「工学部」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 工学部とは

2018-01-15

女性としての自信がない

みんな、自分性別をどうやって受け入れているんだろう。

私の性自認女性だし、恋愛対象男性だ。

だけど、いつも自信を持って「女性です!」といえない。


ずーっとその理由を考えていたのだけど、

社会的女性像を追う自信がないからだと最近気がついた。


身長170cmの25歳。

ちなみに某大学工学部卒業してエンジニアとして働いている。

このスペックだけで女性の中でニッチ存在であることは間違いない。


から女性らしい服装をすることにすごく抵抗があった。

振袖を着るのにすごく抵抗があり、成人式は参加しなかった。

かわいいとは思うけど、自分が着るのは何か違うと思っていた。

会社には文句言われない程度に女性っぽい服装を着て通勤している、コスプレだと思ってる。


高校生の時から工事現場おっちゃんに猛烈な憧れがあって

大人になったら私もああいおっちゃんになるんだ!!」

とひとり鼻息荒く意気込んでいた。

工事現場おっちゃんは電車に乗っているサラリーマンより

毎日楽しく仕事をしているように見えた。

工学部に進学したのも必然だった。

大学時代にした工場バイトがもう最高に楽しかった。

作業服を着れるだけで幸せだし、電動ドライバ自分身長くらいの金属板に

部品を取り付けるのもすごい楽しかった。

やればやるほどコツを掴んで効率よく仕事できるようになっていった。


色々悩んだけど、エンジニアとして就職することに決めた。 

社会人になって仕事にも慣れ、

キャリアプランゆっくり考えてみよう、と思ったとき

私の20年後工事現場で働くおっちゃんになっていた。

あれ、性別変わっとるやん。

もう一度冷静に考えてみた。やっぱりおっちゃんになっている。

あれ、私って性別どっちだったっけ?


結局そのもやもやが消えなくて、

今年の4月から作業服で働く仕事転職することにした。

おっちゃんに近づく方向にキャリアを変更してしまった。


私が女性らしさを押し殺すことになったのは

人に迷惑をかけてはいけないと考えて生きてきたうえ、

身長170cmかつ体がとてつもなく丈夫(親に感謝)で

人に頼らなくても実際なんとかなることが多かったからだと思っている。

それに、群れるのが苦手でひとりでふらふらするのが好きだ。


あと、祖母がおらず、

母親もかなり男性的な思考回路の持ち主だったため、

成人までの生活環境に女性らしい女性がいなかったことも影響していると思う。


でも、これから年を取れば取るほど、

社会的女性としての役割を求められる機会が増えるのは間違いない。

仕事では社会人として女性らしさを求められる場面も増えてくるだろう。

プライベートでは「結婚まだ?」という親戚プレッシャーも迫ってくるだろう。


結婚して、子育てして、仕事も両立しちゃって、

みたいな生活が全く想像できない。


そんな私にも、彼氏ができた。

彼氏ができれば自分女性だと認められるようになるかなあなんて

思ったけど、そういうわけでもなかった。

やっぱり20年後おっちゃんになってるんだ。

ごめん、彼氏。私、20年後おっちゃんになるんや。


もちろん、彼氏のことはすごく好きだし一緒にいてすごく心地よい。

だけど、女性として好きでいてくれている人にこんなことは相談できない。


20年後おっちゃんじゃない自分想像できるようになるには

何が足りないのだろうか。 

またしばらく考察が続きそうだ。

2018-01-13

どうでもいい話だが俺の通ってた高校では「四年制大学」とかい単語を聞いたことがなかった

大学に入ってから短大」という存在を知り、4年間ではない大学の行き方を知ったときは衝撃を受けた

夜間とか多様な学び方があり、法定大学ではない専門学校などいろいろな存在があることも大学に入ってから知った

偏差値75↑で国立医学部国立東大とか)に落ちて滑り止めの私大早慶とか)に行くっていうのが大多数を占める高校で、特に疑問を抱いたこともなかった

工学部に進んだこともあり、今は割と高専→3年次編入→院進とか、高卒メーカー就職みたいなルート理解している

anond:20180113005238

2018-01-11

貧乏な人で学力もあまりない人にお勧め夜学大学進学ガイド

・国公立夜学 少なくなっているが全国各地に夜学がある授業料も昼間より半額だったりする。 しか偏差値は昼間より低い。

・過疎の田舎の国公立 沖縄北海道大学はねらい目 しか公立なら3科目受験ができる。

私立夜学 これも少なくなっているがまだある。 国立より授業料は同等か高いがそれでも昼間より安い。

あと薬学医学などの夜学はないが人文・社会科学理学部工学部は大抵ある。 農学部はなかった気がする。

後知り合いが今は無き早稲田夜学だったが夜学と言う就職差別もなかったみたいだ。

https://manabi.benesse.ne.jp/nyushi/2017/yakan/nibu_chuya/

2018-01-07

anond:20180107174411

元増田がどれくらいのレベル大学なのか、どういう学部なのか分からないけど、

修論だったら、最終的には、頑張ったで賞で卒業させてくれるじゃない?

(駅弁工学部自分の見聞きした経験から)

anond:20180107150944

なるほどね。そういえば、たしかに、進学振り分けを使って、自分文転して文学部に進もうか考えたことがあった。

結果的に、文学部だと就職が悪いので、工学部に進学したけど。

anond:20180107114721

あなたの言うことも確かにその通り。やりたいことがこれと決まっていて行けなかった人にとっては良いとはいえない。

ただし、完全な成功者じゃなくて、成績は下から1/4くらいで(正確には分からない)、学科は2次募集で入り、そこは1次募集とは違う学科(やや底点の低いところ)。

なので結果オーライだったわけではなくて、その2つの学科や第2希望第3希望を決める際に工学部理学部薬学部農学部さらには文系学部まで検討して決めたということが自分にとっては重要で納得性があった。

俺の場合入学時に考えていた理学部**科や、入試の後期で志望を出した京大工学部**科に結果的に行かなくてよかったというのもあるが、大学入学前にちゃんと情報仕入れたり、真剣自分のやりたいことを考えた上でやりたいことが定まっている人ばかりではないと考えたら、総合的にいい制度ではないかと思った次第。

今年は

みんな色々目標たててるから少し考えてみたんだが何かを作る年にしたいなあと思う

幸い工学部で一応ものづくりが好きだし建築についても知識があるプログラムも多少は書ける

ただ電子工作とかは今まで何もしたことがない.

のとハード周りの知識がない.

から自動で何か~みたいなのは難しいかなと思ってるんだけどこういう知識の話は後からついてきたりもするのかな

ラズベリーパイとかって,面白そうだと思ってるんだけど難しいんだろうか

一つ触ってみたらアレもこれもとやりたいことが増えてきたりするものなのかな

anond:20180105224147

その昔、東大理Iに現役合格した人間だ。

東大理Iに来れるやつの大半は、皆、「医者になろう」と思えば来れたやつだ。

そして、その後の同級生の進路などを見ていると、明らかに、そのへんの町医者より待遇は悪い。給料も安いし労働時間も長い。

俺は最初から、「○○作りたい」みたいなのがあって、その後、ちゃんと工学部に進んで希望通りの進路になったから悔いはないよ。だけど、中には、特に何かが作りたいわけでもなくて、何かを調べたいわけでもなくて、ただ理系の成績が良くて東大ネームバリューが欲しかった奴もいる。

そういう奴には、逆に「東大理Iに受かる頭があるのなら、どっかテキトー医学部行っとけ」って思うわ。

2017-12-31

anond:20171230152740

私も工学系の現役研究者だが、全般的にこの意見には反対。

自分目線でだけ考えた視野の狭い意見だという印象を受けた。

臭い実応用研究は認めないわけではないが、大きな評価にはならないという立場です。

以下長文で失礼します。

まずはじめに、産学の役割分担はきちんとなされるべきだと考えている。

大学あくま学術機関であり、本来は「学問」をする場であって、

産業界から見ても独立中立である必要がある。

工学部が実応用を軽視している」って言われてもそれは学問かという問題もあるし、

役に立つ技術企業のために用意してあげる下請け機関ではないので。

研究活動では、新しい方式理論研究し、学問として確立するところまでが大学役割で、

臭い実応用の問題解決して社会製品サービスとして世の中に還元するのは企業の役目。

ここを曖昧にすると、企業でやるべきことが大学でできてしまうなど、公私混同問題が発生する。

例えば、表向きは泥臭い応用研究をやりますよと言って公的研究費をもらえるのであれば、

実際は特定企業が自腹でやるべき課題大学やらせるとかそういうことが公にできてしまう。

「泥臭い」部分にもきちんと学術的な新規性独自性があるならともかく、

税金が使われているんだから特定企業作業下請けみたいなものを許さないためにも

ここはきちんと線引きしておくべき。

ただし、冒頭で「泥臭い研究は認めないわけではない」と言ったのは、

その研究自体価値があるのではなく、そういうことをやる過程で新しい問題気づき

大学でやるべき独自性のある課題に発展したりすることもあるから

(なんでもかんでもダメだと言いすぎると研究範囲が限られすぎるので)

あえて取り組む理由説明できず、ただ自分研究

正当化するために言っているのだとしたらちょっとそれは問題だと思う。

次に学術論文という視点から

論文研究成果)は、大学以外にも企業一般の人も読める人類の共有財産だが、

対象読者としては産学分離の観点からも同じ学術界(学術研究を行う人)に向けて書かれている。

論文を最もよく読むのは本職の研究者だし、論文査読評価するのも研究者

研究者というものは常にいい研究とは何か、どういう研究テーマを選ぶか、

また行き詰まった時に次どうするか、そういうことをずっと考えてるわけで、

論文というのはまさにそういう時の研究者アイデアの源泉としての役割が強い。

で、研究者として自分がその立場に立った時に

「当たり前のことを当たり前に努力して当たり前のものができました」

という論文があったとして、進んで読みたいと思うだろうか。

このように考えると、学術界への貢献とは何かが見えてくる。

論文(や研究者)の評価指標であるインパクトファクター

研究者の考え方や研究方針にどれだけ影響を与えたか」に重点を置いているように、

論文読み手に大きな影響を与えることが、学術界に対する貢献とされている。

学術界の誰もが読みたくない(影響を受けない)論文評価がどうしても低くなるのは仕方がない。

もちろん、たまたまその技術実用化しようとしていた会社がいれば

この論文研究結果はそのまま使えるってなるのかもしれないが、

それは学術界に対する貢献として評価できないし、産業界に対して中立とも言えない。

また、全ての分野ではないかもしれないが、

私の研究分野ではその技術を専門に扱う会社がある。

学会で知り合ったその会社社員は発表されている論文を全てチェックしていて、

製品化できないか検討を進め、(おそらく泥臭い部分を解決して)

製品化やサービス提供することでご飯を食べている。

これに関しては良い役割分担だと感じている。

企業というものは、儲かるとなれば少々泥臭くても大変でもやるもので、

大学生個人卒検の1〜2年でできる範囲の泥臭いことぐらい、儲かるとなればどこでもやってるからね。

大学が実応用を考えていないから世の中に還元されていないというのは勘違いに近いと思う。

(逆にいうと、別に就職しても、会社を選べば企業立場から研究みたいなことができるということ)

また逆輸入で、研究界で生まれ研究の泥臭い部分をある企業解決してサービス化し、

今度は研究室でそのサービス契約してさらに発展した問題に取り組むみたいなことはよくあるけどね。

>「企業でも出来る実応用のステップ企業に任せるべき」という点については必ずしもそうであるとは思いません。もしそのような姿勢を取り続けると、「営利価値がある」と企業判断したものしか一般人アクセスできなくなってしまます

その上で、これは自己矛盾してると思う。

そもそも営利価値がない」と判断されるものは世の中に還元する必要がない役に立たない研究では?

(あるいは、ニッチすぎてお客さんが集まらず採算が取れない、であるとか)

言い換えると、企業価値のあるものはきちんと取り組んでいる訳で、

それ以外のもの大学研究してるとすれば、わざわざ税金を使って価値の低いことに取り組んでることになる。

(もちろん「すぐに役に立たない」研究もあるが、その場合独自性新規性のある学術問題があるはず)

企業場合はその技術に取り組むか厳しく審査を行い、

やるとなったら自社のお金で取り組み、失敗した場合自分責任をとるわけだけども、

好き勝手研究テーマを設定できる大学みたいな公的機関自分の好みでテーマを設定し、

企業も見ていないような技術の実応用に取り組んでいるとすれば、その方が税金無駄と思わないですかね。

>実応用のための泥臭い部分を投げっぱなしにしているから、世間一般から大学は好き勝手やって金を無駄にしている」みたいなことを言われてしまうのだと思う。

ノーベル賞受賞者研究Nature や Science みたいな

基礎科学系の雑誌でも工学系の雑誌でもいいけど、

実応用で新規性の少ない「泥臭い」ことで評価されてる論文がどれだけあるでしょう。

そう考えたとき、私には「大学は好き勝手やって金を無駄にしている」っていうのは

しろ実応用とか泥臭いことをやってる人のことを言ってるように聞こえてます

企業でもできることを税金でやる方が無駄遣いだと思うし、

税金を使うからこそ、大学しかできないことを模索するべき。

ただでさえ今は研究費もポストも削られ、学生数まで減ってるんだから

>眠っている研究成果を一般に届けるための「研究」に力を入れたほうがよほど産業界にも有意義

上にあげた理由で、企業がやるより大学でやる方が「有意義」という部分が疑問。

大学でやれば「無料」という発想をしてたりしてないですかね)

仮に有意義でも、産業界から独立中立であるべきであり、

大学では「社会に役に立つことをやっていれば何をやってもいい」というのも間違い。

つまるところ、大学などの学術界の研究成果では

本来産業界に対するメリットを言うべきでは無くて、

学術界に対して(学問として人類の知恵として)自分研究

どのように貢献しているかをうまく説明できれば良いと言うことであって

それを一言で表すのが「新規性」とか「独自性」っていうことかと思う。

あとは、大学は(多かれ少なかれ)税金が投入されている

(=研究お金がかかっている)という側面を考慮することかなぁ。

こういう立場自分研究見直してみるといいと思います

補足として、案外企業から増田さんがやりたいようなことをやってる企業

割と多いと思うので、そういう道を模索すると適職が見つかるかもです。

学術界に近い業務内容で、実応用研究をやるような会社職種ね)

2017-12-30

研究」が好きだけど「研究者」になりたいわけではなかった

工学修士M1学生、早いけどもう就職が決まった。博士には行かない。修士では、とある先端技術大量生産可能にするための低コスト化に関する研究をしている。研究成果はそれなりに認められて、学会表彰された。

が、大学内の先生方の意見は冷ややかで

「やろうと思えば誰でもできたこと」

「ただひたすら頑張りました、ってだけだよね?」

とおっしゃるばかり。唯一、指導教官教授だけは研究の意義を理解応援してくださっている。

しかに今やっている研究理論新規性が乏しい。具体的内容はかけないが、

「低コスト化するために新しい理論確立しました」

とかではなく

「低コスト化するために徹底的に無駄を削ぎました」

という感じ。根性さえあれば誰でもできたのかもしれない。

ただ、そういった泥臭い作業をしなかったがために世の中に還元できなかった素晴らしい研究成果というもの大学には星の数ほど眠っている。

昨今「産業界から要請」で、即戦力となる人材を育てる、みたいなニュースがたくさんあるが、教育内容変えるよりも、こういった眠っている研究成果を一般に届けるための「研究」に力を入れたほうがよほど産業界にも有意義だと思うのだが。

こういった実応用のための泥臭い部分を投げっぱなしにしているから、世間一般から大学は好き勝手やって金を無駄にしている」みたいなことを言われてしまうのだと思う。

もちろん純粋に「知の探求」も重要であり、それを軽視するつもりはない。「工学部が実応用を軽視していること」について問題提起しているのであるそもそも他人研究内容について、問題点を指摘し改善のためのアドバイスをすることはあっても、ただケチをつけるだけというのが研究者の取る態度なのだろうか。




結局、以上のようなことに嫌気が差し普通就職を選んだ。そのことを告げると教授はとても残念そうだった。教授はずっとこの研究応援してくださったので、裏切ってしまたことを非常に申し訳なく思っている。

忘年会で後輩に「なぜ博士行かなかったのですか?」と聞かれたので自分の中で整理したものをまとめた。



追記:

皆さんご指摘の通り

「こういった批判は当然であり、それに正しく回答することも研究者義務

というのはそのとおりだと思います

自分はそういった義務も含めた「研究者」がやりたいわけではないと気がついた、と言う話です。

タイトルは「『研究』が好きだけど研究者が嫌いになった」となっていましたが、「研究者ヘイトがたまった」という意味に誤解されてしまうと感じたため変更しました。当然ですが、「誰でもできたこと」との批判をされた先生方を憎んではおりません。

企業でも出来る実応用のステップ企業に任せるべき」という点については必ずしもそうであるとは思いません。もしそのような姿勢を取り続けると、「営利価値がある」と企業判断したものしか一般人アクセスできなくなってしまます

「どこまで整備すべきか」という程度の問題はありますが、理論上の話で終わらせずに現実的に利用可能な形まで研究成果を整備することもまた工学研究者としての責務であると思います

2017-12-29

anond:20171229022132

いたことがある程度だったんだけど理系でも何系が多いのかな?

工学部なら機械とか電気とか建築とかあるし理学部なら物理とか数学とかあるじゃん

生物とか薬学とかもあるけど体感の内訳とかあったら教えてくれ

2017-12-28

この動画がバレたらクビ

それはクソ動にうpしたVR動画の主コメだ。主は俺だ。完成度はプロなのだが、2021年のVR業界は俺に気づかなかった。

2018年に発生したバーチャルyoutuber世界流行が全てを変えた。震源地はその前年末日本から始まった。当時工学部の腐った1年だった俺は、ある動画10:40〜を見て変わった。いままでの惰性的日常が一変した。それから今までの時間はまるで秒速30万kmに感じれた。わけのわからんツールを使い、間違えて間違えてようやく動画らしいものが初めて完成したときの興奮は、鮮明すぎる。

就職ダメだった。中国アメリカがとんでもない額の金を使ったから(現在は当時の3倍の市場規模だが)俺では到底無理だった。結局フリーターとして働き始め、ほぼ全ての時間動画製作に打ち込んだ。心配し始めた親のツテで地元工場正社員になってしまったが、土日は部屋にこもっていたから親の心配さらに高まった。だけど、それも今日で終わる。

コメは俺の夢だ。俺はここで終わりたくない。俺のミライは、まだ始まってない。

2017-12-25

俺に彼女ができない理由

彼女いない歴=年齢

工学部3年目大学生は男だらけ

見た目はわりかしまともな方。

工学部彼女ができないのはよく聞く話しだと思うけど、なんだかんだサークルやらバイトやらで彼女を見つけている人は多い。

一方、俺は男ばかりの激務の部活に入ってしまって結局彼女は出来なかった。チームとしてそこそこの結果は出せたが、俺個人としては不完全燃焼で大きな自信が付いた訳でもなかった。

学科女子に一時期気に入られていた事もあったが童貞丸出しでうまくいかなかった。その後キープ君をしばらくやっていた。これはだいぶ精神を摩耗した。

彼女以前に友達もあまり多くない、部活の連中とはたまにしか遊びにいかない。高校時代から未だに交友のあるやつが一人くらい。人付き合いが下手だ。

俺は趣味範囲が狭い。アニメゲームも好きだったが最近は心の底から楽しめなくなった。人前で言えるような趣味温泉に行く事と筋トレ水泳をたまに。こんなんモテないよ!

新しい趣味も中々のめりこめるものが見つからない。女の子と知り合いになれないか最近一人でバーに行くようになった事くらいか

彼女が欲しい理由はとにかく寂しい、誰かに必要とされたいから。それと性欲。

彼女ができない理由

○慣れてないため緊張する

○自信がないため堂々とした態度になれない

趣味が少なく共通話題が作りにくい

学科女子で痛い目に合って疲れている

そもそも異性に会う機会が少なすぎる

とりあえず女性に会う機会を増やす方法を考えた

大手メーカー合コン等も力を入れている所を探す。

○狙う企業を男ばかりの大手メーカーではなく女性比率の高い中小にする。

大学院に進学しバイト先で女の子を探す。なかなか博打気味。

大学院に進学し学生街コンに参加してみる。

○バーに通いつめて女の子と仲良くなる。

こんなんクリスマスに考えて頭がいてぇよ

彼女アドバイスくれよサンタさん

2017-12-07

研究者に憧れて工学部にいたのに金融業界に来てしまった

研究者に憧れていたが、この日本では研究者としてそれなりの稼ぎ(例えば東京23区内に一軒家を持つくらいの稼ぎ)を得るには超絶優秀でないといけない。

数学的な素養はもちろん、工学部なので煩雑プログラムを扱うなんてこともあるし、英語論文も読みこなせなくてはいけない(自分には厳しいが)。

大学院で振るわなかったこともあって自分には無理だとあきらめた。超絶優秀ではないし向いていなかった。

それに研究者は不遇すぎる。

つねに成果が求められ研究者として一流になった頃にようやく商社金融業界のエリートたちの中レベルといった稼ぎだ。(ネット情報だけど)

そんなわけで、金融業界に来てしまった。

すべては金のためだ。あとは少なからず頭を使う仕事があるんだろいうという漠然とした期待もあった。

そこで驚いた。

研修でやる数学的なことと言えば複利計算やらExcelの使い方やら、どれだけ難しくても期待値計算くらいだ。

こんなもの理系なら高校生でもわかる。なんなら複利計算時間幅を極限で0に飛ばし指数関数に近似して微分係数求めたりする。

ExcelだってこんなものMatlabで書けば数行で終わることを何十行とコピペして計算するなんて馬鹿らしすぎる。講師の方はExcelってすごいでしょみたいな雰囲気だしてくる。

ループやIF文が入る計算Excelを使うなんて包丁ミキサー替わりに使うくらいばかばかしい。

激しく落胆した。

金融業界でも少なからず頭を使える仕事があると思っていた自分を殴りたい。

まだまだ始まったばかりだというのはわかっている。まだこれからだ。

だか本当に工学系の研究者と肩を並べるかそれ以上の能力を持ち合わせているのかこいつらは。

2017-11-25

anond:20171125122255

いまは好景気ということもあり、資本家側が旨みを多く吸ってるのは確かだが、

現場人手不足とは関係ない(賃金上げれば労働者暮らしは豊かにはなるけど、人手は足りないまま)



じゃあ前向きに、その「資本家が余分に吸ってる旨み」を使って、

治安悪化させないように)「移民は高度人材だけに留めて」、

さらに(日本人全体の生活水準を落とさないために)「生産量を落とさないまま」、

現場人手不足を解消するにはどうすれば良いだろう。



結局、現場で働ける人数には限りがあるので、技術革新生産設備への資本投下で現場労働力依存度を下げるしかない。

既に単なる生産設備への投資ほとんど終わってるので、生産技術革新に「資本家が余分に吸ってる旨み」を回すのが良い。



こういう意味では「金を落とせば人は集まる」は正しいのだが、

それは「金を落とせば(技術革新できる人物を)(海外から引っ張ってこれる/日本高校一年生に、理系工学部を志望させられる)」という意味しかなく、

決して、「日本労働者全体に金をばらまけば万事ハッピー」という意味ではない。

2017-11-22

anond:20171122120709

https://anond.hatelabo.jp/20171109192654増田を思い出したけど

上の増田本質的には非モテではなく、男子校から工学部に行っただけのコミュ力はちゃんとある人っぽいか

若くて頭が柔らかいうちに現実女性とまともに交流出来る機会を得られて、そう大事に至らなかったようだけど、

女性に縁がない上にコミュ力もない男性が、エロ本なりエロゲなり何なりを鵜呑みにして

「女の本質エロに出て来る女と同じ」「女は知的生命体ではなく、セックスして白目剥きながら奇声を上げるだけの生き物」と思い込んで

それを女性の前でも出すから嫌われて、女性相手にされないかますますエロにのめり込んでそれが事実だと思い込んで…

と言う負のループになってるケースって普通に多いんじゃないかと思う。

女性虐待侮蔑するようなエロ規制されればそういうのは減るんだろうか。

それともそういうものが闇に潜るだけなんだろうか。

でも闇に潜れば安易アクセスできなくなるわけだし、すべての男性がそういうものを探し出す努力をする訳でもないだろうし。

仮に「政治的に正しいエロ」が大量に生産されて、中学生くらいになった時点でそういうものばかり見せれば、

それが普通だと思い込む男性も増えるんだろうか。

2017-11-12

女子中学生

俺は女性恐怖症なんだと思う。

女性恐怖症というもの定義については何も知らないし、そもそもちゃんと定義されているものなのかすら知らないけど、女性が怖い。

現在大学4年。工学部のため、女子はほぼいない。

社会に出て、女性と関わるのが、怖い。

小学生の頃は男、女問わず友達がいっぱいいて、それこそ言い方は悪いが、クラスカーストの高い男女グループにも所属していた。

たか小学生の頃、と吐き捨てられるかもしれないが、俺の人生の中では輝いていた時代だった。

そのグループ休み時間も、放課後も、休日も、いっつも一緒に遊んで、ときには地元遊園地とか、ディズニーとか行ったりした。

本当に毎日が楽しかった。

彼らの大半は、というか、俺以外、みんな中学受験をした。

俺だけは、普通地元公立中学に進んだ。

俺の小学校はある程度治安が良くて、それは理想的だった。頭の悪いやつが頭の良いやつを尊敬し、頭の良いやつが頭の悪いやつに勉強を教えるような。

その環境にいて、俺は勉強ができた。つまりは、尊敬される立場だった。真面目に勉強していたし、褒められることは嬉しかった。

だが、中学で何もかも変わってしまった。

俺の進学した公立中学校は、複数小学校から生徒が集まっていた。

俺の出身小学校と、近くの2つの小学校が主勢力だった。

この場合公立中学校ってのは、中学受験しない、いわゆる「そこまで勉強できない」生徒たちの割合が多くなってしまう。

勉強できない」と「素行が悪い」では必ずしも同じではない。これははっきり言える。

ただ、俺の進学した中学校は「勉強ができなく」て「素行が悪い」生徒の温床であった。

2つの小学校から進学してきた生徒のおよそ半分ぐらいが、不良だった。半分以上かもしれない。

壁に穴をあけたり、トイレを壊したり、窓からものを投げたりするような連中だった。

男子だけではなく、女子も同じくらいの割合で不良だった。

女子は、器物破損は流石にないが、口での嫌がらせや陰口、陰湿いじめだった。

入学当初はみんなで和気あいあいおとなしく相手の動向をうかがったりしていたが、そのうちに本性を見せた。

俺と同じ出身の生徒たちは、みんな最初は怖がっていた。俺も怖かった。

こいつらと同じ環境で3年間過ごさねばならないのだ。今までの平穏暮らしじゃ、到底ない。

だが、人間は慣れる生き物だ。

しばらくして、俺と同じ出身の生徒が、次々に問題を起こし始めた。

彼らは、環境適応して自分を守ろうとしたのか。

それとも、今までの抑制が放たれてしまっただけなのか。

いずれにしても、いい影響ではなかった。

俺と同じ出身で、腐らずに真面目に学校生活を送っている生徒もちゃんといた。

俺は彼らと一緒に行動した。なにより小学校が同じで、もともと友達だった。気兼ねなく話せた。

小学校のころいつも一緒にいたグループの彼らとは、休日、会えるときは会って遊んでいた。しかし、今の生活に精一杯で、各々、徐々に会わなくなってしまった。

真面目を貫く生徒と、腐る生徒、完全にそれらが分断されるまで、1年ぐらい時間がかかった。

1年というのは、相手のことを色々知るには十分な時間だ。

中学という、クラス単位で密閉されてる空間であれば、なおさらである

中学1年の成績は、かなり良かった。

俺は喜んだ。この環境でも1年間やったぞと。

その話は問題の彼らにも簡単に渡った。

勉強が出来ることを理由に、俺は迫害された。

主に女子から迫害された。

最初は、同じ班の女子だった。

学年からクラスに、クラスからは、班というものにわけられる。これは小学校の頃から同じだ。

中間試験か何かの答案返却があった。

苦手な歴史試験だったが、なんとか90点を取った。

かなりテンションが上がっていて、友達と答え合わせをしながら騒いでしまっていた。

その様子は、クラス全体が見ていたと思う。

その授業後の給食時間、班の女子に、面と向かって

勉強できるだけで調子乗ってんじゃねーぞ」

と言われた。

すると、

「言われてやんの。うざいんだよお前」

と、同じ班の男子に言われた。

ここで、全て崩壊した。

俺は何も言い返せず、悔しくて、怖くて、うつむいて飯も食わずにその場をやり過ごした。

今までは、不良相手ではあるが、それなりのコミュニケーションを取って、空気を壊さないように、深く関係を持たずに、壁を何重にも張って、テリトリーを守って接していたのに。

1年はこれでやり過ごせた。あと2年間、無理だった。

泣きそうになった。鼻水が垂れてきた。

多分、この女子自分勉強できない腹いせにこういうことを言ったんだろう。

確か、記憶が定かじゃないが、彼女偏差値30の高校に進学していたと思う。

見た目もギャルで、校則破って先生に怒られるのが常だった。

不良の中でも発言力が強いタイプだった彼女

話はすぐに広まった。

男子は、今までの関係もあるから、いじられることが増えたくらいで、敵視されるようなことはそんなに多くなかった。

対して、女子からは全体的に嫌われた。

まずは不良連中から、「無理」「キモイ」と暴言

次第に無視されることも多くなり、俺は病んだ。

あれだけ頑張って勉強して、その対価に、テストの点数で喜んだだけなのに、それを僻まれて、馬鹿にされて。

同じ出身女子から距離を置かれるようになり、さらにつらくなった。

好意を抱いていた女子を、諦めた。

俺はプライドが高く、それ故にこれまで頑張ってこれた。

このプライドをこの一瞬でずたずたにされて、しかもそれに対して何も言い返せなかった自分に腹が立った。

2年後半から成績は次第に悪くなり、交友関係も減少。

年代人間が怖くなり、インターネットに走った。

小学校の仲の良かったグループとはもう会わなくなっていた。

これまで興味のなかったアニメゲームに没頭し(今ではこれが必ずしも悪かったとは言えないが)、放課後休日パソコンに張り付いた。

深夜まで起きてそれをやり、朝、寝不足学校に行く。

授業の知識は何も入ってこなかった。

先生からは怒られることが多くなり、それまでやっていた部活も途中で何かと理由をつけてやめた。

高校受験は、入学当初考えていたより、かなりひどい結果に終わった。

それでもなんとか偏差値50の高校に入ることができた。

卒業するまで、彼女らの陰湿嫌がらせは続いた。

卒業式、俺はまっさきに家に帰ったことだけを覚えている。

高校は、空白の毎日を過ごした。

いじめなんて一つもなかったが、青春なんて程遠かった。

何も期待せずに相手と接し、全て平穏無事でことを済ませられるような対処をした。これを3年間続けた。

中学に、あのグループと一緒に進めていたら、なんてことを考えてしまう。

もしくは、俺も中学受験して、環境の良いところに身を置けばよかった。

少なくとも、"幸せな状況がいつまでも続く"という幻想を抱いていた俺が馬鹿だったと思う。

中学のあの頃、死にたいと思ったことが何度もあった。それでも耐えた。勉強にも身が入らなくなって、別の方向に腐った日々だったけど、必死毎日を行き続けて良かったと思う。

卒業式、真っ先に一人で家に帰る、あのときの俺の気持ち想像できるか?

これ以上、あの校舎に足を踏み入れなくていいんだと思った、あの気持ち

あいつらと顔を合わせなくていいんだと思ったあの気持ち

一応、成人式には出た。数年経ったあいつらの顔を見た。

あれから、変わったやつもいた。

変わらずに、いつまでもあい人生を続けていくんだなと思うやつもいた。

3時間の飲みの席では、数人としか喋らなかった。

正直苦痛な3時間だった。でも、これで、心の整理がついた。

もう一生会うことがないだろう、さようなら。と。

女性が怖い。

いつ、ふとした行動でどん底に落とされるか。

考えただけで、いやになる。

2017-11-04

anond:20171104084308

散々言われてるけど、特定の一人につけ狙われているのでは…

或いは、男性ばかりで女性がかなり少ない世界だとか?スポーツやってないか体育館とかそういう場所雰囲気分からんけど。

工学部女子はそういう被害日常茶飯事で麻痺してる、という話を思い出した。

2017-10-25

お前のクソみたいな知識技能では金にならないんだよ

お前にどんな商品が作れるの?価値のある商品を産めなければ

採用する会社存在しないし、金を出す奴もいない

平和な今の日本社会にとっては商品と信用=金の交換こそが

全てであり、今の社会通念では、何も作れないお遊びの知識

なんぞ一切評価されない

理系でいえば、純粋数学なんて一銭にもならない。工学部

応用知識を学んで具体的な商品開発につなげないと、クソほどの

評価もされない

交換価値がないからな

2017-10-21

アマゾンプライムで横道ヨノスケを観てたら30年前の大学入学あたりを思い出したで御座る

学食には常時ビールが売っていた。自治会新歓イベントを開いた、ずいぶん酔っ払ってちょっとアバれ連中10人くらいでハネてヤサ変えて。そのうち医学部5人はアパート家賃10万超えだった、工学部の5人のうち3人は建築学科で現役一浪二浪だった、高校同級の一浪が2人居たが顔知ってるだけで初めて話した。

2017-10-18

anond:20171018224505

れいうなら理学部工学部じゃないの?

理学部工学部医学部農学部(の一部)とか、全部ひっくるめて「理系」っていうと思ってた。

2017-10-08

東大女子モテるのか問題

東大には女性が少ない。

とりわけ、理系が少ない。工学部には1学年1000人ほどのうちたった10%だ。

から「女がそれだけ少なかったらモテるでしょう?」とよく言われるらしい。

しかし周りを見る限り、そうだともそうでないとも言えそうだ。

僕が思うに、東大女子は大きく分けて2種類。

1. 少し隙がある"普通女の子"。長く付き合ってる人もいるが、別れてもすぐに次の人ができる。

2. なんというか、強い。何でも一人でこなせてしまう感じで、成績も良かったり、学科研究室でも中心的存在だったりする。彼氏がいない。

ちなみに世間でのイメージと異なり、東大にはけっこうかわいい子も多い。ぼさぼさの髪で大学に来たり、ひげが生えているような女子は非常に少数派だ。基本的にそこらの大学と大差ないと考えてもらって構わない。

1と2にはそれぞれかわいい子もそこまででもない子もいるのだが、あまり容姿関係ないように思う。地味理系の僕からすると控えめな見た目の方がありがたい。

僕が言いたいのは2の女性だ。わざわざ東大に来ようと思うような女性には強い人が多いのである。魅力的でも、強いのである

そしてプライドの高い東大の男達は自分より優れた女性に尻込みしてしまうのである。(友人に「俺より頭のいい女とじゃなきゃ付き合えない」と言うカッコいいやつもいるが)

彼女たちがこれから社会に出たら東大卒というだけで敬遠されることもあるのだろう。彼女たちに幸あれ・・・

2017-10-01

経済について勉強したいんだがオススメ資料を教えてほしい

当方工学部卒のプログラマーです。

2017-09-30

中退したFラン(中堅私立大の偏差値45情報学科)のレビュー投稿して掲載された

本式バージョン 甲南大学の口コミ:甲南大学知能情報学部知能情報学科の口コミ | みんなの大学情報魚拓ttp://archive.is/50sEl)

略式バージョン のんびり過ごしたい人におすすめ:甲南大学知能情報学部知能情報学科の口コミ | みんなの大学情報魚拓ttp://archive.is/lEnOK)

偏差値受験生や在学生の目に留まりやすいように、投稿先は「大学 口コミ」でググってトップに出る頭が弱そうなサイトを選んだ。

本式バージョン投稿してみて偏向的すぎて掲載を蹴られるかと思い略式バージョンも続けて投稿したが、なぜか両方とも掲載されていたので記念に魚拓をとっておいた。

ちなみに本式バージョンタイトル投稿申請時には「滑り止めでもやめとけ」だった。なぜ本文未修正掲載されたのにタイトルだけ修正されたのかサイト運営方針不明

Googleに残りやすいように2chにもレスしておいた(>>60) http://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/student/1473946293

タイトルの「Fラン呼称ネット基準です。河合塾基準は言わんや、公道基準ではギリギリFラン」に分類されません。

修正:補足したい文章について(この記事自体更新中だが、スナップショット魚拓ttp://archive.is/f0jBM)

近畿圏でここより低偏差値情報学科大阪工業大学大阪電気通信大学しかありません。

大阪産業大学工学部電子情報通信工学科もあった。産近甲龍では偏差値が低い順に甲南大学・知能情報学部・同学科 <= 龍谷大学理工学部・数理情報学科 <= 京都産業大学コンピューター理工学部・同学科 <= 近畿大学理工学部情報学科、だと思われる。団栗の背比べだが。京産大はITイベントで筆記型AO入試最近アピールして(仮に学力不足でも)技術力がある学生を集めようとしている姿勢が見える点がいいけど。

・「院進率は9%で、そのうち内部進学が7.5%、他大学院進学が2.5%」

足し算が間違っている(正しくは10 = 7.5 + 2.5)のはFラン(低)知能情報学中退ということで許せ。数値は年度や計算方法でズレるがイメージが変わるほどの誤差は出ないはず。

・ほぼ全員が入学時点から大学院に進む気はない学部就職予備校です。院進しないので、講義でもTOEIC対策とかはやりません。

就職予備校というより後述のように専門学校表現した方が正しい(予備校は基礎を固めるためにあり将来に可能性があるためFランより遥かに格上)

院試そもそも受けないからを揶揄したので、まともな大学TOEIC自体を推奨しているわけではない(学部教養英語TOEFLと違いTOEICビジネス英語なので)

初年次教育などで情報技術資格を取得するよう勧められるなど、中身は実質的専門学校である

・「図書館では出入り口に音声を発するロボット

案内ロボット「KoRo(コロ)」をご紹介します。 | 甲南大学図書館ブログ のこと。

・「中の下の公立高校から推薦入試で入る(この大学の全入学者に占める推薦入学者の割合は約61%です)か、一般入試勉強をサボって偏差値50未満で滑り止まる(ほぼ4割?私を含む)か、ブルジョア子弟が甲南高校で遊び呆けて内部進学するか(1%?)で学生構成されています。」

ttps://goo.gl/2ehz1X の学歴フィルターに通る関大様に失礼なスレタイ噴飯もの

日東駒専とMARCH偏差値60の分け目の戦いの意味 | わせ美

だが一ランク下の摂神追桃と違い治安は皮一枚で保たれている。表面上は隠蔽されているので初手退学しづらい辺りが逆に陰湿だが。

追手門学院大学 履修登録抽選で大荒れ 教務課に爆竹を投げ込まれ、打ち上げ花火も上げられる騒動 - NAVER まとめ

だが>>16の内部バカ脳筋バカ・推薦バカ私立専願・国立落ちの区分は的確だと思う。

大学偏差値高校偏差値-10が妥当なので、受験組の出身高校「中の下の公立高校」の偏差値は55だろう。推薦組はもう少し下という程度か。

私立専願は妥当バカ国立落ちは身の程知らずなバカで、全員バカなわけだが。

内部バカブルジョア子弟まり中小企業社長教育投資失敗した没落アホ3代目ことだ。

おそらく「経営学部」「マネジメント創造学部」に集中している。そもそも彼らに大卒を与えコネ入社させ将来経営させるために創立された大学なので。

社会にはブルジョア階級が1%しかいないので、子息が集まるこの大学でも全体の一割もいないだろう。そもそも教育投資成功しているなら慶應に進めるはずだ。

南高校の偏差値は60あるので一般受験して上を目指せる偏差値学生が大半のはずなので、内部進学者中学も内部進学した無勉のアホに限られる。

コネ入社できる内部バカか、スポーツ選手体育会系就職できる脳筋バカが主役の大学で、他は彼らの搾取対象に過ぎない。

・「知能情報学部と理工学を合わせても学生数では全体の15%しかいません。85%が文系です。」

私立文系大学に小さい理系専門学校がおまけで併設されていると捉えればよい。文系学部より理系学部偏差値が5程度低いし。学内でも二級市民

カタカナ学部理系フロンティアサイエンス学部文系マネジメント創造学部)の存在を忘れて計算していたかもしれない。割合相殺で大して変わらないだろう。

・「中央値正社員中央値と同等の320万円程度だと個人的には推測します。学歴フィルターに落ちる偏差値なので非正規雇用就職失敗もそれなりにいるでしょう。」

就活経験なしの中退者の想像なので不当に下げすぎかもしれない。正社員採用なら30代で420万円くらいだろうか。非正規雇用率は不明非正規雇用なら210万円くらいか

しか中退前にJob Hunter(学内求人サイト)で採用実績があるIT企業リストアップして手元にデータを保存しているので、暇があれば年収価格帯を調べることはできる。

・「サブカルオタクヤンキーの混合物しか居ません」

書籍「融解するオタクサブカルヤンキー読了後だったので表現を引きずられてしまった。

ヤンキー7割とオタク3割で占められている。Twitter大学名を検索すればヤンキー色が広がる。

低学歴から在籍大学自称を控えているのかもしれないが、プログラミングに関して呟いているアカウントが全くない。誰もはてなブログGitHubを使っていない。

集合写真は ttps://twitter.com/keikei06081/status/870514186031251456(魚拓ttp://archive.is/JIcXA)

・「プログラミング自主的にしている個人は少しは居るようですが、ネット上やIT勉強会などで活動している様子はあまり観測できませんでした。」

私自身が学力学歴が無理ならプログラミングしITイベントに参加する逃げ道を求めた「意識高い系」だったので書いた。

学科全体が「意識高い系」だらけらしいが、他の学生はIT以外の方向へ意識を高めていたのだろう。

・「プログラミングはよくある「C言語入門」みたいな教科書の丸写しの文法をなぞるだけの講義

一年次の必修通年科目「プログラミング実習」が前期後期に分割され、前期はProcessing言語を変更したようだ。入学する学生レベルが下がったからだろうか。

専門科目でプログラミング必要な時はVisual Studioを、確率統計講義ではPythonなどではなくExcel強制します。

追記0:大学の実力2018(読売新聞教育ネットワーク事務局)の調査欄を読んだ。口コミでの数値は私が独自算出したので信憑性は怪しく、こちらが正しいと思う。

甲南大学・知能情報学部・知能情報学科の同年次入学者に占める比率は、留年21.3%・退学7.1%・正規雇用60.6%・進学6.3%だった。

他の大学は院進が低いとその分だけ正規雇用が高くなるが、この学科は院進しないのに正規雇用が低い。

院進が少ないので、やはり知能情報学部は理系ではない。甲南大学理工学部の進学は21.8%。

追記1:私は新卒就活を始める前に退学したので就職実態が分からないが、Yahoo知恵遅れに該当する質問があったので整理のため載せておく。

中堅私立大学の就職率って実際 どれくらいなのですか? - 中... - Yahoo!知恵袋

追記2:Fランが成り立つ理由について良い投稿を見つけたので載せておく。

大学学力問題労働市場 ttps://plus.google.com/111914211653276243730/posts/BGg3nT86NBZ(魚拓ttp://archive.is/Z9aPs)

追記3:Fランに関する別件でググっていたらこんな記事を見つけた。

甲南大学岡本キャンパスにTSUTAYA BOOKSTOREを2店舗同時出店 新しい大学の価値創造を目指し、同大学生協と初の取り組み|TSUTAYAのプレスリリース

図書館ではなく書店だが、武雄市TSUTAYA図書館騒動を思い出した。生協書籍部を民間委託して劣化させるのだろうか?

もともと書籍部の品揃えはアカデミック感が低く漫画平積みになっているような場所だったが、「大学書籍部」すら消滅したのだろうか。

私は梅田蔦屋書店に何回か行ったことがあるが、私立文系感濃厚な場所で強い生理的嫌悪を感じた。同じ生理的嫌悪のせいで私はFランを退学した。

追記4:退学後はじめて別件でFランを訪れ、新校舎に一瞬だけ入った。意識が高い外観の校舎だ。

休日だったが、食堂TEDxKobe 2017: Spiralling Inspiration - TEDxKobe: Ideas worth spreadingの会場だったらしく、食堂だけ入ることができた。

Fラン意識高い系ビジネススクールなので、同じような文化のTEDの会場になったようだ。

受験に失敗して偏差値だけで下見もせず知らない無名校に入ったが、この同調圧力が激しい雰囲気に馴染めず吐き気を催す人間は入るべきではなかったと思う。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん