「兄弟」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 兄弟とは

2018-07-16

anond:20180714203618

この手の話ははてなで定期的に出てくるんで、今まで見られた反応とその展開、個人的意見をまとめる

近親間の子供は遺伝子疾患を誘発するから結婚禁止すべき

悪手。

遺伝子疾患を持っている人間子供を作ってはいけないという思想と近似している

また、そもそも子供を作る予定がないカップル場合結婚してもいいの?という問題対応していない

不妊カップル同性カップルは近親間でも結婚可?そうでないならその理由は?

自分兄弟姉妹がいるが、結婚したくない。多くの人もそう思っているはず

悪手。

結婚制度の良し悪しを個人の肌感覚判断するのは、LGBT結婚否定する思想と地続き

個人的感覚ではなく、数字調査して「多くの人から支持されていない」という理由否定するのは

一部肯定できる。これは後述する

性的虐待の防止のために禁止すべき

まり有効でない。

性的虐待の防止は近親婚ではなく児童婚カバーすべき問題

成人には十全たる判断力があるので、当事者同士のみの決定で結婚できてよいはず

成人後にも親子の場合には権力差があるからNGという論建てをするなら、他に権力差がある関係

(例えば教師と教え子、上司と部下、芸能人とそのマネージャー)の結婚規制すべきだが、これはあるべき社会とは思えない

結婚家族を新たに作る制度なので、すでに家族である関係では不要

まり有効ではない。

例えば相続では兄弟配偶者で割当が異なり、これを強化するために結婚したいという動機が考えられる

その他、世帯関係にない離婚した親子や叔父・姪の婚姻については否定できない

そもそも結婚制度自体自由主義に反する

有効反論

結婚とは世帯形成する行為だが、今の結婚制度世帯形成様態当事者以外が口出ししている状態であり

自由主義とは相容れない。

ただし理論実践は異なる。かつてヒッピー文化結婚にとらわれない自由家族形成を試みたことがあるが、

やがて崩壊して失敗したらしい。(昔村上春樹ブログで見た)

その理由はわからないが、自由恋愛・自由SEX嫉妬などの問題があり普通精神人間には受け入れられなかったのだろう

というわけで、、

人は因習にとらわれるため、近親婚は理論的にはありだがすぐには受け入れられない

この反論が最も妥当

自由人権思想は全てに優先されるわけではない

特に家族結婚などは、過去因習に深く根ざす問題なので、変えるにしても急激に変えるわけにはいかないのだ

近年世界的に同性婚が許されるようになったのは、LGBTの声が主に欧米中心に大きくなったことと、

これを許可しても社会システムを揺るがさないことが徐々に明らかになったか

近親婚・複婚が今後許されるには、まず声を大きくして先進的な社会実験をし、問題がないことがわかってから

徐々に世界中に浸透するという段階を踏まなくてはいけない

おまけ

レヴィストロース読めばわかるけど、どの関係までを近親婚と呼ぶかは文化によって違いがあり、

最も緩い日本のような社会では従兄弟婚は平行イトコも交差イトコもOK

最も厳しい韓国のような社会では本貫と呼ばれる祖先が同じ人間であればどんなに親等が離れててもNG

これらの法則普遍性など何もなく、もっぱら過去因習で決まっている

からといって非合理的から捨ててしまおう、などということはできないので

これらの問題は「我々の社会をどうデザインするべきか」という戦略を前提に話をしなくてはいけない

毒親ではないと思っているけど、親子関係がつらい

母親しんどい

私は30歳、母親は70歳。そして一人っ子の私は今、母が一人で暮らす実家飛行機距離暮らしている。

前提として、私は実家に帰る気がある。母もそれは認識している。

実家には年に3,4回帰っているし、電話も度々する。

みんなは、合わない実親とのかかわりをどうやっているのか、どうやって気持ちに折り合いをつけているのか、とても気になるので投稿します。長いです。

しんどいこと① 過干渉自分の思い通りにならないと攻撃してくる

つい最近の例としては、婚約者との同棲を決めたことを事後報告したらとても不機嫌になられた。

「事前に何の話もなく自分たちで決めてきたことがとても悲しかった」そうだ。

悲しい、というだけならまだしも、それについてとてもネチネチ言われた。

しまいには「昔から全部自分で決めてしまって人(=母自身)の言うことを絶対に聞かなかった」と言われた。

「いや、そんなことはないでしょう」と反論しても「いいや、あんたは絶対に人の言うことを聞かなかったよ」と強く否定された。

一万歩譲ってそうだったとしても、私の人生一般的な水準からみて成功している部類なので、母がそれを今否定してくる意味が全く分からない。

自分の頑張りをすべて否定された気になり、非常につらいし涙が出てくる。

母の言う通りにしないで一番人生に大きな影響があったのは、大学編入を決めた時だった。

ストレートで入った大学は強く望んだ学校じゃなかったが、母の意見や家庭の金銭的な事情気持ちを押し殺して入学した。

結局精神的にダメになり、せっかくの授業もまともに受けられず、お金時間無駄、そして自分人生にとって良いことがないと判断したので

学費生活費は自費でも極力出すから実家を離れてしまうが別の大学編入させてくれと言った。

その時は非常に険悪な仲になったが、一年休学して勉強して志望校合格したとき母は半泣きで喜んでくれたのですごくうれしかった記憶がある。

周りの人に、「あの子は○○大学に受かった」とうれしそうに吹聴していた。

それなのに、こういう話をさっきのように「人の言うことを聞かない」と否定材料にしているのだとしたら、まともに話し合いをすることはできない人だなと感じて辛くなる。

しんどいこと② 自律心、自立心がない

とにかく、自分自身で何かを成し遂げたりすることが極端にできない。おまけにそれについて、「甘やかされて育ったから」「周りがみんなやってくれたから」と開き直る。

父が死んだとき、死亡手続きや諸々の手続きなど、すべて当時大学生だった私が行った。喪主は母だったが、「挨拶なんてできない」と言われたので私がやったし、火葬スイッチも私が押した。

参列してくれた人たちには少し驚かれたが、「母がこういうこと苦手ですし、私は平気なので」とフォローした。母の兄弟たちは母の性格を知っているので何も言ってこなかった。

父が残した遺産全然ないw)や、借金手続き相続等、必要書類の取り寄せ・行政書士とのやり取りもすべて私が遠方から行った。大学の授業やバイト掛け持ちと並行していて時間的に辛かったが、父の親族とそれで揉めて縁が切れたりしたことが一番精神的にきつかった。

こういう重い出来事以外でも、日常的に新しいことを始めたり改善する気概がまったくない。「習い事に行こうかな」「最近お客さんが減った(母は小さなお店をやっている)」などは十年以上言い続け、それを自分で実行・改善したことはない。

お店の客数については「チラシを配ったら?」「店を綺麗にすれば?」など優しく提案しているのだが、「そんなことやって今のお客さんが来なくなったら困る」「「お客さんが増えすぎても困る」などと言って何もしない。

母の妹などには「あんたのお母さんは本当に自分で何かをしようとしないね…」と言われた。昔からそうなんだろうと思う。

しんどいこと③ 平気で矛盾したことを言う、感情的

例えば「早く結婚しろ」「孫見せろ」というのに、私がこれまで恋人婚約者を紹介しても喜んでくれたことが一度もない。

おそらくいざとなると、「実家に帰ってこないかもしれない」という自分にとって辛い想像のほうが母の中で強くなるのだろう。

結婚して孫が見たい」のは私のためではなく全部自分のためなんだろうな、と思う。

これも機嫌が良いと相手のことを聞いてきたりするのに、そうじゃない時はあまり良くないことを言ったりする。

別れた人のことを「だからあの人はダメだって言ったでしょう」と得意げに言ったりもされた。

あと論理的な話し合いはまったくできないので、重要なことを決めるときに母の意見を仰がなくなる(大学のことや同棲ことなど)のは当然のことなのだが、その説明をしても最終的には何故か母が被害者になって終わるので説明はしなくなった。

同棲はまだ早い」と反対されたことがあるのだが、付き合ってどれくらいで早くなくなるのか聞いても答えてもらえなかったし、結婚しろって言われてる30歳の女であることを考えてもまったく早いとは思えない。

ちなみに今の彼氏ではない人と同棲を考えた時に母親の言う通り同棲をやめたことがあるので、①のような「人の話を絶対に聞かない」ことはない(結果的にこれはやめて良かったので感謝してる)。

そんな感じで、とにかく感情否定してくることが多い。

しんどいこと④ 被害者意識が強い

何が一番つらいかって、①②③に被害者意識の強さを乗っけてぶつけてくることだ。

一番顕著な例は、私が県外の大学に通い始めてから父が病気になったので、母は一人自宅で介護してくれていたときのこと。

これについて毎晩のように電話がかかってきて「お前は両親を捨てた」「介護が辛いか離婚したい」「結婚しなければよかった」と愚痴を話す。

介護が辛いものなのは理解しているつもりで、母にそれを任せる形になってしまたことは申し訳なかったが、将来のため進学しているのに「両親を捨てた」と言われたのは本当に驚いたし悲しかった。

いずれ実家に戻るから、とその時から言っていたのに、勉強を頑張っている最中でそんなことを言われるなんて思わなかった。頻繁に実家にも帰っていたのに…。

何で私が加害者になっているのだろう。そして、周囲に反対されても結婚を決めたのは他でもない自分じゃないか

から、「あんたとお父さんは頭が良いから私は何もできないかバカにされている気分になる」とグチグチ言われ、とても辛かった。物心いたこから勉強しろ死ぬほど言ってきたのはあなたじゃないですか。

「じゃあなんで努力しないの?」という疑問が湧くのだが、それができないから②の「自立心がない」人になったんだろう。

あとよくあるパターンは、体調が悪いときに「どうせ死んでもいいか病院には行かない」とアピールしてくることだ。

「こういう体調で一週間くらい寝ていない」「あんたのことを心配して寝ていない」など。とにかく自分がかわいそうらしい。本当に心配から病院に行け、と言っても「私なんてどうせ」としか言わない。

で、話を聞く限り結局病院に行ってることもあるのだが、大抵その報告はない。

総合すると「マジで母とウマが合わない」。

ハッキリ言ってしまうのも心が痛いのだが、母親じゃなければ絶対に付き合いたくないタイプ人間なのだ

他責志向被害者意識が強く、自分の都合のいいように記憶微妙改ざんし、同じテーマでもその時の気分で私に対する接し方や発言が異なる。

何よりも私が苦しんでいるのが、「愛情はとにかくたっぷり注いでもらったし、すごくかわいがられている自覚がある」ということだ。

母にはすごく感謝しているし、とても愛している。だからこそ実家に帰って面倒を見たいと思っているけど、うまくやっていける自信が年々なくなっていく。

母には長生きしてほしいし、孫の顔も見せてあげたいと思うけど、最近はふとした時に「長生きされたらつらいな…」と思ってしま自分がいて、それがめちゃくちゃ辛い。

これが毒親育ちの特徴だと言われたらぐうの音も出ないのだが、母はほんとうに優しくてお茶目で人に好かれるし、よく友人たちからもうらやましがられた。

それだけに、先述したような悩みを友人に打ち明けると「あんたのお母さん、意外なところがあるんだね…」と口をつぐまれることも良くあった。

70歳の人間に今さら人格を直してもらうことなんて不可能で酷なことだと思っているし、文字通り伝えても理解できず直せないことも分かっている。

たぶん、多くの人には「縁を切れ」とか「関りを薄くしろ」と言われるんだと思うけど、母を愛しているだけにそれができないのが苦しくてしょうがないのだ。

私のような葛藤を抱えている人ってたくさんいると思うんだけど、みんなはどうしているんだろう。

泣きながらこの増田を書いていて、私もしかしたら結構限界なのかな?と思っている。

2018-07-15

anond:20180714203618

一緒に育った兄弟姉妹結婚したいとはならないと思う。

手のうちが見えてる異性なんて恋愛対象じゃない。

フィクション作品でよくある子供時代は離れてくらしてたという過程があればまだわかる。

anond:20180714203618

一緒に育つ可能性が圧倒的に高い兄弟姉妹だと、子供の頃からの力関係洗脳とか脅迫とかが簡単に出来ちゃいそうだからちょっと・・・

もちろんそれは血がつながってない人間同士でも言えることだから、直接禁止理由としては筋が通らないんだけど

じゃあ現実にその問題クリアしつつ近親婚ありにする方法ってあるの?と考えると難しそう

思考実験的なこととしては意味があると思うよ

ゾロアスター教ではむしろ近親婚が推奨されていたという話だし、色々な前提が現代日本と違っていれば社会制度として成り立たせることも可能なのだろう

anond:20180714203618

マジレスすると、同性婚も一昔前まではダメだったのが、当事者運動によって権利を勝ち取ったという経緯がある。

増田も(マジなら)兄弟間の愛と結婚権利を主張して、社会を動かすしかない。

anond:20180715003629

俺はフェミに限らずかなりの割合女性が持っている感覚だと思うけどね。

思春期父親兄弟から性的視線を向けられた嫌悪感の延長上の。

近親婚がOKになれば、男の家族のそういう性的関心が助長正当化されるという懸念は。

それにしても、「なぜ同性婚OKなのに近親婚NGなのか?」というトピックは本当に面白いよね。

同性婚容認したら近親婚も容認せざるを得なくなるだろうに、何とか近親婚容認回避したい人たちの色んな工夫が見られたり偏見が炙り出されたり。

伝統家族秩序・性道徳の維持は使えず、遺伝子異常リスクもそれほどではない(そもそも優生学は許されない)となると、

たとえ半分以上女性お気持ち理論だとしても「家族レイプ助長する・犯人に有利に働く」に頼るしかないと思う。

他に何か使えそうなロジックある?

2018-07-14

anond:20180714125316

限度を超えた話ならもちろん怒るけど、安倍がどうのみたいな他人事で、本気で怒るのは異常

お前、安倍兄弟殺されたのかよ?って思うわ

安倍が、正しいとも思わないけど、正しいか正しくないかからないと答えて、本気で怒る奴も異常

ネットなら、そんな奴ゴロゴロいるが、リアル相手が目の前にいて、何の因縁もない奴のことで、怒り出す奴は異常

今のウルトラマン酷すぎ

兄弟で2人のウルトラマンに変身だって

ウルトラマンは1人で戦うものなのに。

しかも、遊びのために変身っておかしいでしょ。

戦ってる時もふざけてて、見てられなかった。

さらジョジョの実写を観たのでちょっと頭の中を整理したい

実写化?知りませんねって感じだったんだけど、まあ気が向いたのでレンタルしてきた

なんだあれ?

個人的感想です、ていうかあまりにも混乱してるのでちょっと待ってって感じ、もちろんネタバレする、めっちゃ長い

なるべく好意的に考えたいとは思う

  

キャストはそこまで悪くない

まあ、みんなあんなにひょろくねえよとは思うけど、頑張ってたと思うし、あんなめちゃくちゃな映画でよくもあそこまで真剣にやったもの

演技がシリアスであればあるほどにじみ出るお遊戯感は多分キャストのせいだけじゃない

それにしても承太郎英語がひどかった、あれはさすがにもうちょっと頑張れよ

あと山田孝之無駄遣い感が半端ない

キャスト発表の時にも思ったことだけど、なんであんなちょいキャラキャスティングしたんだ?だったら吉良やってほしかったよ、平穏に暮らそうとする手フェチサイコキラーなんて役ができるのあとだれだよ? 藤原竜也

  

ビジュアルはなんかものすごい空回りしてる

コスプレ感すごいな!

あれでシリアスな場面がすべて台無しになってると言っても過言ではない、何回か本当に吹き出し

学ランとかはそこそこリアルな方向にアレンジしてたとは思うんだけど、髪型やばい

仗助のハンバーグ頭を変更されるのはなしとしても、もうちょっと服装と同じくらい現実的アレンジ加えてもよかったんじゃないだろうか

太郎は後ろ頭の帽子と髪の毛の一体化具合に腹筋やられたし、虹村兄弟も髪の毛が気になって気になってシリアスな場面が全然シリアスでいられない

あと康一のスーパーサイヤ人化もふはっとなってしまった

あれは原作からしDB意識してただろうとは思うけど、実写であん表現してくるとは思わなかった、見せ場を作ろうとしたのはわかるんだけど、あれでよかったんだろうか(ごく個人的には「やめろ」って繰り返してたあたりで「友奈ちゃんいじめるなー!」が連想された、ヒロインかよ)

あとメイク濃すぎ、億泰が特に

服装のほうも学ランのペラペラ具合とか気になったので、いろいろ衣装さんの予算の都合があるのかなという気もしないではない

あと、あれスペインロケ意味あんの?いいじゃないですか仙台

ロケする金をコスプレにまわしてやればよかったんじゃないの?

虹村兄弟の家豪華すぎて笑っちゃったよ、原作もなかなかい屋敷に住んでるけど、立入禁止があまりにもそぐわなす

スタンドバトルはもうちょっとオラオラとかドラララとか見たかったなあ、act1は見れてうれしかったけど

  

これ一番の問題脚本だよなあ

全体として家族愛を軸に仗助がじいちゃんの遺志を継ぐまでをやりたかったのはわかった

アレンジするのはいいよ、原作あのままを二時間映画でやってもしかたない、そういうのはアニメでやったし

ただ改変がことごとく悪い方向にしか向かってないというか、あまりにも再構成が下手すぎて混乱するだけになってるように思う

  

まずなんで高二にしたの?映倫の都合?まあそういうことで康一を転校生にする必要があったとして、キャスティングの都合上由花子をある程度の時間さなきゃいけなかったとして、あそこまで由花子露出する必要あるか?

花子はどう考えても第二章以降でのメイン要素なんだから、黙ってれば美人なんだし普通にヒロイン枠で姿をチラ見せさせといて、康一と普通青春しそうに思わせといて、億泰との交錯で見る側になんとなく疑惑は持たせつつ最後にお弁当でも宿題でも使って「あれこの子おかしいな?」って今後の引きに使ったほうが話がすっきりすると思う

第一章序盤から花子のアレっぷりをアピールしても話が散漫になるだけだろ、伏線ならきちんと伏せてろ

ていうか億泰だって要は転校生だろうし、康一と同じ転校生として由花子と同じように姿をチラ見せさせつつ後半につなげればよかったと思うんだよ、前半にある程度虹村の兄弟愛を掘り下げておけば最後兄貴の死にも説得力が増す

アンジェロは逆にあんなに掘り下げる必要はない、東方家と虹村家でそれぞれの家族愛比較させてるんだからさらアンジェロ父親の話まで入れる必要ないだろ、入れ方も中途半端だったし

そして余計なエピソード入れたくせに、時間稼ぎにべらべらしゃべって人質取ろうとするエピソード省くもんだからアンジェロ岩がやりすぎに見えてえぐくなってる、ただでさえ実写でえぐいのに

あれでやさしい能力とか言われても正直いやいやいやと思ってしまうわ

それに東方家も正直描写に尺を取りすぎてる、じいちゃんを多少掘り下げるのはいいとしてもやりすぎ、あれの三分の一でいい

  

そもそも今後の展開として、ジョースター家とDIO因縁をどうするつもりだったんだろう

第一章の時点で矢の説明がなんにもされてないし、兄貴アンジェロDIO言及しないし、あくま杜王町の話として3部以前にまったく触れないつもりだったんだろうか

余計な伏線は細々いらんとこまで張っといて、弓矢の出所についてはきっぱり第二章で!とかないと思うんだよな

そうするとジョースター家がなんでスタンド使えるのかとかがまったく説明できないと思うんだけど、そのまま押し通すつもりだったんだろうか

それにしたって虹村父がああなったのを「バチが当たった」で流しちゃうとかないだろ、強欲と人でなしがすぎてあんなふうになるとか普通に意味わからん

  

矢を奪うのが吉良ってことは、のちに矢でスタンド使い増やすのは吉良父じゃなくて吉良本人ってことにする予定だったのか

すごい好戦的な吉良だな、静かに暮らしたいとか絶対思ってないだろ

だいたいシアーハートアタックでどうやって矢を持ってったんだろうか

  

なんだろう、ものすごく好意的に言って改変部分の詰めが甘い

事件現場テレビでまんま放送されてたりとか

アンジェロが聞いてるだろう状況で承太郎が「オレのスタンドは時を止める能力だ」とか言い出してわざわざ自分能力ネタばらししたりとか

クレDの能力的に康一はそもそも時間稼ぎする意味あったの?とか

シアーハートアタックが口に入った状態兄貴どうやって喋ってたの?とか(というかもしかしてあれはシアーハートアタックが腹から体内突っ込んで口に到達したということなのか?口から物理的に入らんだろ、画面から全然読み取れなかったんだけど)

最後の仗助と承太郎の会話がわざわざ海辺でやってるせいで二時間ドラマみたいにだせえとか

台詞言い回しを細かく変えたりするより前にそういうところをちゃんと考えたほうがよくないだろうか

頭の悪い改変はこの際置いておくとしてもテンポ悪いわ話はだるい説明がいろいろ足りてないわでひどいありさまだけどな

  

要約すると視覚的にはコメディ演出サスペンス脚本杜撰で頭悪いという絶望的な組み合わせだった

  

もっと要約するとくっそつまんなかった

  

次は実写逆転裁判を見る予定だったんだけど疲れたから寝ることにする

ただ生きていくということ

いつ気づいたのだろう。誰ともわかり合えないということを。

両親、兄弟、友人誰ともわかり合えない感覚

人と精神的に繋がっている必要性を感じない。それでも生きていていいだろうか。社会の参画者としては欠格事由に足るだろうこの私が。

自分のしたいことをしたいから生きる。これでいいのだろうか。誰かの肯定が欲しい。

2018-07-13

anond:20180713230928

もう60は超えて兄弟みんな家を出たんやが、

今では祖母と父がそのターゲットに変わっただけやぞ

2018-07-11

さて、また週末にお見合いがあるんだが

兄弟地域人間からのまだ結婚してないの、はやく結婚しなよ、ブライダル関係者仕事抜きで協力するよ?

っていう圧力を感じるか感じないか田舎と都会を分ける境界線だと最近感じる

東京で働いてた頃はまったく感じなかったけど田舎に帰ってきて、いい年してるのに結婚してないのは異常でしょ感はかなりつらい

2018-07-10

anond:20180710201504

仮に兄弟のうち、兄が殺人を犯したとする。

実際は、弟が最初殺人を犯したんでしょ。

それで、兄に遺体処理を手伝わせた上で、兄を殺害した。

2人殺したなら、死刑もやむなし。

anond:20180710141043

日本棋院の発行誌が

「レッツ碁」だった時代があるからそれだろ

「Let's GO」だぜ

じゃなかったら「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」

anond:20180710185909

これから子供作るような年齢の身内って事は兄弟だろ?

自分結婚してないとしても、兄弟が後先考えず自分でまともに育てられもしない子供作ったら

将来的に迷惑かかりまくりなのは普通想像つくと思うが。

2018-07-08

anond:20180707232952

言及ありがとうございます

現実でこういう、親の話とか障害の話をできる人がいないので嬉しく心強く思った。

家族関係ロールモデルがないっていう部分、考えた事なかったけどたしかにそうだなあ。未だに母親父親兄弟に対してどう振る舞えばいいかからない。キツくあたってくる母親に対してはもちろん、父親兄弟もどこか他人みたいな感じ。

直接面識ないけど、幼少期に診断下りてる知り合いの発達障害者家族にすごく愛されているみたいで、側から見ていると自分の特技を伸ばしてのびのびと生きてる。幸運で稀なケースだと思うけど、自分もそんな家庭に生まれていたらどうだったかなと考えることはある。

そんなことを考えても仕方がないのだけど、まあ羨ましいよね。

自分増田にこういう投稿したのは初めてだけど、ネットには色々助けられているかな。

お互いなんとか生きていけるといいですね。

2018-07-07

子どもに「おばちゃん」と呼ばせたいが

それは私のわがままなのかもしれない。

現在35歳。最近友達、親戚の子ども達に物心がついてきて、会話することが増えてきた。その時一人称は「おばちゃん」と言うようにしてるんだけど、毎回毎回必ず子どものお母さんに「おばちゃんじゃなくてお姉さんて呼ぼうね〜〜〜」と訂正されてしまう。

わかっている。自分の子供に「おばちゃん」と呼ばせるのは失礼だと思うんだろう。わかっている。でも心の何処かが妙にモヤモヤする。

私の両親は30、40歳を過ぎてから結婚した。不妊治療の末に母が私を産んだのは42歳のとき。父は50歳だ。

両親が周りの親よりうんと歳をとっていることは、なんとなく分かっていた。でも、私は両親よりうんと歳下の人たちを「〇〇ちゃんのおばちゃん!」「△△くんのおじちゃん!」と呼んでいて、周りの人達もそれに返事をしてくれた。

失礼だったと思う。でも皆、幼い私の感覚に合わせてくれていた。温かかった。

確か7歳頃だったと思う。親戚の家に行くことがあった。車の中で私は母に初めて「今日はおじちゃん、おばちゃんって言わないこと」と言われた。

向かった家に居たのはすでにアラフォーになった従兄弟達だった。明らかに、〇〇ちゃんのおじちゃんくらいに見える人達を、私は初めて「にーちゃん」と呼んだ。私がにーちゃん、ねぇちゃんと呼ぶ度に、従兄弟達は大喜びした。なんだかとてもモヤモヤしたのを今でもはっきり覚えている。

親の気持ちもわかる。従兄弟をおじさんおばさんと呼ばせてはいけないことは分かるのだ。でも当時私はそこらへんの分別がついてなくて、ひどく混乱した。

「おばちゃんじゃなくてお姉さんて呼ぼうね~~」が始まる度に、それを思い出す。

私の家が特殊だった故の現象かもしれない。親の気持ちを考えたら割り切るところなのかもしれない。

でも、親に促されるまま子どもが「お姉さん」と呼ぶ度に私の心の中の7歳が混乱し始めるのだ。あのときのまま。

まさか自分他人出産に心動かすとは思わなかった

一週間前に同僚の子供が無事産まれた。

知らせを聞いたとき単純に、

よかった!

おめでとう!

父親大変だろうけど頑張れ!

と糞みたいな善人感想しか出てこなくて驚いた。

驚いて少し泣いたくらいだ。

俺は結婚できないだろうし、もちろん子を持つこともないだろう。だから出産というイベント自分には関係なく縁遠い、それこそ別世界出来事だと思っていた。

でも同僚が俺にとってその別世界出来事に見舞われるだけでこんなに感動するとは。(近しい友人にまだ誰も子供がいないし、兄弟親戚もいないから耐性がついていないからかもしれない)

いっちょまえに人の心が残っていたなんて知らなかった。

普段死んだような顔で仕事をし、なんなら全員死なないかな、世界が滅びないかなと終末思想に取り憑かれている俺が人並みにきらきらした感想を吐き出していいわけないとわかってはいるのだけど。(もちろんその同僚を呪ったこともある)

どの面下げてからのお祝いをすればいいんだ。できないでしょ。金銭解決しよう。

文字にすることであらためて自分の駄目さが浮き彫りになる気がする。そのことに対してほっとするし、反対に憂鬱にもなる。

それとも涙を流すほど驚いたのは、まだ努力もなしに人並みの(それが難しいんだけど)幸せに未練があるのだろうか。

俺はこんなにも浅ましかったのか。

一人でも大丈夫だと思っていた。今の世は生涯独身子なしも珍しくない時代だと思っていた。珍しくないは決して多数派にも飲み込まれない、ではないのだ。

これから自分の周りにはこんな出来事の知らせが沢山届くだろう。その度に自分世界から外れた人間として思い知らされるのだろうか。

だったら周囲の幸せを喜ぶ機能なんてなくなればいいのに。素直に呪わせて欲しい。対立させてほしい。

一週間たっても動揺が収まらないので文字にした。

2018-07-06

anond:20180706121115

たぶん対象人間だったら、やってみたらやっぱり別人だわコレ…ってなるんだろう

っていうか一卵性双生児は(記憶以外)そもそもそういうものだよね

でも犬だと、人間ほど繊細に個体内面や行動の差まで識別できないから、飼い主が「思い出の中のアノ子」像を重ねることで許容できてしまったりするのかもしれない

個人的には田舎の犬なんかで昔あった、「花子が死んじゃったので花子兄弟犬が産んだ子犬をもらってきた」みたいなののほうが、健全な気はする

anond:20180706145059

これさー

兄弟を殺されかけてないからこんなこと言えるんだよね

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん