層(IQが低い層)向けのバカプロパガンダ(内容は特にないけど適当対立構造に見せかけて既得権益を潰すふり)をやれば、若者簡単に騙されて、簡単利権を守れる

という集まり方が可視化されたでしょうね。





選挙を終えて

選挙後の石丸伸二のメディア対応は最悪だった

最初からそうでしょ。広島市安芸区市長なんだからからメディアに出てます

何を見てるんだ



マスコミ石丸伸二という構図を作るためにあえて冷たい対応をしているように見えた

から少しでも外れた質問をしてくる人間にはあんな感じの対応ですよ



選挙後、野党支持者の総括を読んでみたが、石丸伸二への人格攻撃に終始していて、

人格がキツい人が上司になったら公務員が働きにくくなるんですから、そりゃそうでしょうね

パワハラ気質の人や攻撃的な言い方の人が上司になっても、お前は二度と文句悪口を言うなよ。

何を言われても笑顔対応しろよな

お前にはその資格がない



石丸伸二に投票した自分のような若者意図を汲んでいる人はいなかった

こういう若者意図を汲んでたらYouTubeTIKTOKTwitter税金じゃんじゃんぶちこんでB層に向けてバカプロパガンダを流しましょう以外の結論が出てこねえからだろ

口が悪い私と違ってオブラートに包んで手心を加えてくれたんだよ。よかったな。




「ひとり街宣」の広がりを評価する声が多かったが、正直選挙期間中一回も見なかったし、見ても投票先を変えなかったと思う。

別に効果も出てないのにエモくなっちゃってるなと思った

これに感動できるのは日本ではパリやその他民主主義を大切にしている国でデモに触れてきた人だけでしょうね

他国文化政治精通してる層は、ほぼ知的階層限定されると思われる




でも「ひとり街宣」みたいな活動が今後もっと普通になっていったらいいことだと思う

いい事言うじゃん



結果、自民にも立憲にもお灸を据えることはできなかった

お灸を据えるなら蓮舫でしたね。共産党企業献金を受け取らない癒着のない政党だし、蓮舫フリーになったことで潔白をアピールしていました。かなり頭が悪いかも。



こんなならちゃんと調べて安野とかに投票するべきだった。

癒着裏金などの明らかな不正という批判材料があるのに批判しない政治って、歪んでて笑っちゃいますけどね。

一生、不正批判否定もしないつもりなんだろうか。

あと彼の提案にはテクノロジーのことばかりで、政治基本的役割である弱者救済福祉の面を欠いてる点はどうでもいいんですかね

2024-07-07

自分メモ: 2024年都知事選でひまそらあかね投票した背景

8年前は小池氏に投票して、4年前は全く覚えてないので、今回の2024年都知事選で「ひまそらあかね」氏に投票した背景をメモしておきたい。

投票日当日午後に投票した小学校ラランドサーヤ出身地域にあった。なお、都議補選白紙投票した。

小池氏及び東京の現状にはこれといった不満は無い。そもそも膨大な予算がある東京で現職が不利になることはあまり考えられないのではないか。ただ、「イス取りゲーム」のイスが固定化されてきている印象、ゲーム面白く無くなっている印象があるので、その辺の漠然としたものに対するルール変更の要請はしたかった。

なぜ、東京の「イス取りゲーム」がダメになっているかというと、基本的には「高齢化」と言う感覚が強い。人口動態で「高齢者」が占める割合が多くなっているので、否が応でも「今イスに座っている人」の発言力が強くなるのだと思われる。東京以外の地方政治共産党 or not の大政翼賛体制になりがちらしいが、国道16号線エリアで30年ぐらい前はドーナツ化現象最前線で輝いていたこエリアでも、そうした流れを感じることがある。東京全体ではまだ大政翼賛体制ではないと思うが、そうした漠然した懸念ベース投票を今回はしたいと思った。

投票を一瞬でも考えた人は以下:
今回の投票行動に関して考えた東京の現状:
4年後の自分へ:

4年後の自分戦後復興計画を終了させられる人に投票出来ていたらうれしい。でも、他の地域に住んで、たまに東京を「訪問」してエンジョイ出来る人になれていたら一番うれしい。

2024-07-06

ふるさと納税楽天

https://nordot.app/1178174426091241772

総務省が↑の方針を示したことに対して、楽天が↓の見解を示している。

https://event.rakuten.co.jp/furusato/announce/signature/

このことについて、友人から聞いた話としてコメントする。あくまで友人の意見ね。

地方自治体民間の協力、連携体制否定するものであり、各地域自律的努力を無力化するものです。」って、あなたに言う資格はないだろう、楽天さんよ。これまで各自治体に対してどれだけアコギ商売をしてきたか、胸に手を当てて考えてみてごらん。役所から「この条項財務規則問題があるので変更できないか」、「年度処理の原則があるから3月の支払いはこうしてほしい」、「ポイント寄付金相殺会計処理上認められないので別々に処理させてほしい」といった依頼にどう答えてきた?「弊社のサービスは決まっており、仕様は変えられません。この条件で契約できないなら使っていただかなくて結構です」と言ってこなかったか?また、「せっかく楽天を使うのだからサイトの中でこういう見せ方をしてほしい」といった依頼にはすべて「オプションとして別経費をいただきます」と言ってきたよな?もちろん、こちだって楽天ビジネスとしてこの分野に参入しているのは了解しているし、その殿様商売っぷりに腹は立てつつも仕方なく利用してきたのだから、それはどうこう言う話じゃない。

しかし、だ。「地方自治体民間の協力、連携体制」という言葉は見逃せない。税金からどれだけ金を引っ張れるかしか考えてないくせに、何が「協力」だ。どんな協力をしてきたんだ?どこを連携してきたか言ってみろよ。楽天はいつもそうだ。抱える顧客リストを背景にして、自らの条件を相手に強いることしかしないじゃないか楽天綺麗事を言う資格はない。もっとも、ふるさと納税争奪戦に参加している役所にも綺麗事を言う資格はない。住民税という原資を皆で奪い合っているだけなのだから。参加しなければ奪われるし、参加したら他の自治体から奪うことになる。で、頑張れば頑張るほど楽天ピンハネされてしまう。ほんと、こんな制度やめちまえよ。

・・・と、友人が言っていたような気がする。

2024-07-01

あと273日

大学卒業後、数年間の非正規を経て特別区職員になったのが今年の4月

介護制度高齢者福祉障害者福祉部門に配属され現在3ヶ月経

からないことが多いから窓口や電話では来庁者や施設の人から怒られベテランの前任と比べられ、システムの使い方に慣れておらず事務仕事が遅かったり決裁に不備があったりして上司や先輩にストレスをかけている

地方自治体特有の「研修なしでいきなり新採現場の頭数にカウント」やマルチタスクに潰されている

自宅最寄駅から職場までは地下鉄で15分だが何度も「職場最寄駅で降りようとしては躊躇し乗り過ごす」を繰り返すため通勤に1時間半かけている

せめて1年間は勤務してから辞めようと思ったが、辞めたところでニートする余裕はないし、公務員から待遇の良い民間への転職不可能

ミスやらかし職場トイレで手首を切って死のうとした時にふと「せめて1年間勤めたら自殺しよう」と思った

あと273日

土日祝日有給休暇分はカウントしていないので実際の勤務日数はもっと少ない

辛いけど終わりが見えている分少しは気が楽

2024-06-28

世田谷区長保坂展人氏

https://www.tokyo-np.co.jp/article/336381

伊藤匠氏が師匠とともに、世田谷区長保坂展人氏を”表敬訪問”したらしい。

意味が分からない記事であった。別に伊藤氏は世田谷区の何かしらの将棋プログラムで強くなったわけでもないと思うのだが、

後付けで偉そうに”奨励金”を渡したらしい。

要は保坂区長インスタ映えする写真を撮るために呼びつけられたという感じ?

オリンピックがあると、壮行と成績の報告で2回また、いろいろな地方自治体の長はインスタ映えする写真を撮りたがるわけだが、

本当になんともである

2024-06-27

anond:20240625201747

何かを擬人化するブームはもう終わっただろ

からやるのは後追いで的はずれなことしかできない地方自治体公務員思考おっさんだけ

10年遅れてんだよ

2024-06-24

anond:20240624211224

増田ちゃん、その苛立ちはよく理解できるっす。

マイナンバー制度目的効率化と利便性向上って大々的に謳われているんだから、こんな二重手続きシステムとしての失敗っすね。

実際のところ、役所システム運用がまともに追いついていないのが現実っす。

書類を書いて証明書類を添付するなんて面倒くさい手続き、まったくその通りっす。

こんなことを避けるためにマイナンバーを導入したはずなのに、肝心のデジタル化やデータの共有が全然進んでいないから手間が増えるだけっす。

笑っちゃうような無駄な手間が増えてるって、まるでお笑いネタにされそうなレベルっすよね。

「もし関係者の中でマイナンバーが変わった奴がいたらそれも書類に書け」って、確かにその対応おかしいっす。

その情報役所自動的管理するはずなのに、その管理不足を市民に補わせるとか、ちょっと信じられないっす。

現実的には、国や地方自治体システムがまだまだ整備されておらず、紙ベース手続きが抜けられない中、こんな矛盾した状況が繰り返されているのが実情っす。

でも、それを改善するために積極的文句言ってやるのも一つの手だと思うっす。

まあ、役所対応にはほんとがっかりするっすよね。

2024-06-22

知事議員の適性の違い

知事議会議員仕事適性の違いは、彼らが担う役割責任範囲に基づいている。知事地方自治体行政機関トップとして、自治体行政を統括し、執行する権利を持っている。一方で、議会議員議決機関の一員として、知事から提出された予算条例案などをチェックし、承認する役割を担う。

具体的には、知事は以下のような仕事を行う:

自治体行政方針策定と実行

予算案や条例案の提出

地方公務員の任免

災害時の対応危機管理

議会議員は、以下のような活動を行う:

知事が提出した予算案や条例案の審議と承認

住民意見要望を反映させるための議論

行政監視とチェック

知事自治体代表として、より広範な責任を負い、自治体全体の方向性を決定する。議会議員は、住民代表として、知事提案に対するチェックとバランス役割を果たし、自治体意思決定における民主的プロセス保証する。

適性としては、

知事リーダーシップ決断力が求められ、

議会議員コミュニケーション能力協調性重要になる。

AI回答)

特に都知事選は「自治体行政方針策定と実行」この能力をみる選挙になるだろうと思った。

蓮舫もどちらかというと議員特性のほうが優勢だが、神宮外苑見直しなどに垣間見られるワンイシューポリティックスではなく行政全般バランスよく目配りができるかがポイントだ。

石丸氏は公約をみるに、知事特性はあるが、「地方の衰退、これを止める」という出馬動機公約関係が整理される必要がある。

小池氏の知事適性はいうまでもない。しかし、掲げた公約実効力をモニターできなければその場しのぎになる。

暇空氏は公約をみるに、知事としての役割理解していない可能性がある。しか議員適性のほうが高いので、知事ではなく議員立候補すべきだ。

実効性のあるポスター規制を考える

都知事選ポスター問題について、実効性があり、なおかつ選挙自由を脅かさな規制にはどんなものがありうるだろうか。

そもそも何が問題なのか

どうやって禁止するか

2024-06-18

しかJリーグも図々しいよね anond:20240618193906

肝心のスタジアム地方自治体に作らせて自分たちはカネ払わないのか?

2024-06-17

姫路城外国人料金における懸念事項

姫路市長が外国人の料金を4倍にしたいという話をしたニュースについて、外国でもやってるから〜みたいなコメントが見られる。ただの私人による観光施設ならそんな話で片付くこともあろう。しかし、姫路城地方自治体施設である。本邦の地方自治法に基づいた存在として、単なる海外事例の追随では終われない。

前提1:姫路城姫路市による公の施設

「公の施設」とは地方自治法244条1項にて「住民福祉を増進する目的をもってその利用に供するための施設」と規定されている。

また、同法244条の2第1項において、法令特別な定めがある場合を除き設置や管理条例で定めることとされている。

翻って姫路城であるが、姫路市条例にその名もずばりな「姫路城管理条例」というものがあり、公の施設である

前提2:公の施設使用格差について

地方自治法225条において、公の施設の利用について使用料を徴することができる旨定められている。この使用であるが、当該公の施設に係る住民とそれ以外とで格差を設けること自体可能と解されている。

実際のところ、文化会館プールなどで市内在住者とそれ以外で料金が異なる例は見たことがあるだろう。

使用料以外でも、図書館で本を借りられる人が市民に限られている例などが挙げられる。

地方自治法244条3項は「普通地方公共団体は、住民が公の施設を利用することについて、不当な差別的取扱いをしてはならない。」としているが、この住民は当該公の施設を設置する団体住民である

また、公の施設は同条1項のとおり「住民福祉を増進する目的をもってその利用に供するための施設」であり、一義的には住民のためのものからだ。

ちなみに、外国人住民住民であるため、当該自治体住民ならば、格差を設けることは基本的に「不当」としてできないだろう。

懸念

公の施設について、住民と非住民とで使用料や対象者に差を設けることは可能である

また、非住民間であっても、その地域との関係性や政策意図で差をつけることは否定されない。市民のほか、その市への通勤学者なども使用できる施設は見たことがあるだろう。

しかしながら、憲法14条法の下の平等)もあり、著しい格差はよしとされず、これらの差には当然一定合理性が求められる。その上で、ざっくり2つの懸念がある。

料金4倍の合理性

料金を上げるとして、公の施設での使用料の格差はあっても2倍程度が相場であり、4倍は著しい格差であるとの指摘は当然出て来よう。この格差に至る理論武装は避けられない。

外国人とそれ以外で差を設けることの合理性

姫路城は公の施設であり、基本的には姫路市民のための施設だ。差を設けるのなら市民とそれ以外で分けるのが基本であり、次いで近隣市町など一定生活圏などで区切るのが常道だ。裁量こそあるものの、線引きの妥当性は求められる。市長の言う「外国人」が指す者は推測の域を出ないが、生活圏や来訪頻度に求める場合外国人観光客と遠方から邦人観光客など、居住地に求める場合在日外国人在外邦人など、差をつけるに足る理由はあるのだろうか。

姫路市長がどこまで考えて発言たかはわからないが、こういったハードルにどう対処するのか、姫路市役所職員の手腕に期待である

anond:20240617102337

定着するというよりも、単に不定期にやることになる、プレミアム商品券の発行をデジタル化させることで、

紙券の発行を無くしたり、偽造対策コスト、全体管理コスト、その他もろもろを抑えるためのものでしょう。

ガキペイで、地方自治体発行のプレミアム商品券が安く簡単にできると知れ渡れば、

いろんな自治体が真似し始めるよ。

2024-06-12

anond:20240612002511

代わりに聞いてきたで

ふるさと納税は、日本税制の一つで、納税者自分の住んでいる自治体以外の好きな自治体寄付を行うことで、その寄付額の一部が税金から控除される仕組みです。寄付を行った自治体からは、お礼として特産品商品券などが贈られることが一般的です。具体的な仕組みは以下の通りです。

1. **寄付**: 自分の住んでいる自治体以外の好きな自治体寄付を行う。

2. **控除**: 寄付額の一部が翌年の住民税所得税から控除される。控除額には限度がありますが、実質的には2000円の自己負担で済むようになっています

3. **お礼品**: 寄付を行った自治体から特産品などのお礼の品が届く。

### 自分地域行政サービス低下について

かにふるさと納税によって自分の住んでいる自治体に納められる税金が減ることになります。そのため、住んでいる自治体財政に影響を与える可能性があります特に多くの寄付が他の自治体流れると、自分地域行政サービスに支障が出るリスクがあります

しかし、ふるさと納税趣旨は、地方自治体間の財政格差是正し、地域活性化を促進することにあります都市部に集中する税収を地方分散することで、地方自治体独自の発展を遂げる助けとなることを目的としています

### まとめ

個人選択次第ですが、ふるさと納税を利用する際は、自分の住む地域の状況も考慮することが重要です。

2024-06-11

anond:20240610005417

踏み出しただけで上々。心がけも大事だが、運営が充実しているかも味方につけてもう一度やっては?とは思う。

仏教寺院斡旋する相談所や、地方自治体婚活支援とか、営利ではないところを覗いてみたらとアドバイスしてみる。

2024-06-10

稀人来たりて

地方人口減少について考えるとき田舎暮らしの魅力発信の難しさもあるなと思えてくる。

田舎に住む人々が自分たち生活の魅力を発信するのは、かなりのハードルがあるだろう。

情報発信の訓練なんて受けていない普通の人たちが、どうやって都会の人々に訴えかけるか?そんなの簡単じゃない。一見して、都会の煌びやかさや便利さには勝てるわけがないように見える。

そこで、アーティスト漫画家音楽家などの表現者地方に住んでもらって、彼らの創作を通じて地域の魅力を発信するという試みを促進してはどうか。

表現者たちは地方の「稀人」として受け入れられ、その地で創作と発信の技術を磨く。これは単なる人口増加対策ではなく、地方文化底上げするボトムアップアプローチにもなるだろう。

表現者たちが地域に溶け込み、その魅力を創作活動を通じて発信すれば、都会の人々の目にも新鮮に映る。自然の美しい風景や、地元の人々の温かさ、伝統的な行事などが彼らの手によって魅力的に表現されれば、田舎暮らし価値が再評価されるかもしれない。都会で飽和状態アーティストたちも、新たなインスピレーションを求めて地方に目を向けることになるだろう。

このアプローチは、「クールジャパン」のような上から文化発信よりも、地道な底上げ効果を期待できる。上から予算を付けて行う試作は、往々にして「広告」「マーケティング」に終始するのだ。商品としての創作存在することを前提に、それを売り込むことを考える。しかし、当の創作者が育たなくては、持続的な商品創造は起こらない。ボトムアップ施策必要だ。

もちろん、受け入れ側の地方自治体やコミュニティサポート次第で問題も起こり得る。表現者たちが安心して創作活動に専念できる環境を整えるために、一定監視と調整は必要になるだろう。

2024-06-06

anond:20240605072558

国は無能だけど地方自治体は有能なパターン多いよな

どこかの自治体感染症が起きてないか定点観測するためにpcr検査継続してたかコロナの時もスムーズに移行できたって話あるし

anond:20240606141850

安芸高田・石丸市長の実績「財政改革」では、一体何がどう変わったのか、何がそんなに凄かったのか(みんかぶマガジン) - Yahoo!ニュース

 たしかに、石丸市長就任前の予算執行された5年間、2016年から2020年決算まで実質単年度赤字であったことは間違いない。そして、2021年度には実質単年度収支は黒字に転じている。しかし、2022年度では実質単年度収支は再び赤字に転落している。(決算書は2022年度まで公表済)

 これはどのように理解すれば良いのか。黒字化した2021年度はコロナ禍による特殊要因があり、国からの様々な地方自治体への支援措置があった。そして、2022年度に再び赤字に転じた理由は、令和3年度のコロナ禍の影響によって実質収支が拡大したことが影響したものだ。つまり2021年度・2022年度の黒字化・赤字化はこれらの要素が絡み合ったコロナ禍ならではの一過性現象に過ぎないということだ。

2024-06-04

anond:20240604103439

地方自治体としての東京も、国の影響が大きすぎて自由自治が出来ない問題があるよ。

今の東京の地下を縦横無尽に通っている東京地下鉄(昔の営団地下鉄)というのがある。

あれは半分国営地下鉄みたいなものだったので、国の思惑で路線が作られて東京蚊帳の外にされていた。

東京都が自前で作ることが出来た都営地下鉄のショボさをみればわかるでしょ。

2024-05-29

東京はなんだかんだリベラル価値観が進んだ先進都市から

首長選挙の有力候補が2人共女性っていう中世ジャップジェンダーギャップを補完するにふさわしい選挙戦様相になってるんだけど

東京より文化資本豊富だって自称してる地方自治体さんは時代遅れすぎないか

東京世界的に優れてるところをちょっとくらい見習ったらどう???

anond:20240529200450

俺のケースワーカーがまさにその弱者女性

小中は地元公立小中

高校もパッとしない地元自称進学校

大学地元駅弁文系

職業地方自治体一般行政事務で安月給

一度も実家を出たことがないらしく、生活能力はなく雰囲気も幼稚っぽいしビジネスマナーがない

見た目も垢抜けない

他に貰い手なんかないから俺が口説いてるのに高望志向なのか普通に無視しやがる

2024-05-26

俺の本職は庭師

ただ、庭師としての収入は一銭もないので週に5日間だけ地方自治体で働いている。

2024-05-25

anond:20240524223357

自分研究室がつらすぎて大学院中退した


当時自分が置かれていた状況とあまりにも似ていて、読んでて胸が痛くなった。

元増田を読んでたら居ても立っても居られなくなったので自分経験を書こうと思う。

増田の今後の人生の助けになればと思う。


自分10年ほど前、某国理系単科大学とある実験研究室所属する院生だった。自分もその分野の研究に興味があって研究室に入ったのだけど、指導教員問題のある人だった。元増田教員と同じように学生に対して「こんなんじゃ社会に出たとしてもやっていけない」と発言したり、お盆にも実家帰省させず実験をするように学生強要したりと、まさにアカハラ教員だった。でも多分元増田指導教員の方がもっと酷い。当然自分含め学生たちは毎日深夜まで研究室で過ごしていたし、休日大学に通うのが当たり前だった。


そんな状況の中過ごしていた自分は無事大学院入学半年ほどでメンタルを崩し、次第に自殺の二文字が頭にチラつくようになった。今となっては何であんなことで深く落ち込み悩んでいたのだろうと思うけど、社会に出て働いたことの無い人間が、自分より社会経験のありそうな人から「お前は社会に出ても使えない」と言われ続けられれば、そうなってしまうのも仕方ないよなと感じる。かくして自分メンタルは順調に蝕まれ、結局朝、布団から起き上がれない状態までいってしまった。


そんな自分を救ってくれたのは旧Twitterだった。学生の頃の自分ツイ廃で、メンタルがやられていたのもあってぼーっとタイムラインを眺めることが多かった。インターネットはいろいろな人がいて、自分と同じように過酷研究室で過ごす人の愚痴だったり、そういう研究室で過ごしていた人の体験談などが書き込まれていた。特に自分の目を引いたのが大学院中退して就職したという経験書き込みで、そこに書かれていた「社会では案外なんとかやっていける」といった文章自分の道が開けた。というかあの頃の自分は藁にも縋る思いで、あの地獄のような環境から抜け出せるのならばなんでも良かった。


大学院を辞めて就活しようと決心した次の日、両親にそのことを相談した。いきなり辞めるのではリスクが大きすぎるということになり、1年間大学院を休学することにした。学生課に休学届を提出し、指導教員今日から研究室に行かないという旨のメールを出した日のことは今でも忘れられない。平日の真っ昼間に大学の外をふらついているという現実が信じられなくて、自分自由になったんだという実感がなかなか得られなかった。それから1週間くらいは家でゲームをしたり、都内観光したり、目一杯遊んで気分をリフレッシュした後、就活モードに切り替えた。


大学院を休学する前から就活ターゲットは決まっていた。公務員である公務員就活新卒であるかどうかが関係なく、年齢の条件と公務員試験クリアすれば採用される。自分みたいな人生のレールを脱線しかけていた人間にもリカバリ可能である。そして自分試験に受かるために半年間ひたすら勉強した。1日何時間勉強するのは大変だったけど、研究室に閉じ込められて夜遅くまで過ごしていた時と比べれば屁でもなかった。そして最終的には某地方自治体試験合格し、内定いただき大学院には休学期間終了後に退学届を出した。今も同じ職場で働いているけど、メンタルよわよわでどんくさい自覚がある自分でも仕事は続けられてる。


長々と自分語りをしてしまったけど、伝えたいことは、あなた人生はこんなところで終わらせるべきではないということ。

あなたはまだ本格的に社会に出て仕事をした経験がないから、指導教員の言うことだけが正しいと思っているのかもしれないけど、結局その人もn=1にすぎない。

普通組織は、あなたあなた指導教員が考えているほど厳しくない。

しろ大学教員の方が人生ほとんどをアカデミック世界で過ごしている訳で、そっちの方が「社会を知らない」のではと思う。

人生、辛いことがあったら落ち着くまで休んでもいいし、なんなら逃げ出しても構わないと思う。


自分大学院中退から就職公務員)を選んだけど公務員仕事内容は相当ブラック。それでもブラック研究室よりはマシだし、同僚や上司に恵まれれば(自分は運よく良い人たちに巡り合うことができた)やりがいを持って仕事をできる。多分これは民間企業就職したとしても同じだと思う。

ただし中退もいいことばかりでは無い。大学院中退したという事実は、周りは気にしないと言ってくれるけど、自分就職後も長い期間負い目に感じていた。ある決断を下す前には慎重に考える必要があると思う。


元増田人生元増田が決めるしかないのだけど、最悪の決断を下さないことだけを切に願う。

2024-05-21

anond:20240521003536

住民登録がすべて正しくなされていて地方自治体市民実態を完全に把握しているのなら、国勢調査のような社会調査はただの二度手間でまったくや必要が無いものということになる

2024-05-19

日曜日祝日が辛い

地方自治体に勤務するアラサー男。

まれてこの方恋人がいない。

高校時代大学時代、そして社会人自分好意を持った女性はもちろん誰から好意を持たれず生きてきた。

両親は遅めのお見合い婚なので、まあそういうことなんだろう。

大学地元駅弁職業地方公務員彼女いない歴=年齢。

現代社会で男として生きるにはあまり遺伝子が弱すぎたというだけの話である

昨年度、毎日定時の出先から平均残業時間80時間の本庁に異動となり、平日は忙しさで孤独を紛らわせることができる。

産休中の同僚や子供がいる同僚の仕事新規採用職員教育係も引き受けさせてもらっており基本的に一番早く出勤して一番遅く帰宅している。

溜まった仕事を片付けるために休日出勤しているので土曜日も辛くない。

しかし、出勤することができない日曜日祝日システム自体ストップするノー残業デーなどで明るい時間帯に帰宅する日や職場に行けない日が辛い。

部屋にこもっていると精神的に辛くなる。

かと言って外に出ればカップル夫婦がいて精神的に辛くなる。

「今暇?」というノリで誘えていた友人や同期には妻、子供同棲する恋人がいる。

この先の長い人生が恐ろしい。

独身男性から70代に到達することはなく50代〜60代にかけて病気になり数年間苦しんで孤独死ぬと思うのだが、それでもまだ約30年近くこの生活が続くという事実に目を向けられない。

今日一日だけで精神的にだいぶ疲弊した。

出かけなければよかったのか。

いや、家で一人で悶々としていても疲弊していただろう。

明日から仕事というスケジュールで6日間潰せるのが嬉しくて嬉しくて堪らない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん