「過去」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 過去とは

2017-11-22

非処女という理由から将来の結婚破綻した

あなたはとても優しくて頼りがいのある人だったよ。

大学福祉ボランティア児童館グループで、初めて会ったんだよね。幼児教育学科以外の人も取れる科目だったからかな、楽単狙いの人がほとんどで・・・・・・でも、あなた図書館で関連する本を1人で読み込んでいたよね。所詮学生の付け焼き刃、と言う人もいるけど、1回きりのことに真剣に取り組んでいる姿には、はっとさせられたよ。

実際の実習でもあなたは、積極的に参加していたし、子供の缶ジュースズボンにこぼれても、笑って許していたよね。ロリコンだとか冷やかす人もいたけれど、私には何かずっと大切なもののように感じられたんだ。

告白したときのことは、とても緊張してて今でもよく思い出せないけど、それから、お付き合いして色々なところに行ったよね。

春にはお店の窓越しにお花見をしたし、6月にはホタルも見に行ったけ。実際にホタルを直接見たのは、初めてで新鮮で「こんな世界があるんだ!」ってちょっと大げさに思えるかもしれないけど、そう思ったよ。夏には海に行ったよね。一番最初彼氏ときには、夏まで付き合いが持たなかったから、男の人と2人で行く海は初めてで、ビキニを選ぶのにとても苦労したんだ。友達と何度も相談して、ちょっとお金を奮発したりして。あなたに「かわいい」って言われた時には、とってもとっても嬉しかった。秋は読書の秋。あなた図書館好きだったのもあって、随分と大きい図書館にも行ったよね。図書館なんて学校図書館しか行ったことがない私には、最近図書館は綺麗で、カフェもあって・・・・・・びっくりしちゃったな。帰りには、レストランでお月見もできたね。

冬には・・・・・・と書き出そうとしたけど、涙が止まらないよ。

その1年だけではなくて、それからも私の世界を広く、豊かにしてくれたね。なんだか両親よりも信頼できて、もうすっかり家族という気がして、うっかり「結婚楽しみだね」ってLINE送っちゃったんだ。

結婚する気はないよ」って返信が来て、正直何が起きたのかわからなかった。

その後、私に詳しく説明してくれたよね。

処女に比べて浮気確率は、婚前経験人数1-3人で4倍。4人以上で8.5倍。(加藤司 『離婚心理学』)

・だから非処女結婚に対する適性が処女に比べて低い。

・それに加えて、自己コントロール能力(自我消耗)が低く、結婚生活運用する技術も持っていないし、それらを改善させる努力もない。

・「知らなかったから」では、結婚には向かない。結婚に限らず人生イベントや式典ごとに「お知らせ」や「チュートリアル」が提供されるものではない。

あなたが私の友達から過去交際歴を聞いていたのに気づかず、つい「私は処女だよ」って返信して、墓穴も掘った。「大切な場面で嘘を言う人は、信頼できない」って返ってきた。

最後に確かこう言ってたね。

あなた結婚の適性はないけど、結婚願望はある。かわいそうな人。だから、私が破綻させておいた。これでもう、あなたは私を原因にすることで、結婚を諦めることができるんだよ」

それは違うよ。

私が見る目がない、軽率で、すぐスマホをいじる根性なしで、相手が何かしてくれて当たり前だと思って、その癖自分からは何もしない、他人の足を引っ張ることしかできない、生きていく適性のない人間から結婚を諦めることができるんだよ。

童貞保守的」という古臭いリベラル

例の童貞いじり記事を読んで思ったけど、

彼らが童貞をいじる理由は「童貞をいじることはリベラル的」という信奉があるからこそなんだろうね。

(というか世の中、自分リベラルだと思いたくない人間なんてあんまいない)

すなわち

童貞=男社会加害者

童貞保守的

童貞体制的」

でもこれらは古臭いリベラル観なんだ。

過去にはリベラル的だと持ち上げられた価値観が、時代を経て経年劣化しれむしろ保守的になる…なんてよくある話だ。

時代アップデートについていけないわけだ。

現代時代に合ったリベラル観では、以下のようになるべきなのです。

童貞=男社会被害者

童貞リベラル的」

童貞反体制的」

これらを受け入れられるか否かが、最新のリベラルを名乗れるかどうかの分水嶺と言えましょう。

自分保守的存在になってることも気づかずに、俺はリベラルだ俺はリベラルだと言う妄想に浸って

童貞いじりを繰り返す旧世代リベラルな輩は本当に恥ずかしいとしか言いようがない。

ここれへんが「童貞くさい」という「実際に童貞か否かはカンケイなく、精神的に童貞なことを問題にしている」

などと言う批判を使う人間いか阿呆かということが分かるでしょう。

時代に合わせられない人間は本当に哀れだな。

あのさぁ...

から「そろそろ自立しなさい」とか「そんなんじゃ一人暮らししたらやってけないよ」とか言われるけどさ、こっちとしてはやっていけるってわかってるのよ

なにが根拠かというと、小5の時に親が別居してて、ほぼ家事するのが母だったから母が1年くらい実家に戻ったわけよ

で、父は外では仕事、家ではビール飲んで寝るだけだったから、私が家事をしなければならなかったわけ。

最初の2,3日は上手くやりくりできなかったけれど、慣れたら母くらいの家事ができたわけで。まあ料理レパートリーはそんなにないけれど。

それを「嘘だ」とか「できるわけない」って過去可能性を潰すのはダメな親だなって思いました。はい

その他にも毒親要素あるから早く自立して出ていきたい...

anond:20171122153021

日本人の悪い所だよな

過去の過ちを忘れないためにも像は必要

歴史教科書にもしっかり日本過去にこんな事をしたって明記するべき

https://anond.hatelabo.jp/20170718140907

下記のような人が何者にもなりたくない症候群社会的役割を演じたくない人)になりやすいと思う。

1.映像や音声から得られる情報実体験を混在してしまっている人。または知ったつもりになりたい人。

2.精神や体が弱っていて、問題解決する自信が無い人。

3.過去精神や体が弱り、物事に関心を向ける習慣が無い人。

4.人生経験が浅く、健全主義価値観・信念みたいなものが構築できていない人。

5.常識に囚われないもっと素晴らしい「何者か」になりたいと願う人。

 

1~4タイプ想念が弱いので、

インターネットの海で練り上げられて竜となり、それらが寄り集まった集合体として、漠然とした怪物の姿となる」

ことは無いように思う。

恐らくコミュニティーを築いても器を失った水の様に形を失い消え失せる。

 

5タイプ現実的物事を考えられる人は、力を発揮すると思うのでマジ頑張ってほしい。

 

タイトルのURLの記事を書いた人は、1と4と5の複合タイプだと勝手想像してみる。

anond:20171122000259

はてサでひとくくりにするな(自分過去揶揄ブクマを削除しながら)」

ずさんなやつは削除もせんのだろうけど

anond:20170718140907

これすごくよくわかるんだけど、俺はこれちょっと前の過去の話になっていることに気づいた。

インターネット助長している節はあると思うけど、人類の叡智の蓄積を享受してきた人間(例えば、図書館に通う人)は昔から誰でも至った境地であり、つまり程度問題であり、そしてコミュニティに発散しないで世代収束する一過性問題、いわば中年病なんじゃないかな。

元増田しんどいだろうけど、俺はこの気持ちを止めないでもっともっとこじらせた先にあるものを見に行く方が良いと思うよ。

人類の叡智の大部分ってさ、「〇〇しちゃいけない」っていう禁止事項だと思うのね。

でもこれってポジショントークも多くて、その辺考えないでフラットに取り込むと、自分は何にもなっちゃいけない、何もできない巨大なものになるわけ。

そして同時に、これって絶対的な真理というよりは、提唱した人の趣味問題だったりするわけ。

趣味みたいな話に圧倒されて自分が押し殺されるなんてばかばかしくない?

情報量に圧倒されるのに慣れたら、それぞれの情報の重みを観察してみるとおもしろいよ。

川でたとえるなら、流れには強いところ弱いところのムラがあるんだ。

強さと弱さをどのように選ぶか、その選択自分個性が端的に現れるんだよ。

あと人間って、残念ながら現時点では蓄積された叡智にいつでも誰でもアクセスできるわけじゃないのね。

たとえ過去に誰かが発した冴えたアイディアであっても、大した理由もなく埋没して、運が悪ければこの世から消えてしまう。

本屋に行くとそれがよくわかる。できれば自分の書いた本が並んでいる方が実感しやすいんだけど、どれか1冊を自分が書いたと仮定してネット上の体験から執筆出版の間の具体的な苦労を想像するんでもいいかな。

自分が1冊書くんでもそうとうな思い入れと苦労があったのに、そういう本が本棚に数百倍、数千倍並んでいて、それでいて絶望なのは本棚に並んでる本の大部分は自分には興味が無いものなんだよ!

自分の本はすごく価値があると思うのに、なんかくだらない理由とかで埋没して人類には届かないかもしれない。クッソーくやしいな〜。

っていうことはさ、他に並んでる本ももしかしてそうなのかも、良い内容であってもみんなが絶対知ってるなんてことはなくて、折々拾い上げないと行く行くは人類の損失になるのかもしれないよね。

メタ的に情報俯瞰できる人は、その構造を知ってアクセスできる権利を与えられた人なんだと思うよ。他人のフンドシな情報でまったくけっこう、自分をただのメディアとして情報を厳選し再発信するだけでも自己投影されるよ。あなたが良いと思えた言葉を、メッセージボトルに入れてあてもなく流すのを趣味的にやってみたらどうかな。

2017-11-21

anond:20171121213200

女性服でまるまる1フロア紳士服で別の1フロアとかじゃなくて1フロアを分割共用してるようなとこだと

動線だけじゃなく視界も考慮した離し方してくれてない所も多いよ(ゾーニングとまでは言わない)

1フロアまるまる女性服でもエスカレータ前がパンティエリアという信じられない配置のデパート過去にはあった

性的消費目的で見たい男か女性の付き添い以外はお互いに見たくも見られたくもないはずなのできっちり離すか暖簾をくぐっての隔離フロアにするかしてほしいとこだね

コンビニよりよっぽど余裕のある面積のはずだし

日本イタリア化が進行している

先進国一角名前を連ねているけど、トップクラスではない。

過去の蓄積とブランド力と一部の得意なジャンルだけ、なんとか海外でモノが売れてる。

観光地とか、都会の一流店が並ぶ界隈には外国人がいっぱい。金を景気よく使うのは外国人とごく一部の金持ちだけ。

とにかく食べ物うまいと思われてる。

なにかというと政治がぐちゃぐちゃして、外からよくわからん。。

ちょっと長めで安定した政権が生まれときは、リーダーちょっと変。

なお、イタリア人は「陽気でいい加減」とおもわれがちだが、北イタリア工業盛んな地域にいくと、驚くほど真面目できっちり仕事してる。欧州でも屈指のクラス

(でなけりゃ、FIATのような会社は回らない)

日本人は「まじめできっちり」と思われてるが、その実、ルール破りが常態化していることが時折企業不祥事で明らかになる体質。

ここは、ちょうど表裏かもしれない。

anond:20171120222322

成長した証ではないかと。

過去自分よりも成長した今の自分の方が広い知見を持っているでしょうから、その知見を基にして「先が読める」ようになっているからでは?

貶める意図はないのですが、過去自分若者ありがちな所謂「怖いもの知らず」だったためではないかと。

本当に怖いものを知らず、まだ想像もできないような若輩が成長して、怖いものを知り想像できるようになったがため、過去には感じられなかった不安を感じられるようになったのではないでしょうか。

anond:20171121170857

かに違法ではあるんだろうけど、自分撮影したわけでもなく数年前までは普通に販売されてたようなDVD個人的に購入して所持していただけで書類送検されて、もちろん連載とか今後の仕事も失って。何か誰にも迷惑もかけてないのに余りにもペナルティが重すぎるんではないかと。(せめてこれぐらいのことな内密にしてやりゃあいいのに)

本来もっと悪いはずの売った方が捕まったなんて情報はどこにも流れないし。

その一方で過去未成年時に凄惨虐殺事件を起こした犯人は数年檻に入っただけでプライバシー保護されて、無事仕事もできるし本書いて大量の印税まで手に入れる始末。

違和感しかないな。悪法もまた法なりってやつかな。

anond:20171121154900

しょせん、この世は弱肉強食

バレなければ生き、バレたら死ぬ。 

るろうに剣心第百三十一幕「宗次郎の過去稲妻の狂乱―」より

anond:20171121122038

加藤清正やって欲しいよねぇ…英雄っぽく描くと韓国が嫌がるから変になりそうで、やっぱりやんなくていいかも。

歴史ドラマって舞台過去なんだから現代価値観で極端に刈り込むの止めて欲しいんだよね。見る方のそういう批判にもウンザリだし。過去の設定のフィクションだって言っているんだからさぁ。

変にフェミニストっぽさを全面に出すワイルドキャラクターとか、今の感覚を持ち込み過ぎていてリアリティをそいでいると思うんだけど。やたらと「女を守る!」みたいな事言うとかさ。

病気休暇中に妻の売店で調理

病気休暇中に妻の売店で調理奈良市職員停職

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e7%97%85%e6%b0%97%e4%bc%91%e6%9a%87%e4%b8%ad%e3%81%ab%e5%a6%bb%e3%81%ae%e5%a3%b2%e5%ba%97%e3%81%a7%e8%aa%bf%e7%90%86%e3%80%81%e5%a5%88%e8%89%af%e5%b8%82%e8%81%b7%e5%93%a1%e3%82%92%e5%81%9c%e8%81%b7/ar-BBFp7ni?ocid=HPCDHP#page=2

病気休暇中に、妻が経営する売店で働いたとして、奈良市は20日、

市まち美化推進課の男性職員(49)を停職6か月の懲戒処分とした。

 発表によると、職員うつ状態などと診断され、7月中旬から8月末まで、

病気休暇を取得。療養に専念する義務があるのに、

奈良県大和郡山市の県営プールにある妻の売店を手伝っていた。勤務は計46日にのぼったという。

 職員は店のTシャツを着て接客し、焼きそば調理するなどしていた。

昨年までの過去3年間も夏に病気休暇を取り、一部の期間は売店に出ていたという。

 職員は「病気の妻のことが心配で、そばで見守っていた。報酬は受け取っていない」と話している。

大目に見てあげればいいのに。

anond:20171120233351

から勉強会で「宗教マルチビジネスなどの勧誘禁止します」とルールを決めたら良いかも。

ルールを設けた理由を聞かれた場合は「過去トラブルがあったため」「クレームがあったため」等と説明して、了承した人だけ参加可能にする。

 

宗教勧誘するにしても、そいつのやり方はアホだと思います個人的に親しくなってからプライベートに立ち入るというステップを踏まずに、いきなり布教したら相手が拒絶する可能性を考慮してないですよね?

これ、宗教恋愛に置き換えたらよく分かると思います相手の好みのタイプ恋人の有無を事前に調べないで、いきなり告白して玉砕するバカと同じ。

2017-11-20

自信が欲しい

自信に満ち溢れていた過去自分と、自信を失くして精神的に潰されそうな今の自分比較すると、圧倒的に今の自分能力的にも精神的にもレベルが高いのに、なぜ過去自分の方が楽しく過ごせてたんだろう…。

あのとき出来なかったことが今出来ているのに、なぜ今自信がないんだろう…。

辛い、自信が欲しい。自信って、楽しく生きるのにすごく大事ファクターだよな…。あぁ辛い。

結果として地下アイドルとヤれたこ

結論から言うと、ソープ嬢が地下アイドルだった、ということ。

じゃあなぜそれが分かったか

僕は大した稼ぎも無いが趣味も乏しいので多少金を持っていることもあり、ここ数年ソープに行っている。

ただ、頻度としては、夏と冬にそれぞれ1~2回程度(地雷嬢だった場合に2回目行く)である

そうなると極力はずれは引きたくない。事前に口コミを見たり、嬢の日記を見たりして、どんな人かを確認している。

過去、ふらっとお店に入り適当指名して、長時間待たされた挙句接客地雷に当たったこともある。

賛否両論口コミの嬢に入り、思いのほか接客が良かったこともあるので、難しいところではある。

さて、タイトル地下アイドル

とあるソープ店で話題の嬢らしく、口コミサイトももろに賛否両論であった。

もちろん、地下アイドルという言葉一言も無く、サービスが、ルックスetc.という話題ばかりだった。

その店のサイトでは写メ日記で嬢の自撮り写真が見られるが、地下アイドル嬢、結構可愛い

日記の内容も、客へのお礼や趣味のこと、出先の写真などなど載せており、いわゆる「やる気のないサービス」の嬢ではなさそう。

ふと、日記の中にイラストがあった。

どうやらこの地下アイドル嬢が書いたらしい。

なんのキャラだろう?と思い、画像検索をかけてみると、とあるゲームキャラクタだった。

しか元絵が有り、あからさまにトレスじゃねーか、というものに、嬢のサインを入れているだけ。

パクリ絵師とか最低かよwwwとか思っていると、ふとtwitterユーザが目に入った。

よくよく見てみると、「○○書いた」とアップしてる。

…これ、地下アイドル嬢のツイ垢じゃん

まずこれが第一発見だった。

ただこのアカウント、どうやら裏アカらしく顔写真は一切載せていない。

過去つぶやきを見ていくと、やはりソープ店の日記にも載せられている写真複数あり、ほぼ本人だろうなというところまでは至った。

しかし、それだけ、ただそれだけ。いまいち面白みがない。

次にこのツイアカ検索をかけてみるが、なかなか目ぼしい情報はない。

そんな中、とあるyoutube動画がヒットした。youtube本家サイトではなく、よく分からんまとめサイトのようなやつ。

とりあえず見てみると、踊ってみた動画。その動画自体はツイアカがアップしたものではなかったが、ツイアカ動画に対するコメント

「今見ると間違いまくり、撮り直したい」

といった旨を書き込んでいた。

これが第2の発見

こうなると、動画アップロード者が地下アイドル嬢本人かどうかの確認簡単だった。

動画の顔と、ソープ店のサイト写真を比べればよい。もう間違えなく本人だった。

ここからはどんどん情報が出てきた。

まず、地下アイドル嬢の地下アイドル芸名。本ツイアカブログ

ネット上のHNかと思ったが、ステージに立っていた動画もあり、一応地下アイドル的な活動もしていた。

(ここでやっと地下アイドルであることが判明)

ブログにはアイドル活動広報があり、その後舞台にも出演する予定だったが、ブログはそれ以降更新されず。

舞台をやる劇団サイトでは、演者の交代に地下アイドル嬢の名前があり、結局出演せず。舞台練習挫折したのか。

ツイッターの本アカの方はその後も色々とつぶやいており、きめ顔の写真など掲載し続けていた。

これはちょっとネタになるかな、などと考え、次はこの嬢を指名してみようと決めた。

ここまでが実際にこの嬢に入る1ヶ月前くらいの情報収集ときだったので、

その後の嬢の日記ツイッターアカ掲載している写真が載るたび、

口コミサイトでバレが書き込まれいかちょっとキドキしていた。

あとは実際に店に入り、サービスを受け、終わり。

踊ってみた動画をやっていたせい(?)なのか、スタイルもよく、youtubeなどにあった動画と同じ顔。

聞けば前職はキャバ嬢(どうやらブログ更新が途絶えてからはそっちに行ってたらしい)で、接客もなれたもの

余談だが、僕は嬢の接客態度が最悪だと、まったく立たない。が立たなくても、出るだけは出る。ちな早漏

なのでソープに行っても最後までやれないで、手で終わることもある。てか1回だけだが、思い出すたびため息が出る。

が、地下アイドル嬢はさっぱり遊べた良い嬢だった。

当然、身バレの件は本人にも伝えず、口コミサイトなどにも書き込まず、

自分の中だけに留めておくことにした。

だって某SNS芸名(本名)という恐ろしいプロフィールをつけていたから。

さら2ch削除依頼を同じように出していたから。

それから半年後、またソープに行こうかと思い、例の地下アイドル嬢がいた店のサイトを覗くと、もう彼女名前は無かった。

ツイアカも消え、SNS動画もすべて削除されている徹底ぶりだった。

おそらく、誰かが親切にもその嬢に教えてあげて、削除に回ったのだと思いたいところ。

ちなみに口コミサイトではよく嬢の個人ツイッターアカを書き込む人がいる。

ソープであることを書いていない個人アカを、だ。

公開アカにしているほうが悪い、という人もいるかもしれないが、そこはそっとしておこう。誰も得しない。

接客業店員とその客、それ以上でもそれ以下でもない。

客はスマートに「遊ぶ」べきだし、嬢は仕事として「接客」をしてほしい。

嬢のプライベート晒すのはやってはいけないことだし、裏で悪態をつこうとも(常識的な)客の前ではい接客をしてほしい。

この話は多少脚色しているが、地下アイドルコスプレイヤー風俗嬢がいる、という店は事実。(元/現AV嬢がいたりもする)。

風俗勤務するつもりの女性は、特定されることを心配するのであれば、

個人活動と結びつくような情報は一切載せない、知らせない(客、同業者含む)。

これを徹底しないと、どこから流出するか分からないし、

僕のような偏執的にネット上を検索する人間もいるので、気をつけてほしいと思う今日この頃です。

カフカ的(独り相撲?)で消耗している。

眠ったら治った。

フォントサイズも布置(改行等)も色(文字色=黒)も、ものを書くときの条件だから、それを技術としてうまく操作することができれば、文章表現の幅が広がるんじゃないか

もちろん、技術には失敗が伴う。

でも、失敗のない文章って存在する?

意識して使わなきゃいけない理由特にない。

だってもう使ってんだから

背景色は難しい。

どうしよう。

下手すれば、あまりまれなくなった過去作品も、息を吹き返すかも知れない。

急に忙しくなるのは困るけど、やれる範囲でがんばっていきたい。

お金も程々に欲しい。

anond:20171120120108

まじめに答えるのも馬鹿らしいけど

その自分仕事はこれだけでこれしかできなくてこれを奪われたら私は無価値になり無職になる

なんて思考絶対に持たない方がいいしそれ持った時点で成長性無くなって生きていけなくなるぞ

みんな意識的にも無意識的にも今のままじゃ良くないと思って動いてるんだから

それが人であれ機械であれ置いてけぼりくらう時点で解雇無職になるのは個人的問題に過ぎない

AIに恐れる前にもっと恐れる物が身近にあるだろってのはそういう話

雇用に対する競争原理で負ける理由はどうやったって個人しか内在してないわけ

恐れを抱くならまず自分姿勢を恐れようねって

 

仕事は常に結果を求めており

それまでに積み上げてきた時間努力なんて個人的感情は求めてないわけ

なら今までの過去が洋ナシになった時点でやることは次の仕事への学習労働なわけ

たまに自分を選ばれしものだとか職人だとか勘違いした弱者がいるけど

そいつらは労働本質を履き違えただけの単なるクソザコ人種

ほとんどの今を生きる人間にとって現状のAIが良く使えるていどのハサミくらいにしか思われてないのも

結局は労働本質根底から覆す存在ではなく

自分らの多忙を後押しする新たな存在しかならないか

anond:20171120011823

こういうのを見ると、やっぱり20代前半でそこそこに遊んできた子じゃないと結婚リアルじゃないって思っちゃうんだよなぁ

壮絶な過去を共有しているとか、よほど運命的な出会いだったりしない限り、やっぱりある程度の経験積んでる人じゃないと信用できない。

結婚してからなにかのきっかけでそういうのに目覚めたら最悪。

自分も然りで、やはりある程度経験を積まないと、本当にその人を好きだって言えない気がする。

2017-11-19

貴ノ岩診断書画像診断医の立場から

https://anond.hatelabo.jp/20171119112901

先生脳外科医の立場から考察されていて、大体その通りだと思う。

この事件で引っかかったのが、CTまで撮って、頭蓋底骨折の「疑い」なのはなぜかという点。

危機管理委員会診断書作成した医師聞き取り調査を行ったところ、

診断書骨折と髄液漏れの両方を『疑い』としたものだ。CTに現れた線は過去の衝撃などによってできた骨折のあとや骨と骨のつなぎ目の線の可能性もある。今回の傷害との因果関係はわからないが念のため骨折の疑いとした」

とのことだが、「できてからまり時間の経っていない骨折」「骨折のあと」「骨と骨のつなぎ目」これらは明確に所見が違う。

今のCTは0.5mmスライス断層画像を撮ることができる。ある程度の大きさの病変があれば、修練を積んだ脳外科医、画像診断専門医であれば区別できるはずだ。

仮に一人の医師が見落としたor解釈を誤ったとしても、今回の場合VIP患者、それも事件性ありということで複数の科、複数医師が合議して判断しているだろう。

その結果が「疑い」にとどまったのだとしたら、「判別困難なぐらい小さな線」「どうみても正常な線」しか写っていなかったのではないか

やはり元増田先生の言うように鼻水や耳漏などのそれっぽい臨床症状があって、それが「画像でははっきりしないけど念のため」で診断名に反映された可能性を考えたい。

文章を読むのが苦手な人はとりあえずブログでも書いてみてはどうでしょう

id:zeromoon0 さんありがとうございます

文章書くって大変ですね。

===

inoueです。

え~と、え~と、あのですね、たまにですが文章を読むのが苦手という人がいます

このスキルアップブログを読んで頂いている方の中にも、少なから文章を読むのが苦手という人もいることでしょう。

別に文章を読むのが苦手でも人生ではそれほど困ることはありません。もちろん、文章を書く仕事関係する職種についている人は困ります

からアドバイスとしては、とりあえずブログでも書いてみてはどうでしょうかということ。

何も難しく考える必要はありません。最初は見よう見まねで自分の力でブログを書いていけばいいのです。


オリジナルブログほど成長できるものはない




とにかく文章を読むのが苦手な人は、自分なりのオリジナルブログを書いていきましょう。

自分自身しか書けないブログ永遠の宝物になりますし、何よりも成長に繋がりますからね。

やはり考えることは大切ですし、受け身人間自分で考えられない人間はこれから時代では詰んでいくのがオチ

そのようなつまらない人生を送らないためにも自分しか書けないオリジナルブログドンドンと書いていきましょう。

そうすることによって、文章を読むのが苦手という短所も少なからず消えていきます自分で書いた文章何となく読めるものですからね。


最初から文章を読むのが苦手という意識を持たない




何ごともそうですが、最初から苦手意識を持つことはよくないこと。

文章を読むことが苦手でも、やはりここは何とか読まなければなりません。心の中で「苦手、苦手」と思い続けていると、いつまで経っても苦手なことを克服できません。

かに苦手なことを無理に得意分野にする必要はありませんが、やはり人生において文章を読むことはあらゆる分野で役に立ちます

本を読むことで何かを閃いたり、人生好転させることもできますからね。

からこそ、苦手意識最初から持たずにとりあえずは文章を読んでみましょう。



自分にとって読みやす文章から読んでいく





本気で文章を読むのが苦手な人はこのブログ記事さえも読んでいません。

ここまでスキルアップブログを読めたということは、文章を読むのが苦手ではないということですし、何よりも読む行為が好きなのでしょう。

文章を読むのが苦手な人でもここまで読めることは凄いことですし、これからもこの調子で読んで頂きたいもの

大切なこと自分にとって読みやす文章を読むということ。そして、自分自身が読みやす文章を書いていくということです。

その方法の1つにブログがあるというだけで、文章を書くならどのような方法でもいいということです。



文章を読むのが苦手な人はとりあえずブログでも書いてみてはどうでしょう?のまとめ




このスキルアップブログのお問い合わせにも、苦手な文章を読むのを克服したいという悩み相談がきます

かに読むことが嫌いな人にとっては文字を見ることでさえも苦痛でしょう。

それでも、克服したいと願うのはやはり素晴らしい文章を読んだり、文章を読むことで何かを得たいからに過ぎません。

私自身も過去には文章を読むのが苦手な時期もありました。

それでも、今ではこのようにしてブログ毎日書いていますし、毎日文章も読んでいます。人それぞれには苦手なことがたくさんありますが、少しずつでもいいのでゆっくりと克服していきましょう。

とりあえずは文章を読むのが苦手な人は、このスキルアップブログを参考にしてブログを書いてみてはどうでしょうか。

anond:20171119225337

インパクト・・・なんじゃろ

というか普通の人にインパクト感じたことが過去にあったの?

どんなの?

元彼とずるずるする女友達

友達がいる。

仮にKとしよう。

Kは大学が同じで、お互い既に社会人

お互いまともな恋愛をしてこなかったけど、

Kには少し前にまともな(だと思ってた)彼氏ができた。

旅行行ったり、デートしたり楽しそうだっだ。

半年ほど経って彼氏が冷めたとかで2人は別れた。かなり落ち込んでいた。

私もそんなの気にせず次いこうとか言ってたけど、

別れて半年ぐらい経つのに、

Kと元彼は、ごはんしたりデートしたり、体の関係もあったり、別れてからも、1ヶ月に2回ぐらいは会ったりしているらしい。

K本人も復縁したいかすら分からないし、よくないことと分かってるけど、過去記憶が心地よすぎて、離れられずにいるらしい。

どうやって声をかければ。

どうやったらKは立ち直れるのか。

喝を入れてあげたい。

力を貸してください。

このままだと2人して婚期逃す。

やばい

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん